哺乳瓶おすすめランキングTOP15!新生児の赤ちゃんでも使えるのは?

赤ちゃんが生まれたら用意しておきたい哺乳瓶。ミルクを飲ませるときに欠かせないアイテムです。哺乳瓶はさまざまなメーカーから発売されており、容量や素材など種類もたくさんあるため、どれを選べばいいのか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。そこでこのまとめでは、おすすめ哺乳瓶を2018年最新ランキングでご紹介していきます。ランキングは人気の哺乳瓶や新生児におすすめのもののほか、特徴や選び方、消毒方法もご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

  1. 哺乳瓶おすすめランキングTOP15!新生児の赤ちゃんでも使えるのは?
  2. 哺乳瓶おすすめランキング!第15位~11位
  3. 哺乳瓶おすすめランキング!第10位~7位
  4. 哺乳瓶おすすめランキング!第6位~4位
  5. 哺乳瓶おすすめランキング!第3位~1位
  6. 大切な赤ちゃんのため…哺乳瓶の消毒のやり方・方法
  7. かわいい哺乳瓶ケース・ホルダーに入れて赤ちゃんとおでかけ
  8. 哺乳瓶おすすめランキング2018!まとめ

哺乳瓶おすすめランキングTOP15!新生児の赤ちゃんでも使えるのは?

ミルクをあげるのに便利な人気の哺乳瓶のおすすめをランキングでご紹介!

ミルクを飲む赤ちゃん

哺乳瓶は種類が豊富!人気のメーカーは?

赤ちゃんにミルクを飲ませるときに欠かせないのが哺乳瓶です。哺乳瓶はピジョンやコンビといった有名ベビー用品メーカーのほか、ベッタやヌークといった海外メーカーも人気があります。

哺乳瓶はサイズや素材の種類もさまざまで、哺乳瓶の選び方に迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。そこでこのまとめでは、おすすめの哺乳瓶を2018年最新ランキングでご紹介していきます。新生児の赤ちゃんでも使える哺乳瓶はもちろん、サイズや素材などの特徴や哺乳瓶の選び方、消毒の方法についてもご紹介しますので、哺乳瓶選びの参考にしてみてください。

哺乳瓶の必要性…赤ちゃんに母乳をあげてるお母さんでも必要?

ミルクを飲む赤ちゃん

完全母乳なら哺乳瓶は必要ない?

赤ちゃんへの授乳方法には、完全母乳(完母)、混合栄養(混合)、完全ミルク(完ミ)の3つがありますが、完母なら哺乳瓶は必要ないのでは、という人も少なくないでしょう。

もちろん赤ちゃんが満足できるくらい十分に母乳が出れば問題ありませんが、完母にしたくても思うように母乳が出なかったり、またママの体調不良や薬の服用などで母乳をあげられないこともあります。そのため、いざという時のために完母のママも1本哺乳瓶を用意しておくと安心です。

哺乳瓶ならママ以外でも授乳ができる!

ミルクを飲む赤ちゃん

哺乳瓶が活躍!ママの負担を減らすことも

完母でも哺乳瓶があれば、搾乳しておいた母乳をママ以外の人があげることも可能なので、赤ちゃんを預けたいときや寝不足のときなど、ママの負担を減らすことができます。

必要な哺乳瓶の本数は授乳方法によって違い、完母も場合はまず1本、混合の場合は2本程度で良いでしょう。完ミの場合には、本数が多いほど洗う手間が減るので便利です。

哺乳瓶の種類と特徴

哺乳瓶

サイズや素材などもさまざま!種類や特徴をチェック

哺乳瓶はさまざまなメーカーから発売されており、容量や素材など種類もたくさんあります。

最近では機能的なものやデザインにこだわったものもあり、また母乳育児を進めやすいような設計の哺乳瓶も人気です。ここでは哺乳瓶の種類や特徴をまとめましたのでチェックしていきましょう。

特徴①:哺乳瓶のサイズ・形状

哺乳瓶

哺乳瓶の容量はメーカーによってさまざま

哺乳瓶のボトルのサイズはメーカーによってさまざまですが、120ml~240mlのものが多く、中には70mlや300mlといったものもあります。

哺乳瓶のボトルの形状は口から底までがまっすぐの「ストレート型」が主流ですが、赤ちゃんが飲みやすいように開発された「カーブ型」も人気が高まっています。

ピジョンのスリムタイプの哺乳瓶

哺乳瓶の口の大きさの種類は2タイプ

哺乳瓶の口の広さについてみると、「スリムタイプ」と「広口タイプ」があります。

スリムタイプはコンパクトなので持ち運びに便利ですが、ミルクを入れるときにこぼしやすい、底まで洗いにくいといったデメリットもあります。広口タイプは場所を取りますが、ミルクをこぼしにくく、底まで洗いやすいといった特徴があります。

特徴②:哺乳瓶の素材

哺乳瓶

ボトルはガラスかプラスチックが主流

哺乳瓶のボトルの素材は大きく分けて「ガラス」「プラスチック」の2種類です。プラスチック製はさらに「PPSU」「トライタン」「ポリプロピレン」といった種類に分けられます。

ガラス製は傷がつきにくく、消毒を繰り返しても劣化しにくい、ミルクを冷ましやすいといったメリットがあります。また耐熱ガラス製なら、どの消毒方法も対応でき、食器洗浄機も使えます。ただし割れやすく、重たいので持ち歩きには不便です。

寝ている赤ちゃん

プラスチック製は軽くて丈夫!

プラスチック製は軽くて持ち運びしやすく、落としても割れにくい、赤ちゃんが自分で持つことができるというメリットがあります。

しかし使っているうちに傷がつきやすく、においや色が移りやすいというデメリットもあります。プラスチック製の中には電子レンジ非対応もありますので、消毒方法に注意が必要です。柔らかいシリコン製の哺乳瓶もありますが、まだ種類が少なく海外製が多いようです。

特徴③:乳首の素材

哺乳瓶

乳首の素材はゴム製

哺乳瓶の乳首の素材はゴム製で、天然ゴム、イソプレンゴム、シリコンゴムの3種類が主流で、どの素材でも問題はありませんが、赤ちゃんによって好き嫌いがあります。

天然ゴムは柔らかくママの乳首に近い感触ですが、ゴム臭が強めなのが特徴です。シリコンゴムはゴム臭がなく耐久性があり多くの哺乳瓶に使われていますが、少し硬めの感触です。イソプレンゴムは天然ゴムとシリコンゴムの中間くらいの柔らかさとゴム臭です。

特徴④:乳首の穴の形とサイズ

哺乳瓶

哺乳瓶の乳首の穴は3種類

乳首のミルクの出る穴の形は「丸穴」「スリーカット」「クロスカット」の3タイプがあり、形によってミルクの出る量が変わります。

丸穴は自然にミルクが出るという特徴があります。スリーカットはY形、クロスカットはX形になっており、赤ちゃんの吸う力によってミルクが出る量が変わります。サイズは「SS~Sサイズ」「Mサイズ」「Lサイズ」があり、月齢や赤ちゃんの哺乳量によってサイズアップしていきます。

メーカー・素材・サイズなど哺乳瓶の選び方のポイント

遊んでいる赤ちゃん

哺乳瓶の選び方!おさえておきたいポイントは?

では、次にメーカーやサイズ、素材など哺乳瓶の選び方のポイントをご紹介していきます。

哺乳瓶の選び方では、赤ちゃんのミルクを吸う力や月齢のほか、哺乳瓶を使う頻度やシーン、用途などを考慮して選ぶことが重要です。

選び方①:メーカー

哺乳瓶

メーカーごとに特徴やこだわりがさまざま!

哺乳瓶はメーカーによってこだわりがさまざまで、価格帯やデザインも違います。必要な本数や頻度など授乳スタイルに合ったメーカーのものを選びましょう。

メーカーによっては、おしゃれでかわいいデザインの哺乳瓶もあり人気です。お気に入りの哺乳瓶があれば、お出かけや授乳の時間も楽しくなります。

選び方②:乳首の選び方ポイント

ミルクを飲む赤ちゃん

飲みやすさを大きく左右する!乳首の選び方

赤ちゃんのミルクの飲みやすさを左右する乳首の選び方は重要です。まず乳首は哺乳瓶のボトルと同じメーカーを選ぶのがおすすめです。

乳首にはパッケージなどに対象月齢が記載されているので参考にしましょう。ただし、月齢があっていても赤ちゃんが飲みづらいようなら、乳首サイズや穴を1サイズを小さくしたり大きくするのも良いでしょう。

哺乳瓶

乳首は交互に使うのがおすすめ!

乳首は1つだけを長く使っているとそれになじんでしまい、新しい乳首に変えると嫌がってしまうことがあるので、2つの乳首を交互に使うことをおすすめします。

どのメーカーの乳首も飲みやすさやママの乳首に近い形に作られていますのでどれを選んでも問題はありませんが、赤ちゃんに最適な乳首を選び、ミルク嫌いや飲みすぎによる嘔吐、太りすぎを防ぎましょう。

選び方③:乳首の形・サイズ・素材

哺乳瓶

赤ちゃんの月齢や飲むペースが指標

乳首の選び方は赤ちゃんの月齢と飲むペースを参考にします。まず乳首の形では、新生児期は自然にミルクが出る丸穴を選びましょう。

 

生後2~3カ月を過ぎて吸う力がついてきたらスリーカット、クロスカットの順にステップアップしていくのがおすすめです。

サイズはSS~Sサイズから使い始め、成長に合わせてM、Lとサイズアップします。ミルクの1回量を10~15分で飲める乳首が最適だといわれていますので、それよりも早く飲んでしまうようなら1サイズダウン、遅いようなら1サイズアップするのがおすすめです。乳首の素材はにおいがなく耐久性の高いシリコンゴムがおすすめで、どの消毒方法にも対応でき、食器洗浄機にも対応できます。

選び方④:哺乳瓶のサイズ・形状

哺乳瓶

サイズの選び方!飲むミルクの量を参考に

哺乳瓶のサイズの選び方は、新生児期は飲む量が少ないので120ml~160mlで十分です。3カ月以降は飲む量が増えるので240ml以上がおすすめです。

ミルク中心の場合にははじめから大きめサイズを用意しておいても良いでしょう。持ち運び用としては、コンパクトな小さめサイズが便利です。形状は自宅用なら調乳やお手入れのしやすさを考えればストレート型の広口タイプがおすすめです。持ち運び用には細長いスリムタイプがコンパクトでおすすめです。

選び方⑤:哺乳瓶の素材

哺乳瓶

それぞれの素材のメリットを活かそう

哺乳瓶の素材の選び方は、使うシーンや用途によってガラスとプラスチックで使い分けるのがおすすめです。

両方のタイプを持っているママも多く、それぞれの特徴を踏まえてガラス製は自宅用、プラスチック製は持ち運び用、など使い分けるのも良いでしょう。消毒方法を選ばずお手入れを楽にしたい場合にはガラス製、赤ちゃんが自分で持ちたがるときは軽くて割れにくいプラスチック製がおすすめです。

哺乳瓶おすすめランキング!第15位~11位

では、哺乳瓶のおすすめランキングの15位から11位までを見ていきましょう。メーカーによってさまざまな特徴がありますので、ぜひチェックしてみてください。

15位:ウニッコ哺乳瓶/マリメッコ

かわいいデザインで人気!乳首は付け替えも可能

ウニッコ哺乳瓶

【哺乳瓶おすすめランキング2018】15位:ウニッコ哺乳瓶

・メーカー:マリメッコ
・価格:2980円~
・乳首サイズ:不明
・乳首の穴の形:不明
・乳首の素材:シリコン
・ボトルの素材:プラスチック(ポリプロピレン)
・ボトルの容量:240ml
・対象月齢:6カ月~

フィンランドの人気ブランド「マリメッコ」の哺乳瓶です。おしゃれなママたちに人気が高く、マリメッコのシンボル的な大きな花柄デザインがかわいいです。日本未発売のためネットでの購入になります。持ちやすいようにボトルの真ん中が少しくびれています。付属の乳首は生後6カ月からですが、新生児から使いたい場合や海外製が気になるという場合には、ピジョンのKタイプの乳首に替えて使うことも可能です。

14位:哺乳瓶 THE BIRD/ガルボアンドフレンズ

独特のデザインがおしゃれ!品質も高い

哺乳瓶 THE BIRD

【哺乳瓶おすすめランキング2018】14位:哺乳瓶 THE BIRD

・メーカー:ガルボアンドフレンズ
・価格:2808円~
・乳首サイズ:0~3カ月用、3~6カ月用、6カ月~
・乳首の穴の形:不明
・乳首の素材:シリコン
・ボトルの素材:プラスチック(ポリエーテルサルホン)
・ボトルの容量:300ml
・対象月齢:0カ月~

スウェーデンのインテリアブランド「ガルボアンドフレンズ」の哺乳瓶です。とにかくデザインが可愛いと人気で、独特の色合いと自然をモチーフにしたイラストが北欧ならではの味わいです。ボトルは耐熱プラスチックで乳首はシリコンと品質も高いです。お出かけの時など、かわいい哺乳瓶が欲しい、定番とは違う哺乳瓶が欲しいという場合におすすめです。

13位:カラフル哺乳びん/ツイストシェイク

ビビッドなカラーで気分が上がる!お出かけにもぴったり

カラフル哺乳びん

【哺乳瓶おすすめランキング2018】13位:カラフル哺乳びん

・メーカー:ツイストシェイク
・価格:1404円~
・乳首サイズ:S~L
・乳首の穴の形:丸穴
・乳首の素材:シリコン
・ボトルの素材:プラスチック(ポリプロピレン)
・ボトルの容量:180ml、260ml
・対象月齢:0カ月~

スウェーデン発のツイストシェイクの哺乳瓶は「おしゃれする哺乳瓶」というコンセプト通り、豊富なカラーバリエーションが特徴で外出用にも人気です。デザインだけでなく機能性も高く、広口タイプで洗いやすく、食洗器や電子レンジにも対応し、付属品が充実しています。乳首の通気弁がミルクと空気の流れをスムーズにするので、吸う力が弱い新生児も飲みやすい設計です。

12位:らく飲み哺乳びん/チュチュベビー

独自のワンサイズ乳首でずっと使える!

らく飲み哺乳びん

【哺乳瓶おすすめランキング2018】12位:らく飲み哺乳びん

・メーカー:チュチュベビー
・価格:1010円~
・乳首サイズ:ワンサイズ
・乳首の穴の形:スーパークロスカット
・乳首の素材:シリコン
・ボトルの素材:ガラス、プラスチック(PPSU)
・ボトルの容量:160ml、240ml
・対象月齢:0カ月~

チュチュベビー独自のスーパークロスカットの乳首で、新生児から卒乳までサイズを変えず使えます。赤ちゃんが吸う力によって最適なミルク量が出るので、飲んでいないときには倒してもミルクがこぼれません。赤ちゃんの成長に乳首が合わせるという構造で、母乳育児とも併用しやすいです。広口タイプで調乳やお手入れも楽で、ボトルの耐久性の高さも人気です。

11位:広口哺乳びん/リッチェル

メーカー独自の乳首で飲みやすい

広口哺乳びん

【哺乳瓶おすすめランキング2018】11位:広口哺乳びん

・メーカー:リッチェル
・価格:780円~
・乳首サイズ:S、M
・乳首の穴の形:丸穴
・乳首の素材:シリコン
・ボトルの素材:ガラス、プラスチック(PPSU)
・ボトルの容量:150ml、240ml、260ml
・対象月齢:0カ月~

赤ちゃんの舌に合わせて動く独自の乳首が特徴で、母乳を飲むときと同じように吸うことができ飲みやすいです。プラスチック製は環境ホルモンを含まない素材で安心です。人間工学に基づいて設計された3Dボトルも特徴で、ミルクを飲ませるときに持ちやすい形状になっていてママのストレスも軽減します。広口タイプですがフィットしやすく、調乳やお手入れも楽です。

哺乳瓶おすすめランキング!第10位~7位

次に、おすすめの哺乳瓶ランキングの第10位から7位までです。日本製だけでなく海外メーカーのものも人気があります。

10位:アンパンマン哺乳びん広口タイプ/レック

赤ちゃんが大好きなアンパンマン!

・メーカー:レック
・価格:710円~
・乳首サイズ:不明
・乳首の穴の形:丸穴、クロスカット
・乳首の素材:シリコン
・ボトルの素材:プラスチック(ポリプロピレン)
・ボトルの容量:160ml、240ml
・対象月齢:0カ月~

赤ちゃんが大好きなアンパンマンのデザインの人気哺乳瓶です。スタンダードタイプもありますが、調乳やお手入れしやすい広口タイプがおすすめです。取り外しできる耐熱シリコンカバーつきで、調乳も安心です。ママの乳首を参考にした設計で、伸びの良い乳首は赤ちゃんが深く吸い付きやすいため、混合の場合もおすすめです。目盛りがはっきりしているので、調乳しやすいという口コミもあります。

9位:母乳ボトルカーム/メデラ

専門家と共同開発した哺乳瓶

母乳ボトルカーム

【哺乳瓶おすすめランキング2018】9位:母乳ボトルカーム

・メーカー:メデラ
・価格:2374円~
・乳首サイズ:ワンサイズ
・乳首の穴の形:不明
・乳首の素材:シリコン
・ボトルの素材:プラスチック
・ボトルの容量:150ml
・対象月齢:0カ月~

少し長めの乳首が特徴の哺乳瓶で、ワンサイズでどの月齢でも対応できるタイプです。専門家と共同開発した哺乳瓶で、母乳を飲むときの飲み方を再現しています。赤ちゃんが吸った分だけミルクが出るので、赤ちゃんのペースで飲めるため飲みやすく、万が一倒してもこぼれないというメリットがあります。

母乳嫌いにならないと人気

ママの乳首に近い形状で吸う力を鍛えるので、混合の場合や、一時的にミルクを飲ませるとき、母乳へ移行したいという場合のトレーニング用にもおすすめです。プラスチック製ですがBPAフリーで安心で、さらに独自の通気システムで空気を吸い込まない工夫がされているのでげっぷや吐き戻しを軽減できます。メデラの搾乳機に直接接続できるので、搾乳してそのまま冷蔵・冷凍保存できて便利です。

8位:哺乳びん広口タイプ/チュチュベビー

ミルクこぼれしない!安心の素材でおすすめ

哺乳びん広口タイプ

【哺乳瓶おすすめランキング2018】8位:哺乳びん広口タイプ

・メーカー:チュチュベビー
・価格:1708円~
・乳首サイズ:ワンサイズ
・乳首の穴の形:スーパークロスカット
・乳首の素材:シリコン
・ボトルの素材:ガラス、プラスチック(PPSU)
・ボトルの容量:160ml、240ml
・対象月齢:0カ月~

赤ちゃんの顎や口の自然な発達をサポートしてくれる哺乳瓶で、日本製で安心安全です。プラスチック製はPPSUを採用しているため、赤ちゃんの健康にも配慮しています。倒してもこぼれない哺乳瓶としても有名で、赤ちゃんが吸った時にだけミルクが出る仕様になっていますので、傾けたときにミルクをこぼす心配もなく、万が一倒してしまっても安心です。

広口タイプの哺乳瓶の中でも人気

赤ちゃんの吸う力に合わせて最適なミルクの量が出てきますので、新生児から卒乳まで使えて便利です。広口タイプで、どの消毒方法にも対応できお手入れが楽なのも人気のポイントです。チュチュベビーの広口タイプの哺乳瓶には、使っていて気分が上がる、「ママカワ」という可愛いデザインのシリーズもあります。またチュチュベビーには同じ機能のスリムタイプもあり人気です。

7位:ブレイン/ドクターベッタ

独特な形状のボトルで飲みやすい

ブレイン

【哺乳瓶おすすめランキング2018】7位:ブレイン

・メーカー:ドクターベッタ
・価格:2592円~
・乳首サイズ:不明
・乳首の穴の形:丸穴、クロスカット
・乳首の素材:シリコン
・ボトルの素材:ガラス、プラスチック(PPSU、トライタン、ポリプロピレン)
・ボトルの容量:120ml、150ml、240ml
・対象月齢:0カ月~

カーブのある独自の形状の哺乳瓶が特徴で、母乳を飲むときと同じ姿勢で飲めて、赤ちゃんが飲みやすいように設計されています。ミルクを飲む際に空気を一緒に飲みにくいように工夫されていて、げっぷや吐き戻しを軽減してくれます。付属の乳首は赤ちゃんの咀嚼を促ししっかり身につけるように作られています。哺乳瓶慣れにしくいため、混合のママにも人気です。

おしゃれなデザインのボトルが人気

ボトルのポップでカラフルなデザインがおしゃれで、お花や四葉のクロオーバーといった可愛らしいモチーフは赤ちゃんにぴったりで授乳が楽しくなります。プラスチックのトライタン素材は軽量でかつガラスのような透明感があり人気です。

哺乳瓶おすすめランキング!第6位~4位

哺乳瓶

【哺乳瓶おすすめランキング2018】6位~4位!

哺乳瓶のおすすめランキング6位から4位です。多くのママが使っている人気の哺乳瓶をぜひチェックしてみてください。

6位:テテオ授乳のお手本/コンビ

飲みやすさにこだわった哺乳瓶

テテオ授乳のお手本

【哺乳瓶おすすめランキング2018】6位:テテオ授乳のお手本

・メーカー:コンビ
・価格:1404円~
・乳首サイズ:SS~M
・乳首の穴の形:丸穴、3乳孔
・乳首の素材:シリコン
・ボトルの素材:ガラス、プラスチック(PPSU)
・ボトルの容量:100ml、160ml、240ml
・対象月齢:0カ月~

とにかく飲みやすさにこだわった哺乳瓶で、乳首がサイズごとに形が違い、成長に合わせて飲みやすいように工夫されています。赤ちゃんが大きな口で自然にくわえやすい乳首で、3つの乳孔で唾液とミルクが混ざりやすく哺乳をサポートしてくれます。一人一人の哺乳量も合わせられるよう、調節用リングが付属していて、リング突起部と空気空気孔の組み合わせでミルクの出方を調節できるのもポイントです。

独自の形状の乳首!普通の乳首を嫌がる子にも

赤ちゃんが飲みやすく、お手入れもしやすい哺乳瓶なので、ミルクを飲む頻度の高い新生児期からママと赤ちゃんのストレスを軽減してくれ、活躍します。赤ちゃんの飲む力を引き出し、母乳と同じ飲み方を練習できる哺乳瓶でもあるので、トレーニング用としても最適で母乳育児を頑張りたいママにもおすすめです。

5位:母乳相談室(桶谷式直接授乳訓練用)/ピジョン

母乳育児を目指すママに人気

母乳相談室(桶谷式直接授乳訓練用)

【哺乳瓶おすすめランキング2018】5位:母乳相談室(桶谷式直接授乳訓練用)

・メーカー:ピジョン
・価格:1350円~
・乳首サイズ:SS
・乳首の穴の形:丸穴
・乳首の素材:シリコン
・ボトルの素材:ガラス
・ボトルの容量:160ml
・対象月齢:0カ月~

母乳育児や母乳への移行を頑張るママをサポートする、桶谷式監修の哺乳瓶です。完母を目指すママに人気の哺乳瓶で、赤ちゃんの吸う力を育てるため、乳首サイズは少ししか出ないSSのみです。母乳を直接授乳できるように訓練するための哺乳瓶なので、扁平乳首や陥没乳首などのトラブルで一時的に母乳の直接授乳を中断するときや、赤ちゃんがうまく母乳を飲めない場合におすすめです。

母乳を飲むトレーニングができる

トレーニング用なので、桶谷式の認定指導員の指導を受けて使用することをおすすめします。赤ちゃんが口を大きく開けて飲めるように設計されているので、母乳を飲むトレーニングになり、母乳への移行もスムーズです。乳首は「母乳実感」のものをつけ替えることができるので、新生児を過ぎても使えます。

4位:哺乳びん/ビーンスターク

ワンサイズでずっと使える!手頃な価格も魅力

ビーンスターク哺乳瓶

【哺乳瓶おすすめランキング2018】4位:哺乳びん

・メーカー:雪印ビーンスターク
・価格:1388円~
・乳首サイズ:ワンサイズ
・乳首の穴の形:クロスカット
・乳首の素材:シリコン
・ボトルの素材:ガラス、プラスチック(トライタン)
・ボトルの容量:150ml、240ml
・対象月齢:0カ月~

赤ちゃんが母乳を飲むときと同じ動きをめざした哺乳瓶で、手頃な価格も人気です。赤ちゃんの飲む力に合わせて、出るミルクの量が変わるクロスカット乳首で、新生児から卒乳まで同じサイズの乳首を使えます。丸穴の哺乳瓶では量が多くてむせてしまうという赤ちゃんにおすすめです。ボトルは医療用にも使われているほうけい酸ガラスが採用され、ガラスでも比較的軽くて丈夫です。

赤ちゃんの成長をサポートしてくれる

噛まないとミルクが出ない構造なので、赤ちゃんのあごをしっかり鍛えてくれます。広口タイプで調乳しやすくお手入れしやすい点もママに嬉しいポイントです。ミルク以外にも麦茶や果汁、白湯をのませるときにも安心して使えるタイプです。トライタン素材で、電子レンジ非対応なので消毒方法には注意が必要ですが、丈夫で軽く、安心安全な樹脂素材ですので、環境ホルモンが気になるというママにおすすめです。

哺乳瓶おすすめランキング!第3位~1位

ミルクを飲む赤ちゃん

【哺乳瓶おすすめランキング2018】3位~1位!

いよいよ哺乳瓶のおすすめランキングの上位3位です。いずれもママたちに絶大な支持を得ている哺乳瓶なので、参考にしてみてください。

3位:プレミアムチョイス哺乳瓶/ヌーク

デザインもかわいい人気のドイツ生まれ哺乳瓶

プレミアムチョイス哺乳瓶

【哺乳瓶おすすめランキング2018】3位:プレミアムチョイス哺乳瓶

・メーカー:ヌーク
・価格:1458円~
・乳首サイズ:S~M
・乳首の穴の形:丸穴(S~L)
・乳首の素材:シリコン
・ボトルの素材:ガラス、プラスチック(ポリプロピレン)
・ボトルの容量:120ml、240ml、300ml
・対象月齢:0カ月~

おしゃぶりで人気のヌークは、海外製の哺乳瓶の中でも人気の高い哺乳瓶です。ドイツ生まれのかわいいデザインも魅力で、細身ですっきりした形状で持ち歩きやすいです。海外製ですがドイツでは最もポピュラーなメーカーで、60年以上続く信頼できるメーカーで安心です。独自開発した機能的な乳首は特徴的な形をしていますが、ママの乳首を再編した設計で母乳との併用もスムーズで、母乳への移行もスムーズです。

赤ちゃんが飲みやすく成長もサポート!

赤ちゃんが飲みやすい形状になっているので、もちろんミルク中心の場合にもおすすめです。母乳からミルクへの切り替えもしやすいので、赤ちゃんを預けたいときや保育園に行く予定という場合にもおすすめです。新生児から使え、赤ちゃんの口やあごの成長もサポートまでしてくれます。乳首サイズが豊富なので赤ちゃんの成長に合わせてずっと使えるのも嬉しいポイントです。

2位:ジュエル/ドクターベッタ

飲みやすいボトルで人気!吐き戻しにくい工夫も

ジュエル

【哺乳瓶おすすめランキング2018】2位:ジュエル

・メーカー:ドクターベッタ
・価格:1835円~
・乳首サイズ:不明
・乳首の穴の形:丸穴、クロスカット
・乳首の素材:シリコン
・ボトルの素材:ガラス、プラスチック(PPSU、ポリプロピレン、トライタン〉
・ボトルの容量:120ml、150ml、240ml
・対象月齢:0カ月~

独特なシルエットのボトルが特徴のドクターベッタの哺乳瓶です。赤ちゃんが飲みやすい姿勢になるよう考えて設計されており、母乳を飲むときと同じ姿勢で飲むことができます。また、空気をミルクと一緒に飲まないように工夫されていますので、ミルクの吐き戻しが心配なママにもおすすめです。メモリも細かいため、調乳もしやすいと高評価で、カラフルなデザインも可愛いと人気です。

細かいチェック項目をクリア!優秀な人気哺乳瓶

柔らかい丸穴乳首が付属されており、赤ちゃんの飲みやすさに重点を置き穴の大きさやつぶれにくさ、空気弁の開き方などの細かいチェック項目をクリアした優秀アイテムです。哺乳瓶を傾けると少しずつミルクが出るため、新生児も使えて安心です。ボトルはカーブや角のある独特な形なので、丁寧に洗うことが必要ですが、倒れても転がりにくいというメリットもあります。

1位:母乳実感/ピジョン

赤ちゃんにもママにも嬉しいベストセラー

母乳実感

【哺乳瓶おすすめランキング2018】1位:母乳実感

・メーカー:ピジョン
・価格:1479円~
・乳首サイズ:SS~LL
・乳首の穴の形:丸穴、スリーカット
・乳首の素材:シリコンゴム
・ボトルの素材:ガラス、プラスチック
・ボトルの容量:160ml・240ml
・対象月齢:0カ月~

赤ちゃんが飲みやすく、ママも扱いやすいと絶大な人気のベストセラー哺乳瓶です。赤ちゃんが母乳を飲むときの口の動きを研究して開発された「母乳時間乳首」で、うまく口と舌を使ってミルクが飲めるようにサポートしてくれます。

ミルクを飲む赤ちゃん

母乳との併用もしやすい!

母乳と同じ感覚で飲めるので、母乳嫌いになりにくいと口コミでも人気で、混合の方や完母を目指す方にもおすすめです。

乳首のサイズや穴の形状は種類があるので、成長に合わせてサイズアップしましょう。母乳との併用もスムーズで、授乳もお手入れもスムーズなので、哺乳瓶選びに迷っていたら、まずこの母乳実感を試してみるのも良いでしょう。

デザインの種類も豊富でかわいい!

ママの乳首に近い形状で赤ちゃんが口に含みやすく、スムーズに飲んでくれやすいと人気です。広口タイプで調乳しやすくお手入れも楽です。ややカーブのある丸みのあるボトルは持ちやすく、飲む回数が多くても疲れにくいです。可愛い柄付きのデザインもママたちに人気が高いです。ガラス製もプラスチック製もあるので、両方のタイプを持っていて自宅用、持ち運び用と使い分けているママも多いようです。

大切な赤ちゃんのため…哺乳瓶の消毒のやり方・方法

哺乳瓶の消毒方法は?いつまで必要?

哺乳瓶

新生児には哺乳瓶の消毒を

新生児は抵抗力が弱く、哺乳瓶の洗浄をしっかりすることはもちろん、消毒して雑菌を繁殖させないようにする必要があります。

消毒は少なくとも生後2~3カ月ごろまでは行うようにしましょう。一般的には生後3~4カ月ごろまで行い、6カ月ごろまで消毒をするママもいるようです。ここでは哺乳瓶の消毒方法を確認しましょう。まず消毒の前に、哺乳瓶をブラシを使って底までしっかり洗い、乳首も丁寧に洗います。その後消毒をしますが、消毒方法には3通りありますので、生活スタイルやコスト面、状況を考慮して選びましょう。

消毒方法①:煮沸消毒

煮沸消毒

沸騰したお湯で消毒!

鍋にお湯を沸騰させ、哺乳瓶が浸かるように沈めて7~10分程度放置して消毒します。

煮沸消毒では専用グッズは必要ありませんが、消毒の間目が離せず、少し手間がかかるので哺乳瓶の使用頻度の低い人におすすめです。

消毒方法②:電子レンジ消毒

消毒じょーず

電子レンジで手軽に消毒

専用の容器に哺乳瓶と水を入れて、電子レンジのスチームで消毒する方法です。

電子レンジ消毒は短時間で消毒でき、手間もかかりません。しかし専用容器が必要で、電子レンジ非対応の哺乳瓶には使えないというデメリットもあります。

消毒方法③:薬液消毒

ミルクポン

簡単で衛生的な消毒方法

薬液に哺乳瓶を一定時間つけて消毒する方法です。1日1回薬液を作りつけておくだけなので簡単で衛生的です。

薬液消毒は哺乳瓶をつけておく大き目の容器が必要で、薬液を購入するコストがかかります。また一定時間つけておかなくてはいけないので、急いでいるときには向いていません。

かわいい哺乳瓶ケース・ホルダーに入れて赤ちゃんとおでかけ

赤ちゃんとのおでかけに便利!かわいい哺乳瓶ケースは

哺乳瓶ケース

外出時のミルクづくりをサポート

哺乳瓶ケースやホルダーは外出時のミルクづくりに便利なアイテムです。カバンの中の汚れを防ぎ哺乳瓶を保護するだけでなく、保温機能の付いたものもあります。

哺乳瓶を卒業した後もマグやペットボトル、離乳食の持ち歩きにも活躍します。ここでは、かわいいと人気の哺乳瓶ケース・ホルダーをご紹介します。

マリメッコ哺乳瓶ケース

マリメッコ哺乳瓶ケース

カラフルでかわいい!マリメッコのおなじみデザイン

お出かけが楽しくなる、マリメッコの「ウニッコ」デザインのかわいい哺乳瓶ケースです。

1本用ですが、スティックタイプのミルクや計量スプーンも一緒に入るサイズで便利です。保冷保温もでき、500mlペットボトルも入りますので、ママの飲み物を入れて一緒におでかけするのもおすすめです。

ソルビィほ乳びんポーチ

ソルビィ哺乳瓶ケース

ポケット付きで便利

かわいいベビーグッズで人気のソルビィの哺乳瓶ケースです。うしろにポケットがついているので、小物も収納でき便利です。

 

持ち手にはバックルがついていて、ベビーカーに吊るすことができ、飲み物をすぐに取れて便利です。ポケットにはスティックタイプやキューブタイプのミルクを入れることもできます。

スケーター哺乳瓶粉ミルクケースポーチ

スケーター哺乳瓶粉ミルクケースポーチ

たくさん入ってかわいい!お手頃価格も嬉しい

安いのにたくさん入って使いやすいと人気の哺乳瓶ポーチです。哺乳瓶は240mlが2本入り、500mlペットボトルやマグ、離乳食も入る優秀アイテムです。

保冷保温機能もあり、内ポケットにはスティックミルクや保冷剤などを入れることができます。外ポケットもあり、よく使うガーゼなどを入れるのもおすすめです。持ち手はバックルタイプでベビーカーなどに吊り下げることができます。ディズニーやサンリオなどのデザインもあり、キャラクター好きの人におすすめです。

 

 

哺乳瓶おすすめランキング2018!まとめ

ミルクを飲む赤ちゃん

赤ちゃんにぴったりの哺乳瓶を

哺乳瓶のおすすめランキングをご紹介しました。種類がたくさんありますが、どれも赤ちゃんが飲みやすいように工夫がされていて、素材も安全性が高く新生児でも安心して使えます。

赤ちゃんが飲みやすい哺乳瓶を選ぶことが最重要ですが、ママのミルクのあげやすさやお手入れのしやすさ、使う頻度やシーンも考慮して哺乳瓶を選びましょう。ミルクは新生児の大切な栄養源になりますので、しっかり飲めるように赤ちゃんに合った哺乳瓶を選んであげましょう。赤ちゃんとママのお気に入りの哺乳瓶を見つけて、授乳を通してぜひ赤ちゃんとの素敵なスキンシップの時間を過ごしましょう。

その他の育児についてはこちら

育児用ミルク人気おすすめランキングTOP17!種類や選び方も詳しく紹介 | ランキングまとめメディア
子育て・育児の悩みランキングTOP15!どんな解消方法があるの? | ランキングまとめメディア
B型ベビーカー人気おすすめランキングTOP21!選び方とおしゃれな商品を紹介 | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ