ハイボールに合うウイスキーのおすすめ銘柄ランキング20選!美味しく飲むコツとは?

ハイボールはウイスキーと炭酸水をブレンドさせたカクテルで、幅広い世代から人気があります。そんなハイボールと組み合わせるウイスキーは、様々な種類があるので選び方がポイントとなります。ウイスキーによって値段が安いウイスキー、量が多いウイスキー、アレンジが加えられているウイスキーなど、それぞれ違いがあります。ハイボールに合うウイスキーのおすすめ銘柄ランキング20選をチェックしてみて下さい。おすすめランキングと合わせて美味しく飲むコツをご紹介します。

目次

  1. ハイボールに合うおすすめウイスキーランキング20選!
  2. ハイボールに合うおすすめウイスキーランキング20位~11位
  3. ハイボールに合うおすすめウイスキーランキング10位~7位
  4. ハイボールに合うおすすめウイスキーランキング6位~4位
  5. ハイボールに合うおすすめウイスキーランキング3位~1位
  6. 極上に美味しいハイボールの作り方
  7. ウイスキーの保存方法や賞味期限は?
  8. ハイボールに合うおすすめウイスキーランキング20選!のまとめ

ハイボールに合うおすすめウイスキーランキング20選!

アレンジ自在!ハイボールに合うウイスキーの種類や違いを紹介

ウイスキー

ランキングをチェック!

ハイボールと相性が良いウイスキーランキング20選をご紹介します。

 

予想するウイスキーはランクインするでしょうか?

ハイボールに合うウイスキーの選び方のポイント

安いものから自分に合うものを選ぶ

ウイスキー

安い価格のウイスキーについて

ウイスキーの選び方として、安い価格のウイスキーから選んでいく決め方があります。

 

安いウイスキーだと1000円代で購入できる、美味しいウイスキーもあります。

好みの味などで選ぶ

ウイスキー

種類が多いウイスキー

ウイスキーはメーカーや種類によって、味わいや香りが変わってくるので、様々なウイスキーを試して、自分好みのウイスキーを見つけるのも良いようです。

ハイボールに合うおすすめウイスキーランキング20位~11位

20位:ボウモア「シングルモルトウイスキー12年」

ボウモア「シングルモルトウイスキー12年」

ハイボールと合う人気のウイスキー

・価格:4400円

・メーカー:ボウモア

・種類:スコッチウイスキー

・内容量:700ml

・アルコール度数:40%

・原料:モルト

・香り:スモーキー・レモン・はちみつ

ハイボールに合うおすすめウイスキーランキング第20位は、ボウモア「シングルモルトウイスキー12年」です。ボウモア「シングルモルトウイスキー12年」は、スコットランドアイラ島にあり、アイラ島の中で最古のウイスキー蒸留所となります。ボウモアの操業は1779年で、1989年にサントリーが参入しました。

アイラ島最古のウイスキーボウモア「シングルモルトウイスキー12年」

ボウモア「シングルモルトウイスキー12年」

香り高いおすすめのウイスキー

ハイボールに合うおすすめウイスキーランキング第20位のボウモア「シングルモルトウイスキー12年」は、スモーキーでコクのあるウィスキーとなります。

 

 

ボウモア「シングルモルトウイスキー12年」の仕込み水は、蒸留所の近くを流れるラガン川を源としています。ラガン川の水は軟水で、アイラ島ならではの仕込み水となります。その水に大麦を浸し、発芽を促します。この製造工程を、フロアモルティングと言います。非効率な仕事ですが、ボウモア「シングルモルトウイスキー12年」の美味しさの秘密が隠されています。

ボウモア「シングルモルトウイスキー12年」

おすすめポイントは?

様々な炭酸水と合うウイスキーで、アレンジしやすいのが特徴です。

フロアモルティングの製造工程を行った後は、乾燥室に運び込まれ、ビートの熱煙で発芽の成長を止めます。この時スモーキーフレーバー香りが、発芽に浸み込む仕組みになっています。手間がかかる製造工程ですが、他のハイボールとの違いを感じることができます。

19位:サントリー「山﨑12年」

炭酸水と合う!おすすめのジャパニーズウイスキー

サントリー「山﨑12年」

ランキング第19位のおすすめウイスキー

・価格:19800円

・メーカー:サントリー

・種類:ジャパニーズウイスキー

・内容量:700ml

・アルコール度数:43%

・原料:モルト

・香り:熟した柿、桃、バニラ

「山﨑12年」の蒸留所は、日本最古のモルトウイスキー蒸留所です。山﨑の蒸留所では無料見学することができるので、より詳しくウイスキーハイボールを知ることができます。サントリー「山﨑12年」にはテイスティングカウンターやギフトショップなどもあるので、興味のある方は注目です。ハイボールに合うおすすめウイスキーランキング第19位のサントリー「山﨑12年」は、甘いバニラのような後味で、樽香もあります。

サントリー「山﨑12年」

金賞を受賞しているウイスキー

サントリー「山﨑12年」は2018年ISC金賞、2014年SWSC金賞、2010年ISC金賞、2009年SWSC最優秀金賞を受賞しています。

 

ISCはインターナショナル・スピリッツ・チャレンジと呼び、ロンドンで開かれる大会となります。

ウイスキー部門やブランデー部門、ラム部門などに分かれ、ウイスキー部門では約500品がエントリーされます。SWSCはサンフランシスコ・ワールド・スピリッツ・コンペティションと呼び、米国の酒類業界紙などが主催しています。国際的なコンペティションで、厳正なテイスティングを行い選ばれます。多様にアレンジできるサントリー「山﨑12年」は、他のウイスキーとの違いが分かりやすいです。

サントリー「山﨑12年」

ハイボールと合うウイスキー

ハイボールに合うおすすめウイスキーランキング第19位は、サントリー「山﨑12年」です。

 

サントリー「山﨑12年」は繊細で上品な口当たりで、ジャパニーズウイスキーを代表するウイスキーです。

 

サントリー「山﨑12年」は700mlの他にミニチュア瓶として、50mlの種類があります。多様にアレンジできるサントリー「山﨑12年」は、他のウイスキーとの違いが分かりやすいです。

18位:アーリータイムズ「イエローラベル」

様々な飲み方ができるウイスキー

アーリータイムズ「イエローラベル」

ランキング第18位の人気ウイスキー

・価格:1600円

・メーカー:アーリータイムズ

・種類:アメリカンウイスキー

・内容量:700ml

・アルコール度数:40%

・原料:グレーン、モルト

ハイボールに合うおすすめウイスキーランキング第18位は、アーリータイムズ「イエローラベル」です。アーリータイムズ「イエローラベル」は口当たりが柔らかで、甘い香りがあります。キレの良い後味で、ロングセラーのウイスキーとなります。アーリータイムズ「イエローラベル」は700mlの他に、200mlペットボトル、1000ml、1750mlペットボトルが販売されています。

アーリータイムズ「イエローラベル」

ハイボールと合うおすすめウイスキー

ハイボールに合うおすすめウイスキーランキング第18位のアーリータイムズ「イエローラベル」は、イエローの他にブラウンラベルが販売されています。

 

ブラウンラベルはろ過の工程を2回行い、香りが強いのが特徴です。

コクがあるバーボンで、700mlのみの販売となります。おすすめのアーリータイムズ「イエローラベル」の原料は、トウモロコシ79パーセント、ライ麦11パーセント、大麦モルトが10パーセントの配分となります。ブラウンと違い、配分量が違うのがポイントとなります。アーリータイムズ「イエローラベル」はブラウンラベルの他に、アーリータイムズブラインドアーチャーが販売されています。

アーリータイムズ「イエローラベル」

カクテルにもおすすめ

アーリータイムズブラインドアーチャーは米国で伸びているウイスキーで、青りんごとシナモンのフレーバーを加えています。

 

カクテルなどアレンジしやすいウイスキーとなります。

17位:サントリー「オールドクロウ」

違いが分かりやすいおすすめのウイスキー

サントリー「オールドクロウ」

ランキング第17位の人気ウイスキー

・価格:1512円

・メーカー:サントリー

・種類:アメリカンウイスキー

・内容量:700ml

・アルコール度数:40%

・原料:モルト

ハイボールに合うおすすめウイスキーランキング第17位は、サントリー「オールドクロウ」です。サントリー「オールドクロウ」はケンタッキー州フランクフォートでウイスキーの製造を開始し、1835年に現在のオールドクロウが発売されました。「オールドクロウ」は一時期最も売れているバーボンとして人気がありましたが、サワーマッシュの工程で誤りがあり人気が激減しました。

サントリー「オールドクロウ」

おすすめポイントは?

「オールドクロウ」は愛飲する人が多く、現在でも根強い人気があります。

 

「オールドクロウ」を製造したジェームズ・クロウ氏は、バーボンの品質を平均にする、サワーマッシュの開発者としても知られています。

 

サントリー「オールドクロウ」は炭酸水とあわせるとメロンのような香りが広がり、甘さも感じることができます。

 

サントリー「オールドクロウ」はクセが強いウイスキーなので、炭酸水と合わせて飲むことをおすすめします。アレンジが多様にできるので、人気高いです。

 

さらにサントリー「オールドクロウ」は安い価格で購入することができるので、手に入れやすいのが特徴です。

 

サントリー「オールドクロウ」はフルーティーな味わいがあるウイスキーで、他のウイスキーと違いを楽しみたい方におすすめです。

16位:I.W.HARPER「ゴールドメダル」

炭酸水と合う!多様にアレンジできるウイスキー

I.W.HARPER「ゴールドメダル」

ランキング第16位のおすすめウイスキー

・価格:1660円

・メーカー:I.W.HARPER

・種類:アメリカンウイスキー

・内容量:700ml

・アルコール度数:40%

・原料:モルト・グレーン

ハイボールに合うおすすめウイスキーランキング第16位は、I.W.HARPER「ゴールドメダル」です。I.W.HARPER「ゴールドメダル」は1877年に誕生し、アイザック・ウォルフ・バーンハイムによって誕生しました。I.W.HARPERの由来は製造者のハーパーと、ハーパーの親友であるフラク・ハーパーの名前を取り、I.W.HARPERと名付けたそうです。

I.W.HARPER「ゴールドメダル」

おすすめポイントは?

I.W.HARPER「ゴールドメダル」は爽やかさがある口当たりで、バニラやバナナの香りがあります。酸味もあり、香りはバニラの香りが強く立ちます。

 

I.W.HARPER「ゴールドメダル」は1885年にニューオリンズの博覧会で金賞を受賞し、その他にも数々の金賞を受賞したことから、ゴールドメダルと呼ばれるようになりました。

I.W.HARPER「ゴールドメダル」は炭酸水と合わせたハイボール、I.W.HARPER「ゴールドメダル」にクランベリーを合わせたソーダクランベリー、I.W.HARPER「ゴールドメダル」にオレンジを加えたハーパーソーダオレンジなどのアレンジカクテルが人気です。

I.W.HARPER「ゴールドメダル」

人気があるウイスキー

I.W.HARPER「ゴールドメダル」は、比較的に安い値段に手に入れることができるのでおすすめです。

15位:サントリーウイスキー「知多」

比較的に安い値段手に入るウイスキー

サントリーウイスキー「知多」

ランキング第15位の人気ウイスキー

・価格:3446円

・メーカー:サントリー

・種類:ジャパニーズウイスキー

・内容量:700ml

・アルコール度数:43%

・原料:グレーン、モルト

ハイボールに合うおすすめウイスキーランキング第15位は、サントリーウイスキー「知多」です。サントリーウイスキー「知多」のラベルは、和紙を使用したラベルとなります。知多のデザインは、書家荻野丹雪氏によって書かれた文字となります。さらにサントリーウイスキー「知多」のキャップは、濃藍を線状に重ねたシールで、軽やかな風を表現しています。

サントリーウイスキー「知多」

おすすめポイントは?

 

ハイボールに合うおすすめウイスキーランキング第15位のサントリーウイスキー「知多」は、ヘビータイプ原酒、ミディアムタイプ原酒、クリーンタイプ原酒の作り分けを行っています。

ミディアムタイプ原酒はマイルドな口当たりで、甘みもあります。クリーンタイプ原酒はクリーンでほのかな甘さがあります。サントリーウイスキー「知多」は700mlの他に、350ml、180mlのサイズがあります。700mlは3800円、350mlは1900円、180mlは1030円なので、比較的に安い値段で手に入れることができます。

サントリーウイスキー「知多」

アレンジが多様にできるウイスキー

 

サントリーウイスキー「知多」は軽やかで甘い香りが特徴で、アレンジもしやすいウイスキーとなります。

 

炭酸水と合うウイスキーで、他のウイスキーと違いが分かりやすいです。

サントリーウイスキー「知多」と炭酸水を合わせたハイボールは、すだち、ショウガ、山椒、葡萄、梨などをアレンジすると、より美味しいハイボールを作ることができます。

14位:「バランタインファイネスト」

独特のデザインが特徴のウイスキー

「バランタインファイネスト」

ランキング第14位の人気ウイスキー

・価格:1156円

・メーカー:サントリー

・種類:スコッチウイスキー

・内容量:700ml

・アルコール度数:40%

・原料:モルト、グレーン

ハイボールに合うおすすめウイスキーランキング第14位は、「バランタインファイネスト」です。「バランタインファイネスト」は200ml、700ml、1000ml、1750mlがあります。200mlは640円、700mlは1390円、1000mlは2100円、1750mlは3200円の安い値段となります。

「バランタインファイネスト」

おすすめポイントは?

「バランタインファイネスト」はラベルデザインが美しく、独特のラベルデザインとなります。

 

Vにデザインされたラベルは、シェブロンシェイプラベルと呼ばれています。

「バランタインファイネスト」は40種類のモルト原酒をブレンドしていて、滑らかな風味のウイスキーです。香りはバニラや蜂蜜で、豊かなな味わいです。「バランタインファイネスト」の美味しい飲み方は、「バランタインファイネスト」と炭酸水、レモンピールを入れるハイボールアレンジがおすすめです。「バランタインファイネスト」は世界160か国で愛飲されていて、定番のスコッチウイスキーとなります。

13位:キリンビール「富士山麓/樽熟原酒50度」

安い値段で手に入れることができるウイスキー

キリンビール「富士山麓/樽熟原酒50度」

ランキング第13位のウイスキー

・価格:1345円

・メーカー:キリン

・種類:ジャパニーズウイスキー

・内容量:700ml

・アルコール度数:50%

・原料:モルト・グレーン

ランキング第13位は、キリンビール「富士山麓/樽熟原酒50度」です。「富士山麓/樽熟原酒50度」は、アルコール度数50パーセントのウイスキーとなります。キリンビール「富士山麓/樽熟原酒50度」はノンチルフィルタード製法で、冷却ろ過を行わずに瓶詰めすることで、うまみ成分を逃がさない製法となります。ノンチルフィルタード製法はプレミアム品や限定品などで採用される製法で、上質な味わいがあります。

キリンビール「富士山麓/樽熟原酒50度」

製造工程がポイントのウイスキー

キリンビール「富士山麓/樽熟原酒50度」は富士御殿場蒸留所で、出来るだけ樽出しに近い状態でびん詰する製造工程となります。

キリンビール「富士山麓/樽熟原酒50度」は比較的に安い値段で、手に入れることができるウイスキーです。おすすめウイスキーキリンビール「富士山麓/樽熟原酒50度」のパッケージは、富士山の背景が描かれていて、富士山麓を堂々とデザインされています。キリンビール「富士山麓/樽熟原酒50度」は富士山の麓で創業され、蒸留所が建設されたのは1973年となります。

キリンビール「富士山麓/樽熟原酒50度」

おすすめポイントは?

富士山の麓は年間平均気温が13度と、本場スコットランドと変わらない気候で製造されています。

熟成には180ℓの小樽を使用していて、仕込みからボトリングを一貫して生産しています。キリンビール「富士山麓/樽熟原酒50度」は炭酸水と合うウイスキーで、ハイボールアレンジが人気です。

12位:ペルノリカールジャパン「ザ・グレンリベット12年」

ソフトな口当たりが人気のウイスキー

ペルノリカールジャパン「ザ・グレンリベット12年」

ランキング第12位のウイスキー

・価格:3542円

・メーカー:ペルノリカールジャパン

・種類:スコッチウイスキー

・内容量:700ml

・アルコール度数:40%

・原料:モルト

ハイボールに合うおすすめウイスキーランキング第12位は、ペルノリカールジャパン「ザ・グレンリベット12年」です。ペルノリカールジャパン「ザ・グレンリベット12年」は、シングルモルトの原点となったウイスキーです。ペルノリカールジャパン「ザ・グレンリベット12年」の香りは、トロピカルフルーツや花の香りを楽しむことができます。

ペルノリカールジャパン「ザ・グレンリベット12年」

おすすめポイントは?

 

味わいは特有のバニラの味わいと、はちみつの甘さを伴うソフトな風味となります。後味はさっぱりで、柔らかく滑らかな余韻があります。

 

ペルノリカールジャパン「ザ・グレンリベット12年」は700mlの他に、ペルノリカールジャパン「ザ・グレンリベット12年」ミニが販売されています。

 

ペルノリカールジャパン「ザ・グレンリベット12年」ミニは50mlで、460円で販売されています。

安い価格で購入できるペルノリカールジャパン「ザ・グレンリベット12年」は、フルーティーなウイスキーで、贅沢な気分を味わうことができます。ペルノリカールジャパン「ザ・グレンリベット12年」はウイスキー職人の手本ともされてきたウイスキーで、目標としても愛されてきました。

ペルノリカールジャパン「ザ・グレンリベット12年」

人気があるウイスキー

ペルノリカールジャパン「ザ・グレンリベット12年」は、Amazonリキュールカテゴリーで2015年6位、2016年7位と二度入賞しています。

 

明るい金色のウイスキーで、軽やかな飲みごたえがあります。

 

11位:バカルディジャパン「カティサークオリジナル」

安い価格で購入できるウイスキー

バカルディジャパン「カティサークオリジナル」

ランキング第11位の人気ウイスキー

・価格:1345円

・メーカー:バカルディジャパン

・種類:スコッチウイスキー

・内容量:700ml

・アルコール度数:40%

・原料:モルト、グレーン

ハイボールに合うおすすめウイスキーランキング第11位は、バカルディジャパン「カティサークオリジナル」です。バカルディジャパン「カティサークオリジナル」はライトな口当たりで、ウイスキー初心者にもおすすめです。700mlの他に、1ℓの種類があるので、用途によって選ぶことができます。「カティサークオリジナル」はブレンデッドウィスキーとして、1923年に開発されました。

バカルディジャパン「カティサークオリジナル」

おすすめポイントは?

 

アレンジが多様にできるウイスキーで、炭酸水と合うハイボールも相性が良いです。

 

バカルディジャパン「カティサークオリジナル」は比較的に安い値段で購入することができる、おすすめのウイスキーです。

安い値段で購入できるバカルディジャパン「カティサークオリジナル」ですが、世界ウイスキーランキングの中でも上位で根強い人気があります。飲みやすさが特徴のウイスキーで、他のウイスキーとの違いが分かります。カティサークはスコットランドの古語で、短いシミーズという意味があります。シェリー樽で熟成した高級モルトを中心にブレンドしていて、程よいバランスがあるウイスキーです。

ハイボールに合うおすすめウイスキーランキング10位~7位

10位:サントリー「カナディアンクラブ20年」

サントリー「カナディアンクラブ20年」

ランキング第10位のおすすめウイスキー

・価格:15000円

・メーカー:サントリー

・種類:カナディアンウイスキー

・内容量:750ml

・アルコール度数:40%

・原料:モルト、グレーン

ハイボールに合うおすすめウイスキーランキング第10位は、サントリー「カナディアンクラブ20年」です。サントリー「カナディアンクラブ20年」は、C.Cの愛称で親しまれているウイスキーで、幅広い世代から人気があります。サントリー「カナディアンクラブ20年」はレーズンやキャンディ、りんごの花のような芳醇な香りがあります。

炭酸水と相性が良いウイスキー

サントリー「カナディアンクラブ20年」

違いを楽しめるウイスキー

味はナッツとスパイスを組み合わせたようなバニラの味わいで、ボディはスムースでクリーミーです。

 

サントリー「カナディアンクラブ20年」はともろこしなどが原料で、他にはライ麦、ライ麦芽、モルトなども含まれています。

 

連続蒸留器で蒸留したあと単式蒸留器、1塔式連続蒸留器などで作り分けを行っています。

 

他のウイスキーは一定期間熟成させた後に原酒同士をブレンドして製造されていますが、サントリー「カナディアンクラブ20年」は蒸留したての段階でブレンドしています。

 

この製造方法によって、よりまろやかで飲みやすい味わいを実現しています。

他のブレンドウイスキーと違いが分かりやすく、人気が高いウイスキーとなります。サントリー「カナディアンクラブ20年」は炭酸水と合わせたハイボールも相性が良く、多様にアレンジすることができます。その他にはジンジャー割、マンハッタン等の色々な飲み方を楽しむことができます。

9位:サントリー「ザ・マッカランダブルカスク12年」

高級感があるウイスキー

サントリー「ザ・マッカランダブルカスク12年」

ランキング第9位のおすすめウイスキー

・価格:6066円

・メーカー:サントリー

・種類:スコッチウイスキー

・内容量:700ml

・アルコール度数:40%

・原料:モルト

ハイボールに合うおすすめウイスキーランキング第9位は、サントリー「ザ・マッカランダブルカスク12年」です。サントリー「ザ・マッカランダブルカスク12年」はヨーロピアンシェリー樽とアメリカンシェリー樽を組み合わせた、人気のウイスキーです。サントリー「ザ・マッカランダブルカスク12年」の香りは、クリーミーなバタースコッチやバニラカスタードなどの味わいがあります。

サントリー「ザ・マッカランダブルカスク12年」

おすすめポイントは?

 

サントリー「ザ・マッカランダブルカスク12年」の味わいは、シトラスのフルーツ感があり、蜂蜜のような甘さもあります。

 

ザ・マッカランはスペイドサイド地方で誕生し、政府の登録蒸留所として発足しました。蒸留所の歴史はさらに深く、18世紀始めにはその名が知れ渡っていたそうです。

 

サントリー「ザ・マッカランダブルカスク12年」は700ml7000円、350mlは3500円の値段です。

サントリー「ザ・マッカランダブルカスク12年」は、他のウイスキーとの違いが分かりやすく、クセがないクリーミーな味わいがあります。ウイスキーと炭酸水を合わせたハイボールなど、多様にアレンジすることができるのでおすすめです。飲み方として、ストレート、ロック、水割りなどがあります。

8位:サントリー「ジムビーム」

安い価格で購入できるウイスキー

サントリー「ジムビーム」

ランキング第8位のおすすめウイスキー

・価格:1540円

・メーカー:サントリー

・種類:アメリカンウイスキー

・内容量:700ml

・アルコール度数:40%

・原料:グレーン、モルト

ハイボールに合うおすすめウイスキーランキング第8位は、サントリー「ジムビーム」です。「ジムビーム」は世界120か国以上で支持されているウイスキーで、初心者の方にもおすすめです。「ジムビーム」は1795年創業のバーボンの老舗、ジムビーム社のベストセラー商品となります。サントリー「ジムビーム」は良質なコーン、大麦、ライ麦などの素材を使用していて、世界的なコンテストでも賞を受賞しています。

サントリー「ジムビーム」

おすすめポイントは?

2009年にはSan Francisco World Spirits Competitionでゴールドメダル、2008年にはThe Beverage Testing Instituteで、アメリカウイスキー部門で1位となりました。

 

サントリー「ジムビーム」は厳選したオーク材を用いた樽を使用していて、この樽は手作業で組み立てられています。

 

数回に分けて樽の内側を焦がしていき、完璧な品質となるまで熟成を続けます。

 

サントリー「ジムビーム」は700mlの他に、1750ml、1000ml、2700ml、200mlの種類があります。1750mlは3500円、1000mlは2100円、2700mlは4850円、200ml440円の安い値段で購入することができます。

サントリー「ジムビーム」

おすすめの飲み方は?

サントリー「ジムビーム」はハイボールとの相性が良く、人気が高いです。

 

レモンを軽くしぼり、氷を山盛りに入れることがポイントとなります。

サントリー「ジムビーム」は、ジムビームブラック、ジムビームライ、ジムビームハニー、ジムビームダブルオーク、ジムビームアップル、ジムビームデビルズカットなどの種類があるので、好みの味わいを選ぶことができます。

7位:シーバスリーガル「ミズナラ12年」

コクが特徴の人気ウイスキー

シーバスリーガル「ミズナラ12年」

ランキング第7位のおすすめウイスキー

・価格:3424円

・メーカー:シーバスリーガル

・種類:スコッチウイスキー

・内容量:700ml

・アルコール度数:40%

・原料:モルト、グレーン

ハイボールに合うおすすめウイスキーランキング第7位は、シーバスリーガル「ミズナラ12年」です。シーバスリーガル「ミズナラ12年」はマスターブレンダーコリン・スコットが、日本のためにブレンドしたスコッチウイスキーとなります。シーバスリーガル「ミズナラ12年」は日本原産のミズナラ樽をシーバスリーガルに使用し、独特な味わいを完成させました。

シーバスリーガル「ミズナラ12年」

おすすめポイントは?

シーバスリーガル「ミズナラ12年」の香りはオレンジと西洋ナシのフルーティーさと、ナッツの香りがあります。味わいは甘さがあり、熟した西洋ナシと蜂蜜の味わいがあります。

 

シーバスリーガルは、シーバスリーガル12年、シーバスリーガル18年、シーバスリーガルアルティス、シーバスリーガル25年の種類があるので、様々な飲み方ができます。

 

シーバスリーガル12年はリッチでスムース、根強い人気があるウイスキーです。

 

シーバスリーガル18年は芳醇な味わいがあり、プレミアム感があるウイスキーです。

 

シーバスリーガル25年は最高級のスコッチウイスキ-で、数量限定で生産されています。

シーバスリーガル「ミズナラ12年」は700mlが3424円、350mlは2138円の安い値段となります。シーバスリーガル「ミズナラ12年」の原産国はスコットランドで、専用の箱が付いています。他のウイスキーとの違いが分かり、滑らかなで芳醇なスタイルがあります。

 

ハイボールに合うおすすめウイスキーランキング6位~4位

6位:サントリー「メーカーズマーク」

サントリー「メーカーズマーク」

ランキング第6位のおすすめウイスキー

・価格:2396円

・メーカー:サントリー

・種類:バーボンウイスキー

・内容量:700ml

・アルコール度数:40%

・原料:グレーン、モルト

ハイボールに合うおすすめウイスキーランキング第6位は、サントリー「メーカーズマーク」です。サントリー「メーカーズマーク」はアメリカケンタッキー州の小さい蒸留所で生まれ、230年程の歴史があるウイスキーです。ウイスキーは基本的にライ麦を使用していますが、サントリー「メーカーズマーク」は冬小麦を使用しています。

サントリー「メーカーズマーク」の口コミ

「メーカーズマーク」は700mlが396円、375mlが1981円、1000mlが3935円となります。安い価格で購入することができ、人気が高いウイスキーです。サントリー「メーカーズマーク」はコースター内包セットが2800円、サントリー「メーカーズマーク」のグラス付きオリジナルセットが2996円、サントリー「メーカーズマーク」のグラス内包セットが2799円の値段となります。

サントリー「メーカーズマーク」

おすすめポイントは?

サントリー「メーカーズマーク」はバーボン本来の味わいを楽しむことができ、贈り物などにもおすすめです。

 

特徴的なサントリー「メーカーズマーク」のデザインは、1本1本ハンドメイドで施されています。

 

同じパッケージデザインが生まれないことから、収集する人も多いようです。

 

サントリー「メーカーズマーク」の香りはオレンジや蜂蜜のような香りで、味わいはバニラ中心の味わいとなります。

 

バランスが良い味わいがあり、根強い人気があります。

5位:バカルディ「デュワーズホワイトラベル」

バランスが良い人気のウイスキー

バカルディ「デュワーズホワイトラベル」

ランキング第5位のおすすめウイスキー

・価格:1406円

・メーカー:バカルディ

・種類:スコッチウイスキー

・内容量:700ml

・アルコール度数:40%

・原料:モルト

ハイボールに合うおすすめウイスキーランキング第5位は、バカルディ「デュワーズホワイトラベル」です。バカルディ「デュワーズホワイトラベル」は1846年創業のメーカーで、世界トップブランドの一つとなります。スタンダードのスコッチウイスキーで、バカルディ「デュワーズホワイトラベル」はスパイシーさとマイルドさがあります。絶妙なバランスがあり、バーテンダーから高い人気があります。

バカルディ「デュワーズホワイトラベル」の口コミ

40種類のモルトウイスキーとグレーンウイスキーがブレンドされているウイスキーで、モルトにはハイランド産のアバフェルディと使用しています。バカルディ「デュワーズホワイトラベル」の香りは甘くスモーキーで、味わいは甘くスパイシーとなります。後味はスッキリとしていて、初心者の方にもおすすめです。

バカルディ「デュワーズホワイトラベル」

おすすめポイントは?

バカルディ「デュワーズホワイトラベル」は2010年IWSCの金賞を受賞していて、違いが分かりやすいウイスキーです。

 

スコッチウイスキーと言えば、デュワーズと呼ばれるほど人気があります。

 

そのきっかけになったのは、1891年にアンドリューカーネギーが、アメリカ大統領のベンジャミンハリソンに、樽入りのデュワーズをプレゼントしたことがきっかけとなりました。

 

バカルディ「デュワーズホワイトラベル」は古くからハイボールとの相性が良いと人気があり、幅広い世代から注目を集めています。

 

バカルディ「デュワーズホワイトラベル」は700ml1404円と、比較的に安い値段で購入することができます。

4位:アサヒビール「ジャックダニエル/ブラック」

深い味わいがある人気のウイスキー

アサヒビール「ジャックダニエル/ブラック」

ランキング第4位のおすすめウイスキー

・価格:2550円

・メーカー:アサヒビール

・種類:アメリカンウイスキー

・内容量:700ml

・アルコール度数:40%

・原料:グレーン、モルト

ハイボールに合うおすすめウイスキーランキング第4位は、アサヒビール「ジャックダニエル/ブラック」です。アサヒビール「ジャックダニエル/ブラック」は、アメリカを代表するウイスキーとなります。ウイスキーのジャックダニエルは1886年に蒸留所として登録し、創立者はジャックダニエル氏です。ジャックダニエルの蒸留所はアメリカ最古の蒸留所で、熟成に適した気候や風土が整っています。

アサヒビール「ジャックダニエル/ブラック」の口コミ

アサヒビール「ジャックダニエル/ブラック」は、350ml1490円、700ml2079円、1000ml2920円、1750ml4570円、3000ml6674円となります。比較的に安い値段で購入することができるウイスキーです。

アサヒビール「ジャックダニエル/ブラック」

おすすめポイントは?

ジャックダニエルで使用されている新樽は、すべて自社の樽工場で製造されています。

 

専用のレシピで造られた高クオリティの樽で、弱火で時間をかけて下焼きし、続いて強火で焦がす工程をします。

 

この2段階の工程を踏むことで、高品質なジャックダニエルが作られています。

 

ジャックダニエルは創立以来製造方法が変わっていないので、歴史のある上質な味わいと楽しむことができます。

ハイボールに合うおすすめウイスキーランキング3位~1位

3位:サントリー「白州12年」

サントリー「白州12年」

ランキング第3位の人気ウイスキー

・価格:8500円

・メーカー:サントリー

・種類:ジャパニーズウイスキー

・内容量:700ml

・アルコール度数:43%

・原料:モルト

サントリー「白州12年」の口コミ

ハイボールに合うおすすめウイスキーランキング第3位は、サントリー「白州12年」です。サントリー「白州12年」は1994年に販売されたウイスキーで、モルト原酒を吟味したシングルモルトウイスキーとなります。サントリー「白州12年」はすだちやミントのような香りで、軽快で爽やかな口当たりがポイントです。複雑さと奥行があるウイスキーで、ハイボールとの相性が良いです。

ハイボールとの相性が良いウイスキー

サントリー「白州12年」

アレンジしやすいウイスキー

他のウイスキーとの違いが分かりやすく、アレンジしやすいのが特徴です。

 

サントリー「白州12年」は700mlと18mlのサイズがあるので、用途に合わせて購入することができます。サントリー「白州12年」は原酒不足から入手困難なウイスキーですが、人気が高いウイスキーです。

2位:サントリー「ラフロイグ10年」

違いが分かりやすいウイスキー

サントリー「ラフロイグ10年」

ランキング第2位!違いが分かるウイスキー

・価格:5054円

・メーカー:サントリー

・種類:スコッチウイスキー

・内容量:750ml

・アルコール度数:43%

・原料:モルト

ハイボールに合うおすすめウイスキーランキング第2位は、サントリー「ラフロイグ10年」です。サントリー「ラフロイグ10年」はスモーキー・アイラの象徴で、スコッチウイスキー好きにはおすすめです。サントリー「ラフロイグ10年」はヨードのような独特な香りがあり、味わいはオイリーで濃厚です。後味はドライで強烈な個性があり、世界的に人気があるウイスキーです。

サントリー「ラフロイグ10年」

アレンジしやすいウイスキー

サントリー「ラフロイグ10年」はオックスブリッジ大麦を85パーセント使用し、残りの15パーセントはラフロイグ蒸留所で製麦しています。

 

さらにサントリー「ラフロイグ10年」は古典的な製造方法で、フロアモルティング製造を取り入れています。

 

フロアモルティング製造はビート成分が溶け込んだ水を、たっぷりと含んだ大麦を床に広げます。8時間起きにラフロイグの職人がすき返し、発芽を促しています。

 

ある程度発芽したところで、乾燥室にて発芽を留めます。乾燥時間は約30時間ほどで、始めの12時間はピートを焚き高いフェノール値を得ます。

サントリー「ラフロイグ10年」の口コミ

残りの18時間は潮風を取り込み、独自の麦芽を造り上げていきます。ラフロイグの美味しさの秘密は麦芽にあり、55時間かけてウォッシュしていきます。ラフロイグは10年の他に、ラフロイグセレクトが販売されています。ラフロイグセレクトはペドロ・ヒメネスの熟成に使用したシェリー樽とヨーロピアンオークのシェリー樽、フィルバーボン樽で熟成した原酒を組み合わせています。

ラフロイグセレクト

ラフロイグセレクトとラフロイグ10年の違い

ラフロイグセレクトはアメリカンオークの新樽で後熟していて、フルーティーな甘さがあります。

 

ラフロイグセレクトの香りはスモーキーでココナッツやバナナの香りがあります。

 

さらに味わいは、濃厚でスモーキーな柔らかな甘さがあります。

 

ラフロイグセレクトの値段は、700mlで4000円となります。

1位:サントリー「角瓶」

日本人に合わせて製造されたウイスキー

サントリー「角瓶」

ランキング第1位!安い価格のウイスキー

・価格:1345円

・メーカー:サントリー

・内容量:700ml

・アルコール度数:40%

・原料:モルト、グレーン

ハイボールに合うおすすめウイスキーランキング第1位は、サントリー「角瓶」です。サントリー「角瓶」は日本人の舌に合わせて、製造されたウイスキーです。サントリーの創業者が十数年かけて完成させたウイスキーで、2014年に過去最大の販売数量を更新しました。サントリー「角瓶」は1937年に誕生し、ほとんど変わることがない角瓶のボトルです。

サントリー「角瓶」の口コミ

サントリー「角瓶」は瓶にも日本人らしさをという思いから、薩摩切子の香水瓶をヒントにデザインされました。サントリー「角瓶」は売れ筋1位の700mlの他に、1.92ℓのペットボトル、2.7ℓのペットボトル、4ℓのペットボトルが販売されています。ハイボールとの相性が良く、人気が高いです。違いが分かりやすく、おすすめのウイスキーです。

サントリー「角瓶」

ラインナップが多いサントリー「角瓶」

サントリー「角瓶」は、角瓶と白瓶の他に角ハイボールが販売されています。

角ハイボール缶は、350mlと500mlの2種類あり、好みによった選び方ができます。さらに角ハイボール缶は、通常と濃いめがあるので人気が高いです。通常の角ハイボール缶は7%で、濃いめは9%となります。濃いめの500ml缶は、コンビニエンスストア限定で販売されています。

極上に美味しいハイボールの作り方

ウイスキーと炭酸水の量の黄金比率は?

ハイボール

炭酸水との黄金比率をチェック

ウイスキーと炭酸水の黄金比率は、ウイスキー1:ソーダ3の割合がベーシックです。

 

さらにマドラー炭酸水とウイスキーを混ぜ合わせる時は、縦に一回混ぜ合わせることがポイントです。

ウイスキーの保存方法や賞味期限は?

ウイスキーの気になる保存方法

ウイスキーの保存方法

気になる賞味期限は?

ウイスキーは基本的に保存状態が良いので、未開封であれば長期間安定した品質を保つことができます。

ウイスキー開封後は、できるだけ早めに召し上がることをおすすめします。またウイスキーの保存方法は、温度変化と紫外線と避けることがポイントです。冷暗所で光が当たらない場所、さらに立てて保存しましょう。

ハイボールに合うおすすめウイスキーランキング20選!のまとめ

サントリー「角瓶」

ランキングまとめ

ハイボールに合うウイスキーランキング第1位は、サントリーの角瓶となりました。

 

予想していたウイスキーはランクインしたでしょうか?ハイボールに合うウイスキーランキングを是非参考にしてみて下さい。

他のランキングを知りたい方はコチラ!

果実酒おすすめランキングTOP15!簡単な手作りレシピも! | ランキングまとめメディア
おすすめシャンパンランキングBEST20!大人が選ぶ本物のシャンパンは? | ランキングまとめメディア
エナジードリンクおすすめ28選!種類・成分・選び方を徹底解説【最新】 | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ