ルンバおすすめ人気ランキング9選! 現行機種の価格や機能を比較・選び方も解説

自動で部屋を掃除してくれるルンバはとても便利です。そんなルンバはどのような選び方をすればいいのでしょうか。ルンバのおすすめ人気ランキングを紹介します。ルンバの価格や機能を比較して予算にあったルンバを紹介します。ロボット掃除機であるルンバの特徴的な機能や、それぞれの種類による機能の違いはどのようなものがあるのでしょうか。一つあるだけでロボット掃除機がどんどん部屋をきれいにしてくれるルンバの魅力と、おすすめ人気ランキングに注目してみましょう。

目次

  1. ルンバ人気おすすめランキング!価格や機能の比較・選び方!
  2. ルンバ人気おすすめランキング9位~7位
  3. ルンバ人気おすすめランキング6位~4位
  4. ルンバ人気おすすめランキング3位:ルンバ980
  5. ルンバ人気おすすめランキング2位:ルンバ890
  6. ルンバ人気おすすめランキング1位:ルンバe5
  7. どうすればルンバは安く買える?
  8. ルンバを便利に賢く使いこなそう!
  9. ルンバ人気おすすめランキング!まとめ

ルンバ人気おすすめランキング!価格や機能の比較・選び方!

人気のロボット掃除機ルンバ

有名なルンバ

お掃除ロボット

お掃除ロボットとして一躍有名になった「ルンバ」ですが、その種類は様々存在します。

ルンバは自動で室内を掃除してくれるロボット掃除機です。初めて登場したときから価格も安定し、手頃なものになりました。また、ルンバの機能の弱点だった部分も改善されてロボット掃除機としての機能が充実しました。

横から見たルンバ

気になる違い

とはいえ、それぞれのルンバを比較する中で、種類ごとでどのような機能の違いがあるのでしょう。

ルンバを購入する中で予算を含めて、それぞれのルンバの種類を比較することが選び方としておすすめです。予算に合わせた選び方はもちろん、最新のルンバを比較して選び方のヒントにしてみましょう。そんなルンバのおすすめ人気ランキングを紹介します。

ルンバシリーズの種類と特徴

600シリーズ

ルンバシリーズ

大きく分けて4つの種類

ルンバは現在、大きく分けて4つの種類が存在します。すでに廃盤になったシリーズもありますが、比較して選び方の参考にしましょう。

最も安い価格のルンバは「600シリーズ」といえます。エントリーモデルとして価格は抑えてルンバを低価格で購入できるようになっています。上位機種と比較すると予算は低価格になるもののいろいろな機能が搭載されていないものになっています。

600シリーズのルンバ

予算に合わせた選び方

エントリーモデルとはいえ、上位機種と比較して基本的な性能は充実しているといえます。

例えば、ルンバが掃除を終えたら自動でホームにもどって充電する機能が搭載されています。また、ルンバに侵入して欲しくない禁止エリアを設定する「バーチャルウォール」という機能が搭載されています。予算的に低価格で抑えたとは言え、イメージするルンバの機能はしっかりと搭載されているといえます。

700シリーズ

700シリーズのルンバ

すでに廃盤

2018年現在では、メインの4つのシリーズの中で700シリーズは廃盤になりました。

そもそも、700シリーズは800シリーズが登場する前の上位モデルでした。2011年に700シリーズの最後のものが販売されてから、700シリーズの型番のものは販売されていません。そのため、新しいものは流通しないといえますが、選び方の中で予算を考えて中古の700シリーズに出会うという可能性はあります。

3つのルンバ

グレードアップ

600シリーズの上位機種として、掃除をする清掃力がしっかりとあがっています。

より多くのゴミを発見できる高性能なごみセンサーを搭載されており、ゴミが一杯になったらちゃんとお知らせする機能があります。また、複数の部屋を順番に効率よく掃除してくれるようになっており、お掃除を開始する時間をセットすることも出来ます。

800シリーズ

ルンバの800シリーズ

ワンランク上のルンバ

800シリーズは現在の900シリーズが出るまでの間、フラグシップモデルとして高い性能を誇りました。

800シリーズは900シリーズが出た現在で言えば、価格的にも予算内に収まりやすい価格に収まってきたといえます。このタイプは「AeroForceクリーニングシステム」という、特殊なシステムによって高い清楚力を誇っています。

ルンバとパーツ

Wi-Fi機能も

また800シリーズからはWi-Fi機能を搭載しており、スマホのアプリと連動させることが出来ます。

スマホのアプリと連携させることで、どこからでもルンバを操作させることができるようになりました。清掃の状況やスケジュールを管理することができます。ルンバがどのように動いて清掃したかを確認することができるので、設定を変更した前後の比較にもおすすめです。

900シリーズ

ルンバの900シリーズ

最新の機能を搭載

ルンバの2018年現在では900シリーズが最新の型番になっています。今までの技術を集結させたといえます。

何よりっもお掃除ロボットとしての清掃能力を高めており、ルンバ本体に搭載されたカメラで視覚的に部屋の構造を把握して効率の良い掃除を行います。また、吸引力も700シリーズよりも約10倍となっているので、予算に余裕があれば最新のものという選び方がおすすめといえます。

価格や機能などルンバの選び方を解説

予算を決めておく

かっこいいルンバ

10万円ほど価格が違う

ルンバを購入する際の予算は、エントリーモデルとフラグシップモデルでは価格に10万円ほど差があるという予算の比較も大事です。

ルンバはエントリーモデルの600シリーズとフラグシップモデルの900シリーズとでは価格に10万円ほどの差があります。もちろん、それだけの価格の差の違いを実感できる機能が搭載されていますが、予算的には大きな違いがあります。

光沢のあるルンバ

ルンバに適した環境

選び方の中では、基本的な掃除はすべてルンバに任すほどルンバを使うかというのが選び方の軸になります。

900シリーズであれば、普通の掃除機はほとんどかけなくて良いと言えるほど高性能な機能を搭載しています。室内がフローリングでルンバが移動しやすいような環境であれば、最上位モデルの機能を充分に活かすことが出来ます。掃除機をかけるまえに少しきれいにして欲しい程度であれば低価格のモデルで充分かもしれません。

現行機種のルンバをそれぞれ比較してみよう!

掃除中のルンバ

新機種の「e5」も含めて紹介

おすすめ人気ランキングではいろいろなルンバの機種を比較してより良い選び方を紹介します。

実は2018年に新しいルンバ「e5」というのも販売されており、そのルンバも含めておすすめ人気ランキングを紹介します。予算や機能を中心に選び方を紹介して、よりよりものを比較して選び出してみました。見ているだけでも楽しいルンバをぜひ購入しましょう。

ルンバ人気おすすめランキング9位~7位

ルンバのおすすめ人気ランキングでは、すでに廃盤になったものを含めて比較のために選び方の参考にして欲しいと思っています。予算を考えればそういった廃盤になっているものを安く購入するというのも選び方の一つとして検討しましょう。

9位:ルンバ527J

とにかくルンバを試したい人向け

ルンバ527J

旧式の入門モデル

価格:29,800円

重量:約3.7kg

特徴:基本的なお掃除ロボットの機能のみ

残念ながらこちらも廃盤となっている500シリーズのルンバです。このルンバは初期に出たルンバとして、現在では標準機能といえる「自動充電機能」がついていないタイプです。とはいえ、過去の500シリーズの中では本体のバッテリー寿命は約1.5倍となっています。

現行のシリーズと比較するとロボット掃除機としては、かなり機能が少なめといえる500シリーズです。しかし、それでもルンバの性能をひとまず試したいという人への入門モデルといえます。オークションなどを使えば安い価格の予算で手に入れることが出来ます。可動区域制限機能やリモコンなどは付属されています。

8位:ルンバ780

かつての上位機種

シルバーメタリックのルンバ

タッチパネル機能搭載

価格:62,800円

重量:約3.85kg

特徴:タッチパネルなど

以前は最上位モデルだったこともあり、お掃除ロボットとして非常に高性能な機種です。0.3μmという目に見えないような小さなゴミも拾う「ダストカットフィルター」というものを採用しており、排気もきれいなものになるように配慮されています。

タッチパネル採用となっており、本体にかるく触れるだけでルンバを操作できるものとなっています。廃盤となっていることもあり、口コミのようにオークションなどを利用すれば、充分に予算内で購入できるといえます。ただし、気をつけたいのはバッテリーがすでに寿命となっている場合があり、それだけは購入し直す必要があるかもしれません。

7位:ルンバ641

かつての問題点をしっかり乗り越えた

ブルーのルンバ

予算内に収まるモデル

価格:36,800円

重量:3.6kg

特徴:3段階クリーニングシステムなど

部屋の状況を正確に反応し、高度な状況判断ができる「iAdapt」という高速応答プロセスが搭載されています。ルンバ自身が考えながら行動するというものとなっており、まさにロボット掃除機として成長したモデルといえます。

ルンバが登場したころは、その形状の問題もあり四隅のゴミしっかりと掃除出来ていないという問題がありました。しかし、現在販売されている多くのモデルがそういった、弱点を克服したものとなっています。しっかりとゴミがあるところは複数回掃除を行って、取りこぼしを防ぐ機能が搭載されています。

ルンバ人気おすすめランキング6位~4位

ルンバも長い年月を経て、その機能を改良してよりロボット掃除機としての機能を成長させました。おすすめ人気ランキングの中でもそういった、より高いレベルを誇る機能のルンバを紹介しています。

6位:ルンバ885

バッテリーの寿命も長い

このルンバは「AeroForce三段階クリーニングシステム」を搭載しており、吸引力が従来より約5倍にアップしています。ゴム製のデュアルショックブラシとパワーリフト吸引でフローリングだけでなく、カーペットのゴミなどもしっかりと吸引してくれます。

ルンバと付属品

約6年の長寿命バッテリー

価格:84,000円

重量:約3.8kg

特徴:高い寿命やメンテナンス

予算を考えるなかで、どれぐらいの価格のルンバを選ぶべきなのかという問題があります。しかし、毎日の掃除のことを考えれば決してルンバは高い買い物とはいえません。バッテリーも長寿命となり、充分に価格分の活躍をこなしてくれます。アプリを使えないこと以外は現状の機能をほとんど網羅しています。

5位:ルンバ960

同じ箇所を集中的に掃除

ガンメタリックなルンバ

アプリにも対応

価格:89,880円

重量:約3.9kg

特徴:アプリ、ダートディテクトモード

2016年に発売されたルンバで、ゴミの多い場所を検知して集中的に掃除する「ダートディテクトモード」に対応しています。髪の毛などもしっかりと吸引してくれますし、アプリの「iRobot HOME」にも対応しています。外出先からでもルンバを操作することが可能で、自宅に帰ったときにはとてもきれいな部屋で出迎えてくれます。

やはりフローリングやカーペットなどがメインの部屋で生活している場合は、ロボット掃除機であるルンバはとても力強いパートナーになってくれます。特に汚れが多い場所ではしっかりと集中して掃除してくれる機能が搭載されて、汚れがちな四隅にもしっかりと対応してくれます。

また、この口コミのようにいかに予算内に近づけるかという工夫がおすすめです。ルンバのような商品は購入してから売る人も多く、中古は注目の点です。通販だけでなく、家電量販店のポイント還元でお得な購入方法もおすすめです。ルンバはAmazonでもセールになることがあるので、大型セールがあるときは必ずチェックするようにしましょう。

4位:ルンバ690

エントリーモデルとして高スペック

購入したルンバ

初めてのルンバにおすすめ

価格:43,980円

重量:3.6kg

特徴:アプリ対応、ダートディテクトモードなど

おすすめ人気ランキングの中ではエントリーモデルながら、かなり高性能なルンバになっています。上位機種と比べると除去力などでは劣る面もありますが、アプリに対応し基本的な機能はすべて網羅しています。もし、新品でのルンバを探しているという場合は、この600シリーズの最上位モデルを選ぶのがおすすめです。

吸引力に関しては690でも充分すぎるぐらいという口コミが多いです。フローリングの溝などもしっかりとブラシで掃いて吸引してくれます。900シリーズとはブラシの種類が異なり、フローリングメインならあえて600シリーズのほうが良いという声もあります。

何よりもこの価格であれば予算内と感じる人も多く、衝動買いで購入しても後悔しない価格になっているといえます。侵入を防ぐためのバーチャルウォールはもちろん、アプリにも対応していて基本的な機能はしっかりと搭載されています。あえて廃盤を購入するよりも600シリーズの最上位モデルを選ぶほうがお得だといえます。

ルンバ人気おすすめランキング3位:ルンバ980

現状の最上位フラグシップモデル

カメラ搭載のルンバ

カーペットブーストも魅力

価格:125,000円

受領:3.9kg

特徴:カーペットブースト、ビジュアルローカリゼーション

2018年現在で最も上位機種であるロボット掃除機のルンバ980です。ルンバ本体に搭載されたカメラとフロアトラッキングセンサーによってフロア全体をしっかりと掃除してくれます。ルンバ自身が自分が今どこにいるかということや、まだ掃除されていない部屋はどこかというのを高精度で判断します。

カメラ搭載でフロア全体を掃除

最大で112畳を掃除でき、リビングやキッチン、また家具の下などすべての部屋をすみずみまできれいにしてくれます。また、980にだけ搭載されたカーペットブーストでは、カーペットやラグの上で自動で吸引力を最大で10倍にまで引き上げてくれます。繊維の奥にまで入り込んだホコリや髪の毛を取り逃すことがありません。

やはり他の機種と比較した中では、吸引力が最も高いというモデルになっており、吸引力に妥協したくない人におすすめの機種です。カーペットもしっかりと掃除して欲しいという思いに答えてくれる機種となっています。また、稼働時間も最も長い120分となっているので、960の最大75分よりもかなり長くなっています。

ルンバ人気おすすめランキング2位:ルンバ890

上位機種の中で予算内に収めたい人におすすめ

家具の下を掃除するルンバ

さまざまな角度から掃除する

価格:75,470円

重量:3.8kg

特徴:AeroForceなど

自動充電にスケージュール機能、ごみセンサーやバーチャルウォール、ダートディテクトモードにアプリにもしっかりと対応した万能モデルです。稼働時間は最上位モデルと比較すると少し短くなった60分になっています。

今までならこれがベストバイだった

高速応答プロセスのiAdaptやAeroForceクリーニングシステムなど、最上位モデルと同じ機能もしっかりと備えています。スタンダードな中で最上位モデルといえるだけに、予算などを考えるとこのタイプなら思い切って買えるといえるかもしれません。

ブラシタイプからシリコンゴムのような素材になっており、メンテナンスも非常に楽になります。890はWi-Fi機能に対応しているので、ルンバにスマホから接続して遠隔操作も可能です。リアルタイムでの掃除状況を確認したり、ルンバに発生したエラーも見れてとてもガジェットとしての面白さも体感できておすすめです。

ルンバ人気おすすめランキング1位:ルンバe5

コスパ最強のおすすめルンバ

最新のルンバ

2018年に発売されたモデル

価格:51,898円

重量:3.9kg

特徴:洗えるダスト容器

ルンバのおすすめ人気ランキングの1位は、2018年10月26日に発売されたばかりの「e5」です。いままでルンバの型番は3ケタのものとなっていたなかで、新しい型番として登場しました。それだけに、現在ルンバを選ぶならば、間違いなくこのおすすめ人気ランキング1位のルンバe5がおすすめで人気です。

ダスト容器を水洗い

洗える容器

今までのルンバのダスト容器は水洗いが出来ないものでした。しかし、このモデルでは水洗いが出来ます。

意外にもダスト容器は水洗い出来なかったルンバですが、最新のモデルではダスト容器に残った汚れやゴミも水洗いしてすぐに清潔にすることが出来ます。

迷わず選べるルンバの最新機種

ある程度ルンバの機能も頭打ちになってきた中で、それらの機能を搭載しながらさらに価格を見直して低価格にしたお掃除ロボットとしてe5は登場しました。7万円ほどがスタンダードモデルだったのに、それよりも安い5万円代で高性能なルンバが購入できるようになりました。

機能的にはiAdaptを初めた機能を搭載しており、800シリーズに近い機能になっています。900シリーズと比較するとカメラが非搭載になっています。もし890を購入しようと考えているなら、コスパ的にe5のほうが断然おすすめでランキングでも人気です。

細かなパーツのグレードアップ

本体ブラシはe5用に新しいエッジクリーニングブラシを搭載しており、家具周りもしっかりと掃除してくれます。上位機種の売りだったAeroForceクリーニングシステムも搭載しており、ローラー部分もe5専用に新開発されました。最大90分駆動に、ダストボックスも洗えるようになり、Wi-Fiにも対応した最強のルンバといえます。

ちなみに現在は日本未発売の「ルンバi7+」というものがり、こちらでは掃除をしながら自分の家のレイアウトを記録する機能があります。また、ルンバ本体にたまったゴミを吸引して、ドッグについているゴミ容器内にまとめておける、ゴミ吸引システムが統合された新型のドッグがセットになっている機種があります。粘ってこちらを待つという選択肢もあります。

どうすればルンバは安く買える?

Amazonなどのネット通販は安くておすすめ

いろんなルンバ

セールが狙い目

ルンバのおすすめ人気ランキングを紹介しましたが、それをより安い価格で手に入れるためにはどうすればいいのでしょう。

おすすめ人気ランキングを見てルンバの購入を考えた方には、やはりAmazonなどの通販サイトがおすすめです。Amazonでは年に何度かの大型のセールが行われており、そのときにはかなりお買い得な価格でルンバを購入することが出来ます。

アウトレットや中古品での購入も安い

隅を掃除するルンバ

新中古品で1万近く違う

ルンバを購入したものの、自分には合わなくて売ってしまう人ももちろんいます。

そういった新中古品といえる、ほとんど未使用なルンバであっても、新品で購入するより1万円から2万円ほど価格が安くなる場合があります。中古品を購入する際は、バッテリーの消費量に気をつけたいところですが、保証書などを確認して購入した日付を参考にすると良いでしょう。

ルンバを便利に賢く使いこなそう!

おすすめのルンバを便利に使いこなすテクニック

ブラシで掃除しているルンバ

ルンバの道を確保

高性能なお掃除ロボットであるルンバですが、その機能をしっかりと発揮できる環境にしましょう。

おすすめで人気のお掃除ロボットであるルンバですが、ルンバが掃除を効率的に行える環境づくりだけはしてあげましょう。特に高性能なルンバでは、部屋の広さなどを確認する機能がついており、ルンバの前方スペースはある程度広く取れる置き場所を選んであげましょう。

猫とルンバ

900シリーズの注意点

900シリーズの場合は、右方向に進みながら掃除するという特徴があるので気をつけましょう。

そのため、進行方向の右側にルンバ用のスペースが多くあると掃除が短時間で効率的に行なえます。基本的にルンバから見て前方スペースを広く取り、右側のスペースを確保してあげることでルンバが掃除しやすくなるのでおすすめです。

他の掃除もルンバに任せよう

階段とルンバ

はたきがけをしておく

せっかく人気ランキングの中で高性能なルンバを購入したら、家具や照明器具をはたきがけしておきましょう。

先にはたきがけをしておくことで、家具などの上にたまったホコリが地面に落ちます。すると、ルンバはそういったホコリもどんどん掃除してくれるので、とても部屋が清潔になります。ルンバが届かないところのホコリを地面に落としておくことはとても重要です。

充電中のルンバ

障害物は少ないほうが良い

ルンバはセンサーでイスの足などを避けながら移動します。そのため不要な家具などは置かないほうがおすすめです。

家具などを避けようとすればするほど、ルンバの掃除の効率は悪くなり電池も消費されてしまいます。もし、ルンバに最大限のパフォーマンスを発揮してほしいなら、余計なものはとにかく置かないことが大事です。ルンバを可動させるまえに、一時的に荷物を入れておくカゴを用意しておくのもおすすめで人気です。

ルンバ人気おすすめランキング!まとめ

ルンバのタッチパネル

お掃除が変わる

ルンバのおすすめ人気ランキングを紹介しました。ルンバが家に来ると、いままでのお掃除が一気に変わります。

ルンバの口コミで多かったのは「もっと早く買えばよかった」というものでした。もし、ルンバの購入を迷っている人がいたら、迷うならルンバは買おうと言いたい製品です。もちろん、ルンバの機能を最大限に発揮できる環境はそれぞれありますが、フローリングやカーペットがメインの家庭なら大活躍です。

アプリで動くルンバ

コスパが良くなった

おすすめ人気ランキング1位のe5は本当にコスパが良いルンバです。現状、これ以上のロボット掃除機は無いといえるコスパの良さです。

かつては最上位モデルはかなり高価でしたが、2018年に登場したe5によってルンバは新しい時代に突入したといえます。今後も日本では未発売のモデルを含めて、さらにルンバは家庭において「一家に一台」といえる存在になるといえます。お掃除の革命とも言えるルンバは、家庭の強いパートナーとなってくれます。

その他のおすすめ人気ランキングはこちら

ロボット掃除機おすすめランキングTOP27!価格や機能を徹底比較 | ランキングまとめメディア
2018掃除機おすすめランキングTOP20!人気機種の選び方も解説 | ランキングまとめメディア
ロボット掃除機おすすめランキングTOP31!人気モデルの性能を徹底比較 | ランキングまとめメディア
一人暮らし向けの掃除機人気TOP16!タイプごとのメリット・デメリットは? | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ