子育て・育児の悩みランキングTOP15!どんな解消方法があるの?

子供の誕生と同時に悩みや不安も生まれます。解消・解決する方法が見つからなければ幸せなはずの子供との時間がストレス、イライラの元になってしまいます。仕事をしながら育児・子育てをするパパ・ママは、相談する時間もなく困っていることもあります。育児・子育てを始めたばかりの新米パパ・ママも、この先どんな悩みがあるのかを知っておくことで、気持ちの準備ができるかもしれません。ではそんな育児・子育ての悩みをランキングにすると、何がランクインするのでしょう。育児・子育ての悩みを、ランキング形式でご紹介致します。

目次

  1. 子育て・育児の悩みランキング!イライラ・ストレスの種は?
  2. 子育て・育児の悩みランキング15位~7位
  3. 子育て・育児の悩みランキング6位~4位
  4. 子育て・育児の悩みランキング3位:養育費
  5. 子育て・育児の悩みランキング2位:しつけ
  6. 子育て・育児の悩みランキング1位:イライラ
  7. 子育て・育児の悩みで困らずに相談電話や施設サービスを活用!
  8. 子育て・育児の悩みランキングTOP15のまとめ

子育て・育児の悩みランキング!イライラ・ストレスの種は?

ママが抱える子供や仕事の不安とは?解決・解消方法も!

バスローブ姿の赤ちゃん

期待と同じ位不安も大きい育児・子育て

最近パパ・ママになった!という人は、これから自分達で育児・子育てに対して楽しみと同じくらい悩みと不安を感じていることでしょう。

子供一人ひとりに個性があり、パパ・ママみんなが全く同じ育児・子育ての悩みで悩むというわけではありません。しかし多くのパパ・ママが共通して悩む育児・子育ての悩みもあります。そんな多くのパパ・ママが悩んだ育児・子育ての悩みや不安を、解消・解決法と一緒にランキング形式でご紹介します。

子育て・育児の悩みランキング15位~7位

15位:好き嫌い

嫌いな野菜に悩む子供

好き嫌いはパパ・ママの悩みの種

好き嫌いは子供の個性の一つと言えるほど子供によってさまざま異なります。

 

しかしある程度バランス良く食べることができなければ成長するための栄養をうまく摂取することができません。

パパ・ママの育児・子育て中の悩みの声は?

ママが作ったものをパパが食べない場合も、子供の好き嫌いの解消が育児・子育てのストレスや悩みになるようです。大人が食べていないのに子供にだけ食べなさい、というのはやはり難しいことでしょう。

子供が好き嫌いする原因は?

野菜を見つめる少女

食べ物の好き嫌いが起こる原因は、主に遺伝的要素が強いと言われています。

 

その理由は「おいしさ」が、自分にとって害があるものかそうでないものかを判断する大切な材料となっているからです。

また、食経験も好き嫌いの原因となっているようです。食べた後に体調を崩したりすると、子供の中で食べ物に対する恐怖心が生まれ、その食べ物を嫌いになることがあります。

好き嫌いの悩みへの解決・解消・対処方法は?

料理する子供

好き嫌いをなくすには、嫌いな野菜を見たときに感じる嫌な気持ちを楽しい気持ちに変えることが大切です。

 

嫌いに食べ物に対しての「嫌」という感情を良い印象に変えることで、好き嫌いが少し緩和するかもしれません。

14位:夜泣き

泣く赤ちゃん

夜泣きもパパ・ママの悩み上位!

子供の夜泣きは一人ひとり全く異なり、悩みの種のようです。ほとんど夜泣きしない子もいれば、泣いてしまうと疲れきるまでひたすら泣いている子もいます。

パパ・ママの育児・子育て中の悩みの声は?

子供の夜泣きに悩み、耐えるパパ・ママはやはり多いようです。パパは次の日も仕事があるため、寝かせてあげなければと気遣うママも多いようです。そのため一人で朝まで睡眠不足と戦うママは少なくありません。パパが感謝の気持ちを表したり気遣ってくれることで育児・子育てを頑張れるママは多いことでしょう。

夜泣きの悩みはいつ頃から?

泣き叫ぶ赤ちゃん

時期も子供によって全然違う!

夜泣きは0歳の頃に多いものだと思っている人が多いですが、実際には2歳などでも夜に泣いて起きる子供もいます。睡眠時間が短く悩む人も多いようです。

始まる時期も違えば終わる時期も違いますので、子供の夜泣きには3歳になるまでずっと悩み続けるパパ・ママもいます。夜泣きが続く時期はストレスが溜まりやすく、解消できなければ体力的にも精神的にもつらい時期であることは間違いないでしょう。仕事をするパパはもちろん、毎日育児・子育てを続けるママは本当に苦労するようです。

夜泣きの悩み…原因や解決・解消・対処方法は?

ぬいぐるみに囲まれて泣く赤ちゃん

夜泣きはママのせいではない!

赤ちゃんが泣く原因は成長に関する生理的なものだと言われています。そのため夜泣きするからといってママが悪いわけでは決してありません。

赤ちゃんをあやすパパとママ

パパにも悩みを相談して頼ろう!

夜泣きの悩みは、やはりパパの協力が必要になることもあります。

 

産後のママは、やはりどうしても万全とは言えません。お仕事も大変ですが、ママの辛さを理解してあげることも必要です。

13位:夫の育児・子育てへの不参加

疲れているママ

一人で育児・子育てするのは大変!

一人で育児・子育てすることは悩み多く、とても大変です。ママの多くはパパに手伝ってもらいたいと思っています。

 

しかしやはりすべてのパパが協力的ということではないようです。

パパ・ママの子育て中の悩みの声は?

子供が可愛いくても毎日育児・子育てするとなると大変です。そのため、仕事が休みでも手伝わずにくつろぐパパにはイライラしてしまうママは多いです。仕事には休みがありますが、ママには休みがありませんので、ストレスを解消できずため込んでしまいます。仕事が休みの日くらいは、少しでもいいので育児・子育てを手伝うという気概を見せてほしいと思っています。

育児・子育て不参加の夫に対する解決・解消・対処方法は?

すっきりする女性

諦めてしまうのも一つの方法

夫がいると思うからストレスになるのかもしれません。

 

夫は何もしないもの、と割り切ってしまい、自分だけのストレス解消法を見つけてしまうのも良いかもしれません。

12位:急な体調変化

熱を出した子供

急な体調の変化もママの悩みに!

子供は突然体調が悪くなったりします。さっきまで元気だったのに…ということも少なくありません。また、突然病状が悪化して悩み、戸惑うこともあります。

パパとママの育児・子育て中の悩みの声は?

子供の多くは、自分の体調変化にうまく気づくことができません。また、できてもそれを上手に伝えることもできないのです。そのため、急な体調変化や急激な悪化に悩み、育児・子育てに不安を感じるパパ・ママも多いようです。

急激な体調変化への解決・解消・対処方法は?

考える女性

ママの直感を大切にして!

子供の体調変化に関して、実はとても大切なのがママの直感です。いつもと何か違う…と感じたら、元気そうにしていてもSOSの合図かもしれません。

自分でうまく伝えることも気づくこともできない子供ですが、体調がおかしいことによっていつもと行動に変化がある場合がほとんどです。そんな時、いつも子供を見ているママが「何かおかしい…」と感じたときは、意外と馬鹿にできません。過保護に思うかもしれませんが、大事を取って外遊びなどは早めに切り上げることをおすすめします。

11位:祖父・祖母への対応

孫を可愛がる老夫婦

子供が甘やかされてしつけができない

自分の子供の子供と考えると、おじいちゃんとおばあちゃんは孫が可愛くて仕方ないことでしょう。

 

しかしそんな愛情がしつけの邪魔をしてしまい、悩みになることもあります。

子供はより優しいおじいちゃん・おばあちゃんを好きになり、甘やかしは増長してしまうこともあります。かわいがってくれていることは分かりますが、これでは子供に必要なしつけをすることができません。

パパやママの育児・子育て中の悩みの声は?

おじいちゃん・おばあちゃんの甘やかしによってしつけだけでなく、子供を休ませてあげようにも難しい…といった悩みもあるようです。また、お年寄りは体調を崩しやすい方も多いため、子供に菌をうつしてしまっていることもあります。子供も同様に免疫力が低いため、咳やくしゃみをしている時はマスクをするか、子供に近づいてほしくない、という悩みをもつママも少なくないようです。

甘やかす祖父・祖母への解決・解消・対処方法は?

孫にキスしてもらうおじいちゃん

柔らかい態度でお願いしてみる

おじいちゃんやおばあちゃんにも、悪気があるわけではありません。最初はなるべく柔らかい態度でお願いしてみましょう。

 

孫を可愛い気持ちだけは否定することはしないでください。その上で、自分がどのような育児・子育てをしているか、落ち着いてお話してみてください。

それに対して怒りを表すようであれば、少し距離をおいてもいいかもしれません。子供を育てる責任があるのはパパ・ママの二人であり、おじいちゃんおばあちゃんにはそれがありません。子供のためにならないと思うのであれば、適度な距離間をもらうことも必要です。必要以上に悩み、パパ・ママのストレスにしないことも大切です。

10位:夫婦で違う教育方針

喧嘩する夫婦

夫婦でも考え方に違いがある!

同じ育児・子育てといっても、教育熱心であったり子供に対して甘すぎたりと、夫婦で異なる考えを持ち、それが悩みやストレスになることもあります。

パパ・ママの育児・子育て中の悩みの声は?

子供個人個人にも好きなことや得意なこと、もちろん苦手なこともあります。また、好きなことであってもそれが実力につながるとは限りません。暖かい目で見守る派とできないことを許容できない派では、全く教育方針が異なることでしょう。その他、習い事をさせるかどうかや、何をさせるか、塾に行かせるかなど、夫婦でも育児・子育てへの考え方は大きく異なります。

教育方針の違いへの解決・解消・対処方法は?

話す外国人夫婦

相手の意見に一度は共感しよう

自分の意見を押し付けあうだけでは、意見の違う二人では平行線が続きます。そんな時は、一度相手の意見を「それもそうだね」と受け入れてみましょう。

例えば子供が嫌いなものを無理に食べさせようとする夫を止めたい場合には、「無理やりなんて可哀想!」というのではなく、「そうだよ、栄養があるもんね」と一度は共感します。その後に「でも無理やりは可愛そうな気もするから、あと一口頑張ったら良いことにしよう」と提案すると、印象はかなり違うことでしょう。

9位:共働きの育児

片付けに追われるママ

夫婦で仕事をしていると育児・子育ても大変

仕事をしながらの育児・子育ては大変ですし、当然育児・子育てだけでなく家事もあるため、休まらず、ストレスが溜まるパパ・ママは多いようです。

パパ・ママの育児・子育て中の悩みの声は?

夫婦で仕事をしている家庭は増えていますが、子供が熱を出した時、仕事を抜けて迎えに行くのは妻というイメージは根強いようです。仕事を抜けづらい気持ちはどちらも同じはずなのに…。と育児・子育てとの両立に悩むママも増えています。

夫婦が仕事をしている場合の解決・解消・対処方法は?

家事の分担図

自分の担当をしっかり確認!

家庭のことに関しては、やはり女性の方が細かなことまで考えてしまうことが多いです。そのため、気づいた人が損をしてしまうことがあります。

実際にパパ・ママそれぞれが行っている家事の内容をしっかりと図にして話し合いましょう。パパは協力しているつもりでも、ママからすると中途半端だったり、意外とたくさんの家事をママが負担していることは意外と多いです。また反対に、しっかり家事をしているのであれば胸を張ってママに主張することもできるでしょう。

8位:子供の預け先

子供を預けて出社するママ

保育所が不足している!

現在保育士不足が深刻化しており、待機児童が増えていることが問題となっています。

 

最近では夜遅くまで働いているのに賃金が安く、体力の必要な仕事であると、保育士は少なくなる一方です。しかしそれとは反するように保育所を利用したいと考えている家庭は増えています。行きたい保育所に預けることができず、悩むパパママは増え続けています。

パパ・ママの育児・子育て中の悩みの声は?

土日や祝日だからとすべてのパパ・ママがお休みというわけではありません。そのため土日や祝日に出勤する人は、保育所などに預けることができず、育児・子育てと仕事の両立になやんでいるようです。

7位:叱り方

悩むパパ

子供への叱り方は難しい!

自分の叱り方が正しいのか、また正しい叱り方であっても叱りすぎていないかなど、パパ・ママの悩みは尽きません。

パパ・ママの育児・子育て中の悩みの声は?

自分の叱り方を振り返っては後悔・反省するパパ・ママも少なくないようです。どうしてあんな風に叱ったんだろう、やつあたりだったかもしれない、などなど…。パパ・ママも人間ですから完璧に子供を相手することはできません。育児・子育ては毎日が試行錯誤の連続なのです。

叱り方についての悩みの解決・解消・対処方法は?

子供と触れ合うパパ

ダメなことは根気よく伝えよう!

子供がダメなことをしっかり覚えるには最低3ヶ月はかかると言われています。そのため、駄目なことは根気よく教え続けるしかありません。

叱りすぎていないかが気になるパパ・ママは、命や危険に関わることでなければ、落ち着いた態度で叱るようにしましょう。子供は意外と、大人の表情や行動から駄目なことを判断できます。その都度その都度の駄目なことは理解できますので、なるべくイライラするのを抑えて根競べのつもりで続けていきましょう。

子育て・育児の悩みランキング6位~4位

6位:イヤイヤ期

イヤイヤする子供

正解が分からないイヤイヤ期!

イヤイヤ期は育児・子育ての関門とも言える時期でしょう。何をするにもイヤイヤする時期ですので、パパ・ママはどうしても苦労し、イライラしてしまいます。

パパ・ママの育児・子育て中の悩みの声は?

叱り方の悩みでもそうでしたが、やはり自分が叱りすぎていないか、これで正しくできているのかと悩み、反省するパパ・ママは少なくありません。前向きに過ごせるパパ・ママも多いですが、周りの環境によっては育児・子育てが原因で心を病んでしまうパパ・ママもいるようです。

イヤイヤ期への解決・解消・対処方法は?

娘を抱っこするママ

まずは自分を受け入れて!

こうしなければいけない、という大人のルールで自分や子供を縛ってはいませんか?完璧なママはいませんし、完璧である必要はありません。

まずは子供の立場に立って、自分が子供だった頃、お母さんにどんな言葉をかけてほしかったかを考えてみてください。その言葉を自分が子供に掛けてあげられる状況ばかりではなく、自分のその態度にイライラしているお母さんも少なくないのではないでしょうか。理想を高くもつのはいいことですが、すべてできない自分を仕方ないと思うことも大切なのです。

5位:兄弟の育て方

手をつなぐ兄弟

平等に接するのが難しい

弟・妹ができると、やはり年上の子供をお兄ちゃん・お姉ちゃん扱いしてしまいがちです。しかし兄・姉といえど2~3歳の子供であればまだまだ甘えたい盛りです。

下の子供の方が手がかかることが多く、できてしまう上の子は後回しになってしまうことも多いでしょう。そんな時、下の子供が生まれるまでは独り占めできていたパパとママが構ってくれなくなったと感じる上の子は多く、下の子をいじめる原因にもなっているようです。また反対に、聞き分けが良すぎても不安になってしまいます。

パパ・ママの育児・子育て中の悩みの声は?

お母さんの言葉でお兄ちゃんになってくれることもありますが、お兄ちゃん自分で自覚する子供も少なくありません。そんなお兄ちゃん達はパパ・ママを嬉しくも切ない気持ちにさせるようです。お兄ちゃんを理由に我慢させたくはなくても、年上の子供が我慢しなければいけない状況は多いです。そんな状況や我慢させる自分に、パパ・ママは悩むようです。

兄弟平等に接するための解決・解消・対処方法は?

仲のいい兄弟

「同じことをしてあげる」は平等とは違う!

同じ子供同士でも、小さいうちは年齢によってできることが違います。おやつなども同じ物、同じ量をあげることはできません。

平等に兄弟全員のことを考えて接していれば、それは十分平等なのです。また、上の子が下の子をいじめるのには、もしかすると下の子への嫉妬が隠れているかもしれません。ただ叱るのではなくどうしてそうしたのかを聞いてみたり、叱った後、反省したら甘えさせてあげるようにしましょう。

4位:反抗期

反抗する子供

反抗期は子供が大きくても悩む!

親からすれば子供はいつまでたっても子供かもしれません。しかし子供は子供なりに成長し、いろいろなことを考えていきます。

大人の否定や干渉に敏感になる時期ですので、多少反応に差はあれど、多くの子供は親の言葉を嫌がることでしょう。ある程度大きくなった子供への接し方に、悩むパパ・ママも少なくないようです。

反抗期の時期やパパ・ママの育児・子育て中の悩みの声は?

やはり思春期になると反抗期が始まる子供は多いようです。自分の思春期を振り返ると、少しは心当たりのある人が多いのではないでしょうか。子供の対応や反応が毎日反抗的だと、どうしても気が滅入ってしったり、育児・子育てにストレスを感じるパパ・ママもいるようです。

反抗期の解決・解消・対処方法は?

膨れる家族

積極的に関わりすぎない

子供の反抗期は、子供自身がなぜイライラしているのかを把握していないことも多いです。そのため、少し自分だけの時間を作ってあげましょう。

しかしそれと子供に無関心になることは違います。遠くから暖かく見守る、といった気持ちを忘れないようにしてください。

子育て・育児の悩みランキング3位:養育費

お金に驚く子供

育児・子育てにお金の悩みはつきもの!

毎日の生活費に加えて学費や習い事など、育児・子育てにはとてもお金が掛かります。

 

パパ・ママの育児・子育て中の悩みの声は?

子供に楽しい思いをさせてあげたい、いろんなところに連れて行ってあげたいと思うパパ・ママは多いことでしょう。しかし子供には毎日の生活費に加え、学費などの様々なお金が掛かります。子供にかかるお金は、やはりパパ・ママの大きな悩みの種のようです。

養育費が掛かる時期はいつ?

金額に息をのむ子供

12歳までにかかる養育費はいくら?

家庭の節約度や、環境にも寄りますが、子供が12歳になるまでにかかる養育費は約1400万円と言われています。

 

 

子供にお金が掛かる時期は、いつ頃とはっきり断定することはできません。しかし子供の年齢が上がるにつれて金額が上がっていくことは間違いありません。おむつ代やミルク代のみで済んでいた時期から、保育費、学費と上がっていきます。

養育費の悩みや不安を解決・解消する対処方法は?

おしゃれな貯金箱

計画的な貯金が大切!

とにかく大切なのは、どのくらいの費用がいつまでに掛かるかを把握し、それに合わせて貯蓄をしておくことです。

現在お金がギリギリであっても、子供が保育所・幼稚園に通うようになれば自分だけの時間も増えます。その間にパートに出てみたり、少し嗜好品を抑えてみたり、日々の生活で少しずつお金について意識することでお金に関する心配は減っていくのではないでしょうか。

子育て・育児の悩みランキング2位:しつけ

叱られている少女

しつけに悩むパパ・ママは多い!

しつけの方法も家庭によって様々異なります。自分のしつけが正しいのかと悩んでしまうパパ・ママは多いようです。

パパ・ママの育児・子育て中の悩みの声は?

しつけの方法は様々ですので、子供がいけないことをした時、つい叩いてしまったり怒鳴ってしまうパパ・ママもいます。そんなパパ・ママは後からきっと後悔や反省をしていることでしょう。しかし最近、そんなパパ・ママを虐待ではないかと過剰に通報したりする人も増えているようです。子供のしつけに悩むだけでなく、世間の目を気にして叱ることができない人も増えています。

自我の芽生えた子供に対して、あれはダメ、これもダメ、というわけにもいかず、かと言ってすべて肯定すると子供のためにもなりません。どう伝えればうまく伝えることができるのか、しつけに悩んでしまうようです。

しつけに悩む時期はいつごろから?

耳を触る子供

自我が芽生えた頃から悩む!

子供が自分の主張をはっきりできるようになった頃から、しつけについて悩むことが増えるようです。

 

子供にダメな理由を伝える方法に悩んだり、どこまで要求を受け入れていいのか不安に思ったりと、パパ・ママの悩みは尽きません。

しつけに関する解決・解消・対処方法は?

耳をふさぐ子供

子供は自分の鏡!

「子は親の鏡」という言葉もあります。しつけに悩んだら、子供の態度や行動をじっくり落ち着いて観察するといいかもしれません。

子供のしつけについて悩んだ時は、自分の行動を振り返ってみるといいでしょう。例えば、子供が話を聞いてくれないという場合であれば、自分が子供と接すると時に、スマホをいじっていたり、何かをしながら話してしまってはいませんか?小さい子供は多くのことを親から吸収して成長します。子供をちゃんとしつけたいと思うのであれば、自分の行動を振り返ってみることから始めましょう。

子育て・育児の悩みランキング1位:イライラ

叱られる子供

子供にイライラしてしまう!

育児・子育てをしていると、やはり小さなことでイライラしてしまいます。大人が子供のためと思っていても子供がそう捉えてくれるとは限りません。

パパ・ママの育児・子育て中の悩みの声は?

子供三人を自分一人だけですべて見なくてはいけない、そんなことになれば体力的にも精神的にも、やはり辛いものがあります。このような状況ではほんの少しのことで疲れやストレスがたまり、イライラしてしまうようです。

パパ・ママも人間ですので、イライラする原因は子供にのみあるわけではありません。周りの環境や自分の体調など、子供に当たってはいけないと思っていても、自分が辛いときに子供が大声で泣いていたりすると自分が泣きたい、とイライラしてしまうこともあるようです。

イライラしてしまう原因や時期は?

睨む子供

反抗期にはイライラしがち

先ほどもご紹介した通り、成長するにつれ自我が芽生えるため、素直に話を聞いてくれていた子供も素直なばかりではなくなります。

イライラする大人

大人も人間!

何度言っても分かってくれない時や、やりすぎな悪戯を見てしまった時、大人も人間ですのでやはりイライラしてしまいます。

理不尽な怒りや過度な叱り方をしてしまった、というパパ・ママという声は、長い育児・子育て期間の中で最も多い意見のようです。

イライラに対する解決・解消・対処方法は?

仲良し夫婦

夫婦が協力する

育児・子育ての悩みを夫婦間で話すことができれば一緒に考えることができます。

また同じ悩みや不安も、一人で抱えるのと二人で抱えるのとでは全く違います。育児・子育てのストレスやイライラの不安は、やはり夫婦で共有・協力することが一番の解決策でしょう。

ママ友みんなでガッツポーズ

育児・子育てに悩みあるのはみんな一緒!

また同じ悩みや不安も、一人で抱えるのと二人で抱えるのとでは全く違います。育児・子育てに悩むパパ・ママはたくさんいます。一人でイライラして煮詰まった時は、ママ達の交流の場に参加するといいかもしれません。

育児・子育てに悩むパパ・ママはたくさんいます。一人でイライラして煮詰まった時は、ママ達の交流の場に参加するといいかもしれません。他のママ達と共有することで、自分の悩みが解決することもありますし、みんな悩んでいるのだと知ることで気持ちが楽になることもあります。自分も人間であり、完璧にできなくて当たり前ということを忘れないでください。

子育て・育児の悩みで困らずに相談電話や施設サービスを活用!

悩みがある場合は様々なサービスを活用して悩みを解消しよう!

悩みをもつ女性

一人で悩みを抱えないで!

核家族が当たり前の時代となり、実家や地元から離れてしまったパパ・ママは、悩みを抱えてもなかなか相談することができないようです。

気軽に悩みを相談できるママ友や両親が近くにいれば話は違いますが、夫の仕事で転勤など、様々な理由で育児・子育ての悩みを相談できる相手がいない人も少なくありません。そんな方は気軽に育児・子育ての悩みを相談できる、支援センターを活用してみてください。小さなことでも相談に乗ってくれるため、少しは気持ちが楽になるかもしれません。

どんな施設で相談に乗ってもらえる?

ママさん110番の画像

相談先①ママさん110番

日本保育協会が運営している「ママさん110番」は利用料無料の電話相談室です。

乳幼児に関する悩み全般を相談することができ、月曜~金曜(AM10:00~PM4:00)の時間であればいつでも無料で相談することができます。

エンゼル110番の画像

相談先②エンゼル110番

妊娠中から乳幼児と、より長い期間の相談に乗ってもらうことができます。

妊娠中も何かと不安に感じることが多いですので、一人で育児・子育ての不安を抱えてしまうそうな人はぜひ利用してみてください。

子育て・育児の悩みランキングTOP15のまとめ

にこやかな家族

育児・子育てにはいくつもの壁がある!

パパ・ママが悩んだ悩みや不安を、解消・解決法と一緒にランキング形式でご紹介致しました。

パパ・ママが悩んだ悩みや不安を、解消・解決法と一緒にランキング形式でご紹介致しました。ランキングの中には現在悩んでいる真っ最中!というものもあったのではないでしょうか。ランキングの内容すべてに悩むわけではありませんが、ランキング上位である以上、いつかぶつかるかもしれないという、覚悟が必要かもしれません。

笑いあう家族

ストレスをため込まず解消しよう

どんなに子供が大好きであっても、育児・子育てとはやはり大変なものです。壁にぶつかってしまった時は一人でストレスや悩みを抱えず、周りに相談してみてください。

育児・子育ての壁にぶつかってしまった時は一人でストレスや悩みを抱えず、周りに相談してみてください。また、ストレスは話しただけではすっきりできないこともあります。そんな時は施設や周りの人に頼り、しっかり解消することも大切です。パパ・ママの心身の健康は、イコール子供の幸せにもつながります。自分を大切にしながら、明るい気持ちで子育てに向き合うことが大切です。

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ