コーヒーミルおすすめ人気26商品を比較!掃除やメンテナンスが簡単なのは?

コーヒー愛好家には欠かせないアイテムとして有名なのがコーヒーミルです。本当に美味しいコーヒーを味わうには、コーヒーミルで挽きたての豆を淹れるのが一番の近道とされています。しかし、手動から電動まで種類は豊富です。2018年時点でのおすすめ人気コーヒーミルを比較し、売れ筋の高いモノやおしゃれなモノを中心にランキングで紹介します。コーヒーミルのおすすめ人気モデルランキング以外にも、選び方や掃除などメンテナンス方法についても解説するので参考にしてみて下さい。

目次

  1. コーヒーミルおすすめ人気ランキング【2018年版】
  2. コーヒーミルおすすめ人気ランキング13位~7位【手動タイプ】
  3. コーヒーミルおすすめ人気ランキング6位~4位【手動タイプ】
  4. コーヒーミルおすすめ人気ランキング3位~1位【手動タイプ】
  5. コーヒーミルおすすめ人気ランキング13位~7位【自動タイプ】
  6. コーヒーミルおすすめ人気ランキング6位~4位【自動タイプ】
  7. コーヒーミルおすすめ人気ランキング3位~1位【自動タイプ】
  8. コーヒー豆の挽き方と注意点
  9. コーヒーミルおすすめ人気ランキングのまとめ

コーヒーミルおすすめ人気ランキング【2018年版】

美味しいコーヒーを飲むのにコーヒーミルは欠かせない

コーヒーミルの画像

美味しいコーヒーを飲むにはコーヒーミルが必要!

美味しいコーヒーを飲むにはコーヒーミルの存在が欠かせません。香りも味も挽きたてに勝るモノはありませんが、コーヒーミルの種類は非常に豊富です。

ハリオやカリタなど数多くのメーカーから発売されているので、どれを買えばいいのか悩む人は実際に多いようです。そこで2018年までに発売されたコーヒーミルを比較しながら、売れ筋の高い商品やおしゃれな商品をランキングとして紹介します。選び方や掃除などのメンテナンス方法についても紹介しますので、美味しいコーヒーを飲みたい人は是非参考にして下さい。

コーヒーミル2つの種類

手動タイプ

手動タイプのコーヒーミル

手間をかけたい場合は手動式!

コーヒーミルには手動式と電動式があります。最初に決めるべきはどちらを選ぶかという事です。それぞれのメリット・デメリットを踏まえた上で購入しましょう。

 

タイプごとの特徴や選び方についても紹介します。まずは手動式です。手動式は手間をかけたいこだわり派におすすめです。

ゴリゴリと鳴る音色とコーヒーの香りを楽しめるのが、手動式コーヒーミルの魅力です。アンティーク調の商品やスタイリッシュなステンレス製など、デザインも豊富です。これらを比較しながら購入するのも面白そうです。電源がいらないエコ商品なので、軽くて持ち運びが便利なのも魅力的です。電動式と比較して一度に挽ける量が限られますが、ゆったりと挽く時間も楽しめる人には問題ではないでしょう。

電動タイプ

電動タイプのコーヒーミル

一度にたくさん挽きたいなら電動式!

毎日手軽にコーヒーを楽しみたいなら、短時間で簡単に挽ける電動式がおすすめです。毎朝コーヒーを飲む家族であれば、一度にたくさん挽ける電動式が便利です。

 

電源が必要な事や作動音の大きい機種があるというデメリットが挙げられますが、大量に挽くのでなければ短時間で済むので、さしたる問題ではありません。

掃除やメンテナンスが簡単なのは?

種類によってメンテナンス方法が異なるコーヒーミル

手動式の方が掃除やメンテナンスが簡単

掃除やメンテナンス性は手動式の方に軍配が上がります。手動式と比較して電動式はこまめなメンテナンスが必要な割に、挽き具合の微調整が非常に難しいからです。

どういう事なのか説明すると、まず電動式のコーヒーミルで挽く時、豆がすり潰されて微粉(パウダー)や薄皮(チャフ)が大量発生します。これらは雑味の元凶とされ、美味しいコーヒーを飲む上での障害となります。更に微粉や薄皮が容器に溜まっていくと油脂が張り付き、コーヒー豆が上手く流れ落ちなくなってしまいます。特に電動式だとこういった問題が発生するので、掃除をきちんとする必要があります。

コーヒーミル選び方のポイント

掃除・メンテナンスのしやすさ

掃除・メンテナンスが中心の選び方

掃除やメンテナンスの必要が少ない方を選ぶ

コーヒーミルの選び方には、掃除やメンテナンスのしやすさも重要になります。実際に使うのであれば、なるべくメンテナンスの必要が少ない方が長持ちするハズです。

インテリアとしておしゃれ

インテリアとしての選び方

コーヒーミルはおしゃれなインテリアとしても飾れる!

おしゃれなインテリアとして飾るという楽しみ方もあります。特にカリタのコーヒーミルは、コンパクトで可愛らしいデザインが多い事から人気があります。

絶対に失敗しないコーヒーミルの選び方

コーヒーミルの選び方&使い方

コーヒーミルの選び方を詳しく紹介!

「コーヒーミルなんて挽ければどれも同じじゃない」と思っている人も多い事でしょう。しかし、どれだけ高級な豆を使っても理想の味にはなかなか追いつけません。

そこで効果的なのがコーヒーミルを粉砕方法別に買い揃え、挽き比べてみる事です。金銭的には少々痛いですが、この比較実験だと予想を超える驚きの結果になるのでやってみる価値はあります。比較実験で「確実に美味しく挽けるコーヒーミルの法則」も見えてきます。それでは、絶対に失敗しないコーヒーミルの選び方について見てみましょう。

手動式と電動式の比較

挽き粉のサイズによって味が変化する

コーヒーの味は、微粉からつまめる程大きなカケラまで、挽き粉の挽きムラに大きく影響されます。挽き粉のサイズが異なると微粉や雑味が大量発生したりします。

構造上問題のあるコーヒーミルは、微粉から粗いカケラまで挽きムラが非常に大きくなっています。そんなコーヒーミルを使っていると、どれだけ高級な豆を使っていても香りや旨味が充分抽出出来ず、渋くて苦い雑味が余計に溶け出してしまいます。コーヒーミルの構造次第でコーヒーは美味しくならないどころかマズクなってしまうので、コーヒーミルの選び方も美味しいコーヒーを淹れるのに重要になります。

電動式とドリッパーの比較

美味しいコーヒーを淹れる為の条件は多い

「理想のコーヒーミル」の最重要ポイントについてまとめると、粒度のバラつきが少なく、均等にコーヒー豆が挽ける事となります。勿論条件は他にも無数にあります。

豆の品種や生育状況、鮮度に焙煎や抽出技術など、美味しいコーヒーを淹れるには多くの条件が必要となります。これらの選び方や条件はプロでも簡単にクリア出来るモノではありませんが、我々一般人でも適切なコーヒーミルによって均等なコーヒー粉だけは確実に得られます。これは極上のコーヒーに近づける、最も手堅い方法とも言われています。

方式別にコーヒーミルを比較!

手動式ミルの画像

手動式ミルについて

コーヒーミルは大きく4種類に分けられます。まずは手動式ミル。手挽きタイプの多くはハンドルを手で回しながら、溝が彫られた臼でゴリゴリとすり潰す方式です。

 

挽き臼の形が円錐になっているので、「コニカルグラインダー」とも呼ばれています。安いモノでは1000円台からが売れ筋です。

電動ミキサー式ミルの画像

電動ミキサー式ミルについて

次は電動ミキサー式です。底部のプロペラ刃が高速回転し、まるでフードプロセッサーやジューサーミキサーのようにコーヒー豆を粉砕します。

画像のカリタ/イージーカットミル/EG-45だと、赤いボタンを押している間だけ刃が回転し、粉の挽き具合は挽き時間で調整してくれます。おしゃれなだけでなく売れ筋も高い商品なので、もし気に入ったら購入してみてもいいでしょう。

電動臼式ミルの画像

電動臼式ミルについて

次は電動臼式ミルです。電動臼式ミルは大半の主導ミルと基本構造は同じです。特徴的なのは高速回転するモーターであり、それによって豆を手動よりも速く挽けます。

摩擦熱や高速回転に強いファインセラミックス製の挽き臼が使われる事が多く、その臼で豆をすり潰すようになっています。価格は6000~8000円程度であり、使いやすさも相まって売れ筋は上々です。

カッター式ミルの画像

カッター式ミルについて

最後はカッター式ミルです。鋭利な溝が刻まれた円盤が向き合って回転し、隙間を通過する際に刻むのが特徴であり、プロの多くはこのタイプを愛用しています。

 

安いモノからでも最低1万円台と高価ですが、業務用をそのまま小型化している事から高性能のモデルが多いです。売れ筋も高いようです。

手動・電動別で売れ筋のコーヒーミルを比較してみよう

売れ筋のコーヒーミルを比較

売れ筋のコーヒーミルをランキングで紹介!

ここからはコーヒーミルおすすめ人気ランキングです。手動式・電動式で売れ筋のコーヒーミルをそれぞれ比較し、合計26種類の人気商品を紹介します。

2018年までに発売されたコーヒーミルの中から、種類別の選び方についても紹介していきます。美味しいコーヒーを飲めるだけでなく、おしゃれなデザインも多いので、お気に入りの商品が見つかったら実際に購入してもいいでしょう。それでは、ランキングスタートです!

コーヒーミルおすすめ人気ランキング13位~7位【手動タイプ】

コーヒーミル人気ランキング13位~7位【手動タイプ】の発表

コーヒーミル人気ランキング13位~7位【手動タイプ】の紹介

まずは2018年版コーヒーミル人気ランキング13位~7位【手動タイプ】の発表です。ハンドルが大きく、使いやすいコーヒーミルが揃っています。

13位:ポーレックス/セラミックコーヒーミルミニ

ポーレックス/セラミックコーヒーミルミニの画像

ポーレックス/セラミックコーヒーミルミニの商品情報

価格:6264円

ブランド:ポーレックス

サイズ:幅5㎝・高さ17㎝

重さ:235g

機能:お好みの粒度に調節可能

刃:セラミック

コーヒーミルおすすめ人気ランキング13位【手動タイプ】はポーレックス/セラミックコーヒーミルミニです。非常にコンパクトな手動式コーヒーミルであり、ステンレス製のスタイリッシュボディと持ち運びに便利なサイズが特徴です。刃はセラミック製なので錆び付きにくく、金属臭の心配もありません。おしゃれなボディがカッコイイので、アウトドアキャンプと美味しいコーヒーのお伴にどうぞ。

12位:FAKEFACE/手動コーヒーグラインダー

FAKEFACE/手動コーヒーグラインダーの画像

FAKEFACE/手動コーヒーグラインダーの商品情報

価格:6533円

ブランド:FAKEFACE

サイズ:幅5㎝・高さ17㎝

重さ:???

機能:お好みの粒度に調節可能

刃:セラミック

コーヒーミルおすすめ人気ランキング12位【手動タイプ】はFAKEFACE/手動コーヒーグラインダーです。コーヒー豆のイラストが描かれたボディが特徴的な手動式コーヒーミルです。手動式でありながらハンドルは長めで回しやすく、少ない力で充分挽けます。またステンレスとセラミック刃の併用で、比較的静かに使えます。コンパクトで可愛いデザインから、女性人気と売れ筋が高い一品でもあります。

11位:ザッセンハウス/ミルブラジリア

ザッセンハウス/ミルブラジリアの画像

ザッセンハウス/ミルブラジリアの商品情報

価格:9808円

ブランド:ザッセンハウス

サイズ:幅18㎝・奥行13.5㎝・高さ19.5㎝

重さ:800g

機能:お好みの粒度に調節可能

刃:硬質特殊鋼

コーヒーミルおすすめ人気ランキング11位【手動タイプ】はザッセンハウス/ミルブラジリアです。120年以上の伝統あるドイツ製コーヒーミルであり、2018年でもコーヒーミル界の最高峰とも言われる商品です。重厚かつ安定感のあるフォルムで、ゆったりと落ち着いたコーヒータイムを過ごせる逸品としておすすめです。手動式ならではの高い信頼性を感じさせます。

10位:Kalita(カリタ)/手挽きコーヒーミル/セラミックスリム

カリタ/手挽きコーヒーミル/セラミックスリムの画像

カリタ/手挽きコーヒーミル/セラミックスリムの商品情報

価格:4624円

ブランド:カリタ

サイズ:幅15.8㎝・奥行5cm・高さ25㎝

重さ:304g

機能:お好みの粒度に調節可能

刃:セラミック

コーヒーミルおすすめ人気ランキング10位【手動タイプ】はカリタ/手挽きコーヒーミル/セラミックスリムです。持ち運びしやすいサイズでハンドルが本体内部に格納可能であり、更にスリムになるのでアウトドアで美味しいコーヒーを楽しみたい人におすすめです。円柱型のスリムボディなので、豆を挽く際に持ちやすい事から女性にも人気があります。カッターはセラミック製で、外してそのまま掃除が出来ます。

9位:カリタ/手挽きコーヒーミル/ダイヤミルN

カリタ/手挽きコーヒーミル/ダイヤミルNの画像

カリタ/手挽きコーヒーミル/ダイヤミルNの商品情報

価格:13249円

ブランド:カリタ

サイズ:幅17.4㎝・奥行18cm・高さ24.5㎝

重さ:???

機能:お好みの粒度に調節可能

刃:硬質特殊鋼

コーヒーミルおすすめ人気ランキング9位【手動タイプ】はカリタ/手挽きコーヒーミル/セラミックスリムです。骨董品のような雰囲気であり、大ぶりのハンドルが目を引きます。キッチンに置いておくだけでも大分様になるので、インテリアとしても使えるでしょう。丈夫な硬質特殊鋼を採用している為、切れ味も持続するのが強みです。

8位:HARIO(ハリオ)/キャニスター付き手挽きコーヒーミル

ハリオ/キャニスター付き手挽きコーヒーミルの画像

ハリオ/キャニスター付き手挽きコーヒーミルの商品情報

価格:3809円

ブランド:ハリオ

サイズ:幅8.7㎝・奥行8.4cm・高さ30㎝

重さ:???

機能:お好みの粒度に調節可能

刃:セラミック

コーヒーミルおすすめ人気ランキング8位【手動タイプ】はハリオ/キャニスター付き手挽きコーヒーミルです。鉄と天然木という異なる素材同士の組み合わせがラグジュアリーな雰囲気を漂わせる、おしゃれな手動式コーヒーミルです。コーヒー粉へのダメージを防ぐべく摩擦熱が発生しにくいセラミック製の臼を採用し、またコーヒー豆を密閉保存出来るキャニスター構造なので、一遍に挽きたい人におすすめです。

7位:貝印/コーヒーミル&コーヒードリッパー

貝印/コーヒーミル&コーヒードリッパーの画像

貝印/コーヒーミル&コーヒードリッパーの商品情報

価格:2954円

ブランド:貝印

サイズ:幅18.5㎝・奥行16cm・高さ10.3㎝

重さ:???

機能:お好みの粒度に調節可能

刃:セラミック

コーヒーミルおすすめ人気ランキング7位【手動タイプ】は貝印/コーヒーミル&コーヒードリッパーです。手動式のコーヒーミルとドリッパーが一体構造になっており、粉受けをカップにセットすればそのままドリップを行えます。挽いたコーヒー粉を移し替える手間が省けるので便利です。貝印の新技術「FIXグラインド機構」によって臼がブレにくく、美味しいコーヒーを香り高い状態で味わえます。

コーヒーミルおすすめ人気ランキング6位~4位【手動タイプ】

コーヒーミル人気ランキング6位~4位【手動タイプ】の発表

コーヒーミル人気ランキング6位~4位【手動タイプ】の紹介

2018年版コーヒーミル人気ランキング6位~4位【手動タイプ】の発表です。美味しいコーヒーを淹れる為だけでなく、掃除やメンテナンスが簡単なのも紹介します。

6位:京セラ/セラミックコーヒーミル

京セラ/セラミックコーヒーミルの画像

京セラ/セラミックコーヒーミルの商品情報

価格:3954円

ブランド:京セラ

サイズ:幅18.5㎝・奥行16cm・高さ10.3㎝

重さ:20g

機能:お好みの粒度に調節可能

刃:セラミック

コーヒーミルおすすめ人気ランキング6位【手動タイプ】は京セラ/セラミックコーヒーミルです。顧客のニーズに合わせたキッチンアイテムをリリースする事で、2018年現在も人気のある「京セラ」の手動式コーヒーミルです。ホッパーのフタが開くので、ハンドルを外す事なく簡単にコーヒー豆を入れられます。パーツごとの分割洗浄にも対応しており、まとめて掃除やメンテナンスをしたい人にもおすすめです。

京セラ/セラミックコーヒーミルに関する口コミ

京セラ/セラミックコーヒーミルは、粗さ調節つまみで粒度の仕上がりを自分好みに調節出来ます。クルッと回すだけで挽きたてのいい香りを嗅げるので、いつでも美味しいコーヒーを味わえます。ただし調節つまみを時計回りに回転させすぎると、臼の回転が重くなって故障してしまう事があります。くれぐれもコーヒーミルは丁寧に扱いましょう。

5位:PLEMO(プレモ)/手挽きコーヒーミル

プレモ/手挽きコーヒーミルの画像

プレモ/手挽きコーヒーミルの商品情報

価格:1480円

ブランド:プレモ

サイズ:幅5㎝・高さ17㎝

重さ:390g

機能:お好みの粒度に調節可能

刃:セラミック

コーヒーミルおすすめ人気ランキング5位【手動タイプ】はプレモ/手挽きコーヒーミルです。ステンレス製のボディがおしゃれな手動式のコーヒーミルであり、コンパクトな設計から持ち運びにも便利です。セラミック刃を使用している為、コーヒーそのものの香りを楽しめます。粒度は粗挽きから細引きまで好みに合わせて調節可能なので、どのニーズにおいても美味しいコーヒーを飲めるようになっています。

プレモ/手挽きコーヒーミルに関する口コミ

プレモ/手挽きコーヒーミルの商品画像

香りと共に豆を挽く工程も楽しめる!

プレモ/手挽きコーヒーミルではハンドルをゆっくり回して豆を挽く事によって、コーヒー豆の香りが引き立ち、豆を挽く工程も一緒に楽しめます。

 

セラミック製の臼は摩擦熱が生じにくく、コーヒー豆の風味を損ないません。ハンドルを回すと感触が手に伝わり、手動式ならではの魅力も伝わってきます。

本製品は他と異なりおむすび状の断面をしているので握り易いため、無駄な力を要さないのがGoodです。

プレモ/手挽きコーヒーミルの臼はセラミック製、金属部はステンレスを使用しています。このお陰で錆びる事なく安心して使い続けられます。掃除やメンテナンスもしやすく、本体を丸ごと分解して水洗いだけで済むのも、他のコーヒーミルと比較して優れている点と言えるでしょう。

4位:E-PRANCE/手挽きコーヒーミル

E-PRANCE/手挽きコーヒーミルの画像

E-PRANCE/手挽きコーヒーミルの商品情報

価格:1599円

ブランド:E-FRANCE

サイズ:ハンドル14.6㎝・高さ19.2㎝

重さ:30g

機能:お好みの粒度に調節可能

刃:セラミック

コーヒーミルおすすめ人気ランキング4位【手動タイプ】はE-PRANCE/手挽きコーヒーミルです。コンパクトサイズながら高級感溢れるステンレス製で、長く利用出来る飽きの来ないデザインが特徴です。掃除・メンテナンス用のブラシが付いているのも嬉しいポイントであり、旅行先にも携帯したくなるおしゃれなコーヒーミルです。デザイン性の高さから売れ筋も上々です。

E-PRANCE/手挽きコーヒーミルに関する口コミ

E-PRANCE/手挽きコーヒーミルは小さくて精巧であり、業務用の喫茶店にも適したサイズです。旅行・出張・アウトドアなどシチュエーションを問わず活躍するので、美味しいコーヒーと合わせてどこでも楽しめます。刃はセラミック素材なので劣化しにくく、また金属臭の心配はありません。またメーカーのE-PRANCEはカスタマーサービスが良く、万が一不良品だとしてもすぐに代替品を送ってくれるので安心です。

コーヒーミルおすすめ人気ランキング3位~1位【手動タイプ】

コーヒーミル人気ランキング3位~1位【手動タイプ】の発表

コーヒーミル人気ランキング3位~1位【手動タイプ】の紹介

続いては2018年版コーヒーミル人気ランキング3位~1位【手動タイプ】を発表します。おしゃれなデザインからインテリアとしても使えるモノもあります。

3位:ハリオ/セラミックコーヒーミル・スケルトン

ハリオ/セラミックコーヒーミル・スケルトンの画像

ハリオ/セラミックコーヒーミル・スケルトンの商品情報

価格:2263円

ブランド:ハリオ

サイズ:幅17.2㎝・奥行9.3cm・高さ23.1㎝

重さ:480g

機能:お好みの粒度に調節可能

刃:セラミック

コーヒーミルおすすめ人気ランキング3位【手動タイプ】はハリオ/セラミックコーヒーミル・スケルトンです。無駄のないスケルトンデザインがおしゃれで、小さめサイズながら滑り止めカバーが施されている為、安定感もバツグンです。セラミック刃や耐熱ガラスの採用により丸ごと洗える為、掃除やメンテナンスが簡単だという点からも評判があります。コーヒーミル初心者にもおすすめです。

 

ハリオ/セラミックコーヒーミル・スケルトンの商品画像

軽い力でハンドルを回せるコーヒーミル

口コミではハリオ/セラミックコーヒーミル・スケルトンの長所として、あまり力を込めずにハンドルを回せる事が挙げられています。

 

男女間で力の加減が違うなど、問題が起きない事からもこの商品は好評なようです。

挽く細かさの調節も特に難しくなく、ちゃんと好みの味に調整できたという感想もあります。他のコーヒーミルと比較しても力加減がしやすく、愛用する人は多いようです。デザイン・価格・使いやすさと、あらゆる面でおすすめ出来る手動式コーヒーミルです。売れ筋も非常に高いようです。

ハリオ/セラミックコーヒーミル・スケルトンに関する口コミ

ハリオ/セラミックコーヒーミル・スケルトンにはシリコン製の滑り止めカバーが底面に付いているので、安定してコーヒー豆を挽けます。また受け皿部分にはシリコンゴム製のフタがセットされている為、香りを逃がさずに保存する事も出来ます。受け皿部分にある粉受けはコーヒー粉の保存容器になり、ミル本体はフタの上に重ねられるので省スペースで収納出来ます。おしゃれなだけでなく収納性にも優れる一品です。

2位:カリタ/クラシックミル

カリタ/クラシックミルの画像

カリタ/クラシックミルの商品情報

価格:3318円

ブランド:カリタ

サイズ:幅19㎝・奥行14.5cm・高さ23㎝

重さ:1250g

機能:お好みの粒度に調節可能

刃:硬質特殊鋼

コーヒーミルおすすめ人気ランキング2位【手動タイプ】はカリタ/クラシックミルです。クラシックなデザインが人気なカリタの手動式コーヒーミルです。重厚な雰囲気だけでなくしっかりと重さがあり、ハンドルが長い分安定感もあります。また木の温もりを感じるおしゃれなデザインからインテリアとしてもおすすめです。大切な人への贈り物にしてもいかがでしょうか?

カリタ/クラシックミルの商品画像

豆の挽き方にこだわる人におすすめ

豆の挽き方にこだわる人には、手動式コーヒーミルがおすすめです。ハンドルをゆっくりと回し、ゴリゴリとした音色と共に広がる豊かな香りは私服の一時です。

自分でハンドルを回して淹れたコーヒーなら、美味しさも楽しさも格別です。特別な時間と安らぎを味わえるようになります。またメッシュの調整により、好みに合ったコーヒー豆の挽き方を調整する事も出来ます。トップネジやハンドルを外して、調節ネジを左右に操作する事で細挽き・粗挽きに変更出来ます。なおこの際、空挽きや逆挽きだとハンドルを痛めてしまう可能性があるので、取り扱いには注意しましょう。

カリタ/クラシックミルに関する口コミ

カリタ/クラシックミルでは、ペーパードリップ用からコーヒープレス用まで様々な挽き方も自由に選べます。好みの味に合わせた調整もさる事ながら、挽き方の選び方も豊富なのは実に嬉しい点です。挽き終わった後の粉やカスの掃除がしづらいといったデメリットもありますが、コーヒータイムのマストアイテムとして愛用される事の多い手動式コーヒーミルです。挽きたてのコーヒーを楽しみたい人におすすめです。

1位:プジョー/コーヒーミルアンティーク

プジョー/コーヒーミルアンティークの画像

プジョー/コーヒーミルアンティークの商品情報

価格:25486円

ブランド:プジョー

サイズ:幅13.5㎝・奥行13.5cm・高さ21㎝

重さ:25g

機能:お好みの粒度に調節可能

刃:セラミック

コーヒーミルおすすめ人気ランキング1位【手動タイプ】はプジョー/コーヒーミルアンティークです。自動車メーカーとして有名なプジョーが手掛けたこのコーヒーミルは、1つ1つ手間をかけて作られたアンティーク加工のデザインが特徴です。価格は非常に高いですが、フランス製ならではの気品に溢れるおしゃれなデザイン性からインテリアにも最適です。

プジョー/コーヒーミルアンティークの更なる画像

挽き具合の調節が簡単なコーヒーミル

プジョー/コーヒーミルアンティークは挽き具合の調節も簡単で、強靭かつ絶妙な二重螺旋臼式の切れ味バツグンの構造により、粒が揃った仕上がりも可能です。

 

挽き心地は軽く安定しているので、いつでも美味しいコーヒーを飲めるようになっています。ヴィンテージ感溢れるおしゃれなミルで極上の一杯を楽しみましょう。

 

プジョー/コーヒーミルアンティークはギフトボックス入りで、歴史と重厚感を感じ取る事も出来ます。プレゼントにもピッタリです。

プジョー/コーヒーミルアンティークに関する口コミ

プジョー/コーヒーミルアンティークの商品画像

歴史あるプジョーのコーヒーミル

プジョーのコーヒーミルは、同社の人気商品であるペッパーミル(コショウ)よりも歴史が古く、ヨーロッパでは手動式コーヒーミルの代名詞として愛用されています。

 

プジョーのミルは使えば使う程手になじむ事から、世界中で強い人気を得ています。

Waited until I had mine for a few years before writing a review. I've been using this since it arrived although I do not grind daily.

プジョー/コーヒーミルアンティークは日本よりも海外で人気があるようで、このように好意的な感想が多数寄せられています。非常に静かかつスムーズに挽ける事から、誰でも力を入れずにコーヒーを淹れられます。エスプレッソなど、淹れるのが難しいコーヒーでも特別な技術を必要としないので、挽きたての香りと味を非常に美味しく感じられます。プレゼントとして贈っても大いに喜んでもらえるでしょう。

コーヒーミルおすすめ人気ランキング13位~7位【自動タイプ】

コーヒーミル人気ランキング13位~7位【自動タイプ】の発表

コーヒーミル人気ランキング13位~7位【自動タイプ】の紹介

2018年版コーヒーミル人気ランキング13位~7位【自動タイプ】の発表です。豆の粗さもお好みで調整出来る製品が多く、いつでも美味しいコーヒーを飲めます。

13位:Melitta(メリタ)/セレクトグラインド

メリタ/セレクトグラインドの画像

メリタ/セレクトグラインドの商品情報

価格:4142円

ブランド:メリタ

サイズ:幅9.8㎝・奥行9.8cm・高さ18.3㎝

重さ:750g

機能:お好みの粒度に調節可能

刃:セラミック

コーヒーミル人気ランキング13位【自動タイプ】はメリタ/セレクトグラインドです。2018年現在も売れ筋の電動式コーヒーミルであり、一層手軽なコンパクトタイプが特徴です。スイッチを押すだけで自動的にグラインドし、豆の粗さもお好みで調整出来ます。5杯分(約40g)なら15秒程度で、レギュラーコーヒー用まで挽く事が出来ます。

12位:カリタ/CM-50

カリタ/CM-50の画像

カリタ/CM-50の商品情報

価格:2041円

ブランド:カリタ

サイズ:幅9.9㎝・奥行8.2cm・高さ17.8㎝

重さ:750g

機能:お好みの粒度に調節可能

刃:セラミック

コーヒーミル人気ランキング12位【自動タイプ】はメリタ/CM-50です。手軽に使える電動式コーヒーミルを探している人におすすめの商品であり、50gの豆を15秒で中挽きに仕上げられます。他のコーヒーミルと比較しても使いやすく、挽きたての美味しいコーヒーをいつでも楽しめます。必要な分だけ手軽に挽けるので、忙しい朝などにおすすめのコーヒーミルです。

11位:homgeek/電動コーヒーミル

homgeek/電動コーヒーミルの画像

homgeek/電動コーヒーミルの商品情報

価格:2480円

ブランド:homgeek

サイズ:幅9.8㎝・奥行9.8cm・高さ18.3㎝

重さ:???

機能:お好みの粒度に調節可能

刃:セラミック

コーヒーミル人気ランキング11位【自動タイプ】はhomgeek/電動コーヒーミルです。ワンタッチでコーヒー豆が挽ける電動式コーヒーミルであり、朝の限られた時間で美味しいコーヒーを楽しみたい人におすすめです。杯数と粗さを調節するダイヤルが付いているので、好みのコーヒー粉をいつでも作れます。この機能を搭載したコーヒーミルは2018年でも珍しいようです。

10位:XProject/電動コーヒーミル

XProject/電動コーヒーミルの画像

XProject/電動コーヒーミルの商品情報

価格:1869円

ブランド:XProject

サイズ:幅12.5㎝・奥行10cm・高さ21.5㎝

重さ:1280g

機能:お好みの粒度に調節可能

刃:セラミック

コーヒーミル人気ランキング10位【自動タイプ】はXProject/電動コーヒーミルです。円柱型のステンレスボディがおしゃれであり、粗さ調節ダイヤルによって色々なコーヒー粉を作れます。好みの豆の選び方もさる事ながら、スイッチを押すだけという簡単操作も目を引きます。更にホッパーが完全に閉まっていないと作動しない安全設計で、コーヒーミルの温度が高すぎると自動的に電源が切断されるようになっています。

9位:KYG/電動コーヒーミル

KYG/電動コーヒーミルの画像

KYG/電動コーヒーミルの商品情報

価格:1999円

ブランド:KYG

サイズ:幅20㎝・奥行10cm・高さ10㎝

重さ:739g

機能:お好みの粒度に調節可能

刃:セラミック

コーヒーミル人気ランキング9位【自動タイプ】はKYG/電動コーヒーミルです。気軽に持ち運びしやすい上にスイッチを押すだけの簡単操作なので、コーヒーミルへの入門機としておすすめです。コーヒー豆は勿論、お茶の葉やスパイス、穀物にも対応しています。コーヒーを淹れるだけでなく、スパイスや穀物を使った様々な調理も可能な優れモノです。

8位:Russell Hobbs(ラッセルホブス)/電動コーヒーグラインダー

ラッセルホブス/電動コーヒーグラインダーの画像

ラッセルホブス/電動コーヒーグラインダーの商品情報

価格:4100円

ブランド:ラッセルホブス

サイズ:幅12.5㎝・奥行12.5cm・高さ21.5㎝

重さ:1100g

機能:お好みの粒度に調節可能

刃:セラミック

コーヒーミル人気ランキング8位【自動タイプ】はラッセルホブス/電動コーヒーグラインダーです。どのようなキッチンにも映えるおしゃれな電動式コーヒーミルであり、毎朝美味しいコーヒーで1日を始めたいという人におすすめです。150Wのハイパワーモーターを内蔵しており、60gのコーヒー豆を中挽きするのに約10秒しかかかりません。

7位:BONMAC(ボンマック)/家庭用コーヒーグラインダー

ボンマック/家庭用コーヒーグラインダーの画像

ボンマック/家庭用コーヒーグラインダーの商品情報

価格:15070円

ブランド:ボンマック

サイズ:幅12㎝・奥行27cm・高さ36㎝

重さ:3000g

機能:お好みの粒度に調節可能

刃:セラミック

コーヒーミル人気ランキング7位【自動タイプ】はボンマック/家庭用コーヒーグラインダーです。コスパに優れたコーヒーミルを輩出する事が多い中国のブランド「ボンマック」社が手掛ける電動式コーヒーミルです。2018年には珍しいレトロなレッドカラーで彩られた、重量感のあるボディが特徴です。粒度の揃い方や挽き目の調節機能など、家庭用とは思えない程の性能の高さも目を引きます。

コーヒーミルおすすめ人気ランキング6位~4位【自動タイプ】

コーヒーミル人気ランキング6位~4位【自動タイプ】の発表

コーヒーミル人気ランキング6位~4位【自動タイプ】の紹介

続いては2018年版コーヒーミル人気ランキング6位~4位【自動タイプ】の発表です。挽きたてのコーヒーにすべく、電動式でも豆の均一化にこだわっています。

 

キッチンに映えるようなおしゃれなデザインからインテリアとして使えるモノも多いです。

6位:bodum(ボダム)/電動式コーヒーグラインダー/ビストロ

ボダム/電動式コーヒーグラインダー/ビストロの画像

ボダム/電動式コーヒーグラインダー/ビストロの商品情報

価格:12424円

ブランド:ボダム

サイズ:幅15.6㎝・奥行12cm・高さ27.5㎝

重さ:1480g

機能:お好みの粒度に調節可能

刃:コニカル

コーヒーミル人気ランキング6位【自動タイプ】はボダム/電動式コーヒーグラインダー/ビストロです。デンマーク生まれのキッチンウェアブランド「ボダム」の電動式コーヒーミルで、キッチンに映えるスタイリッシュなデザインが魅力です。挽きたてのコーヒーにこだわるべく、回転速度の遅いコニカル刃を採用しています。コーヒーの風味を損なう摩擦熱を抑えて豆を粉砕するので、いつでも美味しいコーヒーを飲めます。

ボダム/電動式コーヒーグラインダー/ビストロに関する口コミ

挽きたてのコーヒー豆を使うのは、美味しいコーヒーを淹れる上で重要なポイントです。ボダム/電動式コーヒーグラインダー/ビストロはスイッチ1つで手早く均等に挽けるので、手で挽くのが面倒な人や忙しい時にピッタリです。またコンテナには静電気が発生しにくいガラスを採用しており、コーヒー粉が周囲に飛び散りにくいのもポイントです。挽けるコーヒーの味も粉の均一性が高く高水準です。

5位:KINGTOP(キングトップ)/コーヒーグラインダー

キングトップ/コーヒーグラインダーの画像

キングトップ/コーヒーグラインダーの商品情報

価格:3180円

ブランド:キングトップ

サイズ:幅9.4㎝・奥行9.8cm・高さ16.6㎝

重さ:???

機能:お好みの粒度に調節可能

刃:プロペラ

コーヒーミル人気ランキング5位【自動タイプ】はキングトップ/コーヒーグラインダーです。コンパクトなサイズながらパワフルであり、プロペラ式を採用しているのが特徴です。豆の選び方も万全で、クリアカバーによりスイッチ1つで好みの挽き加減に調節出来ます。エスプレッソからフレンチプレスまで、慣れてくれば焼くのが簡単になります。専用のクリーニングブラシがあるので掃除やメンテナンスも楽です。

キングトップ/コーヒーグラインダーに関する口コミ

キングトップ/コーヒーグラインダーの商品画像

手軽なミキサーとしても使用可能!

キングトップ/コーヒーグラインダーはコーヒー豆以外の食材にも対応しています。コショウや砂糖などの香辛料、ナッツや穀物なども混ぜる事が出来ます。

 

その為コーヒーミルを買い替えたら、手軽なミキサーとしても利用可能です。興味のある人は是非試してみましょう。

キングトップ/コーヒーグラインダーの挽き刃には高級ステンレスを採用し、耐食性・溶接性など機械的性質に優れます。その為使用中に腐食するといった心配は、限りなく低いと言えるでしょう。また日本食品環境検査協会による食品規格試験を合格しているので、製品の質から見ても安心して利用出来ます。おしゃれなデザインもさる事ながら、機械的性質でも信頼性の高い逸品です。

コストの割には重厚感が有り、パワーも高いです。かなり早くコーヒー豆を挽いてくれました。ドリッパーにサッと入ってくれて使用しやすいです。

キングトップ/コーヒーグラインダーの価格は3000円前後です。その割には重量感があり、パワーにも優れます。この事からも人気があり、売れ筋も上々である事が窺えます。手動だとゴリゴリと手間をかけながらしている事をごく短時間で達成し、挽いたコーヒーをその場で味わう事も出来ます。コーヒー豆だけでなく乾燥唐辛子など、細かく乾燥した食材であれば何にでも使える点から、調理においても役立つでしょう。

4位:DeLonghi(デロンギ)/コーン式コーヒーグラインダー

デロンギ/コーン式コーヒーグラインダーの画像

デロンギ/コーン式コーヒーグラインダーの商品情報

価格:8560円

ブランド:デロンギ

サイズ:幅13.5㎝・奥行19.5cm・高さ27.5㎝

重さ:1500g

機能:お好みの粒度に調節可能

刃:コニカル

コーヒーミル人気ランキング4位【自動タイプ】はデロンギ/コーン式コーヒーグラインダーです。低速回転で摩擦熱を最小限に抑え、コーヒー豆の風味をそのまま活かします。更に細かく14段階に分けられた粒度設定により、常に最適な状態で挽きたてのコーヒーを味わえます。2枚構成のコーン式挽き刃により焼きムラを抑え、挽き豆の粒度を均一にする事で美味しいコーヒーを作れるのが特徴です。

デロンギ/コーン式コーヒーグラインダーに関する口コミ

デロンギ/コーン式コーヒーグラインダーは少々大きめなので、置き場所を考えてから購入した方がおすすめです。また最大容量で250gのコーヒー豆を挽ける為、普段から忙しい人はまとめ挽きしてから保存する事も出来ます。挽きたい分だけ挽ける作動ツマミ(タイマー)が搭載されているので、ツマミをお好みのメモリに合わせると必要な分だけ豆挽きをしてくれます。上手く活用して生活に役立てましょう。

コーヒーミルおすすめ人気ランキング3位~1位【自動タイプ】

コーヒーミル人気ランキング3位~1位【自動タイプ】の発表

コーヒーミル人気ランキング3位~1位【自動タイプ】の紹介

いよいよ2018年版コーヒーミル人気ランキング3位~1位【自動タイプ】の発表です。ランキング上位ともなると、性能の方も極めて高いコーヒーミルばかりです。

 

非常に高価である事が多いですが、極上の一杯を楽しむのに欠かせません。懐に余裕のある人であれば購入をおすすめします。

3位:カリタ/電動コーヒーミル/ネクストG

カリタ/電動コーヒーミル/ネクストGの画像

カリタ/電動コーヒーミル/ネクストGの商品情報

価格:34845円

ブランド:カリタ

サイズ:幅21.6㎝・奥行12.4cm・高さ40㎝

重さ:3200g

機能:お好みの粒度に調節可能

刃:フラット

コーヒーミル人気ランキング3位【自動タイプ】はカリタ/電動コーヒーミル/ネクストGです。2018年までに発売された電動式には珍しく、発熱・騒音・静電気除去対策まで考慮された高性能な逸品です。プロのテクノロジーを誰でも手軽に使えるように、シンプルながらバツグンの機能性が詰まっています。非常に高価ですが、なるべく最新鋭の機能にこだわりたい人にはおすすめです。

カリタ/電動コーヒーミル/ネクストGの商品画像

モーターへの負担を減らした挽き方

カリタ/電動コーヒーミル/ネクストGは、比較的ゆっくりと挽く為、熱の発生が少ないように感じられます。このお陰でコーヒーの風味が悪くなる心配はありません。

 

微粉や雑味の混入率も低く、いつでも美味しいコーヒーを飲めます。このように美味しいコーヒーを淹れるなら、性能の高さも求められる事を実感させられます。

またカリタ/電動コーヒーミル/ネクストGの底部分には、豆を入れるホッパーの下に「ストッパー」という部品が付いています。このお陰でモーターをスタートしてから豆を挽き始める事が出来ます。これはモーターへの負担を減らし、均一な挽き方が出来るように貢献する為の機能です。美味しいコーヒーを淹れるには、豆だけでなく機械の品質を高く保つのも重要だという事です。

カリタ/電動コーヒーミル/ネクストGに関する口コミ

カリタ/電動コーヒーミル/ネクストGには静電除去装置が内蔵されており、本体や受缶の周りにコーヒー粉をまとわりつきにくくしています。一般的なコーヒーミルで採用されている静電気防止テープと比較すると性能は段違いで、どんなに使ってもコーヒー粉が飛び散る心配はありません。高額な分だけ安全性に配慮されている電動式コーヒーミルであり、懐に余裕があれば手に入れておいた方がいいでしょう。

2位:メリタ/電動コーヒーミル/パーフェクトタッチII

メリタ/電動コーヒーミル/パーフェクトタッチIIの画像

メリタ/電動コーヒーミル/パーフェクトタッチIIの商品情報

価格:4158円

ブランド:メリタ

サイズ:幅11.3㎝・奥行15.3cm・高さ21.9㎝

重さ:1100g

機能:お好みの粒度に調節可能

刃:臼式

コーヒーミル人気ランキング2位【自動タイプ】はメリタ/電動コーヒーミル/パーフェクトタッチIIです。価格もサイズもお手頃で、ダイヤル式メモリ付きで最大12杯分まで分量調整が可能な臼式の電動式コーヒーミルです。フタを閉めなければ動かない安全機能付きで、更にコンパクトな事から置き場所の選び方も問いません。短時間で好みのコーヒーが自由自在に仕上がる事から、非常に評判の商品です。

メリタ/電動コーヒーミル/パーフェクトタッチIIの商品画像

必要なコーヒー豆の量が一目でわかる!

メリタ/電動コーヒーミル/パーフェクトタッチIIは挽きムラのない臼式のミル歯を採用し、細挽きから粗挽きまで均一にムラなく挽く事が出来ます。

また底部分が透明なメモリ付き受皿になっており、挽く前に必要な豆の量が一目でわかるようになっています。豆の細かさが揃わない事が多い電動式において、その欠点を克服したと言えるような機能です。豆を入れられる量も受け皿も充分なサイズであり、一度に指定出来る量が豊富な事もあって好評なようです。売れ筋も良く、「満足している」といった好意的な感想も多く寄せられています。

メリタ/電動コーヒーミル/パーフェクトタッチIIに関する口コミ

メリタ/電動コーヒーミル/パーフェクトタッチIIは4000円前後という価格であり、コスパは高いです。安価モデルという点から掃除やメンテナンスが面倒だと言われていますが、必要な豆の量が一目でわかる点からその欠点を補って余りあるとも言えるでしょう。手軽に好みの味に合わせたコーヒーを淹れる場合はこの上ない味方となります。多少手がかかっても大事に扱いましょう。

1位:カリタ/電動コーヒーミル/ナイスカットG

カリタ/電動コーヒーミル/ナイスカットGの画像

カリタ/電動コーヒーミル/ナイスカットGの商品情報

価格:19600円

ブランド:カリタ

サイズ:幅12㎝・奥行21.8cm・高さ33.7㎝

重さ:???

機能:お好みの粒度に調節可能

刃:フラット

コーヒーミル人気ランキング1位【自動タイプ】はカリタ/電動コーヒーミル/ナイスカットGです。業務用として利用されているカリタのコーヒーミルを、コンパクトに使いやすくしました。シンプルながら機能美を感じさせるシックなデザインは、業務用だけでなく家庭でも大好評です。売れ筋も上々です。粉受けはステンレス製で、挽いた粉をそのままペーパーに入れられるので使いやすいです。

カリタ/電動コーヒーミル/ナイスカットGの商品画像

煩わしさを感じさせない工夫も施された逸品

カリタ/電動コーヒーミル/ナイスカットGは、極上の一杯を味わうのに相応しい逸品です。粒揃いの挽き上がり・微粉や雑味の減少など、条件は全て揃っています。

低温のカット音に加えて粒度のバラつきも極めて少なく、普通にコーヒーを淹れるだけでも心地良い気分になれます。このような煩わしさを感じさせない工夫からも人気は高いです。他の製品と比較すると静電気対策が弱いという指摘もありますが、口コミからの評価は概ね良好です。使用する度に電動ミルのフタが割れて粉をまき散らすなど、ストレスに悩まされる人はこの製品に乗り換えた方が快適に過ごせるでしょう。

カリタ/電動コーヒーミル/ナイスカットGに関する口コミ

カリタ/電動コーヒーミル/ナイスカットGは美味しいコーヒーを淹れるだけではなく、ユーザーにストレスを感じさせない為の配慮も行き届いています。例えば豆はカップに落ちて溜まっていくので、挽いている間にコーヒーフィルターの準備をするなど、余裕をもって取り組めます。味も均一に出来る事も相まって、2018年現在でも売れ筋は良好です。コーヒータイムを満喫する上での必需品とも言えます。

コーヒー豆の挽き方と注意点

コーヒー豆の挽き方と注意点の紹介

挽き方に応じた最適の味を詳しく紹介!

ここからはコーヒー豆を挽く時の注意点について説明します。豆を細かく挽く程、成分が抽出されて濃くなり、コーヒーの苦味が強くなります。

濃いめには細挽き、サッパリした場合なら粗挽き、バランスのいいコーヒーには中挽きといった具合に、挽き方に応じた最適の味があります。お好みの味と器具に合わせたベストな挽き具合を見つけましょう。

豆の挽き方をマスターして美味しいコーヒーを飲もう!

粗挽きのコーヒー豆

コーヒー豆の挽き方について

挽き方の種類について紹介しましょう。まずは粗挽き。ザラメ程の大きさであり、プレス式コーヒーメーカーやネルドリップ向けのサイズです。

続いて中挽き。ザラメとグラニュー糖の間の大きさであり、ドリッパーやサイフォンに適したサイズです。最後に細挽き。白砂糖とグラニュー糖の間の大きさであり、コーヒーメーカーやドリッパーに限らず水出しコーヒーポットなど、様々な種類に適したサイズです。他にもコーヒー豆の挽き方はありますが、大まかなサイズだとこの3種類になります。それぞれ適したコーヒーが異なるので覚えておきましょう。

中挽きのコーヒー豆

コーヒー豆を挽く時の注意点を紹介!

続いてはコーヒー豆を挽く時の注意点です。1つ目は摩擦熱を最小限に抑える事です。ランキングでも触れましたが、香りの成分が飛散してしまいます。

2つ目は粒の大きさを揃える事です。大きさを揃える事でコーヒーの濃度に出るムラを減らす事が出来ます。美味しいコーヒーを淹れるには、この方法が非常に重要となります。3つ目は器具に合った挽き目の選び方です。コーヒーの種類によってろ過する方法が異なるので、調理によって渋味や雑味が抽出されたり、風味が薄れたりしてしまいます。美味しいコーヒーを淹れるならこの3つをよく覚えておきましょう。

細挽きのコーヒー豆

エスプレッソを安定して抽出する方法

挽き豆、特にエスプレッソ豆は抽出が非常に難しいとされています。その為エスプレッソ豆はコーヒーミルでの抽出には向かず、あまりおすすめされません。

挽き豆は酸化が速く、グラインダーの調節も難しいとされています。どうしても毎回粗さに若干の差が出るので、風味が薄れてしまうのも要因の1つです。どうしても挽き豆にこだわる人は、あくまでも目安ですが下記の方法を参考にして下さい。安定した濃厚なクレマのエスプレッソを堪能するには、豆のままで購入するのがベストです。

極細挽きのコーヒー豆

エスプレッソに適した挽き具合を紹介!

濃厚なクレマのエスプレッソを一定の質で抽出するには技術が必要です。同じマシンでもグラインドやタンピングの調整が必要なので、適した挽き具合が異なります。

業務用のエスプレッソマシンを愛用している人には、毎回抽出前にグラインドするのが望ましいです。この方が豆のグラインドレベルを上手く調節出来るので、美味しいエスプレッソを抽出しやすくなります。また気温や温度の変化に合わせ、毎回挽き具合を調整するのも重要です。90℃、9気圧という高い圧力をかけて抽出するエスプレッソでは、挽き具合のチェックも重要な要素として欠かせません。

コーヒーミルおすすめ人気ランキングのまとめ

タリーズコーヒーミルの画像

好みのコーヒーミルを見つけよう!

手動式・電動式に分けて、おすすめのコーヒーミルをランキングとして紹介しました。それぞれの選び方や掃除・メンテナンス方法についても解説してきました。

 

紹介したのは売れ筋が高い商品ばかりですが、お気に入りのコーヒーミルは見つかったでしょうか?コーヒータイムを楽しむ上での参考にしてみて下さい。

コーヒーに関する他の記事はこちら!

2018コーヒーメーカーのおすすめランキングTOP17!最高の1台は? | ランキングまとめメディア
コーヒー豆のおすすめ人気ランキング25選!市販から通販を徹底調査! | ランキングまとめメディア
カフェインレスコーヒーの選び方・おすすめTOP15!妊娠中や授乳中も楽しめる | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ