フライパンおすすめ人気ランキングTOP21!くっつかない・長持ちなのは?

毎日の料理に欠かせないフライパンですが、そのフライパンの中でおすすめできるものを人気ランキング形式で紹介します。IHなどでも問題なく使えて、安全なものや長持ちするものを紹介します。焦げにくいテフロン加工のものや、熱伝導率の良い鉄製のものなど様々なフライパンがおすすめ人気ランキングでは登場します。日本製を中心に安いものやくっつかないもののフライパンを選びましょう。また、ガスやIHなどフライパンの細かなポイントについても合わせて紹介しています。

目次

  1. フライパン人気おすすめランキング【厳選】
  2. フライパン人気おすすめランキング21位~11位
  3. フライパン人気おすすめランキング10位~7位
  4. フライパン人気おすすめランキング6位~4位
  5. フライパン人気おすすめランキング3位~1位
  6. フライパンをすっきりコンパクトに収納しよう!
  7. フライパン人気おすすめランキングのまとめ

フライパン人気おすすめランキング【厳選】

安いフライパンはすぐにダメになってしまう

安いフライパン

長持ちさせるなら安いのはダメ

フライパンを選ぶ中で、やはり安いフライパンは結局は長持ちしないことにつながります。

安いフライパンは手軽には購入できますが、結局は長持ちしないで無駄になる場合があります。また、それだけでなく料理をする上で、くっつかないフライパンのほうが良いですし、日本製の安全なもののほうが理想的です。IHやガスのどちらでも使えるものなど、テフロン加工や鉄などを含めてよりよいものをおすすめ人気ランキングから選びましょう。

フライパンはいつまで使えるのか

半年ほどでダメになる場合も

フライパンは使い続けようと思えば、取っ手などが壊れない限り使い続ける事はできます。

しかし、テフロン加工したものを購入したのに、テフロン加工がすぐに剥がれてしまうような安いものは勿体無いといえます。いろいろと新しものに買い換えるのが好きな人はそれでもいいかもしれませんが、極端に安いものは避けるほうがおすすめです。また、取っ手などの金具部分がしっかりと接合されているかをチェックしましょう。

お気に入りのフライパン

何に注目するのか

こういった点を含めて、フライパンの人気おすすめランキングからお気に入りのフライパンを見つけてみましょう。

自分がいま使っているフライパンの不満点や求める機能などを改めてチェックするのがおすすめです。フライパンは日本製や海外製など、いろいろなフライパンが開発されています。自分のキッチンや料理する内容などとの相性を考えて、人気おすすめランキングから求めているフライパンを探し出しましょう。

くっつかない・長持ちするフライパンの種類

焦げつかないフライパンといえばテフロン加工

フライパンとテフロン加工

手入れもほぼ不要なテフロン

フライパンを選ぶ中で、もっとも簡単な選択肢としてはテフロン加工されているフライパンです。

もっとも一般的でおすすめ人気ランキングでも人気なのは、テフロン加工されたフライパンです。テフロン加工されていることにより、食べ物がくっつかないことや焦げにくいというのが人気の理由です。ただし、弱点としては、あまり高温での調理を行うと劣化しやすくなり、焦げたりくっつかないという効果が薄れてしまいます。

テフロン加工は洗いやすい

安いものも多く手頃

テフロン加工のもう一つの利点は、軽いということです。女性の場合はテフロン加工されたフライパンのほうが便利かもしれません。

テフロン加工されている場合は、料理をしたあとに軽く水洗いするだけできれいになるほど便利で手軽になります。しかし、ある程度テフロン加工が剥がれてくると、ついついゴシゴシ洗ってしまいますがそうなると余計にテフロンが剥がれてしまいます。一度剥がれてしまうと焦げ付いて使いにくいので、しっかりとしたテフロン加工のものがおすすめです。

頑丈で一生使える鉄フライパン

鉄製のフライパン

本格派におすすめな鉄フライパン

鉄のフライパンは、手入れが必要ですが本格的で長持ちするフライパンです。

鉄のフライパンは、中華料理で利用されるような中華鍋のようなイメージもあるかもしれません。そのとおりで、強い火力で調理できるため短時間で調理できる点や、傷にも強いため長持ちするフライパンになります。タワシなどでもしっかりと洗える点や、一応は鉄製なので鉄分が補給できるという噂もあります。ただ、熱伝導率が良すぎて焦げやすいので、くっつかないテフロン加工と比べると慣れが必要です。

鉄製のフライパンと火力

火力が強いものが合う

鉄製のフライパンは中華鍋と同様に、火力が強い調理器具を使うと相性が良いです。

中華料理をお店で食べると、なぜか自宅のものよりも何倍もおいしく感じるということがあります。しかし、それを家で再現しようとすると、どうもうまくいかないという経験はないでしょうか。そこには強力な火力と鉄製のものを使うという調理がポイントになっています。フライパンと中華鍋は少し異なる点もありますが、フライパンの鉄製もお店のような料理へとつながる存在です。

その他のフライパン

他のフライパンの種類とは

その他のフライパンとは

テフロン加工や鉄製以外のフライパンも存在しています。安いタイプよりも価格が高価な場合が多いです。

テフロン加工と鉄以外のフライパンでは、マーブル・ダイヤモンドコートという、テフロン加工の耐久性の良さ和を改善するために、大理石などの粉末でコーティングされたフライパンがあります。また、セラミックコートという白い見た目のフライパンがあります。弱火でも火が通るものの、使用前後の準備などの手入れが必要で、油の使用が必須です。

買い換えるときのサイズ

サイズも注意しよう

もし、フライパンを買い換えるなら種類も大事ですがサイズも忘れないように確認しましょう。

フライパンを買い換えるときにミスしがちなのはサイズです。以前のフライパンで使用していたフタが新しいフライパンのサイズに合っていないということがあります。それに合わせてフタを買い換えると収納の邪魔にもなるので、出来るだけフライパンのサイズは統一するほうが便利です。

どんなフライパンが使いやすい?選び方のポイント

日本製は安全でおすすめ

日本製のフライパン

日本製のほうが安心安全

一部では日本製以外のフライパンについては安全性の面で、問題を指摘する声もあります。

決して海外製が安全ではないというわけではないですが、日本製のフライパンのほうが安全や安心を感じられるかもしれません。日本製よりも海外製では極端に安いものもありますが、安いだけでは不安な面もあります。鉄やアルミフライパンのようなものは日本製のフライパンが技術が高く、テフロン系などは海外のものが主流と言えます。

ガスコンロだけではなくIH対応している

IH対応のフライパン

見落としがちなIH対応

フライパンを購入する際は価格が安いかどうかだけでなく、ガスとIHの両方に対応しているか確認しましょう。

価格が安いかどうかだけでなく、フライパンはガスとIHの両方に対応しているものが理想です。最近ではIHのコンロが一般的になってきており、IHにも対応しているものが増えています。IH対応かどうかをラベルなどで確認する以外には、安全性を認証した製品に貼られる「SGマーク」に「IH」あるいは「CH・IN」と記載されています。また、マグネットを近づけるとくっつくという特徴もあります。

まとめて買い換える

混ざらないようにしよう

このように表記でわかるようにはなっていますが、実際に収納してしまうとガスかIH用かわからなくなることもあります。

もし、調理器具がIHに変わったという場合は思い切って以前のガス専用のフライパンは処分したほうが良いかもしれません。基本的にIH器具を導入すると、フライパンをガスで使用する機会は減るので、まとめて処分して買い換えるのがおすすめです。収納する場合は、ガスとIHのフライパンは収納する場所を変えておくほうが取り出すときに手間になりません。

フライパン人気おすすめランキングで売れ筋をチェック!

フライパンの選び方

一長一短なフライパンの選び方

それぞれの素材などによって調理のしやすさや適したフライパンは異なります。一長一短なフライパンだけに選び方も難しいです。

フライパンはテフロン加工や鉄などの素材、ガスやIHなどの調理器具が中心になります。また、フライパンのサイズや本体の重量に、取っ手の持ち安さなどそれぞれの一長一短な部分があります。そういったトータルバランスを考えながら、フライパンの人気おすすめランキングを紹介します。ランキングをチェックして自分に合ったフライパンを選びましょう!

フライパン人気おすすめランキング21位~11位

おすすめのフライパン

長持ちするフライパンがおすすめ

おすすめ人気ランキングでは、フライパンの価格とサイズ、そして重量の情報を中心に、長持ちするものや焦げに強いくっつかないフライパンなどを紹介します

21位:和平フレイズ「燕三」

程よい傾斜がついた取っ手が特徴

和平フレイズのフライパン

炒め物におすすめのフライパン

価格:1,669円

サイズ:26cm

重量:約1170g

種類:鉄

室町時代から鍛冶が盛んだった新潟県燕市で生まれたフライパンです。炒め物や焼き物におすすめな鉄製のフライパンになっており、油馴染みが良いのが特徴です。高温で勢いよくやるのがおすすめでIHよりもガスのほうが適したフライパンといえます。また、食材がこぼれにくいように少し深い設計になっているのも扱いやすいです。IHではなくガス調理器具を使っている方におすすめです。

20位:山田工業所「鉄打出」

無骨なフォルムが本格的

山田工業所のフライパン

一つ一つハンマーで叩かれた

価格:6,189円

サイズ:26cm

重量:約2000g

種類:鉄

ハンマーの機械で一つ一つ叩いて形作られたフライパンです。鉄製のためくっつかないテフロン加工とは違いますが、プレス機械では生み出せない絶妙な打ち出しが人気です。しっかりと職人が目で確認しながら5000回以上も叩き上げて完成させたフライパンで、使うほどに油がにじんで焦げにくくなります。IH対応ですが、ガスのほうがその魅力を引き出せるかもしれません。

19位:北陸アルミニウム「センレンキャスト」

熱が均一に伝わるフライパン

北陸アルミニウムのフライパン

価格も安いので使いやすい

価格:2,736円

サイズ:26cm

重量:620g

種類:テフロン

テフロン加工されて、ほどよい安い価格が魅力のフライパンです。熱伝導がより高い作りになっており、熱をたっぷりと蓄えることができるものになっています。また、何よりも重さが軽いというのが魅力です。底から側面にかけてをほどよい肉厚に仕上げているため、必要な部分は熱く、他は薄くして軽いフライパンになっています。

18位:和平フレイズ「マーブルコートフライパン」

焦げに強くてくっつかないフライパン

和平フレイズのマーブルコート

マーブルコートタイプのフライパン

価格:2,082円

サイズ:32cm

重量:???

種類:マーブルコート

マーブルコートフライパンタイプなので、焦げに強くくっつかないタイプのフライパンなので使いやすいです。マーブルコートタイプは金属ヘラで擦れてしまうということを心配する場合もありますが、耐摩耗試験を10万回クリアしているので、金属ヘラでもマーブルコートが長持ちするフライパンになっています。

17位:京セラ「セラフォート」

目玉焼きなどが焦げつかないくっつかないフライパン

シンプルタイプの京セラ

シンプルで扱いやすいフライパン

価格:2,518円

サイズ:26cm

重量:880g

種類:テフロン

原産国はベトナムとなっていますが、セラフォートは京セラのセラミック技術とダイキンのフッ素材料技術を癒合させた日本製の技術が反映されています。しっかりと火が通り焦げにも強くくっつかないのが魅力です。お手入れも簡単で安いタイプなので、料理初心者におすすめで人気です。

16位:マイヤー「イタリアンレッド」

取っ手も赤い目を引くカラーリング

シンプルなマイヤーのフライパン

価格:2,872円

サイズ:26cm

重量:900g

種類:テフロン

米国デュポン社のテフロンプラチナ加工を使用しており、優れた耐久性能が実現されて長持ちするフライパンになっています。IH対応対応になっており、時短と省エネを実現したスピーディーな加熱調理が出来ます。また、本体のカラーと同じの赤い取っ手が魅力で、ラバーコーティングされた握りやすい取っ手も人気のポイントです。

15位:岩鋳「オムレット」

オムレツ作りに最適なフライパン

オムレットタイプのフライパン

オムレツ大好きさんにおすすめ

価格:4,500円

サイズ:22cm

重量:???

種類:鉄

フライパン人気おすすめランキングの中でも少し特殊なフライパンです。岩手県の伝統工芸の南部鉄器のフライパンで、オムレツ作り向けのオムレットと言われるタイプのフライパンです。ガスだけでなくIHにも対応しており、オムレツに特化した特殊さがこだわりたい人におすすめです。

14位:キプロスター「業務用アルミフライパン」

本格仕様のアルミフライパン

アルミフライパンタイプ

熱伝導率が高いアルミフライパン

価格:2,090円

サイズ:25cm

重量:???

種類:アルミ

板厚は3.0mmの本格プロ仕様となっており、しっかりとした加工となっているので頑丈で長持ちするアルミフライパンとなっています。オーブンにも対応しているので、いろいろな料理のバリエーションにも対応しているといえます。耐久性もあり、時短につながるのでプロ仕様で気持ちを盛り上げたい人におすすめです。

13位:ケヴンハウン「セラミックフライパン」

おしゃれなカラーリングも魅力

かわいいカラーのフライパン

取っ手が取れてコンパクトに

価格:4,191円

サイズ:28cm

重量:???

種類:セラミック

ティファールのように完全に取っ手が取れるわけではなく、取っ手の銀色の部分から先のミントカラーの部分からを回して取れるようになっています。ダブルレイヤーセラミックコーティングにあっており、焦げ付きにくくくっつかないのが魅力です。しっかりとした厚底タイプの底がフライパン全体に熱を伝えてくれるので、手軽に調理できます。

12位:ホリエ「チタンゴールドパン」

小さなフライパンでおすすめ

チタンのフライパン

コンパクトタイプのフライパン

価格:9,720円

サイズ:24cm

重量:270g

種類:チタン

おでん鍋のようなゴールドカラーが特徴ですが、表面に化学処理が施されて、焦げ付きにくいようになっています。高温でもそういった処理が溶けないようになっているためとても安心ですし、日本製となっています。サイズが小さいため、重さが軽いのも魅力です。ちょっとした煮物などを作るのに適したフライパンといえます。

11位:グリーンパン「ウッドビー」

つるっとした見た目が特徴的なフライパン

マグニート加工のフライパン

価格:7,020円

サイズ:26cm

重量:約880g

種類:アルミフライパン

日本製ではなくドイツ生まれのメーカーが売り出したフライパンです。独自のマグニート加工と言われる、サーモロン・セラミックコーティングによって、熱伝導性にすぐれた電磁誘導粉末が本体の底部に閉じ込められているのが特徴です。ガスの中火や弱火が向いているタイプなので、安全に楽しめる日本製とはまた違った魅力を持つフライパンです。

フライパン人気おすすめランキング10位~7位

憧れのフライパン

憧れのフライパン

フライパンの中でも、鉄製はいつかは試してみたい種類かもしれません。油ならしなどの必要がありますが、慣れてしまえばそれほど難しいことはありません。

10位:及源「フライパン」

ステーキなどの肉料理におすすめ

南部鉄器のフライパン

900年の技術

価格:4,000円

サイズ:24cm

重量:2500g

種類:鉄

日本製のフライパンで、900年続く奥州市水沢区の南部鉄器の技術が仕様されています。使うほどに味わい深くなる鉄製のフライパンで、安心安全の日本製です。日本製のフライパンとしてその職人の技術が体感できるものになっており、ステーキなどを始めとした肉料理をガス調理でがっつりと楽しむのがおすすめです。

女性には重さが辛いかも

日本製の安心安全のフライパンですが、どうしても鉄製に共通する重さというのは何点です。ステーキのようなじっくりと焼く場合は大丈夫ですが、洗うことや片付けることなどを考えると扱いにくいといえるかもしれません。そのため、鉄製のフライパンは日本製でとても安全ですが、一度持ってみてから購入することがおすすめです。

9位:貝印「SOLIDA」

イタリア製の高品質フライパン

チタンコートのフライパン

耐久性の高いフライパン

価格:6,800円

サイズ:26cm

重量:1140g

種類:チタンコート

熱い底面が蓄熱性を確保して熱を均一に伝わるようになっています。安いフライパンとは違って長持ちするものとなっており、効率的でできる限り軽量化されたものになっています。

ちょっとした嬉しい作りとして、取って部分の内側にビスがないため、フラットで洗いやすい仕様になっています。フッ素加工もはがれにくいものになっており、長くくっつかないフライパンとして焦げを心配しなくて良いフライパンです。

8位:和平フレイズ「レミ・ヒラノ/レミパン」

あの平野レミのフライパン

平野レミのフライパン

すべての料理に使えるオールインワン

価格:8,103円

サイズ:約450×247×164mm

重量:1160g

種類:鉄

料理研究家でお馴染みの平野レミのアイデアが詰め込まれたフライパンです。炒める、焼く、煮る、揚げる、炊くをすべてこなせるフライパンになっています。汚れがつきにくく焦げにくい、くっつかないセラミック加工のフライパンです。フタが特殊で、フタをあけずにそのままさし水ができるというものになっているので、旨味を逃さないフライパンになっています。

あの豪快な料理の再現にもおすすめ

オールインワンタイプのフライパンになっているので、あの平野レミの豪快な料理を再現することが出来ます。良い意味で大雑把な料理に適応しており、細かいことにこだわらずガスやIHでバンバン調理できます。安いフライパンをいろいろ買うよりもガスやIHに対応していて一つですべてがこなせるフライパンです。

7位:柳宗理「マグマプレート」

ガスからIHまで本格的な鉄フライパン

本格的な料理におすすめ

独特な湾曲な形が特徴

価格:4,781円

サイズ:25cm

重量:1400g

種類:鉄

決して安い不良品ではなく、内側と外側の両面に細かな凹凸をつけた独自開発のマグマプレートです。この独特な形のフライパンとなっているため、専用のフタと合わせて購入するのがおすすめです。油馴染みがよく、焦げ付きやくっつかないフライパンとして人気おすすめランキングでも評価が高いです。

いびつな形が愛着が湧く

テフロン系のフライパンと違って、熱伝導率がより良いものとなっているので、安いフライパンと比べてカリっとした焼き上がりが印象的といえます。メンテナンスが大変な鉄のフライパンですが、しっかりとした手入れをすれば長持ちするフライパンなので、安いフライパンよりも愛着が持てる長持ちなフライパンです。

フライパン人気おすすめランキング6位~4位

フライパンと重さ

重さの基準

使いやすさを考えるとフライパンは1000g以内のものが女性は使いやすいといえます。

6位:パール金属「軽いねストロングマーブルフライパン」

マーブルコートでも軽い

マーブルコートで軽いフライパン

使いやすく安全

価格:1.840円

サイズ:28cm

重量:730g

種類:マーブルコート

マーブルコートやダイヤモンドコーティングなどは、長持ちするフライパンになりますが、重くなりやすく安全面で少し不安が残ります。そういった他のフライパンと比較しても、重量が軽く安全に扱えるマーブルコートのフライパンになっています。

トータルバランスを考えてもおすすめ

価格も安いですし、女性でもとても扱いやすいマーブルコートのフライパンになっています。ただし、残念なのはガス専用となっておりIH調理には対応していないことです。そのため、安全に扱うためにも必ずガスコンロ専用のフライパンということを確認して購入しましょう。

5位:スキャンパンClassicフライパン」

価格は高いが本格的な強火調理ができる

中間で火が通るフライパン

直火とオーブン調理に対応

価格:9,272円

サイズ:26cm

重量:1,025g

種類:テフロン加工

10年保証がすごい

10年間の保証期間というのも驚きの点で、それだけ品質に自信があるという安全性もポイントと言えます。テフロン加工されていますが、ゴシゴシと洗える特殊加工になっており、使いやすいフライパンとなっています。デンマークで創業したメーカーで価格は高いといえますが、これでもエントリーモデルとなっており、いかに高い品質のフライパンであるかということが伝わってきます。

4位:ビタクラフト「ソフィアⅡ」

二重構造で安全で長持ち

ビタクラフトのフライパン

使いやすく安いのが魅力

価格:2,916円

サイズ:26cm

重量:974g

種類:テフロン加工

人気おすすめランキングの中でも安いフライパンになっています。全面2層構造で耐摩耗性も高く熱伝導率にも優れたフライパンとなっています。安いフライパンは長持ちしないというイメージかも知れませんが、他の安いフライパンと比べると、テフロン加工も剥がれにくく、ガスでもIHでも使える手頃な安いフライパンといえます。

焦げにくいと評判

とある検証サイトではランキング1位に選ばれたフライパンであり、餃子を500個焼いても焦げ付かず生焼けもないという高い評価をえていました。焼きムラがないというのは、料理において重要なポイントになり、全体を均一にあたためてくれるので安心に安全に食べられる料理が作れるといえます。

フライパン人気おすすめランキング3位~1位

フライ返しの画像

フランイパンランキング上位を発表!

人気おすすめランキングのフライパンも残すはトップ3です。フライパンの奥深さを感じたかもしれませんが、どこか料理欲が湧いてきたかもしれません。

 

3位:協和工業株式会社「スーパーストンバリア」

通販番組でもおなじみ

通販で有名なフライパン

テレビ番組と同じ効果を実感

価格:5,000円

サイズ:20cm

重量:900g

種類:テフロン加工

通販番組で紹介され、芸能人の中でも利用している人がいることでも有名なフライパンです。内側6層、外側4層の多重構造となっており、少しの油でも焦げ付かないというフライパンになっています。

意外にメンテナンスが大事

他の安いフライパンと比べると、非常に焦げ付かないでくっつかないというフライパンになっていますが、しっかりとメンテナンスをしないと、その効果が長持ちしないという点も指摘されています。効果を考えれば価格的にもコスパは良いほうなので、長く使えるというフライパンを求めている場合は他のフライパンがおすすめです。

同じスーパーストンバリアの包丁も販売されており、セットで通販で購入という選択肢もありです。通販番組の商品は一長一短といえますが、買い替えを前提に一人暮らしなどの消耗品感覚での購入のほうが楽しめるフライパンといえます。

2位:リバーライト「極みジャパン」

鉄フライパンに挑戦したい人におすすめ

扱いやすい鉄フライパン

ほどよい重量感で本格料理

価格:6,480円

サイズ:26cm

重量:948g

種類:鉄フライパン

鉄フライパンはハードルが高いと感じている人におすすめしたい鉄フライパンです。特殊熱処理をしており、通常の鉄の約5倍の強度で、錆びにくい手入れが簡単な鉄フライパンとなっています。重さも鉄フライパンの中では軽い部類に入りますし、油をなじませて愛着が持てる長持ちするフライパンです。

いつもの料理がグレードアップする

やはり鉄フライパンは、いままでの料理の雰囲気が一新する本格さが魅力です。高温調理で短時間で炒め料理などができるので、カリッとした香ばしい調理が行えます。価格もそれほど高すぎないといえますし、ずっと使うことを考えると料理の良きパートナーとなります。

鉄のフライパンでは、ハンバーグやステーキ、また魚のソテーなどいまでの料理がさらに美味しくなるフライパンといえます。グッと旨味が閉じ込められて、切ったときに肉汁が溢れ出るような調理が行えるので、まるでプロの料理人になったような感覚が味わえます。

1位:ティファール「エクセレンスフライパン」

ティファールシリーズで揃えたい

おなじみのティファール

誰もが安心して使えるフライパン

価格:5,210円

サイズ:28cm

重量:1220g

種類:アルミ

非常に知名度が高いティファールのフライパンが人気おすすめランキングの第一位です。マークの模様が変わったら予熱完了で適温という点を含めて、とても扱いやすいフライパンにんぁつています。6層のチタンコーティングが施されており、非常に高い耐久性を実現しました。

いろんなティファール

種類が豊富

ティファールはお手入れも簡単で、ティファールのシリーズを揃えるとより楽しめます。

ティファールは取っ手が外せる仕組みになっており、他のティファールシリーズと合わせて収納性も高い点が人気おすすめランキングでも評価されているポイントです。フライパンだけでなく鍋タイプなどと合わせて購入し、トータルで料理を楽しむのがおすすめです。

ガスもIHでもさまざまな料理が楽しめる

Twitterのつぶやきでは、ティファールのフライパンを使って本当に多くの料理を楽しんでいるのが伝わってきました。熱伝導率が良く、炒めもの以外にも煮込み料理などにも使えるというのがティファールの性能の高さの証拠だと言えます。

ティファールのフライパンを使っていて4年目にフライパンの柄の部分が壊れてしまったというつぶやきがりました。しかし、ティファールのコーティング自体はまだまだ問題なく使える状態だったことに驚いており、それだけコーティングの性能の高さを伺わせるものになっています。使い方によってはまだまだ長く使えた可能性が充分にあったといえそうです。

こういった派手な料理もティファールのフライパンならこなせてしまうというのがすごいです。何よりもテフロン加工されているので、調理後のお手入れも簡単で焦げにくく簡単に洗うことが出来ます。ティファールは常に新しい技術を取り入れて、より使いやすさを追求しているので最新のティファールを利用するのがおすすめです。

フライパンをすっきりコンパクトに収納しよう!

フライパン収納のアイデアをご紹介

近くに置くのが大事

よく使うものを近くに

フライパンを中心としたキッチン用品はスペースを取ります。大事なことはよく使うものを近くに置きましょう。

まず、収納する際の基本としてよく使うものを近くに置くというのがポイントになります。捨てないけどあまり使わないものを置くにして、よく使うものは取り出しやすい近くに置くことが大事です。また定期的に掃除をして不要なものは処分するようにしましょう。フライパンは、ファイルボックスを使って固定するような収納がおすすめです。

S字フックでフライパンを収納

100均をフル活用

キッチン周りを軽く改造する気分で、S字フックなどを100均などで購入して、吊上下げるという収納もおすすめです。

もし、キッチンの上などにS字フックをつけれる場所があればフル活用しましょう。また、壁などに穴を空けても問題ない場合は、そういったものを取り付けられるようにするのもおすすめです。また、つっかえ棒などを利用してもよいでしょう。ただし重いフライパンの場合は必ず固定が安全であるかをチェックしましょう。

フライパン置き

スペースがあれば専用の棚も

もし、キッチン周りに余裕があれば画像のようなフライパン置きを購入すれば、見た目もおしゃれでとても使いやすくなります。

この画像のフライパン置きはキッチンの上でも、シンクの下の収納場所に使ってもおすすめです。価格も2,000円ほどですし、収納の基本になるといえます。整理されたキッチン回りは料理をしようという気持ちも湧きますし、斜め設計なので取り出しやすいフライパンラックになっています。

オールインワンフライパンをメインにする

使うフライパンを取捨選択

いろんなフライパンを購入するよりは、オールインワンタイプのものを軸に使わないものは処分しましょう。

こだわりが無ければ、人気おすすめランキングで紹介したオールインワンタイプのフライパンを軸に、ステーキやハンバーグなどを本格的に調理できる鉄のフライパンを購入して、2個か3個ほどに絞るというのも大事です。フライパンはかなりスペースを取りますし、サイズ違いの問題もあるので、思い切って断捨離するのが一番の収納のポイントになります。

フライパン人気おすすめランキングのまとめ

フライパンを選ぶ

すべての料理の基本になる

フライパンはすべての料理の大事なパートナーになります。じっくりとランキングから選んでみましょう。

フライパンは包丁などと合わせて調理器具の基本です。そのため、女性の場合はある程度は扱いやすい重量が軽いタイプがおすすめです。そのため、人気おすすめランキングの中では鉄製のタイプは少し重いと感じるかもしれません。しかし、じっくりと焼くステーキなどでは鉄のフライパンが旨味をアップさせるといえます。

フライパンの寿命

長持ちするものも多い

フライパンは安いものでは使い捨て感覚のものもあります。長持ちするものでは数年間使い続けることが出来ます。

鉄のフライパンなどでは、油がしみ込むことで旨味が増すため、買い替えることなく長く使う人も多いです。逆にテフロン加工されているものは、1年から2年で買い替えを検討する必要があるかもしれません。金属製のヘラなどを多く使うとテフロンが剥がれやすくなるなど、他の調理器具との相性もあります。

フライパンの数

使いみちを考えて選ぶ

サイズの違いなどを含めて、フライパンは絞って購入しましょう。増やしすぎても使い切れないことが多いです。

収納でも触れた通り、フライパンはスペースを取りやすい調理器具です。そのため、家族が多い場合はサイズの少し大きめなものを選ぶと良いでしょう。混ぜたりする料理以外用のサイズが小さめなものを用意しておくと洗い物のときに便利です。フタサイズも忘れずに考慮してフライパンを選ぶことがおすすめです。

フライパンのお気に入り

料理が楽しくなるものを選ぶ

フライパンを使いやすいものを選ぶと、より料理を楽しめることが出来ます。お気に入りのものを見つけましょう。

フライパンの人気おすすめランキングを紹介しました。実は奥が深いフライパンという調理器具だけに、知らない種類もあったかもしれません。それぞれの料理との相性もあるので、肉料理を作ることが多ければ鉄のフライパンを、洗い物を簡単にしたい場合はテフロン加工されたものなどにすると良いでしょう。自分の料理のパートナーになるフライパンのお気に入りをぜひ見つけてみましょう。

その他の人気おすすめランキングはこちら

包丁ケースおすすめランキングTOP13!キャンプや料理教室への持ち運びに便利 | ランキングまとめメディア
2018電子レンジおすすめ品20選!一人暮らし向けの人気機種は? | ランキングまとめメディア
冷蔵庫おすすめランキングTOP20!選び方のポイントを解説【一人暮らし】 | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ