LUNA SEA人気曲ランキングTOP35!代表曲と言えば?【動画付き】

LUNA SEAはヴィジュアル系バンド黄金期に活躍し、活動停止期間を経て、現在も精力的にライブ活躍等しています。メジャーデビュー前から人気があってファンも多いLUNA SEAですが、LUNA SEAの曲はシングル・アルバム合わせておよそ200曲以上もあり、オリコンランキングでもTOP3にランクインしたこともあります。そんなLUNA SEAの初期の代表曲や、ドラマの主題歌、人気の名曲を動画を含めてランキング形式で紹介します。そしてランキングだけでなく、河村隆一のソロ活動もご紹介します。

目次

  1. LUNA SEA人気曲ランキングTOP35!代表曲を紹介
  2. LUNA SEA人気曲ランキング35位~11位
  3. LUNA SEA人気曲ランキング10位~7位
  4. LUNA SEA人気曲ランキング6位~4位
  5. LUNA SEA人気曲ランキング3位~1位
  6. 河村隆一のソロ活動時代の代表曲や名曲
  7. LUNA SEA人気曲ランキングTOP25!まとめ

LUNA SEA人気曲ランキングTOP35!代表曲を紹介

LUNA SEAのプロフィール

・グループ名:LUNA SEA
・結成日:1989年
・グループメンバー:RYUICHI、SUGIZO、INORAN、J、真矢
・主な活動:ヴィジュアル系ロックバンド
・所属事務所:LUNA SEA Inc.
・所属レコード事務所:ユニバーサルミュージック

LUNA SEAは1980年に結成し、1992年にメジャーデビューしました。2000年に活動を休止しましたが、2010年に活動再開しました。LUNA SEAという名前は、元々は「LUNACY」という、「狂気」という意味のバンド名だったのを、「月のように変化があって、海のように深く」という意味を込めて「LUNA SEA」というバント名に変更されました。

ドラマの主題歌など名曲揃い!アルバムやシングルのご紹介

デビューから現在まで、LUNA SEAの初期の人気曲や代表曲、主題歌をシングル・アルバムから選びました。シングル・アルバムの画像やライブ映像等の動画も用意してあるので、チェックしていきましょう。

ファンと一体?初期のかっこいいLUNA SEAのライブ動画

LUNA SEAのメンバーは、初期の頃からLUNA SEAのファンを「SLAVE(スレイヴ)」と呼び、LUNA SEAの6番目のメンバーとしています。また、SLAVEはLUNA SEAのオフィシャルファンクラブの名称でもあります。

動画にあるように、初期のLUNA SEAメンバーのRYUICHIはファンに対して煽りを入れています。今のLUNA SEAもかっこいいですが、昔のLUNA SEAは動画のように尖っていて素晴らしいです。

LUNA SEA人気曲ランキング35位~11位

LUNA SEA人気曲ランキング35位~11位までを一気にご紹介します。どんな名曲がランクインされているのかチェックしていきましょう。

35位:RA-SE-N

RA-SE-Nの詳細

発売日:1996年4月22日

収録:アルバム「STYLE」

オリコンランキング:1位

変拍子を活用した人気曲

5/4拍子のAメロと4/4拍子のサビが存在するという曲構成になっている人気曲です。LUNA SEAメンバーのRYUICHIはこの人気曲を演奏するとき、自分の世界に入り込んで歌います。自分の世界に入り込んでしまうほどの曲をライブで聴くと、聞いているこちらもRA-SE-Nの世界に入り浸ってしまいそうです。

34位:4:00AM

4:00AMの詳細

発売日:2000年7月12日

収録:アルバム「LUNACY」

オリコンランキング:3位

立体録音を行なった人気曲

アルペジオとピアノが中心になって、LUNA SEAメンバーのRYUICHIの儚げな声も相まって、優しさと透明感に満ち溢れており、朝4時頃の憂鬱さを表している人気曲です。後期のLUNA SEAならではの人気曲です。

33位:PRECIOUS...

PRECIOUS...の詳細

発売日:1991年4月21日

収録:アルバム「LUNA SEA」

オリコンランキング:集計なし

初期の頃からライブで演奏していた人気曲

初期の頃からライブで頻繁に演奏されていたこの人気曲は、2000年に公演されたライブ「THE FINAL ACT」で2日とも演奏されました。ギターの美しい音色と狂気に満ちたボーカルが対照的で、お互いを引き立てているこの人気曲は、LUNA SEAのライブの代表曲といっても過言ではないです。

32位:Glowing

Glowingの詳細

発売日:2013年12月11日

収録:アルバム「A WILL」

オリコンランキング:3位

これまでのLUNA SEAにはなかった3連の8ビートの人気曲

LUNA SEAメンバーのJが「今のLUNA SEAがやったらかっこいい曲を」と思いながら作曲した人気曲です。LUNA SEAとしてはアダルティックで、新感覚なブルースロックが感じます。

31位:UP TO YOU

UP TO YOUの詳細

LUNA SEA 6枚目のアルバム「SHINE」に収録

LUNA SEA 6枚目のアルバム「SHINE」に収録

発売日:1998年6月3日

収録:アルバム「SHINE」

オリコンランキング:1位

2泊3連で構成された人気のバラード

LUNA SEAのアルバム「SHINE」の最後にふさわしい希望を感じる人気曲です。LUNA SEAが出したバラードの中でも素晴らしく、動画を見た通り、隠れた名曲と言われるほどの人気曲です。

30位:LOVE SONG

LOVE SONGの詳細

発売日:2000年11月8日

収録:シングル「LOVE SONG」

オリコンランキング:4位

演奏時間7分以上の人気曲

動画を見てわかる通り、7分以上ある人曲です。作詞作曲をLUNA SEAメンバーのSUGIZOが中心になって行われた人気曲です。イントロはアコースティックギターと歌がいきなり入り、ラストは大合唱でフェードアウトして終わります。

29位:IN FUTURE

IN FUTUREの詳細

発売日:1994年10月26日

収録:アルバム「MOTHER」

オリコンランキング:2位

LUNA SEAのアルバム「MOTHER」の中でもっとも攻撃的

歌詞は全て漢字とカタカナで書かれている、終始ダークでパンクな人気曲です。ライブで演奏するとき、ギターソロが終わった直後のリフを、LUNA SEAメンバーのSUGIZOが一回ずつ止めて、ファンの反応を楽しむことがあります。

28位:FACE TO FACE

FACE TO FACEの詳細

発売日:1994年10月26日

収録:アルバム「MOTHER」

オリコンランキング:2位

浮遊感ありながらも重々しい初期の人気曲

動画を見てわかるように、ダークで重々しい雰囲気が包み込まれている曲調の中で、耽美に歌い上げるLUNA SEAメンバーのRYUICHIの声が素晴らしいです。この人気曲が放つ宇宙的でミステリアスな空気が素晴らしいです。

27位:Thoughts

Thoughtsの詳細

発売日:2013年8月28日

収録:シングル「Thoughts」

オリコンランキング:7位

オンラインゲームのCMソングに起用された人気曲

オンラインアクションRPG「マスターオブカオス」のCMソングとしてタイアップされました。CMソングとしてオンエアされた当時は曲名の発表はなく、オンエアから一ヶ月後に曲名発表がありました。LUNA SEAの「陽」の部分が滲み出る人気曲です。

26位:Limit

Limitの詳細

発売日:2016年6月22日

収録:シングル「Limit」

オリコンランキング:14位

アニメの主題歌に起用された人気曲

2016年放送のアニメ「エンドライド」の主題歌に起用された人気曲です。アップテンポなこの人気曲は、アニメで想像できる世界観を持ちながらもLUNA SEAメンバーの個々の持ち味が最大限に生かされています。

25位:Lost World

Lost Worldの詳細

発売日:2013年8月28日

収録:シングル「Thoughts」

オリコンランキング:7位

スマホゲームのCMソングに起用された人気曲

スマホゲーム「スペースファイター」のCMソングとして起用された人気曲です。この人気曲が発表されるまで、LUNA SEAメンバーのRYUICHIがエレキギターで演奏する曲はありませんでした。

24位:Hold You Down

Hold You Downの詳細

発売日:2017年12月20日

収録:アルバム「LUV」

オリコンランキング:4位

LUNA SEAのアルバム「LUV」のリード曲

LUNA SEAのアルバム「LUV」が発売される前にミュージックビデオが先行配信された人気曲です。この人気曲を作ったLUNA SEAメンバーのINORAN曰く「今のLUNA SEAらしさがすごく良く出ている作品」と語っています。

23位:IN MY DREAM (WITH SHIVER)

IN MY DREAM (WITH SHIVER)の詳細

発売日:1993年7月21日

収録:シングル「IN MY DREAM (WITH SHIVER)」

オリコンランキング:9位

シングルとアルバムでミックスが違う人気曲

この人気曲は、シングル版と、LUNA SEAの3番目のアルバム「EDEN」版とで違うミキシングがされています。シングル版ではアルバム版よりエンディングが少し長くなっています。優しいメロディとベースラインが癒されるこの人気曲は、初期の代表曲といっても過言ではないです。

22位:BELIEVE

BELIEVEの詳細

発売日:1993年2月24日

収録:シングル「BELIEVE」

オリコンランキング11位

メジャーデビュー初のシングルとなった初期の人気曲

LUNA SEAのアルバム「IMAGE」で初のメジャーデビューを果たしたLUNA SEAにとって、初のシングルとなる人気曲です。自分たちを信じるという願いが込められており、透明感あふれるメロディとストリングスによってそれが引き立てられます。初期の代表曲のひとつです

21位:乱

乱の詳細

発売日:2013年11月13日

収録:シングル「乱」

オリコンランキング17位

ドラマとタイアップした人気曲

この人気曲が入っている、LUNA SEAのシングル「乱」は、発売発表と同時に2013年放送のドラマ「都市伝説の女」とのタイアップも発表されました。主題歌として起用され、着うた配信も開始されました。

20位:Ray

Rayの詳細

発売日:1996年7月15日

収録:シングル「IN SILENCE」

オリコンランキング:2位

この人気曲からファンになった人が多い

動画を見てわかる通り、ファンの間ではLUNA SEAの中でもっともダークなパラードとなっている人気曲で、この人気曲からLUNA SEAのファンになったという方が多いと言われています。

19位:NO PAIN

NO PAINの詳細

発売日:1998年7月23日

収録:アルバム「SHINE」

オリコンランキング:1位

戦争について歌った人気曲

一見ラブソングのようだが、実は戦争に対するメッセージを込めた人気曲です。これまでのLUNA SEAの曲で初めて子供のコーラスが使われました。LUNA SEAのアルバム「SHINE」の中ではダークでヘビーな曲ですが、幻想的なコーラスが素晴らしいく、初期からのファンも納得のいく人気曲です。

18位:TWICE

TWICEの詳細

発売日:1996年3月25日

収録:シングル「END OF SORROW」

オリコンランキング:1位

完成度高い人気曲

END OF SORROWのカップリング曲として収録されたこの人気曲ですが、たまに客席からのサビのコールがかかるほどの隠れた名曲です。浮遊感あるグルーヴと豊かなメロディラインが哀愁漂って素晴らしいです。

17位:SHADE

SHADEの詳細

発売日:1991年4月21日

収録:アルバム「LUNA SEA」

オリコンランキング:集計なし

初期の頃のデモテープの再録を行なった人気曲

元々は初期のLUNA SEAのデモテープ「SHADE」に収録されている曲ですが、LUNA SEAのファーストアルバムを制作する際に再録されました。2015年公演の「LUNATIC FEST.」にて、GLAYがSHADEをカバーしたことでも有名です。

16位:BLACK AND BLUE

BLACK AND BLUEの詳細

発売日:2017年12月20日

収録:アルバム「LUV」

オリコンランキング:4位

映画にインスパイアされた人気曲

2009年に放映されたイランの映画「ペルシャ猫を誰も知らない」にインスパイアされて作曲した人気曲で、仮タイトルは「ペルシャ猫」でした。

15位:JESUS

JESUSの詳細

発売日:1993年4月21日

収録:アルバム「EDEN」

オリコンランキング:5位

ライブで演奏される人気の定番曲

LUNA SEAのアルバム一曲目はインパクトが強い曲が多いのですが、この人気曲は高度なテクニックが使用されていない、シンプルかつ王道を征くロックになっています。初めて聴いた時は鳥肌が立ったというファンもいる人気曲です。

14位:ROUGE

ROUGEの詳細

発売日:2012年12月12日

収録:アルバム「The End of the Dream/Rouge」

オリコンランキング:6位

CMソングとして起用された人気曲

12年ぶりのLUNA SEAのシングル曲タイアップとなっており、タイヤメーカーの商品「GOODYEAR EAGLE LS EXE」のCMソングとしてタイアップされた人気曲です。アダルティックな雰囲気とイントロのギターが癖になります。

13位:LOVE ME

LOVE MEの詳細

発売日:1998年7月23日

収録:アルバム「SHINE」

オリコンランキング:1位

RYUICHIの声だからこそ説得力ある人気曲

90年代王道である、哀愁ある疾走感を持ったこの人気曲は、実験的ながらもシンプルながらもキャッチーでLUNA SEAらしさがあります。この人気曲の歌詞はLUNA SEAメンバーのRYUICHIの声だからこそ説得力あるものです。

12位:IN SILENCE

IN SILENCEの詳細

発売日:1996年7月15日

収録:シングル「IN SILENCE」

オリコンランキング:2位

LUNA SEA初のタイアップ作品となった初期の人気曲

1994年に放送されたドラマ「シカゴ・ホープ」の主題歌に起用されたこの人気曲には、コーラスにシンガーソングライターの新居昭乃が、プロモーション用動画には子役時代のウエンツ瑛士が出演しています。爽やかさある雰囲気と、怖くなるほど透明感のある曲が、独自の幻想的な世界観を演出します。

11位:LOVELESS

LOVELESSの詳細

発売日:1994年10月26日

収録:シングル「MOTHER」

オリコンランキング:2位

オープニング曲として演奏される人気曲

LUNA SEAメンバーのSUGIZOいわく「この曲より始まりにふさわしい曲はない」という人気曲で、ファンからも史上最強のオープニング曲という声が多いです。初の東京ドームライブ「LUNATIC TOKYO」を始め、様々な場面でオープニングとして演奏されています。

LUNA SEA人気曲ランキング10位~7位

様々な名曲がランクインされている中、次はどんな名曲がランクインされているのでしょうか。LUNA SEA人気曲ランキング10位~7位までをご紹介します。

10位:Gravity

Gravityの詳細

発売日:2000年3月29日

収録:シングル「gravity」

オリコンランキング:1位

映画やドラマの主題歌になった初期の人気曲

2000年公開の映画「アナザヘヴン」の主題歌、2000年に放映されたドラマ「アナザヘヴン〜eclipse〜」の主題歌に起用された人気の名曲です。シンプルなのにどこか奥深く、LUNA SEAメンバーのINORANの良さが前面に出た人気の名曲です。

9位:TONIGHT

TONIGHTの詳細

発売日:2000年5月17日

収録:アルバム「TONIGHT」

オリコンランキング:4位

声を枯らした状態でレコーディングされた人気曲

この人気の名曲を収録する前に、LUNA SEAメンバーのRYUICHIは5回ほど歌って声を枯らした状態で、レコーディングを行ったという逸話があります。また、2000年に行われた『WOWOW EURO2000 サッカー欧州選手権』のイメージソングに使用された人気の名曲でもあります。

8位:Dejavu

Dejavuの詳細

発売日:2000年12月23日

収録:アルバム「PERIOD 〜THE BEST SELECTION〜」

オリコンランキング:1位

LUNA SEAの音鳴らしに使用される人気曲

ライブ前やレコーディング前に行う合宿の音鳴らしに毎回この人気の名曲が使用されています。また、LUNA SEA初のプロモーションよう動画がこの人気曲で作られており、2000年の終幕に至るまではライブで定番の人気曲でした。

7位:DESIRE

DESIREの詳細

発売日:1995年11月13日

収録:アルバム「END OF SORROW」

オリコンランキング:1位

LUNA SEAは攻撃的なバンド

この人気の名曲が出るまで、LUNA SEAになかった情熱的なラブソングです。シングルの発売当時、LUNA SEAメンバーのSUGIZOは「LUNA SEAは攻撃的なバンドという姿勢を打ち出したかった」と雑誌で語っています。

LUNA SEA人気曲ランキング6位~4位

この辺りになるとLUNA SEAに興味ない方でも一度は聞いたことがある名曲ばかりだと思います。LUNA SEA人気曲ランキング6位~4位までをご紹介します。

6位:END OF SORROW

END OF SORROWの詳細

発売日:1996年3月25日

収録:シングル「END OF SORROW」

オリコンランキング:1位

ノンタイアップシングルながらオリコンチャート1位となった人気曲

オリコン週間シングルチャートで3回目となる一位を獲得した人気の名曲です。1993年に公演されたツアー「The Garden of Sinners」で未発表曲として披露されていましたが、発表を見送られました。そこから歌詞やサビ以外のメロディを変更し、発表することになりました。

5位:WISH

WISHの詳細

発売日:1992年5月21日

収録:アルバム「IMAGE」

オリコンランキング:9位

ライブの最後に演奏される人気の定番曲

LUNA SEAのライブはこの人気曲で締めくくられると言われるほど、ライブのトリの定番曲です。この人気曲が流れると、動画にあるように、ファンたちは「I WISH!」と叫び、その直後に銀テープやスモークが出てくるのがお決まりとなっています。

4位:STORM

STORMの詳細

発売日:1998年4月15日

収録:シングル「STORM」

オリコンランキング:1位

活動休止期間から再開第一弾のシングル

ソロ活動前のLUNA SEAらしさが欠けて動揺したファンは多いですが、そういった固定観念さえなくせばすんなり聴けます。アップテンポでかっこよく、タイトルの通り嵐のような疾走感ある人気曲です。

LUNA SEA人気曲ランキング3位~1位

ここからはLUNA SEAの中でもさらに人気のある曲になります。3~1位をご紹介していきます。

3位:True Blue

True Blueの詳細

発売日:1994年9月21日

収録:シングル「TRUE BLUE」

オリコンランキング:1位

初のオリコンランキングシングルチャート1位獲得した人気の代表曲

初期の頃からタイアップしない事を突き通し、初めてのオリコンランキング1位を獲得した事に対し、LUNA SEAメンバーのSUGIZOは「今までの俺等とファンの子たちが正しかったことの証明」と音楽誌で話しました。キャッチーな歌メロに失恋系のダークな歌詞が非常にかっこいいです。

計算されたノイズ

この人気曲の最後はフェードアウトと共にノイズに埋め尽くされて終わるという形ですが、これは意図的にやっており、LUNA SEAメンバーのSUGIZOは「ノイズをたくさん重ねると自然にそれが浮遊感とかキレイに聴こえたりして、感情が行っちゃってて音程にならないという感じ」と語っています。

2位:ROSIER

ROSIERの詳細

発売日:1994年7月21日

収録:シングル「ROSIER」

オリコンランキング:3位

LUNA SEAファン一押しの初期の代表曲

この人気の代表曲のプロモーション用動画は、1994年に開催された第36回日本レコード大賞最優秀プロモーションビデオ賞に選ばれました。間奏にある英詞は、LUNA SEAメンバーのJがスランプになった自分自身に対しての遺書であると言われています。イントロから疾走感溢れるメロディが素晴らしく、ファンの間でも代表曲と名高いです。

ライブで定番のパフォーマンス

ライブでおなじみ定番の代表曲ですが、この人気の名曲を演奏中に行うライブパフォーマンスも人気です。動画にあるように、LUNA SEAメンバーのJがベースを弾きながら英詞を朗読した後に、マイクスタンドをぶん投げるという、定番のライブパフォーマンスがファンに好評で大盛り上がりします。

1位:I For You

I for Youの詳細

発売日:1998年7月1日

収録:シングル「I for You」

オリコンランキング:2位

LUNA SEA初の紅白出演を果たした人気の代表曲

1998年に開催された「第49回NHK紅白歌合戦」で白組として出演した際、この人気の代表曲を歌いました。これがLUNA SEA唯一の紅白歌合戦への出場です。LUNA SEAのバラードの中では最高峰と言われるほど、ストレートな愛を詠う歌詞とメロディーが心に率直に響き、感動します。

LUNA SEAの代表曲がドラマの主題歌に

1998年放送の人気ドラマ「神様、もう少しだけ」の主題歌としても有名な人気の代表曲です。この人気ドラマがアジア方面で放映されたことがきっかけで、主題歌を歌ったLUNA SEAも認知されることになり、1999年にアジアツアーが公演されることになりました。

河村隆一のソロ活動時代の代表曲や名曲

LUNA SEAのボーカルはRYUICHIはソロ活動をしている

LUNA SEAのボーカル、RYUICHIはソロ活動では「河村隆一」名義で活動をしています。LUNA SEAの活動停止に伴いソロ活動をしおり、LUNA SEA活動再開した2010年からも、LUNA SEAとソロ活動を両立しています。

河村隆一のプロフィール

愛称:RYUITI(LUNA SEAでの名義)、ЯK(音楽プロデューサーとしての名義)

本名:河村隆一

生年月日:1970年5月20日

年齢:48歳

出身地:神奈川県大和市

血液型:O型

身長:171cm

体重:???

活動内容:シンガーソングライター、音楽プロデューサー

所属グループ:LUNA SEA、Tourbillon

事務所:???

家族構成:妻(佐野公美)、息子

河村隆一の曲は、オリコンランキングで、シングルはミリオンセラー、アルバムではトリプルミリオンを達成しています。また、6時間半かけて104曲も歌い、ギネス記録認定された実績もあります。そんな河村隆一のソロでの人気曲を、ランキング形式ではありませんが、動画を加えて一部紹介します。

河村隆一初のミリオンセラー達成した代表曲

発売日:1997年4月23日

収録:シングル「Glass」

オリコンランキング:2位

LUNA SEA時代を含めて、河村隆一初のミリオンセラーを記録した人気の名曲です。1997年4月〜6月まで、討論バラエティ番組「ビートたけしのTVタックル」のエンディング曲に使われていました。

率直に愛を伝えるラブソング

発売日:1997年10月15日

収録:シングル「Love is...」

オリコンランキング:4位

1997年のソロ活動を締め括るシングルで、同年に発売されたアルバム「Love」にも収録されている人気の名曲です。河村隆一本人の体験談をもとに制作されたラブソングで、愛する人のために全てを捧げる想いが伝わります。1997年に放送された「第48回NHK紅白歌合戦」では、白組としてこの人気の名曲を歌いました。

ドラマの主題歌に起用

発売日:2002年4月24日

収録:シングル「Sugar Lady」

オリコンランキング:12位

河村隆一が出した10枚目のシングルで、2002年放送のドラマ「九龍で会いましょう」の主題歌に起用されました。2002年発売のベストアルバム「very best of songs...」にスローテンポでキーが下げられた、バラードバージョンが収録されています。

LUNA SEA人気曲ランキングTOP25!まとめ

LUNA SEAの人気の名曲や代表曲や主題歌を動画を加えてランキング形式で紹介してきました。紹介した人気曲はLUNA SEAファンが選んだ聞き惚れる曲ばかりなので、一度は聞いてみましょう。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ