女性のためのソイプロテインのおすすめ15選!美容にもおすすめの効果とは?

ソイプロテインはダイエット効果のある食品として、日本はおろか海外でも女性の人気を集めています。プロテインという名前から筋肉が付ける為にアスリートが摂取しているイメージが根強いですが、女性にも嬉しい効果がたくさんあるのでおすすめです。初心者でもわかるようにソイプロテインの選び方を解説しながら、おすすめの製品15選をランキング形式で紹介します。美容にも強い効果があるソイプロテインを、このランキングを参考にして選びましょう。

目次

  1. 女性のためのソイプロテインのおすすめ人気ランキング
  2. 女性のためのソイプロテインのおすすめ人気ランキング15位〜11位
  3. 女性のためのソイプロテインのおすすめ人気ランキング10位〜7位
  4. 女性のためのソイプロテインのおすすめ人気ランキング6位〜4位
  5. 女性のためのソイプロテインのおすすめ人気ランキング3位〜1位
  6. ソイプロテインを飲むタイミング
  7. 開封後のソイプロテインの保管方法は?
  8. 女性のためのソイプロテインのおすすめ人気ランキングまとめ

女性のためのソイプロテインのおすすめ人気ランキング

女性にも嬉しい効果があるソイプロテイン

ソイプロテインが持つ効果を紹介!

ランキングに入る前に、ソイプロテインが持つ様々な効果を説明していきます。大豆から作られている事から、非常にヘルシーな飲み物として有名です。

 

フレーバーが豊富な製品もあるので、意外と飽きが来ないのもソイプロテインの魅力です。勿論味の方もお墨付きなので、自分の口に合うか色々試してみましょう。

ソイプロテインとは?

大豆を原料としたプロテイン

ソイプロテインの紹介①

女性に人気のソイプロテインをランキングで紹介!

ソイプロテインとは大豆から作られたプロテイン飲料です。大豆には植物性タンパク質が多く含まれているので、ソイプロテインも非常にヘルシーな飲み物になります。

 

大豆で出来ている事しか知らなかったり、「プロテイン」という名前から「太りそう」「無駄な筋肉が付きそう」だとしばしば言われますが、それらは誤解です。

植物性タンパク質が豊富なソイプロテイン

ソイプロテインの紹介②

ヘルシーな植物性タンパク質飲料

ホエイプロテインもカゼインプロテインも牛乳から作られる乳由来のタンパク質ですが、ヘルシーな植物性タンパク質もあります。その代表格がソイプロテインです。

ソイプロテインは大豆から油脂を絞った後に、タンパク質を取り出したモノです。大豆には油脂の他にもタンパク質が約35%含まれており、ソイプロテインには植物由来の大豆タンパク質がそのまま含まれています。日常の食生活で肉や魚などの動物性タンパク質を摂る機会は多いですが、ヘルシーな大豆タンパク質などは不足しがちです。手軽に利用出来るソイプロテインを活用する事もおすすめです。

ソイプロテインの生理作用

ソイプロテインの生理作用の紹介

大豆ペプチドでよりしなやかな筋肉を!

ソイプロテインはアミノ酸結合が多い為、アミノ酸数個から数十個結合した状態で分解されている事もあります。この状態を「大豆ペプチド」と言います。

 

大豆ペプチドの生理作用の研究は、現在まで数多く行われた上で報告されています。その中から、アスリートと更年期の女性におすすめの飲み方を紹介しましょう。

初心者や女性にもおすすめ

初心者や女性におすすめなソイプロテイン

女性や初心者に嬉しい効果が多く秘められている!

プロテインといえばアスリートが筋肉を付ける為に摂取している印象が強いですが、ソイプロテインには女性にも嬉しい効果がたくさんあります。

 

ソイプロテインの選び方を解説しながら、amazonや楽天など通販で購入出来るソイプロテインをランキングで紹介します。特に初心者は参考にしてみて下さい。

ソイプロテインのおすすめの飲み方

ソイプロテインのおすすめの飲み方の紹介①

アスリートにおすすめの飲み方

まずはアスリートにおすすめの飲み方です。ソイプロテインは筋力維持や筋損傷抑制が期待出来るので、朝食など食事中での摂取もおすすめです。

 

BCAA(分岐鎖アミノ酸)もしっかり含まれており、脂肪分が少ないので就寝前にも使えます。筋肉を強化しながら持久力を上げ、集中力の維持にも役立てましょう。

 

ソイプロテインのおすすめの飲み方の紹介②

更年期女性におすすめの飲み方

次は更年期女性におすすめの飲み方です。ホルモンバランスの乱れによって引き起こされる肉体的・精神的な不調は女性ホルモンの低下が原因だと言われています。

 

ソイプロテインに含まれるイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに似た作用を起こすのでダイエットに最適です。これには心を落ち着ける作用もあります。

ソイプロテインのデメリット

ソイプロテインのデメリットの紹介①

消化に時間がかかる

多くの生理作用やメリットが期待出来るソイプロテインですが、利用方法によってはデメリットになりうる要素もあります。それらについても説明しましょう。

 

1つは消化に時間がかかる事です。ソイプロテイン自体はアミノ酸結合が高い分、消化し終えるまでに時間がかかります。即効性ならホエイプロテインの方が上です。

 

ゆっくりと消化されるのはダイエットには有効ですが、胃腸が弱っている時などにはかえって負担になるかもしれません。筋肉の修復に時間がかかる点も問題視されており、即効性を期待するならホエイプロテインの方が有効です。ソイプロテインで即効性を期待する場合は、大豆ペプチドのように分解を進めた成分入りのモノをおすすめします。ソイプロテインの弱点である即効性をカバーしているので期待出来ます。

ソイプロテインのデメリットの紹介②

苦味ペプチドが飲む人を選ぶ

もう1つは苦味ペプチドの存在です。大豆タンパク質を酵素などで処理する際、一種の苦味成分が生成されます。これは「大豆ペプチド」と一般的に呼ばれています。

牛乳のタンパク質から作られるプロテインよりも味も風味も独特な為、これを苦手だとしてソイプロテインを避ける人は意外と多いです。苦味ペプチドが苦手な人はいくつかのソイプロテインの商品から自分好みの味を見つけましょう。腹持ちが良く美容にいい成分も多く含まれているので、筋トレやダイエットには最適です。ヘルシーなのは勿論、フレーバーも豊富な事からソイプロテインは初心者にもおすすめです。

ソイプロテインの効果は?

ダイエット効果

メロディアンのソイプロテイン

ダイエット効果の高い食品

ソイプロテイン最大のメリットとしても取り上げられているのが、ダイエット効果です。ソイプロテインには大豆の食物繊維が豊富に含まれています。

 

その為非常に腹持ちが良く、満腹状態が続きます。カロリーも抑えているのでダイエットに最適な食品とされ、スラッとしたボディを手に入れたい女性にピッタリです。

以前は大豆タンパク質のアミノ酸スコアは過小評価されていましたが、現在では満点の100とされています。吸収速度に関しては乳清タンパクであるホエイと比べて遅いですが、その分腹持ちがいいというメリットもあります。ダイエットには嬉しい要素です。また大豆タンパク質のアミノ酸にはBCAAを多く含んでおり、これは筋肉を強くさせるだけでなく、持久力や集中力も上げるといった効果も期待されます。

皮膚や骨の強化

ナチュラルチョコレートのソイプロテイン

イソフラボンを摂って皮膚や骨を強化!

大豆に含まれるイソフラボンは0.2~0.3%しか含まれていない高い価値のある栄養成分で、「皮膚や骨の強化に大きな影響を与える」と言われています。

最近の日本人は味噌や納豆といった大豆食品から離れている傾向にあり、年々摂取量が激減しているそうです。ソイプロテインはイソフラボンを中心に摂取出来る訳ではありませんが、日頃から大豆食品を食べない女性にとっては希望と言えるでしょう。スポーツを楽しんでいる人は勿論、ダイエットを実践している人にとっても満腹感を得やすいソイプロテインは強い味方となります。上手く活用しながら痩せましょう。

筋肉肥大効果

ソイプロテインとシェイカー

食事と併用してキレイな筋肉を作り上げよう!

ソイプロテインをしっかりと摂取する事で筋肉は成長します。ボディビルダーの中にもソイプロテインを愛飲している人は多く、皆キレイな筋肉を作り上げています。

ソイプロテインはホエイプロテインよりも吸収が遅いものの、腹持ちがいい事もあって女性人気が高いです。ただしプロテインは、あくまでも筋トレの効果を上げる補助アイテムでしかありません。ソイプロテイン自体はアミノ酸結合が多く、消化されるまでに時間がかかるというデメリットもあります。しっかりと食事のメニューにもこだわった上で、ソイプロテインと併用しながら効果的な筋トレに励みましょう。

お腹を下しにくい

ソイプロテインの効果④

乳糖がないのでお腹を下しにくい!

プロテインを飲むとお腹を下してしまう人も少なからずいますが、これはホエイプロテインやカゼインプロテインに含まれる動物性タンパク質(乳糖)が原因です。

乳糖は乳製品から取れる成分なので人によっては上手く吸収出来ず、下痢や腹痛となって体に異変を伝えます。一方ソイプロテインは乳糖のような動物性タンパク質が含まれていない事が多く、お腹を下す事なく摂取する事が出来ます。牛乳などの乳製品を食べてお腹を壊す人でも安心して摂取出来るので、ソイプロテインは健康面からの評価も高いです。以上の点から健康を気にする人にもおすすめです。

リーズナブルな価格

ソイプロテインの効果⑤

リーズナブルな価格で味も良くなった!

ソイプロテインはホエイプロテインと比較しても金額面では殆ど変わらず、最も安価な商品となるとホエイプロテインよりもお手頃な価格になっている事があります。

また最近ではプロテインに使われるフレーバーの種類が増えてきたのも一因です。中には甘い味付けのフレーバーもあるので、苦手な味で苦しい思いをする機会も減っている事でしょう。海外製だとやや割高ですが、一般的なホエイプロテインよりも安い事は変わりません。リーズナブルな価格の割には買って損する事のないソイプロテインが多い為、一度試してみるのもいいかもしれません。

ソイプロテインの選び方のポイント

タンパク質の含有量

ソイプロテインを選ぶポイント①

タンパク質含有量は70%以上が目安!

タンパク質含有量はダイエット・筋トレ・栄養補給といったどの目的においても最も重要視して欲しいポイントです。なるべく70%以上のモノを選びましょう。

 

ソイプロテインに含まれる植物性タンパク質は脂肪になりにくいとされています。含有量が高ければ余分な脂質やカロリーを摂取しなくて済むので痩せやすくなります。

 

ソイプロテインがダイエット飲料として重宝されているのは、こういった理由があるからです。皆さんも上手く摂取しながら、丈夫で美しいカラダを作りましょう。

脂質・炭水化物の含有量

ソイプロテインを選ぶポイント②

用途に応じて多め・少なめを選ぶ

ダイエットや筋トレの継続を左右する脂質・炭水化物は単純に少なければいいモノではありません。脂質は1回につき1.5g程度なら過剰に太る危険性が減ります。

 

一方で炭水化物は筋トレ前後に摂取する場合、多めにした方がいいです。約1.0~1.2g程度を目安に摂取すれば筋肉が付きやすくなります。

アミノ酸スコア

アミノ酸スコアの高いソイプロテイン

アミノ酸スコアをチェック!

アミノ酸はタンパク質を構成する成分であり、成人は8種類のアミノ酸(必須アミノ酸)が必要になります。8種類のうち1つでも低いと体内で上手く構成されません。

 

この必須アミノ酸を見分ける事は難しい為、「アミノ酸スコア」という独自の数値が用いられます。タンパク質を効率よく吸収するかの目安として活躍します。

ソイプロテインを選ぶポイント④

自分に合った味を見つけてダイエットを続けよう!

プロテインダイエットで最も重要なのは継続する事です。成分以上に味を重視するのが重要な要素になっていきます。特に初心者は好みの味を把握しておきましょう。

 

イチゴ・ココア・ヨーグルトなど、利用者の好みに合わせてプロテインには豊富な味付けがされています。少量で色々購入し、自分にあった味を選ぶのが望ましいです。

 

海外製と日本製の違いは?

日本製と海外製のプロテインを比較①

海外製と日本製のプロテインを比較!

プロテインは国内外問わず多くのメーカーが販売しています。海外のプロテインを飲むのに不安を感じている人の為に、日本製と比較しながら紹介していきます。

 

まず海外製プロテインの方が日本製よりも量が多く、値段も安いです。日本では1kg前後が標準サイズですが、海外だと3~5kgが標準サイズとされています。

次に海外(特にアメリカ)の方が筋トレやサプリメントの分化が進んでいる分、日本よりも種類が豊富です。また法律が違う事から、日本では使えない成分を入れられるというメリットもあります。こうした理由から日本でも海外製のプロテインを愛用する人が年々増えています。ただし安全面から有名メーカーの海外製品を選ぶなど、購入の際は人体に悪影響を及ぼさないか注意しましょう。

日本製と海外製のプロテインを比較②

海外製の方が種類も豊富!

世界一サプリメントやプロテインの消費量が多いのはアメリカです。市場規模も日本とは段違いに大きく、かなりの数の海外製プロテインが販売されています。

 

その分安くて品質の高いプロテインも販売されており、日本でも海外製プロテインを愛用するユーザーが多いのは、こういった理由が関係しているようです。

 

プロテインは飲む目的や好みの味に応じて必要な成分が異なるので、海外製プロテインの方が自分にピッタリのプロテインを見つけられる可能性が高いです。

法律が違うので日本では入れられない成分も入っている事は説明しましたが、「ドーピングに引っ掛かるのではないか?」と疑う人もいるでしょう。しかし、プロテインは基本的にドーピングには引っ掛かりません。プロテインの大手メーカーは国内外を問わず、アンチドーピング機構と連携してドーピングの撲滅活動にも力を入れています。内容成分を検査した上で作っているので、安心してタンパク質を摂取出来る訳です。

女性のためのソイプロテインのおすすめ人気ランキング15位〜11位

ソイプロテインのおすすめ人気ランキング15位〜11位の発表

ソイプロテインのおすすめ人気ランキング15位〜11位の発表

まずはソイプロテインのおすすめ人気ランキング15位~11位を発表します。紹介するモノは日本製が中心ですが、海外製を選ぶ際の参考にもなるかもしれません。

 

含まれる成分やどのような効果があるか、詳しく説明しますので参考にして下さい。それではランキングスタートです!

15位:マイプロテイン/ソイプロテイン(アイソレート)

マイプロテイン/ソイプロテイン(アイソレート)の成分詳細

マイプロテイン/ソイプロテイン(アイソレート)の成分詳細

値段:2520円

エネルギー:387kcal

タンパク質:90g

脂質:0.5g

炭水化物:5g

食塩相当量:3.8g

ソイプロテインおすすめ人気ランキング15位はマイプロテイン/ソイプロテイン(アイソレート)です。イギリスで誕生したスポーツアイテムブランド「マイプロテイン」が販売している人気のソイプロテインです。脂質と炭水化物を極限までカットした一方、タンパク質は驚異の90%超えを実現している事から高い女性人気を獲得しています。海外だとベジタリアンやヴィーガンの間でも健康食として愛飲されています。

15位:マイプロテイン/ソイプロテイン(アイソレート)の口コミを紹介!

マイプロテイン/ソイプロテイン(アイソレート)のフレーバーは全部で5種類あり、それぞれノンフレーバー・バニラ・抹茶・ストロベリークリーム・チョコレートスムーズとなっています。ただしどれも美味しいとは言えない為、ホエイ(乳清)プロテインやヨーグルトを少し混ぜれば飲みやすくなります。口コミでもこの方法で飲んでみたところ美味しかったという感想が相次いでいるので、初心者の皆さんは是非お試し下さい。

14位:Kentai(健康体力研究所)/アミノスーパータブ900(大豆ペプチド)

Kentai/アミノスーパータブ900の成分詳細

Kentai/アミノスーパータブ900の成分詳細

値段:3025円

エネルギー:20kcal

タンパク質:3.5g

脂質:0.3g

炭水化物:0.9g

食塩相当量:0.06g

ソイプロテインおすすめ人気ランキング14位はKentai/アミノスーパータブ900です。日本の人気プロテインブランド「健康体力研究所(Kentai)」から販売されているタブレット型ソイプロテインです。タブレット型なので、アミノ酸が必要なタイミングで手軽に補給出来ます。アミノ酸スコア:100という理想的なタンパク質源を効率よく体内に吸収出来るように開発された事から、多くのトレーナーに愛用されています。

14位:Kentai/アミノスーパータブ900の口コミを紹介!

Kentai/アミノスーパータブ900の口コミ

保存料や着色料などが入っていない商品!

保存料や着色料、人工甘味料などを一切使用していないのも人気の理由とされているようです。アミノ酸含有量が非常に高いので、トレーニング後のリカバリー食品として使うと効率良く筋肉を成長させられます。

リピートしてます、いろんな成分が入っていてお得です。合成甘味料などもないので安心です。トレーニング前後に20粒ほどザッととって水で飲み込みます。

値段も3000円前後とお手頃で、コストパフォーマンスが高いのも嬉しい点です。初心者に飲みやすい味わいなので、1日10~20粒を目安にしながら水や牛乳と一緒に飲むのが望ましいです。

13位:AIGエム/ウェリナ/ソイプロテイン

AIGエム/ウェリナ/ソイプロテインの成分詳細

AIGエム/ウェリナ/ソイプロテインの成分詳細

値段:4050円

エネルギー:387kcal

タンパク質:90g

脂質:0.5g

炭水化物:5g

食塩相当量:3.8g

ソイプロテインおすすめ人気ランキング13位はAIGエム/ウェリナ/ソイプロテインです。インナーマッスルを鍛えたい人やたくさん運動した人へのリカバリー食品としておすすめです。フレーバーは画像の黒蜜きなこ味の他に、ココア味などもあります。水や牛乳で割って飲むと美味しくなります。特に牛乳だと濃厚さが増すので、プロテインの味に慣れていない初心者にもおすすめです。

13位:AIGエム/ウェリナ/ソイプロテインの口コミを紹介!

合成着色料は勿論砂糖も一切使わず、サトウキビを圧搾して出来たキビ汁から作られた黒糖と羅漢果エキスを配合し、黒蜜きなこ味として仕上げました。プロテイン初心者でも飲みやすい味わいなので安心です。運動後は出来るだけ長い間血中にアミノ酸を保っておく必要がある為、大豆由来のウェリナ/ソイプロテインは理想的なプロテイン飲料だと言えます。100%サトウキビ由来の黒糖で美味しく健康に過ごしましょう。

12位:540プロジェクト/ソイプロテイン改

540プロジェクト/ソイプロテイン改の成分詳細

540プロジェクト/ソイプロテイン改の成分詳細

値段:1800円

エネルギー:360kcal

タンパク質:84.6g

脂質:0.2g

炭水化物:4.9g

食塩相当量:0.0007g

ソイプロテインおすすめ人気ランキング12位は540プロジェクト/ソイプロテイン改です。プロテインを数多く販売している「540プロジェクト」の人気ソイプロテインです。1800円というズバ抜けて高いコストパフォーマンスから、プロテイン初心者やお金の少ない学生を中心に人気を集めています。とにかく安くて量の多いソイプロテインが欲しい人にもおすすめです。数回に分けて飲むのが望ましいでしょう。

12位:540プロジェクト/ソイプロテイン改の口コミを紹介!

540プロジェクト/ソイプロテイン改ではソイプロテインが苦手だという人の為に、大豆臭を抑えるなどして飲みやすさを追求しています。保存料・着色料・香料を使用していないので低カロリーであり、ダイエットしている人やトレーニングで筋肉量アップを考えている人に最適です。他のソイプロテインよりも大豆臭を抑えて溶けやすくなっており、口コミでも「飲みやすい」という感想が多く好評なようです。

11位:タンパクオトメ/ピュアプロテイン100

タンパクオトメ/ピュアプロテイン100の成分詳細

タンパクオトメ/ピュアプロテイン100の成分詳細

値段:2916円

エネルギー:387kcal

タンパク質:56g

脂質:0.5g

炭水化物:1.6g

食塩相当量:3.8g

ソイプロテインおすすめ人気ランキング11位はタンパクオトメ/ピュアプロテイン100です。プロテインらしくないネーミングと可愛らしいパッケージが特徴ですが、低カロリー・低脂質・低炭水化物という3つの要素からダイエットには最適です。モデルのように引き締まって美しいボディになれる事から、女性人気も高いです。フレーバーはチャイ・ベリー・カカオ・ピーチの4種類で、スムージーのように味わえます。

11位:タンパクオトメ/ピュアプロテイン100の口コミを紹介!

タンパクオトメ/ピュアプロテイン100は「女性の為の美容専門プロテイン」を目指して作られた、ホエイ&大豆の配合によるWプロテインです。甘味料も香料も一切使用せず、タンパク質だけを摂取出来るようになっている非常にヘルシーなプロテインでもあります。更にグルテンフリーなので健康志向な人でも安心です。植物性と動物性、両方のタンパク質をバランス良く摂取して、美しいボディを目指しましょう。

女性のためのソイプロテインのおすすめ人気ランキング10位〜7位

ソイプロテインのおすすめ人気ランキング10位〜7位の発表

ソイプロテインのおすすめ人気ランキング10位〜7位の発表

続いてはソイプロテインのおすすめ人気ランキング10位〜7位の発表です。初心者はソイプロテインに含まれる栄養素を製品ごとにチェックしていきましょう。

10位:ウイダー/おいしい大豆プロテイン

ウイダー/おいしい大豆プロテインの成分詳細

ウイダー/おいしい大豆プロテインの成分詳細

値段:2900円

エネルギー:360kcal

タンパク質:50g

脂質:2g

炭水化物:35g

食塩相当量:0.75g

ソイプロテインおすすめ人気ランキング10位はウイダー/おいしい大豆プロテインです。「ウイダーinゼリー」などでおなじみの森永製菓オリジナルブランドが手掛ける人気ソイプロテインです。植物由来の大豆タンパク質を使用しており、健康維持の為に美味しく摂取出来ます。タンパク質含有量が50%とソイプロテインとしては低く、ガチガチの筋トレに励むよりも、スポーツや日々の運動をたしなむ女性におすすめです。

10位:ウイダー/おいしい大豆プロテインの口コミを紹介!

ウイダー/おいしい大豆プロテインにはカルシウムなどのミネラルやビタミンDが多めに含まれていますが、乳製品アレルギーの女性には注意が必要です。毎日不足しているタンパク質、特に50代以上の人は運動頻度の高い低いにかかわらずタンパク質が不足している傾向にあります。タンパク質を補いながら、筋肉の減少・代謝の低下などを抑えられるソイプロテインです。補助食品の1つとして愛用するのがベストでしょう。

9位:バルクスポーツ/ソイプロ

バルクスポーツ/ソイプロの成分詳細

バルクスポーツ/ソイプロの成分詳細

値段:3300円

エネルギー:383kcal

タンパク質:90.7g

脂質:0.67g

炭水化物:4g

食塩相当量:0.78g

ソイプロテインおすすめ人気ランキング9位はバルクスポーツ/ソイプロです。有名サプリメントブランド「バルクスポーツ」の人気ソイプロテインです。附属スプーン1杯で約27gのタンパク質を摂取可能で、フレーバーや甘味料は一切使用していません。水に溶けやすいのも魅力の1つです。香料や甘味料を一切使用せず、水に溶けやすいプロテインに仕上がっており、タンパク質含有量は90%と非常に高めです。

9位:バルクスポーツ/ソイプロの口コミを紹介!

必須アミノ酸はホエイプロテインと比べて低めですが、運動後の筋肉修復に最適なアルギニンやグルタミン酸など、タンパク質を多めに含んでいます。特にホエイプロテインが苦手な人にとっては、毎日のプロテイン源として期待出来ます。その為効果的な筋肥大が期待出来るソイプロテインとして愛用されています。バルクスポーツ/ソイプロを毎日のプロテイン源として活用しながら、理想の肉体を手に入れましょう。

8位:Kentai/パワープロテイン/プロフェッショナルタイプ

Kentai/パワープロテイン/プロフェッショナルタイプの成分詳細

Kentai/パワープロテイン/プロフェッショナルタイプの成分詳細

値段:3428円

エネルギー:375kcal

タンパク質:83.1g

脂質:4.4g

炭水化物:0.8g

食塩相当量:0.81g

ソイプロテインおすすめ人気ランキング8位はKentai/パワープロテイン/プロフェッショナルタイプです。体内では生成出来ない必須アミノ酸をバランス良く配合している為、体の状態を整えながら筋肉にタンパク質を効果的に届けられます。アミノ酸スコア100と、必須アミノ酸の理想パターンに適合した高タンパク質章句品です。粘り強く長時間動き続けるアスリートのカラダ作りを効果的にサポートします。

8位:Kentai/パワープロテイン/プロフェッショナルタイプの口コミを紹介!

フレーバーはプレーンタイプのみであり、自分好みの味へのアレンジが出来ます。また糖類ゼロのプロテインである為、アスリートの減量やシェイプアップといったダイエットシーンでも摂取して欲しいソイプロテインです。遺伝子組み換えではない大豆を使用するなど、安全・徹底品質にこだわったソイプロテインです。タンパク質含有量が87%と高めに設定されているのも嬉しいポイントです。

7位:ニチガ/ソイプロテインW80

ニチガ/ソイプロテインW80の成分詳細

ニチガ/ソイプロテインW80の成分詳細

値段:2520円

エネルギー:387kcal

タンパク質:90g

脂質:0.5g

炭水化物:5g

食塩相当量:3.8g

ソイプロテインおすすめ人気ランキング7位はニチガ/ソイプロテインW80です。ニチガから販売されているソイプロテインであり、他のプロテインと比べても脂質は少なめです。脂肪分が少ない植物性タンパク質を100%使用しているので、ダイエットに最適です。タンパク質含有量は85%と高い数値になっているので、筋肥大も期待出来るでしょう。カロリー管理している女性や初心者におすすめなソイプロテインです。

7位:ニチガ/ソイプロテインW80の口コミを紹介!

砂糖や人工甘味料は一切使っていない為、大豆そのものの甘みを堪能出来ます。ニチガ/ソイプロテインW80には大豆特有の粉っぽさが残るものの、ココア粉末などを入れれば解消されます。水や牛乳に混ぜて飲む以外にも、料理に混ぜて使うといった方法もあります。アミノ酸スコア:100を記録するなど高い数値である事から、ダイエットサポート向きのソイプロテインだと言えるでしょう。

女性のためのソイプロテインのおすすめ人気ランキング6位〜4位

ソイプロテインのおすすめ人気ランキング6位〜4位の発表

ソイプロテインのおすすめ人気ランキング6位〜4位の発表

続いてはソイプロテインのおすすめ人気ランキング6位〜4位の発表です。筋トレのみならずダイエットでも筋肉は必要です。理想的な肉体を作る上では欠かせません。

6位:Kentai/ウェイトダウン/ソイプロテイン

Kentai/ウェイトダウン/ソイプロテインの成分詳細

Kentai/ウェイトダウン/ソイプロテインの成分詳細

値段:2980円

エネルギー:387kcal

タンパク質:90g

脂質:0.5g

炭水化物:5g

食塩相当量:3.8g

ソイプロテインおすすめ人気ランキング6位はKentai/ウェイトダウン/ソイプロテインです。大豆タンパク質と食物繊維で健康的に取り組む、新感覚のソイプロテインです。減量中にもおすすめのソイプロテインですが、Kentai/ウェイトダウン/ソイプロテインは植物性タンパク質に加え、食物繊維を配合しています。満腹感を得やすいソイプロテインに食物繊維を配合する事から置き換えダイエットに最適です。

6位:Kentai/ウェイトダウン/ソイプロテインの口コミを紹介!

フレーバーはココア・バナナの2種類があり、どちらも甘さ控えめです。ただココアの方が水にも牛乳にも混ぜやすく美味しいという感想が相次いでいる事から人気があります。またシェイクした時の泡立ちが少ないので、ストレスフリーで摂取可能という点も挙げられます。カラダ造りに励むアスリート向けにタンパク質も多めに含まれている事から、筋トレ後にソイプロテインを飲むのもおすすめです。

5位:ザバス/シェイプ&ビューティ

ザバス/シェイプ&ビューティの成分詳細

ザバス/シェイプ&ビューティの成分詳細

値段:970円

エネルギー:387kcal

タンパク質:90g

脂質:0.5g

炭水化物:5g

食塩相当量:3.8g

ソイプロテインおすすめ人気ランキング5位はザバス/シェイプ&ビューティです。ザバスから販売されている、低カロリー・低脂質のダイエットにおすすめなソイプロテインです。タンパク質含有量は54.5%とやや低めで、筋トレよりもダイエットをしたい女性や初心者におすすめです。ダイエット中は不足しがちな鉄やカルシウムを補ってくれるだけでなく、何と言っても美味しいのが魅力的です。

5位:ザバス/シェイプ&ビューティの口コミを紹介!

フレーバーはミルクティー風味だけですが、牛乳に溶かすとまるでご褒美のような美味しさとなります。よりマイルドな味わいになるので、女性に人気のフレーバーとされています。飲み方は運動後や食事にプラスするのが望ましいでしょう。高タンパクかつ低脂肪というだけでなく、コラーゲンや鉄も摂れるザバス/シェイプ&ビューティを、食事と運動にプラスしましょう。

4位:Kentai/100%SOYパワープロテインタブ

Kentai/100%SOYパワープロテインタブの成分詳細

Kentai/100%SOYパワープロテインタブの成分詳細

値段:3726円

エネルギー:387kcal

タンパク質:90g

脂質:0.5g

炭水化物:5g

食塩相当量:3.8g

ソイプロテインおすすめ人気ランキング4位はKentai/100%SOYパワープロテインタブです。Kentaiが販売するタブレット型のプロテインは、液体に溶かすタイプやバータイプのモノとは違い、味を気にしなくていいのが魅力です。置き換えダイエットなどには向かないかもしれませんが、トレーニング後のプロテインの接種を苦痛に感じない事から初心者にもおすすめです。

4位:Kentai/100%SOYパワープロテインタブの口コミを紹介!

甘味料を一切使用せず、カロリー・脂質・炭水化物もかなり控えめにしています。容器にそのまま入っているからシェーカーも不要で洗い物も出ず、ジムなどへの持ち込みにも便利です。1日10粒~20粒飲む必要があるというデメリットがありますが、合宿や遠征の都合上プロテインの持ち運びに苦労するアスリートには心強い味方となります。味を気にしなくていい事からもおすすめです。

女性のためのソイプロテインのおすすめ人気ランキング3位〜1位

ソイプロテインのおすすめ人気ランキング3位〜1位の発表

ソイプロテインのおすすめ人気ランキング3位〜1位の発表

いよいよソイプロテインのおすすめ人気ランキング3位〜1位の発表です。効果は勿論の事、実際に愛飲する人が多い事から人気も高いソイプロテインばかりです。

3位:ボディウイング/大豆プロテイン

ボディウイング/大豆プロテインの成分詳細①

ボディウイング/大豆プロテインの成分詳細

値段:2100円

エネルギー:387kcal

タンパク質:90g

脂質:0.5g

炭水化物:5g

食塩相当量:3.8g

ソイプロテインおすすめ人気ランキング3位はボディウイング/大豆プロテインです。ボディウイングから販売されている人気ソイプロテインであり、従来のソイプロテインよりも大豆臭を抑えた事で飲みやすくなっています。タンパク質含有量は85%とソイプロテインの中でも高めですが、ややダマになりやすい傾向にある分、少しずつ消化していくのをおすすめします。

ボディウイング/大豆プロテインの成分詳細②

時には味を変える事も!

ボディウイング/大豆プロテインは圧倒的なコスパの良さが魅力ですが、味にやや難点があります。というのも、ソイプロテインそのままの味がするかららしいです。

 

個人的好みかもしれませんが、ダイエットにおいてプロテインの味は重要な要素です。

1食あたりの価格も低く、脂質・炭水化物もかなり低い優れモノではあるものの、味に関してはどうしても好みが分かれると言えます。チョコレートやストロベリーなどの風味が付いたフレーバーも場合によってはお試し下さい。脂質・炭水化物・カロリーは増えますが、味を変えるだけでもダイエットや筋トレは楽しくなるハズです。水やジュースに溶かして飲む場合は、シェイカーを使うと溶けやすくなります。

3位:ボディウイング/大豆プロテインの口コミを紹介!

フレーバーはプレーンだけですが、無調整豆乳を飲んでいるかのようなフレーバーなので、豆乳に慣れている女性や初心者でもたちまち気に入るでしょう。「余計なモノは入れない」「原料は厳選する」というボディウイングのコンセプトに従って作られたソイプロテインであり、カラダに優しい味わいが特徴です。1日に1回から数回に分けて、少しずつ飲むようにしましょう。

2位:ザバス/ソイプロテイン100

ザバス/ソイプロテイン100の成分詳細①

ザバス/ソイプロテイン100の成分詳細

値段:3680円

エネルギー:387kcal

タンパク質:90g

脂質:0.5g

炭水化物:5g

食塩相当量:3.8g

ソイプロテインおすすめ人気ランキング2位はザバス/ソイプロテイン100です。ザバスから販売されている人気ソイプロテインの1つであり、肉体作りをサポートしてくれる7種のビタミンB群、体調維持に欠かせないビタミンCを配合しています。3680円とやや高めな値段設定になっているのがネックですが、水でも牛乳でも溶けやすく、運動後でも飲みやすいのがメリットです。 

ザバス/ソイプロテイン100の成分詳細②

トレーニング後に最適なココア味!

ザバス/ソイプロテインは、市販のソイプロテインの中でも非常に飲みやすい事で人気があります。特にココア味はトレーニング後も飲みやすい事で支持されています。

1食あたり79kcalで脂質・炭水化物も少ない事から、ダイエットには最適なソイプロテインです。そのまま水に溶かしても飲めますが、牛乳や豆乳に混ぜて飲むと更に美味しくなります。プロテインは高タンパク・低脂肪が特長の食品なので、良質なタンパク質を手軽に補給出来ます。トレーニング後のココア味を楽しみに頑張れるという人も多いので、是非一度その美味しさを試してみましょう。

2位:ザバス/ソイプロテイン100の口コミを紹介!

ザバス/ソイプロテイン100のタンパク質含有量はマイプロテインやバルクスポーツのソイプロテインに劣りますが、飲みやすさでは一歩勝っています。引き締まった肉体作りに取り組むトレーナーへのスタンダードなプロテインとして愛用されており、植物性タンパク質を求める健康志向のトレーナーにもおすすめです。美味しく愛飲しながら理想の肉体を手に入れましょう。

1位:ザバス/ウェイトダウン

ザバス/ウェイトダウンの成分詳細①

ザバス/ウェイトダウンの成分詳細

値段:3880円

エネルギー:387kcal

タンパク質:90g

脂質:0.5g

炭水化物:5g

食塩相当量:3.8g

ソイプロテインおすすめ人気ランキング1位はザバス/ウェイトダウンです。人気スポーツ用品ブランド「ザバス」から販売されているソイプロテインであり、運動後に摂取する事で減量時に不足しがちな11種類のミネラルとビタミンを無理なく体に取り込めます。「細マッチョを本気で目指す男性の多くが一度は購入するプロテイン」とも呼ばれ、ソイプロテインの中でも高いシェアを獲得しています。

ザバス/ウェイトダウンの成分詳細②

ヨーグルト味で飲みやすいソイプロテイン!

ザバス/ウェイトダウンはヨーグルト味のサッパリした味と風味が特徴であり、スポーツ後や朝食代わりにピッタリな人気のソイプロテインです。

11種のビタミンと3種のミネラルが配合されているので、手軽に必要な栄養素を摂取出来るのも魅力です。特に運動後に摂取する事で、その効果は飛躍的に向上します。カロリーは1食あたり79kcal、脂質・炭水化物は0.9gとかなり控えめなので、ダイエットにも最適です。ヨーグルト味なので水や牛乳に溶けやすいのは勿論、フルーツと一緒にミキサーにかけてスムージーにしても美味しくいただけます。

1位:ザバス/ウェイトダウンの口コミを紹介!

ザバス/ウェイトダウンのフレーバーは、ヨーグルト・チョコレートの2種類から選べます。また「ガルシニア」植物を乾燥させてから抽出した「ハイドロキシクエン酸(HCA)エキス」が含まれており、このお陰で空腹感を抑えるなど、ダイエットにも高い効果を発揮するでしょう。ただしガルシニアエキスを摂りすぎると頭痛や吐き気を引き起こしてしまうので、くれぐれも摂りすぎに注意して下さい。

ソイプロテインを飲むタイミング

ソイプロテインを飲むタイミングの紹介①

正しく飲むタイミングを紹介!

ホエイプロテインはトレーニング後に飲む人が多いですが、ソイプロテインはいつ飲めばいいのでしょうか?ここでは正しく飲むタイミングを紹介します。

起床後

ソイプロテインを飲むタイミングの紹介②

午前トレーニングの日での摂取

午前から筋トレの日は、朝食時にしっかりとタンパク質を摂取する方がおすすめです。ただし、すぐにトレーニングに取り組むと消化不良を起こしてしまいます。

その為朝食から1~2時間程時間を空けるのがベストです。朝食と共にプロテインを摂取、筋トレ後は昼食で栄養を摂り、15~16時にかけての間に再度プロテインでタンパク質を補給しましょう。その後夕食を食べれば、理想的に栄養を摂取する事が出来ます。一度にたくさん摂取せず、間を置きながらに摂取した方が良くなります。筋トレやダイエットに慣れない初心者の皆さんは、まずこの方法を試してみて下さい。

間食

ソイプロテインを飲むタイミングの紹介③

午後トレーニングの日での摂取

午後から筋トレの日は、朝食時・トレーニング後にソイプロテインを飲む事をおすすめします。また朝食時は、昨日の夕食のメニューによって量を上下させましょう。

 

筋トレ後の30~45分以内は「ゴールデンタイム」とも呼ばれ、筋肉が栄養を必要とする時間です。

午後から筋トレの場合は特に時間は決めなくてもいいので、筋トレ後の30~45分以内にソイプロテインを必ず摂取する事を覚えておいて下さい。しっかりと筋肉を育てる為にトレーニング後のプロテインは欠かさず摂取しましょう。

就寝前

ソイプロテインを飲むタイミングの紹介④

夜トレーニングの日での摂取

夜から筋トレの日は、午前から筋トレの日と同じタイミングで摂取する事になります。朝食時と筋トレ2時間前の計2回にプロテインを摂取しましょう。

午後から筋トレの日と同じく、昨日の夕食並びに朝食のメニュー次第では摂取する必要はありません。トレーニング後は夕食でタンパク質を摂取出来なければプロテインを摂取して下さい。理想は筋トレ後にタンパク質と炭水化物をバランス良く摂取出来る事です。食事とプロテインを上手く併用しながら、理想の肉体を手に入れましょう。

トレーニングのない日

ソイプロテインを飲むタイミングの紹介⑤

トレーニングのない日での摂取

トレーニングなしの日に摂取する場合は、起床後・空腹時・たんぱく質が足りていない食事の計3食、いずれかのタイミングで摂取すれば問題ありません。

 

例えば昨日筋トレをした場合、起床後はタンパク質が枯渇している可能性がある為、起きてからすぐにソイプロテインを摂取する事をおすすめします。

 

筋トレをしない日でも筋肉を回復させる為にタンパク質は必要となります。日頃から不足しないようにこまめに摂取しましょう。

プロテインシェイカーも合わせてチェック!

プロテインシェイカーの紹介①

プロテインを混ぜるのに必要不可欠なシェイカー

プロテインを混ぜる時には「シェイカー」を使うのがおすすめです。特にソイプロテインはプロテインの中でも一際溶けにくく、しっかり混ぜる必要があります。

 

ダマが出来たり混ぜきれなかったりすると、口当たりも味も不快なモノになってしまいます。シェイカーは出来る限り多めに購入しておくようにしましょう。

 

画像のザバス専用手動シェイカー以外にも、メッシュ・バネによる電動といった高機能のシェイカーも多数販売されています。色々試してみるのもいいでしょう。

シェイカーの選び方は機能性以外にも、洗いやすさや携帯性といった多くのポイントがあります。いくら機能性に優れていても洗うのが面倒だと大きなストレスになりかねないので、よく考えてから購入しましょう。プロテイン初心者であれば構造がなるべく単純なモノから購入するのがおすすめです。またボトル口が広い方が洗いやすいので、手の大きい人は幅広なシェイカーを選ぶようにしましょう。

プロテインシェイカーの紹介②

容量が大きめなHALEO/パワーシェイカー

特におすすめなのが「HALEO/パワーシェイカー」です。このシェイカーは海外製という事もあり、容量は800mlと、日本のシェイカーよりも多めです。

海外製のプロテインは1食分のパウダーが非常に大きく、それに応じて水もたくさん入れなくてはいけません。底の部分にはワークアウト用パウダーの持ち運びに便利なパウダーケースが付いているので、持ち運びや外出時に2回プロテインを飲みたい人には便利です。プロテイン以外にも水をたくさん入れて持ち歩きたい人にもおすすめで、携帯性に優れたシェイカーである事が窺えます。

開封後のソイプロテインの保管方法は?

ソイプロテインの保管方法の紹介①

開封後のソイプロテインの保管方法を紹介!

ここからは開封したソイプロテイン、その正しい保管方法について解説します。正しく保管しないと品質が下がってお腹を下す事もありますので注意して下さい。

ソイプロテインの保管方法の紹介②

ベストな保存場所は冷蔵庫

ソイプロテインの保存に当たって、高温多湿だけは避けるべきです。直射日光は勿論、電子レンジや炊飯器といった熱を発する家電製品の側に置くのも厳禁です。

 

冷蔵庫の中は涼しい湿度で一定に保たれていて、湿度も50%前後になっている為プロテインの保存には最適です。ただし使う前には常温に戻しておきましょう。

 

冷蔵庫から出してすぐに水や牛乳とシェイクすると、上手く混ざらずダマになってしまいます。この点には注意して下さい。

ソイプロテインの保管方法の紹介③

プロテインの消費期限を目安に!

続いては保存期間です。未開封の場合は消費期限を目安にするのがおすすめですが、開封したら早めに使い切りましょう。

 

記載されている倍の時間が目安です。例えば使用目安が20日分なら、40日以内に使い切るのが正しいです。

ソイプロテインの保管方法の紹介④

消味期限がない場合の保管方法

プロテインに賞味期限の記載がない場合の保管方法についても紹介します。まず賞味期限がどこにも書かれていない場合、それは海外産であるケースもあります。

 

プロテインの賞味期限は意外と短く、せっかく買ったにもかかわらず「飲んでも大丈夫か」と悩んでいるうちに賞味期限を過ぎてしまったケースは少なくないハズです。

賞味期限とは「美味しく食べられる時間」という意味なので、仮に賞味期限が短くてもすぐに腐ったり食べられなくなったりする訳ではありません。プロテインは未開封であればある程度長い期間は大丈夫ですが、「安いから」と安易な理由で大量購入すると手が付けられなくなってしまいます。ビタミンなどで添加されているモノは酸化で味が壊れてしまうので、早めに飲み切った方がいいです。

ソイプロテインの保管方法の紹介⑤

プロテインを購入する際におすすめの量

プロテインは1日20g程度の摂取が必要と言われているので、1ヶ月だと600gが目安になります。半年分摂取する場合だと3~4kgで充分でしょう。

またプロテインが腐るには一定の条件があります。酸素・水分・適切な温度の3つです。特に水分と混ぜると腐るのが一気に早くなるので注意しましょう。常温のまま1時間も放置しておくと非常にマズイので、水などに溶かしたらすぐに飲むか、冷蔵庫に保管するなどしてなるべく早く飲んで下さい。なお持ち歩きには保冷も出来る事から水筒がおすすめです。密閉状態なので味が変化する心配もありません。

ソイプロテインの保管方法の紹介⑥

乾燥材の必要性について

食品を保存する際に便利なのが乾燥材ですが、プロテインは元々湿気りにくい粉末なので、その必要はないと言えるでしょう。

 

どうしても欲しい場合は各自購入して下さい。「食品用乾燥材」で検索すれば購入出来るサイトもあります。

女性のためのソイプロテインのおすすめ人気ランキングまとめ

ダイエットや筋肉作りに便利なソイプロテイン

食事と併用して美しい肉体を手に入れよう!

ダイエットや筋肉作りに最適とされるソイプロテインをランキングとして紹介しました。皆さんが愛用しているソイプロテインはランキング入りしていたでしょうか?

あくまでもソイプロテインは栄養補助食品に過ぎず、これだけを飲んだからといって急激に筋肉が付いたり、体調が良くなったりする事はありません。まずは食事から摂取出来るタンパク質・脂質・炭水化物・ビタミン・無機質を計算する事から始めましょう。それらを計算した後に足りていないと感じた時は、ソイプロテインでタンパク質を補給して下さい。より豊かな生活を送れるようにしましょう!

ダイエット食品に関する他の記事はこちら!

青汁ダイエットブログ人気おすすめランキングTOP22!口コミで評判なのは? | ランキングまとめメディア
シリアル食品おすすめランキングTOP25!ダイエット効果があるのは? | ランキングまとめメディア
栄養補助食品おすすめランキングTOP25!ダイエットや忙しい時の栄養補給に! | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ