炊飯器おすすめランキングTOP20!予算ごとの選び方ポイント解説【最新】

家電製品の中でも、今や炊飯器がメーカーや価格・機能によって多種多様な展開を繰り広げていることをご存知でしょうか。価格が10万円近くする高級炊飯器からお米さえ炊ければよいというシンプル機能の炊飯器まで、選び方にも様々な基準があります。そんな日本の食卓には欠かせないおすすめの炊飯器を2018年最新のランキングでご紹介いたします。とにかくおいしいお米が炊きたい方、分量に合わせて人気の5.5合炊きを新調したい方、そんな方々におすすめのランキングです。

目次

  1. 炊飯器おすすめ人気ランキングTOP20【2018】
  2. 2018炊飯器おすすめ人気ランキング20位~11位
  3. 2018炊飯器おすすめ人気ランキング10位~7位
  4. 2018炊飯器おすすめ人気ランキング6位~4位
  5. 2018炊飯器おすすめ人気ランキング3位~1位
  6. 炊飯器で美味しいお米の炊き方
  7. 2018炊飯器おすすめ人気ランキングTOP20!のまとめ

炊飯器おすすめ人気ランキングTOP20【2018】

メーカーや価格や機能を人気ランキングで紹介

お茶碗に盛られたおいしそうなご飯

お茶碗に盛られたおいしそうなご飯

食欲の秋となりました。お米のおいしいシーズンです。お米を炊くのにおすすめの炊飯器を人気ランキングで20機種紹介します。

9月から10月は何かと引っ越しや異動などが多いシーズンです。新生活の準備に追われ家電製品もそろい始める今日この頃、日本の食卓には欠かせない炊飯器の準備はお済みでしょうか。家電製品の中でも、2018年現在今や炊飯器がメーカーや価格・機能によって多種多様な展開を繰り広げていますので、その選び方のポイントをおすすめランキングでまとめてみましょう。

家電の定番!高級な炊飯器から人気の5合炊きなど選び方のポイント

炊飯器の選び方のポイント

炊飯器の選び方のポイント

炊飯器は日本の食生活には欠かせない家電製品です。今や多種多様な機種が発売されており、選び方にもさまざまな基準があります。

2018年9月現在の時点で、Amazonや楽天を始めとしたショッピングサイトでも実に1000件を優に超える数の炊飯器が販売されています。数ある家電製品の中でも驚くほど多様化している炊飯器事情の中で、価格が10万円近くする高級な炊飯器から一人暮らしに便利なシンプル機能の炊飯器までその種類は様々にあり、選び方にも迷ってしまいます。

多種多様な炊飯器の数々

多種多様な炊飯器の数々

メーカー・価格・機能、どれもそれぞれに特徴があります。どんな特徴があるのか、ランキングで見ていきましょう。

選び方のポイントとしては、価格はもちろんのこと各ご家庭の生活スタイルや分量に合っているかどうかという点が何よりも重要です。例えば固めの仕上がりが好きなのにふんわり仕上げを極めた炊飯器を選ぶと思ったような仕上がりにならなかったり、6人家族で暮らしていて1.5合炊きの炊飯器では何度も炊飯しなければならなかったりという問題も起こるでしょう。

お米の分量

炊飯器を選ぶ際は分量にも注意

予算も大切ですが、各ご家庭の生活に合った分量の炊飯器を選ぶことが大切です。

また、高級であればあるほど良いのかというと必ずしもそうではない選び方をされる方もいらっしゃるでしょう。そんな多種多様な炊飯器の中から、予算の範囲内でしっかりと機能や分量を見極めて各ご家庭に合った炊飯器を選びましょう。

炊飯器を安全に使うための注意点

炊飯器の設置場所に注意

炊飯器の設置場所に注意

一見安全そうに見える炊飯器も高温でお米を炊き上げる立派な家電製品です。使い方や設置場所を誤ると思わぬ危険を及ぼす可能性があります。

特に多くの炊飯器では炊飯時に蒸気が出ますので、周辺に蒸気を遮るものがない場所に設置しましょう。メーカーによって蒸気カットタイプのものも出ていますが、そうでない場合には特に強くおすすめします。またあくまでも家電製品ですので湿気が多い場所も避けたほうがよいでしょう。

立ち上る水蒸気

立ち上る水蒸気

炊飯器は炊き上がり時に蒸気が発生します。お部屋の壁紙などを傷めてしまわないように、周りに蒸気が触れない場所に設置しましょう。

また使用していない時は、しっかりと内部の水分をふき取り、乾燥した状態で清潔にしておきましょう。湿った状態での放置や炊きあがったお米が残っている状態で置いておくと衛生的にも良くなく、家電製品としての寿命も縮まります。

炊飯器これが出たら買い替えのサイン

炊き上がったお米から異臭がする

炊き上がったお米から異臭がする

炊飯器をきれいに洗っていても炊き上がったお米が臭うという場合には炊飯器自体に問題があるかもしれません。買い替えのサインです。

炊飯器の寿命は一般的に約5年程度と言われていますが、炊飯器を使う上で、内釜をきれいに洗っても炊いたお米が臭う、また目に見えるほど内釜のコーティングが剥げてしまっている、その他お米が炊けていないのに勝手に保温に切り替わってしまうなど、正常な動作をしなくなっている場合は買い替えのサインです。

2018炊飯器おすすめ人気ランキング20位~11位

2018年炊飯器おすすめ人気ランキング、まずは20位から11位の発表です。選び方のポイントを押さえながら見ていきましょう。

20位:象印「NP-RL05-WA」

象印 圧力IH炊飯ジャー(3合炊き) ホワイトZOJIRUSHI 極め炊き NP-RL05-WA

炊き分けができる圧力電子ジャー

炊飯容量:0.5~3合炊き

炊飯時消費電力(W):700

1回あたりの炊飯時消費電力量(Wh):111

1時間あたりの保温時消費電力量(Wh):12.5

*使用時のメニューによって変動あり

外形寸法:幅×奥行×高さ(約cm):23×32×19.5

ふた開き時の高さ(約cm):36.5

質量(約kg):4.0

価格:¥20,980-

販売サイト:Amazon、楽天市場

おすすめランキング20位は、象印の圧力IH炊飯ジャーです。炊き分け圧力を3通りから選ぶことができ、その時の気分に応じてご飯の食感が変えられます。また、保温に関しても2通りから選ぶことができ、30時間おいしく保温できる「うるつや保温」と保温してもあたたかいご飯が食べられる「高め保温」の機能があります。

 

予算3万円以内

予算3万円以内

予算3万円以内

3万円以内で買えるやや高級な炊飯器です。味を追い求める方には人気の圧力IH式、かつ1人~2人暮らしに適した3合炊きとなっています。

口コミ情報

おすすめランキング20位のこの機種をTwitterの口コミ情報で見てみましょう。もちもちの仕上がりでご飯が炊けると評判の書き込みがあります。

おすすめランキング20位のこの機種は、もちもちの炊き上がりがお好みの方におすすめです。選び方のポイントとしても炊き上がりは非常に重要な点です。

19位:東芝「RC-10VRL-RS」

東芝 真空IHジャー炊飯器(5.5合炊き) ディープレッドTOSHIBA 鍛造かまど銅釜 RC-10VRL-RS

玄米もおいしく炊けるIHジャー

炊飯容量:5.5合炊き

炊飯時消費電力(W):1250

1回あたりの炊飯時消費電力量(Wh):176.2

1時間あたりの保温時消費電力量(Wh):12.5

*使用時のメニューによって変動あり

外形寸法:幅×奥行×高さ(約cm):29.2×38.3×25.8

ふた開き時の高さ(約cm):43.4

質量(約kg):4.7

価格:¥18,345-

販売サイト:Amazon、楽天市場

おすすめランキング19位のこの機種は、食感炊き分け機能が全部で5通り有り、しゃっきりからもちもちまで様々な炊き上がりを楽しめます。またこの炊飯器の最大の特徴は圧力可変コントロールと真空αテクノロジーを利用した「合わせ炊き」で、お米を芯から炊き上げ美味しくします。さらに玄米と白米を混ぜてもおいしく炊き上がる「白米混合」コースが踏査されており、体に優しい玄米が好きな方にもおすすめです。

予算2万円以内

予算2万円以内

予算2万円以内

2万円以内で買える標準的な価格帯の炊飯器です。

あまり炊飯器メーカーとしてのイメージがない東芝の炊飯器ですが、上述した「合わせ炊き」とは、圧力可変コントロールにより圧力をかけながら激しい熱対流でお米一粒一粒に熱を与え、真空αテクノロジーによってお米を浸した時の吸水工程を真空にし、圧力差を利用してお米の中心まで吸水させることでお米を芯からおいしくする技術です。他では味わえないお米の甘みを引き出します。

口コミ情報

グッド女性

美味しいお米が炊けやすい!

おすすめランキング19位のAmazonカスタマーレビューの様子です。お米の味に追及したレビューがかなり多いことが窺えます。

同じ米から炊いているのに最高級の米で炊いた様に美味しいです。

おすすめランキング19位のこの機種は、お米を芯からおいしくする技術が光っています。おいしいお米を食べたい方におすすめです。

18位:タイガー「JPG-X100-WF」

タイガー 土鍋圧力IHジャー炊飯器(5.5合炊き) フロストホワイトTIGER THE炊きたて GRAND X(グランエックス) シリーズ JPG-X100-WF

IH式最高級炊飯器

炊飯容量:5.5合炊き

炊飯時消費電力(W):1180

1回あたりの炊飯時消費電力量(Wh):150

1時間あたりの保温時消費電力量(Wh):15.8

*使用時のメニューによって変動あり

外形寸法:幅×奥行×高さ(約cm):26.1×32.5×22.0

質量(約kg):7.3

価格:¥76,800-

販売サイト:Amazon、楽天市場

おすすめランキング18位は、タイガーの圧力IH式炊飯器です。モーションセンサーとタッチパネルを使った近未来風のデザインをはじめ、四度焼のプレミアム本土鍋、可変W圧力機能などを搭載し、お米一粒一粒をもちもちの弾力に仕上げます。

予算8万円以内

予算8万円以内

予算8万円以内

8万円以内で買える最高級炊飯器です。ランキング内でも最高峰の金額を誇るこの機種は、IH式の5.5合炊きで、内釜の素材には口絞り構造を施した四度焼きのプレミアム本土鍋を搭載されています。

さらに、内蓋は親水効果のある加工で薄く膜を張る構造で加熱時に素早く蒸発して不要な水分を取り除き、また保温時には水分の膜ができてしっとりとしたご飯を包み込みます。

口コミ情報

小学生

冷めたご飯も美味しい?!

おすすめランキング18位のAmazonカスタマーレビューの様子です。とにかくおいしいと評判で、冷めたごはんまでおいしいというレビューがあります。

兎に角、美味しい。ただただそれだけ。
土鍋だから割れやすいなどよく聞くけど、美味しいくご飯がいただける事が一番大切だと思います。冷えたご飯のおにぎりが本当に美味しいです。

おすすめランキング18位のこの機種は、最高級炊飯器で炊くお米は絶品です。価格はかなりのものですが、それだけに評価は太鼓判です。

17位:三菱「NJ-AW108-B」

IHジャー炊飯器(5.5合炊き) 黒銀蒔MITSUBISHI 本炭釜 KAMADO[ 型番:NJ-AW108-B]

かまどごはんを追求した炊飯器

炊飯容量:5.5合炊き

炊飯時消費電力(W):1380

1回あたりの炊飯時消費電力量(Wh):162.0

1時間あたりの保温時消費電力量(Wh):17.2

*使用時のメニューによって変動あり

外形寸法:幅×奥行×高さ(約cm):28.5×32.0×24.9

ふた開き時高さ(約cm):47.8

質量(約kg):5.7

価格:¥51,680-

販売サイト:Amazon、楽天市場

 

 

おすすめランキング17位は三菱のIH炊飯器です。かまどごはんを追求した本炭釜を使用し、大火力で炊き上げることによって、冷めてもおいしいごはんを実現しました。

予算6万円以内

予算6万円以内

予算6万円以内

6万円以内で買える高級炊飯器です。IH式の5.5合炊きでかまどごはんの味を追求しています。

35銘柄のお米に合わせた芳醇炊きモードをはじめ、玄米モード、発芽米モード、麦飯モードなど様々な場面に合わせた機能を搭載しています。白米だけでなく体にも優しいお米を炊きたい方におすすめです。

Twitterの口コミ情報

おすすめランキング17位のこの機種をTwitterの口コミ情報で見てみましょう。多くの種類のお米に対応したモードに言及されています。

おすすめランキング17位のこの機種は、一部対応していないものもありますが、35銘柄ものお米に対応しています。色んなお米を食べたいという方におすすめです。

16位:バルミューダ「K03A-WH」

バルミューダ 3合炊き 電気炊飯器 BALMUDA The Gohan バルミューダ ザ・ゴハン K03A-WH ホワイト

国際的デザイン賞を受賞した炊飯器

炊飯容量:3合炊き

炊飯時消費電力(W):670

1回あたりの炊飯時消費電力量(Wh):メーカー発表なし

1時間あたりの保温時消費電力量(Wh):メーカー発表なし

外形寸法:幅×奥行×高さ(約cm):27.5×25.1×19.4

ふた開き時高さ(約cm):メーカー発表なし

質量(約kg):4.0

価格:¥39,200-

販売サイト:Amazon、楽天市場

おすすめランキング16位は、国際的に権威のあるグッドデザイン・ベスト100やレッドドットデザインアワードなどを受賞したシンプルでスタイリッシュなデザインが魅力のバルミューダの炊飯器です。調理コースもパン発酵、パン・ケーキ、温泉卵と独特な機能を備え、毎日の料理が楽しくなります。また、炊き上がり残時間の表示や保温時間の表示機能も搭載した親切設計となっています。

予算4万円以内

予算4万円以内

予算4万円以内

4万円以内で買えるやや高級な炊飯器です。とにかくスタイリッシュなデザインと独特な商品を出すことで有名なバルミューダがついに炊飯器を開発しました。

一見して家電製品とは思えぬ高級感のある外観デザインが人気です。1人~2人暮らしには嬉しい3合炊きで、水蒸気を利用してお米を炊き上げる独特の技術を採用しており、炊き分けモードも白米、早炊、玄米、炊込、お粥と5種類に対応しています。

口コミ情報

おすすめランキング16位のこの機種をTwitterの口コミ情報で見てみましょう。製品の特長とともに、メーカーの魅力も伝えてくれています。

おすすめランキング16位のこの機種は、選び方のポイントとして、こだわりのメーカーから選ぶという方法もあります。デザイン重視で選ぶ方におすすめです。

15位:東芝「RC-5SL-K」

東芝 マイコンジャー炊飯器(3合炊き) ブラックTOSHIBA RC-5SL-K

パンも作れるマイコン式炊飯器

炊飯容量:3合炊き

炊飯時消費電力(W):400

1回あたりの炊飯時消費電力量(Wh):111.1

1時間あたりの保温時消費電力量(Wh):8.02

*使用時のメニューによって変動あり

外形寸法:幅×奥行×高さ(約cm):22.3×26.9×19.5

ふた開き時の高さ(約cm):メーカー発表なし

質量(約kg):3.0

価格:¥8,227-

販売サイト:Amazon、楽天市場

おすすめランキング15位は、東芝のマイコン式3合炊きの炊飯器です。内蓋につゆが付きにくく、おいしく保温できる「つゆ防止蓋ヒーター」は、丸洗いも可能な着脱式でお手入れも簡単です。

予算1万円以内

予算1万円以内

予算1万円以内

1万円以内で買える低価格帯の炊飯器です。一人暮らしにも嬉しい3合炊きです。

パン発酵から焼き上げ、またケーキや温泉卵まで作れる豊富な機能を取り揃えているのが魅力です。

Twitterの口コミ情報

おすすめランキング15位のこの機種をTwitterの口コミ情報で見てみましょう。パンを作れるという点や他の機能にも言及されています。

おすすめランキング15位のこの機種は、一人暮らしでご飯もパンも食べたいという方、また少し変わった機能も試してみたいという方におすすめです。

14位:アイリスオーヤマ「RC-IA32-R」

アイリスオーヤマ 炊飯器 IH 3合 銘柄量り炊き カロリー計算機能付き 米屋の旨み RC-IA32-R

おひつとIH調理器が一体化した炊飯器

炊飯容量:3合炊き

炊飯時消費電力(W):400

1回あたりの炊飯時消費電力量(Wh):メーカー発表なし

1時間あたりの保温時消費電力量(Wh):メーカー発表なし

*使用時のメニューによって変動あり

外形寸法:幅×奥行×高さ(約cm):22.5×28.0×22.0

ふた開き時の高さ(約cm):メーカー発表なし

質量(約kg):4.3

IHヒーター部:1000w

火力調節:加熱調理:5段階(火力)約80w相当~約1000w、揚げ物調理:5段階(油温)約160~200℃

価格:¥16,098-

販売サイト:Amazon、楽天市場

おすすめランキング14位は、アイリスオーヤマのIH式炊飯器です。適切なお米の分量と水量を5CC刻みで表示してくれる機能があり、炊き上がりにムラがありません。また、カロリー表示機能も搭載しており、健康にも優しい炊飯器となっています。

予算2万円以内

予算2万円以内

予算2万円以内

2万円以内で買える標準的な価格帯の炊飯器です。IH式の3合炊き炊飯器で、最大の特徴は上部のおひつ部分と下部のIH調理器部分が分離できる構造となっている点です。

IH部分は最大火力1000wを有し、揚げ物の調理にも対応しています。炊飯器だけではなく様々なホーム用品メーカーでもあるアイリスオーヤマならではの作品と言えます。もはや炊飯器とは一線を画す家電製品としても活躍してくれるでしょう。

口コミ情報

おすすめランキング14位のこの機種をTwitterの口コミ情報で見てみましょう。やはりIH調理器部分についての言及が目立ちます。

おすすめランキング14位のこの機種は、炊飯器とIH調理器を兼ねた一挙両得の家電製品です。価格もお手ごろなので、ガス式ではなくIH調理器が欲しかったという方にもおすすめです。

13位:日立「RZ-WS2M N」

日立 炊飯器 IH 打込鉄釜 おひつ御膳 2合 RZ-WS2M N

温かいままおひつを取り外して運べる炊飯器

炊飯容量:2合炊き

炊飯時消費電力(W):500

1回あたりの炊飯時消費電力量(Wh):メーカー発表なし

1時間あたりの保温時消費電力量(Wh):メーカー発表なし

*使用時のメニューによって変動あり

外形寸法:幅×奥行×高さ(約cm):21.7×26.0×17.5

ふた開き時の高さ(約cm):33.5

質量(約kg):3.0

価格:¥26,800-

販売サイト:Amazon、楽天市場

おすすめランキング13位は、日立のIH式2合炊きの炊飯器です。最大の特徴は、全周断熱構造を有したおひつ部を外してそのまま食卓に運ぶことができ、さらに約2時間65℃の高温をキープできるところです。最後まで熱々ごはんを楽しむことができます。

予算3万円以内

予算3万円以内

予算3万円以内

3万円以内で買えるやや高級な炊飯器です。おひつ部を外して運べるのが嬉しい機能です。

コンセプトは少量でもおいしいお米が炊けることで、2合炊きとやや分量は少なめですが、これまで少量の炊飯ではなかなかおいしいお米が炊けないとお悩みだった方には必見の機種です。炊飯器の新しい選び方の基準を考えさせられます。

口コミ情報

おすすめランキング13位のこの機種をTwitterの口コミ情報で見てみましょう。おひつ部分を運べる特徴に加え、デザインにも言及している口コミがあります。

おすすめランキング13位のこの機種は、一人暮らしに最適な2合炊きです。これまで3合炊きしか買ったことがないという方にもおすすめです。

12位:Everia × ROOMMATE「TDP-001K」

TDP-001K

シンプルで多機能な炊飯器

炊飯容量:2合炊き

炊飯時消費電力(W):450

1回あたりの炊飯時消費電力量(Wh):メーカー発表なし

1時間あたりの保温時消費電力量(Wh):メーカー発表なし

*使用時のメニューによって変動あり

外形寸法:幅×奥行×高さ(約cm):31.0×25.5×25.0

ふた開き時の高さ(約cm):メーカー発表なし

質量(約kg):2.77

価格:¥3,820-

販売サイト:Amazon、楽天市場

 

おすすめランキング12位は、ROOMMATEの2合炊き炊飯器です。シンプルなコンパクト設計にもかかわらず多彩な機能を搭載しており、炊飯だけでなくお粥や雑炊、ヨーグルトにケーキまで実に5種類の機能があります。1人~2人暮らしに最適な3.5合炊き炊飯器です。

予算1万円以内

予算1万円以内

予算1万円以内

1万円以内で買える低価格帯の炊飯器です。ランキング内でも1,2を争う低価格です。

予算1万円以内で買える炊飯器の中でも最も豊富な機能を搭載した炊飯器の一つです。選び方の基準として、シンプルで多機能な炊飯器を探していた方にはぜひともオススメしたい機種です。

口コミ情報

小学生女の子

安いけどしっかり使える!

おすすめランキング12位のAmazonカスタマーレビューの様子です。価格帯がお安めの分製品の強度を心配する声もありますが、問題ないようです。

初めて炊飯器を購入しました。
保温機能にも問題がなくおいしくお米をたくことができます。
今までは鍋で炊いていたのですが、とても楽ちんになりました。
またケーキを作ることができるのでたまに作っています。
1か月ほど使っていますが、問題もなく動作しています。

おすすめランキング12位のこの機種は、これ1台で5機能を備えた驚きの炊飯器です。ヨーグルトを作れる機能は他の炊飯器にも中々見られない機能です。

11位:シャープ「KS-S10J-S」

シャープ 炊飯器 マイコン方式 5.5合 黒厚釜 球面炊き シルバー KS-S10J-S

ワンタッチお急ぎキー付きの炊飯器

炊飯容量:5.5合炊き

炊飯時消費電力(W):640

1回あたりの炊飯時消費電力量(Wh):185.5

1時間あたりの保温時消費電力量(Wh):16.1

*使用時のメニューによって変動あり

外形寸法:幅×奥行×高さ(約cm):24.0×33.8×20.4

ふた開き時の高さ(約cm):メーカー発表なし

質量(約kg):3.5

価格:¥6,694-

販売サイト:Amazon、楽天市場

おすすめランキング11位は、シャープの5.5合炊き炊飯器です。お米の芯まで熱を伝える黒厚釜と底面を球状にした球面炊きとふっくらおいしいご飯を炊き上げます。玄米や雑穀米も専用の火加減で炊き分ける多彩なおまかせメニューも搭載し、健康に配慮したい方にもおすすめです。

予算1万円以内

予算1万円以内

予算1万円以内

1万円以内で買える低価格帯の炊飯器です。かなりお買い得な商品です。

マイコン式5.5合炊きで、忙しいときに便利なワンタッチおいそぎ炊飯キーを搭載しており、またWコーティング内釜によりお米が洗える仕様となっています。いつも忙しい主婦の方にもおすすめです。

口コミ情報

おすすめランキング11位のこの機種を、Twitterの口コミ情報で見てみましょう。シンプルな見た目や機能に言及されています。

おすすめランキング11位のこの機種は、シンプルながらふっくらとおいしいご飯が炊き上がると評判です。価格も1万円以内とお買い得です。

2018炊飯器おすすめ人気ランキング10位~7位

2018年炊飯器おすすめ人気ランキング、続いては10位から7位の発表です。選び方のポイントを押さえつつ、変わり種の炊飯器も入ってきていますのでチェックしてみましょう。

10位:直流炊飯器タケルくん「JPN-JR001」

直流炊飯器 タケルくん DC12V専用 JPN-JR001

レジャーやアウトドアに便利な携帯用炊飯器

炊飯容量:1.5合炊き

炊飯時消費電力(W):110

1回あたりの炊飯時消費電力量(Wh):メーカー発表なし

1時間あたりの保温時消費電力量(Wh):メーカー発表なし

*使用時のメニューによって変動あり

外形寸法:幅×奥行×高さ(約cm):16.0×15.0×14.5

ふた開き時の高さ(約cm):メーカー発表なし

質量(約kg):0.592

価格:¥5,945-

販売サイト:Amazon、楽天市場

おすすめランキング10位は、JPNのタケルくんです。DC12V専用電源を採用し、自動車の中などから電源をとれる炊飯器です。最大1.5合まで炊飯できるので、レジャーやアウトドアなどで真価を発揮します。

予算1万円以内

予算1万円以内

予算1万円以内

1万円以内で買える低価格帯の携帯用炊飯器です。

自動車通勤でお昼に温かいご飯を食べたい方や災害時の緊急用などにも使用でき、様々な場面で役に立つ優れものの携帯用炊飯器です。

口コミ情報

おすすめランキング10位のこの機種をTwitterの口コミ情報で見てみましょう。電源についてお得な情報もtweetされています。

おすすめランキング10位のこの機種は、車の中でご飯が炊ける夢のような炊飯器です。家電製品としての選び方とは少し別の視点となりますが、いざという時におすすめの商品です。

9位:パナソニック「SR-HB107-W」

パナソニック 5.5合 炊飯器 IH式 ホワイト SR-HB107-W

冷凍用ごはんコースを備えた5.5合炊き炊飯器

炊飯容量:5.5合炊き

炊飯時消費電力(W):1200

1回あたりの炊飯時消費電力量(Wh):メーカー発表なし

1時間あたりの保温時消費電力量(Wh):メーカー発表なし

*使用時のメニューによって変動あり

外形寸法:幅×奥行×高さ(約cm):25.0×32.1×20.1

ふた開き時の高さ(約cm):メーカー発表なし

質量(約kg):0.592

価格:¥18,980-

販売サイト:Amazon、楽天市場

おすすめランキング9位は、パナソニックのIH式炊飯器です。底面や側面だけでなく内ぶたにもIHを搭載し、お米を全面から加熱し包み込む全面発熱5段IHを採用しています。炊き分けも3種類のふつう、かため、やわらかがあり、お料理の内容に応じて使い分けができます。

 

予算2万円以内

予算2万円以内

予算2万円以内

2万円以内で買える標準的な価格帯の炊飯器です。

IH式5.5合炊きの炊飯器です。レンジでの解凍温めに特化した冷凍用ごはんコースが搭載されており、忙しい主婦やサラリーマンの方にもおすすめです。

口コミ情報

女性指差し

たくさんレビューがある製品

おすすめランキング9位のAmazonカスタマーレビューの様子です。蒸気カットの部分に追及する声も上がっています。

明るい色の炊飯器がほしくて購入しました。パナソニックの炊飯器は初めてですがお手入れも簡単で音も静かで蒸気も出ず大満足です。開ける時のボタンは上蓋に手をそえて親指で押すと安定して開きます。

おすすめランキング9位のこの機種は、人気の5.5合炊きにIH式でシンプルな見た目と冷凍用ごはんコースが搭載されて2万円以内とお値打ち価格です。

8位:サンコー「LCARBRCK」

サンコー 炊飯ジャー 糖質カット 炊飯器 6合 LCARBRCK

糖質カットができる炊飯器

炊飯容量:5.5合炊き

炊飯時消費電力(W):860

1回あたりの炊飯時消費電力量(Wh):341.2

1時間あたりの保温時消費電力量(Wh):7.60

*使用時のメニューによって変動あり

外形寸法:幅×奥行×高さ(約cm):28.0×40.0×33.0

ふた開き時の高さ(約cm):メーカー発表なし

質量(約kg):6.9

価格:¥25,480-
販売サイト:Amazon、楽天市場

おすすめランキング8位は、サンコーの5.5合炊き炊飯器です。独自の炊飯システムにより、いつもの量のお米でも33%の糖質をカットできる優れものの炊飯器です。ダイエット中だけどお米は食べたい方や糖質制限をしている方などにおすすめです。

予算3万円以内

予算3万円以内

予算3万円以内

3万円以内で買えるやや高級な炊飯器です。

3人~4人家族にも嬉しい6号炊きです。独自の排水システムで糖質成分を含んだ水を排出します。3万円以内のお値打ち価格で毎日の食卓が変わります。

口コミ情報

おすすめランキング8位のこの機種をTwitterの口コミ情報で見てみましょう。独特の機能である糖質カット機能に多く言及されています。

おすすめランキング8位のこの機種は、炊飯器の選び方として、価格やおいしさ以上に糖質が気になるという方におすすめです。

7位:タイガー「JAJ-A552-WS」

タイガー マイコン 炊飯器 3合 シンプルホワイト レシピ付 tacook 炊きたて 炊飯 ジャー JAJ-A552-WS Tiger

炊飯しながら調理もできるクッキングプレート内臓炊飯器

炊飯容量:3合炊き

炊飯時消費電力(W):375

1回あたりの炊飯時消費電力量(Wh):110

1時間あたりの保温時消費電力量(Wh):10.4

*使用時のメニューによって変動あり

外形寸法:幅×奥行×高さ(約cm):21.9×27.3×19.1

ふた開き時の高さ(約cm):メーカー発表なし

質量(約kg):3.0

価格:¥7,659-

販売サイト:Amazon、楽天市場

おすすめランキング7位は、タイガーの3合炊き炊飯器です。内釜と内蓋との間に付属のクッキングプレートを置くことで、ご飯を炊きながらおかずも調理できるという一石二鳥の家電製品です。電気代も節約できて毎日お得に調理できます。

予算1万円以内

予算1万円以内

予算1万円以内

1万円以内で買える低価格帯の炊飯器です。デザインもすっきりで置き場所にも困りません。

マイコン式3合炊きの炊飯器です。おすすめのレシピ集もついており、同時調理が捗ります。また、シンプルなデザインですっきりと収納でき、30%の蒸気カット機能も付いているので置き場所の候補も広がります。

 

口コミ情報

おすすめランキング7位のこの機種をTwitterの口コミ情報で見てみましょう。同時調理機能に多くの方が言及されています。

おすすめランキング7位のこの機種は、大幅な時間短縮が可能になる炊飯器です。できれば毎日のお料理にあまり時間をかけたくないという方におすすめです。

2018炊飯器おすすめ人気ランキング6位~4位

2018年炊飯器おすすめ人気ランキング6位から4位です。人気どころの炊飯器が続々と登場します。

6位:日立「RZ-YV100M R」

ふっくら御膳 RZ-YV100M

人気の圧力IH式5.5合炊き炊飯器

炊飯容量:5.5合炊き

炊飯時消費電力(W):1400

1回あたりの炊飯時消費電力量(Wh):141

1時間あたりの保温時消費電力量(Wh):15.7

*使用時のメニューによって変動あり

外形寸法:幅×奥行×高さ(約cm):25.8×37.8×23.6

ふた開き時の高さ(約cm):41.8

質量(約kg):5.7

価格:¥22,394-
販売サイト:Amazon、楽天市場

おすすめランキング6位は、日立の圧力IH式炊飯器です。お米の浸し時に釜内の温度を約60℃の高温に保ち、しっかりと吸水させ、圧力をかけて一気に炊き上げた後、蒸気と熱でスチームを使って高温で蒸らすことにより、ふっくら甘いご飯に炊き上げます。

 

予算3万円以内

予算3万円以内

予算3万円以内

3万円以内で買えるやや高級な炊飯器です。人気の圧力IH式の炊飯器です。

圧力IH式5.5合炊きの炊飯器で、炊き分け機能も極上しゃっきり・極上ふつう・極上もちもちと3種類をそろえ、各分量ごとにかためとふつう、そしてやわらかめの水位線が書かれているため、お好みに合わせて9段階の食感が味わえます。

口コミ情報

おすすめランキング6位のこの機種をTwitterの口コミ情報で見てみましょう。発売から半年たち口コミが広がったのかランキングが急上昇しています。

おすすめランキング6位のこの機種は、こだわりの炊きわけができる圧力IH炊飯器です。多くの方が手に取る圧力IHを一度は試してみたいという方におすすめです。

5位:三菱「NJ-VE108-W」

三菱 IHジャー炊飯器(5.5合炊き) ピュアホワイトMITSUBISHI 備長炭炭炊釜 NJ-VE108-W

高火力で炊き上げるふっくら仕上がりの炊飯器

炊飯容量:5.5合炊き

炊飯時消費電力(W):1200

1回あたりの炊飯時消費電力量(Wh):164.8

1時間あたりの保温時消費電力量(Wh):17.4

*使用時のメニューによって変動あり

外形寸法:幅×奥行×高さ(約cm):23.7×29.2×22.7

ふた開き時の高さ(約cm):43.9

質量(約kg):4.9

価格:¥18,980-

販売サイト:Amazon、楽天市場

おすすめランキング5位は、三菱の5.5合炊き炊飯器です。熱伝導率の高い金属釜の内側にチタンハードコートをコーティングし、さらに外側には備長炭コートで2層コーティングした5層厚釜「備長炭炭炊釜」を搭載し、究極のかまどごはんを意識したふっくらおいしいご飯に炊き上げます。

 

予算2万円以内

予算2万円以内

予算2万円以内

2万円以内で買える標準的な価格帯の炊飯器です。

IH式で人気の5.5合炊き炊飯器です。三菱はかまどごはんを徹底的に研究しているメーカーとして知られていますが、まさにその技術が結集した機種となっています。お米一粒一粒にかまどのような強い火力で熱を加え、極上のごはんに炊き上げます。

口コミ情報

見上げる女性

デザインが好まれている

おすすめランキング5位のAmazonカスタマーレビューの様子です。味の追及の他にもデザインが良いとの声もあります。

注文して1日早く到着しました。
見た目のスタイルもスタイリッシュで
キッチンに置いて置いても素敵なデザインです。
ご飯も美味しく感じます。

おすすめランキング5位のこの機種は、お米のうまみを引き出すことに特化した炊飯器です。お米本来の味を存分に楽しみたいという方におすすめです。

4位:パナソニック「SR-KT067-K」

IHジャー炊飯器 SR-KT067

オシャレな見た目と炊き分けが魅力の炊飯器

炊飯容量:3.5合炊き

炊飯時消費電力(W):700

1回あたりの炊飯時消費電力量(Wh):120

1時間あたりの保温時消費電力量(Wh):12.7

*使用時のメニューによって変動あり

外形寸法:幅×奥行×高さ(約cm):25.1×30.8×20.2

ふた開き時の高さ(約cm):43.0

質量(約kg):4.2

価格:¥14,922-

販売サイト:Amazon、楽天市場

おすすめランキング4位は、パナソニックの3.5合炊き炊飯器です。フラット天面にタッチキーとガラスパネルを搭載したスタイリッシュなデザインが特徴的な炊飯器です。外観の美しさもさることながら、内面にも備長炭入りのコーティングを施し、2段IHでふっくらとした炊き上がりのごはんを実現しています。

 

予算2万円以内

予算2万円以内

予算2万円以内

2万円以内で買える標準的な価格帯の炊飯器です。

高級感の漂う外観とは裏腹に、かなりのお値打ち価格の炊飯器です。IH式3.5合炊きの炊飯器です。炊きこみご飯を3合まで炊けるように3.5合炊きになっています。白米はもちろん3.5合まで炊くことができます。

口コミ情報

おすすめランキング4位のこの機種をTwitterの口コミ情報で見てみましょう。雑穀米コースなど白米以外のコースに言及される方も多くいます。

おすすめランキング4位のこの機種は、2段IH式の炊飯器で、見た目もスタイリッシュなので他の家電製品ともなじみます。デザインと価格を重視する方におすすめです。

2018炊飯器おすすめ人気ランキング3位~1位

2018年炊飯器おすすめ人気ランキング、いよいよTOP3の発表です。どんな機種がランクインしているか見てみましょう。

3位:NEOVE「NRS-T30A」

NRS-T30A

シンプルを極めた単機能炊飯器

炊飯容量:3合炊き

炊飯時消費電力(W):280

1回あたりの炊飯時消費電力量(Wh):107

1時間あたりの保温時消費電力量(Wh):24

*使用時のメニューによって変動あり

外形寸法:幅×奥行×高さ(約cm):23.6×21.5×19.5

ふた開き時の高さ(約cm):メーカー発表なし

質量(約kg):1.75

価格:¥2,182-

販売サイト:Amazon、楽天市場

おすすめランキング3位は、NEOVEの3合炊き炊飯器です。極限までシンプルな機能性にこだわった3合炊きの炊飯器です。操作する箇所は電源を入切するスイッチと炊飯キー1つだけで、炊いた後は自動的に保温になります。

 

予算1万円以内

予算1万円以内

予算1万円以内

1万円以内で買える低価格帯の中でも最安値の炊飯器です。

ランキングの中では最安値を誇るシンプルな炊飯器です。1合炊きであれば最短20分で炊き上がるというスピードも魅力で、一人暮らしのお供に最適です。

口コミ情報

おすすめランキング3位のこの機種をTwitterの口コミ情報で見てみましょう。単機能の点がかえって魅力となり人気を呼んでいます。

おすすめランキング3位のこの機種は、シンプルさとスピードを兼ね備えた炊飯器です。炊飯器としての役割は十分に果たしていると言えるでしょう。

シンプル・イズ・ザ・ベスト

夫婦ガッツ

選ぶ基準はお金だけじゃない!

高級な炊飯器は必要ない、とにかくお米が炊けて安価なものが良いという方には最もおすすめな炊飯器です。単機能でも十分においしいお米が炊き上がります。

2位:パナソニック「SR-SPX107 」

スチーム&可変圧力IHジャー炊飯器 SR-SPX107

すべての技術を詰め込んだ高機能炊飯器

炊飯容量:5.5合炊き

炊飯時消費電力(W):1210

1回あたりの炊飯時消費電力量(Wh):160

1時間あたりの保温時消費電力量(Wh):14.4

*使用時のメニューによって変動あり

外形寸法:幅×奥行×高さ(約cm):26.6×33.8×23.3

ふた開き時の高さ(約cm):46.0

質量(約kg):7.0

価格:¥59,990-

販売サイト:Amazon、楽天市場

おすすめランキング2位は、パナソニックの5.5合炊き炊飯器です。可変圧力、高温スチーム、ダイヤモンド竈釜、6段全面IHと素材・システムはフル装備、また炊き分け機能も白米だけでエコ炊飯、高速炊飯、炊き込み、すし、カレー用、おこげ、おかゆ、赤飯、おこわの9種類を備え、名実ともに2018年時点で最高峰のスペックを誇る炊飯器です。

予算6万円以内

予算6万円以内

予算6万円以内

6万円以内で買える高級炊飯器です。ランキング内でもかなり高価なものですが、その機能の豊富さは抜群です。

分量も5.5合炊きとどんな場面にも活躍できるサイズとなっています。家電製品としても、予算は6万円以内とかなり高額ではありますが、これ1台あればごはんの炊き方に困ることはないでしょう。価格には目をつぶってでも良い商品を手にしたいという選び方であれば、最もおすすめの機種と言えます。

口コミ情報

おすすめランキング2位のこの機種をTwitterの口コミ情報で見てみましょう。おいしさに言及するtweetが圧倒的多数です。

おすすめランキング2位のこの機種は、おいしいお米を追い求めるならぜひ一度はお試し頂きたい炊飯器です。白米以外のコースも多数備わっています。

2018年時点現行機種の中でも最高級機能の炊飯器

夫婦であーん

他の炊飯器と一味違う

とにかくおいしいお米が炊きたいという方にはこちらがおすすめです。

もちろん玄米や雑穀米の炊飯にも対応した炊飯メニューが用意されていますので、健康への配慮も抜群です。スチーム&可変圧力IHによる最高級のごはんをぜひお試しください。

1位:象印「NP-VQ10-TA」

IH炊飯ジャー極め炊き NP-VQ10-TA

多機能でリーズナブルな炊飯器

炊飯容量:5.5合炊き

炊飯時消費電力(W):1105

1回あたりの炊飯時消費電力量(Wh):156

1時間あたりの保温時消費電力量(Wh):15.0

*使用時のメニューによって変動あり

外形寸法:幅×奥行×高さ(約cm):25.5×37.5×20.5

ふた開き時の高さ(約cm):41.0

質量(約kg):4.0

価格:¥13,800-

販売サイト:Amazon、楽天市場

おすすめランキング1位は、象印の炊飯器です。人気のIH式、5.5合炊きを兼ね備えています。沸騰後も強火で炊き続ける豪熱沸とうIHを搭載し、うまみを最大限に引き出したお米が芯までふっくら炊き上がります。内ぶたも着脱可能で庫内はフラットになっておりお手入れも楽々です。

予算2万円以内

予算2万円以内

予算2万円以内

2万円以内で買える標準的な価格帯の炊飯器です。

予算2万円以内とお手頃な価格でしっかりとおいしいお米が食べられる炊飯器です。また、パンの発酵と焼き上げも可能でごはん党の方もパン党の方も大満足の機種です。どの機種も捨てがたい魅力の炊飯器たちでしたが、様々な機種の中でも最もコストパフォーマンスに優れていると判断されたこちらの機種が2018年炊飯器おすすめランキングの1位に選ばれました。

口コミ情報

おすすめランキング1位のこの機種をTwitterの口コミ情報で見てみましょう。コストパフォーマンスへの言及が多数寄せられています。

おすすめランキング9位のこの機種は、何といってもコストパフォーマンスが最大の魅力です。価格とおいしさと機能を兼ね備えています。

コストパフォーマンス最高の炊飯器

ガッツポーズ女性

これがあれば最高!

とにかくおいしいお米が炊きたいけど、そこまでお金もかけたくないという二つの要望を同時に叶えてくれるコストパフォーマンス最高の炊飯器です。

最高級の炊飯器にも引けを取らないお米の味わいがリーズナブルな価格で楽しめます。価格とおいしさのバランスを重視する方にはこちらがオススメです。

炊飯器で美味しいお米の炊き方

お米の研ぎ方のポイント

おいしいお米を炊く秘訣

おいしいお米を炊く秘訣

炊く前のひと手間でお米が何倍もおいしく炊き上がります。

おいしいお米を選ぶことや水の量を適切に調整することはもちろんですが、それ以外の注目ポイントは炊く前の手順にあります。

お米の洗い方

研ぐときの洗い方

ポイントはやさしく洗うこと

強く洗うとかえってお米が傷んでしまいます。やさしく洗いましょう。

2018年現在では家電製品のみならず精米技術も驚くほどに発達し、昔ほど強く洗わなくても3~5回程度洗うだけでお米はおいしく炊き上がるようになりました。特に新米の場合はヌカがはがれやすいので、3回程度洗えば十分でしょう。

ボウルやざるを使って研ぎましょう

ざるを使って水切り

ざるを使って水切り

ボウルの上にざるをのせてすばやく水切りをすると余分な吸水を避けられます。

お米を研ぐときに炊飯器の内釜の中で研ぐことはあまりお勧めできません。メーカーによっては研いでも良いと謳っている機種もありますが、その他のものでは内部が非常に傷付きやすくなり、内釜の寿命が縮まるとともに、炊きあがったお米の中に異物が混入する恐れもあります。

 

研ぐ前のお米

研ぐ前のお米

お米は優しく、かつ素早く研ぐのがおいしい炊き上がりのコツです。

ボウルやざるを使って、なるべく研いだ後の水をお米に吸水させないように素早く丁寧にお米を研ぎましょう。

2018炊飯器おすすめ人気ランキングTOP20!のまとめ

炊飯器の選び方まとめ

炊飯器の選び方まとめ

2018年炊飯器おすすめランキングをご覧頂きましたが、多種多様な炊飯器が出ていることがお分かり頂けたことでしょう。どれもそれぞれに良さがありますので、メーカー・価格・機能から各ご家庭のスタイルに合った炊飯器を選びましょう。

2018年時点においても今なお進化を続ける家電製品の中で、炊飯器は未だ色褪せることなく、メーカーや価格・機能によって、格段に多様化の一途をたどっています。今回ご覧頂いた機種だけでも、容量や機能によって様々なグレードがあり、選び方も各ご家庭により基準が異なるでしょう。

情報の取捨選択

情報の取捨選択

選び方のポイントを押さえ、最も条件の合うものを選びましょう。

こだわりのメーカーがある方、予算第一で選びたい方、とにかくおいしいお米が炊きたい方、そんなみなさまにとって、最高の炊飯器を見つけてみてくださいね。

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ