テントマットのおすすめランキングTOP15!快適な寝心地を得るための必需品!

キャンプや登山の快適な寝心地を確保するためには、テントマットが必要です。テントマットは快適な睡眠を提供してくれるだけではなく、快適なキャンプや登山を演出してくれるおすすめの道具です。そこで、おすすめのテントマットについてランキングで紹介します。これからキャンプや登山を考えている人はランキングを参考にして、テントマットを導入してみてはいかがでしょうか。テントマットの選び方などもあわせて紹介します。

目次

  1. テントマットのおすすめランキング!
  2. テントマットのおすすめランキング15位~11位
  3. テントマットのおすすめランキング10位~7位
  4. テントマットのおすすめランキング6位~4位
  5. テントマットのおすすめランキング3位~1位
  6. キャンプに必要な持ち物をチェック!
  7. テントマットのおすすめランキングTOP15のまとめ

テントマットのおすすめランキング!

緑のマット

キャンプや登山を快適にしてくれるマット

キャンプや登山でテント泊を楽しむ時に、快適な睡眠を提供してくれる道具にマットがあります。

マットを使う事で、キャンプや登山で疲れた体を優しくいたわってくれるのです。キャンプや登山で使われているマットは、収納性と弾力に優れたマットが数多く販売されています。ここではマットについて紹介させて頂きます。

快適な寝心地に必要不可欠!テントマットのご紹介

黄色いエアマット

寝心地を確保する事は大切な事

キャンプや登山など、テント泊には快眠が不可欠です。快眠をする事で、疲れた体を休め、翌日の活量を生み出してくれるからです。

寝心地を確保する事は、体を休めるだけではありません。キャンプ泊では意外に体を痛めてしまうもの。そうした体のトラブルからも守ってくれます。特に、腰痛をもっていたり膝を痛めていたりする場合は、マットを活用して快適な睡眠環境を作り出しましょう。それに、子供の為にも快適な睡眠環境は大切な場所と言えます。

テントマットの大切な役割とは

夏も冬も快適にしてくれる重要な役割

縦にされたエアマット

地面からの冷気を遮る

マットは睡眠を快適にするための道具ではありますが、実はもっと重要な役割があります。

 

それは地面からの冷たい空気を遮断してくれるのです。

特に、冬場など寒い時期の床冷えは強烈です。せっかくキャンプを楽しみに来たのに、体を冷やしてしまい風邪をひいてしまっては寂しい物です。また、登山などでは冷たい場所に良く出向きます。寒い環境でのキャンプが多い登山では特にマットは重要なアイテムと言えるでしょう。

銀マットを敷き詰めたテント

銀マットの使い方は重要

マットの種類の中には「銀マット」と呼ばれる種類のマットがあります。銀マットは使い方を知らないと効果がありません。

 

意外に知られていない銀マットの使い方を簡単に説明します。

銀マットは夏などの暑いときは銀色のアルミ部分を地面に向けて敷きます。これは、地面からの熱をアルミのマットで防ぐためです。一方で、冬場などの寒い時期はアルミ部分を内側に向けて敷きます。これは、体の熱を外に逃がさないためです。このように、銀マットは季節によって敷く方法を変える事で、その効果を発揮するのです。

ごつごつした地面を和らげてくれる

小石の写真

エアマットやインフレータブルマットが最適

ごつごつした岩や石が落ちている場所でのキャンプにはエアマットやインフレータブルマットが最適です。

ごつごつした地面は睡眠だけでなく、テント内での活動にも支障をきたしてしまいます。こういった場所は、銀マットなどの柔らかいマットよりもエアマットやインフレータブルマットが最適です。ただし、エアマットの場合、石で穴をあけてしまう場合もありますので、注意して扱う事が重要となります。

テントマットの賢い選び方・ポイント

青いエアーマット

マットを選ぶ方法を解説

キャンプや登山にマットが必要という事を紹介しました。それでは、マットを購入する時にはどういった点をチェックすれば良いのでしょうか。

 

ここではテントマットの選び方のポイントを簡単に紹介します。

使用用途に合うタイプを選ぶ【銀マット・ウレタンマット・エアマット・インフレーターマット】

折り畳まれたマット

それぞれのタイプで特徴が

テントマットには、大きく分けて「銀マット」、「エアマット」、「インフレーターマット」、「ウレタンマット」が存在します。

 

どれもシュラフなどの下に引くマットですが、それぞれに特徴や強みが違います。

 

まずは先にも開設させて頂いた「銀マット」です。銀マットはコストパフォーマンスに優れたものが多く、また、硬さもあまりないので柔軟に敷くことができます。そして先に解説した通り、銀マットであれば、敷き方によって熱の扱いを変えてくれますので、それぞれの時期にあった環境を作り出すことができます。

黄色い大きいエアマット

弾力性に富んだエアマット

空気を送り込むことで、ふわふわのマットを作り出してくれるエアマットは、弾力性に富んだ快適なマットです。

 

空気ポンプが付いている物や、自動で空気が入り込むものなど、空気の入り方も特徴的です。

エアーの弾力性が快適なエアマットですが、欠点もあります。それは、エアーを入れきるまで時間がかかること、穴が開いてしまうとエアーが漏れてしまう事です。そしてもう一点が、収納性があまり良くない事です。エアーを抜いたエアマットはそこそこ大きなサイズです。収納性を求めるならエアマットは選べません。

2つ並んだインフレータブルマット

収納性にも優れたインフレータブルマット

蛇腹状に簡単に畳めるのが特徴の「インフレータブルマット」は、収納性にも優れているので、ツーリングなどでも良く使われます。

 

クッション性も優れていて、快適な睡眠環境を提供してくれますが。

収納性にもクッション性にも優れているインフレータブルマットですが、テントの形状などに合わせた形にしにくいという欠点があります。クッション性はあるものの、形状は柔軟ではありませんので、テントにあっていないと、はみ出たり角が浮いてしまったりしてしまうのです。

登山やキャンプの必需品!テントマットをランキングでチェック!

2枚並ぶ緑のマット

人気おすすめランキングを紹介!

テントマットについて色々と説明してきました。では、テントマットのおすすめランキングを紹介します。先に紹介した選び方を参考にしてランキングをご覧ください。

 

どれもおすすめのテントマットばかりですから、ぜひ自分にあった一枚を探し出してください。

テントマットのおすすめランキング15位~11位

丸められたマットが並んでいる

ランキングスタート!

それでは、テントマットのおすすめランキングを15位から紹介します。

15位:Easehold/アウトドアマットピロー付き

Easehold/アウトドアマットピロー付き

ピローが嬉しいエアマット

メーカー:Easehold
商品名:アウトドアマットピロー付き
タイプ:エアマット
サイズ:約縦1590mm×横580mm
厚み:50mm
重さ:500g
対応人数:1人
カラー:1色(ブルー)
値段:1,980円から
 

キャンプの快適な寝心地に必要!テントマットのおすすめランキング15位の特徴

寝心地を説明している画像

申し分ない寝心地

テントマットのおすすめランキング15位となったのはEaseholdの「アウトドアマットピロー付き」でした。

 

エアピローが付いているので、枕が無いと眠れない方には最適です。サイズは小さいですが、一人の登山やキャンプにおすすめです。

14位:コールマン(Coleman)/キャンパーインフレーターマットシングルIII2000032354

コールマン(Coleman)/キャンパーインフレーターマットシングルIII2000032354

老舗アウトドアメーカーからの一品

メーカー:コールマン(Coleman)
商品名:キャンパーインフレーターマットシングルIII2000032354
タイプ:エアマット
サイズ:約縦1950mm×横630mm
厚み:50mm
重さ:18g
対応人数:1人
カラー:1色(茶色)
値段:6,025円から

キャンプの快適な寝心地に必要!テントマットのおすすめランキング14位の特徴

エアーを送っている写真

袋で空気を送れるタイプのマット

テントマットのおすすめランキング14位となったのはコールマン(Coleman)の「キャンパーインフレーターマットシングルIII2000032354」でした。

 

袋に空気を溜めてエアーを送る事ができます。また、マットの連結もできますので、広さは無限大です。

13位:THERMAREST(サーマレスト)/マットレスソフトシートZシート30947

THERMAREST(サーマレスト)/マットレスソフトシートZシート30947

アウトドアの座布団として活用

メーカー:THERMAREST(サーマレスト)
商品名:マットレスソフトシートZシート30947
タイプ:インフレータブルマット
サイズ:約縦410mm×横330mm
厚み:20mm
重さ:60g
対応人数:1人
カラー:1色(シルバー)
値段:2,356円から

キャンプの快適な寝心地に必要!テントマットのおすすめランキング13位の特徴

THERMAREST(サーマレスト)/マットレスソフトシートZシート30947の折り畳み写真

登山にもおすすめなマット

テントマットのおすすめランキング13位となったのはTHERMAREST(サーマレスト)の「マットレスソフトシートZシート30947」でした。

 

ちょっと腰を掛けたい時に使えるインフレータブルマットで、登山の時も重宝されている人気でコンパクトなマットです。

12位:マジックマウンテン(MAGICMOUNTAIN)/ナノテクシットマットKGNJW101

マジックマウンテン(MAGICMOUNTAIN)/ナノテクシットマットKGNJW101

驚愕の価格を実現

メーカー:マジックマウンテン(MAGICMOUNTAIN)
商品名:ナノテクシットマットKGNJW101
タイプ:インフレータブルマット
サイズ:約縦3800mm×横3100mm
厚み:80mm
重さ:44g
対応人数:1人から3人
カラー:1色(キウイグリーン)
値段:794円から
 

キャンプの快適な寝心地に必要!テントマットのおすすめランキング12位の特徴

ナノテクシットマットKGNJW101の袋

薄手のインフレータブルマット

テントマットのおすすめランキング12位となったのはマジックマウンテン(MAGICMOUNTAIN)の「ナノテクシットマットKGNJW101」でした。圧倒的な低価格が人気となっています。

11位:DOD(ディーオーディー)/シーツエアマットCM2-268

DOD(ディーオーディー)/シーツエアマットCM2-268

人気のDODからダブルサイズのエアマット

メーカー:DOD(ディーオーディー)
商品名:シーツエアマットCM2-268
タイプ:エアマット
サイズ:約縦2500mm×横5600mm
厚み:250mm
重さ:15g
対応人数:1人から3人
カラー:1色(ブラウン)
値段:6,361円から

キャンプの快適な寝心地に必要!テントマットのおすすめランキング11位の特徴

丸洗いもできるシーツエアマットCM2-268

綿100%で丸洗いもOK

テントマットのおすすめランキング10位となったのはDOD(ディーオーディー)の「シーツエアマットCM2-268」でした。

 

綿100%で快適な睡眠を提供してくれます。また、丸洗いも出来るので、キャンプで汚れても安心して使う事ができます。

テントマットのおすすめランキング10位~7位

緑のジャバラマット

ランキング10位からを紹介!

ここまでランキング11位までを紹介しました。登山におすすめなのはやはり軽いマットです。それでは10位から7位までを紹介します。

10位:キャプテンスタッグ(CAPTAINSTAG)/キャンプ用エアマットインフレーティング

キャプテンスタッグ(CAPTAINSTAG)/キャンプ用エアーマットインフレーティング

広々使えて快適睡眠

メーカー:キャプテンスタッグ(CAPTAINSTAG)
商品名:キャンプ用エアマットインフレーティング
タイプ:エアマット
サイズ:約縦1820mm×横1100mm
厚み:35mm
重さ:15g
対応人数:1人から2人
カラー:1色(カーキー)
値段:4,484円から

キャンプの快適な寝心地に必要!テントマットのおすすめランキング10位の特徴

ポリウレタンフォームの写真

ポリウレタンフォームが快適

テントマットのおすすめランキング10位となったのはキャプテンスタッグ(CAPTAINSTAG)の「キャンプ用エアマットインフレーティング」でした。
 

内側の素材にポリウレタンフォームを採用した、寝心地に優れたおすすめのエアマットに仕上がっています。

9位:TOOGE/キャンプテントマット

TOOGE/キャンプテントマット

フットポンプ付きが人気の一枚

メーカー:TOOGE
商品名:キャンプテントマット
タイプ:エアマット
サイズ:約縦1950mm×横700mm
厚み:???
重さ:???
対応人数:1人
カラー:1色(ブルー)
値段:3,388円から

キャンプの快適な寝心地に必要!テントマットのおすすめランキング9位の特徴

テントマットのおすすめランキング9位となったのはTOOGEの「キャンプテントマット」でした。フットポンプで空気入れも楽々です。見た目にもスタイリッシュなので、キャンプから登山、そしてレジャーまで使う場面を選びません。一つ手元にあれば重宝するエアマットと言えそうです。

8位:キャプテンスタッグ(CAPTAINSTAG)/キャンプ用マット【Sサイズ】M-7381

キャプテンスタッグ(CAPTAINSTAG)/キャンプ用マット【Sサイズ】M-7381

一枚あると便利なマット

メーカー:キャプテンスタッグ(CAPTAINSTAG)
商品名:キャンプ用マット【Sサイズ】M-7381
タイプ:銀マット
サイズ:約縦1800mm×横600mm
厚み:8mm
重さ:???
対応人数:1人
カラー:1色(シルバー)
値段:1,360円から

キャンプの快適な寝心地に必要!テントマットのおすすめランキング8位の特徴

丸められた銀マット

薄いのでコンパクトに収納できる

テントマットのおすすめランキング8位となったのはキャプテンスタッグ(CAPTAINSTAG)の「キャンプ用マット【Sサイズ】M-7381」でした。

 

一枚もっていると便利なキャプテンスタッグの銀マットは、厚みが薄いので登山に持っていくのにも便利です。

7位:Hizak(ハイザック)/レジャーマットEVA素材

Hizak(ハイザック)/レジャーマットEVA素材

EVA素材が安心を与えてくれる

メーカー:Hizak(ハイザック)
商品名:レジャーマットEVA素材
タイプ:インフレータブルマット
サイズ:約縦1860mm×横560mm
厚み:18mm
重さ:330g
対応人数:1人
カラー:3色(オレンジ、グリーン、レッド)
値段:1,980円から
 

キャンプの快適な寝心地に必要!テントマットのおすすめランキング7位の特徴

テントマットのおすすめランキング7位となったのはHizak(ハイザック)の「レジャーマットEVA素材」でした。登山やキャンプなどのアウトドアだけではなく、運動会などのイベントにも手軽に持ち出せるのが人気となっている、インフレータブルマットです。

テントマットのおすすめランキング6位~4位

テント内のマット

ランキング上位を紹介!

ここまでランキング15位から7位を紹介しました。今までに登山やキャンプに連れていきたい相棒は見つかったでしょうか。

 

それでは、ここからはランキング6位から4位を紹介します。

6位:KLYMIT(クライミット)/イナーシャ・オゾンスリーピングパッド

KLYMIT(クライミット)/イナーシャ・オゾンスリーピングパッド

あっと目を引くエアマット

メーカー:KLYMIT(クライミット)
商品名:イナーシャ・オゾンスリーピングパッド
タイプ:エアマット
サイズ:約縦1830mm×横546mm
厚み:44mm
重さ:346g
対応人数:1人
カラー:1色(ブルー)
値段:10,470円から

キャンプの快適な寝心地に必要!テントマットのおすすめランキング6位の特徴

イナーシャ・オゾンスリーピングパッドのアップ

見た目以上に信頼できるマット

テントマットのおすすめランキング6位となったのはKLYMIT(クライミット)の「イナーシャ・オゾンスリーピングパッド」でした。

 

見た目は個性的でありながらも、機能性に優れたエアマットで、軽量化も図られていますから登山などに最適です。

5位:クイックキャンプ/インフレータブルマットQC-CM8.0

クイックキャンプ/インフレータブルマットQC-CM8.0

バブルをひねるだけの簡単設計

メーカー:クイックキャンプ
商品名:インフレータブルマットQC-CM8.0
タイプ:インフレータブルマット
サイズ:約縦2010mm×横700mm
厚み:80mm
重さ:250g
対応人数:1人
カラー:2色(ブラック、ベージュ)
値段:4,980円から

キャンプの快適な寝心地に必要!テントマットのおすすめランキング5位の特徴

連結の写真

マットを連結できるのも特徴

テントマットのおすすめランキング5位となったのはクイックキャンプの「インフレータブルマットQC-CM8.0」でした。

 

バルブをひねるだけで空気が入ってくる簡単設計なので、小さなお子様でもキャンプのお手伝いなんて事もできます。

 

登山にもっていっても嵩張らない大きさもうれしいです。

4位:AUGYMER/エアマットシングル

AUGYMER/エアマットシングル

斬新なデザインが人気なマット

メーカー:AUGYMER
商品名:エアマットシングル
タイプ:エアマット
サイズ:約縦1850mm×横600mm
厚み:50mm
重さ:540g
対応人数:1人
カラー:2色(オレンジ、グリーン)
値段:3,280円から

キャンプの快適な寝心地に必要!テントマットのおすすめランキング4位の特徴

グリーンタイプ

グリーンも個性的

ランキング4位となったのは「AUGYMER/エアマットシングル」でした。オレンジとグリーンの2色から選べるエアマットで、それぞれ個性的なスタイルとなっていておすすめのマットです。

テントマットのおすすめランキング3位~1位

多くのマットが並んでいる

TOP3を紹介!

それではいよいよランキングTOP3を紹介します!登山やキャンプに持っていくのにどれもおすすめです。

3位:BUNDOK(バンドック)/フォールディングマット

BUNDOK(バンドック)/フォールディングマット

お手頃価格のバンドックからランキング

メーカー:BUNDOK(バンドック)
商品名:フォールディングマット
タイプ:インフレータブルマット
サイズ:約縦1800mm×横600mm
厚み:10mm
重さ:315g
対応人数:???
カラー:3色(ブルー、グリーン、ピンク)
値段:1,345円から

キャンプの快適な寝心地に必要!テントマットのおすすめランキング3位の特徴

折り畳まれたフォールディングマット

軽量性に優れたインフレーターマット

テントマットのおすすめランキングの3位となったのは、軽量でありながらしっかりとした柔らかさを与えてくれる「BUNDOK(バンドック)/フォールディングマット」でした。

3色のマット

3色から選べる

インフレーターマットの「BUNDOK(バンドック)/フォールディングマット」は、カラーが3色用意されているのも嬉しいポイントです。

 

また、「BUNDOK(バンドック)/フォールディングマット」はコストパフォーマンスにも優れていて、そういった面からも人気があります。

一万円近くするモノから鹿番長のモノまで、この種の製品を使っていた事がありますが、その中でもコレは最低価格の商品です。
あくまで個人的な感想ですが、私の使った他の製品と比べて『機能性も使い心地も大差無い』です。

高額なインフレーターマットは、やはり価格通りの機能が備わっている物です。しかし、低価格帯のインフレーターマットである「BUNDOK(バンドック)/フォールディングマット」は、価格以上の品質を確保しています。ぜひ「BUNDOK(バンドック)/フォールディングマット」を検討してみてください。

2位:ユーザー(User)/極厚15mmマット600SU-P968

ユーザー(User)/極厚15mmマット600SU-P968

使いやすい銀マットがランキング2位

メーカー:ユーザー(User)
商品名:極厚15mmマット600SU-P968
タイプ:銀マット
サイズ:約縦1800mm×横600mm
厚み:15mm
重さ:460g
対応人数:???
カラー:1色(シルバー)
値段:1,400円から

キャンプの快適な寝心地に必要!テントマットのおすすめランキング2位の特徴

折り畳まれた銀マット

安定の銀マットで安心睡眠

テントマットのおすすめランキングの1位となったのは、手軽で安定感のある銀マットの「ユーザー(User)/極厚15mmマット600SU-P968」でした。

 

銀マットは夏場でも冬場でも使い方一つで機能が変わる所が特徴です。

大きめの銀マット

大きめサイズだから安心

こちらの「ユーザー(User)/極厚15mmマット600SU-P968」はサイズも大きめの銀マットですから、体の大きい方や子供と添い寝をしたい方などには最適です。

178センチで余るくらいです。厚みがすごいです。

「ユーザー(User)/極厚15mmマット600SU-P968」はサイズが大きいだけではなく、しっかりとした厚みも確保していますので、ゴツゴツした場所のキャンプでも安心です。銀マットを検討しているのであれば、ぜひ選んで頂きたいマットとなっています。

1位:LICLI/レジャーマット

LICLI/レジャーマット

ランキング1位は使い勝手に優れた一枚

メーカー:LICLI(リクライ)
商品名:LICLI/レジャーマット
タイプ:インフレータブルマット
サイズ:約縦1860mm×横560mm
厚み:18mm
重さ:330g
対応人数:1人~4人まで
カラー:4色(ブルー、グリーン、オレンジ、レッド)
値段:1,532円から

キャンプの快適な寝心地に必要!テントマットのおすすめランキング1位の特徴

収納カバー

快適な睡眠におすすめ

テントマットのおすすめランキングの1位となったのは、使いやすいと人気のインフレーターマットの「LICLI/レジャーマット」でした。

 

収納カバーが付いているので、汚れにも強く安心して使用できるマットです。

LICLI/レジャーマット4色の写真

4色のカラーから選べる

「LICLI/レジャーマット」はブルー、グリーン、オレンジ、レッドの4色が用意されているので、自分のテントにあった色を選ぶ事ができます。

 

もちろん、どのカラーを選んでも快眠は約束されています。それでは口コミを紹介します。

思った以上の弾力で寝心地アップ。そして想定通りに底冷え無し。スゴイ。

口コミでも、寝心地の快適さに評判が集まっています。冬は地面からの冷えを防いでくれる事でしょう。弾力性もあるので、体が居たくなる事もありません。エアマットなどに比べると嵩みはありますが、敷くのも畳むのも楽々で、人気があります。ここまでテントマットのおすすめランキングを紹介しました。

キャンプに必要な持ち物をチェック!

スノピのテントとタープ

キャンプに必要な道具は意外に多い

キャンプに行こうと考えても、どういった道具が必要なのか意外に分かりません。

 

キャンプのスタイルにもよりますが、簡単に紹介させて頂きます。

キャンプに必要な道具1:テント

ワンポールテント

これが無くては始まらない

キャンプで一番重要な道具はテントです。テントが無いと寝床がありません。慣れた人はタープやハンモックだけで寝る人もいますが一般的にはテントが必要です。

テントにはワンポールテントやワンタッチテントなど簡単に設営をする事ができるテントもありますので、自分のスタイルにあったテントを検討しましょう。

キャンプに必要な道具2:寝袋

マミー型の寝袋

マミー型や封筒型などがある寝袋

快適に睡眠をとるには、やはり寝袋が必要です。マミー型や封筒型など寝袋にもタイプがあります。

 

もし、車でキャンプに出掛けるのであれば、布団を持参するのも一つの方法ですが、せっかくのキャンプですから寝袋を楽しみたいものです。

キャンプに必要な道具3:チェアー

ヘリノックスのチェア

キャンプスタイルによってチェアを選ぶ

外で食事をしたり、焚火を囲んで会話を楽しんだりなど、チェアもキャンプには必要な道具です。

 

最近ではロースタイルのキャンプスタイルが流行っているのもあって、ロースタイルのチェアも多く販売されています。

キャンプに必要な道具4:ランタン

ランタンの写真

手軽に楽しむならLEDランタン

街灯などが無いキャンプ場などではランタンも必需品です。ランタンの灯りでご飯を食べたりするのも醍醐味です。

ランタンにはガスランタンやホワイトガソリンランタンなどその種類はさまざまです。おすすめは手軽で危険性の少ないLEDランタンです。LEDランタンであれば明るさも確保でき、子供にも安心して使える事ができます。

キャンプに必要な道具5:コンロ

ユニフレームのツーバーナー

アウトドア料理を楽しむ

アウトドアで料理を楽しむなら、コンロを導入したいものです。アウトドアで使うコンロにもシングルバーナーやツーバーナーなど種類があります。

コンロはその形状だけが重要な要素ではありません。寒い環境にも強いホワイトガソリンや、手軽に使う事ができるガスコンロなど、燃料によってもさまざまです。自分の環境に合わせたコンロを選んで、アウトドアの料理を満喫しましょう。

キャンプに必要な道具6:その他

スノーピークの焚火台

焚火台やジャグなども

上記の他にも、キャンプを快適に楽しむための道具はたくさんあります。

 

焚火を楽しみたいならば焚火台が必要ですし、水を組みに行く手間を考えればジャグもあると良いです。

また、食材を保管しておくためのクーラーボックスも必要ですし、ランタンを吊り下げるランタンハンガーもあると良いです。冬になれば、湯たんぽや薪ストーブも楽しめます。キャンプにはそれぞれのスタイルにあった道具を取り入れましょう。まずは、道具を買わないでンタルで試して、必要かどうか見極めるのもおすすめです。

テントマットのおすすめランキングTOP15のまとめ

3種類のマット

テントマットを導入してみよう

ここまで、テントマットについて解説しました。テントマットを扱う事で寒さや熱さ凌げる事が理解できたのではないでしょうか。

ぜひ、ここのランキングで紹介したおすすめで人気のテントマットを参考にして頂き、自分のキャンプスタイルに合ったテントを見つけてみてください。テントマットを変えるだけで、いつも楽しんでいるキャンプがまた一段と楽しくなります。また、これからキャンプを楽しむ人は色々と試してみるのも良いでしょう。

あわせて読みたい「アウトドア」に関する記事はこちら

アウトドア用品ブランドのおすすめランキングTOP23!おしゃれで人気なのは? | ランキングまとめメディア
ディレクターズチェアおすすめランキングTOP15!アウトドア・屋内にも! | ランキングまとめメディア
【保冷力最強】クーラーボックスおすすめランキング31選!アウトドアで大活躍! | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ