車の解氷スプレーおすすめランキングTOP11!簡単に解凍できる商品と選び方!

寒い季節になると、車のフロントガラスが凍って前方が見えなくなります。そんな状況にフロントガラスなどが凍っているのを溶かすことができるのが「解氷スプレー」というアイテムです。簡単に凍ったガラスの氷を取り除くことが出来ますし、カギ穴などに氷が入ってしまった状況を改善することが出来ます。解氷スプレーのおすすめ人気ランキングで、選び方のおすすめポイントを紹介します。解氷スプレーのおすすめ人気ランキングの選び方を参考に、簡単に車の氷を溶かしましょう。

目次

  1. 車の解氷スプレーおすすめランキング!簡単に解氷!
  2. 車の解氷スプレーおすすめ人気ランキング11位~7位
  3. 車の解氷スプレーおすすめ人気ランキング6位~4位
  4. 車の解氷スプレーおすすめ人気ランキング3位:ウィルソン「超解氷トリガー400」
  5. 車の解氷スプレーおすすめ人気ランキング2位:KURE「アイスオフ」
  6. 車の解氷スプレーおすすめ人気ランキング1位:古川薬品工業「解氷スプレートリガー」
  7. 解氷スプレーは自作できる
  8. できる限り凍結を予防する方法について
  9. 冬場の車トラブル回避方法!
  10. 車の解氷スプレーおすすめランキングTOP11のまとめ

車の解氷スプレーおすすめランキング!簡単に解氷!

冬の必需品!車の解氷スプレーのご紹介

いろんな解氷スプレー

寒い季節に一つは用意しよう

解氷スプレーは、寒い季節に車のフロントガラスなどが凍ったときにとても便利なグッズです。

冬の朝に車を見ると、フロントガラスなどが凍結している場合があります。お湯などをかけて溶かそうとすると場合によってはガラスを傷つける場合もあります。エンジンをかけて暖房をつけて溶けるのを待っているよりも、解氷スプレーを使えば簡単に車やカギ穴の氷を溶かすことができます。

フロントガラスに解氷スプレーを吹きかける

上から吹きかけるほうが効果的

ガス式もスプレー式も、上から吹きかけていくことで液が下に垂れていくので無駄なく液を使うことが出来ます。

解氷スプレーを吹きかけて少し待つと、驚くように簡単に氷や霜を取り除くことが出来ます。アルコール成分が基本となっているため、ガス式ではかなりのアルコール臭がする場合がありますが問題ありません。屋根の無い駐車場などに置くことが多い場合は必須といえます。

車の解氷スプレー選び方・ポイント

解氷スプレーのタイプで選ぶ

スプレー噴射タイプの解氷スプレー

ガスかスプレータイプ

解氷スプレーの選び方として、ガス噴射タイプかスプレー噴射タイプかという選び方が出来ます。

解氷スプレーの選び方としては、どのような方法で噴射されるかという選び方がポイントになります。強力な噴射はガスタイプになり、ちょっとした霜取りぐらいならスプレータイプがおすすめです。

氷の上の解氷スプレー

より溶けやすいものを選ぶ

もう一つの選び方は、中に入っている液体の種類によって氷の溶けるスピードが異なってきます。

解氷スプレーの主な成分はアルコールになっています。そのアルコールの特殊なものはより氷が溶けやすいものになっちえます。アルコールの濃度が高いという選び方では、より温度が低い状態でも対応しているものになります。

その他の確認ポイント

車の中の解氷スプレー

コーティングとの相性

解氷スプレーの選び方では、ガラスコーティングへの影響も確認しておきましょう。

車は撥水性のあるガラスコーティングをしている場合があり、解氷スプレーによってはそのガラスコーティングに影響を与えてしまう場合があります。もちろん、撥水性に影響のないタイプもあり、アルコール濃度が高いものは影響が出やすいようです。選び方ではそういったポイントも気をつけましょう。

スクレーパーと車

スクレーパーがあると便利

解氷スプレーを使うときは「スクレーパー」というヘラのようなものがあると便利です。

また、ガス式のタイプではフタ自体がギザギザになっていたり、付属品として小さなスクレーパーがついている場合があります。フロントガラスが傷つくということはありませんが、素早く処理したい場合は専用のスクレーパーを用意しておくほうが簡単に霜などを取り除けます。

解氷スプレーのおすすめ人気ランキングでカギ穴対応もチェック!

凍ったカギ穴

カギ穴の解氷

解氷スプレーはカギ穴の解氷ができるものがおすすめです。無理にカギ穴に鍵を入れて破損することを防ぐことが出来ます。

チューブ付きのタイプであれば、カギ穴にも解氷スプレーを噴射しやすいです。また、カギ穴をメインにした解氷スプレーもあるので、余裕があれば普通の解氷スプレーとカギ穴用の解氷スプレーがあると便利です。カギ穴用のものは、カギ穴が錆びるような成分が入っていないようになっていて安心です。

二つの解氷スプレー

車の必需品としておすすめ

解氷スプレーは冬場の車の必須アイテムといえます。使い方も簡単で高価なものではないので、必ず購入しましょう。

解氷スプレーは使い方もとても簡単で、スペースを取らないグッズです。冬の季節には必ず用意しておくのがおすすめです。カギ穴にも対応した簡単なものもたくさんあります。車の解氷スプレーのおすすめ人気ランキングのスタートです!

車の解氷スプレーおすすめ人気ランキング11位~7位

車の解氷スプレーは、冒頭で紹介したような選び方のポイントがいくつかあります。簡単にすばやく溶かせられるものがおすすめですが、コーティングとの相性も考えながら選ぶのがおすすめです。簡単に使えるので、一度試してみるのがおすすめです。

11位:Holts「カギ穴解氷」

スプレー式なので吹き付けるだけ

カギ穴用の解氷スプレー

カギ穴の解氷スプレーとして人気

価格:800円

メーカー:Holts

タイプ:カギ穴、ガス式

容量:???

まずは、カギ穴向けの解氷スプレーがおすすめで人気です。スプレー式となっているので、カギ穴に向けてスプレーを噴射するだけの簡単なタイプとなっています。また、霜や氷を溶かす事もできるので、冬場の車内に常備しておくのがおすすめです。潤滑剤と防錆剤が入っているのでカギ穴に安心して使えます。

10位:ジョイフル「解氷霜とりスプレー」

価格が安くコスパが良い

ジョイフルの解氷スプレー

10秒ほどで溶ける

価格:249円

メーカー:ジョイフル

タイプ:ガス式

容量:???

霜とりスプレーとしてとてもコスパが良いのが、おすすめ人気ランキングで注目です。-40℃でも凍らない高濃度タイプとなっており、朝霜や凍結などが多い寒冷地でランキングで人気のものとなっています。再凍結防止剤などが入ってこの価格は、ランキングで注目の解氷スプレーです。

ホームセンターなどで解氷スプレーは簡単に購入することが出来ます。使っていると途中で無くなってしまうこともあるので、2本セットタイプを購入すると安心です。この解氷スプレーは価格としてはおすすめ人気ランキングでは、最も安いといえるので思いっきり使ってもコスパは悪くありません。

9位:PROSTAFF「解氷ショット」

広範囲をスプレーできる解氷スプレー

PROSTAFFのスプレー

洗浄成分配合のスプレー式

価格:1,104円

メーカー:PROSTAFF

タイプ:スプレー式

容量:400ml

こちらは洗浄成分配合で、スプレー式なので簡単に使えるものを探していると言う人におすすめの選び方です。特殊洗浄成分配合で、油膜などを強力除去してくれるものとなっています。また、ベタつきが無くクリアな仕上がり方がランキングでも人気でおすすめの選び方になっています。

ガス式とスプレー式はそれぞれ好みがあると思いますが、スプレー式は広範囲に自分のさじ加減で噴射しやすいというのは魅力です。ちょっとした霜とりぐらいであればスプレー式でも問題ありません。寒冷地であればガス式のほうがスピードは早くなるかもしれません。

8位:ウィルソン「超解氷トリガー900」

ギラつかない解氷スプレー

ウィルソンの解氷スプレー

ギラつく成分を不使用

価格:980円

メーカー:ウィルソン

タイプ:スプレー式

容量:900ml

解氷スプレーの選び方の中で、スプレーを噴射するとガラスなどがギラつくタイプがあります。そんなギラつきの原因である、グリコール系溶剤を使っていないものが欲しいという選び方におすすめです。また、再凍結防止にはシリコン系を使用しているので、撥水性があります。ランキングでも容量が多いタイプという選び方でもおすすめです。

7位:axe「業務用解氷剤1L/スプレーガン付き」

業務用タイプという選び方も

業務用の解氷スプレー

寒冷地におすすめ

価格:1,404円

メーカー:axe

タイプ:スプレー式

容量:1L

-50℃にまで対応している業務用の解氷スプレーになっています。ランキングでも寒冷地タイプとして、かなり温度が下がる地域でも使えるものとしておすすめです。業務用となっているので、一般的な解氷スプレーよりも除去能力が高く、ランキングでもがっつりと溶かせるものを求めている人におすすめです。

車の解氷スプレーおすすめ人気ランキング6位~4位

ランキングの中ではどれぐらいの温度まで対応しているかという点や、コスパの良いものなど、その選び方は様々です。使い方が簡単なものになっているので、自分の用途に合わせたものがとても選びやすいのが解氷スプレーの嬉しい点です。

6位:ソフト99「解氷ガラコ」

溶かしてはじく解氷スプレー

ガラコ解氷スプレー

大小で調整できるスプレー

価格:659円

メーカー:ソフト99

タイプ:スプレー式

容量:450ml

驚きの解氷力を持っており、再凍結防止の効果があります。また、同時に撥水コーティングをしてくれるタイプになっているので、車のコーティングを気にしなくて良いのがランキングでもおすすめなポイントになっています。

解氷スプレーを選ぶ中では、氷を溶かすだけでなく、その後の再凍結防止の成分が入っているものがおすすめです。撥水性の成分が入っているものは、撥水コーティングがわりになってくれるので、その後も凍ることがなく走行を続けられます。価格はそれほど高くないので、いろいろな種類を使って試すのもおすすめです。

5位:エーゼット「自動車用解氷スプレー」

氷を手早く溶かす

エーゼットの解氷スプレー

特殊シリコン配合

価格:1,188円(2個セット価格)

メーカー:AZ

タイプ:スプレー式

容量:480ml

簡単に使える選び方ができるものとなっており、特殊シリコン配合のため解氷するだけでなくワイパーのすべり具合も良くなります。広範囲にスプレーできるタイプになっており、ガラス面にコーティング皮膜を作り-40℃まで凍らない高濃度タイプとなっています。

4位:PROSTAFF「JET解氷スプレー」

ジェット噴射でバリバリ溶かす

ジェットで一撃

ジェットガンタイプ

価格:1,150円

メーカー:PROSTAFF

タイプ:ガス式

容量:???

ガスで強力噴射するタイプなので、氷や霜が簡単に取れるようになっています。超高濃度液が氷や霜をバリバリと溶かしてクリアな視界が確保できます。ガスタイプのほうが押し続けることで出せるので、寒い冬でも指が疲れない点がランキングでもおすすめなポイントです。

引っ越しなどで今までと違う地方に住むことになった場合は、冬の気候は要チェックです。山が関係して東北などの地方ではなくても大雪になる季節があります。解氷スプレーは迷うよりも買っておくという考えがおすすめです。

車の解氷スプレーおすすめ人気ランキング3位:ウィルソン「超解氷トリガー400」

2Wayトリガーがポイント

超解氷な解氷スプレー

スポットと霧タイプ

価格:598円

メーカー:ウィルソン

タイプ:スプレー式

容量:400ml

ウィルソンの解氷スプレーの多くは、グリコール系溶剤を使っていないので、ガラスのギラつきを防ぐことができるのでランキングでも人気です。また、特殊シリコンの配合によって撥水効果もあり、再凍結を防ぐ事ができます。

早めに準備

この解氷スプレーは、ノズルがスポットタイプと霧状とに切り替えることができるため、2Wayトリガーとしてとても扱いやすいのがランキングでもおすすめな点です。広範囲にスプレーしたり、集中的に溶かしたいときなど使い分けることが出来ます。

こういった解氷スプレーは、本格的な時期になる前から用意しておくのがおすすめです。早めに試して使うことで、選び方が間違っていないかを確認することも出来ます。カギ穴に使えるタイプとそうでないタイプも含めていろいろなものを試して、選び方を決めていくのがおすすめです。スプレータイプは缶と違って本体が冷たくないのも嬉しい点です。

車の解氷スプレーおすすめ人気ランキング2位:KURE「アイスオフ」

強力噴射ですばやく解氷

アイスオフの解氷スプレー

パワフル噴射

価格:400円

メーカー:KURE

タイプ:ガス式

容量:420ml

特殊アルコールと炭酸ガスが強力な解氷スプレーとなっています。そのため、朝の寒い時間帯に解氷スプレーでさっと氷を溶かせるのが嬉しいアイテムです。また、特殊成分SPR-GLを配合することで、再凍結しにくい解氷スプレーとなっています。

カギ穴に噴射しやすいチューブも付属しているため、カギ穴用の解氷スプレーを探している人にもおすすめです。一つの解氷スプレーで万能に活躍してくれる解氷スプレーとして、ランキングでおすすめです。

手軽に使えるのが人気

解氷スプレーは、お湯などをかける場合とは違ってフロントガラスなどを傷つける心配がないのが嬉しい点です。また、同様に再凍結を防ぐというのはとても重要な要素となっています。実際に使ってみると、解氷スプレーという選び方は、お湯などとは全く違った高い性能の持ち主であることがわかります。

早朝の時間帯に、すばやく解氷できる解氷スプレーはとても人気です。車内に保管しておいても効果が低下しない商品となっており、ランキングの中でも価格が安くコスパの良い解氷スプレーとなっています。はじめての解氷スプレーとしてもおすすめできる価格と言えます。

車の解氷スプレーおすすめ人気ランキング1位:古川薬品工業「解氷スプレートリガー」

ガラスコーティングにもOK

一発解氷な解氷スプレー

使う場面を選ばない性能

価格:517円

メーカー:古川薬品工業

タイプ:スプレー式

容量:500ml

車の解氷スプレーのおすすめ人気ランキングの1位は古川薬品工業の解氷スプレートリガーでした。-40℃でも使用できるものになっており、撥水シリコンによって再凍結を防ぐことが出来ます。価格的にコスパもよく、何よりもガラスコーティング車に使用できるという点が、おすすめできる点です。

ガスとスプレー式の2つがおすすめ

おすすめ人気ランキングでは、1位はスプレー式で2位がガス式となっています。それぞれの長所があるので、2つを用意しておくのが便利です。解氷力としてはガス式のほうがスピードは早くなりますが、簡単に散布量を気にすること無くできるスプレー式が扱いやすいです。

朝に凍ったガラスを溶かすというときに、解氷スプレーを使ってみるとその効果に驚いたという口コミがたくさんありました。溶けたあともワイパーなどを動かしてもガラスが曇ることがなく、撥水効果で一日しっかりと凍るのを防いでくれます。事故を防ぐためにも解氷スプレーは必ず用意しておきましょう。

解氷スプレーは自作できる

解氷スプレーを体験してみる

解氷スプレーで溶かし中

基本はアルコール成分

解氷スプレーの効果を生み出しているのはアルコール成分とシリコーンの成分です。

市販の解氷スプレーの成分を確認してみるとわかることですが、ほとんどの解氷スプレーはアルコール類とシリコーンなどの成分が基本となっています。そのため、火気厳禁となっており、火気厳禁危険物第四類アルコール類などという注意書きを確認できます。

凍ったフロントガラス

お試し感覚で作ろう

実際に解氷スプレーの効果を体験するために、自作の解氷スプレーを作ることは難しくありません。

必要なものは100均などで売られているスプレーボトルです。そして、アルコールランプなどに使う「燃料用アルコール」と書かれたものを用意します。そして、そのまま原液を使用するのではなく、アルコール3:水1で希釈することが大事です。あとはこれをスプレーボトルに入れるだけです。

ボトルとエタノール

自作でも効果は期待できる

実際に作ってみて試してみると、市販の解氷スプレーと同等の効果は期待できる場合が多いです。

 

市販のものは、寒冷地でも使いやすいものや再凍結防止の効果がさらに高いものとなっています。

とはいえ、普段はフロントガラスが凍るほど温度が下がらない地域に住んでいる人であれば自作のものでも充分です。しかし、低価格でコスパが良い市販のものも多く500円ぐらいで買えることを考えれば選び方は自作も市販も自由と言えます。

できる限り凍結を予防する方法について

洗車をして窓の油膜をとる

凍ったフロントガラス

ガラスの汚れが凍る原因に

凍結を防ぐためにはいくつかの方法があります。特に大事なことはフロントガラスを汚れたままにしないことです。

ガラス自体が汚れている状態が最もフロントガラスが凍る原因になります。水や砂、油などは氷結点が低くなる原因であり、このことが凍りやすい状態を作ります。そのため、しっかりと洗車しておくことでガラスの油膜が取れて氷結点が0℃になるため凍りにくい状態になります。

氷かけたガラス

ワイパーは立てておくこと

また、凍ることを考えてワイパーは立てておくことも大事です。凍った状態でワイパーを動かすと故障の原因となります。

解氷スプレーを使うにしても、ワイパーが凍った状態で無理に動かすと、ワイパーのゴムがはがれたりモーターの故障の原因となります。気温が下がる季節はワイパーを立てておくという週間をつけましょう。

カバーをかけるのが一番効果がある

白くなった車

カバーをかけて凍結防止

フロントガラスなどのガラスが凍るのを防ぐためには、できるだけ外気に晒さないことがおすすめです。

車全体をカバーで覆っておくか、フロントガラスなどにカバーをかけておくことで凍結するのを防止することが出来ます。解氷スプレーがない場合や切れてしまった場合では、車にカバーをかけておけば凍ることを防ぎやすくなります。

お湯と解氷スプレー

撥水剤も効果が大きい

撥水剤を塗ったガラスは水を防いでくれるため、フロントガラスが凍ることを防ぎやすくなります。

解氷スプレーの中には、撥水剤の効果が入ったタイプもあるので、氷を溶かすだけでなくその後の再凍結を防ぐ効果があります。水がつきにくいガラスでは凍結もしにくいというわけです。同様にウォッシャー液も凍結防止用のタイプがあるので、そういった方法も検討してみましょう。

冬場の車トラブル回避方法!

ロードサービスで多い出動理由は?

レッカーされる車

バッテリーや落輪

車のトラブルのときにお世話になるロードサービスですが、その主な出動理由はどのようなものなのでしょうか。

ロードサービスの理由で最も多いのは、過放電バッテリーと言われています。バッテリーは寒さにも弱く、気温が下がると性能が下がりやすいという特徴があります。そのため、冬場には過放電バッテリーによってロードサービスを呼ぶということが多いそうです。

ロードサービスの作業員

専門家に任せる

雪が積もった状態では、道路の状況が分からずに落輪も起きやすくなります。側溝が見えづらいことが原因です。

雪で道路の状態が分かりにくい場合は、センターラインを基準にして路肩に寄らないことが大事です。そして、スタッドレスタイヤに履き替えた際に、空気圧の点検や補充を忘れないようにしましょう。タイヤのバーストやエア圧不足によるタイヤのパンクも、ロードサービスを呼ぶ理由になっています。

ロードサービスが来るまで

レッカーされている自動車

発煙筒や三角表示板

車のトラブルが起きて、ロードサービスが車での間に後続車とのトラブルを防ぎましょう。

車のトラブルが起きたときは、路肩に移動できる場合は移動させましょう。そして、発煙筒をたいたり三角表示板を置く必要があります。発煙筒は助手席の周辺、三角表示板はトランクに入っているのが基本です。発煙筒は車載義務があり、三角表示板は高速道路での停止では表示義務があります。

高速道路での衝突事故

発煙筒の使い方

発煙筒の使い方は、マッチを使用するときを思い出すのがおすすめです。キャップを取って先端同士をこすります。

ただし、発煙筒の燃焼時間は5分ほどのため、その間に必要最低限の作業をすばやくするようにしましょう。また、三角表示板も自宅で一度組み立てるなど、普段から非常時の作業をすばやく行えるように練習しておくことが大事です。

給油中の車

雪道では慎重に

雪道で車を運転する際は、普段よりもさらに慎重な運転を心がけましょう。公共交通機関を使うこともおすすめです。

雪道を走ったあとに、車のボディに白い汚れがついている場合があります。これは雪道にまかれた「融雪剤」になります。成分に塩と同じものが含まれているため、そのまま放置すると車が錆びる原因になります。車にコーティングなどをしていない場合は、帰宅後に洗車することをおすすめします。

車の解氷スプレーおすすめランキングTOP11のまとめ

スプレーを噴射中

価格は安い

車の解氷スプレーのおすすめ人気ランキングを紹介しました。解氷スプレーは価格も安くスペースを取らないアイテムです。

解氷スプレーは500円、高くても1000円ほどの価格で購入できるものなので寒い季節が始まる前に、必ず購入しておきましょう。寒冷地に限らず、急な気温の低下にも対応できるように寒い地域以外でも1つ用意しておくととても便利です。朝の寒い時間にバタバタと対応する必要がないので、とても簡単です。

フロントガラスカバー

他の方法も利用する

解氷スプレーはもちろんですが、帰宅したら次の日に備えてフロントガラスにカバーをかけましょう。

画像のようなカバーを利用しながら、解氷スプレーを利用するというコンビネーションもおすすめです。寒い季節は解氷スプレーを利用しながら、寒い朝の時間帯に素早く処理できる方法を用意しておきましょう。

ガスタイプの解氷スプレー

ガスもスプレーも

おすすめ人気ランキングでは、ガス式とスプレー式の2種類をまんべんなく紹介しました。

解氷スプレーは広範囲にまんべんなく使用できるスプレー式と、一気にはがすことができるガス式の両方のタイプを紹介しました。それぞれの利点を考えると両方のタイプを用意しておくことがおすすめです。また、撥水性タイプのものを使用すれば、再凍結防止になるのでその後の運転も安心です。

雪が積もった車

安心・安全な運転を

フロントガラスは車を運転する上でとても重要な部分です。凍結防止をしていてもスピードは出しすぎないようにしましょう。

車のフロントガラスが凍結するような季節での運転は、とても視界が悪い場合が多いです。自分の車が安全に運転していても、まわりも同じように運転してくれるとは限りません。しっかりと解氷スプレーを使って凍結を防止しながら、周りの車に注意しながら安心・安全な運転で寒い季節を乗り切りましょう。

その他のおすすめ人気ランキングはこちら

車の芳香剤おすすめベスト27!香りが長持ちするものや消臭効果がある人気製品! | ランキングまとめメディア
20代に人気の車おすすめランキングTOP20!かっこいい車種は?【最新】 | ランキングまとめメディア
車のフロアマット人気ランキングTOP11!おすすめ素材や選び方は? | ランキングまとめメディア
コンパクトカー人気おすすめランキングTOP35!国産・外車から厳選 | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ