焦げにくいフライパンのおすすめ人気20選!選び方解説も【IH・ガス対応】

毎日の調理に欠かせないフライパンは、各メーカーが鉄やテフロンなどの素材で焦げにくい製品を開発しています。しかしIHやガスコンロ対応の製品など種類が豊富なため選び方でお悩みを持つ人も少なくありません。そのためここでは2018年最新版となる焦げにくいフライパンのおすすめ人気ランキングをまとめていきます。蓋の収納方法についてもご紹介していきますので、おすすめ人気ランキングと合わせてチェックしていきましょう。

目次

  1. フライパンのおすすめ人気ランキング20選!【2018】
  2. フライパンのおすすめ人気ランキング20位~11位
  3. フライパンのおすすめ人気ランキング10位~7位
  4. フライパンのおすすめ人気ランキング6位~4位
  5. フライパンのおすすめ人気ランキング3位~1位
  6. スッキリ!フライパンの蓋の収納方法
  7. フライパンのおすすめ人気ランキング20選!のまとめ

フライパンのおすすめ人気ランキング20選!【2018】

売れ筋メーカーやフライパンの選び方を紹介

フライパンと食材を撮影している画像

選りすぐりのランキングTOP20

いよいよここから2018年最新のフライパンおすすめ人気ランキングTOP20をご紹介していきます。

 

このおすすめランキングでは各メーカーがこだわり抜いた売れ筋のフライパンを厳選しました。

フライパンは一家に一枚必ず置いてあるであろう重要な調理器具です。買い替えを検討している人や、これから新生活を始める人は人気の焦げ付きにくいフライパンの中からお気に入りのものを見つけましょう。それでは焦げにくいフライパンおすすめ人気ランキングのスタートです!

フライパンの種類や選び方

焦げ付きに強いテフロン素材を選ぶ

テフロン加工のフライパンで目玉焼きを作っている画像

安価で焦げにくいテフロン加工

フライパンにはフッ素樹脂加工された製品が多く、このフッ素樹脂の中で最も有名な商品名がテフロンになります。

 

料理を普段あまりしない人でもテフロンという言葉は聞いたことがあるはずです。

その特性は少量の油でも焦げにくく耐熱性に優れているため、多くのメーカーがフライパンにテフロン加工を施してきました。メリットは価格が安くお手入れが簡単な点で、デメリットは衝撃に弱いため金属製のヘラを使用するとテフロン加工が剥がれてしまう点です。そのためテフロン加工されたフライパンは消耗品と位置付けるのが妥当でしょう。選び方でコスパを重視する方におすすめなのがテフロン加工のフライパンです。

長く使える鉄製素材を選ぶ

鉄製のフライパンを写している画像

寿命が長い鉄製のフライパン

テフロン加工に続いてフライパンの選び方で注目して欲しい素材は鉄製になります。

 

鉄製のフライパンを使う場合のメリットは高い熱伝導性と蓄熱性です。

さらに頑丈なため一生モノのフライパンとして重宝してくれることでしょう。デメリットは価格の高さとお手入れが面倒な点になります。しかし一度お手入れ方法を習得すれば長く愛用することができますので、ロングスパンで使えるフライパンを探している人は鉄製を選ぶようにしましょう。

メニューや食材に合わせて素材を選ぶ

鋳物製のフライパンを撮影している画像

鋳物製のフライパン

金属を溶かして鋳型で整形する鋳物を素材にしたフライパンの特徴は、食材の芯までしっかりと熱を通してくれるということになります。

そのため表面に焦げ目を付けたいステーキやハンバーグに適した素材と言えるでしょう。慣れるまではフライパンのそばから離れることはできませんが、焼き時間を把握することで絶品の肉料理を味わうことができるはずです。そのため選び方として肉料理を美味しく焼きたい人と思っている人は鋳物製のフライパンを選ぶようにしましょう。

アルミ製のフライパンを写している画像

アルミ製のフライパン

アルミ製のフライパンが最大の売りにしているのは軽量で使いやすい点です。

 

そのため調理中にフライパンを頻繁に振る機会が多くなるパスタ料理に適しています。

さらにアルミ製のフライパンは熱伝導がスピーディーなため、昔から食材をフランベする調理法に使われてきました。選び方としてはご自宅で洋食が中心の方はアルミ製のフライパンを持っておくと重宝するはずです。種類も豊富になっていますのでアルミ製のフライパンを一枚ご自宅に用意しておきましょう。

銅製のフライパンを撮影している画像

銅製のフライパン

銅製のフライパンは昔から世界中のレストランで使われてきました。

 

その理由は優れた熱伝導性と、銅イオンによる高い抗菌作用が人気を集めたためです。

錆びにくくお手入れもしやすい銅製のデメリットは、重たくて変形しやすい点だと言えるでしょう。しかし強い衝撃を与えない限り簡単に変形することはありません。選び方のポイントは重めになっているため、玉子焼きを作るコンパクトなフライパンは銅製のものを選ぶようにしましょう。

チタン製のフライパンを写している画像

チタン製のフライパン

チタン製のフライパンは錆びにくいため具材の焦げ付きを防ぐという大きなメリットがあります。

そのためメンテナンス性に優れているのですが、デメリットとしては熱伝導性の悪さが挙げられるでしょう。メリットとデメリットを考慮すると、チタン製のフライパンは家庭用よりもアウトドア用に適した素材となっています。軽いため持ち運びに便利なチタン製のフライパンは、アウトドアに出かけることの多い人が選ぶようにしましょう。

ステンレス製のフライパンを撮影している画像

ステンレス製のフライパン

ステンレス製のフライパンは頑丈で錆びにくい点がメリットと言えるでしょう。

 

デメリットとしては食材がくっつき易いため、焦げてしまう確率が高くなる点です。

さらに熱伝導性も悪いのですが、このデメリットは予熱調理に応用できますので、一概に評価を下げるポイントにはなりません。ただし重たい素材になるため、選び方で軽量を重視している方はステンレス製のフライパンを避けるようにしましょう。

ガラス製のフライパンを写している画像

ガラス製のフライパン

あまり種類はなく一般的ではありませんが耐熱性のガラスを素材にしたフライパンも開発されてきました。

ガラス製のフライパンは見た目がおしゃれで、レンジやオーブンに対応した製品が多くなっています。デメリットは割れる可能性があることと、どうしても重量が重くなってしまう点です。選び方で機能性よりも見た目を重要視している方はガラス製のフライパンの購入を検討してみましょう。

使いやすいサイズや重さを選ぶ

フライパンのサイズを紹介する画像

ご家族の人数で異なるサイズ選び

フライパンの選び方で大切になるサイズは大きく分けると3種類になります。

1人暮らしの方や簡単な調理に適した14cm~20cmの小型サイズ、2~3人家族に適した22cm~26cmの中型サイズ、そして28cm以上の大型サイズとなっています。もちろん複数のフライパンを持つことがベストですが、まずはご家庭の環境に合わせたサイズを3種類の中から選んでいきましょう。

約1kgのフライパンを撮影している画像

選び方で重要になる重さ

フライパンの選び方では重量も確認しておかなければならない必須事項と言えるでしょう。

 

調理した食材をお皿などへ移す時に重たくてこぼしてしまった経験をお持ちの方もいるはずです。

そのためご自分でしっかりと扱える重量を選ぶようにしましょう。素材では鉄製が最も重く、ステンレスとアルミの順で軽くなっていき、最も軽い素材はチタンになります。あくまでも目安ですが1kg未満は女性向け、1kg以上は男性向けという点を選び方の参考にしましょう。

IH・ガスに両方対応をしているものを選ぶ

IH対応フライパンを写している画像

豊富な種類があるIH対応製品

2018年現在、日本のコンロはガスが約40%、IHが約30%の割合となっています。

 

IHクッキングヒーターの普及が伸びる中、各メーカーがIHとガスの両方に対応するフライパンを製造してきました。

このままIHの普及率上昇していくことが予想されていますので、新たにフライパンを購入する場合はIHとガスの両方に対応したものを購入することをおすすめします。IH対応のフライパンには安全性を認証するSGマークにIHと記載されていますので、選び方で迷った時は表記を確認するようにしましょう。

表面加工フライパンの種類と特徴

表面に加工を施したフライパンを撮影している画像

メリットとデメリット

フライパンは素材だけでなく加工の種類によっても、焦げ付かないなどの機能性が異なります。

 

表面加工で最もポピュラーなものは上述したテフロン加工と、セラミック粒子を表面にコーティングしたセラミック加工です。

テフロン加工などのメリットは食材が焦げ付きにくい点ですが、その一方で高温調理には向いていません。ですのでテフロンやセラミックが剥がれないよう中火以下の火力で調理する必要があります。こうした特徴もフライパンの選び方に役立てましょう。

マーブルコートのフライパンを撮影している画像

最先端のフライパン加工技術

上述した通りテフロン加工の弱点は耐久性の低さとなっていて、剥がれてしまうと食材がこびりついてしまいます。

 

そこで最先端の技術を駆使して新たなコーティング方法が開発されました。

まず開発されたのはダイヤモンドコート加工で、これは非常に硬い人口のダイヤモンド粒子をフッ素樹脂に混ぜたコーティングです。こちらは摩耗に強いためコーティングによるこびりつきにくさを長期間維持できるようになりました。他にも大理石の粒子を表面にコーティングしたマーブルコートも優れた耐久性を誇っています。最先端のコーティング技術がデメリットを解消したことも覚えておきましょう。

フライパンのおすすめ人気ランキング20位~11位

フライパンでベーコンエッグを作っている画像

種類が豊富な人気のフライパン

いよいよここから2018年最新の焦げにくいフライパンのおすすめ人気ランキングを発表していきます。

 

様々な種類が揃ったおすすめランキングでお好みのフライパンを見つけましょう。

20位:グリーンシェフロックスフライパンIH

日本初上陸のアルミ製フライパン

グリーンシェフロックスフライパンIHを撮影している画像

ダブル加工で焦げにくさが持続

価格:2730円~3580円

メーカー:アイリスオーヤマ

重量:535g~1.15kg

素材:アルミニウム合金

対応熱源:ガス、IH

まず2018年焦げにくいフライパンのおすすめ人気ランキングTOP20に入ったのは、アイリスオーヤマの「グリーンシェフロックスフライパンIH」でした。凹凸を付けるロックス加工を施した表面にサーモロンコーティングをすることにより、優れた耐久性と焦げにくさを実現しています。こちらはサイズが20、26、28cmの3種類となっていますので、ご自分の環境に合ったものを選ぶようにしましょう。

焦げにくいフライパンでストレスなく調理を楽しむ愛用者

ガスとIHに対応したこのフライパンは、耐摩耗試験を120万回クリアしてきました。そのため具材が焦げにくいだけでなく、効果が長持ちすることも実証済みです。さらに少ない油で調理できるためヘルシーで家計に優しいフライパンと言えるでしょう。26cmまでであれば女性にも使いやすい重さとなっています。コストパフォーマンスの高いフライパンで美味しい料理を作っていきましょう。

19位:鉄フライパン25cm蓋付き

焦げにくいファイバーライン加工の鉄製フライパン

鉄フライパン25cm蓋付きを写している画像

長く愛用できるシンプルなデザイン

価格:5000円

メーカー:柳宗理

重量:1.08kg

素材:鉄(ブルーテンパ材)

対応熱源:ガス、IH

ファイバーラインとはフライパンの表面に繊維状の凹凸を施す特殊加工を指しています。この凹凸によってフライパンと食材が様々な点で接触するため、こびりつきを防止することに成功しました。素材は鉄の中でも熱伝導率の高いブルーテンパ材を使用していますので、高火力が必要な炒め物に適しています。こちらのフライパンでプロ顔負けの本格料理を作ってみましょう。

使いやすいデザインを評価する口コミ

注ぎ口を加工してあるフライパン

ユーザーに喜ばれる蓋と機能性

「鉄フライパン25cm蓋付き」は独自設計により、フライパンの左右両側に注ぎ口を張り出させています。

 

そのため食材を皿へ移す時などに使いやすいと口コミで高い評価を受けました。

IHで使用してますが、まずフライパンの形が、お湯を捨てるときや、お皿に盛るときに便利です。
左右両方が「く」の字型になっているので右利き左利きどちらの方でも使いやすいと思います。

鉄製のフライパンとしては重たくない点もおすすめ人気ランキング入りした理由となっています。蓋が付属されていることも多くのユーザーに喜ばれていますので、「鉄フライパン25cm蓋付き」を鉄製フライパンのエントリーモデルとしてチョイスしてみましょう。

18位:センレンキャストフライパン26cm

テフロン加工のアルミ製フライパン

センレンキャストフライパンを撮影している画像

丈夫で軽く女性におすすめ

価格:4860円

メーカー:北陸アルミニウム

重量:620g

素材:アルミニウム合金

対応熱源:ガス

アルミ合金メーカーが開発した頑丈で軽量な「センレンキャストフライパン26cm」が、おすすめ人気ランキング第18位を獲得しました。こちらはテフロン加工の最高クラスであるプラチナプラスを採用しています。プラチナプラスは通常のテフロン加工に比べ7倍の耐久性能を誇っているため、テフロンが剥がれにくいフライパンを探している人はこの製品の購入を検討してみましょう。

センレンキャストフライパンでノンオイル調理をしている動画

上記は油無しでも目玉焼きをキレイに作っている映像です。残念ながらIHには対応していませんが、テフロン加工のフライパンは健康志向の人に使ってもらいたい製品です。このランキングでご紹介した以外にも、サイズは18cm~36cmまで全9種類がラインナップされていますので、使いやすさとご家庭環境に適したサイズを探してみましょう。

17位:ヒスイフライパン26cm

ヒスイでコーティングしたセラミック製のフライパン

ヒスイフライパン26cmを写している画像

高温調理に対応した製品

価格:5000円

メーカー:アピデ

重量:1.05kg

素材:セラミック、アルミニウム合金

対応熱源:ガス、IH

フッ素加工に比べると耐熱性に優れている点が、ヒスイコーティングの特徴となっています。ヒスイコーティングは焦げにくいため少量の油で調理が可能なため、健康志向の高いユーザーから高い評価をもらいました。薄緑の可愛いカラーリングが見栄えするため、おしゃれなフライパンを探している方は「ヒスイフライパン26cm」をチェックしておきましょう。

ヒスイという響きで購入を決めたユーザーのTwitter

テフロン加工などが主流の中、ヒスイコーティングはフライパン業界に一石を投じる新技術です。そのため上記Twitterのように、最先端の製品に関心がある人には「ヒスイフライパン26cm」がおすすめと言えるでしょう。デザインと機能性、そして使いやすい重量のフライパンを選ぶと日々の料理に楽しさが加わるはずです。

16位:トレル26cm

取っ手が取れる収納に便利なフライパン

トレルを撮影している画像

食卓プレートとしても使える機能性

価格:1490円

メーカー:ニトリ

重量:510g

素材:アルミニウム合金

対応熱源:ガス、IH

2018年最新のフライパンおすすめ人気ランキング第16位には、取っ手が取れるため収納しやすくお皿代わりとして使える「トレル26cm」がランクインしました。こちらは20cmのコンパクトなサイズも用意されています。とても軽量なフライパンですので、お子様と一緒に料理を楽しみたい主婦の方はこちらの製品を検索しておきましょう。

天ぷらを作った愛用者のTwitter

トレルには深鍋タイプのフライパンもラインナップされています。別売りの取っ手を1つ購入すれば、シリーズ全てのフライパンに対応できるのでまとめ買いがおすすめとなっています。サイズ違いのフライパンは重ねることでまとめて収納できますので場所を取ることもありません。頻繁に調理をする方はお求めやすい価格のフライパンを選んでみましょう。

15位:空焚き26cm

国内唯一の打ち出し式で製造された鉄製フライパン

空焚きを写している画像

表面の凹凸が焦げ付きを防止

価格:4083円

メーカー:山田工業所

重量:1.1kg

素材:鉄

対応熱源:ガス、IH

「空焚き26cm」は鉄をたたき出す打ち出し式で製造されているため、表面に細かな凹凸がある点が特徴的な鉄製のフライパンです。この凹凸が油なじみを良くすることで、鉄製でありながら焦げ付きにくい機能性を実現しました。24~33cmまで5種類のサイズが用意されていてIHにも対応していますので、ご家族の人数に合わせたサイズの購入を検討してみましょう。

焦げにくいことを評価するユーザー

打ち出し式の「空焚き」が焦げにくいことを実感している愛用者のTwitterです。上記Twitterのように鉄製は重たいのでサイズはしっかりと確認しておきましょう。プロの料理人も愛用する鉄製のフライパンは、優れた蓄熱性で食材に熱を伝えていきながら旨味を閉じ込めていきます。その上で「空焚き」は焦げを防ぐので、ご自宅で気軽に本格的な料理を作ってみましょう。

14位:バイオタン深型フライパン28cm

2年保証が付いた焦げにくいアルミ製フライパン

ガストロラックスのフライパン

ヒルトンの厨房で愛用される逸品

価格:31320円

メーカー:ガストロラックス

重量:1.62kg

素材:アルミニウム合金、バイオミネラル

対応熱源:ガス、IH

「バイオタン深鍋フライパン28cm」は最先端の技術で焦げにくさを追求しました。さらにハンドルを真っ直ぐ外せるので、フライパンをオーブンにそのまま入れることも可能です。そしてスープなどをお皿に注ぐ際にこぼれにくいよう、ドリップストッパー機構も採用しました。一流の料理人が認めた「バイオタン深鍋フライパン28cm」の機能性を今すぐチェックしておきましょう。

少ない油で調理できることを評価する口コミ

フライパン全体を紹介する画像

デンマークの高機能フライパン

バイオミネラルコーティングは焦げにくいため、使用する油の量を最小限に抑えることができます。

 

このヘルシーに調理できる点はAmazonの口コミでも高く評価されていました。

このフライパンで調理すると少ない油、または油なしで調理できるので有難いです。値段の働きをしっかりとしてくれます。

「バイオタン深鍋フライパン28cm」を他社のフライパンと比較した場合、少し重量が気になる人がいるかもしれません。しかしこの重量こそフライパンの熱容量を確保することができ、食材を美味しく調理できるポイントなのです。食材を入れても熱が下がらない高機能なフライパンで、いつものレシピをプロのレベルまで引き上げてみましょう。

13位:ミネラルビーエレメント26cm

フランスの人気鉄製フライパン

ミネラルビーエレメント26cmを写している画像

一流シェフの愛用品

価格:5900円

メーカー:デバイヤー

重量:1.89kg

素材:鉄

対応熱源:ガス、IH

2018年最新のフライパンおすすめ人気ランキング第13位は、デバイヤーの「ミネラルビーエレメント26cm」が獲得しました。こちらは26cmの他に20、24、28cmまで3種類のサイズがラインナップされています。購入時は酸化を防ぐため蜜蠟が塗布されていますので、使い始めは蜜蠟を洗い流してからコンロにかけて水分を飛ばし、油を注いで5分ほど加熱する油慣らしを行うようにしましょう。

オムレツ作りに挑戦しようとしている愛用者

「ミネラルビーエレメント」は熱伝導性が優れているため、オムレツなどを短時間で焼き上げることが可能です。さらにしっかりとした重量があるため温度のムラが少なく、食材へ均等に熱を加えていくことができます。購入した当初は銀色ですが使い込んでいくうちに黒くなっていき油の馴染みが良くなるため、使用していきながらフライパンを育てていくような感覚を味わってみましょう。

12位:南部鉄器フライパン24蓋付

伝統的な南部鉄器製法のフライパン

南部鉄器フライパン24蓋付

均一に伝わる熱伝導性が人気

価格:6480円

メーカー:岩鋳

重量:2kg

素材:鉄

対応熱源:ガス、IH

ずっしりとした重量感が人気を集めている「南部鉄器フライパン24蓋付」が、2018円最新のフライパンおすすめ人気ランキング第12位に輝きました。フライパンだけでなく蓋にも重みがあるため、蒸し焼きなどに最適な製品となっています。蓋をすることで食材の旨味を閉じ込めることができ、料理を美味しく仕上げてくれる点が高く評価されました。

食材をパリパリに焼けたことを紹介するTwitter

「南部鉄器フライパン24蓋付」は熱が均等に伝わるため、ウィンナーなどを弱火でパリパリに焼くことができます。さらに「南部鉄器フライパン24蓋付」は温度のムラがなく焦げ付きにくい機能性も人気を集めました。南部鉄器には鉄分補給ができるというメリットもありますので、貧血ぎみの方は美味しい料理を楽しみながら鉄分を補ってみましょう。

11位:フェニックス鉄製フライパン26cm

シリコン焼付け加工の鉄製フライパン

フェニックス鉄製フライパン26cmを写している画像

握りやすい三角断面の取っ手を採用

価格:2190円

メーカー:本間製作所

重量:1.07kg

素材:鉄

対応熱源:ガス、IH

シリコンを焼きつけているため「フェニックス鉄製フライパン26cm」は空焼きする必要がありません。さらに使いやすさを追求した結果、天然木を素材にした三角断面設計の取っ手を採用しました。握りやすい取っ手は普段の料理に快適さをプラスしてくれます。考え抜かれた高機能なフライパンで手軽なクッキングを楽しみましょう。

洗いやすさを称賛する口コミ

強火でステーキを焼いている画像

強火に対応するフライパン

「フェニックス鉄製フライパン26cm」は鉄製でありながら軽量化に成功しています。

 

そのためAmazonの口コミでは焦げにくいことと洗いやすい点が高く評価されていました。

そこそこ重さはあるがしかし焦げ付きなしで大変気に入りました。洗いがらくらく

強火の調理に適していながら焦げにくいフライパンは、料理の味をワンランク上のものへグレードアップさせてくれるはずです。選び方で洗いやすさを重視する方は、玉子焼きタイプなど種類も豊富な「フェニックス鉄製フライパン」シリーズをチェックしておきましょう。

フライパンのおすすめ人気ランキング10位~7位

フライパンでビーフシチューを作っている画像

売れ筋商品が出揃ったTOP10

ついにここから2018年最新のフライパンおすすめ人気ランキングはTOP10に突入していきます。

 

豊富な種類がラインナップされた中から厳選したフライパンをご紹介していきますので、ベストな製品をチョイスしてみましょう。

10位:セラブリッドフライパン26cm

青と白のコントラストが美しいアルミ製フライパン

セラブリッドフライパン26cmを写している画像

焦げにくいセラミック加工

価格:4300円

メーカー:京セラ

重量:855kg

素材:アルミニウム合金

対応熱源:ガス、IH

遠赤外線効果で食材を芯から温める「セラブリッドフライパン26cm」が、2018年最新のフライパンおすすめ人気ランキングTOP10入りを果たしました。おしゃれなデザインが人気になっているこのフライパンは、サイズが20~30cmまで4種類ラインナップされています。こちらは熱伝導率が高いため中火以下で充分調理ができますので、省エネ意識の高い方はこのフライパンを選ぶようにしましょう。

おしゃれなデザインでテンションが上がっている愛用者

購入してすぐに遠赤外線効果による省エネ調理を体感しているユーザーのTwitterです。このフライパンは人体や環境に悪影響のある化学物質を含んでいないため、エコロジーな製品としても注目を集めました。注意点といたしまして、熱伝導性が高いため強火で使用することは避けるようにしましょう。

セラブリッドプロモーション動画

「セラブリッドフライパン26cm」白いため汚れが付着しても見落とすことがありません。セラミック加工のため洗い流すだけで簡単に汚れがとれるのでお手入れも楽なフライパンです。こちらは表面を硬く設定していますので、メラミンスポンジが使用していつも清潔な状態を保つようにしましょう。

9位:レミパンプラス

蓋がセットされた人気のアルミ製フライパン

レミパンプラスを撮影している画像

深型フライパンのパイオニア

価格:12960円

メーカー:和平フレイズ

重量:1.4kg

素材:アルミニウム合金

対応熱源:ガス、IH

255mmサイズで満水容量が3.3Lの「レミパンプラス」は、豊富な種類の調理を可能にしたオールインワンタイプのフライパンです。焼き物や炒め物はもちろん、蒸し料理や揚げ物、そして炊飯までを1台で可能にする機能性を搭載しました。フッ素加工を施しているので食材がこびりつきにくいため、少量の油で作れるヘルシーな料理を味わいましょう。

蓋の上におたまを置いている画像

省スペースを追求した機能性

「レミパンプラス」はキッチンを広く使えるように自立式の蓋を採用しました。

 

この蓋は全面ガラス製なので調理中に蓋をしたまま具材の状態を確認することができます。

さらに上記画像でお分かりいただける通り、調理に使用するツールを蓋の上に置けるようにしました。このようなアイディアは省スペース化だけでなく、ツールから食材の汚れがキッチン周りに落ちることも少なくなります。アイディア満載の「レミパンプラス」でキッチンを広々と使ってみましょう。

レミパンプラスでオムレツを作るユーザー

深鍋タイプでありながら「レミパンプラス」は上記Twitterのようにオムレツを作ることもできます。こうした多様性から「レミパンプラス」は2018年最新のフライパンおすすめ人気ランキング第9位を獲得しました。4種類のツールが付属されたお得なセットもありますので、今すぐ公式ホームページをチェックしてみましょう。

8位:CTXシリーズフライパン26cm

デンマークの高級アルミ製フライパン

CTXシリーズフライパン26cmを写している画像

調理性能を追求した7層構造

価格:30240円

メーカー:スキャンパン

重量:1.31kg

素材:アルミニウム合金

対応熱源:ガス、IH

2018年最新のフライパンおすすめ人気ランキング第8位には、デンマークの「CTXシリーズフライパン」がランクインです。こちらは熱効率や蓄熱性などの調理性能を追求した結果、底面だけでなく側面も7層構造で開発しました。7層構造によって直火やIHだけでなく、オーブンなどのあらゆる熱源に対応する高機能なフライパンとなっています。

耐久性を紹介する画像

嬉しい10年保証付き

コーティング加工されたフライパンは、どうしても消耗品のイメージを拭うことができません。

 

しかしスキャンパンは製品の耐久性に大きな自信があるため10年間の保証を付けてくれています。

10年間保証と価格を照らし合わせると実はコストパフォーマンスが高いことがお分かりいただけるでしょう。上記画像のようにヘラを使ってもコーティングが剥がれることはありません。劣化しやすいフッ素加工をチタンでコーティングした長く愛用できる「CTXシリーズフライパン」は、一生モノの製品として購入を検討してみましょう。

見た目とサイズに満足している愛用者の口コミ

野菜を炒めている画像

落ち着いたデザインも人気

毎日使うフライパンだからこそ飽きのこない落ち着いたデザインが重要になります。

 

Amazonの口コミで「CTXシリーズフライパン」はデザイン性も高評価を受けていました。

大きさ手頃。高品質そうな見た目!妻も満足して毎日、使用している。買って良かったという満足感が、じわじわ!

ユーザーが手頃な大きさだと気に入っている「CTXシリーズフライパン」のサイズは、20~28cmの4種類となっています。こちらはハンドルや付属の蓋もオーブン調理が可能な耐熱温度をクリアしました。ご家族の人数、調理することの多いレシピ、そして重量を考慮しながら高級感のあるフライパンをチョイスしてみましょう。

7位:キャストアイアンスキレット26cm

食卓にそのまま出せるスキレットタイプのフライパン

キャストアイアンスキレット26cmを撮影している画像

鋳鉄の優れた蓄熱性能が特徴

価格:4600円

メーカー:LODGE

重量:2.54kg

素材:鋳鉄

対応熱源:ガス、IH

焼き料理と炒め物に最適なLODGEの「キャストアイアンスキレット26cm」が、2018年最新のフライパンおすすめ人気ランキング第7位に輝きました。熱が冷めにくいスキレットタイプは料理の温度をキープできるため、食卓にそのまま出すことができます。さらに別売りのグラスカバーを使えば蒸し料理や煮込み料理にも対応してくれる製品になっています。流行中のスキレットを1枚ご自宅に用意しておきましょう。

ビーフステーキを焼いている画像

ステーキを焼くのにおすすめ

キャストアイアンは日本語に翻訳すると鋳鉄という意味になります。

 

鋳鉄の性質は鉄よりも石に近いと言われていて、熱しやすく冷めやすい特徴を持っています。

その性質を活かすため「キャストアイアンスキレット26cm」は厚みを5mmに設定しました。この厚みにより食材へゆっくりと熱を加えていくので焦げ付きの心配がありません。ステーキを焼く場合にも安定した熱伝導性で組織を壊さず旨味を凝縮させてくれます。是非「キャストアイアンスキレット26cm」でステーキの醍醐味である旨味を味わってみましょう。

芽キャベツを炒めているユーザーのTwitter

芽キャベツなどの野菜も優れた蓄熱性によって美味しく調理することができます。鋳鉄製のフライパンはしっかりとお手入れをすれば買い替えの必要がありません。2018年最新の焦げにくいフライパンおすすめ人気ランキングで第7位となったご家庭で毎日使いたくなる「キャストアイアンスキレット26cm」で、様々な焼き料理や炒め物を作ってみましょう。

フライパンのおすすめ人気ランキング6位~4位

フライパンで炒め物を作っている画像

お気に入りが見つかるTOP6

2018年最新の焦げにくいフライパンのおすすめ人気ランキングはTOP6を残すのみとなりました。

 

高機能でおしゃれなフライパンを選りすぐっていますので、ご家庭の環境にマッチする製品を見つけていきましょう。

6位:ライズブルーダイヤモンドコート26cm

金属のヘラが使える頑丈なアルミ製フライパン

ライズブルーダイヤモンドコート26cmを写している画像

女性が扱いやすい軽さを実現

価格:3240円

メーカー:パール金属

重量:780g

素材:アルミニウム合金

対応熱源:ガス、IH

2018年最新の焦げにくいフライパンおすすめ人気ランキング第6位は「ライズブルーダイヤモンドコート26cm」になりました。こちらはダイヤモンド粒子を配合した3層のコーティングが強力な耐久性を実現したため、角が丸い金属のヘラを使用することができます。傷に強くお手入れも簡単なフライパンを選んで、家事にかかる手間暇を軽減させていきましょう。

鍋タイプを紹介する画像

豊富な商品ラインナップが人気の理由

「ライズブルーダイヤモンドコート」は豊富なラインナップが高く評価されました。

サイズは26cm以外に20、28、30cmの3種類がラインナップされていて、軽量化に成功しているため最も大きい30cmタイプでも重量が1kgを超えることはありません。さらに深型タイプと玉子焼きタイプ、ガラス蓋が付属の鍋タイプも用意されています。お値段もリーズナブルなため各タイプを揃えて料理の幅を広げてみましょう。

食材がこびりつかないことに満足している口コミ

目玉焼きを調理している画像

試してみたくなる機能性

「ライズブルーダイヤモンドコート26cm」の焦げにくい機能はすぐに試したくなってしまいます。

 

Amazonでは購入後に目玉焼きを作ったユーザーの口コミが紹介されていました。

昨日届き、目玉焼きがツルンと踊ってくれるのが大助かり、肉もくっつかずペーパーで拭くだけで大満足です。

踊るような目玉焼きという表現が「ライズブルーダイヤモンドコート26cm」の優れた機能を証明しています。このフライパンはお求めやすい価格でありながら、長く愛用できる耐久性を実現しました。今までコーティング加工のフライパンを頻繁に買い替えていた方は「ライズブルーダイヤモンドコート26cm」を選んで、買い替えの煩わしさから解放されましょう。

5位:トリノ24cmフライパン

ガラス蓋がセットになったアルミ製フライパン

トリノ24cmフライパンを撮影している画像

御影石のような美しいコーティング

価格:7776円

メーカー:バッラリーニ

重量:912g

素材:アルミニウム合金

対応熱源:ガス、IH

美食の国として有名なイタリアのバッラリーニが開発した「トリノ24cmフライパン」が、2018年最新のフライパンおすすめ人気ランキング第5位に名を連ねました。こちらはグラニチウムコーティング加工を施した石のような硬さを誇るフライパンです。焦げ付きにくく金属ヘラを使える優れた耐久性の「トリノ24cmフライパン」で、色々なパスタ作りにチャレンジしてみましょう。

鍋底を紹介する画像

厚めに設計された鍋底

鍛造技術によって生み出された「トリノ24cmフライパン」は鍋底を厚めにしたことで、製品のゆがみによる劣化を防止しました。

この鍋底は優れた耐久性だけでなく、熱伝導率でも高い性能を誇っています。独自にデザインされた鍋底によってIHクッキングヒーターにも対応することに成功しました。頑丈なだけでなくこの鍋底は高い機能性を誇っています。おすすめランキング第5位に輝いた「トリノ24cmフライパン」の食材にじっくりと熱を加える蓄熱性をご自宅で試してみましょう。

ハンバーグを作っている愛用者のTwitter

バッラリーニのフライパンは素材の味を引き出すように考えられています。そのためイタリアではプロの料理人が昔からバッラリーニ製のフライパンを愛用してきました。今では世界60ヶ国以上で愛されているバッラリーニのハイクオリティなフライパンで、毎日のレシピをワンランク上のゴージャスなものへグレードアップさせてみましょう。

4位:エバークックα26cm

ダイヤモンド粒子配合のフッ素コーティング

エバークックαを写している画像

2年保証が付いた安心感が人気

価格:4500円

メーカー:ドウシシャ

重量:680g

素材:アルミニウム合金

対応熱源:ガス、IH

長持ちするこびりつきにくさを実現した「エバークックα」には嬉しい2年保証が付属されました。これは200万回の耐摩耗性試験をクリアすることによって従来製品より2倍の長さの保証期間になっています。さらにフライパンの側面を薄くしたことにより、軽量化を実現しました。おしゃれなワインレッドのフライパンで日々の調理に高級感をプラスしましょう。

エバークックαの性能を紹介する動画

エバークックαのフッ素コーティングが長持ちする理由は独自のアンカー構造を採用したためです。さらに万が一、フッ素コーティングが剥がれてしまってもアルマイトコーティングがフライパンの表面をガードする構造を取り入れました。快適なクッキングのために開発された高性能なフライパンは、一家に一枚持っておきたい万能な調理器具になっています。

こびりつかないことを称賛するTwitter

人気フライパンのエバークックを進化させた「エバークックα」は、ユーザーの声を基に軽量化と耐久性を追い求めた製品です。ツルっとすべるような感覚は一度体験するとヤミツキになってしまうことは間違いありません。焦げ付きのストレスから解放されたい人は、おすすめランキング第4位の「エバークックα」をチョイスしてみましょう。

フライパンのおすすめ人気ランキング3位~1位

野菜炒めを作っている画像

甲乙つけがたいTOP3

ついに2018年最新の焦げにくいフライパンのおすすめ人気ランキングTOP3を発表する時がやって来ました。

 

使いやすさを追求した高機能なフライパンを選んで、日々の調理に快適さと楽しさをプラスしてみましょう。

3位:スーパー鉄フライパン26cm

焦げにくい窒化加工の鉄製フライパン

スーパー鉄フライパン26cmを撮影している画像

錆びにくい新技術を採用

価格:8800円

メーカー:ビタクラフト

重量:963g

素材:鉄(窒化加工)

対応熱源:ガス、IH

「スーパー鉄フライパン26cm」は天敵の錆を防止するため、鉄の内部に窒素を浸透させました。この窒化加工によってフライパンの強度が高くなり、鉄製でありながら錆びにくさを実現したのです。そして油を吸収しやすいよう表面に凹凸を付けていますので、焼き物や炒め物が美味しく仕上がる機能性も兼ね備えました。使っていくほど油がなじむ感覚をご自宅で体験してみましょう。

スーパー鉄フライパンを洗っている画像

お手入れが楽な点も高評価

「スーパー鉄フライパン26cm」は鉄製のフライパンを初めて購入する方にも安心な製品になっています。

 

その理由の1つ目は使い始めに行う焼き入れや、調理後の油ひきなどの面倒な手間が不要なことです。

使用後はぬるま湯で洗うだけで充分ですし、目立った汚れが付着した場合は上記画像のように柔らかなスポンジで洗い流すようにしましょう。調理をするたびに食材が焦げ付きにくくなりますので、「スーパー鉄フライパン26cm」は使うほど面倒な手間が不要になっていきます。

スーパー鉄フライパン26cm調理映像

上記は性能が劣化しない鉄製のフライパンでステーキを焼いている映像です。普通の人は毎日のように専門のステーキハウスに足を運ぶことはできません。それでも美味しいステーキが食べたい人は上記の動画を参考にしながらご自宅でステーキを焼いてみましょう。高機能な「スーパー鉄フライパン26cm」が満足のいく味わいの美味しいステーキを完成させてくれるはずです。

ステーキを焼くために購入したユーザー

本格的なステーキの味わいを楽しむためには、鉄製のフライパンを選択するのがベストと言えるでしょう。おすすめ人気ランキング第3位の「スーパー鉄フライパン26cm」は使いやすさも追求しているため、持ちやすくて熱くなりにくいハンドルを採用しました。ご自宅でプロが焼いたようなステーキを作りたい人はこのフライパンの購入を検討してみましょう。

2位:極JAPANフライパン26cm

鉄を極めた本格派のフライパン

極JAPANフライパン26cmを写している画像

長く愛用できるタフな製品

価格:6000円

メーカー:リバーライト

重量:950g

素材:鉄

対応熱源:ガス、IH

16~28cmまで7種類のサイズから選べる「極JAPANフライパン」が、フライパンおすすめ人気ランキング第2位に輝きました。こちらはフライパンを加工するのではなく鉄素材を熱処理することによって、錆びにくさと強靭な耐久性を実現しています。ご紹介した26cmは3~4人用に最適な一般的なタイプとなっていますので、ご家族の人数に合わせたサイズを選んで鉄製フライパンの実力をご自宅で試してみましょう。

玉子焼きを作っている画像

ラインナップも豊富なフライパン

一生モノのフライパンとして人気の「極JAPANフライパン」は、炒め鍋や玉子焼きタイプもラインナップされているため、セットで購入する方も少なくありません。

こちらは焦げ付いた場合は金属タワシで磨くことが可能なため、ロングスパンで使用できるフライパンとなっています。油なじみがよく強火で一気に食材を炒めることができる「極JAPANフライパン」シリーズを揃えて、数多くのレシピにチャレンジしてみましょう。

極JAPAN紹介動画

「極JAPANフライパン」は鉄の表面を窒化加工により錆びにくく変形しにくいフライパンとなっています。さらに鉄製のフライパンは食材を調理するだけで、自然と体内に鉄分を吸収できる特性が高く評価されてきました。空焼きの必要もなくお手入れが簡単な「極JAPANフライパン」は家事の手間を軽減させてくれます。家事の時短を目指している人はこのフライパンを選んで時間を有効に活用していきましょう。

極JAPANを使い込んでいる愛用者

鉄に窒素を含ませたことにより表面が酸化しにくいため「極JAPANフライパン」は使えば使うほど、食材が焦げ付きにくくなっていきます。その上でお求めやすい価格を実現してくれているので、多くのユーザーがリバーライトのフライパンを愛用してきました。コスパを重視する方は鉄を極めたと自称するメーカーの自信作を選ぶようにしましょう。

1位:インジニオ・ネオIHハードチタニウム・プラス

3種類のサイズがセットになったお得なフライパン

インジニオ・ネオIHハードチタニウム・プラスを撮影している画像

T-fal史上最高の耐久性

価格:21600円

メーカー:T-fal

重量:980g(26cmフライパン)

素材:アルミニウム合金

対応熱源:ガス、IH

2018年最新のフライパンおすすめ人気ランキングを制したのは、T-falの「インジニオ・ネオIHハードチタニウム・プラス」でした。こちらは取っ手が取れるため収納に便利な「インジニオ・ネオ」シリーズの中でも、チタンコーティングによって最高の耐久性を実現しています。1セット購入すれば全ての調理に対応できる人気のフライパンで、様々な料理に挑戦してみましょう。

オーブンで調理している画像

オーブン調理も可能な機能性

「インジニオ・ネオIHハードチタニウム・プラス」は取っ手が取れるためそのままオーブンで調理することが可能となっています。

 

さらに出来立ての料理を食卓に運ぶこともできるため、食卓プレートとしても活用してみましょう。

食卓プレートにすることでお皿へ食材を移し替える手間と洗い物を減らせる点も人気を集めました。フライパンとソースパンは食洗器に対応していますので、後片付けの煩わしさも軽減させてくれます。適温を知らせるT-falの特許技術も搭載していますので、ご自宅で自由自在な調理を体験してみましょう。

インジニオネオ紹介動画

ハードチタニウムコーティングした「インジニオ・ネオIHハードチタニウム・プラス」は従来品よりも3倍長持ちする強度を実現しました。その上で軽量化にも成功しているため、女性も使いやすいフライパンです。片手でワンタッチ着脱できる取っ手は調理中にスピーディーな交換ができますので、複数の調理を同時に行って時間の節約をしてみましょう。

フライパンセットを購入して餃子を作ったユーザー

上記はT-falのフライパンで綺麗な焼き目の餃子を作っているTwitterです。おすすめランキングTOPを獲得した「インジニオ・ネオIHハードチタニウム・プラス」はフライパンのサイズが3種類あるため様々なレシピを作ることができます。料理の幅が広がる6点セットのフライパンで独創的なクッキングを楽しんでみましょう。

スッキリ!フライパンの蓋の収納方法

場所を取る蓋をスッキリと収納するアイディア

蓋を収納している画像

調理に役立つ蓋を収納する方法

蒸し料理などに便利な蓋ですが、収納スペースでお困りの方が少なくありません。そのためここからは蓋を上手に収納するアイディアをご紹介していきます。

 

ご自宅のスペースを上手に活用した収納方法で、キッチン周りをスッキリさせていきましょう。

スタンドを使った収納方法

スタンドを撮影している画像

伸縮タイプがおすすめ

まずご紹介するのはシンクの下にスタンドを設置する収納方法で、スタンドは蓋のサイズとご自宅のシンクに合わせて調節が可能な伸縮タイプを選ぶようにしましょう。

蓋だけでなく一緒にフライパンを収納することで、キッチン周りが格段とスッキリできるはずです。収納スタンドは滑り止めが付属されたものなど、各メーカーが様々な製品を開発しています。価格は1000~3000円となっていますので、ご予算に合わせた商品で蓋をスッキリと収納していきましょう。

フックを使った収納方法

蓋を壁にかけている画像

デッドスペースを有効活用

キッチンの周囲には意外とデッドスペースが多くなっているケースがあります。

 

そのためまずはキッチンの壁を有効に活用して蓋を収納してみましょう。

 

100円ショップなどでステンレスのフックや吸盤タイプのフックを購入するだけで準備は完了です。

デッドスペースになっている壁にフックを取り付けて、蓋を壁に掛けて収納することでキッチンをスッキリさせましょう。ちなみにフックにはそれぞれ重量制限がありますので、しっかりと説明書を読むことをおすすめします。

タオルハンガーを使った収納方法

蓋をタオルハンガーにかけている画像

100円グッズでシンク扉に収納

こちらは100円ショップで購入できるタオルハンガーを活用した収納方法です。

 

まずシンク扉の内側に購入したタオルハンガーを取り付けましょう。

後は上記画像のように蓋を収納すれば邪魔になることがないですし、さらにお客さんが来ても外から蓋を見られることがありません。こちらの収納方法を試したい人は、まず事前にしっかりとシンク扉の幅を測っておきましょう。そうすることでサイズが合わないなどの失敗を未然に防ぐことが可能です。以上が蓋を上手に収納するアイディアでした。

フライパンのおすすめ人気ランキング20選!のまとめ

フライパンで調理をしている様子を写している画像

調理器具として欠かせないフライパン

ここまで2018年最新の焦げにくいフライパンのおすすめ人気ランキングTOP20をまとめてきました。

 

フライパンは毎日のように使う調理器具なので、機能性やサイズ、そして重量や素材などを確認してから購入を検討する必要があります。

このおすすめランキングでは高機能で焦げにくい20種類のフライパンを厳選しました。各メーカーが自信を持って開発した製品は、必ず日々の調理を手厚くサポートしてくれるはずです。大人気となっている売れ筋商品の中から生活環境にマッチするベストなフライパンをチョイスしてみましょう。

生活・雑貨に関する他のまとめ記事はこちら!

フライパンおすすめ人気ランキングTOP21!くっつかない・長持ちなのは? | ランキングまとめメディア
IH土鍋おすすめ人気ランキングTOP20!機能性抜群でオールシーズン使える | ランキングまとめメディア
ミキサーおすすめ人気15選!スムージーの作りやすさを比較【2018年版】 | ランキングまとめメディア
パエリア鍋のおすすめランキング11選!人気商品まとめ【IH対応・蓋つき】 | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ