ティーポットのおすすめ人気ランキングTOP21!おしゃれな北欧ブランドなど!

手軽に紅茶が楽しめるティーパックも良いですが、本当に美味しい紅茶を優雅に楽しみたいならティーポットは欠かせません。ティーポットはガラスや陶器などの素材や形状の種類が様々です。そこで、ティーポットの人気おすすめランキングをご紹介します。おしゃれな北欧ブランドの人気デザインや使いやすくておすすめのティーポットがランキング入りしています。洗いやすい形状やフタ一体式など、ティーポットの上手な選び方もまとめました。

目次

  1. ティーポット人気おすすめランキング【おしゃれ】
  2. ティーポット人気おすすめランキング21位~11位
  3. ティーポット人気おすすめランキング10位~7位
  4. ティーポット人気おすすめランキング6位~4位
  5. ティーポット人気おすすめランキング3位~1位
  6. ティーポットで美味しい紅茶を味わおう!
  7. ティーポット人気おすすめランキングのまとめ

ティーポット人気おすすめランキング【おしゃれ】

人気ティーポットをおしゃれな北欧ブランドまで厳選!

ガラスのおしゃれなティーポット

ティーポットで作る紅茶が美味しい

ティーパックなどで手軽に楽しめる紅茶ですが、本当に美味しく飲むためには、ティーポットで入れるのがベストです。紅茶の香りと旨味をいっそう楽しむことができます。

しかし、ティーポットは素材や形状など様々なデザインがあり、価格もピンからキリまであります。どれが使いやすく、美味しく紅茶が作れるのか、選ぶのが難しいと感じている方もいることでしょう。

陶器のかわいいティーポット

北欧ブランドはおしゃれなティーポットが目白押し

人気の北欧ブランドにはおしゃれなティーポットがたくさんあります。ですが、価格が高い場合も多く、手が出しづらいということもあります。

 

おしゃれなことはもちろん、使いやすさや機能面でも優れたティーポットを選びたいものです。

そこでまず、ティーポットの素材の種類や違い、ティーポットを選ぶ時のポイントをまとめました。美味しい紅茶を作るために、そして自分が使いやすいティーポットを見つけるために、ぜひ参考にしてみてください。

ティーポット主な素材の種類

ガラス

ガラスのティーポット

初心者でも使いやすいガラス製

ガラス製のティーポットは初心者の方におすすめです。なぜなら中が見えるので、紅茶に大切な「ジャンピング」の様子を観察できるからです。

紅茶がどのくらい抽出できているかも分かりやすいです。また、紅茶の香りが移りにくいので、香りの強い紅茶や様々な種類の紅茶を楽しみたい方にもおすすめです。デメリットは、保温性や耐久性が低いことです。

陶器

陶器のティーポット

種類によっては紅茶の味が変わる陶器製

陶器とは、粘土を焼いた「土もの」のことで、粘土と陶石との割合がおよそ半々になっています。

 

陶器は保温性が高く、本格的な紅茶を楽しむことができます。紅茶の渋味を取り、味をまろやかにもします。

内側に釉薬が塗ってあれば味の変化はほどんどありませんが、塗っていないものは素材と紅茶の成分が反応して、味が変化します。カップとの組み合わせなどでそれをプラスに変えることもできます。デメリットは、香りが移りやすいことと価格が高めであることです。

磁器

磁器のティーポット

最も紅茶に合う磁器製

最も紅茶との相性が良く、本格的な紅茶を楽しめるのが磁器製です。陶器よりも陶石の配合が多く、紅茶の味を損ねることがないので、歴史あるブランドのティーポットは磁器製が多いです。

他の素材よりも厚みがある仕上がりで、より保温性があります。別名ボーンチャイナとも呼ばれ、ツルツルとした質感で比較的香りや味が染み付きにくくなっています。色鮮やかな模様がデザインされていることも多くおしゃれですが、価格が高いのが難点です。

金属

金属のティーポット

機能面で最も優れている金属製

シルバー製のティーポットは、湯切れが良く保温性にも優れているのが特徴です。

 

ジャンピングが見えないので初心者には少し使いにくいですが、慣れてくれば良さが体感できるでしょう。

金属の独特な光沢は食卓に光を放ち、ミルクやシュガー入れも統一するとさらに雰囲気が出ます。最近ではシルバー食器をモチーフにしたステンレス製のティーポットも多くなっています。ステンレスはシルバーより耐久性が高くて味が変わりにくく、価格も手頃です。

ティーポットを選ぶときのポイント

洗いやすい形状

口が広いティーポット

丸くて口が広いものが洗いやすい

ティーポットは普段使いすることも考えると、洗いやすいものを選ぶのがポイントです。

 

口径が広いとティーポットの中をしっかり洗えますし、洗うパーツが少ないならより洗いやすいです。

また、形状が丸いものを選ぶのもポイントです。丸いティーポットは洗いやすいだけでなく、ジャンピングが起こりやすい基本の形状でもあります。紅茶の美味しさをしっかり引き出しつつ、清潔に使えるよう洗いやすい形状を選びましょう。

ティーポットとフタが一体式になっている

フタ一体式のティーポット

片手で使えて壊す心配もない

ティーポットのフタをうっかり落として壊してしまう、という経験をした方は少なくないでしょう。

 

そうならないために使い勝手が良いのが、ティーポットとフタが一体式になっているタイプです。

フタが一体式になっていると、片手で注ぐことができて便利です。また、きちんとフタが閉まるのでしっかり蒸らせます。フタが取り外せるタイプなら、一体式でも洗いやすいのでおすすめです。茶こしも一体式になっているとパーツが少なくて済みます。

保温性・耐久性に優れている

保温性の高いティーポット

紅茶を美味しく長く楽しめるティーポットを選ぼう

紅茶は何よりも保温性が欠かせません。そのため、ティーポットに保温性の高いものを選ぶことが大切です。陶器・磁器・金属は保温性が高いです。

ガラスでも保温カバーをすることで保温性を高めることができます。さらに、ティーポットを長持ちさせるには耐久性も大切です。金属製なら耐久性は抜群ですが、他の素材でも割れにくい加工がされているものもあります。

湯切れの良い注ぎ口

注ぎ口が太めのティーポット

最後の一滴で紅茶がより美味しくなる

紅茶には最後の一滴に「ゴールデン・ドロップ」と呼ばれる、紅茶のエキスが凝縮された旨味があるとされています。最後の一滴まで注ぐには、湯切れの良い注ぎ口を選ぶことがポイントです。

また、紅茶はティーポットの中で抽出するので、注ぎ口が細く長いと茶渋や茶葉が詰まってしまいます。これだと味や香りを損ない、衛生的にもよくありません。太く短い注ぎ口なら、使いやすく洗いやすいのでおすすめです。

容量は紅茶の量に合ったものを選ぶ

容量がやや大きいティーポット

大きいものが良いというわけではない

紅茶を美味しく飲むには、飲む人数に合わせてティーポットのサイズを変える必要があります。

 

一人で飲む時は一人用の小さいもの、大勢で飲む時はその人数に対応できる大きなものを使うべきです。

大きなポットで一人分の紅茶を入れようとすると、茶葉が充分に蒸れず風味が損なわれてしまいます。たくさん飲むからと大きめのティーポットで一気に作ることもあるかもしれませんが、保温性を保ち続けるのは難しいので、早めに飲みきれる量を作れるサイズを選びましょう。

使い方に応じた付加的な機能

電子レンジ対応のティーポット

便利な機能があれば使いやすい

使い方に応じて、付加的な機能が付いていると便利に使えます。フタが一体式になっていたり、茶こしが付いているものもそのひとつです。

 

普段よく紅茶を飲む方は、電子レンジや食器洗い機に対応していると使いやすいでしょう。

電子レンジや食器洗い機に対応しているものは強度が高い傾向にあるので、丈夫で気取らず使えます。おもてなし用にするにはシンプルなものが多いですが、家族用や自分用のティーポットには利便性を求めるという方は、機能面を考慮してみてください。

デザインも重要

デザインがおしゃれな高級感あるティーポット

統一感のあるデザインは目にも楽しい

ティーポットは紅茶を作るだけでなく、食卓を飾るためのアイテムでもあるので、デザインも重要です。

 

美味しい紅茶のためには丸い形状がおすすめですが、スクエア型や円柱型が気に入った場合はそちらを選ぶのもありです。

ブランドによってデザインは大きく異なります。西洋の老舗ブランドでは高品質のティーポットが多く、人気の北欧ブランドではおしゃれでかわいいデザインが多くあります。好みのデザインで選べますが、カップやソーサーなどとデザインを合わせると、紅茶を目でも楽しめるでしょう。

ティーポット人気おすすめランキングでデザインなどチェック!

花柄がかわいいティーポットとカップのセット

おしゃれで使い勝手も良いティーポットを見つけよう

形状や素材、機能性やデザインに注目して選ぶと、お気に入りのティーポットを見つけられるでしょう。

 

ここからは、おしゃれで人気が高く、機能性も高いおすすめのティーポットをランキング形式でご紹介します。

それぞれ素材や形状などの特徴や、洗いやすいかなどの機能面での魅力をまとめてご紹介します。口コミも調べてあるので購入の際の参考にしてみてください。それではランキングスタートです!

ティーポット人気おすすめランキング21位~11位

一人で楽しむティータイム

ランキング序盤はおしゃれな陶器がランクイン

まずはランキング21位から11位までを一挙にご紹介します。保温性に優れていて、デザインもおしゃれな陶器のティーポットが多くランクインしました。

 

 

21位:ZEROJAPAN/ユニバーサルティーポット

21位の特徴

ZEROJAPAN/ユニバーサルティーポット

ZEROJAPAN/ユニバーサルティーポットの基本情報

・価格:2,484円

・ブランド:ZEROJAPAN(ゼロジャパン)

・素材:磁器(本体)、ステンレススチール(フタ・茶こし)

・サイズ:約W150×D100×H100mm(口径:70mm)

・重さ:約413g

・容量:450ml

・カラー;ホワイト/ピンク/ローズ/トマト/バナナ/イエローペッパー/キャロット/アクアミスト/ターコイズ/ブルーベリー/キウイ/煎茶/アーティチョーク/アロエ/エッグプラント/ブラック/ジェラートバニラ/ジェラートパイナップル/ジェラートマンゴー/ジェラートミント/ジェラートグリーンティー

・電子レンジ:対応

・食器洗い機:対応

・製造国:日本

コロンとした丸いフォルムと、豊富なカラーがおしゃれなティーポットです。陶器のボディとステンレスのフタは見た目にもスタイリッシュですが、注ぐ時にフタが落ちない一体式だから便利です。クリップ式で着脱も簡単にできます。電子レンジも食器洗い機も対応で、色々な使い方ができます。

21位の口コミ

カラフルなユニバーサルティーポット

デザインが良くて洗いやすいティーポット

紅茶にぴったりの丸い形状で、日本製の高い品質を誇るユニバーサルティーポットは、海外で人気を博し、逆輸入されました。

 

デザインもさることながら、使い勝手にもこだわりたい日本での口コミも上々です。

蓋が外れて洗いやすいし、デザインもシンプルかつ洗練された印象で、他のカラーも気になります。

特にステンレスのフタが着脱できるので、洗いやすい点に人気が集まっています。カラーやサイズ展開も幅広いので、好みや使い方に応じて選ぶことができます。シンプルだからこそ、品質の良さやデザイン性の高さを感じられます。

20位:KINTO/ティーポットブリム

20位の特徴

KINTO/ティーポットブリム

KINTO/ティーポットブリムの基本情報

・価格:4,320円

・ブランド:KINTO(キントー)

・素材:磁器(本体)、ステンレス・ABS樹脂(茶こし)

・サイズ:約W182×H120mm(口径:87mm)

・重さ:約599g

・容量:750ml

・カラー:ホワイト/グレー

・電子レンジ:対応

・食器洗い機:対応

・製造国:中国

北欧風のシンプルですっきりとしたデザインで、安定感ある形状のティーポットです。広めの口径と、大きめできめ細かい茶こしで洗いやすいです。茶こしはステンレスと樹脂の組み合わせで扱いやすく、耐久性にも優れています。ハンドルも大きめで、注ぎ口が太く短いので注ぎやすさも考慮されています。

20位の口コミ

シンプルなデザインが魅力のティーポットブリム

使いやすいデザイン性が魅力

インテリアに馴染むデザインがおしゃれなティーポットブリムは、家族用として使える750ml以外に450mlのタイプもあります。

 

使い方に応じて選べるのがポイントです。口コミではその容量の大きさや、KINTOならではの使いやすさに人気が集まっています。

大容量でデザインもシンプルで良い上に蓋がストレーナーに引っ掛けられるようになっており、傾けても外れることがない。

フタは茶こしの樹脂部分に引っ掻けて使うようになっていて、傾けても外れないのに、簡単に外して洗いやすくておすすめです。おもてなし用として使っても見劣りしないデザイン性の高さが注目されています。

19位:HARIO/ジャンピングリーフポット

19位の特徴

HARIO/ジャンピングリーフポット

HARIO/ジャンピングリーフポットの基本情報

・価格:2,160円

・ブランド:HARIO(ハリオ)

・素材:耐熱ガラス(本体)、ポリプロピレン・シリコーンゴム(フタ・茶こし)

・サイズ:約W162×D122×H123mm(口径:82mm)

・重さ:約249g

・容量:600ml

・カラー:クリア

・電子レンジ:対応

・食器洗い機:対応

・製造国:日本

茶葉のジャンピングが起こりやすい丸い形式が特徴のティーポットです。フタと茶こしが一体式だから、ジャンピングを邪魔せずそのまま注げます。ガラス製でありながらフタをしたまま電子レンジにかけることができます。口径が広く、食器洗い機にも対応していて洗いやすいです。

19位の口コミ

注ぎやすいジャンピングリーフポット

普段使いしやすい良品

茶葉の動きが常に見えるシンプルなデザインと形状のジャンピングリーフポットは、紅茶を美味しく飲むためのこだわりを感じます。

 

口コミでも日本製らしい品質の高さや、細やかに配慮された機能性が人気を呼んでいます。

日常使用にこれほどよいポットはなく、毎日愛用しています。茶葉をジャンピングさせるのに良いという丸い形も嬉しいです。

茶こし付きのフタは傾けても落ちない設計で、余分なパーツや手間を増やさず、気軽に紅茶を楽しみたい方におすすめです。電子レンジや食器洗い機に対応している点は、忙しい現代人のニーズに応えています。

18位:HARIO/ティオールウッド

18位の特徴

HARIO/ティオールウッド

HARIO/ティオールウッドの基本情報

・価格:6,400円

・ブランド:HARIO(ハリオ)

・素材:耐熱ガラス(本体)、オリーブウッド(フタ)、ステンレス(茶こし)

・サイズ:約W160×D125×H156mm(口径:82mm)

・重さ:約340g

・容量:700ml

・カラー:クリア

・電子レンジ:非対応

・食器洗い機:ガラス部分のみ対応

・製造国:日本

オリーブウッドを使用したナチュラルテイストのティーポットです。フタと一体式の茶こしはティーパックのように引き上げられるので、好みの濃さで飲めて二杯目も美味しく飲めます。茶こしは回すだけの簡単着脱だから洗いやすいです。熱湯消毒できるのでいつでも清潔に使えます。

18位の口コミ

2煎目も美味しく入れられるティオールウッド

ゆったり紅茶を楽しめるティーポット

ガラスとオリーブウッドの組み合わせがおしゃれなティオールウッドは、実用面でもとても機能的です。

 

口コミでも、デザイン性と機能性の両面で高評価する声が多く見られました。

紅茶は優雅に楽しみたいものですが、味の変化は気になります。このティーポットなら好みの濃さが二杯目も変わらないので、ゆったり紅茶を楽しむことができます。北欧風な優しいデザインなのもポイントです。

17位:白山陶器/MAYUポット

17位の特徴

白山陶器/MAYUポット

白山陶器/MAYUポットの基本情報

・価格:3,671円

・ブランド:白山陶器

・素材:磁器(本体)、ポリプロピレン(茶こし)

・サイズ:約W200H115mm(口径:60mm)

・重さ:約360g

・容量:500ml

・カラー:ホワイト

・電子レンジ:対応

・食器洗い機:対応

・製造国:日本

普段の暮らしになじむ食器を生み出す白山陶器のティーポットです。膨らみをもった繭のような優しいデザインの波佐見焼で、真上から見るとわずかに楕円になっています。香り移りが少なく保温性の高い磁器製であることに加えて、電子レンジも食器洗い機も使える便利さもポイントです。

17位の口コミ

カップも同シリーズで合わせたいMAYUポット

美しいデザインが紅茶をより美味しくする

丸い形状が特徴のMAYUポットは、同シリーズのカップと合わせて使うのもおすすめです。

 

紅茶を見た目でも楽しめるティーポットの美しさが口コミでも評判になっています。

まずコロンとした丸い形に癒されます。美しい白の発色もさすが白山陶器。そして見た目よりお湯がたっぷり入るのもいいです。

北欧食器を思わせるような白の発色が美しく、日本の磁器の品質の高さを感じさせます。まろやかな丸いフォルムは小さいサイズでもたっぷりお湯を入れられ、癒しの時間をもたらしてくれます。1,000mlの大きいサイズも人気です。

16位:iittala/ティーマティーポット

16位の特徴

iittala/ティーマティーポット

iittala/ティーマティーポットの基本情報

・価格:4,752円

・ブランド:iittala(イッタラ)

・素材:磁器

・サイズ:約W220×D125×H160mm(口径:68mm)

・重さ:約800g

・容量:1,000ml

・カラー:ホワイト

・電子レンジ:対応

・食器洗い機:対応

・製造国:タイ

北欧ブームの主役ブランド・iittalaの定番シリーズのティーポットです。名作キルタ・シリーズを元に、電子レンジで使えるようリデザインされています。シンプルで飽きのこない円柱のフォルムは、使いやすくインテリアとのなじみも抜群です。注ぎ口が大きいので、茶葉が詰まることもありません。

16位の口コミ

北欧のかわいいティーマティーポット

北欧ブランドの人気ティーポット

北欧ブランドらしい清潔感のあるデザインのティーマティーポットは、同シリーズのカップも揃えればよりおしゃれに使えます。

 

2005年に廃盤となったティーポットですが、使いやすいとの口コミが広がり復刻しました。

大きめのポットでかなり使いやすいです。フタまわりも掃除しやすくて毎日使うのにとても良いです!

大容量だから、家族や友人など大勢で紅茶を飲むことが多い方におすすめです。たくさんお湯を入れても持ち手が大きいので持ち上げる時も安心です。滑らかな形状で細かい部分も洗いやすいので、毎日清潔に使えます。

15位:KINTO/UNITEAワンタッチティーポット

15位の特徴

KINTO/UNITEAワンタッチティーポット

KINTO/UNITEAワンタッチティーポットの基本情報

・価格:2,592円

・ブランド:KINTO(キントー)

・素材:耐熱ガラス・シリコーン(本体)、ステンレス・ポリプロピレン(フタ・茶こし)

・サイズ:約W145×H125mm(口径:78mm)

・重さ:約222g

・容量:720ml

・カラー:クリア

・電子レンジ:本体のみ対応

・食器洗い機:対応

・製造国:中国

茶こしとフタが一体式のティーポットで、傾けても落ちにくく細かい茶葉もきちんとこせます。すべての指でしっかり握れるゆったりしたハンドルは、誰でも持つ位置を限定しない安定感ある使い心地です。口径が広くパーツも少ないので洗いやすい上に、食器洗い機にも対応していて気軽に使用できます。

15位の口コミ

フタ一体式のUNITEAワンタッチティーポット

使い勝手が良くコスパも高い

ガラス製の丸い形状のUNITEAワンタッチティーポットは、ジャンピングの様子を眺めながら楽しめます。

 

親しみやすいシンプルなデザインとフォルムがインテリアにもよくなじみ、口コミでも高評価です。

無駄のないデザインで使い勝手が良いので、普段使いするのに適したティーポットです。720mlの容量がありながらも2,000円台という低価格で、コスパの良さの点でもおすすめです。

14位:iwaki/ジャンピングティーポット

14位の特徴

iwaki/ジャンピングティーポット

iwaki/ジャンピングティーポットの基本情報

・価格:1,728円

・ブランド:iwaki(イワキ)

・素材:耐熱ガラス(本体)、ポリプロピレン・ステンレス(フタ・茶こし)

・サイズ:約W160×D120×H135mm(口径:80mm)

・重さ:約330g

・容量:640ml

・カラー:ピンク/グリーン/ベージュ/ブラック/ステンレス

・電子レンジ:対応

・食器洗い機:対応

・製造国:タイまたは中国

丸くて注ぎやすく、ジャンピングしやすい形状を追求したティーポットです。茶葉の動きや濃さを確認でき、フタの裏に取り外し可能な茶こしが付いていてジャンピングを邪魔しません。表面が滑らかなので洗いやすくて汚れが落ちやすく、色移りや香り移りもしにくいです。

14位の口コミ

たっぷり入って注ぎやすいジャンピングティーポット

低価格で手軽に使える

ジャンピングしやすい形状のジャンピングティーポットは、見た目にもかわいいデザインです。

 

フタやハンドルのカラーもシンプルです。普段使いしやすい手軽さが口コミで人気です。

2,000円以下で購入できる低価格ですが、使いやすさへのこだわりがしっかり詰まっています。洗いやすい茶こしや、電子レンジ・食器洗い機対応など機能面でも充実しています。気軽に使えるティーポットをお探しの方におすすめです。

13位:西海陶器/マジョリカ柄SSティーポット

13位の特徴

西海陶器/マジョリカ柄SSティーポット

西海陶器/マジョリカ柄SSティーポットの基本情報

・価格:2,700円

・ブランド:西海陶器

・素材:磁器(本体)、ステンレス(茶こし)

・サイズ:約W100×H100mm(口径:100mm)

・重さ:約399g

・容量:550ml

・カラー:マジョリカ柄

・電子レンジ:対応

・食器洗い機:非対応

・製造国:日本

波佐見焼きで人気の西海陶器のティーポットです。白と青のコントラストが美しい北欧風デザインが特徴です。付属のスーパーステンレス茶こしは直径と同じ底面の円柱状で、茶葉が充分に開くことができます。変形しにくく茶葉がくっつきにくいので、お手入れが簡単です。

13位の口コミ

北欧風の柄がおしゃれなマジョリカ柄SSティーポット

職人が生み出す使いやすい形状

イタリア陶器をまねてシンプルに仕上げたマジョリカ柄SSティーポットは、職人の手で丁寧に描かれています。

 

口コミではデザインの美しさだけでなく、使いやすい形状も高く評価されています。

まず、第一に持ちやすいこと。軽くてかつバランスが良く、蓋を指で押さえるのも、蓋が平らで寸胴型のボットの形状と相まって実に楽です。注ぎ口の切れも良いです。

円柱状の形状は安定感があり、フタも平らなので指で押さえながら注ぐのも煩わしさがありません。軽いため誰でも注ぎやすく、最後の一滴まできちんと注げる湯切れの良さも人気です。デザインも使い勝手も両立していておすすめです。

12位:仔犬印/エルムティーポット

12位の特徴

仔犬印/エルムティーポット

仔犬印/エルムティーポットの基本情報

・価格:8,694円

・ブランド:仔犬印

・素材:18-8ステンレス

・サイズ:約W164×H125mm(口径:65mm)

・重さ:約420g

・容量:460ml

・カラー:ステンレス

・電子レンジ:非対応

・食器洗い機:対応

・製造国:日本

レトロ感あるぽってりとしたフォルムが特徴の、保温性の高い18-8ステンレス製ティーポットです。フタが一体式になっており、指を引っかけるための突起が付いていて便利です。耐久性が高く錆びにくい素材や熱くなりにくいハンドル、湯切れの良い注ぎ口など機能面が充実しています。

12位の口コミ

金属のシンプルさが魅力のエルムティーポット

高級感あるデザインが魅力的

一切の無駄を省いたエルムティーポットは、クリームポットとシュガーポットも同素材で揃えられます。

 

シンプルでなじみやすいデザインで、口コミでの評価も高いティーポットです。

ホテルやカフェで使われていそうな上品な佇まいで、美しさと高級感があります。独特な形状はデザイン性も機能性にも優れています。しっかり保温性を保ってくれるので、紅茶好きの方におすすめしたいティーポットです。

11位:CELEC/ニューギヤマンVポットクリア

11位の特徴

CELEC/ニューギヤマンVポットクリア

CELEC/ニューギヤマンVポットクリアの基本情報

・価格:3,240円

・ブランド:CELEC(セレック)

・素材:耐熱ガラス(本体)、シクロオレフィンポリマー(フタ)、ポリプロピレン(フィルター)

・サイズ:約W150×D90×H122mm(口径:90mm)

・重さ:約400g

・容量:300ml

・カラー:クリア

・電子レンジ:非対応

・食器洗い機:対応

・製造国:フランス/日本

V字型の湯切れ抜群の大きい注ぎ口で人気の、セレックVポットシリーズのティーポットです。注ぎ口や本体と一体式になっているので注ぎ出しもスムーズです。金網を使わないセレックVフィルターは網目が細かいため、茶ガラが出にくい上に目詰まりしにくく、洗いやすいのもポイントです。

11位の口コミ

カモミール柄もかわいいニューギヤマンVポットクリア

ファミリーレストランでも使用されるティーポット

花柄もかわいいニューギヤマンVポットクリアは、フタを破損に強いシクロオレフィンポリマーにしてリニューアルしました。

 

ファミリーレストランでも使用されているティーポットで、口コミでも使い勝手の良さが評価されています。

ティーパックも、葉っぱも入れられて、まさかの、コーヒードリッパーも乗っかりますのでコーヒーもいけます。これあればなんでも淹れられます!

細かい茶葉もこしやすい茶こしは使い勝手が良く、紅茶以外にも日本茶や中国茶やハーブティーにも使えます。茶こしを外してティーパックやコーヒードリッパーを使う方も多いようです。様々な使い方ができる万能なティーポットです。

ティーポット人気おすすめランキング10位~7位

中が見えて使いやすいガラスティーポット

ランキング中盤は有名ブランドがランクイン

続いては、ランキング中盤の10位~7位をご紹介します。ティーポットの有名ブランドの商品がランクインしています。

 

ガラス・陶器・金属それぞれの素材で、形状が丸くてかわいいデザインのティーポットが集まりました。

10位:HARIO/茶茶・なつめ

10位の特徴

HARIO/茶茶・なつめ

HARIO/茶茶・なつめの基本情報

・価格:2,700円

・ブランド:HARIO(ハリオ)

・素材:耐熱ガラス(本体)、ソーダガラス(フタ)、ポリプロピレン(茶こし)

・サイズ:約W160×D116×H143mm(口径:99mm)

・重さ:約300g

・容量:700ml

・カラー:クリア

・電子レンジ:本体のみ対応

・食器洗い機:対応

・製造国:日本

なつめの実のように膨らみのある縦長の形状をしたティーポットです。ガラス製でお茶の種類を選ばず、お茶の色を楽しめます。樹脂製で目の細かい茶こしを採用しており、細かい茶葉も目詰まりしにくくなっています。口径が広く底まできちんと洗いやすいのもポイントです。

10位の口コミ

丸っこい形状がかわいい茶茶・なつめ

柔らかな形状が使いやすくデザインも良い

ジャンピングの面では丸型には劣る茶茶・なつめですが、縦長の形状が場所を取らず人気です。

 

価格の安さに惹かれますが、使用感の良さが口コミで広がり人気を呼んでいます。

丸みを帯びた柔らかな形状が見た目にも癒されると好評です。シンプルながらガラスの美しさも相まって、デザイン性が高いです。たっぷりお湯が入れられて、洗いやすく清潔さも保てるのでおすすめです。

9位:ALESSI/FRUITBASKET

9位の特徴

ALESSI/FRUITBASKET

ALESSI/FRUITBASKETの基本情報

・価格:22,580円

・ブランド:ALESSI(アレッシィ)

・素材:18-10ステンレス

・サイズ:約W172×D136×H175mm(口径:???)

・重さ:約522g

・容量:1,400ml

・カラー:ステンレス

・電子レンジ:非対応

・食器洗い機:非対応

・製造国:イタリア

建築家ユニット・SANAAがデザインした、「FRUIT BASKET」シリーズのティーポットです。丸みを帯びたかわいらしい形状と、ミラー仕上げのステンレスの洗練されたイメージを組み合わせた独特な雰囲気があります。保温性が高く、いつまでも美味しい紅茶が楽しめます。

9位の口コミ

ALESSIらしい美しさのFRUITBASKET

愛着が湧く繊細な造形美

冷たい印象を与えがちなステンレス製のFRUITBASKETですが、造形美が柔らかさを温かさを醸し出します。

 

食卓を彩る存在として圧倒的な美しさに魅了された口コミが多くみられました。

流石はsanaaとアレッシィと言った感じです。取っ手が細くて持ちづらいと思いましたが、すぐに慣れて愛着が湧いてきます。

フルーツをモチーフにしたデザインと正円を使用しない楕円形に加え、細く繊細なハンドルや注ぎ口にも愛着が湧いてきます。大容量だからおもてなしにもぴったりで、優雅なティータイムを楽しめます。

8位:HARIO/茶茶・急須丸

8位の特徴

HARIO/茶茶・急須丸

HARIO/茶茶・急須丸の基本情報

・価格:1,245円

・ブランド:HARIO(ハリオ)

・素材:耐熱ガラス(本体)、ステンレス(茶こし)

・サイズ:約W155×D118×H95mm(口径:94mm)

・重さ:約250g

・容量:450ml

・カラー:クリア

・電子レンジ:本体のみ対応

・食器洗い機:対応

・製造国:日本

使いやすさを追求した丸いガラス製ティーポットです。フタの取っ手は丸くつまみやすい形状で、一体型の注ぎ口は水切れ良く作られています。口径が広く茶こしも大きいため、ジャンピングしやすく洗いやすいことへのこだわりも見えます。電子レンジでの温め直しも可能です。

8位の口コミ

洗いやすく使いやすい茶茶・急須丸

日本製らしい魅力を感じるティーポット

美しいガラスとシンプルなデザインの茶茶・急須丸は、日本の急須のような使いやすさを感じます。

 

どんなお茶にも使えるティーポットなので、口コミでの評価がとても高く人気です。

ユーザーの声を形にしているため、毎日使いたくなる良品に仕上がっています。香り移りや色移りの心配もなく安心です。日本製ガラスならではの品質の高さと透明度で、茶葉の動きや紅茶の色までじっくり楽しめます。

7位:LeCreuset/ストーンウェアティーポット&マグ2個セット

7位の特徴

Le Creuset/ストーンウェアティーポット&マグ2個セット

LeCreuset/ストーンウェアティーポット&マグ2個セットの基本情報

・価格:9,720円

・ブランド:LeCreuset(ルクルーゼ)

・素材:陶器(炻器)

・サイズ:約W125×D20×H115㎜(口径:80㎜)

・重さ:610g

・容量:600ml

・カラー:ホワイトラスター/ローズクオーツ/チェリーレッド/オレンジ

・電子レンジ:対応

・食器洗い機:対応

・製造国:フランス

北欧食器で定番のブランド・LeCreusetのティーポットとマグカップのセットです。1,250度の高温で焼き上げられるストーンウェアという陶器製で、水分が浸透しにくく傷が付きにくいのが特徴です。耐熱性に優れていて電子レンジやオーブンも使用でき、保温性も高いです。

7位の口コミ

カラーも形もおしゃれなストーンウェアティーポット&マグ

美しさと使い勝手を両立

北欧ブランドらしい美しく豊富なカラーがおしゃれなストーンウェアティーポットは、LeCreusetの食器を使っている方に特におすすめです。

 

陶器でありながら耐久性の高い堅実な作りで、毎日使っているという口コミも多く見られました。

大きめでも手頃な容量で、普段使いにもおもてなし用にも人気です。カップもセットなので食卓にも統一感が出ますし、色違いのカップも合わせてカラーコーディネートを楽しめます。お手入れや収納もしやすいプロ仕様です。

ティーポット人気おすすめランキング6位~4位

スイーツと楽しむティータイム

ランキング上位は普段使いしたいアイテム

続いては、ランキング6位~4位をご紹介します。機能性や形状、デザインの点で普段使いしたくなる3点がランクインしました。

6位:HARIO/ティーピッチャー

6位の特徴

HARIO/ティーピッチャー

HARIO/ティーピッチャーの基本情報

・価格:4,320円

・ブランド:HARIO(ハリオ)

・素材:耐熱ガラス(本体)、ステンレス(フタ・茶こし)、天然木(フタつまみ)

・サイズ:約W156×D120×H148mm(口径:82mm)

・重さ:約310g

・容量:700ml

・カラー:クリア

・電子レンジ:本体のみ対応

・食器洗い機:対応

・製造国:日本

ガラスとステンレス・天然木を組み合わせたカジュアルな雰囲気のティーポットです。茶こしはパンチングメッシュ仕様で細かい茶葉までしっかりこせて、ガラスの内側にはまるストッパーも付いています。フタを裏返すと茶こし置き場にもなるので、外してからも邪魔になりません。

6位の口コミ

茶こしもセットのティーピッチャー

おしゃれに毎日使えるティーポット

シンプルかつスタイリッシュなデザインのティーピッチャーは、たくさん飲みたい時やおもてなしにもぴったりです。

 

HARIOらしい使いやすさとデザイン性へのこだわりで、口コミでも評判の良いティーポットです。

縦長の形状ですが口径が広く、茶こしも目詰まりしにくいので、準備から片付けまで素早くできておすすめです。茶こしがティーポットの底まであるので、少なめに入れたい時やティーパックで入れる時も使いやすいです。

5位:Noritake/レースウッドゴールドティーポット

5位の特徴

Noritake/レースウッドゴールドティーポット

Noritake/レースウッドゴールドティーポットの基本情報

・価格:9,720円

・ブランド:Noritake(ノリタケ)

・素材:磁器(ノリタケファインポーセレン)

・サイズ:約W190×D110×H110mm(口径:68mm)

・重さ:約299g

・容量:500ml

・カラー:ブルー

・電子レンジ:非対応

・食器洗い機:非対応

・製造国:スリランカ

日本を代表する陶磁器ブランド・Noritakeの、北欧風の上品で華やかなティーポットです。1988年から続くロングセラーシリーズで、清楚なブルーとフェミニンなデザインが特徴です。丸くティーポットらしい形状で、保温性も高いため優雅なティータイムを演出します。

5位の口コミ

高級感があって美しいレースウッドゴールドティーポット

ティータイムを彩る美しさ

ファインポーセレンを素材に使用したレースウッドゴールドティーポットは、海外では「ノリタケチャイナ」とも呼ばれて人気があります。

 

ボーンチャイナとはまた違った美しさに魅了されたという口コミが後を絶ちません。

可愛くて飽きの来ないデザインで、毎日最高の気分でアールグレイを楽しんでいます。

北欧風のデザインは目を惹きつつも、ティータイムに優しくなじみます。柔らかな色調に金のラインがポイントとなり、高級感のあるエレガントな雰囲気に仕上げています。特別な方へのおもてなしにもおすすめです。

4位:iwaki/レンジのポット・茶器

4位の特徴

iwaki/レンジのポット・茶器

iwaki/レンジのポット・茶器の基本情報

・価格:1,728円

・ブランド:iwaki(イワキ)

・素材:耐熱ガラス(本体)、ポリプロピレン(フタ・茶こし・ハンドル)

・サイズ:約W165×D125×H12mm(口径:???)

・重さ:約250g

・容量:400ml

・カラー:もも色/グリーン/ブラック

・電子レンジ:本体のみ対応

・食器洗い機:対応

・製造国:タイ/中国

上広がりの形状で注ぎやすく洗いやすいティーポットです。ガラス製ですが底がプラスチックでカバーされているので、耐久性も向上しています。パーツは取り外して洗えますし、茶こしは茶ガラがサッと捨てられて口径が広いので洗いやすく、いつも清潔に使えます。

4位の口コミ

グリーンカラーもかわいいレンジのポット・茶器

普段使いにぴったりのティーポット

シンプルなデザインのレンジのポット・茶器は、プラスチック部分のカラーが鮮やかでおしゃれです。

 

名前の通り電子レンジに対応するなど使い勝手が良く、口コミの評価が高まっています。

自宅で紅茶を飲みたくてもティーポットが使いづらいと億劫になりますが、使えば分かるこだわりが満載で、毎日紅茶を入れるのが楽しみになるティーポットと人気です。価格も安いので普段使いしやすくおすすめです。

ティーポット人気おすすめランキング3位~1位

綺麗な花と楽しむティータイム

ランキングTOP3はティータイムが楽しくなるティーポット

いよいよ、ティーポット人気おすすめランキング3位~1位をご紹介します。毎日のティータイムが楽しく特別な時間になる、人気のティーポットがランクインしました。

3位:HARIO/ワンカップティーメーカー

3位の特徴

HARIO/ワンカップティーメーカー

HARIO/ワンカップティーメーカーの基本情報

・価格:1,620円

・ブランド:HARIO(ハリオ)

・素材:耐熱ガラス(本体)、ポリプロピレン(フタ・茶こし)

・サイズ:約W120×D102×H107mm(口径:87mm)

・重さ:約200g

・容量:200ml

・カラー:ホワイト/レッド/ブラック

・電子レンジ:本体のみ対応

・食器洗い機:対応

・製造国:日本

一杯分の紅茶を美味しく入れられる一人用のティーポットです。茶こしはジャンピングしやすいよう大きめになっていて、深くて網目も細かいから少ない量からでも美味しく入れられます。紅茶を充分蒸らせるフタ付きで、フタを逆さにすると抽出後の茶こしを置くトレーになります。

一人分の紅茶が作れるワンカップティーメーカー

気軽に紅茶を楽しめるティーポット

曲線のラインが可愛らしく、シンプルながら洗練されたデザイン性を持っています。

 

ガラス製なので紅茶の色が一目で分かり、色の変化を楽しみつつ好みの濃さで飲むことができます。

香り移りや色移りの心配がないので、色々なお茶を自由に楽しめます。ホットにもアイスにも使えますし、冷めたら電子レンジで温め直すことも可能です。ホルダーに包まれているタイプは子どもが使うにも安心でおすすめです。

3位の口コミ

外で飲むのも楽しいワンカップティーメーカー

カフェでも使用される逸品

一人分の紅茶をいつでも楽しめるワンカップティーメーカーは、使い勝手の良さからカフェでも使用されています。

 

誰でも簡単に紅茶を入れられて自分好みの濃さにできるので、使いやすいという口コミが多くあります。

一年中使いやすく、カップとしても使用できる優れものです。普段カップを洗うように洗えるので、手間なくお手入れができます。ティーパックで済ませがちな一人のティータイムも特別感ある時間に変えられます。

2位:WEDGWOOD/ワイルドストロベリーティーポット

2位の特徴

WEDGWOOD/ワイルドストロベリーティーポット

WEDGWOOD/ワイルドストロベリーティーポットの基本情報

・価格:24,840円

・ブランド:WEDWOOD(ウエッジウッド)

・素材:磁器(ファインボーンチャイナ)

・サイズ:約W205×D140×H210mm(口径:???)

・重さ:約490g

・容量:600ml

・カラー:ホワイト

・電子レンジ:非対応

・食器洗い機:非対応

・製造国:イギリス

ワイルドストロベリーのデザインがかわいく上品な、WEDWOODの代表的なティーポットです。自然をこよなく愛する英国人に好んで使われるデザインで、北欧デザインとはまた違った可憐なかわいさがあります。艶やかな白の色合いにも美しさを感じ、食卓に華やかさをプラスします。

カップやお皿も揃えたいワイルドストロベリーティーポット

使いやすさも考慮されたティーポット

デザインの良さだけでなく、長年陶磁器を扱ってきたWEDWOODならではの使いやすさも一級品です。

 

お湯をたっぷり入れられて丸い形状でジャンピングを促すので、紅茶を入れるのが楽しくなります。

湯切れが良く液だれしにくい注ぎ口や、手になじみ持ちやすいハンドルなど、使い勝手もしっかり考慮されていておすすめです。ファインボーンチャイナを素材に使用しているので、保温性と耐久性に優れている点も魅力です。

2位の口コミ

柄がおしゃれなワイルドストロベリーティーポット

伝統的デザインの美しさ

おしゃれさなワイルドストロベリーティーポットは、カップやミルクポットなどを同じ柄で揃えることができます。金のラインをあしらったエレガントな風格が、口コミの評価を維持しています。

ワイルドストロベリーの図案は、18世紀後半にはすでに使われていた伝統的なデザインです。そのためどことなく安心感や懐かしさを感じられ、ティータイムにぴったりと人気です。おもてなしに使いたくなる芸術的なティーポットです。

1位:HARIO/ジャンピングティーサーバー

1位の特徴

HARIO/ジャンピングティーサーバー

HARIO/ジャンピングティーサーバーの基本情報

・価格:1,728円

・ブランド:HARIO(ハリオ)

・素材:耐熱ガラス(本体)、ポリプロピレン(フタ・茶こし)

・サイズ:約W124×D98×H120mm(口径:70mm)

・重さ:約195g

・容量:350ml

・カラー:ホワイト/レッド/オリーブグリーン

・電子レンジ:対応

・食器洗い機:対応

・製造国:日本

電子レンジや食器洗い機に対応するHARIOの商品の中でも特に人気のティーポットです。フタをしたまま電子レンジにかけることができます。ホルダーがあるので安定感があり、コロンとしたフォルムが見た目にもとてもかわいいです。大人っぽいカラー展開でインテリアにもなじみます。

茶葉の動きが見えるジャンピングティーサーバー

ジャンピングを楽しめるティーポット

丸い形状と透明のガラス製のおかげで、初心者でも紅茶を入れやすくなっています。

 

直接ガラスに茶葉を入れて、ジャンピングを手軽に楽しみながら美味しい紅茶を味わえます。

注ぎやすい注口付きで、フタの裏に茶こしが付いているので手間要らずです。茶こしはネジ式でフタから取り外し可能のため洗いやすく、外れる心配もありません。安心の日本製で、毎日気軽に紅茶を楽しみたい方におすすめです。

1位の口コミ

フォルムがかわいいジャンピングティーサーバー

サイズ感も機能性も高くておすすめ

ジャンピングにこだわったジャンピングティーサーバーは、シンプルな形状とデザインが使いやすいです。

 

普段使い用としてとても人気で、口コミでも評価が高いので人気のほどがうかがえます。

価格の安さで選択する方も多いようですが、二杯分が作れる手頃なサイズ感なので冷めないうちに楽しめる点が喜ばれています。忙しい朝にも使いやすい機能性の高さで、ティーポット選びに悩んでいる方にまずおすすめしたいティーポットです。

ティーポットで美味しい紅茶を味わおう!

美味しい紅茶を飲むためのティーポットとカップ

ティーポットで紅茶を美味しく入れよう

美味しい紅茶を味わうためにはティーポット選びは大切ですが、紅茶の入れ方も重要です。

 

紅茶には美味しく入れるためのポイントがあります。覚えておきたいポイントをまとめました。

美味しい紅茶を作るにはとくに湯の温度が大切

紅茶の基本の入れ方

ティーポットに湯を注ぐ女性

温めたティーポットで紅茶を入れる

ティーポットを使った紅茶の基本の入れ方を知らなければ、美味しく入れることは難しいでしょう。

 

紅茶の基本の入れ方は、まず水道の蛇口から勢いよく出した汲みたての水道水を強火で沸騰させます。

お湯が沸騰し始めたら、その熱湯でティーポットとカップを素早く洗い流し温めます。温めたティーポットに、ティースプーン1杯(2~3g)を一人分として、人数分の茶葉を入れます。茶葉が細かい場合は中盛り、大きい場合は大盛りが目安です。

カップに紅茶を注ぐティーポット

最後の一滴までカップに注ぐ

人数分の沸騰したての熱湯を、ティーポットに少し高めの位置から勢いよく注ぎます。

 

熱湯を注いだらすぐにフタをしましょう。それから約3~5分ほど蒸らしていきます。

蒸らした後、ポットの中をスプーンで軽くひと混ぜします。茶こしで茶ガラをこしながら、濃さが均一になるようにまわし注ぎます。ゴールデン・ドロップを含んだ最後の一滴まで注いで、出来上がりです。

美味しい紅茶を作るポイント

紅茶に使う軟水

水は軟水で

美味しい紅茶を作るポイントの1つ目は、水です。紅茶には軟水を使うのがベターです。

 

ミネラルウォーターは硬水で紅茶にはあまり適していないので、水道水で作りましょう。

なぜ「勢いよく出した」水道水が良いかというと、水の中にたくさんの空気が含まれていることで茶葉を十分にジャンピングさせることができるからです。汲みたてが良いのも同じ理由で、古い水では空気が含まれておらす、茶葉がジャンピングしないからです。

紅茶のために鍋で沸騰させる湯

100度の熱湯で入れる

紅茶で最も重要なポイントが、お湯の温度です。紅茶の成分を充分抽出するためには、高温に保つ必要があります。

 

紅茶に適したお湯の温度は100度で、それより低いと紅茶の旨味が出ません。

沸騰したばかりのお湯は80度ほどなので、さに沸騰させて1分後ほど経つと、500円玉サイズのお湯がボコボコと沸くようになります。その時にお湯は100度になっているので、この時のお湯を使うのがベストです。

紅茶を蒸らすティーポット

蒸らし時間は正確に測る

蒸らし時間も紅茶の大切なポイントです。蒸らしが短くても長くても、紅茶の旨味を本当に引き出せなくなります。

細かい茶葉なら2分半~3分、大きい茶葉なら3~4分蒸らします。ミルクティを作る時はやや長めに蒸らします。濡らし時間をきちんと測って作るのがおすすめです。蒸らしている間に温度を下げないために、ティーコジーやティーマットを使うと保温効果が高まります。

茶葉の保存も大切

常温で保存する紅茶の茶葉

こまめに買って常温で保存

美味しい紅茶を作るためには、茶葉が適切に保存されていることも必要です。茶葉が新鮮な方が美味しいので、少なめに買うようにしましょう。

保管場所は、家の中の日光が当たらない場所ならどこでも大丈夫です。冷蔵庫に入れておくと、他の食材の匂いが移ったり、茶葉が湿気を帯びてしまい美味しくなくなるので、常温で保存しましょう。

紅茶を保存するキャニスター缶

空気に触れさせない

紅茶の茶葉は、日光と湿度と酸化と匂いに弱いものです。日光に当たると劣化が早まるので、前述したように日光が当たらない場所を選ぶと同時に、遮光できる容器に保存しましょう。

また、湿度・酸化・匂いを避けるために密閉できる容器であることも重要です。そのため、キャニスター缶など缶に保存するのがおすすめです。実際、缶の容器で販売されている紅茶も多いのでそのまま保存しても良いですが、しっかり密閉するようにしてください。

ティーポット人気おすすめランキングのまとめ

優雅に紅茶を楽しめるおしゃれなティーポット

おしゃれで使いやすいティーポットで美味しい紅茶を作ろう

この記事では、ティーポットの人気おすすめランキングTOP21をご紹介しました。

 

よく選んだティーポットで入れる紅茶はより美味しく、優雅なひとときをもたらしてくれます。

使う人によって使いやすい素材や洗いやすい形状は異なります。北欧ブランドやおしゃれデザインを選ぶことで気分が上がる方もいることでしょう。自分にとって「使いたい」と思えるティーポットを選んで、ティータイムをより充実させましょう。

その他の気になるランキングはこちら

アールグレイおすすめ人気銘柄TOP15!紅茶好きは必見【2018最新】 | ランキングまとめメディア
美味しい紅茶ティーバッグおすすめランキングTOP35!選び方の4つのポイント | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ