猫砂おすすめ人気ランキングTOP11!消臭力や安全面を徹底比較!

猫と暮らす中で必須の猫砂ですが、そんな猫砂のおすすめ人気ランキングを紹介します。猫砂を選ぶ中での比較ポイントは固まる速度が早いものや流せるもの、また消臭力や飛び散らないものが人気です。安全に使える中では紙やベントナイトやシリカゲルなどの中心になっている原料もポイントになります。猫のアレルギーなどを把握した中でおすすめ人気ランキングを参考にしましょう。猫にとって理想の猫砂を選んであげることで、飛び散らない固まるものや流せるものを比較してあげましょう。

目次

  1. 猫砂の人気おすすめランキング【徹底比較】
  2. 猫砂の人気おすすめランキング11位~7位
  3. 猫砂の人気おすすめランキング6位~4位
  4. 猫砂の人気おすすめランキング3位:花王「ニャンとも」
  5. 猫砂の人気おすすめランキング2位:The CLOROX company「エバークリーン」
  6. 猫砂の人気おすすめランキング1位:LION「ニオイをとる砂」
  7. 猫のフンの正しい処理方法とは?
  8. 猫砂の人気おすすめランキングのまとめ

猫砂の人気おすすめランキング【徹底比較】

猫砂を買うときにどんなことを考える?

猫と猫砂

快適な猫生活

猫砂を選ぶときには、どのような選び方を参考にすれば良いのでしょう。猫砂をしっかりと選んで快適な猫生活を送れるようにしましょう。

猫砂には基本的な材料として、紙やベントナイト、シリカゲルなどのものが合わさって消臭効果や飛び散らないように固まるものや、流せるものが作られています。毎日交換することを考えると、それらの猫砂を比較して扱いやすいものを選ぶのがおすすめです。

猫砂と猫のトイレ

使えるトイレも異なる

猫砂のタイプによっては、猫用のトイレが限られているものがあります。そういった点も比較のポイントになります。

また、主原料がシリカゲルの場合はシステムトイレ専用の猫砂になります。トイレ掃除が楽になりますが、そういったシリカゲルのように専用の猫用トイレが推奨されるものがあります。紙やベントナイトの場合もトイレとの相性を確認しましょう。

猫砂の譲渡

猫が気に入らなかった場合

もし、購入した猫砂を猫が利用してくれなかった場合はどうすれば良いのでしょうか。そのまま捨てるのは勿体無いです。

Twitterなどを確認すると猫砂の寄付を受け付けている人が多くいます。特に猫カフェや猫の保護施設では、そういった猫砂の寄付を受け付けているので、まとめ買いしたのに気に入ってもらえなかった場合などは連絡をしてみると良いでしょう。また、同じ猫を飼っている知り合いなどに譲るのも方法です。

猫砂の選び方・ポイントを解説

どれくらいの消臭効果があるのか

猫砂の消臭効果

消臭効果自体は差はない

現在の猫砂に関しては、どの猫砂も消臭効果が高く、それほど大きな差はありません。

ベントナイトやシリカゲル、紙タイプなどの猫砂が存在しますが、消臭効果はそれほど差はありません。しかし、消臭効果ではなく香りに関しては大きく異なります。飼い主と猫のどちらもが気に入る香りを見つけるほうが良いといえます。最も消臭効果があるのは木系の猫砂と言われていますが、見た目の変化が少ないため交換時期が分かりにくいともいえます。

猫砂の臭い

こまめな掃除が大事

猫砂だけでは完全にトイレの匂いを消臭できるとはいえません。大事なのはこまめな掃除です。

あくまで猫砂は一時的に臭いを閉じ込めているだけといえます。どんなに消臭効果があっても、猫のトイレの臭いはキツいためこまめな掃除や消臭スプレーに脱臭機などの他のものも大事になります。そういった点を考えると、掃除しやすいタイプの猫砂を選ぶことがもっとも消臭効果につながるといえるかもしれません。

猫トイレの置いてあげる場所

トイレの通気性

猫砂の効果はもちろんですが、猫のトイレを置く環境も気をつけてあげましょう。

猫砂の消臭効果などをしっかりと発揮してあげるためにも、猫のトイレの設置の仕方も気をつけましょう。臭いがこもるような状態になっていないかというのも大事なことです。また、いくら消臭効果が高いものでも、放置していては悪臭の原因になります。猫もトイレがしにくく、トイレ以外の場所を汚す原因にもなるのでチェックしやすい場所に設置してあげましょう。

固まる・流せる・飛び散らないなど後処理のしやすさ

猫砂とその処理

種類によって処理が異なる

猫砂の素材によって、飛び散らないものや固まるもの、また人間のトイレに流せるものもあります。

ベントナイト系は粒が細かく固まりやすいという特徴があります。木材系や紙タイプなどはトイレに流せるので後処理が楽になります。しかし、これら2つは固まる力が弱いので飛び散らないタイプとはいえません。飛び散らないタイプではおからのようなタイプがおすすめです。シリカゲルも同様で飛び散らないですが、あくまで消臭効果で水分はシステムトイレ内にたまるようになります。

猫砂の飛び散らないもの

混ぜて使うのもおすすめ

飛び散らない点などを考えると他の猫砂と混ぜるという方法も選択肢になります。

シリカゲルの場合は、水分が吸収出来ない代わりに臭いを吸収するのがメインの働きになります。システムトイレ以外では、一般的は他の猫砂にシリカゲルを少しだけ混ぜておくと、シリカゲルタイプが脱臭剤代わりにもなります。そういった混ぜ合わせて使うという方法も一つの選び方でおすすめになります。

猫・人間にアレルギーは出ないか

猫とアレルギー

大豆アレルギーとおから

猫砂におからが含まれているものが多いです。しかし、大豆アレルギーを持っている猫には利用出来ません。

おからタイプの猫砂は、猫が間違って誤飲しても大丈夫という特徴がありますが、代わりに大豆アレルギーを持つ猫には使用できません。木製の猫砂の場合にもおからなどが含まれていることがあるので、必ず品質表示などで確認して含まれているものをチェックしましょう。猫砂はそういった点で飼い主のアレルギーにも影響するので、飼い主自身のアレルギーも把握しておきましょう。

猫砂5つの種類と特徴とは

紙製

紙製の猫砂

トイレに流せる猫砂

紙製の猫砂の一番の魅力は、やはりトイレに流せることです。また、ふんわりとした感触は猫にも優しい手触りです。

紙製の猫砂はパルプとも言われることがありますが、木材チップを溶かして取り出された繊維がメインに使われています。基本的にはトイレに流す事ができるので、処理も簡単といえます。また、一部の種類では水分を吸収すると色が変わるため交換のタイミングやトイレの頻度のチェックにもなります。

紙製の猫砂

流せることがメリット

紙製の猫砂は、その性質上としてホコリっぽいのがデメリットといえます。換気を忘れないようにしましょう。

トイレに流せることから利用されることも多い紙製の猫砂ですが、どうしてもホコリっぽいというのがデメリットといえます。処分が簡単とはいえ、粗相をしやすい猫の場合は扱いにくいと感じるかもしれません。空気清浄機や窓を開けるなどして換気を怠らないようにする必要があるかもしれません。

木製

木製の猫砂

肥料としても使える

木製のものは、猫が使用したあとにそのまま植木などの肥料として使うという方法にも使えます。

木製は木の香りがあるため、芳香剤のような臭いがする猫砂が苦手な人にもおすすめです。ただし、木製100%の場合は他の猫砂などと比べると固まる力が少し弱いと言えます。また、さきほども少し触れましたがおからが含まれている場合があるので、アレルギーは気をつけましょう。

持ち運びが便利

飼い主にとっても優しい

木製タイプの猫砂のもう一つのメリットは、やはり軽いということです。

場合によっては毎日交換する必要がある猫砂ですが、木製の猫砂は他の猫砂と比べると軽くて持ち運びが便利という点です。購入したときはもちろんですが、自宅で猫砂の交換するときを考えると軽いものは扱いやすいといえます。しかし、その軽さゆえに飛び散る可能性があり、場合によっては掃除が大変になるというデメリットも存在しています。

鉱物(ベントナイト)

ベントナイトの猫砂

脱臭と吸水性が高い

鉱物製のベントナイトは、火山灰が元になっている粘土鉱物になります。脱臭力や吸水性が高いのが特徴です。

水分を含むと大きく膨らむという特徴を持つこともあり、トイレに流すことは出来ません。固まる力が高く飛び散らないですが、粒が細かいためホコリが舞いやすいというデメリットがあります。そのため、喘息持ちの飼い主にはおすすめできません。また、捨てるときは燃えるゴミとしてしっかりと処理しましょう。

ベントナイトの利点

自然に近い感触

ベントナイトが昔から利用されている理由は、自然の土などの感触に近いという特徴があります。

実際にベントナイトタイプの猫砂に触れてみると、自然にある土や砂に近いという感覚であることがわかります。これは猫にとっても大事なことで、猫砂として自然な感触から猫が好んで使用してくれる可能性が高いのです。猫砂を初めて購入するときに迷っている場合は、ベントナイトタイプの猫砂から初めて見ると、猫も使ってくれる可能性が高いかもしれません。

おから

おからの猫砂

アレルギーとの相性が難しい

おからの場合は大豆アレルギーの問題が非常に重要です。その問題を除けばメリットも多いです。

猫砂が固まるという特徴や飛び散らないという特徴が強いおからの猫砂です。また、非常に軽いという特徴もあり、トイレにも流すことが出来ます。デメリットは先程の大豆アレルギーと、虫の発生につながるという問題点です。そして、猫によってはおからを食べ物だと考えて餌のように食べてしまう危険性があります。おからの猫砂の防菌剤などで体調を崩す可能性があり、そういった問題を気をつけましょう。

おからの問題点

ニオイの好みが分かれる

おからやお茶などのタイプがあるおから系ですが、ニオイに関しては好みが分かれます。

おからやお茶タイプのものは、アレルギー以外の点としては、好きな人には良いですが逆に苦手な人にとってはかなりクセのあるニオイといえます。そのため、猫は気にしなくても飼い主がおからの独特なニオイが気になってしまうというデメリットがあります。しっかりとした空間が確保されちる室内の場合は、おからの猫砂は扱いやすいといえます。

シリカゲル

シリカゲルの猫砂

システムトイレ専用

シリカゲルはシステムトイレ専用という大きな特徴があり、購入する際には気をつけましょう。

お菓子などにも白い袋に入ったシリカゲルを見たことがあるかもしれませんが、臭いを吸収する特徴があり逆に水分は吸収しません。消臭効果い特化したものであり、他と比較すると交換の頻度が減らすことが出来ます。また、誤って猫が誤飲しても被害が少ないです。

システムトイレと猫砂

掃除の頻度を減らしたい場合に

システムトイレは2層になっており、上が猫砂で下が給水シートになっているという特徴があります。

他の猫砂と違って、一週間から一ヶ月ほど猫砂の取替は不要というのがメリットです。しかし、他の猫砂と比べると重いというのがデメリットになり、価格も高めです。気をつけたいのはシリカゲルに関しては燃えるゴミではなく、不燃ごみとして捨てることが求められる場合があります。他の猫砂と比較するとやや飼い主側の都合に合わせた猫砂といえるので、出来るだけ他のタイプのほうが猫にとっては良いといえます。

猫砂の消臭力や安全面を人気おすすめランキングで徹底比較!

快適な猫砂

猫が快適に過ごせる猫砂に

猫砂は猫にとってとても大切なリフレッシュの場です。人間と同じく清潔なトイレを用意してあげることが大事です。

猫のしつけやストレスにも関わるトイレですが、そのトイレを快適な空間にするために猫砂の選び方はとても大事です。メインの猫砂を購入するとともに、他のものを試すというのも大事なことです。猫砂のおすすめ人気ランキングを参考に猫にとって一番の猫砂を見つけてあげましょう。

猫砂の人気おすすめランキング11位~7位

快適な猫砂

どんな猫砂があるのか

猫砂を選ぶ中では主原料を中心に価格や購入して持ち帰るときの重さなども気をつけましょう。

11位:クリーンミュウ「国産天然ひのきのチップ」

消臭・抗菌で飛び散らないタイプ

ひのきの猫砂

スノコ付きトイレ用

価格:1,000円

内容量:3.5L

重量:2000g

種類:木製

ヒノキを使った木製タイプの猫砂です。飛び散らないタイプでボロボロとしない程よい硬さの猫砂となっています。そのため、処分するときも飛び散らないので交換するときも手間ドラ内といえます。ほどよいヒノキの香りが消臭効果があります。トイレには流せないので気をつけましょう。

10位:常陸化工「固まる紙製猫砂ファインブルー」

トイレの交換がわかりやすいタイプ

紙製の猫砂

色が変わる猫砂

価格:646円

内容量:6000ml

重量:1600g

種類:紙製

猫がトイレをすると、水分を吸ったものがブルーの色に変わるので交換がわかりやすい紙タイプの猫砂です。非常に固まるタイプで水洗トイレにも流せるので便利です。また、飛び散らないタイプとなっているので掃除するときも安心で安全な製品となっています。

9位:CATUCZEN「猫砂ZEN」

何も加えない自然な木製の猫砂

自然な猫砂

自然なままの猫砂

価格:518円

内容量:2L

重量:630g(1Lあたり)

種類:木製

固まる成分や香料、消臭物資などを添加せずに自然なそのままの猫砂を目指して開発された製品です。スギの天然の抗菌作用などを利用しており、程よい粒の大きさで猫に心地の良い猫砂になっています。また、飼い主にも使いやすいように持ち運びやすい1Lの個別包装になっているなど、細かな配慮が目立ちます。

8位:アイリスオーヤマ「紙の猫砂」

トイレに流すのも燃えるゴミにもOK

トイレに流せて便利な猫砂

しっかりと固まるタイプの猫砂

価格:492円

内容量:7000ml

重量:2000g

種類:紙製

再生パルプを使用した環境に優しい固まる紙製の猫砂です。トイレに流せるタイプですし燃えるゴミに出すのもOKです。トイレをした部分だけがしっかりと固まるので飛び散らないで掃除も簡単です。分解中和消臭と抗菌効果の2つの力で臭いを閉じ込めて消臭効果が期待できます。

7位:常陸化工「おからの猫砂グリーン」

珍しいお茶の香りの猫砂

おからの猫砂で安全

おからで安全な猫砂

価格:428円

内容量:6000ml

重量:4000g

種類:おから

おからから作られた安全な猫砂です。他の猫砂と比較するとお茶の香りがつけられているというのが比較の中でも珍しいポイントです。天然素材で安全で飛び散らない大粒ペレットになっており、そのままトイレに流せるタイプです。やはりそのままトイレに流せるというのは掃除の面では比較ポイントになります。

猫砂の人気おすすめランキング6位~4位

猫砂のポイント

何を重視するか

猫砂の人気おすすめランキングの中では、比較ポイントとしてトイレに流せるか流せないかというのは比較するポイントです。

6位:新東北化学工業「フォーキャットゴールド」

ベントナイトタイプの猫砂

ベントナイトタイプの固まる猫砂

しっかりと固まる猫砂

価格:665円

内容量:8000ml

重量:7200g

種類:ベントナイト

この猫砂はとても粒が細かく重いというのが比較のポイントになります。普段は粒が重いため飛び散らないようになっており、トイレが終わったあとは程よく固まるというベントナイトタイプになっています。マイナスポイントとしては、トイレには流せないので捨てるときに重いというのは気になる点です。

猫が気に入る感触かも

シャカシャカとして感触になっており、猫砂としての消臭効果などは程よいという評価でした。そういった猫砂の効果よりも、猫がその感触を気に入っているのか、機嫌よく使ってくれているという口コミもありました。猫がごきげんになる猫砂というのも大事な比較ポイントと言えそうです。

猫砂はお店のセールや通販のまとめ買いでお得になっているものを利用しましょう。また、運ぶのが大変という場合も通販なら玄関までは届けてくれるので安心で安全です。猫砂も種類によって価格の違いは大きく、餌などと合わせて考えるとかなり費用がかかるので、そういったチェックも事前に検討して購入しましょう。

5位:ジョイペット「シリカサンドクラッシュ」

消臭効果が期待できる

シリカゲルの猫砂で消臭

シリカゲルタイプで消臭

価格:674円

内容量:4.6L

重量:2100g

種類:シリカゲル

シリカゲルタイプの特徴の一つでもある、トイレをしても固まることなく吸収するというものがあります。猫がトイレをするたびに捨てる必要はないので、乾いたものを捨てるだけという便利さがあります。砂が黄色くなってきたら捨てるサインなので、システムトイレで2週間から3週間ほど使用できます。

こびりつきもすくない

シリカゲルタイプは、消臭効果に関してはかなり効果が期待できます。固まるタイプではトイレの底にこびりつく場合もあるようですが、シリカゲルタイプはそういった問題も少ないです。大の水分も吸収してくれるので、そういった意味でもシリカゲルタイプは掃除がしやすいといえるかもしれません。他のベントナイトなどと合わせてシリカゲルタイプを使うのもおすすめです。

なかなか猫砂を新しいものを試すのはハードルが高いですが、変更してみてもっとはやく変えていればよかった!というのはよくある話です。逆にまったく気に入ってもらえないという場合がありますが、その場合は前のものを使えばいいだけなので、新しいものをどんどん試してみるというのは積極的に行うことがおすすめです。

4位:トフカス「猫砂サンドK」

こだわりのおからタイプの猫砂

おからにこだわった猫砂

安全なおからタイプ

価格:790円

内容量:7L

重量:???

種類:おから

大豆アレルギーの点を除けば、猫にとって安全なおからタイプの猫砂です。飛び散らないタブレット型の形になっており、流せるタイプの猫砂となっています。猫の足につきにくい点も安全で飛び散らないものになっています。おからの臭い自体も抑えられており、しっかりと消臭してくれるおからの猫砂です。

誤飲にも安全

ベントナイトタイプは誤飲が怖いという意見もあります。そのため、ベントナイトと比較して誤飲しても心配が少ない安全なおからの猫砂は評価されています。また、パッケージの切るところが二箇所になっており、継ぎ足しに向いている切り口と一気に出せるような切り口になっており、そういった点も安心安全に使える猫砂といえます。

いろんな猫砂が販売されていますが、トイレは猫の体調チェックの基本になります。色の変化などが確認できるタイプは非常に重要になるので、そういった点を猫砂の選び方のヒントにしても良いと思います。一日が終わったのにまったく使った様子がないと言う場合なども、すぐに分かるのでそういった点でもこの商品もおすすめだといえます。

猫砂の人気おすすめランキング3位:花王「ニャンとも」

猫砂としての知名度が高い

ニャンともの猫砂

飛び散らない大きめの粒

価格:1,008円

内容量:4L

重量:???

種類:木製

木製タイプなので脱臭と抗菌を安全に行ってくれます。臭いや菌の発生を抑える効果を持つ成分が含まれており、粉が飛び散らないタイプになっており、猫にとっても安全な素材にんぁつています。撥水するタイプのチップとなっているので、尿で固まらないので一回ずつ取り除く必要はありません。

扱いやすく定番の猫砂

猫もいろいろな猫砂を比較して、自分のお気に入りの猫砂を選ぶという特徴があります。なかなか購入した猫砂が気に入ってくれないという場合もあり、飼い主にとっては難しい問題です。システムトイレにおいての相性もよく、燃えるゴミとして簡単に処分できます。

紙タイプなどは固まるけど崩れやすいということもありますが、この猫砂は紙タイプとは違って掃除するときも崩れる心配などがないというのも人気おすすめランキングで評価の高い点です。

このメーカーの猫砂は同じ商品名でもサイズ違いなどを用意しており、バリエーションが豊富なのも魅力です。内容量が多いタイプもあるので、自分の購入スタイルや猫の人数に合わせて内容量が大きいものを選んでも良いといえます。

猫砂の人気おすすめランキング2位:The CLOROX company「エバークリーン」

セレブなパッケージも魅力

海外製の猫砂

海外製のベントナイトタイプ

価格:1,502円

内容量:6.35kg

重量:???

種類:ベントナイト

どこかセレブなパッケージが印象的ですが、アメリカで作られた海外製のベントナイトタイプの猫砂です。世界中で利用されているベントナイトタイプの猫砂で、ベントナイトと活性炭で強力な消臭効果が期待できます。ほのかな石鹸の香りも特徴です。

価格がネックだが効果の評価が高い

なかなか輸入品ということもあってか、価格が安定しないという点がネックな商品と言えます。潔癖症な猫にも効果が期待できるという口コミもあり、他の猫が使ったあとは絶対にイヤ!という猫も使用してくれるという口コミがありました。神経質な猫に相性が良さそうです。

ベントナイトタイプはごみ捨てが面倒という声もありますが、やはり猫を買う上ではそういった面も含めてしっかりとした覚悟が必要です。ホコリなども立たないベントナイトタイプになっており、細かな粒が高い消臭効果があります。

電動トイレとの相性も高く、購入はネットのほうが手軽という声が多く見られました。いままではベントナイトは…と考えていた人にもおすすめなので、清潔な猫のトイレを作り出すために利用するのがおすすめです。

猫砂の人気おすすめランキング1位:LION「ニオイをとる砂」

猫砂としてロングセラー商品

かわいいパッケージの猫砂

24時間パワフル抗菌

価格:493円

内容量:5L

重量:3930g

種類:ベントナイト

とても可愛いパッケージが印象的ですが、長年に渡って人気のベントナイトタイプの猫砂です。消臭や抗菌力が高く24時間ニオイ菌の増殖を抑制してくれます。また、トイレをした瞬間に嫌な臭いを瞬時に吸収してくれる猫砂です。粉が飛び散らないようになっており、しっかりと固まる猫砂でトータルバランスが良い猫砂といえます。

年齢に合わせて別バージョンも

猫の年齢の変化に合わせて7歳から使用する別バージョンも販売されています。そういった幅広い商品を用意している点も、飼い主に長く愛されている理由だといえます。年齢が変化することでトイレの臭いもきつくなることがあり、その問題に適した成分が選ばれているようです。

また、ニオイをとる砂専用の公式アプリまで用意されています。猫のトイレを日記形式で残すようになっており簡単な健康チェックを行う事ができます。猫のトイレの回数や量によって、猫の健康のバロメーターを確認できるためアプリを参考にしながら、普段との違いから体調の変化を気づくことが出来ます。

人気おすすめランキングではベントナイトのニオイをとる砂を選びましたが、紙タイプやおからタイプも販売されています。またベントナイトタイプも匂いの種類が違うものも用意されており、猫にも飼い主にも快適な香りを提供することが出来ます。人気商品ならではの幅広いラインナップも人気おすすめランキングのトップになった理由と言えます。

猫のフンの正しい処理方法とは?

猫のフンを水洗トイレに流してはいけない?

猫のトイレの処理の仕方

ベントナイトはトイレ不可

猫のトイレの処理では必ず購入したものの説明をチェックしましょう。安全にも関わることです。

実は人間の便と違って動物の便は水に溶けない場合があり、水洗トイレに流すと詰まる原因になる場合があります。そのため、安全のことを考えるとトイレに流さないほうが安全面では心配しなくて良いといえます。この水に溶けない理由は、動物は人間のように油の多い食事をしないため、非常に便が硬かっったり水に溶ける要素が少ないことが理由のようです。

トイレに流してもOK

トイレに流すこと自体は違法ではない

いろいろな法律などが存在する日本ですが、動物の便をトイレに流すこと自体は問題ないようです。

すべての自治体などがOKとしているかは不明ですが、基本的にペットのフンはトイレに流すという処理方法は問題ないようです。しかし、物件によってはそういった処理の仕方は避けて欲しいという場合もあるようなので、各自が住んでいる建物の注意書きや不動産屋に確認するのがベストだといえます。

水で流せるかどうかが大事

燃えるゴミにまとめて出そう

すべて燃えるゴミでOK

固まった猫砂やフンなどは合わせて燃えるゴミに出してOKです。これは紙おむつやペット用の紙シーツなども同様です。

基本的には他の燃えるゴミなどと一緒にペットのフンや固まった猫砂などを袋に入れて、一緒に燃えるゴミの日に出してもOKです。また、衛生面を考えて週に2回から3回ある燃えるゴミ日には必ず出すようにしましょう。冬場はまだしも夏場などでは、フンが原因でコバエなどが湧く原因になりますし、悪臭の原因になります。

猫砂をトイレに流すときの注意点

詰まる原因

また、流せるタイプの猫砂でも詰まる原因も確認しておきましょう。横着をしないことが大事です。

流せるタイプの猫砂でも注意すべき点があります。猫はグルーミングなどが原因で口から毛が入ってしまうことから、そのことで便に毛が混じって流れにくい原因になります。また、多頭飼いでまとめて一気にトイレに流そうとすることは詰まる原因です。また、そもそものトイレ自体の水量の問題などが詰まる原因になる場合もあります。自宅のトイレが節水型の場合は特に気をつけましょう。

最後まで責任を持とう

猫砂の流し方

一度に大量に流さない

トイレに流すときは小分けする方法や、一回のフンを一回流すというように、その都度流すのが理想です。

トイレの水量は大の方にして流すほうが良いといえます。また、もしもの場合を考えてラバーカップを購入しておけば、猫砂ぐらいのつまりなら改善されることがあります。慌ててさらに水を流してしまうと溢れて大変なことになります。猫砂もトイレに流せる木材タイプや紙タイプ、おからのようなものを選ぶようにしましょう。新しいものに買い替えた場合は問題なく流れるか様子を見ながら流してみましょう。

猫のトイレのスペース

トイレ自体の環境

アレルギーの問題以外にも、猫のトイレの設置場所なども確認してあげましょう。

猫のフンを処分するときは、そのフンの具合を確認していつもとの違いがないかもチェックしてあげましょう。また、臭いがキツい場合は普段よりも袋を厚くしたり、消臭スプレーをするなど自分や周囲の家庭に配慮した取扱をしてあげましょう。飼っている本人は気にならないけど、周囲の家庭では臭いを気にする人も多いのでトラブルにならないように配慮しましょう。

捨てるときの注意点

捨てるときの注意

捨てるときも他の人のことを考えてしっかりとした処分方法を取りましょう。

燃えるゴミが回収されるまでのことを考えて、捨てるときのこともしっかりと注意しましょう。フンはしっかりとビニール袋に二重にしておき、ビニールに穴などがないかを確認しましょう。また、できる限り当日の回収時間の直前までは出さないのも配慮です。特に回収日以外でもゴミを出せるような施設でも、せめて回収される日の当日に出すのがマナーといえます。ゴミ捨て場の不衛生化の原因になります。

猫砂の人気おすすめランキングのまとめ

猫のこだわり

猫が気にいるものを見つけましょう

猫砂はどのタイプが必ずしも気に入ってもらえるとは限りません。地道に試すことが大事です。

評判が良い猫砂でも、自分の猫が必ずしも気に入ってくれるとは限りません。潔癖症のような猫だったり、猫砂の感触にこだわりがある猫など、それぞれの気持ちがあります。飼い主の都合ではなく、猫にとっても安心して使えるようなお気に入りの猫砂を地道に探してあげることが大事です。

猫のアレルギーの問題

アレルギーに注意

冒頭でも説明しましたが、猫のアレルギーに関してはしっかりとクリニックなどで説明を受けましょう。

アレルギーの問題は猫の命に関わる問題です。特におからなどの大豆が関係する猫砂を使用する場合は大豆アレルギーでないかというチェックが大切です。また、おから以外の猫砂でもおからに関わるものが含まれている猫砂もあるので、いつもと違う猫砂にして猫の様子がおかしい場合はすぐに使用をやめましょう。

多頭飼いと猫砂

多頭飼いの場合

多頭飼いの場合は複数の猫用のトイレと猫砂を用意してあげるのがおすすめです。多頭飼いの場合はより気をつけましょう。

多頭飼いの場合は、それぞれの猫のこだわりがあるためトイレも猫砂も、それぞれ用意してあげる必要があります。また、すでに誰かが使用したあとだとそこではトイレをしないという猫もいるので、いろいろと工夫が必要になります。多頭飼いをする場合は猫砂の問題などを考えた上で多頭飼いを初めましょう。

猫砂と猫の成長

変化に合わせよう

人気おすすめランキングではさまざまな猫砂を紹介しました。状況の変化などに合わせて猫砂を選んであげましょう。

たくさんの猫砂を紹介しました。飼い主が扱いやすいという点も大事ですが、やはり猫第一の観点で猫砂を選んであげましょう。成長や環境の変化によっても猫砂の変更を検討する場合もあると思います。猫のストレスにならないように、お気に入りの猫砂をランキングから選んであげるようにしましょう。

その他のおすすめ人気ランキングはこちら

市販の犬用シャンプーおすすめランキングTOP15!人気の匂いや種類を比較! | ランキングまとめメディア
消臭スプレーおすすめランキングTOP25!選び方の5つのポイントを紹介 | ランキングまとめメディア
消臭力おすすめランキングTOP18!場所ごとの選び方や効果は? | ランキングまとめメディア
消臭剤おすすめランキングTOP24!【トイレ・部屋・キッチン・車】場所別総合 | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ