転生・異世界系小説おすすめ17選!誰もが知る人気作や注目の面白い作品を紹介

最近人気の転生・異世界系の小説のおすすめ人気ランキングを紹介します。ファンタジーな世界を舞台にするラノベにおいて、主人公は何らかのチート的な能力の持ち主として転生したり、異世界に飛ばされるストーリーが人気となっています。RPGのようなファンタジーな世界でチート能力を発揮したり、時には居酒屋の店主として活躍するなどジャンルは様々です。転生・異世界系小説のおすすめ人気ランキングを紹介します。

目次

  1. 転生・異世界系小説おすすめランキング17選!
  2. 転生・異世界系小説おすすめ人気ランキング!第17位~11位
  3. 転生・異世界系小説おすすめ人気ランキング!第10位~7位
  4. 転生・異世界系小説おすすめ人気ランキング!第6位~4位
  5. 転生・異世界系小説おすすめ人気ランキング!第3位~1位
  6. ラノベ作品でよく聞く「なろう系」とは?
  7. 転生・異世界系小説おすすめランキング17選!のまとめ

転生・異世界系小説おすすめランキング17選!

チート主人公のファンタジーや居酒屋物?人気の小説を紹介!

いろいろな異世界系小説

近年の定番ジャンルに

ここ数年はいわゆる「転生」系や「異世界」系の小説がとても流行っています。読みやすいことや、設定に幅があるのが理由かもしれません。

転生・異世界系というのは、普段の私達の世界に住む人が何らかのきっかけで、転生したり異世界に行ってしまう物語です。例えば、不意な事故で死んだと思ったら、ゲームのRPGのようなファンタジー世界に飛ばされたしまったという展開です。

転生世界でだらける

ゲームの世界に飛び込んだ雰囲気

転生・異世界系小説は、普段プレイしているRPGのようなファンタジーな世界が舞台になることが多いです。

本来は敵となる魔物と、のんびりと関わるようなストーリーも多くゆるいストーリーが多いです。また、RPGでは主役にはならないようなキャラクターがメインやサブキャラとして活躍することも多く、普段のゲームに対する価値観も変わるかも知れません。

転生・異世界系小説が人気な理由とは

異世界シリーズ

異端な存在になる

こちらで料理人として生活していた人が、異世界に飛ばされて料理をすると、その異質性から大繁盛というのは定番の流れかもしれません。

また、主人公が異世界でモンスターに転生してしまうというのも多いです。RPGでは最弱のイメージであるスライムに転生してしまった作品は、そういった転生系の作品の代表と言えます。

かっこいいラノベ

チート的な存在が人気

なぜこういったライトノベル(ラノベ)が人気になっているのでしょうか。そこには主人公のチート的な能力があるからかもしれません

ファンタジーな世界に転生した主人公は、何らかのチート的な能力の持ち主となることが多いです。ファンタジーの世界では無類の強さを誇る勇者的な能力を持ったり、はたまた居酒屋の店主として人間界の料理をはやらせる存在になることもあります。

ゆるめの作品が多い

ニートと女子高生

普段読み慣れていない人向け

転生・異世界系小説は、本格派小説が好きという人からすると、少し設定の粗さが気になってしまうかも知れません。

もともとは、小説の素人な人たちが作った作品が基本なため、設定に関しては突っ込みどころが多い作品があります。それだけに、普段はあまり小説を読まないという人のほうが、読んでいて楽しいと感じられるかもしれません。ご都合主義な展開が続くだけに、これぐらいゆるい作品のほうが良いという人におすすめです。

異世界で子育て

誰もが妄想した世界を再現

人間一度や二度は、チートな主人公になった妄想をしたことがあるかもしれません。

ファンタジーなラノベの世界では、チート能力や居酒屋の店主など、自分がかつて妄想したあの物語に近い感覚があるかもしれません。転生・異世界系小説のおすすめ人気ランキングでは、そういった誰もが憧れた主人公になれるストーリーがたくさんあります。転生・異世界系小説のおすすめ人気ランキングのスタートです!

転生・異世界系小説おすすめ人気ランキング!第17位~11位

ラノベの転生・異世界系小説は、本当に様々なテーマやジャンルを扱っています。居酒屋が異世界に登場するとどうなるのか、ガチャを回すと実際にキャラクターが出てきたらどうなるのか、そんな妄想がラノベとして面白く描かれています。

17位:無職転生 〜異世界行ったら本気だす

明日から本気だす

無職転生のライトノベル

34歳無職ニートのチートぶり

作者名:理不尽な孫の手

価格:1,296円

頁数:321ページ

出版社:KADOKAWA

現実の世界ではうまくいっていないニート系が、異世界に転生してチートキャラになるという王道ストーリーです。主人公はトラックに引かれてあっけなく死んでしまったと思わせたところから、目を覚ますと剣と魔法のファンタジー世界に転生してしまったという話です。

主人公は「ルーデウス」と名付けられた赤ん坊として異世界に転生しており、今度こそ本気で生きると後悔のない人生を目指します。前世の知能を活かすことで、魔術の才能を開花させてチート的な能力を持った人物として活躍していくことになります。無職ニートからチートリア充に転生した小説が面白いです。

16位:転生したら剣でした

剣になる人生も悪くないかも

転生したら剣でした

剣になって猫娘を守る

作者名:棚架ユウ

価格:600円

頁数:174ページ

出版社:マイクロマガジン社

異世界に転生した主人公は人間ではなく、剣に転生していたというファンタジーの中でも異色な転生ストーリーです。剣になった主人公ですが、自分で身体を動かせるというチートな能力から魔物をどんどんと飼っていくと、一人の奴隷姿の猫耳少女と出会うことになります。

休憩がてら地面に刺さった瞬間に能力が発動できなくなり、猫耳少女に助けてもらった主人公は、自らが喋れて動けないことを隠して裏方に徹することになります。どこかお父さんが娘の成長を見守るような温かいストーリーで、ゲスな敵たちをバンバンと倒していく爽快感も楽しめます。

15位:シロクマ転生 森の守護神になったぞ伝説

もふもふ!もふもふ!

もふもふシロクマ

どうせ転生するなら愛らしい姿に

作者名:三島千廣

価格:1,296円

頁数:301ページ

出版社:ホビージャパン

久間田熊吉は、大好きな山登りの途中で谷に滑落してしまいます。気づいたときには異世界でシロクマに転生していて森の中で目覚めるというストーリーです。そんな森のなかで人族に追われて森へと逃げ込んできたウェアウルフの姉妹たちを保護することになった主人公は、前世の記憶を使い森を快適な世界へと変貌させていきます。

主人公は前世ではサバイバルの知識を持っていたこともあり、異世界に転生した世界ではクロクマとしての強靭な肉体を手に入れています。その二つを駆使して危険な森がどんどんと快適になっていくというのは、ラノベっぽい面白い世界観です。ほのぼのとした小説を探している人にランキングでおすすめです。

14位:ガチャを回して仲間を増やす/最強の美少女軍団を作り上げろ

ガチャ好きにランキングでおすすめ

ガチャのラノベ

ソシャゲ脳におすすめ

作者名:ちんくるり

価格:1,080円

頁数:386ページ

出版社:マイクロマガジン社

ソーシャルゲームの世界に転生してしまった主人公の物語です。主人公はどんな状況下でも、スマホのガチャを回してしまうほどのガチャ廃人で、ソシャゲガチャを使うことで仲間を増やしていくというユニークなラノベになっています。

普通のソシャゲと同じく、ガチャを回すためには魔石が必要というのもこのラノベの面白いところです。どんなキャラが出てくるかはガチャ運次第というのは、現実ともある意味で似ており、わくわくさせてくれます。このラノベを読んでいると、現実のガチャでもキャラクターが出てくれたら良いのなと錯覚するかもしれません。

13位:骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中

骸骨なので身分を隠せます

骸骨騎士様

骸骨姿で世直しします

作者名:秤猿鬼

価格:1,296円

頁数:318ページ

出版社:オーバーラップ

MMORPGをプレイ中に寝落ちしてしまった主人公が、目覚めるとゲームのキャラクターの姿で異世界にしてしまったというラノベです。その姿は鎧骸骨という姿であり、この姿のままでは魔物と勘違いされて討伐される可能性があるかもというところから始まります。

目立たず傭兵として活動し始めたものの、目の前で起きる悪事を放っておけないと感じたことから貴族の美少女たちを助けたり、モンスターを討伐したりと活躍しまくる主人公は、次第に無自覚に世直し骸骨騎士として活動していきます。伏線をうまく回収しながら、ラノベらしさも失われていない爽快感のあるストーリーでおすすめです。

12位:異世界のんびり農家

次第に集まる仲間たち

異世界で農家になる

異世界で脱サラ!?

作者名:内藤騎之介

価格:1,296円

頁数:424ページ

出版社:KADOKAWA

闘病の末に命を落とした青年が主人公で、神様によって蘇生されて若返って異世界で農業をのんびりと楽しむことになります。神様は転生する主人公に「万能農具」を与えており、これが主人公のチート化のもとになります。

主人公は初めは一人で黙々と農業をすることになりますが、次第に魔物たちがそんな主人公と一緒に農業を手伝って生活をしていくことになります。エルフや吸血鬼などかわいい女の子魔物たちとの生活は、まさにパラダイスな農業生活です。

11位:マギクラフト・マイスター

戦う側ではなく戦う人たちを支えるストーリー

マギクラフト・マイスター

裏方の世界が好きな人向け

作者名:秋ぎつね

価格:1,296円

頁数:292円

出版社:KADOKAWA

魔法工学師の後継者に選ばれた主人公は転生した先にある研究所で、自動人形であるオートマタを修復します。しかし、そこでは様々な道具はあっても食料が無く、主人公はワープゲートを使ったことで、とある農村に飛ばされてしまうことになります。

SFの世界観が強い

主人公と復活した自動人形は、それぞれはどうなってしまうのかという展開がメインのストーリーとなっています。転生・異世界系小説の中で、チート化して「俺強ぇ」系とは違って、もの作り側に立つというやや珍しい展開がランキングでも注目です。

この作品はSF的な側面も強く、かなり読み応えのあるストーリーになっています。ものづくりという観点から転生した世界で人々の役に立ちたい、という強い原動力が物語を盛り上げています。

転生・異世界系小説おすすめ人気ランキング!第10位~7位

転生・異世界系小説はラノベとして出版されたあとに、漫画化されたりアニメ化されたりと、マルチメディア展開されることが多いです。漫画から入って原作のラノベ版を読むというのもランキングでおすすめです。

10位:時空魔法で異世界と地球を行ったり来たり

二つの世界を行ったり来たり

異世界と地球を行ったり来たり

欲張り異世界ワールド

作者名:かつ

価格:690円

頁数:344ページ

出版社:双葉社

主人公はSEとして働いていた中で、突然異世界に召喚されてしまいます。ところが主人公はただ異世界に召喚されただけでなく、好きなところを行き来できる転移魔法を手に入れることが出来ました。ファンタジーな世界と通常の世界を行ったり来たりできるラノベとして、ランキングで人気です。

ドタバタ感が楽しい

ファンタジーな世界と現実の世界との対比を行うなど、改めてファンタジー世界の面白さを再確認できるラノベでもあります。異世界の姫様が新宿で遊びまわる姿など、想像するだけで面白い話がてんこ盛りです。

好みは分かれる部分ですが、ちょっとした下ネタが笑える部分が多い作品になっています。ブラコンな妹に主人公といちゃいちゃしてしまうヒロインなど、シリアスな展開が苦手で、わいわいした作品が好きな人におすすめです。異世界に行ってしまうと戻れないという展開ではなく、通常世界のシーンが多いのも魅力です。

9位:ブサメンガチファイター

ブサメンが転生するとどうなるのか

ブサメンのライトノベル

女性に触れるとHPが激減

作者名:弘松涼

価格:1,296円

頁数:333ページ

出版社:光文社

ブサメンだけど優秀な営業マンが、やってもいない痴漢の容疑で逮捕されてしまうことで、極度の女性恐怖症となります。そして、引きこもり生活を送っていた中で異世界に転生した彼は、極度に女性とかかわらないために女性にモテそうなパラメーターは下げて、他の能力を上げるという方法を選んだのでした。

イケメンじゃつまらない人におすすめ

そのため、女性に触れられたら1秒でHP1割減などのバッドステータス持ちとなってしまいます。変わりに他の能力はチート級となり「絶対神」という称号まで手に入れてしまうのです。そんな彼がパーティーを組むこととなり、自らの力を使って仲間たちを導いていくことになります。他のラノベとは少しスタンスが違うのがランキングでも注目です。

ハーレム系になりやすい転生・異世界系小説の中で、主人公のブサメンっぷりはかなりのものになっています。漫画化もされていますが、ファンの中では小説版のほうが言葉遊びがあって好きという口コミが多くありました。小説版も漫画版もそれぞれ良さがある作品が多いですが、やはり両方を読んで楽しむのが一番です。

8位:ウォルテニア戦記

破壊の限りを尽くす爽快感

ヴォルテニア戦記

ダークファンタジー系

作者名:保利亮太

価格:600円

頁数:238ページ

出版社:林檎プロモーション

戦乱の続く異世界に召喚された主人公は、元からチート的な能力の持ち主となっています。もともとは武道ひとすじに生きてきたという設定だったこともあり、元々の強さが魅力と言えます。

賛否両論も多い作品

おすすめ人気ランキングの中では、ゆるーい系の作品が多い中で、こちらの小説は本格的な戦闘モノといえます。架空戦記ものなどが好きな人にもおすすめしますし、主人公の武道を下地にしたファンタジー世界での戦いっぷりも爽快感があります。

他の作品と比較すると、賛否両論となっているポイントは、現実世界でも主人公はチート的な強さを誇っていたという点です。そのため、異世界に行っても無双することには変わりがないというため、わざわざ転生やチート化するという魅力が弱いと感じるようです。とはいえ、ダークファンタジー的路線が好きな人からは評価されている作品になっています。

7位:異世界落語

落語で異世界を平和にしよう

落語系ラノベ

落語に興味が持てるラノベ

作者名:朱雀新吾

価格:626円

頁数:392ページ

出版社:主婦の友社

少し前に落語を題材としたドラマがブームになりましたが、こちらは転生・異世界系小説の中で落語を題材とした物語になっています。戦いによって滅亡の機器を迎えていた世界に救世主として召喚された、サムライや忍者など様々な人物の中で「ハナシカ」という職業の主人公が召喚されるストーリーです。

落語ならではのオチ

いろいろな日本の古典的な職業(特殊技能)の持ち主たちが召喚された中で、ハナシカという職業の主人公がどのように落語を使って世界を救っていくかが、おすすめ人気ランキングの中でも見ものです。居酒屋のような場所でひたすら落語を語るだけの主人公ですが、その落語によって悩みが解消され笑顔が増えていくことが、世界を変えることにつながっていきます。

落語がベースとなっていることもあり、他の転生・異世界系小説と比べると起承転結がしっかりしている物語になっています。なんとなーく終わる作品が多い中でも、しっかりとオチがついている物語になっており、読んだあとの読了感が強い作品となっています。起承転結がしっかりしている作品が好きな人におすすめです。

転生・異世界系小説おすすめ人気ランキング!第6位~4位

おすすめ人気ランキングのものを見ていると、自分もこの小説の中に入ってみたいと思うような作品があるかもしれません。ただただチート級な力の持ち主にも憧れますし、優しい癒し系の世界の住人になるのも楽しそうです。そういった魅力が転生・異世界系にはあるといえます。

6位:異世界ちゃんこ

異世界でもごっつぁんです!

異世界とちゃんこ

横綱目前で異世界に召喚

作者名:林ふみの

価格:713円

頁数:???

出版社:竹書房

大相撲初場所の千秋楽で、二場所連続優勝を果たした大関は念願の横綱昇進を確実なものにしたときに、異世界に召喚されてしまうという話です。元の世界に戻る方法がわからない主人公は、とにかくモンスターを倒して「ちゃんこ」にしてしまうという、なかなかおもしろい設定になっています。

ここまでくるとなんでもあり

ファンタジーの世界での食べ物を題材にしたダンジョン飯系のジャンルといえる作品となっています。当たり前ですがファンタジーの世界の食べ物なので実在はしないのですが、作者の描写がうまく実際に食べてみたいという感情にさせてくれる作品です。

レビューの中では、関取がモンスターを倒して料理にするという展開に、ここまでくるとなんでもありと感じる人も多いようです。設定の細かさからあまり暴走ができない小説と比べると、転生・異世界系小説は、ある程度道筋からズレても許してもらえるということが多いようです。

5位:転生して田舎でスローライフをおくりたい

疲れちゃった人におすすめ

異世界でスローライフ

異世界でのんびり生活

作者名:錬金王

価格:500円

頁数:299ページ

出版社:宝島社

トラックにはねられて死んでしまったサラリーマンである主人公が、神様の手違いで異世界に転生されてしまいます。そんなミスのお詫びとして神様は、主人公が過ごしやすいように望み通りの身分を与えてくれることになりました。主人公が望んだ第二の人生は「田舎の領主の次男」でした。

異世界版コナンくん?

主人公は働き詰めだった前世とは間逆なスローライフを送ることになります。田舎でただただのんびりとスローライフを送る漫画となっており、疲れた人にランキングでおすすめな異世界ものです。異世界系の中でもハーレムなどの要素もなく、子供のころに戻ったような気持ちで異世界での生活を楽しめます。

見た目は子供、中身は大人なわけなので、主人公は様々な出来事の中でも余裕ぶっています。その姿は漫画「名探偵コナン」のコナンくん的な立ち位置といえるかもしれません。見た目は子供なこともあり、剣術の訓練で失神してしまい、目覚めたときにみんなに心配されたことに満更でもない姿は笑ってしまうことでしょう。

4位:宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する

村の人達のためにいろいろ持ち込んじゃいます

異世界に移住

異世界の村を開拓

作者名:すずの木くろ

価格:680円

頁数:336ページ

出版社:双葉社

宝くじで40億当たった主人公が、先祖代々伝わる屋敷に避難したところ、そこから異世界につながる扉を見つけることになります。異世界の田舎の村にたどり着いた主人公は、そこで田畑を耕す人たちと知り合い、それを協力することになります。

通常世界と異世界を行き来できる通路があるため、主人公は現世から畑仕事がしやすいようにクワを買って持ち込んだり、水車を作ってあげることで村の人達と仲良くなるというストーリーです。現世のホームセンターでは大量の肥料や器具を購入してくれるお得意様として、ホームセンターの店長に気に入られるのもユニークです。

ついに目をつけられた主人公はどうなるのか

主人公の活躍によって、村は快適な世界になりますが、やはり王国から目をつけられるという展開になります。王国の人たちとの関係も注目です。また、主人公が村の人達に配るオロナインC的な飲み物は、現世と違って村人たちをかなりチート化させるという設定も面白いです。

主人公も最初はクワをみんなに配るようなものだったのに、次第にコンクリートの元を持ち込んだりリヤカーを利用したりと大掛かりな作業が入っていくようになります。ちょっとした文明の進化みたいなのを早送りで見ているような気持ちにもなりますし、いかに現代社会の農業が便利に行えるようになったのかということを知ることもできます。

転生・異世界系小説おすすめ人気ランキング!第3位~1位

転生・異世界系小説のおすすめランキングも残すはトップ3です。トップ3では、それぞれ異世界と現世のつながりをうまく利用した楽しいものを選んでみました。実際に異世界とこういったつながりが出来たら面白いと思います。

3位:異世界食堂

異世界食堂

美味しい香りに引き寄せられて

作者名:犬塚惇平

価格:626円

頁数:344ページ

出版社:主婦の友社

オフィス街にほど近い商店街の一角にある「洋食のねこや」が舞台の物語です。創業五十年のお店として多くのサラリーマンのお腹を満たしてきたお店ですが、このお店にはとある秘密がありました。それは、毎週土曜日の定休日に、ねこやは特別なお客さんたちであふれることになります。

異世界の皆さんお味はいかが?

現世とファンタジーな異世界が扉を通してつながるようになり、異世界の住人がねこやに美味しい食べ物を求めてやってくるというストーリーになっています。私達の世界では当たり前な食べ物の、異世界の人たちからすれば驚きのメニューばかりです。メインは洋食屋ですが、それ以外のメニューも出てきます。

食べに来る異世界の住人は、通常のモンスターから異世界を代表するような大物まで登場します。オムライスやビーフシチューなどを中心に、それぞれのメニューとそれを食べる異世界の住人をうまく絡ませているのが面白いです。読んでいてとてもお腹が減る小説ですし、漫画版やアニメ版ではさらにお腹が減る作品になっています。

2位:異世界居酒屋「のぶ」

今日もあの居酒屋に行こう!

異世界居酒屋

「トリアエズナマ」をひとつ

作者名:蝉川夏哉

価格:702円

頁数:346ページ

出版社:宝島社

古都アイテーリアの小さな通りに突然現れた居酒屋「のぶ」で起きる物語のお話です。不思議な居酒屋に驚いた異世界の住人はそこに入ってみると、他の異世界の住人が楽しそうに居酒屋で飲んでいることに気づきます。みんなが叫ぶ「トリアエズナマ」という言葉を真似る姿がユニークです。

異世界でも居酒屋は変わらない

トリアエズナマは、もちろん私達の世界で言う生ビールのことですが、こちらの世界では珍しい飲み物として居酒屋に訪れた人たちだけが楽しめるものとなります。居酒屋定番メニューを扱いながら、異世界の住人たちの悩みを解決していく温かく優しいストーリーになっています。

転生・異世界系小説のおすすめ人気ランキングの中では、異世界食堂と異世界居酒屋はどちらもおすすめの作品です。それぞれ洋食屋と居酒屋という得意なジャンルの違いもありますが、根っこの部分は近い作品です。異世界居酒屋では魔物たち、異世界居酒屋では通常の人がお客さんという違いを楽しむのがおすすめです。

1位:とんでもスキルで異世界放浪メシ

スマホを使って異世界で通販生活

異世界でおいしいごはん

通販で食材をお取り寄せ

作者名:江口連

価格:1,296円

頁数:318ページ

出版社:オーバーラップ

現代日本から、ファンタジーの異世界へと召喚された主人公が、固有スキル「ネットスーパー」を使って冒険するという物語です。召喚された理由は本当の勇者たち3人の召喚にたまたま巻き込まれただけで、うさん臭い王様から逃げて生活することになります。現代の世界から通販で取り寄せた食材にはある秘密の効果があり、それが物語のポイントにもなります。

従魔となったフェンリルの食いしん坊ぶりも魅力

異世界の食べ物に釣られて引き寄せられてきた魔物の中で、主人公と行動することになったのは、あのファンタジーRPGの世界でおなじみの「フェンリル」でした。彼はとにかく食いしん坊で、主人公がお取り寄せする様々な食物に舌鼓を打ちながら、一緒に冒険することを約束します。

この物語では、ステータスを参照することができて、その中でスキルを確認することもできます。そのステータスを確認する能力でフェンリルの能力を見るとまさにチートクラスなわけです。フェンリルと行動をともにすることから、魔物たちはあっさりと倒されますし、街に訪れると街を破壊しに来たと勘違いされる展開も面白いです。

そんな主人公はフェンリルの本来の守り神である女神様に協力してもらい、簡単な魔法を使えるようになります。その変わりになんと女神様も、主人公のお取り寄せで甘いものを欲するようになります。食いしん坊な二人に呆れながらも、主人公の冒険は続いていくというストーリーです。

ラノベ作品でよく聞く「なろう系」とは?

投稿サイトが元になっている

いろんなラノベ

ネット小説サイト

こういった転生・異世界系小説の多くは「なろう系」という呼ばれ方をされることがあります。なろう系とはなんのことなのでしょう。

もともとは「小説家になろう」という日本最大級のネット小説サイトがきっかけになっており、株式会社ヒナプロジェクトが運営しています。そこが「なろう」という通称で呼ばれており、一次創作作品を主としたオンライン小説サイトとして、多くの作品が投稿されていました。

偏差値10のライトノベル

通常から成人向け作品が存在

この小説家になろうには、グループサイトとしていろいろなサイトが存在しており、全年齢向けからBL作品などが扱われています。

サイトでは、ランキングや感想、レビュー投稿、ルビや縦書PDF化を中心に、携帯からの利用が可能となっています。可読性や利便性が同系統サイトの中でも高いことから非常に多くの作品が投稿されました。感想の削除やユーザーブロックといった投稿者に強い権限があるのも特徴です。

転生・異世界系が多いという特徴があった

異世界系の作品

ライトノベルが中心

このサイトでは転生・異世界系が多いという特徴があり、オンラインゲームの世界観を利用した小説が多いという特徴がありました。

転生・異世界系の作品の多くは、ある種の「異世界系だから」という設定を利用して世界観や設定に説得力が持たされているという特徴があります。推理小説のように設定や伏線などが完璧ではなくても、ある程度は受け入れてもらえるというハードルの低さもあり、沢山の人が小説を投稿することができました。

異世界冒険録

投稿作品が書籍化された

このサイトに投稿されていた人気作品が、実際に書籍化されたことで、そういった作品を「なろう系」と呼ぶようになりました。

小説家になろうで投稿されていた作品の創作物を、ジャンルや出自で分類する言葉としてネットなどで「なろう系」という言葉が使われるようになり、商業の世界でもわかりやすいジャンル分けとして一般的にも使われるようになりました。

異世界でコンビニ経営

良い意味では使われない場合も

しかし、なろう系の作品が増えすぎたことで、なろう系という言葉を使うことは誹謗中傷と捉える風潮もあります。

主人公が転生・異世界する話や、序盤からチート系の能力を持った作品はすぐに、なろう系と言われてしまうような風潮があるのも問題となっています。ラノベ化された作品が漫画化やアニメ化されることも多くメディアミックス展開されて注目されることが多いです。なろう系はジャンルを探すときにはおすすめですが、言葉自体は使い方に気をつけましょう。

転生・異世界系小説おすすめランキング17選!のまとめ

安定志向の異世界系

非常に多くの作品がある

転生・異世界系小説は、本当に多くの作品が存在しています。それだけにお気に入りの作品がきっと見つかるといえます。

転生・異世界系は小説から入るのもおすすめですが、じっくりと読むのに慣れていないというひとは、コミカライズされたコミックやアニメから見ても良いかも知れません。面白いと思った作品は原作であるラノベ版を読むという入り方もおすすめです。

異世界支配のスキルテイカー

熱いものからまったり系も

転生・異世界系小説は、チート能力を活かした無敵な作品も多いですが、疲れた人におすすめなのんびり系も多いです。

ゲームをプレイする人にとって、自分もこんな世界で生活してみたいと考えた人は多いと思います。そんな思いを作品化した転生・異世界系の作品は、読んでいて面白いものがたくさんです。本格的な推理小説も良いですが、ちょっとぐらい設定がぶれていても気にしないぐらいの気持ちで読んで欲しい作品が多いです。

おっさんと異世界

癒やし要素が強い

理不尽なことが多い現代社会において、そういった社会から異世界に飛ばされるという展開が多いです。

ニートだったり社畜などが異世界に飛ばされるという展開が多く、それだけにかなりまったりした展開が多いです。現実世界では活躍できなかったタイプの人が、活躍したり頼られるということも多くなります。立場が変われば価値観が変わったり、自分の立ち位置も変わるという点は、普段の生活でも参考にしたい点です。

異世界狂想曲

もうしばらくはブームが続く

転生・異世界系小説は、ここ数年でかなりの数が書籍化されましたが、もう少しブームは続きそうです。

ライトノベルとして書籍化されたものが、漫画やアニメ化されたこともあり、改めてなろう系作品はブームとなっています。そのため、今後もそういった設定に触発された人たちが、自分にも書けそうという気持ちでチャレンジしてくる可能性があります。今後も転生・異世界系小説は楽しめそうなジャンルと言えます。いまからハマっても遅くないので、お気に入りの作品を見つけてみましょう!

その他のおすすめ人気ランキングはこちら

感動小説おすすめランキングTOP55!1位の作品は?【2018年版】 | ランキングまとめメディア
ファンタジー小説おすすめランキングTOP40!日本・海外の名作【厳選】 | ランキングまとめメディア
2018ホラー小説おすすめ人気ランキングTOP55!国内・海外の傑作を厳選 | ランキングまとめメディア
2018歴史小説おすすめ人気ランキングTOP55!日本が舞台の傑作を厳選 | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ