L’Arc〜en〜Ciel人気曲ランキングTOP35!ジャンル別に紹介

L’Arc〜en〜Cielは、世界でも人気のある、4人組ロックバンドです。この記事では、ファンに人気のあるL’Arc〜en〜Cielの楽曲のランキングを、ジャンル別に作成しました。2018年現在、シングルとアルバムから厳選した、おすすめの名曲TOP35を、バラードとロックに分けて、ランキング形式で紹介しています。気になる方は是非チェックしてみてください。

目次

  1. L’Arc〜en〜Cielの人気曲ジャンル別ランキング2018
  2. L’Arc〜en〜Ciel人気曲ランキング【バラード】18位~11位
  3. L’Arc〜en〜Ciel人気曲ランキング【バラード】10位~4位
  4. L’Arc〜en〜Ciel人気曲ランキング【バラード】3位~1位
  5. L’Arc〜en〜Ciel人気曲ランキング【ロック】17位~11位
  6. L’Arc〜en〜Ciel人気曲ランキング【ロック】10位~4位
  7. L’Arc〜en〜Ciel人気曲ランキング【ロック】3位~1位
  8. L’Arc〜en〜Cielの「ポップジャム事件」の真相
  9. L’Arc〜en〜Ciel人気曲ランキングのまとめ

L’Arc〜en〜Cielの人気曲ジャンル別ランキング2018

ファンおすすめの名曲をシングルやアルバムから厳選

ファンに人気のあるL’Arc〜en〜Cielの楽曲を、バラードとロックのジャンル別にランキングしました。2018年現在のシングルとアルバムから厳選して、おすすめの名曲TOP35を、ランキング形式で紹介しています。名曲の動画もご覧いただけますので、是非チェックしてみてください!

L’Arc〜en〜Cielのプロフィール

・グループ名:L’Arc〜en〜Ciel
・結成日:1991年?月?日
・グループメンバー:hyde(ボーカル)、ken(ギター・コーラス)、tetsuya(ベース・コーラス)、yukihiro(ドラムス)          
・主な活動:日本のロックバンド
・所属事務所:MAVIRICK
・所属レコード事務所:ソニー・ミュージックレーベルズ

L’Arc〜en〜Cielというグループ名は、「虹」を意味するフランス語です。同グループの特徴は、明暗がはっきりと分かれた世界観の楽曲を、hydeが持つ独特の声と高い歌唱力で歌うところにあります。

紆余曲折を経て活躍し続ける日本を代表するロックバンド

L’Arc〜en〜Cielは1991年2月頃、大阪市でtetsuyaを中心に結成されています。2018年現在までにメンバー交代や2度の活動休止など、紆余曲折を経ながら世界的にも活躍するロックバンドとなりました。

結成当時のメンバーはtetsuya (ベース)、hyde (ヴォーカル)、hiro (ギター)、pero (ドラムス)の4人です。インディーズ時代の活動拠点は関西でしたが、1992年には関東にも拠点を拡げました。ところが、バンドはこの頃から数度のメンバー交代をしています。同年6月にhiroが脱退し、後釜にはkenが加入しました。1992年12月のライブではperoが脱退し、1993年1月に代わりとしてsakuraが加入しています。

現在は世界で活躍するロックバンド

1994年7月にメジャーデビューを果たし、徐々に人気が拡がったものの、1997年2月ドラマーsakuraが逮捕され、1998年にyukihiroが加入しました。

また、バンドは1997年2月から10月頃と、2001年から2003年頃に、実質的なものも含め活動を休止していた時期もありました。しかし、2004年にはバンド初となる海外公演、2008年には東京ドーム3公演と京セラドーム大阪2公演を含む、世界7都市を回るライブツアーを開催し、同年5月にはフランス・パリにおいて、初のヨーロッパライブを実現しています。

L’Arc〜en〜Ciel人気曲ランキング【バラード】18位~11位

18位:さようなら

「さようなら」の動画

作詞と作曲をhydeが担当しました。別れが描かれた歌詞は30分で書き終えられたということです。L’Arc〜en〜Ciel人気曲ランキング【バラード】18位!2018年にファンが厳選したおすすめ人気曲の動画です。1996年10月発売のL’Arc〜en〜Ciel5thシングルCDのカップリングの人気曲です。別れた相手に「ありがとう」と伝える歌詞が素敵です。

17位:Bye Bye

「Bye Bye」の動画

作詞はhyde、作曲をtetsuが担当しました。フレンチポップをイメージし、グラムロックの要素を加えて作られた楽曲です。L’Arc〜en〜Ciel人気曲ランキング【バラード】17位!2018年にファンが厳選したおすすめ人気曲の動画です。2012年2月発売のL’Arc〜en〜Ciel12thアルバム『BUTTERFLY』に収録された人気曲です。

16位:FARE WELL

「FARE WELL」の動画

作詞はHyde、作曲をKenが担当しました。旅立ちを描いたバラードとなっています。L’Arc〜en〜Ciel人気曲ランキング【バラード】16位!2018年にファンが厳選したおすすめ人気曲の動画です。1996年12月発売のL’Arc〜en〜Ciel4thアルバム『True』に収録された人気曲です。

15位:あなた

「あなた」の動画

作詞はhyde、作曲をtetsuが担当しました。旧劇場版エヴァンゲリオンを見た直後に曲が作られたそうです。L’Arc〜en〜Ciel人気曲ランキング【バラード】15位!2018年にファンが厳選したおすすめ人気曲の動画です。1998年2月発売のL’Arc〜en〜Ciel5thアルバム『HEART』に収録された人気曲です。

14位:Finale

「Finale」の動画

作詞はhyde、作曲をtetsuが担当しました。東宝配給映画『リング0 バースデイ』主題歌に起用されました。L’Arc〜en〜Ciel人気曲ランキング【バラード】14位!2018年にファンが厳選したおすすめ人気曲の動画です。2000年4月発売のL’Arc〜en〜Ciel19thシングルCDの表題曲で、8thアルバム『REAL』にも収録された人気曲です。終末をイメージさせるバラードです。

13位:瞳の住人

「瞳の住人」の動画

作詞はhyde、作曲をtetsuが担当しました。打楽器から弦楽器、鍵盤楽器など多様な種類の楽器が導入されています。オーバーダビングも用いられ、ギターは3本、ベースは2本重ねられています。

L’Arc〜en〜Ciel人気曲ランキング【バラード】13位!2018年にファンが厳選したおすすめ人気曲の動画です。2004年3月発売のL’Arc〜en〜Ciel23rdシングルCDの表題曲で、9thアルバム『SMILE』にも収録された人気曲です。美しいメロディーの名曲です。

12位:White Feathers

「White Feathers」の動画

作詞はhyde、作曲をkenが担当しました。メジャーデビュー前に作られた、演奏時間7分58秒の壮大なバラ―ドです。L’Arc〜en〜Ciel人気曲ランキング【バラード】12位!2018年にファンが厳選したおすすめ人気曲の動画です。1994年7月発売のL’Arc〜en〜Cielアルバム『Tierra』に収録された人気曲です。

11位:星空

「星空」の動画

作詞と作曲をhydeが担当しています。テーマを「平和」としたバラードです。L’Arc〜en〜Ciel人気曲ランキング【バラード】11位!2018年にファンが厳選したおすすめ人気曲の動画です。1999年7月発売のL’Arc〜en〜Ciel10thアルバム『AWAKE』にも収録された人気曲です。ポップとはいえないもののメロディーは美しいです。

L’Arc〜en〜Ciel人気曲ランキング【バラード】10位~4位

10位:ガラス玉

「ガラス玉」の動画

作詞はhyde、作曲をkenが担当しました。kenは、この曲のギターソロのイメージが生まれたのは「風の行方」のPV撮影で訪れたモロッコであると語っています。L’Arc〜en〜Ciel人気曲ランキング【バラード】10位!2018年にファンが厳選したおすすめ人気曲の動画です。1995年9月発売のL’Arc〜en〜Ciel3rdアルバム『heavenly』にも収録された人気曲です。静かな雰囲気がサビで一転する楽曲です。

9位:The Fourth Avenue Cafe

「The Fourth Avenue Cafe」の動画

作詞はhyde、作曲をkenが担当しました。東京スカパラダイスオーケストラのホーンセクションとのコラボレーションで、全体的にホーンが際立っています。L’Arc〜en〜Ciel人気曲ランキング【バラード】9位!2018年にファンが厳選したおすすめ人気曲の動画です。2006年8月発売のL’Arc〜en〜Ciel29thシングルCDの表題曲で、4thアルバム『True』にも収録された人気曲です。

8位:叙情詩

「叙情詩」の動画

作詞はhyde、作曲をkenが担当している曲になっています。hydeは、こういうものが歌いたいと思っていたとき、kenが持ってきた曲がまさに“叙情詩”だった。だから詞もすぐに書けた、との旨を語っています。

L’Arc〜en〜Ciel人気曲ランキング【バラード】8位!2018年にファンが厳選したおすすめ人気曲の動画です。2005年5月発売のL’Arc〜en〜Cie27lthシングルCDの表題曲で、10thアルバム『AWAKE』にも収録された人気曲です。作品の世界観に浸れる楽曲です。

7位:Dearest love

「Dearest love」の動画

作詞はhyde、作曲をtetsuが担当しました。演奏時間6分を越える3連リズムのロックバラードです。L’Arc〜en〜Ciel人気曲ランキング【バラード】位!2018年にファンが厳選したおすすめ人気曲の動画です。1996年12月発売のL’Arc〜en〜Cie4lthアルバム『True』に収録された人気曲です。曲中にtetsuyaの高音のファルセットコーラスが聴こえます。

6位:虹

「虹」の動画

作詞はhyde、作曲をkenが担当しています。活動休止状態となっていたラルクアンシエルの活動再開シングルです。hyde、ken、tetsuyaの3人構成のラルクとして唯一発表されたシングルです。

L’Arc〜en〜Ciel人気曲ランキング【バラード】6位!2018年にファンが厳選したおすすめ人気曲の動画です。1997年10月発売のL’Arc〜en〜Ciel7thシングルCDの表題曲で、5thアルバム『HEART』にも収録された人気曲です。

5位:BLESS

「BLESS」の動画

作詞と作曲をhydeが担当しました。この楽曲の当初のテンポはより遅かったようですが、「オリンピックらしく」ということで上げることになりました。2010年開催のバンクーバー五輪NHK放送テーマソングです。

L’Arc〜en〜Ciel人気曲ランキング【バラード】5位!2018年にファンが厳選したおすすめ人気曲の動画です。2010年1月発売のL’Arc〜en〜Ciel36thシングルCDの表題曲で、12thアルバム『BUTTERFLY』にも収録された人気曲です。

4位:花葬

「花葬」の動画

作詞はhyde、作曲をkenが担当しました。曲のメロディを書き上げたkenがhydeに、死をイメージした歌詞を注文し出来上がった曲です。

L’Arc〜en〜Ciel人気曲ランキング【バラード】4位!2018年にファンが厳選したおすすめ人気曲の動画です。1998年7月発売のL’Arc〜en〜Ciel11thシングルCDの表題曲で、7thアルバム『ray』にも収録された人気曲です。kenが感嘆したほどのhydeの作詞のセンスがうかがえる名曲です。

L’Arc〜en〜Ciel人気曲ランキング【バラード】3位~1位

3位:pieces

「pieces」の動画

作詞はhyde、作曲をtetsuが担当しました。hydeは歌詞に関して、hydeは当時、子どもを持つ気持ちを想像して書いた、と語りました。そして、題名「Pieces(=かけら)」をつけるときにも、自身の子どもをイメージした、ということです。tetsuyaは自身の祖母を想って作ったと述べ、自分にとっては恋愛の曲ではない、とも語っています。ラルクアンシエルのシングル作品としては初のソフトバラードとなっています。

L’Arc〜en〜Ciel人気曲ランキング【バラード】3位!2018年にファンが厳選したおすすめ人気曲の動画です。1999年6月発売のL’Arc〜en〜Ciel16thシングルCDの表題曲で、6thアルバム『ark』にも収録された人気曲です。

「pieces」のtwitter

胸の奥まで響く歌詞と美しい楽曲が感動的です。この歌を聴いていると、優しい気持ちになれるというファンや、涙が止まらないというファンも数多くいるようです。

2位:forbidden lover

「forbidden lover」の動画

作詞をhyde、作曲をkenが担当しています。一般的なドラムビートではなく、変則的なマーチング・ビートであり、ほとんどがスネアドラムで構成されています。そのため、ハイハットは殆ど使用されておらず、フィルインの時にしか使われていません。テレビ番組『知ってるつもり?!』エンディングテーマに起用された名曲です。

L’Arc〜en〜Ciel人気曲ランキング【バラード】2位!2018年にファンが厳選したおすすめ人気曲の動画です。1998年10月発売のL’Arc〜en〜Ciel14thシングルCDの表題曲で、6thアルバム『ark』にも収録された人気曲です。

「forbidden lover」のtwitter

戦火によって引き裂かれた恋を歌った反戦歌だといわれています。この楽曲を聴いて震災の光景を思い出すというファンもいるようです。犠牲者の方への鎮魂歌だという捉え方もできるでしょう。

1位:Anemone

「Anemone」の動画

作詞と作曲をhydeが担当しました。題名の「Anemone」は花の名前です。このバラードは、2000年に開催されたドームツアー「TOUR 2000 REAL」の東京ドーム2日目公演において初披露されました。ラルクアンシエルの楽曲で唯一ベストアルバムで初音源化された新曲です。2006年に開催されたライブ「15th L'Anniversary Live」の演奏曲目リクエスト投票において12位を記録しました。

L’Arc〜en〜Ciel人気曲ランキング【バラード】1位!2018年にファンが厳選したおすすめ人気曲の動画です。2001年3月発売のL’Arc〜en〜Cielアルバム『Clicked Singles Best 13』に収録された人気曲です。アコースティックギターとストリングスのサウンドが優雅な名曲です。

「Anemone」のtwitter

聴いていて切なくなるこの名曲は、ファンの間でとても人気が高く、この曲が一番好きというコメントもありました。この1曲を聴くためだけに、アルバムを買う価値もあるのではないでしょうか。

L’Arc〜en〜Ciel人気曲ランキング【ロック】17位~11位

17位:NEO UNIVERSE

「NEO UNIVERSE」の動画

作詞はhyde、作曲をkenが担当しました。歌詞は「25世紀の世界」をテーマとしており、曲間にはギターソロの代わりに6弦ベースソロが存在します。

L’Arc〜en〜Ciel人気曲ランキング【ロック】17位!2018年にファンが厳選したおすすめ人気曲の動画です。2000年1月発売のL’Arc〜en〜Ciel19thシングルCDの表題曲で、8thアルバム『REAL』にも収録された人気曲です。夏に聴きたい爽やかなサウンドの名曲です。

16位:New World

「New World」の動画

作詞はyukihiro、作曲をyukihiroとhydeが担当しました。シングルの表題曲で作詞をhyde以外が手掛けた唯一の楽曲で、作曲はhydeがサビ、yukihiroがそれ以外を手がけた2人の合作となっています。

L’Arc〜en〜Ciel人気曲ランキング【ロック】16位!2018年にファンが厳選したおすすめ人気曲の動画です。2005年4月発売のL’Arc〜en〜Ciel26thシングルCDの表題曲で、アルバム『AWAKE』にも収録された人気曲です。

15位:Heaven’s Drive

「Heaven's Drive」の動画

作詞と作曲をhydeが担当して出来上がった曲です。tetsuyaが弾くベースラインについては、彼のベーシストとしてのキャリア中で三本指に入るいいテイクなのだそうです。

L’Arc〜en〜Ciel人気曲ランキング【ロック】15位!2018年にファンが厳選したおすすめ人気曲の動画です。1999年4月発売のL’Arc〜en〜Ciel15thシングルCDの表題曲で、6thアルバム『ark』にも収録された人気曲です。

14位:Lies and Truth

「Lies and Trurh」の動画

作詞はhyde、作曲をkenが担当しました。「案外サビが長く続くやつ」とメンバーが言うほど、サビの長い楽曲です。

L’Arc〜en〜Ciel人気曲ランキング【ロック】14位!2018年にファンが厳選したおすすめ人気曲の動画です。1996年11月発売のL’Arc〜en〜Ciel6thシングルCDの表題曲で、4thアルバム『True』にも収録された人気曲です。一度聴いたら覚えられるキャッチ―なメロディーの名曲です。

13位:Good lack my way

「Good lack my way」の動画

作詞はhyde、作曲をtetsuyaが担当しました。松竹/アニプレックス配給映画『鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星』の主題歌に起用されました。

L’Arc〜en〜Ciel人気曲ランキング【ロック】13位!2018年にファンが厳選したおすすめ人気曲の動画です。2011年6月発売のL’Arc〜en〜Ciel37thシングルCDの表題曲で、12thアルバム『BUTTERFLY』にも収録された人気曲です。

12位:winter fall

「winter falll」の動画

作詞はhyde、作曲をkenが担当しました。歌詞は冬を題材としています。題名の語源は「The curtain falls(幕が降りる)」と「恋の終わり」をかけたhydeによる造語です。

L’Arc〜en〜Ciel人気曲ランキング【ロック】12位!2018年にファンが厳選したおすすめ人気曲の動画です。1998年1月発売のL’Arc〜en〜Ciel8thシングルCDの表題曲で、5thアルバム『HEART』にも収録された人気曲です。ピアノとストリングスが美しい名曲です。

11位:C'est la vie

「C'est la vie」の動画

この楽曲の作詞はhyde、作曲はtetsuが担当しました。題名はフランス語で「セ ラ ヴィ」と読み、「人生なんてこんなものだ」ということを意味します。

L’Arc〜en〜Ciel人気曲ランキング【ロック】11位!2018年にファンが厳選したおすすめ人気曲の動画です。1995年9月発売のL’Arc〜en〜Ciel3rdアルバム『heavenly』に収録された人気曲です。

L’Arc〜en〜Ciel人気曲ランキング【ロック】10位~4位

10位:Blurry Eyes

「Blurry Eyes」の動画

作詞をhyde、作曲をtetsuが担当しました。ラルクの楽曲の中でギターソロが2回ある唯一の曲です。L’Arc〜en〜Ciel人気曲ランキング【ロック】10位!2018年にファンが厳選したおすすめ人気曲の動画です。1994年1月発売のL’Arc〜en〜Ciel1stシングルCDの表題曲で、2ndアルバム『Tierra』にも収録された人気曲です。

9位:MY HEART DRAWS DREAM

「MY HEART DRAWS DREAM」の動画

作詞はhyde、作曲をkenが担当しました。シングル発売前のインタビューで、この曲は売れようが売れまいが名曲、とhydeは絶賛しています。

L’Arc〜en〜Ciel人気曲ランキング【ロック】9位!2018年にファンが厳選したおすすめ人気曲の動画です。2007年8月発売のL’Arc〜en〜Ciel31stシングルCDの表題曲で、11thアルバム『KISS』にも収録された人気曲です。

8位:snow drop

「snow drop」の動画

作詞はhyde、作曲をtetsuが担当しました。歌詞の中に「ユキノハナ」という言葉があり、それに通ずるマツユキソウの英語名が「snowdrop」です。

L’Arc〜en〜Ciel人気曲ランキング【ロック】8位!2018年にファンが厳選したおすすめ人気曲の動画です。1998年10月発売のL’Arc〜en〜Ciel13thシングルCDの表題曲で、7thアルバム『ray』にも収録された人気曲です。冬に聴きたい温かみのある名曲です。

7位:DAY BREAK'S BELL

「DAY BREAK'S BELL」の動画

作詞はhyde、作曲をkenが担当しました。アニメ『機動戦士ガンダム00』(1stシーズン)の第1期オープニングテーマに起用されました。

L’Arc〜en〜Ciel人気曲ランキング【ロック】7位!2018年にファンが厳選したおすすめ人気曲の動画です。2007年10月発売のL’Arc〜en〜Ciel32ndシングルCDの表題曲で、11thアルバム『KISS』にも収録された人気曲です。

6位:HONEY

「HONEY」の動画

作詞と作曲をhydeが担当しました。オーバーダビングも少ないうえに、シンセサイザーによるアレンジもありません。ギター、ベース、ドラムというバンドサウンドで構成されたシンプルな楽曲です。

L’Arc〜en〜Ciel人気曲ランキング【ロック】6位!2018年にファンが厳選したおすすめ人気曲の動画です。1998年10月発売のL’Arc〜en〜Ciel10thシングルCDの表題曲で、7thアルバム『ray』にも収録された人気曲です。ラルクアンシエルらしいポップなナンバーの名曲です。

5位:flower

「flower」の動画

作詞と作曲をhydeが担当しました。発売当初hydeは、この曲が売れなければ俺か世の中のどちらかが間違えている、との旨をと発言していました。

L’Arc〜en〜Ciel人気曲ランキング【ロック】5位!2018年にファンが厳選したおすすめ人気曲の動画です。年1996月10発売のL’Arc〜en〜Ciel5thシングルCDの表題曲で、4thアルバム『True』にも収録された人気曲です。ファンの人気を最も集めた爽やかでキャッチ―な名曲です。

4位:Driver's high

「Driver's high」の動画

作詞はhyde、作曲をtetsuが担当しました。アニメ『GTO』の前期オープニングテーマで、「ドライブで聴きたい曲ランキング」で上位にランクインする曲です。

L’Arc〜en〜Ciel人気曲ランキング【ロック】4位!2018年にファンが厳選したおすすめ人気曲の動画です。1998年1月発売のL’Arc〜en〜Ciel17thシングルCDの表題曲で、6thアルバム『ark』にも収録された人気曲です。

L’Arc〜en〜Ciel人気曲ランキング【ロック】3位~1位

3位:Ready Steady Go!

「Ready Steady Go!」の動画

作詞はhyde、作曲をtetsuが担当しました。題名を日本語に直訳すると「よーい、ドン!」です。ギター、ベース、ドラムのシンプルな音の上にシンセサイザーを多用した楽曲です。この楽曲はレコーディング中、hydeの提案でデモからテンポを上げることとなりました。ライブで盛り上がる曲の一つともなり、活動再開後のライブではアンコール突入前の定番ソングです。

L’Arc〜en〜Ciel人気曲ランキング【ロック】3位!2018年にファンが厳選したおすすめ人気曲の動画です。2004年2月発売のL’Arc〜en〜Ciel22ndシングルCDの表題曲で、9thアルバム『SMILE』にも収録された人気曲です。ラルクアンシエルらしいパンク・ロックの名曲です。

「Ready Steady Go」のtwitter

ラルクアンシエルをあまり知らない人からもカッコ良いといわれる名曲です。ネガティブな気分になっているときに聴くと元気をもらえるというファンもいるようです。

2位:Link

「Link」の動画

作詞はhyde、作曲をtetsuが担当しました。映画『劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者』のオープニングテーマです。『人と人との絆』をテーマにして詞を考えた、とhydeが話しているように、題名は「繋がり」という意味を持ちます。tetsuyaは、雑誌のインタビュー等で、最初から明るい曲を作る気でいた、大人も子供も『シングアソング』出来るような曲を作った、旨を話していました。

L’Arc〜en〜Ciel人気曲ランキング【ロック】2位!2018年にファンが厳選したおすすめ人気曲の動画です。2005年7月発売のL’Arc〜en〜Ciel28thシングルCDの表題曲で、11thアルバム『KISS』にも収録された人気曲です。

「Link」のtwitter

イントロがカッコ良いといわれている名曲です。サビも印象に残るのではないでしょうか。この曲を聴いてラルクアンシエルを好きになったファンもいるようです。

1位:Vivid Colors

「Vivid Colors」の動画

作詞をhyde、作曲kenが担当しました。kenによると、名古屋の大学時代に、すでに曲のサビはあったようです。インディーズ時代、仮タイトルの「New Song」で、ライブで披露したことがあったそうです。「Vivid Colors」の「Vivid」は、ファンからもらったカップ書いてあった「Vivid」に由来します。この楽曲は、ラルクアンシエルとして初めて迎えたアレンジャーとバンドとの共同編曲となっています。

L’Arc〜en〜Ciel人気曲ランキング【ロック】1位!2018年にファンが厳選したおすすめ人気曲の動画です。1995年7月発売のL’Arc〜en〜Ciel2ndシングルCDの表題曲で、3rdアルバム『heavenly』にも収録された人気曲です。

「Vivid Colors」のtwitter

明るく爽やかで疾走感のある楽曲です。ドライヴするときにかけたくなるファンもいるようです。スピードの上げすぎには気を付けたほうが良いでしょう。

L’Arc〜en〜Cielの「ポップジャム事件」の真相

NHKポップジャム事件とは?

1999年4月19日、NHKの音楽番組『ポップジャム』の5月1日放送分の収録にL’Arc〜en〜Cielが参加しました。その収録で、同バンドは2曲演奏する予定であったところ、1曲終了した時点で演奏を中止し、ステージを去った、と報道されています。しかし、バンドメンバーによると、そのようなことはなく、元々バンドは2曲続けてではなくて、1曲ずつ別々に演奏することになっていた、とのことでした。

「ヴィジュアル系」との発言が事件の発端

事件の発端は、当時の番組のMCの爆笑問題が、バンドメンバーに対して「ヴィジュアル系」と発言したことにあるとされています。その経緯には、番組に出る時点でバンドの要望などを事務所、レコード会社を通し番組には伝えていたが、司会の爆笑問題にまでは伝わっていなかったことがあるといわれています。

責任はバンド側のスタッフにあった

責任は司会の爆笑問題やNHK側のスタッフにあったのではなく、バンドメンバーの意思を相手側に伝えなかったバンド側のスタッフにあったとのことでした。

バンドメンバーtetsuyaも、1曲演奏して、楽屋に戻ったとき、爆笑問題にもそういう話をして、"気持ちよく仕事がしたいけれど、そういう環境が整ってないので、今日は失礼させていただきます"と、挨拶をして帰った、との旨を語っていました。

ロックバンド「L’Arc〜en〜Ciel」のこだわり

L’Arc〜en〜Cielのtetsuyaは「ヴィジュアル系」という呼び方や、ジャンルの分け方を批判しています。彼は「音楽のジャンルで、ロックやジャズ、ポップス、パンクというものはあっても「ヴィジュアル系」というものはない。楽曲をきちんと聴いてもらっていない証拠。「ヴィジュアル系」は、人を見た目で判断する差別用語だと思う」との旨を述べていました。

そして自分たちを「ヴィジュアル系」という括りに包括されることを頑なに否定しています。他のメンバーも「ヴィジュアル系」と呼ばれて快くは思わないようです。

L’Arc〜en〜Ciel人気曲ランキングのまとめ

2018年現在、L’Arc〜en〜Cielのシングルとアルバムから厳選した、ファンに人気のある名曲を、ロックとバラードのジャンル別に紹介しました。

L’Arc〜en〜Cielは、日本国内だけではなく海外においても、アーティストとして実力が認められるグループであるといわれています。そんな彼らの、はっきりとした世界観のそれぞれの作品の魅力について、多くを知ることができたのではないでしょうか。L’Arc〜en〜Cielは、彼らにしかできない音楽で多くのファンから支え続けられています。今後の彼らの活躍にも期待できるでしょう!

その他の気になる記事はこちら

男性歌手・アーティスト人気グループランキングTOP20!【動画あり最新版】 | ランキングまとめメディア
2018日本のロックバンド人気ランキングTOP25!おすすめ楽曲紹介【最新】 | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ