エナジードリンクの15の危険性・副作用!おすすめ品21商品も紹介

さまざまなおすすめランキングの中でも注目されることの多い「エナジードリンク」は、本当に身体に副作用や危険性はないのでしょうか。おすすめのランキングを紹介するとともに、エナジードリンクの種類やブランド、そして含まれる成分の効果やカフェイン、そして容量についてまとめました。コンビニでもおいしいと評判のエナジードリンクですが、その人気ランキングとともに危険性の噂や副作用についても注目しましょう。

目次

  1. エナジードリンクの危険性や副作用&ランキングでおすすめ紹介
  2. エナジードリンクのおすすめ品ランキング21位~11位
  3. エナジードリンクのおすすめ品ランキング10位~7位
  4. エナジードリンクのおすすめ品ランキング6位~4位
  5. エナジードリンクのおすすめ品ランキング3位~1位
  6. エナジードリンクと栄養ドリンクの違いや見分け方とは?
  7. エナジードリンクの危険性や副作用&おすすめランキングまとめ

エナジードリンクの危険性や副作用&ランキングでおすすめ紹介

コンビニなどで人気!ブランド・種類・効果・容量などを紹介

エナジードリンクうまい

ちょうど良い容量でおいしい

近年は忙しい社会環境に合わせてエナジードリンクがとても人気です。

そのためエナジードリンクは人気の飲み物ランキングの上位になることも増えています。また、同時にエナジードリンクに関するランキングもたくさん存在しており、それだけ注目されている商品であることがわかります。

いろんなエナジードリンク

いろんなブランドが生み出されている

エナジードリンクはさまざまなブランドが登場しています。おいしいものからカフェインの容量や含まれる成分による効果の違いも魅力です。

そんなエナジードリンクの人気おすすめランキングを紹介すると同時に、エナジードリンクにまつわる危険性や副作用の噂について紹介します。エナジードリンクはおいしいという大きな魅力はありますが、やはり飲み過ぎには注意が必要かもしれません。

カラフル

ジュースとは同じではない

見た目はジュースのようですが、その成分から飲み過ぎには注意が必要です。

人気おすすめランキングでも注目されるエナジードリンクですが、ランキングで人気でおいしいからと言ってジュースのように飲みすぎてはいけないようです。その理由はランキングに含まれるエナジードリンクの多くの成分にはカフェインを始めとして、その効果に頼りすぎてはいけない部分があるようです。

エナジードリンクの15の危険性と副作用!カフェインや成分など

いろいろな問題点

エナジードリンクの15の危険性と副作用

実はエナジードリンクには15の危険性と副作用が問題視されているようです。

例えば、一般的に栄養ドリンクというものは、一日にたくさん飲んではいけないというイメージがあるかもしれません。また、その容量も少なめになっているため、一度に飲める容量は限られているといえます。ところが、エナジードリンクに関しては容量が多いタイプのものも販売されているだけに、一日に飲みすぎる場合があるようです。

栄養ドリンクとエナジードリンク

栄養ドリンクとエナジードリンク

そもそも「栄養ドリンク」と「エナジードリンク」は違うものなのでしょうか。

栄養ドリンクの場合は「医薬部外品」で、エナジードリンクの場合は「清涼飲料水」に分類されます。そのため栄養ドリンクとエナジードリンクでは含まれいる成分や効果も変わってきます。「滋養強壮」や「栄養補給」という表記は栄養ドリンクではないと表示できません。

モンエナ

カフェインが基本

そのためエナジードリンクの場合は、カフェインやアミノ酸の種類、ビタミンの種類などが違うというのが特徴です。

エナジードリンクは基本的には「炭酸飲料」にあたるので、コカコーラなどと同じともいえます。また、医薬部外品の栄養ドリンクのような効能表示というものは出来ません。そういった意味ではレッドブルのような「翼をさずける」という表現になるのかもしれません。

1.カフェインの危険性と副作用

カフェイン

カフェインの危険性を意識

エナジードリンクの効果の多くはカフェインの効能に頼っています。

カフェインというとコーヒーに含まれているイメージが強いかもしれません。しかし、カフェインの服用量が多くなりすぎることは危険だと言われています。その副作用には眠気などを覚ましてくれる効果がありますが、カフェインが消費されると一気に疲労感が来るという副作用が危険視されています。

2.糖分の危険性

糖分

糖尿病の危険性も

エナジードリンクのあのケミカルな味はやみつきになります。しかし、かなりの糖分が含まれているという危険性があります。

エナジードリンクを飲んだ人の中には、あの甘ったるい味が苦手という人もいます。実際にエナジードリンクには多くの糖分が含まれていることから、糖尿病のリスクの危険性が問題視されています。急激に血糖値が上昇することも副作用として必ずしも良いものではありません。

成分表

成分表を一度はチェックしよう

エナジードリンクの成分表は一度は目を通すことをおすすめします。糖質やカロリーに驚くかもしれません。

エナジードリンクは個性的なパッケージも大事ですが、自分が普段から飲んでいるエナジードリンクの成分表を一度は見るようにしましょう。糖質の多さやカロリーの高さは忘れがちなので、毎日飲んでいると元気はもらえるかもしれませんが、健康的とはいえない部分も忘れないことが大事です。

3.中毒性の危険性と副作用

カフェイン中毒

一度飲むとやめられない?

そのおいしい味から一度はまってしまうとなかなかやめられないという危険性もあります。これはカフェインによる副作用とも言われています。

カフェイン中毒の危険性や副作用も問題視されています。エナジードリンクだけでなく、朝の一杯のコーヒーがやめられないという人もいますが、そういった人もコーヒー中毒やカフェイン中毒の危険性があります。エナジードリンク一本程度では大丈夫ですが、短時間に何本も飲むような方法はとても危険で副作用のリスクがあります。

4.日本製と海外製の違いが危険

海外製

成分が違う

日本のエナジードリンクと同じ名前であっても、海外で販売されているものは成分やカフェインの含有量が違うので危険です。

日本だけでなく世界中でエナジードリンクはおいしいと大人気です。しかし、同じブランドの種類であっても日本と海外のエナジードリンクのものでは、その成分やカフェインの含有量が異なるので注意です。日本の場合はカフェインはかなり少なめにされていますが、海外のものでは死亡例があるほど危険性と副作用が心配されています。

5.飲み過ぎの副作用はカロリーも

飲み過ぎ注意

飲み物のカロリー

エナジードリンクはカフェインや糖分の副作用だけでなく、カロリーが高めになっています。

エナジードリンクの単純な危険性として、ジュースであることを忘れずにカロリーに注意しましょう。特にエナジードリンクを飲む人にデスクワークの人が多いようで、運動不足と合わさって肥満の危険性につながります。副作用とまではいえませんがカロリーに気をつけましょう。

6.集中力散漫の危険性

集中力散漫

アルコールと同じぐらいの気持ちで

大量の砂糖とカフェインの副作用には、集中力散漫になる可能性があります。

エナジードリンクはアルコールと同じぐらいの気持ちで飲むのがおすすめです。ランキングの中でも様々なエナジードリンクをおすすめしていますが、集中力散漫が必要になる車の運転の場合において、エナジードリンクはあまりおすすめ出来ません。

7.自律神経への影響

のみすぎはだめ

精神的に安定しにくい

カフェインの副作用には、交感神経を刺激するというものがあります。大量のカフェインは自律神経の乱れにつながります。

エナジードリンク一本ぐらいでは大丈夫ですが、大量のカフェインは自律神経を刺激しすぎて自律神経の乱れにつながる副作用の可能性があります。精神的に不安定になりやすい人は、エナジードリンクはあまりおすすめできないです。

8.アルコールが回りやすい

お酒とは危険

お酒と合わせる危険性

居酒屋などでもおすすめされることがあるお酒とエナジードリンクのセットは、注意が必要です。

美味しい飲み方のランキングでも注目される、エナジードリンクとお酒を混ぜたものですが、身体にアルコールの摂取を高めやすくする危険があります。アルコールが回りやすくなるという危険性を理解した上で呑むことををおすすめします。

お酒とはきけん

飲みやすいとはいえ1杯程度が理想

お酒と混ぜて飲むことは、とても飲みやすい味わいになりやすいです。ただし、そういった飲み方は1杯程度がおすすめです。

エナジードリンクには柑橘系のものが多かったり、炭酸が強いものなど、カクテルと合わせる飲み方も流行っています。しかし、ついついアルコール度数が高いお酒と合わせてしまうというパターンもあるだけに、味はジュースのようなのにアルコール度数は高いという危険があります。パーティーのように盛り上がるような場所では控えるほうが良いといえます。

9.肝臓への危険性や副作用

肝臓

飲みすぎると危険かも

エナジードリンクには肝臓への副作用や危険性もあると言われています。肝臓が弱い人は避けるほうが危険を回避出来ます。

肝臓への危険性や副作用もあると言われています。しかし、日本のエナジードリンクで肝臓への危険性や副作用というのは、よほど飲みすぎていないと危険ではないようです。肝臓への危険があるほど飲んでいる場合は、すでに他の部分への危険や副作用の問題が発生している可能性が高いかもしれません。

10.妊娠中は危険や副作用は?

赤ちゃん大事

危険性や副作用のリスクは考えるべき

妊娠中や授乳中は赤ちゃんへの副作用を考えて、エナジードリンクは避けるほうが良いです。

危険性や副作用に関する研究もまだはっきりと分かっていないだけに、あえて危険なリスクを背負う必要はありません。カフェインは母体を通してお腹の中の赤ちゃんに危険な副作用のリスクがあるといえます。妊娠中にリスクのある行動は極力避けることが大事です。

11.子どもに飲ませすぎるのも危険

子どもにも避けよう

子どもにも気をつけよう

エナジードリンクを子どもに飲ませすぎるのも危険です。できれば飲ませないのがベストといえます。

カフェイン中毒になる危険性があり、成長期にある子どもがカフェインを摂取することがクセになるのは避けるべきです。子どもにとってカフェインをたくさん摂取するのが必要という状況は少ないですし、夜更かしの原因にもなります。

議論になるほど

海外では年齢制限も

海外ではエナジードリンクの購入はアルコールと同様に年齢制限の必要性が議論されています。

ドイツなどではエナジードリンクの購入に年齢制限を設置するべきかという議論が行われています。また、イギリスでは一部のお店で16歳以下に対しての販売が禁止されています。成分の違いがあるとはいえ、日本でも子どもにあえて進めていい商品とはいえないかもしれません。

12.低糖質への危険

低糖質危険

低糖質は危険

低糖質の場合は、口が常に乾いたような状態、手が震えるなどの危険な状態になる場合があります。

大量に糖を摂取すると、血中のブドウ糖が足りない状態になります。その状態は低糖質状態であり、倦怠感や疲労感の危険性も出てきます。エナジードリンクを常に飲むような常用は、副作用の危険性を考えましょう。

13.コーヒーとの併用は危険

カフェイン中毒になってる?

カフェインだらけ

普段からコーヒーもエナジードリンクも飲むという人は、自分がカフェインだらけの生活になっていることを自覚しましょう。

コーヒーよりもエナジードリンクのほうがカフェインが多いという危険性もありますが、そもそもコーヒーもカフェインが多いです。どちらも愛用しているという人は、休日等はどちらも飲まないようにするなど、休肝日のようなものを設定することをおすすめします。

14.心臓に持病がある人は飲まない

エナジー

特に心臓への負担が心配

エナジードリンクは特に心臓への影響を調査する結果も出ているようです。

ネットでは「魔剤」とも言われるエナジードリンクですが、無理やり身体を刺激しているという自覚を持ちましょう。特に心臓に持病がある人は、医師に飲んでも問題が無いかなどを相談することが大事です。

15.値段もピンキリ

高い

割高な飲み物

エナジードリンクは普通の清涼飲料水と比べると割高とも言える飲み物です。買いすぎはお財布への副作用も考えましょう。

エナジードリンクの多くが200円以上するものが多いです。ランキングの中でもそういった価格のものがランキングで登場します。普通のジュースと比べると二倍ほどの価格ということはお財布への副作用もあるといえます。

おいしい商品もあり飲みすぎには注意!

おいしいよ

毎日飲むのは危険といえる

ランキングでもおいしいエナジードリンクがたくさん出てきます。しかし、おいしいからと飲み過ぎはやめましょう。

このような危険性や副作用が指摘されているエナジードリンクは、おいしいものがランキングでもたくさんありますが、飲み過ぎは注意しましょう。そのことを踏まえてランキングで紹介するおいしいエナジードリンクを楽しんでみましょう。

エナジードリンクのおすすめ品ランキング21位~11位

21位:ドンキホーテ「ブラックアウトゴッド」

カフェインが多すぎるのが危険かも

ゴッド

まさに危険

価格:156円

容量:250ml

ドンキホーテのオリジナルエナジードリンクです。ランキングの最下位の理由は日本で最も効くエナジードリンクだけに、カフェインの量が多すぎることです。どうやら100ml中に64mgとなっているので、単純に飲み過ぎは危険です。そのことを理解して飲むことをランキングでおすすめします。

20位:BINTANGTOEDJOE「EXTRAJOSS」

ランキングでも珍しい粉末タイプ

粉末

まさかの粉末タイプ

価格:250円

容量:4g×6

ランキングでも非常に珍しい粉末タイプのエナジードリンクです。ランキングの中でも粉末タイプは限られていますが、インドネシアやフィリピンで人気のある粉末タイプのエナジードリンクです。あくまで粉末タイプというだけなので、危険な薬というわけではないので安心してください。

19位:株式会社ボンサイジャパン「スルタンコーラブラックシード」

コカコーラに近い味

オーストラリア

オーストラリア発

価格:250円

容量:250ml

こちらもランキングで珍しいオーストラリア発のエナジードリンクです。ランキングの中でもオーストラリアのものは数が無いですが、ブラックシードを配合したコカコーラに近い味がするエナジードリンクです。中東などで同じようなランキングをすればベスト5に入るほどのおいしいと有名なブランドのものです。

18位:アンタレスコーポレーション「SHARK」

実はブランドのシェアは高い

オーストラリア

オーストラリアで人気

価格:158円

容量:250ml

こちらはオーストラリアで有名なブランドのものです。ランキングの中では珍しいかもしれませんが、エナジードリンクの分野では世界2位のシェアを誇るエナジードリンクです。ランキングの中では知っている人は知っているブランドの製品だといえます。コストコなどで手に入れやすいようです。

17位:大正製薬「RAIZIN/Purplrwing」

パイン風味が爽やかでおいしい

パープル

トロピカルな味わい

価格:190円

容量:250ml

ブランドの種類としては日本のランキングでも有名です。見た目はぶどうっぽいですが、味はトロピカルフレーバーになっています。そのため、パインっぽい味わいが好きな人にランキングで人気です。RAIZINの味はかなり好みがわかるという声もあるので、ランキングの中でも位置づけが難しい種類です。

16位:サンガリア「ミラクルエナジーV」」

安さでランキングでも話題に

安い

価格の安さで話題に

価格:77円

容量:250ml

かなり大掛かりなセールが行われて最安値が77円でランキングでも話題になったエナジードリンクです。ブランドの種類がサンガリアということもあり、さすがといえるブランドの種類です。ランキングの中で最安値クラスですが、カフェインが少ない以外は普通のエナジードリンクです。

15位:富永貿易「神戸居留地ガツンゴールド」

リアルゴールドよりカフェインが多い

リアルゴールドですよね

他の種類とかなり酷似

価格:57円

容量:185ml

見た目は明らかに「リアルゴールド」ですが、こちらのほうがエナジードリンクとしての効果は期待できる成分です。リアルゴールドがノンカフェインに対して、こちらは37mgのカフェインが成分に入っているので効果が期待できます。神戸居留地シリーズの飲み物はおいしいとランキングで味の評価も高いです。

14位:エーザイ「joma」

美容効果も期待できる

美容効果あり

ランキングでも美容向け

価格:190円

容量:190ml

「ハッピーの呪文をかけましょう」というキャッチコピーのエナジードリンクです。エーザイは美容系のブランドの種類として人気ですが、美容効果が期待できる成分がランキングで注目です。「チョコラBB」にも含まれるビタミンB群をはじめ、アルギニンや高麗人参エキスが成分として効果が高いです。

13位:株式会社エビデンスラボ「バッテリー」

眠気効果が期待できる成分入り

乾電池

乾電池のような見た目

価格:205円

容量:250ml

フィンランド発のエナジードリンクです。ランキングの中でもシックなデザインがかっこいいです。フィンランドには白夜がある関係から、眠気対策としてもランキングで注目されているそうです。乾電池のようなデザインが印象的でランキングで眠気対策におすすめといえますが、実はカフェイン自体は少なめです。

12位:レッドブル・ジャパン「レッドブル/シュガーフリー」

甘みが苦手な人に人気

シュガーフリー

糖分を抑えた

価格:205円

容量:250ml

大人気ブランドの種類だけにレッドブルはいろんな種類を生み出しています。エナジードリンクにありがちな糖分が強すぎて甘いのが苦手な人にランキングでおすすめです。ランキングの中でもさっぱりとして酸味が強いのを探している人にランキングで注目してほしいです。

11位:サイレントエナジー株式会社「28BLACK」

飲みすぎる人にランキングでおすすめ

ドイツ

ドイツのエナジードリンク

価格:300円

容量:250ml

ランキングの中ではカフェインは少なめです。ゆっくりと長時間燃えるような効果をイメージした商品となっているようで、飲みすぎる人や長時間の集中力を求めている人にランキングでおすすめです。ただし、ランキングの中では少し価格が気になるところです。

エナジードリンクのおすすめ品ランキング10位~7位

10位:LA-AM-FU「エナジー+コーヒードリンク」

コンビニでも人気なあの商品のエナジードリンク

甘そう

甘すぎるという噂も

価格:200円

容量:443ml

もともとはアメリカ限定で販売されていたものです。カフェはもちろん、コンビニでもお世話になることの多いスターバックスの製品ですが、コーヒーとモカとバニラの三種類が存在しているそうです。日本版と海外版では大きく成分が違うようなので飲み過ぎに気をつけましょう。

コンビニ

海外はいろいろ豊富

海外のエナジードリンクはかなり種類が豊富で、現地のコンビニやスーパーではいろいろ販売されているそうです。

危険性を指摘したところでも説明しましたが、日本製と海外版ではエナジードリンクの成分が大きく違います。その分、効果も期待できますがランキングのものは、日本製を基準にしているので海外版を飲む場合は1日一本を守るようにしましょう。

9位:ハウスウェルネスフーズ「メガシャキ/ENERGY SHOCK」

メガシャキブランドの派生版

かなり効く

辛味が強い

価格:210円

容量:275ml

コンビニでもお世話になることの多いメガシャキブランド。そのメガシャキから登場したエナジードリンクタイプというだけに、かなり辛味が強いジンジャーが話題となっています。やはりメガシャキだけにランキングでは朝に飲むのをおすすめする種類です。

メガシャキ

朝の目覚め効果に期待

メガシャキはお馴染みのブランドだけに効果もランキングの中で期待できます。

ジンジャーの効果から、寒い冬にポカポカと身体が温まる効果が期待できる成分も含まれているといえます。目を覚ますと同時に身体の熱量も揚げたいという人には、ランキングの中で冬がおすすめといえるかもしれません。

8位:ドンキホーテ「BLACKOUT DDT」

がっつり飲める

安くて多い

ドンキホーテオリジナル

価格:198円

容量:500ml

コンビニではなくドンキホーテ限定のエナジードリンクです。コンビニでは売られていないだけあって、オリジナリティがあり、バーコード部分はマッチョなお兄さんになっています。モンスターエナジーなどと同じく容量が多いタイプのエナジードリンクです。

うまそう

カフェインは多い

サイズに対してのカフェインは多めになっているのと、カロリーが245カロリーなので飲み過ぎには気をつけたいです。

ランキングの中でも容量が多いタイプだけに、危険性はもとよりカロリーの高さも危険と言えます。ランキングのものはどれもおいしいエナジードリンクだけに、毎日飲んでしまうひとは、落ち着いて成分表もチェックするようにしましょう。

7位:ファイテン「エナジードライ」

飲みやすさはランキングの中でも上位

飲みやすい

さっぱりとした口当たりが人気

価格:194円

容量:250ml

ランキングの中では、かなり飲みやすいエナジードリンクです。コンビニなどでも購入出来ますし、ランキングの中では微炭酸タイプのものとなっています。マカエキスなども含まれており、シトルリンが身体のリズムを調えてくれる効果が期待できます。

おさえてる

シンプルで飲みやすい

ランキングの中では他のものと比べると、かなり抑え気味な味わいとなっています。

エナジードリンクの特徴的な味わいは抑えめになっているので、ランキングのタイプの中でもエナジードリンクの飲みやすいタイプを求めている人におすすめです。ランキングの中でもいままでエナジードリンクは少し苦手だったかもという人におすすめしたいです。

エナジードリンクのおすすめ品ランキング6位~4位

6位:アサヒ飲料「モンスターカオス」

オレンジ系モンスターエナジー

オレンジ

柑橘系におすすめ

価格:190円

容量:355ml

エナジードリンクのブランドの種類でも非常に人気なモンスターエナジーシリーズ。その中でもオレンジ果汁を配合している種類になります。そのため、ランキングの中でもさっぱりとして爽やかな味わいになっています。モンスターの普段の味は苦手という人にもランキングでおすすめしたいです。

新しい

黒っぽいデザインは旧デザイン

ちなみにモンスターカオスは黒っぽいデザインは旧デザインです。オレンジ色が強調されたものがNEWパッケージとなっています。

ランキングの中でも柑橘系の種類はいくつか存在しますが、こちらはオレンジジュースに近いような味わいです。モンスターエナジーはかなり風味が強いだけに、好き嫌いが分かれる種類が多いブランドです。とはいえ、こちらはそういった風味はオレンジがうまく緩和してくれているので人気でおいしいです。

こちらのツイートの表現もわかりやすいといえます。ケミカルっぽさがかなり抜けているのでランキングでは、他のものとは違う感じの印象かもしれません。朝から強すぎるエナジードリンクよりも、このタイプだと飲みやすいと感じるかもしれません。

5位:キーバ「エナジービューティードリンク」

コラーゲンなどが含まれている

美容向け

コンビニでは入手しにくい

価格:1,296円(6本セット)

容量:190ml

おすすめランキングの中で、美容に特化した商品です。ランキングの中では栄養成分は様々ですが、ここまで美容成分が豊富なものはランキングでも珍しいです。コラーゲンやプラセンタ、ビタミンCにナイアシンなどが含まれているので、ランキングでも元気に美しくなりたい人におすすめです。

オシャレ女子

インスタ映えするかも

ランキングの中ではかなりおしゃなれエナジードリンクといえます。

ランキングの上位としてその栄養成分も魅力ですが、おしゃれ映えするというのも特徴です。冷凍ラズベリーと合わせてグラスに入れるというおしゃれな飲み方もできるので、ランキングのなかで無骨なイメージが強い種類とは一味ちがう製品です。

エナジードリンクのブランドもただ元気が出るというだけでなく、美容効果がランキングでも注目されるようになりました。ランキングの中にはおいしいのはもちろんですが、さらになにかプラスアルファの要素がランキングで注目されます。

4位:富永食品「SURVIVOR!」

安くて王道な味わい

安定

王道の味が安定

価格:93円

容量:250ml

おすすめランキングの中ではまさに王道な味わいです。ランキングの中ではいろんなタイプがありますが、飲んだときにいかにもエナジードリンクという味を求めるならこれがおすすめです。ランキングでいうとレッドブルに近い味といえますが、コンビニなどではなく格安スーパーなどで購入しやすい商品です。

とにかくやすい

味よりも値段

味は二の次で値段で選びたいという人にランキングでおすすめできます。

コンビニなどで見かけるエナジードリンクは200円台のものが多いですが、100円を切るというのがランキングで魅力です。安いですがカフェインは120mgとレッドブルなどよりも多いといえます。ランキングで最安値に近いタイプなので、よく飲む人にランキングでおすすめします。

安いわりには、売られているところが限られているのがランキングでは残念なところです。西友やマイナーな24時間タイプのスーパーなどで売られていることが多いようです。ランキングの中ではコンビニで買えるような手軽さもランキングの順位に関わるといえます。

エナジードリンクのおすすめ品ランキング3位~1位

3位:Rockstar「ロックスターエナジードリンク」

おいしい

種類も豊富

価格:205円

容量:250ml

コンビニで見かけることも多いロックスターシリーズは、海外では音楽やモータースポーツとのコラボも盛んです。ランキングの中では知名度も高いロックスターですが、味に関しては少し好き嫌いが分かれるようです。

ケミカル

ケミカルっぽさが強すぎる?

薬品っぽい味がするという評価も多く、ケミカル味がたまらないという人にランキングで支持されています。

ランキングの中では、特に薬品っぽいケミカル味だといえます。ハーブっぽいというか薬品っぽいというかなかなか評価が難しいといえます。それだけに生ぬるいエナジードリンクではなく、ガッツリ効く感じがする味を求めている人におすすめしたいエナジードリンクです。

海外版も気になるロックスター

海外版はさらに味がすごいという噂

同じロックスターでも海外版はさらにフレーバーがキツいという噂もあります。

ランキングでは日本だけでなく、もともとは海外で誕生したエナジードリンクがたくさんあります。ロックスターにしても、本物と言える海外版は日本人にはキツい味わいという意見もあります。エナジードリンクを本当に楽しむなら海外版と日本版の飲み比べというのも、おもしろいかもしれません。

トップ3として人気を誇る

エナジードリンクのブランドの種類としては、レッドブルやモンスターエナジーと並んで、日本で知名度が高いロックスターです。それだけに、Twitterでは多くの人がロックスターを日常的に飲んでいる人が多いようです。味の種類もかなり豊富なので、ロックスターの味を全種類制覇してみたいという声も多いです。

エナジードリンクは徹夜の味方という声も多く、ロックスターのようにガツンとした味わいだからこそ良いという声も多く見られました。飲み過ぎは危険と言えますが、日本のものは副作用もほぼ無いのでカロリーと糖分という点にだけは気をつけましょう。

コンビニでもロックスターは並べられていることが多いですが、海外では定期的に新しい新商品が発売されているようです。通販サイトなどを利用すればコンビニで売られていない種類も楽しむことができるので、エナジードリンクファンはぜひ利用してみましょう。

2位:レッドブル「レッドブル」

エナジードリンクの知名度を高めた商品

知名度バツグン

価格:175円

容量:185ml

コンビニを中心に、日本にエナジードリンクというもののブームを生み出したと言える商品です。あの個性的なレッドブルカーはもちろんですが、CMを含め宣伝によって一躍有名になったエナジードリンクです。また、味がおいしいことはもちろんですし、いろんなバージョンを発売して安定した人気がランキング2位となりました。

サイズも形もいろいろ

サイズやボトル缶など豊富

185mlと250mlタイプなど利用者にとってかゆいとこに手が届くというのも人気の秘訣です。

エナジードリンクといえば、その場で飲みきってしまわないといけない点も問題でした。しかし、レッドブルはショートとロング缶の二種類を中心に、ペットボトルと同じように蓋付きタイプなどを販売しており、愛好家からも高い支持があります。

エナジードリンクといえばコレという人気

飲み過ぎは危険や副作用があるという問題点はありますが、レッドブルなどのエナジードリンクは一度飲むとやめられないおいしい飲み物です。一日を乗り切るためにレッドブルに頼るという人が多いようです。

レッドブルを初めて飲んだのは、街なかでレッドブルカーやレッドブルのキャンペーンガールにもらったのが初めてという人も多いのではないでしょうか。レッドブルの知名度が日本でそれほど高くないころに、無料で配布するという試みは一気にファンを獲得した理由だったといえます。

レッドブルのおすすめの飲み方は、アイスの「ICEBOX」と合わせるという声がとても多いです。夏に愛用している人も多く、レッドブルの味をさらに豊富なレパートリーにしてくれるということから、ランキングの上位につながる方法だといえます。

1位:アサヒ飲料「モンスターエナジー」

学生や徹夜には必須のアイテムに

さすがの人気

絶大な人気を誇る

価格:205円

容量:355ml

学生のマストアイテムになったともいえるモンスターエナジーがランキングで1位です。抜群の知名度とサイズの大きさなどから、とにかく徹夜にはモンスターエナジーといえるほど支持率が高いです。

いろいろ

味の種類は人気が分かれる

ランキングの中ではモンスターエナジーの緑を選びましたが、他の味と評価はかなり分かれるところです。

モンスターエナジーは緑色の缶がもっともオーソドックスですが、糖類やカロリーゼロのタイプやランキングで紹介したオレンジ風味のものなど、ファンの中でも味に関しての議論は耐えません。モンスターエナジーは好きだけど、この色の缶しか飲まないというようなこだわりが多いようです。

でかい

海外では720ml缶も

日本では米軍基地などのイベントで購入できると話題だった720ml缶サイズも大きな話題となりました。

ノーマルのサイズじゃまだ足りないという人も多いようで、モンスターエナジーもサイズが大きいタイプがあります。海外では720ml缶という驚きのサイズがありましたが、日本ではボトル缶として473mlタイプがついに発売されました。現実的にはこれぐらいのサイズがベストだったのかもしれません。

毎日飲んでしまうおいしさ

モンスターエナジーが好きな人は、本当に毎日飲んでいるという感じがします。海外版とちがって危険性や副作用はゆるいとはいえども、みんな飲みすぎているというほど人気なのがモンスターエナジーです。

レッドブルと比べて容量が多いというのもランキングのトップの理由かもしれません。ちびちびと飲みながら徹夜するという人が多いようで、そういった意味でも容量が多いモンスターエナジーのほうが好まれているのかもしれません。

もちろん、モンスターエナジーに関しても様々な飲み方を研究している人たちがいます。モンスターエナジーとドクターペッパーを合わせるという炭酸コラボに挑戦している人もいました。ランキング1位のモンスターエナジーを使って、オリジナルな飲み方を開発するのもおすすめです。

エナジードリンクと栄養ドリンクの違いや見分け方とは?

明確な表示が行われている

確認

使い分けも大事

エナジードリンクと栄養ドリンクの違いや見分け方を改めて確認しなおしましょう。

飲み過ぎの危険性や副作用が心配されているエナジードリンク。同様に栄養ドリンクにも危険性や副作用に対しての注意がしっかりと行われています。栄養ドリンクは「医薬部外品」でエナジードリンクは「清涼飲料水」です。

薬事法

薬事法で定められている

危険性や副作用における検証を薬事法に基づいてしっかりと検証しています。

医薬部外品は薬事法に定められた決まりに基づいて作らています。これよりも更に厳しいのが「医薬品」と言われるものですが、それでも危険性や副作用に関しては厳しい決まりがあります。そのため、表示でもそのことがしっかりと記入されており、危険性や副作用に考慮して「一日一本まで」というような注意書きが行われています。

成分が大きく異なる

成分も大きくことなる

例えば「リポビタンD」でお馴染みの「タウリン」は清涼飲料水には含まれない成分です。

リポビタンDなどはコンビニなどでも購入できます。しかし、そこに含まれているタウリンといいう成分は、アミノ酸の一種から合成されていて医薬品扱いとなるため、タウリンを含む製品は医薬部外品となります。

日本製と海外製の違いも忘れずに

タウリン注意

海外品が危険と言われる理由

このように薬事法の違いから日本ではタウリンが含まれていないエナジードリンクが、海外では含まれていることがあります。

成分に注意しましょうとランキングでも呼びかけましたが、例えばレッドブルは海外ではタウリンが含まれています。日本のレッドブルでは「アルギニン」が代わりに使用されているなど、法律の違いなどから成分が大きくことなります。そういった危険性や副作用を踏まえてエナジードリンクの日本製と海外製を楽しむことがおすすめです。

海外では命の危険も

海外では死亡につながることも

海外では毎日エナジードリンクを飲んだり、一日に大量に飲んでいた人が亡くなるというニュースが頻繁に起きています。

海外でもエナジードリンクは大人気です。海外の場合はやはり成分の違いやサイズの違いから死亡事故も起きています。さすがに死亡事故につながった人の飲み方は、一日中何杯も飲んでいたり、糖質を摂取しすぎているという複合的な原因がありますが、日本でも起きないとは限りません。

動物とエナジードリンク

国ごとのイメージも違う

海外では様々なブランドのエナジードリンクが誕生しており、なぜか動物をイメージしたものが多いようです。

ちなみになぜかエナジードリンクには動物がモデルとなることが多いようです。ランキングで紹介したものを含めて、サメであったり雄牛、馬にハクトウワシ、コブラにトラ、クマになぜかフクロウまで採用されています。荒々しいイメージや国の国旗に関わるもの、また夜更かしをイメージするようなものが選ばれているのかもしれません。

エナジードリンクの危険性や副作用&おすすめランキングまとめ

飲み過ぎ注意

ここぞというときに利用しよう

エナジードリンクは清涼飲料水ですが、栄養ドリンクと同じくここぞというときに利用しましょう。

エナジードリンクの危険性と副作用、そして人気ランキングを紹介しました。エナジードリンクはあくまで清涼飲料水ですがカフェインやカロリー、糖質などを考えて飲み過ぎには注意しましょう。また、海外で購入する場合は日本との成分の違いから、より危険性に注意しましょう。

いろんな味

いろんな味を楽しみたい

ランキングで紹介出来なかったメイン以外のアソートもぜひ試して欲しいです。

エナジードリンクの人気のポイントは、ランキングで紹介出来なかった様々な味のバリエーションです。モンスターエナジーやレッドブルだけでなく、いろいろな種類のブランドから複数のアソートが発売されているのでお気に入りの味を見つけましょう。

ほどほどにのみましょう

休肝日的なものが大事

ランキングの中でもたくさんの種類がありました。とはいえ、毎日飲むのは飲み過ぎで危険です。

こちらの画像を見るとわかりますが、ランキング1位のモンスターエナジーも含まれている砂糖を視覚化するとこのような状態になります。コカコーラなど別の製品も飲むことを考えると糖質を摂取しすぎになるので、休肝日と同じく休モンスターエナジー日を作るぐらいの気持ちが大事です。

これからも新製品が出ます。

新製品が楽しみ

今後も各ブランドが様々な新商品を発売する可能性があります。エナジードリンクの楽しみの一つです。

エナジードリンクは新しい製品がどんどん出るというのも魅力です。また、まだまだ日本未発売の味がたくさん存在するだけに、それを楽しみに待つだけでもエナジードリンクの今後がすごいです。自分はこれ!と思って飲んでいる人も、時には浮気して別のエナジードリンクを飲んでみるとハマってしまうかもしれません。飲み過ぎに気をつけてエナジードリンクをこれからも楽しみましょう。

その他のおすすめランキングのまとめはこちら

エナジードリンクおすすめ28選!種類・成分・選び方を徹底解説【最新】 | ランキングまとめメディア
スポーツドリンクおすすめランキングTOP31!ボトル・粉の種類や選び方は? | ランキングまとめメディア
オレンジジュースおすすめランキングTOP20!効果の高い商品は? | ランキングまとめメディア
野菜ジュースおすすめランキングTOP35!市販商品を徹底比較【保存版】 | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ