ソーセージのおすすめランキングTOP15!市販品や人気のお取り寄せを厳選!

料理のおかずからお酒の肴にも大人気のソーセージのおすすめ人気ランキングを紹介します。ソーセージは市販のものから取り寄せするタイプまで様々な特徴を持つソーセージやウインナーが、メーカーから販売されています。そんな人気メーカーのものはもちろん、売れ筋の種類を比較して堪能してみましょう。スーパーで市販されているものも非常に美味しいですが、取り寄せでに売れ筋なメーカーのものも注目です。ソーセージのおすすめ人気ランキングでソーセージを堪能しましょう。

目次

  1. ソーセージのおすすめランキング!売れ筋メーカー商品を比較 
  2. ソーセージのおすすめランキング15位~11位
  3. ソーセージのおすすめランキング10位~7位
  4. ソーセージのおすすめランキング6位~4位
  5. ソーセージのおすすめランキング3位~1位
  6. ソーセージのおすすめの焼き方
  7. ソーセージのおすすめランキング!のまとめ

ソーセージのおすすめランキング!売れ筋メーカー商品を比較 

人気の取り寄せやスーパーなど市販で購入できるソーセージやウインナーを紹介

三本のソーセージ

子供から大人まで大好き

ソーセージといえば、子供から大人まで大人気な食べ物です。肉厚で味の濃いおかずとして親しまれています。

シンプルに見えて、実は幅広いバリエーションがあるソーセージは、それぞれの種類をぜひ試したくなる味です。おすすめ人気ランキングを紹介するとともに、その調理方法の細かな方法も紹介しています。ソーセージを焼くときは、ちゃんとボイルする必要性にも注目してみてください。

並んだソーセージ

飽きない味

ソーセージという食べ物は、おかずなどでふと食べたくなる飽きない味といえます。

さまざまな調理方法が存在し、食卓にはもちろんお弁当のおかずや、お酒の肴にも大人気です。大きく分けて3つの種類が存在するのですが、そんなソーセージのおすすめ人気ランキングを紹介します。スーパーで市販されているものやお取り寄せの売れ筋の中から魅力的なソーセージを探してみました。

ソーセージの種類・特徴・選び方

ソーセージとウインナーの違いとは

ソーセージやウインナー

ソーセージが大本

ソーセージとウインナーという言葉を聞いたときに、どちらがどちらという風に区別をつけることができますか?

実はきっちりとソーセージとウインナーは区別がつけられています。簡単に言うとウインナーは「ソーセージの一種」というわけです。つまりすべての大本はソーセージというわけです。ソーセージという中にウインナーという種類が存在しているわけです。

アツアツのソーセージ

腸の種類と太さ

では、そのソーセージの中でウインナーを含めてそれぞれの種類はどのような規格があるのでしょうか。

まず、ソーセージは大きく分けて3つに分類することが出来ます。一番人気な種類である「ウインナー」、そして屋台などでお馴染みな「フランクフルト」があります。そして、ハムのような見た目で売られていることの多い「ボロニア」という3つの人気の種類に分けることが出来ます。

並んだソーセージ

見た目以外も違う

単純に見た目が違うというだけではなく、しっかりと味も異なってきます。

現在は昔のように動物の腸を使っているものだけでなく、人工的なケーシングが一般的になっていますが、それでもそれぞれの見た目が違うだけでなく、食感や味が大きく異なります。なかなかお店でもソーセージ専門店のようなお店は無いだけに、自宅でお取り寄せを含めていろんな種類にチャレンジしましょう。

それぞれの特徴は

2本のウインナー

ウインナーの特徴

羊腸を使用したもの、または製品の太さが20mm未満のものがウインナーの特徴になります。

ソーセージの種類はJAS規格で規定されており、それぞれの規定によってソーセージの中のどの種類に分類されるかが決まります。一番メジャーで売れ筋なウインナーは羊腸を使用していたり20mm未満の太さになっているという特徴があります。

焼き立てのウインナー

お弁当やおかずにも

非常に調理しやすくスーパーで市販されているものから、お取り寄せのものなど比較して楽しめるものになっています。

ウインナーの中には豚肉や鶏肉、牛肉のミンチが詰められています。現在は「ケーシング」と呼ばれるコラーゲンなどを原料とした人工の薄い膜を羊腸の代わりに使用することが増えています。これはフランクフルトにも利用されています。

ケチャップとフランクフルト

フランクフルトの特徴

フランクフルトは豚腸を使用しているか、または製品の太さが20mm以上36mm未満のものをフランクフルトとして販売されます。

屋台でお馴染みのフランクフルトはJAS規格では豚腸を使っているものになります。また、その製品の太さが20mm以上36mm未満のものをフランクフルトとして販売されます。屋台でも売れ筋の商品であり、ジューシーで濃厚な味わいが売れ筋で人気です。

おいしそうなフランクフルト

ドイツの地名が由来

フランクフルトの由来はドイツの都市である「フランクフルト」が由来になったと言われています。

また、ドイツではソーセージのことは「ブルスト」と呼ぶそうです。中に詰める肉は豚肉や鶏肉、また牛肉のミンチです。噛んだときのプリっとした噛みごたえが人気で濃厚な味わいに感じる人が多いかもしれません。スーパーなどでも焼く前のものが市販されています。

ボロニアソーセージ

ボロニアの特徴

ボロニアはJAS規格では牛腸を使用したものか、または製品の太さが36mm以上のものがボロニアとなります。

売れ筋である2つと比べると少しマイナーなボロニアソーセージですが、非常に製品が太いのが特徴といえます。がぶがぶとかぶりつきたくなるような見た目ですが、バンズなどに挟んで食べることもあります。中に詰める肉は豚肉や鶏肉、牛肉のミンチが多いようです。名前の由来はイタリアの「ボローニャ地方」が発祥と言われていることからのようです。

その他のソーセージの種類

ドライソーセージ

ドライソーセージの特徴

3つのソーセージ以外にも、他にもソーセージの種類を細かく分類することが出来ます。他のソーセージの種類もチェックしてみましょう。

水分含有量が35%以下で保存性に優れたソーセージは「ドライソーセージ」と呼ばれます。また、水分含有量が55%以下のものは「セミドライソーセージ」と区別されます。

カルパス

サラミやカルパスの特徴

ピザなどのトッピングになる「サラミ」やおつまみとして売れ筋な「カルパス」はドライソーセージに含まれます。

サラミの場合は原材料が畜肉類として豚肉や牛肉だけを使用しています。カルパスはセミドライソーセージとして豚肉や牛肉に加え鶏肉も原材料として使用されています。もともとはロシア語でソーセージのことを「カルパス」と呼んでいたのが、そのまま一般的な名称になりました。二つの違いは「鶏肉を使用しているかどうか」が違いになります。

魚肉ソーセージ

魚肉ソーセージとは

ちなみに、魚肉ソーセージもウインナーの仲間になります。違いは原料が「魚」であることです。

豚肉や牛肉を使用しているものに対して、魚肉ソーセージは魚肉や鯨肉を50%以上使用しているものを魚肉ソーセージと呼びます。かにかまの原料などになるスケトウダラが使われることが多いです。高たんぱくで低カロリーになっており、筋トレやダイエットに使用されることが増えています。

海外ではまた分類が異なる

いろんなソーセージ

海外ではサイズの規定はないことも

日本の場合はあくまでJAS規格に基づいてソーセージが分類されています。つまり、海外ではソーセージの分類が異なるわけです。

基本的に海外の場合は使われている腸の種類で分けられることが基本になります。ウインナーの場合は「羊腸」でフランクフルトは「豚腸」になります。ボロニアは「牛腸」のものという風になります。しかし、地域や時代によっても定義は異なる場合もあり、ケーシングを使っているものも増えています。

あちあちのソーセージ

本場の味を家庭で

海外で食べる本場の味美味しいですが、家庭でもそれに近い味を堪能できます。

お取り寄せが一般的になった現代では、通販を使うことで本場さながらのソーセージを堪能することが出来ます。非常に味の濃い、肉の旨みが凝縮されたものも多く、食べた瞬間にその旨みのパンチにやられそうになります。一口噛んだだけで、肉の旨味が口に広がるような濃厚なものも楽しみたいところです。

ソーセージの保存方法や注意点

うまいソーセージ

冷蔵保存しましょう

ソーセージの保存方法としては、基本的にスーパーで市販されているものやお取り寄せのものも冷蔵保存するようにしましょう。

ソーセージは賞味期限があるたべものなので、スーパーで市販されているものやお取り寄せのものも開封前の日付になっています。開封したものは加工食品としてはあまり日持ちしないようなので、食べきるのがおすすめです。

ソーセージとじゃがいも

袋が膨らんでいる理由は

スーパーで市販されている多くのソーセージが袋が膨らんでいることがあります。これはいったいなぜなのでしょうか。

袋を開ける前と比較すると、ソーセージの袋はかなりパンパンに膨らんでいます。これはソーセージのおいしさと鮮度を保つために、中に「窒素」を入れているからです。お取り寄せのものは逆に圧縮されたようになっているものがありますが、こちらは密封されて余分な空気が抜かれているという包装の比較も出来ます。

並んだ長いソーセージ

できたてを食べよう

ソーセージは焼き立てが一番美味しいです。アツアツのソーセージを食べるようにしましょう。

おすすめ人気ランキングではいろいろなソーセージが登場しますが、どれも焼きたてで食べるのが一番です。冷めてしまうと固いお肉のような食感になってしまうので勿体無いです。照りのある光沢が出たソーセージを思いっきりかぶりつくようにしましょう。ケチャップやマスタードなどを用意するのも忘れないようにしたいです。

ソーセージのおすすめランキング15位~11位

画像を見ているだけでもお腹が減ってしまうソーセージですが、そんなソーセージを比較しておすすめ人気ランキングを紹介します。画像の見た目を比較するだけもいろいろなソーセージの特徴を感じることができると思います。

15位:ミートガイ「イングリッシュソーセージ」

手作り生ソーセージ

ジューシーなイングリッシュソーセージ

無添加で砂糖不使用

価格:980円

内容量:約500g

生産国:日本

非常に一本が大きくてスパイシーなソーセージです。保存料や着色料などの添加物が一切使われてないものになっています。ソーセージのあの肉厚な感じが大好きなひとにおすすめの商品になっています。スーパーで市販されているのを探すよりも、ネットでお取り寄せするほうが手に入りやすいかもしれません。

濃厚で匂いもスパイシー

スパイシーな味わいになっており、カイエンペッパーが非常にいいアクセントになっています。また、天然のチリパウダーのきれいな赤も魅力だといえます。しかし、辛すぎるということはなくビールなどと合わせると、ちょうど良い辛さが病みつきになります。

そのままおつまみとして食べるのも美味しいですが、人気の食べ方はパスタやピザの具材として使用するという方法もおすすめです。普段の料理がさらに濃厚でスパイシーになるので食べごたえがあります。

ソーセージには胡椒、パプリカ、クミン、カイエン、セージ、にんにく入りになっています。また、調理方法はフライパンかグリルで焼くのが一番です。もともとは柔らかい見た目になっていますが、それがパンパンに張ったら完成です。じっくりと焼くため時間がかかりますが、待てば待っただけ食欲が増す香りが素晴らしいです。

14位:ミートガイ「メープルソーセージ」

ソーセージにメープルシロップ入り

メープルソーセージと目玉焼き

朝食にもおすすめ

価格:6,210円

内容量:2.7kg(90本)

生産国:???

ほどよく小さなサイズになっているだけでなく、なんとソーセージにメープルシロップが入っているタイプです。アメリカではポピュラーなソーセージであり、朝食や昼食に親しまれています。その味わいからトーストやパンケーキ、また卵料理との相性が良いです。

弱火で焼くのがコツ

中にメープルシロップの糖分が入っているため焦げ付きやすいという特徴があります。そのため焼くときは弱火でじっくりと焼くのがポイントです。アメリカではポピュラーでスーパーなどで市販されている売れ筋の商品ですが、日本ではあまり見かけないようです。こちらも売れ筋のものをお取り寄せするというのが日本では一般的なようです。

アメリカではスーパーで市販されていますが大量生産されたものが多いようです。それとこの商品を比較すると手作りの生ソーセージとなっており、一番細いタイプの子羊の腸を使用している食べやすいタイプになっています。一般的なスーパーで市販されているものと比較して、メープルシロップ入りのソーセージを食べてみましょう。

13位:ミートガイ「ぐるぐるソーセージ」

子供も喜ぶぐるぐるタイプ

ぐるぐるソーセージ

一度は食べたいソーセージ

価格:1,640円

内容量:約500g

生産国:???

他のソーセージと比較するといかにもコミカルな見た目なぐるぐるソーセージです。南アフリカ名物のボーアウォースソーセージというのが正式な名前と言われています。焼きやすいように少し細めの腸につめられています。

アウトドアで盛り上がる

見た目がユニークなこともあり、他のものと比較してパーティーやバーベキューのようなアウトドアに適したものといえます。他の売れ筋のおすすめランキングのソーセージとは違った魅力があり、フォークをさした瞬間の肉汁がたまりません。

他のソーセージと比較して、やはりぐるぐるソーセージはその圧倒的な迫力のある見た目です。ちょっと調理の仕方に慣れが必要ですが、じっくりと弱めの中火で焼き上げてあげましょう。きれいな焦げ目が全体につくと食欲がそそられます。

12位:丸大食品「あらびきロングウインナー」

ロングタイプでちょうどいい

あらびきロングウインナー

ホットドッグにもおすすめ

価格:306円

内容量:200g(7本)

生産国:日本

日本でウインナーなどの人気メーカーである丸大食品のウインナーです。うす皮で食べやすいものになっており、ロングタイプのウインナーなのでホットドッグなどに挟んで食べるのがおすすめです。

日本人向けに食べやすい味

このウインナーは中に鶏肉が入っていることもあり、食感としてはしっとりとしたタイプといえます。肉汁がどばっと出るタイプではないので、他のウインナーと比較してそういった肉汁が苦手な人におすすめです。お弁当に入れると冷めても味が代わりにくい点も人気です。

11位:yonekyu「御殿場高原」

ごてあらポー!!

御殿場高原のウインナー

はじける旨みがたまらない

価格:360円

内容量:220g

生産国:日本

御殿場高原あらびきポークを略して「ごてあらポー」というのが、この商品のキャッチフレーズのようになっています。「はじける、うま味。」というのもこのメーカーの自信が垣間見えるものとなっており、おにくのあらびき肉の旨みがしっかりと引き出されています。

しっかりと味を堪能できる

噛んだ瞬間にパリっとした羊腸の食感が良いので、ホットドッグなどに挟むと食感がたまりません。あらびき肉の肉汁が溢れてパンに染み込むような感じが堪能できます。保存料などは使用していないので開封後は食べきるのがおすすめです。肉のうまみと野菜エキスが味わい深いものとなっています。

ソーセージのおすすめランキング10位~7位

それぞれのメーカーの特徴が魅力で、肉汁がジューシーなものからあえて肉汁があまり出ないものまであります。そういったメーカーごとの違いを比較するのも、おすすめ人気ランキングの楽しみです。

10位:日本ハム「糖質ZEROウインナー」

糖質制限ダイエットにもおすすめ

糖質ゼロのウインナー

糖質が気になる人に

価格:300円

内容量:81g

生産国:日本

近年の流行をメーカーが取り入れた糖質ゼロタイプのウインナーです。糖質ゼロではないタイプと比べてもプリっとしたジューシーな旨さはあまり差が無いように開発されています。

通常のものとの味も比較しよう

味に関しては口コミを確認すると少しだけ薄味になっているようです。通常のものと比較するとやはり糖質が抑えられた分、旨みが薄いと感じるかもしれません。とはいえ糖質制限ダイエットをする中でもウインナーを食べたいとか、日頃から少しでも糖質を抑えようという気持ちをサポートしてくれる製品と言えます。

9位:日本ハム「森の香りのウインナー」

安定したおいしさ

森の香りのウインナー

薄皮タイプのウインナー

価格:267円

内容量:90g×2袋

生産国:日本

良い意味でも悪い意味でもスタンダードな味といえます。万人から受けるウインナーと言えますが、他のと比較すると物足りないと感じるかもしれません。あまりウインナーだけがメインになるのではなく、料理全体を楽しむようなものに使用するのがおすすめです。

味がリニューアルしたという声も

発色剤を使用していない無塩せきタイプとなっており、保存料なども使用していない安心安全なウインナーが特徴的です。スーパーなどで安価に市販されていることも多く、やわらかなスモーク仕上げになっています。口コミの中では味がリニューアルしたのでは?という意見もあり、好きになったという人と前のほうが良かったという意見が分かれていました。

8位:伊藤ハム「グランドアルトバイエルン」

贅沢したいときのウインナー

グランドアルトバイエルン

価格に見合った旨さ

価格:498円

内容量:85g×2(複数のパッケージあり)

生産国:日本

おすすめ人気ランキングの中で価格を比較すると、少し価格が高めなウインナーとなっています。しかし、それだけに確かな肉の粒感があり、熟成ウインナーならではの凝縮された味が魅力です。

他のウインナーには戻れないかも

口コミでは非常に美味しいという評価が高く、価格は高いもののそれだけの値打ちはあるという評価になっています。変に手を加えて食べるよりも、商品が持っているウインナー自体の旨みだけで充分という声が多かったです。

また、一度このタイプのウインナーを食べてしまうと、あまりにコクや深みがあるウインナーのため、他のウインナーには戻れないという声も多くありました。原料肉をメーカーの伊藤ハム伝承の製法で72時間以上かけてじっくりと熟成して、肉の旨みが引き出されています。じっくりと味わいたくなるウインナーです。

7位:フードリエ「パリッと朝食ウインナー」

皮が厚くパリッとした食感が抜群

パリッと朝食ウインナー

あっさりとして朝食向け

価格:250円

内容量:230g

生産国:日本、オランダ、ドイツなど

このメーカーのウインナーは皮が厚く、パリッとした食感が特徴です。天然羊腸詰めとなっており、弾力のある種類となっています。朝食に合うほどよいあっさりした味わいとなっており、毎日の朝食に食べやすく、飽きにくい種類の豚肉と鶏肉がブレンドされています。

クセが少ないウインナー

あまりウインナーの味が強いタイプよりも、あっさりとした食べやすい種類が好きという人におすすめです。また、他の調理と合わせてもクセがないため扱いやすいことから売れ筋の商品となりました。お弁当などに入れても冷めて味が落ちにくいので、とても喜ばれる種類のウインナーといえます。

どうやら期間限定でゆずタイプも販売されているようです。通常と比較すると、ゆずの香りがほどよく香るようになっており、食欲をそそる豊かな味わいとなっています。メーカーのユニークな商品となっているので、通常商品が気に入った場合は期間限定なので試してみることをおすすめします。

ソーセージのおすすめランキング6位~4位

スーパーなどで市販されているものから、お取り寄せ向きなものなどいろいろな売れ筋のウインナーが出てきました。売れ筋のタイプは濃厚なものからあっさりタイプなどいろいろなものが売れ筋になっています。

6位:grimm「スモークハウスファイン」

お取り寄せタイプとして大人気

スモークハウスファイン

プレゼントにもおすすめ

価格:4,800円

内容量:3本×7パック

生産国:日本

ハム・ソーセージの本場ドイツで開催される食肉加工食品のコンテストで優勝経験もあるウインナーです。子供に安全なものを食べさせたいという思いが受け継がれた中で作られたもので、厳選された原材料が使用されています。

他のウインナーとはワンランク違う旨さ

スモークハウスファインのウインナー

高い評価を受けている

このメーカーの商品の多くが本場ドイツで高い評価を受けています。それだけの人気があるメーカーだけに、取り寄せ品として是非試して欲しいです。

友人にいただき、旨かったので買ってしまいました。
ちょっと大げさかもしれませんが
「なんじゃこりゃー!!!」
ってくらい旨い!
家族と食べようと思っていたのですが
1袋だけつまみ食いをしてしまいました。
そして旨すぎて2袋目まで手を付けてしまってます。
止まらん!たまらん!!
ビールにも合います。
それとプライムではなかったのですが
めちゃくちゃすぐ届きました。
ありがとうございます。

Amazonのレビューでも絶賛されており、星が4.4評価になっていることからも、その人気が伺えます。通販で取り寄せるのが一番簡単な手に入れる方法なので、取り寄せたらじっくりと味わってみましょう。

友人がBBQに持って来てくれて美味しかったので自分でも購入しました。
朝ごはんで娘と一緒に食べようと思い1袋だけ開封したところ、
いつの間にか朝から3袋も食べてしまいました。。
無添加なのにコクと旨みがあって、何度も食べたくなる優しい美味しさです。
少し高いですが、美味しいのでまた買います。
個人的には「あら太」がたまらなく好きです。

取り寄せるタイプは一度体験したら満足ということも多いですが、このウインナーを取り寄せた人たちのレビューでは「また買う」という声がとても多かったです。歯ごたえがありジューシーな肉汁は他のものとはランクが違うようです。お気に入りのビールを用意して、思いっきりかぶりつきたくなるようなソーセージです。

5位:yonekyu「スーパーブーホワイトあらびき」

個性的なCMでも話題に

米久のスーパーブー

ジューシーで肉感たっぷり

価格:300円台

内容量:500g

生産国:???

ドラマ「孤独のグルメ」の松重豊が、スーパーマンのような格好で出演しているCMが話題にもなった商品です。肉本来のジューシーな旨みを出すために、原料となる豚肉は一度も冷凍されていないものを使用しています。

スーパーで市販されていない場合はお取り寄せ

口コミを見ていると、少しスーパーで市販されていないところが多いようです。そういった場合はネットでお取り寄せすれば簡単に購入することが出来ます。ごろっとした肉感によるあらびき仕立てになっており、見つけたら一度試して欲しいおすすめ商品です。

旨みを引き出す独自ブレンドの香辛料が使われており、一度食べると忘れられない味になります。焼き肉などにもおすすめで、ノンスモークタイプなのでポトフの具材としてもおすすめです。知る人ぞ知るという商品であり、今後も売れ筋として伸びてくるウインナーといえます。

味の評価も高く、思いっきりガツガツとソーセージを食べたいときにおすすめです。味が濃厚なので焼き肉などで一緒に焼いてあげると、他の食材に旨みを足してくれるソーセージといえます。ケチャップなどを掛ける必要もなく、そのままかぶりついても充分に満足できる濃厚な味になっています。

4位:日本ハム「豊潤」

今後の売れ筋商品になる可能性あり

豊潤のソーセージ

2017年に出た新商品

価格:365円

内容量:90g

生産国:日本

比較的新しい売れ筋商品が作り出しにくい中で、この商品は日本ハムから2017年2月に発売された新商品になっています。驚きのジューシー感を目指したというだけあって、あらびきウインナーとしてたっぷりなジューシー感を味わうことが出来ます。

低価格ながらハイクラスの味わい

普段食べているスーパーの市販のソーセージの中で、なかなかいつもと違うのはチャレンジしにくいです。たまたま、いつものウインナーが品切れしていたことから、新商品を試したと言う人も多く、食べてみてその旨さに驚いたと言う声がとても見られました。

やはり普段食べる中で価格の問題は重要です。美味しいけれど少し価格が高すぎるというものは、なかなか厳しいです。そういった中で、おいしさを保ったまま低価格帯のウインナーを出してきたのは、日本ハムの商品開発の努力の表れだといえます。しっかりとした味が食べた人を満足させてくれます。

シャウエッセンよりも低価格でありながら、シャウエッセンクラスの味がするというのがこの商品の狙い所ともいえます。いろいろと売れ筋の商品の傾向を汲みして売り出された商品といえるので、これからさらに注目度があがるかもしれません。

ソーセージのおすすめランキング3位~1位

いろいろなメーカーから売り出されているソーセージも、残り3つとなりました。ソーセージのおおすすめランキングではどの商品がベスト3に入ってくるのでしょうか。そのメーカーにも注目です。

3位:プリマハム「グリルブラッツ」

ガツンっとくるグリルタイプのソーセージ

グリルブラッツのソーセージ

旨みの塊

価格:592円

内容量:200g

生産国:アメリカ合衆国

日本のメーカーが販売しているタイプと比べて、見るからに味が濃厚そうな見た目が特徴です。他のメーカーとの違いとしてはすでにグリルされているので、軽く焼いて温めるような感じの調理でOKです。逆に言えばボイルするのには向いていないといえるかもしれません。

価格がネックになっている

他のメーカーのと比べると価格が高いのがネックといえますが、それだけ肉の密度がしっかりとしており、まるでハンバーグをギュッと圧縮したような濃厚でパンチのある味になっています。いままで自分が食べていたソーセージとは何だったのか?と思うほど、強烈な味が特徴です。

カロリーこそ高いですが、糖質は一袋あたり8gとなっているので、実は糖質制限ダイエットにも利用できるようなものになっています。お酒のおつまみにするのが一番おすすめですが、お酒では糖質を摂取しすぎるというのが悲しいところです。

新鮮な豚ひき肉に秘伝のスパイスを加えて、じっくり焼き上げたプレミアムソーセージであり、ホットドッグのような食べ方をすると非常に満足できる食べごたえになっています。いままでの他のメーカーのソーセージでは満足感が得られなかったというひとも、このソーセージでは抜群の満腹感が得られます。

2位:丸大食品「燻製屋」

ボイルしてもおいしい

燻製屋のソーセージ

じっくり熟成

価格:408円

内容量:85g×2

生産国:日本

日本ハムと同じく、ソーセージで人気なメーカーの丸大食品の燻製屋がランキング2位です。ドイツアルプス産岩塩を使い、72時間以上じっくりと熟成させています。そのことでお肉の旨みが最大限引き出されており、ジューシーで深い味わいに仕上がっています。

どんな食べ方でもソーセージの旨みを堪能できる

このメーカーの燻製屋のソーセージは、どんな食べ方をしてもソーセージの旨みを堪能できます。スモークタイプのソーセージであり、ビールなどのお酒との相性もいいので、おつまみとしてもおすすめです。グリルするとソーセージの香りがしっかりと漂って食欲をそそります。

朝食にパンとソーセージというような食べ方もおすすめです。リピートしても飽きない味わいになっており、マスタードなどをつけてちょっぴり刺激のある味わいにしても楽しめます。グリルではなく、ボイルの食べ方にも相性があるので、お気に入りの作り方で楽しみましょう。

いろいろなメーカーからソーセージは販売されていますが、やはり他とは違うと感じさせてくれるのはおすすめ人気ランキングの上位の商品ならではといえます。アルプスの岩塩に漬け込まれたこともあり、味が奥深くまで染み渡っています。スパイスの香りも良く、味が濃いソーセージが好きという人におすすめです。

1位:日本ハム「シャウエッセン」

芯のある触感と濃厚な旨み

シャウエッセンのソーセージ

パリッとしたおいしさ

価格:362円

内容量:127g×2

生産国:日本

ソーセージのおすすめ人気ランキングの1位は日本ハムのシャウエッセンでした。おすすめ人気ランキングの中でも何度か商品が登場した人気メーカーだけに、やはり抜群のうまさを誇るといえます。非常に芯のあるようなパキっとした食感が魅力です。

グリルもいいけどボイルも試したい

グリルされることが多いソーセージですが、シャウエッセンに関してはボイルで食べることが勧められることが多いです。口コミでもシャウエッセンを食べるときはボイルで食べるほうが美味しいということが多いです。ボイルを試したことがない人は、ぜひこのソーセージはボイルして食べてみてください。

ソーセージのいろいろな食べ方の中には、おでんの具としておすすめしている人も多いです。実際にコンビニなどで売られているおでんの具材の中には、ソーセージが販売されている場合があります。おでんのような食べ方をする場合は、ボイルすると美味しいシャウエッセンのソーセージが最適です。

ソーセージとして販売されてすでに30年以上販売されている人気のソーセージになっています。おすすめの焼き方の部分でも触れますが、シャウエッセンのボイルの仕方にはおすすめの方法があるので、そちらもぜひ参考にしてみてください。

実はシャウエッセンの原材料の中には「水あめ」が入っていることもあり、隠し味としてはそういった甘みがポイントになっているそうです。おかずやおつまみ、またホットドッグなどさまざまな食べ方が楽しめるソーセージになっています。おすすめ人気ランキング1位のシャウエッセンのソーセージを堪能しましょう。

ソーセージのおすすめの焼き方

グリルする場合もまずは茹でる

おいしそうなソーセージ

ボイルがスタート地点

実はそのままグリルするのがソーセージの正しい調理とは言えない場合があります。

自宅で手軽にソーセージを食べる方法としては、フライパンやオーブントースターなどでグリルするというのが一般的かもしれません。しかし、実はソーセージの焼く前にボイルするというのが基本的な調理方法になります。

焼かれるソーセージ

湯煎の方法

ボイルするときは、たっぷりの沸騰したお湯にソーセージを入れましょう。そして火を止めてフタをして10分ほど待ちましょう。

お湯からソーセージをあげたら、グリルかフライパンの上でソテーします。ソテーするときの火加減は中火の少し弱火よりの形でじっくりと焼き上げましょう。焼き目がつくように5分から10分ほど焼いて、自分好みの焼き加減になったらOKです。

湯でたソーセージ

食感を出すためには

プリっとした肉の食感を出すためには、ソーセージから油がじゅわーと出始めるまでしっかりと焼くのがおすすめです。

ソーセージから肉汁があふれるような感じになると、余計な油や肉汁が出て肉感が強くなります。いろいろと焼き加減を調整することで、自分がどのような焼き方が好みか確認するのがおすすめです。また、購入したソーセージのタイプによっても微調整が必要になります。

切れ目を入れるべきかどうか

切れ目が入ったソーセージ

食感が異なる

ソーセージを焼くときに切れ目を入れるかどうかで、大きく食感が異なってきます。それぞれを比較して食べてみるのがおすすめです。

 

切れ目を入れる場合は中途半端に入れるよりも、格子状にザクザクと切れ目を入れるほうがおすすめです。

中途半端な切れ目では逆に皮が固いような焼き上がりになって、プリッとした食感が失われます。

焼いたソーセージ

入れないのもおすすめ

切れ目を入れない場合は、噛んだ瞬間に濃厚な肉汁がぶわっと溢れてきます。

 

中途半端な切れ目のソーセージでは、食感が失われてしまいます。プリッとした食感にしたい場合は切れ目は無いほうがおすすめです。

逆に格子状に切れ目を入れた場合は、食感が食べやすくなっておりガツガツと食べたい場合にはおすすめです。

油を引くことの変化

並んだソーセージ

旨みが増す

ソーセージを焼くときにフライパンに油を引くかどうかで、旨みに変化が出てきます。

油の種類によって多少の変化もあるようですが、基本的に油を引くことで食感が軽くなって旨みが増すようです。あまり油っこいソーセージが苦手という人は油を引かない方法でも問題ありません。ソーセージの種類によって油の具合も異なるので、調整してみるのがおすすめです。

また、焼くときに水を入れて作ることで、かなりジューシーなソーセージになります。これはフライパンの上で熱せられた水が、ソーセージに水分を補給するという仕組みによるものです。水がソーセージの肉汁の量を増してくれるわけです。

そして必ず水を入れたらフタをするようにしましょう。フタをすることでしっかりと水分がソーセージに補給されていきます。あまりたくさんの水を入れすぎると味が抜けたような感じになってしまいます。また、スープのようなものを入れる方法もありますが、焦げやすくなるという難しさもあります。

慣れてしまえば簡単ですが、その水加減がなかなか難しいです。繰り返し焼き方を練習することで、いままでのソーセージが何倍にも美味しくなる方法と言えます。水を入れてフタをするだけなので、通常のものと比較しながら試してみることをおすすめします。

ひと手間加えた茹で方

茹でているソーセージ

75度の温度

ソーセージはボイルするまで冷蔵庫に入れたままの方法がおすすめです。茹でる瞬間に冷蔵庫から冷たいままのソーセージを取り出しましょう。

ソーセージは75度くらいの温度で茹でるのが一番美味しいと言われています。沸騰したお湯に、冷蔵庫から取り出した冷たいソーセージを入れると、ちょうど75度ぐらいの温度に下がるのでこの方法がおすすめです。高温で茹でてはいけない理由は、あまり高温で茹でると肉のたんぱく質が壊れて味が落ちてしまうためです。

茹でているソーセージ

ソーセージの揚げ焼き

生ソーセージの場合は「揚げ焼き」と言う方法も存在します。生の状態からソーセージを揚げ焼きしてみましょう。

ソーセージの水気をよく切り、最初は弱火から初めてじっくりと火を通していきます。揚げるための油は、通常の天ぷらの温度よりも少し低めの温度にしておいて、ソーセージを投入しましょう。そしてフタをしておいて、ときどき裏返して揚げ焼きします。

揚げているソーセージ

肉の食感が増す

きつね色になったら出来上がりなので、油を取れるシートの上などに出してあげましょう。

いつものソーセージと違って、全体に熱が通り余分な油が抜けます。肉感がより強くなりしっかりとした食感が印象的です。少しサクサクとした食感になっており、プリッとしたソーセージとはまた違ったおいしさを感じる事ができます。ソーセージのちょっとしたアレンジレシピとしてぜひ試して欲しいです。

ソーセージのおすすめランキング!のまとめ

ぐるぐるなソーセージ

肉厚なソーセージ

ソーセージのおすすめ人気ランキングでは、肉厚でジューシーなソーセージがたくさん登場しました。

やはりソーセージを食べるなら肉厚で濃厚な味のタイプのソーセージが人気で売れ筋だといえます。また、価格が高いものは、その味のパンチ力が大きく異なるので、一度は食べてみて欲しいです。日常的にお弁当などで利用する場合はコスパが良いもののほうが扱いやすいかもしれません。

フライパンとソーセージ

調理方法も奥深い

ソーセージの調理方法のボイルというのはとても大事な部分になります。ぜひ、ボイルしてから調理しましょう。

ソーセージの調理方法としてボイルはとても大事です。いままで食べていたソーセージがワンランクもツーランクも味がアップします。また、切れ目を入れたり油をひくなど、自分にあった調理方法を取り入れて理想の食感を目指しましょう。

あつあつのソーセージ

食べ比べがおすすめ

お気に入りのソーセージはもちろんですが、セールなどに合わせて普段食べたことがないソーセージにチャレンジしましょう。

ソーセージなんてどのメーカーも同じということはなく、それぞれのメーカーのソーセージを食べてみると味の違いに驚くかもしれません。いろいろなソーセージを食べて比較する中で、実はもっと美味しいソーセージがその中に隠れているかもしれません。

並んだソーセージ

しっかり焼く

ソーセージはやはり、あの一口目のプリッとした食感が魅力です。焼き目をつけて火傷に気をつけて食べましょう。

おすすめ人気ランキングで登場したソーセージたちは、どれも肉の旨みが凝縮されたものになります。しっかりと焼いて、そのジューシーな味を堪能しましょう。おかずやおつまみ、またホットドッグなどいろいろなソーセージ料理もあるので、たくさんのソーセージの種類を楽しみましょう。

その他のおすすめ人気ランキングはこちら

冷凍唐揚げおすすめランキングTOP28!お弁当のおかずに人気なのは? | ランキングまとめメディア
曲げわっぱ弁当箱のおすすめ人気ランキングTOP25!用途別の選び方を解説 | ランキングまとめメディア
フリーズドライ味噌汁おすすめランキングTOP15!ギフト用やお弁当にも便利! | ランキングまとめメディア
最高に美味しい!ビールのおすすめ25選【日本&海外徹底網羅】 | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ