麦焼酎のおすすめ人気ランキングTOP21!おいしい銘柄はプレゼントにも最適!

香ばしい麦の香りが特徴な麦焼酎ですが、その麦焼酎のおすすめ人気ランキングを紹介します。麦焼酎の基本である甲類や乙類という種類の違いを含め、初心者におすすめな飲み方も紹介します。スーパーで売られている安い銘柄やプレゼントにおすすめな高級な銘柄も登場します。麦焼酎のおいしい理由や麦焼酎の選び方のポイントとなる部分を含めて紹介するので、初心者にも簡単にお気に入りを見つけられます。おすすめ人気ランキングでお気に入りの麦焼酎を見つけてみましょう。

目次

  1. 麦焼酎のおすすめ人気ランキング!
  2. 麦焼酎のおすすめ人気ランキング!第21位~11位
  3. 麦焼酎のおすすめ人気ランキング!第10位~7位
  4. 麦焼酎のおすすめ人気ランキング!第6位~4位
  5. 麦焼酎のおすすめ人気ランキング !第3位~1位
  6. 麦焼酎と芋焼酎の違いとは?
  7. 初心者でも簡単にできるおいしい麦焼酎の飲み方
  8. 最強コンビかも⁈麦焼酎にピッタリのおつまみ‼
  9. 麦焼酎おすすめ人気ランキング!まとめ

麦焼酎のおすすめ人気ランキング!

高級な銘柄やプレゼントにも人気の麦焼酎をランキング形式でご紹介!

麦焼酎の特徴

麦を原料とする麦焼酎

麦焼酎の特徴は、麦を原料としているため、米焼酎に対してクセが少なく飲みやすいという点です。

麦焼酎の歴史は、、長崎県壱岐で生産されたのが初めだと言われています。そのため「壱岐焼酎」は世界貿易機関のTRIPS協定に基づく、産地表示の保護していを受けています。その壱岐焼酎は米麹に麦をかけ合わせて作られています。

麦焼酎の歴史

1960年代後半から麦焼酎ブーム

1960年代までは、麦焼酎はメジャーな存在ではありませんでした。しかし、現在は非常にメジャーな焼酎の一つになっています。

宮崎県の柳田酒造が、東京農業大学のイオン交換ろ過法を麦焼酎に応用する手法を実用化させたことで、各メーカーが注目するようになりました。そして、1960年代後半から大分県で生産されていた麦麹に麦を掛け合わせる麦焼酎が日本各地で注目されました。そのため、麦焼酎といえば「大分麦焼酎」と言われるほどです。

飲みやすい麦焼酎

焼酎初心者におすすめ

いろいろな焼酎が存在する中で、初心者にもおすすめな麦焼酎のおすすめをランキング形式で紹介します。

飲みやすい麦焼酎は初心者におすすめです。そんな初心者にもおいしい飲み方を含めて、おすすめの麦焼酎の銘柄をおすすめ人気ランキングとして紹介します。スーパーで買える安いタイプからプレゼントにおすすめな高級なものも存在します。安いものや高級なものを飲み比べるのもおすすめです。

スーパーで手軽に買えて安い!麦焼酎の甲類・乙類の違いとは

焼酎の甲類と乙類

甲類と乙類の違い

焼酎における甲類と乙類という違いは、いったいどのような違いなのでしょうか。飲み方にも違いが出るのでしょうか。

スーパーで販売されている安い焼酎もプレゼントするような高価な銘柄の焼酎も、甲類と乙類という種類が存在します。どちらもおいしい焼酎ですが、まずは甲類焼酎から紹介します。甲類は「新式焼酎」という呼ばれ方をしており、その名の通り、伝統的な焼酎に対して新しい焼酎という意味です。

甲類の焼酎の仕組み

連続式蒸留機で甲類は作られる

原料を、蒸発、分縮、還流という複数の作用によって高純度なアルコールが取り出されます。

こうした複数の作用によって、抽出された焼酎は無色透明でピュアなクセのない味わいになります。そのため、初心者にも飲みやすく飲み方として、チューハイやサワー、お湯割りにカクテルなど様々な飲み方がおすすめできます。そして、何よりもアルコール度数は36%未満という規定のため、初心者にもおすすめできます。

旧式の乙類焼酎

伝統的な焼酎の乙類焼酎

乙類焼酎は「旧式焼酎」と言われており、蒸留が単式蒸留機で行われます。そして、アルコール度数に関しては45%以下となっています。

シンプルな蒸留の方法となるため、アルコール以外の香味の成分も抽出されて、それが原料独特な風味や味わいとなるわけです。これがバラエティ豊かな種類を生み出すことにつながり、米や麦、さつまいもやそばに黒糖などが使われることに繋がりました。乙類焼酎は本格焼酎と呼ばれ、ロックやお湯割りなどの焼酎本来の味わいが楽しめるものとなっています。

麦焼酎の選び方のポイント

おすすめの選び方

初心者は割ることがおすすめ

まず、麦焼酎の初心者の場合は割ることを前提にして甲類の焼酎という選び方がおすすめです。

そして、麦焼酎の中で麹も一つのポイントになります。黒麹はキレが強く、白麹はマイルドな味わいになります。他にも黄麹というものもあり、こちらはフルーティーなものになるので、さらに飲みやすいといえます。

アルコール度数

度数が低いものがおすすめ

初心者にもおいしいという点では、アルコール度数が低いほうが飲みやすいといえます。

本格焼酎である乙類はアルコール度数が45%以下ということもあり、お酒に強くないとキツいと感じるかもしれません。現代的な割って飲むことを前提とするなら甲類のほうが飲みやすいといえます。まずは甲類焼酎から初めて割って飲み、その飲み方に慣れてきたら乙類焼酎で本格的な風味や味わいを楽しむという選び方がおすすめです。

麦焼酎のおすすめ人気ランキング!第21位~11位

麦焼酎のおすすめ人気ランキングでは、様々な麦焼酎の銘柄を人気ランキング形式で紹介します。スーパーで市販されているような安い価格で購入できるものから、プレゼントで喜ばれる高級銘柄も紹介しています。

第21位:兼八「原酒兼八」

コクのある本格的な麦焼酎

兼八の麦焼酎

アルコール度数の強い麦焼酎

価格:5,356円

内容量:720ml

アルコール度数:42%

麦焼酎の中でもアルコール度数が高めのおいしい麦焼酎です。ストレートやロックで飲む、本格的な麦焼酎で、ある程度麦焼酎の飲み方に慣れてきた中で試すのがおすすめです。

ある程度経験してからがおすすめ

ほろ苦いコクのある口当たりで、アルコールの深い濃厚なタイプだといえます。いきなりこのタイプの麦焼酎から初めてしまうよりも、他の麦焼酎を試した上で飲むという飲み方のほうが、より感動が大きいといえるかもしれません。

第20位:竹宵「竹宵」

常圧蒸留による昔ながらの本格麦焼酎

竹宵の麦焼酎

昔ながらの麦焼酎

価格:2,314円

内容量:720ml

アルコール度数:40%

ビターな刺激が特徴で、昔ながらの製法で作られている本格麦焼酎です。長期熟成によって非常に香ばしい香りが特徴で、独特な苦味が魅力だといえます。

濃厚な香りが特徴

麦焼酎の香りの良さを堪能できるタイプであり、お肉料理などと合わせても邪魔しない口当たりがおすすめです。麦のビターな香りが良く、麦焼酎本来の良さを味わいたいというストレートな味わいといえます。大人な味わいを楽しめる麦焼酎なので、おいしいお肉料理と合わせて飲んでみましょう。

第19位:黒木本店「中々」

麦焼酎ブームの原酒として有名

中々の麦焼酎

百年の孤独の原酒

価格:3,256円

内容量:1800ml

アルコール度数:25%

麦焼酎ブームの火付け役となった麦焼酎の銘柄に「百年の孤独」という商品があります。その原酒となったのが、この「中々」という麦焼酎なのです。そのため、スーパーなどで市販されている安い焼酎やプレゼント用の高価な焼酎の銘柄の中でも、麦焼酎を知っているねとなる商品と言えます。

ルーツを味わえる

麦焼酎の飲み方のおっすうめとしては、緑茶割りのような形で緑茶ハイを楽しむのがおいしい飲み方といえます。値段としても安いとは言いにくいですが、他の高価な銘柄と比べるとコスパもよく、じっくりと楽しめる価格帯だといえます。

第18位:雲海酒造「綾セレクション」

厳選された麦を原料に製造された

綾セレクションの麦焼酎

丁寧に仕込まれた麦焼酎

価格:2,248円

内容量:720ml

アルコール度数:38%

2015年にモンドセレクションの金賞を受賞した綾セレクションは、厳選された麦が使用されています。総面積の8割が森に覆われた綾町の豊かな森が磨いたミネラル豊富な水を使用しているのも特徴です。

ウィスキーのような麦焼酎

本格麦焼酎の原酒を樽の中で長期熟成させており、その風味からウィスキーのような香りと感じる人も多いようです。その香りを楽しむためにも、ストレートやオンザロックがおいしい飲み方といえます。初心者でも美味しく飲める麦焼酎なので、ここからスタートしてもおもしろいかもしれません。

第17位:アサヒビール「一番札特選」

フルーティーな香りが初心者にもおすすめ

一番札の麦焼酎

減圧蒸留焼酎がベース

価格:840円

内容量:720ml

アルコール度数:25%

価格的にもほどよく安いタイプであり、ネックストラップの一番札がおしゃれな麦焼酎です。すっきりとしたフルーティーな味わいをベースに、ウィスキー用の樽で貯蔵された焼酎原酒をブレンドしたものになっています。

まろやかで値段的にも安い

本格的なプレミアム焼酎の華やかな香りとまろやかな味わいが楽しめる麦焼酎となっており、価格的に安いのも魅力です。スーパーなどで安い価格で市販されており、自分で飲むのもおすすめですし、ちょっとしたプレゼント用にもおすすめできるデザインが特徴と言えます。

クセが少ないので水割りやオンザロックがおすすめです。内容量もあまり多くないので、軽く試すことができるのも魅力です。初めての麦焼酎としても試してみるのが良いと言えます。フルーティーな香りが特徴なので、女性にもおすすめできる麦焼酎です。

第16位:王手門酒造「桐之桃山」

高価なパッケージでプレゼント用にもおすすめ

桐之桃山の麦焼酎

濃厚な味わいが特徴

価格:3,220円

内容量:720ml

アルコール度数:40度

高価に見えるパッケージがプレゼント用にもおすすめですが、5年シェリー樽貯蔵で作られたのがこの麦焼酎の銘柄です。樫樽特有の香りが特徴で、まろやかなブランデーやウィスキーのような味わいが人気の理由です。

甘い風味でオンザロックにおすすめ

おすすめで人気な飲み方としては、やはりオンザロックが人気でおすすめです。もともとは「黄金の日々」という銘柄から名前を一新して作られた銘柄になっています。一部マニアの中では、他のプレミア焼酎と比べても負けない味としておすすめで人気されている麦焼酎となっています。

アルコール度数が高めの麦焼酎です。樫樽ならではの香りが特徴であり、ある程度他の麦焼酎を楽しんでから、試したほうがこの麦焼酎の良さを楽しめるといえます。オンザロックでちびちびと楽しむのがおすすめで、大人な味わいだといえます。初心者よりも麦焼酎を嗜んでいる人への贈答品として喜ばれるでしょう。

15位:一粒の麦「一粒の麦」

麦焼酎の中でもコスパ良しな焼酎

一粒の麦

本格麦焼酎のブームの一つ

価格:2,783円

内容量:1800ml

アルコール度数:25%

本格焼酎ブームの一つになった麦焼酎です。麦の可能性を掘り下げたと言われる麦焼酎のため、銘柄の一つとして有名です。軽快でシャープな口当たりですが、麦の香ばしさも楽しめる濃厚でコクのある味がおいしいです。

おつまみのお供にもおいしい麦焼酎

絶妙な口当たりとなっているため、おつまみのお供におすすめな麦焼酎です。初心者にもおいしい麦焼酎を楽しめるものとなっており、価格も内容量から考えると高価なわけではないので、一度試してみて欲しいおすすめで人気な麦焼酎です。

やはり麦焼酎のブームに一役買ったというだけに、その味は格別のものがあります。普段は麦焼酎を飲まないと言う人こそ、試してみたほうが良い麦焼酎かもしれません。普段から飲むなら、シンプルなおつまみがおすすめで、もやしを豚バラなどと軽く炒めたようなお手軽おつまみがおすすめです。そのままでも美味しいですし、ポン酢やゴマダレなどと合わせても、この麦焼酎の良さを引き立てる事ができます。

第14位:老松酒造「麹屋伝兵衛」

いままでの麦焼酎の概念を破った麦焼酎

麹屋伝兵衛の麦焼酎

大分の本格麦焼酎

価格:2,485円

内容量:720ml

アルコール度数:41%

プレゼントにもおすすめな高価な見た目が印象的ですが、麦焼酎の概念を打ち破った麦焼酎として有名です。五年間の貯蔵で製造されており、高精麦の大麦を白麹で仕込んだ麦焼酎になっています。蔵元の老松酒造は1789年創業という歴史ある点も高価な雰囲気を楽しめるものとなっています。

全日本国際酒類振興会の麦焼酎部門で第1位に

スーパーなどでも購入することができるようですが、アルコール度数が非常い高く、初心者には少しきつく感じるかもしれません。オンザロックでこの味を思いっきり堪能するのがおすすめで、自宅でじっくりと飲んで酔いたい麦焼酎です。

度数は41%と高めになっていますが、そのアルコール度数を良い意味で感じさせない飲みやすさがあるといえます。非常に飲んでいて心地よい香りであり、口が大きなグラスに入れて飲むのがおすすめです。公式ではロックで飲むことがおすすめとなっており、ロックにすることで更に香りが引き立つそうです。

第13位:八鹿酒造「銀座のすずめ琥珀」

バーボンウィスキーの樫樽で貯蔵された麦焼酎

すずめ琥珀

ウィスキーに近い麦焼酎

価格:3,550円

内容量:1800ml

アルコール度数:25%

ほどよく高価な見た目が良く、夏はサラっと飲めるのが人気でおすすめな理由です。容量も多く高価に感じますが、コスパ的にはそれほど悪くないといえます。強い芋焼酎などが苦手な人にもおすすめしたい麦焼酎となるので、麦焼酎を試したい人にもおすすめです。

飲み方も自由に楽しめる

さっぱりとした味わいになっているため、飲み方としてはオンザロック以外にも水割りやソーダ割りなどもおすすめされています。人気の麦焼酎の中でも、飲みやすい口当たりが特徴なのでランキングの中では初心者にもおすすめできます。高価な麦焼酎を試す前にスタート地点にしてみると良いかもしれません。

同銘柄には白麹がメインとなったものも販売されています。銀座のすずめ琥珀は、スモーキーな風味と芳香な味わいが人気の理由です。飲みやすくて、ついつい酔っ払ってしまうほどの味となっています。バーボン樽を使って熟成させたことで、琥珀色となっているので、この銘柄を知らない人にプレゼントして驚かせているのもおもしろいといえます。

第12位:佐藤酒造「佐藤麦焼酎」

芋焼酎としても有名な銘柄

佐藤の麦焼酎

ロースト麦のような香ばしさ

価格:1,850円

内容量:720ml

アルコール度数:25%

この銘柄は「佐藤黒」や「佐藤白」などで芋焼酎として有名な銘柄となっています。2007年に新しく麦焼酎として佐藤の麦焼酎を販売しているため、比較的銘柄としては新しい商品です。しかし、佐藤という銘柄が知られているだけに高価な銘柄にも負けない知名度があります。

新しい銘柄として麦焼酎が注目されている

口コミでも佐藤の麦焼酎があることを知らない人も多いようです。味としては、麦らしい香ばしい風味と甘みが特徴なため、すっきりとした口当たりになっています。飲み方としては水割りやサワーに利用するような贅沢な飲み方もおすすめで人気です。

佐藤の焼酎自体が非常に高い評価を受けていた中での、麦焼酎の開発だったので、かなり注目された麦焼酎です。やや度数は抑えめと感じる人もいるようですが、それだけ飲みやすい麦焼酎だといえるかもしれません。柑橘系のものを合わせた飲み方が良く、天ぷらなどをおつまみにしてみてもおもしろいかもしれません。

第11位:窓乃梅酒造「決戦前夜」

力強い銘柄名は幻の証

決戦前夜の麦焼酎

買えるときに買いたい

価格:10,800円

内容量:720ml

アルコール度数:40%

長期貯蔵で作られてるため、スーパーなどではほとんど市販されておらず、幻の麦焼酎の一つになっています。価格に関してはかなり高価になりやすく、7000円前後から1万円代など高価になりやすいようです。

一度は飲みたい麦焼酎

シェリー樽で5年貯蔵されており、スコッチやバーボンにも負けないような芳香な香りが特徴です。なかなか高価で手を出しにくい麦焼酎といえますが、出会ったときはぜひ試して欲しいレアな麦焼酎です。

スコッチやバーボンにも引けを取らないというだけに、洋酒好きにおすすめしたい麦焼酎といえます。珍しいシェリー樽を使って作られた麦焼酎というだけに、他の麦焼酎とは違った風味を楽しみたい方におすすめしたいです。こういった樽を変えることで、一気に味わいが変わるのが麦焼酎のおもしろさといえます。

麦焼酎のおすすめ人気ランキング!第10位~7位

比較的、それほど高級品が無いというのも麦焼酎の良いところです。もちろん、限定品や幻な麦焼酎というのも多いですが、スーパーや百貨店などで購入できるものをおすすめ人気ランキングではチョイスしています。

第10位:じざけや麦焼酎「風に立つ」

麦本来の切れ味が特徴

風に立つの麦焼酎

米麹で作られた麦焼酎

価格:2,880円

内容量:720ml

アルコール度数:25%

米麹を使うことによって、麦本来の切れ味のよさに深みが加わった麦焼酎です。価格もそれほど高価すぎない麦焼酎であり、印象的な銘柄名も覚えやすいと言えます。ストレートやオンザロック、また水割りなどの飲み方がおすすめです。

いろいろな飲み方がおすすめできる

口コミの中では、最初はストレートでも良いけど、途中から梅干しを入れてみるという飲み方が勧められていました。もともとが濃厚な麦焼酎なだけに、梅干しなどを足しても味が損なわれない濃厚な味がおいしい証拠だと言えます。

麦焼酎は飲みやすい口当たりからプレゼントにも人気です。贈答用に包装してくれる場合もありますが、もともとのパッケージがおしゃれなものも多く、喜ばれるプレゼントになります。プレゼントするときには、おすすめの割り方などを紹介してあげると、より喜んでもらえるので、それぞれにあった割り方を研究してプレゼントするのがおすすめです。

第9位:福岡研醸「梟」

オーク樽の香りが特徴の麦焼酎

梟の麦焼酎

焙煎麦焼酎原酒として人気

価格:2,825円

内容量:720ml

アルコール度数:40%

「完全焙煎」というのは、掛麦だけでなく、麹用麦も焙煎するというこのメーカー独自の方法です。そのため、非常に奥深い香ばしさと味わいが引き出されています。じっくりとおいしい麦焼酎が最後まで味わえることができます。

上品で高価な味が人気

飲み方としてのおすすめでは、ロックで飲むとほどよい焙煎の香りの奥にきめ細かい味わいを楽しむことが出来ます。お湯割りにすることで、ロックとは違ったおいしい味わいと深い香りが出てくるので、それぞれの飲み方が人気です。

パッケージにはその銘柄名と同じく梟がデザイされており、まるでシャンパンのような豪華な見た目となっています。長期貯蔵になっているため、しっかりとした香りが楽しめるので、ちびちびと自分へのご褒美として購入して飲むのが人気です。こういった麦焼酎を楽しめるようになると、自分も大人になったなという気分になるかもしれません。価格は抑えめなので、気持ちを盛り上げておつまみを豪華にしてみましょう。

第8位:光酒造「夢想仙楽」

まるで仙人のようなパッケージ

夢想仙楽の麦焼酎

シェリー樽で作られた気になる銘柄

価格:2,700円

内容量:720ml

アルコール度数:40度

非常に珍しいパッケージのため、どこか仙人が飲んでいそうな雰囲気がありますが、なんとその製造方法は以外なシェリー樽によるものです。スペインから輸入したシェリー樽に長期貯蔵した麦焼酎となっているため、その香りも焼酎のあの香りが抑えられています。

焼酎が苦手な人でも楽しめる

銘柄の由来である「夢想仙楽」というのは、中国の深山幽谷に済むという仙人が、夢に思い描いた伝説の銘酒を再現したそうです。酔うほどに開運の兆しありというユニークなものです。色も琥珀色となっており、そういった定番とは違った麦焼酎を探しているひとに、おすすめ人気ランキングの中でも紹介したい一品です。

お酒はあまり得意ではないと言う人は、焼酎と聞くと敷居が高いイメージがあるかもしれませんが、以外にも割り方さえ工夫すれば麦焼酎はとても飲みやすいお酒です。このつぶやきのように焼酎が飲めるきっかけとなるものもあり、さっぱりとした口当たりがそういったきっかけにつながることがあります。麦焼酎は苦手意識を持たずに、水割りやサワーのような飲み方でスタートしてみると案外飲めるかもしれません。

第7位:媛囃子「宝泉坊」

愛媛県産のはだか麦を65%使用した麦焼酎

宝泉坊の麦焼酎

香ばしい香りとコクがおいしい

価格:2,180円

内容量:1800ml

アルコール度数:25%

はだか麦というのは、六条大麦の中間で、西日本で多く栽培されているお酒の原料に使われる麦です。麦の香ばしい香りが特徴であり、しっかりと香りを楽しみたい人におすすめしたい麦焼酎です。

じっくりと香りを楽しんで欲しい

もともと、はだか麦は「麦のご飯」として食用として栽培されていたという経緯があります。そのため、その独特な口触りや甘みが麦焼酎になっても残っており、飲みごたえのある麦焼酎になっています。市販されている中でも、じっくりと香りを楽しみたい人におすすめです。

この銘柄は、飲食店のお供に試してみてから気に入ったという口コミが多く見られました。脂っこい食事に相性が良いのがそういった理由かもしれません。また、はだか麦を使っていることで香りがしっかりと楽しめるので、その香りをさらに楽しむためにお湯割りが合うかもしれません。少し麦焼酎に慣れてから試してみたい麦焼酎といえます。

麦焼酎のおすすめ人気ランキング!第6位~4位

おすすめ人気ランキングも上位に差し掛かり、一度は聞いたことがある銘柄が出てきたかもしれません。スーパーなどでも市販されている安いものも多く、いろんな麦焼酎が販売されていることが人気の証だといえます。

第6位:二階堂酒造「吉四六」

麦焼酎にハマるきっかけにも

二階堂の吉四六

おしゃれなボトルも人気

価格:2,060円

内容量:720ml

アルコール度数:25%

長い歴史を持つ二階堂の中で、二階堂をさらにじっくりと熟成させたのが吉四六になります。そのため、二階堂の中では高級品の扱いとなっており、窯元の食品が1本ずつ手書きにしたあとで焼き上げられた瓶が使用されています。

優雅な香りが高級感を増している

また、吉四六というのは江戸時代の農民の名前です。年貢の鳥あてに苦しむ農民の味方になり、とんちで弱い立場の人を救ったという伝説が語り継がれています。そういった、伝説を楽しみながらじっくりとロックやストレートで飲みたい麦焼酎です。

比較的お酒にそれほど強くないと言う人でも、すっきりと飲めるためか好きという声が多く見られました。この吉四六の美味しい飲み方としては、麦茶割りが勧められており、麦の香りがよく出てゴクゴクと飲めるという飲み方になります。飲み過ぎには注意したいですが、吉四六好きにはおすすめしたい飲み方です。

第5位:薩摩酒造「神の河」

琥珀色がとても上品で高級感あり

神の河の麦焼酎

単式蒸留によるホワイトオーク樽

価格:1,296円

内容量:720ml

アルコール度数:25%

スーパーでも比較的安い価格で売られているのが魅力です。やはり麦焼酎もいろいろな限定品がありますが、スーパーなどで安い価格で購入できる銘柄が嬉しいです。単式蒸留によるホワイトオーク樽に3年貯蔵したもので、琥珀色のふくよかな香りとまろやかな味わいが特徴です。

新しい試みにも積極的

また、神の河の味が気に入ったという人の中では、もとから炭酸と合わせたスパークリングタイプもおすすめです。いろいろと新しい取り組みをしていて、より初心者にも安い価格で飲みやすいものを開発しているところも魅力だと言えます。高級品以外にもスーパーで安い麦焼酎から始めるのもおすすめです。

とにかく麦の味が好きという、麦焼酎ファンからの支持が高かった麦焼酎です。スーパーやコンビニなどで多く扱われており、手軽に購入できるという点も評価できるかもしれません。麦焼酎を飲みたいというときに、パッと買えるというのも重要です。非常に神秘的なパッケージも、どこか豪華な気分にさせてくれます。

第4位:井上酒造「百助」

創業当主の名前がつけられた名品

百助の麦焼酎

高級感もあり味も抜群

価格:1,696円

内容量:1800ml

アルコール度数:25%

1804年に井上酒造を創業した当主の名前がつけられた百助です。非常に高級感はありますが価格はそこまで高級でないというのも、嬉しいポイントになります。大麦を100%使用して、天然地下水で仕込まれたほどよい麦の香りとまろやかな甘味が人気です。

料理に合わせるのもおすすめ

高級感のあるパッケージと、その長い歴史からプレゼント用の銘柄としても人気です。どんな料理にも合う味わいとなっており、その中で特に魚料理との相性が良いようです。別途費用となりますが、さらに高級感がありプレゼント用に適した化粧箱に入ったタイプもあるので、高級品としてギフトシーズンのプレゼント用にもおすすめできます。

晩酌のお供に百助を愛用している人もいました。すっきりとした味わいや、過去に麦焼酎としてコンクールで第1位に選ばれた点なども人気の理由のようです。脂っこい食事にロックで合わせて飲んだというのがおいしそうです。口コミでも非常に愛されている麦焼酎であり、味の評価がとても高い麦焼酎です。

麦焼酎のおすすめ人気ランキング !第3位~1位

おすすめ人気ランキングもトップ3になりました。安いものから高価なものまで登場してきましたが、どんな飲み方でも楽しめるのが麦焼酎の良さだといえます。樽の違いによっていろいろな香りが楽しめる麦焼酎の奥深さをランキングからも感じ取ってほしいです。

第3位:四ツ谷酒造「兼八」

他の麦焼酎と少し違う味わいが特徴

兼八の麦焼酎

独特な風味が注目点

価格:2,975円

内容量:720ml

アルコール度数:25度

この麦焼酎の味を表現するときに、昔懐かしい「麦チョコ風味」という表現が使われます。そういった意味では、現在の多くの麦焼酎とは一線を画する香ばしい麦の香りが特徴です。ある意味では現在では少なくなった、本格派の麦焼酎という見方もできます。

麦焼酎の中でも知名度が高い

伝統的な製法をずっと守ってきたことで、麦本来の香りと味を最大限に引き出している麦焼酎といえます。それだけに、ハマると抜け出せない本格派の味なので、現代の一般的な麦焼酎と昔ながらの麦焼酎という比較で飲み比べしてみるのがおすすめです。

久しぶりに麦焼酎を飲んで、どこか物足りないと感じた人には、この兼八の麦焼酎は親しみを持てる懐かしい味といえるかもしれません。長くファンから支持されている麦焼酎であり、分かっているなと思ってもらえる本当の麦焼酎といえるかもしれません。

第2位:三輪酒類株式会社「いいちこ」

「下町のナポレオン」でおなじみ

いいちこの麦焼酎

トップクラスの知名度

価格:781円

内容量:900ml

アルコール度数:20%

大分県の酒造メーカーが作った知名度バツグンの芋焼酎が「いいちこ」です。1979年から販売されており、日本以外に世界約30ヶ国でも販売されています。大麦と麦麹を使った華やかな香りで口当たりの良い麦焼酎となっています。

鍋料理などどんな食事とも楽しめる相性の良さ

バリエーションが豊富で、アルコール度数も20度から25度、30度と用意されているのも特徴です。また、より熟成期間を長くした「いいちこスーパー」や麦麹のみの「いいちこフラスコボトル」などもスーパーなどで販売されています。

いいちこというのは、大分県の方言で「いいですよ」を意味していて、愛称である「下町のナポレオン」とともに地元紙における公募から決定されました。厳選された大麦と麦麹と天然の水だけで作られたまろやかで秋のこない味が、ランキング第2位の理由です。口コミでもとてものいやすく、価格的にも安いことや初心者にも飲みやすい銘柄として勧められています。

第1位:二階堂酒造「二階堂」

全国でも初めて原料名を銘柄として使用

大分麦焼酎として人気

代表的な麦焼酎

価格::848年

内容量:900ml

アルコール度数:25%

選びぬかれた麦を使用し、自然水と減圧蒸留機で精製された芳香な香りとまろやかな舌触りが特徴です。二階堂酒造自体は、1866年に「喜和屋」という屋号として創業されました。

麦焼酎のブームのきっかけ

第一次ブームの火付け役

その飽きのない味わいと飲みやすい口当たりから、第一次焼酎ブームの火付け役としても有名です。

スーパーなどでも市販されていて手軽に購入できること、そして長く愛せるほどよい安い価格設定もランキングでトップになった理由と言えます。高級な麦焼酎もいいですが、やはり焼酎ブームの火付け役となった二階堂は、これからもずっと愛されるおいしい麦焼酎です。

二階堂といえばやはりCM

飲んだことがない人でも二階堂の銘柄を知っているという理由には、やはりあの印象的なCMシリーズがあるといえます。1987年に放送が始まった二階堂のCMですが、非常に哀愁とノスタルジーを誘う芸術性が高いCMとなっています。

抜群の知名度とCMによって、今でも麦焼酎の代表的な二階堂は、初心者から愛好家まで人気の高いおすすめの麦焼酎となっています。どんな料理ともマッチするので、みんなで飲むときにもおすすめですし、居酒屋などでおつまみとともに飲むのもおすすめです。

麦焼酎と芋焼酎の違いとは?

気になる麦焼酎と芋焼酎

麦焼酎と芋焼酎との違いについて

焼酎は大きく分けると、先程の甲類や乙類以外に麦、芋、米というタイプに分類することが出来ます。

甲類や乙類以外にも重要な点として、焼酎の原料もポイントです。基本的に製造工程自体はそれぞれの種類は共通しており、二次仕込みといわれる段階で何を加えるかによって、麦焼酎や芋焼酎という違いが生まれます。

麦焼酎の特徴

麦焼酎は基本的に麦のみ

基本的にメインである麦焼酎は、麦のみで作られます。しかし、場合によっては米麹などをベースに作られることがあります。

芋焼酎は、米をベースとして作られて二次仕込みの段階でさつまいもを豆乳するようになります。ここにはさつまいもだけではお酒を作るのが難しいという理由があり、米の力を使ってベースを作っているという違いがあります。

飲みやすさでは麦焼酎がおすすめ

米焼酎も気になる選択肢

米焼酎は日本酒に近い

日本酒が好きという人では、米焼酎という選択肢もあります。米焼酎はシンプルな素材から作られ米と水だけが基本です。

麦焼酎と芋焼酎に対して、米焼酎というのはとてもシンプルな製造工程になっています。日本酒と近い味わいとなっているので、日本酒が好きなら米焼酎という選択肢もありです。さわやかでフルーティな味わいとなっています。ただし、アルコール度数が高いものが多いので、飲み過ぎには注意しましょう。

麦焼酎の奥深さ

初心者から酒好きにもおすすめ

麦焼酎の特徴は、その幅広いバリエーションにあるといえます。それだけに奥深さも人気の秘訣です。

麦焼酎はさまざまな方法で作られていく中で、香ばしさをさらに生かした銘柄や、逆に麦焼酎としての主張を最低限に抑えることで飲みやすい銘柄にしているものもあります。そのときの気分に合わせて麦焼酎の銘柄を変えるというのもおすすめです。それだけに、麦焼酎はたくさんの銘柄を試してみたくなるという奥深さがあります。

高級でも手頃

高級品でも手頃な価格

洋酒などになると内容量と比較してかなり高級なものが多いです。しかし、麦焼酎は高級と言われているものでも、それほど高くありません。

限定品というものを除けば、麦焼酎は高級品でも5,000円を超える価格ぐらいのものが多いです。洋酒となると、内容量は少ないのにかなり高級な価格なものが多く、そういった意味では麦焼酎はコスパが良いといえます。じっくりとちびちび飲めば高級品でも長く味わうことができるので、そういった意味でも麦焼酎は人気なのかもしれません。

初心者でも簡単にできるおいしい麦焼酎の飲み方

おすすめの麦焼酎の飲み方とは

どんな飲み方にも合うのが麦焼酎

甲類や乙類という違いもありますが、基本的に麦焼酎はどんな飲み方も楽しめるおいしい焼酎です。

プレゼントにもおすすめな麦焼酎ですが、冒頭に紹介したように甲類と乙類という違いによって、香りなどが異なりますが、どちらも様々な飲み方が楽しめます。特に麦焼酎の本来の味わいを楽しむならオンザロックがおすすめです。

すだちと麦焼酎

すだちを絞るのもおすすめ

甲類も乙類もですが、すだちを絞ると言う飲み方がおいしい焼酎になる秘訣です。

柑橘系のものはお酒との相性がいいですが麦焼酎の飲み方にもおすすめです。ロックやハイボール、お湯割りなどとも適しているので、おいしい飲み方として試してみてもいいかもしれない飲み方です。

お湯割りと水割り

初心者はお湯割りや水割り

麦焼酎の中にはアルコール度数が高いものもあります。味は好きだけどアルコール度数が強いと言う場合はお湯割りや水割りがおすすめです。

お湯割りや水割りにすることで、アルコール度数を少し和らげることが出来ます。また、味も風味もまろやかになるので、初心者におすすめの飲み方です。どちらのほうが良いというわけではなく、お湯割りは温められることで香りがさらに高まりますし、水割りの場合はスッキリとして夏向きといえます。自分の気分や季節に合わせることで、麦焼酎の良さをさらに引き立てる事ができます。

カクテルとしても麦焼酎はおすすめ

カクテルは甲類

カクテルに使われる麦焼酎は甲類のものが多くなります。いろんな割り方が開発できるので、自分だけのお気に入りの方法を探求してみましょう。

麦焼酎を使ったカクテル系として人気なのは、麦茶割というものもあります。また、泡盛に使われることも多いですが、シークワーサー割りといった方法も人気があります。そういったときには乙類ではなく、甲類の麦焼酎を使うことでカクテル割りを楽しむことが出来ます。梅干しやレモンなどを足すのも口コミで人気です。

最強コンビかも⁈麦焼酎にピッタリのおつまみ‼

甲類の麦焼酎は濃い味がおすすめ

それぞれに合わせたおつまみ

甲類のように新しいタイプの麦焼酎では、味の濃い油料理との相性が良いです。

たとえば、油揚げとチンゲンサイの辛子和えといったものや、豚肉系を炒めたものとの相性がおすすめです。甲類はそういった味が濃い料理との相性がよく、カクテル系に割ってもらったものにして飲むというのも良いでしょう。

乙類はさっぱりがおすすめ

さっぱりしたものがおすすめ

乙類の場合は、香りを楽しむのがおすすめなので刺し身などとの相性が良いといえます。

豊かな香りを楽しむ乙類の場合は、すっきりとしたさっぱりしたものがおつまみとしておすすめです。漬物のようなものや、刺し身などがおすすめです。また、乾き物系が麦焼酎の香りを損なわないといえます。

缶詰もおすすめ

スーパーやコンビニ

おつまみを購入するときにおすすめなのはスーパーやコンビニです。おつまみコーナーだけでなく、缶詰コーナーも注目しましょう。

特にコンビニで売られているおつまみだけでなく、冷凍食品コーナーもおすすめです。最近の冷凍食品コーナーに売られているものは、とてもおいしいものが増えており、おつまみとしてたくさんの種類を楽しむことが出来ます。手軽にレンジで温められる唐揚げを中心に、ピリ辛系もおつまみとしておすすめできます。

麦焼酎おすすめ人気ランキング!まとめ

誰もが喜べる麦焼酎

プレゼントにもおすすめ

麦焼酎のおすすめ人気ランキングでは、プレゼントにもおすすめなものをたくさん紹介しました。

麦焼酎はどのような価格帯のものもプレゼントとして喜んでもらえるクオリティがあるといえます。プレゼントとして手頃な価格のものでも馴染みがありますし、少し高価な限定品系もプレゼントとして喜んでもらえるといえます。そういったものを、おすすめ人気ランキングの中から参考にしてみるのもいいかもしれません。

麦焼酎とウィスキー

ウィスキー好きにもおすすめ

その製造工程などからウィスキー好きにも麦焼酎はとてもおすすめできます。香りを含め、ちびちびと飲む楽しさもあります。

ビールやウィスキーと同じ大麦を原料としている点や、蒸留酒という点ではウィスキーに非常に近い存在といえます。最近では、ウィスキーと同じように樽を使って長期熟成するものも増えており、香り付けのためにいろいろな樽を使うことも増えています。ウィスキーが好きという人にプレゼントとして香り豊かな麦焼酎をプレゼントするのも良いでしょう。

麦焼酎の割り方

サワーなどのカクテルにもおすすめ

麦焼酎はすっきりとした味わいが特徴のため、他のお酒のベースにするというのも飲み方としておすすめです。

ランキングで紹介した麦焼酎の多くが、そのままでも楽しめますがサワーやカクテルなどのベースとして飲むのもおすすめです。麦焼酎でウーロンハイやレモンサワーを作ると、普段よりも香ばしい楽しみ方が出来ます。ランキングの中でいろいろなものを試してみるとよりお酒を楽しめます。

大人な麦焼酎

初心者にもおすすめできる

麦焼酎は、お酒の中でも長く愛せるお酒です。初心者にも飲みやすい口当たりとなっているので挑戦してみましょう。

芋焼酎と比べるとさっぱりとした味わいのため、初心者にもおすすめできます。麦焼酎をおつまみのお供に楽しむもよし、じっくりとちびちび飲むのもおすすめです。麦焼酎を軸に芋焼酎や米焼酎など他の焼酎にも挑戦してみるのがおすすめです。香りを楽しめる麦焼酎を堪能してみましょう。

その他のおすすめ人気ランキングのまとめはこちら

女性も納得!おすすめの人気缶チューハイランキング20選! | ランキングまとめメディア
大人のためのおすすめワイン20選!プレゼントに渡すと喜ばれる1本! | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ