漂白剤おすすめランキングTOP15!シミ抜きに効果的・色柄物にも安心なのは?

毎日の洗濯にかかせない漂白剤ですが、漂白方法や、液体・粉末などの剤型タイプなど様々な種類があります。使い方を間違ってしまうと全く効果がありません。この漂白剤おすすめランキングでは、人気の漂白剤を容量、価格、剤型タイプなどと共にご紹介いたします。また、色柄物のシミ抜き、嫌な臭いをおとすのにはどのような漂白剤がいいのか、漂白剤を掃除で使うテクニックにもふれます、この漂白剤おすすめランキングをもとに、目的・用途に合った商品を見つけて下さい。

目次

  1. 漂白剤おすすめランキング【最新版】
  2. 漂白剤おすすめランキング15位~11位
  3. 漂白剤おすすめランキング10位~7位
  4. 漂白剤おすすめランキング6位~4位
  5. 漂白剤おすすめランキング3位~1位
  6. 衣類の洗濯以外にも使える漂白剤の活用法とは
  7. 漂白剤おすすめランキングのまとめ

漂白剤おすすめランキング【最新版】

漂白剤の効果的な使い方を覚えて家事の腕を上げよう

ほしてある洗濯物

漂白剤はいろいろ使える!

毎日の洗濯にかかせない漂白剤ですが、油汚れのしつこいキッチン周り、水垢がしつこいお風呂、毎日の洗濯物の汚れがたまっている洗濯槽など、洗濯以外にもたくさん活用方法があります。

洗濯だけでなくキッチンや浴室など家のあらゆるところでの掃除で漂白剤を活用して、家事の腕をあげましょう。ここでは漂白剤の漂白方法による違い、液体・粉末の剤型による違いについて解説しますので、目的・用途にあった漂白剤を選びましょう。また、漂白剤おすすめランキングで人気の漂白剤の紹介もします。

漂白剤の種類や効果・選び方のポイント

漂白方法による違い

並んでいる漂白剤

漂白方法の違いに注意!

漂白剤には「酸素系」「塩素系」「還元系」の3つがあります。これらの漂白方法の違いを理解しないと、洗濯を効果的に行えないどころか、衣類を台無しにする危険があります。

漂白剤のパッケージ

毎日の洗濯には「酸素系」を選ぶ

毎日の洗濯で使うのであれば効果がおだやかな「酸素系」を選びましょう。「酸素系」は意図的に酸素を結びつけて活性酸素をだし、その酸化力(=発泡力)で色素を分解して汚れとる漂白方法です。

漂白剤のパッケージ

「還元系」は鉄サビに効果的

「還元系」は色素をとばすことで衣類を白く戻す効果があります。酸素を奪い取ることで色素を分解します。特に赤土汚れや鉄サビによる汚れに効果的です。

 

 

漂白剤のパッケージ

一番洗浄力が強いのは「塩素系」

「塩素系」は還元系と同じように色素をとばすことで衣類を白くしますが洗浄力が強いため、衣類の色そのものを落としてしまいます。そのため色柄物に使うことはできません。

同じハイターとつく商品であっても、「酸素系」「還元系」「塩素系」と様々な種類があります。これら漂白方法の違いや使い方を理解しないと、洗濯ものが台無しになっています。漂白方法はパッケージに必ず大きく書いてあるので、しっかりと確認してから商品を選ぶようにしてください。

粉末・液体の違い

漂白剤のパッケージ

粉末の方が汚れや臭いに効果的

酸素系漂白剤の中でも粉末タイプと液体タイプがあります。粉末タイプは過炭酸ナトリウムを主原料とし、液性はアルカリ性で、洗浄力・除菌効果ともに液体よりも高いです。

ただし使う時には40度のぬるま湯に溶かしてつけ置きをする必要があります。一方、液体タイプは過酸化水素を主原料とし、液性は酸性で、洗浄力・除菌効果共におだやかです。シミや汚れに直接塗ることが出来るのでつけ置きをする必要がありません。毎日の洗濯で衣類用洗剤とともに使うのであれば、液体タイプのほうが衣類をいためずにすむのでおすすめです。

色柄物のシミ抜きに使うべきなのは

洋服のシミ

酸素系粉末漂白剤のつけ置きが効果的

ワインや醤油など食べ物のシミ抜きには、酸素系漂白剤を溶かしたお湯につけ置きするか、酸素系漂白剤をお湯で溶かしてシミに直接つける方法があります。

どちらの場合も30分ほどつけ置きしてから洗濯をすると、より効果的にシミ抜きができます。シルクやウールといったアルカリに弱い素材のシミ抜きの場合には液体タイプがおすすめです。逆にしつこいシミ抜きの場合には、液体タイプよりもアルカリ性の粉末タイプのほうが洗浄力が強力なので効果的です。頑固なシミ抜きの場合にはつけ置きも長めにしてください。

嫌な臭いを除去したいなら

鼻をおさえる女性

洗濯の度に酸素系漂白剤を使う

洗濯をしても部屋干しをしている間に臭い、また乾いた後でも生乾きのような臭いがするのは、衣類に菌があるからです。

天気のいい日に干すと殺菌できますが、部屋干しなど乾くまでの時間が長いと菌は繁殖して、臭いのモトとなります。それには毎日の殺菌が必要です。漂白剤は衣類の汚れをとるだけでなく、殺菌する効果もありますので、毎日の洗濯の時に衣類用洗剤とともに漂白剤を使って下さい。

漂白剤おすすめランキングで人気や価格をチェックしよう

漂白剤のパッケージ

人気の漂白剤を知ろう!

ここまでは、漂白剤の漂白方法や液体・粉末での違い、特別な使い方について解説してきました。ここからは漂白剤おすすめランキングで価格や特徴とともに、人気の漂白剤を紹介します。

 

漂白剤おすすめランキング15位~11位

さて、漂白剤おすすめランキングTOP15の発表です。漂白剤といっても、漂白方法・剤型の違いなど様々なバリエーションがあるのを見てきました。おすすめランキングの人気漂白剤の価格や特徴をチェックして、毎日の洗濯や掃除にちょうどいいものを探しましょう。

15位:地の塩社「アルカリウォッシュ」

商品詳細

漂白剤のパッケージ

地の塩社「アルカリウォッシュ」の商品詳細

・メーカー:地の塩社

・商品名:アルカリウォッシュ

・容量:3000g

・販売価格:¥1300(amazon.co.jpでの販売価格)

・漂白方法:酸素系漂白剤

・剤型:粉末タイプ

・液性:弱アルカリ性

・色柄物:使用可

特徴:マイルドな漂白力

漂白剤のパッケージ

セスキ炭酸ナトリウム使用でマイルド

「アルカリウォッシュ」の主原料であるセスキ炭酸ナトリウムは、重曹と炭酸塩の中間の物質です。

無機のアルカリ剤なので、洗浄効果はありつつも、肌への負担が少なく、環境に優しい物質なのです。そのため、お子様の衣類の洗濯にも使いやすいです。また、水に溶けやすく、洗濯以外ではお風呂場やキッチン周辺の掃除におすすめです。

14位:ザ・ランドレス「オールパーパスブリーチ」

商品詳細

漂白剤のパッケージ

ザ・ランドレス「オールパーパスブリーチ」の商品詳細

・メーカー:ザ・ランドレス(THE LAUNDRESS)

・商品名:オールパーパスブリーチ

・容量:1000ml

・販売価格:¥3240(amazon.co.jpでの販売価格)

・漂白方法:酸素系漂白剤

・剤型:液体タイプ

・液性:弱酸性

・色柄物:使用可

特徴:NYからきたスタイリッシュなパッケージ

漂白剤のパッケージ

スタイリッシュなパッケージ

ザ・ランドレスは2004年にアメリカ・ニューヨーク州ではじまったファブリックケアに特化したブランドです。メーカー名のLAUNDRESSはLAUNDRYとDRESSからきています。

負担の多いドライクリーニングをせずに、自分でファブリックケアできるようなファブリックケアアイテムを展開しています。白のラベルのシンプルでスタイリッシュなパッケージがおしゃれです。「オールパーパスブリーチ」は洗剤だけで落としきれない衣類の汚れや黄ばみを落とすとともに、皮脂や汗といった汚れ、臭いのもととなる雑菌を落とします。安心して色柄物にも使うことができます。

13位:花王「ハイドロハイター」

商品詳細

漂白剤のパッケージ

花王「ハイドロハイター」の商品詳細

・メーカー:花王

・商品名:ハイドロハイター

・容量:150g

・販売価格:¥175(amazon.co.jpでの販売価格)

・漂白方法:還元系漂白剤

・剤型:粉末タイプ

・液性:弱アルカリ性

・色柄物:使用不可

特徴:白物専用還元系漂白剤

シャツを着ている男女

白物衣料専用漂白剤

「ハイドロハイター」は還元系漂白剤なので、鉄分や赤土の汚れを落とすのに効果的です。白物衣料に特化した漂白剤です。

強い塩素系漂白剤を使用した時におこる黄変、水による黄ばみ、赤土の黄色いシミなど、白い洋服では目立つようなしつこい汚れを落としたりシミ抜きに効果があります。木綿、麻、化学せんい、毛、絹など、すべての繊維に使えます。ただし白物衣料専用なので、色柄物に使わないように注意して下さい。

12位:ミヨシ石鹸「暮らしの過炭酸ナトリウム」

商品詳細

漂白剤のパッケージ

ミヨシ石鹸「暮らしの過炭酸ナトリウム」の商品詳細

・メーカー:ミヨシ石鹸

・商品名:暮らしの過炭酸ナトリウム

・容量:500g

・販売価格:¥288(amazon.co.jpでの販売価格)

・漂白方法:酸素系漂白剤

・剤型:粉末タイプ

・液性:弱アルカリ性

・色柄物:使用可

特徴:オールパーパスに使える

漂白剤のパッケージ

洗濯だけでなく掃除に幅広く使える

洗濯だけでなく、キッチングッズやキッチンの掃除など幅広く使えるオールパーパス漂白剤です。

発泡パワーで汚れを浮かせるので、根元から汚れを落とすことができます。除菌・消臭効果もあるので、食器やふきんのお手入れや、排水口掃除や洗濯槽掃除など幅広く使うことができます。用途にあわせて、石鹸、クエン酸、重曹と組み合わせて使うとなお効果的です。

11位:地の塩社「酸素系漂白剤」

商品詳細

漂白剤のパッケージ

地の塩社「酸素系漂白剤」の商品詳細

・メーカー:地の塩社

・商品名:酸素系漂白剤

・容量:500g

・販売価格:¥720(amazon.co.jpでの販売価格)

・漂白方法:酸素系漂白剤

・剤型:粉末タイプ

・液性:弱アルカリ性

・色柄物:使用可

特徴:シミ抜きから洗濯槽の掃除まで

こぼしたコーヒー

シミ抜きにおすすめ

過炭酸ナトリウム100%の酸素系粉末漂白剤で、衣類のシミ抜きや漂白、キッチン用品の除菌など幅広く使えます。

コーヒー・紅茶・緑茶・ソース・血液などのシミ抜きにおすすめです。気になる臭いがないので、安心して使えます。また、洗濯槽の掃除にも使えます。

漂白剤おすすめランキング10位~7位

ここからは漂白剤おすすめランキングTOP10にはいります。毎日の洗濯に使うのか、シミ抜きなどに使うのか、洗濯槽の掃除に使うのかといった使い方の用途を考えながらおすすめランキングをチェックしてください。洗浄力が強いと刺激が強いので、赤ちゃん向けに、洗浄力はおだやかながらも肌にやさしい商品もランクインしています。

10位:ピジョン「赤ちゃんの漂白剤ベビーホワイト」

商品詳細

漂白剤のパッケージ

ピジョン「赤ちゃんの漂白剤ベビーホワイト」の商品詳細

・メーカー:ピジョン

・商品名:赤ちゃんの漂白剤ベビーホワイト

・容量:350g

・販売価格:¥493(amazon.co.jpでの販売価格)

・漂白方法:酸素系漂白剤

・剤型:粉末タイプ

・液性:弱アルカリ性

・色柄物:使用可

笑っている赤ちゃん

0ヶ月の赤ちゃんにも使える

0ヶ月の赤ちゃんから使えるやさしい酸素系漂白剤です。洗剤と一緒に使うことで、食べこぼしのシミ抜きやついてしまったミルクを落とすことができます。

有効酸素のはたらきで、毎日赤ちゃんが身につけるおむつや肌着の除菌ができます。また、植物系消臭剤をつかっているので、便や尿の臭いをやさしく消臭します。赤ちゃんの肌を考えて、無着色、無香料です。

ユーザーの声:便汚れまで落ちた

尿や便、食べかすやミルクこぼしなど、赤ちゃんの衣類やスタイ、毛布は汚れでいっぱいです。ピジョン「赤ちゃんの漂白剤ベビーホワイト」でつけ置きをすると、それらの汚れがしっかりとれたという声があります。特に便などは一度汚れるとなかなかとれないので、赤ちゃんの肌を考えてやさしいのに、汚れがしっかりととれるピジョン「赤ちゃんの漂白剤ベビーホワイト」はママさんにおすすめです。

9位:花王「ワイドハイターEXパワー」ガンコなシミ用

商品詳細

漂白剤のパッケージ

花王「ワイドハイターEXパワー」ガンコなシミ用の商品詳細

・メーカー:花王

・商品名:「ワイドハイターEXパワー」ガンコなシミ用

・容量:300ml

・販売価格:¥676(amazon.co.jpでの販売価格)

・漂白方法:酸素系漂白剤

・剤型:スプレータイプ

・液性:弱酸性

・色柄物:使用可

特徴:使いやすいスプレータイプの酸素系漂白剤

笑っている赤ちゃん

スプレータイプでしゅっと一吹き

しつこい汚れも簡単に落とし、シミ抜きに便利な泡で出るスプレータイプの酸素系漂白剤です。スプレータイプで、洗濯前にスプレーするだけで、泡洗浄成分がしつこい汚れの奥にまで浸透して分解します。

やさしい香りでお子様の衣類にお使えます。食べ物カス、飲み物、血液、汗など、あらゆるシミ抜きにおすすめです。シミや汚れのある部分に直接スプレーして、すぐに衣類用洗剤と一緒に洗濯機で洗って下さい。つけ置きする必要はないので時間をかけることなくシミ抜きできます。

ユーザーの声:とにかく汚れが落ちる

「ワイドハイターEXパワー」ガンコなシミ用はしっかりと汚れを落とす効果があるので、スプレーした場所としなかった場所とで違いが出すぎるほど効果があったという人もいます。その場合、スプレーしていない場所も全体的に汚れがあるので、酸素系粉末漂白剤を使って全体をつけ置きしてから洗濯をしましょう。

8位:紀陽除虫菊「オキシウォッシュ」酸素系漂白剤

商品詳細

漂白剤のパッケージ

紀陽除虫菊「オキシウォッシュ」酸素系漂白剤の商品詳細

・メーカー:紀陽除虫菊

・商品名:「オキシウォッシュ」酸素系漂白剤

・容量:680g

・販売価格:¥568(amazon.co.jpでの販売価格)

・漂白方法:酸素系漂白剤

・剤型:粉末タイプ

・液性:弱アルカリ性

・色柄物:使用可

特徴:頑固な油汚れまで落とす

「オキシウォッシュ」は、汚れを浮き上がらせて、発生期の酸素が分解して落とします。独自処方を採用しており、油汚れまでしっかり落とすことができます。食べこぼしによるシミ抜きや、食器の茶しぶ、タバコのヤニなどを落とすとともに、浴室のタイルの目地、玄関のタイル、ペットによる汚れなど幅広い汚れに対応しています。

ユーザーの声:100円ショップサイズも人気

100円ショップには120gお試しサイズのオキシウォッシュが販売されています。漂白剤は大きなものは1kg、2kgと大きく一度買うと使い切るのに一年近くかかってしまいます。漂白剤を失敗しないためにも、お試しサイズを活用して、効果があるかチェックしましょう。お試しサイズとはいっても120gもあるので、1回あたり30g使っても4回洗濯することができます。

7位:太陽油脂「パックス」酸素系漂白剤

商品詳細

漂白剤のパッケージ

太陽油脂「パックス」酸素系漂白剤の商品詳細

・メーカー:太陽油脂

・商品名:パックス「酸素系漂白剤」

・容量:680g

・販売価格:¥568(amazon.co.jpでの販売価格)

・漂白方法:酸素系漂白剤

・剤型:粉末タイプ

・液性:弱アルカリ性

・色柄物:使用可

特徴:衣類にもキッチンにも

キッチンにあるまな板

衣類・キッチン両方にOK

「パックス」酸素系漂白剤は、衣類にもキッチンにも使える酸素系漂白剤です。もちろん、衣類の黄ばみや、シミ抜き、おむつの漂白などの衣類に使うことができます。

また、まな板や布巾の除菌、キッチン道具の漂白にも使えます。陶器やガラス製品はもちろんのこと、プラスチック製品、木・竹製品にも使用可能です。衣類にもキッチンにも幅広く使える人気の漂白剤です。哺乳瓶の除菌や除臭もできるので、わざわざ赤ちゃん用の漂白剤を買う必要がなく便利です。

ユーザーの声:漂白はクセになる

漂白剤は一度使ってその効果を実感すると、毎日使わずにいられなくなるほどです。ただし、使いすぎは衣類をいためてしまう危険があります。パッケージの使用方法をしっかり読んで適量を、つけ置きの場合は30分(どんなにながくても2時間以内)を守るようにしましょう。漂白剤を使ってキッチン道具や浴室の掃除もできます。

漂白剤おすすめランキング6位~4位

それでは漂白剤おすすめランキング6位〜4位に入ります。普段、何気なく使っている漂白剤のも漂白方法や液性など種類がいろいろあります。このおすすめランキングの情報を参考にして、人気の漂白剤の特徴を理解し、自分の目的・用途にあった商品を選びましょう。

6位:シャボン玉「酸素系漂白剤」

商品詳細

漂白剤のパッケージ

シャボン玉石鹸「シャボン玉・酸素系漂白剤」の商品詳細

・メーカー:シャボン玉石鹸

・商品名:シャボン玉・酸素系漂白剤

・容量:750g

・販売価格:¥698(amazon.co.jpでの販売価格)

・漂白方法:酸素系漂白剤

・剤型:粉末タイプ

・液性:弱アルカリ性

・色柄物:使用可

特徴:環境に優しい

漂白剤のパッケージ

環境に優しい素材を使用したシンプルライフ

シャボン玉・酸素系漂白剤は、シャボン玉石鹸の「ナチュラルクリーニング」シリーズとして発売されています。

このシリーズにはクエン酸、重曹、せっけんクレンザーがあり、環境に優しい素材を使っています。「シャボン玉・酸素系漂白剤」は過炭酸ナトリウム100%で、他の添加物を使わず、環境に優しいです。また、塩素系漂白剤のようなツーンとした臭いもなく、塩素ガスが発生する危険もありません。漂白・消臭・除菌の3つの効果があり、衣類のシミ抜き、コップの茶しぶとり、ステンレス製の水筒の洗浄などに使えます。

ユーザーの声:生乾き臭に効果あり

シャボン玉洗濯石鹸とシャボン玉酸素系漂白剤をあわせて使ったら、しつこいタオルの生乾きの臭いも消えたというコメントが寄せられています。衣類用洗剤と漂白剤は同じメーカーのものを使ったほうが、相乗効果があります。メーカーが商品を開発する際に、自社の製品と組み合わせながら開発するためです。漂白剤を選ぶときには、なるべく同じメーカーの衣類用洗剤とあわせて使いましょう。 

5位:第一石鹸「ランドリークラブ」液体カラーブリーチ

商品詳細

漂白剤のパッケージ

第一石鹸「ランドリークラブ」液体カラーブリーチの商品詳細

・メーカー:第一石鹸

・商品名:「ランドリークラブ」液体カラーブリーチ

・容量:2000ml

・販売価格:¥306(amazon.co.jpでの販売価格)

・漂白方法:酸素系漂白剤

・剤型:液体タイプ

・液性:弱酸性

特徴:色柄物にもOK

ほしてある洗濯物

色柄物でも安心して使える

リーゾナブルな酸素系漂白剤なので、白物や色柄物の衣類など、毎日の洗濯につかえる人気の商品です。

除菌・消臭効果にすぐれ、白物だけでなく色柄物でも、色があざやかによみがえります。洗浄力がおだやかな弱酸性の酸素系液体漂白剤なので、シルクやウールにも安心して使えます。

ユーザーの声:黒カビや水アカまで

汚れている洗濯槽

洗濯槽の汚れまで根こそぎ落とす

毎日使っている洗濯機だから、洗濯槽には黒カビや水アカがたくさんついています。その黒カビや水アカまでとれるのを実感しているユーザーもいます。

糸くずフィルターに付着している黒カビ?や水垢のようなものがきれいに取れ、外からは見えない部分も同様なんだろうと納得しています。 

こんなにたくさんの黒カビや水アカのついている洗濯槽で毎日洗っているかと思うと恐ろしくなるので、毎日洗濯のときには、酸素系漂白剤をつかって洗濯カスや雑菌を取り除いておく習慣をつけるのをおすすめします。

4位:花王「ワイドハイターEXパワー」衣料用漂白剤・液体

商品詳細

漂白剤のパッケージ

花王「ワイドハイターEXパワー」衣料用漂白剤・液体の商品詳細

・メーカー:花王

・商品名:「ワイドハイターEXパワー」衣料用漂白剤・液体

・容量:1000ml

・販売価格:¥373(amazon.co.jpでの販売価格)

・漂白方法:酸素系漂白剤

・剤型:液体タイプ

・液性:弱酸性

・色柄物:使用可

特徴:臭いのもとをアタック

ほしてある洗濯物

気になる臭いのもとまで落とす

衣料用洗剤だけではなかなか落としきれない、気になる臭いのもとまでしっかり落とす人気の酸素系液体漂白剤です。

水に濡れた時に、臭い戻りの原因である悪臭原因物質をしっかりと分解するので、洗濯した際の生乾きの臭いなどがありません。繰り返して使うことでさらに抗菌効果が発揮されます。濃縮タイプなのでシミができた場所に直接ぬることで、シミ抜きにも効果的です。

ユーザーの声:漂白剤が残らない

液体ならではのメリットはやはり、洗濯槽に漂白剤が残らないことです。特に洗濯するときにぬるま湯や残り湯を使わず水だけの人には洗剤が残らないことが大切です。水で洗濯する人には、衣料用洗剤も液体やジェルタイプを使うことをおすすめします。洗濯カスが残るとそれをエサに雑菌が増えて、洗濯槽の黒カビや水アカなどの汚れのもとになります。液体漂白剤や液体洗剤を使うことでそのリスクをなくしましょう。

漂白剤おすすめランキング3位~1位

いよいよ、漂白剤お気に入りランキングTOP3です。シミ抜きや汚れ落ち効果がしっかりありながらも、毎日の洗濯に使用できるアイテムが入っています。人気の漂白剤の特徴を参考にして、目的・用途にあった自分だけの漂白剤を選んで下さい。

3位:グラフィコ「オキシクリーン」

商品詳細

漂白剤のパッケージ

グラフィコ「オキシクリーン」の商品詳細

・メーカー:グラフィコ

・商品名:オキシクリーン

・容量:1500g

・販売価格:¥972(amazon.co.jpでの販売価格)

・漂白方法:酸素系漂白剤

・剤型:粉末タイプ

・液性:弱アルカリ性

・色柄物:使用可

特徴:家事芸人のお墨付き

情報番組に出演し、家事芸人で人気の”家事えもん”こと、松橋周太呂さんも「オキシクリーン」の大ファンです。

自然界に存在する過酸化ナトリウムと過酸化水素水を化合してつくられた独自の酸素の泡が、衣類の汚れを浮き出し落とします。界面活性剤・塩素を使っていないので、刺激は弱いのにしっかりと洗浄することができます。

特徴:オキシクリーンシリーズの充実ぶり

漂白剤のパッケージ

幅広いラインナップ

「オキシクリーン」は界面活性剤不使用の酸素系液体漂白剤ですが、その他にも様々な商品が「オキシクリーン」シリーズから発売されています。

界面活性剤を使用し洗浄力の強い「オキシクリーンEX」、消臭効果がプラスされた「オキシクリーン・デオドラントパワー」、カーペット専用の「オキシクリーン・カーペットクリーナー」、カーペットでも特にペットによる汚れの「オキシクリーン・カーペットクリーナー・ペットによる汚れ用」などあります。家中「オキシクリーン」シリーズでそろえて、徹底的に汚れをおとすのもおすすめです。

特徴:オキシ漬けで掃除に大活躍

「オキシクリーン」につけ置きすることを「オキシ漬け」といいますが、オキシ漬けすると浴室がピカピカになります。お風呂用椅子などのお風呂グッズ、鏡や蛇口など浴室まるごとキレイになります。汚れのもととなる菌まで殺菌してくれるので、その後もカビが生えづらくなり清潔な浴室をキープすることができます。

ユーザーの声:臭いをとるのに効果的

臭い

漁師の服にしみついた臭いまでも

職業によっては服に臭いが強烈に残ることがあります。漁師さんの服にしみついた臭いまでも「オキシ漬け」して洗濯したら、臭いがとれたという嬉しい声があります。

最近、洗濯後のバスタオル(室外干し)が臭うようになり困っていたところ、こちらの商品を知りました。一晩漬けてから洗濯したら臭いはしなくなりました!また、漁師の旦那の服は(1度下洗い済み)洗濯後も微かに生臭さが残っていたのですが、こちらも臭いが消えました!微かに残る生臭さは本当に悩んでいたので大変助かりました!

ユーザーの声:血液の汚れをとるのに効果的

服にしみついたシミ

血液のシミ抜きまでも!

「オキシ漬け」をしてから使用すると、軽くゴシゴシ洗いをするだけで、しつこい血液のシミ抜きまでもできたという声もあります。しつこい汚れには「オキシ漬け」することがポイントです。

濃いカーキ色のレーヨン混綿素材の洋服の大きな血液汚れにオキシクリーンを手洗い使用。オキシクリーンは全く初めての使用でしたので、パッケージ記載どおりの分量(お湯に粉を溶かして8~10分ほど汚れに漬け置く)で使用。お湯は、40度位。漬けておいたおけにさらにお湯を足して、軽く衣類を軽くごしごしすると、どんどん血液が染み出て綺麗にとれました!!!

2位:ライオン「ブライトW」衣類用漂白剤

商品詳細

漂白剤のパッケージ

ライオン「ブライトW」衣類用漂白剤の商品詳細

・メーカー:ライオン

・商品名:ブライトW

・容量:600ml

・販売価格:¥710(amazon.co.jpでの販売価格)

・漂白方法:酸素系漂白剤

・剤型:ジェルタイプ

・液性:弱酸性

・色柄物:使用可

特徴:ジェル状でしっかり密着

机にだしたジェル

ジェル状で衣類にしっかり密着

「ブライトW」は液体漂白剤といっても、とろみのあるジェル状の「漂白パワージェル」で、つけたときに衣類にしっかり密着してしつこい汚れもおとすことができます。

特徴:これからの汚れを予防する

漂白剤のパッケージ

これからの汚れにも効果がある

すでについてしまった汚れをしっかり落とすとともに、次に汚れをつけにくくする「クリア漂白」機能で、衣類が持っている本来の白さが長続きします。

ワイシャツ(綿・ポリエステル混紡)を24回着用して24回洗濯をして、「ブライトW」ありなしで実験をしたところ、「ブライトW」なしの場合には汚れが徐々にたまっていき、特に襟周りの汚れが目立ちますが、「ブライトW」ありの場合には、ワイシャツの本来の白さをキープできたという結果が得られました。

特徴:圧倒的な白さ

漂白パワージェルなので、衣類につきやすくしっかりと汚れを根元から落とすことができます。酸素系漂白剤といっても液体・粉末がほとんどの中において、ジェル状は衣類への密着度が高いのでさらに効果があり人気です。

特徴:香りにもこだわり

ミントの葉

さわやかなミンティグリーンの香り

漂白剤というとツンと鼻につく臭いが一般的です。塩素系は特にその傾向が強いです。その刺激や臭いがいやで漂白剤を避ける人もいるぐらいです。

「ブライトW」はミンティグリーンの香りを採用して、漂白剤であってもスッキリとさわやかな香りがします。ツンと鼻につく臭いが嫌で漂白剤を避けていた人にとっては、使いやすくおすすめです。この香りも人気漂白剤ならではのこだわりです。

ユーザーの声:除菌につかえる

浴槽の湯

除菌効果が高いから残り湯でもOK

毎日の洗濯では、汚れ落としやシミ抜きといった漂白効果よりも、除菌効果を期待しているユーザーもいます。除菌効果が高いので、お風呂の残り湯を使っても気にならないのが人気です。

何度もリニューアルしている商品ですが、もう十数年にわたり愛用しています。色柄物にも影響しないので、洗濯の際は必ず投入。漂白より除菌目的での使用です。お風呂の残り湯で洗濯する際も安心ですし、よくCMなどで聞く「生乾きや部屋干しのニオイ」ってやつともうちは無縁です。

ユーザーの声:計量しやすい

漂白剤のパッケージ

計量しやすいのが人気

毎日使うものだから使いやすいほうがいいのですが、「ブライトW」はキャップのメモリが大きくて見やすいので計量しやすいと人気です。また、液だれもしないところも人気です。

除菌効果を期待して使用。衣類からイヤなニオイがしないため、効果はあるものと思っています。おしゃれ着にも使えるところも好印象。キャップのメモリは見やすく、注ぎ口も液だれしづらい印象です。定期おトク便で購入している特大のつめかえ用を注ぐ際、本体ボトルのサイドに切れ込みがあり、どこまで注いだかわかるようになっていて、使う人のことを考えているなと感じました。

1位:花王「ワイドハイターEX」粉末タイプ

商品詳細

漂白剤のパッケージ

花王「ワイドハイターEX」粉末タイプの商品詳細

・メーカー:花王

・商品名:「ワイドハイターEX」粉末タイプ

・容量:530g

・販売価格:¥441(amazon.co.jpでの販売価格)

・漂白方法:酸素系漂白剤

・剤型:粉末タイプ

・液性:弱アルカリ性

・色柄物:使用可

特徴:圧倒的No.1の粉末漂白剤

漂白剤のパッケージ

10年連続売上No.1

「ワイドハイターEX」は10年連続粉末タイプの漂白剤市場においてNo.1の座をキープして圧倒的な売上No.1です。人気があるだけではなく売上も1位で多くのユーザーがついているブランドです。

特徴:頑固な汚れに

シャツの袖

頑固な汚れに漂白・除菌・消臭

衣料用洗剤だけでは落としきれない袖や襟の黄ばみや食べ物のカスなど、頑固な汚れのシミ抜きにおすすめです。これ一本で漂白・除菌・消臭の3つの効果があります。

酸素系粉末漂白剤で、つけ置きすることでさらにこれらの効果がアップします。色柄物にも使用OKですが、洗浄力が強い弱アルカリ性のため、シルクやウールといったデリケートな衣類には使わないで下さい。

特徴:独自の漂白活性化剤配合

漂白剤のメカニズム

汚れセンサーでしつこい汚れを落とす

一般的な漂白剤の主原料は過酸化水素水や過酸化ナトリウムと呼ばれる酸化剤で、活性酸素を発生させる過程で汚れやシミを浮き上がらせて漂白します。

 

 

これに対して「ワイドハイターEX」は酸化剤にプラスして、独自の漂白活性化剤(=汚れセンサー)を配合しています。この汚れセンサーによって、酸化剤の衣類への吸着力がアップして、効率的に汚れを落とすことができます。

特徴:つけ置きで効果アップ

並べたTシャツ

つけ置きでさらに効果アップ

さらに30分つけ置きをすることで、エリ・そで・わきなどの、落ちにくい黄ばみ・黒ずみ・汚れも簡単に落とすことができます。

特徴:ワイドハイターの2倍の効果?

漂白剤のパッケージ

ワイドハイターの進化版

花王には酸素系漂白剤「ワイドハイター」もありますが、「ワイドハイターEX」は濃縮タイプで「ワイドハイター」と比べると1回あたりの使用量が半分ですみます。

さらに、消臭成分・漂白活性化成分の濃度が高いので、「ワイドハイター」よりも漂白・除菌・消臭効果が高いのです。人気の「ワイドハイター」の進化版ということで、消費者でも「ワイドハイターEX」は人気の漂白剤です。漂白剤おすすめランキングでも堂々の1位に輝きました。

特徴:圧倒的な漂白パワー

パッケージに書いてある使い方、40度のぬるま湯に30分つけ置きをして洗濯することで、しつこい汚れがしっかり落ちていることがわかります。つけ置き時間は長すぎると衣類をいためてしまう危険があります。パッケージに書いてある使用方法をしっかり守りながら使いましょう。

ユーザーの声:タオルの生乾き臭対策に

机においたタオル

タオルの生乾き臭がなくなった

タオルについた生乾きの臭いで悩んでいる人も多いですが、「ワイドハイターEX」粉末タイプと粉末洗剤の組み合わせで、生乾きの臭いがなくなったとの声もあります。

これまで洗剤の組み合わせを考えず液体のワイドハイターを使っていました。タオルに付いた嫌な生乾き臭がとれず、試行錯誤の上辿り着いた、粉末タイプのワイドハイターと粉末洗剤の組み合わせ。最初は臭いを除去するために、粉末ワイドハイターと粉末洗剤と40度くらいのお湯に30分以上浸し、あとは普通に洗濯。見事に臭いが消え、柔軟剤の良い香りが蘇りました。

ユーザーの声:もうクリーニング屋はいらない?

こぼれたワイン

赤ワインのシミまでとれる

クリーニング屋でとれなかった赤ワインのシミまでとれたという声もあります。「ワイドハイターEX」はその高いシミ抜き効果でも人気です。

クリーニング屋で無理と言われた赤ワインのシミが取れました。クリーニング屋では特別シミ抜きコースを頼んだのに、全くシミ抜きできずに高い料金だけ取られました。そのシミが、この数百円のワイドハイターで簡単に取れてしまうのだから驚きました。クリーニング屋など必要ないですね。

衣類の洗濯以外にも使える漂白剤の活用法とは

漂白剤を活用したお掃除テクニック!

たくさんの掃除道具

漂白剤は掃除にも使える

酸素系漂白剤は洗濯だけでなく、浴室・キッチンなどのしつこい汚れを落とすのにも使えます。ここでは、酸素系漂白剤を使っての掃除方法をご紹介します。

キッチン道具の掃除

たくさんのスポンジ

キッチン道具の除菌に

酸素系粉末漂白剤は、スポンジやまな板などキッチン道具の除菌にも効果的です。衣類の汚れを落とすときのように、風呂桶に40度のぬるま湯をはって酸素系粉末漂白剤を溶かしてください。

その際には直接触らずゴム手袋をしてください。そこに除菌をしたいものを入れて30分ほどつけ置きしましょう。キッチン道具だけでなくしつこい茶しぶやステンレス製の水筒などにも使えます。

浴室の掃除

浴室の浴槽

お風呂のカビや水アカに

お風呂の残り湯に酸素系粉末漂白剤を溶かして、その中にお風呂で使う椅子や洗面器、湯船のフタなどをいれて、一晩つけ置きしてください。

翌朝水で洗い流せば、お風呂グッズだけでなく、浴槽自体のカビや水アカまできれいにとれます。3ヶ月に1ぺんぐらいしておくと、お風呂場を大掃除する必要もなくなります。

洗濯槽の掃除

きれいな洗濯槽

洗濯槽までピカピカに

酸素系粉末漂白剤で洗濯槽まで掃除ができます。縦型の洗濯機では、洗濯槽に50度のお湯をいれて酸素系漂白剤を入れます。

5分ほど洗濯機を回して、その後2〜3時間ほどつけ置きします。汚れがひどい場合には一晩つけ置きしてください。つけ置き後はカビや汚れが浮いてくるので、網などですくってください。それを3回繰り返すと、そのうちにカビや汚れが浮いてこなくなります。汚れた水を脱水してから仕上げにきれいな水で洗濯から脱水をします。

掃除に使う時の注意

まぜるな危険のイラスト

漂白剤を使う時の注意

塩素系漂白剤と酸性タイプの洗浄剤(トイレ用洗浄剤・浴室用洗浄剤・食器洗い機用洗浄剤など)を混ぜると、有毒な塩素ガスが発生します。

塩素系漂白剤や酸性タイプの洗浄剤のうち1.0ppm(100万分の1の割合)以上の塩素ガスが発生する商品には「まぜるな危険」の表示が義務付けられています。浴室やキッチンなど様々な掃除道具を使っている場所では、何をつかっているかしっかりチェックしない場合があります。絶対に、塩素系漂白剤と酸性タイプの洗浄剤とを混ぜないように注意してください。

漂白剤おすすめランキングのまとめ

漂白剤のパッケージ

目的・用途にあった漂白剤を探そう

漂白剤といっても、漂白方法、剤型タイプ、液性など様々な違いがあるのを見てきました。

この漂白剤おすすめランキングの人気漂白剤の製品特徴を参考にして、自分にあった漂白剤を見つけましょう。

その他の洗濯に関するランキングはこちら

洗濯洗剤の人気ランキングTOP23!徹底比較・安くて大容量のおすすめ商品は? | ランキングまとめメディア
洗濯槽クリーナーおすすめTOP15!塩素系・酸素系の違いや使用頻度は? | ランキングまとめメディア
2018人気おすすめ洗濯機TOP20!選び方や機能・種類を徹底解説【最新】 | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ