ノイズキャンセリングヘッドホンおすすめランキングTOP20!通勤通学にも最適

人気でおすすめのノイズキャンセリングヘッドホンをランキング順に紹介します。高音質のハイレゾから安いコスパの人気のヘッドホンまで、ノイズキャンセリングヘッドホンの選び方も含めて紹介します。ノイズキャンセリングヘッドホンが世の中に出てまだ、10年しか経っていない後発の家電・オーディオ製品で今なお進化をしています。2018年おすすめのノイズキャンセリングヘッドホンをランキング順にご覧ください。

目次

  1. ノイズキャンセリングヘッドホンおすすめランキングTOP20!
  2. ノイズキャンセリングヘッドホンおすすめランキング!20位~11位
  3. ノイズキャンセリングヘッドホンおすすめランキング!10位~7位
  4. ノイズキャンセリングヘッドホンおすすめランキング!6位~4位
  5. ノイズキャンセリングヘッドホンおすすめランキング!3位~1位
  6. ノイズキャンセリングヘッドホンの人気メーカーを紹介・解説
  7. どうやってノイズを消しているの?仕組みを紹介!
  8. ノイズキャンセリングヘッドホンの使用時の注意点とは?
  9. ヘッドホン難聴?耳への負担とノイズキャンセル機能
  10. ノイズキャンセリングヘッドホンおすすめランキングTOP20!まとめ

ノイズキャンセリングヘッドホンおすすめランキングTOP20!

安い且つ高音質!コスパ良しのノイズキャンセリングヘッドホンを見つけよう

山積みのヘッドホン

ノイズキャンセリングヘッドホンの種類は多様

ノイズキャンセリングヘッドホンの失敗しない選び方を教えます。

人気でおすすめのノイズキャンセリングヘッドホンの紹介をランキング順に紹介します。ヘッドホンには大きくオーバーヘッド、カナル、インナーイヤータイプ、有線か無線(Bluetooth)のタイプなどの識別されますが、それらの選び方や安い価格でも性能の良いコスパのいいヘッドホンもあります。これらの選び方を順に説明して参ります。

ノイズキャンセリングヘッドホンはなぜ生まれたか?

オレンジのヘッドホンの画像

ノイズキャンセリングヘッドホンの誕生

そもそもノイズキャンセリングヘッドホンが必要になったのはソニーウォークマンの誕生にありました。

ノイズキャンセリングヘッドホンが誕生した経緯には2つあります。1つは海外に行くビジネスマンなどが長時間機内の椅子に座ってましたがエンジン音がうるさく静かに休憩できない。なんとかならないかというニーズです。もう、一つはウォークマンの出現です。音楽は家で聴くものが相場でしたが、ウォークマンの出現で人々はあらゆるところで音楽を聴くようになりました。その時雑踏の音が音楽の邪魔をしました。

初めに出たノイズキャンセリングはカナル型

ソニー「MDR-EX70SL」

ソニー「MDR-EX70SL」

1998年ソニーはカナル型のイヤホンを世界で初めて発売しました。耳の中にイヤホンを入れることで物理的に外の音を防ぎました。

ソニーウォークマンは1979年発売され、瞬く間に世界中を席巻しました。その後10年後に物理的に外部の音を遮断するカナル型のイヤホンをソニーが発表し、カナル型イヤホンの世界を切り開きました。その後、ソニーはアナログのノイズキャンセリング回路を開発しましたが、回路自体が大きくなりすぎ断念し、今の方式に近い方式は2008年になってのことです。

2008年はデジタル・ノイズキャンセリング元年

ソニー「MDR-NC500D」

「MDR-NC500D」

ソニー「MDR-NC500D」は世界発のデジタル・ノイズキャンセリングヘッドホンで2008年に出荷されました。

ノイズキャンセリングの方法は、1970年代からわかっていたのですが、デジタルの技術革新を待たねばなりませんでした。小型のDSP(デジタル・シグナル・プロセッサー)が雑音と同じ波形を生成し、雑音の波形を打ち負かし、音に波形をフラットにする技術がデジタル・ノイズキャンセリングです。2008年発売の「MDR-NC500D」は世界で初めてノイズキャンセリングを実現し、その後発展をしていったのです。

人気のハイレゾ対応にも注目!ノイズキャンセリングへッドホンの選び方

ノイズキャンセリングヘッドホン

ノイズキャンセリングヘッドホンの選び方

・ハウジングでの選び方

・通信手段での選び方

・使用時間での選び方

・スマホとの通信での選び方

・ハイレゾ音楽ができるかでの選び方

・価格での選び方

 

ヘッドホンのハウジングでの選び方

ヘッドホンの区別・ハウジング

ヘッドホンのハウジングは3つに大別

・オーバーヘッド

・カナル型

・インナーイヤー

ヘッドホンの耳に着ける部分のことをハウジング(ヘッドケースともいう)と言います。オーバーヘッド(ノイズキャンセリングは密閉型)、左右のハウジングを落ちなないように頭の上にバンドをします。このバンドのことをヘッドセットといいます。その他にハウジングには耳に引っ掛けるカナル型、カナルという言葉には「外耳道」という意味があります。それと耳の中に突っ込む「インナーイヤー」の3つに大別できます。

ヘットフォンと原音の通信手段での選び方

音響機器のイラスト

Bluetoothの便利性

Bluetoothでの接続性は、将来的に様々なデバイスと通信でき使う用途も増えてきます。

原音のデバイスからヘッドホンに音を伝える方法に、コードを通して伝える有線のものと、無線で飛ばす方法の2つがあります。有線は音を正確に伝えることができるのですが外出中にコードが邪魔になったりすることがあります。また、無線は行動するのに邪魔になりませんが、音が切れたりノイズが電波にのることがあります。無線の手段では多くのデバイスと通信できるBluetoothが主流です。

どれくらいの時間使えるかでの選び方

電池残量の画像

電池は長時間使用できるもの

ノイズキャンセリングヘッドホンの電池が切れるとキャンセリングは機能しません。長く使用できるヘッドホンを選びます。

通勤やレジャーなど屋外に持ち出しができるようになったヘッドホンのノイズキャンセリング機能は便利なきのうですが、電池からの供給がなければノイズキャンセリング機能は動作しません。連続使用時間の長いヘッドホンを選ばれることをおすすめします。電池は充電可能なリチュウムイオン電池が主流です。また、急速充電機能を持ったものもおすすめです。10分から15分の充電で数時間使用できます。

スマホの利用での選び方

ヘッドホンの画像

Bluetooth接続のヘッドホン

Bluetooth接続のヘッドホンはスマホアプリとの連携は一般的です。GoogleやAlexaとの連携ができるものもあります。

Bluetooth接続のヘッドホンはスマホあぷりでイコライザーの調節、音量のコントロール、ノイズキャンセリングのオン・オフなどヘッドホンに関することは一般的です。スマホの電話やメールと連携したり、GoogleアシストやAmazon Alexaとの会話ができるヘッドホンもあります。

ハイレゾの音楽再生が可能かの選び方

ハイレゾ機能のついたヘッドホン

ハイレゾ再生も大事な選び方

本来、音楽を聴くために生まれてきたヘッドホン。ハイレゾ機能も大切です。

音楽を聴くヘッドホンの選び方に音質の良さを調査するのは当たり前のことです。音の質、量、音の太さ、繊細さ、奥行き、広がり、圧力、表現力などが素晴らしい音源を再現できる「音源を再現」することをハイレゾといいます。

価格での選び方

安いノイズキャンセリングヘッドホンは中華製がおすすめ

安い価格をお求めの旗には中華製

とにかく安いノイズキャンセリングヘッドホンが欲しい方には中華人民共和国製がおすすめです。

とにかく安いノイズキャンセリングヘッドホンが欲しい方には、中国製のノイズキャンセリングヘッドホンをおすすめします。性能や機能が盛りだくさんのノイズキャンセリングヘッドホンですが、時には不良品に当たることもあります。1万円前後から3千円ぐらいの価格帯で販売されています。ではランキングを見てみましょう!

ノイズキャンセリングヘッドホンおすすめランキング!20位~11位

20位:Bowers&Wilkins「PX Wireless Headphones」

Bowers & Wilkinsの「PX Wireless Headphones」仕様

「PX Wireless Headphones」の商品情報

メーカー:Bowers&Wilkins(英国)

価格:49,572円(価格.com)

タイプ:オーバーヘッド

再生周波数:10Hz~20kHz

接続:有線、Bluethooth

重さ:335g

人気でおすすめのノイズキャンセリングヘッドホン、ランキング20位はイギリスのBowers&Wilkins(バウワース アンド ウィルキンス:以下 B&W)の「PX Wireless Headphones」です。B&Wは高級スピーカーブランドです。ノイズキャンセリング(NC)のモードが4つのレベルがあり、NCオフ、「オフィス」モード、「シティ」モード、「フライ」モードがあります。

B&W「PX」はハイレゾなノイズキャンセリングヘッドホン

音には自信のB&W「PX Wireless Headphones」

「PX Wireless Headphones」は高性能なヘッドホン

デザイン性があり、ヘッドホンが弱い高音域をきれいな音を出すと評判のノイズキャンセリングヘッドホンです。

人気でおすすめのノイズキャンセリングヘッドホン、B&WのPXは耳のところの形状が4㎝で、10Hz~20kHzの再生周波数、22Ωの入力インピーダンス、有線でも無線のBluethoothを使ってでも接続の選び方を狭めない接続方法です。操作はスマホのアプリでするようになっています。耳にセットすると電源が入り、耳から離すとスタンバイモードになる機能があります。価格を気にしない方へのおすすめのヘッドホンです。

B&W「PX Wireless Headphones」の評価

B&Wのノイズキャンセリングの技術方法はソニー・BOSEと違う

ノイズキャンセリングの方法が違う

B&W「PX Wireless Headphones」の総合評価は5点満点中4.37です。

とてもカッコイイです。艶のあるしなやかな高音です。本当にワイヤレスか疑います。

B&Wの「PX Wireless Headphones」のNCの方法は、BOSEやソニーのNCの方法とは違うので完全に音を打ち消すことはできません。しかし、B&Wの音質はオーディオファンを魅了し選び方に損をしないおすすめのノイズキャンセリングヘッドホンです。

19位:ゼンハイザー「PXC 550」

ゼンハイザー「PXC 550」仕様

「PXC 550」の商品情報

メーカー:ゼンハイザー

価格:40,251円(アマゾン)

タイプ:オーバーヘッド

再生周波数:17Hz~23kHz

接続:有線、Bluethooth

重さ:227g

おすすめのノイズキャンセリングヘッドホン、ランキング19位はドイツのゼンハイザー「PXC 550」です。ゼンハイザーの老舗のオーディオ・メーカーとして特にヘッドホン、マイクロフォンが有名なメーカーです。「PXC 550」はゼンハイザー独自のNC技法のNoiseGardという方法を搭載しています。古くからゼンハイザーが開発している方法で、NCオンでも自然な音を高時間聴くことができるヘッドホンです。

音質のワイヤレステクノロジーのゼンハイザー「PXC 550」

ゼンハイザー「PXC 550」はスマホアプリでコントロール

スマホアプリ「Captune」

ゼンハイザー「PXC 550」はスマホアプリ「Captune」でコントロールすることができます。NCのレベル調整、7バンドEQ、サラウンド効果、音楽アプリからの再生など様々な機能を持っています。

ゼンハイザー「PXC 550」のBluethoothはコーデックaptXに対応し、17Hz~23kHzの再生周波数で柔らかな音を再現し、プロ級の音質で音を再現しています。BluethoothとNC機能を使っての再生時間はフル充電後20時間聴くことができるハイレゾのノイズキャンセリングヘッドホンです。重さも227gと軽く長時間使用しても疲れません。また、折りたたみ式でケースが付いているので、持ち運びにも便利です。

ゼンハイザー「PXC 550」の評価

ゼンハイザー「PXC 550」は持ち運びに便利な折りたたみ式

音のバランスが素晴らしいゼンハイザー「PXC 550」

ゼンハイザー「PXC 550」の総合評価は5点満点中4.51です。

“音”に価値を置くのであれば、素晴らしいバランスで、聞き飽きない音を提供してくれてると思います。

おすすめで人気のノイズキャンセリングヘッドホン、ゼンハイザー「PXC 550」はゼンハイザーが培ってきた音楽を奏でる力が魅力のヘッドホンです。価格もヘッドホンとしては高めですが、この価格でも問題ない方にはおすすめのハイレゾのヘッドホンです。

18位:JVC「HA-S88BN」

JVC「HA-S88BN」仕様(JVCブランド)

「HA-S88BN」(JVCブランド)の商品情報

メーカー:JVCケンウッド

価格:8,780円(アマゾン)

タイプ:オーバーヘッド

再生周波数:8Hz~25kHz

接続:Bluethooth、NFC、有線

重さ:195g

おすすめで人気のノイズキャンセリングヘッドホン、ランキング18位はJVCケンウッドのJVCブランドの「HA-S88BN」です。実質価格1万円以下で買える安いコスパのいいノイズキャンセリングヘッドホンです。耳を当てる部分は、密閉型の低反発のイヤークッションを採用しています。シックで飽きさせないデザインは落ち着きの中にも品があり選び方に損しないコスパのいいヘッドホンです。

JVCブランドの「HA-S88BN」は機能が充実しているヘッドホン

充電中のJVC「HA-S88BN」

長時間のNC仕様に耐える「HA-S88BN」

BluethoothとNCオンで16時間使用に耐えれる「HA-S88BN」です。

人気のノイズキャンセリングヘッドホン、JVCブランド「HA-S88BN」はBluethooth接続も可能ですが、有線での接続も可能としています。Bluethoothの使用時間はBluethoothとNC共で16時間、Bluethoothのみならば27時間仕様できます。海外へ行くときは機内では有線にしてNCのみオンにすると長時間充電なしで使用できます。NCオンで雑音があるときはNC効果が高い性能を発揮するヘッドホンです。

JVCブランド「HA-S88BN」の評価

どちらの耳につけるか分かり易いJVC「HA-S88BN」

機内での使用コメントが以外と多い

JVCブランドの「HA-S88BN」の総合評価は5点満点中3.5です。

飛行機より新幹線の方が良いです。
普通だとトンネルに入ると聞こえづらくなりますが、これを使えばOKでした。

おすすめのノイズキャンセリングヘッドホン、JVC「HA-S88BN」は1万円を切るNC機能のヘッドホンです。安い価格での提供ですので、割り切って使用される方が多い評価コメントです。

17位:オーディオテクニカ「ATH-ANC23」

オーディオテクニカ「ATH-ANC23」のスペック

「ATH-ANC23」の商品情報

メーカー:オーディオテクニカ

価格:5,062円(アマゾン)

タイプ:カナル型

再生周波数:20Hz~20kHz

接続:有線

重さ:26g

おすすめのノイズキャンセリングヘッドホン、ランキング17位はオーディオテクニカの「ATH-ANC23」です。オーディオテクニカは数多くのヘッドホンを提供し続けているオーディオ・メーカーですが、ノイズキャンセリングヘッドホンを出荷している機種は少ないメーカーです。「ATH-ANC23」はノイズのカット率90%を誇るノイズキャンセリングヘッドホンです。

「ATH-ANC23」の機能

「ATH-ANC23」

「ATH-ANC23」のNC機能は単4電池で動作

オーディオテクニカの「ATH-ANC23」のノイズキャンセリング機能は電池で動作し、60時間の動作が可能です。

オーディオテクニカのノイズキャンセリングヘッドホン「ATH-ANC23」は、NC機能は単4電池1本で約60時間の使用が可能で、電池が切れても一般のヘッドホンとして使用することできます。音源との接続は一般的なステレオタイプの小型ジャックで接続します。飛行に乗る際は、同梱されているアダプターを使用して音楽を聴きます。

オーディオテクニカ「ATH-ANC23」の評価

オーディオテクニカの「ATH-ANC23」

144人のカスタマーレビュー

オーディオテクニカの「ATH-ANC23」は総合評価5点満点中3.5です。

騒音はかなり低減されますし、アナウンス等も聴こえるため移動用にはいいかと思います

コスパのいい、オーディオテクニカの「ATH-ANC23」は予想以上にノイズをカットし、社内や機内のアナウンスはきっちり聞こえると、なかなか安い割には人気のノイズキャンセリングヘッドホンです。

16位:スカルキャンディ「Venue」

スカルキャンディ「Venue」

「Venue」の商品情報

メーカー:スカルキャンディ

価格:19,242円(アマゾン)

タイプ:オーバーヘッド

再生周波数:20Hz〜20kHz

接続:Bluethooth

重さ:???

おすすめのノイズキャンセリングヘッドホン、ランキング16位はアメリカのスカルキャンディの「Venue」です。イヤホンにある2つのマイクから周囲の雑音を拾って、その音と同じ音の周波数を出しNC効果をたかめています。人が疲れやすいといわれている70Hz以下のNC機能は意図的に抑え、中高音域のNC機能に集中させたため長時間にNC機能付で聴けるようになりました。

急速充電機能や紛失時の追跡機能を持つ「Venue」

デザイン性もある「Venue」

非接触型充電「Venue」

急速充電では10分間の充電で5時間の使用が可能です。

おすすめのノイズキャンセリングヘッドホン、「Venue」の充電方法は非接触方式でフル充電後のNC機能とBluethoothを使って連続24時間使え、NC機能だけなら40時間使えます。急速充電モードで10分間の充電で5時間使用可能となっています。また、置き忘れた時にどこに置き忘れたかを追跡できる「Tile」アプリの機能を搭載しているので、スマホで追跡することが可能になっている「Venue」です。

スカルキャンディ「Venue」の評価

「Venue」のNC機能は長時間使っても疲れないと好評

NC機能を長時間使っても疲れない

スカルキャンディ「Venue」の総合評価は5点満点中4.6です。

通勤で3時間近く使いますが全く不快感を感じません。音質は癖がなくとても聞き心地の良い印象です。

おすすめのノイズキャンセリングヘッドホン、スカルキャンディの「Venue」はNC機能が素晴らしいと高評価を受けているノイズキャンセリングヘッドホンです。70Hz以下のの雑音を敢えて、NC効果をしないようにしたのが高評価につながったヘッドホンです。

15位:DENON「AH-GC20」

DENON「AH-GC20」仕様

「AH-GC20」の商品情報

メーカー:DENON

価格:17,000円(価格.com)

タイプ:オーバーヘッド

再生周波数:5Hz~40kHz

接続:Bluethooth、有線

重さ:275g

おすすめのノイズキャンセリングヘッドホン、ランキング15位はDENONの「AH-GC20」です。オーディオメーカーのDENONがBluethoothを使って、NC機能がオンの時にいかにいい音が出るかを目標に設計されたヘッドホンです。NC機能は2つのマイクで音を拾って打ち消す、デュアル・アクティブNC機能を採用し、Bluethoothとマイクがあるのでスマホの電話のフリーハンズ機能もサポートしています。

BluetoothとNC機能のために設計しなおした「AH-GC20」

BluetoothとNC機能のために新設計の「AH-GC20」

人間工学に基づいたイヤホン

耳当てパッドや合皮革を設計しなおした「AH-GC20」です。

おすすめのノイズキャンセリングヘッドホン、DENON「AH-GC20」はDENONが誇る音質の良さだけではなく、耳にセットした時のフィット感を大事に設計されたヘッドホンです。形状だけでなく、新開発したパッドは人工革ながら人に柔らかさを感じる作りにしています。バッテリーはBluethoothとNC機能で20時間の連続使用が可能になり、電池が切れたときは有線で使用できます。

DENON「AH-GC20」の評価

DENON「AH-GC20」のケースは見た目も美しいハーフハードケース

コンパクト性やNC機能が人気の

DENON「AH-GC20」の総合評価は5点満点中4.07です。

屋外での視聴はノイズキャンセリング機能でとても快適に音楽を楽しむことが出来ます。

おすすめのノイズキャンセリングヘッドホン、DENONの「AH-GC20」は発売当初は3万円代でしたが、時間が経つにつれ安い価格になり、市場価格は2万円を切りコスパのいい人気の製品になりました。NC付ヘッドホンの選び方リストに加えたいヘッドホンです。

14位:パナソニック・テクニクスブランド「RP-HD600N」

パナソニック「テクニクス RP-HD600N」仕様

「テクニクス RP-HD600N」の商品情報

メーカー:パナソニック

価格:18,898円(価格.com)

タイプ:オーバーヘッド

再生周波数:4Hz~40kHz

接続:Bluethooth、有線

重さ:268g

おすすめのノイズキャンセリングヘッドホン、ランキング14位はパナソニックのテクニクスブランド「RP-HD600N」です。パナソニックは、最近NC技術に力を入れ始めたメーカーです。Bluetooth接続でaptXコーデックに対応し、ハイレゾの音質の高い音を再現します。「RP-HD600N」はBluetoothとNC同時動作で20時間の連続動作を可能にしているおすすめのノイズキャンセリングヘッドホンです。

「RP-HD600N」のNC機能

コンパクトなハーフハードケースは人気のケース

4つのマイクでNC機能を充実

「RP-HD600N」のNCモードは、ある程度静かな場所、ある程度騒がしい場所、常に騒がしい場所と区別して使える機能があります。

「RP-HD600N」のNC機能は、ハウジングの内側と外側の片耳に2つのマイクを設置し、計4つのマイクから取り込んだ雑音を打ち消す、アクティブNC機能を採用しています。NC機能は3つのモードがあり喫茶店などのある程度静かな場所で使うNC、電車内や街中の雑踏で使うNC、そして航空機内で使うNCモードを用意しています。車内アナウンスなど気になる時にすぐにNCモードをオフにする機能もあるヘッドホンです。

パナソニック・テクニクスブランド「RP-HD600N」の評価

「RP-HD600N」は茶色のブルーマウンテンカラーが人気のヘッドホン

ハイレゾのNC機能を持つ「RP-HD600N」は人気も上々

パナソニック、テクニクスブランドの「RP-HD600N」の総合評価は5点満点中4.3です。

高音から低音まで非常にバランス良くワイヤレスでここまでできるパナの技術に感心しました。

おすすめのノイズキャンセリングヘッドホン、ランキング14位のテクニクス「RP-HD600N」はNC機能としては後発のヘッドホンですが、過去のオーディオ技術と家電の技術が融合し機能と性能の高いコスパのいい製品を作っています。使う場所の選び方を制限しないノイズキャンセリングヘッドホンです。

13位:AKG「N60NCBT」

AKG「N60NCBT」仕様

「N60NCBT」の商品情報

メーカー:AKG

価格:28,231円(アマゾン)

タイプ:オーバーヘッド

再生周波数:10Hz~22kHz

接続:Bluethooth、有線

重さ:199g

おすすめのノイズキャンセリングヘッドホン、ランキング13位はオーストリアの老舗のオーディオメーカーAKG「N60NCBT」です。AKGは1947年創業のオーディオメーカーでマイクロフォンとヘッドホンが世界的に有名なメーカーです。「N60NCBT」はAKGが初めて手掛けたNC機能を持ったヘッドホンです。軽量コンパクトなボディは199gと非常に軽く長時間使用しても疲れないデザインのヘッドホンです。

AKG「N60NCBT」のNC機能

デザインが素敵な「N60NCBT」ハイブリッド式のノイズキャンセリングヘッドホン

「ハイブリット式NC」方式

1つのハウジングの外と内に集音マイクを持つ「ハイブリッドNC」方式を搭載しています。

おすすめのノイズキャンセリングヘッドホン、AKG「N60NCBT」のNC機能は集音マイクをハウジングの外側と鼓膜のところに設置し「ハイブリッド式NC」方式を採用しています。NC回路はAKG独自が開発し、高い効果のNCを実現しています。BluetoothはAAC、apt-Xのコーデックまでサポートしていて圧縮率の少ない原音に近い音源までもサポートしている安い価格のコスパのいいハイレゾのヘッドホンです。

AKG「N60NCBT」の評価

デザインが「かっこいい」AKG「N60NCBT」

ハーフハードケースとデザインが好評

AKG「N60NCBT」の総合評価は5点満点中4.73の高評価のヘッドホンです。

通勤中、スマホに繋いで映像や音楽聴いていますが、音の上品さ綺麗さに最初思わず笑ってしまうほどでした。

おすすめのノイズキャンセリングヘッドホン、AKG「N60NCBT」はBluetoothとNC同時動作で15時間動作し、NCのみでは30時間稼働することができます。音質の良さとデザイン性が高い評価の人気のランキング13位のAKG「N60NCBT」ヘッドホンです。

12位:オンキョー&パイオニア「SE-MS9BN」(パイオニア)

オンキョー&パイオニアのパイオニアブランド「SE-MS9BN」仕様

「SE-MS9BN」(パイオニア)の商品情報

メーカー:オンキョー&パイオニア

価格:19,516円(アマゾン)

タイプ:オーバーヘッド

再生周波数:5Hz~22,000Hz(Bt)、5Hz~40,000Hz(有線)

接続:Bluethooth、有線

重さ:290g

おすすめのノイズキャンセリングヘッドホン、ランキング12位はオンキョー&パイオニアのパイオニアブランドの「SE-MS9BN」です。2018年11月下旬に発売されたばかりのヘッドホンです。NC機能だけでなくGoogleアシスタントに対応しています。音楽を聴くだけでなく、地図案内やメッセージの読み上げなど様々な用途に使うことができるヘッドホンです。

パイオニアブランドの「SE-MS9BN」のNC機能

見た目も美しいパイオニアブランド「SE-MS9BN」

Bluetooth使用時のハイレゾヘッドホン

音質のいい、ハイレゾ音質を再現するパイオニアブランドの「SE-MS9BN」です。

「SE-MS9BN」は強磁力希土類マグネットと軽量ボイスコイルを搭載することで、低域再生から中高音域までハイレゾの音質を再現できるコスパのいいヘッドホンです。NC機能はアクティブキャンセリング機能を採用していますが、外部の音を取り入れキャンセリング機能を意図的に落とすモードもあります。Bluetoothのコーデックは48kHz/24bitの「aptX HD」まで対応しているヘッドホンです。 

パイオニアブランド「SE-MS9BN」の評価

初出荷から間もないパイオニアブランドの「SE-MS9BN」はハイレゾ再生のヘッドホン

高音質再生とGoogleアシストが楽しめる

パイオニアブランド「SE-MS9BN」の総合評価は5点満点中5.0です。

見た目のクラシックかんに惚れて購入しました。音の方ですが、どちらかと言うとドンシャリ系ですね。

おすすめのノイズキャンセリングヘッドホン、ランキング12位のパイオニアブランド「SE-MS9BN」は発売間もない製品ですが、性能といい機能といいユーザー評価に期待が持てる楽しみなノイズキャンセリングヘッドホンです。

11位:JBL「EVEREST ELITE 750NC」

JBL「EVEREST ELITE 750NC」仕様

「EVEREST ELITE 750NC」の商品情報

メーカー:JBL

価格:27,800円(アマゾン)

タイプ:オーバーヘッド

再生周波数:10Hz~22KHz

接続:Bluethooth、有線

重さ:280g

おすすめのノイズキャンセリングヘッドホン、ランキング11位はJBLの「EVEREST ELITE 750NC」です。家庭用から、コンサートホールやスタジオ向けなどプロ向けの老舗のオーディオメーカーJBLのノイズキャンセリングヘッドホンです。「EVEREST ELITE 750NC」は2018年5月に発売されました。40mmのダイナミックドライバーを搭載し、JBL独自の幅の広い高音質の音を再現しているヘッドホンです。

JBL「EVEREST ELITE 750NC」のNC機能

「ハイブリッドNC」方式と「アンビエントアウェア」機能があるJBL「EVEREST ELITE 750NC」

「ハイブリッドNC」方式

JBL「EVEREST ELITE 750NC」は「ハイブリッドNC」方式と外部音を意識的に取り入れる「アンビエントアウェア」機能があります。

人気のヘッドホンJBL「EVEREST ELITE 750NC」のNC機能は、使われる環境など条件の選び方を気にしないヘッドホンです。NC機能には「ハイブリッドNC」方式を採用し、周囲の声や音を多少聞きたいときは調整できる「アンビエントアウェア」機能があります。また、一人一人の耳の形状を測定しフィットさせる「オートキャリブレーション」機能があり一人一人にあった音楽再生をするヘッドホンです。

JBL「EVEREST ELITE 750NC」の評価

品があるJBL「EVEREST ELITE 750NC」ケース

NC機能はオンにするとジワァ~っと音が遠のく感じ

JBL「EVEREST ELITE 750NC」の総合評価は5点満点中4.1です。

音が思いのほか良かったので、期待通りです。ノイズキャンセリングは騒音が遠のいていく様にノイズが低減されます。

人気のおすすめのノイズキャンセリングヘッドホン、JBL「EVEREST ELITE 750NC」は高音質でハイレゾの音が再現できると評判です。また、NC機能は完全な外部音の消音ではなく多少音が多少残るので長時間NC機能付きで聴いていても疲れないと高評価のヘッドホンです。

ノイズキャンセリングヘッドホンおすすめランキング!10位~7位

10位:beats by dr.dre「beats studio3 wireless」

beats by dr.dreの「beats studio3 wireless」仕様

「beats studio3 wireless」の商品情報

メーカー:beats by dr.dre(米国)

価格:28,000円(価格.com)

タイプ:オーバーヘッド

再生周波数:???

接続:Bluethooth、有線

重さ:260g

おすすめのノイズキャンセリングヘッドホン、ランキング10位はbeats by dr. dre(以下 beats)の「beats studio3 wireless」(以下:studio3)です。2014年5月にAppleがbeatsの株を買い占め現在はAppleの子会社になっています。「studio3」はAppleのW1チップ(iOS)を搭載しています。「studio3」はiCloudとの接続ができるのでiPhoneで見ていた映画の続きをMACで視ることができます。

beats「studio3」のNC機能

ハウジングに各々2つのマイクロフォンを持つ「studio3」

beats独自で開発したNCチップ

beats独自のNC機能「PureANC」を開発し、iPhoneやMACbookとの親和性を高めた「studio3」です。

「beats」が独自に開発したNC機能を「ピュアアダプティブノイズキャンセリング」(以下:PureANC)と呼んでいます。外部の雑音を遮断する本来の機能に加え、再生中の音楽を解析しNC機能を強化し、さらには、ハウジングの隙間から漏れる音楽を解析して、サウンドを調整しています。チップW1の改良により連続使用時間が大幅に伸びBluethoothとNC機能オンを使って22時間の使用ができます。

beats「studio3」の評価

畳んだデザインもカッコイイbeatsの「studio3」

デザイン性が好評の「studio3」

beats「studio3」の総合評価は5点満点中4.41です。

ノイキャンはエアコンや車や電車の走行音、街中に効果があります。
流石に人の声に効果はありませんが音楽を流せば聞こえなくなります。

人気でおすすめのノイズキャンセリングヘッドホン、beatsの「studio3」はAppleの製品としか親和性がないヘッドホンですが、iPhoneやMACbookをお使いの方には便利でハイレゾの音楽た音を流してくれるNC機能付きのヘッドホンです。

9位:オンキョー&パイオニア「RAYZ Plus」(パイオニアブランド)

オンキョー&パイオニアのパイオニアブランド「SE-LTC5R-T」

「RAYZ Plus」(パイオニア)の商品情報

メーカー:オンキョー&パイオニア

価格:15,660円(アマゾン)

タイプ:カナル型

再生周波数:10Hz~22kHz

接続:有線(Lightning)

重さ:5g

おすすめのノイズキャンセリングヘッドホン、ランキング9位はパイオニアブランドの「RAYZ Plus」です。コネクターがAppleのLightning形状になっておりApple製品専用のカナル型イヤホンです。カナル型のイヤホンでも音質のいい音を再現し、アプリのイコライザー機能で好きな音色に変えることもできます。小さなリモコン部にはSoC(DACとアンプ)が組み込まれいい音を出しているイヤホンです。

パイオニアブランド「RAYZ Plus」のNC機能

どこにマイクがあるかわからない小型のイヤホン

「キャリブレーション」と「HearThru」

外の雑音や耳へのハマり具合で自動でNC機能を調整する「キャリブレーション」機能と意図的に外部の音を取り入れる「HearThru」は便利な機能です。

パイオニアブランドの「RAYZ Plus」のNC機能には、キャリブレーション機能がありNC効果を調整する機能です。イヤホンの位置を変えたり、聴く場所を変えたりした時にキャリブレーション機能をオンにすると15秒程度で再設定をしてくれます。また、外の音を意図的に取り入れる「HearThru(ヒアスルー)」機能もあり聴きながら車内放送などが分かるようになっている便利なイヤホンです。

パイオニアブランド「RAYZ Plus」の評価

パイオニアブランドの「RAYZ Plus」のコントロールボタンの1つはプログラマブル

コントロールボタンの1つはプログラマブル

パイオニアブランドの「RAYZ Plus」の総合評価は5点満点中4.25です。

Lightning直結タイプでありながら、利用中に本機のジャックを利用してiOSデバイスに充電できるのは大変便利です。

パイオニアブランド「RAYZ Plus」の選び方として、ハイレゾな音楽を聴きながらAppleデバイスの充電ができる機能は、便利と評判の機能です。安くてコスパのいいノイズキャンセリングヘッドホンと人気のパイオニアブランドの「RAYZ Plus」です。

8位:BOSE「QuietComfort 20」

BOSE「QuietComfort 20」仕様

「QuietComfort 20」の商品情報

メーカー:BOSE

価格:29,160円(メーカー)

タイプ:インナーイヤー

再生周波数:5Hz~40kHz

接続:有線

重さ:44g

おすすめのノイズキャンセリングヘッドホン、ランキング8位はBOSEのインナーイヤー「QuietComfort 20」(以下:QC20)です。既にQC30が世の中に出ており、ハイレゾの音質でありながら安い価格に下がり2万円を切るコスパのいいインナーイヤーイヤホンです。BOSE独自のStayHear+チップはぴったりとフィットするため耳に押し込む必要がなく、正確に音を伝えてくれるインナーイヤーイヤホンQC20です。

BOSE「QC20」のNC機能

BOSEの長年のNC機能をインナーイヤーに投入

周りの環境を自動でキャッチ

BOSE「QC20」のNC機能は周りの雑音環境を自動でキャッチし、耳に優しい消音機能を発揮します。

BOSEのQC20はインナーイヤーイヤホンで初のNC機能を搭載したQC20は、QC20の周りの雑音の環境に準じてNC機能を自動的に強弱しています。喫茶店などでは弱く、電車内や飛行機内では強く場所に合わせてNC能力を変化させます。音楽が鳴り始めた途端に、いままで耳に入っていた外の音を消し音楽だけを聴きとることができます。また、NC機能を一時中断させるAwareモードにすぐに切り替えることができます。

BOSE「QC20」の評価

キャリーバッグも同梱されているBOSE「QC20」

iPhoneとAndroid用の2つのタイプがあるQC20

BOSE「QC20」の総合評価は5点満点中4.30です。

NCの性能が良いため、音量を下げて音楽を聴くことができるので、音漏れはしにくいと思います。

人気でおすすめのノイズキャンセリングヘッドホン、BOSE「QC20」には、iPhone用とAndroid用の2つの種類があります。購入時には確認しなければなりません。優れたNC機能に定評のあるBOSEのQC20はコスパのいいハイレゾのインナーイヤーです。

7位:ソニー「WI-SP600N」

ソニー「WI-SP600N」仕様

「WI-SP600N」の商品情報

メーカー:ソニー

価格:14,200円(アマゾン)

タイプ:カナル型

再生周波数:20Hz~20kHz

接続:Bluethooth

重さ:21g

おすすめのノイズキャンセリングヘッドホン、ランキング7位は2018年4月に発売されたソニー「WI-SP600N」です。IPX4の防水性能を持っているので屋外でのランニング時の雨や汗にも耐えれる構造をしています。耳栓部分にはアーク状の外れにくいスポーツやお出かけにも似合うデザインになっている「WI-SP600N」です。低音部は「EXTRA BASS」を搭載し低音から高音までハイレゾな音を再現します。

ソニー「WI-SP600N」のNC機能

軽量且つコンパクトなカナル型のイヤホンソニー「WI-SP600N」

軽くて耳にピッタリのカナル型

カナル型NC機能を持つソニー「WI-SP600N」は、外の環境に合わせたNC機能と意図的に外部の音を取り入れろ2つの機能があります。

ソニー「WI-SP600N」のNCモードには2つのモードがあり、手元にあるリモコンで操作しますが、「NCオン」モードと、「アンビエントサウンド」モードがあります。「NCオン」はソニーが誇るNC機能を充分に発揮するモードです。「アンビエントサウンド」とは、NCオン且つ、外部音を取り込む機能でスポーツ中などでも周りの音が聞こえるモードの2種類があるハイレゾのカナル型イヤホンです。

ソニー「WI-SP600N」の評価

スポーツや外出にも最適なデザイン性があるソニー「WI-SP600N」

外れにくデザイン性がある「WI-SP600N」

ソニー「WI-SP600N」の総合評価は5点満点中4.09です。

ジム、ランニング用に購入しましたが、思いのほかデザインも音も良いので普段使いもしています。

おすすめのノイズキャンセリングヘッドホン、ソニーのカナル型のイヤホン「WI-SP600N」は小型で軽量だが外れにくいと評判のイヤホンです。ジムでのトレーナーからの声は「アンビエントサウンド」からクリアな声が返って来、電車の中では静かに音楽を聴くことができ、安い価格でコスパのいいハイレゾのイヤホンと人気です。

ノイズキャンセリングヘッドホンおすすめランキング!6位~4位

6位:ソニー「WF-SP700N」

ソニー「WF-SP700N」仕様

「WF-SP700N」の商品情報

メーカー:ソニー

価格:20,880円(メーカー:税別)

タイプ:カナル型

再生周波数:50Hz~8kHz

接続:Bluethooth

重さ:7.6g

おすすめのノイズキャンセリングヘッドホン、ランキング6位はソニーのBluethoothタイプのワイヤレス「WF-SP700N」です。2018年4月に発売されたもので、ハイレベルを狙ったものではなく、安い価格でコスパのいい普及型のイヤホンです。「EXTRA BASS」サウンドを搭載し、重低音の音をしっかり出す構造になっています。アークサポーターが耳にしっかり定着し、心地よい感覚でのイヤホンです。

ソニー「WF-SP700N」のNC機能

6㎜のボディは小さくても機能満載

独立型イヤホンのデジタルNCは初

ソニー「WF-SP700N」の独立・カナル型イヤホンのデジタルNC機能は世界初です。

ソニーのカナル型イヤホン「WF-SP700N」のNC機能は、ソニーが得意とする完全消音にするのではなく、スポーツや日常生活において周囲の状況が分かるように外部の音を取り込み、外部とのコミュニケーションが取れるNC機能にしています。外部の音の取り込みはスイッチでオン/オフできるようになっています。また、防水性にも優れIPX4に対応していますので雨や汗にも強い構造になっています。

ソニー「WF-SP700N」の評価

見た目も可愛いソニーのカナル型イヤホン「WF-SP700N」ケース

携帯性とデザイン性が好評

ソニーのカナル型イヤホン「WF-SP700N」の総合評価は5点満点中3.55です。

ノイズキャンセリング機能搭載で価格もお手頃。完全ワイヤレスイヤホンをご検討の方にお薦めできる良品です。

ソニーのカナル型イヤホン「WF-SP700N」は完全消音ではないため評価にはばらつきがあります。しかし、NC付イヤホンとしては安い価格で、コスパのいいNC機能付きイヤホンと多くの人が評価するイヤホンです。

5位:JBL「REFLECT AWARE」

JBL「REFLECT AWARE」仕様

「REFLECT AWARE」の商品情報

メーカー:JBL

価格:10,141円(アマゾン)

タイプ:カナル型

再生周波数:10Hz~22kHz

接続:有線(Lightning)

重さ:30g

おすすめのノイズキャンセリングヘッドホン、ランキング5位はJBLのカナル型イヤホン「REFLECT AWARE」です。実質価格は1万円程度の安い価格でJBLのNC機能があるイヤホンが手に入るのはコスパの面でもおすすめのイヤホンです。AppleのLightningコネクタに直接接続し電源供給もAppleデバイスから受けるため軽量でハイレゾのサウンドを実現しています。

JBL「REFLECT AWARE」のNC機能

耳に優しいJBLのNC機能「REFLECT AWARE」

アンビエントアウェアを搭載

JBL「REFLECT AWARE」のNC機能にはLOW、MIDLE、HIGHの3段階のNC機能のアンビエントアウェアがあり、ユーザーで選び方を選択することができます。

JBL「REFLECT AWARE」のNC機能は、完全消音を狙ったものではなく本来の消音方式の「フィードバック」方式と、イヤホンの外側にマイクを設置し弱い消音をする「フィードフォワード」方式のNC機能の2つを掛け合わせたハイブリッド方式と呼ばれるNC機能を搭載しました。これにより、少しおとなしいNC機能ですが、疲れないNC機能となっています。

JBL「REFLECT AWARE」の評価

JBLのアプリも充実「REFLECT AWARE」

JBLはアプリとの連携も充実

JBL「REFLECT AWARE」の総合評価は5点満点中4.0です。

スポーツ用として、イヤホン外の環境音の取り込み加減を調整できることがウリ。

JBL「REFLECT AWARE」のNC機能付きイヤホンの評価は、ある程度NC機能の期待とJBLのサウンドが好きな方に向いているNC付イヤホンです。また、ユーザーが調整できるアンビエントアウェアは好評の機能のJBLのNC機能付きの安い価格のコスパのいいイヤホンです。

4位:バング&オルフセン「Beoplay H3 ANC」(B&O PLAYブランド)

バング&オルフセン(デンマーク)の「PLAY Beoplay H3 ANC」

「Beoplay H3 ANC」(B&O PLAYブランド)の商品情報

メーカー:バング&オルフセン(デンマーク)

価格:16,800円(価格.com)

タイプ:カナル型

再生周波数:20Hz~16kHz

接続:有線

重さ:40g

おすすめのヘッドホン、ランキング4位は高級オーディオ製品メーカーバング&オルフセンのカジュアルブランド「B&O PLAY」の「Beoplay H3 ANC」です。ハウジングはアルミニウムを削ったデザイン性と高音質な音楽を提供する「B&O Play」初のノイズキャンセリングヘッドホンです。音質を最優先に設計された「Beoplay H3 ANC」は、柔らかでクリアな音を奏でるコスパのいいカナル型のイヤホンです。

「B&O PLAY」の「Beoplay H3 ANC」のNC機能

NCの質だけではなく、デザインにもこだわった「B&O PLAY」の「Beoplay H3 ANC」

柔らさがある「Beoplay H3 ANC」のNC機能

「B&O PLAY」の「Beoplay H3 ANC」のNC機能は不要な雑音を低減し、サウンドを引き立てます。

「B&O PLAY」の「Beoplay H3 ANC」のNC機能は、完全に音を消すのではなく音を遠ざける感覚のNC機能です。方式は他社のアクティブNC方式と同じですが、雑音を低減する柔らかなNC機能にしています。NCのオン/オフはフリックボタンで調整可能にし、リモートコントローラーで電話の応対・音量調整ができます。

「B&O PLAY」の「Beoplay H3 ANC」評価

デザインが美しい「B&O PLAY」の「Beoplay H3 ANC」

注目されているブランド「B&O PLAY」

「B&O PLAY」の「Beoplay H3 ANC」の総合評価は5点満点中5.0です。

モニターライクなとても透明感のある音。また分離も素晴らしい。更に耳元全体で音が鳴っている感覚を味わえます。

おすすめの「B&O PLAY」の「Beoplay H3 ANC」は選び方を間違えない、サウンドの音質がいいと評判のカナル型のイヤホンです。NC機能の音をシャットアウトするのではなく、低減するところが好まれているイヤホンで、カナル部のフィット感も抜群と好評のイヤホンです。今後、目が離せないメーカー「B&O PLAY」です。

ノイズキャンセリングヘッドホンおすすめランキング!3位~1位

3位:AKG「N20NC」

AKG「N20NC」仕様カナル型

「N20NC」の商品情報

メーカー:AKG

価格:13,626円(アマゾン)

タイプ:カナル型

再生周波数:12Hz~22kHz

接続:有線

重さ:15g

おすすめのノイズキャンセリングヘッドホン、ランキング3位は安い価格でコスパのいい選び方を間違えないAKGの「N20NC」です。AKGのベーシックモデル・イヤホン「N20」にNC機能を付加したモデルで、「N20」のサウンドを損なわずNC機能を実現したモデルです。耳に付けるハウジングは安定した装着感を覚える音筒が斜めに伸びるアングルド・イヤチップ構造を採用しました。

AKG「N20NC」のNC機能

100%消音ではなく、あえて優しい消音を狙った「N20NC」

AKG独自のNC回路

AKG独自のNC機能は、完全消音を狙うものではなく優しい消音のNC機能です。

AKGの「N20NC」のNC機能はマイクロフォンを左右のハウジングに2個設置し、直接NC機能を行う「フィードバック」方式とハウジングの外側にマイクロフォンを置く「フィードフォワード」方式の両方を採用したハイブリッド方式のNC機能を採用しています。AKGのNC技術の歴史は長く、AKG独自のNC機能を採用し柔らかなイメージのNC機能となっています。

ハウジングをできるだけ軽量化した「N20NC」

ハウジングの軽量化設計の「N20NC」

NCモジュールによる分離

AKGのNC機能はハウジングと独立モジュールに分離することで、ハウジングの軽量化を行いました。

AKGの「N20NC」は、NCモジュールをケーブルの途中に設置することでハウジング本体にNC機能の最低限の機能しか置かず軽量化に成功し、NC機能を連続して20時間使用することができます。また、別のコントローラーにはボリューム調整やプログラマブル・スイッチがあり、iOSとAndroidデバイスの切り分けもコントローラーで行います。

AKG「N20NC」の評価

「N20NC」に同梱されている備品はコネクティビティを考えた備品

同梱される備品も豊富な「N20NC」

AKG「N20NC」の総合評価は5点満点中4.5です。

AKGはノイズキャンセリングでの知名度は少ないが,そのブランドを汚すことがない仕上がりになっていると思う。

プロ用のヘッドホンも手掛けるAKGの民生用のNC機能付きイヤホン「N20NC」はAKG独自のNC回路が搭載され他社とは違った味のあるNC機能が組み込まれています。多くのひとが「N20NC」のサウンドの良さとそこそこのNC機能の良さが好評の安い価格のコスパのいいイヤホンです。

2位:ソニー「WH-1000XM3」

ソニー「WH-1000XM3」仕様

「WH-1000XM3」の商品情報

メーカー:ソニー

価格:30,041円(価格.com)

タイプ:オーバーヘッド

再生周波数:4Hz~40kHz

接続:有線、Bluethooth

重さ:225g

 

おすすめのノイズキャンセリングヘッドホン、ランキング2位はソニーのNC機能付きヘッドホンのフラグシップである「WH-1000XM3」です。前機種の「M2」と比較し20g軽量化とNC機能性能を4倍良くしたモデルです。ソニーショップでは4万円で売っていますが、市場価格は3.3万円~3万円で、コスパのいいNC機能付きヘッドホンです。

ソニー「WH-1000XM3」のNC機能

NCだけでなく音にもこだわった「WH-1000XM3」

ハイブリッド方式NC機能

「フィードバック」方式と「フィードフォワード」方式の両方を採用したハイブリッド方式のNC機能を搭載しました。

ソニーの「WH-1000XM3」のNC機能は、新開発の回路とプロセッサーを組み込んだ「QN1」にあります。「QN1」はDACとアンプ回路を搭載し、S/N比のノイズの低減化を実現しています。NC機能はプロセッサーとマイクロコードのプログラミングによりノイズを分析し逆位相の波形を生成しNCを実現しています。また、ハイレゾにも対応し、ハイレゾでない音源に対してもハイレゾに近いサウンドを出すことができます。

外部音を取り入れる機能をつけた「WH-1000XM3」

カラーも白と黒を用意した「WH-1000XM3」

「アンビエントサウンドモード」

「アンビエントサウンドモード」は外部の音を取り入れで、コミュニケーションをはかるツールです。

ソニーの「WH-1000XM3」はNC機能を付けて聴きながら外部の音を取り込む「アンビエントサウンドモード」を搭載し、アプリから「ボイス」と「ノーマル」の2つを切り分けます。左のハウジングのタッチセンサーに触れるとNC機能が一時的に止まる機能は以前からの継承です。また、NC機能と話すマイクロフォンを以前は併用していましたが、独立した話用のマイクロフォンを搭載しました。

ソニー「WH-1000XM3」の評価

ソニーフラグシップNC機能付き「WH-1000XM3」は評価の高いヘッドホン

専用アプリ「Headphones Connect」に対応

ソニーの「WH-1000XM3」の総合評価は5点満点中4.57です。

音質良し、NC良しで大満足です。総合的に考えて非常にコストパフォーマンスの良い製品ではないでしょうか。

おすすめのノイズキャンセリングヘッドホン、ソニーの「WH-1000XM3」はNC機能だけでなく、音にこだわっている人にも人気でおすすめのノイズキャンセリングヘッドホンです。市場価格も3万円程度となり、これだけの機能を持ったソニーのフラグシップ・NC機能付きヘッドホンは安い価格でコスパのいい、おすすめのヘッドホンです。

1位:BOSE「QC35 wireless headphones II」

BOSE「QC35 wireless headphones II」仕様

「QC35 wireless headphones II」の商品情報

メーカー:BOSE

価格:34,200円(価格.com)

タイプ:オーバーヘッド

再生周波数:???

接続:有線、Bluethooth

重さ:234g

おすすめのノイズキャンセリングヘッドホン、ランキング1位はBOSEの「QC35 wireless headphones II」(以下:QC35)です。BOSEのNC機能付きのフラグシップ・ヘッドホンです。「QC35」は音楽のリスニングだけでなく、GoogleアシストやアマゾンAlexaなどと連携でき「QC35」を付けて様々なことができるようになりました。

BOSE「QC35」のNC機能

BOSE「QC35」のカラーは白と黒

3段階のNC機能

BOSE「QC35」のNC機能は新規にマイルドなNC機能を追加しました。喫茶店などの少し静かな場所で効果を発揮します。

BOSEの「QC35」のNC機能は、BOSE独自の手法でNC機能を持たせ「QC35」には3段階のNC機能を持たせました。「高」「低」「オフ」の3段階です。「高」は今までのNC機能で、「低」は喫茶店などのある程度静かな場所でNC機能を使う場合に設定します。NC機能は連続して20時間使用することができ、電池が切れた時でも急速充電モードで15分の充電で2.5時間使用することができます。

BOSE「QC35」の音質

音質も低音から高音まで素晴らしい音色の「QC35」

NCの影響が解決した「QC35 」

以前の「QC25 」での低音がNC機能に引っ張られる感覚が解決した「QC35」です。

「QC35」の音楽再生能力は、低音から高音のすべての領域においてまろやかな音色を出す「QC35」です。「QC25」では低音部が若干NC機能に引っ張られる感じがありましたが、「QC35」ではこの問題は解決しています。また、Bluetooth接続の音色と有線での音色に差はなく、どちらもクリアな柔らかく個々の楽器がはっきりと聞こえる「QC35]ノイズキャンセリングヘッドホンです。

BOSE「QC35 」の評価

ハーフハードケースも気品あるBOSE「QC35」

NC機能と音楽再生機能のバランスがいい「QC35」

BOSE「QC35 」の総合評価は5点満点中4.46です。

ちょっと贅沢をして買わせていただきましたが、期待以上でした。これからの音楽ライフが素晴らしいものになりそうです。

ランキング1位のノイズキャンセリングヘッドホン、BOSE「QC35 」の多くの評価者は、サウンドの耳が肥えてBOSEからの乗り換えや、ソニーユーザーからの乗り換えの評価が多く、厳しい目で見られている評価が多い中4.46の評価は、立派です。

ノイズキャンセリングヘッドホンの人気メーカーを紹介・解説

救急車のおもちゃの画像

公害から始まったNC技術

騒音公害として始まったノイズキャンセリング技術は、サイレンを鳴らす救急車にスピーカーとして設置したのが始まりまです。

騒音公害として始まったノイズキャンセリング技術は、サイレンを鳴らす救急車の室内にサイレンの音を消す方法として始まりました。消音の方法は、現在と同じアクティブノイズキャンセリングの方法で、それをスピーカーに付けて逆相波形を生成し活用していました。その後、この方法を使ってソニーがジェット機内の騒音を消すためにヘッドホンのノイズキャンセリングヘッドホンを発売しました。

一歩先を進んでいるソニー・BOSE

他社を引き離しているソニー、BOSE

NC人気のメーカー

NC機能付きヘッドホンで人気のメーカーはソニーとBOSEです。

ランキング順にNC機能を持つヘッドホンを紹介してきましたが、人気のメーカーはソニーとBOSEです。ソニーはNC機能ヘッドホンの先駆者であり数多くのNCヘッドホンを提供しています。BOSEもまた、スピーカー・ヘッドホンには世界的に定評があり、NC機能付きスピーカー、ヘッドホンを出しています。これから注目されるのがパナソニック、AKG、「B&O PLAY」などが目を離せないメーカーです。

どうやってノイズを消しているの?仕組みを紹介!

ノイズキャンセリングの画像

ノイズキャンセリングの理論

ノイズキャンセリングは雑音の周波数と相反する周波数を生成することで雑音を消します。

ノイズキャンセリングの方法は、雑音の周波数と同じ負の周波数を生成することで雑音を消す方法です。ジェット機のエンジン音のように単調な音なら負の周波数は簡単にできますが、街中の雑踏では人や自動車その他の音が相まって複雑になるので、拾った音を素早く解析し負の周波数を生成せねばならず、メーカーによってキャンセリングの方法も違い、精度も違います。

ノイズキャンセリングの方法

フィードバック方式はハウジングの内側、フィードフォワードは外側

2種類の消音方法

ノイズキャンセリング方式にはフィードバック方式とフィードフォワード方式の2種類があります。

どちらもノイズキャンセリングです。フィードバック方式はハウジングの内側にマイクロフォンを付け耳もとの雑音を拾い消音します。レスポンスが早く変化する雑音を消音するのに向いています。フィードフォワード方式はマイクロフォンをハウジングの外側に付け消音する技術です。変化しない一定の音を消去するのに向いており、耳に負担をかけない消音方法です。

音漏れが必要な時もあるノイズキャンセリング

イヤホンをしている女性

外の音(声)が必要な時もある

意図的に外部の音(声)を取り入れる「アンビエントサウンドモード」があります。

 

最近のノイズキャンセリングヘッドホンの性能が良くなり、完全に外の音を消そうと思えば消すことができます。

 

しかし、完全消音環境は身体に影響するとも云われ、長時間使用した人が気分を悪くした例も少なくありません。

また、社内アナウンスや街中の雑踏の中でのナガラ使用は危険が伴います。そこで、「アンビエントサウンドモード」機能という外の音をレベル調整で取り入れる機能が付いています。

ノイズキャンセリングヘッドホンの使用時の注意点とは?

Bluetoothデバイスは干渉されやすい

電池の残量と他のBluetooth機器に注意

NC付ヘッドホンはBluetoothの他のデバイスやWi-Fiと干渉することがあります。また、自身のヘッドホンの音漏れにも注意します。

NC付ヘッドホンは携帯し外出した時に使用するものです。充電し忘れや、代わりの電池の持参を忘れないようにします。また、Bluetoothのヘッドホンは他の機器と干渉を起こします。ありがちなのはほかの人のBluetoothヘッドホンです。次はWi-Fiです。Bluetoothが使う周波数とWi-Fiの周波数は同じ周波数を使っているので電波が切れたり、雑音が入ったりします。気になる方は有線のヘッドホンをおすすめします。

ヘッドホン難聴?耳への負担とノイズキャンセル機能

ばつをしている女性

難聴にならない対策

ヘッドホンで音楽を聴いて若者が難聴になるケースが増えてます。長時間のリスニングとボリュームの大きさに中が必要です。

人は日常200Hzから4KHzを聴き、オーディオは20Hzから20KHzの音を出します。この周波数領域は、人間が聴くことができる周波数と言われています。また、dB(デシベル)という音の大きさがあります。地下鉄の車内の音が80dBです。ガードレール下などの音量は100dBです。人は80dBを8時間、100dBは2時間しか耐えることができません。難聴を防ぐにはボリュームを小さくし、NC機能を活用します。

ノイズキャンセリングヘッドホンおすすめランキングTOP20!まとめ

ヘッドホンの画像

進化続けるNCヘッドホン

ソニーがデジタル・NCヘッドホンを2008年に発売し、まだ10年しか経っていないNC技術はこれからも進化し続けます。

エジソンが蓄音機を発明したのが1877年、ヘッドホンの原型が発明されたのは1937年蓄音機から50年が経っています。ソニーがデジタルNCヘッドホンを出したのが2008年ヘッドホンが実用化され70年経っています。NCヘッドホンが世に出てまだ10年しか経っていません。これからもNCヘッドホンは進化し、中国メーカーも含め多くのメーカーがしのぎを削りより性能のいい、人に優しいNCヘッドホンに期待します。

他にも読みたい”ヘッドホン”に関するその他の記事!!

ヘッドホンおすすめランキングTOP32!人気モデルの音質や機能を徹底比較! | ランキングまとめメディア
高音質ヘッドホンおすすめTOP17!選び方の7つのポイントも解説【最新】 | ランキングまとめメディア
Bluetoothワイヤレスヘッドホンおすすめ17選!人気なのは?【最新】 | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ