ガストーチおすすめランキング15選!料理にDIYや火起こしまでマルチに活躍!

ガストーチのおすすめランキングを作成いたしました。ガストーチといえば、アウトドア、特にキャンプでの火起こし、料理、DIYなどマルチに活躍する便利なバーナーです。使い方もライター感覚で使用できるため、慣れていない方でも気軽に使うことが出来ます。今回は、そんな人気のガストーチのおすすめ商品をランキング形式で15選、ご紹介していきます。ガストーチの種類や、使い方、選び方についても解説していくので、ガストーチ選びの参考にしてください。

目次

  1. ガストーチおすすめランキング!バーナーの使い方など
  2. ガストーチおすすめランキング15位~11位
  3. ガストーチおすすめランキング10位~7位
  4. ガストーチおすすめランキング6位~4位
  5. ガストーチおすすめランキング3位~1位
  6. ガストーチの使い方や気をつけること
  7. 正しいガス缶の処分方法について
  8. ガストーチおすすめランキング!のまとめ

ガストーチおすすめランキング!バーナーの使い方など

人気のおすすめのガストーチの紹介

カセットガス缶を取り付けるタイプのガストーチ

ガストーチのおすすめランキング15選をご紹介!

本記事では、ガストーチのおすすめの人気商品をランキング形式で15選、ご紹介していきます。

ガストーチの種類や選び方

カセットガス缶を取り付けるタイプのガストーチ

購入前に種類と選び方を確認!

いざガストーチを買おうとしても、どの種類のガストーチを買えばいいか迷ってしまうことがあります。

 

購入を決める前に、ガストーチの種類や選び方について、しっかりと確認しておきましょう。

ガストーチの種類と選び方その①「CB缶タイプのガストーチ」

カセットガス缶を取り付けるタイプのガストーチ

入手のしやすさを重視した選び方ならCB缶タイプがおすすめ!

CB缶タイプのガストーチは、大抵のホームセンターで販売されており、近年ではコンビニやスーパーで販売されていることも珍しくありません。

 

その特性上、入手、及び燃料の調達、使い方も簡単な初心者向けのガストーチといえるでしょう。

CB缶とは「カセットガスボンベ缶」のことで、家庭用に販売されているカセットコンロと同じ規格のガスカートリッジを燃料として使うことが出来ます。燃料の調達が非常に容易く、使い方もライターとほとんど変わりません。燃料の調達、及び使い方を考慮した選び方としては、もっともおすすめできる人気の種類です。

ガストーチの種類と選び方その②「OD缶タイプのガストーチ」

アウトドア缶を取り付けるタイプのガストーチ

性能重視の選び方ならOD缶が一番!

OD缶タイプのガストーチは、専用のガス缶を使用するねじこみ式のガストーチです。アウトドアでの使用を前提としているため、CB缶タイプよりも応用が利く便利さが魅力的です。

 

OD缶とは「アウトドア缶」のことで、ホームセンターなどで販売されている専用のガスカートリッジを燃料として使用します。

火力、温度への耐性がCB缶よりも高く、逆さまにしても使えるので業務用にも使われる本格的なガストーチです。地面に置いても使用できるので、応用性や性能を重視した選び方ならOD缶のガストーチがおすすめです。

ガストーチの種類と選び方その③「充填式のガストーチ」

充填式のスライドガストーチ

携行性重視の選び方なら充填式が最適!

充填式のガストーチは、本体にガスを充填して使用するタイプのガストーチです。

 

ガス缶などの燃料を必要とせず、サイズもコンパクトなので携行性を重視した選び方なら充填式がおすすめです。

充填式のガストーチは、本体の内部にガスを充填することで使用できます。使い方も簡単で、CB缶タイプよりもライターに近い使い心地です。ただし、充填出来るガスの容量が少ないので、連続使用時間は他のガストーチより短く、火力もガストーチとしては低くなっています。

使用する状況に適した選び方が大切

ガストーチで焚き火に火を着ける様子

目的に適した選び方をしましょう

火を着ける、という結果に関してはどのガストーチも同じですが、使用する状況や目的によって選び方も変わってきます。

ガストーチの選び方で重要なのは、いかに目的に適したものを選ぶかになります。料理に使うのか、野外での火起こしのためか、DIYで物づくりに使うのかなど、それぞれの目的に適したガストーチを使用しましょう。本ランキングでは、それぞれの商品のおすすめの使い方なども記載しております。ガストーチ選びの際には是非参考にしてください。それでは、ランキングスタートです!

ガストーチおすすめランキング15位~11位

カセットガス缶を取り付けるタイプのガストーチ

ガストーチおすすめランキング15位~11位をご紹介!

それでは早速、ガストーチのおすすめランキング15位~11位までの商品をご紹介していきます。

15位:SR-tools「ガストーチバーナー」

シンプルながら応用が利く

SR-toolsのガストーチバーナー

全方向使用可能なガストーチ

価格:1,600円(税込)

タイプ:CB缶タイプ

全長:約16cm

本体重量:180g

燃焼温度:最高1300度

燃焼時間:???

着火スイッチ:トリガータイプ

安全機能:点火トリガーロック安全装置付き

備考:本体のみ

ガストーチおすすめランキング15位は、SR-toolsの「ガストーチバーナー」です。家庭用ガスボンベを使用するタイプでありながら、360度全方向に使用することが出来ます。点火速度も素早く、料理だけでなくDIYや焚き火の火起こしなど、様々な応用が利く万能タイプのガストーチです。

14位:高森コーキ「着火バーナー(ターボ)TK-SF4」

ライター感覚で使えるガストーチ

高森コーキの着火バーナー(ターボ)TK-SF4

価格も安くて使いやすい

価格:710円(税込)

タイプ:充填式タイプ

全長:約14.5cm

本体重量:???

燃焼温度:???

燃焼時間:???

着火スイッチ:ボタンタイプ

安全機能:なし

備考:本体のみ

ガストーチおすすめランキング14位は、高森コーキの「着火バーナー(ターボ)TK-SF4」です。コンパクトな充填式のガストーチであり、トリガーはソフトなタッチで押せるので、高齢の方や女性、子供でも使いやすいのが特徴です。

13位:キャプテンスタッグ「ハンディガストーチM-6325」

信頼性抜群のキャプテンスタッグ製

キャプテンスタッグのハンディガストーチM-6325

軽くて使いやすいガストーチ

価格:1,700円(税込)

タイプ:CB缶タイプ

全長:約16cm

本体重量:110g

燃焼温度:最高1300度

燃焼時間:約1時間40分

着火スイッチ:トリガータイプ

安全機能:点火トリガーロック安全装置付き

備考:本体のみ

ガストーチおすすめランキング13位は、キャプテンスタッグの「ハンディガストーチM-6325」です。キャプテンスタッグは手ごろな価格でアウトドア用品を販売しているメーカーです。「ハンディガストーチM-6325」は低価格ながら安定した性能を誇り、品質も安心できる初心者におすすめのガストーチです。

12位:COZYSWA「トーチバーナー・パワートーチ」

初心者でも気軽に料理に使える!

COZYSWAのトーチバーナー・パワートーチ

安全性に配慮した設計

価格:1,480円(税込)

タイプ:充填式タイプ

全長:約18.5cm

本体重量:246g

燃焼温度:最高1300度(調整可能)

燃焼時間:???

着火スイッチ:トリガータイプ

安全機能:安全ボタン

備考:本体のみ

ガストーチおすすめランキング12位は、COZYSWAの「トーチバーナー・パワートーチ」です。安全ボタンが付いており、ただ点火トリガーを引くだけでは着火しないようになっています。テーブルなどに置いても倒れづらく、無段階調節機能付きなので料理に向いているガストーチです。逆さでも使用できるので、特に炙り料理に向いているようです。

11位:新富士バーナー「パワートーチRZ-832」

高火力の本格的なガストーチ

新富士バーナーのパワートーチRZ-832

ノズルが長いので手元が安全

価格:1,918円(税込)

タイプ:ねじ込み式タイプ

専用缶:ガスボンベRZ-850・RZ-860

全長:約19.1cm

本体重量:147g

燃焼温度:最低800度~最高2000度(調整可能)

燃焼時間:1時間20分

着火スイッチ:トリガータイプ

安全機能:ロングノズル

備考:ガスボンベRZ-860×1本付き

ガストーチおすすめランキング11位は、新富士バーナーの「パワートーチRZ-832」です。専用のガス缶を必要とするガストーチですが、アウトドアよりもDIY向けの商品といえるでしょう。火口が手元より遠いロングノズルなので、誤って火傷する危険性が低くなっています。火力も高く、専用のガス缶が1本付いてくるのでそのまま即日に使うことが出来ます。

ガストーチおすすめランキング10位~7位

充填式のガストーチ

ガストーチおすすめランキング10位~7位をご紹介!

ここからは、人気のガストーチのおすすめランキング10位~7位までの商品をご紹介していきます。

 

様々な種類の人気のガストーチが載っているため、ガストーチ選びの際は是非参考にしてください。

10位:新富士バーナー「カセットガス式バーナーKusayaki(草焼きバーナー)GT-110」

両手でしっかりと持てるガストーチ

新富士バーナーのカセットガス式バーナーKusayaki(草焼きバーナー)GT-110

雑草を焼くのに適したバーナー

価格:4,980円(税込)

タイプ:ねじ込み式タイプ

専用缶:ガスボンベGT-700・GT-760

全長:約68cm

本体重量:800g

燃焼温度:最高1300度

燃焼時間:10~30分

着火スイッチ:ボタンタイプ

安全機能:ロングノズル

備考:ガスボンベGT-700×1本付き

ガストーチおすすめランキング10位は、新富士バーナーの「カセットガス式バーナーKusayaki(草焼きバーナー)GT-110」です。草焼き用のバーナーということで、サイズが大きいので料理やDIYには向いていません。その分、ノズルの長さや全体的なサイズ、吹き出る炎も長くなっており、雑草の焼却作業には最適です。

9位:WINDMILL「クッキングバーナーピンクWCB-10002」

軽くて使いやすい料理用ガストーチ

WINDMILLのクッキングバーナーピンクWCB-10002

レシピ本も付いてくる!

価格:3,337円(税込)

タイプ:充填式タイプ

専用補充缶:WINDMILLガスボンベ65g高純度活性炭フィルター内蔵777-0010

全長:約15.3cm

本体重量:205g

燃焼温度:???(調整可能)

燃焼時間:2分×6~8回分

着火スイッチ:ボタンタイプ

安全機能:安全キャップ付き

備考:レシピ本・説明書付き

ガストーチおすすめランキング9位は、WINDMILLの「クッキングバーナーピンクWCB-10002」です。料理用の充填式ガストーチで、重量も非常に軽いので女性でも使いやすいのが魅力的です。バーナーを使ったレシピを載せたレシピ本も付いてくるため、初めて使う方にもおすすめの商品となっております。

8位:SOTO「フィールドチャッカーST-431」

炭の火起こしに最適なガストーチ

SOTOのガストーチ・フィールドチャッカーST-431

折り畳み可能でコンパクト収納が出来る!

価格:1,324円(税込)

タイプ:ねじ込み式タイプ

専用缶:ST-720

全長:約35cm

本体重量:155g

燃焼温度:???

燃焼時間:90分~110分

着火スイッチ:レバータイプ

安全機能:幅広火口

備考:折り畳み可能

ガストーチおすすめランキング8位は、SOTOの「フィールドチャッカーST-431」です。長いノズルに加えて加工が幅広くなっており、炭の火起こしをとても簡単に、そして安全にすることが出来ます。折り畳みも可能なので持ち運びが楽で、雑草の焼却や料理の焦げ目付けにも使えます。着火の際にはライターなどの別途に火を必要とするので注意しましょう。

7位:スタイルインデックス「プリンスポケットバーナーPB-V3」

多目的に活躍するポケットバーナー

スタイルインデックスのプリンスポケットバーナーPB-V3

ポケットに入るコンパクトサイズ!

価格:1,933円(税込)

タイプ:充填式タイプ

全長:約8cm

本体重量:57.9g

燃焼温度:最高1300度

燃焼時間:11分

着火スイッチ:スイッチタイプ

安全機能:蓋付き

備考:真鍮製・ガス残量の確認可能

ガストーチおすすめランキング7位は、スタイルインデックスの「プリンスポケットバーナーPB-V3」です。蓋が付いている種類のガストーチですが、サイズが小さいので片手で開閉から点火が可能な使いやすいガストーチです。連続燃焼時間こそ短いですが、火力が高いので様々な場面で活躍することが出来る人気のガストーチです。

ガストーチおすすめランキング6位~4位

OD缶タイプのガストーチ

ガストーチおすすめランキング6位~4位をご紹介!

続いてご紹介するのは、おすすめランキング6位~4位までのガストーチです。

 

ここまでも様々な種類のガストーチがありましたが、他にはどのようなものがあるのでしょうか。

6位:JOBON「XRiseトーチバーナー」

見た目もおしゃれな調理向けバーナー

JOBONのXRiseトーチバーナー

堅実な性能を誇る充填式

価格:2,032円(税込)

タイプ:充填式タイプ

全長:約14cm

本体重量:230g

燃焼温度:最高1300度(調整可能)

燃焼時間:???

着火スイッチ:レバータイプ

安全機能:火力の固定が可能

備考:充填するガスはブタンガスのみ

ガストーチおすすめランキング6位は、JOBONの「XRiseトーチバーナー」です。見た目がガストーチとは思えないほど洗練されたデザインをしており、キッチンやリビングに置いていても違和感がありません。性能は充填式のガストーチとしてはそれなりに優れていますが、ブタンガスしか充填には使えないので、その点のみ注意が必要です。

5位:コールマン「コールマントーチ170-8075」

キャンプやアウトドアで人気のガストーチ

コールマンのコールマントーチ170-8075

頑丈で地面にも置ける

価格:3,013円(税込)

タイプ:OD缶タイプ

全長:約18cm

本体重量:210g

燃焼温度:最高1500度

燃焼時間:???

着火スイッチ:ボタンタイプ

安全機能:

備考:本体のみ

ガストーチおすすめランキング5位は、コールマンの「コールマントーチ170-8075」です。OD缶タイプのガストーチとしては代表的な商品であり、キャンプやアウトドアでの焚き火の火起こしや、BBQの炭への着火など、幅広く活躍することが出来ます。一般的なガストーチよりも火力が高く、アウトドア向けなので本体が頑丈に作られているのも魅力的です。

4位:新富士バーナー「パワートーチRZ-730S」

初心者におすすめのCB缶タイプ

新富士バーナーのパワートーチRZ-730S

安全性に配慮したパワートーチ

価格:1,610円(税込)

タイプ:CB缶タイプ

全長:約13cm

本体重量:153g

燃焼温度:900~1300度

燃焼時間:約90分

着火スイッチ:ボタンタイプ

安全機能:全方向使用可能(生火発生無し)

備考:本体のみ

ガストーチおすすめランキング4位は、新富士バーナーの「パワートーチRZ-730S」です。典型的なCB缶タイプのガストーチですが、特に安全性に対する配慮がされているのが特徴です。ガスバーナーにありがちな生火の発生を極限まで抑えられており、不慮の事故が起こることを防いでくれます。価格、重量の軽さ、燃焼時間、すべて平均的でバランスのとれた、初心者におすすめの人気のガストーチです。

ガストーチおすすめランキング3位~1位

ガストーチで着火する様子

ガストーチおすすめランキング3位~1位をご紹介!

最後にご紹介するのは、人気のガストーチおすすめランキング3位~1位の商品です。

3位:キャプテンスタッグ「フィールドガストーチカートリッジ用M-6309」

野外で使いやすいOD缶タイプのガストーチ

キャプテンスタッグのフィールドガストーチカートリッジ用M-6309

独特の形状で使いやすさアップ!

価格:2,980円(税込)

タイプ:OD缶タイプ

全長:約27cm

本体重量:260g

燃焼温度:???

燃焼時間:???

着火スイッチ:トリガータイプ

安全機能:ハンドル付き

備考:本体のみ

ガストーチおすすめランキング3位は、キャプテンスタッグの「フィールドガストーチカートリッジ用M-6309」です。他のガストーチと違って持ち手の部分が大きめに作られており、火口から持ち手が遠いので火傷の心配もありません。さらに銃のような独特の形状をしており、持ちやすさ、使いやすさに非常に優れた人気のガストーチです。

気温が低い時に使うために購入し、期待通りの仕事をしてくれました。
カセットガスを使う場合には温度が低いと火力が弱まり、缶を手で持つととても冷たい。
このバーナーはOD缶仕様なので寒冷地用の物が入手しやすい。
また、使用時は缶ではなくバーナーのプラ部を持つので冷たくない。
キャンプでバーベキューをする場合に他のガス器具と共通のOD缶を使えるので便利です。
ランニングコストはOD缶仕様の為に上がりますがしょうがないですね。

具体的な燃焼温度については記載がありませんが、OD缶タイプなのでCB缶よりも火力が低いということはなさそうです。さらに寒い季節にガス缶を持つと非常に冷たいですが、「フィールドガストーチカートリッジ用M-6309」は持ち手がプラスチックなので冷たくありません。

2位:Iwatani「カセットガストーチバーナーCB-TC-OD」

お手軽かつ安全性に優れたガストーチ

IwataniのカセットガストーチバーナーCB-TC-OD

最高クラスのコストパフォーマンスを誇る

価格:1,519円(税込)

タイプ:CB缶タイプ

全長:約16cm

本体重量:57.9g

燃焼温度:最高1400度(調整可能)

燃焼時間:110分

着火スイッチ:トリガータイプ

安全機能:カセットガスの簡単着脱機能

備考:イワタニカセットガス×1本付き

ガストーチおすすめランキング2位は、Iwataniの「カセットガストーチバーナーCB-TC-OD」です。Iwataniといえばガストーチやカセットガスを使った様々な種類の商品を取り扱う非常に有名なメーカーで、ほとんどのホームセンターにはIwatani製の商品が置いてあるといっても過言ではありません。商品の信頼性、安全性としてはこれ以上ない安心感があります。

アマゾンで500円程で売られているバーナーを使っていましたが、壊れた為にこちらを購入しました。
500円の物と比べて、、
重さはこちらの方が倍くらい重いです。
その分、しっかりとしてる作りなのでしょう
それから、火力が安定している
ダイヤル付きで、火力の調整が簡単です
やっぱり火を扱う物は安心安全の国産メーカーでしょう!
ボンベもイワタニ製のものを使用することをオススメします。

CB缶タイプのガストーチとしては安定した性能であり、火力も最高1400度というのは、他の同ランクのガストーチよりも高い温度です。有名なメーカーによる国産のガストーチということもあり、商品の高い信頼性が評価されている人気の商品です。

1位:新富士バーナー「スライドガストーチRZ-520」

どんな場面にも対応できる人気の充填式ガストーチ

新富士バーナーのスライドガストーチブラックRZ-520BK

高火力とコンパクトさを両立!

価格:1,969円(税込)

タイプ:充填式タイプ

全長:約11cm

本体重量:55g

燃焼温度:最高1300度

燃焼時間:15分

連続燃焼時間:1分まで

着火スイッチ:トリガータイプ

安全機能:伸縮ノズル

備考:カセットガスとライターガスから充填可能

ガストーチおすすめランキング1位は、新富士バーナーの「スライドガストーチRZ-520」です。充填式のガストーチらしいコンパクトさはそのままに、一般的なガストーチの火力と変わらない1300度の火力を発揮出来ます。さらに、ノズルがスライド式で伸縮が可能なため、使い続けても指が熱くなったり、火傷する心配もありません。

ランキング1位の人気商品のレビューをチェック!

メーカーからはDIY向けの商品として紹介されていますが、その取り回しと使い勝手の良さからアウトドアでも活躍出来る人気の商品です。このサイズで炭への着火も可能な火力は魅力的で、「スライドガストーチRZ-520」が1個あれば、ガストーチが必要な場面では必ず活躍してくれるでしょう。

SOTOブランドで出しているスライドトーチを気に入って使ってましたが、ロック方式が一回一回点火しづらかったんですが、
これはロックが手前にスライド方式だから連続的に使用するときが楽。
ハンダや収縮チューブの処理にはこちらが良い。
気に入ってるのでキャンプにも使います。

実は、SOTOからも似たようなガストーチが販売されています。使用上、大きな違いはありませんが、僅かな形状、使い方の違いもあり、新富士バーナーの方が若干使いやすいイメージがあります。市販のライター用ガス、カセットガスで充填可能なのも、魅力的なポイントの一つです。

「スライドガストーチRZ-520」の紹介動画

上記の動画では、「スライドガストーチRZ-520」の使用感などを紹介しております。実際に購入する前に、どのような使い方なのか、どのような機能を持っているかを確認することが出来ます。

ガストーチの使い方や気をつけること

ガストーチの使い方は?

ガストーチを料理に使う様子

気をつけるポイントも合わせてご紹介!

様々な使い道があるガストーチですが、ガストーチの種類ごとに使い方にも差が出てきます。

料理、DIY、アウトドア、ガストーチは様々な場面で使うことが出来る、多様性をもったアイテムです。しかし、種類ごとに使い方には違いがあり、その使い方を把握しなければ使いこなすことは出来ません。本項では、ガストーチの使い方と、合わせて気を付けなければいけない注意点について解説していきます。

ガストーチの基本的な使い方【動画】

上記の動画では、ガストーチのごく基本的な使い方をわかりやすく解説しています。ガストーチを購入する前、実際に使う前に、しっかりと使い方を把握しましょう。

料理での使い方

ガストーチで寿司を炙る様子

女性にもおすすめ出来る使い方!

ガストーチの料理への使い道は幅広く、プロの料理人の方にもガストーチを使っている方は少なくありません。

ガストーチの料理への使い方はとても簡単です。寿司を炙って味の違いを楽しむ、肉や魚の表面に焼き目を入れて見栄えを良くするなど、コツさえ掴んでしまえば様々な料理に使うことが出来ます。料理用のガストーチを購入する際は、ガス缶タイプ、充填式に関わらず、火力の調整が可能なものを選びましょう。

上記の動画では、実際にガストーチを利用して料理を作っています。レシピや作る手順なども解説されているので、ガストーチの使い方に慣れてきたら、実際に作ってみるのも面白いかも知れません。

DIYでの使い方

ガストーチでロウ付けする様子

ちょっとした細工に使える!

ガストーチを使ったDIYといえば、主にロウ付けがあります。本格的なはんだ付けとは違い、手軽に細工することが出来るため、DIY初心者の方にもおすすめです。

ロウ付け、とはいわゆる溶接の一種で、低温度で溶けるロウ材を使って金属同士を接合することを指します。耐熱煉瓦やワイヤーブラシ、専用のろう材なども必要になりますが、ガストーチでのロウ付けは、覚えてしまえばDIYの幅が広がります。作るものにもよりますが、出来れば取り回しの簡単なガストーチを選びましょう。本ランキング1位の新富士バーナーの「スライドガストーチRZ-520」などもおすすめです。

上記の動画では、ガストーチを使っての彫金を紹介しています。かなり手馴れている様子で、格素材の性質についても解説されており、初心者だけでなく熟練者の方にもおすすめ出来る内容です。

アウトドアでの使い方

ガストーチでガソリンストーブに着火する様子

ガストーチがもっとも活躍する場所!

アウトドアといえばガストーチが大活躍する場といっても過言ではありません。

 

使い方をマスターし、楽しいアウトドア活動を送りましょう。

焚き火や炭への火付けなど、アウトドアの醍醐味ではありますが、火を着けるのに苦戦する方も少なくありません。しかし、ガストーチを使えば、それらも簡単かつ確実に、手早く行うことが可能です。火力の高いガストーチは、ライターやマッチなどのように、強風で消えることもありません。

上記の動画では、ガストーチを使った炭の着火方法を解説しています。炭への着火のコツを覚えれば、キャンプはもちろん、BBQなどの場でも活用することが出来ます。

ガストーチを使う際の注意点

SOTOのスライドガストーチ

使い方には要注意!

非常に便利なガストーチですが、使い方を誤れば思わぬ事故を起こしてしまいます。

 

実際に使う前に説明書等をきちんと読み込み、事故が起こる可能性を出来るだけ抑えましょう。

ガストーチの炎はライターなどの比ではなく、一歩間違えれば火事などの大事故を引き起こす危険性があります。ガストーチを使う際は周囲への配慮を忘れず、ガストーチ本体やガス缶のチェックも怠らないようにしましょう。そして規格にない使い方をしたりせず、説明書をよく読みこむことが重要です。

正しいガス缶の処分方法について

ガス缶の処分方法を覚えましょう

スノーピークのカセットガス缶

ガス缶を処分する際の注意点

ガストーチのガス缶は、捨てる際にいくつか注意しなければいけない点があります。

 

本項では、ガス缶の処分方法と、気を付けなければいけない点について解説していきます。

中身が残っているかを確認!

ガス缶の残量を計る様子

残量確認を怠ってはいけません

まずは、ガス缶の中にガスが残っているかの確認をしましょう。ここで確認を怠ると、後々重大な事故を起こしかねません。

 

ガス缶の中身の確認方法ですが、缶本体を振ってシャカシャカと音がするならば中身が残っています。

 

他にも、ガス缶の重量を量ることにより、ガスの残量を確認する方法もあります。この場合は、缶本体とは別に元々のガスの重量を把握しておく必要があります。

もしも中身が残っていたら?

スプレー缶に穴を空ける様子

絶対にしてはいけないこと

ガス缶に中身が残っていたからといって、決して穴を空けてはいけません。

昔はガス缶に穴を空けてからゴミに出すのが常識でしたが、穴あけの際に事故が多発するようになり、現在ではガス缶に穴を空けることは推奨されていません。中身が残っている場合は、きっちりと最後まで使い切るか、火の気のない野外でガスを放出させましょう。ガス缶本体にガスを外に出す方法が書いてあることもありますので、その際は素直にメーカーの指示に従いましょう。

ガストーチおすすめランキング!のまとめ

ガストーチで魚に焼き目を入れる様子

幅広い使い方が魅力的

扱いやすいガストーチは、コツさえ掴んでしまえば初心者でも様々なことに使うことが出来ます。

 

使い方や種類をしっかりと把握して、ガストーチを楽しく使えるようにしましょう。

今回は、人気のガストーチおすすめランキング15選をご紹介いたしました。近年ではガストーチを常備している一般家庭も少なくありません。気軽に料理に使うことも出来るし、アウトドアに持ち出せばとても便利です。ガストーチの使い方や種類を覚えることで、ガストーチを安全に、楽しく使えるようにすることが大切です。本ランキングを参考にして、自分が使いやすいガストーチを探してみてください。

その他の気になるキャンプ用品についての記事はこちら!

バーベキューの持ち物や必需品ランキングTOP50!準備しておきたい商品を紹介 | ランキングまとめメディア
薪割り機おすすめランキングTOP15!レトロなストーブやキャンプにも活躍! | ランキングまとめメディア
アウトドア用品ブランドのおすすめランキングTOP23!おしゃれで人気なのは? | ランキングまとめメディア
燻製器おすすめランキング17選!初心者向けお手軽タイプから本格的なものまで! | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ