そうめんのおすすめ人気ランキングTOP11!美味しい茹で方やアレンジレシピ!

夏の定番であるそうめんですが、そのそうめんもさまざまなブランドが存在しています。そうめんのブランドを比較しておすすめ人気ランキングを紹介します。ブランドの比較の中では、茹で方を含めてアレンジレシピも紹介します。そうめんのブランドの売れ筋や特徴、また産地や価格など美味しいそうめんの魅力を紹介します。日本全国にあるそうめんの産地から、どのようなブランドが生まれているのでしょうか。売れ筋の産地のブランドの美味しい理由や特徴にも注目です。そうめんのおすすめ人気ランキングを楽しみましょう。

目次

  1. そうめんのおすすめ人気ランキング!売れ筋ブランドや価格比較
  2. そうめんのおすすめ人気ランキング11位~7位
  3. そうめんのおすすめ人気ランキング6位~4位
  4. そうめんのおすすめ人気ランキング3位:三木屋「絹肌の貴婦人手延素麺」
  5. そうめんのおすすめ人気ランキング2位:小豆島手延素麺協同組合「島の光」
  6. そうめんのおすすめ人気ランキング1位:揖保乃糸「手延べ素麺揖保乃糸上級」
  7. そうめんの上手な茹で方の紹介
  8. そうめんのアレンジレシピ
  9. そうめんにぴったり合うおすすめの薬味
  10. そうめんのおすすめ人気ランキング!のまとめ

そうめんのおすすめ人気ランキング!売れ筋ブランドや価格比較

お中元や暑い時期などにおすすめのそうめんを紹介

贈り物に最適なそうめん

贈り物に最適

夏の贈り物として最適なそうめんですが、せっかくのそうめんも美味しいものを選びたいといえます。

そんなお中元や暑い時期の食べ物として最適なそうめんのおすすめを、おすすめ人気ランキングとして紹介します。その中では、比較のポイントとしてブランドや美味しい味の特徴、また価格や産地などに注目してみました。

そうめんとアレンジレシピ

アレンジレシピも

そうめんは実はアレンジレシピが多く、いろいろなバリエーションが多い料理です。

夏場のそうめんは食べ飽きるという声も多いですが、実はアレンジレシピが多く、いろいろと試してみて欲しいアレンジレシピがあります。おすすめ人気ランキングの中ではそういったアレンジレシピについても触れています。

そうめんと産地

産地を含め種類が豊富

そうめんはいろいろな産地があり、それぞれの特徴も異なります。産地を含めいろいろな種類に注目です。

いろいろなそうめんの産地が存在しており、それぞれの売れ筋が存在します。どのようなそうめんが売れ筋になっているかというのも注目です。売れ筋のそうめんは本当に美味しいものが多く、そうめんの奥深さを感じることが出来ます。おすすめ人気ランキングの中で、お気に入りのそうめんを見つけてみましょう。

美味しいそうめんの特徴や選び方

産地で選ぶ

そうめんの産地と売れ筋

産地による違いは

そうめんにはブランドとして有名な産地があります。やはりそういった産地は売れ筋になりやすいです。

そうめんの売れ筋にはやはり有名な産地が関係しています。代表的な産地には奈良県の三輪や兵庫県の播州などが有名な産地になっています。そういった産地は売れ筋ブランドとして人気なので、贈り物などとしては有名な産地のほうが喜ばれやすいかもしれません。

全国のそうめん

東北から九州まで

改めてそうめんの有名ブランドは東北から九州に渡るまで存在しています。自分の出身も実はそうめんを売り出しているかもしれません。

残念ながら北海道に関してはそうめんの有名ブランドはまだ生まれていないようです。しかし、岩手県の玉子麺や宮城の白石うー麺を初め九州では長崎の島原そうめんや熊本の南関そうめんまで存在しています。それぞれ機械や手延べ、また食用油を使用しているかしていないかと言う風に、いろいろな違いを堪能できます。

そうめんと歴史

歴史も魅力

食と歴史というのは密接な関係があります。全国に存在するそうめんの歴史を紐解くと、そこにはユニークな秘話が隠れているかもしれません。

例えば、先程名前が出た島原そうめんというものは、その伝来方法については島原の乱によって地域全体が後輩したという歴史があります。そのため、島原にどのように手延べそうめんの技術が伝来したかというのはいろいろな意見があるそうです。異国文化の窓口だったこともあり中国から伝わったという噂もあります。

そうめんの食べくらべ

食べ比べ

島原そうめん以外にもそういった逸話は多いです。その土地の文化がそうめんの作られ方にも関係しているかもしれません。

三輪そうめんは、室町時代の古文書にそうめんに関する記述があり、それが三輪そうめんだったのでは?という話もあり、そうめんの産地と歴史はよりそうめんを楽しめる一つのスパイスになります。何気なく食べていた、素麺のパッケージに書かれた産地を注目してみましょう。

製造方法の違い

そうめんの製造法

手延素麺と機械で作られたもの

そうめんには大きくわけて2つの作り方があります。手延素麺と機械で作られるものとでは、味わいは大きく異なります。

手間ひまかけて作られる手延素麺の場合は、実際に手で延ばすわけですが、細かな工程をこなしながら食用油などを塗っていくことになります。これらの工程によって食感に影響を及ぼすグルテンがきれいに均一に形成されていきます。

そうめんと職人の技

職人の勘はマネできない

この方法では、気温などによる変化を熟練の職人が経験と勘から読み取っていくことになります。

もちろん作り直しは出来ないため、集中力が必要になります。程より弾力性のある麺に仕上がっており、機械で作られる麺と比べると割高となります。しっかりとパッケージにも手延素麺であることが記載されており、一定の基準を満たしたものだけが販売されています。機械の場合はグルテン組織にばらつきが出やすい場合がありますが、非常に均一化された麺となっており食感もことなってきます。

そうめんの麺の太さの比較

そうめんの太さ

食感の比較にも

そうめんの麺については、手延素麺を含め、麺の太さが異なってきます。特に手延素麺ではより細いほうが高級品といわれます。

手延素麺においては、より細いものにすることは技術がいるため、細ければ細いほど高級品になると言われています。また、JAS規格によってそうめんの定義は「1.3mm未満」となっています。手延素麺の中には0.55mmなどかなり細いものまであります。

お気に入りのそうめん

味を比較しよう

しかし、必ずしもそれが味に直結するというわけではなく、それぞれの特徴を踏まえて比較してお気に入りを見つけるのがおすすめです。

そうめんの味という点においては、太いものも細いものもそれぞれの特徴があり、どちらが美味しいと感じるかは人それぞれです。太麺の特徴ではもっちりとした食感と香りが高いという特徴があり、味わい深いと感じる場合もあります。細麺では食べやすくすっきりとした味わいから上品に感じる場合があります。また贈り物としては上品な見た目のほうが印象が良いかもしれません。

寝かせたそうめんとは

そうめんの古物

新物と古物

そうめんには新物と古物(ひねもの)というものがあります。あえて1年以上寝かしたものが古物となります。

そうめんの歴史の中には保存食という側面もあり、寝かせることで熟成されてより良くなるという考えがあったそうです。現在もそういった文化を引き継いで、現代の技術で品質管理を行って寝かせたものが古物として販売されています。コシが強くなると言う特徴があり、茹でても伸びにくいという特徴がうまれます。

そうめんの奥深さ

種類によって特徴がさまざま

こういった様々な特徴があるそうめんだけに、茹で方を含めて奥が深いといえるものです。

こういった特徴が茹で方にも影響があるといえるので、そうめんを作る際はしっかりと商品の説明を確認するのがおすすめです。特にプレゼントされたものは茹で方を確認したほうがいいといえます。そんな奥が深いそうめんのおすすめ人気ランキングをチェックしていきましょう。

そうめんのおすすめ人気ランキング11位~7位

そうめんのおすすめ人気ランキングでは、価格や味の特徴はもちろん、産地にも注目しています。茹で方などを工夫することでさらに美味しさを引き立てる事ができるので、お気に入りのそうめんの茹で方もいろいろと楽しんでみましょう。

11位:ナルト「紀州梅そうめん」

「鉄腕DASH」でも取り上げられた

梅そうめん

世にも珍しい梅系そうめん

価格:1,296円

内容量:500g

産地:和歌山県

和歌山県産の完熟梅を練り込んだ独特なそうめんです。梅の香りが非常に香り高く、風味豊かなそうめんとなっています。アイドルグループのTOKIOが出演している「鉄腕DASH」において取り上げられたことでも注目されました。

気になるお味

普通のそうめんに梅を合わせて酸味を足すという食べ方もありますが、もとから麺に梅が練り込まれているというのは非常に珍しいです。ピンク色というのは鮮やかに見えるのでおしゃれな料理を作ることも出来ます。とはいえ、ピンク色というのにも抵抗感があるかもしれませんので、その当たりのバランスが難しいといえます。

梅風味となっているため、その梅の味を活かしたアレンジレシピがおすすめです。サラダなどと合わせれば、麺の酸っぱさがうまく食欲をそそりますし、余計な味付けをさせずにあっさりとしたつゆやドレッシングを少しだけ足すというのがおすすめです。

10位:岡本製麺「半田手延べそうめん」

パスタと同程度の1.6mm

太くてモチモチそうめん

太麺が特徴のそうめん

価格:1,080円

内容量:800g

産地:徳島県

手延べそうめんでありながら、1.6mm以上というのが特徴です。独特のコシと食感が特徴でもちもちとした麺は特徴的です。非常に風味豊かになっており、他のそうめんとは少し違ったスタンスが面白いそうめんといえます。

うどんやパスタのような独特な食感

この岡本製麺というブランドは、約3百年の歴史と伝統がある手延そうめんの文化を引き継いでいるブランドです。四国三郎という吉野川水系の水を使い、職人が丹精を込めて作られたそうめんであり、甘みとコシがあって美味しいそうめんです。他のそうめんに飽きたり、もっとパンチのあるそうめんがほしいと思ったときにこのそうめんを食べてみましょう。

9位:はくばく「塩分ゼロそうめん」

塩分ゼロのそうめん

塩分ゼロのそうめん

比較にもおすすめ

価格:154円

内容量:180g

産地:山梨県

いろいろと売れ筋のそうめんがある中で、健康のことを考えても塩分ゼロというのは重要です。またこれは健康のためだけでなく、味はもちろんアレンジレシピにも大きく関わってきます。塩分が入っているそうめんは、ゆでたときに食塩が湯に溶け出すものの、完全には抜け出さない場合があります。元から塩分ゼロのタイプであるこのそうめんなら、そういったことも気にしなくてOKといえます。

アレンジレシピにもおすすめ

このはくばくというブランドのそうめんは、多加水二段熟成製法によって、のどごしの良いそうめんに仕上げる技術の持ち主です。別茹でする必要もなく、煮込みにも強いので鍋料理などのアレンジレシピにもおすすめです。

また、このそうめんは下茹でや水洗いの手間もないため、離乳食としての利用もおすすめされています。乾麺に塩分が使用される理由にはグルテンを引き締める効果が大きな理由になっています。しかし、このそうめんでは得時の方法で製造し練り上げた生地を寝かすことで弾力のある麺に仕上げています。

他にも塩分を使用していないと、乾燥が過度に進んで割れたり剥がれたりする原因になります。このブランドではそういった問題に対処するために、乾燥工場の乾燥室を細かく管理することで安定した品質のそうめんを製造しています。

8位:日清「熟成極み素麺」

コシがありなめらかなそうめん

熟成極みそうめん

電子レンジでの調理も

価格:256円

内容量:400g

産地:???

三層加熱熟成麺となっており、パスタの製造で培った技術を応用しているのが特徴です。そうめんといえば茹で方も一つのポイントですが、そんな茹で方から少し違った電子レンジでの調理が行なえます。百均などで販売されているパスタや乾麺用のプラスチック容器に入れて作ることが出来ます。そういった茹で方の違いも比較対象と言えます。

他のブランドとの比較でも注目された

ネットの口コミの特徴としては、そうめんのブランドとして有名な「揖保乃糸」と比較している人が多かったです。どちらも美味しいそうめんですが、価格などを比較してこちらの商品のほうが安価に購入できるときがあるという声がありました。それぞれのセールのタイミングに合わせて使い分けるのがおすすめかもしれません。

しっかりとしたコシと舌触りの良いなめらかな触感の商品です。また、麺どうしがくっつきにくいというのも一つの特徴と言えます。湯がいたあとに麺どうしがくっついて食べにくいというのは嫌な食感だと言えます。そういった問題をクリアしたのがこのブランドの、三層加熱熟成麺の技術だといえます。

7位:日清フーズ「讃岐そうめん」

あの讃岐うどんにつながるそうめん

讃岐タイプのそうめん

コシのあるそうめん

価格:142円

内容量:250g

産地:香川県

香川県といえば、讃岐うどんというイメージがあるかもしれませんが、そういった讃岐うどんのコシを彷彿とさせるのがこの商品です。そうめんにもそういった讃岐うどんコシの強さを反映されており、食べごたえのあるそうめんとなっています。

気になるその名前

やはりその珍しい讃岐そうめんという名前が話題になることが多いです。讃岐うどんファンはとても多いですが、今後は讃岐そうめんも大きな名物になるかもしれません。

コシの強い讃岐そうめんなので、アレンジレシピも具材にパンチがあるものを使うのがおすすめです。とても美味しいアレンジレシピに繋がりますし、茹で方も調整することでコシのレベルも調整できます。微妙な茹で方の違いが美味しいそうめんにつながります。

そうめんのおすすめ人気ランキング6位~4位

ここまででも、有名ブランドの売れ筋以外のそうめんがたくさん登場しました。梅のそうめんやまるで讃岐うどんのようなそうめんなど、新しい売れ筋の商品が気になったかもしれません。まだまだそうめんのおすすめ人気ランキングで売れ筋の興味深いそうめんが登場してきます。改めて買い物をするときに、そうめんのブランドを再確認したくなるものばかりです。

6位:茂野製麺「miwabiひやむぎ」

透明感のあるゆで上がりとコシのある触感

ひやむぎも重要

保存に便利なチャック付き

価格:198円

内容量:500g

産地:???

そうめんのおすすめ人気ランキングですが、ひやむぎもそうめんと非常に親しい存在なのでランキングに入れました。そうめんとひやむぎの大きな違いは、その麺の太さです。そうめんは直径が「1.3mm未満」のものになります。ひやむぎは直径が「1.3mm以上で1.7mm未満」となっています。また、手延そうめんの場合はそういった規定は関係ないそうです。

たまには試したいひやむぎ

なかなかひやむぎって結局のところどういうものなの?という疑問が現在でも多いようです。しかし、このように麺の太さの違い以外には基本的には違う部分はないです。また、手延そうめんであれば、ひやむぎなどに近いような太い麺も販売されているので、実は知らず知らずのうちにひやむぎに近いものを食べているという経験をしているかもしれません。

もう一つひやむぎの特徴としては、色がついた麺というのはひやむぎの専売特許のような特徴だったそうです。つまり、色付きのものが入っているのがひやむぎの特徴でした。現在はそういったことは無くなっており、おすすめ人気ランキングの中でも梅そうめんのように、そうめんでも色つきのものも販売されています。

5位:竹田製麺「半田手延べそうめん」

プレゼントとしても人気

味の評価も高い

贈り物にもおすすめ

価格:1,400円

内容量:125g×10束

産地:徳島県

1833年から徳島県で作られているそうめんです。徳島県半田で一番古いそうめん屋としても有名で、今でも伝統の天日干しで作られた、昔ながらそうめんの味を楽しむことが出来ます。安定した売れ筋のそうめんとして贈り物としても評価されています。

昔ながら伝統のある味

江戸時代に、奈良県から淡路や鳴門を経由して半田の地に受け継がれたと言われています。自然の恵みをいっぱい含んだ麺であり、コシの強さも含めてそうめんの売れ筋であることが納得できる商品です。

4位:三輪山本「極細手延べそうめん白龍」

桐の箱に入れられたそうめん

極細のそうめん

直径0.6mmのそうめん

価格:3,240円

内容量:50g×14

産地:徳島県

非常に細い麺となっているため、茹で方としてその湯でる時間はわずか60秒となっています。三輪山本は、のどごしとコシと風味の3つのバランスを取るために、300年追求した結果にたどり着いたのは「細さ」だったそうです。それだけに、追求し続けた結果にたどり着いた細さを堪能して欲しいです。

たどり着いた細さ

このそうめんの細さというのは、細さだけにこだわったというギネス的な意味合いではなく、ベストな細さを追求した細さというわけです。さきほども触れた3つのポイントを追求していく中で選ばれた細さという点に注目して、味わって欲しい商品です。

細いというと歯ごたえがないというイメージがあるかもしれませんが、このそうめんはそういったことはありません。価格は決して安いとはいえませんが、本当にこだわり抜いて作られた高級そうめんというのが伝わってきます。贈答品としても評価が高く、料亭などでもこのそうめんが使われているという情報もあるだけに、評価の高さを裏付けるものとなっています。

そうめんのおすすめ人気ランキング3位:三木屋「絹肌の貴婦人手延素麺」

古物の代表的なそうめん

古物のそうめん

熟成させたそうめん

価格:1,890円

内容量:50g×20束

産地:兵庫県

このブランドのすごいところは、そうめんという一つの商品に対して幅広いバリエーションを用意しているところです。麺の細さは超極細を初め5つの細さの違いを用意しており、包装も化粧袋から簡易箱まで4種類を用意しています。味の嗜好やプレゼントのランクに合わせて、細かなところにまで配慮されているというそうめんになります。

麺の太さが選べる

味が美味しいのはもちろん、同じ商品の中で麺の太さの違いを比較することができるのがこのブランドの特徴です。細さの違いを比較するだけで、これほど麺の美味しいという感覚に違いがあるのかということを体感できるようになっています。

化粧袋、簡易箱、化粧箱、化粧木箱という4つの包装を選べるようになっており、プレゼントするときの方法も選べます。冒頭で紹介した古物タイプとなっており、熟成されたそうめんが他のそうめんとどう違うのか比較することをおすすめします。

そうめんのおすすめ人気ランキング2位:小豆島手延素麺協同組合「島の光」

自然の力から生まれたそうめん

食べやすく飽きない味

白糸のような上品なそうめん

価格:380円

内容量:300g

産地:香川県

夏場にそうめんばかりを食べていると飽きるのが事実です。しかし、そんな飽きが来るそうめんの中でも美味しいと最後まで楽しめるのがこの商品です。麺がつるつるとして美味しいそうめんなことはもちろん、食欲が落ちる夏場でもつるつると食べられるのどごしの良さが魅力です。

有名ブランドとの比較にもおすすめ

そうめんはどうしてもあるブランドが一強というほど知名度がありますが、そういった中で同じ美味しいのはもちろんとして、比較するのにおすすめなブランドといえます。贈り物としてそうめんのブランドがかぶるのは面白くないので、別のものを選ぶと言う中でおすすめできます。

口コミでは、素麺の専門店というものもあるそうで、そういったお店でも島の光が使われているそうです。いろいろなアレンジレシピも含めて、そうめんという食べ物はこれからもさらなる美味しいものが出てくる可能性がありそうです。

そうめんのおすすめ人気ランキング1位:揖保乃糸「手延べ素麺揖保乃糸上級」

抜群の知名度と美味しさ

知名度と美味しさの揖保乃糸

コスパ的には見直しも必要

価格:321円

内容量:300g

産地:兵庫県

そうめんのおすすめ人気ランキング第1位は、やはり人気ブランドの揖保乃糸でした。その中で上級を選びました。揖保乃糸に関しては「太づくり」、「上級」、「熟成麺」、「播州小麦」、「縒つむぎ」、「特級」、「三神」という種類が存在しています。

揖保乃糸のランク

麺の太さなども異なる

単純に高級品というランク分けではなく、麺の太さなども種類の違いにつながっています。

この上級にしてみれば、麺の太さは「0.7mmから0.9mm」と規定されており、麺の長さは「19cm」となっています。もっとも高価な三神では「0.55mmから0.60mm」となっており長さに関しては同じです。また、人束の本数でも上級では約400本の50gで、三神では約550本で50gなどいろいろと美味しいという味だけでなく、そういった比較ポイントも注目点です。

現実的には上級が日常的なランク

しかし、三神は50g×23束で価格は5000円ほどで販売されていることが多いです。現実的に考えるとコスパ的には上級が50g×14束で1,728円となり、束の数が違いますがやはり安いといえます。そして、別のブランドとも価格的には比較して、コスパの問題は検討する必要があります。

揖保乃糸は伝統製法を活かして、熟成と延ばしを繰り返し11工程を経て作られています。上級は揖保乃糸の全生産量の中で約80%を占めています。のどごしが良くつるっと食べられる感覚がやはり人気の秘訣です。何よりも抜群の知名度と、その知名度に負けない味が人気ランキングでも1位の理由です。

どこでも買えるという手軽さも魅力です。ある意味でそうめんという庶民的な食べ物を、安定した価格で安定した味で食べられるということが重要だと言えます。そして、そういった揖保乃糸のそうめんを活かしたアレンジレシピがたくさん存在しているというのも重要です。

ちなみに、こちらの口コミで少し写っている黒帯のものが最上級の三神の揖保乃糸です。贈り物として揖保乃糸が贈られてきたとなると、またか…と感じるかもしれませんが、それが黒帯のものだったときは、贈ってきた相手の本気度が伺えるものといえます。

そうめんの上手な茹で方の紹介

そうめんの美味しい茹で方

梅干しがポイントに

せっかくのそうめんも売れ筋のものを選んでも、調理方法が間違っていては美味しいものにはなりません。

そうめんの美味しい茹で方のポイントは梅干しが一つのポイントになります。美味しい茹で方としてそうめんを用意したら、そうめんの重量の10倍の水の量を用意しましょう。水を鍋に入れて沸いたら梅干し1粒をまるごと加えましょう。

くっつかないそうめんの作り方

くっつかないようにかき混ぜる

そうめんを扇形に広げて鍋に入れたら、麺どうしがくっつかないようにすぐに箸でかるくかき混ぜましょう。

麺がほぐれたらかきまぜるのをやめて、時間通りに茹でましょう。出来上がったらザルに上げて水でしっかりと水洗いして、余分な塩分とぬめりを落とすのが大事です。氷水で数秒締めたら更に盛るという形が一番美味しいそうめんの茹で方です。梅干しを入れる理由は、梅干しに含まれる酸の作用で麺にコシがついて美味しい茹で方になるからです。また、ほんのり酸味がつくのも美味しいそうめんの茹で方につながります。

そうめんのアレンジレシピ

ひと味ちがう細麺タイプの冷やし中華

そうめん冷やし中華

・そうめん:3束

・ロースハム:4枚

・ゆで卵:2個

・レタス:3枚ほど

・中華だれ

・しょうゆや酢などの調味料:各こさじ2

そうめんには多くのアレンジレシピがありますが、簡単なアレンジレシピとしては、そうめんを使った冷やし中華です。先程の美味しいそうめんの茹で方で作ったそうめんに対して、ロースハムやレタスを細切りにしたものを乗せて、最後に調味料を合わせた中華だれをかけるだけです。ごま油などを合わせておくと中華だれの旨味が増します。

夏野菜のそうめん料理

なすとニラの納豆そうめん

・そうめん:200g

・なす:2本

・ニラ:1/2束

・納豆:1パック

・梅肉

・しょうゆやお酢やごま油:小さじ1

夏バテ防止にもおすすめな和風なそうめんの料理です。夏野菜を使うのがおすすめです。そうめんを作ったら、ナスを縦半分に切ってから長さを半分にして、それぞれ5等分ほどにしましょう。ニラも3cmほどに切って納豆は混ぜ合わせておきます。なすはレンジで4分ほど、ニラは30秒ほど加熱します。それらをすべてたれと混ぜ合わせて、最後にそうめんの上に盛り付ければ完成です。

ジャージャーそうめん

ジャージャー麺風そうめん

・そうめん:3束

・豚ひき肉:100g

・長ネギのみじん切り:大さじ1

・しょうがのみじん切り:大さじ1/2

・にんにくのみじん切り:小さじ1

・いりごま:大さじ1

・コチュジャン:大さじ1/2

・みそ:大さじ1

・砂糖:大さじ2

・水:大さじ2

・レタス:大1枚

・カイワレ:1/4パック

甘みそが特徴的で食欲がアップするジャージャー麺風そうめんを作っていましょう。最初にレタスを細切りにして、カイワレは根本を切り落として長さを半分に切りましょう。肉みそは豚ひき肉から水のところまでが肉みそにつながる材料です。

肉みその作り方

肉みそが味を左右する

すべての肉みそ用の材料を合わせてから、火にかけるのが手順になります。水が入ることでしっとりとした食感になります。

フライパンに肉みその材料を混ぜ合わせたものを火にかけます。弱火の中火で混ぜて、全体の色が変わってポロポロになるまで炒めて火を止めましょう。そうめんを茹でて完成したら、肉みそを上にかけて、最初に用意したレタスとカイワレを合わせて乗せたら完成です。甘めの味付けがそうめんととても合います。食べごたえも合ってお腹も膨れます。

そうめんにぴったり合うおすすめの薬味

そうめんと薬味

薬味は大事

そうめんをさらに美味しいものにするためには、薬味の存在が大事です。そうめんにぴったりな薬味を紹介します。

おすすめ人気ランキングの中でさまざまな売れ筋なそうめんを紹介しました。売れ筋のそうめんをさらに美味しく食べるためには、より美味しく食べられる薬味を選びましょう。そうめんの薬味として人気なものは、ネギやしょうがが定番です。また、刻み海苔やごまなどもそうめんの薬味の定番と言えます。

意外なそうめんの薬味

薬味の変わり種とは

逆に定番ではないそうめんの薬味にはどのようなものがあるのでしょう。意外に見えて試してみると新たな発見があるかもしれません。

例えば、チーズであったりキムチなどは比較的イメージしやすい変わり種かもしれません。また、モロヘイヤやめかぶにとろろのようなタイプも人気です。ある意味ではそうめんという料理は薬味の内容によって、料理が和風や洋風、中華といった料理に変わるというものといえます。

そうめんは何にでもあう

試せるものはすべて試そう

そういった観点から言えば、気になるものはすべて薬味として試してみても良いといえるのがそうめんのユニークなところです。

そうめんは、らーめんと同じように考えれば、そのレパートリーの豊富さに対してのアイデアが湧くかもしれません。らーめんにも様々なトッピングや味が存在します。同じようにそうめんにもトッピングには試せないものはないといえます。辛口味にしたり、酸味のあるものにしたり、エスニック風にするなどいろいろと薬味で深みを足してみましょう。

そうめんのおすすめ人気ランキング!のまとめ

そうめんをさらに楽しむ

夏の風物詩にメリハリを

誰もが感じるそうめんの飽きという問題ですが、おすすめ人気ランキングを参考に、次の夏はいろいろなそうめんを試してみましょう。

ひやむぎを含め、そうめんの奥深さがおすすめ人気ランキングから伝わったかもしれません。売れ筋の定番はもちろんですが、そうめんの太さや味を含めて幅広さがあります。そうめんの太さは自分の食欲や夏バテなどに合わせて種類を変えるというのがおすすめです。

そうめんのブランド

ブランドで楽しむ

同じ素麺でも、ブランドを変えれば受ける印象も大きく変わります。飽きを感じたときは、いつもとは違うブランドにしてみましょう。

そうめんのブランドは、機械タイプと手延べそうめんだけでも非常に大きな食感の違いを感じます。また、アレンジレシピのそれぞれに合うそうめんの種類もあるので、夏の間にいろいろと試しているうちにシーズンが終わるかもしれません。次の夏はいままでの定番ではなく、百貨店や通販を利用していままでは食べたことがないそうめんに挑戦してみることがおすすめです。

そうめんの楽しみ方

味を変化させよう

おすすめ人気ランキングのそうめんも、さきほどの薬味を含めてつゆなども味を変えて楽しみましょう。

ランキング1位に選ばれた揖保乃糸を初め、さまざまな売れ筋のそうめんをどんどん試しましょう。ランキング以外のものを含め、日本全国にそうめんを販売しているブランドがあります。百貨店の催しなどで珍しいそうめんを見つけたらぜひ購入して試してみてください。夏の定番であるそうめんを、どんどん新しいものをチャレンジしましょう。

その他のおすすめ人気ランキングはこちら

カップラーメンおすすめ人気ランキングTOP35!簡単アレンジレシピ付き | ランキングまとめメディア
辛いカップ麺の激辛ランキングTOP25!クセになる美味しさ最強決定戦! | ランキングまとめメディア
カップラーメンダイエット向け人気商品25選!低カロリーでアレンジも簡単! | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ