ウイスキー初心者におすすめの銘柄ランキングTOP30!美味しい飲み方解説!

世界中の大人が嗜好品として愛するウイスキーは、日本でもハイボールなどが大人気のアルコール飲料です。ですが高い銘柄や安い銘柄、そして割り方に様々な種類があるため初心者には手が出しにくいかもしれません。そのためここではウイスキーのおすすめ銘柄をランキング形式にしながら、初心者にも分かりやすい美味しい飲み方を解説していきます。ランキングをチェックしながら贈り物にもおすすめしたいウイスキーの奥深さを知っていってください。

目次

  1. ウイスキー初心者におすすめの銘柄ランキング
  2. ウイスキー初心者におすすめの銘柄ランキング30位〜11位
  3. ウイスキー初心者におすすめの銘柄ランキング10位〜7位
  4. ウイスキー初心者におすすめの銘柄ランキング6位〜4位
  5. ウイスキー初心者におすすめの銘柄ランキング3位〜1位
  6. ウイスキーは贈り物にもおすすめ!
  7. ウイスキー初心者におすすめの銘柄ランキングまとめ

ウイスキー初心者におすすめの銘柄ランキング

ウイスキーのグラス

初心者におすすめな銘柄をご紹介!

ウイスキー初心者にもおすすめの飲みやすい銘柄をランキングでご紹介していきます!まずはその種類から見ていきましょう。

ウイスキーにはどんな種類がある?

モルトウイスキー

モルトウイスキーを写している画像

玄人が好む味わい深いウイスキー

モルトウイスキーはその名の通り、原料に大麦麦芽(モルト)を使用しているウイスキーです。

 

その中でも最もポピュラーなものが1ヶ所の蒸留所で製造されたシングルモルトと言えるでしょう。

対照的に複数の蒸留所で製造されたウイスキーを混合したものをヴァッテッドモルトといいます。モルトウイスキーは蒸留所の製造方法や原料、製造年によって大きく味が異なるため、飲み手によって好みが分かれるかもしれません。こちらは初心者よりも玄人向きの奥が深いウイスキーとなっています。

グレーンウイスキー

グレーンウイスキーを撮影している画像

初心者におすすめのクリアな味わい

グレーンウイスキーはモルトウイスキーとは違って大麦だけでなく、小麦やトウモロコシなどの穀物を原料としています。

 

 

この原料を発酵させてから、アルコール度数が100%に近い高純度のものへ蒸留していきます。モルトウイスキーが単式蒸留器を使うのに対し、グレーンウイスキーは連続蒸留器を使用するのが大きな違いといえるでしょう。連続蒸留を行うと風味が軽くクセの少ない穏やかな味になるため、グレーンウイスキーはサイレントスピリッツとも呼ばれます。クリアな味を求める人はグレーンウイスキーを選ぶようにしてみましょう。

ブレンデッド・ウイスキー

ブレンデッドウイスキーを写している画像

高貴な味わいのウイスキー

上述したモルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンドしたものがブレンデッドウイスキーです。

 

特徴はブレンダーと呼ばれるプロが生み出す高貴な味わいと言えるでしょう。

お互いの長所を引き立たせながらブレンドしていくため、多くのブレンデッドウイスキーには40種類以上の原酒が使用されています。経験豊富なブレンダーが精製したブレンデッドウイスキーはスコッチウイスキーの90%を占めているため、多くの人が目にしているウイスキーと言えるでしょう。種類も豊富で価格が安いものも多いため、こちらは初心者におすすめのウイスキーです。

ライ・ウイスキー

ライ・ウイスキーをグラスに入れている画像

ドライな味が好きな人におすすめ

ライ・ウイスキーはライ麦を原料としたキレのある味が楽しめるウイスキーです。

 

特徴はライ麦パンを食べた時のようなかすかな苦みを感じられる点でしょう。

種類はスパイシーな味のペンシルベニアスタイルと、まろやかな味がするメリーランドスタイルに分かれています。比較的クセがなくドライな味がするため、これからウイスキーを本格的に始めようと思っている初心者はライ・ウイスキーを試してみましょう。飲み方はロックかストレートをおすすめします。

コーン・ウイスキー

コーン・ウイスキーを撮影している画像

アルコールが高めのウイスキー

原料の半分以上にトウモロコシを使用しているものがコーン・ウイスキーです。

 

こちらは糖化させたマッシュにコーンを加えて製造していき基本的に熟成期間は設けません。

特徴はアルコール分が高めになりますので、水割りやハイボールなど薄める飲み方がおすすめとなっています。種類は少なめとなっていますが、荒々しい風味を好む方はコーン・ウイスキーを楽しんでみましょう。パンチの利いた風味を感じたい人にはロックで飲むことをおすすめします。

ウイスキーの選び方

産地で選ぶ

五大ウイスキーを紹介する画像

世界五大ウイスキー

スコッチやバーボンなどの名称はお酒初心者の方でも耳にしたことがあるでしょう。しかしこれらはどれもウイスキーの種類であることをご存知でしょうか。

ウイスキーは産地ごとに呼び方が異なるため混乱してしまう人がいるかもしれません。そのためランキングをまとめていく前に、まずは五大ウイスキーと称される産地をご紹介していきます。ウイスキーは産地によって特徴が違ってくるため、ランキングをチェックする前にまず五大ウイスキーを覚えていきましょう。

スコッチを撮影している画像

スコッチウイスキー

スコッチはイギリス北部のスコットランドと、その周辺の島で醸造されたウイスキーを指しています。

 

残念ながら地域それぞれで風味などが異なるため、スコッチの特徴をひとまとめにすることはできません。

製造方法で共通しているのは麦芽を乾燥させるためにピート(泥炭)を燃焼させる点です。この際に立ち上る独特の燻煙がスコッチに風味を与えるのですが、銘柄によってピートが異なるため味や香りに違いが出てきます。ちなみに種類はモルトウイスキーとグレーンウイスキーに分かれていて、飲み方はストレートを推奨する専門家が多くなっていました。

アイリッシュを写している画像

アイリッシュウイスキー

こちらはスコットランドと海を挟んだ隣国のアイルランドで醸造されたウイスキーの総称です。

 

アイリッシュはスコッチとは違い基本的にピートを燃焼させません。

そのため原料の穀物から引き出された芳醇な香りを楽しめるウイスキーとして人気を集めました。日本では様々な飲み方や割り方で楽しまれていますが、本場アイルランドではストレートで飲む人が大半を占めています。比較的クセが無いウイスキーなので初心者はエントリーモデルに選んでみましょう。

ジャパニーズを撮影している画像

ジャパニーズウイスキー

日本でも豊富な種類のウイスキーが醸造されています。ジャパニーズウイスキーの醸造方法はスコットランドから受け継がれました。

そのためスコッチの影響を強く受けているのですが、ジャパニーズは軟水を使用しているためマイルドで優しい味わいが特徴となっています。サントリーやアサヒなどが安い価格の大衆的なものから高級なウイスキーまで幅広くラインナップしていますので、日本人としてまずはジャパニーズウイスキーを楽しんでみましょう。

アメリカンを撮影している画像

アメリカンウイスキー

アメリカンウイスキーはバーボンと呼ばれることが多いのですが、バーボンとして商品化するためには特定の条件を満たさなければなりません。

 

 

ですのでアメリカンの全てがバーボンではないと覚えておきましょう。アメリカンは上述したライ・ウイスキーとコーン・ウイスキーがメイン商品となっています。お国柄かもしれませんがアルコール分が高いものや、キレがありパンチの利いたウイスキーを好む傾向があるようです。ポピュラーな銘柄としては「ワイルドターキー」や「ジャックダニエルズ」があり、日本人にもお馴染みのウイスキーと言えるでしょう。

カナディアンを写している画像

カナディアンウイスキー

カナディアンウイスキーの特徴は価格が安いことと、ライト&スムースと比喩される飲みやすさです。

 

 

そのため初心者の方はアイリッシュかカナディアンを選ぶと良いかもしれません。種類としてはライ・ウイスキーとコーン・ウイスキーが多くなっています。かつては劣悪なウイスキーという評価だったのですが、アメリカが禁酒法時代にカナディアンは生産量を伸ばし地位を向上させました。現在では他の4大ウイスキーと比較しても遜色のない上質な商品を提供しています。

予算で選ぶ

グラスに注がれているウイスキー

試し飲みから始めるウイスキー生活

ウイスキーは缶ビールや酎ハイなどと違い、家で飲む場合は瓶で購入するパターンが大半を占めます。

 

そのため味が気に入らなかった場合は我慢して飲み切るか捨てるしかありません。

こうした事態に陥らないようにまずウイスキーは700ml程度の容量で、比較的安いものを選ぶようにしましょう。予算的には800円から1000円程度のものを選んで、気に入った味を見つけてから高級なウイスキーを試していくのがおすすめの飲み方です。一概に値段が高いから美味しいという訳ではありませんので、自分に合った予算と味のウイスキーを見つけてみましょう。

ウイスキーの飲み方・割り方は?

ウイスキーストレート

ウイスキーストレートを紹介する画像

風味と香りを楽しむ飲み方

ウイスキーの高貴な香りと風味を楽しむためには、まず飲み方をストレートにすることをおすすめします。

 

グラスに注ぐ量はお好みで構いませんが、底から指1本程度がシングル、指2本程度がダブルという飲み方になります。

さらにストレートの飲み方でウイスキーを楽しむ時はチェイサーを忘れてはいけません。お好みのウイスキーを口に含み香りと風味を感じた後は、ミネラルウォーターで喉をスッキリさせてあげましょう。水以外では温めた麦茶などもおすすめしたいチェイサーとなっています。

ウイスキー水割り

ウイスキーを水割りにしている画像

食事の味を邪魔しない飲み方

水割りは食事中にウイスキーを楽しめるおすすめの飲み方ですので氷はお好みで入れるようにしましょう。

ウイスキーと水の割合は1:2.5がベストと言われています。しかし楽しみ方に決まりはありませんので、お好みの割合を見つけて水割りを味わいましょう。お湯などを使う割り方もありますが、水割りはウイスキーの味をソフトにしてくれるのでおすすめしたい割り方になっています。食事中だけでなくゆったりとウイスキーを堪能したい時は、飲み方を水割りにしてみましょう。

ハイボール

ハイボールを写している画像

ウイスキーを爽やかにする飲み方

現在の日本でウイスキーを楽しむ最もポピュラーな飲み方がハイボールと言えるでしょう。

 

ハイボールはウイスキーと炭酸水の割り方を1:3にするのがおすすめです。

ハイボールの割り方で大切なポイントは激しく混ぜないことになりますので、ゆっくりと優しく混ぜていきましょう。普通の炭酸水ではなくジンジャーエールを注ぐ割り方もウイスキーの風味を楽しめる飲み方です。喉元をキリッとさせてくれるハイボールで爽快感を味わいましょう。

日本のウイスキーが海外で人気!

日本が世界に誇るウイスキー

海外から大人気の日本製ウイスキー

世界五大ウイスキーに数えられる日本のウイスキーは、ここ最近の10数年で海外から高い評価を受けるようになりました。

 

その中でもサントリーやアサヒのウイスキーは、インターナショナル・スピリッツ・チャレンジを数多く受賞しています。

日本のウイスキーが海外で人気になっている1つ目の理由は、大手酒造メーカーが手掛けているため品質が安定する点と言えるでしょう。スコッチやアイリッシュは小規模な蒸留所が分業化して作るケースが多いのですが、日本では大手メーカーがブレンドや瓶詰などを全て自社で一貫製造しています。この製造工程によって日本のメーカーが安定した品質のウイスキーを提供できる点が、海外から高く評価されてきました。

最適な環境の中で製造しているウイスキー

日本の気候がウイスキー作りに最適

ジャパニーズウイスキーの品質が高い2つ目の理由は日本の気候がウイスキー作りに適している点です。

ウイスキーの蒸留には冷涼で湿潤な環境が最適と言われていて、日本の各蒸留所はこうした気候の中でウイスキーを製造してきました。製造工程の中で最も重要な熟成期間を最適な気候の中で行うことにより、日本のウイスキーは最高品質の原酒を精製することができているのです。

安いウイスキーと高いウイスキーの違いは?

原料で価格が異なるウイスキー

安い原料をブレンド

安いウイスキーと高いウイスキーの違いは、まずブレンドするグレーンウイスキーが安価なのか高価なのかという点でしょう。

市場に流通している9割がブレンデッドウイスキーとなっています。上述したように約40種類以上の原酒をブレンドするのですが、この時に安いグレーンウイスキーをブレンドしたものは価格が安いウイスキーになります。反対に高価な原酒にこだわったものは、どうしても価格が高くならざるを得ません。

蒸留所で熟成しているウイスキー

熟成年数の違い

2つ目の違いは蒸留所で熟成させる年数の違いと言えるでしょう。

 

ウイスキーは熟成が非常に重要な蒸留酒なのですが、各蒸留所では熟成樽を置けるスペースが限られています。

そのため小さな蒸留所では出荷の回転率を上げるため、熟成期間を短くしなければなりません。さらに熟成期間を長くするとアルコール分や原酒が揮発して容量が少なくなってしまいます。ですので熟成期間が長ければ出荷量は少なくなりますので、希少価値と値段の高いウイスキーになってしまうようです。以上の2種類がウイスキーの価格を左右する重要な要素となります。

ウイスキー初心者におすすめの銘柄ランキング30位〜11位

食欲をそそるようにグラスに注がれるウイスキー

食事のお供にも最適なウイスキー

ウイスキーの琥珀色をした美しいボディーは食欲をそそってくれます。

 

そんなウイスキーの人気ランキングをチェックして晩酌を優雅なものにしていきましょう。

ここでは初心者にも分かりやすいように人気ウイスキーの詳しい特徴をまとめていきます。TOP30に入ったウイスキーはどれも個性的で魅力的な味わいで飲む人の心を癒してくれますので、お気に入りの1本を見つけて極上の味に酔いしれていきましょう。それではウイスキーおすすめランキングのスタートです!

30位:オールドパー12年

フルーティーな香りとスモーキーな余韻が特徴的

オールドパー12年を撮影している画像

日本に馴染み深いウイスキー

販売価格:3417円(750ml)

商品概要:ブレンデッドウイスキー

生産国:スコットランド

アルコール分:40%

ウイスキー初心者におすすめの銘柄ランキング第30位は、スコッチの「オールドパー12年」です。商品名は150歳以上生きたと言われる農夫のトーマス・パーにちなんで名付けられました。甘い香りとまろやかな味わいが特徴となっていて、長きにわたり日本人に愛されているウイスキーです。ボトルデザインがオシャレなため、贈り物にすると喜ばれることでしょう。

ロックでオールドパー12年を楽しんでいるTwitter

「オールドパー12年」はストレートでもロックでも飲みやすいブレンデッドウイスキーです。ラインナップは4種類あり、その中で「オールドパー12年」は広く日本人に好まれてきました。おすすめしたい割り方はウイスキーと水を1:2の割合にした水割りですので、購入した方は是非試してみましょう。

29位:カナディアンクラブ

ハイボールで楽しみたいウイスキー

カナディアンクラブを写している画像

カナディアンクラブの特徴

販売価格:1390円(700ml)

商品概要:ブレンデッドウイスキー

生産国:カナダ

アルコール分:40%

C.Cの愛称で親しまれている「カナディアンクラブ」が、ウイスキー初心者におすすめしたい銘柄ランキング第29位となりました。こちらはすっきりとした味わいと、ほのかに香るフルーティーなフレーバーが特徴的です。価格も安いためエントリーモデルにしてほしい「カナディアンクラブ」は、是非ハイボールで爽快な味わいを楽しみましょう。

愛好家がハイボールをおすすめするカナディアンクラブ

ウイスキー愛好家の多くが上記Twitterのように「カナディアンクラブ」をハイボールで味わっています。普通の炭酸水だけでなく割り方をジンジャーエールやサイダーに変えても楽しめるウイスキーなので、ご自分のオリジナルハイボールを試してみましょう。飲み方をオリジナルにアレンジしていくのもウイスキーの楽しみ方の1つになっています。

28位:デュワーズホワイトラベル

甘さとスパイシーな味わいのスコッチ

デュワーズホワイトラベルを撮影している画像

スコッチのスタンダードモデル

販売価格:1574円(700ml)

商品概要:ブレンデッドウイスキー

生産国:スコットランド

アルコール分:40%

スコッチの中でスタンダードといえるウイスキーが「デュワーズホワイトラベル」です。このスコッチは日本だけでなくアメリカでも人気が高いため、初心者におすすめしたい銘柄ランキング第28位を獲得しました。飲み終わると微かにスモーキーな香りが漂いますので、初心者の方はストレートで味わってみましょう。

安いお値段が人気のウイスキー

上記のTwitterで紹介している通り「デュワーズホワイトラベル」はお手頃な値段のため高い人気を誇っています。スッキリとした味わいは和食にも合いますので、気軽にウイスキーを嗜みたい人は「デュワーズホワイトラベル」を選んでみましょう。上品な味わいがいつもの晩酌をワンランク上へ引き上げてくれるはずです。

27位:フォアローゼズブラック

日本限定発売のウイスキー

フォアローゼズブラックを写している画像

バーボン初心者におすすめ

販売価格:2670円(700ml)

商品概要:バーボンウイスキー

生産国:アメリカ

アルコール分:40%

「フォアローゼズブラック」は果実の熟した香りと、オーク樽の香りが心地よく鼻を抜けていくバーボンウイスキーです。トウモロコシとライ麦を原料にしているバーボンの中で「フォアローゼズブラック」はクセが少ないので、初心者におすすめの銘柄ランキング第27位になりました。こちらは女性にも人気が高いバーボンウイスキーです。

コーラを入れる割り方をおすすめするTwitter

ストレートやロック、そしてハイボールなどのポピュラーなものではなく、コーラで割る飲み方がおすすめとは驚く人がいるかもしれません。このTwitterを見て驚いた人は、割り方をコーラにして「フォアローゼズブラック」を楽しんでみましょう。おすすめしている理由が分かった後で、この割り方にハマってしまうはずです。

26位:サントリー角瓶

日本人の口に合う定番ウイスキー

サントリー角瓶を撮影している画像

CMでお馴染みのサントリー角瓶

販売価格:1590円(700ml)

商品概要:ブレンデッドウイスキー

生産国:日本

アルコール分:40%

初心者におすすめしたい銘柄ランキング第26位には、コクのある味わいが人気を集めている「サントリー角瓶」がランクインしました。大阪府山崎と山梨県白洲で蒸留された原酒をバランス良くブレンドした「サントリー角瓶」は、ドライな後味が特徴となっています。安いお値段もお財布に優しいと、多くのウイスキー愛好家から支持されました。

大容量のサントリー角瓶でハイボールを楽しんでいるTwitter

「サントリー角瓶」にはお得な大容量タイプといった種類もラインナップされています。日本人の口に日本製のウイスキーが合わない訳がありません。初心者の方はまず700mlを購入してから、味が気に入った場合に大容量をお得に買うことをおすすめします。ただし大容量だからといって飲み過ぎには注意するようにしましょう。

25位:ターコネル

少しプレミアムなアイリッシュウイスキー

ターコネルを写している画像

贈り物にもおすすめのウイスキー

販売価格:3348円(700ml)

商品概要:モルトウイスキー

生産国:アイルランド

アルコール分:40%

モルトの芳醇な香りを楽しむことができる「ターコネル」が、初心者におすすめの銘柄ランキング第25位を獲得しました。「ターコネル」はアイリッシュウイスキーの中ではポピュラーな種類で、少し高級なので贈り物としてもおすすめです。初心者の方は滑らかな味わいの「ターコネル」をストレートで味わってみましょう。

オシャレなボトルデザインをしているターコネル

世界中が味を高く評価するターコネル

アイリッシュウイスキーの代表格とも言える存在の「ターコネル」は、世界から品質を高く評価されています。

 

その証拠に2009年にはインターナショナル・ワイン・アンド・スピリッツ・コンペティションで金メダルを受賞しました。

世界中から称賛されるアイリッシュウイスキーは初心者に必ず飲んでもらいたい銘柄となっています。ブレンデッドウイスキーでは味わえないモルトの香りに酔いしれましょう。特に初心者の方は芳醇な香りの虜になってしまうはずです。

24位:ジャックダニエルブラック

アメリカを代表するメジャーなウイスキー

ジャックダニエルブラックを撮影している画像

ラベルのデザインも大人気

販売価格:2550円(700ml)

商品概要:テネシーウイスキー

生産国:アメリカ

アルコール分:40%

初心者におすすめの銘柄ランキング第24位は、テネシーウイスキーの「ジャックダニエルブラック」となりました。アメリカの南東部に位置するテネシー州で製造されるものはテネシーウイスキーと分類されます。基本的な材料はトウモロコシを51%以上使用しているのでバーボンと特徴は変わりません。その中でも「ジャックダニエルブラック」は最もポピュラーなウイスキーとなっています。

ロックで飲んでいる愛好家のTwitter

バニラやキャラメルのスウィートな香りが漂う「ジャックダニエルブラック」は、ロックで飲むのがおすすめとなっています。中にはハイボールにしたり、ハチミツを入れて甘みを楽しんでいる人もいますので、カクテル気分でオリジナルの割り方を試してみましょう。「ジャックダニエルブラック」は色々な種類の割り方に対応できるポテンシャルを秘めたウイスキーです。

23位:富士山麓

大自然からの贈り物と称されるウイスキー

富士山麓を撮影している画像

大自然の伏流水が生む極上の味わい

販売価格:1398円(700ml)

商品概要:ブレンデッドウイスキー

生産国:日本

アルコール分:50%

「富士山麓」は日本が世界に誇る酒造メーカーのキリンが、富士山の伏流水を使用して蒸留したブレンデッドウイスキーです。雑味を少なくするため丁寧にろ過された「富士山麓」は、澄み切った味わいが人気となりました。初心者におすすめの銘柄ランキング第23位のウイスキーはアルコール度数が高いため、ご自分のお好みの割り方で楽しみましょう。

富士山麓の蒸留所を見学に行った人のつぶやき

初心者がウイスキーの美味しさを知るための最善策は蒸留所を訪ねることです。せっかく日本で最高品質のウイスキーを醸造しているので、富士山麓に興味を持った方は蒸留所を見学に行ってみましょう。蒸留所を見学しに行けば、「富士山麓」にどれだけ最高の技術が駆使されているのかお分かり頂けるはずです。

22位:ラガヴーリン16年

ピートのスモーキーな香りが漂う高級ウイスキー

ラガヴーリン16年をグラスに注いでいる画像

贈り物に適したリッチなウイスキー

販売価格:6588円(700ml)

商品概要:モルトウイスキー

生産国:スコットランド

アルコール分:43%

ウイスキーの名産地であるアイラ島で蒸留された「ラガヴーリン16年」が、初心者におすすめの銘柄ランキング第22位を獲得しました。こちらは約14時間以上もの蒸留時間という労力をかけた極上の味わいを感じられるウイスキーです。高級な「ラガヴーリン16年」は大切な人への贈り物に選んでみましょう。

ラガヴーリンの独特な個性に夢中な愛好家

「ラガヴーリン16年」はその名前の通り16年という熟成期間をかけて製造されました。長い熟成によって醸し出されるスモーキーな香りと、海藻と塩味が感じられる後味は一度飲むとヤミツキになってしまうほどのパンチ力があります。独特な個性を味わいたい方はストレートで、お酒があまり強くない方は割り方をハイボールにして「ラガヴーリン16年」の味を堪能しましょう。

21位:ワイルドターキー

キングオブバーボンと称賛される名酒

ワイルドターキーを撮影している画像

七面鳥のロゴがファンにはお馴染み

販売価格:1890円(700ml)

商品概要:バーボンウイスキー

生産国:アメリカ

アルコール分:40.5%

初心者におすすめの銘柄ランキング第21位は、数多くの種類があるバーボンの中で王様と呼ばれる「ワイルドターキー」となりました。鼻をくすぐるバニラの濃い香りと、洋ナシの爽やかな酸味の味わいが多くの愛好家を魅了しています。後味がスパイシーであることと、アルコール分が高めなのでお好みの割り方で「ワイルドターキー」を味わいましょう。

クリスマスをワイルドターキーでお祝いする愛好家

ワイルドターキーのラベルには七面鳥がデザインされているため、クリスマスのお祝いに楽しむ人が多くなっています。こちらのウイスキーは2011年にはインターナショナル・ワイン・アンド・スピリッツ・コンペティションで金賞を獲得しました。おすすめの飲み方は水割りとハイボールになりますので、「ワイルドターキー」を飲んでハッピーなクリスマスを過ごしてみましょう。

20位:タリスカー10年

スモーキーな香りを楽しめるシングルモルト

タリスカー10年を写している画像

老舗蒸留所の絶品ウイスキー

販売価格:2925円(700ml)

商品概要:モルトウイスキー

生産国:スコットランド

アルコール分:45.8%

単一の蒸留所で作られるシングルモルトの「タリスカー10年」は力強いモルトの香りとスモーキーさを味わってほしいウイスキーです。後味に食欲をそそる甘みが含まれているため、食事のお供に最適なウイスキーと言えるでしょう。長年愛されるタリスカーの中で最もポピュラーなタイプの「タリスカー10年」は、常にウイスキー人気ランキングで上位に入る名酒です。

ハイボールを楽しむ愛好家のTwitter

ウイスキー初心者にとって「タリスカー10年」は少しアルコール度数がきついかもしれません。そんな方は上記Twitterのようにソルトパペッパーハイボールにして嗜んでみましょう。喉の奥に感じるペッパーの風味が食欲を増加させてくれるはずです。

19位:ブラントン

プレミアムなバーボンウイスキー

ブラントンを撮影している画像

馬のキャップが特徴的

販売価格:10500円(750ml)

商品概要:バーボンウイスキー

生産国:アメリカ

アルコール分:46.5%

芳醇な香りと濃厚な味わいが楽しめる「ブラントン」が、初心者におすすめの銘柄ランキング第19位です。「ブラントン」は2018年最新のインターナショナル・ワイン・アンド・スピリッツ・コンペティションで銀賞を獲得しました。こちらのバーボンウイスキーはハイボールにしてミントを添えるとさらに美味しくいただけます。

贈り物としてブラントンを頂いたことを喜ぶTwitter

1つの樽で製造されるシングルバレルの「ブラントン」はバーボンウイスキーの中では高級品に分類されます。そのため上記Twitterのように贈り物にすると喜ばれることは間違いありません。バーボンウイスキーが好きな友人の結婚式や誕生日の贈り物に「ブラントン」を選んでみましょう。大切な人の喜ぶ顔が見られるはずです。

18位:ブラックニッカクリア

安い価格と飲みやすさを追求したウイスキー

ブラックニッカクリアを写している画像

日本の大衆的なウイスキー

販売価格:820円(700ml)

商品概要:ブレンデッドウイスキー

生産国:日本

アルコール分:37%

NHK連続テレビ小説「マッサン」で注目を浴びた竹鶴政孝の意思を受け継ぐ日本を代表するウイスキーが「ブラックニッカクリア」です。ほど良い軽さのモルト香と柔らかな甘さのウイスキーは初心者に適したものと言わざるを得ません。安い価格も「ブラックニッカクリア」が多くの人に愛されている理由です。

ハイボールとチョコの組み合わせを楽しむ愛好家

昔からウイスキーはチョコやナッツと相性が良いと言われてきました。そのため初心者の方は「ブラックニッカクリア」をハイボールにして、色々な種類のチョコやナッツと組み合わせてみましょう。本来持っている「ブラックニッカクリア」の甘みがより際立つはずです。

17位:アルバータプレミアム

ライ麦を100%使用したウイスキー

アルバータプレミアムを撮影している画像

特徴的な美しい琥珀色

販売価格:1800円(750ml)

商品概要:ライ・ウイスキー

生産国:カナダ

アルコール分:40%

「アルバータプレミアム」はライ麦のほのかな苦みとオーク樽の香りが楽しめるウイスキーです。こちらは2006年から4年連続でカナディアンウイスキー・オブ・ザ・イヤーを獲得しました。そのため世界的に人気のあるカナディアンウイスキーを語る上で欠かすことのできない1本です。ライ・ウイスキーを探している方は「アルバータプレミアム」を選んでみましょう。

カクテルにおすすめしたいアルバータプレミアム

ライ麦のコクをライトに仕上げた「アルバータプレミアム」はカクテルにもおすすめしたいウイスキーです。これまで多くのBARで「アルバータプレミアム」はスタンダードなカクテルに使用されてきました。上記のようにミントジュレップもおすすめの飲み方ですし、オレンジやレモンのピールをアクセントに加えても極上の味わいを楽しむことができます。

16位:アードベッグ10年

異彩を放つ個性的なウイスキー

アードベッグ10年を撮影している画像

アイラ島を代表する銘柄

販売価格:3575円(700ml)

商品概要:モルトウイスキー

生産国:スコットランド

アルコール分:46%

スコットランドのアイラ島で製造されている「アードベッグ10年」が、初心者におすすめの銘柄ランキング第16位となりました。ピートの燃焼によって風味付けられた磯の香りと強烈なスモーク香は、他に追随を許さない圧倒的な個性を放ちます。こちらはロックかストレートでフルーティーな余韻を味わいましょう。

アイラ島の異端児と称するTwitter

アイラウイスキーの異端児として輝きを放つ「アードベッグ10年」は、2008年にワールド・ウイスキー・オブ・ザ・イヤーを獲得しました。スコッチウイスキーの醍醐味を感じたい人には「アードベッグ10年」がおすすめです。他のウイスキーでは味わえないスモーキーな風味をじっくりと堪能してみましょう。

15位:ジェーアンドビー

黄色と赤の派手なラベルが目印

ジェーアンドビーを写している画像

歴史の重みが感じられるウイスキー

販売価格:1458円(700ml)

商品概要:ブレンデッドウイスキー

生産国:スコットランド

アルコール分:40%

「ジェーアンドビー」は250年以上の歴史を誇る老舗ブランドのスコッチウイスキーです。42種類の原酒をブレンドしたフルーティーな香りが特徴の「ジェーアンドビー」は、カクテルなどのミックスドリンクに使われてきました。目立つボトルラベルはBARの棚から見つけやすくするため考案されたそうです。BARで見かけたら迷わず注文するようにしましょう。

安い価格を評価するTwitter

滑らかな味わいのジェーアンドビーは安い価格も消費者から高く評価されています。毎日飲みたいウイスキーだからこそ価格を重視する人が少なくありません。コストパフォーマンスを気にする方は「ジェーアンドビー」を選ぶようにしましょう。必ず高い満足感を得られるはずです。

14位:カネマラ

バニラの香りが漂う高級ウイスキー

カネマラを撮影している画像

贈り物にすると喜ばれるカネマラ

販売価格:4200円(700ml)

商品概要:ブレンデッドウイスキー

生産国:アイルランド

アルコール分:40%

緑がかった琥珀色が美しい「カネマラ」が、初心者におすすめの銘柄ランキング第14位に輝きました。複雑でありながらスムースな口当たりは、清涼感を感じられる仕上がりになっています。ナチュラルな風味とスパイシーな後味は「カネマラ」にしか表現することができません。ラグジュアリーなウイスキーを贈り物に選んで大切な人を喜ばせてあげましょう。

カネマラの複雑な味を紹介している愛好家

ピートのスモーキーな香りとフルーティーな甘みを含んだ「カネマラ」は、ウイスキーファンにとって珠玉の名酒と言える存在です。どこか郷愁さえ感じられる高貴な味わいの「カネマラ」は、唯一無二のアイリッシュウイスキーとして愛されてきました。お値段はお高めですが自分へのご褒美におすすめの銘柄ランキング第14位を獲得した「カネマラ」を選んでみましょう。

13位:ジョニーウォーカーブラックラベル

12年の熟成期間が生んだ複雑な味わい

ジョニーウォーカーブラックラベルを写している画像

日本でもポピュラーなウイスキー

販売価格:2177円(700ml)

商品概要:ブレンデッドウイスキー

生産国:スコットランド

アルコール分:40%

ウイスキーのエベレストと称賛される「ジョニーウォーカーブラックラベル」は、ブレンデッドウイスキーならではの多様な味わいを楽しめる1品です。12年という熟成期間が生み出すスモーキーでフルーティーな味は、世界中のウイスキーファンの舌を満足させてきました。スコッチウイスキーのメジャー商品と言える「ジョニーウォーカーブラックラベル」はロックで味わうことをおすすめします。

ウイスキーの最高傑作と絶賛するTwitter

深い味わいと安い価格の「ジョニーウォーカーブラックラベル」は上記Twitterのように最高傑作という名に相応しいウイスキーです。シンプルなボトルラベルがオシャレな「ジョニーウォーカーブラックラベル」を味わって日々の疲れをリフレッシュさせてみましょう。

12位:白州

南アルプスで蒸留された極上の風味

白州を撮影している画像

森の息吹が感じられるウイスキー

販売価格:3500円(700ml)

商品概要:モルトウイスキー

生産国:日本

アルコール分:43%

初心者におすすめの銘柄ランキング第12位には、軽快な口当たりとキレのある後味がクセになる「白州」がランクインしました。森林の瑞々しさが感じられるこちらのウイスキーは、ミントを添えたハイボールでスッキリと飲むのがおすすめです。日本が世界に誇る高級ウイスキーの味わいをじっくりと堪能してみましょう。

日本製のウイスキーを応援しているTwitter

日本人としてジャパニーズウイスキーを応援したくなる気持ちは多くの人が共感できることでしょう。スコッチウイスキーを源流とするジャパニーズウイスキーは世界中に多くのファンを抱えています。これからウイスキーデビューをしようと思っている方は、日本人に最適な「白秋」を飲んで極上のテイストに酔いしれてみましょう。

11位:ブッシュミルズブラックブッシュ

400年の歴史を誇る最古のアイリッシュウイスキー

ブッシュミルズブラックブッシュを写している画像

丹精込めて作られた逸品

販売価格:4930円(700ml)

商品概要:ブレンデッドウイスキー

生産国:アイルランド

アルコール分:40%

完熟した果実のような香りをまとった「ブッシュミルズブラックブッシュ」は、ノンビート麦芽にこだわった味わい深いウイスキーです。3回の蒸留を経て精製されるアイリッシュウイスキーの中で、「ブッシュミルズブラックブッシュ」は特にクセが少ないことで愛されてきました。そのためウイスキーをこれから飲んでみようと思っている初心者に最適な1本となっています。

ブッシュミルズブラックブッシュに夢中な愛好家

由緒正しきブッシュミルズの中でも「ブッシュミルズブラックブッシュ」は際立った存在感を放つ極上のウイスキーです。決してお値段は安いわけではありませんが、一口飲むとフルーティーな風味が喉元を優しく刺激してくれます。アイリッシュウイスキーの真髄を味わいたい人は「ブッシュミルズブラックブッシュ」を選んでみましょう。

ウイスキー初心者におすすめの銘柄ランキング10位〜7位

美しいウイスキーを撮影している画像

いよいよランキングTOP10

ここからいよいよ初心者におすすめしたいウイスキーの銘柄ランキングTOP10がスタートしていきます。

 

TOP10は有名な商品ばかりですのでじっくりとランキングを確認しましょう。

10位:ジムビーム

世界一の売上を誇るバーボンウイスキー

ジムビームを紹介している画像

200年以上の歴史が生む珠玉の味わい

販売価格:1540円(700ml)

商品概要:バーボンウイスキー

生産国:アメリカ

アルコール分:40%

初心者におすすめの銘柄ランキング第10位の「ジムビーム」はキャラメルのようなフレーバーが世界中のファンを虜にしているバーボンウイスキーです。バーボンウイスキーの製造過程で定められている2倍の熟成期間を費やした「ジムビーム」の味わいは、ハイボールで楽しんでみましょう。スッキリとした味わいが喉元を爽やかにしてくれるはずです。

日本ではローラが出演するCMでお馴染みのジムビーム

日本ではモデルのローラが出演するCMで「ジムビーム」の知名度がアップしました。世界120ヶ国以上で愛されている「ジムビーム」は様々なテイストのハイボールも発売されています。メーカーのホームページではおすすめのカクテルレシピも紹介してくれていますので、いつもと違う味わいを試してみたい人は参考にしてみましょう。

ジムビームで家飲みを楽しんでいるTwitter

アメリカでは大衆に愛されるバーボンウイスキーだからこそ、どんな季節でも飲みたくなるシンプルな味わいをしていなければなりません。おすすめランキング第10位の「ジムビーム」は季節を問わず楽しめるスマートな風味が特徴的なウイスキーです。季節ごとにお好みの割り方で「ジムビーム」の魅力を満喫しましょう。

9位:ボウモア

アイラ島の女王と称賛されるウイスキー

ボウモアを撮影している画像

ウイスキーの聖地が生む極上の味

販売価格:3500円(700ml)

商品概要:モルトウイスキー

生産国:スコットランド

アルコール分:40%

「ボウモア」はシトラスとハチミツのフレーバーとスモーキーな風味が融合した心地良い味わいを楽しめるウイスキーです。かすかな潮の香りが食欲をそそる「ボウモア」は、歴代のエリザベス女王にも愛されてきました。おすすめの飲み方はハイボールになりますので、爽快な飲み心地と歴史の重みを感じてみましょう。飲んでみるとおすすめランキングTOP10入りした理由がお分かりいただけるはずです。

ボウモアの蒸留所を写している画像

歴史ある最古の蒸留所

1779年に創業した「ボウモア」の蒸留所はアイラ島で最古の歴史を誇っています。

 

多くの蒸留所が麦芽の製造を外部委託しているのですが「ボウモア」は現在も自社の麦芽乾燥塔で製造を続けてきました。

このこだわりこそが世界中にファンを抱えるボウモアの人気を支えています。初心者におすすめの銘柄ランキング第9位を獲得した「ボウモア」はピートのスモーキーな香りが特徴となっていますので、ご自宅でゆっくりと風味を楽しんでみましょう。アイラ島が培ってきた大自然の息吹を感じられるはずです。

ボウモアをロックで嗜む愛好家

上記はハイボールだけでなくロックでも美味しく頂ける「ボウモア」で日頃の疲れを癒しているTwitterです。日常の疲れを癒してくれるリフレッシュ効果にも期待が持てる「ボウモア」は、ご自分のスタイルで味わってみましょう。どんな飲み方にも女王様の風格で対応してくれるのが、おすすめの銘柄ランキング第9位に輝いた「ボウモア」の底力となっています。

8位:グレンフィデック

モルトウイスキーのパイオニア

グレンフィデックを撮影している画像

歴史を変えたウイスキー

販売価格:3180円(700ml)

商品概要:モルトウイスキー

生産国:スコットランド

アルコール分:40%

1963年に世界で初めて出荷されたモルトウイスキーが「グレンフィデック」です。軽やかな口当たりとフレッシュな味わいはウイスキーのエントリーモデルに最適の1本と言えるでしょう。強すぎない個性が特徴の「グレンフィデック」は万人受けするモルトウイスキーです。スコットランド最大の蒸留所が精製した極上の美味を自宅で楽しみましょう。

グレンフィデックの蒸留所を写している画像

人気観光地のグレンフィデック蒸留所

人気が高い「グレンフィデック」は蒸留所も大人気の観光地になっています。

 

「グレンフィデック」はこの蒸留所で12年以上熟成されたモルト原酒を伝統的な製法で醸造してきました。

スペイサイドの大自然が育んだ大麦と、独自の小型蒸留釜が生み出す極上の味わいは世界中のファンをこれからも魅了していくことでしょう。贈り物としても最適な「グレンフィデック」を飲まずしてウイスキーを語ることはできません。クセの少ない気品ある風味はロックかストレートで楽しむことをおすすめします。

和食との相性も抜群のグレンフィデック

柔らかな風味が特徴的な「グレンフィデック」は和食とも相性が良いウイスキーです。シンプルな味わいだからこそどんな料理ともマッチしてくれる「グレンフィデック」で、いつもの晩酌を華やかなものにしてみましょう。おすすめの銘柄ランキング第8位の「グレンフィデック」は心と身体をリフレッシュさせてくれる名酒です。

7位:響

日本の四季が生み出した高級ウイスキー

響を撮影している画像

繊細な味わいの美酒

販売価格:8000円(700ml)

商品概要:ブレンデッドウイスキー

生産国:日本

アルコール分:43%

サントリーが世界に誇るブレンデッドウイスキーの「響」が初心者におすすめの銘柄ランキング第7位にランクインです。その中でも21年熟成した「響21年」は2017年にワールド・ベスト・ブレンデッドウイスキーを獲得しました。ラインナップされた4種類が全て世界的な受賞歴を持つ「響」は日本人だからこそ飲んでおくべきウイスキーです。最高峰のジャパニーズウイスキーの柔らかく豊かな風味に酔いしれてみましょう。

響のテレビコマーシャル

素敵なCMが印象的な「響」は琥珀色のボディからローズやライチのフルーティーな香りが漂います。日本の最先端技術を駆使して製造された「響」は大人が嗜む高級品として愛されてきました。こちらはロックで香りを楽しむのがおすすめとなっていますので、高級な美酒を自分へのご褒美に選んでみましょう。

父の日の贈り物に響きを選んでいるTwitter

ウイスキーが好きな人にとって響を贈り物にしてもらうことは最高の幸せかもしれません。常にウイスキーの人気ランキングで上位にランクインする「響」は贈り物にも最適な名酒です。「響」をプレゼントに選ぶ場合は上記Twitterのように箱と熨斗紙を忘れないようにしましょう。箱に入れることで贈り物としてのランクが上がるはずです。

ウイスキー初心者におすすめの銘柄ランキング6位〜4位

ウイスキーをグラスに注いでいる画像

珠玉の名酒が並ぶTOP6

厳選された初心者におすすめしたいウイスキーの銘柄ランキングもいよいよTOP6を残すだけになりました。

 

ここからは大ヒットしている銘柄も登場しますので見逃さないようにしましょう。

6位:シーバスリーガル

スコットランドからの素敵な贈り物

シーバスリーガルを撮影している画像

12年熟成させたスコッチウイスキー

販売価格:3280円(700ml)

商品概要:ブレンデッドウイスキー

生産国:スコットランド

アルコール分:40%

初心者におすすめの銘柄ランキング第6位に輝いた「シーバスリーガル」はスコッチウイスキーの中でも圧倒的なマーケットシェアを誇ってきました。4種類のラインナップから日本人の口に適しているのは「シーバスリーガル ミズナラ12年」です。こちらは厳選された原酒を、日本原産のミズナラ樽で熟成させました。至高の逸品と称賛されるブレンデッドウイスキーの味わいを、是非一度試しておきましょう。

シーバスリーガルの奥深さを紹介する動画

「シーバスリーガル ミズナラ12年」はマスターブレンダーが日本への敬意を表すため製造されました。オレンジと洋ナシのフルーティーな香りの後に、砂糖菓子のような柔らかい風味が口の中に広がっていきます。さらにミズナラの樽で熟成させたことにより滑らかな後味を実現しました。最後の一滴まで飲み干したくなる美酒はロックで香りを楽しみながら味わってみましょう。

スナックでシーバスリーガルを楽しむ愛好家

上記Twitterのように「シーバスリーガル ミズナラ12年」の美味しさに大満足する愛好家は大勢います。飲んでいくうちに複雑な風味が鼻から抜けていく美味に酔いしれてみましょう。おすすめの銘柄ランキング第6位を獲得した名酒には説明が必要ないことをご理解できるはずです。飲み過ぎに注意しながらスコットランドからの素敵な贈り物を味わいましょう。

5位:カティサーク

帆船のラベルが特徴のスコッチウイスキー

カティサークを写している画像

クリアな味が人気の理由

販売価格:1345円(700ml)

商品概要:ブレンデッドウイスキー

生産国:スコットランド

アルコール分:40%

飲みやすさとお手頃な価格が人気となっている「カティサーク」が初心者におすすめの銘柄ランキング第5位を獲得しました。1923年の発売以降、全世界に幅広く受け入れられている「カティサーク」はライトな後味が特徴のスコッチウイスキーです。スッキリとした味わいのためハイボールにして、さらに爽快感をアップさせてみましょう。割合はカティサークと炭酸水を1:3にするのがおすすめの割り方になっています。

カティサークのレトロなCM

レトロなコマーシャルがあることで「カティサーク」が古くから日本人に愛されてきたことがお分かりいただけると思います。飲みやすさを追求した「カティサーク」は世界中の幅広い世代から支持を集めてきました。大衆的なスコッチウイスキーとして確固たる地位を築いた美酒は、これからも多くのウイスキーファンの喉を潤わせていくことでしょう。

ハイボールで1日の疲れを労う愛好家

スッキリとした飲み口のハイボールは「カティサーク」の良い所を際立たせる飲み方になっています。ミントを添えて飲んでみるとさらに爽快感がプラスされますので、こちらの飲み方も試してみましょう。穏やかでクリアな味わいの「カティサーク」はどんなカクテルにも合わせられる高いポテンシャルを秘めたウイスキーです。

4位:山崎

日本最古の蒸留所で製造されるプレミアムなウイスキー

山崎を撮影している画像

世界一を獲得した山崎

販売価格:7600円(700ml)

商品概要:モルトウイスキー

生産国:日本

アルコール分:43%

4種類のラインナップが用意された「山崎」はインターナショナル・スピリッツ・チャレンジなどで数多くの受賞歴を誇っています。2003年以降の受賞以来、「山崎」は世界中のウイスキーファンから敬愛される存在になりました。京都の郊外に建てられた日本最古の蒸留所が生み出すウイスキーは、芸術品と称賛する声もあるほどです。日本の伝統技術がもたらす最高の1杯で、最上の癒しを体験してみましょう。

山崎の蒸留所を紹介するCM

上記の映像は俳優の小栗旬がナレーターを務めた「山崎」のテレビコマーシャルです。由緒正しい蒸留所を見ているだけで胸が引き締まる思いを抱く方もいるのではないでしょうか。格式と伝統に守られているからこそ「山崎」は世界最高峰のウイスキーと呼ばれています。リッチなウイスキーでラグジュアリー感のある晩酌を楽しんでみましょう。

蒸留所を見学した愛好家のTwitter

京都の天王山から湧き出た天然水を使用した「山崎」の上質な味わいを感じた後は、上記Twitterのように蒸留所を見学に行きましょう。ウイスキーファンにとって「山崎」の蒸留所は聖地とも言える素敵な場所になっています。「山崎」が醸造される場所の空気を吸うと、より一層このウイスキーが持つ味わい深さを感じられるはずです。

ウイスキー初心者におすすめの銘柄ランキング3位〜1位

グラスを2つ並べている画像

TOP3は世界最高峰の名酒

お伝えしてきた初心者におすすめしたいウイスキーの銘柄ランキングもあっという間にTOP3までやってきました。

 

ここから登場する世界最高峰の名酒を飲んで高貴な味に酔いしれてみましょう。

3位:ザ・マッカラン

絶大な人気を誇る超高級モルトウイスキー

ザ・マッカランを写している画像

世界最高峰のプレミアムウイスキー

販売価格:25000円(700ml)

商品概要:モルトウイスキー

生産国:スコットランド

アルコール分:40%

「ザ・マッカラン」はイギリスでウイスキーのロールスロイスと讃えられる超高級なモルトウイスキーです。使われる原酒は小さな蒸留器で精製されたもので、蒸留を繰り返した結果、その量はわずか16%しか残りません。このこだわり抜いた極上の原酒が「ザ・マッカラン」の味を洗練させたものへ変えていくのです。シェリーを熟成させたオーク樽で風味付けられた極上の1杯を味わってみましょう。

ザ・マッカラン12年を撮影している画像

約200年変わらぬ製造方法

「ザ・マッカラン」は約200年間、肥沃な土壌で栽培された大麦を自社栽培してきました。

 

この伝統的な製造方法はこれからも変わることはないでしょう。

2005年からは蒸留所にゲストハウスを設けることで、観光客が「ザ・マッカラン」を本場で楽しむことができるようにしています。「ザ・マッカラン」はこれからも伝統的なスタイルを維持しながら世界中のウイスキー通を魅了していきます。世界最高峰のラグジュアリーな高級ウイスキーで最高のひと時を楽しみましょう。

美味しい水割りの作り方を紹介する動画

上記の動画ではプロのバーテンダーが「ザ・マッカラン」で最高の水割りを作る方法を紹介しています。超高級なウイスキーだからこそ、最高の飲み方で飲まなくてはなりません。水割りが好きな人は上記の映像を参考にしながら極上の1杯を楽しんでみましょう。最高級のウイスキーは飲むだけで人生に幸せをプラスしてくれるはずです。「ザ・マッカラン」で至高の空間を手に入れましょう。

マッカランでハイボールを楽しんでいるTwitter

「ザ・マッカラン」はハイボールでも最高の味を楽しめるウイスキーです。その中でも「ザ・マッカラン ファインオーク12年」という銘柄が最もハイボールに適していると言われています。シトラスのような爽やかな味わいが炭酸水で割ることによってより一層洗練されたものになりますので、ハイボールで奥の深い後味を満喫してみましょう。

2位:ラフロイグ

アイラモルトの王様と評価されるスコッチウイスキー

ラフロイグを撮影している画像

強力な個性を放つシングルモルト

販売価格:5600円(750ml)

商品概要:モルトウイスキー

生産国:スコットランド

アルコール分:43%

アイラ島で製造されるウイスキーの中で、最もスモーキーで海藻の香りを感じられる銘柄が「ラフロイグ」です。その強すぎる個性からキング・オブ・アイラモルトと呼ばれ世界中のウイスキーファンを虜にしてきました。この「ラフロイグ」を飲まない限り、真のウイスキー通を自称することはできません。「ラフロイグ」を飲んで王様の放つ深遠な味わいと、滑らかなコクを口の中で感じ取ってみましょう。

ラフロイグの蒸留所を写している画像

英国王室御用達のラフロイグ蒸留所

アイラ島南部で製造される「ラフロイグ」は1994年から英国王室御用達のウイスキーに選出されました。

これはシングルモルトウイスキーとしては歴史上初めての快挙です。特にチャールズ皇太子がお気に入りなのだそうで、新製品の発表会には必ず足を運んで試飲をしてきました。世界のVIPに愛される「ラフロイグ」はこれからも独創的な輝きを放ち続けます。是非この機会にフェノール値の高いピートで風味付けられた王室御用達の味をご自宅で楽しみましょう。

クセの強いラフロイグはハイボールがおすすめ

初心者の方はまず「ラフロイグ」をハイボールで味わってみましょう。独特のクセがあるため最初にロックやストレートで飲むことは初心者にはおすすめできません。そのためまずはハイボールかカクテルにしてもらうと飲みやすいはずです。「ラフロイグ」の個性が分かるようになった段階で、色々な飲み方を試しながら「ラフロイグ」を奥の深さに酔いしれていきましょう。

ラフロイグの特徴的な香りの虜になった人のつぶやき

「ラフロイグ」は一度ハマってしまうと抜け出せなくなる魅力を持った美酒です。その強烈な個性には上記Twitterのように始めは驚いてしまう人がいるかもしれません。しかしこの個性こそが世界中のウイスキーファンを魅了しています。「ラフロイグ」を飲んでアイラウイスキーの真髄を身体に染みわたらせていきましょう。

1位:バランタイン

世界最高峰のウイスキーブランド

バランタインファイネストを写している画像

最高技術を結集させたウイスキー

販売価格:1390円(700ml)

商品概要:ブレンデッドウイスキー

生産国:スコットランド

アルコール分:40%

初心者におすすめの銘柄ランキング第1位に輝いたのは、数々の受賞歴を誇るスコットランドの名門「バランタイン」でした。まず初心者に飲んでもらいたい銘柄は上記画像の「バランタインファイネスト」です。こちらはスタンダードなスコッチウイスキーになっていて、40種類の原酒をブレンドして滑らかな風味を作り上げました。誰からも愛される気品あふれる美味に魅了されてみましょう。

バランタイン30年を撮影している画像

バランタイン最高の逸品

左記画像の「バランタイン30年」は長い熟成期間をかけて完成した最高峰のウイスキーです。

 

深い黄金色が食欲をそそり、バニラ香が楽しめる後味は垂涎ものの逸品と言わざるを得ません。

初心者にまず楽しんでもらいたい「バランタインファイネスト」を味わった後は、是非この「バランタイン30年」を味わってみましょう。おすすめの飲み方はロックになります。この最高傑作の「バランタイン30年」を飲むと全世界を魅了し続ける「バランタイン」の底力が感じられるはずです。

バランタインがこだわるエレメントを紹介する映像

バランタインは原料である大麦を味にクセのない軟水を使って発酵させます。それを独特な形状のポットスチルで蒸留していき、オーク樽で熟成させたものをマスターブレンダーが厳選してブレンドしていきます。このこだわったエレメントを守り抜くためラベルに刻み込みました。現在は5代目になるマスターブレンダーが「バランタイン」の伝統を継承しています。

昼間からバランタインを嗜んでいるTwitter

お休みの日や天気が悪く外出できない日は、昼間から「バランタイン」で癒される過ごし方がおすすめかもしれません。最高峰のウイスキーで昼間からくつろげる人は人生に余裕があるということでしょう。初心者におすすめの銘柄ランキング第1位を獲得した「バランタイン」は日々のストレスから解放してくれる名酒です。

ウイスキーは贈り物にもおすすめ!

ロックのウイスキーを撮影している画像

ウイスキーはお酒好きが喜ぶ贈り物

目上の人や大切な人に感謝の気持ちを表す贈り物としてウイスキーをプレゼントすると喜ばれることをご存知でしょうか。

お酒が好きな人に喜ばれる理由の1つは、未開封であれば賞味期限が無いということです。自分の好きなタイミングで飲み始めることができるため、ウイスキーは最高の贈り物と言われてきました。さらにリッチな価格帯も贈り物に最適と言えます。ここではいくつか贈り物におすすめのウイスキーをご紹介しますので、予算に合わせた銘柄を選んでみましょう。

イチローズモルト

世界的に高い評価を受けるイチローズモルト

世界の品評会で評価されるウイスキー

まずご紹介するのは日本が世界に誇るウイスキーメーカーのベンチャーウイスキーが製造する「イチローズモルト」です。

 

こちらは自然の風味を生かすため冷却濾過と人工着色を行っていません。

 

大人気の「イチローズモルト」は品切れの場合がありますので注意しましょう。

その中でも贈り物におすすめなのが上記画像の「イチローズモルト ダブルディスティラリーズ」になります。この銘柄はワールド・ウイスキー・アワードでベストジャパニーズブレンデッドモルトに選ばれました。6000円(700ml)という価格帯も贈り物に最適なものとなっています。大切な人へ最高のジャパニーズウイスキーをプレゼントしてみましょう。

ニッカ・フロム・ザ・バレル

ニッカ・フロム・ザ・バレル

再貯蔵が生み出す重厚な味わい

「ニッカ・フロム・ザ・バレル」は原酒をブレンド後、さらに数カ月間再貯蔵したウイスキーです。

 

この製造工程によって調和の取れた重厚な旨みを引き出すことに成功しました。

再貯蔵後に加える水を最小限にしたためアルコール分は51%と高めになっています。骨太な飲み応えと称されるこのウイスキーはインターナショナル・スピリッツ・チャレンジで最高賞を獲得しました。2106円(500ml)という販売価格も贈り物に相応しいと言えます。濃厚な香りが楽しめる「ニッカ・フロム・ザ・バレル」で大切な人の心を癒してあげましょう。

ジェムソン ボウ・ストリート18年

ボウ・ストリート18年を写している画像

アイリッシュウイスキーの最上品

アイルランドの世界的ウイスキーメーカーであるジェムソンの最上位銘柄が「ジェムソン ボウ・ストリート18年」になります。

こちらは樽から取り出したウイスキーに加水しないカスクストレングスという製法をジェムソンで初めて用いました。そのためアルコール分は55.3%と高めになり、力強い味わいとスパイシーな後味の余韻を楽しむことができます。こちらは少量生産のためプレミアムな価値が付加されることが予想されています。販売価格は32000円(700ml)とお高めになっていますので、とっておきの贈り物に選んでみましょう。

竹鶴21年ピュアモルト

竹鶴21年ピュアモルトを撮影している画像

ニッカの大人気ウイスキー

ジャパニーズウイスキーの父である竹鶴政孝の名前を冠した「竹鶴21年ピュアモルト」も贈り物にしてもらいたい名酒です。

 

21年の熟成期間による複雑で重厚な味わいはウイスキーが好きな人にはたまりません。

こちらは販売価格が15000円(700ml)でアルコール分は43%になっています。日本が世界に誇るウイスキーを贈り物にして大切な人へ感謝の気持ちを表しましょう。お酒が好きな日本人で「竹鶴21年ピュアモルト」をプレゼントされて喜ばない人はいないはずです。「竹鶴21年ピュアモルト」を贈り物にする場合は化粧箱入りを選ぶようにしましょう。さらに贈り物としての価値が上がるはずです。

知多

知多を撮影している画像

美しい色合いのウイスキー

サントリーの知多は黄金色をした甘い樽の香りが漂うジャパニーズグレーンウイスキーです。

 

和食との相性が抜群な「知多」も贈り物に選ぶと喜ばれることでしょう。

アルコール分43%で価格は3800円(700ml)となっていますので、日常的なプレゼントにおすすめのウイスキーです。グレーンウイスキーは種類が豊富にあるわけではありませんので、贈り物にオリジナリティを出したい人は「知多」を選ぶようにしましょう。真似のできない個性的なプレゼントを頂いて喜ばない人はいないはずです。

マルスモルテージ越百モルトセレクション

マルスモルテージ越百モルトセレクションを写している画像

ウイスキー好きを唸らせる逸品

「マルスモルテージ越百モルトセレクション」は本坊酒造が作るアルコール分43%のブレンデッドウイスキーです。

 

駒ヶ岳の清流で作られるこちらのウイスキーは、タイプの異なる原酒をブレンドすることにより奥行のある味わいを表現しました。

夜空をイメージしたボトルラベルと、宇宙を連想させる越百(コスモ)というネーミングがオシャレなため贈り物にピッタリの商品です。価格は4536円(700ml)になっていますので相手に余計な気を遣わせることもありません。お中元やお歳暮など、季節の変わり目に「マルスモルテージ越百モルトセレクション」をプレゼントしましょう。以上が厳選した贈り物に最適なウイスキーでした。

ウイスキー初心者におすすめの銘柄ランキングまとめ

世界五大ウイスキーを紹介している画像

世界の大人を虜にするウイスキー

ここまで初心者におすすめしたいウイスキーの銘柄ランキングTOP30をまとめてきました。

 

世界五大ウイスキーはそれぞれ特徴が異なるため、簡単に甲乙をつけることができません。

その中で厳選したTOP30のウイスキーはどれも個性的で、世界中のファンを魅了してきました。これから先も世界中の蒸留所が素敵なウイスキーを醸造してくれることでしょう。賞味期限が長いウイスキーは、お酒が好きな人への贈り物にすると喜ばれるはずです。ランキングでご紹介した中からお気に入りの1本を見つけて、自分へのご褒美と大切な人への贈り物に選んでみましょう。

食品・飲料に関する他のまとめ記事はこちら!

果実酒おすすめランキングTOP15!簡単な手作りレシピも! | ランキングまとめメディア
おすすめシャンパンランキングBEST20!大人が選ぶ本物のシャンパンは? | ランキングまとめメディア
ミネラルウォーターおすすめランキングTOP20!美味しさ徹底比較【2018年版】 | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ