ヨーグルトメーカーで飲むヨーグルトが作れる!おすすめ機種3選とレシピを紹介

現在はヨーグルトメーカーがあれば、飲むヨーグルトやR1やLG21といった健康に効果の高いヨーグルトなど多くのレシピを楽しむことができます。牛乳パックをそのまま入れて作ることができる機種や、一定の温度を保ったり、時間を設定することができるので甘酒などを作ることもでき、年々人気が高くなっています。今回は飲むヨーグルトを作ることができるアイリスオーヤマの人気機種などからおすすめのヨーグルトメーカーのランキングで紹介します。ランキングを参考にヨーグルトメーカーを探してみてください。

目次

  1. 飲むヨーグルトを作れるヨーグルトメーカーランキング!【おすすめ】
  2. 飲むヨーグルトを作れるヨーグルトメーカーランキング3位:TANICA/ヨーグルトメーカーヨーグルティアYS-01
  3. 飲むヨーグルトを作れるヨーグルトメーカーランキング2位i-wano/牛乳パックそのままポンッヨーグルトメーカー
  4. 飲むヨーグルトを作れるヨーグルトメーカーランキング1位アイリスオーヤマ/ヨーグルトメーカー飲むヨーグルトモード温度調節機能付きIMY-013
  5. ヨーグルトメーカーの使い方は?
  6. 重要!ヨーグルトメーカーの注意点・リスクとは?
  7. ヨーグルトだけでなく甘酒などいろんなものも作れる!
  8. ヨーグルトメーカーの飲むヨーグルトランキング機種3選!のまとめ

飲むヨーグルトを作れるヨーグルトメーカーランキング!【おすすめ】

ホワイトでスクエア型のヨーグルトメーカー

毎日ヨーグルトを食べる人におすすめ

美容や健康のために食べることが多いヨーグルトは、腸内環境を整えることでダイエットや肌の調子を整える効果があるとされており、ヨーグルトを毎日食べている人も多いでしょう。

シルバーのヨーグルトメーカーと作ったヨーグルト

ヨーグルトを毎日食べるのは高コスパ!

毎日ヨーグルトを食べるとなると、1回のヨーグルトの値段は意外とかかってきてしまいます。

 

そんな時におすすめなのがヨーグルトメーカーです。ヨーグルトメーカーがあれば低コストで美味しいヨーグルトを食べることが出来ます。

しかし、普通にヨーグルトを作ろうと思っても、発酵させる温度や時間を調節することはかなり難しくなります。しかし、ヨーグルトメーカーがあれば、誰でも簡単に市販のような高いクオリティのヨーグルトを作ることが出来る上に、飲むヨーグルトなどのアレンジも楽しむことが出来ます。今回は家庭で簡単に使うことが出来るヨーグルトメーカーのおすすめ機種のランキングを紹介します。

人気機種アイリスオーヤマなどで牛乳とR1やLG21を使ったレシピを紹介

アイリスオーヤマのヨーグルトメーカー

ヨーグルトメーカーの人気機種のレシピを公開!

健康や美容への効果が高いとされているのがR1ヨーグルトやLG21ヨーグルトです。

R1ヨーグルトやLG21ヨーグルトは、インフルエンザ予防や腸内環境を良くする効果がある為人気があり、勧んで食べている人も多いでしょう。

R1ヨーグルトとLG21ヨーグルト

R1やLG21は値段が高い!

しかし、R1ヨーグルトやLG21ヨーグルトの最大のデメリットは値段が他のヨーグルトよりも高いということです。

 

R1ヨーグルト等の場合は4つセットではなく、1つからの販売ですので値段にすると大幅にアップしてしまいます。

毎日食べることで効果を発揮するR1ヨーグルトやLG21ヨーグルトの場合、市販の物を購入しているとかなりコストがかかってきます。しかし今から紹介するヨーグルトメーカーのおすすめ機種であれば、自宅で簡単にR1ヨーグルトやLG21ヨーグルトを作ることが出来ます。ヨーグルトメーカーの購入を考えている方は是非参考にしてみて下さい。

市販ヨーグルトのおすすめ20選!コスパで選ぶならコレで決まり! | ランキングまとめメディア

飲むヨーグルトを作れるヨーグルトメーカーランキング3位:TANICA/ヨーグルトメーカーヨーグルティアYS-01

商品情報

TANICAのヨーグルトメーカー

飲むヨーグルトも作れるヨーグルトメーカー第3位『ヨーグルティアYS-01』

・販売メーカー:TANICA電器

・価格:10,000円(税抜)

・付属品:内容器セット、ヨーグルトスプーン、レシピ集

TANICAのヨーグルティアYS-01はヨーグルトはもちろんのこと飲むヨーグルトや、LG21ヨーグルト、カスピ海ヨーグルトなど様々なヨーグルトを作ることが出来るおすすめ機種です。シンプルでありながらも高機能で、ヨーグルトメーカーを使うのが初心者はもちろんのこと、ヨーグルトメーカーを使いこなしている方でもアレンジの幅が広いためにおすすめの人気機種として話題になっています。

日本で最初にヨーグルトメーカーを作ったTANICAならではの機能性が魅力

ブルーのヨーグルトメーカー

日本初のヨーグルトメーカーを作ったTANICA

現在は多くのメーカーからヨーグルトメーカーが発売されていますが、一番最初に日本でヨーグルトメーカーを作ったのがTANICAです。

ヨーグルティアの発売元であるTANICA電器は1971年に最初にヨーグルトメーカーを発売し、現在まで製造を続けている老舗メーカーです。ヨーグルティアは長年研究を重ねてるTANICAだからこそ出来る充実した機能が魅力です。お客様からの意見や声を取り入れていて出来ている機種ですので、初心者にも簡単に作ることが出来る使い勝手の良さが人気の秘密です。

ピンクのヨーグルトメーカーとその付属品

カラー展開も豊富になりインテリアとしてもおすすめ

TANICAのヨーグルトメーカーのヨーグルティアは、カラー展開も豊富でピンク、ブルー、グリーン、ホワイトの4色になりインテリアとしてもおしゃれなスタイルになりました。

ヨーグルティアYS-01は新たにタイマー機能が追加されたので、発酵を終了した時にはすぐにブザーを鳴らしてお知らせしてくれます。そのために、冷蔵庫へ入れ忘れたり、ヨーグルトメーカーから取り出し忘れることがなく、失敗するのを防いでくれます。もちろんブザー音やボタン音は、消すことも出来るので、赤ちゃんが寝ている時などであっても起こす心配はありません。

ヨーグルト以外の発酵食品も1台でOKのヨーグルトメーカー

ヨーグルティアのセット内容

ヨーグルト以外も作ることが出来る

ヨーグルティアYS-01はヨーグルト以外の発酵食品を作ることが可能ですので、1台あればアレンジの幅はさらに広がります。

甘酒を作ったヨーグルティア

甘酒や納豆も作ることが出来る

発酵食品は健康に良いとして現在注目されていますが、ヨーグルティアYS-01は甘酒や納豆、塩麹といったレシピも豊富です。

ヨーグルトメーカーの容器に入った甘酒

無添加で安心安全の発酵食品

飲む点滴と言われている甘酒や納豆も無添加で簡単に作ることが出来るので、子供がいる家庭や添加物を控えたい人には特におすすめです。

ヨーグルティアYS-01の口コミは?

発酵食品は健康に良いと言われていますが、やはり市販の物になると添加物が気になります。しかし、ヨーグルティアYS-01であれば、材料を入れた後にタイマーをセットするだけで簡単に発酵食品を作ることが出来るので、安心安全の食生活を送ることが出来ます。

ヨーグルティアのおすすめレシピ:ダイエットにおすすめの『R1とスキムミルクのヨーグルト』

飲むヨーグルトを作る材料

R1とスキムミルクのヨーグルトの材料

・R1ドリンクタイプ:半分

・牛乳:1000cc

・スキムミルク:10g

・砂糖:30g

まずは、電子レンジで牛乳200ccほど内容器に移して温めます。そこへ砂糖とスキムミルクを入れ、しっかりと混ぜ残りの牛乳とR1ヨーグルトの半分を入れ撹拌します。そして、発酵温度を43度、発酵時間を7時間にセットしてヨーグルティアをスタートさせましょう。タイマーが鳴ったら冷蔵庫へ入れて冷やして完成です。

完成したヨーグルト

ダイエットにもおすすめ

健康にもダイエット効果も期待出来るR1とスキムミルクのヨーグルトは、材料を混ぜてヨーグルティアにセットすれば完成します。簡単ですので初心者にもおすすめです。

飲むヨーグルトを作れるヨーグルトメーカーランキング2位i-wano/牛乳パックそのままポンッヨーグルトメーカー

商品情報

牛乳パックをいれたヨーグルトメーカー

飲むヨーグルトも作れるヨーグルトメーカー第2位『牛乳パックそのままポンッヨーグルトメーカー』

・販売メーカー:i-wano

・価格:3,500円~4,000円(税抜)

・付属品:容器、計量スプーン、クリップ、レシピ集

飲むヨーグルトも作ることが出来るヨーグルトメーカーのランキング第2位は、i-wanoの牛乳パックそのままポンッヨーグルトメーカーです。ランキングの第2位ということもあり、初心者にもおすすめの機種である上にコストパフォーマンスも非常に良いヨーグルトメーカーです。まずヨーグルトや飲むヨーグルトを作ってみたい方にはおすすめの人気機種です。

日本で作られた使いやすいヨーグルトメーカー

保温カバーを付けたヨーグルトメーカー

満足度が95%という高い支持率

使いやすい上に必要な機能から付属品まで揃っているので、満足度が高く人気の高いヨーグルトメーカーです。

 

牛乳パックそのままポンッヨーグルトメーカーは好きな温度や時間を設定出来るので、アレンジもしやすく自分好みのヨーグルトを作ることが出来ます。

牛乳パックそのままポンッヨーグルトメーカーはコストパフォーマンスの良さに加えて、プレーンヨーグルトやカスピ海ヨーグルトなどの多くの種類のヨーグルトが失敗せずに作ることが出来るとして一躍人気機種になりました。シンプルな機能になっているので、誰でも簡単にヨーグルトを作ることが出来る上に、アレンジレシピも多くあるので料理好きから初心者まで、幅広い方におすすめの機種です。

コンパクトで衛生的!ヨーグルトメーカー初心者におすすめのモデル

ヨーグルトメーカーで発酵させている牛乳

牛乳パックをそのまま入れるだけという簡単さ!

牛乳パックそのままポンッヨーグルトメーカーの最大の魅力は牛乳パックをそのままヨーグルトメーカーに入れて作るので、非常に衛生的で多くの殺菌作業がいらないことです。

ヨーグルトを自宅で作るとなると、雑菌といった衛生面が気になりますが、i-wanoの牛乳パックそのままポンッヨーグルトメーカーはそのような心配はいりません。牛乳パックをそのままヨーグルトメーカーに入れて作ることが出来るので、余計な雑菌が入ることもないので安心して作ることが出来ます。また、煮沸消毒など面倒な作業もいらないのでいつでも、牛乳パックをセットしてスイッチを入れるだけで美味しいヨーグルトが作られます。

R1ヨーグルトとヨーグルトメーカー

コンパクトでインテリアの邪魔をしない機種

牛乳パックそのままポンッヨーグルトメーカーは、スリムなボディですのでインテリアの邪魔をすることも少なく場所を取りません。

 

ボタンも少ないので初心者でも簡単に作ることが出来るおすすめ機種です

牛乳パックそのままポンッヨーグルトメーカーおすすめのレシピ:R1で簡単に出来る『本格派飲む蜂蜜ヨーグルト』

ヨーグルトを作るヨーグルトメーカー

本格派蜂蜜飲むヨーグルトの材料、レシピ

・牛乳:900ml

・R1ドリンクタイプ:1本

・蜂蜜:小さじ1~

 

大人から子供まで大好きな飲むヨーグルトですが、R1の効果をプラスすることで健康維持をすることが出来ますし、蜂蜜をプラスすることで一気に本格的な飲むヨーグルトを作れます。まずは、ヨーグルト用の牛乳にR1 飲むヨーグルトを1本全て入れます。そして、牛乳パックの口をしっかりと閉じて上下に振り撹拌させます。

保温しているヨーグルトメーカー

牛乳パックの口に触れないように注意

ここで注意したいのが、牛乳をヨーグルトメーカーに入れるまで牛乳パックの口元を触らないようにしましょう。雑菌が入ってしまう可能性がありますので、出来るだけ触らないのがおすすめです。

牛乳パックの口を閉じてヨーグルトメーカーにセットします。そしてヨーグルトメーカー設定温度を30度にしタイマーを8時間にして待ちましょう。発酵が終わると、ヨーグルトメーカーから取り出し冷蔵庫へ入れ冷やします。よく冷えたらグラスに蜂蜜をいれて甘さを調節しましょう。簡単に本格的な飲むヨーグルトを作ることが出来るのでおすすめのレシピです。

ヨーグルトを毎朝食べていたのですが、R1も気軽に作れそうなので買ってみました。
初めから美味しいヨーグルトが簡単に作れ子供たちにも美味しいと喜んでくれました。冬なので布をかぶせて仕込んでいます。付属のクリップと長いスプーンがなかな使いやすく、パネルのスイッチも分かりやすいですね。いろいろなヨーグルトをトライしてみようと思います。

このように、i-wanoの牛乳パックそのままポンッヨーグルトメーカーを購入した方は、牛乳パックを入れて作るだけの便利さや使い勝手の良さに高い評価を上げています。機械が苦手で複雑な使い方だと困る方にも、i-wanoのヨーグルトメーカーはおすすめです。

飲むヨーグルトを作れるヨーグルトメーカーランキング1位アイリスオーヤマ/ヨーグルトメーカー飲むヨーグルトモード温度調節機能付きIMY-013

商品情報

ホワイトのヨーグルトメーカー

飲むヨーグルトも作れるヨーグルトメーカー第1位『ヨーグルトメーカー飲むヨーグルトモード温度調節機能付きIMY-013』

・販売メーカー:アイリスオーヤマ

・価格:4,000円~5,000円

・付属品:容器、ギリシャヨーグルト用水切りカップ、クリップ、軽量スプーン、飲むヨーグルト用かき混ぜ棒

飲むヨーグルトも作ることが出来るヨーグルトメーカーのランキングの第1位は、アイリスオーヤマのヨーグルトメーカー飲むヨーグルトモード温度調節機能付きIMY-013でした。ヨーグルトメーカーと言えば、アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーが定番人気になっていましたが、中でもこの機種は飲むヨーグルトを始め多くの料理を作ることが出来るとして話題になりました。

高機能で欲しい付属品は全て付いているヨーグルトメーカー

ヨーグルトメーカーの付属品

ヨーグルトメーカーとして欲しい機能が全て付いている機種

アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーの特徴はギリシャヨーグルト用の水切りカップや、かき混ぜ用のスプーンなど付属品がとても豪華なことです。

ヨーグルトとヨーグルトメーカー

ヨーグルトのレシピが豊富で高機能

飲むヨーグルトを作ることも出来るアイリスオーヤマのヨーグルトメーカーは、操作が簡単ということも人気の秘訣です。

 

自動で温度や時間をセットしてくれるので、失敗することなくヨーグルトを作れます。

鶏ハムから温泉卵まで作れる幅広いアレンジが人気の秘密

麹の材料とヨーグルトメーカー

鶏ハムや塩麹などのレシピも豊富

ヨーグルトメーカーで様々なヨーグルトを作ることが出来る機種は多いですが、アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーはレシピ数が圧倒的に多くなります。

アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーだと一定の温度を保つことが出来るので、料理にも最適です。調味料と鶏肉を入れたものをヨーグルトメーカーにセットするだけで、自動で調理をしてくれる為に料理の時間の短縮にも繋がりますし、面倒な温度調節も入りません。コストパフォーマンスと使いやすさ、高機能なアイリスオーヤマのヨーグルトメーカーは支持率もとても高くなります。

口コミにもあるように、このヨーグルトメーカーでは甘酒を作る事もできます。ヨーグルトだけでなく、発酵するものも作ってみるのもおすすめです。

ヨーグルトメーカーおすすめのレシピ:自宅で簡単に『LG21の飲むヨーグルト』

食卓にある飲むヨーグルトとヨーグルトメーカー

LG21を使った飲むヨーグルトの材料・レシピ

・牛乳:900ml

・LG飲むヨーグルト:約1本

 

アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーがあれば、飲むヨーグルトも簡単に美味しく出来上がります。レシピも簡単で、牛乳を900mlに減らした所へLG21ドリンクヨーグルトを足します。アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーの付属品である飲むヨーグルト用のかき混ぜ棒で混ぜて、セットし飲むヨーグルトのボタンを押し完了です。8時間程度で完成しますので、冷やして飲むことが出来ます。

ヨーグルトメーカーおすすめのレシピ:ヨーグルトメーカーで『フルーツビネガー』

カラフルなフルーツビネガー

フルーツビネガーの材料・レシピ

・お好みのフルーツ:約200g

・砂糖:200g

・酢:200ml

 

アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーがあれば、簡単にフルーツビネガーを作ることが出来ます。温度管理や時間もきちんとヨーグルトメーカーが行ってくれますので、材料をセットしてボタンを押しておくだけで完成します。レシピとしては、お好みのフルーツを1口サイズにカットします。専用容器にカットしたフルーツ、砂糖、酢を食わせ混ぜ合わせましょう。

キウイのフルーツビネガーとサワー

フルーツビネガーは多くのアレンジが可能

温度を40度、タイマーを7時間にセットしてスイッチを入れます。

 

時間がきたら砂糖が溶けているかを確認し、冷蔵庫へ入れて冷やしましょう。

フルーツビネガーを始め多くのレシピがあるのが、アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーです。アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーが1台あればヨーグルト以外の料理にも使用することが出来ますし、非常に便利でしょう。ランキングの第1位に相応しい高機能でコストパフォーマンスの良いヨーグルトメーカーです。

ヨーグルトメーカーの使い方は?

アイリスオーヤマやTANICAなどヨーグルトメーカーは簡単に美味しいヨーグルトを作ることが出来るので、現在とても人気が高くなります。ランキングに入っているヨーグルトメーカーはどれもシンプルで使いやすい機種になりますが、基本的な使い方を紹介します。是非参考にしてみて下さい。

温度40℃まで予備加熱する

ヨーグルトメーカーの表示パネル

40度で予備加熱をしておくことが大切

冷たい牛乳では発酵が進まないので、せっかく作っても美味しいヨーグルトにはならないので、必ず予備加熱をしましょう。

ヨーグルトは常温で置いていると、どんどん雑菌が繁殖してしまい食中毒を起こしてしまったり腐ってしまう危険があります。しかし、ヨーグルトメーカーで40度に温めると乳酸菌が活発になりますので、雑菌が繁殖しにくくなります。ヨーグルトメーカーでヨーグルトを作る時には、乳酸菌が活発になりやすい40度で予備加熱を必ずするようにすることが大切です。

器具を全て殺菌させる

ヨーグルトメーカーのパーツと付属品

容器の殺菌は必ずしておこう

ヨーグルトはそのまま食べるので、雑菌が入ってしまうのはNGです。

 

必ず容器などは殺菌しておき清潔な状態にしておくことが大切です。

ヨーグルトメーカーに多く付いている付属品ですが、必ず使ったら清潔に洗って乾かしておきましょう。そして次に使う前には熱湯をかけて殺菌しておくことが大切です。中には熱湯では溶けてしまう付属品もありますので、予めどうやって殺菌するのが良いかを説明書で確認しておきましょう。

4時間ほど発酵させる

おしゃれなヨーグルトメーカー

約4時間程度の発酵でヨーグルトが完成する

ヨーグルトメーカーにヨーグルトの種を入れた牛乳をセットすれば、後はスイッチ1つで発酵を行ってくれます。

 

時間や温度をしっかりと管理してくれるので、約4時間程度で完成します。

ヨーグルトメーカーで作ったヨーグルト

ヨーグルトメーカーの機種によって時間は異なることに注意

多くの会社からヨーグルトメーカーは発売されていますが、それぞれの機種によってヨーグルトが出来る時間は異なります。

 

購入する前にしっかりとかかる時間を確認しておきましょう。

完成

フルーツを添えたヨーグルトと飲むヨーグルト

完成したら冷やしてアレンジを楽しもう

完成したら冷蔵庫へ入れて2時間程度冷やします。その後、フルーツを添えたり、蜂蜜をかけたりしてお好みのアレンジを楽しみましょう。

重要!ヨーグルトメーカーの注意点・リスクとは?

無添加で簡単に美味しいヨーグルトを作ることが出来るために、人気が高いヨーグルトメーカーですが実は意外な注意点があります。またリスクもありますので、しっかりと注意点やリスクを知っておくことが大切です。そのまま食べるヨーグルトだからこそ、リスクや注意点をまずは把握して使用するようにしましょう。

牛乳の種類をしっかりと確認することが大切

様々な種類の牛乳

牛乳の種類はヨーグルトメーカーでは重要

ヨーグルトメーカーの場合、牛乳とヨーグルトの種が材料になり作ります。

 

ですので、牛乳の種類を間違えてしまうとヨーグルトが出来なかったということになってしまう可能性もあります。しっかりと牛乳の種類を確認しておきましょう。

ヨーグルトメーカーでヨーグルトを作る時には、『牛乳』と表記されている物を選びましょう。『乳飲料』となっている物は、ヨーグルトメーカーでは固まらない事があります。また、高温殺菌牛乳の方がしっかりと固まりやすく、低温殺菌牛乳は少しゆるいヨーグルトになることが多いでしょう。ヨーグルトを作る場合には必ず牛乳を購入するようにしましょう。

発酵温度は雑菌が繁殖しやすいので食中毒の危険も

赤いヨーグルトメーカーとヨーグルト

ヨーグルトに雑菌は天敵!

自宅でヨーグルトを作る場合、どうしても雑菌が混入しがちです。

 

雑菌が入ってしまうとヨーグルトが固まらなかったり、食中毒を引き起こす危険があります。

自分で作るヨーグルトの場合、市販のヨーグルトと決定的に異なるのは密閉された状態で作られているかそうでないかです。市販のヨーグルトは衛生管理が徹底された場所で、全て密閉されたままヨーグルトが作られます。その上、発酵温度や時間を細かく管理されているので、雑菌に汚染される可能性は低くなります。しかし、自分で作る場合には密閉されていないままヨーグルトを作るので、当然雑菌は入りやすくなります。

カビや黄色ブドウ球菌といった菌に汚染されやすくなり、気が付かないまま食べてしまい食中毒になってしまう危険も考えられます。特に赤ちゃんなど大人よりも体力がない人や免疫力が低下している人が食べてしまうと、重症化してしまうこともあるので、自分でヨーグルトを作る時には衛生面や発酵温度に細心の管理を払いましょう。

R1やLG21と全て同じ成分は得られない

R1ヨーグルトとLG21ヨーグルト

R1とLG21を完全コピーすることは難しい

R1ヨーグルトやLG21ヨーグルトは、健康に効果があるために好んで食べている人が多いでしょう。

 

ヨーグルトメーカーがあれば、LG21ヨーグルト等を作ることが出来ますが、完全に同じ成分にすることは難しいです。

明治のR1やLG21は乳酸菌の中でも特に優秀な乳酸菌を寄って加えたヨーグルトですので、市販のヨーグルトであっても値段も相応になってきます。ヨーグルトメーカーでは、1つLG21ヨーグルト等を用意すれば。1000ml程度のLG21ヨーグルトを作ることが出来ますが、やはり全ての成分を真似することはまず出来ません。

4つの種類の機能性食品であるヨーグルト

植え継ぎしている間に効果が薄くなることも

温度や時間を管理しているヨーグルトメーカーであっても、家庭で作るヨーグルトにLG21等の効果を全て移すことは難しくなります。

もちろんLG21やR1ヨーグルトは健康に効果があるので、ヨーグルトメーカーで作るのはおすすめです。市販のR1ヨーグルトやLG21ヨーグルトは、先程紹介したように徹底した管理の元作られています。家庭で簡単に出来るヨーグルトメーカーが、同じ程度の効果を与えることは難しいということを知っておきましょう。

ヨーグルトだけでなく甘酒などいろんなものも作れる!

人気のヨーグルトメーカーは1台あれば、多くの種類のヨーグルトを作ることが出来ることが特徴です。しかし、今のヨーグルトメーカーはヨーグルト以外にも沢山のレシピがあり料理にも活かすことが出来ます。では、ヨーグルトメーカーではどのようなものを作ることが出来るのでしょうか。

甘酒や味噌もヨーグルトメーカーがあれば楽々作れる

ヨーグルトメーカーで作った甘酒

飲む点滴の甘酒も簡単に作れる

人気のヨーグルトメーカーでは、甘酒も簡単に作ることが出来ます。

 

健康に良いとされている甘酒は、市販品を買うよりも安く出来るので沢山飲む人にはおすすめです。

ヨーグルトメーカーで作った味噌

無添加の味噌も楽々出来る

無添加の味噌もヨーグルトメーカーがあれば、1日足らずで作ることが出来ます。

 

味噌は通常は1年程度かかりますが、1日で美味しい味噌が作れるので料理にすぐ使うことが出来るので是非チャレンジしてみて下さい。

 

ヨーグルトメーカーで作ったとは思えない本格的な味噌に仕上がります。

調味料におすすめの塩麹や醤油麹も簡単!

ヨーグルトメーカーで作った醤油麹

旨味が強い醤油麹や塩麹も簡単に出来る

温度管理が難しい醤油麹や塩麹もヨーグルトメーカーでは、簡単に作ることが出来るので自分が作った醤油麹や塩麹を料理に使うことが出来ます。

ヨーグルトメーカーで作った塩麹

温度管理はヨーグルトメーカーがしてくれる

発酵温度が大切になる塩麹や醤油麹ですが、ヨーグルトメーカーがあれば一定の温度で発酵させますので、面倒な作業をすることなく出来上がります。

温度管理は素人には難しい場合が多くなりますので、ヨーグルトメーカーが温度管理や時間を自動で行ってくれるととても助かります。塩麹や醤油麹は旨味が強いので色々な料理のレシピに使うことが出来、アレンジの幅が広がります。

ヨーグルトメーカーの飲むヨーグルトランキング機種3選!のまとめ

オールホワイトのヨーグルトメーカー

ヨーグルトメーカーは1台あれば便利

家庭で簡単にヨーグルトが作れるとして人気のヨーグルトメーカー。

 

ランキングで紹介した機種は、どれも使いやすく高機能なおすすめ機種になるので1台あると非常に便利です。

アイリスオーヤマを始めヨーグルトメーカーはどんどん進化しているので、1つの調理器具としてもっているのもおすすめです。飲むヨーグルトも作ることが出来るヨーグルトメーカーのランキングを参考に、是非ヨーグルト作りにチャレンジしてみて下さい。

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ