車のタイヤ用空気入れおすすめランキングTOP11!自宅で空気圧調整ができる!

自宅で空気圧の調整が可能なことで話題になっている車用空気入れ。足踏みタイプや電動タイプなど様々な製品が販売されていて選び方に困ってしまうものです。本記事では車のタイヤ用空気入れのおすすめな製品をランキング形式でご紹介すると共に、最適な選び方や空気圧の目安、タイヤの空気が抜けてしまう理由などもご紹介します。是非おすすめランキングを見て最適な空気入れを手に入れてください。

目次

  1. 車の空気入れ人気おすすめランキング!タイヤの空気圧調整に
  2. 車の空気入れ人気おすすめランキング11位~7位
  3. 車の空気入れ人気おすすめランキング6位~4位
  4. 車の空気入れ人気おすすめランキング3位:充電式空気入れ
  5. 車の空気入れ人気おすすめランキング2位:電動エアコンプレッサー
  6. 車の空気入れ人気おすすめランキング1位:エアコンプレッサー
  7. 車タイヤの空気はどのくらい入れる?空気圧の目安について
  8. 車のタイヤの空気が抜ける考えられる原因
  9. 車の空気入れ人気おすすめランキング!のまとめ

車の空気入れ人気おすすめランキング!タイヤの空気圧調整に

車の燃費対策に車のタイヤ用空気入れ

メルテックの空気入れ

ランキングをご紹介

車を管理する上で必要なタイヤの空気入れ。空気圧の管理が楽な電動タイプや、コストを抑えた足踏みタイプなど種類が豊富です。

 

本記事では車のタイヤ用空気入れでおすすめな製品をランキング形式でご紹介していきますので、最適な製品を手に入れてください。

おすすめの車の空気入れの選び方

電動や足踏みなどタイプで選ぶ

足踏み式の空気入れ

製品の特長を押さえる

車のタイヤ用空気入れは「足踏み式」「電動式」「電池式」の3種類あり、それぞれ価格や空気の入れ方が異なります。

 

足踏み式の構造は自転車用と同じで、レバーの上下運動により空気の投入が完了します。

足踏み式は電気を使わず人の力のみを必要としますので、外出先や自宅など、場所にとらわれることなく空気を入れることができます。また、電動式は電気を活用してエアーコンプレッサーを稼働させる仕様で、空気圧の設定をすると自動的に空気の注入を行います。最後に電池式は、リチウムイオン電池を用いた空気入れで、電源コード無しでさっと空気を入れることができます。

車の空気入れ人気おすすめランキング11位~7位

11位:GOOLOO「車用空気入れ」

GOOLOOの車用空気入れ

ランキング11位をご紹介

車のタイヤ用空気入れおすすめランキングで11位にランクインしたのは、GOOLOOの「車用空気入れ」です。

おすすめランキング11位の商品情報

空気を入れているGOOLOOの空気入れ

気になる価格帯は?

・商品名:車用空気入れ

・メーカー:GOOLOO

・価格:999円

・タイプ:電動式

・サイズ:18.2x12.4x8.5cm

・電源定格:12V

・備考:専用の収納袋付き

こちらの空気入れは千円以下という安い価格帯ながら高圧力な空気を放出するハイスペックな点が特徴です。足踏み式の空気入れで注入するよりも遥かに時間短縮になりますし、体の疲労も蓄積されません。コスパに優れた製品をお求めの方や、空気入れの選び方に困っている方は是非お試しください。

10位:suaoki「電動コンプレッサー」

suaokiの電動エアコンプレッサー

ランキング10位をご紹介

車のタイヤ用空気入れおすすめランキングで10位にランクインしたのは、suaokiの「電動エアコンプレッサー」です。

おすすめランキング10位の商品情報

空気圧の確認をしている人

気になる価格帯は?

・商品名:電動コンプレッサー

・メーカー:suaoki

・価格:1,599円

・タイプ:電動式

・サイズ:108(L)x95(W)x47mm(H)

・電源定格:12V

・備考:3種類のアダプターノズルが付属

車のタイヤ用空気入れおすすめランキングで10位にランクインしたsuaokiの「電動エアコンプレッサー」は、シガーソケットに接続して稼働する空気入れです。自動車のシガーソケットに空気入れを繋ぎ、電源ボタンを押すことで空気の注入が開始されます。また、3種類のアダプターノズルが付属されていますので、自動車以外の様々なものに利用可能です。選び方が分からない方は是非お試しください。

9位:Ymiko「電動エアコンプレッサー」

電動エアコンプレッサー

ランキング9位をご紹介

車のタイヤ用空気入れおすすめランキングで9位にランクインしたのは、Ymikoの「電動エアコンプレッサー」です。

おすすめランキング9位の商品情報

自動車と電動エアコンプレッサー

気になる価格帯は?

・商品名:電動エアーコンプレッサー

・メーカー:Ymiko

・価格:3,688円

・タイプ:電動式

・サイズ:20.5×12.5×11cm

・電源定格:12V

・備考:自動停止機能搭載

車のタイヤ用空気入れおすすめランキングで9位にランクインしたYmikoの「電動エアコンプレッサー」は、空気圧のデジタル表示画面が2つ装備された空気入れです。左側のスクリーンに空気圧の設定値、右側のスクリーンにはリアルタイムの空気圧が表示されます。タイヤの圧力値の変化を追うことが出来るので、足踏み式の空気入れよりも効率良く空気を入れることが出来ます。

8位:SIMBAILAI「電動エアーポンプ」

SIMBAILAIの電動エアーポンプ

ランキング8位をご紹介

車のタイヤ用空気入れおすすめランキングで8位にランクインしたのは、SIMBAILAIの「電動エアーポンプ」です。

おすすめランキング8位の商品情報

電動エアーポンプの使い方

気になる価格帯は?

・商品名:電動エアーポンプ

・メーカー:SIMBAILAI

・価格:1,999円

・タイプ:充電式

・サイズ:???

・電源定格:12V

・備考:単三電池でも稼働可能(単三電池8本)

車のタイヤ用空気入れおすすめランキングで8位にランクインしたSIMBAILAIの「電動エアーポンプ」は、自動車のシガーソケットのみならず、単三電池でも稼働する空気入れです。空気圧の設定が出来ないので、多く注入してしまうことがあるかもしれません。こちらの製品は空気の出し入れが可能ですので、余分に入れてしまった空気をボタン一つで抜くことが出来ます。足踏み式よりも楽でコスパの良い製品です。

7位:MAYOGA「車用空気入れ」

MAYOGAの空気入れ

ランキング7位をご紹介

車のタイヤ用空気入れおすすめランキングで7位にランクインしたのは、MAYOGAの「車用空気入れ」です。

おすすめランキング7位の商品情報

MAYOGAの空気入れを使用している人

気になる価格帯は?

・商品名:車用空気入れ

・メーカー:MAYOGA

・価格:5,699円

・タイプ:充電式

・サイズ:29x13.4x7.6cm

・電源定格:12V

・備考:シガーソケット・コンセント両方対応

車のタイヤ用空気入れおすすめランキングで7位にランクインしたMAYOGAの「車用空気入れ」は、充電式の空気入れです。充電式の最大のメリットは、事前に充電しておくことで、いざという時に電源に繋げずに使用できる点です。約460gと軽量で持ち運びしやすい設計が特徴ですので、空気入れの選び方が分からない方は是非お試しください。

車の空気入れ人気おすすめランキング6位~4位

6位:FYLINA「車用空気入れ」

車用空気入れ

ランキング6位をご紹介

車のタイヤ用空気入れおすすめランキングで6位にランクインしたのは、FYLINAの「車用空気入れ」です。

おすすめランキング6位の商品情報

車用空気入れの側面

気になる価格帯は?

・商品名:車用空気入れ

・メーカー:FYLINA

・価格:3,400円

・タイプ:電動式

・サイズ:14x4x9cm

・電源定格:12V

・備考:デジタル表示のエアゲージ

車のタイヤ用空気入れおすすめランキングで6位にランクインしたFYLINAの「車用空気入れ」は、シガーソケットに繋いで使用するタイプの空気入れです。デジタル表示のエアゲージに空気圧を設定し、設定値に達すると自動的に停止する仕様となっています。最大圧力は100PSIで、単位はPSI/BAR/KPA Kg/㎡の4つから選択することができます。

車用空気入れの操作方法

操作方法が簡単!

こちらの製品は機械に疎い方でも使用できる簡単な操作が魅力です。どんな方でも説明書を見ながら空気を入れられますのでおすすめです。

また、モーターの加熱保護機能が搭載されており、空気入れの温度が100℃を超えると自動的にオフになります。故障を未然に防ぐ措置が講じられていますので、安心して使用できます。空気入れの選び方が分からない方は是非お試しください。

5位:LOFTER「エアコンプレッサー」

LOFTERのエアコンプレッサー

ランキング5位をご紹介

車のタイヤ用空気入れおすすめランキングで5位にランクインしたのは、LOFTERの「エアコンプレッサー」です。

おすすめランキング5位の商品情報

エアコンプレッサーと自動車等

気になる価格帯は?

・商品名:エアコンプレッサー

・メーカー:LOFTER

・価格:2,873円

・タイプ:電動式

・サイズ:18x9.2x18cm

・電源定格:12V

・備考:LEDライト搭載

車のタイヤ用空気入れおすすめランキングで5位にランクインしたLOFTERの「エアコンプレッサー」は、自動車専用の空気入れです。車のエンジンをかけ、シガーソケットに差し込むことで稼働するタイプで、DC12Vの車であれば使用可能です。設定した空気圧に達することで自動停止する仕様で、労力や時間を必要としない利便性に優れた空気入れです。

エアコンプレッサーの使用方法

価格が安い!

こちらの製品は自動車専用の空気入れと用途の幅が狭いことで、安い価格帯を実現しました。

 

コンパクトなサイズが特徴ですので、トランクの空きスペースに保管していても邪魔にならない点が魅力です。

使用後は煩わしい配線を収納できる機能が搭載されており、使用時の利便性のみならず管理時のことも配慮した作りが人気な理由の一つです。また、車のタイヤ用空気入れおすすめランキングで5位にランクインしたLOFTERの「エアコンプレッサー」の作動音が60db(日常会話レベル)と非常に静かなので、夜間に自宅付近の駐車場で空気を入れても近隣の方々に迷惑がかかることはありません。

おすすめランキング5位の評判は?

エアコンプレッサーのコードのサイズ

リアルな口コミが気になる!

空気入れは実際に手にした方の口コミを見ることで本当の価値が分かるものです。世間のリアルな口コミを参考にしてください。

お値段お安かったので、ちゃんと使えるか謎でしたが、、、
いざ届いて使ってみると、普通に使えるじゃないですか。ちょっく空気足すくらいなら、あっという間。
完全に空気の抜けた自転車にも使ってみたんだが、10秒かからずパンパンに。
いい買い物した。

車のタイヤ用空気入れおすすめランキングで5位にランクインしたLOFTERの「エアコンプレッサー」に関する世間の口コミを調査したところ、コストパフォーマンスに優れた製品であることが分かりました。電動式ですので空気の注入時間がかからないので、時間の節約にも繋がります。機能が充実した安い製品をお求めの方や、空気入れの選び方が分からない方は是非お試しください。

4位:TiaKia「空気入れ」

TiaKiaの空気入れ

ランキング4位をご紹介

車のタイヤ用空気入れおすすめランキングで4位にランクインしたのは、TiaKiaの「空気入れ」です。

おすすめランキング4位の商品情報

TiaKiaの銀色の空気入れ

気になる価格帯は?

・商品名:空気入れ

・メーカー:Tiakia

・価格:2,899円

・タイプ:足踏み式

・サイズ:直径約22mm、高さ約283mm

・電源定格:電源無し

・備考:リュックサックに収納できるサイズが特徴

車のタイヤ用空気入れおすすめランキングで4位にランクインしたTiaKiaの「空気入れ」は、コンパクトなサイズが特徴な足踏み式の空気入れです。160PSIという圧力を兼ね備えていますので、高圧省力で楽にポンピングができます。空気の投入時間の削減に繋がりますので、腕の疲労感の軽減や時間の短縮に一役買ってくれます。

空気入れのアダプター

様々な用途に対応!

画像の通り別に4種類の先端アダプターが付属されていますので、タイヤの空気入れ以外の様々な用途に対応しています。

また、CNC技術で加工されたアルミ合金が採用されているため、軽いながらも強度が高く、プラスチック製の空気入れよりも頑丈な設計になっています。更に、車のタイヤ用空気入れおすすめランキングで4位にランクインしたTiaKiaの「空気入れ」は、耐温ゴムチューブを取り入れていますので、夏場の暑さにも負けない長持ちする仕様になっています。

おすすめランキング4位の評判は?

スーツ姿で何かを聞く女性

口コミが気になる!

リュックサックに収納可能できるコンパクトな空気入れの評判はどうなのでしょう。気になる口コミをアマゾンで調査していきます。

アルミニウム合金で、見た目は高級感があり、コンパクトでめっちゃいいです。
日本語の取扱説明書が付いていて親切です。すぐに使い方を覚えられました。

車のタイヤ用空気入れおすすめランキングで4位にランクインしたTiaKiaの「空気入れ」に関する世間の口コミを調査したところ、高級感のある見た目や充実した機能性に関する良い意見が数多く見つかりました。足踏み式の空気入れとしてはやや割高ですが、その分利便性や機能性が優れていますので、コストパフォーマンスに優れた製品だと言えます。選び方が分からない方も是非お試しください。

車の空気入れ人気おすすめランキング3位:充電式空気入れ

充電式空気入れ

ランキング3位をご紹介

車のタイヤ用空気入れおすすめランキングで3位にランクインしたのは、GlobalCityの「充電式空気入れ」です。

おすすめランキング3位の商品情報

充電式空気入れで空気を入れている人

気になる価格帯は?

・商品名:充電式空気入れ

・メーカー:GlobalCity

・価格:6,480円

・タイプ:充電式

・サイズ:???

・電源定格:???

・備考:コードレスタイプ、持ち運びが楽

車のタイヤ用空気入れおすすめランキングで3位にランクインしたGlobalCityの「充電式空気入れ」は、スタイリッシュで洗練されたおしゃれなデザインが特徴な空気入れです。サイズがコンパクトなため持ち運びのしやすさが抜群に優れており、車やロードバイク、自転車、サッカーボールなど、様々な用途に対して即座に対応できるスペックを兼ね備えています。

スマホの充電をしている空気入れ

スマホの充電も可能!

上述で様々な用途に対応できるとご紹介した通り、スマートフォンの充電にも対応しています。

 

マイクロUSBケーブルが付属されていますので、iPhoneやAndroid等の端末やiPadの充電にも対応しています。

ただ、ライトニングケーブルは付属していないので、使い勝手が悪いと感じた方は別途お買い求めが必要となります。他にも車のタイヤ用空気入れおすすめランキングで3位にランクインしたGlobalCityの「充電式空気入れ」には、専用の収納ポーチがついています。本体のデザインがおしゃれなだけでなく、専用ケースもおしゃれさが際立っています。

白の充電式空気入れ

安心の12か月保証!

電子機器は短期間の故障が懸念されますが、こちらの空気入れは12か月の保証期間が設けられていますので、選び方が分からない方に最適です。

おすすめランキング3位の評判は?

五つ星

世間の口コミは?

スマホのモバイルバッテリーとしても活用できる空気入れは評判が良いのでしょうか。口コミを見て購入の判断をしていきましょう。

こんなにコンパクトで本当に空気入れなんて出来るのかと心配してましたが、試しに使ってみたら全くの杞憂でした。
ライト付きなので暗い時にも活躍しそうです。

車のタイヤ用空気入れおすすめランキングで3位にランクインしたGlobalCityの「充電式空気入れ」に関する世間の口コミを調査したところ、良い意味で期待を裏切られた方が多いことが分かりました。空気入れにデザイン性を求めている方に最適ですし、長い保証期間が設けられていますので、選び方が分からない初心者の方にも最適です。

車の空気入れ人気おすすめランキング2位:電動エアコンプレッサー

電動エアコンプレッサー

ランキング2位をご紹介

車のタイヤ用空気入れおすすめランキングで2位にランクインしたのは、JanGooの「電動エアコンプレッサー」です。

おすすめランキング2位の商品情報

電動エアコンプレッサーの表示画面

気になる価格帯は?

・商品名:電動エアコンプレッサー

・メーカー:JanGoo

・価格:5,099円

・タイプ:電動式

・サイズ:22x5x17.5cm

・電源定格:120W

・備考:コードレスタイプ

車のタイヤ用空気入れおすすめランキングで2位にランクインしたJanGooの「電動エアコンプレッサー」は、電動式ながらコードレスで携帯可能な空気入れです。空気入れというと大きなサイズ感をイメージしますが、過去のイメージを払拭する画期的なデザイン性やコンパクトさが人気な秘密です。空気入れのトリガーを押すだけのワンタッチ操作により様々なものに空気を投入することができます。

電動エアコンプレッサーのサイズ

フル充電で6つのタイヤに充填可能!

2200mAhという大容量なバッテリーを搭載していますので、フル充電することにより最大で6つのタイヤに空気を入れることができます。

 

車に自転車を積んで外出した際に大活躍しますし、いざという時にも働いてくれる革新的な空気入れです。

空気圧の単位はPSI/BAR/KPA/Kg/㎡の4つから選ぶことができますので、車だけでなく、トラックやバスなど、大きなタイヤにも使用可能です。また、車のタイヤ用空気入れおすすめランキングで2位にランクインしたJanGooの「電動エアコンプレッサー」は、設定した空気圧に達すると自動で停止する機能が装備されています。最大で150PSIまで充填可能ですのでお好みに合わせた空気圧の調整ができます。

電動エアコンプレッサーのLED

片手操作が可能!

足踏み式の空気入れは両手両足が必須となりますが、コードレスで電動式の空気入れは片手のみで作業が完了します。

 

高輝度なLEDも装備されていますので、作業時間を減らして楽に空気を充填したい方に最適な製品です。

また、青色基盤のLCD液晶画面が搭載されていますので、空気圧の確認や設定が可能です。別に圧力計を手に入れる必要がないので、空気入れに慣れていない人でも楽に作業を進めることができます。これだけの機能を備えた空気入れながら5,000円前後で手に入りますので、ガソリンスタンドで空気を入れていた方や、足踏み式を使用していた方、選び方が分からない方に最適です。

おすすめランキング3位の評判は?

何かを聞く女性

評判を調査!

様々な機能が搭載されたコスパの良い空気入れの評判はどうなのでしょうか。世間の口コミを調査していきます。

とにかくコードレスは最高に楽ですね。
車5台バイク2台もっているので、
空気圧のチェックが面倒で、
コードタイプでするかスタンドでしてましたが、
ええい、買ってしまえと、みなさんのレビューを信じて
買ったら、大正解、めっちゃ楽です。

車のタイヤ用空気入れおすすめランキングで2位にランクインしたJanGooの「電動エアコンプレッサー」に関する世間の口コミを調査したところ、これ以上ない褒め言葉で称賛しているコメントが数多く見つかりました。コードレスタイプの空気入れは最先端ですが、手に入れやすい価格帯と相まったことで人気な製品となりました。空気入れの選び方が分からない方は是非お試しください。

車の空気入れ人気おすすめランキング1位:エアコンプレッサー

エアコンプレッサー

ランキング1位をご紹介

車のタイヤ用空気入れおすすめランキングで1位にランクインしたのは、AstroAIの「エアコンプレッサー」です。

おすすめランキング1位の商品情報

エアコンプレッサーの側面

気になる価格帯は?

・商品名:エアコンプレッサー

・メーカー:AstroAI

・価格:3,999円

・タイプ:電動式

・サイズ:21.8x19x9.9cm

・電源定格:12V

・備考:空気圧デジタル表示

車のタイヤ用空気入れおすすめランキングで1位にランクインしたAstroAIの「エアコンプレッサー」は、電動式の空気入れです。35L/Minの強い気流を作り出すことができますので、一般的な空気入れと比較すると約2倍の速さで空気の充填が完了します。気流を作り出すスピードが上がるとモーターの騒音が懸念されますが、従来の製品よりも低騒音に進化した点が特徴です。

エアコンプレッサーのLED

LEDを搭載!

車のタイヤに空気を入れるのは昼間だけ!という方には必要ありませんが、夜間に車のメンテナンスをする方にとってLEDはありがたい機能です。

 

ただ、タイヤに空気を入れる際はエネルギーを必要とするため、充填中はLEDが点灯しないのでご注意ください。

足踏み式の空気入れは別に圧力計を手に入れないと正確な空気圧が分かりませんが、車のタイヤ用空気入れおすすめランキングで1位にランクインしたAstroAIの「エアコンプレッサー」は、空気圧を設定できますので、充填→空気圧のチェックという作業を繰り返し行う必要がありません。また、デジタルメーターが装備されていますので、リアルタイムで空気圧の確認が行えます。

エアコンプレッサーの一式

ノズルの種類が豊富!

4種類のノズルが付属されており、車のタイヤのみならず、自転車やボール、風船やエアクッションなど様々なものに使用できます。

通常、タイヤ以外の用途に使用する際は先端ノズルを別に購入しなければならないので、コストパフォーマンスに優れた製品であることが分かります。また、車のタイヤ用空気入れおすすめランキングで1位にランクインしたAstroAIの「エアコンプレッサー」は、バルブコネクターを取り外す際に起こりがちなエア漏れを考慮した設計になっており、設定した圧力値よりも多く増圧するようデフォルメされています。

おすすめランキング1位の評判は?

評価リスト

世間の評判は?

空気圧の設定が可能な電動タイプの空気入れは評判が良いのでしょうか。気になる口コミを見ていきましょう。

なんといっても設定値でオートストップする機能はものすごく便利で、測定→調整の手間がなく、四本均等に設定するのに繋いでスイッチオンするだけなので手間が3分の1くらいに感じます。

車のタイヤ用空気入れおすすめランキングで1位にランクインしたAstroAIの「エアコンプレッサー」に関する世間の口コミを調査したところ、タイヤの空気を入れる時間を大幅に削減できる製品であることが分かりました。定価は1万円を超える製品ですが、アマゾンでは4千円弱で販売されていてお得です。タイヤの空気入れの選び方が分からない方は是非お試しください。

車タイヤの空気はどのくらい入れる?空気圧の目安について

空気圧の目安は車種によって違う!

ドアの開口部

ご自身の車を確認!

せっかく空気圧を手に入れても、空気圧の目安を把握していなければ元も子もありません。

車種によって異なる空気圧の目安は、車のドアを開けた際の開口部に表示されています。車の燃費が悪くならないよう、表示されている目安の通りに空気を入れることをおすすめします。

車のタイヤの空気が抜ける考えられる原因

原因を知って空気圧をマスター!

車のタイヤ

そもそもゴムは空気を通す

ゴムは空気を通さないと考えている方が多いですが、微量ながらゴムから空気が漏れ出しているのです。

パンクやリムのズレなど、タイヤの空気が抜けてしまう理由は様々ですが、微小な量の空気の抜けは仕方ないことです。最低でも1ヶ月に1度は空気圧を測ること、しばらく車に乗っていない場合は、乗車前に必ず空気を入れることを心がけてください。

車の空気入れ人気おすすめランキング!のまとめ

車のタイヤに空気を入れている人

ランキングのまとめ!

車のタイヤ用空気入れのおすすめな製品をランキング形式でご紹介すると共に、足踏み式や電動式などの種類、空気圧の目安や最適な選び方をご紹介しました。

自動車タイヤの空気入れは千円以下で手に入る物から数万円かかるものまで値段の幅が広いため、用途や予算など選び方を事前に決めておくことをおすすめします。最適な空気入れを手に入れて、タイヤのメンテナンスをしっかりと行っていきましょう。

タイヤに関する記事をもっと読みたい方はコチラ

軽トラ用タイヤおすすめランキングTOP11!安定性・耐久性や価格を比較! | ランキングまとめメディア
タイヤカバーおすすめランキングTOP9!タイヤの保管に!素材や選び方を解説 | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ