タイヤカバーおすすめランキングTOP9!タイヤの保管に!素材や選び方を解説

タイヤカバーおすすめランキングをご紹介していきます。タイヤカバーはタイヤが劣化しないようホコリや雨水などから保護するために使用されますので、使用された素材や防水性、耐久性など選び方が重要となります。中には取っ手が付属され持ち運びやすい製品もあり、実用性も大事です。本記事ではタイヤカバーの人気でおすすめな製品をランキング形式でご紹介すると共に、保管に適した最適な選び方もご紹介します。

目次

  1. タイヤカバーおすすめランキング!人気商品の紹介
  2. タイヤカバーおすすめランキング9位~7位
  3. タイヤカバーおすすめランキング6位~4位
  4. タイヤカバーおすすめランキング3位:7200-06SI
  5. タイヤカバーおすすめランキング2位:131260
  6. タイヤカバーおすすめランキング1位:TE-700E
  7. 保管するときのタイヤの積み方はどれがおすすめ?
  8. タイヤカバーおすすめランキング!のまとめ

タイヤカバーおすすめランキング!人気商品の紹介

タイヤの保管におすすめのタイヤカバー

オレンジ色のタイヤカバー

ランキングをご紹介!

雨水やホコリなどからタイヤを保護してくれるタイヤカバー。価格や機能、保管能力など製品によって大きく異なります。

 

タイヤカバーの人気でおすすめな製品をランキング形式でご紹介していきます。

おすすめのタイヤカバーの選び方

防水・撥水性能が高いなど素材で選ぶ

撥水生地

選び方①素材選び

タイヤは雨水に濡れた状態で放置すると、タイヤが変質してしまいひび割れの原因となってしまいます。

ひび割れしたタイヤ

ひび割れは危険!

画像のように、ひび割れを起こした状態のタイヤは非常に危険で、事故を起こしかねません。

また、まだまだ使えるタイヤが劣化してしまうのは勿体ないので、雨水への耐性が強い素材、防水や撥水効果が見られる素材選びが重要となります。とは言っても、最近のタイヤカバーは防水加工が施された製品ばかりですので、水の侵入を避けるような仕組みが施されている製品選びが大事です。

タイヤカバーが付いたジムニーのリア

選び方②取り付けの簡単さ

タイヤは重たいので、タイヤカバーの着脱が簡単な製品の方が利便性が高いのでお勧めです。

2人がかりでないと着脱できないような製品は論外で、一人で着脱可能な製品を選ぶようにしましょう。具体的に言うと、カバーのつなぎ目をマジックテープで固定するものや、ワンタッチベルトが装着されたカバーなどがおすすめです。雨水の混入を防げるのみならず、そこまで力を使わなくともタイヤにカバーをかけることができます。

タイヤカバーおすすめランキング9位~7位

9位:タイヤ収納カバー

タイヤ収納カバー

ランキング9位をご紹介

タイヤカバーおすすめ人気ランキングで9位にランクインしたのは、アイメディアの「タイヤ収納カバー」です。

おすすめランキング9位の商品情報

タイヤとタイヤカバー

気になる価格帯は?

・商品名:タイヤ収納カバー

・メーカー:アイメディア

・価格:980円

・素材:ポリエステルアルミコーティング

・重量:154g

・サイズ:直径約66×高さ83cm

・適応タイヤ径:適応サイズ205/60-15インチまで

タイヤカバーおすすめ人気ランキングで9位にランクインしたアイメディアの「タイヤ収納カバー」は、普通車用タイヤのカバーです。付属されたヒモで縛ることで、強風にも耐えうる保管力を兼ね備えています。また、紫外線を97%カットすることが出来るタイヤカバーです。選び方が分からない方は是非お試しください

8位:防炎タイヤカバー

防炎タイヤカバー

ランキング8位をご紹介

タイヤカバーおすすめ人気ランキングで8位にランクインしたのは、アラデンの「防炎タイヤカバー」です。

おすすめランキング8位の商品情報

地面に置かれた防炎タイヤカバー

気になる価格帯は?

・商品名:防炎タイヤカバー

・メーカー:アラデン

・価格:5,377円

・素材:ポリエステル100%・平織り生地使用

・重量:322g

・サイズ:27x22.4x9.9cm

・適応タイヤ径:195/80R15 215R15 215/70R15 215/80R15 225/70R15 225/80R15 235/70R15 235/75R15 255/70R15 265/70R15 31×10.50R15 175/80R16 215/65R16 215/70R16 215/80R16 225/60R16 235/80R16 245/70R16 275/70R16 225/55R17 265/65R17 235/50R18 245/45R18

タイヤカバーおすすめ人気ランキングで8位にランクインしたアラデンの「防炎タイヤカバー」は、その名の通り防炎加工が施されたタイヤカバーです。完全不燃なわけではありませんが、燃えにくい製品だと話題になっています。一つのカバーに最大で4つのタイヤまで保管することが出来るので、選び方が分からない方は是非お試しください。

7位:スタンド付きタイヤカバー

スタンド付きタイヤカバー

ランキング7位をご紹介

タイヤカバーおすすめ人気ランキングで7位にランクインしたのは、FIELDOORの「スタンド付きタイヤカバー」です。

おすすめランキング7位の商品情報

壁際に建てたスタンド付きタイヤカバー

気になる価格帯は?

・商品名:スタンド付きタイヤカバー

・メーカー:FIELDOOR

・価格:1,780円

・素材:ポリエステル300D

・重量:240g

・サイズ:26.7x25.4x4.2cm

・適応タイヤ径:195/45R17以下のみ対応

タイヤカバーおすすめ人気ランキングで7位にランクインしたFIELDOORの「スタンド付きタイヤカバー」は、その名の通りスタンドがついたタイヤカバーです。通常スタンド付きのタイヤカバーは5千円以上しますが、2千円以下で手に入るお手頃さが特徴です。また、バンドにボールバンドタイプを採用していますので、いとも簡単に設置することが出来ます。

おすすめランキング7位の評判は?

ボールバンド

気になる評判は?

スタンド付きタイヤカバーにしては安い価格設定ですが、世間の評判は良いのでしょうか。気になる口コミを見ていきましょう。

スタンド本体は高さ調整も出来、剛性もあるので満足です。カバーを留めるボールバンドも使いやすいです。

タイヤカバーおすすめ人気ランキングで7位にランクインしたFIELDOORの「スタンド付きタイヤカバー」に関する世間の口コミを調査したところ、コストパフォーマンスに優れた製品で評判が良いことが分かりました。スタンドをセットできるスペースがある方や、タイヤカバーの選び方が分からない方は是非お試しください。

タイヤカバーおすすめランキング6位~4位

6位:アイリスプラザのタイヤカバー

アイリスプラザのタイヤカバー

ランキング6位をご紹介

タイヤカバーおすすめ人気ランキングで6位にランクインしたのは、アイリスプラザのタイヤカバーです。

おすすめランキング6位の商品情報

タイヤを保護しているカバー

気になる価格帯は?

・商品名:タイヤカバー

・メーカー:アイリスプラザ

・価格:2,523円

・素材:ポリエステル300D

・重量:1.01kg

・サイズ:32.3x26.5x10cm

・適応タイヤ径:直径75cm、厚さ30cmまで対応

タイヤカバーおすすめ人気ランキングで6位にランクインしたアイリスプラザのタイヤカバーは、車1台分のタイヤを保管できる4枚セットになっています。タイヤカバーの入り口にヒモとストッパーが装着されていますので、水やホコリ、紫外線などを完全にブロックします。タイヤ1つ1つ持ち運びできますので、屋外のみならず屋内での保管にも適しています。

タイヤカバーの撥水効果

防水加工済み!

素材に防水加工済みのポリエステル300Dが使用されていますので、タイヤカバーが汚れた際は水拭き掃除することが出来ます。

水洗いは出来ますが、洗剤を使用して洗うのには適していないので、洗濯機で洗わないようご注意ください。また、タイヤカバーおすすめ人気ランキングで6位にランクインしたアイリスプラザのタイヤカバーは、収納バッグが付属されていますので、タイヤカバーを使わない時はコンパクトに折りたたんで保管できます。ユーザーの使い勝手を考慮した設計が施されたおすすめな製品です。

おすすめランキング6位の評判は?

聞いている女性

コスパは良い?

実際にアイリスプラザのタイヤカバーを手にした方々の口コミを確認して、コスパに優れた製品なのか判断していきましょう。

春先から秋までスタットレスタイヤを入れています。4本別々に入れて強度も十分でした。コスパとしても十分です。

タイヤカバーおすすめ人気ランキングで6位にランクインしたアイリスプラザのタイヤカバーに関する世間の口コミを調査したところ、耐久性が抜群で、コストパフォーマンスに優れた製品であることが分かりました。季節に合わせてタイヤを交換する方にとってタイヤカバーは大事ですので、アイリスプラザのタイヤカバーのように性能が優れた製品を是非お使いください。

5位:ミニバン用タイヤカバー

ミニバン用タイヤカバー

ランキング5位をご紹介

タイヤカバーおすすめランキングで5位にランクインしたのは、アストロの「ミニバン用タイヤカバー」です。

おすすめランキング5位の商品情報

タイヤカバーのヒモを締める人

気になる価格帯は?

・商品名:ミニバン用タイヤカバー

・メーカー:アストロ

・価格:1,880円

・素材:防水加工済みポリエステル

・重量:222g

・サイズ:径77×高さ105cm

・適応タイヤ径:径70x高さ23cmまでのタイヤを4本収納可

タイヤカバーおすすめランキングで5位にランクインしたアストロの「ミニバン用タイヤカバー」は、防水加工が施された素材を用いたタイヤカバーです。タイヤ4本をまとめて保管する仕様となっており、ミニバンサイズまでのタイヤであれば収納が可能です。また、専用のヒモが付属されている為、雨水やホコリが被らないよう完全に保護することが出来ます。

タイヤとタイヤカバー

直射日光からガード!

こちらのタイヤカバーを使用すれば、屋外で保管する場合も直射日光からタイヤを保護することが出来ます。

 

他にもホコリや雨水、湿気など、タイヤの劣化に繋がる要素を完全にシャットアウトする役目を果たします。

カバーのかけ方は非常に簡単で、カバーを地面に敷いてその上にタイヤを積み重ねるのみで完了します。タイヤを積む際は、カバーのつなぎ目装着されたチャックを開放することで作業効率がアップします。タイヤカバーおすすめランキングで5位にランクインしたアストロの「ミニバン用タイヤカバー」は、取っ手がついていないので、自宅で保管する際におすすめな製品です。

おすすめランキング5位の評判は?

何かを聞く女性

製品の評判は?

防水性や保管能力に優れたタイヤカバーの評判が気になるところですので、世間の口コミを調査していきます。

結構みなさん225/65R17用に使っている方が多いようですね。
私も同じサイズで使用しましたが、余裕があり被せるのが簡単で満足しています。

タイヤカバーおすすめランキングで5位にランクインしたアストロの「ミニバン用タイヤカバー」に関する世間の口コミを調査したところ、225/65R17サイズのタイヤで少しあまることが分かりました。サイズに余裕がある方がカバーを被せる際に楽ですので、余裕を持った保管をおすすめします。防水加工が施されたタイヤカバーをお求めの方や、選び方が分からない方含め是非お試しください。

4位:gbtのタイヤカバー

gbtのタイヤカバー

ランキング4位をご紹介

タイヤカバーおすすめランキングで4位にランクインしたのは、gbtのタイヤカバーです。

おすすめランキング4位の商品情報

地面に置かれたタイヤカバー

気になる価格帯は?

・商品名:タイヤカバー

・メーカー:gbt

・価格:1,599円

・素材:ポリエステル オックス300D

・重量:921g

・サイズ:31.2x23.2x6.2cm

・適応タイヤ径:直径63cm、厚さ30cmまで対応

タイヤカバーおすすめ人気ランキングで4位にランクインしたgbtのタイヤカバーは、タイヤ1本づつ保管できるタイプのタイヤカバーです。タイヤをまとめてポリ袋に入れて保管している方や、裸の状態で保管している方に最適な製品です。一般的なタイヤカバーに使用されるポリエステルよりもグレードアップした素材が使用されていますので、防水性や耐久性に優れています。

黒いgbtのタイヤカバー

国内のタイヤに対応!

こちらのタイヤカバーは、直径65cm、厚さ30cmまでのタイヤを保管できるサイズ感となっています。

このサイズは国内で流通しているほとんどのタイヤに対応していますので、サイズの心配が必要ありません。また、タイヤカバーおすすめ人気ランキングで4位にランクインしたgbtのタイヤカバーは、繋ぎ目の箇所をヒモで縛るタイプの為、タイヤをピッタリサイズで保管できます。更に、持ち運びに便利な取っ手が装着されていますので、利便性が優れた製品であることが分かります。

おすすめランキング4位の評判は?

星が書かれた黒板

口コミを調査!

利便性が高く、使い勝手の良いタイヤカバーは評判が良いのでしょうか。世間の口コミを見ていきましょう。

楽天の商品と迷ったのですが、レビューが良かったのでこちらを購入することにしました。
使った印象としては作りもしっかりしていて、複数シーズン持ちそうです。

タイヤカバーおすすめ人気ランキングで4位にランクインしたgbtのタイヤカバーに関する世間の口コミを調査したところ、しっかりとした作りで耐久性に優れていることが分かりました。タイヤカバーは重たいタイヤに耐えなければならないので、作りが雑なカバーだとすぐに壊れてしまいます。タイヤカバーの選び方が分からない方は、実際に購入した方々の口コミを参考にすることをおすすめします。

タイヤカバーおすすめランキング3位:7200-06SI

7200-06SI

ランキング3位をご紹介

タイヤカバーおすすめランキングで3位にランクインしたのは、ボンフォームの「7200-06SI」です。

おすすめランキング3位の商品情報

7200-06SIを持っている人

気になる価格帯は?

・商品名:7200-06SI

・メーカー:ボンフォーム

・価格:1,591円

・素材:ポリエステル100%

・重量:667g

・サイズ:28.3x21.9x10.6cm

・適応タイヤ径:直径69cmまで・幅24.5cmまで対応

タイヤカバーおすすめ人気ランキングで3位にランクインしたボンフォームの「7200-06SI」は、チャック付きのタイヤカバーです。チャックと付属された紐をきつく縛ることで、タイヤを空気中に触れさせることなく保管することができます。また、サイズ感のゆったりした取っ手が二箇所に取り付けてありますので、両手で持てますし、一人では辛い時にお二人で持ち運びができるようになっています。

タイヤのナット

ポケット付属品!

タイヤを車から取り外す際、ナットの保管場所に迷ったことがあるのではないでしょうか。こちらの製品はそんな悩みを解決する機能が搭載されています。

タイヤカバーの側面に、サイズの小さいポケットが搭載されていますので、タイヤのナットや空気投入口のフタを保管することができます。タイヤカバーおすすめ人気ランキングで3位にランクインしたボンフォームの「7200-06SI」は、1セット2枚組で販売されていますので、車一台分のタイヤカバーをお求めの方は2セット手に入れることをおすすめします。

7200-06SIの説明

シール表示で分かりやすく!

専用のシールが付属されていることで、カバーに収納したタイヤを正確に示すことができます。

 

カバー内で保管していると、前輪なのか後輪なのか区別がつかないので、シールはいざという時に役立ちます。

おすすめランキング3位の評判は?

星に指さしている人

世間の評判は?

良質な素材を用いていることで防水性に優れたタイヤカバーの評判はどうなのでしょうか。気になる口コミを見ていきましょう。

結構、丈夫です。
タイヤは黒いビニール袋に入れた上で、本袋に収納し、バルコニーのタイヤラックに保管しています。
タイヤ交換時に取っ手を握り運びますが、取っ手の、縫い目も解けず割合頑丈かと思います。

タイヤカバーおすすめ人気ランキングで3位にランクインしたボンフォームの「7200-06SI」に関する世間の口コミを調査したところ、良質な素材を用いていることで耐久性に優れた製品であることが分かりました。取っ手が付属されている製品の中には耐久性に乏しいものもあり、口コミを参考にした選び方も最適です。タイヤカバーの選び方が分からない方は是非お試しください。

タイヤカバーおすすめランキング2位:131260

131260

ランキング2位をご紹介

タイヤカバーおすすめランキングで2位にランクインしたのは、ミシュランの「131260」です。

おすすめランキング2位の商品情報

・商品名:131260

・メーカー:ミシュラン

・価格:6,300円

・素材:600デニールポリエステル

・重量:1.52kg

・サイズ:10x7x7cm

・適応タイヤ径:22インチ〜31インチ(直径:約56cm~約79cmまで対応)

タイヤカバーおすすめ人気ランキングで2位にランクインしたミシュランの「131260」は、タイヤ1つずつ保管可能なタイヤカバーです。1セット4枚組になっていますので、車1台分のタイヤにカバーをかけることができます。安いタイヤカバーは、いくつかタイヤを積み上げた後にまとめてカバーをかけますが、こちらの製品を使えばタイヤを小分けにできますので、柔軟な利用が可能です。

キャリーハンドル付き!

ミシュランのタイヤカバーは、持ち運びに便利なキャリーハンドルがついていますので、重たいタイヤを片手で運ぶことができます。

タイヤカバーの耐久性も優れていて、1つのカバーで37kgの重さまで耐えることができます。また、タイヤカバーおすすめ人気ランキングで2位にランクインしたミシュランの「131260」は、600デニールポリエステルの素材が使用されていますので、防水性が優れていて、カバーを丸ごと洗濯機で洗濯することもできます。保管力や防水力、持ちやすさなど全ての機能を網羅したタイヤカバーです。

タイヤを包む131260

デザインがおしゃれ!

一般的なタイヤカバーは地味な見た目のものが多いですが、こちらの製品は充実した保管力のみならずデザイン性も優れています。

また、タイヤカバーにマジックテープが装着されており、タイヤに一周回したらマジックテープで留める仕様となっています。タイヤカバーおすすめ人気ランキングで2位にランクインしたミシュランの「131260」は、側面がむき出しになっていますので、ホイールスポークに傷がついてしまう可能性があります。その際は、フェルト等を使用することで対策が可能ですので是非お試しください。

おすすめランキング2位の評判は?

タイヤカバーおすすめ人気ランキングで2位にランクインしたミシュランの「131260」に関する世間の口コミを調査したところ、サイズ感や持ち運びのしやすさ、防水性や保管能力など全てを網羅したタイヤカバーであることが分かりました。タイヤ―カバーの選び方が分からない方や、上質なタイヤカバーに買い替えたい!と考えている方は是非お試しください。

タイヤカバーおすすめランキング1位:TE-700E

TE-700E

ランキング1位をご紹介

タイヤカバーおすすめランキングで1位にランクインしたのは、アイリスオーヤマの「TE-700E」です。

おすすめランキング1位の商品情報

壁際に置かれたTE-700E

気になる価格帯は?

・商品名:TE-700E

・メーカー:アイリスオーヤマ

・価格:1,047円

・素材:ポリエステル

・重量:181g

・サイズ:幅59x奥行36 x高さ127cm

・適応タイヤ径:175/65R15、185/65R15、195/65R15、215/65R16、235/50R18

タイヤカバーおすすめランキングで1位にランクインしたアイリスオーヤマの「TE-700E」は、アマゾンのタイヤカバー界でベストセラーに輝いている人気な商品です。ポリエステルの素材を用いていることで、軽さと耐久性などの保管能力が長けている上、防水面も十分な働きをしてくれます。また、紫外線を完全ブロックしますので、大事なタイヤを劣化から保護してくれます。

カバーがかけられたタイヤ

コーティングが素晴らしい!

タイヤカバーの表面に、フッ素撥水加工の一つである「シルバーコーティング」が施されていることで、タイヤが変質や変色をしないよう保護してくれます。

 

せっかくタイヤカバーを使っているのにタイヤが劣化してしまうようでは話にならないので、コーティングが施されているか否かは選び方の観点で重要な点です。

タイヤカバーおすすめランキングで1位にランクインしたアイリスオーヤマの「TE-700E」は、1,000円代で手に入ることもあり、保管能力がしっかりとしているのか気になるところです。素材に用いられているポリエステルは、長期間日差しにさらしても強度や保管能力がほとんど変わらないと言われています。ポリエステルはタイヤカバーだけでなく、車カバーやバイクカバーにも使用されています。

地面に置かれたTE-700E

ワンタッチ紐止めが有難い!

こちらのタイヤカバーは、カバー使用中に裾がバタバタしてしまわないよう、ワンタッチ紐止めが標準装備されています。

 

強風が吹き荒れた際に、ワンタッチ紐止めが装備されていないと騒音を引き起こすことがありますので、大いにメリットのある機能です。

ポリエステルは防水の面で充実した機能を兼ね備えており、撥水性や汚れの付着防止に特化しています。タイヤカバーおすすめ人気ランキングで1位にランクインしたアイリスオーヤマの「TE-700E」は、安い価格帯で手に入るコストパフォーマンスに優れた点が特徴ですので、タイヤカバーの選び方が分からない方に最適です。

おすすめランキング1位の評判は?

積み上げられたタイヤ

口コミを調査!

安い価格面や充実した保管能力が特徴なタイヤカバーの評判はどうなのでしょうか。気になる口コミを調査していきます。

ロックストッパー付きのひもで裾をしっかりと縛ることができ、20m/Sの強風でもせり上がることはありませんでした。
最低限の撥水性は確保されており、今のところ保管タイヤに大きく染み出してはいません。

タイヤカバーおすすめランキングで1位にランクインしたアイリスオーヤマの「TE-700E」に関する世間の口コミを調査したところ、強風への耐性や防水性が優れた製品であることが分かりました。タイヤカバーの使用時、上段に積み上げたタイヤのくぼみに雨水が溜まりがちです(カバーの上から)。上部に三角形の板を乗せることで対策が可能ですので、是非お試しください。

保管するときのタイヤの積み方はどれがおすすめ?

平積みされたタイヤ

平積みがおすすめ!

タイヤの保管は「平積み」がおすすめです。平積みはトレッド面に重さが掛からないので、ホイールに負荷を与える心配がありません。

タイヤカバーおすすめランキング!のまとめ

タイヤカバー

ランキングのまとめ!

タイヤカバーのおすすめな製品をランキング形式でご紹介すると共に、最適な選び方やおすすめな積み方をご紹介しました。

タイヤカバーはそこまで種類が多くはないので、冒頭で紹介した選び方を参考にすることで良質な製品に巡り合えることでしょう。用途や予算を設定して、所有しているタイヤに合ったカバーを手に入れてください。

カー用品に関する記事をもっと読みたい方はコチラ

ドライブレコーダーおすすめランキングTOP15!選び方や購入時のポイントは? | ランキングまとめメディア
車用カーテンおすすめランキングTOP11!選び方・取り付け時の注意も紹介 | ランキングまとめメディア
車のフロアマット人気ランキングTOP11!おすすめ素材や選び方は? | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ