コーヒーミルクおすすめランキングTOP15!種類や成分などを比較!

コーヒーミルクおすすめランキングをご紹介していきます。コーヒーミルクは甘くて美味しいものや苦みが魅力的なものなど味や成分がメーカーによって異なります。種類が豊富なコーヒーミルクをランキング形式にすると1位にはどの製品がランクインするのでしょうか。本記事ではコーヒーミルクおすすめランキングをご紹介すると共に、コーヒーミルクの選び方や飲み方、種類や成分などを比較してご紹介していきます。

目次

  1. コーヒーミルクおすすめランキングTOP15!
  2. コーヒーミルクおすすめランキング15位~7位
  3. コーヒーミルクおすすめランキング6位~4位
  4. コーヒーミルクおすすめランキング第3位:コーヒークリーミーカフェプラス
  5. コーヒーミルクおすすめランキング第2位:ブライト
  6. コーヒーミルクおすすめランキング第1位:クリープ
  7. 意外と知らない!コーヒーの美味しい飲み方は?
  8. コーヒーミルクおすすめTOP15のまとめ

コーヒーミルクおすすめランキングTOP15!

おすすめのコーヒーミルクをランキング!あのメーカーは何位?

コーヒーミルク

ランキングをご紹介

嗜好品として大人気なコーヒーミルク。種類が豊富でどれがおすすめなのか分からない!という方向けに、ランキング形式でご紹介していきます。

コーヒーミルクの選び方は?種類や成分を比較!

コーヒーにミルクを入れている

コーヒーミルクの選び方をご紹介!

コーヒーを飲みやすくするために活用されるコーヒーミルク。種類や成分を比較して最適な選び方をご紹介します。

コーヒーミルク

選び方①種類に合わせる

コーヒーは、豆や焙煎の方法で味わいが異なりますし、アメリカンやエスプレッソなどいくつか種類がありますのでミルクの合わせ方が変わります。

比較的苦みや酸味が強いエスプレッソコーヒーには、動物性のコーヒーミルクがおすすめで、コーヒー自体の味が薄く調整されているアメリカンコーヒーにおいては、植物性のコーヒーミルクを合わせると絶妙な味加減になります。「動物性」や「植物性」はコーヒーミルクのパッケージに記載されていますので、選び方のポイントとして覚えておくことをおすすめします。

コーヒーミルク

選び方②好みに合わせた原料選び

選び方2つ目は「粉末か液体のどちらかを好みに合わせて選ぶ」です。コーヒーミルクの種類はこの粉末か液体のどちらかに限定されます。

両者の違いとしては、粉末状のコーヒーミルクは、生乳から分離した成分が取り入れられているため長期保存に適しています。対して液体状のコーヒーミルクは長期保存に適していないと言われています。両者は保存期間だけでなく味の違いもありますので、選び方のポイントとして把握しておくことをおすすめします。

コーヒーミルクの種類は?

コーヒーフレッシュ

種類①コーヒーフレッシュ

コーヒーミルクの種類1つ目は「コーヒーフレッシュ」です。これはスーパーやコンビニなどでの取り扱いが多い種類になります。

コーヒーフレッシュはお手頃価格で手軽に手に入れることが出来ますので、コーヒーミルク好きの方からの人気度が高い部類に入ります。コーヒーフレッシュの成分は植物性ですので保存期間が比較的長く、あっさりとした風味が特徴的ですので、コーヒーミルクの選び方が分からない方におすすめです。

牛乳

種類②牛乳

コーヒーミルクの選び方2つ目は「牛乳」です。低脂肪牛乳や無脂肪牛乳など種類によって味が変わりますので、味覚に合った選び方をしてください。

粉末クリーム

種類③粉末ミルク

続いては長期保存が可能な粉末クリームです。粉末クリームの中にも動物性・植物性と種類がありますので味わいによる選び方をしてください。

コーヒーミルクおすすめランキング15位~7位

第15位:ドトールのクリーミングパウダー

ドトールのクリーミングパウダー

ランキング15位をご紹介

コーヒーミルクおすすめランキングで15位にランクインしたのは、メーカードトールのクリーミングパウダーです。

商品情報

ドトールクリーミングパウダーの詳細

気になる成分は?

・商品名:ドトールコーヒークリーミングパウダー

・価格:752円

・内容量:1kg

・タイプ:粉末ミルク

クリーミングパウダーの魅力や特徴は?

クリーミングパウダーの魅力

大容量な1kg入り!

コーヒーミルクおすすめランキングで15位にランクインしたクリーミングパウダーは、コーヒーミルクの中で比較的大容量な1kg入りです。

 

植物性で味わいが比較的さっぱりとしていますので、甘いコーヒーが苦手な方におすすめです。

第14位:成城石井のコーヒーミルク

成城石井のコーヒーフレッシュ

ランキング14位をご紹介

コーヒーミルクおすすめランキングで14位にランクインしたのは、メーカー成城石井のコーヒーフレッシュです。

商品情報

コーヒーフレッシュの詳細

気になる成分は?

・商品名:成城石井 コーヒーフレッシュ

・価格:650円

・内容量:250g

・原材料:植物油脂、砂糖、カゼインNa、乳化剤、ph調整剤、香料、安定剤

・タイプ:液体ミルク

コーヒーフレッシュの魅力や特徴は?

コーヒーフレッシュの特徴

フレッシュさが特徴的

コーヒーミルクおすすめランキングで14位にランクインした成城石井のコーヒーフレッシュは、コーヒーフレッシュの中で比較的フレッシュな味わいが特徴的です。

第13位:マリムクリーミングパウダー

クリーミングパウダー

ランキング13位をご紹介

コーヒーミルクおすすめランキングで13位にランクインしたのは、メーカーAGFのマリムクリーミングパウダーです。

商品情報

マリムクリーミングパウダーの詳細

気になる成分は?

・商品名:マリムクリーミングパウダー

・価格:322円

・内容量:531g

・原材料:水あめ、植物油脂、食塩、乳等を主要原料とする食品、pH調整剤、乳たん白、乳化剤、香料、カラメル色素

・タイプ:粉末ミルク

マリムクリーミングパウダーの魅力や特徴は?

マリムクリーミングパウダーの特徴

スティックタイプのコーヒーミルク

コーヒーミルクおすすめランキングで13位にランクインしたマリムクリーミングパウダーは、スティックタイプですので保管に気を遣う心配がありません。

コーヒーミルクおすすめランキングで13位にランクインしたマリムクリーミングパウダーは、比較的あっさりとした味わいが特徴的ですので、甘さが苦手な方におすすめなコーヒーミルクです。また、スティックタイプで販売されていますので来客時に提供しやすい点も魅力的です。

第12位:キークリーミー

キーコーヒーの「キークリーミー」

ランキング12位をご紹介

コーヒーミルクおすすめランキングで12位にランクインしたのは、メーカーキーコーヒーの「キークリーミー」です。

商品情報

クリーミーポーションの詳細

気になる成分は?

・商品名:キーコーヒー クリーミーポーション

・価格:1,310円

・内容量:(4.5ml×18P)×10袋

・原材料:植物油脂、砂糖、乳製品

・タイプ:液体ミルク

キークリーミーの魅力や特徴は?

キークリーミーの特徴

アレルギーを懸念している方におすすめ!

コーヒーミルクおすすめランキングで12位にランクインしたキークリーミーは、比較的マイルドな味わいに仕上げられたコーヒーミルクです。

コーヒーミルクおすすめランキングで12位にランクインしたキークリーミーは、アレルギー物質として懸念されているトランス脂肪酸の含有量が0gですので安心して飲むことが出来ます。また、高圧均質化製法と無菌充填包装がなされていることで、長時間変わらない美味しさを保っています。コーヒーミルクの中で比較的マイルドな部類に入ります。

第11位:森永乳業・スキムミルク

森永のスキンミルク

ランキング11位をご紹介

コーヒーミルクおすすめランキングで11位にランクインしたのは、メーカー森永乳業のスキンミルクです。

商品情報

スキムミルクの詳細

気になる成分は?

・商品名:森永乳業スキムミルク

・価格:350円

・内容量:175g

・原材料:脱脂粉乳

・タイプ:粉末ミルク

スキムミルクの魅力や特徴は?

スキムミルクの特徴

さっぱりとした風味が特徴!

コーヒーミルクおすすめランキングで11位にランクインしたスキムミルクは、アメリカンコーヒーのように軽くさっぱりとした味わいが特徴的です。

コーヒーミルクおすすめランキングで11位にランクインしたスキムミルクは、元々料理用途を目的に作られた商品ですので、ぬるま湯はもちろん、冷水にも溶けやすい作りになっています。また、脱脂粉乳ですので脂肪分が含まれていない為、ダイエットをしている方にもおすすめできます。味わいは保証されていますので選び方が分からない方にもおすすめです。

第10位:タリーズ・コーヒーフレッシュ

タリーズのコーヒーフレッシュ

ランキング10位をご紹介

コーヒーミルクおすすめランキングで10位にランクインしたのは、メーカータリーズのコーヒーフレッシュです。

商品情報

T’sポーションの詳細

気になる成分は?

・商品名:タリーズコーヒージャパン T’sポーション

・価格:370円

・内容量:4.5ml×50個入

・原材料:植物油脂

・タイプ:液体ミルク

コーヒーフレッシュの魅力や特徴は?

タリーズのコーヒーフレッシュの特徴

長年愛されているコーヒーミルク

コーヒーミルクおすすめランキングで10位にランクインしたタリーズのコーヒーミルクは、実際に店舗でも使用されています。

 

こちらのコーヒーフレッシュは1個当たり約7円で若干高いですが、高いブランド価値と美味しさが保証されていますので選び方が分からない方にもおすすめです。

第9位:クリーミーパウダー

クリーミーパウダー

ランキング9位をご紹介

コーヒーミルクおすすめランキングで9位にランクインしたのは、メーカーMJBの「クリーミーパウダー」です。

商品情報

クリーミーパウダーの詳細

気になる成分は?

・商品名:MJB クリーミーパウダー

・価格:538円

・内容量:750g

・原材料:コーンシロップ・植物油脂・カゼイン(乳由来)・ph調整剤・乳化剤

・タイプ:粉末ミルク

クリーミーパウダーの魅力や特徴は?

クリーミーパウダーの特徴

評判高い商品

コーヒーミルクおすすめランキングで9位にランクインしたクリーミーパウダーは、コストパフォーマンスに優れたコーヒーミルクです。

コーヒーミルクおすすめランキングで9位にランクインしたクリーミーパウダーは、業務用として販売され始めた商品ですので1袋に750g封入されています。パウダーの量が多い分管理が大事となりますが、コーヒーにたくさん入れたいという方や低価格帯で多くの量を使用したいという方、更に味わいも抜群ですので選び方が分からない方におすすめです。

第8位:クリーミーシュガーパウダー

オリジナル クリーミーシュガーパウダー

ランキング8位をご紹介

コーヒーミルクおすすめランキングで8位にランクインしたのは、メーカーカルディの「オリジナル クリーミーシュガーパウダー」です。

商品情報

クリーミーシュガーパウダーの詳細

気になる成分は?

・商品名:オリジナル クリーミーシュガーパウダー

・価格:970円

・内容量:620g

・原材料:砂糖、デキストリン、植物油脂、乳糖脱脂粉乳、カゼインNapH、調整剤乳化剤

・タイプ:粉末ミルク

オリジナルクリーミーシュガーパウダーの魅力や特徴は?

オリジナルクリーミーシュガーパウダーの特徴

選び方が分からない方におすすめ!

コーヒーミルクおすすめランキングで8位にランクインしたオリジナルクリーミーシュガーパウダーは、植物性ながらまろやかな口当たりが特徴的です。

コーヒーミルクおすすめランキングで8位にランクインしたオリジナルクリーミーシュガーパウダーは、砂糖と乳糖が配合されている為、コーヒーを甘くしたい方やコーヒーミルクの選び方が分からない方におすすめです。また、こちらのコーヒーミルクはカルディコーヒーファームの店頭で販売している各種コーヒーにも配合されています。

第7位:メロディアンのコーヒーフレッシュ

メロディアン

ランキング7位をご紹介

コーヒーミルクおすすめランキングで7位にランクインしたのは、メーカーメロディアンのコーヒーフレッシュです。

商品情報

メロディアンの詳細

気になる成分は?

・商品名:メロディアン・ミニ 4.5ml18P

・価格:129円

・内容量:4.5ml×18P

・原材料:植物油脂、砂糖、脱脂粉乳/カゼインNa、乳化剤(大豆由来)、pH調整剤、香料、酸化防止剤(ビタミンC)

・タイプ:液体ミルク

メロディアンの魅力や特徴は?

メロディアンの特徴

コスパ抜群なコーヒーミルク

コーヒーミルクおすすめランキングで7位にランクインしたメロディアンのコーヒーフレッシュは、コストパフォーマンスが高く人気なコーヒーミルクです。

コーヒーミルクおすすめランキングで7位にランクインしたメロディアンのコーヒーフレッシュは、生乳が配合されていませんので、あっさりとした味わいが特徴的でコーヒー本来の味を楽しむことが出来ます。また、コーヒーフレッシュの蓋を開ける際にミルクが飛び散ることがありますが、こちらの商品はメロディアンが特許を取得したことで「飛び散りを防止」しています。細かい点に配慮したおすすめな商品です。

コーヒーミルクおすすめランキング6位~4位

第6位:スキムミルク

スキムミルク

ランキング6位をご紹介

コーヒーミルクおすすめランキングで6位にランクインしたのは、メーカーよつ葉の「スキムミルク」です。

商品情報

スキムミルクの詳細

気になる成分は?

・商品名:よつ葉乳業 北海道脱脂粉乳(スキムミルク)

・価格:1,280円

・内容量:1kg

・原材料:生乳100%

・タイプ:粉末ミルク

スキムミルクの魅力や特徴は?

スキムミルクの特徴

北海道産100%の良質な生乳

コーヒーミルクおすすめランキングで6位にランクインしたスキムミルクは、生乳から作られた脱脂粉乳で、余計な原料は一切なく生乳100%の商品です。

 

余計な原料が配合されていない為、カロリーが抑えられていてカルシウム等の栄養成分をしっかりと摂取することが出来ます。

 

また、脱脂粉乳10gを90mlの水やぬるま湯で解くことで、約100mlの無脂肪牛乳と同等の濃さになりますので、牛乳の代わりとして飲むことが出来ます。

第5位:スジャータプレミアム

スジャータプレミアム

ランキング5位をご紹介

コーヒーミルクおすすめランキングで5位にランクインしたのは、メーカーめいらくの「スジャータプレミアム」です。

商品情報

スジャータプレミアムの詳細

気になる成分は?

・商品名:めいらく スジャータプレミアム

・価格:216円

・内容量:8ml×10個

・原材料:乳製品、pH調整剤、乳化剤(大豆由来)、カゼインNa、香料

・賞味期限:60日

・タイプ:液体ミルク

スジャータプレミアムの魅力や特徴は?

スジャータプレミアムの魅力

冷蔵保存タイプのポーション

コーヒーミルクおすすめランキングで5位にランクインしたスジャータプレミアムは、ポーションタイプとしては珍しく冷蔵保存するコーヒーミルクです。

コーヒーミルクおすすめランキングで5位にランクインしたスジャータプレミアムは、乳脂肪分が45%程配合されている関係で冷蔵保存をしなければなりません。保管方法が他のコーヒーミルクと比較すると若干面倒くさいですが、その分コーヒーミルクとして活用すると、コーヒーの酸味を和らげてリッチなコクが口中に広がりまろやかにしてくれます。価格の安さと美味しさが反比例しているおすすめな商品です。

第4位:クレマトップ

ネスレのクレマトップ

ランキング4位をご紹介

コーヒーミルクおすすめランキングで4位にランクインしたのは、メーカーネスレの「クレマトップ」です。

商品情報

クレマトップの原材料

気になる成分は?

・商品名:ネスレ クレマトップ ポーション

・価格:780円

・内容量:4.3ml×40個

・原材料:植物油脂、砂糖、カゼインナトリウム(乳由来)、pH調整剤、乳化剤、香料

・タイプ:液体ミルク

クレマトップの魅力や特徴は?

クレマトップの詳細

様々な容器で販売!

コーヒーミルクおすすめランキングで4位にランクインしたクレマトップは、液体タイプのコーヒーミルクで大人気な商品です。

コーヒーミルクおすすめランキングで4位にランクインしたクレマトップは、コーヒーフレッシュとしてだけでなく、上記画像のように一つの容器に集約されて販売されているなど、用途に合わせた商品展開がなされています。低価格帯で味をまろやかにしてくれる点から、コーヒーミルクとしてだけでなくシチューやカレーの隠し味に使用している家庭もあるようですので是非お試しください。

気になる口コミを調査

クレマトップの口コミ

世間の評判を調査!

クレマトップは液体タイプのコーヒーミルクの中で絶大な人気を誇っています。そんなクレマトップが人気な理由を口コミから見ていきましょう。

コーヒーミルクはすぐなくなってしまいますが大容量でてとも便利でした。
パッケージデザインも安っぽくなくて気に入っています。
味も特に問題ありません。

コーヒーミルクおすすめランキングで4位にランクインしたクレマトップに関する世間の口コミを調査したところ、「大容量でとても便利」「パッケージが安っぽくなくてお気に入り」というコメントが見つかりました。味だけでなく容量やパッケージデザインなど様々な部分に気を遣っているコーヒーミルクを是非お試しください。

コーヒーミルクおすすめランキング第3位:コーヒークリーミーカフェプラス

コーヒークリーミーカフェプラス

ランキング3位をご紹介

コーヒーミルクおすすめランキングで3位にランクインしたのは、メーカーUCCのコーヒークリーミーカフェプラスです。

商品情報

コーヒークリーミーカフェプラスの特徴

気になる成分は?

・価格:460円

・内容量:200g

・原材料:デキストリン、植物性脂肪、乳糖、カゼインNa(乳由来)、リン酸K、乳化剤

・タイプ:粉末ミルク

コーヒークリーミーカフェプラスの魅力や特徴は?

カフェプラスの魅力

歴史あるコーヒーミルク

コーヒーミルクおすすめランキングで3位にランクインしたコーヒーミルクカフェプラスは、コーヒーの老舗メーカー「上島珈琲」から発売されています。

コーヒーミルクおすすめランキングで3位にランクインしたコーヒーミルクカフェプラスは、伝統あるコーヒーミルクで人気度が高いことから、ホテルに備え付けられていることが多いです。植物性油脂のあっさり感とミルクの味わいをバランス良く楽しむことが出来る商品で、酸味や苦みが比較的穏やかなコーヒーに合わせることでより美味しさが増します。

コーヒーミルクカフェプラスの気になる口コミは?

コーヒーカフェプラスの口コミを調査

気になる評判は?

コーヒーミルクプラスは苦みが比較的穏やかなコーヒーに合わせることで美味しさが増すと評判高いため口コミを調査していきます。

コーヒーの味を邪魔することなくまろやかな味にしてくれるこの商品が大好きです。商品発送も素早くて何より賞味期限も余裕があってとても満足しています。

コーヒーミルクおすすめランキングで3位にランクインしたコーヒーカフェプラスに関する世間の口コミを調査したところ、「コーヒーの味を邪魔することなくまろやかな味わいにしてくれる」というコメントが見つかりました。また、「商品の発想が素早い」というコメントも見つかりました。こちらの口コミはアマゾンに記載されていたレビューですので、ネット通販で購入する際はアマゾンで検索してみてください。

コーヒーミルクおすすめランキング第2位:ブライト

ネスレのブライト

ランキング2位をご紹介

コーヒーミルクおすすめランキングで2位にランクインしたのは、メーカーネスレの「ブライト」です。

商品情報

ブライトの成分

気になる成分は?

・価格:360円

・内容量:300g

・原材料:コーンシロップ、植物油脂、砂糖、カゼイン(乳由来)、PH調整剤、乳化剤、香料、クチナシ色素

・タイプ:粉末ミルク

ブライトの魅力や特徴は?

ブライトの魅力

クリーミーな味わいが特徴的

コーヒーミルクおすすめランキングで2位にランクインしたブライトは、発売当初から絶大な人気を誇っているコーヒーミルクです。

比較的クリーミーな味わいが特徴的で、植物性コーヒーミルクながら、味わい深くミルクの風味をしっかりと体感することが出来ます。価格が安い上容量が多いので、毎日コーヒーを楽しむ方でも数カ月間楽しむことが出来ます。

ブライトの気になる口コミは?

ブライトの口コミ

口コミを調査!

2位にランクインしたブライトは、植物性コーヒーミルクの中で絶大な人気を誇っています。そんなブライトの気になる口コミを見ていきましょう。

ネスカフェバリスタに使用しています。
バリスタを使用すると非常に良い泡立ちとなり、簡単にカフェラテやカプチーノのようなものを作成できます。

コーヒーミルクおすすめランキングで2位にランクインしたブライトに関する世間の口コミを調査したところ、「バリスタ使用時の泡立ちが絶大」「程よい甘さで美味しい」「飲み方が簡単だから定期購入している」というコメントが見つかりました。お手頃価格で販売されている上世間の評判も魅力が溢れていますので、選び方が分からない方におすすめなコーヒーミルクです。

コーヒーミルクおすすめランキング第1位:クリープ

森永のクリープ

ランキング1位をご紹介

コーヒーミルクおすすめランキングで1位にランクインしたのは、メーカー森永の「クリープ」です。

商品情報

クリープの成分

気になる成分は?

・価格:820円

・内容量:210g

・原材料:乳製品・乳糖

・賞味期限:15カ月間

・タイプ:粉末ミルク

コーヒーミルクおすすめランキングで1位にランクインしたクリープの成分は、タンパク質0.2g/脂質0.8g/炭水化物1.8g/ナトリウム12mg/kリウム9.3mg/カルシウム2.6mg/リン7.4mgとなっています。スーパーだけでなく楽天市場、Amazon、LOHACO、ヤフーショッピング等のネット通販全てで販売されていますのでご確認ください。

クリープの魅力や特徴は?

クリープの特徴

原材料の少なさが特徴的

コーヒーミルクおすすめランキングで1位にランクインしたクリープは、原材料が乳製品と乳糖のみで非常にシンプルに作られているのが特徴的です。

 

生乳から独自の製法により粉末化されており、粉末化の際に一瞬で乾燥・冷却工程に通すため生乳の持つ本来の風味を劣化させないようにしています。

クリープはまろやかな味わいが特徴的で、原材料に糖分である乳糖が用いられていますが、糖分の甘さはほのかに感じる程度に収められていますので「甘いのは苦手!」という方にもおすすめなコーヒーミルクです。商品はジップ付きの袋と瓶の2種類で販売されていて、どちらにもスプーンが入っていますが、粉末状のコーヒーミルクは湿気に弱いので瓶のタイプを購入することをおすすめします。

クリープの気になる口コミは?

クリープの口コミ

評判を調査!

ランキングで1位にランクインしたクリープは、長年愛され続けていますので評判が良いです。口コミを購入の検討材料にしてください。

コーヒーや紅茶に入れると、いかにもミルクっぽい「コク」を感じます。
些細な差なのですが、やはりこれが無いと満足できない方も多いのではないでしょうか。

また、コーヒーフレッシュはその原材料が植物油脂であり、ほとんど「油」です。
そういった意味でもクリープの方がヘルシーな気がします。
せっかく飲むなら「本物」を飲みたいですよね。

コーヒーミルクおすすめランキングで1位にランクインしたクリープに関する世間の口コミを調査したところ、「クリープがないと満足できない」「せっかく飲むなら本物を飲みたい」というコメントが見つかりました。更に、「まろやかさが全然違う」「コーヒーミルクの中で一番コクがある」というコメントも見つかりました。選び方が分からない方は是非クリープをお試しください。

意外と知らない!コーヒーの美味しい飲み方は?

種類別に飲み方をご紹介

コーヒーの飲み方

美味しい飲み方をご紹介

コーヒーミルクにこだわりを持ち始めると、美味しさが増す飲み方を研究するものです。こちらではコーヒーの美味しい飲み方をご紹介します。

アイスコーヒーの飲み方

アイスコーヒーの飲み方

では始めにアイスコーヒーの美味しい飲み方をご紹介します。アイスコーヒーは、砂糖やガムシロップを入れるかと思いますが、先に入れると底に沈んでしまいます。

 

従って、ミルク→砂糖の順番でコーヒーに投入した後しっかりとかき混ぜることで美味しい飲み方が成功します。

ホットコーヒー

ホットコーヒーの飲み方

続いてはホットコーヒーの美味しい飲み方をご紹介します。ホットコーヒーの美味しい飲み方は、ミルクを先に入れてしまうと佐藤が溶けにくくなってしまいます。

砂糖を先に入れた後は、ミルクをコーヒーの中央に投入して約20秒程待ちます。それによりミルクの温度が高まりますので、コーヒー全体の温度が下がることを防いでくれます。コーヒーの美味しい飲み方をアイスとホットの2種類ご紹介してきました。ミルクや砂糖を入れる順番を変えるだけで美味しさが変わってきますので、美味しい飲み方を是非実践してください。

コーヒーミルクおすすめTOP15のまとめ

コーヒーのまとめ

ランキングのまとめ!

コーヒーミルクおすすめランキングや気になる選び方、美味しい飲み方などをご紹介しました。美味しいコーヒーを堪能して快適なライフスタイルを送りましょう。

コーヒーに関する記事をもっと読みたい方はコチラ

2018コーヒーメーカーのおすすめランキングTOP17!最高の1台は? | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ