本格派から定番まで!おすすめパスタソースランキングTOP15!

最近のパスタソースはかなり本格的なものが増えており、自宅での料理でもお店のような味が楽しめるようになっています。そんなおすすめのパスタソースをランキング形式でおすすめします。市販の安いパスタソースから本格的なレシピを採用して作られたパスタソースまで、その種類は様々です。スーパーなどで市販されているものやカルディのような場所で販売されているパスタソースのおすすめ人気ランキングを紹介します。また、パスタソースにはどのようなアレンジレシピがあるのかも紹介します。

目次

  1. おすすめパスタソースランキングTOP15!
  2. カルディで絶対買いたいパスタソースとは
  3. パスタソースおすすめ人気ランキング!15位~11位
  4. パスタソースおすすめ人気ランキング!10位~7位
  5. パスタソースおすすめ人気ランキング!6位~4位
  6. パスタソースおすすめ人気ランキング!3位~1位
  7. パスタソースを使ったアレンジレシピ
  8. パスタソースの1人前の分量は?
  9. おすすめパスタソースランキングTOP15!まとめ

おすすめパスタソースランキングTOP15!

パスタソースの種類

豪華なパスタソース

市販のソースでも豪華

最近のパスタソースはまるで本格レシピのように豪華なパスタソースが増えています。

休みの日の昼ごはんに、外に食べに行くのは面倒というときに活躍するパスタソースですが、最近のものは本格レシピのようなパスタソースが増えています。また、メジャーなレシピのパスタソースだけでなく、レストランで出るような本格的なパスタソースの種類がとても増えています。

クリーム系のパスタソース

クリーム系も奥が深い

女性に人気の高いクリーム系のパスタソースですが、その種類も奥が深いです。

クリーム系のパスタソースでは、カルボナーラが基本ですが、生クリームにパルメザンチーズを合わしたアルフレッドや、アボカドとクリームチーズを刻んだアボカドクリームチーズという、クリーム系のパスタソースも存在しています。黒胡椒などを効かせているものが多いのが特徴です。

たらこや明太子が人気

たらこやうに系も豊富

たらこスパゲッティ系では、明太子や明太子クリーム系、またうにやバター醤油系も注目です。

パスタソースでは、たらこ系のあのぷちぷちした食感が大好きという人も多いです。また、うにやバター醤油風味、なかにはかぼちゃと生クリームとコンソメを合わせたパンプキンソースまで存在します。たらこ系も生たらこに近いタイプや、ピリ辛な明太子タイプなど奥深いパスタソースが存在しています。

納豆のパスタソース

アレンジレシピのようなソースも

また、まるでアレンジレシピで作られたような風変わりなパスタソースも増えています。

最近では、納豆系のパスタソースやベーコンチップスが入ったペペロンチーノ、パクチー系のパスタソースや和食を意識したかなり変わったパスタソースが販売されています。当たり外れはかなりあるようですが、そういったお店でもなかなか味わえないような変わったパスタソースを楽しむのもおすすめです。

メーカーごとのパスタソースの違い

メーカーごとの違いを楽しむのもおすすめ

メーカーごとで、同じミートソースやカルボナーラでも味が異なっておもしろいです。

パスタソースの種類は現在非常に増えており、まるでアレンジレシピのようなパスタソースも増えています。スーパーで市販されているようなものから、カルディのような場所で手軽に購入することができます。

いろいろなパスタソースの種類がある

いろんなパスタソース

ミートソースを始め種類が様々

パスタソースのおすすめ人気ランキングでは、様々な種類のパスタソースを紹介します。

パスタソースの定番といえば、ミートソースですが、ミートソースの種類もアレンジ系のボロネーゼも一般的になってきました。また、オイル系のペペロンチーノやトマトソース系のペスカトーレのようなものも、パスタソースでおすすめです。

ボロネーゼやトマトクリームパスタ

ボロネーゼからトマトクリームパスタまで

お店などでしか食べられなかったパスタソースが、市販のソースで再現できるようになりました。

クリームソース系のパスタソースの種類もカルボナーラを中心に、トマトクリームパスタなど種類が増えています。ジェノベーゼのようなバジルソースタイプや、昔懐かしいナポリタンも楽しめます。スーパーの市販のものやカルディなどでは、パスタソースコーナーがとても賑わっています。

市販のパスタソースの選び方

パスタの選び方

価格も量もさまざま

市販のパスタソースの選び方としておすすめなのは、価格や量を参考にすることです。

スーパーやカルディなどで販売されているパスタソースですが、価格や量も様々です。200円を切るようなものから、300円を超えるような価格のものも多いです。また、価格は安いものでも一人前のものも多く、パスタを2束使う場合は気をつけるようにしましょう。

パスタソースとパスタ麺の相性

パスタ麺との相性も大事

自分が購入したパスタ麺とパスタソースの相性も大事です。細い麺や太い麺など相性の良さが異なります。

細いパスタ麺の場合は、冷製パスタ系が合います。ジェノベーゼ系やトマトソースなどの軽めのパスタソースが人気ランキングの中でおすすめです。また、太めのパスタ麺にはカルボナーラやナポリタンなどが合います。一般的なパスタ麺の太さは「1.7mmから1.9mm」ほどになっているので、それより細いか太いかで判断するのがおすすめです。

カルディで絶対買いたいパスタソースとは

カルディとは

輸入食品でお馴染みのカルディ

カルディは輸入食品を多く取り扱っており、市販のスーパーでは見かけない食品を多く販売しています。

そのため、カルディでは市販のスーパーでは見かけないパスタソースも確認することができます。店頭だけでなく、インターネットの通信販売でも購入することができます。そういったカルディで販売されているパスタソースで絶対に買いたいパスタソースを紹介します。

オリジナリティあふれるカルディのパスタソース

カルディのボロネーゼ

定番のボロネーゼ

価格:270円

内容量:140g

定番のミートソース系でおすすめなカルディのボロネーゼです。牛肉と完熟トマトを使った、北イタリアのボロニア地方発祥のミートソースです。パスタソースとして利用するだけでなく、ミートグラタンのソースとして利用することもおすすめです。

カルディのペペロンチーノソース

ペペロンチーノも豊富

価格:124円

内容量:30g

イタリア発祥のペペロンチーノは、カルディでは4種類ほど販売されています。一般的なパスタソースだけでなく、黒オリーブ風味や塩レモン風味など、いままで知らなかったペペロンチーノの味を楽しむことができます。手軽にアレンジレシピを楽しめる感覚なので、アレンジレシピに興味がある人におすすめです。

トマトとバジルのソース

瓶タイプも注目

価格:238円

内容量:290g

カルディでは瓶タイプのパスタソースも販売されています。パスタ麺と合わせるのもおすすめですが、ちょっとした料理に加えるのもおすすめです。トマトピューレなどの代わりに利用するのもおすすめですし、ガーリックやベーコン系の具材とも合わせるのがおすすめです。

カルディオリジナルのパスタソース

カルディオリジナルのソースが豊富

カルディはこのように様々なオリジナルのパスタソースを販売しています。

 

パスタソースおすすめ人気ランキングの中では、そういったカルディのパスタソースも含めて、おすすめのものを人気ランキングで紹介します。

安いパスタソースからちょっと贅沢なパスタソースまで様々な商品がありますので、お気に入りのパスタソースを見つけて、自宅で手軽においしいパスタを楽しみましょう。

パスタソースおすすめ人気ランキング!15位~11位

具材もさまざま

珍しいものから安いものまで

本当にパスタソースは様々な種類が販売されています。ランキングでお気に入りのパスタソースを見つけてみましょう。

15位:カルディ「ポルチーニクリーム」

安いとは言えない価格だが本格的な味わい

ポルチーニクリーム

季節限定だけにおすすめ

価格:410円

内容量:115g

おすすめ人気ランキングのスタートは、まずカルディのパスタソースです。ポルチーニクリームは、イタリア産の乾燥ポルチーニパウダーを使った芳香な香りが特徴です。価格は安いとは言えませんが、非常に本格的な味わいとなっており、生クリームとバターで深いコクが出ています。

14位:キューピー「スモークサーモンときのこのクリームソース」

クリームパスタ好きにおすすめ

スモークサーモンときのこのクリームソース

スモークサーモンときのこ相性が良い

価格:262円

内容量:280g

クリームソース系のパスタが好きな人におすすめしたいパスタソースです。スモークサーモンときのこの相性はとても良く、非常にクリーミィなパスタソースとなっています。また、パスタ以外のアレンジレシピとして、オムライスや白身魚のフライと合わせるというのもおすすめです。

キューピーの商品ということで、安心して購入できるという声も多くありました。万人受けする味というだけに、非常にユーザーの施工に合わせた商品だと言えます。いつものクリーム系の中で、少し違ったパスタソースにしたいときにおすすめできるパスタソースです。

13位:S&B「予約でいっぱいの店のポモドーロ」

名店の味のレシピを再現

予約でいっぱいの店のポモドーロ

トマトの味わいがパスタに合う

価格:191円

内容量:155.5g

東京の銀座にある「ラ・ベットラ」の落合満シェフが監修したパスタソースです。ポモドーロは、完熟トマトの香りと甘みを食べる料理で、香味野菜の旨味がたっぷりです。チーズとの相性がよく、トマト系やボロネーゼ系が好きな人におすすめです。

このパスタソースは、他のパスタソースと比べて 本格的と感じるひとが多いようです。落合満シェフが監修しているという効果もありますが、他のパスタソースと比べると熟成された味と感じることが多いようです。同じ味を家庭で再現するということは厳しいと感じるようです。

12位:ハチ食品「たっぷり和風きのこ」

安いのに内容量がたっぷり

たっぷり和風きのこ

にんにくが効いた和風ソース

価格:156円

内容量:260g

パスタソースで支持があるきのこ系のパスタソースです。にんにくを効かせた和風仕立てのソースとなっており、きのこと輪切り唐辛子が入ったパスタソースになっています。価格も安い上に内容量もたっぷりな2人前となっているので、がっつり食べたい人におすすめしたいパスタソースです。

ハチ食品は他のパスタソースメーカーと比べると、少しマイナーかもしれませんが、イカスミソースやうにクリームソースのパスタソースなどを販売しています。イカスミをお店で食べる勇気はないという人も、市販のパスタソースなら家で挑戦してみようとなるかもしれません。なかなか珍しい味を販売しているメーカーなので注目です。

11位:無印商品「素材を生かしたパスタソース/じゃがいもとトマトのジェノベーゼ」

兵庫県産バジルを使用

素材が生かされたパスタソース

たっぷりのバジル

価格:290円

内容量:110g

チーズやカシューナッツでコクを出したジェノベーゼです。バジルと相性の良いじゃがいもとトマトを加えた見た目の彩りもきれいなパスタソースです。内容量に対して安いとは言えない点がマイナスですが、バジル系のパスタソースが好きな人にランキングでおすすめです。

無印商品は、食品類も一定の評価を受けており、このジェノベーゼのパスタソースもなかなか高評価のようです。もともと少し具材が入っていますし、生ハムなどを足してみるとさらにおいしさが引き立つという口コミもありました。フランスパンのような固めのパンとの相性も良さそうです。

パスタソースおすすめ人気ランキング!10位~7位

10位:大塚食品「100kcalマイサイズアラビアータ」

アラビアータ

低カロリーでおすすめ

価格:129円

内容量:100g

低価格で低カロリーなアラビアータです。パスタソースというより、すでにアラビアータが入っていますが、軽くパスタなどを足すのもおすすめです。残ったソースと合わせるという食べ合わせもおすすめです。

糖質制限ダイエットにもおすすめ

このシリーズは様々な100kcalシリーズを売り出しており、パスタソース系としてはチーズクリーム系のパスタソースも販売されています。低糖質となっているので、糖質制限ダイエットにも利用できるパスタソースとなっています。

9位:マ・マー「香味野菜たっぷりのあさりコンソメ」

あさりの塩味とパスタがおいしい

あさりコンソメ

あさりの旨味がたっぷり

価格:191円

内容量:260g

香味野菜と白ワインが旨味をひきたてたあさりコンソメ風味のパスタソースです。さっぱり系のパスタを食べたいという人におすすめで、普段はクリーム系のパスタソースが多いと言う人にも試して欲しいパスタソースです。

しっかりと肉厚なあさりが入っており、あさりとコンソメの香りがとても食欲をひきたてます。内容量もしっかりとしているので、お腹いっぱいのパスタが食べたいときに2人前を一気に使用するという方法もおすすめの食べ方です。

8位:共栄食糧「島のパスタソースペペロンチーノ」

瓶タイプのパスタソース

島のパスタソース

ゆでたパスタにあえるだけ

価格:648円

内容量:145g

レトルトタイプのパスタソースが多い中で、瓶タイプのパスタソースです。ガーリックの風味と唐辛子、オリーブのフレッシュな香りが特徴のパスタソースです。ゆでたパスタにあえるだけで、簡単に本格的なペペロンチーノが作れます。

本格的なパスタの出来上がり

本格的な雰囲気に

レトルトと違って少し本格的なパスタが出来上がるという点も魅力です。オリーブの果肉がたっぷりと効いた味わいになっており、保存料や化学調味料を使用していません。

 

この内容量で約14人前ほどになるので、コスパ的にも安いといえます。

7位:キューピー「ワンポットパスタだし醤油味」

パスタと具材をそのまま煮込むだけ

ワンポットパスタ

煮込むことで旨味が凝縮

価格:198円

内容量:45g

こちらも珍しいパスタと具材をそのまま煮込むだけのパスタソースです。キューピー3分クッキングから登場した商品で、お鍋ひとつですべての調理がd家いるのが魅力です。鍋に水とパスタソースを入れて一緒に火にかけます。そして、沸騰したところにパスタや具材を足すだけで、いつもと違った煮込み風のパスタが出来上がります。

パスタはソース以外の野菜などを用意すると、洗い物が増えて面倒というデメリットがあります。しかし、このソースではお鍋で一緒に乾麺と野菜を煮込んで作る方法なので、しっかりと味が染み込んで洗い物も減らすことができます。いままでとは一味違ったパスタソースを楽しみたい人にランキングでおすすめです。

パスタソースおすすめ人気ランキング!6位~4位

6位:ハインツ「クラシコ/トマト&4チーズ」

ハインツのクラシコ

コスパも抜群

価格:379円

内容量:680g

さっぱりとしたトマトとプロヴォローネ、パルメザンチーズ、リコッタ、ロマーノの4種類のチーズが風味豊かなパスタソースです。パスタのメニューとしてはペスカトーレやミートソースに利用するのがおすすめです。市販のものよりは塩分が控えめになっているので、自分で本格的なパスタを作りたい人におすすめです。

アレンジレシピにおすすめ

パスタソースとして以外にも様々なアレンジレシピに使える点も人気です。ケチャプなどで有名なハインツですが、ワンランク上の料理に挑戦したい人におすすめしたいパスタソースです。

瓶タイプのパスタソースも、普通のレトルト系のパスタソースと使い方は変わりません。具材などを追加しやすいといえますし、炒めものやドリアなどのアレンジレシピにも使いやすいのがポイントです。また、内容量が多いのでコスパ的にも人気となっています。ハインツのケチャップが好きな人にぜひおすすめしたいです。

5位:カルディ「パクベーゼ」

好き嫌いは分かれるかもしれない

カルディのパクベーゼ

パクチー好きにおすすめ

価格:194円

内容量:60g

香辛料系としては好き嫌いの分かれるパクチーだけに、パクチー好きにおすすめしたい商品です。完成した見た目はジェノベーゼですが、しっぱりとパクチーの香りが漂います。パクチーが大好きという人は、さらに生のパクチーを添えてもいいかもしれません。

やはりかなりのパクチーの香りがするようで、苦手な人は絶対無理といえるかもしれません。しかし、こういった好き嫌いが分かれやすい商品でも、しっかりと作り込んで好きな人に届けたいというのが、カルディの商品開発の魅力だと言えます。

パクベーゼには、パスタソースにプラスして海老を加えるというのがおすすめの意見が多く確認できました。なかなか珍しいパスタですが、一番このパスタの味が好きという人も多く見られたので、試したことがない人はおすすめです。少しエスニック風の料理が好きなひとに支持されているタイプです。

4位:ボルカノ「ヨコイのソース」

名古屋名物あんかけパスタ

ヨコイのソース

太麺パスタと合わせるのがおすすめ

価格:216円

内容量:120g

非常にめずらしいあんかけパスタのパスタソースです。実は名古屋名物であるあんかけパスタソースで、このメーカーは日本で初めてパスタを製造したメーカーです。じっくりとにこまれたじゃがいもや牛肉、たまねぎに人参などの素材が溶け込んでおり、熟成された味わいが魅力です。

全国的な知名度は高くはありませんが、名古屋の人間なら知ってて当たり前というほどのあんかけパスタです。とろりとした濃厚なソースとなっているので、パスタ麺は太めの2.0mm以上のものと合わせるのがおすすめです。一度ハマると抜け出せないおいしさです。

あんかけパスタの画像を確認していると、具材はウインナーが選ばれていることが多いようです。また、ベーコンをあわせたりナポリタン系の具材を言えるなど、かなりがっつり系のパスタになることが多いようです。パスタは好きだけどあんかけパスタは食べたことがないと言う人は、是非挑戦してみて欲しいパスタソースといえます。

パスタソースおすすめ人気ランキング!3位~1位

3位:S&B「生風味たらこ」

生風味のたらこで大人気

支持率抜群のたらこパスタソース

価格:213円

内容量:53.4g

たらこ系の市販のパスタソースではこれ!と言えるほどの支持率があるかもしれません。茹でたパスタに混ぜるだけで、たらこぎっしりなたらこパスタが出来上がるので大人気です。

ぷちぷち食感でたらこたっぷり

たらこぷちぷちのパスタソース

つぶ立ちのよいたらこ

たらこパスタで大事な、たらこのぷちぷち感がしっかりとあるのが魅力だと言えます。

作り方のワンポイントとしては、ソースをまぜるときにパスタの茹で汁を大さじ1加えると、より美味しさがアップするというのがアレンジレシピのおすすめです。

たらこ欲求を満たしてくれる

Twitterの口コミでも、やはりたらこの粒立ちの良さが評価されていました。また、このたらこソースの別バージョンとしてバター風味のものがありますが、このソースに自分で少しバターを足すというアレンジレシピもおすすめです。また、ネギやしそ、きのこなどと合わせてもおいしいです。

また、茹でるパスタの量を調整することで、さらにたらこのぷちぷち感を高めることができあます。パスタの麺よりもたらこをメインにしたい場合は、100gより少しパスタの量を減らして作ってみるのもおすすめなレシピです。

2位:日本製粉「REGALO カルボナーラの原点」

注目の商品

カルボナーラの原点

大げさな商品名は伊達じゃない

価格:270円

内容量:120g

最近のパスタソースでも非常に注目なパスタソースです。商品名の「REGALO」というのは、イタリア語で「贈り物」を意味する言葉です。そのREGALOと大げさな商品名は伊達じゃない旨さを誇ります。他の市販の安いパスタソースと比べると少し高めのパスタソースですが、その価値は充分にあります。

段違いなコクのカルボナーラ

コクがすごい

市販のパスタソースの中では、カルボナーラのコクの深さが段違いだといえます。

卵黄の濃密なコクが特徴で、ペコリーノ・ロマーノを加えてチーズ感も濃厚になっています。また、ベーコンや黒胡椒も大きめなものが本格的で、非常に豪華なアクセントとなっています。

Twitterでの評価もかなり高い

カルボナーラの旨さを自宅で楽しめるものとなっており、Twitterでもその評価は高いです。特に卵黄の濃厚な旨味は、市販のパスタソースとは思えないほど本格的なものになっています。カルボナーラにはちょっとうるさい人も、唸らせる事ができるパスタソースだといえます。

ランキングからはもれてしまいましたが、他の「ペペロンチーノの希望」を含めたREGALOシリーズは、どれも間違いなくうまい!と言いたくなるパスタソースです。市販のパスタソースはどこか物足りないと感じていた人も、市販のパスタソースの域を超えたREGALOシリーズをおすすめします。

1位:青の洞窟「ボロネーゼ」

別格の旨さを誇るパスタソース

青の洞窟

価格を除けば最強

価格:252円

内容量:140g

「欲深い大人の濃厚イタリアン」というキャッチコピーがある青の洞窟シリーズのボロネーゼソースです。価格が高いのがネックですが、それ以外では別格の旨さとしっかりとした牛・豚ひき肉が使用されています。赤ワインと野菜の旨味がじっくりと煮込まれており、数種類のハーズやスパイスが良い香りを生み出しています。

贅沢なパスタソース

自宅で本格パスタを味わいたいときに

市販のパスタソースの中では、贅沢なパスタを食べたいという希望を叶えてくれます。

 

青の洞窟シリーズは妥協のないパスタソースとなっており、ボロネーゼの魅力である肉やほどよい酸味がしっかりと味わえるというのが魅力です。

 

価格の問題はセールになっているときや、ネットのまとめ買いで少しでも安く買うというのがおすすめです。

贅沢だとわかっていてもやめられない

Twitterでも贅沢なパスタソースとわかっていてもやめられないという感じでした。特にボロネーゼの魅力である肉の旨味がぎっしりとしていて、具材は他の市販のパスタソースとは別格です。中途半端なお店で食べるぐらいなら、このパスタソースのほうがおすすめという声もありました。

別のボロネーゼソースには戻れないかもしれないのが、青の洞窟の怖いところです。コスパを考えれば他のパスタソースが良いかもしれませんが、ボロネーゼに関しては青の洞窟を一度試すと、どこか物足りないという感想が多いようです。ちょっとした自分へのご褒美にもおすすめなパスタソースランキング1位の青の洞窟のボロネーゼソースでした。

パスタソースを使ったアレンジレシピ

ミートソースでラザニア

ラザニアを作ろう

ミートソース系はラザニア

・市販のミートソース

・牛ひき肉100g

・たまねぎ1/4個

・とろけるチーズ3枚

・牛乳大さじ2

・パルメザンチーズ

・ラザニア6枚

パスタソースを使ったアレンジレシピを紹介します。ミートソース系はラザニアやピザがおすすめです。みじん切りにした玉ねぎと牛ひき肉を炒めて、市販のミートソースを入れましょう。

ミートソースのラザニアはお手軽

しっかりと焼き目がつくのがポイント

焼いているときは、ラザニアにしっかりと焼き目がつくまで加熱するのがポイントです。焦げないようにしましょう。

ホワイトソースを鍋に入れて弱火にし、牛乳でのばして、塩コショウをしましょう。ラザニアをお湯に20程度浸して、器にホワイトソース、ラザニア、ミートソース、を順に2回重ねて電子レンジで3分加熱して、オーブントースターで4分ほど焼いたら完成です。

トマトクリームコロッケ

パスタソースで面倒なレシピ不要

お手軽トマトクリームコロッケ

お手軽トマトクリームコロッケ

・トマト50g

・玉ねぎ50g

・ホワイトソース

・トマトパスタソース

・パン粉と水と天ぷら粉5g

玉ねぎとトマトを1cm角に切り、熱したフライパンで油を引いて炒めます。ホワイトソースもレトルトを利用して、沸騰したパスタソースに胡椒や塩、コンソメなどを加えましょう。俵型に成型したら冷凍庫で冷やして固めましょう。

俵型のクリームコロッケ

俵型がおすすめ

冷やして固めるときはしっかりと崩れないように固めにすると崩れないです。

天ぷら粉と水を合わせて練り粉を作ったら、冷えた先程のものと合わせてパン粉をつけましょう。170℃のあぶらで、きつね色になるまで約1分30秒ほど揚げたら出来上がりです。トマトパスソースをつけて食べたらおいしいクリームコロッケになります。

市販の安いパスタが高級パスタに大変身

パスタと塩の関係

パスタと塩の関係

パスタを茹でるときに、たっぷりの塩を入れましょうと言われますが、どういった理由なのでしょう。

基本的に市販の安いパスタソースを使う場合は、塩をそれほど気にする必要はありません。塩を入れてお湯の沸点を揚げたり、パスタの麺に塩味をつけるのが大きな目的です。ただし、ペペロンチーノのようなものをオリーブオイルや唐辛子で自分で作る場合は、しっかりと塩味がついたパスタ麺にすることがおすすめです。

ちょっとした工夫が安いパスタを変える

また、安いパスタ麺は表面がつるつるとしていて、ソースが絡みにくいことがあります。安いパスタ麺からワンランク上のパスタ麺にすると、いつもよりソースとの絡み方が変わることがあります。お鍋で作るというイメージのパスタですが、フライパンで400ccほどのお湯から作る方法もおすすめです。

沸騰させたお湯に、一人前のパスタを半分に折って入れて、そこにフタをします。泡が出てくるタイミングで中火にして、パスタのゆでる時間どおりに合わせてフタを取ると、蒸しパスタとして安いパスタも高級パスタに生まれ変わります。お鍋ではなく、フライパンの蒸しパスタに挑戦してみましょう。

ソースに合わせたパスタ麺を選ぶことや、塩の加減を調整することが、安いパスタを高級パスタに仕上げてくれる秘訣です。市販のパスタソースは充分に塩分を含んでいますが、パスタソースを自分で作る場合は、パスタをしっかりと塩の入ったお湯で茹でるのがおすすめです。

パスタソースの1人前の分量は?

ソースによってパスタソースの一人前は異なる

パスタとパスタソースのぶん料

パスタソースの一人前は種類ごと

・ミートソース:約120gから140g

・ボロネーゼ:約130g

・カルボナーラ:約100gから120g

・ナポリタン:約115gから120g

・パスタ一人前:100g

同じパスタソースでも、実はその種類ごとに一人前の分量は異なっている場合があります。また、メーカーごとに内容量は異なっており、安いものでもコスパの良い内容量が多いものがあります。ひき肉がなどの具が多いものは分量が多くなりやすいようです。

パスタ麺自体も、一人前だけ茹でる場合は、先程の蒸しパスタの方法がおすすめという声も多いです。パスタを茹でるときは、たくさんのお湯が必要というわけではないですし、パスタを作るまでのお湯を沸かす時間も勿体無いといえます。味に関してそれほど影響がないだけに、少ないパスタ麺の場合はフライパンでの調理も考えましょう。

味や具材を楽しみたいならパスタ麺は少なめに

パスタ一人前は100gが基本となっていますが、パスタソースによっては少し薄味に感じることもあるかもしれません。そういった場合は、茹でるパスタの量を少し減らすことでしっかりとパスタソースを楽しむことができます。また、自分で具材を少し足すことでパスタの分量を充実できるものにすることができます。

パスタ一人前は100gですが、人によっては少し物足りないと感じるかもしれません。もちろん、パスタ麺の太さや使用したパスタソースの内容量によっても感じ方はことなるといえます。いつもお気に入りのパスタソースを使っている場合は大丈夫ですが、新しいものを試すときはパスタソースの内容量を確認して、少し調整してみるのもおすすめです。

おすすめパスタソースランキングTOP15!まとめ

ワンラックアップしたパスタソース

ワンランク上のパスタソース

最近の市販のパスタソースは、安いものでも非常においしいものやコスパの良いものが増えています。

おすすめパスタソースランキングを紹介しました。非常に身近なパスタソースですが、市販のパスタソースは定番のメニューから、なかなかお店でも食べられないような珍しいパスタソースまで開発されています。また、同じミートソースでもコスパが良いものから、ワンランク上の味を目指したものなど、まだまだ追求ができる世界になっています。

お店に負けない味

お店よりもおいしいかも

Twitterなどでは、お店で食べるよりも美味しく感じるという声があるほど、市販のパスタソースはおいしくなっています。

市販のパスタソースを使うことで、お店よりもおいしい可能性も出てきています。また、非常に手軽に作れる食べ物だけに、いろんな味のバリエーションが販売されているのが魅力です。お店で高いお金を出してチャレンジするのは怖いけど、市販のパスタソースなら未知の味を試せるというのも魅力です。

パスタソースとアレンジレシピ

パスタソースに一手間加える

市販のパスタソースをそのまま利用するのもいいですが、自分なりのアレンジレシピを考えるのもおすすめです。

市販のパスタソースはそのままでもおいしいですが、パスタ麺だけに使用するのではなく、他の料理を手軽に作ったりアレンジレシピを考えるのにおすすめです。簡単なものでは、ミートソースにバターを足すというものや、和風パスタソースにきのこ類を足すといった、ちょっとした一手間が人気のようです。

お気に入りのメーカーを見つけよう

いろんなメーカーをためそう

レトルトタイプから瓶タイプなど、パスタソースも様々なタイプが販売されています。

パスタソースは、非常に多くのメーカーから様々なものが発売されています。いままで同じソースばかりを試していた人も、別のメーカーを試したりレトルト系以外のパスタソースもおすすめです。また、安いものだけでなく、ちょっと贅沢な高価なパスタソースもぜひ試してみてください。たくさんのパスタソースからお気に入りのパスタソースを見つけて、おいしいパスタを楽しみましょう。

その他のおすすめランキングはこちら

カップラーメンおすすめ人気ランキングTOP35!簡単アレンジレシピ付き | ランキングまとめメディア
冷凍チャーハンおすすめランキングTOP30!メーカー商品を徹底比較!【最新】 | ランキングまとめメディア
2018外食チェーン人気ランキングTOP25!おすすめのランチメニューは? | ランキングまとめメディア
豆乳おすすめ人気ランキングTOP25!味や成分の違いや選び方など詳しく解説 | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ