電気自動車人気おすすめランキングTOP20!選び方の4つのポイント【最新】

人気でおすすめの電気自動車をランキング順に紹介します。2018年のトレンドの電気自動車には種類や選び方のポイントがあります。ガソリン車と電気自動車の燃費と電費の違いや、モーターだけでなくガソリンエンジンも搭載した電気自動車、パワートレインが不要になった電気自動車の室内空間利用などについても紹介します。電気自動車はEV車とも呼ばれ1回の充電で走る走行距離が重要視されます。今年前半は人気でおすすめの電気自動車では日産車が話題をさらいました。ランキングに沿って紹介して参ります。

目次

  1. 電気自動車人気おすすめランキング【最新版】
  2. 電気自動車人気おすすめランキング20位~11位
  3. 電気自動車人気おすすめランキング10位~7位
  4. 電気自動車人気おすすめランキング6位~4位
  5. 電気自動車人気おすすめランキング3位~1位
  6. 走るだけじゃない電気自動車の注目ポイント!
  7. 電気自動車人気おすすめランキングのまとめ

電気自動車人気おすすめランキング【最新版】

モーターで走る電気自動車・EV

電気自動車の選び方

電気自動車の選び方

電気自動車の選び方やポイントは充電方法にあります。

 

2018年はEV車元年と言われるほど、多くの電気自動車が登場してきています。モーターで走る車のことを電気自動車(EV車)と呼んでいますが、モーターを動かす方法はいくつもあります。EV車のポイントや選び方には充電方法にあります。電気自動車をランキング順に紹介しでいきます。

電気自動車の種類

緑色の電気自動車

電気自動車のタイプは3つ

・電気自動車(EV車)

・燃料電池自動車(FCV車)

・プラグインハイブリッド車(PHV車)

電気自動車は大きく3つのタイプに分けることができます。バッテリーだけでモーターを駆動させる電気自動車(EV車)、水素燃料をガソリン代わりに燃焼させ走る燃料電池自動車(FCV車)、電気モーターとガソリンエンジン駆動を併用するプラグインハイブリッド車(PHV車)があり、これらの車はCEV助成金の対象です。これ以外にモーターとエンジンを搭載しているがエンジンは充電のみの車も出始めました。

電気自動車の選び方4つのポイント

満充電での走行距離

フル充電での走行距離は車選びに大切です。また、急速充電気への対応も大切なEV車

EV車走行距離

EV車のフル充電での走行距離は車選びに大切です。また、急速充電気への対応も大切なEV車です。

電気自動車の選び方のポイントはフル充電での走行距離が大切です。自宅でのフル充電には電圧により4~10時間近くります。そこで、近年もう1つ充電に関する大切なことは、スーパーやコンビニ、サービスエリアにある急速充電気の対応もポイントになってきます。急速充電気に対応していれば1時間以内に80%以上の充電が可能となります。

ガソリンなどによる発電は可能か

PHV車のほとんどは、バッテリーへの充電が可能です。

PHVのガソリンが充電可能

PHV車のほとんどは、バッテリーへの充電が可能です。

電気自動車の選び方のポイントに、プラグインハイブリッド車の場合エンジンからバッテリーへ充電可能か否かも大切なEV車の選び方の要素になりまが、PHV車のほとんどはガソリンエンジンからバッテリーの充電が可能になっています。しかも、バッテリーだけで走行することも、エンジンと併用して走るPHV車がほとんどです。

室内空間の広さ

EV車の車内空間はガソリン車のパワートレイン部分が不要

EV車の車内空間

EV車の車内空間はガソリン車のパワートレイン部分が不要なので広い車内空間が確保できます。

電気だけで走るEV車は、ガソリンエンジンの部分やトランスミッション、クラッチ、シャフトなどガソリンエンジンからタイヤまで、動力を移行させるパワートレインの部分が不要になり多くの部品が必要なくなります。EV車には電池が必要ですが、パワートレインの体積に比較すると小さなもので、空いた部分は車内空間として使え便利性が良くなるEV車です。

電費や燃費など

EV車の電気代とガソリン車の燃料代を比較するとEV車はガソリン車の10分の1

燃費(電費)

EV車の電気代とガソリン車の燃料代を比較するとEV車はガソリン車の10分の1です。

EV車の電費を1km走るのにかかる電気代と、ガソリン車が1km走るのかかるガソリンの量を現在のガソリン価格に換算するとEV車の1に対しガソリン車は10倍の金額がかかります。EV車の車体価格はガソリン車より高いですが、CEV補助金(クリーンエネルギー車)とエコカー減税、自動車税減税、地方自治体助成金などの特約があります。

日産の人気EVなど人気おすすめランキングをチェックしよう

電気自動車の選び方にはエコとパワーの両面

電気自動車のタイプ

電気自動車の選び方にはエコとパワーの両面があります。

電気自動車の選び方のポイントには、エコな車を買って環境に優しく使うときの燃費(電費)を抑える選び方と、EV車のモーターの加速パワーはガソリン車以上の走りがあるので、スパーカー的な走りを追及する電気自動車も存在します。2018年前期の新車登録台数で日産「ノート e-Power」は他のガソリン車を抜いて国内1位になりました。ここでは電気自動車をランキングに紹介します。

電気自動車人気おすすめランキング20位~11位

20位:エリストマ「BIRO」

メーカー:エリストマ(イタリア)

価格:1,580,000円~

電費走行距離:100km/充電

充電時間:6時間(0→MAX)

サイズ:L1.72m、W1.03m

CEV補助金:なし

日本で購入できるおすすめの電気自動車イタリアメーカー、エリストマの「BIRO」です。イタリアでは2人乗りですが、日本の交通法令上1人乗りです。スクーターの駐車場の広ささえあれば駐車可能で、走行距離は固定バッテリーで100Km、取り外し式バッテリーで55Kmの走行距離を走ることができます。雨が降っても屋根とアクリル樹脂のドアがあるので濡れなくてすむ人気でおすすめランキング20位の電気自動車です。

19位:BMW「225xe iPerformance Active Tourer」

BMW「225xe iPerformance Active Tourer」仕様

「225xe iPerformance Active Tourer」

メーカー:BMW

価格:5,350,000円~

電費走行距離:42.4kwh/充電

充電時間:3時間

サイズ:L4.35m、W1.80m、H1.55m

CEV補助金:200,000円

人気でおすすめの電気自動車、ランキング19位はBMW「225xe iPerformance Active Tourer」です。プラグインハイブリッド電気自動車でBMWはeDriveボタン操作を提供しています。前輪はガソリンエンジンが、後輪は電気モーターが駆動します。Autoモードは自動的に前輪と後輪がバランス良く走ります。SAVE BATTERYモードは電気モーターの駆動を抑えガソリンで走り電池を充電するモードで走ります。

18位:ボルボ「XC60 T8 Twin Engine AWD Inscription」

ボルボ「XC60 T8 Twin Engine AWD Inscription」仕様

「XC60 T8 Twin Engine AWD Inscription」

メーカー:ボルボ

価格:8,990,000円~

電費走行距離:45.5kwh/充電

充電時間:3時間

サイズ:L4.69m、W1.90m、H1.66m

CEV補助金:200,000円

人気でおすすめの電気自動車、ランキング18位はボルボ「XC60 T8 Twin Engine AWD」です。320馬力の4気筒2LのE-Driveエンジンと電気モーターを組み合わせた人気でおすすめのプラグインハイブリッド電気自動車です。モーター単体だけで40km走行できるので、市街地でのショッピングやちょっとしたお出かけは電気モーターだけで事足りる設計になっているEV車です。

17位:メルセデス・ベンツ「GLC 350 e 4MATIC Sports」

メルセデス・ベンツ GLC 350 e 4MATIC Sports仕様

「GLC 350 e 4MATIC Sports」

メーカー:メルセデス・ベンツ

価格:8,880,000円~

電費走行距離:30.1kwh/充電

充電時間:4時間

サイズ:L4.67m、W1.90m、H1.64m

CEV補助金:200,000円

人気でおすすめの電気自動車、メルセデスベンツ「GLC 350 e 4MATIC Sports」です。プラグインハイブリッド電気自動車です。211馬力の2Lターボ・エンジンと116馬力の電気モーターを搭載し、エンジンとモーターを併用するAutoモード、電気モーターのみで走るEモード、エンジンのみで走りバッテリー充電をしないEセーブモード、エンジンのみで走りバッテリー受電をするチャージモードがあります。

16位:ポルシェ「Panamera4 E-Hybrid」

ポルシェ Panamera4 E-Hybrid仕様

「Panamera4 E-Hybrid」

メーカー:ポルシェ

価格:14,360,000円~

電費走行距離:46.4kwh/充電

充電時間:4.4時間

サイズ:L5.04m、W2.16m、H1.42m

CEV補助金:200,000円

人気でおすすめの電気自動車、ポルシェの「Panamera4 E-Hybrid」です。330馬力の2.9Lのガソリンツインターボエンジンと136馬力の電気モーターを組み合わせたプラグインハイブリッド電気自動車です。電気モーターだけで走る「Eモード」があり、電気モーターだけで140km/hを出せます。ガソリンエンジンを加えると278km/hに達する人気でおすすめの電気自動車ポルシェの「Panamera4 E-Hybrid」です。

15位:テスラ「Xモデル」

テスラ「Xモデル」

「Xモデル」

メーカー:テスラ

価格:10,970,000円~

電費走行距離:565km/充電

充電時間:1時間

サイズ:L5.04m、W2.07m、H1.62m

CEV補助金:400,000円

人気でおすすめ電気自動車、テスラ「Xモデル」です。電気を充電し、電気で走る電気自動車です。ステラのSUVです。5人乗り~7人乗りの3つのモデルがあります。椅子を倒して荷物を積むのにたくさんの選び方ができるSUVです。また、通常エンジンが入っているフロントのボンネットも荷物入れにでき室内空間を最大限に利用できるEV車です。人気でおすすめの電気自動車、ステラ「Xモデル」です。

14位:三菱自動車「OUTLANDER PHV」

三菱自動車「OUTLANDER PHV」仕様

「OUTLANDER PHV」

メーカー:三菱自動車

価格:3,939,840円~

電費走行距離:65.0km/充電

充電時間:25分(急速充電80%)

サイズ:L4.69m、W1.80m、H1.71m

CEV補助金:200,000円

人気でおすすめの電気自動車、三菱自動車「OUTLANDER PHV」です。プラグインハイブリッド電気自動車です。ポイントは2つの電気モーターを搭載し前輪と後輪に走らせています。自動に任せるノーマル・モードとモードをロックするLOCK・モード、SNOW・モードとSPORTS・モードの4つのモードで電気モーターとエンジンの組み合わせ走りを楽しむ人気でおすすめの電気自動車です。

13位:日産「セレナ e-Power」

「セレナ e-Power」仕様

「セレナ e-Power」

メーカー:日産

価格:2,968,920円~

電費走行距離:26.2km/L

充電時間:不要

サイズ:L4.69m、W1.69m、H1.86m

CEV補助金:なし

人気でおすすめの電気自動車、ランキング13位は日産「セレナ e-Power」です。日産のe-Powerのポイントは、ガソリンエンジンと、電気モーターを搭載していますが走行用に使われるのは電気モーターのみで、ガソリンエンジンはバッテリーの充電のみに使われる電気自動車です。電気自動車には家庭やスタンドでバッテリーを充電する必要が常識となっていますが、日産は新しいアイディアの電気自動車を開発しました。

12位:テスラ「Sモデル」

テスラ Sモデル仕様

Sモデル

メーカー:テスラ

価格:10,030,000円~

電費走行距離:490km/充電

充電時間:1時間

サイズ:L4.97m、W1.95m、H1.55m

CEV補助金対象車:400,000円

人気でおすすめの電気自動車、ランキング12位はテスラ「Sモデル」です。完全な電気モーターで走る車です。ポイントは、前輪と後輪に独立して搭載されたモーターです。前輪と後輪各々にかかる負荷を感知し、バランスのいい制御コントロールをするようにできています。また、人が運転する以上に安全性がある自動運転機能を搭載している人気でおすすめのEV車テスラ「Sモデル」です。

11位:ホンダ「CLARITY FUEL CELL」

ホンダ CLARITY FUEL CELL仕様

「CLARITY FUEL CELL」

メーカー:ホンダ

価格:7,672,320円~

電費走行距離:750km/充電

充電時間:なし(水素ステーション)

サイズ:L4.91m、W1.87m、H1.48m

CEV補助金対象車:2,080,000円

人気でおすすめの電気自動車、ランキング11位はホンダの「CLARITY FUEL CELL」です。燃料電池で走る電気自動車です。燃料には液体水素を使い1回の給油で700km以上も走るガソリン車と遜色のない電気自動車です。液体燃料を供給するスタンドが少ないのが、普及が遅れている要因となっています。ホンダの「CLARITY」には燃料電池車以外にもプラグインハイブリッドの電気自動車も供給されています。

電気自動車人気おすすめランキング10位~7位

10位:トヨタ「ミライ」

トヨタ「ミライ」仕様

「ミライ」

メーカー:トヨタ

価格:7,274,880円~(税抜き)

電費走行距離:650km/充電

充電時間:なし(水素ステーション)

サイズ:L4.89m、W1.81m、H1.53m

CEV補助金:2,020,000円

人気でおすすめの電気自動車、ランキング10位はトヨタの「ミライ」です。水素燃料で電気を起こして走る燃料電池自動車です。価格は700万円を超えますがCEV補助金対象車なので、エコカー減税やグリーン化特例と合わせて約2,245,000円の優遇処置を得られますので、ガソリン車の高級車と同じ価格で購入できる選び方によっては人気でおすすめの電気自動車です。

燃料電池の電気自動車はクリーンな車

水素燃料電気自動車は水を排出

水素燃料電気自動車は水を排出

トヨタ「ミライ」は水素燃料を燃焼し「水」を排出するクリーンな電気自動車です。

人気でおすすめの電気自動車、トヨタの「ミライ」とホンダの「CLARITY FUEL CELL」が水素燃料を使った電気自動車として売り出しています。水素燃料は燃焼しても水を生成するだけですので、環境にやさしい燃料といわれ今後の活用が注目されている燃料です。燃料タンクは事故にあっても壊れにくい構造と後部座席の下に設置され、後輪を駆動させるので車内空間の広く使える人気でおすすめの電気自動車です。

トヨタ「ミライ」の総合評価

トヨタ「ミライ」の総合評価は5点満点中3.48です。

「ミライ」の評価

人気でおすすめの電気自動車、トヨタ「ミライ」の総合評価は5点満点中3.48です。

トヨタの意気込みを感じる車です。
補助金、残価設定等訴求力もあると思います。

人気でおすすめの電気自動車、トヨタ「ミライ」の総合評価は5点満点中3.8です。水素燃料への期待と、トヨタの技術を評価する内容の人気とおすすめの電気自動車「ミライ」の評価です。

9位:三菱自動車「ミニキャブ・ミーブ」

三菱自動車 ミニキャブ・ミーブ仕様

「ミニキャブ・ミーブ」

メーカー:三菱自動車

価格:1,769,040円~(税抜き)

電費走行距離:150km/充電

充電時間:4.5時間

サイズ:L3.39m、W1.47m、H1.91m

CEV補助金:150,000円

人気でおすすめの電気自動車、ランキング9位は三菱自動車の「ミニキャブ・ミーブ」です。ガソリンエンジンは搭載していなく、電気モーターのみで走行する商用車です。ポイントは静かな住宅街など朝早くから牛乳などを配達するのに便利で人気でおすすめの商用車、電気自動車「ミニキャブ・ミーブ」です。1回の充電で150km走行するので、1日の配達に充分対応できる電気自動車です。

室内空間が広い「ミニキャブ・ミーブ」

「ミニキャブ・ミーブ」は室内空間も広い

様々な種類の荷物が積める電気自動車

三菱自動車の「ミニキャブ・ミーブ」は室内空間が広い商用車の電気自動車です。

人気でおすすめの電気自動車、「ミニキャブ・ミーブ」は荷物の選び方に種類に関係なく何でも積める商用車電気自動車です。ガソリンエンジン部分がないため室内空間は広く、室内は大人が寝ていられる190㎝以上もあり、高さも120㎝以上、幅も130㎝以上もあり軽自動車としてはゆったり感のある荷物に種類を選ばず、荷物の選び方が豊富な人気でおすすめの商用車の電気自動車「ミニキャブ・ミーブ」です。

三菱自動車「ミニキャブ・ミーブ」の総合評価

三菱自動車「ミニキャブ・ミーブ」の総合評価は5点満点中4.3です。

「ミニキャブ・ミーブ」評価

人気でおすすめの商用電気自動車、三菱自動車「ミニキャブ・ミーブ」の総合評価は5点満点中4.3です。

乗ればガソリンの軽自動車との違い、加速、車内も静かで快適で運転が楽しくなりました。

人気でおすすめの電気自動車、三菱自動車「ミニキャブ・ミーブ」の総合評価は5点満点中4.3です。ガソリンに比べて非常に燃料(電気)代が安いことと、非常に静かで快適との評価が高い人気でおすすめの商用車・電気自動車、三菱自動車「ミニキャブ・ミーブ」です。

8位:光岡自動車「Like-T3」

光岡自動車「Like-T3」仕様

「Like-T3」

メーカー:光岡自動車

価格:1,395,000円~(税抜き)

電費走行距離:60km/充電

充電時間:6時間

サイズ:L2.48m、W1.07m、H1.17m

CEV補助金:60,000円

人気でおすすめの商用の電気自動車、ランキング8位は光岡自動車の「Like-T3」です。1回の充電で60km走れる荷物運搬を目的とした電気自動車です。ポイントは荷台が低くフラットなため様々な種類の荷物を積むことができ、荷物の選び方に自由度がある荷台になっています。濡れてはいけない荷物を運搬する際は、オプションに幌をつけることができるので安心です。人気でおすすめの商用電気自動車、「Like-T3」です。

光岡自動車「Like-T3」は使い方に場所を選ばない

光岡自動車の「Like-T3」は使い方に種類を選ばない多様性があります。

「Like-T3」の用途の種類は様々

光岡自動車の「Like-T3」は使い方に種類を選ばない多様性があります。

人気でおすすめの商用電気自動車、「Like-T3」はクリーンなエネルギーの電気で走るため、一般の道路だけでなく、トンネルなどの工事現場や観光地やゴルフ場など人にとって排気ガスを嫌う場所でも活躍をしています。定員は2名、暖かい日には風を切って走る「Like-T3」は、ドライバーにとっても快適な乗り物で荷物運びに向いている人気でおすすめの商用電気自動車です。

光岡自動車「Like-T3」の総合評価

光岡自動車の「Like-T3」の総合評価はまだありません。

「Like-T3」評価

光岡自動車の「Like-T3」の総合評価はまだありません。

人気でおすすめの商用電気自動車、光岡自動車の「Like-T3」の評価はまだありません。グリコが配達車として使っているとか、工事現場や遊園地、ゴルフ場などで使われていますが、一般として普及するには時間がかかりそうです。

7位:日産「e-NV200」

日産自動車 e-NV200 仕様

「e-NV200」

メーカー:日産

価格:3,954,960円~

電費走行距離:300km/充電

充電時間:40分(急速充電80%)

サイズ:L4.56m、W1.75m、H1.85m

CEV補助金:300,000円

人気でおすすめの電気自動車、ランキング7位は日産「e-NV200」です。日産の「NV200」にはガソリン車とEV車の2種類があり、ユーザーは選び方でどちらでも選択できます。また、「ワゴン」タイプの乗用車として使うタイプと「バン」として商用車として使うものがあり、種類や用途に応じて使い方を考えることができる人気でおすすめの商用電気自動車、日産「e-NV200」です。

人気でおすすめの日産「e-NV200」の利用方法

日産「e-NV200」は電気自動車の電気を利用することもできます。

「e-NV200」の電気を利用して作業

日産「e-NV200」は電気自動車の電気を利用することもできます。

人気でおすすめの電気自動車、日産「e-NV200」は電気で走るだけでなく、「e-NV200」が持っている電源を利用して照明などにも利用することができます。「バン」としての「e-NV200」は室内空間も広く、後ろ座席を立てた場合、フロアの全長は2mを超え室内幅1.5m、高さ1.3mの余裕のある荷台です。荷物の種類や荷台のレイアウトを変え運搬の選び方を自由にできる人気でおすすめの「e-NV200」です。

人気でおすすめの日産「e-NV200」の総合評価

人気でおすすめの電気自動車、日産「e-NV200」の総合評価は5点満点中4.3です。

「e-NV200」評価

人気でおすすめの電気自動車、日産「e-NV200」の総合評価は5点満点中4.3です。

とにかく静かです。ハンドリングも他のミニバンと変わらないと思います。巨体なのに走り出しがスムーズです。信号待ちで軽自動車と並んでも同じくらいの加速で走り出せますよ。

人気でおすすめの電気自動車、日産「e-NV200」の総合評価は5点満点中4.3です。燃費や走行性、エンジン性能で高い評価を得ている人気でおすすめの電気自動車です。

電気自動車人気おすすめランキング6位~4位

6位:三菱自動車「i-MiEV」

三菱自動車 i-MiEV仕様

i-MiEV

メーカー:三菱自動車

価格:2,948,400円~

電費走行距離:164km/充電

充電時間:30分(急速充電80%)

サイズ:L3.48m、W1.47m、H1.61m

CEV補助金:164,000円

人気でおすすめの電気自動車、ランキング6位は三菱自動車の「i-MiEV」です。ガソリン車の軽自動車「i」のガソリンエンジン部に永久磁石式交流電動機とリチウムイオン電池を乗せ、世界初の大量生産を始めた電気自動車です。2009年発売開始時は法人向けの販売でしたが、2010年4月からは個人向けにも発売されている人気でおすすめの電気自動車、「i-MiEV」です。

欧州でも活躍している「i-MiEV」

人気でおすすめの電気自動車、三菱自動車の「i-MiEV」はプジョーでは「プジョー・イオン」、シトロエンでは「シトロエン・C-ZERO」として活躍しています。

人気でおすすめの電気自動車、「i-MiEV」は他の自動車メーカーにもOEM提供されています。フランスメーカーのプジョーでは「プジョー・イオン」、シトロエンでは「シトロエン・C-ZERO」という名前で売られており欧州でのクリーンな車として人気です。また、ポイントとしてホイルベースを2.55mと軽自動車として非常に長くし室内空間を広くすることで、室内を広く使えるようにした電気自動車ならではの設計です。

人気でおすすめの三菱自動車の「i-MiEV」総合評価

三菱自動車「i-MiEV」の総合評価は5点満点中4.3です

「i-MiEV」総合評価

人気でおすすめの電気自動車、三菱自動車「i-MiEV」の総合評価は5点満点中4.3です。

最近、急速充電器が色々な所に設置されて遠出が楽になりました。
アイミーブは充電速度が速いので65-70キロおきに充電すれば15分位で85%位まで充電できるので助かっています。

人気でおすすめの電気自動車、三菱自動車の「i-MiEV」の総合評価は5点満点中4.3です。ガソリン車に比べ実費の燃費が良く、静かなモーター音が評判の人気でおすすめの電気自動車、「i-MiEV」の評価です。

5位:BMW「i3」

BMW「i3」仕様

i3

メーカー:BMW

価格:5,380,000円~

電費走行距離:390km/充電

充電時間:45分(急速充電80%)

サイズ:L4.02m、W1.77m、H1.55m

CEV補助金:200,000円

人気でおすすめの電気自動車、BMW「i3」です。BMWは「i3」だけでなく、「i8クーペ」、「i8ロードスター」など、プラグインハイブリッド(以下 PHEV)車の種類を数多く提供しユーザーにPHEV車の選び方のレパートリーを多くし選択できるようにしています。「i3」はコンパクトなPHEV車で市街地でのショッピングや郊外のドライブにも最適な人気でおすすめのPHEV車です。

人気でおすすめのBMW「i3」のPHEVとは

外部からの充電ができ大容量のバッテリーとエンジンを搭載した車

BMWのPHEV

BMWのPHEVとは、外部からの充電ができ大容量のバッテリーとエンジンを搭載した車のことです。

人気でおすすめのPHEV車のPHEVは、外部電源から充電できる大容量のバッテリーを持ち、高性能のモーターを持ち合わせ、ガソリン・エンジンを一切使わなくても走行距離を長く走れる車のことをPHEV車とBMWはいっています。できるだけ、ガソリンエンジンを使わない環境に優しいエコカーのことです。

人気でおすすめのPHEV車・BMW「i3」の総合評価

PHEV車、BMW「i3」の総合評価は5点満点中4.2

「i3」評価

人気でおすすめのPHEV車、BMW「i3」の総合評価は5点満点中4.2です。

4位:フォルクスワーゲン「e-Golf」

フォルクスワーゲン「e-Golf」

e-Golf

メーカー:フォルクスワーゲン

価格: 4,990,000円~

電費:301km/充電

充電時間:35分(急速充電80%)

サイズ:L4.26m、W1.80m、H1.48m

CEV補助金:301,000円

人気でおすすめの電気自動車、ランキング4位はフォルクスワーゲン(以下 VW)の「e-Golf」です。ポイントは伝統あるGOLFの種類の中から外観のデザインを変えず、ガソリンエンジンをEVに変更し、電池を床下に置くことで低い重心におりより安定した走りができる人気でおすすめの電気自動車です。VW「Golf」の新たな選び方ができる人気でおすすめの車です。

室内空間に余裕があるVM「e-Golf」

VW「e-Golf」の室内空間は選び方が豊富なアレンジ方法

VW「e-Golf」の室内空間

人気でおすすめの電気自動車、VW「e-Golf」の室内空間は選び方が豊富なアレンジ方法があります。

人気でおすすめの電気自動車、VMの「e-Golf」の広い室内空間は、ポイントは座席のアレンジの種類が豊富で、写真のように後方の1つの座席を倒すことで、3人分のゴルフバッグが横並びにおける室内空間を持っています。座席の選び方で様々な室内空間のアレンジができ、お出かけが楽しくなる人気でおすすめの電気自動車、「e-Golf」です。

人気でおすすめの電気自動車・VM「e-Golf」の総合評価

VM「e-Golf」の総合評価は5点満点中4.0

VM「e-Golf」評価

人気でおすすめの電気自動車、VM「e-Golf」の総合評価は5点満点中4.0です。

高速道路上での継ぎ目を乗り超えた際の剛性感や、ステアリングに伝わるどっしり感は、まんま「ゴルフ」です。動力源は変わってもドイツ車らしい安心感はさすがです

人気でおすすめの電気自動車、VWの「e-Golf」の総合評価は5点満点中4.0です。バッテリーの改良が前モデルに比べ改善され急速充電の時間が短くなったことと、Golfらしい走りが評価されている人気でおすすめの電気自動車「e-Golf」です。

電気自動車人気おすすめランキング3位~1位

3位:日産「ノートe-Power」

「ノートe-Power」仕様

「ノートe-Power」

メーカー:日産

価格:2,948,400円~

電費:37.2km/L

充電時間:不要

サイズ:L4.10m、W1.69m、H1.52m

CEV補助金:なし

人気でおすすめの電気自動車、ランキング3位は日産の「ノートe-Power」です。2018年上半期の日本国内でガソリン車を抑えて車登録車数No.1に輝いた「ノートe-Power」です。「ノートe-Power」のポイントはガソリンエンジンと電気モーターの両方を搭載していますが走りは電気モーターのみで、ガソリンエンジンは電気を供給する役目もにです。新発想の電気自動車でありCEV補助金が追いついていません。

日産「ノート e-Power」のポイントは静かな室内空間と遮音性

日産「ノート e-Power」は静かな車内空間を実現し、カテゴリー・クラス2

遮音性はクラス2

人気でおすすめの電気自動車、日産「ノート e-Power」は静かな車内空間を実現し、カテゴリー・クラス2のクリアしています。

人気でおすすめの電気自動車、日産の「ノート e-Power」のポイントは電気自動車としての特性である力強い加速性を持ち、市街地でも高速道路でも様々な種類の環境において、走り方が違っていても走りに選び方を選ばない俊敏なレスポンスを発揮する人気でおすすめの「ノート e-Power」です。静かなモーターと車体の遮音性で静かな室内空間を実現している「ノート e-Power」です。

日産「ノート e-Power」のポイントは「e-Power Drive」

日産の「e-Power Drive」

日産の「e-Power Drive」

日産の「e-Power Drive」はノート、セレナと「e-Power」の車の種類を増やす予定です。

人気でおすすめの電気自動車、日産の「ノート e-Power」は駆動バッテリーが充分充電している時は、ガソリンエンジンを止め、バッテリーの容量が減ってくるとエンジンが可動する「e-Power Drive」です。早朝や深夜のドライブはモーターだけで、市街地走行でエンジンが可動していても静かなエンジン音で走行します。Sモードにすると、加速が増し快適な運転ができる人気でおすすめの「ノート e-Power」です。

日産「ノート e-Power」のポイントは広い室内空間

日産の「ノート e-Power」は広い室内空間

「ノート e-Power」は広い室内空間

人気でおすすめの電気自動車、日産の「ノート e-Power」は広い室内空間を持っています。

人気でおすすめの電気自動車、日産の「ノート e-Power」の室内空間は広く設計された室内空間です。ポイントは室内の長さはコンパクトカーながら2mを超え、4人の大人が乗ってもゆったりした室内空間です。内装や外観の種類も豊富にあり選び方に自由度があるだけでなく、日産の先進安全装備をフル装備している人気でおすすめの電気自動車「ノート e-Power」です。

日産「ノート e-Power」の総合評価は5点満点中4.0

「ノート e-Power」評価

人気でおすすめの電気自動車、日産「ノート e-Power」の総合評価は5点満点中4.0です。

高速より街乗りがメインだったため決めてになりました。実際乗ってみると高速の乗り心地もよく前車では合流が苦手だったのですがノートe-powerは加速がいいので簡単に合流できるようになりました

人気でおすすめの電気自動車、日産「ノート e-Power」の総合評価は5点満点中4.0です。電気自動車の利点である加速性能に好評の人気の電気自動車「ノート e-Power」です。

2位:トヨタ「プリウスPHV」

トヨタ「プリウス PHV」仕様

「プリウス PHV」

メーカー:トヨタ

価格:3,261,600円~(税込み)

電費走行距離:68km/充電

充電時間:20分(急速充電80%)

サイズ:L4.64m、W1.76m、H1.53m

CEV補助金:200,000円

人気でおすすめの電気自動車、ランキング2位はトヨタ「プリウス PHV」です。プラグインハイブリッド車です。エンジンにはハイブリッドのガソリンエンジンを搭載し、2つのモーターで走る「デュアルモータードライブ」電気自動車のポイントである加速性を実現しました。多くの種類を持つプリウスに種類の選び方の選択肢がまた、一つ増えた人気の「プリウス PHV」です。

「プリウス PHV」は屋根にも太陽電池

「プリウス PHV」は屋根に太陽電池

人気の「プリウス PHV」は屋根にも太陽光発電システムを装備し、バッテリーを充電しています。

人気でおすすめの電気自動車、「プリウス PHV」の充電システムのポイントは、自宅の100Vであれば14時間、200Vであれば2時間20分でフル充電します。コンビニやサービスエリアの急速充電では20分で80%の充電が可能になります。また、遠出した時充電スタンドが見つからない時のために、屋根に装備しているソーラー太陽光発電が充電し充電に選び方が多くの種類を持っている人気の「プリウス PHV」です。

人気の「プリウス PHV」は外観がかっこいい

人気の「プリウス PHV」はエアロパーツを装着せずともかっこいい外観です。

「プリウス PHV」外観

人気の「プリウス PHV」はエアロパーツを装着せずともかっこいい外観です。

人気の「プリウス PHV」は、外観は基本「プリウス」コンセプトをキープしながら、他の種類のプリウスと違う味を出しています。例えば、フロントのヘッドライトは片目に4つのライトを基調とした目になっており、後ろのテールランプも翼を思い浮かべる斬新的なものになっています。エアロパーツを装着しなくてもかっこいい外観の「プリウス PHV」です。

「プリウス PHV」のコックピットは世界とつながっている

「プリウス PHV」は自分の車の情報だけでなく、「T-Connect DCM」で世界とつながっています。

世界とつながっているコックピット

人気の「プリウス PHV」は自分の車の情報だけでなく、「T-Connect DCM」で世界とつながっています。

人気の電気自動車「プリウス PHV」のコックピットにすべての情報が集中されるようにできています。また、1台のプリウスの情報は、「T-Connect DCM」とネットワークでつながっており自身の車の渋滞情報が他の車に知らせたり、盗難にあったときも「T-Connect DCM」が車を追跡します。「プリウス PHV」のコックピットは自身の車の走行状態や機器の不具合を知らせるだけでなく車社会を繋げます。

人気の「プリウス PHV」の総合評価

人気の電気自動車「プリウス PHV」の総合評価は5点満点中4.4

「プリウス PHV」評価

人気の電気自動車「プリウス PHV」の総合評価は5点満点中4.4です。

これまで小型車や中級セダン、高級ミニバンなど色々な車に乗りましたが、この車が一番満足度高いですね。
燃料費が安い事もありますが、外見からは想像もつかない乗り心地の良さ、静粛性の高さは特筆ものです。

1位:日産「リーフ」

日産リーフ仕様

リーフ

メーカー:日産

価格:3,150,360円~(税込み)

電費走行距離:400km/充電

充電時間:40分(急速充電80%)

サイズ:L4.48m、W1.79m、H1.54m

CEV補助金:400,000円

人気でおすすめの電気自動車、ランキング1位は日産「リーフ」です。2010年から販売し続けている5ドアのハッチバック・コンパクトカーの電気自動車です。2017年のフルモデルチェンジをし、大容量のバッテリーを搭載できるスペースを確保し、現行の40kWhのバッテリーを搭載していますが今後はより大型のバッテリーを搭載する予定の電気自動車、日産「リーフ」です。

急速充電気は月2000円で使い放題

全国にある急速充電気は料金の定額制と従量制がります。

定額制と従量制がある

全国にある急速充電気は現在7000基以上で料金の定額制と従量制がります。

人気でおすすめの電気自動車、日産「リーフ」の40kWhのバッテリーは400kmの走行距離を走ることができます。2018年10月時点で日本の急速充電気の設置台数は、7,420基になり今後も急速に伸びていく予定です。これらの急速充電気を使うには料金がかかりますが、2,000/月ですべての充電気がいつでも定額で利用することができます。

「リーフ」の室内空間

「リーフ」はドライバーへの情報提供と居住性を追求

「情報の集中」と「居住性」を追及

人気でおすすめの電気自動車、「リーフ」はドライバーへの情報提供と居住性を追求した電気自動車です。

人気でおすすめの電気自動車、日産「リーフ」のコックピットは車のすべての情報がコックピットに集められるように設計され、ドライバーは座っているだけで車の診断や行き先の交通情報を知ることができます。また、室内空間は後部座席に座っている人にも余裕あるスペースの「リーフ」です。モーターの静けさとボディの遮音材等によりより静かな車となっている「リーフ」です。

「リーフ」の外観

「リーフ」の外観設計は流体力学を駆使した流線型の車体

流体力学を駆使した「リーフ」

人気でおすすめの電気自動車、「リーフ」の外観設計は流体力学を駆使した流線型の車体です。

人気でおすすめの電気自動車、日産「リーフ」外観はEV車にふさわしい流れるような流星型のボディラインは低重心で空気の流れを利用した設計の安心して運転できる設計になっています。新搭載の車体振動抑制システムは、車の上下の動きを予測し、車体の振動を駆動モーターで振動を抑えます。

日産「リーフ」の総合評価

人気でおすすめの電気自動車、日産「リーフ」の総合評価は5点満点中3.9

「リーフ」の評価

人気でおすすめの電気自動車、日産「リーフ」の総合評価は5点満点中3.9です。

先ずエンジン始動時に『無音』である。
無音の中から走り出す、では無くフルパワーとなる加速性が超凄い。
高速走行時からの加速が更に凄い、追い越し割り込みがいとも簡単にできる。
操縦性・走行性・安定性がもの凄く優れている。

人気でおすすめの電気自動車、ランキング1位の日産「リーフ」の総合評価は5点満点中3.9です。燃費とエンジン、走行性に高い評価を受けた日産「リーフ」の総合評価です。

走るだけじゃない電気自動車の注目ポイント!

災害時の備えにもなる電気自動車の発電・蓄電性能

は電気自動車が蓄えている電池を一般家電に使用し、災害を生き延びる

電気自動車のバッテリーを電気代わり

災害時には電気自動車が蓄えている電池を一般家電に使用し、災害を生き延びます。

電気自動車(EV車、PHV車)は、大容量の電池を搭載しているので地震などの大災害が発生した時は、電気の送電線が断線したり、発電所が被害になり各家庭への送電が数日止まり、停電になることがあります。そのようなとき電気自動車は、蓄えている電気を家庭の電気製品へ送ることができますので、極力バッテリーは帰宅するとすぐに充電する習慣をつけておくことです。

電気自動車人気おすすめランキングのまとめ

今後数年に新型電気自動車が様々な技術で発表

電気自動車時代は始まったばかり

電気自動車時代は始まったばかりです。今後数年間に新型電気自動車が様々な技術で発表されます。

2018年最新の発表されたばかりの電気自動車を含めランキング順に紹介しました。数年前に比べバッテリーの容量も技術の進化で、安全で大容量になりました。駆動モーターの改良もありよりパワフルな加速がある車もたんじょうしていますが、今後4~5年間はより多くの電気自動車が発表され、技術の進化がおきてきます。これからも目が離せない電気自動車です。

他にも知りたい自動車に関するおすすめの記事!

軽自動車おすすめランキングTOP35!男性向けのかっこいい車種は?【最新】 | ランキングまとめメディア
2018軽自動車人気ランキングTOP15!女性におすすめのおしゃれな車種は? | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ