オペラグラスおすすめ人気ランキングTOP11!舞台やコンサート・観劇に!

オペラグラスを使用する場面は、ライブや観劇、コンサート、舞台、ミュージカル、スポーツ観戦などですがどんな時にどのようなオペラグラスを使用すれば良いのかよくわからない、という人も多いのではないでしょうか。おすすめの人気オペラグラスをランキング形式で紹介していきますが、オペラグラスの人気おすすめランキングとあわせて、安いオペラグラスの特徴や、目的に合った倍率、実視界、明るさについても解説します。

目次

  1. オペラグラス人気おすすめランキング【見やすさ抜群】
  2. オペラグラス人気おすすめランキング11位~7位
  3. オペラグラス人気おすすめランキング6位~4位
  4. オペラグラス人気おすすめランキング3位:HICoolの双眼鏡
  5. オペラグラス人気おすすめランキング2位:OLYMPUS双眼鏡8×21DPC1
  6. オペラグラス人気おすすめランキング1位:Nikonアキュロン
  7. どこに行けばオペラグラスを買えるの?
  8. オペラグラス人気おすすめランキングのまとめ

オペラグラス人気おすすめランキング【見やすさ抜群】

舞台やコンサート・観劇におすすめのオペラグラスは?

コンサートの会場

オペラグラスを持って行こう!

オペラグラスを使ったことがないという方は是非使ってみてください。

 

オペラグラス愛用者は、コンサートや観劇で一度使うと手離せないと言います。

 

 

以前は天体観測やバードウオッチングでの需要が多かったそうですが、最近は手軽に持てる安価で軽量なオペラグラス、双眼鏡が増えたのでコンサートで使用する人が増えています。

盛り上がる会場

使用者急増?

驚くほど値段の安いオペラグラスもあります。安いもので十分だと思うかもしれませんが、高価なものも試してみる価値はあります。

ライブやコンサートが好き、ミュージカルを観劇することが多い人、スポーツ観戦に興味があり、オペラグラスや双眼鏡に関心を持っている人のために、おすすめの人気オペラグラスランキングを紹介します。オペラグラスの選び方やチェックポイント、購入出来る場所まで詳しくお伝えします。

安いオペラグラスの使い勝手

安いオペラグラス

100円均一ショップにもある

ライブ、コンサート、舞台やミュージカル観劇、スポーツ観戦に役立つオペラグラスは100円均一ショップにもあります。

 

見た目もかわいくコンパクトなので、試してみたくなります。

オペラグラスを使う目的にもよりますが、安いオペラグラスは倍率が低いことが多いので物足りなさを感じるかもしれません。安いオペラグラスに比較的満足出来ても、高いオペラグラスを使用して初めて、その明るさや見やすさに驚き、使い勝手の良さに気付くこともあるでしょう。

 

オペラグラスを選ぶときのポイント

かっこいいオペラグラス

上手に選ぼう!

値段も安いものから高いものまであり、デザインも様々なオペラグラスがありますがその中から何を大切にして選んだら良いのか考えていきましょう。

デザインや値段だけで選び、後悔しないように自分の目的に合ったものを選びたいものです。そのために、オペラグラスの特徴を知っておきましょう。

赤と白の双眼鏡

オペラグラスと双眼鏡

オペラグラスのおすすめ人気ランキングでは、オペラグラスと双眼鏡を紹介します。

一般的に、オペラグラスは視野が狭く倍率も低めです。双眼鏡は倍率と視野の広さでより遠くのものを見るのに適しています。コンサート会場などで前方の席、細かい所のちょっとした確認ならオペラグラス、後方からより細かい所まで見たいなら双眼鏡が適しています。一般的に双眼鏡はその構造から大きく重くなりがちですが、最近は小型で軽く使い勝手の良いものもたくさんあります。

かっこいい双眼鏡

どちらにもメリットとデメリットあり

ここでは、オペラグラスと双眼鏡を使用目的が同じものとして同列で紹介します。

ライブ・ミュージカル・スポーツ観戦など用途に合ったものを

盛り上がるライブ会場

目的に合わせて選ぶ

使用目的によって、必要なオペラグラスの性能は違い、安ければよい、高ければよいというものでもありません。

 

何を優先するかも人によって違うかもしれません。

例えば、観劇のために使用するオペラグラスの倍率といっても、その会場の広さによって適したものが違うはずです。会場の広さだけではなく座席の位置にもよりますが、一般的に観劇やコンサートには5倍~8倍のものを選ぶと良いです。役者の迫真の演技を、その表情や細かい動きまで見たい人、コンサートでアイドルの口元まで見たい、楽器を演奏する指の動きまで注目したいならこれ位の倍率が必要です。

野球観戦する人

細かい所まで見たい!

肉眼で見てほぼ満足出来る小さな劇場ならもっと倍率の低いオペラグラスで十分かもしれません。

 

スポーツ観戦で、遠くから選手の表情やプレーを見たいなら8倍~10倍必要です。バードウオッチングなどには10倍ほど必要になりますし、星の観察には8倍~15倍ほど必要かもしれません。

明るく見えることは大切

明るい光

肉眼より暗いと残念!

ライブ、コンサート、舞台やミュージカル観劇、スポーツ観戦に役立つオペラグラスを使って、対象物が大きく見えても暗くて見えにくいことがあります。

 

せっかくオペラグラスを使用しても、暗くてよく見えないようでは残念な思いをすることになります。オペラグラスや双眼鏡は、倍率やボディの大きさと共に明るさも数値で示されているので目的にあった明るさで見ることが出来るかチェックしましょう。見え方は数値をみただけでは実感しにくので実際にオペラグラスを手に取って自分の目で確かめてみることもおすすめします。

見掛け視界=実視界×倍率

視界に入る自然

双眼鏡選びの基準

オペラグラスや双眼鏡を動かさずに見ることができる範囲のことを実視界といいます。

 

対物レンズの中心から測った角度なので単位は「°」で表されています。

実視界が狭すぎると、対象物をすぐにとらえることが出来ないので見えにくいと感じます。実視界が狭く見えにくいオペラグラスは使用中イライラしてしまうかもしれません。

 

 

小さい劇場

見る対象による

見掛け視界とは、オペラグラスや双眼鏡をのぞいた時に視野がどのくらいの角度に広がってみえるのかを表し、「実視界×倍率」で計算します。

人間の肉眼では、両目で見える視野が120°です。見掛け視界が人間の視野に近づくほど臨場感や迫力のある見え方になるそうです。

空席の劇場

倍率と実視界

実視界は7度を基準にして考えると良いそうです。

 

 

見掛け視界は、実視界と倍率の関連で変わるのですが、倍率は大きければ良いというものではありません。例えば、低倍率の5倍でも、実視界が10度なら見掛け視界は50度になります。小劇場などでは双眼鏡を観ながら楽しめるちょうどよい数値になります。

眼鏡をかけたまま使用するなら

黒い眼鏡

眼鏡をかけたまま使えるオペラグラス

明るさや倍率、視界など気にする前に、眼鏡をかけているから使用をあきらめている、という方もいるかもしれません。

 

実は、眼鏡をかけていても使えるオペラグラスがあります!

 

 

ライブ、コンサート、舞台やミュージカル観劇、スポーツ観戦に役立つオペラグラスは眼鏡をかけたままでも使いやすく設計されているものもあります。オペラグラスや双眼鏡を眼鏡をかけたまま使用する可能性がある人は気をつけて選んでください。高価なオペラグラスでも眼鏡を使わないと視力が確保できないなら意味がありませんし、安いものでも眼鏡対応のオペラグラスの方が役立つのは言うまでもありません。

眼鏡の上からでも見やすい双眼鏡

アイメイクが気になる方にも!

接眼レンズ部分が出し入れ出来たり、ラバーを折り返して使えるタイプのオペラグラス・双眼鏡があります。

 

画像のように少し離して覗き込むようにすると問題なく使えます。

このようなタイプのオペラグラス・双眼鏡はマスカラやエクステなどアイメイクをしていて双眼鏡に付けたくないという女性にもおすすめです。メイクを気にすることなくライブ、コンサート、舞台やミュージカル観劇、スポーツ観戦に役立つオペラグラスを楽しむことが出来ます。

オペラグラス人気おすすめランキングで明るさなどもチェック!

白いオペラグラス

色々比べてみよう!

オペラグラスは持ち歩くものなのでデザインも気になります。

 

満足できる使用感で、デザインや色も好みのオペラグラスなら長く愛用出来そうです。

 

それでは、オペラグラスのおすすめ人気ランキング11位~1位を発表します!

オペラグラス人気おすすめランキング11位~7位

柄付きオペラグラス

人気のオペラグラスは?

ライブ、コンサート、舞台やミュージカル観劇、スポーツ観戦に役立つオペラグラスのおすすめ人気ランキング11位から7位を見ていきましょう。

11位:ビクセンのジョイフルシリーズ

女性好みのカラー

可愛い色のオペラグラス

安いのにミニバッグ付き!

価格:2710円

ブランド:ビクセン

サイズ:???

重量:180g

明るさ:9.0

倍率:6倍

実視界:8.0°

オペラグラスのおすすめ人気ランキング11位はビクセンのジョイフルシリーズです。倍率は6倍ですが、視界が広く明るいので満足感があります。女性に好まれそうな明るいカラーも魅力的です。ソフトケースやストラップも付属してコストパフォーマンスが良い商品です。

10位:ビクセンの折りたたみ式オペラグラス

とにかく安い!

コンパクトなオペラグラス

軽量で安い!折りたためる

価格:1035円

ブランド:ビクセン

サイズ:65×116×20mm

重量:60g

明るさ:???

倍率:3倍

実視界:???

オペラグラスのおすすめ人気ランキング10位のビクセンの折りたたみ式オペラグラスは重量がわずか60gです。折りたたむと厚さが2cmになるので携帯するのに最適です。カラーも黒とパステルカラーの5色で魅力的です。倍率は3倍なので、50m以内の使用と考えるとちょうど良いです。

9位:ケンコーのDo・Natureオペラグラス

ビビットカラーが可愛い

ピンクのオペラグラス

携帯に便利な袋付き

価格:1250円

ブランド:ケンコー

サイズ:82×104×42mm

重量:126g

明るさ:4

倍率:8倍

実視界:4.6°

オペラグラスのおすすめ人気ランキング9位はケンコーのDo・Natureオペラグラスです。コンパクトで軽量なのはもちろん、このビビットカラーのボディが気に入って購入する人も多いです。値段は驚くほど安いので子供のおもちゃとして購入する人もいますが、意外にしっかりとした商品です。

8位:NASHICAの双眼鏡

国内工場で全品検査

目に優しい双眼鏡

紫外線赤外線カット!

価格:1942円

ブランド:NASHICA

サイズ:83×105×42mm

重量:155g

明るさ:4.4

倍率:10倍

実視界:5.6°

オペラグラスのおすすめ人気ランキング8位のNASHICAの双眼鏡は、とても軽量でコンパクトなのに倍率は10倍という優れものです。レンズがレッドカラーコーティングされ、紫外線・赤外線をカットします。アウトドアでの使用におすすめします!

7位:コーワの双眼鏡

使いやすさ抜群!

手に馴染む双眼鏡

ストレスなく使える

価格:8099円

ブランド:コーワ

サイズ:奥行16cm、横幅11.4cm、高さ4.8cm

重量:470g

明るさ:25.0

倍率:6倍

実視界:8

 

オペラグラス人気おすすめランキング7位はコーワの双眼鏡です。手に馴染むので使いやすさが抜群です。軽いので使用中ストレスを感じることもありません。完全防水設計も嬉しい仕様です。

オペラグラス人気おすすめランキング6位~4位

観劇用のオペラグラス

口コミでも話題!

ライブ、コンサート、舞台やミュージカル観劇、スポーツ観戦に役立つオペラグラスおすすめ人気ランキング、更に上位のオペラグラスを紹介します。

6位:サンテプラスのカブキグラス

高性能な双眼鏡!

世界の劇場で取り扱うオペラグラス

スカウトマンも使用!

価格:32234円

ブランド:サンテプラス

サイズ:高さ3.5cm、横幅15cm、奥行20cm

重量:92g

明るさ:最高級の明るさ

倍率:4倍

実視界:13°

 

ライブ、コンサート、舞台やミュージカル観劇、スポーツ観戦に役立つオペラグラス人気おすすめランキング6位はサンテプラスのカブキグラスです。このオペラグラスの特徴は、ハンズフリーで使用出来ることです。手ブレもないのでいつも快適に使用出来ます。オートフォーカスでピント調整をするのでずっと掛けていることが出来ます。

 

個性的なフォルム!

オペラグラス人気おすすめランキング6位のサンテプラスのカブキグラスは、オートフォーカス機能が付いているのでピント調整をする必要がなく、かけたままでいられるので両手がふさがりません。舞台やコンサートで思う存分拍手が出来ます!快適なかけ心地で遠くが良く見えるので、スカウトマンが使用するというのも納得です。

オペラグラス人気おすすめランキング6位のサンテプラスのカブキグラスのようにオートフォーカス機能付きのオペラグラスなら、ハンズフリーで自然に観劇出来ます。決して安いオペラグラスではありませんが、スカウトマンなどプロも愛用するというオペラグラスの使い心地を試してみたいものです。

5位:ビクセンの双眼鏡アリーナMシリーズ

眼鏡を掛けたまま使用可能

軽量な双眼鏡

軽量コンパクト!

価格:6710円

ブランド:ビクセン

サイズ:高さ10.1cm、横幅11.0cm、厚さ4.8cm

重量:300g

明るさ:9.6

倍率:8倍

実視界:6.3°

 

ライブ、コンサート、舞台やミュージカル観劇、スポーツ観戦に役立つオペラグラス人気おすすめランキング5位は、ビクセンのアリーナMシリーズです。倍率は8倍ですが、レンズが大きいのでとても見やすいです。観劇などで使用するなら、手ぶれがしにくい方が良いのでこれ以上倍率が高くない方が使いやすいです。

手に持った双眼鏡

パステルカラーが可愛い!

同じデザインのオペラグラスも、色で印象が変わるので好みやシチュエーションで選んでください。

パウダーピンクはフェミニンで可愛い印象、パウダーグリーンは大人っぽいです。パウダーブルーはさわやかな印象で男性が持っても素敵です。シルバーは無難ですがかっこいいです。

明るく見える!

オペラグラス人気おすすめランキング5位のビクセンのアリーナMシリーズがあれば観劇の楽しみが広がります。舞台から遠い席で観劇すると役者の表情や舞台の細かい仕掛けをよく見るとこが出来ません。それでも十分楽しめるのですが、一度オペラグラスを使って観劇すると手放せなくなるようです。決して安い値段ではありませんが、高すぎず手が届きやすい価格帯です。

4位:ビクセンのサクラス

和の美を現す

かわいい色のオペラグラス

色も可愛い

価格:16610円

ブランド:ビクセン

サイズ:高さ7.7cm、横幅6.1cm、厚さ3.7cm

重量:145g

明るさ:7.3

倍率:6倍

実視界:8.3°

ライブ、コンサート、舞台やミュージカル観劇、スポーツ観戦に役立つオペラグラス人気おすすめランキング4位ビクセンのサクラスは、半艶の山桜色が印象的です。国内の工場で丁寧に創られた美しいボディです。オペラグラスとしては高価ですが、それだけに高級感もあり贅沢な気持ちになります。実際に、歌舞伎座で貸し出しもされているのがこのオペラグラスです。

箱に入ったオペラグラス

箱も高級感あり!

こんな素敵なオペラグラスをプレゼントされたら嬉しいです!自分ではなかなか買わない高級機種なので使用機会のある人なら、きっと喜ばれます。

見口はソフトなゴム素材なので眼鏡をかけたままそのまま押し当てて使用出来ます。繊細で美しいデザインは日本の伝統芸能鑑賞にぴったりです。現代的な機器なのに和服にも自然に似合うのが不思議です。もちろん美術館や博物館、各種コンサートやスポーツ観戦など用途は広がります。

鮮明度が大切

オペラグラス人気おすすめランキング4位ビクセンのサクラスの倍率は6倍です。8倍、10倍という倍率のオペラグラスもたくさんあるので、6倍という倍率は物足りないのでは?と考える人もいるかもしれませんが明るさや見えやすさも考慮すると愛用者はサクラスに満足しているようです。

オペラグラス人気おすすめランキング4位ビクセンのサクラスは、折りたたむことも出来ます。折りたたむととてもコンパクトになり、小さめのバッグや服のポケットにも収まります。もっと安いオペラグラスはたくさんありますが、高級感があり使いやすいので購入する価値はあります。

オペラグラス人気おすすめランキング3位:HICoolの双眼鏡

コンサートやスポーツ観戦に!

用途色々双眼鏡

値段も手頃

価格:2580円

ブランド:HICool

サイズ:幅11.5×奥行112mm

重量:256g

明るさ:7.3

倍率:10倍

実視界:8.5°

双眼鏡前後の画像

接眼レンズの調整可能

オペラグラス人気おすすめランキング3位Hicoolの双眼鏡は、コンサートやライブ、観劇やスポーツ観戦、アウトドアなどに対応します。

コンサート会場にはモニターもあるのでオペラグラスが絶対必要というわけではありませんが、持ち運びも楽なコンパクトなオペラグラス、双眼鏡があるとさらに楽しみが広がります。使わなくてもストラップで首から下げておけば邪魔になりません。軽いので首から下げても負担にならなくて良いです。

コンパクトな双眼鏡

片手で楽に持てる

一見、特徴のある変わったデザインですが、人間工学に基づきデザインされているのでとても持ちやすく手触りも良いと好評です。

 

遠くのものも、見たい時に片手でさっと取り出して使えるので便利です。

双眼鏡の細かい仕様

レンズの仕様

オペラグラスおすすめ人気ランキング3位のHiCoolの双眼鏡は、細かい所まで丁寧な使い勝手の良い作りで、長時間使用をしても疲れにくいと好評です。

 

安い値段なのに驚くほどしっかりとした作りで、人気があるのも納得です。

手に馴染みやすい

眼鏡を掛けたまま使用したい人は少し注意してオペラグラスを選びましょう。ライブ、コンサート、舞台やミュージカル観劇、スポーツ観戦に役立つオペラグラス人気おすすめランキング3位のHicool双眼鏡は、アイカップが折り返せるので、眼鏡をかけている人も使いやすいです。

いとこが野球観戦にはまっており、双眼鏡が欲しいと言っていたのでプレゼンしました!
あげたらとても喜んでくれたので満足しています!

オペラグラスおすすめ人気ランキング3位のHiCoolの双眼鏡は、値段も手ごろなので気軽にプレゼント出来そうです。オペラグラスや双眼鏡が必要そうで、まだ持っていない人にプレゼントをしたらきっと喜ばれます!

オペラグラス人気おすすめランキング2位:OLYMPUS双眼鏡8×21DPC1

屋外でも屋内でも!

持ち歩きに便利な双眼鏡

軽量でおしゃれなボディ

価格:3641円

ブランド:OLYMPUS

サイズ:奥行8cm

重量:170g

明るさ:???

倍率:8倍

実視界:6.4°

綺麗な双眼鏡

接眼側からみた画像

オペラグラス人気おすすめランキング2位はOLYMPUSの双眼鏡8×21DPC1です。

オペラグラスのおすすめランキング2位OLYMPUSの双眼鏡8×21DPC1はすべてのレンズとプリズムにコーティングが施され、クリアな視界確保にこだわっています。

双眼鏡の付属品

付属品も嬉しい

オペラグラスおすすめ人気ランキング2位のOLYMPUSの双眼鏡8×21DPC1は、曲面が印象的なおしゃれなデザインで、色も素敵です。

 

屋外はもちろん、合焦距離が短く近距離使用にも対応しているのでアート鑑賞など屋内での使用にも適しています。

双眼鏡としての使用は屋外が多いはずです。オペラグラスのおすすめ人気ランキング2位OLYMPUS双眼鏡8×21DPC1はUVプロテクション採用で目に優しいです。

小さい双眼鏡

かなり小さい!

オペラグラスおすすめ人気ランキング2位のOLYMPUSの双眼鏡8×21DPC1は、手のひらに収まるほど小さいサイズです。

 

これなら、いつも持っているバッグに無理なく入れることが出来ます。

 

デザインもおしゃれで、ファッションとトータルコーディネートしたい人も満足出来そうです。

 

有名メーカーのOLYMPUS製でこの値段は安く、お得感があります。

オペラグラスや双眼鏡は、あまり使わないものなので家族で共有するという人もいますが、これなら値段も安く、無理なく一人一つ所有出来ます。

より小さくより美しく

ライブ、コンサート、舞台やミュージカル観劇、スポーツ観戦に役立つオペラグラスおすすめ人気ランキング2位のOLYMPUSの双眼鏡8×21DPC1は、とても小さくて軽いので、どこにでも持ち歩けます。

初めて双眼鏡を購入しましたが、使い方は簡単だったので困りませんでした。

2.5次元の舞台でよく使われる1000人前後の規模の会場で、2階席から役者さんのバストアップがはっきりと見えました。
もともと視力は良いのでこれまでも充分見えていると思っていましたが、実際に双眼鏡を使うと役者さんの細かな表情やほくろまで見えたので、とても驚き、また面白かったです。
観劇には6倍がちょうどいいという意見も見かけたので不安だったのですが、全景を観るのではなく、好きな役者さんを追う感じだと、8倍でも問題なく使えると思いました。
酔うような感じもなく、また重さもそんなに感じなかったので、とても良い買い物でした。







オペラグラスの倍率をどれにしようか悩むところです。あまり高倍率で動く物を追いながらずっと見ていると車酔いのような症状が現れることがあります。普段から酔いやすい人は注意が必要です。6倍~8倍が舞台鑑賞には向いていると言われているので参考にしてください。

オペラグラス人気おすすめランキング1位:Nikonアキュロン

防水性あり!

防水性のある双眼鏡

携帯性も良し

価格:3695円

ブランド:Nikon

サイズ:奥行9cm

重量:195g

明るさ:6.8

倍率:8倍

実視界:6.3°

白い双眼鏡

白も可愛い

ライブ、コンサート、舞台やミュージカル観劇、スポーツ観戦に役立つオペラグラス人気おすすめランキング1位はNikonのアキュロンです。

 

コンパクトで防水性もあるので、天気の悪い日に携帯して野外に行く場合も安心です。

ステージ上の人物の顔、衣装や楽器の指使いまではっきりと見えます。ピントの調整も簡単で邪魔にならない大きさ、軽くて手が疲れないと好評です。10倍以上のオペラグラス、双眼鏡もありますが倍率が大きければよいというものではありません。8倍が、コンサート会場のような大きさで人物をフォーカスするのに丁度良いとする人が多いです。

赤いアキュロン

回転繰り出し方式

屋内のコンサートなどでも活躍しますし、眼鏡をかけたままでも使用する方法が示されています。

 

眼鏡をかけたままの使用では使い勝手が悪いという意見もありますが、慣れも必要です。

 

オペラグラス、双眼鏡は軽さや倍率の他に「見えやすさ」も大切です。コンサートや舞台を細かい所まで見たいときに使用するので、明るくクリアに見えることが満足感につながります。

綺麗な青い双眼鏡

青も素敵!

オペラグラス人気おすすめランキング1位のNikonのアキュロンは、カラーバリエーションも豊富です。

 

洗練された綺麗な色合いがおしゃれで、持っているだけで気持ちが華やぎます。

見え方も大切ですが、持った時の感触がしっくりくるとさらに嬉しいものです。個人の好みによるものが大きいですが、オペラグラス人気おすすめランキング1位のNikonアキュロンはこのあたりもよく考えられた作りです。

良く見えるオペラグラス

ライブ、コンサート、舞台やミュージカル観劇、スポーツ観戦に役立つオペラグラス人気おすすめランキング1位のNikonのアキュロンがあれば、後方の席からでも、細かい所まで良く見えます。もっと安いオペラグラスはたくさんありますが、有名メーカーのこれ位の値段のものが安心かもしれません。

ライブで2階席最後尾だったので、色々レビューを見てこれを選びましたが、期待以上に良く見えて、軽くて手も疲れなかったし本当買って大正解でした!見え方も大変明るくボーカルの人の汗まで良く見えて、多くの方が書かれていたように8倍が人物をフォーカスしやすくコンサートでは丁度良いです。
ニコンの文字もお気に入りです、ただ首から提げネックストラップを別に購入する必要がありましたが、性能が優っていました!

楽しみにしていたコンサートで、舞台に近い良い席をとれなかったときなど8倍ほどにフォーカス出来るオペラグラスがあれば細かい所まで大きくクリアに見ることが出来ます。もしかしたら、舞台近くの席で肉眼で見るより、遠くで遠慮なくオペラグラスを使い細部まで観察する方が満足感があるかもしれません。

どこに行けばオペラグラスを買えるの?

オペラグラスを販売している実店舗を調査!

買い物する女性

どこで買う?

普段、意識してオペラグラスを見ていないといったいどこで買う物なのかわからないかもしれません。

 

同じ商品を、どこで買うと安いのか実店舗で見比べてみるのもおすすめです。

インターネットで注文すれば簡単に手に入りますが、実際に手に取って見え方や重量感を感じたいという方も多いでしょう。オペラグラスはホームセンターや家電量販店、バラエティショップ、眼鏡屋などで手に入ります。オペラグラスを購入出来る場所を店の種類別に紹介しますので、近くにある、行きやすい店があればチェックしてください。

ホームセンター

コーナン外観

コーナン

ホームセンターコーナンは、近畿地方を中心に営業しているチェーン店で本社は大阪府堺市西区です。

 

店舗は近畿が中心ですが、東北地方や関東、中部・四国・九州でも展開しています。郊外に出店することが多いホームセンターですが、コーナンは大阪府中心部にも多く出店しているので利便性があります。

カインズ外観

CAINZ(カインズ)

ホームセンター業界でトップクラスの売り上げがあるカインズの名前の由来は英語の「kind」(親切な、種類が多い)の造語です。

 

 

カインズの1号店は栃木県栃木市で、その後全国展開していきます。カインズはプライベートブランドに力入れていて、売上高構成比約30%はプライベートブランド商品です。グッドデザイン賞受賞の自社プライベートブランド商品が多い事でも有名です。

コメリ外観

コメリ

コメリは新潟県新潟市南区に本社を置き、現在は総店舗数が全国で1000店です。

 

国内最多の店舗数のコメリは農業・園芸資材の取り扱いに強いホームセンターです。

コメリは1952年、新潟県の米穀商として創業されました。全国に多くの店舗を持つコメリですが、沖縄県にのみ店舗がないそうです。コメリの赤い風見鶏のシンボルマークは印象的です!

家電量販店

ヤマダ電機外観

ヤマダ電機

創業者は、日本ビクターを退社した宮崎県出身の山田昇氏です。

 

ヤマダ電化センターとして創業し、1983年に株式会社ヤマダ電機を設立しました。

群馬県を中心に郊外型家電量販センターのチェーン店としてスタートしましたが同業他社との価格競争をしながら規模が拡大しました。1999年には関西第一号店として京都八幡店を開店させ本格的に全国展開します。CMソングや店内ソングの「ヤマダ電機の唄」は、同社を含めた家電量販店9社のテーマソングとしてアルバムになり、ポニーキャニオンより発売されています。

ビックカメラ外観

ビックカメラ

1968年に群馬県高崎市で創業、1978年には東京支店を開店させました。

 

コジマやソフマップはビックカメラの子会社です。

社名で想像がつくように、創業当初はカメラ専門のディスカウントストアでした。家電やパソコンなどの販売をするようになり1990年代には高級ブランド品や酒類、寝具、玩具など様々な物を取り扱う様になりました。

エディオン外観

エディオン

2002年、中国地方を基盤とする株式会社デオデオと中部地方を基盤とする株式会社エイデンの共同でエディオングループが設立されました。

2005年には近畿地方を基盤とする株式会社ミドリ電化を子会社化し、その後関東地方を基盤とする石丸電気を関連会社化し規模を拡大しました。現在エディオン本社は大阪三井物産ビルにあります。

ジョーシン外観

Joshin(ジョーシン)

淨弘信三郎(じょうぐしんざぶろう)が、1934年に現在の木津卸売市場で上新の屋号で青果仲買商として創業したのは始まりです。

屋号の由来は自身の姓名の淨信を上新に置き換えたもので青果の上等で新鮮なイメージと読みやすさ、覚えやすさを考えたものです。現在は家電を取り扱いますが上質で新鮮な家電の意味合いで受け継がれています。関西資本の家電量販店としては唯一の存在です。

バラエティショップ

くらしを創る東急ハンズ

東急ハンズ

「ハンズ」と略されて呼ばれることが多い東急ハンズを知らない人は少ないのではないでしょうか。

バラエティショップとして親しまれる東急ハンズは、今ではブランド力もあり、生活雑貨を中心に細やかな品揃えで人気があります。多様な商品を並べているので「ついで買い」を促したり、商品の使用についてアドバイスが出来るスタッフが充実しているので顧客層を広げています。

おしゃれな店内

LoFt(ロフト)

1987年に西武百貨店がシブヤ西武ロフト館として第一号店を開業したのが始まりです。

ロフトは、開業当時は東急ハンズと比較されることが多かったようです。日本各地に店舗があり、1996年には株式会社ロフトが設立され西武百貨店からは独立しました。その後こだわりのある生活雑貨を中心とした品ぞろえとなり、今では東急ハンズとは少し傾向が異なります。

眼鏡屋

眼鏡屋店内

レンズを扱うメガネとオペラグラス

オペラグラスや双眼鏡は、眼鏡と同じでレンズが重要な働きをします。そんなレンズの専門家がいる眼鏡屋にもオペラグラスを置いていることが多いです。

気になる眼鏡屋にオペラグラスが実際にあるのか、種類が豊富なのかは店舗により違うので、問い合わせてから足を運んだ方がよいかもしれません。

オペラグラス人気おすすめランキングのまとめ

青い双眼鏡

便利なオペラグラス・双眼鏡

オペラグラスや双眼鏡は、なくてもそれほど困らないがあるととても便利で、手離せないという人が多いです。

 

一度使って、なぜもっと早くから使わなかったんだろうと後悔したという声も耳にします。

ストラップ付の双眼鏡

観劇やスポーツ観戦にも!

ライブやコンサートの他にも、ミュージカルなどの観劇やスポーツ観戦にもオペラグラスの使用がおすすめです。

 

 

ライブ、コンサート、舞台やミュージカル観劇、スポーツ観戦に役立つオペラグラスは、舞台上の俳優やスポーツ選手の動きや表情、衣装まで細かく観察することが出来て楽しみが広がります。意外に安いオペラグラスもあるので、オペラグラスのおすすめ人気ランキングを参考に、目的に合った長く愛用出来るオペラグラスを手に入れてください!

その他の雑貨に関するまとめ

韓国のお土産おすすめ人気ランキング45選!お菓子や雑貨、コスメを紹介 | ランキングまとめメディア
韓国コスメ人気ランキングTOP21!おすすめのブランド品は?【最新情報】 | ランキングまとめメディア
メンズスキンケアの人気コスメ20選!正しいお肌のお手入れ方法は?【最新】 | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ