自転車ヘルメットおすすめランキングTOP17!おしゃれで高性能な商品の選び方

快適に安全に自転車を乗るために、自転車ヘルメットは欠かせません。今はおしゃれなものもたくさん販売されている自転車ヘルメット。性能で自転車ヘルメットを選ぶのもいいですし、デザインがおしゃれな自転車ヘルメットを選ぶのもおすすめです。自転車ヘルメットの選び方やランキング、今はどの自転車ヘルメットが人気なのか、この記事では2018年の自転車ヘルメットのおすすめランキングを紹介します。



目次

  1. 自転車ヘルメットおすすめ人気ランキング2018年最新版
  2. 自転車ヘルメットおすすめランキング2018!第17位~11位
  3. 自転車ヘルメットおすすめランキング2018!第10位~7位
  4. 自転車ヘルメットおすすめランキング2018!第6位~4位
  5. 自転車ヘルメットおすすめランキング2018!第3位~1位
  6. 自転車ヘルメットは義務?努力義務?
  7. 自転車ヘルメットおすすめランキングTOP17!まとめ

自転車ヘルメットおすすめ人気ランキング2018年最新版

自転車ヘルメットは性能で選ぶも良し!デザイン重視でおしゃれするも良し‼

豊富な種類の自転車ヘルメット

自転車ヘルメットの選び方に悩む方に

安全に自転車に乗るためには自転車ヘルメット着用は必須です。自転車ヘルメットを着用しているとしていないとでは、万が一の事故の際の安全面で格段に違います。

自転車ヘルメットの選び方は性能面、あるいは見た目やデザインのファッション性、どちらを重視してもいいです。ただ、いざ自転車ヘルメットを購入しようと思ってもメーカーの種類もたくさんあり、性能や外観も様々なものが販売されていますのでどれを選んだらいいか、選び方に悩む人も多いのではないでしょうか。そんな方のためにこの記事では2018年の自転車ヘルメットのおすすめをランキング形式で紹介していきます。

自転車ヘルメットの選び方!初心者必見‼

選び方のコツは自分のニーズに合ったものを選ぶこと

ヘルメットを着用してサイクリングしている画像

目的別に自転車ヘルメットを選ぶ

自転車ヘルメットの選び方で大事なのは自分のニーズに合った商品を選ぶことです。

 

選び方のコツはまず自分がどんなシチュエーションで使うかはっきり決めてから選ぶことです。

 

 

自転車ヘルメットを着用している男性

通勤通学のためかロードバイク用か

例えば通勤や通学のために利用するのか、趣味のサイクリングのために使用するのか、ロードバイクで本格的に自転車走行をする際に利用するのかなどの選び方です。

黒い自転車ヘルメットの画像

目的を最初に決めれば選び方も楽に

目的を最初に決めれば、ヘルメットの選び方は、目的別に合った自転車ヘルメットが販売されています

目的を決めれば、自分の予算に合った自転車ヘルメットを選べますし、自分の目的にぴったりのものも選べます。まず、用途をはっきりさせることが選び方のポイントになります。

選び方にはサイズや値段も大事

ヘルメットを着用して走る男性の画像

事前に頭のサイズを測るのが大事

自転車ヘルメットの選び方にはサイズ選びも大事です。自転車ヘルメットが大きすぎますと外れやすいですし、逆に小さすぎると圧迫感が強いです。

自転車ヘルメットの画像

サイズを間違えると見た目も悪く

選び方を誤り、大きくてサイズが合わないと、ヘルメットが頭からはみだし、「きのこ頭」になってしまい見た目も悪いです。

メジャーで頭の周径を測れば、自転車ヘルメットはサイズが記載されていますので、自分に合ったサイズを選べます。できれば実際に試着するのが一番いいです。また、自転車ヘルメットは高いものから、比較的安いものまでたくさん発売されていますので、自分の目的に合ったものを予算の中から選ぶことができます。

見て楽しい・かぶって楽しい自転車ヘルメット

自転車ヘルメットを着用してサイクリングする男性

見て、被って楽しい自転車ヘルメット

自転車ヘルメットは見た目がかっこ悪いという理由から着用を敬遠するという人も多いですが、2018年現在、おしゃれなものもたくさん販売されています。

デザイン性が高い自転車ヘルメットは見ても楽しいですし、自転車ヘルメットを被れば楽しい自転車ライフを事故の危険から守り、安全にしてくれます。自転車ライフを快適にしてくれる自転車ヘルメットのおすすめランキングを参考に自分に一番合った自転車ヘルメットを選んでみてください。

自転車ヘルメットおすすめランキング2018!第17位~11位

第17位:[カスク]ヘルメットRAPIDOラピード

このヘルメットについて

カスクのヘルメット「ラピード」

イタリア製メーカーの軽量モデル

サイズ:M(52-58cm)、L(59-62cm)

重量:220g(Mサイズ)、240g(Mサイズ)

価格:9,500円

ランキング17位はイタリア製メーカー「KASK(カスク)」のRAPIDO(ラピード)です。サイズはMとLの2種類。カスクというメーカーは本格的なロードバイク向けのヘルメットを多数販売しているメーカーですが、ランキング17位のこの商品はカスクの商品の中で初心者向けの安価モデルで、1万円を切る価格でリーズナブル商品です。通勤や通学のための自転車ヘルメットを探している人おすすめの商品です。

おすすめポイント

ヘルメット「RAPIDO(ラピード)」の画像

軽量性と通気性に優れたヘルメット

ランキング17位のカジュアル向けヘルメット、カスクのRAPIDO(ラピード)は軽量性と通気性に優れています。

 

内部に24個の通気孔が施されており、夏場でもおすすめです。またヘルメットの内側に衝撃吸収素材を使用していますので、転倒時の本体粉砕を防ぎます。

人気ランキング17位のRAPIDO(ラピード)のおすすめポイントは自転車ヘルメットの世界的メーカーの商品の中で価格が安いというところです。余計な機能はいらず、一流メーカーのヘルメットを安く買いたい方には嬉しいです。カラーは「ライム、ピンク、グレー、レッド、ブラック、ホワイト、ブルー」の7色用意されていますのでファッションに合わせた選び方ができ、カジュアルシーンでも活躍します。

第16位:KARMOR(カーマー)ASMA2(アスマ2)

このヘルメットについて

ヘルメットASMA2

スタイリッシュなデザインのASMA2がランキング16位

サイズ:XS(53-54cm)、S/M(55-58cm)、L(59-60cm)

価格:11,000円

ランキング16位は流線型のスタイリッシュで綺麗なフォルムのデザインが特徴のKARMOR(カーマー)のASMA2です。こちらのヘルメットは初心者向けの自転車ヘルメットとなり、頭の小さい女性や子供にもおすすめです。サイズの小さい人向けにXSサイズが用意されています。

おすすめポイント

自転車ヘルメット「ASMA2」の画像

アジアンフィットなので日本人に最適

人気ランキング16位のヘルメット「ASMA2」は日本人の頭に適した形のアジアンフィットモデルですのでサイズもぴったり合います。

通気穴も多めに設けられていますので、蒸れにくい構造になっています。通学や通勤、普段使いにおすすめのおしゃれなデザインの「ASMA2」はカラーも豊富に用意されていて、 ブラック、ホワイトの他に、ブラック+ピンク、ブラック+レッドなど全部で7色です。女性には上の画像にあるブラック+ピンク、もしくはブラック+レッドがおすすめです。

第15位:OGKKABUTO(オージーケーカブト) ヘルメットMOSTRO-R(モストロR)

このヘルメットについて

ヘルメットMOSTRO-Rの画像

超軽量タイプの本格派自転車ヘルメット

サイズ:、S(55~56)、M(57~58)、L(59-60cm)  

価格:22,000円

2018年の人気おすすめランキング15位は自転車ヘルメットの人気メーカー「オージーケーカブト」のMOSTRO-Rです。重さがサイズSとMは205g、Lは215gと超軽量モデルのですので被っていて違和感がありません。ヘルメットの素材は最新素材である高性能衝撃吸収ライナーを使用していますので、軽いながら衝撃にも強い強度も兼ね備えています。
 

おすすめポイント

軽くて丈夫なヘルメット

軽くて丈夫な自転車ヘルメットのMOSTRO-R

人気ランキング15位のMOSTRO-Rのおすすめポイントは軽くて丈夫、通気性が高いというところです。

耐久性も非常に高い人気ランキング15位のMOSTRO-Rですので、ロードバイクなどのスポーツバイクに乗る際にもおすすめの自転車ヘルメットになります。価格が2万円以上と高額な商品になりますが、自転車ヘルメットとしての性能で欠点と呼べる箇所がほぼない商品です。強度、安全性を考えてスピードの出るスピードバイクを乗る際には大変おすすめの自転車ヘルメットになります。

第14位:catlike(カットライク)CHRONOAEROPLUS(クロノエアロプラス)

このヘルメットについて

CHRONO AERO PLUSの画像

スペイン製のハイクラス自転車ヘルメット

サイズ:MT(55-60cm)

重量:400g

価格:11,548円

catlikeのロゴデザインが特徴的なスペイン製の自転車ヘルメット「CHRONO AERO PLUS」が2018年の人気ランキング14位に入りました。コストパフォーマンスの高さからランキング14位のこの商品。トライアスロンなど激しいスポーツでも使用されている自転車ヘルメットになりますので、ロードバイクなどを乗る際に、最上級の自転車ヘルメットを探している人にも満足できる商品になります。

おすすめポイント

catlikeのヘルメットの画像

本格的な自転車ヘルメットを求める人におすすめ

赤と黒の2色が用意されている、シンプルでおしゃれなデザインのヘルメット。

 

ランキング14位の「CHRONO AERO PLUS」は衝撃にも強く丈夫であり、通気性に優れています。

 

 

プロサイリングチームとの共同開発で速さを求めた、ヘルメットのランキング14位の「CHRONO AERO PLUS」。形状が後ろに長く風の抵抗を受けにくくしていますので、風が強い日でも走りやすいです。初心者から、高性能の自転車ヘルメットを求めている人にも満足できる商品です。

第13位:OGKKABUTO(オージーケーカブト)ZENARD

このヘルメットについて

自転車ヘルメット「ZENARD」の画像

自転車ヘルメットの最高級モデルがランキング13位

サイズ:、XS/S(53cm~56cm)、S/M(55cm~58cm)、L(59cm~60cm)

価格:29,000円

OGKカブトの自転車ヘルメットの中でも最高級に位置するこの商品が2018年のおすすめランキング13位です。自転車ヘルメットとしての機能はもちろん、デザインもおしゃれな商品です。アジャスターは新型のアジャスターが搭載されていて、細かい調整が可能ですのでフィッティング面も言うことがないです。デザイン、機能も最高の自転車ヘルメットですので、予算が許すならランキング13位のこの商品がおすすめです。

おすすめポイント

OGK(ZENARD)の画像

フィッティングも通気性も抜群のヘルメット

デザインがおしゃれでフィッティングも最高のおすすめランキング13位のこの商品は、通気性も抜群のヘルメットです。

通気性をよくするために空気を取り入れる面積が、従来のものより広くとられている新デザインですので、ヘルメットの内部に熱がこもりにくいです。また入ってきた空気を逃さないよう、ヘルメット内部に新型プレートが取り付けられていますので、常に風通しが保たれます。また季節や場所に合わせて、ヘルメットのインナーを「ノーマル」「虫よけ」「防寒」と3種類交換できる最上級のヘルメットとなっています。

第12位:IZUMIYA自転車ヘルメット

このヘルメットについて

IZUMIYA自転車ヘルメットの画像

ランキング12位はコスパに優れた低価格のヘルメット

サイズ:M/L:54-62cm

重量:200g

価格:2,930円

 

余計な機能はいらないので自転車ヘルメットとしての性能を満たせばいいという人には人気ランキング12位のこちらの自転車ヘルメットがおすすめです。価格は2,930円とリーズナブルですが、自転車ヘルメットとして必要十分な条件を満たした商品になります。サイズは1つしか用意されていませんが、調節可能なアジャスターダイヤルで頭の小さい人から大きい人まで使用できます。

おすすめポイント

アジャスターでサイズの調整が可能

安くて良い自転車ヘルメットを探している方におすすめ

ランキング12位のこの商品のおすすめポイントはなんといっても価格の安さです。

 

2,930円と当ランキングで紹介する自転車ヘルメットの中でも一番安い商品です。

ランキング12位のこの自転車ヘルメットは超軽量サイズで、流線型のデザインもおしゃれです。自転車を乗る際の頭を守るといった機能はばっちりですので、学生のかたの通学用、社会人のかたの通勤用の自転車ヘルメットとしてもおすすめの商品です。色は全部で10種類用意されていますので、好きなカラーを選択できます。

第11位:OGKKABUTO(オージーケーカブト)ヘルメットFM-8

このヘルメットについて

ヘルメットFM-8の画像

OGKのミドルクラスモデルがランキング11位

サイズ:M/L:57cm~60cm

重量:280g

価格:8,500円

おすすめランキング11位は「OGKKABUTO」のミドルクラスの商品である、FM-8です。価格も8,500円とお求めやすいです。クロスバイクやMTBにもおすすめの商品で、上の商品画像を見ていただくと分かりますが、後頭部をしっかりガードしてくれるデザインになっています。頭を包み込むようなデザイン設計になっていますのでより自転車ヘルメットとしての安心感が増します。

おすすめポイント

ランキング11位の「OGK」のFM-8は自転車ヘルメットの中でもカジュアルな服に合わせやすいのがおすすめです。自転車ヘルメットとしての性能は完全に満たした上に、デザインがシンプルですので、普段使いにも最適なデザインの商品です。

サイズは1種類ですが、きめ細かいアジャスターで頭の小さい方から大きな方までフィットする作りになっています。ヘルメットのカラーも「マットオレンジ、マットブラック、パールホワイト、ブラック」の4種類用意されていますので、ご自身のファッションに合わせたものが選べます。

自転車ヘルメットおすすめランキング2018!第10位~7位

第10位:GIRO(ジロ)Foray

このヘルメットについて

GIRO(Foray)の画像

デザインもかっこいいGIROの初心者向けヘルメット

サイズ:M(55-59cm)、L(59-63cm)

重量:262g 

価格:9,800円

2018年の自転車ヘルメットおすすめランキング10位は多くのヘルメットを販売しているアメリカの人気メーカー「GIRO」のForayです。ヘルメットのフォルムがきれいで、デザインもおしゃれでかっこいい商品です。価格もお手頃で、初心者向けのヘルメットでありながら、自転車ヘルメットの世界的メーカーだけあってデザインも性能も妥協していません。

おすすめポイント

ヘルメット「Foray」の画像

GIROのトップモデルをベースにした初心者向け商品

人気ランキング10位のForayはデザインがおしゃれなだけでなくフィット感も抜群の自転車ヘルメットです。

ヘルメットに風を通すための通気穴が21個付いていますので、蒸れにくい構造になっています。人気ランキング10位のこの商品は「JCFの公認」なので、自転車の国内公式レースでも使用可能なほど丈夫でもあり安全性も高いです。なるべく安い価格でハイパフォーマンスのGIROの自転車ヘルメットが欲しい人におすすめの商品になります。

第9位:LAZER(レイザー)Z1

このヘルメットについて

レイザーZ1の画像

超軽量ヘルメットのトップモデル

サイズ:S(52~56cm)M(55~59cm)L(58~61cm)

重量:190g(S) 

価格:2万2000円

自転車ヘルメットメーカーの老舗であるLAZER(レイザー)のZ1が2018年の人気ランキング9位です。ベルギーはロードレスの本場ですのでLAZERの自転車ヘルメットは性能が高いものばかりですが、こちらの商品はその中でも高い性能とデザイン性が魅力です。ヘルメットの頭頂部にサイズを調整するダイヤルが付いていて、簡単に自分のぴったりのサイズに調整できますのでフィット感も素晴らしいです。

おすすめポイント

LAZERのZ1の画像

とにかく軽くて被りやすいヘルメット

おすすめ人気ランキング9位のこのヘルメットは重量がSサイズでわずか190gと自転車ヘルメットの中でも非常に軽い商品です。

 

「LAZER」の中でも最軽量のタイプになります。

軽いうえにフィット性も抜群で、通気性にも優れています。デザインの改良を重ね、通気性もよく、空気の抵抗も受けにくいデザインとなっています。価格が2万2000円と少し高いですので、初心者よりもハイエンドユーザー向けですが、自転車ヘルメットの性能に一切の妥協をしたくないという方にはおすすめの商品ということでおすすめランキング9位になりました。

第8位:BELL(ベル)DraftAsianfit(ドラフトアジアンフィット)

このヘルメットについて

ヘルメット「DraftAsianfit」の画像

アジア人向けに設計された「BELL」のヘルメットが人気ランキング8位

サイズ: 54cm~61cm

重量:283g

価格:7,200円

 

 

 

「BELL」はアメリカのトップ「自転車ヘルメットブランド」で日本人にもファンが多いです。そのBELLのアジア人向けヘルメットがDraft Af(ドラフトアジアンフィット)になります。サイズをアメリカ人向けよりも小さくしていますので日本人の頭にも合います。ランキング8位のこの商品は価格は7,200円と買い求めやすく、余計なものを省いたデザインもシンプルですので、普段使いにも最適です。

おすすめポイント

DraftAsianfiは全部で5種類

これからサイクリングを始めようという方にもおすすめのヘルメット

安価でありながら、デザインや質も高くコストパフォーマンスが優れているベルのアジアンフィット。

 

商品の写真にあるように、通気をよくするための穴も大きく設けられていますので、通気性も抜群です。

 

 

デザインもシンプルでおしゃれなこの自転車ヘルメットはカラーは5色用意されていますので、自分好みの色が選べます。近所の買い物からサイクリングまで、どんなシチュエーションにも合いますが、価格もそこまで高くない商品ですので、趣味でこれからサイクリングを初めてみようと考えている方は人気ランキングのこの商品はおすすめです。

第7位:メット(リヴァーレ)HES

このヘルメットについて

メット(リヴァーレ)HESの画像

コスパがよくデザインもおしゃれなヘルメット

サイズ:M(54-58cm)、L(59-62cm)

重量:230g(M)、250g(L)

価格:12,830円

 

 

おすすめランキング7位はイタリアのヘルメットブランド「MET(メット)」の「リヴァーレHES」です。この商品はツール・ド・フランスでワールドチームも使用している、プロ仕様の本格的自転車ヘルメットになります。レースでも使用される性能が高い自転車ヘルメットでありながら、12,830円とそこまで高くなく、コストパフォーマンスに優れた商品です。

おすすめポイント

ヘルメット「リヴァーレHES」の画像

エアロヘルメットでありながら軽量のヘルメット

レースでも使用されている「リヴァーレHES」は空気抵抗を抑える「エアロヘルメット」というデザインです。

 

 

 

 

自転車のスピードでいいタイムを出すために、使われる「エアロヘルメット」。重くて暑いといったイメージがありますが、この商品はMサイズが230gと軽量で、背面に大きい通気口がありますので風も通りやすい設計です。レースに参加してみるといった、本格的な性能を持つ自転車ヘルメットを探している人にはコスパに優れたおすすめランキング7位のこの商品をおすすめします。

自転車ヘルメットおすすめランキング2018!第6位~4位

第6位:カスクヘルメット(PROTONE)プロトーネ

このヘルメットについて

ヘルメット(PROTONE)の画像

プロのロードレースチームも採用する本格派ヘルメット

サイズ:M(55-58 cm)、L(59-62cm)

重量:280g

価格:30,000円

 

 

イタリア製の「カスク」のヘルメットの中でも、ロードバイク用ヘルメットの最高峰に位置するのがおすすめランキング6位のこの商品になります。ツールドフランスで何度も優勝しているチームがこのヘルメットを採用していル上位モデルですので、機能面も通気性も抜群です。人間工学を基に作られていますので、どのような頭にもフィットしてフィッティングも被り心地も最高のヘルメットです。

おすすめポイント

ヘルメット「プロトーネ」の画像

デザインもおしゃれなヘルメット

おすすめランキング6位のプロトーネはフィット感や軽さ、頑丈さなど性能面では言うことなしですが、デザインもおしゃれなヘルメットです。

 

ロードレースで使用されるだけあってあらゆる状況でも快適なヘルメットですが、デザインが好きで選ぶ人も多いです。

シンプルなデザインとKASKのロゴマークが入った「プロトーネ」はカラーも豊富に用意されていますので、自身のロードバイクに合わせて選べます。価格は30000円ですが、Z-Alphaトップのプロも使っている自転車ヘルメットですので、高くてもロードバイク用の最高峰の自転車ヘルメットが欲しいという人におすすめの商品です。

第5位:rh+(アールエイチプラス) Z-Alpha(アルファ)

このヘルメットについて

自転車ヘルメット( Z-Alpha)の画像

レースでも使われる上級者向けヘルメット

サイズ:XS/M (54-58)

重量:265g(XS/M)

価格:22,680円

 

 

2018年のおすすめランキング5位はイタリアのブランド「rh+」のZ-Alphaです。ツールドフランスでも使用されている「rh+」の本格的エアロヘルメットになります。アジアンフィットになっていますので日本人の頭似合ったデザインになっていて、フィッティングも優れています。レースでも使用されるだけあって性能面も必要な機能を満たしていますが、価格は22,680円と本格的なヘルメットとしては抑えめです。

おすすめポイント

「rh+」Z-Alphaの画像

安価な高性能エアロヘルメット

おすすめランキング4位のZ-Alpha(ゼットアルファー)はアールエイチプラス独自の設計により、軽量性と耐久性を両立させています。

 

 

通気性も良く、ヘルメット前方に脱着可能なカバーがあり、暑い日は外して、寒い日は着けてとオールシーズン快適に着用できます。フィッティングも進化したアジャスターが採用されていますので細かい調整が可能になります。初心者向けというよりは、ロードバイク用のヘルメットになりますが30,000円を越えるエアロヘルメットが多い中、おすすめランキング4位のこの商品は22,680円と価格も良心的です。

第4位:GIRO(ジロ)アスペクトサイクリングヘルメット

このヘルメットについて

GIRO「アスペクト」の画像

GIROのおしゃれなデザインのヘルメットがランキング4位

サイズ:S(51-55cm), M(55-59cm), L(59-63cm)

重量: 278g(M サイズ)

価格:22,800円

2018年おすすめランキング4位はアメリカメーカー「GIRO」のアスペクトです。通気のための穴が巧みに設計されていますので、ヘルメット内部に多くの空気を送り込むことができ、暑いときでも蒸れにくくなっています。ヘルメットがずれやすい、後頭部にダイヤルが付けてありのフィット感を充実させてくれます。

おすすめポイント

「GIRO」のアスペクトの画像

街乗りにもおすすめのデザイン

自転車ヘルメットとして確かな安全性能を満たしている「GIRO」のアスペクトですが、デザインもおしゃれで街乗りでも違和感がないです。

おすすめランキング4位のこの商品は自転車ヘルメットとしては珍しく「ツバ」がついています。また自転車ヘルメットは流線型のデザインがほとんどですが、こちらの商品は丸みを帯びたフォルムでカジュアル感もあります。メーカーのロゴも小さく、デザインもシンプルですので、普段乗りや通勤用や通学用としてもおすすめの自転車ヘルメットになります。

自転車ヘルメットおすすめランキング2018!第3位~1位

第3位:OGKKABUTO(オージーケーカブト) ヘルメットREZZA

このヘルメットについて

ヘルメットREZZAの画像

本格派モデルで驚きの安さ

サイズ:M/L (57cm~60cm)、XL/XXL (60cm~64cm)

重量:235g(M/L)、260g(XL/XXL)

価格:8,700円

2018年のおすすめランキング3位はOGKKABUTOのREZZAです。ロードバイクでもマウンテンバイクでもマルチに使える本格派モデルでありながら、8,700円という安さということでおすすめランキング3位となっています。日本のメーカー「OGK」なので日本人の頭にぴったりと合うのもうれしいポイントです。

おすすめポイント

OGK「REZZA」の画像

JCF公認の安全性

初心者向け自転車ヘルメットでありながらJCF公認を受けているランキング3位のOGKKABUTOのREZZA(レッツァ)。衝撃に耐える性能も高いです。

虫除けネットが付いていますので、通気口から虫が侵入するのも防いでくれますし、着脱可能なフロントバイザーも付いています。JCF公認ということで、レースでも使用できるREZZA(レッツァ)。現在発売されている、本格的な自転車ヘルメットの中でも一番安いといえる商品になり、コストパフォーマンスがとても優れた商品になります。

デザインもおしゃれなヘルメット

全6色のOGKのREZZA

カラーも豊富なヘルメット

カラーはパールホワイト、ブラック、マットブラック、G-1マットシルバー、G-1マットブルー、G-1マットレッドの全6色です。

おすすめランキング3位のヘルメット「REZZA」は色も豊富なのでファッションに合わせて選ぶことができます。デザインもシンプルでスタイリッシュですので、サイクルウェアを着てロードバイクを乗る時だけでなく、マウンテンバイクに乗る時や、普段乗りのカジュアルな普段着にも似合う自転車ヘルメットです。

軽量でフィット感もいいヘルメット

REZZAは作りがしっかりしていて、重量は233gと軽めです。軽量な上に、アジアンフィットですので装着感はいいのですが、さらに上下に3段階調節ができる新アジャスターが採用されていますので、フィット感も非常に高い自転車ヘルメットです。コスパの高いREZZAがランキング3位となりました。

第2位:LAZER(レーザー)ヘルメットBladeAF

このヘルメットについて

ヘルメット「BladeAF」の画像

ランキング2位はLAZERのアジアンフィットモデル

サイズ:S(52~56cm)、M (55~59cm) 、 L (58~61cm)

重量:225g(S)

価格:10,800 円

 

2018年の自転車ヘルメットおすすめ人気ランキング2位はベルギーの世界最古の自動車メーカーであるLAZER(レーザー)のBladeAFです。海外メーカーでありながら、日本人の頭の形を考えて作られた「アジアンフィット」ですので被り心地もいい商品でおすすめです。価格も10,800円とお手頃な価格になっています。

おすすめポイント

ヘルメット「BladeAF」の画像

頭部にあるアジャスタでさらにフィト感が向上

LAZERの自転車ヘルメットには、頭頂部に「ロールシスシステムダイアル」とが設置されています。

ダイアルを回すことで、シェルの内側に設置されているワイヤーが締まり、頭全体を包んでくれます。緩めたい場合は反対側にダイアルを回せばよく、無段階に調整できますので、ヘルメットのフィット感をさらに高めることができます。

オプションも充実している自転車ヘルメット

LAZERのBladeAFの画像

オプションでライトや心拍計も購入可能

LAZERのBladeAFは重量もSサイズで225gと軽いので疲れません。

また、オプションで専用テールライトが付けることができますので、ライトを装着すれば夜間の運転で安全性がさらに高まります。さらに心拍計もオプションで購入でき、ヘルメット内部の前側に貼り付けることによりおでこに密着して、簡単に心拍数を測ることもできますのでおすすめです。

通気性もデザイン性も備えたヘルメット

LAZERのBladeAFは通気孔が22個と通気性にも優れた自転車ヘルメットです。デザインもおしゃれでかっこよくカラーも「マットブラック、レッドブラック、ホワイト、マットチタニウム、マットブルー」と5色用意されていますので、自分の好みの色が選べます。海外製で、被り心地のいいヘルメットを探している方は、価格もそれほど高くなく、日本人向けのアジアンフィットモデルのこのヘルメットがおすすめの商品です。

第1位:OGKKABUTO(オージーケーカブト) ヘルメットFIGO

このヘルメットについて

ヘルメットFIGOの画像

初心者向けで一番おすすめのヘルメット

サイズ:M/L(57cm~60cm)

重量:260g

価格:6,800円

自転車ヘルメットの2018年おすすめランキング1位はOGKKABUTO(オージーケーカブト)のFIGOです。レースでも使用することができるJCF公認モデルですので、性能面も高いです。価格も安く初心者向けの自転車ヘルメットでもあり、OGKの自転車ヘルメットの中でも初めて自転車ヘルメットを使うという人におすすめの商品となります。

おすすめポイント

ヘルメット「FIGO」の特徴

コストパフォーマンスが高いオージーケーカブトのヘルメット

ランキング1位のFIGOは何と言ってもコストパフォーマンスが高いのが魅力です。

 

国内メーカー「OGKカブト」の自転車ヘルメットの中でも特にお得な自転車ヘルメットになります。

 

「OGKカブト」の自転車ヘルメットは、日本人の頭に合わせて作られていますので、被り心地がいいことで知られていますが、初心者向けのFIGOも例外ではなく装着感は高いです。

自転車ヘルメットランキング1位のこの商品は、形状が日本人の頭に合っているだけではなく、アジャスターシステムを優れています。アジャスターがヘルメットを横にも縦にも調整してくれるので、ヘルメットが頭からズレるのを防いでくれます。

デザインもおしゃれなヘルメット

ヘルメットFIGOの画像

虫除け用のネットとインナーパッドも標準整備されているランキング1位のFIGO。FIGOはデザインもおしゃれです。

 

カラーは全部で「ブラック、ホワイト、マットブラック、レッド、ブルー」の5種類用意されていますので自分のファッションやシーンに合わせて選ぶことができます。

 
例えば通勤や通学用なら、合わせやすいブラックやホワイトがおすすめで、サイクルウェアを着用して使用する場合はレッドやブルーもおすすめになります。

自転車ヘルメットを初めて買う人におすすめの商品

価格が安く、軽量で、日本製のメーカーなので、日本人の頭に合い、フィット感がいい自転車ヘルメットのOGKのFIGO。自転車ヘルメットを初めて購入するという初心者の方で、どの自転車ヘルメットがいいのか選び方に悩んだ方は、ランキング1位のこの商品がおすすめになります。

自転車ヘルメットは義務?努力義務?

自転車ヘルメットの重要性

女の子

13歳未満の子供はヘルメット着用が努力義務

現在、13歳未満の子供は自転車を乗る時には自転車ヘルメットを着用の努力義務が道路交通法により課せられています。

子供とは違って、大人には自転車ヘルメット着用は義務付けられてはいません。しかし、転倒した場合や事故などの場合に頭を守ってくれる自転車ヘルメットがないと大変危険です。

自転車に乗っている女性

自転車マナーとしてヘルメット着用を

自転車を乗っていて事故はいつ起こるか分かりませんが、自転車ヘルメットを着用していれば安心です。

万が一の事故の時、自転車ヘルメットが犠牲になり、人の頭を衝撃から守ってくれます。警視庁も自転車のマナーアップのために自転車ヘルメット着用を推奨しています。自転車に乗る時は必ず自転車ヘルメットを着用するようにしましょう。

通勤おすすめ自転車ランキングTOP20!選び方や男性向けのブランドは? | ランキングまとめメディア

自転車ヘルメットおすすめランキングTOP17!まとめ

自転車ヘルメット着用で街を疾走する男性

自転車ヘルメットランキングのまとめ

2018年の自転車ヘルメットのおすすめランキングや選び方を紹介してきました。紹介してきましたように、自転車ヘルメットには安いものから高いものまであります。

機能も商品によって様々ですが、選び方は通勤通学用ならスピードを妨げない機能のようなものは高いものは必要ないですし、レース用ならスピードを上げるため、エアロヘルメットのような高いものがおすすめになります。また、普段自転車に乗る時も安全面から自転車ヘルメットは必ず着用するようにしたいです。自分の用途に合った自転車ヘルメットを選び、楽しい自転車ライフを送りましょう。

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ