ダッチオーブンおすすめ人気ランキングTOP11!初心者の選び方やレシピも!

キャンプなどのアウトドア用調理器具として有名なダッチオーブン。焼く・蒸す・煮る・燻すなど様々な料理に使える万能鍋として知られています。最近ではアウトドアだけではなく自宅でダッチオーブンの料理を作る家庭も増え人気が高まっています。そこでおすすめのダッチオーブンの人気ランキングを紹介します。ランキングでメーカーやサイズ、重量を紹介するほか、ダッチオーブンのおすすめの選び方や使い方、手入れ方法や初心者でも使いやすい商品、作りやすいレシピも紹介するので参考にしてみてください。

目次

  1. ダッチオーブンおすすめ人気ランキング!キャンプ料理レシピも
  2. ダッチオーブンおすすめ人気ランキング11位~7位
  3. ダッチオーブンおすすめ人気ランキング6位~4位
  4. ダッチオーブンおすすめ人気ランキング3位「snow peak」和鉄ダッチオーブン
  5. ダッチオーブンおすすめ人気ランキング2位「SOTO」ステンレスダッチオーブン
  6. ダッチオーブンおすすめ人気ランキング1位「LODGE」キッチンオーヴン
  7. ダッチオーブンで作れるおすすめレシピ!
  8. ダッチオーブンの使い方や注意点
  9. ダッチオーブンに向いている炭とは?
  10. ダッチオーブンおすすめ人気ランキング!のまとめ

ダッチオーブンおすすめ人気ランキング!キャンプ料理レシピも

アウトドアなどで人気のダッチオーブン!メーカーや特徴などを紹介

人気のダッチオーブン

アウトドア料理が簡単に時短で出来る

キャンプなどのアウトドアには欠かせないのがダッチオーブンです。

 

ローストビーフや炊き込みご飯、スモークなど豪華でおしゃれな料理が時短で出来るので人気の高い調理器具です。

 

その便利さから最近ではアウトドアだけではなくご家庭でもダッチオーブンを使った料理を作る方が増えています。

そこでまずは様々なメーカーから販売しているダッチオーブンの選び方を紹介します。メーカーによって素材やサイズなどの特徴があるので、作りたい料理や使いたい場所など自分の好みに合ったダッチオーブンを選ぶのがおすすめです。

ダッチオーブンの初心者にもおすすめの選び方

素材によって手入れの仕方がかわる

ダッチオーブンの素材

素材は鋳鉄・ステンレス・カーボンなど

ダッチオーブンは基本的に鋳鉄製で作られていますが、最近ではステンレスやカーボンなど比較的お手入れが簡単な素材のダッチオーブンも販売しています。

素材によって手入れの仕方が変わるので手間をかけるか楽に使いたいかでも選び方が変わってきます。手間をかければ使いやすいダッチオーブンに育てることも出来ますし、面倒な方は手入れの楽な素材を選ぶことも出来ます。それぞれの手入れの仕方や使い方によって最も自分に合うダッチオーブンを見つけてみてください。

ダッチオーブンのシーズニング

使用前後に手間がかかる鋳鉄製

鋳鉄製のダッチオーブンはメーカーにもよりますが購入後にシーズニングを行う必要があります。

 

シーズニングはダッチオーブンに油を慣らす作業のことで、空焚きしたりオリーブオイルを塗ったりする必要があります。

油がなじむまでは料理が焦げ付きやすかったり使用後の手入れも面倒ですが、熱伝導率や保温性の良い機能と使えば使うほど油が馴染んで使いやすくなるのでキャンプなどのアウトドアでは重宝される素材です。

ステンレスダッチオーブン

ステンレスは手入れが簡単

一方でステンレス製のダッチオーブンは面倒なシーズニングを行うこともなく、使用後も洗剤で洗うことが出来るので手入れが楽なのが特徴です。

 

鋳鉄製では非対応な商品が多いIH調理も可能なので人気が高く初心者にもおすすめとなっています。

しかし鋳鉄製に比べると熱伝導率や保温性には負けますし価格帯が高いのも難点です。手入れが楽な分機能性や価格の高さがあるので、鋳鉄製かステンレスかは自分のライフスタイルに合った素材での選び方がおすすめです。

カーボン製ダッチオーブン

カーボンや黒皮鉄板、ホーローなども

さらにはカーボン製のダッチオーブンは遠赤外線の効果で料理がムラなく仕上がる効果があります。

他にも黒皮鉄板は鉄の上に皮膜をコーティングしているので赤カビを防止出来るだけではなく、洗剤で洗うことが出来るので手入れが簡単になっています。ホーロー製も手入れが簡単でカラーがおしゃれなのが人気です。このように素材によって手入れ方法が変わるのでダッチオーブンの素材での選び方もおすすめです。

 

料理や人数によってサイズを選ぶ

ダッチオーブンの大きさ

大勢で囲むか個人で使うか

ダッチオーブンの選び方はそのサイズで選ぶ方法もあります。キャンプなどのアウトドアの際には大勢でご飯を食べる機会も多いので大きめサイズを選ぶのがおすすめです。

鍋料理や炊飯など量やサイズが大きいものを作るには大きめのダッチオーブンが必要になります。一方で少人数でのアウトドアやご家庭で使用する際には小さめサイズのダッチオーブンがおすすめです。食卓で場所を取らず料理をシェアするのではなく個人で食べることも出来るので人気があります。

ダッチオーブンでケーキ

小さめサイズはデザートにも使える

サイズでの選び方は作る料理によっても変わります。小さめサイズのダッチオーブンならケーキやプリン、チョコレートホンデュなどのデザートを作るのにも丁度いいサイズになっています。

大は小を兼ねると大きいサイズのダッチオーブンを購入する方が多いですが、料理によっては小さめサイズでも十分使えますし価格も安く重量も軽いのでおすすめです。作る料理や使う人数を考えてから素材や価格などの選び方をするのが無駄なく使えるポイントです。

おすすめのダッチオーブンをランキングで紹介

人気のダッチオーブン

人気のダッチオーブンTOP11

ダッチオーブンの選び方を紹介しましたが、それでは実際におすすめのダッチオーブンの人気ランキングを紹介していきます。

キャンプなどのアウトドアだけではなくご家庭でも使いやすいダッチオーブンや初心者でも手入れが楽に出来るものなど、様々なメーカーから発売されているダッチオーブンを人気のランキング順に紹介していくので気になる商品を見つけてみてください。

ダッチオーブンおすすめ人気ランキング11位~7位

11位:ニトリのダッチオーブン

ニトリのダッチオーブン

ニトリで人気のダッチオーブン

価格:1,490、2,490円

メーカー:ニトリ

サイズ:幅24.5×奥行20.5×高さ10.7㎝、幅29.5×奥行き25.5×14.4㎝

内寸:直径19㎝、24㎝

重量:約3㎏、5.36㎏

素材:鉄

商品情報:直火、IH、オーブン対応

ニトリのダッチオーブンには19㎝と24㎝の2種類のサイズが販売しています。本格的な鋳鉄製のダッチオーブンなのでシーズニングが必要な商品ですが、IHにも対応しているのでご家庭でも使用出来るようになっています。シンプルなデザインなので重量も軽いのが特徴です。

初心者にも使いやすいダッチオーブン

ニトリのダッチオーブン

アウトドアでも家庭でも

ニトリのダッチオーブンは比較的価格が安いので初心者でも簡単にキャンプなどのアウトドアでダッチオーブンの料理を作ることが出来ます。

シーズニングやお手入れなどの手間は掛かりますが、安い割にはしっかりと使えますしアウトドア用品メーカーのダッチオーブンにも引けを取らない使い心地が人気となっています。正しいお手入れ方法で使っていれば安くても長持ちするのでおすすめです。

コスパ抜群のニトダッチ

ニトリのダッチオーブンはやはり他のメーカーよりも価格が安いことが魅力です。Twitterなどでも安くて本格的なダッチオーブンが手に入り、初心者でもきちんと調理出来ると人気になっています。キャンプなどのアウトドアをしない方でも、ダッチオーブンを使えば家庭でご飯も炊けるので停電時などの防災時での使い方も出来ると評判です。

10位:Petromax(ペトロマックス)のダッチオーブン

Petromaxのダッチオーブン

重厚でかっこいいダッチオーブン

価格:5,600~27,000円(税抜)

メーカー:Petromax

サイズ:幅20×奥行17×高さ11.5㎝~幅44×奥行41.5×高さ23㎝

内寸:直径17㎝、22㎝。27㎝、33㎝(浅型・深型)、39㎝、41.5㎝

重量:2.8㎏~18.9㎏

素材:鋳鉄製

商品情報:直火対応、シーズニング済

高品質の鋳鉄製なので熱をゆっくりじっくり伝え、食材の旨味を引き出してくれるダッチオーブンです。シーズニング済なので手間がかからないのもおすすめのポイントです。アウトドアメーカーのダッチオーブンなので価格は少し高いですが使いやすい商品です。

サイズ展開が豊富

petromaxダッチオーブンの種類

高品質の鋳鉄製ダッチオーブン

Petromaxのダッチオーブンは他メーカーのダッチオーブンよりもサイズが多く、7つのサイズ展開があるので作りたい料理による選び方が出来ます。

 

1人前の炊飯やスープなどで使える17㎝の小さなサイズから、キャンプのアウトドアでローストチキンやパエリアなど大勢で囲む料理に使える41.5㎝の大きめサイズまであるのでどんな世帯でも使うことが出来るおすすめのダッチオーブンです。

 

デザインとサイズ感が人気

Petromaxのダッチオーブンはそのサイズ展開の豊富さやシーズニング済で手間が掛からないことももちろん人気のポイントですが、おしゃれなフタのデザインも人気となっています。他メーカーのダッチオーブンはシンプルなデザインのものが多いので、かっこいいデザインを求める方にも人気があります。

9位:CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)のダッチオーブン

CAPTAINSTAGのダッチオーブン

シンプルで軽いダッチオーブン

価格:6,000、7,500、11,500円(税別)

メーカー:CAPTAIN STAG

サイズ:幅20.5×高さ12㎝、幅26×高さ12.8㎝、幅32×高さ16.5㎝

内寸:直径20㎝、25㎝、30㎝

重量:2.7㎏、5.2㎏、8.5㎏

素材:鋳鉄製(シリコン樹脂塗装)

商品情報:直火・IH対応、シーズニング済

CAPTAIN STAGのダッチオーブンは鋳鉄製ですが比較的軽く、女性にも使いやすいのが特徴です。シリコン樹脂塗装が施されているのでシーズニングをしなくても錆にくく焦げ付きにくいのも特徴となっています。

フタも活用できるダッチオーブン

CAPTAIN STAGダッチオーブンのサイズ

ダッチオーブンのフタも活用

CAPTAIN STAGのダッチオーブンは20㎝のみフタの形状が少し異なりますが、25㎝と30㎝は平らなフタの形状をしています。

平らな形状になっているため、フタの上に炭を乗せて上火で調理することも可能ですし、蓋を裏返してフライパンとしての使い方も出来ます。サイズ展開は少ないですがリッドリフターや収納バッグ、スタンドやグローブなどが入ったビギナーセットなども販売しており、初心者にも使いやすいと人気です。

耐久性も抜群

CAPTAIN STAGのダッチオーブンは底に脚が付いていないのでIH調理も可能で家庭でも使いやすいダッチオーブンです。耐久性も抜群で長年愛用している方も多くいる商品になっています。ダッチオーブンとスキレットを合わせたコンボクッカーなども販売しているのでおすすめです。

8位:CHUMS(チャムス)のカラーダッチオーブン

CHUMSのダッチオーブン

おしゃれなホーローダッチオーブン

価格:10,584円

メーカー:CHUMS

サイズ:直径26.3×高さ10.5㎝

内寸:直径25.7㎝

重量:5.6㎏

素材:鋳鉄、ホーロー加工

商品情報:直火・IH対応

CHUMSから発売しているカラーダッチオーブンはホーロー製のおしゃれなデザインが特徴の商品です。サイズは1サイズのみですが、優れた熱伝導率で料理を美味しく仕上げるだけではなくシーズニングなどの手入れも必要ないので初心者にもおすすめです。

2018年秋冬の新作として発売

CHUMSのダッチオーブンカラー

可愛いデザイン

CHUMSのカラーダッチオーブンは2018年の秋冬新作アイテムとして発売されたばかりの商品です。

ホーロー製のダッチオーブンはLE CRUSET(ル・クルーゼ)などが有名ですが、CHUMSのものは比較的価格も安くカラーデザインもおしゃれなので予約しなければ手に入らないほどの人気商品となっています。同じく2018年の春夏には鋳鉄製のダッチオーブンも発売しており、そちらも人気の商品となっています。

初心者にもおすすめのダッチオーブン

Twitterなどの口コミでもCHUMSのダッチオーブンは評価の高い商品となっています。可愛いデザインと特に真っ赤なカラーのものが人気が高く、売り切れていて予約している方もいるようです。他のホーローダッチオーブンよりも価格が安く初心者にも購入しやすいのが人気の理由になっているようです。

7位:Coleman(コールマン)ダッチオーブンSF

colemanのダッチオーブン

漆黒でかっこいいダッチオーブン

価格:8,078、9,698、12,744円

メーカー:Coleman

サイズ:直径20×高さ10㎝、直径25×高さ13㎝、直径31×高さ19㎝

内寸:直径18.5㎝、23.5㎝、29㎝

重量:3.5㎏、6㎏、10㎏

素材:鋳鉄製

商品情報:直火対応、シーズニング済

ColemanのダッチオーブンSFは3種類のサイズ展開があります。作りたい料理や人数によってサイズが選べるだけではなくダッチオーブンを購入するとリッドリフターと収納ケースも付いてくるのでオプション品の購入無しでも使うことが出来ます。シンプルで無駄のないデザインなので比較的重量が軽いのも特徴です。

家庭でも使えるフラットボトム

家庭用コンロで使えるダッチオーブン

8インチと10インチは脚がついていない

Colemanのダッチオーブンのサイズで8インチと10インチのものは脚が付いていないタイプになります。

 

フラットボトムなので家庭用のコンロでも使用出来ますしアウトドアでも安定して置くことが出来るので人気があります。

一方でサイズの大きい12インチは脚付きタイプになっているのでキャンプなどのアウトドアでの使い方がおすすめです。アウトドア用品メーカーのダッチオーブンなので価格は少し高いですが、耐久性にも優れているのでアウトドアで多少乱暴に扱っても大丈夫です。

シーズニング不要で便利なダッチオーブン

Colemanのダッチオーブンはシーズニングが不要ですぐに使用出来ることや、リッドリフターや収納ケースが付いていても価格が安いことから人気のある商品です。ステンレスプレートは8インチのサイズにしか付いていないので10インチと12インチは別途購入の必要がありますが、蒸し料理などにもおすすめです。

ダッチオーブンおすすめ人気ランキング6位~4位

6位:LODGE(ロッジ)キャンプオーヴン

LODGEのダッチオーブン

アウトドアで人気のダッチオーブン

価格:12,500、19,000円

メーカー:LODGE

サイズ:幅???×高さ8㎝~幅???×高さ12.5㎝

内寸:直径25.5㎝、30㎝

重量:5.25㎏、8.72㎏

素材:鋳鉄製

商品情報:直火対応、シーズニング済

LODGEのキャンプ用ダッチオーブンは脚付きでアウトドアに使いやすい設計になっています。浅型と深型のタイプがあり料理によって使い分けられるのが特徴で、アウトドア用品のメーカーなので価格は少し高いですが耐久性や品質にも優れた商品となっています。

アウトドアに使いやすいダッチオーブン

LODGEダッチオーブンのサイズ

様々なフタの活用法

LODGEのキャンプ用ダッチオーブンは平らなフタが特徴的な商品です。

 

フタの上に炭を乗せることが出来るように淵が付いており、上火で温めることが出来るのでパンなどの料理にもおすすめです。

さらにはフタは裏返してフライパンとしての使い方も出来るので、鍋部分とフライパン部分で重ねて調理することも可能です。オプションでダッチオーブンを吊り下げることが出来る三脚なども販売しているので活用すれば料理のレパートリーも広がるのでおすすめです。

アウトドア好きに人気

LODGEはアウトドア用品をたくさん取り扱っているメーカーなので古くからダッチオーブンを販売しています。アウトドア好きの方には馴染みのメーカーで、脚付きのキャンプオーヴンもアウトドアが好きな方には定番の人気商品となっています。

5位:LOGOS(ロゴス)SLダッチオーブン

LOGOSのダッチオーブン

使いやすい深型ダッチオーブン

価格:6,000、7,900、12,300円(税別)

メーカー:LOGOS

サイズ:直径20.7×高さ10㎝、直径26×高さ13.5㎝、直径32.5×高さ16.5㎝

内寸:直径18.5㎝、23.7㎝、29.5㎝

重量:3.7㎏、5.5㎏、11㎏

素材:鋳鉄製

商品情報:直火・IH対応、シーズニング済

LOGOSのSLダッチオーブンはシーズニング済で購入後すぐに使える手軽さと、IHにも対応しているのでアウトドアに限らず家庭でも使えるのが特徴です。重厚感のある鋳鉄製で価格も比較的安いので人気が高く、フタの密閉性も良いので料理が美味しく出来ると評判です。収納ケース付きで販売しているので持ち運びも便利です。

深型のダッチオーブン

LOGOSの10インチダッチオーブン

使いやすい設計のダッチオーブン

SLダッチオーブンは脚の付いていないタイプなのでIHでも使用出来ますし、吊り下げなくても調理が出来るのでおすすめです。

 

他のメーカーのダッチオーブンよりも少し深型なので炊飯はもちろん、魚や肉など大きめの食材にも使えますし煮物や汁物なども料理にもおすすめです。

 

 

焼き物などに使用する際には深型で扱いにくいので底網を活用するのがおすすめです。さらに深型のため少し重量がありますが両手持ち出来る取っ手が付いていないので、リッドリフターだけではなくグリルミトンを使用すると扱いやすくなります。

価格の安さと重厚感が人気

LOGOSのダッチオーブンはアウトドア用品のダッチオーブンとしては安く手に入れることが出来ます。本体だけではなく収納バッグも付いているので持ち運びもしやすく便利なのが人気の理由にもなっているようです。鋳鉄製なので重厚感はありますが、他のメーカーよりも薄めなので比較的軽くなっています。ダッチオーブン初心者にもおすすめの商品です。

4位:UNIFLAME(ユニフレーム)ダッチオーブンスーパーディープ

UNIFLAMEのダッチオーブン

黒皮鉄板の美しいダッチオーブン

価格:9,900、14,600、16,900円

メーカー:UNIFLAME

サイズ:直径約25×高さ9.5㎝、直径約30.5×11㎝、直径約35×高さ13㎝

内寸:直径20.5㎝、26㎝、30.5㎝

重量:4.2㎏、5.8㎏、8.8㎏

素材:黒皮鉄板、クリアラッカー焼付塗装

商品情報:直火・IH対応、シーズニング必要

UNIFLAMEのダッチオーブンは中華鍋などに使用されている黒皮鉄板を使用しています。熱伝導率に優れた1枚の鉄板から作られているので衝撃性や温度変化にも強いのが特徴で高温調理のレシピなどにもおすすめです。他のメーカーのダッチオーブンよりも少し深さがあるので大きい食材や汁物などにも向いています。

付属品も充実

UNIFLAMEのダッチオーブン

ステンレス製編やスタンドなど

UNIFLAMEのダッチオーブンはステンレス製の底網やスタンド、レシピブックなどの付属品も付いているので初心者にもおすすめの商品です。

ステンレス製の網は焦げ付きやすい料理を作る際に鍋底に敷くことで焦げ付きを防ぐことが出来ますし、ダッチオーブンの鍋敷きとしての使い方も出来ます。スタンドは10インチと12インチのみの付属品ですが、焚火や炭火での調理時に役に立つのでおすすめです。

黒皮鉄板の性能の高さが人気

UNIFLAMEのダッチオーブンは購入後にシーズニングをしなければならないので少し手間ですが、黒皮鉄板の耐衝撃性や耐温度変化、金たわしで洗える手入れの簡単さなどが人気となっており、レシピブックも付属しているので初心者にも扱いやすいと人気のダッチオーブンとなっています。

ダッチオーブンおすすめ人気ランキング3位「snow peak」和鉄ダッチオーブン

SNOWPEAKのダッチオーブン

日本製で高品質なダッチオーブン

価格:25,800円(税別)

メーカー:snow peak(スノーピーク)

サイズ:リッド/幅31.6×奥行26.8×高さ5.6㎝、スキレット/幅31.6×奥行26.8×高さ5.9㎝、ポット/直径26.8×高さ12㎝

内寸:直径26.8㎝

重量:7.9㎏

素材:鋳鉄製

商品情報:直火・IH対応、シーズニング不要

snow peakのダッチオーブンはリッド、スキレット、ポットの3つに分かれているのが特徴です。さらには燕三条極薄鋳鉄という日本製の強靭で粘りのある鉄素材を使っているために熱伝導率が抜群で使いやすいダッチオーブンとして人気があります。

使いやすい構造

和鉄ダッチオーブン

アウトドアでも家庭でも

snow peakダッチオーブンはキャンプなどのアウトドアにも家庭での使用にも適した構造になっています。

 

フラットボトムなので家庭内で使えるIHにも対応しているだけではなく、2重ハンドルも安定感があるので女性にも使いやすいのが人気です。

 

さらには上火が使えるようにリッド(フタ)に淵が付いていたりとアウトドアにも使いやすい構造なのでおすすめです。

1台4役をこなす優れもの

snow peakのダッチオーブン

料理によって仕様を変えられる

snow peakのダッチオーブンはリッド、スキレット、ポットの3つに分かれているので組み合わせにより4種類の使い方が出来ます。

 

料理によって組み合わせを変える使い方をすることで、使いやすさや食材のうまみの引き出し方も変わってくるので料理好きな方にもおすすめのダッチオーブンです。

シーズニングが要らないのでパーツが多くてもお手入れに手間は掛かりませんし、安心の日本製なので初心者にもおすすめです。使用後にきちんと乾燥させてから保存しておけば錆びることもなく長く使えるので、価格は少し高いですが購入する価値のあるダッチオーブンとなっています。

他の鋳鉄シリーズもおすすめ

snowpeakのコンボダッチ

コンボダッチデュオ・コロダッチポット

snow peakの鋳鉄シリーズには和鉄ダッチオーブンの他にも種類があります。

 

コンボダッチデュオは直径16.8㎝の小さめダッチオーブンになっており、和鉄ダッチオーブンと同じくリッド、スキレット、ポットに分けられる商品です.

着脱式ハンドルが付属しているのでフライパンや鍋として使いやすい商品です。コロダッチポットも13㎝の小さめサイズのダッチオーブンで、一人用や炊飯をするのにおすすめです。和鉄ダッチオーブンのサブとして使用することが出来るのでアウトドアでも充実した調理空間を作ることが出来ておすすめです。

snow peak和製ダッチオーブンの高評価口コミ

snow peakのダッチオーブンはパーツを分けたり組み合わせて使えることから使いやすいと評価の高い商品です。料理によって仕様を変える使い方が出来るだけではなく、IHにも対応しているので家庭でも気軽に使えることがランキング3位の理由にもなっているようです。

ダッチオーブンおすすめ人気ランキング2位「SOTO」ステンレスダッチオーブン

SOTOのダッチオーブン

手入れが簡単なステンレスダッチオーブン

価格:18,000、20,000、24,000円(税別)

メーカー:SOTO(ソト)

サイズ:幅31×奥行22.6×高さ12.5㎝、幅36.5×奥行28×高さ16㎝、幅41.5×奥行32.6×高さ16.5㎝

内寸:直径20.6㎝、25.9㎝、30.6㎝

重量:3.5㎏、4.9㎏、6.9㎏

素材:ステンレス製

商品情報:直火・IH対応、シーズニング不要

SOTOのダッチオーブンは他のメーカーのダッチオーブンとは違いステンレスで作られているのが特徴です。オールステンレス製なので価格は少し高いですがシーズニングも必要なく錆や耐久性にも強く、お手入れが簡単であるのもポイントです。

オールステンレスの耐久性の強さ

SOTOダッチオーブンのサイズ

使いやすい3サイズ

SOTOのステンレスダッチオーブンは金属の中でも特に丈夫なステンレスを使用しており、鋳造ではなく1枚の鋼板からプレス製造されています。

そのためつなぎ目がなく落としても壊れにくい耐久性と温度変化や錆にも強いのが人気となっています。手入れも楽なので家庭でもキャンプなどのアウトドアでも使いやすく、鋳鉄製よりも軽いので女性にも人気が高いことからランキングでも2位となっています。

炭を乗せやすいフタの形状

ステンレスダッチオーブン

上火調理もおすすめ

SOTOのステンレスダッチオーブンは家庭ではもちろんアウトドアにもおすすめです。

 

フタには淵があるので炭を乗せて上火調理も可能なのでパンやピザ、煮込み料理などにもおすすめです。

オプションでステンレス製の底網やリッドリフター、スタンドや収納ケースなども販売しているのでアウトドアの直火で熱くなりやすいステンレスでも快適に使うことが出来ます。

他のステンレスシリーズもおすすめ

SOTOのダッチオーブンデュアル

ダッチオーブンデュアル・ヘビーポットGORA

SOTOのダッチオーブンにはステンレスダッチオーブンデュアルという商品もあります。

 

フタの向きを変えてディープサイズやハーフサイズのポットとして使用することが出来る商品で、家庭で使いやすいダッチオーブンとなっています。

さらには3種類のサイズのポットとリッドのセットであるヘビーポットGORAもおすすめです。スタッキングしてダッチオーブンの中に収納することが出来る商品になっており、リッド部分はアウトドア時にお皿や鍋敷きとして活用することも出来ます。ダッチオーブンのサブとして活躍するのでおすすめです。

SOTOステンレスダッチオーブンの高評価口コミ

SOTOのステンレスダッチオーブンはAmazonの口コミではマイナス評価が見当たらないほど高評価の商品となっています。ステンレス製なので鋳鉄製とは違いシーズニングも不要で使用後も洗剤で洗えることや、アウトドアだけではなく普段の家庭での調理にも向いているので使いやすいという口コミが多くみられました。価格は少し高いですがそれでも購入する価値のあるダッチオーブンとなっているようです。

ダッチオーブンおすすめ人気ランキング1位「LODGE」キッチンオーヴン

LODGEのキッチンオーブン

家庭での使用に人気のダッチオーブン

価格:11,000円、11,500円

メーカー:LODGE

サイズ:直径32×高さ18㎝

内寸:直径25.7㎝

重量:約6㎏

素材:鋳鉄製

商品情報:直火・IH対応、シーズニング済

 

LODGEのダッチオーブンはランキング6位でも紹介しましたが、ランキング1位の商品はキャンプ用ではなくキッチン用のダッチオーブンです。脚の付いていないフラットボトムなので家庭のコンロでも使いやすくIHでも調理可能なのが特徴です。

ハンドル形状での選び方が出来る

LODGEのダッチオーブン

ハンドルは2種類

LODGEのキッチンオーヴンは両手持ちが出来るループハンドルと片手で運べるつるハンドルの2種類があります。

 

サイズは10と1/4インチと同じ大きさになっていますが、よく作る調理や好みによってハンドルを選ぶことが出来ます。

スキレットと合わせて使える

LODGEのダブルダッチ

ダブルダッチとして使用するのもおすすめ

LODGEの鋳鉄製調理器具には10と1/4インチと言うサイズの商品がいくつかあります。なかでもスキレットはダッチオーブンとカバーを共用して使用することも出来ます。

 

ダブルダッチオーヴンも販売しており、ループハンドルのダッチオーブンにループハンドルのスキレットをフタとして使用する商品もあります。すでにキッチンオーヴンを持っている方は同じサイズのスキレットを購入すればダブルダッチオーヴンとして使用することも出来ます。

LODGEキッチンスキレットの高評価口コミ

キッチンオーヴンという名称ですがもちろんキャンプなどのアウトドアに使用することも出来ますし、ダブルダッチならスキレットをフタとして使ったりフライパンとして使ったり両用の使い方が出来るので人気も高いのがランキング1位の人気の理由となっています。

ダッチオーブンで作れるおすすめレシピ!

ダッチオーブンのレシピ

簡単に出来る本格レシピ

人気のおすすめダッチオーブンを紹介しましたが、では実際にダッチオーブンで作ることが出来る料理とそのレシピを紹介します。

下ごしらえなどに手間は掛かりますが、キャンプなどのアウトドアではあらかじめ家で準備をしておけば簡単に出来ます。ダッチオーブンに食材を入れてフタをしておくだけで出来上がる本格的なレシピを紹介しますので参考にしてみてください。

大きめダッチオーブンで作る「ローストチキン」

ダッチオーブンでローストチキン

ローストチキンの材料とレシピ

鶏一羽(手羽先やチキンレッグでも可)

ニンジン2本

玉ねぎ4~5個

じゃがいも4~5個

ローズマリー・塩コショウ少々

ニンジンと玉ねぎ、ジャガイモを細かく切って下処理をした鶏肉に詰め、中身が出ないように竹串やつまようじでフタをします。ダッチオーブンにアルミホイルを敷いて内側にジャガイモを並べ、その上に鶏肉を入れます。隙間に玉ねぎやニンジンなどを詰め塩コショウ、ローズマリーを乗せて後はフタをして焼くだけで出来上がります。ローストチキンのレシピはたくさんあるので毎回食材を変えて楽しむのもおすすめです。

秋の食材で作る「炊き込みご飯」

ダッチオーブンの炊き込みご飯

炊き込みご飯の材料とレシピ

さつまいも1/2本、舞茸1パック

鶏もも肉100g

米2合

酒大さじ2、しょうゆ小さじ1、だし汁大さじ2、塩小さじ1/2

さつまいもは皮をむいて乱切りに、鶏もも肉と舞茸は一口大にしておきます。洗ったお米2合をダッチオーブンに入れて、その上からさつまいも、鶏もも肉、舞茸を入れ調味料をすべて入れます。最後に水を2合を炊飯するときと同じ量入れて炊けば出来上がりです。秋のさつまいもを使ったレシピですが季節によって食材を変えるのもおすすめです。

底網を使った「スモーク」

ダッチオーブンでスモーク

スモークの材料とレシピ

プロセスチーズ、ソーセージ、たまごやチキンなどスモークしたいもの適量

 

 

 

スモークに必要なチップをアルミホイルを敷いたダッチオーブンの底に置いておく。敷き詰めたチップの上に底網を乗せます(チップと網が付かないように脚付きの網を使用するか、アルミホイルで台を作るのがおすすめ)。ダッチオーブンを火にかけてしっかりと煙が出てきたら網の上にアルミホイルを敷き食材を並べます。弱火にして燻せば燻製の出来上がりです(食材の大きさなどによって燻す時間は変わります)。

上火を使った「パン」

ダッチオーブンのパン

パンの材料とレシピ

強力粉:350g

ドライイースト:3g

塩:6g

水:250CC

全ての材料をボウルに入れてベタベタ感がなくなるまで捏ねます。生地がまとまってきたら濡れふきんを被せて1次発酵させます。生地が2倍くらいに膨らめば生地を丸めながら温めておいたダッチオーブンに並べていきます。ダッチオーブンは底網を敷いてクッキングシートなどを乗せておくのがおすすめです。生地を入れたらフタをして15分2次発酵をさせ、ダッチオーブンの上にも炭を乗せて20分焼けば出来上がりです。

デザートにもおすすめ「チーズケーキ」

ダッチオーブンのチーズケーキ

チーズケーキの材料とレシピ(6号サイズ)

クリームチーズ:200g

砂糖:80g

全卵:2個

小麦粉大さじ3

生クリーム:200CC

レモン汁:大さじ2

まずはダッチオーブンを余熱しておきます。常温に戻しておいたクリームチーズを柔らかくなるまで練り、砂糖と卵、小麦粉と生クリーム、レモン汁の順番にしっかりと混ぜ合わせ、用意したケーキ型(ステンレス製か紙型がおすすめ)に生地を流し込みます。ダッチオーブンに底網を敷いてからケーキを入れてフタをします。底3上火7の割合でじっくり焼けば出来上がりです。

ダッチオーブンの使い方や注意点

錆びたダッチオーブン

正しい使い方でダッチオーブンは長持ちする

ランキングでもダッチオーブンの素材やお手入れ方法を少し紹介しましたが、ダッチオーブンを購入したら必ず確認すべき点を紹介します。

購入したダッチオーブンの説明書をきちんと読まず間違った使い方をすれば、特に鋳鉄製のダッチオーブンはすぐに錆付いてしまいます。正しい使い方とお手入れ方法をすれば長く使えて使いやすいダッチオーブンに育つので日頃の使い方や手入れはかなり重要です。

シーズニング

ダッチオーブンのシーズニング

購入後に必ず行うこと

ダッチオーブンは鉄製で出来ているものが多く、錆び予防のためにワックスが塗ってあります。

 

シーズニングとはそのワックスを洗い流して新たに油でダッチオーブン全体を油で馴染ませる作業です。

オリーブオイルで行うのが一般的で、シーズニングを行うことで鉄の臭いを取ったり食材の焦げ付きを防ぐことにも繋がります。使えば使うほど油が馴染んで使いやすくなるので必ず行うべき行程です。シーズニング処理済のダッチオーブンも増えているので面倒な方はシーズニングの有無での選び方もおすすめです。

調理方法

ダッチオーブンの調理方法

焼く・煮る・蒸す・燻す

ダッチオーブンは1つの鍋で4つの使い方が出来るアイテムです。

 

フライパンのようにそのまま焼くことも出来ますし、底網を入れて燻したりフタを使って蒸したりすることも可能です。

なかにはフタを裏返すことでスキレットとしての使い方が出来るような商品も販売しているので、キャンプなどのアウトドアではもちろん、家庭でも便利に使うことが出来るアイテムになっています。HPにおすすめのレシピを乗せているメーカーもあるので真似をして様々な調理方法を試してみるのもおすすめです。

お手入れの仕方

鋳鉄製ダッチオーブン

鋳鉄製は手入れが重要

ダッチオーブンのお手入れはその素材によってかなり異なります。

 

一般的な鋳鉄製のダッチオーブンは使用後、洗剤で洗うことは出来ず、水で汚れを落とした後は錆びを防ぐためにもう一度火にかけて水気を飛ばす必要があります。

料理のレシピによっては焦げ付くこともありますが、焦げをたわしでこすることはNGです。専用のスクレーパーなどで剥がすように取り、シーズニングで馴染ませた油が剥がれたようならもう一度シーズニングを行う必要があります。

ステンレスダッチオーブンの手入れ

ステンレスやホーローはお手入れが簡単

ステンレスやホーロー製のダッチオーブンは普段使っている調理器具と同じように洗剤で洗うことが出来ます。

使用後もふきんなどで水気を拭いて乾かすだけで大丈夫なので鋳鉄製のダッチオーブンよりもお手入れはかなり簡単になります。その分本体の価格は少し高くなりますが、初心者や手入れが面倒な方にはおすすめです。

保管方法

ダッチオーブンの保管方法

専用の収納ケースがおすすめ

ダッチオーブンの収納には各メーカーから販売している専用の収納ケースがおすすめです。

 

鋳鉄製のダッチオーブンは湿気があると錆びやすくなってしまうので、密封できる専用ケースと新聞紙があれば最適です。

ダッチオーブンは専用のケースにそのまま入れるのではなく湿気取りのために新聞紙と共に保管するのがおすすめです。ダッチオーブンの底と本体とフタとの間、さらにはフタの上にも新聞紙を入れておけば収納ケースが汚れる心配もないですしダッチオーブン本体の錆予防にもなるのでおすすめです。

ダッチオーブンに向いている炭とは?

炭の種類

バーベキューの炭

黒炭・木炭・白炭・成形炭など

一般的にバーベキューで使用されている炭にはいくつかの種類があります。

火おこしのしやすい初心者向けの黒炭や価格の安い木炭、火力が安定する白炭や長持ちする成形炭など様々な種類の炭があるのでアウトドアの経験値や料理のレシピなどで炭を変えるのもおすすめです。

ダッチオーブン向けの豆炭

豆炭

安定した火力の豆炭

様々な種類の炭がある中でダッチオーブンに最も適しているのは豆炭と言う炭です。豆炭は石炭を原料とした炭で、コロンとしたフォルムが特徴的です。

豆炭は、大きさが均等で火力が安定しているので長時間使用する鉄板焼きやダッチオーブンでの料理にぴったりの炭となっています。

豆炭の使い方とポイント

豆炭の使い方

火付きと臭いがポイント

豆炭は木炭や黒炭などとは違い火付きが良くないので着火剤との併用がおすすめです。

 

さらには石炭の鉱物由来の香りがするので食材に臭いが移ってしまう恐れもあるので直火料理には向いていません。

豆炭は焼き料理ではなくフタを使った蒸し料理やスモークなどの燻す料理に最適です。小さい炭なのでダッチオーブンのフタに乗せて上火に使うのもおすすめです。

ダッチオーブンおすすめ人気ランキング!のまとめ

人気のダッチオーブン

万能で使いやすいダッチオーブンが人気

ダッチオーブンのおすすめ人気ランキングを紹介しましたが、上位はお手入れがしやすかったり様々な使い方が出来る商品が人気となっていました。

価格は少し高くても耐久性が高く長持ちするものや初心者でも使いやすいものを求めている方が多く、家庭でもキャンプでも使いやすい商品が人気となっているようです。

ダッチオーブンで料理

素材の選び方や使い方も重要

素材の選び方やおすすめ料理とレシピ、使い方や炭の選び方なども紹介しましたが、様々なダッチオーブンが販売しているので自分に合うものを見つけるのが重要です。

キャンプなどのアウトドアシーンや家庭などの使う場所も大事ですが、素材によって食材のうまみの引き出し方が変わったりお手入れの方法によって耐久性や長持ちの度合いも変わってくるので、正しい使い方で正しいお手入れをしたうえでダッチオーブンを自分好みに育ててみてはいかがでしょうか。

調理器具のおすすめランキングはこちらも

包丁ケースおすすめランキングTOP13!キャンプや料理教室への持ち運びに便利 | ランキングまとめメディア
圧力鍋のおすすめ人気ランキングTOP15!失敗しない選び方 | ランキングまとめメディア
スキレットおすすめ人気ランキングTOP13!インスタ映えするおしゃれ料理に! | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ