ベッドパッドおすすめランキングTOP12!汗を吸収・洗濯も丸洗いで簡単

ベッドパッドはマットレスを汚れ・菌からカバーし、寝心地を良くして快眠に役立つ便利なアイテムですが、ベッドパッドおすすめランキングでは、ベッドパッドのおすすめ商品をランキングでご紹介します。ランキングでは商品のメーカー、サイズ、価格、中綿素材などの詳細や、更に吸湿性の高さなど選び方、洗濯などのお手入れの仕方についてもまとめていますので、ベッドパッドのことが丸わかりです。

目次

  1. ベッドパッドおすすめランキングTOP12
  2. ベッドパッドのおすすめ人気ランキング12位~7位
  3. ベッドパッドのおすすめ人気ランキング6位~4位
  4. ベッドパッドのおすすめ人気ランキング3位:Kumoriのフランネル・ベッドパッド
  5. ベッドパッドのおすすめ人気ランキング2位:DACANSのベッドパッド
  6. ベッドパッドのおすすめ人気ランキング1位:高密度ボリュームたっぷりベッドパッド
  7. ベッドパッドの中綿素材の比較
  8. ベッドパッドの必要性
  9. ベッドパッドの正しいお手入れの方法は?
  10. ベッドパッドおすすめランキングTOP12のまとめ

ベッドパッドおすすめランキングTOP12

ベッドパッドのアップ画像

ランキングを紹介

人間が生きていく上で大切な睡眠をサポートしてくれる寝具ですが、その中でもベッドカバーはとても重要なアイテムです。

 

なぜなら洗えないベッドのマットレスから汚れ・菌・カビをカバーしてくれるからです。

 

 

そんなベッドパッドのおすすめランキングを紹介して行きますが、まずはベッドパッドの選び方のポイントから見ていきましょう。

快眠できるベッドパッドの選び方

吸湿性で選ぶ

眠る女性

選び方のポイントで吸湿性は重要

ベッドパッドの選び方のポイントで吸湿性は重要なポイントです。夏場に汗をかくと、汗が蒸発し、布団の中が蒸れて寝心地が悪くなります。

そんな時に吸湿性が高いものを使用すれば蒸発した汗を吸収してくれるため、蒸れが軽減されます。なので、汗をかきやすい夏場に使用するベッドパッドは、吸湿性が高いものを選ぶと良いでしょう。

収穫される前の綿

天然繊維がおすすめ

ベッドパッドパッドの素材は大まかに分けて、ポリエステルなどの化学繊維とウールなどの天然繊維があります。

天然繊維の方が吸湿性が高く、化学繊維を使用したものは吸湿性が低いと言われているので、吸湿性を重視するのならば天然繊維がおすすめです。

お手入れのしやすいさで選ぶ

青空と洗濯物

選び方でお手入れのしやすさも重要

ベッドパッドの選び方のポイントでお手入れのしやすさも重要なポイントです。寝具は寝るときに大量の汗をかくため、汚れやすく、身の回りのものの中でも特に小まめなお手入れが必要になります。

しかもどんなものよりよく使うものなので、お手入れがしやすいものの方が良いです。ベッドパッドの中には、自宅で洗濯できるものや、速乾性が高くて乾きやすいものがあります。そうしたものを選ぶとすぐに洗濯できて、すぐに乾かすことが出来、清潔に使用できるので、洗濯可・速乾性のものがおすすめです。

寝心地で選ぶ

眠っている女性

選び方のポイントで寝心地も重要

選び方のポイントで寝心地も重要なポイントです。寝心地は吸湿性の高さだけでなく、柔らかさ、肌触りも重要です。柔らかさはベッドパッドの中綿素材の種類、素材の量によります。

 

主な中綿素材はポリエステルなどの化学繊維、ウールなどの天然繊維がありますが、ウールなどの天然繊維が他のものより柔らかくなっています。

 

更に中綿素材の量も柔らかさを決めるので、自分に合った柔らかさのものを選びましょう。触り心地は当然ながら中綿素材を包む側生地の素材によります。

ベッドパッドと女性の手

天然素材を選ぶと良いでしょう

化学繊維でもアクリルなどは肌触りが良いですが、やはりシルク・コットンなどの自然素材の方が肌触りが良いです。肌触りを重視する人は天然素材を選ぶと良いでしょう。

価格で選ぶ

ベッドパッドのアップ画像

選び方のポイントで価格も重要

選び方のポイントで価格も重要なポイントです。吸湿性、柔らかさ、肌触りではコットン、ウールなどの自然繊維の方が優れていますが、化学繊維の方が大量生産出来るため、価格が安いです。

しかも天然繊維よりも吸湿性、柔らかさ、肌触りが劣ると言っても技術の進歩で化学繊維にも質が高いものが増えていますし、化学繊維のポリエステルは速乾性・耐久性が高いので何度も洗濯できて、お手入れしやすいので、とても便利です。安さ、便利さを求めるのならば、化学繊維がおすすめです。

ベッドパッドのおすすめ人気ランキング12位~7位

ベッドパッドおすすめランキングでは選び方のポイントを踏まえて、おすすめのベッドパッドを紹介して行きます。ランキングでは商品のメーカー、カラー、サイズ、価格を紹介するので、ベッドパッドのことが丸わかりです。ぜひベッドパッドを買うときの参考にしてみてください。それではベッドパッドおすすめランキングのスタートです。

12位:京都西川のベッドパッド

京都西川の人気ベッドパッド

京都西川のベッドパッド

ズレにくさが人気のベッドパッド

・メーカー:京都西川

・カラー:ベージュ

・サイズ:シングル~クイーン

・価格:2,377円

ベッドパッドおすすめランキング12位は京都西川のベッドパッドです。このベッドパッドはポリエステルを100%使用し、短め起毛タイプなので、ぬくぬくと暖かく、肌寒い秋冬シーズンに活躍してくれます。また四隅にズレ防止のバンドが付いているので、眠っている最中にズレを気にせず、快眠できます。

暖かくズレないところが大好評

京都西川の敷きパッドに対する反応を調べてみると、ズレないところが評価されていました。

暖かくてズレないしとても良いです!

京都西川の敷きパッドに対して、暖かさはもちろんのこと、ズレないところが好評のようです。ズレてしまうと睡眠の妨げになるので、ズレないところは魅力です。

11位:mofua (モフア) 敷きパッド

ダニからカバーしてくれるベッドパッド

ナイスデイの人気ベッドパッド

ナイスデイの人気ベッドパッド

・メーカー:ナイスデイ

・カラー:アイボリー、ブルー

・サイズ:シングル~ダブル

・価格:1,854円

ベッドパッドおすすめランキング位はナイスデイのmofua (モフア) 敷きパッドです。敷き布団やマットレスはじめじめしているとダニの温床になりやすいですが、中綿が抗菌防臭・吸汗・防ダニ仕様で、汗をかいてもダニの発生を防いでくれるため、オールシーズン安心して使えます。そして自宅の洗濯機で洗濯することが出来、速乾性もあって乾きやすいので、お手入れもしやすいです。

乾きやすさに対して高く評価する声が

ナイスデイのmofua (モフア) 敷きパッドに対する反応をネットレビューで調べてみると、乾きやすさが評価されています。

洗濯して乾きやすいのも良いポイントです。

乾きやすく洗濯しやすいので、高く評価されているようです。乾きやすさもナイスデイのmofua (モフア) 敷きパッドの魅力です。

10位:東京西川・ベッドパッド

マットレスの菌と臭いをカバーするベッドパッド

東京西川・ベッドパッド

お手入れがしやすいベッドパッド

・メーカー:西川産業

・カラー:ホワイト

・サイズ:シングル~クイーン

・価格:10,702円

ベッドパッドおすすめランキング10位は東京西川・ベッドパッドです。抗菌防臭加工を施し、洗濯機で洗濯できるベッドパッドなので、お手入れがしやすく、いつでも清潔に使えます。中綿の素材は、コットン・ウール・ポリエステル綿の3種類で、自分に合ったタイプを選べるところも嬉しいです。

東京西川・ベッドパッドに対する反応は?

東京西川・ベッドパッドのアップ画像

肌触りの良さが大好評

東京西川・ベッドパッドに対する反応を調査すると、ウールを買った方から肌触りを評価する声が挙っていました。

さらっと爽やかな肌触りで、気持ちの良い寝心地です。

東京西川・ベッドパッドのウールは手触り、肌触りが良く、快眠出来るようです。他にもウールを評価する声が多く、ウールが人気になっています。

9位:安眠工場のウォッシャブル敷パッド

洗濯耐久性が高いベッドパッド

安眠工場の売れ筋商品

安眠工場の売れ筋商品

・メーカー:安眠工場

・カラー:ホワイト

・サイズ:シングル~ファミリー

・価格:4,968円

ベッドパッドおすすめランキング9位は安眠工場のウォッシャブル敷パッドです。両面に205本織り込みの綿を100%使用し、ソフトな手触り、優れた耐久性・吸湿性を実現しています。中綿には国内有名メーカーの「帝人ウォシュロンECO」を使用しているため、柔らかで、洗濯耐久性が高くなっています。

吸湿性の高さを高く評価する声が

ウォッシャブル敷パッドを使用したベッド

吸湿性の高さが好評

安眠工場のウォッシャブル敷パッドに対する反応を調べてみると、吸湿性の高さが好評です。

汗をかいてもじっとりするというのが軽減された気がします。

汗をかくとじっとりして寝心地が悪いですが、安眠工場のウォッシャブル敷パッドはそうした不安もなく使用出来、そこが最大の魅力です。

8位:布屋商店のBASICなめらか起毛あったか敷パッド

冬場でも快眠出来るベッドパッド

布屋商店の人気商品

布屋商店の人気商品

・メーカー:布屋商店

・カラー:ベージュ・ブラウン

・サイズ:シングル~クイーン

・価格:2,377円

ベッドパッドおすすめランキング8位は布屋商店のBASICなめらか起毛あったか敷パッドです。表地、中綿、裏地にポリエステルを100%使用し、なめらか起毛なので、肌触りが良く、ひんやりした感じがなく、冬場でも快眠出来ます。もちろん四隅に固定するゴムバンドが付いているので、ズレる心配はありません。

肌触りが抜群だと大好評

BASICなめらか起毛あったか敷パッドを敷いたベッド

商品に対する反応を調査

布屋商店のBASICなめらか起毛あったか敷パッドに対する反応はどうなのでしょうか。

とにかく暖かくて肌触りも抜群に良くて最高です。しかもこの価格なので、良いことづくめです。

肌触り、暖かさはもちろんのこと値段の安さが高く評価されていました。BASICなめらか起毛あったか敷パッドは安さも人気の要因になっているようです。

7位:Kingaのベッドパッド

ダニからマットレスをカバー

Kingaの敷きパッド

吸湿性が高いベッドパッド

・メーカー:Kinga

・カラー:ホワイト

・サイズ:シングル

・価格:3,980円

ベッドパッドおすすめランキング7位はKingaの敷きパッドです。中綿がぎっしり詰め込まれているので、普通のベッドパッドより厚みがあって、ふわふわしています。表側はビスコースとポリエステルを使用しているため、しっとりとして肌触りが良いです。またこの商品にも抗菌防臭・防ダニ加工が施されていて、吸湿性・通気性が高いので、オールシーズン使用できます。

手触りが最大の魅力

すのこの上に敷かれたKingaの敷きパッド

肌触りの良さが他社より上?

Kingaの敷きパッドに対する反応を調べてみると、手触りが好評でした。

とても肌触りがよく、いままで使っていたものと比べて頬に触れた時の感触が全然違いました。

ネットレビューには他の商品と比べても肌触りが良いというコメントがあり、手触り・肌触りの良さがKingaの敷きパッドの最大の魅力と言えます。

ベッドパッドのおすすめ人気ランキング6位~4位

ピンク色のベッドパッド

6位以降を見ていきましょう

ランキングの7位まで見てきましたが、6位以降はどうなっているのでしょうか。それでは6位以降を見ていきましょう。

6位:自由スイミンのベッドパッド

なめらかな手触りのベッドパッド

自由スイミンの人気ベッドパッド

自由スイミンの人気ベッドパッド

・メーカー:自由スイミン

・カラー:グレー、ピンク、ベージュ

・サイズ:シングル~ダブル

・価格:2,980円

ベッドパッドおすすめランキング6位は自由スイミンのベッドパッドです。マイクロファイバー繊維を使用しているため、表地がなめらかな手触りになっています。また体温を繊維の間に蓄積することが出来、中綿も普通のものより量が1.5倍増えているので、保温性が高くて暖かいです。更に中綿がふわふわで寝心地が良く、快眠できること間違いなしです。

快眠出来ると大好評

ベッドパッドのアップショット

快眠効果があるとのコメントが

自由スイミンのベッドパッドに対する反応を調査すると快眠できると好評です。

今まで寝ていると背中が寒くて、何度も目を覚ましていましたが、モファの手触りの良さとヒートウオーム効果で、安眠できるようになりました。

寒いと快眠できないですが、自由スイミンのベッドパッドを使用すれば暖かくて、眠れるようです。温かさが最大の魅力と言えます。

5位:ベッドスプレッドハウスのベッドパッド

ベッドスプレッドハウスの人気商品

ベッドスプレッドハウスのベッドパッド

快眠出来るウールベッドパッド

・メーカー:ベッドスプレッドハウス

・カラー:ホワイト

・サイズ:シングル~クイーン

・価格:10,228円

ベッドパッドおすすめランキング5位はベッドスプレッドハウスのベッドパッドです。高品質のフランス産ウールを使用しているため、保温性・吸湿性が高く、夏は涼しく、冬は暖かいため、オールシーズン使用できます。防縮加工をしているため、型崩れを防ぎ、弾力性を失わず使い続けられます

ベッドスプレッドハウスに対する反応を調査

ベッドスプレッドハウスのベッドパッドのアップ画像

寝心地の良さが好評

ベッドスプレッドハウスに対する反応を調べてみると以下のような好意的なコメントがありました。

厚さは今までのベッドパッド(ポリエステル綿)と比べて50%くらい厚いだけですが、寝た感触は2倍から3倍良くなりました。

ネットレビューには寝心地が良くなったというコメントがありました。他にもベッドスプレッドハウスのベッドパッドは他製品と比較して寝心地が良いと大好評です。

4位:Kumoriのベッドパッド

マットレスを汚れからカバー

寝心地が最高のKumoriの商品

寝心地が最高のKumoriの商品

・メーカー:Kumori

・カラー:グレー、カーキ、アイボリー、ネイビー

・サイズ:シングル~キング

・価格:2,680円

ベッドパッドおすすめランキング4位はKumoriのベッドパッドです。毛玉やほつれがなく、静電気も起こりにくいので、触り心地がとても良いです。また中綿がクッション性、保湿性に優れているため、寝心地が最高です。中綿は抗菌防臭・防ダニ仕様なので、清潔に使い続けられます。

Kumoriのベッドパッドに対してどんな意見が?

ベッドに敷かれたKumoriのベッドパッド

見た目と触り心地が好評

Kumoriのベッドパッドに対する反応を調べてみると、見た目と触り心地が好評です。

 

見た目も安っぽくなく、触り心地も良いので、高く評価されたようです。Kumoriのベッドパッドは、見た目と触り心地が大きな魅力と言えます。

見た目も良いですし、実際に使ったら、すごくふんわりしています。

ベッドパッドのおすすめ人気ランキング3位:Kumoriのフランネル・ベッドパッド

Kumoriのフランネル・ベッドパッド

暖かく快眠出来るベッドパッド

・メーカー:Kumori

・カラー:アイボリー、グレー、ネイビー、ベージュ、リネン

・サイズ:シングル~キング

・価格:4,280円

ベッドパッドおすすめランキング3位はKumoriのフランネル・ベッドパッドです。素材にきめ細かい毛並みのフランネルを使用しているため、触り心地がふんわりとしています。また中綿がボリューム満点なので、柔らかくて暖かく、寒い時期の強い味方です。

寒い時期の強い味方

お手入れもしやすい

お手入れもしやすい

四隅にはズレ防止のバンドが付いていてベッドにしっかりと固定できるので、寝相が悪くてもズレません。

 

触り心地が良く、ズレが気にならず、暖かいため、冬でも寝心地が良く、安眠できます。そして自宅で、洗えるので、お手入れもしやすいです。

暖かさを高く評価する声が

枕とフランネル・ベッドパッド

暖かさが好評

そんなKumoriのフランネル・ベッドパッドに対する反応を調べてみると、暖かさが好評です。

世の中にこんなに暖かい敷パッドがあるのかと思う程、暖かい敷パッドで毎日快眠です。

やはり暖かくて安眠できるところが高く評価されているようです。フランネル・ベッドパッドは暖かくて寝心地が良いところが最大の魅力であり、人気の要因になっています。

ベッドパッドのおすすめ人気ランキング2位:DACANSのベッドパッド

吸湿性が高いDACANSの商品

吸湿性が高いDACANSの商品

・メーカー:DACANS

・カラー:カーキ、ブルー、グレー

・サイズ:シングル~キング

・価格:2,670円

ベッドパッドおすすめランキング2位はDACANSの敷きパッドです。綿100%のソフトパイル使用したベッドパッドで、肌触りが良く、赤ちゃんにも安心してお使いいただけます。また通気性&吸湿性が抜群で、中綿には抗菌防臭綿使用しているので、夏場でも安心してお使いいただけます。

菌からカバーしてくれる優れもの

お手入れしやすいところも魅力

お手入れしやすいところも魅力

ズレ防止ゴムバンドが付いているので、裏地にズレ防止素材を使用しているため、ズレの心配がありません。

 

そして洗濯機での丸洗いOKで、お手入れしやすく、いつでも清潔に使用することが出来ます。

肌触りが良く寝心地の良さが大好評

枕とDACANSのベッドパッド

以下のようなコメントが

DACANSの敷きパッドに対するネットレビューの反応はどうなのでしょうか。ネットレビューを調べてみると以下のようなコメントがありました。

期待通り肌さわりが良くて気持ち良く眠れます。

紹介しているコメントをはじめ、肌触りが良く寝心地が良いという声が多く見られました。DACANSのベッドパッドは肌触りが良く寝心地の良さ最大の魅力で、人気の要因になっています。

ベッドパッドのおすすめ人気ランキング1位:高密度ボリュームたっぷりベッドパッド

システムKの快眠出来るベッドパット

システムKの快眠出来るベッドパッド

・メーカー:システムK

・カラー:アイボリー、ダークブラウン、モカ

・サイズ:シングル、ダブル

・価格:1,780円

ベッドパッドおすすめランキング1位はシステムKの高密度ボリュームたっぷりベッドパッドです。表地、裏地、中綿にポリエステルを100%使用していて、ふわとろの触り心地が売りになっています。また、触り心地だけでなく、密度の高い極細繊維が空気を含むため、保温効果が抜群で、とても暖かく、冬場の強い味方です。

選び方が分からない人におすすめのベッドパッド

もちろん四隅にズレ防止のバンドが付いているため、ねている時のズレを気にする心配はありません。そして家庭用の洗濯機で洗濯可能なので、お手入れも簡単です。

商品に対するネットレビューの反応を調査

ベッドに敷かれた高密度ボリュームたっぷりベッドパッド

ふわっとした触り心地が好評

システムKの高密度ボリュームたっぷりベッドパッドに対する反応を調べると、やはりふわっとした触り心地が好評でした。

ふわふわぬくぬくで心地よいです。値段以上の満足感が得られると思います。

他の商品とは違うふわっとした触り心地なので、高く評価されているようです。高品質で、レビューの評価が高く、ランキングでも上位ということで、選び方が分からない人におすすめです。そしてベッドパッドおすすめランキング1位にランクインです。

ベッドパッドの中綿素材の比較

綿

ベッドの上にあるベッドパッド

中綿素材は重要なポイント

中綿素材はベッドパッドの吸湿性・保温性・柔らかさや、ダニ・カビからのカバーなどを決めるので、重要なポイントです。

ここからは中綿素材の種類・特性について詳しく紹介するので、選び方が分からない人は参考にしてみてください。まず綿(コットン)ですが、メリットは手触りが良く、柔らかく、汗をよく吸うところです。デメリットは汗を吸うにもかかわらず乾きが悪くお手入れが難しいところです。

ポリエステル

ベッドパッドのアップショット

手入れがしやすい

ポリエステルは化学繊維で、デメリットは吸湿性が悪く、蒸れやすいです。一方で、メリットは軽くて洗濯耐性が高く乾きやすいので、手入れがしやすいです。

また前述した通り、価格が自然繊維のものより安く、中綿素材に使える量も増えるので、柔らかさでコットン・キャメルに引けを取らないです。コスパを考えるならば、おすすめの素材です。

ウール

ウールのベッドパッド

弾力性が高い

ウールは羊毛なので、自然繊維です。メリットは弾力性が高いため、寝心地が良いです。また吸湿性が高いだけでなく、汗をしっかりと吐き出してくれるので、蒸れにくく爽やかです。

更に保温性が高いため、冬の床冷えを防いでくれます。デメリットは湿っていると、縮れた毛同士が絡み合いダマになって行き、へたってしまいます。自宅で洗えず、ドライクリーニングに出す必要があり、お手入れが難しいです。

キャメル

キャメルの毛

ウールの上位互換タイプ

キャメルはラクダの毛で、天然素材で、ウールの上位互換タイプです。弾力性と保温性が高く、吸湿性、放湿性はウールを勝ります。

更に縮れにくく、耐久性が高いため、ウールよりへたりにくいです。デメリットはウールと同じく、洗濯する場合はクリーニング推奨なのと性能が高いため、価格が高いところです。しかしどの素材よりも性能が高く、おすすめの素材です。

ベッドパッドの必要性

マットレスが汚れないようにする

青いベッドパッド

汚れからマットレスをカバー

人間は寝るときにどの季節でも約200~300mlの汗をかくと言われていて、その汗は30%が掛け布団に吸われ、70%が敷き布団・枕に吸われます。

 

汗によって汚れ、湿気を含み、臭い・ダニ・カビが発生する原因になるので、小まめに洗う必要がありますが、ベッドのマットレスだと洗うことが出来ません。

マットレスを臭い・ダニ・カビからカバーしてくれるのが、ベッドパッドです。ベッドパッドが代わりに汗・汚れを吸ってくれので、マットレスが痛むのをカバーしてくれます。

汗をかいたら洗濯ができる

ベッドのマットレス

汚れをカバーし洗濯も簡単

寝ているときにかいた汗の汚れが、臭い・ダニ・カビを発生させ、マットレスが痛む原因になりますが、ベッドパッドがそれを防いでくれます。

簡単ベッドパッドは、素材によって自宅の洗濯機で手軽に洗濯できますし、そうでないものもベッドのマットレスとは違いクリーニングに出すことが出来ます。ベッドパッドは寝具を清潔に使うために必要不可欠なアイテムです。

マットレスが硬い場合寝心地良くする

黒いベッド

柔らかさ・肌触りもカバー

敷き布団ならば変えることが出来ますが、ベッドはお店で試してみても実際に寝てみると好みと違うことがあります。

敷き布団ならば変えることが出来ますが、ベッドはお店で試してみても実際に寝てみると好みと違うことがあります。そんなベッドを自分好みで調整出来るのが、ベッドパッドで、硬いものならば柔らかいものを選び、寒いならば保温性が高くて暖かいものを選べば、自分好みのベッドに調整出来、快眠出来ること間違いなしです。

ベッドパッドの正しいお手入れの方法は?

洗濯の頻度は?

洗濯物と青空

お手入れの仕方に注意

マットレスの上にひくだけで寝心地を改善してくれる便利なベッドパッドですが、お手入れの方法を間違えると、寝心地が悪くなってしまうので注意が必要です。

まずベッドパッドの洗濯の頻度ですが、ベッドパッドの使い方によります。まずベッドパッドの上に直接寝ている場合は、1、2週間に1度の頻度がおすすめです。直接寝ていると汚れが溜まりやすいためです。ベッドパッドにカバーをかけて寝ている場合は2、3か月に1度の頻度がおすすめです。

洗い方は?

漂白剤の容器

洗濯ネットでカバー

ベッドパッドの洗い方ですが、まず洗剤は中性洗剤がおすすめです。続いて漂白剤は素材の使用感を悪くしてしまうので、おすすめしません。

柔軟剤は繊維の吸水性を悪くしないものにした方が良いです。生地の傷みを抑える洗濯ネットは使用するようにしましょう。基本的な洗い方を紹介しましたが、商品によって洗い方が違うので、洗い方に注意してください。洗濯機は商品によりますが、厚みが1cm程度のものならば、用量が5kgの洗濯機で洗えます。

洗濯をする女性

厚み1cm程度は用量5kgの洗濯機で

中綿素材がたくさん詰められているものは用量が7kgの洗濯機で洗いましょう。それ以上のものはコインランドリーやクリーニングで洗ってください。

その他の使い方

めくれたベッドパッド

熱と湿気を逃がす

ベッドパッドは熱と湿気に強いものでも痛むことがあるので、毎朝起きたときに掛け布団をめくって熱と湿気を逃がしてあげましょう。

 

ウールの場合、長期的に使用せず、押し入れに保管する場合はウール用の防虫剤を入れてください。また定期的に外に出し、虫干しをすることで、へたりや劣化を防げます。

ベッドパッドおすすめランキングTOP12のまとめ

ニコッとしている女性

選び方のポイントを参考に

ベッドパッドは汗や汚れからマットレスをカバーし、柔らかさ・暖かさを調整出来るのでとても便利です。

ベッドパッドを探す際には、ぜひベッドパッドおすすめランキングの選び方のポイントを参考にしてみてください。自分に合ったベッドパッドを見つけることが出来れば快眠出来ること間違いなしです。

その他の生活・雑貨ランキングはこちら

2018年入浴剤おすすめランキングTOP25!香りや効能・効果も詳しく解説 | ランキングまとめメディア
フライパンおすすめ人気ランキングTOP21!くっつかない・長持ちなのは? | ランキングまとめメディア
2018年柔軟剤おすすめランキングTOP25!香りや成分などから総合評価 | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ