盗聴器発見器おすすめランキング11選!ストーカー対策に高性能で使えるのは?

現代社会におけるストーキング行為は非常に大きな問題です。そんなストーキング行為に関わるものとして盗聴器というものがあります。まさか自分がとは思わずに盗聴器発見器を使うことで自分の安全を守る事ができます。おすすめ人気ランキングの中では盗聴器発見器の性能を比較して、より周波数を細かく設定出来たり電波を探知できる精度の高いものをチョイスしました。おすすめ人気ランキングの盗聴器発見器を利用して、怖い盗聴器を取り除きましょう。

目次

  1. 盗聴器発見器おすすめランキング!性能や精度など比較
  2. 盗聴器発見器おすすめランキング11位~7位
  3. 盗聴器発見器おすすめランキング6位~4位
  4. 盗聴器発見器おすすめランキング3位:バーテックススタンダード「VR-150」
  5. 盗聴器発見器おすすめランキング2位:ALINCO「DJ-X7」
  6. 盗聴器発見器おすすめランキング1位:コニーエレクトロニクス「バグスポッター」
  7. 盗聴器以外で盗聴器発見器が反応しやすいものは?
  8. 盗聴器発見器おすすめランキング!のまとめ

盗聴器発見器おすすめランキング!性能や精度など比較

盗聴されているか心配の方におすすめの盗聴器発見器

箱型の盗聴器発見器

現実の世界で起きている盗聴

ドラマや映画の中で出てくる盗聴器という道具は、創作の世界だけでなく身近な現実にも存在する道具なのです。

まさか自分が誰かに盗聴されているなんて、と考えがちですが不特定多数の人物を狙った盗聴に巻き込まれる可能性は充分にあります。引っ越したマンションにもとから付いていたと思っていた電源タップが盗聴器だったということがあります。

電源タップ型の盗聴器

外から見ただけではわからない

盗聴器は本当に小さな部品から作られており、普通にすごしていた場合はずっと気づかない可能性があります。

そんな不安を解消するためには、盗聴器発見器が必要になってきます。盗聴器発見器の性能を比較して、より精度の高いものをおすすめ人気ランキングで紹介します。電波の周波数を切替えられる高性能なもので精度を高めて、盗聴器発見器として活躍してくれるものを選びました。

盗聴器発見器の性能や選び方

電波を感知する周波数の種類で選ぶ

定番の盗聴器発見器

電波を感知できる範囲や種類

盗聴器発見器を選ぶときは、盗聴器発見器が感知できる電波の範囲を種類で選ぶのがおすすめです。

盗聴器発見器は電波の周波数をそれぞれ感知してくれるものがあり、あらゆる電波を感知するものは「全周波数感知型」と言います。低い周波数から高い周波数まで感知することができます。しかし、携帯などを含めたすべての電波を感知してしまうため、特定の怪しい場所が分かっている場合がおすすめです。

トランシーバーのような盗聴器発見器

盗聴器の特定の周波数に特化

「特定周波数感知型」では、盗聴器によく使用される周波数帯のみを感知できるものになっています。

さきほどの全部の電波の周波数を感知してしまうタイプと違い、盗聴器に使用されることが多い周波数に特化した盗聴器発見器もおすすめです。ただし、家電の子機と盗聴器の電波の周波数が違いため、その点に注意が必要です。また、そういった電波の周波数を使わない盗聴器もあるので注意しましょう。

いろいろなボタンがある盗聴器発見器

盗聴されている音声を聞ける

実際に盗聴されている音声を受信できる「盗聴音声受信型」と言われるものがります。

盗聴の証拠を掴むことができる盗聴器発見器といえます。扱いやすいように電波の周波数を合わせてくれているタイプがあるなど、その性能や精度の違いも比較出来ます。盗聴とは違って間違って感知してしまうものに、アマチュア無線の音声があります。盗聴と無線との違いを区別できる知識が必要と言えます。

盗聴器発見器の精度につながるサイズ

トランシーバータイプの盗聴器発見器

性能を考えるなら小型より大型

盗聴器発見器の中にはキーホルダーのような小さなサイズもあります。しかし、性能を考えるならトランシーバーぐらいのサイズがおすすめです。

 

小型のものは持ち運びがしやすいといえますが、精度の面ではトランシーバーぐらいのサイズのものが精度が高くランキングでもおすすめです。

 

さらに本格的な大型の盗聴器発見器もありますし、精度を高めるなら種類の異なる盗聴器発見器を持つのがおすすめです。

黄色い盗聴器発見器

隠しカメラの発見にも

盗聴器発見器を使っていると、盗聴器だけでなく隠しカメラを発見する場合もあります。

同じ電波を利用して隠しカメラを使っている場合もあり、盗聴器だけでなく隠しカメラを発見する場合があります。自分の身を守るためにも、引っ越したマンションではまず盗聴器発見器を利用することをおすすめします。

盗聴器発見器で気をつけること

コードレス電話

簡単にはいかない場合もある

簡単な盗聴器なら発見できることもありますが、必ずしも万能とはいえない部分もあります。

明らかに怪しい盗聴器を見つけることは簡単に出来ますが、仕掛ける側がかなり巧みな知識の持ち主の場合は、見つけられないように設置している場合があります。その場合は、盗聴器発見器を購入したからといって簡単には見つからず、根気がいる場合も多いです。

黄色いレシーバー

レンタルや業者

盗聴器発見器は購入するのも一つの方法ですが、価格や頻度を考えると業者に相談するのも選択肢です。

盗聴器発見器が2万円ぐらいするものも多いので、そのことを考えると業者に依頼しても精度を考えると業者のほうがお得といえるかもしれません。また、レンタルであれば2日間で2000円ほどで盗聴器発見器を使う事もできます。実際の頻度を考えるとレンタルで済ましてみるというのも考えてみましょう。

盗聴器発見器おすすめランキング11位~7位

盗聴器発見器と聞くと、素人には扱いにくいというイメージがあるかもしれませんが、プロが使用するようなものでなければ初心者にも簡単です。おすすめ人気ランキングでは、初心者にも扱いやすいものを比較して精度の良いものを紹介しています。

11位:Yosishop「盗聴器・盗撮器探知機」

小型ながら精度も良い

小型の盗聴器発見器

盗聴器や隠しカメラを検知

価格:9,980円

種類:全周波数感知型

特徴:手のひらサイズ

手のひらサイズとなっており、非常に簡単に盗聴器発見器として利用できるのがランキングで人気です。外出先などでも不安な気持ちを解消することが出来ますし、自分の安全を確保することが出来ます。液晶モニターでは電波を5段階で検知してくれるので、比較しながら探すことが出来ます。

10位:サンメカトロニクス「SCH-70」

レンズ部を検知

サンメカトロニクスの盗聴器発見器

カメラの発見にもおすすめ

価格:18,000円

種類:全周波数感知型

特徴:隠しカメラにつよい

盗聴器発見器の中では、カメラのレンズが反射することを利用して隠しカメラを発見するのを得意としています。また、電波式の隠しカメラの場合は、その電波を比較することで盗聴器の発見にもつなげることが出来ます。複数の電波を比較しながら、隠しカメラが有線式であるか無線式であるかなども比較してくれます。

9位:サンメカトロニクス「アイティーエス」

プロも使用する盗聴器発見器

ダイヤルのついた盗聴器発見器

精度が高くわかりやすい

価格:30,000円

種類:全周波数感知型

特徴:プロも使用している

電波探知と音声受信の二つの機能を搭載した盗聴器発見器です。電子音アラームとLEDにより盗聴器の存在を知らせたり、音の変化とLED点灯数で盗聴器までのおよその距離がわかるようになぅっています。操作に必要なスイッチが最小限に抑えてあるのが、他の盗聴器発見器との比較のポイントになるといえます。

8位:FALCON「探吉くん」

コンパクトでかわいい見た目

盗聴器発見器の探吉くん

シンプルな機能

価格:6,350円

種類:全周波数感知型

特徴:初心者向け

アンテナを延ばしてスイッチを押している間だけ電波を感知します。そして、さらに精度を高める場合はアンテナを収納して本体のお尻側を、怪しい部分に向けてより細かく電波を感知します。レベル2や3が点灯した場合は、盗聴されている可能性が高いというわかりやすい仕組みになっています。

あくまで探吉くんクラスのものだと、他の電波を拾う可能性もあります。怪しい電波のあたりを調べてみたらコードレス電話だったり無線LANということはあります。とはいえ、そういった比較をしながら可能性を一つずつ潰していける機械なので、安価ですがダメというものではありません。

7位:COM-SHOT「MI-GY560」

盗聴に気づいたことがバレないタイプ

COM-SHOTの盗聴器発見器

価格:2,460円

種類:全周波数感知型

特徴:ディスプレイで表示

盗聴器発見器の性能を比較する中で、どのように盗聴を知らせてくれるかという性能の比較も大事です。というのも、盗聴している側が盗聴器発見器で見つけられたことが分かられてしまうことは危険な場合があります。このタイプはディスプレイに表示されるだけなので、アラームなどはならないので盗聴されていても危険を防ぐことができます。

盗聴器発見器おすすめランキング6位~4位

おすすめ人気ランキングの中で、盗聴器発見器の性能を比較するとそれぞれのメリットやデメリットがあることがわかります。アラームが鳴るタイプが必ずしも言い訳ではないですし、微弱な電波を感知できない場合もあるので、しっかりとした性能の比較が大事です。

6位:HUNTEREYE「ARK-CC308+」

アラームやバイブで知らせてくれる

赤いライトの盗聴器発見器

安価でも精度は良い

価格:2,700円

種類:全周波数感知型

特徴:コスパ良し

盗聴器発見器として盗聴器を発見するだけでなく、レンズの反射で隠しカメラを発見できるタイプです。盗聴器の無線を感知すると、振動させるかアラームで知らせてくれるので状況に応じて使い分ける事ができます。また、イヤホンをさせるのでアラーム音を自分だけが聞くことが出来てコスパも良いものとなっています。

電波と一言でいっても様々な規格や周波数があります。盗聴器で使われやすい規格や周波数というものがあり、それぞれに強い盗聴器発見器というものがあります。おすすめ人気ランキングの中で比較しながら複数のものを利用するのも選び方のひとつです。

5位:リーベックス「CG-PLUS」

合わせて使いたい盗聴器発見器

丸型の盗聴器発見器

安心を得るために

価格:3,172円

種類:全周波数感知型

特徴:アンテナで感度アップ

ほどよい精度を持っていて、この盗聴器発見器を使うことで、まず盗聴器があるかどうかという可能性を探ることが出来ます。アンテナをつけて精度をあげながら部屋にある盗聴器を探すことが出来ます。そのうえで、より精度が高い盗聴器発見器を購入するという使い方がおすすめです。

4位:ファーストコム「FC-S789」

災害時にもおすすめ

ファーストコムの盗聴器発見器

精度も高く使いみちが豊富

価格:18,900円

種類:盗聴音声受信型

特徴:様々な無線をキャッチできる

この盗聴器発見器の性能を比較するときは、非常に豊富な無線を感知できる点がランキングでも注目です。警察無線や防災無線まで探知することができるので、災害時などのいざというときにおすすめです。また「盗聴電波専用エリア」という機能が搭載されており、盗聴器によく使われる周波数を感知することが出来ます。音声録音機能も魅力です。

盗聴器発見器の多くは、そもそも無線受信機として通常の使い方をされているものがあります。逆に考えれば日常的に無線というものは、様々な場所に使われているわけです。そういった中で盗聴に使われている無線をしっかりと見つけ出せるような高性能なものが必要と言えます。この機械もそういった精度の高いものといえます。

この盗聴器発見器は、とにかく感度が良いのでしっかりと無線の電波を感知することが出来ます。しっかりと電波が感知出来なければ意味がありませんし、その中でしっかりと目的のものへと近づいていくことが求められます。少しだけ無線の知識を身につければ、さらにしっかりと盗聴器発見器を使いこなす事ができます。

盗聴器発見器おすすめランキング3位:バーテックススタンダード「VR-150」

性能が高くおすすめな盗聴器発見器

バーテックススタンダードの盗聴器発見器

クリアな音声で聞ける

価格:16,400円

種類:盗聴音声受信型

特徴:クリアな音声で盗聴を聞ける

盗聴器発見器として、非常に多くの盗聴器発見器業者に利用されているタイプです。この盗聴器発見器は、実際に盗聴されている音声を聞くことができるため、盗聴の証拠を残すことが出来ます。また、精度がとても良いので、その音声自体もクリアに聞き取ることが出来ます。

本格タイプで感度良し

この盗聴器発見器がおすすめ人気ランキングで上位な理由としては、まず盗聴器によく使われる周波数がすでに本体に記録されていることです。電波を探そうと動かすと、疑わしい電波を自動でサーチしてメモリに記録してくれるので初心者にもわかりやすいです。

また、盗聴器の電波が近くにあるとアラームが鳴るようになっているため、自分に関係がある盗聴器をしっかりと発見することが出来ます。盗聴器発見器として以外では、本来の無線機としての機能が高くラジオや航空無線などを聞きたい人にもおすすめです。

非常に頑丈な作りになっており、液晶部分も大きいため見やすいです。バックライトも点灯しますが、少しバックライトとしては暗めとなっているので暗所では使いにくいかもしれません。価格も高すぎるということはないので、おすすめランキングの中でも注目の盗聴器発見器です。

盗聴器発見器おすすめランキング2位:ALINCO「DJ-X7」

別売りボイスレコーダーを使えば証拠もがっちり

ALINCOの盗聴器発見器

小型設計で携帯性も抜群

価格:19,000円

種類:全周波数寒地型

特徴:最大で3台の盗聴器から受信

盗聴器発見器として、小型設計で携帯性が抜群となっています。長時間の使用ができるタイプになっており、盗聴器から発信される電波を受信することで会話を聞くことが出来ます。

屋外での性能もOK

多くの盗聴器発見器の中でランキングでもおすすめされている使い方は、録音です。こちらは別売りながらボイスレコーダーが発売されており、それを使用することで音声をしっかりと録音することが出来ます。相手に対しての紛れもない盗聴の証拠となるのでランキングでもおすすめです。

操作もシンプルなものとなっており、説明書を見ながら何度か試せば初心者でも問題なく使用することが出来ます。インプットされている周波数を元に盗聴器の有無を調べてくれるので、機械に詳しくない人でも操作は難しくありません。

盗聴器発見器おすすめランキング1位:コニーエレクトロニクス「バグスポッター」

盗聴器発見器はこれで間違いなし

金色の盗聴器発見器

価格は高いが精度はピカイチ

価格:54,245円

種類:全周波数感知型

特徴:盗聴電波識別機能

おすすめ人気ランキングの1位にこの盗聴器発見器を選んだ理由は、その精度です。従来の盗聴器発見器では、盗聴器とそれ以外の電波を識別するのは慣れるまで訓練が必要でした。この盗聴器発見器では識別音を発生させて、探知作業を行う新方式を採用しています。

盗聴器発見器の操作方法

他の電波との区別ができる

しっかりと必要な機能を搭載しており、余計な操作ボタンは省いた盗聴器発見器に特化した機能が凝縮されています。

盗聴器とこの盗聴器発見器が近づくことにより発生する「ハウリング」現象を利用して、盗聴器との距離をしぼりこむこともできます。また、7個のLEDが受信電波の強さをひと目で分かるようにしてくれているのもおすすめ人気ランキングで評価したポイントです。

盗聴器発見器として抜群の性能

実際に、こちらの動画を確認するとその性能がしっかりと分かります。電源を入れてスキャンボタンを押すと、すぐに怪しい電波を受信しています。近づいていくにつれてLEDの点灯が増えてアラームも激しくなっています。この動画では電源タップが盗聴器となっていたことがはっきりと盗聴器発見器で見つけることが出来ました。

盗聴器として使用されている周波数をしっかりとカバーできる広い受信周波数となっています。FM盗聴器以外では完璧ともいえる盗聴器発見器になっており、小型でコンパクトなものとなっています。価格が高いという点だけはマイナスポイントですが、安心な住まいの空間を手に入れるために損はさせない性能となっていてランキング1位となっています。

盗聴器以外で盗聴器発見器が反応しやすいものは?

コードレスと盗聴器発見器

無線系は反応しやすい

例えば無線LANを部屋で飛ばしているとき、盗聴器発見器はそれを感知してしまうことがあります。

どうしても安価なタイプの盗聴器発見器では、同じ無線である無線LANには反応してしまうことが多いです。また、インバーターがついた蛍光灯やLED電灯も盗聴器発見器が間違って反応することがあります。

ご用心と書かれたレシーバー

テレビや電子レンジは反応しやすい

盗聴器発見器を使うときはテレビの電源を落として、電子レンジなども使用していない状況にしましょう。

テレビや電子レンジは強い電波を発生させたり、電波自体を混線させる原因になります。出来るだけ不要な家電は電源を切ったりコンセントから抜いておくほうがおすすめです。スマホや充電器なども電源をオフにしておくほうが余計な電波を受信しなくて済みます。

本格的な盗聴器発見器

車通りが多い場合も注意

もう一つ勘違いしやすいのが、無線を積んだ車の電波を受信してしまう場合です。

タクシーやトラックは無線を使っているため、そういった車がよく通る場所では、なかなか盗聴器発見器がうまく反応しません。精度が高いものではそういったものも区別して探してくれるので、そちらのタイプを使いましょう。感度が良すぎても悪すぎてもなかなか見つけられないというだけに、じっくりとした調査が必要です。

盗聴器が仕掛けられる場所を知っておく

盗聴器が仕掛けられる場所

怪しい場所を知っておく

盗聴器発見器でしっかりと、本当に盗聴器が仕掛けられているか知る上では、仕掛けられやすい場所を知っておくことが大事です。

盗聴器は画像のようにさまざまな場所に仕掛けられます。また、怖いのは決して自宅だけでなくオフィスに仕掛けられる可能性もあります。基本的に盗聴器は何らかの電源があれば、半永久的に可動し続けるものが多く非常に恐ろしいものです。

電源タップ型の盗聴器

知らない電源タップ

まず確認するべきなのは、自分が思い当たらない電源タップが増えていないかということです。

冒頭でも紹介したように引っ越したばかりのマンションの、備え付けの電源タップが本当に安全かどうかは疑ったほうが良いです。また、オフィスのように備品のような形で電源タップ型の盗聴器が何者かによってつけられる場合があります。

マンションの扉

扉のポストに注意

マンションの外のポストではなく、部屋の扉についているあのポストはとても危険です。

一般的にオートロック系のマンションでは、フロントにあるポストだけしか使用されないことが多く、自分の部屋の扉についているポストは放置しがちです。しかし、外からあのポストの内側に盗聴器を仕掛けてくる人が居るということに気をつけましょう。扉のポストを使わない場合は塞いだり、定期的に中をしっかりとチェックするようにしましょう。

盗聴器を仕掛ける理由とは

こっそりと侵入する人

どのような状況で仕掛けられるのか

会社のような施設において、その会社に所属している人間だけが盗聴器を仕掛けるわけではありません。

外部の清掃業者や出入りできる施設では、ほんの一瞬のスキをついて取り付けられる可能性があります。そして、必ずしも建物内部ではないとダメというわけではなく、外にある保安器に取り付けるようなパターンもあります。集合住宅などはより分かりにくいものとなっているので、設置に気づかないパターンが多いです。

受信している受信機

疑問に思うタイミングとは

盗聴器を仕掛けられていると感じるきっかけというのも知っておくのがおすすめです。

そもそも、盗聴器を仕掛けられたと感じるときはどのようなときなのでしょうか。非常に怖いパターンは家族や友人しか知らない会話を、他の誰かが知っているというときです。他人が絶対には聞けない状況での会話を他人が知っている場合はそういった可能性を疑うことになります。

自分の置かれている環境が変わったときは注意

コンセントと盗聴器発見器

彼氏とのトラブル後は注意

盗聴器を仕掛けられるときは、彼氏と別れた直後というのがあります。元彼が部屋を出ていくときに注意しましょう。

特にスペアキーなどを彼氏から返してもらっていないまま、部屋を離れるのは危険です。そんなことをする人ではないと思っていても、何をきっかけでそういった行動にでるかはわかりません。彼氏からもらっていたプレゼントに盗聴器が仕掛けられていたなんてこともあります。

盗聴器発見器のアンテナ

男性が仕掛けるとは限らない

気をつけたいのは、盗聴器を仕掛けるのは男性だけとは限りません。

盗聴されるのは女性のほうが圧倒的に多いですが、男性側が被害を受けることもあります。また、女性出会っても、別の女性があなたを貶めようとしたり男性との関係を探ろうと盗聴器を仕掛ける可能性もあります。恋愛絡みや不倫トラブルなどから女性が盗聴器を仕掛ける場合もあるので気をつけましょう。

盗聴器発見器おすすめランキング!のまとめ

BUGTRACKERの盗聴器発見器

心当たりがなくても必要

盗聴器発見器はストーカーなどの被害にあっていなくても、自衛のために一度調べておくことがおすすめです。

現代社会において、盗聴器というのはとても手軽に入手できるものとなっています。ストーキング行為のためだけでなく、ちょっとした好奇心から初める人まで様々ですが、それでも安心を確認するために自分からそういった調査を行うことがおすすめです。

いろいろな盗聴器

専門の業者に相談も

盗聴器発見器は自分で使っても難しいものではありませんが、より精度が高いものは業者に依頼してみましょう。

盗聴器発見器は個人で扱えるようなものだけでなく、専門の業者が扱うような高度なものがあります。盗聴器に関するノウハウはもちろん、もしものトラブルを考えた上での対応も行ってくれます。自分だけで盗聴器発見器を使うのが怖いと言う人も、一度専門の業者に相談してみるのも良いでしょう。

最新式の盗聴器発見器

警察への相談も忘れずに

盗聴器発見器を使うことは素人でも出来ます。しかし、その問題自体は個人では解決しないほうが良いといえます。

まず不審に感じたら自分だけで判断せずに、警察に相談することがおすすめです。盗聴器発見器を使うのは、どうしても不安な気持ちを解消したいという初期の段階といえます。実際にストーキング行為を受けている場合では、自分だけで動かずに警察に相談することをおすすめします。

その他のおすすめ人気ランキングはこちら

消臭剤おすすめランキングTOP24!【トイレ・部屋・キッチン・車】場所別総合 | ランキングまとめメディア
フロアライトおすすめランキングTOP29!おしゃれな雰囲気の部屋作りに最適! | ランキングまとめメディア
一人暮らし用のソファ売れ筋TOP18!おしゃれデザインで素敵なお部屋に! | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ