ミネラルウォーターおすすめランキングTOP21!硬水・軟水別に紹介!

健康的で美容にも大事なミネラルウォーターですが、そんなミネラルウォーターの飲み方や選び方はどのようなものを基準にすればよいのでしょうか。そんなミネラルウォーターの情報とともに、おいしいミネラルウォーターのおすすめ人気ランキングを紹介します。おすすめ人気ランキングにおいては、ミネラルウォーターの売れ筋を紹介するとともに、安全においしい飲み方ができるミネラルウォーターをまとめました。飲み方や選び方における硬度による軟水や硬水などの情報もチェックし、美肌も目指しましょう。

目次

  1. ミネラルウォーターおすすめ人気ランキングTOP21!
  2. ミネラルウォーターおすすめ人気ランキング!21位~11位
  3. ミネラルウォーターおすすめ人気ランキング!10位~7位
  4. ミネラルウォーターおすすめ人気ランキング!6位~4位
  5. ミネラルウォーターおすすめ人気ランキング!3位~1位
  6. おすすめミネラルウォーターの効果・効能
  7. ミネラルウォーターと水道水の違いについて
  8. ミネラルウォーターおすすめランキングTOP21!まとめ

ミネラルウォーターおすすめ人気ランキングTOP21!

硬水や軟水の売れ筋ミネラルウォーターをランキングで紹介

ミネラルウォーター

現代人には必須の飲み物

かつては水をお金を払って買うなんてという風潮もありましたが、現代人にとってミネラルウォーターは必須といえます。

今回のおすすめ人気ランキングでは、おすすめのミネラルウォーターを紹介します。ミネラルウォーターを選ぶ中では、その安全性はもちろんですが味に大きく関わる「硬度」というものに注目しています。ミネラルウォーターの味は軟水と硬水によって大きく味が変わり、飲み方も異なってきます。

ミネラルウォーターと選び方

どんな選び方が良いのか

ミネラルウォーターの選び方や飲み方を紹介するともに、その効果や売れ筋のポイントを紹介します。

いろいろな選び方がある中で、そのおすすめの飲み方を紹介するとともに美容効果も注目しています。硬水や軟水など硬度の違いで、ミネラルウォーターの味は大きくことなります。美容に向いているタイプを含めておすすめ人気ランキングに注目です。

ミネラルウォーターのおすすめの選び方

ミネラルウォーターの硬度

硬度で異なる美容効果

硬度は非常に重要

ミネラルウォーターの味や美容効果にも関係する硬度が一番のポイントになります。

様々なブランドがあり選び方が迷うミネラルウォーターですが、まずは硬度を参考にして軟水と硬水の中で選び方を絞るのがおすすめです。また、一部では炭酸が含まれるものもあり、美容効果を考えるならそちらも参考になります。

軟水と硬水

日本人は軟水がおすすめ

日本人は体質的に硬度が高いものはお腹を壊しやすいと言われています。そのため、飲みやすさでは軟水がおすすめです。

ミネラルウォーターの硬度が異なる理由は、カルシウムとマグネシウムが多く含まれると「硬水」になります。逆にカルシウムとマグネシウムが少ないと柔らかい水である「軟水」になります。これらは地層の中の岩石から時間をかけて見ずに溶け出したものによって、このような違いが生まれるのです。

日本の硬度

水道水でも異なる硬度

同じ日本でも湧き出る水の硬度は地方によって異なります。硬度の違いで水の性質も大きく異なります。

実は水道水でも硬度は異なっており、硬度が低いと水道管が腐食しやすく、硬度が高いと石鹸の泡立ちが悪くなったり、スケールといわれるカルシウムとマグネシウムが付着しやすくなります。電気ポットにずっと水を入れていたままにすると、白い石のようなものが付着しますが、あれがスケールです。

ミネラルウォーターのおいしさ

日本人は軟水に親しんでいる

このことから日本人はミネラルウォーターを選ぶ上でも軟水を選んだほうが、おいしいと感じやすいいかもしれません。

軟水のほうが口当たりが良いのでおいしいと感じやすいかもしれません。ただし、美容効果を考えるとミネラル分が豊富な硬水のほうがおすすめといえます。お米などの和食料理の調理には軟水が向いています。そのまま飲むなら硬水でも問題なく、美容効果を補う食事になるといえます。

ミネラルウォーターの種類

4つのミネラルウォーター

ナチュラルミネラルウォーター

ミネラルウォーターの種類は大きく分けて4つの種類に分けることが出来ます。

健康や美容にも大切なミネラルウォーターですが、大きく分けて4つにわけることが出来ます。まず「ナチュラルミネラルウォーター」と言われる、天然水の中でも自然な状態でミネラルが溶け込んだものがあります。こちらは加熱処理を行っていないのが特徴です。

いろんなナチュラルミネラルウォーター

ナチュラルウォーター

ナチュラルミネラルウォーターに近い存在として「ナチュラルウォーター」が存在しています。

ナチュラルウォーターの場合は、特定の水源から採水されており、ろ過や沈殿、加熱などを施していないものをナチュラルウォーターと言います。

ミネラルウォーター

ミネラルウォーター

ナチュラルミネラルウォーターを原水としたのが「ミネラルウォーター」です。健康面や美容面の効果が期待できます。

ミネラルウォーターの場合は、品質を安定させるためにナチュラルミネラルウォーターを原水として、複数のナチュラルミネラルウォーターを混合して、ミネラル分を調整しています。

ボトルドウォーター

ボトルドウォーター

これらの3つに当てはまらず、食品衛生法に基づいて地下水以外の水などに成分を加えて処理したものが「ボトルドウォーター」と言われます。

これらの4つの分け方は日本独自のものであり、品質表示のガイドラインに基づいて設定されています。先程の硬度とこれらのミネラルウォーターの4つの種類の分類を参考にしながら、健康や美容に良いミネラルウォーターを購入しましょう。

ミネラルウォーターの採水地

ミネラルウォーターと採水地

採水地で硬度などが異なる

実はミネラルウォーターは採水地がそれぞれ異なっていて、硬度などが大きく異なります。

同じブランド名のミネラルウォーターでも、よく見てみると採水地について明記しているものがあります。例えばアサヒ飲料のおいしい水でも、富士山や六甲など採水地がそれぞれ異なっていることがわかります。日本コカコーラのいろはすに関しても同様で、全国に7ヶ所の採水地があるなど、採水地もポイントになります。

ミネラルウォーターのPH値

ミネラルウォーターのPH値

人間の体内は弱アルカリ性

ミネラルウォーターにはPH値と言われる、酸性かアルカリ性かを判断する数値も重要です。

人間の本来の体内は弱アルカリ性となっており、様々な影響を受けてそれらの数値が上下します。例えば食事で肉や魚などの酸性食品を食べたりストレスが多くなると、酸性に傾きがちです。そういった意味では、ミネラルウォーターのPH値も確認して、アルカリ性よりのものを選ぶと良いかもしれません。

ミネラルウォーターの情報

パッケージの情報

この画像のように品質表示を確認すると硬度やPH値など様々な情報が表示されています。サントリー天然水やいろはすなどはPH値が8.0以下になります。

 

逆にキリンのアルカリイオン水はその名前の通りアルカリ性寄りになっており、PH値が9.0以上になっています。

 

そういったPH値の8.0という値を中心にしてみると良いです。6.0以下が酸性で、6.0から8.0までが中世、それ以上がアルカリ性となっています。

ミネラルウォーター美味しい飲み方

ミネラルウォーターの美味しい飲み方

温度やグラスなどいろいろ

ミネラルウォーターを美味しく飲むためには、ちょっとした工夫がおすすめです。

ミネラルウォーターの飲み方として大事なのは「温度」です。例えばまずい水でもキンキンに冷やしておけば、飲めないこともないといえます。また、炭酸水のようなものは温度が上がると炭酸がどんどん抜けてしまいます。冷えることで炭酸がきつくなったように感じることもあるでしょう。

冷たい水は美味しい

理想的な水の温度

軟水と硬水でも温度が異なる

また、硬度によって水の飲みやすさも異なるため、軟水と硬水でも温度を少し変えることがおすすめです。

軟水の場合は12℃から15℃の間が理想で、炭酸が入っているものは2℃ほど冷やしましょう。また、硬水の場合は少し飲みにくいと感じる場合は軟水の温度より2℃から3℃ほど温度を下げるのがおすすめです。グラスに関しては、少し厚みの薄い口が広いタイプが飲みやすいです。

硬水と軟水の違いについて

飲みやすいのは軟水

理想の硬度

目的に合わせて選ぼう

先程説明した硬度による軟水と硬水ですが、目的に合わせて選ぶ選び方もおすすめです。

軟水と硬水では、それぞれの特徴を踏まえて目的に合わせて利用するのがおすすめです。普段の水分補給や食事には軟水、健康や美肌を目的とするなら硬水がおすすめです。ミネラル分が豊富な硬水では美肌に近づく一杯となるでしょう。

ミネラルウォーターおすすめ人気ランキング!21位~11位

では、そんな奥の深いミネラルウォーターのおすすめ人気ランキングを21位から紹介します。実は種類が豊富なミネラルウォーターだけに、スーパーやコンビニで市販されているものだけでなく、通販などがおすすめのミネラルウォーターも存在します。健康や美肌が目指せる美容効果が見込めるものなど、ランキングでミネラルウォーターをチェックです。

21位:MgNa「温泉水MgNa」

水溶性マグネシウムがたっぷり

かなり高度が高いミネラルウォーター

硬度がかなり高い

価格:3.924円

内容量:2L×6本

特徴:硬度900、PH値8.6

温泉水を元に作られたミネラルウォーターです。硬度がかなり高く、水溶性マグネシウムがたっぷりなため、美容効果が高く美肌が目指せます。硬度が300以上だと硬水になるのですが、このミネラルウォーターは硬度が900というだけにいかに硬度が高いかがわかるといえます。かなり好き嫌いの分かれる味なので、美肌を目指す健康食品として、少しずつ飲むのがおすすめです。

20位:SOC「鹿児島垂水温泉水99」

PH値が高めなミネラルウォーター

PH値が高いミネラルウォーター

価格:2,142円

内容量:2L×6本

特徴:硬度1.7mg、PH値9.5~9.9

同じく温泉水タイプですが、先程とは違って硬度は低く軟水ですが、PH値が高いアルカリ性の水です。硬度が低いため、お米を炊くという使い方にもおすすめなので、ふっくらとした炊きあがりになります。硬度が非常に低く飲みやすいので飲み方として、常温でも問題ありません。お肉をよく食べる人にもおすすめです。

19位:HePAR「HePAR」

硬度がトップクラス

ミネラルウォーターの硬度トップ1

硬度1,849は段違い

価格:150円

内容量:500ml

特徴:硬度1,849、PH値7.2

日本で通販などで簡単に買えるミネラルウォーターの中では、もっとも硬度が高いと言われているミネラルウォーターです。フランスの天然水であり、美容効果で美肌を目指すなら選び方としては一つの選択肢ですが、一気に飲むのはおすすめしません。硬水がどのようなものかはっきりと味わえるミネラルウォーターといえます。

18位:FIJIWate「FIJIWater」

軟水タイプで美容効果で美肌も

フィジーのミネラルウォーター

フィジー生まれの水

価格:130円

内容量:500ml

特徴:硬度105、PH値7.0

非常に飲みやすくておいしいミネラルウォーターです。南太平洋の楽園フィジー生まれのミネラルウォーターで、1996年に発売されてから、そのおしゃれなボトルデザインを合わせて人気です。完全無添加で加熱殺菌も行っていないので、大自然の天然水を楽しめるものとなっています。

17位:IslandChill「IslandChill」

美肌を目指すならこれ

コラーゲンを生成する

美容効果が期待できるシリカ

価格:190円

内容量:500ml

特徴:硬度117、PH値7.5

シリカと言われるコラーゲンの生成をサポートするものが多く含まれているのが特徴です。非常に優しい口当たりで、美容効果が期待できます。やや硬水よりといえますが、それでも飲みやすいタイプなのでしっかりと冷やしておけば日本人でも問題なく飲めるタイプと言えます。

16位:BADOIT「BADOIT」

炭酸系ミネラルウォーターの代表

炭酸系のミネラルウォーター

フランスのレストランでおなじみ

価格:750円

内容量:1L

特徴:硬度815、PH値6

フランスのレストランで食事をするときに、ミネラルウォーターかバドワにするかを聞かれるというほど、代表的な炭酸系のミネラルウォーターです。微発泡炭酸なので、ほどよい炭酸と硬水の甘く苦いような独特な感じは、好きな人にはやめられないミネラルウォーターといえます。

15位:EnsingerSPORT「EnsingerSPORT」

ダイエットウォーターとしても有名

ダイエット向け

ドイツのミネラルウォーター

価格:2,215円

内容量:1L×6本

特徴:硬度1828、PH値???

ドイツ生まれのミネラルウォーターとして、硬度が非常に高く、高水準のカルシウムとマグネシウムを含んでいることからダイエットウォーターとして有名です。エコ先進国であるドイツらしい、ソーラーパネルによる太陽光発電のもと製造されています。炭酸入りタイプのクラシックと無炭酸のスティルの2種類が販売されています。

14位:ゆふいん福万水「ゆふいん福万水」

湯布院の自然が生んだ天然のアルカリイオン水

高アルカリなミネラルウォーター

アルカリ性のミネラルウォーター

価格:7,586円

内容量:500ml×48本

特徴:硬度3、PH値8.99

地下500メートルからポンプで汲み上げられた温泉を、冷やすこと無く熱いまま自然の状態でペットボトルに詰めて、一日置いて冷やされたミネラルウォーターです。加熱殺菌をしておらず健康面でも安全ですし、選び方としても美容面で美肌が目指せるミネラルウォーターです。無味無臭であり、安全で優しい口当たりがおすすめできます。

13位:美容堂「クラシオ」

コスパ良しで安全なミネラルウォーター

飲みやすいミネラルウォーター

コスパ良し

価格:1,680円

内容量:2L×12本

特徴:硬度49.5、PH値7.3

熊本県阿蘇山由来のミネラルウォーターです。安全で美容効果が期待できるミネラルやシリカなどが含まれているので、美肌効果も期待できます。豊かな自然が育んだ天然水由来のおいしさをそのままに、しっかりと3層のフィルターで除菌し紫外線殺菌によって非加熱処理をしています。出来るだけ人の手が触れられない製造工程にしており、安全で安心な日本製のミネラルウォーターです。

12位:Perrier「Perrier」

硬水だけど強炭酸水で飲みやすい

強炭酸水のミネラルウォーター

強炭酸水の瓶タイプ

価格:204円

内容量:330ml

特徴:硬度417、PH値6.0

非常に有名な天然の炭酸水タイプのミネラルウォーターです。強炭酸水なので硬水ですが、比較的飲みやすいと感じるのではないでしょうか。おすすめの飲み方としては、12℃ほどに冷やしてレモンスライスを添えるというのが人気でおすすめの飲み方です。

11位:サンペレグリノ「サンペレグリノ」

食事に合わせるのがおすすめ

食事中向けミネラルウォーター

きめ細かい炭酸が特徴

価格:1,728円

内容量:500ml×24本

特徴:硬度674、PH値7.8

安全で健康な売れ筋のミネラルウォーターは多くありますが、そんな売れ筋のミネラルウォーターの中で、食事に合わせるのがおすすめなミネラルウォーターです。きめ細かい炭酸が食欲を増進してくれる効果があり、口の中をすっっきりとさせてくれます。健康的で世界的にも売れ筋なおすすめのミネラルウォーターなので、ランキングでも注目です。

ミネラルウォーターおすすめ人気ランキング!10位~7位

おすすめ人気ランキングの中では、売れ筋なものがたくさんありますが、特徴は意外とはっきりとしています。売れ筋の中には、硬度がびっくりするほど多いものもあり、炭酸が含まれているものも最近では改めて売れ筋として注目されています。売れ筋の中から安全で健康的なものをチョイスしていきます。

10位:Contrex「コントレックス」

見た目はおなじみなミネラルウォーター

ダイエットにもおなじみ

健康面で人気で売れ筋

価格:1,868円

内容量:1.5L×12本

特徴:硬度1,468、PH値7,45

ランキングの中で売れ筋としてのポイントは、非常に豊富なカルシウムとマグネシウムです。500mlあたりでは、牛乳約1本分のカルシウムとアーモンド9粒分のマグネシウムを含んでいます。カロリーがゼロでありフランスでは1760年から親しまれている歴史のあるミネラルウォーターです。その歴史が安心安全の証拠であり、売れ筋として健康面や美容効果による美肌などが期待できます。

9位:ファミリーマート「ファミマの天然水霧島」

コンビニとはあなどれない

ファミマのミネラルウォーター

コンビニで人気

価格:93円

内容量:600ml

特徴:硬度160、PH値6.9

ファミリーマートのプライベートブランド商品です。コンビニのミネラルウォーターと聞くと、どこか安いだけというイメージがあるかもしれませんが、飲みやすく食事との相性が良いです。パッケージからは気づきにくいですが、少し硬水よりの水のため購入するときは気をつけましょう。コンビニでも売れ筋であるミネラルウォーターを独自で販売するようになった証拠といえます。

8位:ポッカサッポロ「ヴィッテル」

NEWパッケージに

くせがすくないミネラルウォーター

くせが少なく飲みやすい

価格:111円

内容量:500ml

特徴:硬度315、PH値7.0

硬水タイプの売れ筋の中でも、クセが少なく飲みやすいのが特徴です。硬水タイプの水を挑戦したいというときにおすすめしたいです。安心安全でカルシウムとマグネシウムがしっかりと含まれているので美肌効果も期待できます。飲み方としてはスポーツなどのときにもランキングの中でおすすめです。

7位:ビクトリー「ピュアの森」

安全面で評価が高い

飲みやすくほどよい口当たり

カラダに近いPH値

価格:1,503円

内容量:500ml×24本

特徴:硬度27、PH値7.3

売れ筋の中で安全なミネラルウォーターという選び方の中で注目されています。その理由としては放射性物質検査を行っているのが安全な理由と言えます。長く飲みたい水というだけに、その選び方の中ではそういったポイントも一つの選び方の選択肢だといえます。軟水で価格も安くコスパも良いといえます。

ミネラルウォーターおすすめ人気ランキング!6位~4位

ミネラルウォーターのおすすめ人気ランキングも上位になってきて、非常に売れ筋で知名度が高いもの多くなってきました。選び方の方法もわかりやすくなっており、飲み方としても食事や赤ちゃんのミルクなどいろいろな飲み方が選べるものとなっています。

6位:コカ・コーラ「い・ろ・は・す」

潰しやすい容器も魅力

採水地が気になるいろはす

採水地で硬度がかなり異なる

価格:73円

内容量:500ml

特徴:硬度27.7~40.6、PH値6.8~7.9

ランキングの中でもとても売れ筋として有名ですが、採水地が6ヶ所あるのがポイントになります。北海道、岩手県、富山県、山梨県、鳥取県、宮崎県となっており硬度も幅があります。飲み方としては、赤ちゃんのミルクにも使える軟水ですが、採水地の違いは確認しておいたほうがいいです。富山県が一番低く、鳥取県が一番硬度が高くなっています。

5位:伊藤園「evian」

長い歴史を持つミネラルウォーター

知名度の高いミネラルウォーター

フレンチアルプスから生まれた

価格:95円

内容量:500ml

特徴:硬度304、PH値7.2

1826年からボトル入りのミネラルウォーターとして販売されている、長い歴史を持つミネラルウォーターです。天然のフィルターを通して15年ほどかけて流れ出てきたものが採水されています。硬度は高いですがPH値は人間の値と近く、しっかりとミネラルを補給できる健康的なミネラルウォーターです。軟水から硬水へチャレンジするときの選び方としておすすめです。

4位:キリンビバレッジ「Volvic」

海外産ながら実は軟水

ヨーロッパのミネラルウォーター

高い品質基準

価格:86円

内容量:500ml

特徴:硬度60、PH値7.0

フランス産のミネラルウォーターですが、実は軟水のミネラルウォーターです。evianのイメージからVolvicも硬水という印象があるかもしれませんが、あくまで軟水です。とはいえ、少し軟水としては硬度が高めです。その分、カルシウムとマグネシウムが豊富なので料理やコーヒーなどに使うという飲み方もおすすめです。

ミネラルウォーターおすすめ人気ランキング!3位~1位

残すはランキングトップ3となりました。ミネラルウォーターといっても本当に多くの種類が存在していることが伝わったのではないでしょうか。おすすめ人気ランキングのトップ3では飲みやすく、どんな場面でも美味しく飲めるものを選び方としてチョイスしました。

3位:アサヒ飲料「富士山のバナジウム天然水」

ミネラルの一種のバナジウムが豊富

バナジウムが豊富

血糖値が高い人におすすめ

価格:111円

内容量:500ml

特徴:硬度29、PH値8.0

アサヒ飲料の富士山のバナジウム天然水は、バナジウムが豊富なミネラルウォーターです。バナジウムというのはミネラルの一種で大きな効果として、「血糖値を下げる」効果が期待できます。硬度も低く、非常に飲みやすいタイプなので常温でも冷やしても美味しくのめるため、健康面で嬉しいミネラルウォーターです。

他の飲料のベースにもおすすめ

富士山は日本でも珍しい玄武岩の地層のため、富士山から湧き出た天然水にはバナジウムが含まれています。また、公式通販サイトの「アサヒ飲料ショップ」で販売されたものは、0.5Lに付き1円が「富士山基金」に寄付されるようになっています。健康と同時に自然にその感謝の気持ちを返すような取り組みが行われているといえます。

自宅で麦茶を作るときに水道水から作る人も多いかもしれませんが、さらに美味しい麦茶にしたいという場合は、富士山のバナジウム天然水を使うのがおすすめです。この飲み方にすると、いままでの同じ麦茶も口当たりが変わってとてもおいしい飲み物にすることが出来ます。

2位:大塚食品「クリスタルガイザー」

海外産だけど飲みやすい

クリスタルガイザー

安全への配慮も高い

価格:90円

内容量:500ml

特徴:硬度38、PH値7.4

アメリカで製造されているミネラルウォーターで、その人気もトップクラスです。環境や安全な品質への管理も非常に熱心に取り組んでいます。最新鋭の設備を大塚グループとロクサーヌというフランスの会社と共同開発して、徹底した衛生管理と品質管理を行っています。飲みやすいだけでなく、安全に関しても信頼できるミネラルウォーターです。

常温でも美味しく飲める

味の特徴としては、くせのないまろやかな味が特徴です。クリスタルガイザーの場合は軟水であり、バナジウムを含みながら低カリウムなミネラルウォーターになっています。いろいろなミネラルウォーターを試した中で、選び方としてはシンプルな飲みやすい味を求める人にランキングの中でおすすめの選び方です。

また、くせのない味のため、ご飯を炊くのに使用したり、ポトフやかき氷など様々な料理に使用することが出来ます。水道水と比べるといつもより、ふわっとした優しい味わいになるのが感じられるかもしれません。また、デトックスウォーターのような美肌を目指す健康メニューに使用するのもおすすめです。

1位:サントリー「南アルプスの天然水」

購入しやすく飲み方を選ばないミネラルウォーター

飲み心地が素晴らしい

どんな飲み方にもおすすめ

価格:130円

内容量:500ml

特徴:硬度30、PH値7.0

南アルプスの天然水は、ナチュラルミネラルウォーターとなっています。これはナチュラルウォーターのうち地中でミネラル分が溶解したものになります。ろ過や沈殿、加熱殺菌以外の処理をしていないのがとくちょうで、人工的にミネラル分を添加していないなど安全に飲める自然本来の美味しさを生かした天然水です。

南アルプスの天然水は飲みやすい

硬度30でとても飲みやすい

おすすめ人気ランキングでも紹介したように、味に関わる硬度も30ととても飲みやすい硬度になっています。

常温や冷やして飲むのにも適していますし、ご飯を炊くときにもおすすめなミネラルウォーターです。また、コーヒーやお茶に利用するのもおすすめで、赤ちゃんのミルクや薬を飲むときなど、どんな場面にもおすすめできる人気のミネラルウォーターです。

20年以上の年月を経て流れ出るミネラルウォーター

ミネラルウォーターのおすすめ人気ランキングの中では、とても飲みやすい舌触りが特徴です。喉が乾いているときにぐいっと飲める口当たりの良さで、子どもから大人まで安心して飲めるミネラルウォーターとなっています。

ちなみに、サントリー天然水は3つの採水地があり、それに応じてパッケージの名前が変更されています。関西では「奥大山」となり、九州方面では「阿蘇」というパッケージ名になっています。実際に飲み比べて違いがわかるというのは難しいでしょうが、サントリー天然水のこだわりが感じられるパッケージだといえます。

最近では、そういった南アルプスの天然水のミネラルウォーターをもとに開発した、エナジードリンクも販売されています。これは南アルプスの天然水の良さがあってこその飲みやすいエナジードリンクであり、人気のエナジードリンクの中にチャレンジ精神を持って登場した飲料と言えます。

おすすめミネラルウォーターの効果・効能

健康に関すること

ミネラルウォーターをたくさん飲もう

水は最低2Lは飲みたい

一日の水の摂取量としては2Lほどが理想だと言われています。食べ物を含んでなので最低でも1Lぐらいは意識して飲むのがおすすめです。

ミネラルウォーターを飲むことで、血液をサラサラにすることができます。脳梗塞や心筋梗塞の予防にもなりますし、痛風などの改善にも効果があると言われています。また、便秘などにも関わりが深く、しっかりと一日に2Lを目指してミネラルウォーターを飲むことを意識しましょう。

ダイエットに関すること

ミネラルウォーターとダイエット

健康的に痩せるために

ミネラルウォーターは、ダイエットにおいても重要です。飲むだけで痩せるというわけではないので注意が必要です。

硬度が高いミネラルウォーターは、カルシウムとマグネシウムが豊富なためダイエットにおけるミネラル分の補給に役立ちます。しっかりとした水分補給でダイエット中の脱水症状も防げます。硬度が高いことで、お腹がゆるくなることを逆手に取って、飲むだけで痩せるというような口コミもありますが、ミネラルウォーターの直接的な効果とは言いにくいかもしれません。

美容に関すること

美肌によいミネラルウォーターとは

しっかりとした水分補給

年齢を重ねる中で

ミネラルウォーターはミネラル分を多く含むため、美肌を含めた美容効果も期待できます。

年齢を重ねると、細胞内の水分量が低下することから、肌などが乾いた状態になります。乾燥は美容の大敵なため、しっかりと水分補給することが大事です。また、有害物質の排出にも関わるため水分補給が大事です。しっかりと水分補給をする習慣をつけることで、細胞の水を蓄える能力が維持されやすくなるため、ミネラルウォーターを利用して水分補給する習慣をつけることがおすすめです。

ミネラルウォーターと水道水の違いについて

安全基準

安全基準とは

安全基準が異なる

そもそもミネラルウォーターと水道水では、安全基準に関する法律が異なります。

安全基準という意味では、水道水のほうが水道法によって厳しくなっています。細菌の有無や成分基準値に関して51に渡るチェック項目があります。そして、すべての基準をクリアしないと家庭に届けることは出来ません。

食品衛生法

ミネラルウォーターの安全基準

ミネラルウォーターに関しては食品衛生法の基準に基づいて、安全基準をチェックしています。

こちらも殺菌や除菌工程などを含めると39項目、そういったものがない場合は14項目となっています。安全という意味では水道水のほうが厳しいですが、日本の食品衛生法におけるミネラルウォーターの基準は世界的に見ても厳しいチェックとなっています。

ミネラルウォーターと水質

水質の違いも生まれる

原水の種類によっては、水質が異なる場合もあります。水というのは本当に奥深いものになっています。

美肌効果を求める中では、より水質が安定して安全なものを求めたいと思います。ミネラルウォーターの硬度やPH値などの基本的な情報を中心に、ミネラルウォーターを生活の基本的な部分として見直すことがおすすめです。健康的なダイエットや美容のためにも、しっかりと情報をチェックしてミネラルウォーターを選びましょう。

選べる種類

ミネラルウォーターの種類の判断

種類の判断は難しい

冒頭で紹介したようにミネラルウォーターは、4つの種類に分類出来ます。安全という意味では判断が難しいところです。

ミネラルウォーターはナチュラルミネラルウォーターを中心に4つの種類が存在します。人工的にオゾン殺菌や紫外線殺菌をするなど調整が行われるのがミネラルウォーターです。また、地下水や温泉水など原水なども一つの選び方の判断基準といえます。

水道水とミネラルウォーターの味

水道水と塩素

味という意味においては、水道水の場合は消毒のために塩素が加えられています。これが塩素臭いと言われる原因です。

水道水のもう一つの問題は、浄水場が最新の設備でも、それを通す水道管が古い場合があります。それが水道水の悪臭につながる場合もあります。飲料や料理という意味では、ミネラルウォーターのほうがおいしいといえるでしょう。ただし、氷のようなある程度保管するものでは、水道水で作るほうが塩素が含まれているため腐りにくいです。

ミネラルウォーターおすすめランキングTOP21!まとめ

ミネラルウォーターの奥深さ

奥が深い

ミネラルウォーターのおすすめ人気ランキングを紹介しました。どれも同じに感じていたミネラルウォーターの奥深さが伝わったでしょうか。

ミネラルウォーターは硬度によって味はもちろん、健康や美肌などの美容効果など奥深さがあるものです。日本人の場合は慣れ親しんでいる軟水のほうがおいしく飲みやすいと感じることが多いです。しかし、硬水の場合もしっかりと冷やすことでくせを抑える事ができます。カルシウムとマグネシウムなどのミネラル分では硬水のほうが多く含まれています。

状況に応じたミネラルウォーター

いろいろな飲み方がおすすめ

ミネラルウォーターは軟水と硬水、そして時には水道水も含めて飲み方を変えるのがおすすめです。

スポーツや美容を考えるなら硬水、飲料や料理に使うなら軟水という風に状況に合わせた利用の仕方がおすすめです。価格はそれほど大きな違いは生まれにくいので、いろいろと飲み比べするのがおすすめです。ミネラルウォーターのおすすめ人気ランキングを参考に、自分のお気に入りのミネラルウォーターを見つけてください。

その他のおすすめ人気ランキングはこちら

炭酸水のおすすめランキングTOP27!ダイエット中でも楽しめる飲料の選び方 | ランキングまとめメディア
冷水筒おすすめ人気ランキングTOP13!横置きや耐熱性のある便利な商品は? | ランキングまとめメディア
浄水器おすすめ比較ランキングTOP17!蛇口にあった選び方は? | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ