ラミネーターおすすめ人気機種TOP20!A3プリントも可能・価格を比較

印刷物や写真を汚れや傷から守ってくれるラミネーターは、ご家庭や職場で重宝される人気の電化製品です。多くの方が何気なく使っていますが、機種によって様々な特徴があることをご存知でしょうか。ここでは知られざるラミネーターの加工技術や性能を比較しながら、売れ筋商品の2018年最新おすすめランキングをまとめていきます。A3サイズを加工できるタイプや4本ローラーなど人気製品の特徴や価格もご紹介しますので、おすすめランキングを選び方の参考にしてみましょう。

目次

  1. ラミネーター人気おすすめランキング!【2018】価格を比較
  2. ラミネーター人気おすすめランキング20位~11位
  3. ラミネーター人気おすすめランキング10位~7位
  4. ラミネーター人気おすすめランキング6位~4位
  5. ラミネーター人気おすすめランキング3位~1位
  6. ラミネーターの上手な使い方や注意点!意外な活用例も!
  7. ラミネーター人気おすすめランキング!のまとめ

ラミネーター人気おすすめランキング!【2018】価格を比較

写真や紙を圧縮するのに便利なラミネーターの売れ筋を紹介

ラミネート加工している画像

人気機種が出揃ったTOP20

ラミネーターは2枚のラミネートフィルムの間に保護したい原稿や写真を挟み、ヒーターで温めながらローラーで圧力をかけて接着する機器です。

 

機種によってはラミネートフィルムの厚さに応じて、温度や速度を調節できるタイプも開発されてきました。

ここではパウチラミネーターと呼ばれる小型の機種について、2018年最新の人気おすすめランキングをまとめていきます。売れ筋の製品をご紹介していきますので、価格や性能を比較しながらご自分の環境に合わせた選び方でお気に入りのラミネーターを探してみましょう。それでは2018年最新のラミネーター人気おすすめランキングのスタートです!

ラミネーターの機種の選び方

パウチラミネーターを撮影している画像

選び方で重要なポイントは3種類

2018年最新の人気おすすめランキングをご紹介する前に、まずはラミネーターの機種の選び方で重要なポイントをいくつかお伝えしておきます。

 

ラミネーターの基本的なポイントを知ってからおすすめ人気ランキングをチェックするようにしましょう。

フィルムの厚さで選ぶ

フィルムの厚さを紹介する画像

単位表記はミクロン(μm)

ラミネーターの選び方でまず確認しておく必要があるポイントはラミネートフィルムの厚さとなります。

ラミネートフィルムの厚さはミクロン(1000分の1ミリ)で表示され、数字が小さいほど薄く大きいほど厚くなると覚えておきましょう。フィルムの厚さは一般的に32ミクロン~350ミクロンとなっていて、使用される頻度が最も多い厚さは100ミクロンとなっています。ラミネートフィルムは2枚で紙を挟みますが、厚さの数値は1枚分となっていますので2枚分の厚さではないと覚えましょう。

加工できる厚さを紹介する画像

機種で異なる加工可能な厚さ

ラミネーターにはそれぞれの機種によって加工できる厚さが異なりますのでしっかりと確認しておきましょう。

 

個人向けの低価格なラミネーターだと500ミクロン程度、それ以上の4本ローラー搭載のグレードだと600~800ミクロンの厚さを加工することができます。

例えば100ミクロンのフィルムでラミネート加工する場合は、フィルム2枚分で200ミクロンの厚さに紙の厚さがプラスされます。コピー用紙は1枚100ミクロンなので合計300ミクロンとなるため、低価格のラミネーターでも対応できることになります。機種によって加工できる厚さが異なるため、ハガキや厚紙を加工する時は事前に厚さをチェックしておきましょう。

A3など加工できるサイズで選ぶ

A3サイズ対応のラミネーターを写している画像

サイズも選び方の重要なポイント

ラミネーターは機種によってA3やA4など加工できるサイズが異なります。

 

ラミネートフィルムは縦横に3mmの余白を作るため、用紙よりも6mm大きくなっていることを覚えておきましょう。

その上で一般的なラミネーターが加工できるサイズはカードサイズ、A4サイズ、A3サイズの3種類に分かれています。加工できるサイズによってラミネーターは価格や大きさが異なりますので、ラミネートする用紙のサイズに合わせたラミネーターを選ぶようにしましょう。

おすすめの選び方

上述した通りラミネーターは頻繁に使う用紙のサイズに合わせても構いません。しかし選び方として費用と置き場所に余裕がある方にはA3サイズを加工できる大きめのラミネーターをおすすめします。

例えばカードサイズしかラミネート加工しない方でも、A3サイズであればまとめて加工できるため処理速度が圧倒的に早くなります。1枚1枚ラミネート加工するのではなくまとめて加工できる点がA3サイズのメリットになりますので、サイズで悩んだ場合はA3サイズを加工できるラミネーターを選ぶようにしましょう。

4本タイプなどローラーの本数で選ぶ

2本ローラーの機種を撮影している画像

本数で変わる仕上がりの美しさ

圧力をかけるためラミネーターに搭載されているローラーは2本、4本、6本タイプの3種類があります。

 

ローラーの本数で仕上がりの美しさが異なりますので、本数も選び方の重要なポイントと考えるようにしましょう。

まず本体サイズがスリムな2本タイプの機種はヒートローラーのみで加工するため、A4やA3サイズを加工した場合にフィルムが反り返ってしまうデメリットがあります。しかしカードサイズのラミネートであれば反りは起こらないため、選び方でコストパフォーマンスを重視している人は2本タイプの機種を検討してみましょう。

4本ローラーの機種を写している画像

万能型の4本タイプ

4本タイプは2本のヒートローラーでフィルムに熱処理を加えていき、プルローラーでフィルムを冷却しながら引っ張る仕組みになっています。

 

この仕組みによって完成したフィルムが反り返ることを防ぐことに成功しました。

ラミネーターの購入を検討している人やすでに使用している人の多くが、完成したフィルムに美しさを求めています。さらに4本タイプはカードサイズだけでなくA3サイズでも美しい仕上がりとなるため、完成形の美しさと比較的ラミネーターの購入価格を抑えたい方は4本タイプを選ぶようにしましょう。

6本タイプの仕組みを紹介する画像

業務用におすすめの6本タイプ

6本タイプはほとんどの機種が4本のヒートローラーと2本のプルローラーを採用しています。

4本タイプよりも仕上がりが美しくなり、さらに加工速度がスピーディーなため業務用に最適な機種となります。さらに多くのメーカーが250ミクロン以上の厚さに対応する機種を開発してきました。大量にラミネート加工する方や、仕上がりの美しさにこだわる方は6本タイプの機種を探してみましょう。

比較しておきたいその他のオプション機能

温度調節機能を写している画像

選び方で考慮しておきたいオプション

ラミネーターには電源を入れてから本体を加熱するまでのウォームアップ時間があります。

 

オプション機能としてウォームアップ完了を知らせる機種もありますので確認しておきましょう。

さらに完成時の仕上がりを綺麗にするため、上記画像のように温度調節機能が付いた機種も販売されています。少し価格は高くなりますが仕上がりにこだわりたい人はこちらのオプションもチェックしておきましょう。そしてフィルムの詰まりが起きた時に便利な逆回転機能というオプションもあります。あらかじめ故障に対応できるよう、逆回転機能付きの機種を選ぶようにしましょう。

ラミネーター人気おすすめランキング20位~11位

写真をラミネート加工している画像

売れ筋商品ばかりのTOP20

ここから2018年最新のラミネーター人気おすすめランキングTOP20を発表していきます。

 

売れ筋ラミネーターの価格や特徴を比較しながら、ご自分の選び方に沿った商品を見つけてみましょう。

20位:ラミネータークイックラミ

コストパフォーマンスが高いラミネーター

ラミネータークイックラミを撮影している画像

嬉しい18カ月保証付き

価格:4899円

メーカー:INTEY

対応加工サイズ:カード、A4、A3

対応フィルム厚:150ミクロンまで

ローラ―数:2本

オプション:逆回転機能

2018年最新のラミネーター人気おすすめランキング第20位は、INTEYの「ラミネータークイックラミ」となりました。A3サイズにも対応しているこのラミネーターは、厚みも500ミクロンまで加工が可能ですので、ご家庭で使用するには充分な機能性を誇っています。選び方で低価格を重視している方は、こちらの売れ筋商品を選んでみましょう。

ABSボタンを紹介している画像

詰まりに対応するABS機能搭載

「ラミネータークイックラミ」にはフィルムが詰まった時に逆回転するABSリリース機能を搭載しました。

 

こうしたオプションはラミネーターの選び方で欠かせない大切な機能と言えるでしょう。

さらにウォームアップ時間は約5分となっていて、光の色が変化することでウォームアップの完了が分かります。メーカーの18カ月保証が付いた安心感のある「ラミネータークイックラミ」で、大切な書類や写真を保護してあげましょう。

19位:パウチラミネーターC400V

全自動で厚みを感知するラミネーター

パウチラミネーターC400Vを写している画像

エントリーモデルとしておすすめ

価格:22000円

メーカー:アコ・ブランズ・ジャパン

対応加工サイズ:カード、A4、A3

対応フィルム厚:150ミクロンまで

ローラ―数:4本

オプション:オートシャットオフ機能

アコ・ブランズ・ジャパンの「パウチラミネーターC400V」が、2018円最新のラミネーター人気おすすめランキング第19位にランクインしました。こちらは一定時間使用しないと電源を自動的に落とすオートシャットオフ機能を搭載しています。さらに約3分のウォームアップ時間は作業時間を短縮してくれるため、職場のエントリーモデルとしておすすめしたいラミネーターです。

操作パネルを紹介している画像

使い方が分かりやすい操作パネル

大型操作パネルによって使い方が分かりやすい点が「パウチラミネーターC400V」の特徴です。

 

さらにラミネートフィルムが詰まってしまった場合にも安心な逆回転機能も搭載しました。

全自動でフィルムの厚みを感知して、スピードもオートマティックで調節してくれます。作業効率を短縮しながら4本ローラーで美しい仕上がりを実現してくれますので、おすすめ人気ランキング第19位の「パウチラミネーターC400V」を他社製品と比較して性能の高さに驚いてみましょう。

18位:ラミネーターA3

家庭用におすすめのラミネーター

ラミネーターA3を撮影している画像

シンプルで収納しやすいデザイン

価格:4199円

メーカー:uKtunu

対応加工サイズ:カード、A4、A3

対応フィルム厚:125ミクロンまで

ローラ―数:2本

オプション:逆回転機能

2018年最新のラミネーター人気おすすめランキング第18位はuKtunuの「ラミネーターA3」が獲得しました。こちらは電源コードをまとめると棚や引き出しに収納することができるコンパクトなラミネーターです。サイズを比較して小さめのものをお探しの方はこちらの売れ筋商品をチェックしてみましょう。

自動温度設定を紹介している画像

自動温度設定を搭載

使用するラミネートフィルムの厚みに合わせてボタンを押すと自動で温度設定をしてくれます。

 

「ラミネーターA3」はこのように簡単な操作方法も他社製品と比較した時に人気を集めました。

逆回転機能も搭載した安心設計となっていますので、ご家庭で家族の写真などをラミネートする時におすすめの機種です。選び方でスッキリとしたデザインと低価格を重要視する方はおすすめランキング第18位を獲得した「ラミネーターA3」の購入を検討してみましょう。

17位:4in1ラミネーター

携帯裁断機が付属した多機能なラミネーター

4in1ラミネーターを写している画像

カットしやすいように定規をセット

価格:5280円

メーカー:Blusmart

対応加工サイズ:カード、A4

対応フィルム厚:250ミクロンまで

ローラ―数:2本

オプション:逆回転機能

余分なフィルムをカットできる裁断機が付属された「4in1ラミネーター」が、2018年最新のラミネーター人気おすすめランキング第17位となりました。こちらは残念ながらA3サイズには対応していませんが、多機能なため売れ筋商品となっています。ペーパーカッターの裁断面は直線や点線、そして波型を選ぶことができますので、選び方で多機能にこだわりたい人はこのラミネーターを選ぶようにしましょう。

コーナーラウンダーを紹介している画像

安全面を考慮したコーナーラウンダー

ラミネーターは加工後、フィルムの角が鋭利になってしまうため、お子様のいるご家庭では不安を抱える方も少なくありません。

 

「4in1ラミネーター」はそんな不安を解消するため、角を丸くカットするコーナーラウンダーを搭載しました。

これによりラミネートした写真や名刺を丸みのあるソフトなデザインにすることが可能です。さらに平均消費電力が70Wのため省エネルギーも実現しました。安全性と経済性を選び方のポイントにしている方はコーナーラウンダーを活用してみましょう。

16位:A3A4対応ラミネーター

スリムサイズのラミネーター

A3A4対応ラミネーターを撮影している画像

フィルム受けを付属

価格:4899円

メーカー:VEAMA

対応加工サイズ:カード、A4、A3

対応フィルム厚:100ミクロンまで

ローラ―数:2本

オプション:逆回転機能

幅が約42cmで奥行が約10cmというスリムなVEAMAの「A3A4対応ラミネーター」は、家庭用に選んでもらいたい機種となっています。こちらはフィルムが常温になるまで置いておくことができるフィルム受けが付属されました。重量も1.4kgと持ち運びやすくなっていますので、ご家庭にある大切な写真などをラミネート加工してみましょう。

使い方を紹介している画像

誰でも使える簡単な操作方法

VEAMAの「A3A4対応ラミネーター」は電源を押してから、使用するフィルムの厚さに合わせて温度設定スイッチを切り替えるだけで準備が完了します。

 

その後はランプが緑へ変わることによってウォームアップをお知らせしてくれます。

このように小さなお子様でも使えるように簡単な操作方法を採用しました。また1年間のメーカー保証もついていますので、安心して使用することができます。他社製品と比較した場合、コスト面がメリットになりますのでお手頃な価格の機種からラミネーターデビューをしてみましょう。

15位:ラミネーターLFA341D

仕上がりにこだわる人におすすめのラミネーター

ラミネーターLFA341Dを写している画像

ダイヤル式の温度調節機能

価格:10800円

メーカー:アイリスオーヤマ

対応加工サイズ:カード、A4、A3

対応フィルム厚:150ミクロンまで

ローラ―数:4本

オプション:温度調節機能

2018年最新のラミネーター人気おすすめランキング第15位には、アイリスオーヤマの「ラミネーターLFA341D」がランクインしました。この機種は綺麗な仕上がりを追求する人に選んでもらいたい4本ローラータイプになっています。約90℃~150℃まで温度調節が可能になっていますので、コツをつかんで写真などを綺麗な状態で保存してみましょう。

トレーを紹介している画像

反りを防ぐ大型トレーを搭載

「ラミネーターLFA341D」には大型のリアトレーが搭載されました。

 

このトレーによってラミネート加工後の反り返りを防いでくれます。

さらにフィルムが4本のローラーに巻き付くトラブルを防止するための機能も採用しました。ウォームアップ時間も5分と短めになっていますので、忙しい人もイライラせず使用することができます。オフィスでもご家庭でも活躍してくれる売れ筋のラミネーターをチェックしておきましょう。

14位:ラミネーターZERO

ホットとクール兼用のラミネーター

ラミネーターZEROを撮影している画像

スタイリッシュなデザインが人気

価格:3500円

メーカー:SIS

対応加工サイズ:カード、A4、A3

対応フィルム厚:100ミクロンまで

ローラ―数:2本

オプション:温度調節機能

コールドラミネーター機能付きの「ラミネーターZERO」が2018年最新のラミネーター人気おすすめランキング第14位に名を連ねました。搭載されたコールドラミネーター機能は写真や熱感紙にも対応しています。これだけの機能を持ちながらお求めやすい価格のため、写真などをご家庭でラミネートしたい人におすすめの機種です。

機能性を紹介している画像

温度上昇防止機能も搭載

圧倒的なコストパフォーマンスを誇りながら、「ラミネーターZERO」は安全面に配慮した機種になっています。

 

 

この機種は温度調節機能だけでなく温度の上昇を防止する機能も搭載しました。ご家庭向けにおすすめしたいラミネーターだからこそ、安全面についての機能性は欠かすことができません。他社製品と比較してもこの低価格と機能性は抜群に高くなっていますので、売れ筋商品のラミネーターをご家庭用に選んでみましょう。

13位:ABOXラミネーター

連続作業が可能なラミネーター

ABOXラミネーターを写している画像

裁断機とコーナーラウンダーを付属

価格:6900円

メーカー:Goo Bang Doo

対応加工サイズ:カード、A4、A3

対応フィルム厚:125ミクロンまで

ローラ―数:2本

オプション:逆回転機能

「ABOXラミネーター」は約3分間のウォームアップ時間で30分間の連続作業を可能にしました。さらにA4用紙を8枚カットできる裁断機と、安全面を考慮したコーナーラウンダーを付属しています。2018年最新のラミネーター人気おすすめランキング第13位は、3WAYで活躍してくれる売れ筋の「ABOXラミネーター」でした。

企業理念を紹介している画像

仕上がりも追求したおすすめ機種

「ABOXラミネーター」は加熱を均一にするよう構成されたシステムにより、フィルムの間に気泡が生まれることを抑制しました。

こうした機能性によって大切な書類や写真を綺麗な状態で保存することが可能になっています。さらにフィルムの歪みや巻き付きが起こった場合にも、背面に設置されたABSボタンを押せば対応できるようにしました。コーナーラウンダーによって人体の安全を保護し、さらに大切な資料や写真を巻き付きから防ぐ機能性を今すぐ他社の製品と比較してみましょう。

12位:ラミネーター400-LM001

低価格な4本ローラータイプのラミネーター

ラミネーター400-LM001を撮影している画像

メーカー1年保証付き

価格:8980円

メーカー:サンワダイレクト

対応加工サイズ:カード、A4、A3

対応フィルム厚:150ミクロンまで

ローラ―数:4本

オプション:逆回転機能

仕上がりを綺麗な状態にしつつも、ラミネーター本体の費用は抑えたいと思っている人には「ラミネーター400-LM001」がおすすめとなっています。4本ローラータイプで温度調節機能と逆回転機能を搭載しながら、価格は1万円を下回りました。さらにメーカーの直販であれば1年保証が付きますので、興味がある方は今すぐホームページをチェックしておきましょう。

ラミネーター400-LM001でラミネートしている画像

老舗サプライブランドの自信作

「ラミネーター400-LM001」は他社の4本ローラータイプと比較した場合、サイズがコンパクトなため、一般的なデスクであれば充分に作業が可能となっています。

 

ご家庭で使用する時はサイズもしっかりと他社と比較しておかなければなりません。

さらにワンタッチボタンで温度調整するだけの簡単な操作方法が、売れ筋商品へ押し上げる理由となりました。ご家庭で印刷物や写真を綺麗に加工したい人は、比較的にお求めやすい価格となっているをチョイスしてみましょう。

11位:パーソナルラミネーター

置き場所に余裕のない人におすすめのラミネーター

パーソナルラミネーターを写している画像

シンプルで使いやすいデザインが人気

価格:5500円

メーカー:Hiveseen

対応加工サイズ:カード、A4、A3

対応フィルム厚:100ミクロンまで

ローラ―数:2本

オプション:ペーパーカッター付属

2018年最新のラミネーター人気おすすめランキング第11位は、Hiveseenが製造する「パーソナルラミネーター」が獲得しました。こちらはコンパクトなサイズとシンプルなデザインが人気となっています。用紙サイズもA3まで対応していますし使い方も簡単なので、ご家庭で使うには充分過ぎるほどの機能性を持ったラミネーターと言えるでしょう。

パッケージ内容を紹介している画像

ユーザー想いの機能を搭載

「パーソナルラミネーター」はシンプルでありながら、仕上がりの出来を美しくするワイヤートレーを搭載しました。

 

さらに詰まったフィルムを取り出しやすいように、フリーレバー機能を採用しています。

こうしたユーザーの立場になって発想したアイディアが詰まっているため、「パーソナルラミネーター」は売れ筋商品の仲間入りを果たしました。付属のペーパーカッターも使いやすいので、ラミネート加工した写真をお好きな形にカットして可愛いフォトブックを作ってみましょう。

ラミネーター人気おすすめランキング10位~7位

ラミネートフィルムが外付けになっているラミネーター

おすすめ製品ばかりのTOP10

ここで2018年最新のラミネーター人気おすすめランキングは折り返し地点を迎えました。

 

ランキングTOP10は売れ筋商品ばかりとなっていますので、引き続き機能や価格を比較しながらチェックしていきましょう。

10位:MSパウチQVJ340

ウォームアップ時間がスピーディーなラミネーター

MSパウチQVJ340を撮影している画像

オフィスに最適な高機能製品

価格:29800円

メーカー:明光商会

対応加工サイズ:カード、A4、A3

対応フィルム厚:175ミクロンまで

ローラ―数:4本

オプション:逆回転機能

約1分のウォームアップ時間で使いやすい「MSパウチQVJ340」が、2018年最新のラミネーター人気おすすめランキングTOP10にランクインしました。一定時間ラミネート操作を行わないと自動的に電源がオフにある節電機能も搭載しています。価格的にオフィス向けの製品になっていますので、高機能なラミネーターで仕事を円滑化させましょう。

温度調節機能を紹介している画像

5段階の温度調節機能

「MSパウチQVJ340」はコールドパウチを含めた5段階の温度調節機能を搭載しています。

 

さらにフィルムが詰まった場合にはリバーススイッチを押すことでローラーが逆回転する機能を採用しました。

見た目もスタイリッシュなため、どのようなオフィス環境にもフィットする点が人気を集めています。機能的にも経済的にもおすすめしたい売れ筋商品の「MSパウチQVJ340」をオフィスに導入して、作業効率の高さを実感してみましょう。

9位:高速4本ローラーラミネーターLM34200H

仕上がりの美しさが特徴的なラミネーター

高速4本ローラーラミネーターLM34200Hを写している画像

家庭にもオフィスにもおすすめ

価格:8980円

メーカー:オーロラジャパン

対応加工サイズ:カード、A4、A3

対応フィルム厚:200ミクロンまで

ローラ―数:4本

オプション:オートオフ機能

ウォームアップ時間が約90秒という速さを誇っているため、「高速4本ローラーラミネーターLM34200H」は作業効率の高さを追求している人におすすめです。さらに4本ローラーを搭載しながら価格もお求めやすい点が人気を集めました。スタイリッシュなデザインのラミネーターで、重要な書類や写真を保護しながら高速加工の機能性を体感してみましょう。

高速4本ローラーラミネーターLM34200Hがラミネートしている画像

使いやすいタッチパネルを搭載

コンパクトでありながら高機能な「高速4本ローラーラミネーターLM34200H」は、使い方が分かりやすいタッチパネルを採用しました。

 

さらに高速加工ができる上、4本ローラーが完成度の高い美しさも実現してくれています。

他社の製品と比較した場合に、1万円以下の価格で高速でウォームマップしてくれるラミネーターはなかなかありません。4本ローラータイプのラミネーターで売れ筋商品となっている「高速4本ローラーラミネーターLM34200H」は、選んでおいて損をすることのない人気機種です。

8位:フジプラクリビアLPD3223

機能性が充実したラミネーター

フジプラクリビアLPD3223を撮影している画像

スライド式の温度調節機能を搭載

価格:10800円

メーカー:ヒサゴ株式会社

対応加工サイズ:カード、A4、A3

対応フィルム厚:150ミクロンまで

ローラ―数:4本

オプション:逆回転機能、温度調節機能

仕上がりにこだわりながら使い勝手も追求した「フジプラクリビアLPD3223」が、2018年最新のラミネーター人気おすすめランキング第8位に輝きました。150ミクロンまでの厚さに対応しているため、ご家庭で使用する場合はこれ以上の機能は必要ありません。使いやすいスライド式の温度調節機能を活用して、ご家族の写真を美しくラミネート加工していきましょう。

全体像を撮影している画像

ユーザーを満足させる充実した機能

このラミネーターは行き過ぎた加熱を防止するオートオフ機能を搭載しています。

「フジプラクリビアLPD3223」は詰まりを解消する逆回転機能だけでなく、こうした充実したスペックが売れ筋商品となった理由でもあります。さらにラミネート速度はA4サイズであれば約42秒で完了するスピードを実現しました。約5分でウォームアップできる4本ローラーの性能を他の機種と比較しながら、ハイスペックな売れ筋商品のポテンシャルに驚いてみましょう。

7位:パーソナルラミネーターLAM-360

加工速度がスピーディーなラミネーター

パーソナルラミネーターLAM-360を写している画像

安心の自動オフ機能を搭載

価格:11000円

メーカー:オーム電機

対応加工サイズ:カード、A4、A3

対応フィルム厚:150ミクロンまで

ローラ―数:4本

オプション:逆回転機能

2018年最新のラミネーター人気おすすめランキング第7位は、ウォームアップ時間が約3分の「パーソナルラミネーターLAM-360」が獲得しました。こちらはA41枚約40秒で加工できるスピーディーな点が人気を集めています。さらに消し忘れた場合でもオートオフ機能が搭載しているため、安心して写真や書類をラミネートしてみましょう。

音で知らせてくれることを紹介している画像

予熱完了を音で知らせる機能が人気

「パーソナルラミネーターLAM-360」はウォームアップ完了を光と音で知らせてくれます。

 

そのため電源を入れた後でラミネーターから離れても問題ありません。

逆回転機能も搭載していますので、フィルムが詰まった場合でも適切に対応することができます。1年間のメーカー保証も付いていますので、家庭用にもオフィス用にもおすすめしたい「パーソナルラミネーターLAM-360」の購入を検討してみましょう。

ラミネーター人気おすすめランキング6位~4位

A3の写真をラミネートしている画像

それぞれが強みを持ったTOP6

ここからいよいよ2018年最新のラミネーター人気おすすめランキングはTOP6を発表していくことになります。

 

優れた機能性の製品から驚きのコストパフォーマンスを誇る製品が出揃いましたので、予算と使用目的に合わせたラミネーターを探してみましょう。

6位:A3対応ECOラミネーター

ドイツ人気ブランドの低価格なラミネーター

A3対応ECOラミネーターを撮影している画像

初心者にも簡単な操作方法

価格:3780円

メーカー:MONOLITH

対応加工サイズ:カード、A4、A3

対応フィルム厚:125ミクロンまで

ローラ―数:2本

オプション:ABS機能

ドイツ国内No.1のシェアを誇るMONOLITHの「A3対応ECOラミネーター」が、2018年最新のラミネーター人気おすすめランキングTOP6入りを果たしました。「A3対応ECOラミネーター」の最大の長所は圧倒的なコストパフォーマンスの高さとなっています。A3サイズに対応した低価格のラミネーターを探している方は、こちらの優れたコスパをチェックしておきましょう。

事務所で使用している人の口コミ

製品全体を紹介している画像

オフィスにも対応する機能性

コストをかければ高性能なラミネーターが手に入るのは当然ですが、使用頻度が少ないのであれば機能よりも価格を重視した選び方をおすすめします。

しっかりA3サイズまでラミネート出来ました。私の事務所の表札を作ってみました。結構、好評です。

Amazonには「A3対応ECOラミネーター」を評価する上記のようなユーザーの口コミが投稿されていました。口コミからお分かりいただける通り、こちらのラミネーターは価格以上の働きをしてくれます。仕上がりの美しさよりも価格の安さを重視している人は、この製品を選んでおけば間違いありません。

5位:高速起動ラミネーター

ウォームアップ時間が短いラミネーター

高速起動ラミネーターを写している画像

波打ちしない綺麗な仕上がり

価格:4980円

メーカー:ZOTO

対応加工サイズ:カード、A4、A3

対応フィルム厚:125ミクロンまで

ローラ―数:4本

オプション:逆回転機能

こちらは4本ローラータイプのため、出来上がったフィルムが反りや波打ちを起こしにくくなっています。さらに仕上がりの美しさをキープするため、ワイヤー式のトレーを搭載しました。「高速起動ラミネーター」さえあればご家庭で使うすべての用途に対応するはずです。お手頃な価格のラミネーターで大切な写真や名刺などを綺麗に保護しましょう。

ZOTOのラミネーターに買い替えたユーザーのTwitter

上記はサイズがコンパクトなため家庭でも使いやすい「高速起動ラミネーター」に買い替えたことを紹介しているTwitterです。おすすめ人気ランキング第5位の「高速起動ラミネーター」は、電気用品安全法(PSE)認証の安全性も高く評価されました。約1.4kgという軽量の製品になっているため、ご家族でシェアしながらラミネートしていきましょう。

4位:Mercury4本ローラーラミネーター

ハイスペックな性能にこだわる人におすすめのラミネーター

Mercury4本ローラーラミネーターを撮影している画像

高速加工を実現したラミネーター

価格:12970円

メーカー:フェローズ

対応加工サイズ:カード、A4、A3

対応フィルム厚:150ミクロンまで

ローラ―数:4本

オプション:逆回転機能、温度調節機能

「Mercury4本ローラーラミネーター」は高速加工と高速ラミネートの両方を兼ね備えました。ウォームアップ時間は最短で約60秒、そして加工時間は約36秒の速さとなっています。写真や書類を頻繁にラミネートする人にはスピード性能は欠かせません。スピードと仕上がりの出来を重視する人はこのラミネーターを選ぶようにしましょう。

スピード性能を評価する口コミ

フィルム付きのセット商品を写している画像

分かりやすい操作方法も高評価

フィルムの厚さを選ぶだけという分かりやすい操作方法も「Mercury4本ローラーラミネーター」が人気を集めた理由です。

 

Amazonにはスピードを評価する使用者の口コミが投稿されていました。

全機種の買い替えで購入しました。本体の軽さと立ち上がりの速さ、実際にラミネートするスピードも早くて気に入っています。今回の買い替えで別ブランドの1万円ほどの機種を購入しましたが、使い勝手が悪く、こちらに買い替えました。おすすめです。

やはり最大の特徴であるスピーディーな加工とウォームアップ時間がおすすめのようです。こちらは逆回転機能の他にも加工温度チェック機能を搭載しました。この機能はウォームアップ中に間違えてフィルムを入れても引き込まないため、温度不足によるラミネートの失敗を予防してくれます。豊富な機能を搭載したラミネーターの実力をご自宅やオフィスで試してみましょう。

ラミネーター人気おすすめランキング3位~1位

印刷物をラミネート加工している画像

高い評価を受けるTOP3

ついに2018年最新のラミネーター人気おすすめランキングはTOP3を残すだけとなりました。

 

ランキングTOP3はユーザーからの評価が高い製品ばかりですので、口コミやレビューを参考にしながらラミネーターを選んでみましょう。

3位:パーソナルラミネータークイックラミ4

充実した機能性の4本ローラータイプのラミネーター

パーソナルラミネータークイックラミ4を写している画像

ワイヤートレイが付属

価格:15000円

メーカー:ナカバヤシ

対応加工サイズ:カード、A4、A3

対応フィルム厚:150ミクロンまで

ローラ―数:4本

オプション:逆回転機能

ナカバヤシの「パーソナルラミネータークイックラミ4」は逆回転機能に加えて、30分間操作が無ければ自動で電源をオフにする機能を搭載しました。さらに4本ローラーによる美しい仕上がりをキープするワイヤー式のトレーも付属されています。クリーニングペーパーもセットとなっていますので、汚れを除去しながら長く愛用していきましょう。

操作ボタンをアップにしている画像

簡単な操作ボタン

「パーソナルラミネータークイックラミ4」の電源ボタンは厚さの選択も兼ねています。

 

誰でも簡単に使えるよう、フィルムの厚さに応じたスイッチをONにするだけという操作方法を採用しました。

電源が入るとランプが点灯し、ウォームアップ完了はREADYランプの点灯で知らせてくれます。こうしたシンプルで分かりやすい操作方法が人気となり、2018年最新のラミネーター人気おすすめランキングTOP3入りとなりました。

スピードと仕上がりを評価する口コミ

口コミでも高い評価を受けるラミネーター

優れたスピード性能

「パーソナルラミネータークイックラミ4」は電源をONにしてからラミネート加工終了まで、約84秒というスピードを実現しました。

 

このハイスペックな性能はAmazonのレビューでも高く評価されていました。

ウォームアップが速いので、ストレスがありません。ナカバヤシラミネートフィルム100枚入 307×430mm A3 LPR-A3-Eを使っていますがとてもキレイにラミネート出来ます。

ストレスフリーでラミネーターを使用できる点は、ユーザーにとって非常に嬉しいポイントです。ウォームアップ完了まで約40秒、ラミネート速度はA4用紙で約44秒となっていますので、4本ローラーの綺麗な仕上がりとハイスピードな加工時間を体感してみましょう。

2位:ラミネーター400-LM004

速さと美しさを求める人に最適なラミネーター

ラミネーター400-LM004を撮影している画像

高速ウォームアップ機能を搭載

価格:12800円

メーカー:サンワダイレクト

対応加工サイズ:カード、A4、A3

対応フィルム厚:150ミクロンまで

ローラ―数:4本

オプション:逆回転機能、オートオフ機能

反り返りを防ぐ4本ローラータイプの「ラミネーター400-LM004」が、2018年最新のラミネーターおすすめ人気ランキング第2位に輝きました。名刺や写真などのコンパクトなものから最大325mmの用紙まで対応できますので、ご家庭用としてならこの1台で用途のほぼ全てをカバーしてくれます。業務用としても人気のラミネーターを使って仕上がりの美しさに感動してみましょう。

スリムなサイズを紹介している画像

スッキリとしたサイズも人気

「ラミネーター400-LM004」は約46.5cmの幅となっているため、ご自宅のデスクでもスッキリと使用することができます。

 

このような置き場所を選ばないサイズも愛用者から高い評価を受けました。

 

奥行きも13.2cmとなっていますので使わない時も場所を取りません。

五つ星の評価を付けたユーザーのレビュー

オートオフ機能を紹介している画像

省エネ設計で経済的

約15分で電源が切れるオートオフ機能は忙しいビジネスマンに喜ばれています。

 

 

会社で使用していますが温まるまでの時間が短く、とても便利です。何十枚と連続で使用しても問題ない仕上がり。電源をいれたまま、温まるのを待っている間に放置してしまうこともあるのですが、安心機能として電源が切れてくれるのも助かっています。

この機能が便利だということでAmazonの口コミでは五つ星の評価を受けていました。「ラミネーター400-LM004」は時間があまりない方で、ウォームアップ時間を気にしたくない人に最適な機種となっています。オートオフ機能が安心感を与えてくれるおすすめ人気ランキング第2位を獲得したラミネーターの実力をご自宅で試してみましょう。

1位:フュージョンプラス7000L3

シリーズ最高の加工速度を誇るラミネーター

フュージョンプラス7000L3を写している画像

世界に誇るGBCブランド

価格:39980円

メーカー:アコ・ブランズ・ジャパン

対応加工サイズ:カード、A4、A3

対応フィルム厚:250ミクロンまで

ローラ―数:6本

オプション:逆回転機能、オートオフ機能

2018年最新のラミネーター人気おすすめランキングを制したのはGBCブランドの「フュージョンプラス7000L3」でした。こちらはフージョンシリーズの中で最も加工速度がスピーディーで、1分で最大1400mmをラミネート加工できるように設計されています。ラミネート加工の常識を覆すスピード感を実際に体験してみましょう。

プロモーション動画

2本のヒートローラーと4本のプルローラーがいつでも安定した仕上がりの美しさを実現してくれます。さらに「フュージョンプラス7000L3」には自動厚み感知機能も搭載しました。オートモードに設定するだけで加工物に最適な速度を自動で選んでくれますので、難しい操作の必要がありません。フージョンシリーズのハイエンドモデルを使って、これまでのラミネーターとの違いを感じてみましょう。

商品をおすすめするAmazonの口コミ

フュージョンプラス7000L3でラミネートしている画像

対応サイズに満足している愛用者

「フュージョンプラス7000L3」はパウチラミネーターとして文句のつけ所がない機種です。

 

愛用者も優れた機能性をAmazonのレビューに書き込んでいました。

とても良い商品です。A3タイプが使用出来るのでとても優れています。おすすめします。

レビューでおすすめされている「フュージョンプラス7000L3」には詰まりが発生すると、自動で逆回転してくれる機能が搭載されています。トラブルを未然に防いでくれる機能も高く評価されてきました。とにかく性能にこだわる方には「フュージョンプラス7000L3」をおすすめします。

ラミネーターの上手な使い方や注意点!意外な活用例も!

ラミネーターの上手な使用方法

使用上の注意を紹介している画像

基本的な使い方

ラミネーターにはウォームアップ時間が必要なので、まずは機器の電源を入れましょう。

 

予熱時間を待つ間に加工したい紙や写真を、サイズに合わせたフィルムで挟みます。

あとはフィルムをラミネーターに挿入するだけで自動的にラミネート加工をしてくれます。フィルムを結合部分から真っ直ぐ挿入するようにしないと、気泡が入ったりしわが寄ったりしてしまいますので、この点に充分な注意を払うようにしましょう。ラミネーターが使い方がシンプルなだけに、基本を間違えると故障の原因になります。簡単な方法なので使い方は間違えないようにしましょう。

注意を促している画像

注意してほしいポイント

ラミネーターを使う時は加工したい用紙や写真とフィルムの四辺には余白が必要になります。

しかしこの余白が大きすぎるとローラーに挿入できない場合がありますので、サイズに合わせたフィルムを使用するようにしましょうさらにラミネーター本体は加工中、かなりの熱を帯びてしまいます。そのためお子様がいるご家庭は、特に本体を不用意に触らないよう注意をしましょう。以上がラミネーターの上手な使い方と、使用時の注意事項でした。

おすすめの活用例

レシピブックを撮影している画像

レシピを保存

せっかくラミネーターを購入したのに、書類だけをラミネートしているだけでは宝の持ち腐れとなってしまいます。

 

そのためここではおすすめの活用例をご紹介していきますので、参考にしながら様々なものをラミネートしていきましょう。

まずは調味料や作り方を記入したレシピをラミネートする方法です。ラミネート加工すれば水からレシピを守ってくれますし、調味料などがかかっても拭けば汚れは落ちます。そのためキッチンで使える便利なレシピブックをラミネーターで加工してみましょう。

花の写真をラミネートしている画像

大切な写真を保存

ご家庭での活用例として最もおすすめなのが大切な写真の保存です。

 

どうしても時間が経過すると写真は色褪せなどの劣化が起きてしまうので、あらかじめラミネーターで保護しておきましょう。

 

注意点といたしまして写真はラミネーターの熱で変色する可能性があります。

そのためまずはプリンターで印刷した写真をお試しでラミネート加工しておきましょう。こうすることで大切な写真を台無しにすることはありません。ご紹介した活用例を参考にしながら、ラミネーターをフル活用していきましょう。

ラミネーター人気おすすめランキング!のまとめ

風景写真をラミネートしている画像

使い道が豊富なラミネーター

ここまで2018年最新版となるラミネーターのおすすめ人気ランキングTOP20をまとめてきました。

 

ラミネーターは簡単な使い方で大切な書類や写真を保護してくれるため、とても重宝する電化製品です。

しかし対応できるサイズやローラーの数など、機種によってスペックが異なるためしっかりと比較しておかなければなりません。このおすすめ人気ランキングでは売れ筋商品の価格やスペックをご紹介していますので、ラミネーター選びの参考にしてみましょう。

生活・雑貨に関する他のまとめ記事はこちら!

2018年入浴剤おすすめランキングTOP25!香りや効能・効果も詳しく解説 | ランキングまとめメディア
2018年柔軟剤おすすめランキングTOP25!香りや成分などから総合評価 | ランキングまとめメディア
ボディソープおすすめランキングTOP31!市販人気商品を徹底比較 | ランキングまとめメディア
高品質・高級ティッシュのおすすめ品25選!選び方や種類を詳しく解説 | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ