ホワイトニング歯磨き粉おすすめ商品と効果を解説!人気商品17選

昔は「芸能人は歯が命」なんてCMがありましたが、現代においては一般の人でも白い派、清潔なイメージを持たせる重要なポイントです。今回のホワイトニング歯磨き粉のおすすめ人気ランキングでは、その成分の効果や価格を比較して、おすすめ人気ランキングを紹介します。市販されているものや、ホームホワイトニングで白い歯を目指せる選び方や特徴的な成分を紹介します。どれぐらいの期間で白い歯への効果が期待できるのかというのも含めて、ホワイトニング歯磨き粉のランキングに注目です。

目次

  1. ホワイトニング効果のある歯磨き粉おすすめランキング17選
  2. ホワイトニング効果のある歯磨き粉おすすめ人気ランキング17位~11位
  3. ホワイトニング効果のある歯磨き粉おすすめ人気ランキング10位~7位
  4. ワイトニング効果のある歯磨き粉おすすめ人気ランキング6位~4位
  5. ホワイトニング効果のある歯磨き粉おすすめ人気ランキング3位~1位
  6. ホワイトニングバーってなに?
  7. ホワイトニング歯磨き粉おすすめランキング17選のまとめ

ホワイトニング効果のある歯磨き粉おすすめランキング17選

ホワイトニングとは

ホワイトニング歯磨き粉とは

そもそもホワイトニング歯磨き粉というのはどういったものなのでしょうか。本当に白い歯になれるのでしょうか。

ホワイトニング歯磨き粉とは、その成分によって歯を磨いているうちに、その期間を経て歯を白くする効果が見込まれる成分が含まれているものになります。ホワイトニング歯磨き粉の成分には、研磨剤が一つの成分の特徴であり、選び方の比較になります。

人気ホワイトニング歯磨き粉の選び方

特徴で選ぶ:研磨剤のサイズと配合量

ホワイトニング歯磨き粉と研磨剤

研磨剤の成分の比較も大事

しかし、研磨剤がたくさん入っていれば白い歯になれる効果が期待できるわけではありません。

研磨剤はその名の通り、効果としては歯の表面を少し研磨する効果が入った成分です。しかし、歯の表面はエナメル質というコーティングのようなものがあり、研磨剤が多く入った歯で磨きすぎるとそのエナメル質を削りすぎる場合があります。そうすると無防備になった歯はとても傷つきやすく、歯茎を痛める場合もあります。

研磨剤不使用のホワイトニング

低研磨剤や研磨剤不使用

最近は研磨剤が微粒子化された低研磨剤や研磨剤自体を使用しない研磨剤不使用のホワイトニング歯磨き粉が人気です。

人間の歯が黄ばむというのは、ある意味では当たり前のことであり仕方のないことです。しかし、黄ばみの原因となるものを減らすという努力は大事です。歯に着色しやすい成分の特徴がある食べ物では、赤ワインや紅茶などのタンニンが含まれるものが有名です。また、緑茶のカテキン、カレーのスパイスに多い成分のクルクミンなどがそうです。

有効成分と効果で選ぶ

ホワイトニング歯磨き粉の成分

ホワイトニング歯磨き粉の成分

ホワイトニング歯磨き粉の中で、注目な特徴を持つ成分が入ったものを選ぶことが大事です。

歯の着色の汚れの原因である「ステイン」の除去効果が期待できるものや、ホワイトニング効果を持続させる効果が入った成分が大事です。その中では「分割ポリリン酸ナトリウム」や「ヒドロキシアパタイト」などが有名です。多くのポリフェノール成分が、歯が着色してしまう原因なのでコーヒーやチョコレートを控えることも大事です。

歯の発泡剤

発泡剤が不使用がおすすめ

歯を磨く時に泡立つものは、歯磨きの邪魔になる場合があります。ついつい磨いたと勘違いしてしまうからです。

歯磨きをするときに、歯磨き粉が泡立つのは「発泡剤」というものが入っているのが大きな理由です。そのため、泡立ちのせいでしっかりと磨けたと勘違いしたり3分の歯磨き時間よりも早く終わってしまうことが多いです。きっちりと白い歯を目指す場合は発泡剤不使用がおすすめです。

日本と海外お歯磨き粉

日本と海外製で異なる成分

日本と海外ではホワイトニング歯磨き粉に大きな成分の特徴の違いがあります。それが「過酸化水素」です。

ダイエット用品やエナジードリンクを含めて、日本製と海外製では法律の違いから含まれる成分の特徴が異なります。日本の市販されるホワイトニング歯磨き粉には過酸化水素を入れることは禁止されており、歯科医師が用いるホワイトニング治療にのみ、過酸化水素の薬剤を含むことが許されています。この違いもホワイトニング歯磨き粉の大きな効果の違いになります。

価格で選ぶ

価格とホワイトニング歯磨き粉

薬剤の成分の配合が異なる

ホワイトニング歯磨き粉を選ぶ中で、価格の一つの目安です。安いホワイトニング歯磨き粉は研磨剤だけという可能性もあります。

ホワイトニング歯磨き粉も高いものでは数千円というものがあり、最も高いものは医薬品に分類されます。価格が最も安いものでは、先程説明した研磨剤だけで、歯がきれいになっているように見せているだけという場合があります。歯のエナメル質が削られすぎて知覚過敏などになる可能性もあり、ホワイトニング歯磨き粉の成分と価格は密接な関係があるといえます。

より長続きする白い歯

ホワイトニング以外の成分も含まれている

価格が高いものでは単純にホワイトニング効果以外にも、その効果を継続させれるような成分が含まれます。

価格が高いものは、歯を白くするだけでなく、その白い状態を維持できるために着色されにくいようにコーティングするような成分も配合されています。より長く白い歯を継続させられるというわけです。

ホワイトニング歯磨き粉だけでは問題も

日常的にケアできるものを選ぶ

あくまで自宅で行うホワイトニング歯磨き粉は、歯の着色を予防したり白さを持続させるためのものです。

価格も大事ですが毎日しようするものであり、歯ブラシを含めトータルのケアが大事になります。自宅でホワイトニング歯磨き粉だけで得られる効果には限界があり、歯科医院でホワイトニングを受けた効果を持続させるという目的がメインになる場合もあります。

オフィスとホームホワイトニングの比較

オフィスホイワイトニング

それぞれのホワイトニングの違い

違いをチェック

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの違いを確認していおきましょう。どのような違いがあるのでしょうか。

ホワイトニング歯磨き粉はもちろんですが、他の選択肢としてオフィスホワイトニングとホームホワイトニングという方法があります。オフィスホワイトニングというのは、歯科医院においてホワイトニングを行ってもらう方法です。ここで先程の「過酸化水素」という薬剤によるホワイトニングを受けることができます。

オフィスホワイトニング

効果が早く実感できる

ホームホワイトニングとの大きな違いは、効果が早く実感できるという点が大きな違いです。選び方としてはやく歯を白くしたい人におすすめです。

過酸化水素の薬剤を塗って、そこに光を照射することで歯を白くします。一回の処置で1時間ほどで終わり、効果も1回で実感できます。さらなる効果を求める場合は1週間に一度を3回ほど繰り返すことで高い効果が実感できます。費用は1回で3万円ほどが平均的のようです。また、ホームホワイトニングと併用するのが理想です。

ホワイトニングと歯磨きの仕方

正しい歯磨きも身につける

オフィスホワイトニングの効果を長く守るためにも、正しい歯磨きの仕方を身につけるようにしましょう。

オフィスホワイトニングのあとは、自宅でのケアも大事です。ホワイトニングをしてもらったら、強く磨きすぎないように研磨剤不使用のタイプのものを利用しましょう。また、変化を確認するために、オフィスホワイトニングを受ける前の歯と受けてからの歯の画像を残すのがおすすめです。また、その後の経過も定期的に写真に残して置くこともおすすめです。その後の継続のホワイトニングを含めて、いろいろと参考になる情報になります。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは

2週間ほどで効果が出る

選び方としてもう一つの方法であるホームホワイトニングは、マウスピースのようなものを利用する方法になります。

これは、オフィスホワイトニングのように歯科医院で使用される薬剤を、作ったマウスピースに使用して自宅で自分でケアするものです。画像のように薬剤を塗って歯にはめると言う感じです。時間としては一日に1時間から2時間ほどで、寝る前など自分の開いている時間に合わせればいいだけです。

自分で行うのがホームホワイトニング

価格も抑えられる

オフィスホワイトニングに比べると、ホームホワイトニングのほうが価格も抑えられる事ができます。この当たりも選び方のポイントといえます。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの選び方のポイントは、費用が異なる点とホームホワイトニングでは効果が出るまで2習慣ほどかかることです。ただし、目標の白さを調整できたり、持続期間が1年から約2年ほどなど、選び方としてはいろいろ注目する点があります。

自分での手入れも大事

数万円の違いが出る

費用の差としては、どれだけの回数をこなすかという点でも費用が異なってきます。

オフィスホワイトニングは費用の差が大きく1万円から7万円ほどが1回でかかります。ホームホワイトニングでは効果を実感できるまでする必要があり、それまで2万円から5万円ほどかかる場合が多いようです。持続期間が長いためメンテナンス費はあまりかかりません。即効性や費用などを選び方の目安にするのがおすすめです。

デュアルホワイトニングとは

併行するのも選択肢

また、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングは併用するデュアルホワイトニングも選び方の一つです。

ある程度費用を抑えながら、根気よくしっかりとホワイトニングしたい場合は、オフィスホワイトニングとホワイトニングを併用するするという方法もあります。この場合はデュアルホワイトニング言われるもので、それぞれの利点を最大限に引き出せます。時間をほどよく短縮しながら白さの安定を保てる方法です。現在は一番この方法が、白さを長期間保つことができると言われています。

市販でも歯を白くする効果は?

ホワイトニング歯磨き粉だけで、白い歯を目指すのは地道な道のりといえます。歯磨き粉だけでなく、磨き方や食生活も見直しましょう。市販のホワイトニング歯磨き粉だけで、歯を白くするのを目指す場合は短期間での効果ではなく、じっくりと丁寧に歯をきれいにしていくというイメージを持ちましょう。

市販のものには過酸化水素が含まれていないこともあり、すぐには白さが実感できません。歯を着色しやすい食べ物をさけて、歯磨きの仕方も見直しましょう。

歯磨きの仕方

歯磨きの仕方もポイント

市販のホワイトニング歯磨き粉をより効果的にするために、歯磨きの仕方も丁寧な方法を身に着けましょう。

市販のホワイトニング歯磨き粉を試す場合は、まずは何も付けていない歯ブラシで全体を磨いて、その後に毛先の1/3程度の量の市販のホワイトニング歯磨き粉をつけて、じっくりと丁寧に磨きましょう。配合されている薬剤がしっかりとすべての歯に行き渡るイメージです。しっかりと磨き終わってから水で軽くゆすぐのがポイントです。あまり泡立てずに泡は最後に流すのが市販でもきれいにできる方法です。

ホワイトニングの期間は?

ホワイトニングと期間

食生活も期間にかかわる

ホワイトニングの効果期間は、食生活の影響が大きく影響します。着色しやすい食生活はホワイトニング期間を縮める原因です。

オフィスホワイトニングの場合は3ヶ月から6ヶ月かほどで、ホームホワイトニングの場合は約1年ほどが基準の期間になります。歯磨きの回数や時間、食生活や喫煙などによってかなり効果の期間は異なります。定期的にメンテナンスする必要があり、期間も様々であることは忘れないようにしましょう。

それぞれの期間の比較と方法

すこしでも期間を長持ちさせる方法

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの効果や期間を比較した中で、より期間を持続させる方法もおすすめです。

いろいろな方法を比較しましたが、市販のものでも着色成分が強いものを食べたり飲んだりしたとは、すぐに歯を磨くことがおすすめです。軽く口をゆすぐだけでも違います。しっかりと歯の定期検診を行ったり、タッチアップホワイトニングといわれる、ホワイトニング効果が落ち始めたときに追加のホワイトニング行うのがおすすめです。

オプションとホワイトニング

オプションも

ホワイトニングを受ける場合は、オプションメニューで様々な効果を体感することが出来ます。

ホワイトニングを行う上では、まずしっかりと歯をきれいにするためのポリッシングやクリーニングも表側だけにするのか、それとも裏側も合わせた両面にするかなどの違いがあります。ホワイトニング効果を持続させるためのポリリントリートメントや、フッ素コーティングなど、オプションもチェックして受けてみるのがおすすめです。

ホワイトニング効果のある歯磨き粉おすすめ人気ランキング17位~11位

では、市販のホワイトニング歯磨き粉のおすすめ人気ランキングを紹介します。様々なホワイトニング歯磨き粉が市販されていますが、費用やその成分を比較し、より手軽で効果的に白い歯を目指せるものに注目です。ホワイトニング歯磨き粉としての効果期間なども含めてチェックしてみましょう。

17位:全薬販売株式会社「オーラパール」

なめらかなきれいな歯を目指せる

トータルケア

日本初の同時成分の配合

価格:2,160円

内容量:75g

特徴:歯周病や虫歯や口臭にもおすすめ

このホワイトニング歯磨き粉は、市販のホワイトニング歯磨き粉として、「酵素成分塩化リゾチーム」と「ナノ粒子薬用ハイドロキシアパタイト」を日本で初めて同時配合した成分です。また、その成分の配合量もトップクラスの市販のホワイトニング歯磨き粉です。

健康的な歯を保つ

トータルケアができる市販のホワイトニング歯磨き粉として人気です。ホワイトニング効果以外にも虫歯や歯周病、また口臭など様々なニオイを同時に改善してくれる効果が期待できます。初めてのホワイトニング歯磨き粉としてもおすすめですし、じっくりと長い期間を利用して欲しいおすすめの商品です。

16位:ホワイトエッセンス「クリストクリア」

歯科医院が開発

ホワイトエッセンスタイプ

ホワイトエッセンス専売品

価格:2,200円

内容量:100g

特徴:抗酸化作用

ホワイトニングを得意としている歯科医院が販売しているものです。そのため市販はされておらず、直接ホワイトエッセンスにおいて購入することになります。全国に店舗があるため、市販のものより効果が期待できそうなものを選びたい人におすすめです。しっかりと汚れ物質を吸着して、絡みとってくれるのが特徴です。

ホームホワイトニングと合わせて

ホワイトエッセンスでは、自分の歯に関するカウンセリングなどを行ってくれて、トータルケアができる歯科医院になっています。オフィスホワイトニングやホームホワイトニングと合わせて、この市販されていないホワイトニング歯磨き粉を試すのがおすすめです。

15位:ライオン歯科材「ブリリアントモア」

初心者におすすめでコスパ良し

ブリリアントモア

ドラッグストアでお馴染み

価格:987円

内容量:90g

特徴:美白歯磨剤配合

ドラッグストアなどで手軽に購入できるのが魅力で「ピロリン酸ナトリウム」が歯を着色させるステインを吹き上がらせます。虫歯などの予防効果も含まれており、爽やかなフレッシュスペアミントの香味となっています。その効果を比較していく中でも初心者におすすめな使いやすいものとなっています。選び方の比較として購入しやすいのもポイントです。

コーヒーをよく飲む人におすすめ

このホワイトニング歯磨き粉の選び方として、普段からコーヒーなど着色しやすい食生活をしている人におすうめです。他のものと比較すると価格も安く、普通の歯磨き粉からホワイトニング歯磨き粉に変えたいと言う人に選び方としておすすめす。使ってみると普通の歯磨き粉より効果を比較しやすいといえます。

14位:ウエルテック「コンクールジェルコートF」

ジェルタイプの歯磨き粉

ジェルタイプのコンクール

合わせておすすめ

価格:990円

内容量:90g

特徴:ジェルタイプの歯磨き粉

研磨剤の歯磨きが苦手という場合は、選び方としてジェルタイプの歯磨き粉がおすめです。研磨剤が不使用なのでじっくりと歯磨きをできるのがおすすめのポイントであり、比較して欲しい点です。特に市販の安いホワイトニング歯磨き粉は研磨剤だけが増えているものが多いので比較するのがおすすめです。毎日研磨剤の歯磨き粉ではなく、数日おきにジェルタイプの歯磨き粉と使い分けるという選び方がおすすめです。

研磨剤不使用なのが特徴

市販されているジェルコートFですが、見つかりにくい場合はAmazonなどの通販で購入することがおすすめです。また、歯医者などでも売っている場合が多いようです。歯科医師の中には研磨剤が少ないものを進める事が多く、歯磨き粉は使用しないほうが良いと考える人までいるそうです。

13位:コハルト「はははのは」

製薬会社と共同開発

女性向けのホワイトニング歯磨き粉

女性向けとして開発

価格:1,980円

内容量:30g

特徴:研磨剤や漂白剤などが不使用

女性の笑顔をサポートしたいという思いから、製薬会社と共同開発されたホワイトニング歯磨き粉です。市販のホワイトニング歯磨き粉の特徴として、効果が実感できるまでオフィスホワイトニングと比較すると、一ヶ月ほど経ってから効果が出やすいようです。こちらの商品も1ヶ月ほどの期間使い続けて欲しいです。

気になるネーミングもポイント

笑顔になれるということから、特徴的なネーミングとなっているようですが、コーヒーや喫煙の習慣があっても効果が期待できるようです。一本目が使い終わるぐらいの期間が経つと、以前の歯と比較して違いが実感できるようです。

12位:Contribution「ASPLUSH」

美白成分が豊富

価格:2,138円

内容量:???

特徴:美白成分トリプル配合

ポリリン酸ナトリウム、ピロリン酸ナトリウム、メタリン酸ナトリウムの3つの美白成分が配合されているのが比較ポイントです。選び方として、しっかりとステインを浮かせて落とし、そのあとに歯をしっかりとコーティングできるものを選び方として探している人におすすめです。

イメージモデルはAAAの宇野実彩子

イメージモデルにAAAの宇野実彩子が選ばれているというのも特徴です。ホームケアでも負担を与えること無く美白を目指せる商品を目指しており、着色された汚れを改善してきれいな歯を目指すことができます。市販されているものでは珍しい、3つの美白成分が含まれているのが選び方のポイントで人気の理由です。

11位:サンギ「アパガードMプラス」

ハイドロキシアパタイトが特徴

アパガードの歯磨き

コスパもよく使いやすい

価格:740円

内容量:60g

特徴:ハイドロキシアパタイト

ホワイトニング歯磨き粉のおすすめ人気ランキングの中でも、コスパがよくスタンダードなホワイトニング歯磨き粉といえます。特徴としては、ナノ粒子の薬用ハイドロキシアパタイトが配合されており、エナメル質の修復を助けるという特徴があります。

朝と夜で使い分ける人も

Twitterの口コミでは、朝用と夜用で歯磨き粉を使い分けているという人もいました。特に研磨剤が多いホワイトニング歯磨き粉では、エナメル質を傷つけてしまう可能性があり、毎日ではなく使い分けることがおすすめです。そのため、比較しやすい研磨剤不使用のものや、エナメル質を修復してくれるものを比較しながら使うのがおすすめです。

ホワイトニング効果のある歯磨き粉おすすめ人気ランキング10位~7位

ホワイトニング歯磨き粉のおすすめ人気ランキングでは、研磨剤が使用されているものと不使用のなものが大きな選び方の違いとなっていることがわかります。毎日使う中でも、一つの歯磨き粉にこだわるというよりも、それぞれの特徴を比較して使い分けるというのもランキングを参考に取り入れてみてください。

10位:トゥービーホワイト「トゥービーホワイトプレミアム」

美容成分約2倍

研磨剤不使用のホワイトニング歯磨き粉

毎日安心して使える

価格:1,512円

内容量:60g

特徴:研磨剤不使用

研磨剤不使用のホワイトニング歯磨き粉であり、毎日使ってもエナメル質を傷つけない点がポイントです。植物由来成分を配合しており、やさしく歯を白くできるのが注目の点です。口臭予防や口内を清浄に保ってくれるので、子どもからお年寄りまでおすすめしたいタイプの人気ホワイトニング歯磨き粉です。

電動歯ブラシなどでも安心して使える

研磨剤不使用のホワイトニング歯磨き粉が、特におすすめなのは電動歯ブラシや音波ブラシなどを利用している人です。電動歯ブラシは手軽に磨くことができますが、あまり研磨剤が多く配合されているものを利用していると、気づかないうちにエナメル質を傷つける場合があります。そういった心配を和らげるためにも、研磨剤のタイプが口コミでもおすすめされているようです。

9位:リュミエールブラン「ネージュ」

美歯エステができるホワイトジェルタイプ

リュミエールブラン

本気で歯を白くしたい人向け

価格:5,400円

内容量:???

特徴:ジェルタイプ

歯科医監修の本格的なホワイトニングが行えるホワイトジェルタイプのホワイトニング歯磨き粉です。公式サイトで毎月の本数を選ぶ事もできますし、Amazonなどでも購入できます。価格は決して安いとは言えませんが、多くの雑誌で紹介され芸能人が使用していることでも話題になりました。

歯磨き粉とホワイトニングが1つでできる

ステインが長年付着した歯にも効果がある成分が配合されているのが特徴です。研磨剤を不使用で、発泡剤も不使用となっているので、口の中が泡でいっぱいにならず磨きやすいのも特徴です。口の中の粘りを減らす成分も含まれているので、口の中のネバネバが気になっていた人にもおすすめです。

8位:メディカルスペース「プレミアムブラントゥース」

笑顔に自信が持てる輝く白い歯に

スプレータイプの歯磨き粉

返品保証付きで安心

価格:3.980円(初回限定)

内容量:30g

特徴:スプレータイプ

歯ブラシにワンプッシュするだけという、少し珍しいタイプのホワイトニング歯磨き粉です。市販はされておらず、通販が基本になるという点がマイナス店ですが、それだけに効果も気になる製品です。発泡剤が入っていないのでしっかりと丁寧に磨くことができます。

歯の美容液という考え方

1日2回の歯磨きで、一ヶ月ほどで効果が実感できるという声が多く見られました。ホームホワイトニングと同じような期間なので、自宅で気軽にホワイトニング効果が期待できるのが人気の理由です。がっつり白くなるというよりは、黄ばんでいた歯からほどよく白さが取り戻せると言う感じです。あまり白すぎるのは違和感なので、自然な白さを求めている人に高評価のようです。

7位:ホコロ「ホコロ」

イキイキとしたホワイトニング歯磨き粉

34種類の成分を配合

価格:3.980円(初回限定)

内容量:???

特徴:ヒト幹細胞培養液配合

オフィスホワイトニングと比較して、安価でホワイトニング効果が期待できることを売りにしているホワイトニング歯磨き粉です。1日あたり128円で歯本来の輝きを期待できるものとなっており、使えば使うほど白さを実感できるものとなっています。

ついついサボってしまう人におすすめ

やはりオフィスホワイトニングは、どうしても仕事が忙しくなったり面倒に感じて最初の一回だけで辞めてしまう人も多いようです。それだけにホームホワイトニングや自宅でできるホコロのようなホワイトニング歯磨き粉が口コミでも人気でした。

ワイトニング効果のある歯磨き粉おすすめ人気ランキング6位~4位

スーパーやドラッグストアで手軽に購入できる市販のホワイトニング歯磨き粉も魅力ですが、ランキングでは通販などで購入できるものもランキングに入れてみました。価格は高いものが多いようですが、市販のホワイトニング歯磨き粉と比べると、よりこだわりが多いものがランキングで確認できたのでは無いでしょうか。

6位:GC「ルシェロ歯磨きペーストホワイト」

喫煙習慣がある人におすすめ

ルシェロのホワイトニング歯磨き粉

ポリエチレングリコール配合

価格:1,530円

内容量:100g

特徴:ヤニなどに強い

弱アルカリ性ペーストが汚れを落としやすくしています。ポリエチレングリコールやLime粒子によって、ステインを効果的に除去してくれます。また、モノフルオロリン酸ナトリウムが歯の再石灰化を促進し、虫歯の発生と進行を予防します。

4つの成分が特徴

いままで使っていた歯磨き粉と比較して、茶渋や喫煙によるヤニの汚れがすぐ改善されたという人もいました。すぐに効果が出るような場合もあり、ホワイトニング歯磨き粉は大きな効果を実感できる場合があります。一ヶ月から二ヶ月ほど使用していると、最近歯が白くなったかもという経験をぜひ体感して欲しいです。

5位:ルウ研究所「キラルンハミガキペースト」

世界初の天然アパタイト配合

キラルンハミガキ

本物を届けるための研究

価格:1,596円

内容量:100g

特徴:ヒドロキシアパタイト配合

歯の組成と同じ、ヒドロキシアパタイトを配合しており、このホワイトニング歯磨き粉の場合はそれを天然成分で配合しています。人工的なアパタイトよりもより素早く修復することができるので、歯の成型に必要なカルシウムイオンをスムーズに移動することができます。

コスパも良く毎日の歯磨きに人気

歯を白くする効果だけでなく、歯石付着を防いだり、虫歯を防ぐ効果も期待できます。口臭や口内浄化の効果も期待できます。普段から喫煙習慣がある人に歯のヤニ取りの効果も期待できるので、しっかりと歯をきれいにしたい人におすすめです。

4位:オデコマート「ビースマイル」

黄ばんだ歯を改善

ビースマイル

ウォッチュと合わせてホワイトニング

価格:4,147円

内容量:???

特徴:アミノ酸高分子で再付着を防ぐ

ランキングも上位になってきました。このビースマイルにはポリアスパラギン酸が配合されており、たんぱく質と反応して凝固し、付着するのを防いで剥がれるようにしてくれます。口内を清潔にすっきりときれいにしてくれます。歯や歯茎に優しい成分が使用されているのも特徴です。

日常的なステインを除去

チャエキスや紅茶エキスを始めとした植物エキスを配合しているので、とても爽快でリフレッシュ感が得られます。ジェルタイプとなっており、じっくりとホワイトニングを目指す家庭での歯磨きでも優しく長く愛用できます。価格が高いところが評価が分かれる点だといえます。

ビースマイルには、ホワイトニングキットというものも販売されており、自宅でホームホワイトニングのようなものに近いものを体験できます。やはりオフィスホワイトニングは敷居が高いとか、時間が無いと言う人には、こういったホワイトニングキットタイプが注目されているようです。注文して届いたものを試すだけなので、こういったホワイトニングキットも一つの選択肢です。

ホワイトニング効果のある歯磨き粉おすすめ人気ランキング3位~1位

ついにホワイトニング歯磨き粉のおすすめ人気ランキングもトップ3となりました。コスパの良いモノから、価格は高いけれども本格的で様々な成分が配合されているホワイトニング歯磨き粉が存在しました。それぞれの特徴を比較して、まずは1本をしっかりと使い切って効果を体感してみましょう。

3位:サンスター「セッチマ」

女性層向けの歯磨きブランド

セッチマの歯磨き粉

ドイツ生まれのホワイトニング

価格:842円

内容量:80g

特徴:コスパが良く、ドイツ生まれのブランド

ドイツ生まれのセッチマは1966年に日本で販売されるようになって、女性層を中心とした歯磨きブランドです。おすすめ人気ランキングの中でも価格が安くコスパが安いのが魅力です。公式でしっかりと研磨剤が多く配合されていることを明記しており「週に2回から3回」の使用をおすすめしています。

長い歴史があるブランド

歯磨きとして、研磨剤タイプはやはり変化がわかりやすいようです。タバコのヤニなどもかなり変化があるようで、汚れが気になるときに使うホワイトニング歯磨き粉として、一つ買っておくのがおすすめです。ちなみに、毎日使えるデイリータイプも販売されています。

セッチマのホワイトニング歯磨き粉は、かなり評価が高く、その分研磨剤を評価したり心配する声も多いです。そのため、公式が勧めているように週に2回から3回の使用にして、使い分けるのが理想的です。普段ステインが付着しやすい食生活をしている人は、まずはセッチマでホワイトニング歯磨き粉の効果を体感してみるのがおすすめです。

実はセッチマ自体は知名度が高く、特に一昔前には雑誌の裏側に広告が載っていたこともあり男性には少し有名な歯磨きです。現在はサンスターが取り扱っており、当時から比べてかなり改良されています。当時はセッチマで磨けば一週間は磨かなくていいというようなキャッチフレーズだったようですが、現在は改良が加えられて昔のような怪しい雰囲気のものでは無くなっています。

2位:ラカルト「薬用ラカルトニュー5」

5つの働きでトータルケア

ラカルトニューのホワイトニング歯磨き粉

歯周病予防も含めてケア

価格:1,436円

内容量:190g

特徴:歯周病予防や歯茎の引き締め

歯槽膿漏や歯周病の予防、歯石の付着を防いで虫歯の予防、そして口臭の防止の効果が見込めます。そういった働きに、歯を白くする働きが合わさって5つの働きが特徴のホワイトニング歯磨き粉です。ポリリン酸ナトリウムやアラントインクロルヒドロキシアルミニウム、グルコン酸クロルヘキシジンなどによって、歯を引き締めて殺菌してくれるホワイトニング歯磨き粉です。

歯の土台である歯茎に注目

ラカルトは歯の土台である歯茎に注目した薬用ハミガキです。歯茎の炎症を抑えて、しっかりとケアしてくれます。歯をきれいにするだけでなく、しっかりと長持ちする歯にしてくれます。

使用する量も少なくて大丈夫なので、約1cmほどの量で大丈夫です。価格だけで見ると少し高めに感じるかもしれませんが、内容量も多く、一回の使用量も少なめなので実はコスパが良いホワイトニング歯磨き粉になっています。

1位:オーラツー「ステインクリアプレミアムペースト」

ステインを除去できる安心な歯磨き

オーラツーの歯磨き

人気ブランドのステイン向け歯磨き

価格:398円

内容量:100g

特徴:ステインの汚れに効果あり

ホワイトニング歯磨き粉のおすすめ人気ランキング1位はオーラツーのステインクリアプレミアムペーストでした。知名度も高いオーラツーですが、その中でワンランク上のステインケアが期待できるのがこの商品です。ステインの除去を目的としており、きめ細かく落とすことが出来て、シャイニーホワイト成分で白い歯に輝きの力をプラスします。

価格も良く手に入れやすい

購入しやすい

オーラツーの商品はどこでも購入できる手軽さが魅力です。また、ドラッグストアなどでセールにもなりやすいです。

3種類の中から選べることもあり、自分にあったものを見つけることができるのも嬉しいです。クセが強すぎず、毎日使うという点でも評価できます。ついつい歯磨きで力を入れすぎてしまうという人も、非常になめらかな歯磨き粉なので、手の力を抜いて優しいブラッシングの練習にもおすすめです。

デザインのおしゃれさも人気のポイント

フレーバーは三種類用意されており、それぞれデザインも変わってきます。リフレッシュフレーバーは16種類の天然成分香料が配合されており、爽やかな香りです。リラックスフレーバーは南フランス産のラベンダーエッセンスが配合されており心地よく安らぐ香りになっています。そして、フレッシュフレーバーは4種類の地中海産シトラスエッセンスが配合されており、フレッシュではじける香りが特徴です。

実際に磨いてみると、シャリシャリとした粒子が特徴的となっており、磨いている感があるのも特徴です。ステインをしっかりと溶かしで出す効果があり、このシャリシャリとした粒子がステインをそぎ取ってくれるのです。磨き終わったあとはツルツルとした磨き心地が快感になります。

パッケージが豪華でおしゃれというのも口コミで多く見られました。いろんな歯磨きのパッケージが存在しますが、白い洗面所で存在感のあるゴージャスなパッケージが目立ちます。ちょっとしたことですが、こういった見た目の良さも毎日のホワイトニングを前向きにさせてくれると言えます。

ホワイトニングバーってなに?

芸能人御用達のホワイトニング専門店

ホワイトニングバー

日本初のセルフホワイトニング専門店

雑誌などの撮影前やテレビの収録前に芸能人やモデルが多く通うことになり有名になったセルフホワイトニング専門店です。

もちろん芸能人やモデルだけでなく、社会人から学生まで利用できるお店になっています。ホワイトニングバーは、歯科医師と研究チームを結成して独自開発のホワイトニング専用ジェルをつくり、リーズナブルな価格で提供しています。

最も安価なコースは1回2000円からで、ホワイトニングでは1回4,980円となっています。複数回のコースでは1回の料金が安くなるなど、自分の理想の白さを求める事ができます。より上のコースのほうがしっかりとしたホワイトニングになりますが、15,000円ほどから40,000円ほどぐらいまでのコースで柔軟に選ぶことができるのでおすすめです。

時間も取らない

価格も安く短時間で体験できるため、自分の歯に自信が持てないという人におすすめです。自分が応援している芸能人やモデルがホワイトニングバーを体験したとつぶやいているのをみたことがあるかもしれません。ある程度は宣伝も含まれているようですが、それでも継続して利用しているタレントも多いようです。

また、ホワイトニングバーで販売されているホワイトニング歯磨き粉もあるので、自宅に返ってからもその効果を継続させることが出来ます。一度試したからといって、強引な勧誘なども行っていないので安心して利用できる点も人気の理由と言えます。

2018年現在は、全国に16店舗が営業されており、残念ながら北海道にはお店が無いようですが東北から始まり九州にまでお店があります。一番多いのは関東ですが、もし身近なところにお店がある場合は、情報を確認してみるのがおすすめです。他のオフィスホワイトニングと合わせて店舗でしっかりとしたホワイトニングをスタートするのも一つの選び方です。

ホワイトニング歯磨き粉おすすめランキング17選のまとめ

ホワイトニングの良さ

毎日のケアから気になったときまで

ホワイトニング歯磨き粉のおすすめ人気ランキングを紹介しました。普通の歯磨き粉との違いもまとめてきました。

ホワイトニング歯磨き粉は毎日ケアするのもおすすめですが、気になったときに利用するという方法も一つの選択肢です。特に研磨剤がメインのものは毎日ではなく、汚れが気になったときや、コーヒーなどのステインが付着しやすいものを多く摂取したときに利用するのがおすすめです。

ホワイトニングの種類はいろいろ

ジェルやスプレーなどいろいろ試す

ランキングでも様々なタイプを紹介しましたが、いろいろなタイプの種類が販売されているので、自分にあったものを見つけましょう。

発泡剤の有無が歯磨きの感覚を大きく変えます。ホワイトニングをするために、しっかりと成分を浸透させたい場合は、発泡剤がないタイプがおすすめかもしれません。ランキングの中ではジェルタイプやスプレータイプなど、ほとんど泡立たないタイプもたくさん紹介しました。

価格とホワイトニング歯磨き粉

価格が必ずしも効果があるとはいえない

ランキングの中でもコスパの良いものから、定期コース系の高いものも紹介しました。

通販系の高価なものは、いろいろな成分が入っており研磨剤には頼らないホワイトニングのものが多いです。しかし、価格が高いからと言って必ずしも効果が出るとは限らないので、はじめのお試しコースで1つを使い切って判断するのがおすすめです。手間を考えなければ、オフィスホワイトニングのほうが良かったというパターンが多いようです。

ホワイトニングの効果

食生活は必ず見直そう

ホワイトニングの効果を得られない人は、まず食生活を見直すようにしましょう。

最後に、ホワイトニング歯磨き粉の効果をしっかりと実感できるため、ホワイトニング歯磨き粉を使い始めたら食生活を見直しましょう。コーヒーやワイン、チョコレートはステインの原因です。また、喫煙は非常に歯を黄色くする原因です。同時に真っ白すぎる歯も不自然なのでやりすぎにも注意しましょう。今日から少しずつホワイトニングを初めて、清潔な歯を目指しましょう。

その他のおすすめ人気ランキングはこちら

2018歯ブラシおすすめランキングTOP30!選び方の4つのポイントを紹介 | ランキングまとめメディア
歯磨き粉・口臭ケアのおすすめTOP35!市販で手に入る厳選商品 | ランキングまとめメディア
歯間ブラシおすすめランキングTOP17!歯垢が綺麗に取れるのは? | ランキングまとめメディア
ホワイトニング歯磨き粉おすすめランキングTOP25!選び方や種類を解説 | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ