プリメインアンプおすすめランキングTOP25!人気モデルの比較と選び方解説!

人気でおすすめのプリメインアンプをランキング順に紹介します。オーディオの性能や機能など音質に関わる要素や、フルサイズから小型のプリメインアンプまで、比較や選び方はさまざまです。価格の安いものから高級感あふれる高いアプリメインアンプをランキングを形式にしました。オーディオの世界は、いままであったレコードやCDの音源だけでなくUSBやパソコン、TVなどが音源として増えています。変化しているオーディオのおすすめのプリメインアンプを紹介します。

目次

  1. プリメインアンプおすすめランキングTOP25!
  2. プリメインアンプおすすめランキング25位~11位
  3. プリメインアンプおすすめランキング10位~7位
  4. プリメインアンプおすすめランキング6位~4位
  5. プリメインアンプおすすめランキング3位~1位
  6. プリメインアンプはどんなメーカーの製品が人気なの?
  7. プリメインアンプは中古市場も比較的に活発!
  8. プリメインアンプは小まめにメンテナンスして大切に扱おう
  9. プリメインアンプおすすめランキングTOP25のまとめ

プリメインアンプおすすめランキングTOP25!

そもそもプリアンプって何?ランキングで紹介

プリメインアンプをランキングで紹介

オーディオにとって音を聴くには、プリメインアンプは必要不可欠です。

自宅で音楽を聴くには音源となるCDとか、音楽を人に届けるスピーカーがあります。しかし、CDに入っている音楽情報をスピーカーで鳴らすには、信号を読み取り信号を増幅しスピーカーに伝える必要があります。これがプリメインアンプの役目です。オーディオ・プリメインアンプの役目を掘り下げながら、プリメインアンプ機器をランキング順に紹介していきます。

サウンド環境を快適にするのに欠かせないアンプ

音源とスピーカーの中間にプレメインアンプがある画像

「コンポーネント ステレオ」

「コンポーネント ステレオ」は、音源のCDプレーヤーとプリメインアンプとスピーカーが最低の組み合わせです。

オーディオコンポは、「コンポーネント ステレオ」が正しい言葉と思いがちですが、これは和製英語で、英語では「ステレオ コンポーネント システム」が正しいです。レコードプレーヤー、CDプレーヤー、FM/AMチューナー、プリアンプ、メインアンプなどがあり最近はAVレシーバーなどもその一つです。こちらではコンポの一つであるプリメインアンプの紹介をします。

アンプの種類と違いについて

小さな音源を大きく増幅するプリメインアンプ

音源とスピーカーの仲介役

プリメインアンプは音源のレコードプレーヤーやCDプレーヤーとスピーカーの間を取り持つ仲介役です。

オーディオ・アンプにはプリアンプとメインアンプの2種類のアンプがあり、各々には役割があります。ハイエンドのアンプには、プリアンプとメインアンプを別々に販売しているメーカーがほとんどですが、ミドルクラス以下のアンプのほとんどは、プリアンプとメインアンプが一つになりプリメインアンプとなって売られています。

プリアンプとは

プリアンプは音源をスピーカーで鳴らす前準備をする装置

プリアンプは音源を音の信号に変換

プリアンプは音源からの信号をスピーカーに出力するための前準備をする装置です。

プリアンプを英語で書くと「preamplifier」プリアンプルファイアーとなりますが、略してプリアンプと呼んでいます。プリアンプの役目は、入力される音源CD、レコード、FM、USBなどから送られてきる信号を分析し、音質や音量を調整します。しかし、そこで作られた信号はスピーカーやヘッドホンが聴くまでの大きさ(増幅)になっていません。

メインアンプとは

メインアンプの役目は音を大きくする装置、インピーダンスとの関係が存在

メインアンプは増幅装置

メインアンプはプリアンプが作った音を大きくする装置です。

メインアンプはプリアンプで生成された信号を増幅(大きく)する装置です。小さい音をより大きくすると急激に大きくするとノイズが出やすくなり、ノイズを減らそうとすると音が大きくなりません。これをインピーダンスといいます。インピーダンスが高いとノイズが多い、低いと少ないという表現をオーディオの世界ではいいます。メーカー各社は、回路を駆使して音が大きく、ノイズの少ないメイン回路を開発しています。

プリメインアンプおすすめの選び方とは

オーディオのプリメインアンプの選択方法

プリメインアンプを選ぶには

オーディオのプリメインアンプの選び方にはいくつかの方法があります。

プリメインアンプの選び方にはいくつかの要点があります。この要点は人によって違ってきます。内容を理解しご自身が大切にしたいところをみながら、バランスのいいプリメインアンプを選ぶことをおすすめします。

プリメインアンプの選び方「価格で選ぶ」

たくさんのプリメインアンプ

予算も大事なプリメインアンプ選び

購入価格を決めれば納得のいくプリメインアンプがあります。

プリメインアンプの選び方に一つに予算で決める方法があります。オーディオ世界は価格が1台数百万するものもあり、どれを選ぶか分からなくなりますある程度価格帯を絞って選ぶのも1つの方法です。3~4万円ぐらいまでをエントリー、20万円程度までをミドルクラス、それ以上をハイエンドに分類します。

プリメインアンプの選び方「サイズで選ぶ」

プリメインアンプが沢山ある画像

サイズで選ぶプリメインアンプ

スペースやデザイン性も大事なプリメインアンプです。また、性能にも影響するプリメインアンプのサイズです。

プリメインアンプのサイズにはフルサイズと言われる幅45cm前後の形状と、小型サイズと言われる幅10~20cmぐらいのものがあります。自分が置きたい場所やスピーカーとのバランスなど見た目と、メインアンプの回路にはトランスと呼ばれる変電装置やコンデンサーがあり音質に影響を与えます。これらの回路を設置すると大きく・重くなるのでサイズと音質に関係があります。音質を確認しながら選びます。

プリメインアンプの選び方「性能で選ぶ」

常に進化しているプリメインアンプ

機能の多様化が進むプリメインアンプ

プリメインアンプの性能は本体の回路や筐体、背面などあらゆる場所が進化しています。

プリメインアンプの性能の選び方は多くあります。デジタル機器が増えたためDAC回路と呼ばれるデジタル信号をアナログ信号に変換する回路、音源の純度を減衰しない回路、パソコンやHDDに保存された音源を変換する回路、テレビなどのAV機器の音源を変換する回路など特別プリメインアンプになくてもいい接続方法も1つまとめることで余分なスペースをとらなくて済みます。どんな機能が必要か選ぶことも大切です。

プリメインアンプの選び方「評価や説明員の話から」

量販店の店員の説明はあなどれない

量販店のリスニング・ルーム

家電量販店のオーディオ・リスニングルームは試聴の宝庫です。

プリメインアンプの選び方として、できれば購入前に買いたいアンプの音を聴きイメージに合っているか確認することです。販売員の説明も参考に、聴き比べることをおすすめします。また、ネット販売の評価・口コミも参考になされることをおすすめします。

安いモデルや高級・小型プリメインアンプなど音質を比較しよう

比較しながらプリメインアンプを選ぶのは賢い方法

プリメインアンプ選びには比較することが大事

プリメインアンプの選び方には、複数のプリメインアンプを比較しながら決めていくことが大事です。

ここからランキング順にプリメインアンプの紹介をします。エントリーのプリメインアンプでも充分納得のいくプリメインアンプもあります。ミドルクラスのプリメインアンプまでの紹介となります。機能、性能、サイズなどを比較しながらプリメインアンプ選び方を理解することをおすすめします。

プリメインアンプおすすめランキング25位~11位

25位:ケンブリッジ「TOPAZ AM5」

エントリー用ケンブリッジ「TOPAZ AM5」仕様

「TOPAZ AM5」の商品情報

メーカー:ケンブリッジ

価格:20,340 円(アマゾン)

入力端子:ステレオx1、RCAx4

出力端子:RCAx1

出力:8Ω(25Wx2) 

サイズ:43x34x8cm

重さ:5kg

人気でおすすめのプリメインアンプ、ランキング25位はケンブリッジの「TOPAZ AM5」です。英国の有名大学の名前を使ったオーディオメーカー・ケンブリッジは1968年ケンブリッジ大学を卒業した数名の若者たちが創業したためケンブリッジという会社名になっています。会社の企業理念は「Nothing Added, nothing taken away(何も加えない、何も引かない)」原音を音を作り出すことです。 

出荷時のチューニングは人間の耳で確認「TOPAZ AM5」

計器を使わず生身の人間が仕上げる「AM5」

生身の人間がチューンする「AM5」

ケンブリッジのプリメインアンプのチューニングは計器によるものではなく、人の耳で奏でる音を確認しながら人がチューンするので、柔らかい仕上げとなっています。

おすすめのプリメインアンプ、ランキング25位の「TOPAZ AM5」は、音楽愛好家のエントリーモデルのプリメインアンプです。余裕のある25Wの出力のパワーは原音を忠実に再現し、前面にはヘッドホンジャックの他にAUX端子があり、携帯音楽プレーヤーの音源も「AM5」を通して聴くことができます。AV情報の権威ある出版社「PHILEweb」のプリメインアンプ部門で金賞に輝いた「AM5」です。

ケンブリッジの「TOPAZ AM5」の評価

初心者だけでなく、長年の愛好家にも人気のTOPAZ AM5」

中堅の音楽愛好家にも人気の「TOPAZ AM5」

ケンブリッジの「TOPAZ AM5」の総合評価は5点満点中4.6です。

音楽性の高いスペックを遥かに超えた柔らかく肉厚なサウンドに驚きました。

おすすめのプリメインアンプ、ケンブリッジの「TOPAZ AM5」は初心者だけでなく、長年音楽を聞き慣れている音楽愛好家にも、ミドルクラスのプリメインアンプと比較しても、安い価格で高級感のある音質が出ると選び方を間違えないおすすめのプリメインアンプです。

24位:ヤマハ「A-S301」

ヤマハ、エントリー版プリメインアンプ「A-S301」

「A-S301」の商品情報

メーカー:ヤマハ

価格:20,293円(アマゾン)

入力端子:アナログx6(フォノ含む)、光x1、同軸x1

出力端子:スピーカーx2、ヘッドホンx1、サブウーファーx1、DCx1

出力:8Ω(60Wx2)、6Ω(70Wx2) 

サイズ:43x38x15cm

重さ:9kg

おすすめのプリメインアンプ、ランキング24位はヤマハの「A-S301」です。2014年9月に発売されたプリメインアンプなので、現在では半額になっており比較的安い価格で手入れることができるプリメインアンプです。定格出力60Wの余裕あるパワーは、どんなスピーカーでもマッチングできるヤマハの伝統を継承している音質のいいピュアオーディオ設計思想に忠実なエントリーでは比較的高級となるプリメインアンプです。

デジタル・アナログ端子が豊富なヤマハの「A-S301」

入出力端子の数が豊富で魅了のヤマハの「A-S301」

入出力端子の数が魅力

デジタルを含めた沢山の入出力端子が魅力の一つになっているヤマハの「A-S301」です。

おすすめのプリメインアンプ、ヤマハの「A-S301」にはアンプの中にあるトーン/ラウドネス/バランスのコントロール回路を迂回し、音源からくる音をダイレクトに伝える「ピュアダイレクトスイッチ」を搭載しています。また、最大192kHz/24bit対応のデジタル音源のコントロールすることができるので、DVDやCDなどの高級感ある音質の選び方ができるプリメインアンプです。

ヤマハ「A-S301」の評価

エントリー版と思えないほど評価のいい「A-S301」

安い価格で丁寧な仕上りの「A-S301」

ヤマハの「A-S301」の総合評価は5点満点中4.1です。

音の解像度が上がった、低音と高音がよく聞こえる様になった、左右のバランスを調整できる

おすすめのプリメインアンプ、ヤマハの「A-S301」を購入するユーザーは、発売して時間も経ち安い価格になり、プリメインアンプを比較して探しているユーザーにとって良質の音質であると判断し、過去にもアンプを持っていた人が買い替えで購入する選び方が多かった評価コメントです。

23位:DENON「PMA-390RE」

エントリー用のプリメインアンプ「PMA-390RE」

「PMA-390RE」の商品情報

メーカー:DENON

価格:20,340 円(アマゾン)

入力端子:アナログx4、フォノイコライザーx1、RCAx1、プリアンプx1

出力端子:スピーカーAorBx1、A+Bx1、ヘッドホンx1

出力:8Ω(50Wx2) 

サイズ:43x34x8cm

重さ:5kg

おすすめのプリメインアンプ、ランキング23位はDENONの「PMA-390RE」です。2012年6月に発売されたモデルで発売から6年以上経っており、メーカー価格より6割安い価格で新品が購入できます。また、振動はプリメインアンプにとって悪影響を与えます。振動の源となる、電源のトランスに内部回路が影響されない、防振構造設計を取り入れている「PMA-390RE」です。

沢山の入出力端子を持つ「PMA-390RE」

Signal Level Divided Construction(S.L.D.C.)は当時では最先端技術

S.L.D.C.により信号を分離

Signal Level Divided Construction(S.L.D.C.)というDENONの技術で回路レイアウトを分離して、良質の音を実現しています。

おすすめのプリメインアンプ、ランキング23位のDENON「PMA-390RE」の背面には沢山の入出力端子があります。2つのスピーカーセットが接続できるほか、4つのアナログと1つのイコライザーからの入力をコントロールできる別アンプを搭載しています。「PMA-390RE」にはプリアンプ回路、メインアンプ回路、Phono回路を独立した位置にセットすることで、お互いの干渉を少なくする設計が施されています。

DEONO「PMA-390RE」の評価

6年経った今でも人気があるDENON「PMA-390RE」

今でも人気のモデル「PMA-390RE」

DEONOの「PMA-390RE」の総合評価は5点満点中4.4です。

おとなしい音で、包まれるような感じです。今まで聞こえなかった楽器や息づかいが聴こえて参ります。

おすすめのプリメインアンプ、DENON「PMA-390RE」の評価は今でも人気が良く、最近は値段が安いこともありコスパのいい高級感のある低音から高音まで柔らかな音質で評判のいいプリメインアンプDENON「PMA-390RE」です。

22位:ケンウッド「KA-NA7」

エントリー版プリメインアンプ・ケンウッド「KA-NA7]

「KA-NA7」の商品情報

メーカー:ケンウッド

価格:27,498円(アマゾン)

入力端子:アナログx1、光x2、USBx1、PCx1

出力端子:スピーカーx1、ヘッドホンx1

その他:Bluethooth、NFC、DAC、

出力:4Ω(10Wx2) 

サイズ:11x18x5cm

重さ:0.43kg

おすすめのプリメインアンプ、ランキング22位はケンウッドの小型アンプ「KA-NA7」です。KシリーズはスマホやiPad、ウォークマンなどの音楽携帯器だけでなくUSB-DACなどのハイレゾリューションのデジタル音源を再現する小型で高級な性能を安い価格で提供しているDAC内蔵型のプリメインアンプです。

小型でも性能が高い「KA-NA7」

「KA-NA7」は多彩な接続が可能はパーソナルなプリメインアンプ

小型でマルチ環境に対応の「KA-NA7」

ケンウッドの「KA-NA7」は、有線での接続の他、Bluethooth、NFCでの無線接続に対応しているため多彩な機種との接続が可能です。

おすすめのプリメインアンプ、「KA-NA7」は小型ながら電源部に音楽用コンデンサーを設置することで、高領域(40kHz)の出力に対応し、メインアンプはヘッドホンアンプと普通のメインアンプを独立させることで、ヘッドホンへ高音質でクリアな音を再現できるようになりました。USBメモリーはDACによりFLACやWAVのハイレゾフォーマットに対応し最大192kHz/24bitまで再生可能です。

ケンウッド「KA-NA7」の評価

ケンブリッジの「KA-NA7」は見た目も可愛いプリメインアンプ

小型で省スペースの「KA-NA7」

ケンウッド「KA-NA7」の総合評価は5点満点中4.44です。

省スペースとデザイン性で気に入っています。
音質についても色々なジャンルの音楽を聞き比べましたが、クリアで聴きやすいです。

おすすめのプリメインアンプ、ケンウッドの「KA-NA7」はパソコンのアンプとして、持ち運べるアンプとしてなど、多様性のあるプリメインアンプです。特に小型であること、デザイン性、音質に評判のプリメインアンプです。

21位:TEAC「AI-301DA-SP」

エントリー版TEAC・プリメインアンプ「AI-301DA-SP」

「AI-301DA-SP」の商品情報

メーカー:TEAC

価格:30,818円(アマゾン)

入力端子:アナログx1、光x1、USBx1

出力端子:スピーカーx1、ヘッドホンx1

その他:DAC、Bluethooth、 

出力:4Ω(28Wx2)、8Ω(15Wx2) 

サイズ:21x25x6cm

重さ:2.1kg

おすすめのプリメインアンプ、TEACの「AI-301DA-SP」です。ハイレゾのDAC搭載のプリメインアンプです。パワーアンプにはデンマークICEpower社製のClass-Dアンプを採用し、消費電力を抑えた低熱量のアンプを採用することで冷却ファンなしの構造を実現しました。ヘッドホンアンプ回路は独立しており高音質の音を再現しているおすすめのプリメインアンプです。

「AI-301DA-SP」の接続性とフォーマットサポート

DACの機能により多くの音源フォーマットとコネクティビティを実現

多種多様な接続性

多彩な接続性とフォーマットをサポートしている「AI-301DA-SP」です。

おすすめのプリメインアンプ、TEACの「AI-301DA-SP」が対応している音源フォーマットは、「Bluethooth」ではSBC、AAC、Qualcomm aptX「USB」ではDSD、PMC「同軸/光」ではPCMに対応しています。また、テレビと組み合わせてホームシアターにも適しているプリメインアンプTEACの「AI-301DA-SP」です。

TEAC「AI-301DA-SP」の評価

小柄なTEACの「AI-301DA-SP」は人気のプリメインアンプ

小型でデザインが好まれる「AI-301DA-SP」

TEACの「AI-301DA-SP」の総合評価は5点満点中4.60です。

本当に楽しいDACアンプです。
シンプルな外観に反して、入力端子が多いことが大きなチャームポイントです。

おすすめのプリメインアンプ、TEACの「AI-301DA-SP」は小型で音質はいいとのプリメインアンプです。入出力端子が多く他のアンプと比較しても選び方を間違えない、安い価格の小型プリメインアンプです。

20位:DENON「PMA-60」

エントリー版DEONプリメインアンプ「PMA-30」

「PMA-60」の商品情報

メーカー:DENON

価格:44,897円(アマゾン)

入力端子:アナログx1、光x2、同軸x1、USBx1

出力端子:スピーカーx1、ヘッドホンx1

その他:Bluethooth、NFC、DAC

出力:4Ω(50Wx2)、8Ω(25Wx2) 

サイズ:20x25.8x8.6cm

重さ:2.7kg

おすすめのプリメインアンプ、ランキング20位はDENON「PMA-60」です。DAC搭載のプリメインアンプです。サイズはミニコンポより小型の20㎝幅で省スペースでありながら定格出力50Wの余裕のハイパワーを備えているプリメインアンプです。USB-DAC機能はPCMフォーマットの最大384kHz/32bitに対応し、DSDの伝送方式はドライバーによってネイティブ再生とDoPをサポートしています。

DENONの「PMA-60 」は小型ながら技術が凝縮

「PMA-60」のBluethooth同時接続は3台まで

Bluethoothで同時に3台接続

DONON「PMA-60 」のBluethooth接続機能は、同時接続で3台のデバイスをコントロールすることができます。

おすすめのプリメインアンプ、「PMA-60」はDENONの誇る「DDFA」増幅回路を採用することで音質の劣化や歪みを克服したプリメインアンプです。また、「PMA-60」はオーディオアンプのClass Dの位置づけで、電力消費が少なく、熱を発さない設計になっているフルデジタルのプリメインアンプです。

DENON「PMA-60」の評価

小型と音質が評価されている「PMA-60」

小型のコンパクトさが評価されている「PMA-60」

DONONの「PMA-60 」の総合評価は5点満点中3.78です。

大正解でした。メタル系の音楽をよく聴く為か、
iPhoneのBluetooth接続でさえ迫力のある音で解像度も悪くない

おすすめのプリメインアンプ、DENONの「PMA-60」は小型で省スペースながら高音質で、他のエントリーモデルの高級プリメインアンプと比較しても、安い価格で選び方を裏切らないおすすめのプリメインアンプと好評です。

19位:FOSTEX「HP-A4」

エントリー用DACヘッドホンアンプ「HP-A4BL」仕様

DACヘッドホンアンプ「HP-A4BL」の商品情報

メーカー:FOSTEX

価格:49,896 円(アマゾン)

入力端子:USB2.0、角型オプチカル

出力端子:ヘッドホンx1、RCAx1

出力:32Ω(100mWx2) 

サイズ:15.5x3.4x11.3cm

重さ:0.5kg

おすすめのプリメインアンプ、ランキング19位はFOSTEXの「HP-A4」です。安い価格でヘッドホンの音質がガラリと変わる小型で場所をとらない、おすすめのプリメインアンプです。電源がUSBから供給するデザインになっています。24bit/192kHzのハイレゾ音源や、5.6MHzまでのDSDに対応しています。筐体は「HP-A3」に似ていますが、性能的にはシリーズハイエンドの「HP-A8MK2」に近いものがあります。

パソコンや外部オーディオの音楽ソースが聞ける「HP-A4BL」

FOSTEX「HP-A4BL」はパソコンにあるアプリケーションで音楽をコントロールする

PCのアプリケーションで制御

FOSTEX「HP-A4BL」に流す音楽は、FOSTERが提供するアプリケーションでコントロールします。

FOSTEX「HP-A4BL」に流す音楽は、USBで接続したパソコンに保存/接続されている音楽をFOSTERが提供しているアプリケーション「FOSTERーAudioPLayer」を通して「HP-A4BL」経由でヘッドホンへ流します。または、外部オーディオからデジタル入力として使え、ヘッドホンや接続したスピーカーで音楽を聴くことができる小型のプリメインアンプです。

FOSTER「HP-A4BL」の総合評価

小型でハイパワーのヘッドホンプリメインアンプ「HP-A4BAL」

FOSTER「HP-A4BL」の総合評価は5点満点中4.88です。

聴いてみるとビックリしました。再生時に入るノイズが一切なくなりボーカルの声が鮮明に聞こえまるで目の前で歌っているかのようです。

おすすめのプリメインアンプ、FOSTER「HP-A4BL」はヘッドホンアンプ専用機として高級感がある、高音質の音の小型でクリアな音を再現する人気のプリメインアンプです。音質と機能とデザイン性に評価が高いプリメインアンプFOSTER「HP-A4BL」です。

18位:オンキョー&パイオニア「A-9110」

オンキョーのエントリーモデル「A-9110」

「A-9110」(オンキョー)の商品情報

メーカー:オンキョー&パイオニア

価格:39,960円(アマゾン)

入力端子:アナログx4、フォノイコライザーx1、RCAx1、プリアンプx1

出力端子:スピーカーx2、ヘッドホンx1、アナログx1、サブウーファーx1

出力:4Ω(50Wx2) 

サイズ:43x33x13cm

重さ:7kg

おすすめのプリメインアンプ、ランキング18位はオンキョー&パイオニアのオンキョーブランドの「A-9110」プリメインアンプです。2018年10月に発売された人気があった「A-9010」の後継機です。前モデルの機能を継承しつつも、随所に改良を加えているプレメインアンプです。前モデル「A-9010」の新品も売られているので、性能を比較し、半額になった安いモデルを選択するのも選び方としてありです。

前モデルのマイナーチェンジ・モデル「A-9110」

意外とシンプルな背面「A-9110」

ハイグレードパーツを随所に搭載「A-9110」

前モデル「A-9010」を気にしながら、豊かな音質を再現できるチューニングを施している「A-9110」プリメインアンプです。

ヨーロッパで賞を獲った前モデル「A-9010」と比較して「A-9110」は、定格出力を80Wから50Wに下げました。スピーカー出力を1系統から2系統に増やしました。ミドルクラス以上には、既に機能として搭載していた小さな出力でも音質の聞こえがよくなる「オプティマム・ ゲイン・ボリューム」を搭載しました。また、低音増強技術や途中の回路を経由しないダイレクトモードとサブウーファーサポートなどがあります。

オンキョーの「A-9110」の評価

スピーカーのセットのフォルムも美しい「A-9110」

「A-9110」の評価はまだない

オンキョー「A-9110]は販売されて間もないため、まだ評価がないようです。

2018年10月発売のオンキョー「A-9110」の評価は、まだ、ありません。ツイッター上でも前モデル「A-9010」との違いが話題になっている「A-9110」プリメインアンプです。

17位:マランツ「PM6006」

エントリーモデル・マランツ「PM6006」デジタル入力可能

「PM6006」の商品情報

メーカー:マランツ

価格:41,328 円(アマゾン)

入力端子:アナログx1、光x2、フォノイコライザーx1

出力端子:スピーカーAorBx1、A+Bx1、ヘッドホンx1

出力:4Ω(55Wx2)、8Ω(40Wx2) 

サイズ:44x10.5x37cm

重さ:7.8kg

おすすめのプリメインアンプ、ランキング17位は2016年6月に発売されたマランツ「PM6006」です。デジタル回路とアナログ回路とがお互い干渉されないよう、BOXの中で完全に分けて配置されています。DACはシリーズのCDプレーヤー「CD6006」に搭載されているDACと同じ仕様の回路が搭載されPMCフォーマットで最大最大192kHz/24bitに対応しているプリメインアンプ・マランツ「PM6006」です。

マランツの得意な技術「ディスクリート構成」

「PM6006」にはマランツ独自の伝統の技術が満載

マランツ独自の技術が満載

オペアンプICの搭載を極力避けたマランツのディスクリート構成技術は長年蓄積されたものです。

マランツ「PM6006」には、澄み切った、良質の音量を再現するためマランツが培ってきた高速で歪みのすくない、増幅回路を1つの集積回路ではなく、ディスクリート構成といわれる半導体からなる構成で1つの回路を作り上げる独特の方法で電流帰還型増幅回路を搭載しています。このディスクリート構成はマランツのハイエンドクラスに使っている方法で、エントリーの高級版「PM6006]にも採用しました。

マランツ「PM6006」の評価

マランツ「PM6006」はヨーロッパのEISA AWARDを2015-2016に受賞

2015-2016のEISA AWARDを受賞

マランツ「PM6006」の総合評価は5点満点中5.00です。

廉価な機種なので期待していなかったが、想像以上に音が良くてびっくりした。

おすすめのプリメインアンプ、マランツ「PM6006」のプレメインアンプは、長年オーディオを使っている人にとって、比較的安い価格のアンプですが、聴いてみると想像以上の高級アンプとの評価が高いアンプです。プリメインアンプの選び方に困っている方には、おすすめのプリメインアンプです。

16位:オンキョー&パイオニア「SA-S30」(パイオニアブランド)

エントリー、プリメインアンプ・パイオニア「SX-S30」

「SX-S30」(パイオニア)の商品情報

メーカー:オンキョー&パイオニア

価格:44,800円(アマゾン)

入力端子:アナログx3(フォノ含む)、光x1、同軸x1、HDMIx4、USBx1

出力端子:スピーカーx1、HDMIx1、ヘッドホンx1、プリアウトx1

その他:FM、T-Base100、Wi-Fi、Bluethooth

出力:4Ω(85Wx各チャネル) 

サイズ:43x33x7.8cm

重さ:4kg

おすすめのプリメインアンプ、ランキング16位はオンキョー&パイオニアのパイオニアブランドの「SX-S30」です。プリメインアンプですが、ネットワークステレオレシーバーという言葉をパイオニアは使っています。有線LANやWi-FiやBluethoothを通じて音源を伝える新しいタイプのプレメインアンプです。音源は従来の音源に比べ、スマホやパソコンアプリを通してプリメインアンプへ流れてきます。

いかなる環境でも音のズレを調整する「MCACC」機能

Multi-Channel ACoustic Calibration systemは自動で補正、理想的なマルチチャンネル再生環境

MCACC

MCACCとはMulti-Channel ACoustic Calibration systemの略のことで、自動音場補正機能と日本語でいいます。

ランキング16位のパイオニアの「SX-S30」の背面にはHDMI端子が4つもついていて、TVなどのAV機器の音源のアンプとして充分あり、部屋の特性やスピーカーの癖を知ることで最適化をする「MCACC」機能で音場補正を行いスピーカーの置かれている場所、距離、音量、クロスオーバーを測定し一定の場所で一つになるように調整します。

オンキョー&パイオニア「SA-S30」の評価

「SX-S30」プリメインアンプはAVレシバーとしても評価が高い

サポートの種類が多いDAC

パイオニア「SX-S30」の総合評価は5点満点中4.84です。

超便利です。 感覚的にはプリメインアンプというより AVアンプが2.1chに機能を絞った機器という感じです。

おすすめのプリメインアンプ、パイオニアの「SX-S30」は2.1チャンネルのプリメインアンプですが、ホームシアターは行き過ぎと思っている人への、TVに接続してテレビの音を再現する音源という使い方をする人が多く評価していました。

15位:オンキョー&パイオニア「TX-8250」(オンキョーブランド)

オンキョー・DAC・ネットワークレシーバー「TX-8250」

「TX-8250」(オンキョー)の商品情報

メーカー:オンキョー&パイオニア

価格:45,576円(アマゾン)

入力端子:アナログx6、フォノx1、光x2、同軸x2、HDMIx4、USBx2

出力端子:スピーカーx1、プリアウトx1、ヘッドホンx1

その他:FM/AM、Wi-Fi、Bluethooth 

出力:6Ω(100Wx2) 

サイズ:43x33x15cm

重さ:8.7kg

おすすめのプリメインアンプ、ランキング15位のオンキョー&パイオニアのオンキョーブランドの「TX-8250」ネットワークステレオレシーバーでもあるプリメインアンプです。2017年10月に発売になりました。テレビなどのAV機器接続ではなく、Wi-HiやFM/AM受信、USB-DACなど音を再現することに専念している「TX-8250」プリメインアンプです。

オンキョーの「TX-8250」の音源

シンプルな背面の「TX-8250」

多彩な音源をサポートしている「TX-8250」

DSDやPCMをフォーマッ変換せず、ダイレクトに高音質を出す「TX-8250」です。

おすすめのプリメインアンプ、ランキング15位のオンキョー「TX-8250」は、オンキョーの伝統ある高音質の追及に加え、ネットワークの音源をソース元に考え良質の音の選び方を多彩にするものです。WAV/FLAC/ Apple LosslesssやDSD/PCM、MP3/WMAのフォーマットに対応し、ネットラジオも音源としてサポートするプレメインアンプオンキョーの「TX-8250」です。

オンキョーの「TX-8250」評価

充分すぎるフォーマットやネットワークの音源をサポートしている「TX-8250」

アナログ・レコードも楽しめる「TX-8250」

オンキョーの「TX-8250」の総合評価は5点満点中4.40です。

ソースが良いと綺麗な音で鳴るハイレゾ再生にピッタリなアンプです。Googleのスマートスピーカーによる音声再生にも連携対応でき面白い。

おすすめのプリメインアンプ、ランキング15位のオンキョーの「TX-8250」はデザイン性や音質の良さ、高級感、パワー、性能、機能で申し分ない評価をもらってますが、ただ一点サイズが大きすぎるとのコメントが多くありました。市場では5万円を切る安い価格になっているおすすめのプリメインアンプです。

14位:DENON「DRA-100」

DENONネットワークアンプ「DRA-100」

「DRA-100」の商品情報

メーカー:DENON

価格:48,777円(アマゾン)

入力端子:アナログx2、光x2、同軸x1

出力端子:スピーカーx1、サブウーファーx1、ヘッドホンx1

出力:4Ω(70Wx2)、8Ω(35Wx2) 

その他:有線LAN、Wi-Fi、Bluethooth

サイズ:28x16x33.7cm

重さ:4.8kg

おすすめのプリメインアンプ、ランキング14位はDENONの「DRA-100」です。ネットワークレシーバーとしての機能を搭載しています。アンプ部はClass Dの設計で「DDFA」技術を採用しています。「DDFA」はデジタル情報を直接回路が受け取り、アナログ信号へ変換する回路です。ヘッドホン回路も別に用意し、高級感ある高音質の音が再現できるよう設計されている、比較的安い価格の「DRA-100」です。

DENONの音質とデジタルとの融合「DRA-100」

背面もすっきりしている「DRA-100」

「Advanced AL32 Processing」技術

「Advanced AL32 Processing」はデジタル情報をアナログ波形に戻すDENON独自の技術です。

おすすめのプリメインアンプ、DENON「DRA-100」には、デジタルの音源をアナログに変換する際、より原音に近づけるためのアナログ波形再現技術「ALPHA Processing」の拡張技術を搭載し、ハイレゾ音源を原音に近づけています。DLNAやネットワーク音源に対応し、DSD、WAV、FLAC、AIFF、ALACのファイルやファイルのギャップレス再生にも対応。クラシック音楽や、ライブ盤などを聴いても曲間で音が途切れることがありません。

DENON「DRA-100」の評価

インテリアとしても充分きれいな「DRA-100」

シンプルなデザインが好評

DENON「DRA-100」の総合評価は5点満点中3.42です。

びっくりするほどいろんな音を忠実に再現してくれています。ここはほんとに評価すべき点です!

おすすめのプリメインアンプ、DENON「DRA-100」はデザイン性と音質がいいと好評のコメントが多くあります。2015年の発売から時間も経っているので安い価格となっており、ネットワークレシーバーのプリメインアンプをお探しの人には比較対象アンプとして選び方の1つとして加えることをおすすめします。

13位:ソニー「UDA-1」

ソニー・ミドルクラス・プリメインアンプ「UDA-1」

「UDA-1」の商品情報

メーカー:ソニー

価格:56,000円(アマゾン)

入力端子:アナログx1、光x1、同軸x1、USBx2

出力端子:スピーカーx1、ヘッドホンx1

その他:DAC 

出力:4Ω(23Wx2) 

サイズ:22x26x7.4cm

重さ:4kg

おすすめのプリメインアンプ、ランキング13位はソニーの「UDA-1」DAC搭載のプリメインアンプで2013年に発売され、現在では安い価格の在庫が品薄になりつつあるプリメインアンプです。ウォークマンで培ってきたDAC技術を初めてプリメインアンプに搭載した最初の機器が「UDA-1」です。

パソコン・オーディオアンプとして位置づけ「UDA-1」

「UDA-1」の背面はすっきりしたデザイン

DAダイレクト端子搭載

192KHz/32bitのデジタルデータをダイレクトに出力する端子を搭載しています。 

おすすめのプリメインアンプ、ソニーの「UDA-1」の特徴はパソコン接続のオーディオとしてソニーは売り出しています。普段使っている音楽再生プログラム「Media Player」や「iTune」などを使って、「UDA-1」に接続すると、高音質の音楽が聴けると宣伝をしています。

ソニー「UDA-1」の評価

DAC搭載でAB級アンプの柔らかな音を出す「UDA-1」

AB級アンプが柔らかい音を出す

ソニー「UDA-1」の総合評価は5点満点中4.3です。

音質もなかなか良い。AB級アンプなので、ポップス、ジャズ、ロックなどが生き生きと楽しく聞けます。

おすすめのプリメインアンプ、ソニー「UDA-1」はAB級アンプを搭載した柔らかな高級感ある音を出すと高評価です。小型で省スペースのボディは場所の選び方に困らないサイズのプリメインアンプです。

12位:ヤマハ「RX-S601」

ヤマハAVレシーバー・プリメインアンプ 「RX-S601」 5.1ch

「RX-S601」の商品情報

メーカー:ヤマハ

価格:58,881円(価格.com)

入力端子:アナログx3、光x1、同軸x2、HDMIx6

出力端子:スピーカーx1、HDMIx1

出力:6Ω(95Wx3) 

その他:Bluetooth、Wi-Fi、優先LAN、USB、DLNA、5.1ch

サイズ:44x11x32.7cm

重さ:7.8kg

おすすめのプリメインアンプ、ランキング12位はヤマハの「RX-S601」です。ホームシアター・プリメインアンプにもなりえるAVレシーバーで5.1chの音源をサポートしています。2015年10月に発売され、メーカー販売価格は67,000円ですが、2年経った今でも59,000円前後と値崩れをしない商品です。当時から価格に対して比較的様々な機能が付いていると評判のアンプです。

オーディオだけでなくシアターアンプとしての機能

まるで映画館にいるような臨場感をつくる「RX-S601」

「バーチャル・プレゼンススピーカー」機能

フロントのスピーカーを並べるだけで、シネマの3Dモードを仮想的に作り出します。

ランキング12位のヤマハ「RX-S601」は、HDMI入力端子が6個もついているので、テレビを代表するAV機器のアンプとして使えます、しかも、4Kテレビの映像信号の伝送をサポートしています。アンプ部は定格出力95Wと余裕のパワーをディスクリート構成で柔らかな音を再現する設計のプリメインアンプです。これだけの機能を持ちながら5万円台とは比較的に安い価格で選び方を間違えないアンプです。

ヤマハ「RX-S601」の評価

インテリアとしても素敵なヤマハ「RX-S601」

スマホやタブレットの音楽も再生

ヤマハ「RX-S601」の総合評価は5点満点中4.36です。

とても音質が良く、ボディーもコンパクトなので買って良かったです。

おすすめのプリメインアンプ、ヤマハ「RX-S601」はコンパクトで安い価格ながら、高級感ある音を出すと評判のプリメインアンプです。柔らかな音質で、音楽のジャンルの選び方を気にしないプリメインアンプです。

11位:マランツ「PM-7005」

マランツ・ハイエンド・プリメインアンプ「PM-7005」

「PM-7005」の商品情報

メーカー:マランツ

価格:64,301円(アマゾン)

入力端子:アナログx4、フォノx1、光x1、同軸x1、USBx1

出力端子:スピーカーx2、RECx1、ヘッドホンx1

出力:8Ω(60Wx2)、4Ω(80Wx2) 

その他:USBx1、マランツバスx1

サイズ:44x12.5x38cm

重さ:10kg

おすすめのプリメインアンプ、ランキング11位はマランツの「PM-7005」です。2014年8月発売のプリメインアンプで、今では4割近く安い価格で売られているアンプです。マランツが誇る高級感あるれる臨場感とDAC回路を内蔵し、DSDフォーマットやPCMフォーマットに対応しています。クロック回路のアシンクロナスモードでジッターフリーを実現した、高級感あふれるプリメインアンプです。

様々なノイズをカットするマランツ「PM-7005」

マランツ「PM-7005」の背面は見た目もすっきり

「デジタル・アイソレーション・システム」

マランツ「PM-7005」にはPCからのノイズを遮断する「デジタル・アイソレーション・システム」を搭載しています。

おすすめのプリメインアンプ、マランツの「PM-7005」はマランツが得意とするICチップをふんだんにつかったフルディスクリート構成の電流帰還型増幅回路を採用することで音の柔らかさを表現しています。また、オーディオのアナログ回路は非常に繊細なため、他の回路からの干渉を嫌います。そこで、マランツはデジタル回路からの干渉を防ぐためアナログモードスイッチを用意しオンの時は他の回路の干渉を遮断します。

マランツ「PM-7005」の評価

マランツ「PM-7005」は日本製の優れたアンプ

臨場感あふれる音質が好評

マランツ「PM-7005」の総合評価は5点満点中4.9です。

さすがマランツ、どんなジャンルの音もそつなくこなしてくれるような自然な音だと思います。

プリメインアンプおすすめランキング10位~7位

10位:TRIODE「TRV-35SER」

TRIODEの真空管プリメインアンプ「TRV-35SER」

「TRV-35SER」の商品情報

メーカー:TRIODE

価格:166,212円(価格.com)

入力端子:アナログx3、フォノx1

出力端子:スピーカーx1、ヘッドホンx1

出力:8Ω(35Wx2) 

サイズ:34.5x18.5x32cm

重さ:17kg

おすすめのプリメインアンプ、エントリー版ランキング10位は真空管プリメインアンプTRIODEの「TRV-35SER」です。真空管アンプは高級のものが多く「TRV-35SER」はエントリー用と言いながら10万円を超えるアンプです。AB級プレメインアンプとして真空管アンプならではのICタイプのアンプと比較して柔らかな音が部屋中に広がります。

「TRV-35SER」の機能

柔らかな音色を出す真空管プリメインアンプTRIODEの「TRV-35SER」

フォノイコライザー接続を追加

TRIODEの「TRV-35SER」は最低限の機能でユーザーを魅了しているプリメインアンプです。

おすすめのプリメインアンプ、真空管タイプの「TRV-35SER」は、前モデルの「TRV-35SE」と比較してフォノイコライザーサポートを追加し、電源トランスからの干渉を低減させるため、トランスカバーを分離させました。AB級の回路を使用し定格出力35Wを出す「TRV-35SER」は、高域の延びを大切にしながらすべての領域においてバランスのとれた音を出しています。

TRIODE「TRV-35SER」の評価

「TRV-35SER」は異色のデザインの真空管プリメインアンプ

音質や音量など多くの項目が人気の「TRV-35SER」

TRIODE「TRV-35SER」の総合評価は5点満点中5.0です。

引き締まりながら艶と響きのある音質です。特に高域のきらびやかさは音楽を魅力的に演出します。

おすすめのプリメインアンプ、ランキング10位の真空管プリメインアンプ・TRIODE「TRV-35SER」は柔らかな延びのある音をかもし出す、音楽のジャンルの選び方を気にしない、ちょっと高級感のある贅沢なプリメインアンプです。

9位:ヤマハ「R-N803」

ヤマハ「R-N803」ネットワークレシーバー

「R-N803」の商品情報

メーカー:ヤマハ

価格:75,500円(アマゾン)

入力端子:アナログx5(フォノ含む)、光x2、同軸x2、USBx1、マイクx1

出力端子:スピーカーx2、サブウーファーx1、ヘッドホンx1、トリガーアウトx1

出力:6Ω(120Wx2) 

その他:FM、T-Base100、Bluethooth

サイズ:43x15x39cm

重さ:11kg

おすすめのプリメインアンプ、ランキング9位はヤマハの「R-N803」です。ヤマハのネットワークレシーバーファミリーの最上位機種です。DACを内蔵し、ネットワークオーディオ再生はDSD、AIFF/WAV/FLACや「Apple Lossless」のハイレゾに対応し、USB、パソコン、音楽携帯端末、スマホ/タブレットなどから送られてくる音源をハイレゾでクオリティのいい音源の選び方を制限しないプリメインアンプです。

Hi-Fiアンプに初めて搭載「YPAO」

どんな部屋でも、ベストな環境を創り出す「YPAO」

部屋を選ばないプリメインアンプ

「YPAO」は部屋の環境をチェックして、各々の部屋にマッチした音を創り出します。

ヤマハの「R-N803」には「YPAO」を搭載しました。テスト用のマイクを部屋に置き、部屋の特性を確認することで理想的なリスニング環境を整えます。この方法はシアター用のAVアンプでは当たり前でしたが、オーディオアンプでは音質の劣化になると悲観的でしたが、ヤマハは「YPAO」回路を64Bit処理にすることでDSPへの影響を解決しました。音楽を聴くのに選び方に部屋を選ばない「R-N803」です。

ヤマハ「R-N803」の評価

「ToP-ART」思想に基づくディスクリート構成パワーアンプ

アナログ音源からハイレゾ音源まで様々なソースに対応

ヤマハ「R-N803」の総合評価は5点満点中4.48です。

上流の音源を素直に鳴らすことができ、かつ、スピーカーを選ばない十二分なパワーもあり、とにかくコストパフォーマンスに優れています。

おすすめのプリメインアンプ、AVレシーバーのヤマハ「R-N803」は、操作性や性能、音質や音量で人気の高いプリメインアンプです。音と機能性を極めたおすすめのアンプです。

8位:オンキョー&パイオニア「A-70DA」(パイオニアブランド)

ミッドレンジ・プリメインアンプ・パイオニア「A-70DA」

「A-70DA」(パイオニア)の商品情報

メーカー:オンキョー&パイオニア

価格:105,000円(アマゾン)

入力端子:アナログx7(フォノ含む)、光x1、同軸x1、USBx1

出力端子:スピーカーx2、ヘッドホンx1

その他:DAC

出力:4Ω(90Wx2) 

サイズ:43x37x14.1cm

重さ:18.3kg

おすすめのプリメインアンプ、ランキング8位はパイオニアブランドの「A-70DA」でエントリー用の高級モデルです。2015年9月に発売されメーカー希望価格は210,000円ですが市場価格は10万円程度と高級志向のオーディオアンプでありながらコスパのいいプリメインアンプです。定格出力は90Wと余裕のある出力はスピーカーの選び方を間違えなくてすむパワーです。

「A-70DA」はクラスD設計タイプの革新的な設計

「A-70DA」の内部設計には最新の技術が沢山詰め込まれている

「Direct Power FET」搭載のクラスDアンプ

アンプ部と電源部の独立により理想の音楽再生を実現した「A-70DA」です。

「A-70DA」はBOXをシャーシーで3分割し、プリアンプ部、パワーアンプ部、電源部と独立させることで、お互いの回路を干渉しない分離した設計がなされています。また、「A-70DA」はクラスDタイプのアンプ構造を採用しており、回路の省電力化と発熱セーブの設計をしている「A-70DA」です。左右独立構成のフルバランス回路を搭載し、ノイズの発生を極力抑える設計の「A-70DA」です。

パイオニアブランド「A-70DA」の評価

革新的な「クラスDアンプ」を採用した「A-70DA」

インテグレーテッドアンプ「A-70DA」

パイオニアブランドの「A-70DA」の総合評価は5点満点中4.7です。

どのジャンルの曲もドラマチックに鳴らしてくれるアンプだと思います。

おすすめのプリメインアンプ、パイオニアブランドの「A-70DA」の評価はパワーと音質に定評があり、入出力端子の豊富さと、機能や操作性が優れていると好評のプリメインアンプです。

7位:パナソニック「テクニクス SU-G700」

パナソニック。プリメインアンプ「テクニクス SU-G700」

「テクニクス SU-G700」の商品情報

メーカー:パナソニック

価格:230,000円(メーカー)

入力端子:アナログx2、フォノx1、光x2、同軸x2、PCx1

出力端子:スピーカーx2、ヘッドホンx1

出力:4Ω(140Wx2)、8Ω(70Wx2) 

サイズ:43x43x14.8cm

重さ:12.3kg

おすすめのプリメインアンプ、ランキング7位はパナソニックのオーディオブランド「テクニクス SU-G700」です。パナソニックは古くからオーディオ・ブランドに「テクニクス」というブランド名をつけています。「SU-G700」は2017年5月に発売されたミドルクラスのプリメインアンプで、フルデジタルのHi-Fiインテグレーテッドアンプです。

独立した分離技術で音質を向上「SU-G700」

「SU-G700」はデジタル回路を駆使してアナログへの挑戦をしているアンプ

デジタルの力で柔らかなアナログ音を再現

50年にわたるテクニクスのアンプの技術が集結した「SU-G700」です。

テクニクスの「SU-G700」は、定格出力140W+140W(4Ω)、70W+70W(8Ω)の余裕のパワーでいかなるスピーカーでも対応することができます。BOXは3分割されていて、微小信号を扱うプレアンプ部、大電流を扱うパワーアンプ部と電源部の3つです。デジタルの力でアナログの柔らかな音を、高純度で優れた音質を再現しているプリメインアンプです。

テクニクス「SU-G700」の評価

テクニクスの「SU-G700」の評価・得点はまだありません。テクニクスの「SU-G700」はデジタル回路を駆使したききですが、ヘッドホンに関してはフォノイコライザーアンプも備えた「Class AA」方式を採用しています。

プリメインアンプおすすめランキング6位~4位

6位:ソニー「TA-A1ES」

ソニー・ハイエンド・プリメインアンプ「TA-A1ES」

「TA-A1ES」の商品情報

メーカー:ソニー

価格:164,800 (アマゾン)

入力端子:アナログx4、フォノx1

出力端子:スピーカーx1、ヘッドホンx1

出力:8Ω(80Wx2) 

サイズ:55x49x21.6cm

重さ:19kg

おすすめのプリメインアンプ、ランキング6位はソニーの「TA-A1ES」です。2013年10月に発売された危機で当時226,800円で発売されていましたが、現在でも人気があり17万円前後で販売されているプリメインアンプです。定格出力80Wのパワーで、ボリュームによってバイアスの量をコントロールし、A級の高音質とAB級の大音量を制御しているプリメインアンプです。

ソニーのオーディオ技術が凝縮されている「TA-A1ES」

「TA-A1ES」の背面はシンプルで美しい

モデル名にESがある

ソニーの「TA-A1ES」には語尾に「ES」がついています。「Extremely high Standard」の略でハイエンド機にのみ付けられる名称です。

ソニーの「TA-A1ES」は、ミドルクラスからハイエンドの部類に入るアンプです。サイズは一般のアンプと比較して大きめ、かつ、19kgと重いです。特徴ある背面のスピーカー端子は異様に大きいですが簡単にケーブルを締めることができます。プリアンプにはFET技術を、パワーアンプ部にはシングルPPを採用してより純度の高い音質を実現しているプリメインアンプです。

ソニー「TA-A1ES」の評価

シンプルな外見の中に凄いパワーを持っている「TA-A1ES」

高品質で歪のないアンプ

ソニー「TA-A1ES」の総合評価は5点満点中4.89の高評価です。

大満足です。歪みの無さ、低音の駆動力はこの価格帯の倍以上のものを感じます

ソニーのハイエンドプリメインアンプ「TA-A1ES」は、音の歪のない原音再生に忠実な音を出すと、評判の良いプリメインアンプです。音場の高音から低音まで各楽器の音を自然に再現すると評判のプリメインアンプです。

5位:DENON「PMA-2500NE」

DENON・プリメインアンプ・ハイエンド「PMA-2500NE」

「PMA-2500NE」の商品情報

メーカー:DENON

価格:179,000円(アマゾン)

入力端子:アナログx4、フォノx1、プレアンプx1、光x2、同軸x2、USBx1

出力端子:スピーカーx1、ヘッドホンx1

出力:4Ω(160Wx2)、8Ω(80Wx2) 

サイズ:43.4x43x18cm

重さ:25kg

おすすめのプリメインアンプ、ランニング5位はDENONの「PMA-2500NE」です。昔は「デンオン」と発音していましたが、2001年に海外での呼び名「デノン」に統一しました。「PMA-2500NE」は、DENONが長年ユーザーに親しまれていたプリメインアンプ「PMA-2000」シリーズの後継機として、2000シリーズの回路にDAC回路を追加し、新たに2500シリーズとして誕生させたミドルクラスのアンプです。

「PMA-2000」の伝統を引き継ぎながら新技術へ挑戦

「PMA-2500NE」の背面はすっきり整理されている設計

新たな回路設計を施した「PMA-2500NE」

「PMA-2500NE」にはプリメインアンプ部にも「Advanced UHC-MOSシングルプッシュプル回路」や「ハイゲインアンプ・コンストラクション」など新しい技術が組み込まれています。

「PMA-2500NE」のパワーアンプは、大電流を得る方法として多くの素子を使うとバラツキが出ることで音の濁りが出ます。この問題を解決するためにシングルプッシュプルで使われるシンプルな回路を採用しています。この回路のことを「Advanced UHC-MOS」と呼んでいます。また、増幅回路をこれまでの2段構成から単純構成に切り替え純度の高いサウンドを実現しました。

DENON「PMA-2500NE」の評価

これまで到達できなかった音域が可能になった「PMA-2500NE」

高品質の音質を再現する「PMA-2500NE]

DENON「PMA-2500NE」の総合評価は5点満点中4.78です。

ピュアアナログとデジタルの融合!クラス以上のクオリティー!

おすすめのプリメインアンプ、ミドルクラスのDENON「PMA-2500NE」はハイパワーの出力はどんなスピーカーにもマッチし、スピーカーの特性をフルに発揮してくれると評判の良いアンプです。また、高音から低音までの領域を忠実に再現すると評判のプリメインアンプです。

4位:ヤマハ「A-S2100」

ヤマハ・ハイエンド・プリメインアンプ「A-S2100」

「A-S2100」の商品情報

メーカー:ヤマハ

価格:227,700円(価格.com)

入力端子:アナログx6、フォノx1、リモートインx1、トリガーアウトx1、

出力端子:スピーカーx2、リモートアウトx1、ヘッドホンx1

出力:4Ω(150Wx2)、8Ω(90Wx2) 

サイズ:44x46x15.7cm

重さ:23.4kg

おすすめのプリメインアンプ、ランニング4位はヤマハの「A-S2100」です。2014年9月に発売されたにも関わらず市場価格は23万円前後と年数が経っても価格が下がらない人気のプリメインアンプです。ヤマハのプリマインアンプとしてはミドルクラスの上位クラスに位置付けられ、中低音に豊かさが出ているプリメインアンプです。

オーディオを持つ人に音を視覚的にみる楽しみ「レベルメーター」

誰もが一度は持ってみたいオーディオのレベルメーター

ピーク/VU切り換え式レベルメーター

プリメインアンプを持つオーナーに音を視覚的にみる楽しさを伝えるピーク/VUレベルメーターはもう一つの音楽の楽しみを伝えます。

ヤマハの「AS-S2100」は、ピーク/VUレベルメーターだけでなく、BOXの側面はピアノで使われる木材使い、同じ仕上げをして製品の重量感と品質を上げる役目をしています。回路には、全段フルバランス伝送とフルディスクリート構成でなる回路は、外部から来るノイズをストップさせ原音の音を忠実に再現する仕組みを作り上げているプリメインアンプです。

ヤマハ「A-S2100」の評価

背面の配列も規則正しいヤマハ「A-S2100」

外観や機能が充実している「A-S2100」

ヤマハ「A-S2100」の総合評価は5点満点中5.0です。

今まで埋もれて聞こえなかった音が聞こえてきます。ボワ付いてた低音が堅く引き締まりました。
解像度高いです!

ヤマハのミドルクラスのプリメインアンプ「A-S2100」は、臨場感あるきれいな音が出ると評判のアンプです。特に中低音が他のアンプと比較して細かな音まで再現してると高評価の性能です。

プリメインアンプおすすめランキング3位~1位

3位:LUXMAN「L-505uX」

おすすめのプリメインアンプ・LUXMAN「L-505uX」

「L-505uX」の商品情報

メーカー:LUXMAN

価格:249,800円(アマゾン)

入力端子:アナログx4(フォノ含む)

出力端子:スピーカーx2、プリアウトx1、ヘッドホンx1

出力:8Ω(100Wx2)、4Ω(150Wx2) 

サイズ:44x17.8x45.4cm

重さ:22.5kg

おすすめのプリメインアンプ、ランニング3位はLUXMAN(ラックスマン)の「L-505uX」です。オーディオファンなら一度は手にしてみたいと思うLAXMANのエントリーモデルです。電子制御アッテネーターと呼ばれる減衰回路(LECUA)を搭載することで、音量調節時における音質の劣化を抑えることができるようになった「L-505uX」プリメインアンプです。

「L-505uX」はアナログ回路も新設計

高音質でノイズの少ない音を演出「L-505uX」

高音質帰還回路ODNF2.3採用

LUXMAN「L-505uX」は、独自の高音質・負帰還方式「ODNF」に高S/Nバージョン2.3を採用しました。これにより高音質でノイズの少ない音を出せるようになりました。

LUXMANの「L-505uX」は増幅回路を安定するためラックスマン独自の帰還回路ODNFを搭載しています。これにより増幅回路の歪の低減することができました。また、「L-505uX」にはアナログ再生を行う、MM/MC対応のフォノアンプを内蔵しています。「L-505uX」さえあれば専用のフォノアンプは必要ありません。

AV機器や追加アンプとの共存を可能にした設計

目にも美しい「L-505uX」フロントとスイッチ

ビーライン・コンストラクション設計

「L-505uX」は入力した音声信号を最短のルートで処理する回路ビーライン・コンストラクション設計をしています。

「L-505uX」のBOXはプリアンプ、パワーアンプ、電源部を完全に独立させお互いの干渉をできるだけさせないような設計がされています。AVシステムや追加したパワーアンプとの共存が可能になる、セパレートスイッチを採用しました。音が出た瞬間に、中音域の透明性と音質の良さがわかるLUXMANのプリメインアンプ「L-505uX」です。

LUXMAN「L-505uX」の評価

「L-505uX」の背面は綺麗に整列されているデザイン

クリアな音質・クリアなデザイン

LUXMAN「L-505uX」の総合評価は5点満点中4.31です。

さすがラックストーン!例えばサックスがより濃く、女性ボーカルがより繊細に、バイオリンがより艶やかに鳴ります。

LUXMAN「L-505uX」は、音質がいいと評判のプリメインアンプです。操作性や機能性に優れ、デザインもいいと評価のいい、おすすめのプリメインアンプ「L-505uX」です。

2位:マランツ「PM-12」

マランツ・ハイエンド・プリメインアンプ「PM-12」

「PM-12」の商品情報

メーカー:マランツ

価格:273,987円(価格.com)

入力端子:アナログx6(フォノ含む)、パワーアンプx1、

出力端子:スピーカーx2、ヘッドホンx1

その他:マランツリモートバスx1、F.C.B.Sx1

出力:4Ω(200Wx2) 

サイズ:44x45x12.3cm

重さ:15.3kg

おすすめのプリメインアンプ、ランキング2位はマランツの「PM-12」です。マランツはアメリカで生まれ、ヨーロッパで育ち、今は日本のオーディオメーカーになってしまった多くの国の文化を取り入れたオーディオメーカーとなっています。マランツ製品の10桁で表現する製品は、フラグシップ製品であり「PM-12」はマランツのハイレベル・プリメインアンプです。

アナログ回路にも新技術を投入した「PM-12」

アナログロジックにも新設計の回路

新開発の電流帰還型プリアンプ

新型のプリアンプの開発でハイスピードなサウンドに磨きをかけると同時に、音質をクリアにかつ鮮明にしました。

マランツの「PM-12」にはアナログからデジタルまでをカバーする優れた回路があります。パワーアンプはスイッチイング回路の採用によって小型化になり、空いたスペースはプリアンプのために使用できるようになりました。HDAM-SA3という電流帰還型回路を開発し、JFET入力とDCサーボ回路を組み合わせたプリアンプを開発することでノイズの少ない、クリアな音を創り出すことができた「PM-12」です。

回路や電源の各用途に独立性を持たせた「PM-12」

音声回路、パワーアンプ回路、電源にも独立性を重視した「PM-12」

プリアンプ専用電源回路

「PM-12」は音源回路やパワーアンプ回路だけでなく、電気を供給する電源回路も独立させお互いの干渉をなくしました。

マランツの「PM-12」には、プリアンプとパワーアンプに各々独立した電源を用意しました。この方法により、今までパワーアンプが大容量を出力する際、電圧が変動しプリアンプへの影響をなくすことになりました。また、BOX内はノイズが発生・干渉しないように回路間を遮断する仕組みを徹底的に取り入れノイズがでない筐体を作っているプリメインアンプです。

マランツ「PM-12」の評価

マランツ「PM-12」はデザイン性にも優れたプリメインアンプ

バランスの取れた中級機

マランツ「PM-12」の総合評価は5点満点中5.0です。

サウンドの骨格がしっかりする一方で、しなやかさと美しさを失っておらず、私の視聴環境にはベストと言って良い素晴らしいプリメインアンプです。

おすすめのプリメインアンプ、マランツのフラグシップ・プリメインアンプ「PM-12」は音質の臨場感やパワーや機能/操作性だけでなく、外観やデザイン性も評価の高いおすすめのプリメインアンプです。

1位:ケンブリッジ「CXA80」

エントリーの最高峰プリメインアンプ・ケンブリッジ「CXA80」

「CXA80」の商品情報

メーカー:ケンブリッジ

価格:114,696円(価格.com)

入力端子:アナログx4、デジタルx3、USBーDAC、同軸x1、光x2

出力端子:スピーカーx1、サブウーファーx1、ヘッドホンx1

出力:8Ω(80Wx2) 、4Ω(120Wx2)

サイズ:43x34.1x11.5cm

重さ:8.7kg

おすすめのプリメインアンプ、ランキング1位は英国ケンブリッジの「CXA80」です。決して高い価格でない「CXA80」は、重厚な音は重厚に、軽やかな音は軽やかに鮮明な音を出すプリメインアンプです。ケンブリッジのCXシリーズは2015年に発売になり、プリメインアンプの他、CDトランスポート、ネットワークプレーヤー、ユニバーサル型ブルーレイプレーヤーが発売になりました。

ケンブリッジ「CXA80」はアナログ回路にも新機能満載

ケンブリッジのアナログ回路は新設計

左右の干渉を避けるために中心にヒートシンクを設置

黒のヒートシンクを中心に左右のアンプ回路を設置することで互いの干渉をしない設計になっている「CXA80」です。

「CXA80」は定格出力80Wの出力を持ち、電源には整流回路とトロイダルトランスからの巻線を左右で独立させ、デュアル・モノ・デザインを採用ています。「CXA80」にはUSB-DACを搭載し、PCまたはHDDストレージとスピーカーさえあれば音楽を楽しむことができます。また、パイパワーの80Wの出力は、スピーカーを選ばず、低重音から高い音域まですべてをカバーすることができるプリメインアンプです。

 

安い価格で最大限のスペックを実現している「CXA80」

きれいに分かりやすい背面のケンブリッジのCXA80

「CXA80」の背面設計は分かりやすい配置

「CXA80」の背面は電源、スピーカー、デジタル、アナログの端子が分かりやすいようね配置されています。

ケンブリッジの開発思想は、低価格でハイレベルの製品作りを目指しています。多くの人に良い音楽を聴いてほしいと開発をしています。まさに、このCXシリーズもハイエンドのオーディオながら、下から2番目のランクのオーディオですが、他のアンプと比較すると、価格的には倍以上のプレメインアンプと対等に競える機能と性能のアンプです。

ケンブリッジ「CXA80」の評価

デザインも現代的ですっきりしているケンブリッジのCXシリーズ

デザインと音質に人気の「CXA80」

ケンブリッジの「CXA80」の総合評価は5点満点中4.75です。

クリアネス、多少の艶と、湿度感。
スピーカーと相性バッチリです。
アンプ部は文句ナシ!

おすすめのプリメインアンプ、ランキング1位はケンブリッジ「CXA80」です。価格以上の性能を出す「CXA80」は、しっかりと楽器の音色を引き出す優れもののプレメインアンプです。

プリメインアンプはどんなメーカーの製品が人気なの?

プリメインアンプで人気がある主要メーカー

プリメインアンプのメーカーは日本が多い

有名メーカーは日本メーカーが多い

人気のプリメインアンプの3大オーディオメーカーはヤマハ、DENON、LAXMANです。

人気があり有名なプリメインアンプのメーカーは、アンプ開発の歴史がある程度あり我々にも購入することができるアンプを作っているメーカーです。ヤマハ、DONON、LUXMANの日本メーカーを中心に、ケンブリッジの海外のメーカーも人気があります。今では日本のメーカーになっているマランツも人気で、その他にオンキョー、パイオニア、ソニーなどがあります。

プリメインアンプは中古市場も比較的に活発!

中古ならグレードの高いプリメインアンプも安く購入できる

中古アンプはお得感のあるプリメインアンプ

中古のプリメインアンプはお得

アンプの技術は昔から知られているものばかり、中古プリメインアンプは今のアンプより優れものもあります。

プリメインアンプの中古の選び方は、当時としては高級アンプと言われた機種がおすすめです。プリメインアンプの技術は、すでに知られている技術が使われています。最近、製品化されているプリメインアンプにはデジタル回路(DAC)やコストや電力消費を抑えるように技術革新をしているものが多くあります。昔のプリメインアンプは、人がチューニングをしていたものが多く柔らかな音を出すアンプが多いです。

プリメインアンプは小まめにメンテナンスして大切に扱おう

お手入れの必要性やメンテナンス方法・手順

プリメインアンプは埃と湿度を嫌い、急激な温度変化も嫌う

埃と湿度を嫌うプリメインアンプ

プリメインアンプの日頃のお手入れは、こまめに埃がたまらないように掃除をします。

プリメインアンプは電子機器ですので、できるだけ埃などがたまらないようにこまめに乾いたハケや布なろ危機に傷を付けない掃除道具を使ってふき取ります。特に電源やスピーカーとの端子、入出力端子には注意します。また、湿気と急激な温度の変化には注意します。温度の変化で結露ができ、結露が回路に付着すると回路がショートを起こし壊れてしまいます。温度・湿度管理に注意しなければなりません。

プリメインアンプおすすめランキングTOP25のまとめ

プリメインアンプはメーカー別に音に特色がある

プリメインアンプはメーカーの魂

プリメインアンプは原音に近づきながらメーカー色が出る音楽再生機器です。

本来のプリメインアンプは、オーディオ関連の機器を接続するプリアンプ部とプリアンプから引き継がれた信号を、再度人の耳に届けるスピーカーやヘッドホンを使って、元の原音に近づけ再生することです。コンサートホールやライブに行かなくても、自宅や移動しながら聴くことができる音楽の音を再生する役目を担っているプリメインアンプはこれからも私たちを楽しませてくれる大事な道具です。

他にも知りたい「オーディオ」に関するその他の記事!!

オーディオテクニカイヤホンおすすめランキングTOP21!最上級の音質を追求 | ランキングまとめメディア
オーディオインターフェイスおすすめランキング人気TOP18!実況や配信にも! | ランキングまとめメディア
オーディオテクニカのヘッドホンおすすめランキング11選!ハイレゾ対応など! | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ