掃除機おすすめ人気ランキングTOP32!種類ごとの特徴や選び方も解説

現在、掃除機には色々な性能や種類が存在しています。従来の吸引型やコードレスタイプ、さらには最近人気のサイクロン型など色々です。数多くのおすすめの掃除機が販売されていますが、掃除機の選び方は意外にわからないものです。そこで、掃除機の比較を簡単にするために人気でおすすめの掃除機をランキングしました。選び方のポイントも紹介していますので、ランキングと合わせて参考にしてください。

目次

  1. 掃除機おすすめ人気ランキング!特徴や性能を比較!
  2. 掃除機おすすめ人気ランキング32位~11位
  3. 掃除機おすすめ人気ランキング10位~7位
  4. 掃除機おすすめ人気ランキング6位~4位
  5. 掃除機おすすめ人気ランキング3位~1位
  6. 吸引力を落とさないために掃除機の手入れの仕方
  7. 掃除機おすすめ人気ランキング!のまとめ

掃除機おすすめ人気ランキング!特徴や性能を比較!

人気のタイプや使いやすい掃除機の紹介

掃除する男性

掃除機も色々なタイプがある

掃除機と一言で言っても実に色々なタイプがあるのはご存知でしょうか。有名な所ではロボット型掃除機やサイクロン式掃除機などがあります。

最近では外国の家電メーカーが日本の家電市場に参入してくるなど、活気を見せている家電業界ですが、掃除機においても外国製品の流れは色濃くでています。しかし、一概に外国の製品だからといってよいわけではありません。そこで、おすすめで人気の掃除機をランキング形式で紹介していきます。

掃除機の種類・性能や選び方

スティック型掃除機

掃除機についてのポイント

掃除機をただ見るだけでは、どういった掃除機を選ぶのが好ましいかわかりません。

 

そこで、掃除機のランキングを紹介する前に、掃除機の種類や性能について解説します。

掃除機には実に様々な種類が存在します。そして、その種類によってそれぞれに個性があるのです。一概に掃除機と言っても特徴を知っているだけで選び方が見えてくるものです。自分が掃除機に何を求めているのか、そして掃除機のどういった部分が不便だと感じているのかを見極める事が重要な事です。

コードレスやサイクロンなど種類で選ぶ

サイクロン部分

種類で選ぶ方法

まずは掃除機の選び方を知る前に、掃除機の種類について知る必要があります。コードレスやサイクロン式など掃除機の種類は多岐に渡ります。

有名な種類からあまり知られていない種類まで、実に色々な方式が掃除機には採用されています。それぞれに名前が付いていますので、名前と共に簡単に特徴などを紹介します。もちろん、今後新たな技術が生まれてくる可能性は大いにあります。掃除機市場はまだまだ活気にあふれているわけです。

掃除機のスタイル

キャニスター式

キャニスター式掃除機

掃除機の基本スタイル

最初に紹介する掃除機の種類は「キャニスター式」と呼ばれる形式です。キャニスター式は従来の掃除機で非常によく見かける、最もポピュラーな形状の掃除機です。

キャニスター式の掃除機は、コードが付いていたり本体が重たいなど、取り回しで不便とされていました。しかし、吸引力については保証済みです。また、オーソドックスであるからこそ、使い方にも迷うことはありません。最近のキャニスター式の掃除機は軽量化が図られている物も多く見かける事ができます。

スティック式

スティック式掃除機

手軽に掃除が出来ると人気

次に紹介するのが「スティック式」と呼ばれる掃除機です。スティック式はキャニスター式のホース部分がスティック型になっている掃除機といえます。

また、掃除機の本体をキャニスター式のように引っ張って使うといった使い方はスティック式ではありません。スティック式の多くは充電式となっていますので、持ち運びや取り回しが容易で扱いやすい掃除機が多い傾向があります。一方で、電力が弱い傾向があり、吸引力に不満を持つ場合も少なくありません。

ハンディ式

スティック式掃除機

車や机の清掃に便利

サブの掃除機として取り入れられる事が多いタイプに「スティック式」があります。コンパクトなタイプな掃除機なので細かい場所も軽々掃除をする事ができます。

 

多くの場合は充電式となっていますので、車やチャイルドシートの掃除にも最適です。

最近の掃除機の傾向として、ハンディ式の掃除機はスティック式の掃除機が兼ねている物が多く見受けられます。双方ともに充電式やコンパクトな形など、取り扱い方法や機能が似ているため、使い方を併用できる掃除機が多くなっているのです。選ぶのであれば併用タイプの掃除機を選ぶとコスト的に押さえられてメリットがあります。

ロボット式

ロボット式掃除機

掃除を自動で行う

最後に紹介する掃除機のタイプがルンバなどで一躍有名になった「ロボット式」です。忙しくて中々掃除をする時間がなくても、掃除を行ってくれる優れものです。

 

最近ではルンバ以外にも多様なメーカーがロボット式掃除機の開発が行われており、にわかに活気を見せています。

日本の住宅にはあまりマッチしないと言われていたロボット式ですが、最近の住宅はフローリングなどの床が多いため、意外にもニーズは高まっています。また、高齢者が掃除をできない場合のもロボット型であれば自動で掃除をしてくます。今後も色々な開発が行われて、より使いやすいロボットが生まれてくるのではないでしょうか。

集じん方式の種類

紙パック式

紙パック式掃除機

従来型の掃除機でメジャーなタイプ

まずは従来の掃除機の多くで採用されていた紙パック式です。紙パック式は掃除機が吸い込んだゴミをパックの中に収納し、ゴミとして紙パックごと処分します。

紙パック式のメリットはなんといってもフィルターなどの掃除が不要なところとなります。また、紙パックごと捨てる事ができるので、ゴミが散乱する事もあまりありません。一方で、紙パックを購入するなどのコストと手間いついてのデメリットが発生します。多くの掃除機で採用されてきた方式と言えます。

サイクロン式

サイクロン式掃除機

吸引力が優れたサイクロン式

最近主流になりつつあるのがこの「サイクロン式」です。トルネード方式とも呼ばれるサイクロン式は、吸引力が売りの方式です。

 

キャニスター式の掃除機でもスティック型の掃除機でも、多くの掃除機で見かける事が多くなった方式です。

サイクロン式で有名な家電メーカーと言えばダイソンです。ダイソンは外国の家電メーカーでありながら、サイクロン式の掃除機で日本の掃除機市場を一変してしまいました。吸引力が落ちない掃除機として評判となったサイクロン式は、今では多くのメーカーで採用されている方式となっています。

電源タイプ

コード式

コード式掃除機

安定したパワーが魅力

電源タイプとしては「コード式」があります。

 

電源プラグにつなぐコード式であれば、掃除機が故障したりゴミが溜まっているといった要因が無い限り、パワーが落ちる事はありません。

コード式のメリットであるパワーは、サイクロン式の掃除機と併用する事でより効果が発揮されます。一方で、コード式のデメリットはやはり電源が無い所で使えない点でしょう。また、電源コードが届かなくなる場所では電源を抜き、再度プラグに指す手間があります。こうした手間は意外に面倒なものです。

コードレス式

バッテリー式掃除機

場所を気にせず利用できる

コードレス式の掃除機の魅力は、使う場所を選ばない所です。電源プラグがない部屋や電源コードが届かなかった部屋でも、コード式の掃除機と違って掃除を行う事ができるのです。

 

また、コードの抜き差しの必要がないので掃除がしやすくなります。

スティック型の掃除機に多いコードレス式の掃除機ですが、パワー不足との声も聞こえます。充電池の劣化や充電が減り満足した電力が発揮できなくなると、吸引力が落ちてしまう訳です。しかし、最近ではパワーを保ちながら使えるコードレス式の掃除機も増えてきているなど、改良された掃除機が多くなってきました。

ヘッドの種類

モーター式

モーター式掃除機の画像

カーペットにも有効な方式

まずは「モーター式」です。掃除機のヘッドにあたる部分が、モーターの力で回転するブラシになっている掃除機です。

 

一般的にはモーター式と言われる回転ブラシの方式ですが、他にも「パワーブラシ」とも呼ばれる場合があります。いずれの呼び方であっても基本的な方式は変わりません。

モーター式のヘッドは、回転するブラシによってゴミを掻き出します。そして掻き出されたゴミを吸い取るという仕組みになっています。モーター式のヘッドであれば、フローリングなどのゴミはもちろんの事、カーペットや絨毯に入り込んだ細かいゴミまで、掻き出して掃除する事が可能となっています。

自走式

自走式掃除機の画像

モーター式が進化

モーター式のヘッドが進化した形で「自走式」というものがあります。

 

吸い込む方式などはモーター式と同じなのですが、ヘッドにローラーが装備されていて、ブラシの回転の力で前に進む力を与えています。

 

そのため、掃除機をする際に、前に向かう力をフォローしてくれるわけです。

前に進む力がフォローされるため、強い力を入れなくても掃除機が進み、掃除の労力を軽減してくれます。一方で、従来のモーター式のヘッドより、ヘッドに装着品や機能が増えてしうため、重量がかさんでしまうといったデメリットがあります。メリットばかりではなくデメリットがあるので導入には悩むところです。

吸引力は掃除機の命

掃除機で掃除

吸引力は選び方で重要な要素

掃除機の性能で一番重要な部分はなんといっても吸引力です。吸引力がない掃除機は使ってもストレスがたまるだけです。

 

吸引力が強ければゴミを吸う力が強く、より多くのゴミを吸い取る事ができます。

ただし、吸引力があったとしても、ゴミを溜めたままにしたり故障したままで使ったり、バッテリーが弱ったまま使っていては、本来の吸引力を発揮できません。吸引力を保つためにも掃除機のお手入れは重要です。後程掃除機の手入れについては詳しく解説させて頂きます。

静音性もチェック

肌を見ている女性

静かな掃除機を選ぶ

掃除機の騒音は基本的に、パワーが強くなればなるほど大きくなります。ですから、静音性を求めるのであれば、パワーとのバランスに注意が必要です。

 

特にマンションやアパートに住んでいる場合、掃除機の音は近所に漏れる物です。夜中に掃除をしてトラブルになってしまうなどの事例も少なくありません。

 

一般的に、夜に掃除機をかける時には60dBを下回る騒音に押さえる事が良いとされています。

サイクロン式であっても紙パック式であっても掃除機がこの数値を下回るにはモーター装置の対策や防音対策が行われている掃除機になります。赤ちゃんがいる場合も騒音は問題ですから、静音性に優れた掃除機を選ぶと良いでしょう。

掃除機おすすめ人気ランキング32位~11位

掃除機とビーズ

ランキングスタート!

ここまで掃除機の種類や機能について解説しました。掃除機といっても色々とある事が理解できたのではないでしょうか。

 

 

それでは掃除機おすすめ人気ランキングを紹介します。いずれも人気でおすすめの掃除機ばかりです。また、同じメーカーでも掃除機によって特徴が変わっているのも分かります。まずはランキング32位から11位まで一気に紹介していきますので、先のポイントを念頭にご覧ください。

32位:【iRobot(アイロボット)】ブラーバ380jB380065

掃除機おすすめ人気ランキング32位の性能や選び方の比較ポイント

ランキング32位の掃除機

愉快な掃除ロボットがランクイン


メーカー:iRobot(アイロボット)
商品名:ブラーバ380jB380065
タイプ:ロボット
集じん方式:???
電源:コードレス
ヘッド種類:モーター式
充電時間:???
本体寸法(幅x高さx奥行):約244x79x216mm
重さ:1.8kg
カラー:ホワイト
価格:36,799円から

ランキング32位の掃除機

あると嬉しい床拭きロボット

最初にランクインした掃除機は、ルンバで有名なiRobotが販売している、自動床拭き掃除機です。

 

床拭き掃除は手間がかかって面倒なものなのですが、この掃除機は床掃除を自動でしてくれます。

自宅がフローリングなどの場合は、床掃除は非常に苦労するのではないでしょうか。そうした場合でもこの掃除機が自動で掃除をしてくれますので、常に床が綺麗に保てるとあって人気がある掃除機の一つです。

31位:【東芝(TOSHIBA)】トルネオヴイコードレスVC-CL1500

掃除機おすすめ人気ランキング31位の性能や選び方の比較ポイント

ランキング31位の掃除機

東芝の人気シリーズがランクイン

メーカー:東芝(TOSHIBA)
商品名:トルネオヴイコードレスVC-CL1500
タイプ:スティック/ハンディ
集じん方式:サイクロン
電源:コードレス
ヘッド種類:モーター式(自走式)    
充電時間:5時間
本体寸法(幅x高さx奥行):約266x224x1030mm
重さ:本体:1.4kg
カラー:グランブロンズ/グランレッド
価格:43,200円から

掃除機の使い方

「トルネードプレス」ゴミを圧縮

ランキング31位は、人気のサイクロン式掃除機です。サイクロン掃除機なので強力な吸引力が落ちません。

また、トルネードプレスによりゴミが圧縮されるので簡単にゴミを捨てる事ができます。また、圧縮されたゴミは飛び散る事がありませんので、ゴミ捨て時にも床などを汚す心配もないという訳です。

30位:【パナソニック(Panasonic)】iTMC-PBU520J

掃除機おすすめ人気ランキング30位の性能や選び方の比較ポイント

ランキング30位の掃除機

従来の紙パック式で人気の掃除機

メーカー:パナソニック(Panasonic)
商品名:iTMC-PBU520J
タイプ:スティック/ハンディ
集じん方式:紙パック
電源:コードレス
ヘッド種類:モーター式
充電時間:3時間
本体寸法(幅x高さx奥行):約252x1160x153mm
重さ:本体:1.7kg
カラー:ピンクゴールド
価格:37,900円から

壁と掃除機

壁際も綺麗に掃除ができる

ランキング30位には日本の電機メーカーであるパナソニックの掃除機がランキングされました。

 

従来の紙パック式の掃除機でありながら、壁際もしっかりと吸い取れる構造が人気となっています。

29位:【パナソニック(Panasonic)】MC-BU110J

掃除機おすすめ人気ランキング29位の性能や選び方の比較ポイント

ランキング29位の掃除機

エレガントなスタイルが人気な掃除機

メーカー:パナソニック(Panasonic)
商品名:MC-BU110J
タイプ:スティック/ハンディ
集じん方式:サイクロン
電源:コードレス
ヘッド種類:モーター式
充電時間:???
本体寸法(幅x高さx奥行):約251x1148x195mm
重さ:2.7kg
カラー:ブロンズブラウン
価格:14,500円から

ハンディタイプで掃除

使いやすいハンディタイプ

ランキング29位にはエレガントなスタイルが人気となっているパナソニックの掃除機がランキングされました。

 

ハンディタイプとしても使えるこちらの掃除機は、使い勝手が良く吸引力にも優れた一品となっています。

28位:【Shark(シャーク)】EVOFLEXS30

掃除機おすすめ人気ランキング28位の性能や選び方の比較ポイント

ランキング28位の掃除機

アメリカから上陸した新参掃除機

メーカー:Shark(シャーク)
商品名:EVOFLEXS30
タイプ:スティック
集じん方式:???
電源:コードレス
ヘッド種類:モーター式
充電時間:3.5時間
本体寸法(幅x高さx奥行):約1090x239x132mm
重さ:(バッテリーを含む)1.63kg
カラー:ブラック×コーラルピンク
価格:55,777円から

曲がるパイプ

特徴的な曲がるパイプ

スチームクリーナーでは有名なShark(シャーク)の掃除機がランキングされました。アメリカでは掃除機のシェアがNo1のメーカーです。

そのSharkが日本に合わせて開発した「曲がるパイプ」を武器に、日本の掃除機市場に新参入してきました。吸引力はもちろんの事、使いやすさにも優れた一品で、これからの日本掃除機市場で注目を浴びるメーカーとなっていくのは間違いありません。

27位:【三菱電機(MITSUBISHI)】iNSTICKZUBAQHC-JXH30P

掃除機おすすめ人気ランキング27位の性能や選び方の比較ポイント

ランキング27位の掃除機

三菱が提供するサイクロン式掃除機

メーカー:三菱電機(MITSUBISHI)
商品名:iNSTICKZUBAQHC-JXH30P
タイプ:スティック/ハンディ
集じん方式:サイクロン
電源:コードレス
ヘッド種類:モーター式(自走式)
充電時間:90分
本体寸法(幅x高さx奥行):約225x1005x190mm
重さ:1.8kg(パイプ・ブラシ含む)
カラー:シャインブロンズ
価格:59,322円から
 

ランキング27位の掃除機

スティックとハンディの切り替えが簡単

三菱電機からまずランキングされたのはこちらの掃除機になります。スティックでもハンディでも使用可能で、切り替えが掃除機を倒すだけという楽々仕様になっていて人気の商品です。

26位:【Dyson(ダイソン)】V8AbsoluteSV10ABL2

掃除機おすすめ人気ランキング26位の性能や選び方の比較ポイント

ランキング26位の掃除機

人気があるダイソンがランクイン

メーカー:Dyson(ダイソン)
商品名:V7FluffySV11FF2
タイプ:ハンディ/スティック
集じん方式:サイクロン
電源:コードレス
ヘッド種類:モーター式
充電時間:3.5時間
本体寸法(幅x高さx奥行):約250x224x1244mm
重さ:標準質量:1.58kg
カラー:ブルー系
価格:47,990円から

ダイソンの掃除機

数々の掃除機がランキングされるダイソン

家電の定義を変えたといわれるまで有名となったダイソンがランクインです。全ての掃除機でサイクロン式が採用されています。

見た目のデザイン性もさることながら、その吸引力は圧巻の一言です。こちらの掃除機もダイソン独自の吸引技術がひかる一品です。紹介するランキングの中にもダイソンは数多くランキングされていますので、自分の使い方い合ったサイズや価格を選ぶと良いでしょう。

25位:【Dyson(ダイソン)】V7FluffySV11FF2

掃除機おすすめ人気ランキング25位の性能や選び方の比較ポイント

ランキング25位の掃除機

ダイソンの人気モデルが登場

メーカー:Dyson(ダイソン)
商品名:V7FluffySV11FF2
タイプ:ハンディ/スティック
集じん方式:サイクロン
電源:コードレス
ヘッド種類:モーター式
充電時間:3.5時間
本体寸法(幅x高さx奥行):約250x206x1215mm
重さ:標準質量:1.44kg
カラー:ブルー系
価格:37,963円から

ハンディタイプ

ハンディタイプでも持続する吸引力

ダイソンの人気モデルがランキング25位に選ばれました。どんなスタイルにも合わせてくれるダイソンは人気が高い商品です。

 

ハンディタイプで使っても吸引力が落ちる事はありませんので、色々な場面で使える一品と言えます。

24位:【iRobot(アイロボット)】ルンバ960R960060

掃除機おすすめ人気ランキング24位の性能や選び方の比較ポイント

ランキング24位の掃除機

ロボット式の代名詞ともいえる掃除機

【iRobot(アイロボット)】ルンバ960R960060

メーカー:iRobot(アイロボット)
商品名:ルンバ960R960060
タイプ:ロボット
集じん方式:???
電源:コードレス
ヘッド種類:モーター式
充電時間:3時間
本体寸法(幅x高さx奥行):約353x92x353mm
重さ:3.9kg
カラー:グレー系
価格:82,771円から

ルンバの充電器

研究されたプログラムで充電も自働化

ランキング24位に選ばれた掃除機は、ロボット式掃除機の代表格と言えるルンバ960です。

 

計算されつくしたプログラムが部屋の隅までゴミを残さず掃除するだけではなく、充電器まで自動で戻っていきます。その姿は愛らしさもあり、人気が高い商品となっています。

23位:【マキタ(Makita)】CL108FDSHW

掃除機おすすめ人気ランキング23位の性能や選び方の比較ポイント

ランキング23位の掃除機

カプセル式のゴミ収集が特徴

メーカー:マキタ(Makita)
商品名:CL108FDSHW
タイプ:スティック
集じん方式:カプセル式
電源:コードレス
ヘッド種類:モーター式
充電時間:22分
本体寸法(幅x高さx奥行):約110x150x956mm
重さ:1.0kg
カラー:ホワイト
価格:13,200円から
 

掃除機のバッテリーの画像

長時間駆動にも対応

充電式のコードレス掃除機がランキング23位となりました。短い充電時間で長時間駆動が魅力の掃除機です。吸引力と軽量化にも優れた、おすすめしたい一品となっています。

22位:【パナソニック(Panasonic)】MC-PA100G

掃除機おすすめ人気ランキング22位の性能や選び方の比較ポイント

ランキング22位の掃除機

軽さとパワーを兼ね揃えた一品

メーカー:パナソニック(Panasonic)
商品名:MC-PA100G
タイプ:キャニスター
集じん方式:紙パック
電源:電源プラグ
ヘッド種類:モーター式(自走式)
充電時間:???
本体寸法(幅x高さx奥行):約242x196x365mm
重さ:(本体のみ)2.8kg
カラー:ホワイト/ピンク
価格:26,500円から

使いやすいアタッチメント

使いやすさが追求されているアタッチメント

軽さとパワーを兼ね備えた掃除機がランキングされました。

軽量素材を採用する事で従来品の商品よりも軽量化に成功します。また、アタッチメントについても拘りがあり、軽量化されて使いやすいさを追求した作りとなっている人気の掃除機です。

21位:【Dyson(ダイソン)】V10SV12FFOLB

掃除機おすすめ人気ランキング21位の性能や選び方の比較ポイント

ランキング21位の掃除機

長時間の掃除にも対応した掃除機

【Dyson(ダイソン)】V10SV12FFOLB

メーカー:Dyson(ダイソン)
商品名:V10SV12FFOLB
タイプ:ハンディ/スティック
集じん方式:サイクロン
電源:コードレス
ヘッド種類:モーター式
充電時間:3.5時間
本体寸法(幅x高さx奥行):約250x245x1232mm
重さ:標準質量:2.58kg
カラー:レッド系
価格:91,584円から
 

ヘッドの内部

吸引力にも優れたハイスペックな一台

ダイソンの中でも高額な価格なっているこちらの掃除機は、1時間連続運転も可能になっている掃除機です。

また、ダイソンが誇る「ダイソン デジタルモーター V10」が搭載されており、吸引力が落ちる事なく掃除を続けられます。また、トリガー式の動作スイッチになっているのも扱いやすいと人気です。この掃除機以降、ダイソンはコード付き掃除機を開発しないと言い切ったほどの自信作となっているようです。

20位:【Dyson(ダイソン)】V6Trigger+

掃除機おすすめ人気ランキング20位の性能や選び方の比較ポイント

ランキング20位の掃除機

布団クリーナーではNo1の実力

【Dyson(ダイソン)】V6Trigger+

メーカー:Dyson(ダイソン)
商品名:V6Trigger+
タイプ:布団クリーナー/ハンディ
集じん方式:サイクロン
電源:コードレス
ヘッド種類:モーター式
充電時間:???
本体寸法(幅x高さx奥行):約144x208x399mm
重さ:???
カラー:パープル系
価格:18,992円から

ハンディタイプ

ハンディクリーナーとしても活用できる

ランキング20位に選ばれた掃除機は、ダイソンが手掛けた布団クリーナーです。

布団クリーナーの分野では人気No1の商品となっています。布団クリーナーですが、その吸引力は流石というべきで、ハンディクリーナーとしても使える、小回りの利くタイプとなっています。

19位:【アイリスオーヤマ(IRISOHYAMA)】IC-SLDC4

掃除機おすすめ人気ランキング19位の性能や選び方の比較ポイント

ランキング19位の掃除機

超低価格を実現した掃除機

メーカー:アイリスオーヤマ(IRISOHYAMA)
商品名:IC-SLDC4
タイプ:スティック/ハンディ
集じん方式:紙パック
電源:コードレス
ヘッド種類:モーター式(自走式)
充電時間:3.5時間
本体寸法(幅x高さx奥行):約236x1003x162mm
重さ:(本体のみ)1.2kg
カラー:パールホワイト/メタリックブラック/メタリックピンク
価格:9,381円から

計り

軽量化も図られた優れもの

ランキング19位に紹介される掃除機は、コストパフォーマンスに優れた家電を数多く販売している、アイリスオーヤマが手掛けた掃除機です。

 

価格においては他を圧倒する設定がされています。しかも、軽量化も図られていますので、使い勝手の良い掃除機となっています。

18位:【日立(HITACHI)】パワーブーストサイクロンPV-BFH900

掃除機おすすめ人気ランキング18位の性能や選び方の比較ポイント

ランキング18位の掃除機

コードレスでもメインで使える強力パワー

メーカー:日立(HITACHI)
商品名:パワーブーストサイクロンPV-BFH900
タイプ:スティック/ハンディ
集じん方式:サイクロン
電源:コードレス
ヘッド種類:モーター式(自走式)
充電時間:3.5時間
本体寸法(幅x高さx奥行):約255x1012x308mm
重さ:(本体のみ)1.4kg
カラー:ルビーレッド/シャンパンゴールド
価格:56,067円から

小型掃除機

机の上もアタッチメントで掃除が可能

メインで使えるコードレス掃除機として人気がある日立のパワーブーストサイクロンPV-BFH900がランキングされました。

 

アタッチメントを使えば、強力な吸引力のまま机の掃除にも使えると人気です。

17位:【Dyson(ダイソン)】V7TriggerHH11MH

掃除機おすすめ人気ランキング17位の性能や選び方の比較ポイント

ランキング17位の掃除機

ダイソンの良さが分かる一台

メーカー:Dyson(ダイソン)
商品名:V7TriggerHH11MH
タイプ:ハンディ
集じん方式:サイクロン
電源:コードレス
ヘッド種類:モーター式
充電時間:3.5時間
本体寸法(幅x高さx奥行):約144x206x404mm
重さ:(本体のみ)1.76kg
カラー:ピンク系
価格:20,796円から

アタッチメント

アタッチメントで使い方色々

オーソドックスなダイソンのスタイルを味わえる一台がランキングされました。

 

アタッチメントを変えれば、色々な場面で使えるとあって人気です。見た目もお洒落で多くの人の目を引き付けています。

16位:【東芝(TOSHIBA)】トルネオヴイVC-MG920

掃除機おすすめ人気ランキング16位の性能や選び方の比較ポイント

ランキング16位の掃除機

軽いタッチで強力に吸引

メーカー:東芝(TOSHIBA)
商品名:トルネオヴイVC-MG920
タイプ:キャニスター
集じん方式:サイクロン
電源:プラグ式
ヘッド種類:モーター式(自走式)
充電時間:5時間
本体寸法(幅x高さx奥行):約220x276x322mm
重さ:(本体のみ)3.2kg
カラー:グランレッド/グランブロンズ
価格:31,796円から

収納している掃除機

コンパクトな収納性

ランキング16位には東芝が誇るサイクロン式掃除機がランキングされました。

 

軽いタッチで掃除が可能になるので、掃除機をかける楽しさが実感できる一台となっています。

15位:【Dyson(ダイソン)】V8FluffySV10FF2

掃除機おすすめ人気ランキング15位の性能や選び方の比較ポイント

ランキング15位の掃除機

安定したパワー供給が魅力な掃除機

メーカー:Dyson(ダイソン)
商品名:V8FluffySV10FF2
タイプ:ハンディ/スティック
集じん方式:サイクロン
電源:コードレス
ヘッド種類:モーター式
充電時間:5時間
本体寸法(幅x高さx奥行):約250x224x1244mm
重さ:(本体のみ)1.58kg
カラー:イエロー系
価格:38,340円から

ゴミ捨て

ゴミ捨てもワンタッチ

安定したパワーが魅力的なダイソンの掃除機が15位にランキングされました。

 

独自フィルターによりミクロな粒子も捉えられるだけではなく、ゴミ捨ても簡単と会って非常に人気がある掃除機です。

14位:【Dyson(ダイソン)】V10Fluffy+SV12FFCOM

掃除機おすすめ人気ランキング14位の性能や選び方の比較ポイント

ランキング14位の掃除機

V10モーターを搭載したモデル

メーカー:Dyson(ダイソン)
商品名:V10Fluffy+SV12FFCOM
タイプ:ハンディ/スティック
集じん方式:サイクロン
電源:コードレス
ヘッド種類:モーター式
充電時間:3.5時間
本体寸法(幅x高さx奥行):約250x245x1232mm
重さ:(本体のみ)1.54kg
カラー:レッド系
価格:59,822円から
 

男性が掃除機をかけている

毎分最大12万5000回転を実現

ダイソンの掃除機はどれも吸引力が優れているため、ランキングに多く登場します。

 

ランキング14位に紹介するこちらの掃除機もダイソンの技術がつまった掃除機です。

毎分最大12万5000回転を可能にしている「ダイソン デジタルモーター V10」を搭載する事により、より一層のゴミの吸引を可能にしています。その吸引力を味わうともう他の吸引力では満足できないほどとも言う人もいるようです。

13位:【Dyson(ダイソン)】V10AbsoluteproSV12ABL

掃除機おすすめ人気ランキング13位の性能や選び方の比較ポイント

ランキング13位の掃除機

ハイパフォーマンスが人気の一台

メーカー:Dyson(ダイソン)
商品名:V10AbsoluteproSV12ABL
タイプ:ハンディ/スティック
集じん方式:サイクロン
電源:コードレス
ヘッド種類:モーター式
充電時間:3.5時間
本体寸法(幅x高さx奥行):約250x245x1232mm
重さ:(本体のみ)1.54kg
カラー:イエロー系
価格:72,866円から

充電も楽々

ランキング13位にはいったのは、価格が高いものの、その価格に納得いくと人気の高いダイソンの掃除機です。専用ブラケットに置くだけで充電ができるため、楽々に掃除ができる所が人気です。

12位:【東芝(TOSHIBA)】RACTIVEAirEC-AR2SX

掃除機おすすめ人気ランキング12位の性能や選び方の比較ポイント

ランキング12位の掃除機

サイクロン式で低価格な掃除機

メーカー:東芝(TOSHIBA)
商品名:RACTIVEAirEC-AR2SX
タイプ:キャニスター
集じん方式:サイクロン
電源:電源プラグ
ヘッド種類:モーター式(自走式)
充電時間:???
本体寸法(幅x高さx奥行):約220x255x295mm
重さ:(本体のみ)2.2kg
カラー:グランレッド
価格:15,980円から
 

ダブルフィルタ

ダブルフィルタが特徴

ランキング12位になったのは、東芝のサイクロン式掃除機です。塵を集めるフィルタはダブルフィルタなので細菌が繁殖しにくくなっています。

11位:【シャープ(SHARP)】RACTIVEAirEC-AR2SX

掃除機おすすめ人気ランキング11位の性能や選び方の比較ポイント

ランキング11位の掃除機

シャープのサイクロン式がランクイン

メーカー:シャープ(SHARP)
商品名:RACTIVEAirEC-AR2SX
タイプ:ハンディ/スティック
集じん方式:サイクロン式
電源:コードレス
ヘッド種類:モーター式(自走式)
充電時間:80分
本体寸法(幅x高さx奥行):約222x980x220mm
重さ:本体質量:1.1kg
カラー:ゴールド系
価格:41,680円から

エアコン掃除

アタッチメントでエアコンの上も楽々

アタッチメントを付ければエアコンの上も楽に掃除が可能になるシャープの掃除機がランキングされました。

 

サイクロン式がもっている強力な吸引力はそのままに、小回りの利く使いやすさから人気となっている商品です。

掃除機おすすめ人気ランキング10位~7位

掃除機のイラスト

ランキング上位に突入です!

ここまではランキング32位からランキング11位を紹介しました。ここからはランキング上位となるTOP10を紹介します。

 

まずはランキング10位からランキング7位まで紹介させて頂きます。

10位:【Dyson(ダイソン)】V6Fluffy

掃除機おすすめ人気ランキング10位の性能や選び方の比較ポイント

ランキング10位の掃除機

ソフトクリーナーローラーヘッドを搭載

メーカー:Dyson(ダイソン)
商品名:V6Fluffy
タイプ:ハンディ/スティック
集じん方式:サイクロン式
電源:コードレス
ヘッド種類:モーター式
充電時間:3.5時間
本体寸法(幅x高さx奥行):約250x208x1211mm
重さ:1.29kg
カラー:ブルー系
価格:29,799円から
 

ヘッドの写真

大きなゴミもしっかりキャッチ

ソフトローラークリーナーヘッドが特徴的なデザインになっている一台です。

ソフトローラークリーナーヘッドと呼ばれる、大きなゴミを捉えやすくしているヘッドを搭載したモデルがランキング10位となりました。大きなゴミはもちろんの事、小さなゴミも静電気の力でしっかりと残さず掃除する事ができます。ダイソンの技術力が結集した人気でおすすめの掃除機の一つと言える品物です。

9位:【Dyson(ダイソン)】DigitalSlimDC62モーターヘッド

掃除機おすすめ人気ランキング9位の性能や選び方の比較ポイント

ランキング9位の掃除機

トリガー式がポイント

メーカー:Dyson(ダイソン)
商品名:DigitalSlimDC62モーターヘッド
タイプ:ハンディ/スティック
集じん方式:サイクロン式
電源:コードレス
ヘッド種類:モーター式
充電時間:???
本体寸法(幅x高さx奥行):約211x208x1180mm
重さ:1.22kg
カラー:パープルニッケル
価格:24,624円から

トリガーの写真

扱いやすいトリガー

ランキング9位にもダイソンの掃除機がランキングされました。ダイソンは日本で本当に人気がある掃除機と言えます。

 

ダイソンの中でもトリガー式を取り入れたサイクロン方式の掃除機になります。

見た目の雰囲気と違い重さもそこまでありませんので、手軽に掃除ができるとあって人気がある掃除機となっています。掃除機と言えばダイソンという技術がひかる掃除機となっています。

8位:【Dyson(ダイソン)】V6SlimOriginDC62SPL

掃除機おすすめ人気ランキング8位の性能や選び方の比較ポイント

ランキング8位の掃除機

ブルーがアクセントな掃除機

メーカー:Dyson(ダイソン)
商品名:V6SlimOriginDC62SPL
タイプ:ハンディ/スティック
集じん方式:サイクロン式
電源:コードレス
ヘッド種類:モーター式
充電時間:???
本体寸法(幅x高さx奥行):約127x208x315mm
重さ:1.22kg
カラー:ブルー系
価格:25,278円から
 

チャイルドシート

チャイルドシートの掃除にもおすすめ

手元近くにある青い色がワンポイントとなっておしゃれな掃除機です。ダイソンが誇るサイクロン式が採用されたこちらの掃除機は、重さも手ごろなサイズです。

 

持ち回りも楽なのでチャイルドシートの掃除にも向いています。

ダイソンの掃除機は吸引力が落ちる事がないため、安心して掃除を続けていられるとあって評判で人気があります。手に取って掃除を試してみたくなる、そんな掃除機に仕上がっています。

7位:【パナソニック(Panasonic)】MC-PK19G

掃除機おすすめ人気ランキング7位の性能や選び方の比較ポイント

ランキング7位の掃除機

オーソドックスな一台がランキング7位

メーカー:パナソニック(Panasonic)
商品名:MC-PK19G
タイプ:キャニスター
集じん方式:紙パック
電源:電源プラグ
ヘッド種類:モーター式(自走式)
充電時間:???
本体寸法(幅x高さx奥行):約243x198x348mm
重さ:2.7kg(本体のみ)
カラー:シャンパンゴールド
価格:15,442円から

パナソニックが販売を手掛けている、オーソドックスなタイプの掃除機がランキング7位となりました。古くからあるスタイルの掃除機ですから、取り扱いについては安心感があります。しかし、吸引力は今まで以上に強力です。国内のメーカーだからこその安心感も備わっている、そんなおすすめで人気な掃除機となっています。

掃除機おすすめ人気ランキング6位~4位

黄色い掃除機

ランキング6位から4位を紹介!

今までコートレスやサイクロン式など色々な種類や性能を比較してきましたが、お気に入りの一台は見つけたでしょうか。

 

ここからはランキングTOP6からTOP4を紹介していきます。

6位:【Dyson(ダイソン)】DC63モーターヘッドコンプリート

掃除機おすすめ人気ランキング6位の性能や選び方の比較ポイント

ランキング6位の掃除機

ランキング6位にはダイソンのキャニスター式が

メーカー:Dyson(ダイソン)
商品名:DC63モーターヘッドコンプリート
タイプ:キャニスター
集じん方式:サイクロン
電源:電源プラグ
ヘッド種類:モーター式
充電時間:???
本体寸法(幅x高さx奥行):約193x253x361mm
重さ:???
カラー:グレー系
価格:32,184円から

ダイソンのキャニスター式掃除機

独自の技術が特徴

ランキング6位になったのはDyson(ダイソン)のサイクロン式掃除機です。

 

キャニスタータイプのこちらの掃除機は電源からの電力となるため、パワーが落ちる事がありません。

ダイソンの醍醐味である吸引力を思う存分楽しめる掃除機となっています。取り回しもしやすく見た目もデザイン性に優れている一品と言えます。

5位:【iRobot(アイロボット)】ルンバe515060

掃除機おすすめ人気ランキング5位の性能や選び方の比較ポイント

ランキング5位の掃除機

アイロボットから人気の一台がランクイン

メーカー:iRobot(アイロボット)
商品名:ルンバe515060
タイプ:ロボット
集じん方式:???
電源:コードレス
ヘッド種類:モーター式(自走式)
充電時間:3時間
本体寸法(幅x高さx奥行):約351x92x351mm
重さ:3.9kg
カラー:チャコール
価格:51,300円から

水洗い

水洗いもできるので安心

ランキング5位に入ったのは、アイロボットが発売しているルンバ5eです。こちらのルンバはチャコール系の色合いがシックでスタイリッシュなタイプで人気です。

 

もちろん、自走して掃除をしてくれますので、普段から部屋を綺麗に保ちたい人にはおすすめの掃除機と言えます。

4位:【シャープ(SHARP)】RACTIVEAirEC-AR2S

掃除機おすすめ人気ランキング4位の性能や選び方の比較ポイント

ランキング4位の掃除機

サイクロン式で軽量な一台

メーカー:シャープ(SHARP)
商品名:RACTIVEAirEC-AR2S
タイプ:スティック/ハンディ
集じん方式:サイクロン
電源:コードレス
ヘッド種類:モーター式(自走式)
充電時間:80分
コードの長さ:???
本体寸法(幅x高さx奥行):約222x980x220mm
重さ:本体質量1.1kg
カラー:ピンク系/バイオレット系
価格:29,601円から

ソファーと掃除機

ソファーの下も楽々

サイクロン式で軽量化が図られているシャープの掃除機がランキング4位となりました。

 

ヘッドは自走式となっていますので、掃除をする時に力を入れなくても楽々と作業をする事ができます。

ボディーの色も近未来的な色合いです。持ち手も考えられていて手にフィットする感覚で掃除を進める事ができます。軽量なのでお子様も楽々に掃除できるおすすめの掃除機となっています。

掃除機おすすめ人気ランキング3位~1位

掃除機をかけている

いよいよTOP3を紹介!

ここまで数多くの掃除機を紹介してきました。国内の掃除機のシェアは外国製に押されている状況です。それではいよいよTOP3の発表です。ぜひご覧ください。

3位:【マキタ(Makita)】CL107FDSHW

掃除機おすすめ人気ランキング3位の性能や選び方の比較ポイント

ランキング3位の掃除機

マキタの中でも取り扱いがしやすいタイプ

メーカー:マキタ(Makita)
商品名:CL107FDSHW
タイプ:スティック
集じん方式:ダストバッグ:500、紙パック:330
電源:コードレス
ヘッド種類:???
充電時間:22分
コードの長さ:???
本体寸法(幅x高さx奥行):約112x150x960mm
重さ:本体質量1.1kg
カラー:ホワイト系
価格:12,896円から

業務用としても人気があるマキタの掃除機の中でも特に人気なこちらの掃除機がランキング3位となりました。吸引力もさる事ながら、バッテリーの充電時間が20分強と短い時間となっている所が非常に特徴的と言えます。白いボディーとシンプルな見た目からは想像が出来ないほどの強力な吸引力も人気のおすすめな掃除機です。

掃除のようす

軽量化された本体で取り回しが楽々

本体の重さは1.1kgと、ハンディタイプで吸引力がある掃除機の中でもトップクラスの軽さとなっています。そのため、掃除をする時も取り回しが楽で、苦労することなく掃除を楽しめる事ができます。

掃除機おすすめ人気ランキング3位の口コミなど

椅子の下を掃除

扱いやすいノズル

ノズルが水平になる所も扱いやすいと評判です。それではこちらの掃除機のツイッターやレビューでの評判を紹介します。

マキタのコードレス掃除機は身軽に使える所が人気となっているようです。見た目もスタイリッシュですから、部屋に立てかけてもそこまで目につきません。スティック型のコードレス掃除機の中ではマキタの掃除機がダントツに人気があるのもこう言った要因があるという事でしょう。

また、マキタのスティック型のコードレス掃除機はバッテリーの充電も高速なのが売りです。掃除をしたいと思っても、バッテリーの充電切れなどで、掃除ができないなんて事もあります。マキタのバッテリーであれば20分程度で充電ができますので、たとえ充電が切れていたとしても掃除ができるのも人気となっています。

使い勝手の良さは申し分ないです。
もう一台買おうかな。

ほとんどの口コミが高評価です。その理由はやはり取り回しにあるようです。また、外国製の掃除機が多くなってきた中で、日本のメーカーという所も安心感があるのでしょう。バッテリーが若干重たいのが難点ではありますが、その部分を織り込んだとしても素晴らしい掃除機だと言えそうです。

2位:【iRobot(アイロボット)】ルンバ890R890060

掃除機おすすめ人気ランキング2位の性能や選び方の比較ポイント

ランキング2位の掃除機

人気のロボット式で最高位の商品

メーカー:iRobot(アイロボット)
商品名:ルンバ890R890060
タイプ:ロボット
集じん方式:???
電源:コードレス
ヘッド種類:モーター式(自走式)
充電時間:3時間
コードの長さ:???
本体寸法(幅x高さx奥行):約353x92x353mm
重さ:本体質量3.8kg
カラー:ピューター系
価格:38,662円から

ランキング2位となったのは、ロボット式掃除機で代表するメーカーと言えるルンバ890です。数々のルンバがランクインされましたが、こちらの機種が最高位となりました。ロボット式の中でも吸引力や稼働時間が優れていて、また価格的にも手ごろという訳で人気となっているようです。

ルンバの動き

掃除の手間を無くした画期的商品

掃除というのはいつになっても面倒くさいものです。特に高齢者にとっては掃除は非常に労力がかかるものです。

 

そうした状況を解決してくれているロボット式掃除機は非常に重宝される存在です。高齢化が進む日本においてはまだまだ活躍するでしょう。

掃除機おすすめ人気ランキング2位の口コミなど

スマホとルンバ

アプリで外出先からも掃除が可能

スマホにアプリをインストールすれば、外出先からも掃除ができる優れものです。それでは、口コミやツイッターなどを紹介します。

ほぼ隅々まできれいにしてくれます。いつも床がサラッとして気持ちが良いです。腰痛持ちの私にとって欠かせない存在です。

ロボット型掃除機は隅まで掃除をしてくれないといったうわさを聞き事があります。しかし、実際は驚くほど綺麗になるようです。今まで掃除不足が気になり導入を躊躇していた方でも、隅まで掃除が行き届くのであれば購入を検討するのではないでしょうか。口コミなどの情報は参考にしたいものです。

ルンバはその動きから可愛らしいといった声も聞こえてきます。実際に、ルンバが動作しているのをずっと眺めてしまうなんていう口コミもあったほどです。ルンバの魅力は掃除ができることではなくて、未来型の掃除機だという所にもあるかもしれません。

ルンバ890を導入している人が増えているようです。そして、腰痛の軽減や家事のサポートなど、人間にとって非常に重要な役割を担ってくれています。吸引力も申し分ないとあって、今後もルンバの新商品からは目が離せないといった所でしょうか。

1位:【Dyson(ダイソン)】V8Fluffy+SV10FFCOM2

掃除機おすすめ人気ランキング1位の性能や選び方の比較ポイント

ランキング1位の掃除機

掃除機をけん引するダイソンが1位

メーカー:Dyson(ダイソン)
商品名:V8Fluffy+SV10FFCOM2
タイプ:ハンディ/スティック
集じん方式:サイクロン
電源:コードレス
ヘッド種類:モーター式
充電時間:5時間
コードの長さ:???
本体寸法(幅x高さx奥行):約250x224x1244mm
重さ:本体質量1.58kg
カラー:シルバー系
価格:38,662円から

ランキング1位には、これまでにもおおくの掃除機がランクインされたDyson(ダイソン)から選ばれました。ダイソンを代表するサイクロン式のコードレス掃除機は、吸引力が落ちる事が無いと評判です。本体の重量も1.58kgと取り回しがしやすい所も人気となっている部分と言えます。

汚れた机

アタッチメントを変えても使える

ハンディ―タイプの掃除機の醍醐味はやはり机の上などを手軽に掃除できる所でしょうか。持ち運びが簡単なので、子供の食べこぼしや車の中のゴミなども簡単です。

 

しかも強力な吸引力でどんなゴミでも一気に吸い取ってくれるのは圧巻というしかありません。

掃除機おすすめ人気ランキング1位の口コミなど

掃除するダイソン

ツイッターなどでも評判

ダイソンの掃除機はツイッターなどでも評判です。また、レビューなどを見ても高評価の声が多く、人気と実力を兼ね揃えた一品と言えそうです。

 

実際に手に取って実感した人たちの声ですから信頼性が高い口コミと言えます。ここでは簡単にツイッターの評判と口コミなどについて見ていきます。

ダイソンの掃除機は高額なので躊躇してしまう人が多いようです。一方で、一度その吸引力を味わってしまうと、なかなか離れられないといった人もいるようです。フル充電で40分使えるとあれば、一回の掃除には十分な時間と言えます。ダイソンの掃除機の吸引力を考えれば納得の時間と言えるでしょう。

ツイッターなどの口コミを見てもゴミの吸い込みには納得がいく意見が多いように感じます。また、吸い込みの力だけではなく、デザイン性に優れている所も人気のポイントと言えるのでしょう。ダイソンの掃除機全般に言える事ですが、従来の掃除機にはなかったデザインが掃除を楽しい時間にしてくれています。

ダイソンは大きめのゴミを
吸わないことがよくあるけど
これは吸います、良いです☆

やはり吸引力は評判通りといった声が多く聞こえます。ダイソンの代名詞ともいえる吸引力ですから、信頼して良い部分といえるでしょう。また、持ち運びや取り回しも楽なので、掃除が楽しくなったなどの意見もありました。ダイソンの掃除機の中でもランキングNo1に相応しい商品と言えるのではないでしょうか。

吸引力を落とさないために掃除機の手入れの仕方

考える女性

掃除機も汚れていくもの

部屋を掃除するために使われる掃除機ですが、掃除機自体も使うにつれて汚れていくものです。

掃除機のメンテナンスを怠ると吸引力が落ちるなど数々のトラブルを招いてしまします。気づいた時には完全に壊れてしまったでは、せっかく悩んで購入した掃除機がもったいないものです。ここでは掃除機のメンテナンス方法について簡単に解説しますので、ぜひ参考にして大切に扱うようにしてください。

サイクロン掃除機の場合

フィルター

フィルターにホコリがたまる

まずはサイクロン式の掃除機のメンテナンスについて解説します。サイクロン式の掃除機の多くは集じんフィルターが備えられています。

サイクロン式のフィルターでゴミやホコリなどの粒子までをキャッチします。そうする事により綺麗な空気を排気している訳です。このフィルターにゴミが溜まってしまいます。フィルターに溜まったゴミは吸引力の低下を招いてしまいます。せっかく吸引力の高いサイクロン式がこれではもったいないです。

綺麗なフィルタ

フィルターのゴミを掃除する

サイクロン式のフィルターのゴミはこまめに掃除する事で、吸引力の低下を防ぐことができます。

 

できれば一週間に一度といった程度、サイクロン式のフィルターを掃除する事が望ましいとされています。

サイクロン式のフィルターは大体の場合、本体から外せるようになっています。フィルターを本体で外して水洗いする事も可能な場合が多いので、水洗いをして清掃すると良いでしょう。水洗いした後はしっかりと水分を乾かしましょう。乾かないままで使用すると、故障などのトラブルの原因となってしまいかねません。

紙パック式の場合

紙パック

紙パックのこまめな交換を

紙パック式は紙パックを交換するだけでゴミが捨てられるので、サイクロン式のメンテナンスよりは手軽な倍がおおいようです。

しかし、紙パック式であっても、紙パックの中にゴミが溜まったままだと吸引力が下がります。定期的に紙パックに集められたゴミやホコリの量を確認すると良いでしょう。そして、紙パックはゴミが溜まっていたらこまめに交換する事をおすすめします。こまめな交換は電気代の節約にも繋がります。

分解された掃除機

紙パック式掃除機のフィルターも掃除

実は紙パック式の掃除機もサイクロン式掃除機と同様に空気を清浄するフィルターが備えられている場合があります。

フィルターが備えられていた場合、紙パックだけをメンテナンスしただけでは吸引力が低下する可能性があります。フィルターの取り外しが可能な場合は、サイクロン式と同様に水洗いなどして、しっかりと清掃すると良いでしょう。説明書などにメンテナンスの手順が書いてありますので、説明書を参考にすると良いでしょう。

ロボット掃除機の場合

ゴミとロボット式

ロボット式も吸引力が低下する

自動で掃除を行ってくれる便利なロボット式の掃除機の場合のメンテナンスはどのようにするのでしょうか。ロボット式もメンテナンスを怠ると吸引力が落ちてしまいます。

吸引力が落ちてしまうと、せっかくの自動掃除が満足する結果とならない場合もあります。ロボット式の掃除機もやはりフィルターにゴミやホコリが溜まってしまう事があります。まずは定期的にフィルターの清掃などを行いましょう。フィルターの清掃は排気される空気も綺麗になるので快適になります。

ルンバの裏側

ブラシ部分もメンテナンスを

ロボット型で一番メンテナンスが必要な部分が、実は裏側にあるブラシ部分です。ブラシ部分には多くのゴミが絡んでいる場合があります。

ブラシ部分を清潔に保つためにも一週間に一度は絡まっているゴミなどを取り除くと良いでしょう。また、ゴミを溜めるダストボックスも掃除するのが理想です。さらには、本体も綺麗に拭くなど、全体気に清潔に保っておくと、故障もしにくくなるといいます。掃除はからぶきか良く絞った雑巾などで行うと良いでしょう。

掃除機のホース部分

吸引ホース

ホースも吸引力に影響

実は掃除機のホース部分も吸引力に影響する部品といえます。ホースが付いている掃除機ではメンテナンスが必要となります。

 

ホースは壊れやすい部分でもあるので扱いには注意が必要です。

まず、ホースに穴が開いている場合は吸引力が大幅に低下してしまします。ホースに穴が開いているかしっかりと調べましょう。もし穴が開いていたら、ガムテープなどで応急処置をするのも良いですが、できればメーカーに問い合わせてしっかりと修理をする事をおすすめします。

ホースの根元

ホースの根元もしっかりメンテナンス

さらには、ホースと掃除機が装着される部分もしっかりとチェックする必要があります。この部分は掃除機にとって重要な部分ともいえるのです。

ホースと掃除機を繋ぐ接合部分にゴミが溜まっていると吸引力が大幅に低下します。場合によってはゴミの逆流も発生するほどです。しっかりとチェックしてゴミが詰まっていないか確認しましょう。また、粘着性のあるものを吸い込んでしまった時は、拭き取るなどの対応を早急に行うようにしましょう。

掃除機のボディも綺麗に保つ

掃除機が置いてあるようす

掃除をする用具を綺麗に保つ

掃除をする用具を綺麗に保つ事は非常に重要な事です。それは、掃除機というのは部屋を綺麗にするものです。部屋中を駆け回る掃除機自体が汚れていては、部屋に汚れをまき散らしているようなものです。

掃除機の本体も綺麗に保つ事で、掃除の効率がアップします。掃除機本体は中性洗剤などを水で薄め、雑巾で良く絞った物を使うと汚れが落ちやすくなります。掃除機の本体が綺麗になれば掃除のモチベーションもあがり、掃除に対する意欲もわくものです。掃除機は生活と密着している家電だからこそ綺麗に保ちましょう。

掃除機おすすめ人気ランキング!のまとめ

オーソドックスな掃除機

掃除機は生活に重要な家電

人気でおすすめな掃除機のランキングを中心に掃除機について解説してきました。お気に入りの掃除機を見つける事ができたでしょうか。

掃除機には実にさまざまな種類がある事が理解できたはずです。掃除機の選び方やポイントなど多角的に掃除機を紹介してきましたが、一番大切な事は、自分の生活にあった掃除機を探すことです。無理をして高額な物を購入したものの、利用する環境とあっていなくて全く使わなくなってしまったなんて事も少なくありません。

ルンバの画像

自分のスタイルに合った掃除機を

口コミや人の意見も掃除機を選ぶ上では非常に重要な要素です。しかし、あまりそればかりに囚われていると、掃除機を購入する本来の意義を見失ってしまいます。

掃除機を使うのは自分の家や車など、自分が生活している環境です。ですから、人の意見などはあくまでも参考としてとらえて掃除機を検討しましょう。また、本当に必要な機能を見極める事も重要です。紹介したランキングにある掃除機と自分のニーズを比べて、自分にあった一台を手に入れてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい「掃除機」に関する記事はこちら

2018掃除機おすすめランキングTOP20!人気機種の選び方も解説 | ランキングまとめメディア
ロボット掃除機おすすめランキングTOP31!人気モデルの性能を徹底比較 | ランキングまとめメディア
ロボット掃除機おすすめランキングTOP27!価格や機能を徹底比較 | ランキングまとめメディア
一人暮らし向けの掃除機人気TOP16!タイプごとのメリット・デメリットは? | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ