吉永小百合の映画おすすめランキングTOP25!人気作品紹介【最新】

1960年代を代表する人気女優・吉永小百合さん。これまでに100作以上の映画に出演された映画界の大スター。年を重ねても変わらぬ輝きを放ち続ける吉永小百合さん、その吉永小百合さんのファンは、「サユリスト」と呼称されています。ここでは、吉永小百合さんが出演された映画作品の中から、おすすめの主演作・代表作を中心に、あらすじや画像を交えてランキング形式でご紹介します。ランキングTOP25にはどんな名作が入っているでしょうか!?受賞歴一覧や出演映画一覧、大女優の恋愛は?など、一緒にチェックしてみましょう。

目次

  1. 吉永小百合さんの映画ランキングTOP25!
  2. 吉永小百合さんの映画おすすめランキング25位~11位
  3. 吉永小百合さんの映画おすすめランキング10位~7位
  4. 吉永小百合さんの映画おすすめランキング6位~4位
  5. 吉永小百合さんの映画おすすめランキング3位~1位
  6. 吉永小百合さんが出演した映画一覧
  7. 大女優の恋愛!主演の代役を務めたあの俳優と
  8. 吉永小百合さんの映画おすすめランキングのまとめ

吉永小百合さんの映画ランキングTOP25!

邦画の名作に多数出演!吉永小百合さんプロフィール

・愛称:???

・本名:岡田小百合

・生年月日:1945年3月13日

・現在年齢:73歳

・出身地:東京都渋谷区

・血液型:O型

・身長:155cm

・体重:???

・活動内容:女優、歌手

・所属グループ:なし

・事務所:???

・家族構成:岡田太郎(夫)

吉永小百合さん受賞歴一覧

【日本アカデミー賞/最優秀主演女優賞】

・1985年「おはん」「天国の駅」

・1989年「つる -鶴-」「華の乱」

・2000年「長崎ぶらぶら節」

・2005年「北の零年」

【ブルーリボン賞/主演女優賞】

・1962年「キューポラのある街」

・2000年「長崎ぶらぶら節」

【キネマ旬報賞/主演女優賞】

・1984年「おはん」「天国の駅」

【日刊スポーツ映画大賞/主演女優賞】

・1988年「華の乱」

・2000年「長崎ぶらぶら節」

・2012年「北のカナリアたち」

ほか多数受賞

2014年には、自身初のプロデュース作品である「ふしぎな岬の物語」がモントリオール世界映画祭で審査員特別大賞を受賞されました。同作で第38回日本アカデミー賞・優秀主演女優賞も受賞されています。

吉永小百合さんの人気作品・代表作をランキングで紹介

映画館

大女優・吉永小百合さん出演の映画作品

ドラマにはほとんど出演されていない吉永小百合さんですが、映画出演は100作以上にもなる大女優。高い演技力と変わらぬ美貌の映画界のトップスター。

そんな大女優である吉永小百合さんのたくさんの人気作品・代表作をランキングでご紹介します!

吉永小百合さんの映画おすすめランキング25位~11位

第25位:「君は恋人」(1967年)

腕を組んでいるカップル

日活の俳優総出演!

・公開年:1967年

・監督名:齋藤武市

・主演俳優:浜田光夫

・視聴可能なサービス:???

「君は恋人」のあらすじ

手を膝に置いているカップル

浜田光夫さんの復帰作

ランキング25位になったのは、「君は恋人」です。

主演・浜田光夫さんの恋人のようにそばにいるのは和泉雅子さんでしたが、浜田光夫さんが想いを寄せているのは吉永小百合さんでした。ヒロイン役・吉永小百合さんとの別れがテーマになっている人気作品です。

「君は恋人」予告編動画

不慮の事故で目を負傷し、復活を果たした浜田光夫さんの復帰作がランキング25位となりました。友情出演として、日活のトップスターが勢揃いした名作です。そのほか、人気歌手の舟木一夫さん・荒木一郎さん・黛ジュンさん・坂本九さんなども出演された作品です。

第24位:「夢千代日記」(1985年)

・公開年:1985年

・監督名:浦山桐郎

・主演女優:吉永小百合

・視聴可能なサービス:Amazonプライム、ビデオマーケット

「夢千代日記」のあらすじ

ランキング24位になったのは、「夢千代日記」です。被爆経験のある芸者・夢千代(吉永小百合さん)は、病院で余命いくばくもないと宣告されます。

そして、好きになった相手は指名手配中の犯罪容疑者・宗方(北大路欣也さん)でした。もっと生きたいという願いと、殺人犯との愛が温泉町を舞台に描かれている名作です。

「夢千代日記」予告編動画

ランキング24位となった「夢千代日記」の舞台となった兵庫県美方郡温泉町(現:新温泉町)は、「夢千代の里」として脚光を浴びました。現在、吉永小百合さんをモデルにした「夢千代の像」が建てられています。

第23位:「風と樹と空と」(1964年)

・公開年:1964年

・監督名:松尾昭典

・主演女優:吉永小百合

・視聴可能なサービス:ビデオマーケット

「風と樹と空と」のあらすじ

ランキング23位になったのは、「風と樹と空と」です。吉永小百合さんは、東北の高校を卒業して集団就職でお手伝いさんとして働く沢田多喜子を演じています。同郷の仲間、手塚新二郎(浜田光夫さん)、高柳武雄(和田浩治さん)、小石信子(平山こはるさん)、会田かね子(安田道代さん)らと、恋愛騒動に巻き込まれていくストーリーです。

「風と樹と空と」予告編動画

ランキング23位となった「風と樹と空と」は、石坂洋次郎さんの青春小説を、吉永小百合さんと浜田光夫さんの純愛コンビで映画化された名作です。ヒロイン・吉永小百合さんの明るくユーモラスな演技が人気の爽やかな恋愛青春映画となっています。

第22位:「美しい暦」(1963年)

・公開年:1963年

・監督名:森永健次郎

・主演女優:吉永小百合

・視聴可能なサービス:ビデオマーケット

「美しい暦」のあらすじ

ランキング22位の「美しい暦」は、長野県松本市の高校が舞台の青春ドラマです。高校3年生で質屋の娘の矢島貞子(吉永小百合さん)は山で田村邦夫(浜田光夫さん)と知り合います。そして、 村尾先生(芦川いづみさん)と武井先生(長門裕之さん)二組のカップルとの、素直じゃないそれぞれの恋愛模様が描かれいます。

「美しい暦」予告編動画

ランキング22位となった「美しい暦」は、純愛コンビの吉永小百合さんと浜田光夫さんで謳いあげる、人気の青春学園ストーリーです。主題歌の「美しい暦」も名曲で、吉永小百合さんが女子高生として歌っている青春讃歌です。

第21位:「泥だらけの純情」(1963年)

・公開年:1963年

・監督名:中平康

・主演俳優・女優:浜田光夫、吉永小百合

・視聴可能なサービス:Amazonプライム

「泥だらけの純情」のあらすじ

ランキング21位の「泥だらけの純情」は、不良に絡まれていた外交官令嬢・真美(吉永小百合さん)を、チンピラの次郎(浜田光夫さん)が助け、恋仲になる青春映画です。

「泥だらけの純情」予告編動画

外交官令嬢とチンピラという身分違いの恋は、誰からも祝福されず、追いつめられた二人が雪山で心中をしてしまう、ひたむきな純愛を描いた名作。1962年に藤原審爾さんが発表された短篇小説を映画化した作品が、ランキング21位となりました。

第20位:「光る海」(1963年)

・公開年:1963年

・監督名:中平康さん

・主演女優:吉永小百合

・視聴可能なサービス:???

「光る海」のあらすじ

ランキング20位は「光る海」です。大学を卒業し、それぞれの道を歩み始めた美枝子(吉永小百合さん)、和子(十朱幸代さん)、野坂(浜田光夫さん)、浅沼(和田浩治さん)たち。社会に出た同窓生たちの、恋愛・仕事・結婚など、それぞれの悩みにぶつかっていくストーリーが描かれています。中平康監督がオールスターキャストで描いた青春群像劇です。

「光る海」予告編動画

主演の吉永小百合さんは、活発な文芸才女役をとてもキュートに演じていて、ランキング20位となりました。この映画で主題歌も歌っている吉永小百合さん。その透き通るような歌声にも注目してみましょう!

第19位:「赤い蕾と白い花」(1962年)

・公開年:1962年

・監督名:西河克己

・主演俳優・女優:吉永小百合、浜田光夫

・視聴可能なサービス:Amazonプライム

「赤い蕾と白い花」のあらすじ

高校3年生の岩淵とみ子(吉永小百合さん)と、三輪重夫(浜田光夫さん)は、互いに片親だけで育てられ、似た境遇を持つ者同士のクラスメイト。思春期の繊細な心理と、親同志の交際を経て結ばれるまでが描かれた文芸純愛ドラマ大作がランキング19位となりました。

「赤い蕾と白い花」予告編動画

ランキング19位となった「赤い蕾と白い花」は、石坂洋次郎さん原作の「寒い朝」より、「黒いダイス」の池田一朗さんが脚色され、「青年の椅子」の西河克己さんが監督した青春ドラマです。製作時の映画タイトルは「寒い朝」でしたが、公開が6月だったため「赤い蕾と白い花」となりました。

第18位:「花の恋人たち」(1968年)

・公開年:1968年

・監督名:齋藤武市

・主演女優:吉永小百合

・視聴可能なサービス:???

「花の恋人たち」のあらすじ

景色を見ているカップル

舟木和夫さんと吉永小百合さんが初共演!

舟木和夫さんと吉永小百合さんが初共演した作品がランキング18位となりました。女医を夢みる7人の学生の青春物語。女の子の恋愛と友情、葛藤が明るく描かれています。

「花の恋人たち」予告編動画

ランキング18位となった「花の恋人たち」は、吉屋信子さんの原作「女の教室」を、三木克巳さんと長谷川公之さんが共同で脚色し、斎藤武市さんが監督した青春映画です。劇中に映る東北の美しい風景や、出演者それぞれの衣装もカラフルで可愛いので、注目してみましょう。

第17位:「ふしぎな岬の物語」(2014年)

・公開年:2014年

・監督名:成島出

・主演女優:吉永小百合

・視聴可能なサービス:ビデオマーケット

「ふしぎな岬の物語」のあらすじ

美しい海を望む岬のカフェを切り盛りする、店主の柏木悦子(吉永小百合さん)と、甥の浩司(阿部寛さん) 、その周りの人々の生活が幾つかのエピソードで描かれています。居心地の良いカフェに集う人々の心に寄り添い合うストーリーがランキング17位となりました。

「ふしぎな岬の物語」予告編動画

ランキング17位となった「ふしぎな岬の物語」は、大女優・吉永小百合さんが初めて企画から立ち上げた代表作です。監督・成島出さんとの共同プロデュースで、森沢明夫さんの小説「虹の岬の喫茶店」を映画化した名作。カフェが実在するロケ地・千葉県明鐘岬の美しい映像も見どころです。

第16位:「風の慕情」(1970年)

・公開年:1970年

・監督名:中村登

・主演女優:吉永小百合

・視聴可能なサービス:???

「風の慕情」のあらすじ

ランキング16位は「風の慕情」です。戦乱に巻き込まれ、生き別れになっていた実の姉と、手紙のやり取りをしていた由布子(吉永小百合さん)。顔も知らない姉を訪ねオーストラリアへ行くストーリー。

「風の慕情」予告編動画

ランキング16位となった「風の慕情」は、吉永小百合さんが松竹映画初出演をし、石坂浩二さんとの共演が話題となった名作です。オーストラリアとマニラを舞台に展開するサスペンス・ラブロマン映画。オーストラリアの美しい景色は見どころの一つです!

第15位:「霧の子午線」(1996年)

・公開年:1996年

・監督名:出目昌伸

・主演女優:岩下志麻、吉永小百合

・視聴可能なサービス:ビデオマーケット

「霧の子午線」のあらすじ

ランキング15位は「霧の子午線」です。難病のクローン病患者である沢田八重(吉永小百合さん)と、キャリアウーマンでシングルマザーの鳥飼希代子(岩下志麻さん)。学生時代に強い友情で結ばれ、同じ男性を愛してしまった二人が、40代になり、再び昔のように一人の男性を愛してしまうストーリです。

「霧の子午線」予告編動画

ランキング15位となった「霧の子午線」は、岩下志麻さんと吉永小百合さん、二大女優が初共演となり話題を呼んだ人気作品です。函館・ノルウェーの美しい風景にぴったりな、中島みゆきさんの主題歌にも注目です。

第14位:「女ざかり」(1994年)

・公開年:1994年

・監督名:大林宣彦

・主演女優:吉永小百合

・視聴可能なサービス:???

「女ざかり」のあらすじ

離婚歴のある新聞記者・南弓子(吉永小百合さん)が社説を書くも、思わぬ波紋を広げていくストーリー。彼女を巡る人間模様が描かれた作品がランキング14位となりました。

「女ざかり」予告編動画

ランキング14位となった「女ざかり」は、吉永小百合さんと津川雅彦さんが共演。ほか、風間杜夫さん、藤谷美紀さん、岸部一徳さん、三國連太郎さんなど豪華キャストが出演しています。どのシーンにも人気名優が出演しているので注目してみましょう。

第13位:「まぼろしの邪馬台国」(2008年)

・公開年:2008年

・監督名:堤幸彦

・主演女優:吉永小百合

・視聴可能なサービス:ビデオマーケット

「まぼろしの邪馬台国」のあらすじ

邪馬台国探究に情熱を注いだ盲目の夫・宮崎康平(竹中直人さん)と、その夫を支える妻・和子(吉永小百合さん)が、九州各地を二人で旅をします。二人が旅をしながら「まぼろしの邪馬台国」を共同作業で著すというストーリーがランキング13位となりました。

「まぼろしの邪馬台国」予告編動画

ランキング13位となった「まぼろしの邪馬台国」は、大女優・吉永小百合さんが30代から50代までの年齢幅がある和子役と卑弥呼役を演じたことで話題となった代表作。セリーヌ・ディオンが日本語で歌った主題歌にも注目です。

第12位:「皇帝のいない八月」(1978年)

・公開年:1978年

・監督名:山本薩夫

・主演俳優:渡瀬恒彦

・視聴可能なサービス:Amazonプライム

「皇帝のいない八月」のあらすじ

電車

列車が舞台のパニック映画!

20数人の自衛隊クーデータメンバーが、鹿児島から東京へ向かう寝台特急に乗り込んで、乗客360名を人質にするストーリーがランキング12位となりました。

「皇帝のいない八月」予告編動画

ランキング12位となった「皇帝のいない八月」というタイトルは、クーデター計画の暗号名です。現代の日本で自衛隊のクーデターが起こったらという構想のもとに制作された映画作品です。

第11位:「手塚治虫のブッダ-赤い砂漠よ!美しく-」(2011年)

・公開年:2011年

・監督名:森下孝三

・主演声優:吉永小百合

・視聴可能なサービス:ビデオマーケット

「手塚治虫のブッダ -赤い砂漠よ!美しく」のあらすじ

仏教の開祖・シッダールタの生涯を描いた「ブッダ」が、初めて映像化された作品がランキング11位となりました。3部作の第1部となる作品です。この作品では、シッダールタの誕生からブッダとなる前の姿が描かれています。手塚治虫作品の中でもかなりの傑作品となっています。

「手塚治虫のブッダ-赤い砂漠よ!美しく-」予告編動画

ランキング11位となった「手塚治虫のブッダ -赤い砂漠よ!美しく」は、アニメーション映画で吉永小百合さんが声優を務めた代表作です。吉永小百合さんは、シャカ国に攻め入るコーサラ国の勇者チャプラの母とナレーションを、シッダールタの声は吉岡秀隆さんが担当しています。手塚治虫さんの奥深い世界観を堪能しましょう。

吉永小百合さんの映画おすすめランキング10位~7位

第10位:「キューポラのある街」(1962年)

・公開年:1962年

・監督名:浦山桐郎

・主演女優:吉永小百合

・視聴可能なサービス:???

「キューポラのある街」のあらすじ

鋳物の街、埼玉県川口市に住む鋳物職人の娘ジュン(吉永小百合さん)が、父の解雇、貧困、差別など、さまざまな社会問題に直面する物語です。それら負の力に負けずに、まっすぐに生きていく姿が感動的に描かれている作品が、ランキング10位となりました。

「キューポラのある街」予告編動画

ランキング10位となった「キューポラのある街」は、監督・浦山桐郎さんのデビュー作で、吉永小百合さんが当時の史上最年少でブルーリボン賞女優主演賞を受賞した作品です。この作品は吉永小百合さんの代表作のひとつです。

第9位:「華の乱」(1988年)

・公開年:1988年

・監督名:深作欣二

・主演女優:吉永小百合

・視聴可能なサービス:ビデオマーケット

「華の乱」のあらすじ

ランキング9位となったのは、「華の乱」です。大正時代、女流歌人として脚光を浴びた与謝野晶子(吉永小百合さん)の物語です。恋愛・芸術・社会運動に、情熱を燃やした男女の姿が描かれています。

「華の乱」予告編動画

ランキング9位となった「華の乱」は、主演・吉永小百合さんのほか、人気俳優・緒形拳さん、松坂慶子さん、松田優作さんなど豪華キャストが出演しています。大正時代を代表する文化人たちの恋愛、景色やファッションも楽しめる名作です。

第8位:「外科室」(1992年)

・公開年:1992年

・監督名:坂東玉三郎

・主演女優:吉永小百合

・視聴可能なサービス:???

「外科室」のあらすじ

明治時代、麻酔を拒否して手術を受ける貴船伯爵夫人(吉永小百合さん)と、若き外科医(加藤雅也さん)との秘められた恋愛が描かれた作品がランキング8位となりました。

「外科室」予告編動画

ランキング8位となった「外科室」は、坂東玉三郎さんの映画初監督作品です。通常の映画にくらべ50分という短い時間の作品ですが、満開の桜、植物園のつつじ、貴婦人たちの着物、など色彩豊かで美しい映像を十分に堪能できるおすすめの人気映画です。ぜひご覧ください!

第7位:「動乱」(1980年)

・公開年:1980年

・監督名:森谷司郎

・主演俳優・女優:高倉健、吉永小百合

・視聴可能なサービス:???

「動乱」のあらすじ

5.15事件から2.26事件までの時代を背景に、寡黙な青年将校とその妻の愛が描かれた映画となっています。第1部「海峡を渡る愛」、第2部「雪降り止まず」の2部構成となっています。

「動乱」予告編動画

ランキング7位となった「動乱」は、昭和の大人気スター、高倉健さんと吉永小百合さんの初共演ということで話題となった名作。寡黙な軍人役が似合う存在感ある高倉健さんと、吉永小百合さんの可憐な演技が魅力的でおすすめです!

吉永小百合さんの映画おすすめランキング6位~4位

第6位:「北の桜守」(2018年)

・公開年:2018年

・監督名:滝田洋二郎

・主演女優:吉永小百合

・視聴可能なサービス:ビデオマーケット

ランキング6位になった「北の桜守」は、「おくりびと」の名匠・滝田洋二郎監督による感動ドラマです。極寒の北海道網走・稚内が、舞台のロケ地となった人気映画です。

「北の桜守」のあらすじ

激動の時代を生きた家族の愛が描かれているヒューマンドラマです。母(吉永小百合さん)と子(堺雅人さん)の約30年にわたるストーリーです。吉永小百合さんの代表作の1つともいえる人気映画がランキング6位となりました。

「北の桜守」予告編動画

吉永小百合さん主演の「北の零年(2005年)」、「北のカナリアたち(2012年)」に続く、「北の3部作」の最終章となる代表作がランキング6位となりました。70代とはおもえない若々しい吉永小百合さんの見応えある演技に注目してみましょう!

第5位:「北のカナリアたち」(2012年)

・公開年:2012年

・監督名:阪本順治

・主演女優:吉永小百合

・視聴可能なサービス:Amazonプライム、ビデオマーケット

ランキング5位になった「北のカナリアたち」は、湊かなえさんの短編集「往復書簡」の中の「二十年後の宿題」が映画化された名作です。吉永小百合さんの116本目の出演作品である代表作です。

「北のカナリアたち」のあらすじ

ある事故がきっかけで島を追われた小学校教師の川島はる(吉永小百合さん)。20年後、教え子の一人が起こした事件の知らせが届きます。真相を知るために教え子たちに会う旅へ出るストーリーです。

「北のカナリアたち」予告編動画

ランキング5位になった「北のカナリアたち」は、実力派の人気俳優・森山未來さん、満島ひかりさん、勝地涼さん、宮崎あおいさん、小池栄子さん、松田龍平さんが教え子たちの20年後を演じています。幼少期の生徒たちは、約3100名の子供たちの中から「天使の歌声を持つ」6名が選出されました。その美しい歌声にも注目です!

第4位:「細雪」(1983年)

・公開年:1983年

・監督名:市川崑

・主演女優:岸恵子、佐久間良子、吉永小百合、古手川祐子

・視聴可能なサービス:Amazonプライム、ビデオマーケット


ランキング4位になったのは、谷崎潤一郎さんの原作を、巨匠・市川崑監督が映画化した名作「細雪」です。上映時間140分の東宝創立50周年記念の映画作品となっています。

「細雪」のあらすじ

美しい四姉妹、長女・鶴子(岸惠子さん)、次女・幸子(佐久間良子さん)、三女・雪子(吉永小百合さん)、四女・妙子(古手川祐子さん)。三女の縁談を中心に、それぞれのストーリーが描かれています。80年台ということで、少し古い作品ですが吉永小百合さんの美しさは誰よりも輝いて見えます。

「細雪」予告編動画

おすすめランキング4位の「細雪」は、これまで3度映画化され、いずれも大女優が出演して話題となった名作です。四季折々の風景をバックに、幻想的な照明や、豪華な着物姿、美しいBGMなども楽しめる作品です。

吉永小百合さんの映画おすすめランキング3位~1位

第3位:「おとうと」(2010年)

・公開年:2010年

・監督名:山田洋次

・主演俳優・女優:吉永小百合、笑福亭鶴瓶

・視聴可能なサービス:Amazonプライム、ビデオマーケット

ランキング3位になったのは、山田洋次監督にとって、「十五才 学校IV」以来10年ぶりの現代劇です。2010年開催の第60回ベルリン国際映画祭でクロージング上映されました。

「おとうと」のあらすじ

夫を亡くし女手一つで娘を育ててきた吟子(吉永小百合さん)と、大阪で破天荒な暮らしを送る弟(笑福亭鶴瓶さん)との、再会と別れが描かれている家族ドラマです。

「おとうと」予告編動画

笑福亭鶴瓶さんは厄介物だけどなぜか憎めない弟役を演じていますが、吉永小百合さん演じる姉の深い愛情に、笑って泣ける感動作となっています。心温まるおすすめの映画ランキング3位となりました。

この作品に関するTwitterの反応

ランキング3位のこの作品は、市川崑監督が幸田文さんの原作を映画化された名作です。その市川崑監督の代表作「おとうと(1960)」に、山田洋次監督がオマージュを捧げた作品となっています。

第2位:「母と暮せば」(2015年)

・公開年:2015年

・監督名:山田洋次

・主演俳優・女優:吉永小百合、二宮和也

・視聴可能なサービス:???

ランキング2位になったのは、松竹創立120周年記念作品の「母と暮せば」です。第89回アカデミー賞・外国語映画賞部門で日本代表作品にもなったおすすめの映画です。

「母と暮せば」のあらすじ

長崎で助産婦をしている伸子(吉永小百合さん)の前に、原爆で亡くなったはずの息子・浩二(二宮和也さん)が亡霊となって現れるストーリーです。

「母と暮せば」予告編動画

幽霊となって現れた浩二が母親と会話をするシーンは、もう戻ることのできない生きていた頃を思い出したり、とても切なく感じます。ハッピーエンドではありませんが、心温まる映画です。

この作品に関するTwitterの反応

作家・井上ひさしさんが晩年に構想していた、「ヒロシマ」・「ナガサキ」・「沖縄」をテーマにした「戦後命の三部作」の遺志を、山田洋次監督が受け継いで制作した映画。吉永小百合さんにとっても代表作の1つともいえる名作で、おすすめランキング2位となりました。

第1位:「母べえ」(2008年)

・公開年:2008年

・監督名:山田洋次

・主演女優:吉永小百合

・視聴可能なサービス:Amazonプライム、ビデオマーケット

ランキング1位になったのは、野上照代さんの実話にもとづいたエッセイ作品が原作の「母べえ」です。大女優・吉永小百合さん112本目の出演作となった代表作で、おすすめの映画です。

「母べえ」のあらすじ

1940年の東京が舞台で、ドイツ文学者の父・滋(坂東三津五郎さん)が治安維持法で検挙され、不安を募らせる母・佳代(吉永小百合さん)と2人の娘(志田未来さん、佐藤未来さん)。周囲の温かい思いやりを持った人たちに支えられ、明るく懸命に生きる母の姿が描かれた物語です。

「母べえ」予告編動画

日頃から原爆詩の朗読を通じ、平和の大切さを訴え続けていた吉永小百合さんの演じた、昭和初期の感動の家族ドラマです。平和や家族の大切さを改めて感じさせられます。

この作品に関するTwitterの反応

第58回ベルリン国際 映画祭、コンペティション部門出品作品です。17ヶ国で公開され、吉永小百合さんの代表作の1つともいえる人気映画で、おすすめランキング1位となりました。

吉永小百合さんが出演した映画一覧

映画1959年から1960年

・朝を呼ぶ口笛(1959年)

・まぼろし探偵 地底人襲来(1960年)

・拳銃無頼帖 電光石火の男(1960年)

・霧笛が俺を呼んでいる(1960年)

・拳銃無頼帖 不敵に笑う男(1960年)

・疾風小僧(1960年)

・すべてが狂ってる(1960年) 

・ガラスの中の少女(1960年) 

・美しき抵抗(1960年)

映画1961年

・大出世物語(1961年)

・天使が俺を追い駈ける(1961年)

・花と娘と白い道(1961年)

・ろくでなし稼業(1961年)

・警察日記 ブタ箱は満員(1961年)

・早射ち野郎(1961年)

・有難や節 あゝ有難や有難や(1961年)

・青い芽の素顔(1961年)

・闇に流れる口笛(1961年)

・この若さある限り(1961年)

・俺は死なないぜ(1961年)

・闘いつづける男(1961年)

・太陽は狂ってる(1961年)

・あいつと私(1961年)

・草を刈る娘(1961年)

・黒い傷あとのブルース(1961年)

映画1962年

・さようならの季節(1962年)

・上を向いて歩こう(1962年)

・キューポラのある街(1962年)

・激流に生きる男(1962年)

・赤い蕾と白い花(1962年)

・霧の夜の男(1962年)

・星の瞳をもつ男(1962年)

・あすの花嫁(1962年)

・若い人(1962年)

・ひとりぼっちの二人だが(1962年)

映画1963年

・青い山脈(1963年)

・いつでも夢を(1963年)

・泥だらけの純情(1963年)

・雨の中に消えて(1963年)

・俺の背中に陽が当る(1963年)

・伊豆の踊子(1963年)

・若い東京の屋根の下(1963年)

・美しい暦(1963年)

・波浮の港(1963年)

・真白き富士の根(1963年)

・光る海(1963年)

映画1964年

・こんにちわ20才(1964年)

・こんにちは赤ちゃん(1964年)

・浅草の灯 踊子物語(1964年)

・潮騒(1964年)

・風と樹と空と(1964年)

・帰郷(1964年)

・愛と死をみつめて(1964年)

・うず潮(1964年)

・若草物語(1964年)

映画1965年から1966年

・悲しき別れの歌(1965年)

・未成年 続・キューポラのある街(1965年)

・青春のお通り(1965年)

・明日は咲こう花咲こう(1965年)

・父と娘の歌(1965年)

・四つの恋の物語(1965年)

・大空に乾杯(1966年)

・青春のお通り 愛して泣いて突っ走れ(1966年)

・風車のある街(1966年)

・私、違っているかしら(1966年)

・愛と死の記録(1966年)

・白鳥(1966年)

映画1967年から1969年

・青春の海(1967年)

・恋のハイウェイ(1967年)

・君が青春のとき(1967年)

・斜陽のおもかげ(1967年)

・君は恋人(1967年)

・花の恋人たち(1968年)

・青春の風(1968年)

・だれの椅子?(1968年)

・あゝひめゆりの塔(1968年)

・花ひらく娘たち(1969年)

・嵐の勇者たち(1969年)

映画1970年から1976年

・幕末(1970年)

・風の慕情(1970年)

・青春大全集(1970年)

・戦争と人間(1971年)

・男はつらいよ 柴又慕情(1972年)

・戦争と人間 完結篇(1973年)

・男はつらいよ 寅次郎恋やつれ(1974年)

・青春の門(1975年)

・新どぶ川学級(1976年)

映画1977年から1985年

・若い人(1977年)

・皇帝のいない八月(1978年)

・龍の子太郎(1979年)

・衝動殺人 息子よ(1979年)

・動乱(1980年)

・海峡(1982年)

・細雪(1983年)

・天国の駅 HEAVEN STATION(1984年)

・おはん(1984年)

・夢千代日記(1985年)

映画1986年から1996年

・玄海つれづれ節(1986年)

・映画女優(1987年)

・つる -鶴-(1988年)

・華の乱(1988年)

・外科室(1992年)

・天国の大罪(1992年)

・夢の女(1993年)

・女ざかり(1994年)

・霧の子午線(1996年)

映画1998年から2008年

・蓮如物語(1998年)

・時雨の記(1998年)

・長崎ぶらぶら節(2000年)

・千年の恋 ひかる源氏物語(2001年)

・風の舞 闇を拓く光の詩(2003年)

・北の零年(2005年)

・あした元気になーれ! 半分のさつまいも(2005年)

・母べえ(2008年)

・まぼろしの邪馬台国(2008年)

映画2010年から2018年

・おとうと(2010年)

・手塚治虫のブッダ -赤い砂漠よ!美しく-(2011年)

・北のカナリアたち(2012年)

・BUDDHA2 手塚治虫のブッダ -終わりなき旅-(2014年)

・ふしぎな岬の物語(2014年)

・母と暮せば(2015年)

・北の桜守(2018年)

大女優の恋愛!主演の代役を務めたあの俳優と

大女優の過去の恋愛

婚姻届

大女優の電撃結婚までの恋愛

年齢を重ねても美しい、大女優の吉永小百合さん。吉永小百合さんといえば、テレビ局プロデューサーの岡田太郎さんとの電撃結婚が有名です。

サユリストとして有名なタモリさんも太鼓判を押す清純派の大女優ですが、知らない人も多い過去の恋愛について見ていきましょう!

大女優の恋愛と失恋

手をつないでいるカップル

主演の代役を務めた俳優との恋愛

吉永小百合さんと純愛コンビで一世を風靡した浜田光夫さんが主演予定だった映画「愛と死の記録(1966年)」で、浜田光夫さんが目を負傷したため、代役として選ばれた渡哲也さん。

 

吉永小百合さんは、この映画がきっかけで渡哲也さんと急接近し、恋愛に発展したようです。渡哲也さんは「うちのカミさん」と公言していて、結婚も近かったようです。

しかし、大女優である吉永小百合さんの両親は、この結婚に反対だったため、大恋愛は2年余りで終幕を迎えました。大女優ならではの悲話となりました。この失恋で声が出なくなってしまった吉永小百合さんを救ったのが、現在の夫・岡田太郎さんだったようです。

吉永小百合さんの映画おすすめランキングのまとめ

ニコニコしている女性

今後の映画作品にも注目!

吉永小百合さんの映画おすすめランキングTOP25をご紹介しました。吉永小百合さんが出演された作品はどれも人気が高く名作ばかりです。

是非この機会におすすめランキングの中からお気に入りの作品を探してみましょう。今回ランキングに入っていなかった代表作・名作は、他にも数多くあります。ランキングに入っていなかった映画作品は、出演映画一覧で年代別になっているので確認してみましょう!

その他の女優が出演する映画ランキングはこちらから

長澤まさみの映画出演作品TOP30!簡単なあらすじ紹介も【最新】 | ランキングまとめメディア
綾瀬はるか出演映画14作品をランキングで紹介!おすすめなのは? | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ