新海誠監督の映画7作品人気順ランキング !感動のおすすめ作品やアニメは?

映画「君の名は。」の大ヒットが話題を呼び、瞬く間に人気を博した新海誠監督。アニメ映画監督としてもランキングなどで知名度が大きく上がり、代表作「君の名は。」以前の映画にも口コミなどで注目が集まっています。映画監督として感動的な世界観を作り上げている新海誠監督の魅力や、これまでの人気作品を振り返りながら、おすすめ映画を保存版としてランキング形式で紹介していきます!

目次

  1. 新海誠監督の映画人気順ランキング !人気アニメ・おすすめ作品!口コミも!【保存版】
  2. 新海誠(しんかいまこと)映画人気順ランキング!7位~4位
  3. 新海誠(しんかいまこと)映画人気順ランキング!3位~1位
  4. 新海誠(しんかいまこと)世界を唸らせた『君の名は。』
  5. 新海誠監督の映画7作品人気順ランキングのまとめ

新海誠監督の映画人気順ランキング !人気アニメ・おすすめ作品!口コミも!【保存版】

新海誠(しんかいまこと)について

愛称:???
本名:新津誠   
別名義:新海誠
生年月日:1973年2月9日
現在年齢:45歳
出身地:長野県南佐久郡小海町
血液型:???
身長:???
体重:???
活動内容:映画監督、作家
事務所:コミックス・ウェーブ・フィルム
家族構成:妻、長女(新津ちせ)

受賞歴:新世紀東京国際アニメフェア21 公募部門優秀賞、東京国際アニメフェア2003表現技術賞、日本アカデミー賞 最優秀脚本賞など

新海誠(しんかいまこと)映画アニメの人気や魅力・そして感動!

新海誠監督といえば、今では映画アニメファンの中では知らない人がいないくらい有名な人物ですね。新海誠監督は、元々は大学生時代にゲーム会社でアルバイトをしており、幼少時代からSF関係の映画に興味を持っていたそうです。小さい頃からアニメやゲームの世界が好きだったようですね。

映画だけではなく小説家としても活躍中

新海誠監督は、学生時代には主に絵本の制作をしていましたが、社会人になってからは、アニメ映画がとにかく好きで、アニメ映画の制作に没頭していたそうです。パソコンゲームのオープニングムービーを制作する傍らで、自主制作アニメを制作し、アニメコンテストでは新海誠はグランプリも獲得しています。最近では、新海誠監督の映画がランキングを賑わすことも増え、また映画だけではなく小説家としても活躍中です。

アニメ映像をたった一人で作り出す新海誠の魅力とは

新海誠は多彩な才能を持っており、監督だけではなく、原作、脚本、演出、絵コンテ、撮影、色彩設計、編集などを一人で全てこなすそうです。

過去には自主制作アニメとして映画を一人で作り出し、それがきっかけで数々の賞を受賞し、映画業界内でも有名になったアニメクリエイターでもあります。新海誠監督の過去の映画には、アニメ映画だけでなく、短編作品やCM、小説等もあり、ランキングにも残る幅広い映画制作をしているのが新海誠の魅力です。

新海誠(しんかいまこと)映画人気順ランキング!7位~4位

そんな新海誠監督が、今までに手掛けたおすすめ映画作品を、TOP7のランキング形式で紹介していきます。

第7位:「彼女と彼女の猫」

公開年:1999年

上映時間:4分46秒(フルバージョン)、1分30秒(ダイジェスト版)

監督:新海誠
制作:新海誠

声優:篠原美香、新海誠

主題歌:オープニングテーマ「硝子の瞳」

エンディングテーマ「ソナタ」

ランキング7位の映画「彼女と彼女の猫」は、新海誠による自主制作短編アニメ映画です。新海誠監督が、まだ無名だった時代に制作された短編アニメで、自ら猫役として声での出演もしています。

「彼女と彼女の猫」の口コミ

感動して泣いたという声や、猫好きにはたまらない、ストーリーがジーンと来るという声が多いです。

「彼女と彼女の猫」の魅力や感動ポイント

新海誠監督が、完全に個人で制作した5分弱のモノクロアニメ映画です。全編がモノトーンという色のない世界ながらも、とても繊細に描かれたこの映画は、生きていくうえでの温もりや寂しさなど、言葉ではなかなか表現出来ない感情を、実に見事に映像と音で表現しています。

「彼女と彼女の猫」の動画

自主制作アニメとしてはとてもクオリティーが高く、新海誠監督の実力がとても高く評価されている映画です。後に制作された映画「ほしのこえ」のDVD版にも特典映像として収録されています。

第6位:「言の葉の庭」

公開年:2013年

上映時間:46分

監督:新海誠
制作:川口典孝

声優:入野自由、花澤香菜ほか

主題歌:エンディングテーマ「Rain」

ランキング6位の映画「言の葉の庭」は、新海誠監督の5作目となるアニメ映画です。前作の「星を追う子ども」からは2年ぶりの作品となりました。この映画は新海誠監督にとって、初めての恋の物語であり、作品の中では万葉集を引用している人気の高い映画です。

「言の葉の庭」の口コミ

雨の描写が凄く綺麗という声や、実際に存在する場所も、思わずその場所に自分がいるかのように錯覚するほど、綺麗な映像に心を奪われたという声が多いです。

「言の葉の庭」の魅力や感動ポイント

「言の葉の庭」では背景に雨を多用し、それが重要な要素を担っています。新海誠監督も「雨は3人目のキャラクター」と言うくらい、雨の描写はこの作品では大きなウエイトを占めています。心に傷を負った女性と、将来の夢を持ちながらも、その夢と現実の間に悩む少年との交流を描いた恋のストーリーですが、絵の描写がとにかく魅力的で綺麗だと評判です。

「言の葉の庭」の予告編動画

世間と現実とのギャップに悩む少年と、人生に追い詰められてしまった女性の、2人が抱える苦しみと心情がとてもリアルに描かれていて、心に刺さる映画です。

第5位:「雲のむこう、約束の場所」

公開年:2004年

上映時間:91分

監督:新海誠
制作:新海誠

声優:吉岡秀隆、萩原聖人

主題歌:「きみのこえ」

ランキング5位の映画「雲のむこう、約束の場所」は、新海誠監督の2作目のアニメ映画です。「ほしのこえ」に続き、新海誠監督の話題作となりました。戦争がテーマとなった映画で、青森県のJR津軽線の施設や沿線が、映画の舞台のモデルとして使用されています。

「雲のむこう、約束の場所」の口コミ

口コミでは、背景や街や雲や雨など、日常の風景をここまで美しく描けるのが、とにかく凄いと評判ですね。ストーリーが少し難しいという声もありました。

「雲のむこう、約束の場所」の魅力や感動ポイント

昔懐かしい風景や日常の街や駅、そして学校や自然の風景など、普段見慣れている光景が、新海誠監督によって、とても美しく描かれています。SFの要素も含んだ壮大な世界観で繰り広げられる、とても美しい青春を描いた物語です。新海誠監督が作り出す背景や景色がとても神秘的で綺麗な映画です。

「雲のむこう、約束の場所」の予告編動画

この映画の舞台は、青森県津軽半島です。戦争によって日本が南北に分けられてしまった世界が舞台となり、そこから物語が展開していきます。3人の少年と1人の少女が織りなすSF仕立てのストーリーで、戦争の経緯や日本分断のいきさつなどが描かれています。

第4位:「ほしのこえ」

公開年:2002年

上映時間:25分

監督:新海誠
制作:萩原嘉博

声優:篠原美香、新海誠

主題歌:「THROUGH THE YEARS AND FAR AWAY(HELLO, LITTLE STAR)」

ランキング4位の映画「ほしのこえ」は、2002年に公開された新海誠監督の短編アニメ映画です。新海誠監督の初の劇場公開作品でもあります。本作は、携帯電話のメールをモチーフに作られた25分のフルデジタルアニメで、人気の高い映画です。

「ほしのこえ」の口コミ

新海誠らしい思春期の少年と少女の淡い恋心の描き方は、どこか懐かしいような切ないような気持ちにさせられて感動するという口コミが多いですね。

「ほしのこえ」魅力や感動ポイント

この映画では、新海誠は監督だけではなく、脚本・演出・作画・美術・編集のほとんどを一人でこなしています。この映画には二種類の小説版と、一種類の漫画版があり、そのどれもが高い評価を受けています。アニメを、個人でここまで一人だけで制作出来ることを示し、多くのクリエイターにも影響を与えました。

「ほしのこえ」の予告編動画

ストーリーは、淡い遠距離恋愛の恋物語です。とてつもない距離に引き裂かれていく彼と彼女の二人の時間が切ないお話です。彼女は相対性理論によって15歳のまま、地球にいる彼は24歳という設定で、メールが届くまでの時間もとても切ないです。

新海誠(しんかいまこと)映画人気順ランキング!3位~1位

第3位:「星を追う子ども」

公開年:2011年

上映時間:116分

監督:新海誠
制作:コミックス・ウェーブ・フィルム

声優:金元寿子、入野自由ほか

主題歌:「Hello Goodbye&Hello」

ランキング3位の映画「星を追う子ども」は、新海誠監督の4作目のアニメ映画です。「秒速5センチメートル」からは4年ぶりとなる映画で、新海誠監督はこの映画の制作に2年かかっているそうです。児童書「ピラミッド帽子よ、さようなら」がモチーフの一つとなっているそうです。

「星を追う子ども」の口コミ

日常の世界と、異次元の世界の両方が描かれていて、その作風からジブリ映画っぽいという口コミが多いです。

「星を追う子ども」の魅力や感動ポイント

「星を追う子ども」は、今までの新海誠作品とは異なり、ファンタジー要素がより強く表現された映画となっています。生と死や生きる意味や目的など、哲学的な問いに正面から向き合った作品です。 星空の描写がとても綺麗なのが印象的です。

「星を追う子ども」の予告編動画

仲良くなった少年の死を受け入れられない少女と、妻を亡くした国語教師、兄を亡くし天涯孤独となった少年が、地下の世界を旅するお話です。現実世界に住んでいる子が、神話世界を旅するSFファンタジーで、メイン舞台の田舎町と異世界がとてもかけ離れていて、そのギャップがおもしろい感動映画です。

第2位:「秒速5センチメートル」

公開年:2007年

上映時間:63分

監督:新海誠
制作:新海誠

声優:水橋研二、近藤好美

主題歌:「One more time, One more chance」

ランキング2位の映画「秒速5センチメートル」は、2007年に公開された新海誠監督の3作目のアニメ映画です。題意は“桜の花びらが舞い落ちる速度”とされています。新海誠が監督、原作、脚本、絵コンテ、演出までの全てを手掛けた人気の映画です。

「秒速5センチメートル」の口コミ

3話構成で展開していく3つのストーリーが面白い、感動するという声が多く、思春期の恋の痛みと重みが切ないと評判です。

「秒速5センチメートル」の魅力や感動ポイント

この映画の舞台は、1990年代前半頃の東京の小学校で、物語は三部構成になっています。中学生時代の「桜花抄」、高校生時代の「コスモナウト」、そして社会人の「秒速5センチメートル」。小・中学生編、高校生編、社会人編というステップです。 

「秒速5センチメートル」の予告編動画

転校生同士で仲良くなった二人ですが、女の子が転校することになり、そこから物語が展開していきます。一話目では小学生の初恋、二話目では高校生の初々しい片想い、そして三話目では社会人になってからのストーリーが描かれています。

第1位:「君の名は。」

公開年:2016年

上映時間:107分

監督:新海誠
制作:川村元気、武井克弘、伊藤耕一郎

声優:神木隆之介、長澤まさみ他

主題歌:オープニング「夢灯籠」

「前前前世 (movie ver.)」

「スパークル (movie ver.)」

「なんでもないや (movie edit. + movie ver.)」

ランキング1位の映画「君の名は。」は、2016年に公開された新海誠監督による長編アニメ映画です。新海誠作品の中で、最も大ヒットした映画であり、世界からも口コミで大きな反響を呼び、ランキングでも人気の高い新海誠監督にとっての代表作です。

「君の名は。」の口コミ

SFの要素がありつつ、アニメのクオリティが高いので、時間を忘れて引き付けられる感じがすると評判です。保存版として持っておきたいという声も多いです。

「君の名は。」の魅力や感動ポイント

東京に住む少年と田舎に住む少女の恋物語です。単なる青春映画ではなく、時間軸がずれている点が大きな見どころです。二人の身体が入れ替わる現象が起き、タイムスリップしながら何度も入れ替わりの生活になる展開が新しい映画です。

「君の名は。」の予告編動画

身体の入れ替わり、タイムスリップ、彗星衝突など、それぞれの組み合わせが絶妙で、繊細な描写が素晴らしい映画です。特に、都会と田舎の日常を対比した場面や、昔懐かしい田舎を思い出させる描写が、物語に深みを加えているおすすめの永久保存版作品です。

新海誠(しんかいまこと)世界を唸らせた『君の名は。』

英メディアは新藤誠(しんかいまこと)を絶賛!

映画「君の名は。」の大ヒットにより、海外からも新海誠の実力が大絶賛され、ランキングでも常に上位になり、口コミでも感動の声が広がりました。「君の名は。」をきっかけに新海誠を知った人も多く、この作品は公開からすぐに大ヒットしました。ランキングでも上位となり、大きな社会現象にもなりました。

世界各国で公開され、ロケ地には多数のファンが連日訪れる事態になりました。映画も音楽も全てが素晴らしく、そのどれもが美しいと海外でも絶賛されています。特に「君の名は。」は、永久保存版として残しておきたいという声が多い映画です。

新海誠監督の映画7作品人気順ランキングのまとめ

新海誠監督の映画は本当に素晴らしい

ランキングで紹介した7作品は、どれもおすすめで永久保存版ですね。「君の名は。」以外にも、おすすめの感動映画がたくさんあり、ランキングに入っていない映画にもおすすめの作品は多いです。

新海誠監督の作品をランキング形式で7作品紹介しましたが、そのどれもが魅力的で感動出来て、おすすめ出来る映画ばかりでした。永久保存版として残しておきたい映画も多いのも特徴的です。口コミでも人気の高かった映画ばかりなので、このランキングをきっかけに、ぜひ新海誠監督の映画を見てみてください。

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ