テレビブースターおすすめランキングTOP18!放送電波を増幅して映りを改善!

テレビブースターは、テレビアンテナの電波を増幅する装置です。テレビの映りが悪い時にはテレビブースターを使用するのがおすすめです。テレビブースターは屋外に取り付けるものと屋内に設置するものが存在しています。多くのテレビブースターの中から、おすすめのテレビブースターをランキング形式にまとめました。効果や価格などの情報と、おすすめの選び方などと併せてランキングで紹介します。

目次

  1. テレビブースターおすすめランキング!効果や価格など
  2. テレビブースターおすすめランキング18位~11位
  3. テレビブースターおすすめランキング10位~7位
  4. テレビブースターおすすめランキング6位~4位
  5. テレビブースターおすすめランキング3位~1位
  6. テレビが映らなくなったらここを確認
  7. テレビブースターおすすめランキング!のまとめ

テレビブースターおすすめランキング!効果や価格など

テレビの映りをよくするテレビブースターを紹介

屋外に設置されたテレビブースター

放送電波を増幅する装置

テレビブースターは、テレビの放送電波を増幅する装置のことです。テレビブースターはアンテナで受信した放送電波を増幅する役割を持っています。

 

電波の入りが弱く番組が映りにくい場合には、テレビブースターを使用することで映りが改善される効果があります。

山間部など電波環境が悪い地域に住んでいるなら特に活躍してくれます。屋外用や屋内用など多くのテレビブースターからおすすめの製品をランキングにして紹介します。

おすすめのテレビブースターの選び方

室外用か屋内用か取り付けの設置場所で選ぶ

テレビブースターと男性

選び方①テレビブースターの設置場所で選ぶ

テレビブースターの選び方としては、どこに設置するかが重要です。

テレビブースターには屋外で設置するものと屋内に設置するものがあります。電波が弱い場合にはアンテナ直下に取り付ける屋外用テレビブースターの設置が効果が高くおすすめです。しかし屋外向けは取付けが難しいため業者に依頼することになり設置費用がかかります。単純に電波の入りが悪いという場合は屋外向けテレビブースターの設置を検討しましょう。

屋内向けのテレビブースター

屋内向けは手軽

屋内向けのテレビブースターは手軽に設置できるのが特徴です。屋内向けはコンパクトで、個人でも取り付けが可能なので手軽に扱うことが可能です。

しかし屋外向けのものと比べて効果が低めです。屋内向けのテレビブースターが活躍するのは複数のテレビを使用している場合です。分配機で電波を分けている場合、その電波を増幅し電波強度の低下を防ぐ効果があるためです。選び方としては、電波の入りは悪くないもののテレビの映りが悪い場合には屋内向けの製品がおすすめです。

地上デジタルかCS放送用かで選ぶ

BS用テレビブースター

選び方②地デジかBS/CS用かで選ぶ

テレビブースターには地デジ向けの製品やBS/CS放送向けのものがあります。選び方での重要なポイントとして、どの電波を増幅してくれるかも重要です。

テレビブースターは地デジ放送電波を増幅するものが多いです。しかしBSやCS放送の電波も増幅することができるテレビブースターも存在しています。BS/CS放送での受信環境を改善したいなら、テレビブースターが対応しているかどうかチェックしておく必要があります。ただしBS/CS放送対応の製品は価格が高めです。

雑音指数が低いかチェック

ノイズの入ったテレビ

選び方③雑音指数の低さで選ぶ

テレビブースターの選び方としては、雑音指数が低いブースターを選びましょう。

テレビブースターの選び方で重要な数値に雑音指数(NF)があります。雑音指数はdBで表されることもあり、アンテナで受信した電波がどれくらいノイズの影響を受けているかの値です。この値が低いほど増幅する際にノイズの影響が少なくなります。選び方としては、できるだけ雑音指数が低い製品を選びましょう。

利得の数値で選ぶ

屋外に設置されたテレビブースター

選び方④利得(ゲイン)で選ぶ

利得(ゲイン)は、アンテナが受信した電波をどれくらい増幅するかの値で「デシベル(dB)」で表記されます。

テレビブースターの選び方で重要な数値に利得(ゲイン)があります。利得の数値が大きいほど、電波を増幅するため効果が高くなりますが、電波が強い環境で利得が高すぎるとかえってテレビが見辛くなるなど逆効果になる場合もあります。テレビブースターの中には、利得を調節できる機能を持った製品もあります。

定格出力で選ぶ

一般的なテレビアンテナ

選び方⑤定格出力で選ぶ

テレビブースターにおける定格出力とは、受信した電波の質が良い状態のまま増幅して送り出せる最大出力レベルのことを指します。

「定格出力」の単位は「dBμV」で表記します。出力レベルが定格出力の範囲内ならテレビが綺麗に映りますが、定格出力を超えてしまうとデジタル信号が劣化してしまい、逆に受信できなくなることがあります。選び方としては数値が大きい製品を選びましょう。

テレビブースターおすすめランキング18位~11位

18位:日本アンテナ「VRC203」

「VRC203」本体

コンセントにつなぐ屋内向け

・メーカー:日本アンテナ
・価格:4550円
・取り付け箇所:屋内
・雑音指数:2.5dB以下
・使用帯域:UHF
・利得:17〜21dB
・定格出力:95dBμV

簡単に取り付けできる

「VRC203」の説明

コードレスなテレビブースター

「VRC203」は、コンセントに接続するのでコードレスとなっています。テレビブースターおすすめランキング18位は日本アンテナ「VRC203」です。

 

屋内のコンセントに直接差し込んで使用するコードレスタイプとなっており取り付けが簡単に行え効果も高いです。

 

またコンパクトで丸みのあるデザインなので、子供のいる家庭でも安心です。

「VRC203」の口コミ

コンセントに取り付けられた「VRC203」

取り付け簡単なことが好評

「VRC203」は、取り付けが簡単にできることが好評となっています。

今まで 映らなかった 局も映り 嬉しいです。取り付けも簡単 良いです。

「VRC203」はコンセントにつないでテレビとアンテナケーブルをつなげるだけで使用できるため、誰でも取り付けることができます。口コミでも簡単に扱えることが評判となっています。

17位:サン電子「CB-20LA-P」

「CB-20LA-P」本体

BS・CSの電波を増幅

・メーカー:サン電子
・価格:3541円
・取り付け箇所:屋内
・雑音指数:7dB以下
・使用帯域:UHF・VHF・FM・CATV
・利得:17~26dB
・定格出力:90~95dBμV

いろんな電波を増幅するテレビブースター

横にした「CB-20LA-P」

多くの電波を増幅できる

「CB-20LA-P」は地デジのほかにVHF・FM・CATVの電波を増幅します。

テレビブースターおすすめランキング17位はサン電子「CB-20LA-P」です。周波数帯域が950~2610MHzとなっており、地デジやVHF・FM・CATVの電波を増幅します。電源はBS・110度CSチューナーから供給されるほかCSアンテナの供給電源でも動作します。

「CB-20LA-P」の口コミ

「CB-20LA-P」はBSやCSの電波を増幅することができるテレビブースターです。口コミでもBSが見づらい状況だったのが、「CB-20LA-P」を接続することで改善されたとの声が上がっていました。取り付けも簡単なテレビブースターです。

16位:日本アンテナ「UDF85B」

「UDF85B」本体

アンテナにブースターがついている

・メーカー:日本アンテナ
・価格:7232円
・取り付け箇所:屋外/屋内
・雑音指数:2.5dB以下
・使用帯域:UHF
・利得:23~28dB(アンテナとブースタ合計)
・定格出力:90dBμV

地デジアンテナにテレビブースターを内蔵

「UDF85B」と付属品

屋内と野外どちらでも設置可能

「UDF85B」は、屋内でも屋外でも設置できる地デジアンテナです。

テレビブースターおすすめランキング16位は日本アンテナ「UDF85B」です。アンテナ内にテレビブースターが内蔵されており、設置することで電波の弱い場所でも地デジを安定してみることができます。マルチ金具が付属しており、屋内だけでなくマスト・ベランダ・壁面といった屋外でも取り付け可能となっています。

「UDF85B」の口コミ

「UDF85B」は、効果の高いテレビブースター内蔵のアンテナとして口コミでも評判です。また屋内でも屋外でも取り付け可能で自由度が高いことも評価が高いです。

15位:オーム電機「OHMデジタルTVブースタ」

「OHMデジタルTVブースタ」本体

手軽なテレビブースター

・メーカー:オーム電機
・価格:3259円
・取り付け箇所:屋内
・雑音指数:???
・使用帯域:UHF/VFM-VHF
・利得:24~28dB(アンテナとブースタ合計)
・定格出力:96dBμV

設置するだけの扱いやすいテレビブースター

接続された「OHMデジタルTVブースタ」

出力が2つ付いている

「OHMデジタルTVブースタ」は出力が2つ付いているので分配機が要りません。

テレビブースターおすすめランキング15位はオーム電機「OHMデジタルTVブースタ」です。地デジ電波だけでなく、アナログ電波を増幅することもできるようになっており、テレビだけでなくFMラジオが聞きたいときにも重宝するテレビブースターです。出力が2つあるので分配器がなくても2台のテレビやレコーダーに接続できます。

「OHMデジタルTVブースタ」口コミ

近くから撮影された「OHMデジタルTVブースタ」

壁にも設置可能

「OHMデジタルTVブースタ」は、付属のビスで壁にも取り付けられます。

OUTも2つあるので分配器もいらない。壁取付ビスも2本付属されてるし、2穴の寸法も裏面に表示されてるので壁取付は非常に簡単。

「OHMデジタルTVブースタ」はビスが付属しているため壁に取り付けることができます。また出力が2つあることも便利だと評価する口コミもありました。

14位:マスプロ電工「UBCTR30-P」

「UBCTR30-P」本体

地デジとBS・CSの電波を増幅する

・メーカー:マスプロ電工
・価格:8980円
・取り付け箇所:屋内
・雑音指数:UHF(2.5dB以下、BS/CS(4dB以下)
・使用帯域:UHF/VFM-VHF
・利得:UHF(25~32dB)、BS・CS(20~30dB)
・定格出力:95dBμV

目立たないコンパクトなデザインをしている

「UBCTR30-P」本体

スタイリッシュな本体

「UBCTR30-P」は薄型テレビに設置した際に目立たないデザインが特徴です。

テレビブースターおすすめランキング14位はマスプロ電工「UBCTR30-P」です。地デジとBS・CSの電波を増幅できるテレビブースターで、薄型テレビでの設置を考慮した目立たないスマートな形状が特徴です。付いているツマミを回すことで利得の調整が可能となっています。

「UBCTR30-P」の口コミ

「UBCTR30-P」は、混合機、2分配、テレビブースターの3役をこなします。そのため接続がスマートに行えることを評価する口コミがありました。またUBCTR30-P」は設置するだけでなく、薄型テレビに取り付けることもできます。

13位:YOU+「4K8K対応 BS/CSラインブースター」

「4K8K対応 BS/CSラインブースター」本体

価格の安いブースター

・メーカー:YOU+
・価格:1870円
・取り付け箇所:屋内
・雑音指数:???
・使用帯域:BS・CS-IF
・利得:18~25dB
・定格出力:90dBμV

安いテレビーブースターだけど1年間の保証付き

「4K8K対応 BS/CSラインブースター」本体と箱

保証付きで安心

「4K8K対応 BS/CSラインブースター」は価格が安いですが保証期間がついています。

テレビブースターおすすめランキング13位はYOU+「4K8K対応 BS/CSラインブースター」です。BS・CSの電波を増幅するテレビブースターで、サイズは82x20x26mmとコンパクトです。価格は安いですが1年間の保証期間が設けられており安心感があります。

「4K8K対応 BS/CSラインブースター」口コミ

「4K8K対応 BS/CSラインブースター」と付属品

設置場所に注意

YOU+「4K8K対応 BS/CSラインブースター」を設置する際にはアンテナに近い場所に設置しましょう。

最初はテレビに近い場所に接続したところ全くダメだった。よりアンテナに近い場所に付け直した所良好な受信状態になった。

YOU+「4K8K対応 BS/CSラインブースター」は使用する際にBSアンテナに近い場所に設置することが推奨されています。適切な位置で接続することで効果を発揮するようになったとの口コミが寄せられていました。

12位:日本アンテナ「VB-33MU」

「VB-33MU」本体

利便性の高いブースター

・メーカー:日本アンテナ
・価格:4980円
・取り付け箇所:屋内
・雑音指数:3dB以下
・使用帯域: UHF、VHF、BS・CS
・利得:-5~33dB
・定格出力:93dBμV

インテリア性もあるテレビブースター

立てた状態の「VB-33MU」

デザインがおしゃれ

「VB-33MU」はデザイン面でも優れているテレビブースターです。

テレビブースターおすすめランキング12位は日本アンテナ「VB-33MU」です。縦置きが可能で、青のLEDでデザイン性も高いです。内部を金属で覆うことで電波の漏洩や飛込みを防止しています。出力はスイッチで1出力と2出力に切換可能となっており、操作もしやすくなっています。

「VB-33MU」の口コミ

「VB-33MU」はツマミを操作することで簡単に利得を調節可能です。入力の切り替えも本体に付いているスイッチで行え、操作が分かりやすいのが特徴です。

11位:DXアンテナ「GCU433D1」

「GCU433D1」本体

高出力なブースター

・メーカー:DXアンテナ
・価格:9600円
・取り付け箇所:屋外
・雑音指数:1.5dB以下
・使用帯域: UHF、CS・BS-IF
・利得:26~46dB
・定格出力:102~105dBμV

取り付けやすい屋外向けテレビブースター

「GCU433D1」の裏側

小型で取り付けやすい

「GCU433D1」は小型で取り付けもしやすいテレビブースターです。

テレビブースターおすすめランキング11位はDXアンテナ「GCU433D1」です。地デジやBS・CSの電波を増幅する屋外用のブースターで、デュアルブースターを採用したことで33dB形、43dB形の両方で使えます。また増幅部も小型化されており、取り付けやすくなっているのも特徴です。

「GCU433D1」の口コミ

「GCU433D1」は現在1万円を切る価格で販売されています。機能は十分でありながら値段が安くなっているため、手が出しやすい屋外用テレビブースターです。

テレビブースターおすすめランキング10位~7位

10位:日本アンテナ「UHF卓上型ブースターVRB33MU」

「UHF卓上型ブースターVRB33MU」本体

使いやすい卓上ブースター

・メーカー:日本アンテナ
・価格:6900円
・取り付け箇所:屋内
・雑音指数:3dB以下
・使用帯域: UHF、VHF、CS・BS
・利得:25~33dB
・定格出力:95dBμV

業界初の2出力電通型

「UHF卓上型ブースターVRB33MU」本体

デザインもすっきり

「UHF卓上型ブースターVRB33MU」は業界初の2出力電通型を採用しているテレビブースターです。

 

テレビブースターおすすめランキング10位は日本アンテナ「UHF卓上型ブースターVRB33MU」です。

テレビブースターとしては業界初となる2出力電通型を採用しており、分配機を使わなくても2台のテレビに同時接続可能です。また本体はシールド設計で電波の飛び込みを防止しており、デザインもすっきりしています。

「UHF卓上型ブースターVRB33MU」の口コミ

横にした「UHF卓上型ブースターVRB33MU」

2出力できて便利

「UHF卓上型ブースターVRB33MU」は2出力が便利です。

入力端子がUHFとBSを別々にと混合で入力できるので便利でした。出力端子も2回路あり、便利です。

「UHF卓上型ブースターVRB33MU」は2出力できることが便利だと口コミでも評判です。スイッチで簡単に出力を切り替えることが可能で、利得もツマミを操作することで調節可能です。コンパクトで効果も高いブースターです。

9位:マスプロ電工「BS/CS/UHF用ブースターUBCB35」

「UBCB35」本体

コンパクトで高性能

・メーカー:マスプロ電工
・価格:14300円
・取り付け箇所:屋外
・雑音指数:1.5以下
・使用帯域:UHF、BS・CS
・利得:32~37dB
・定格出力:105dBμV

多彩な取り付けが可能な屋外向け

アンテナ直下に取り付けられた「BS/CS/UHF用ブースターUBCB35」

取付簡単な屋外向け

「BS/CS/UHF用ブースターUBCB35」は付属の金具で様々なマストに取り付けが可能です。

テレビブースターおすすめランキング9位はマスプロ電工「BS/CS/UHF用ブースターUBCB35」です。省電力でコンパクトながらも105dBμVの高出力を誇る製品です。付属の取り付け金具を使用することで水平のマストであっても取り付けることが可能となっています。またショートや断線を起こしてしまった場合には表示灯で教えてくれるようになっています。

「BS/CS/UHF用ブースターUBCB35」の口コミ

箱に入った「BS/CS/UHF用ブースターUBCB35」

設置が難しくない

「BS/CS/UHF用ブースターUBCB35」は設置のしやすさが好評です。

設置作業はコネクターの加工・接続さえ注意深く行えば、特に難しい設定も不要でした。

「BS/CS/UHF用ブースターUBCB35」は屋外に設置するタイプのテレビブースターです。そのため取り付ける場合には業者に頼むのが良いですが、素人でも説明書を見ながら設置できる扱いやすさを評価する口コミがありました。取付金具のおかげで、垂直でも水平でも取り付けることができます。

8位:マスプロ電工「UB18L-P」

「UB18L-P」本体

取り付けが簡単なラインブースター

・メーカー:マスプロ電工
・価格:2700円
・取り付け箇所:屋内
・雑音指数:1dB以下
・使用帯域:UHF、BS・CS、FM・VHF
・利得:16~20dB
・定格出力:93dBμV

地デジのブロックノイズを解消するブースター

接続された「UB18L-P」

低雑音でコンパクト

「UB18L-P」はコンパクトなラインブースターでブロックを解消してくれます。

テレビブースターおすすめランキング8位はマスプロ電工「UB18L-P」です。電源と本体が一体化したブースターで、地デジ用UHFアンテナに直接つないで使用します。雑音指数が1dB以下であり、受信環境が不安定な場合に発生するブロックノイズに対して高い効果を発揮します。

「UB18L-P」の口コミ

接続された「UB18L-P」

価格が安いけど効果は十分

「UB18L-P」は価格こそ安いものの、ブロックノイズ対策には効果的だと評価されています。

一般にTVブースターは高額な金額設定ですが、手ごろな価格で効果を得られます。TV画面にブロックノイズが表れて受信が安定しない場合は買って損はしないと思います。

「UB18L-P」は2000円台で購入することができる低価格なテレビブースターです。しかしブロックノイズに悩まされているなら効果が期待できるとの口コミが寄せられていました。一方でACアダプターが邪魔になるとの意見もあるので、設置場所は考えておいたほうがよさそうです。

7位:HORIC「アンテナブースターHAT-ABS024」

「アンテナブースターHAT-ABS024」本体

小型のテレビブースター

・メーカー:HORIC
・価格:3100円
・取り付け箇所:屋内
・雑音指数:???
・使用帯域:UHF、VHF
・利得:11~19dB
・定格出力:???

本体サイズがとても小さいテレビブースター

接続された「アンテナブースターHAT-ABS024」

配線の間に接続

「アンテナブースターHAT-ABS024」は小型のブースターで、配線の間に接続して使用します。

テレビブースターおすすめランキング7位はHORIC「アンテナブースターHAT-ABS024」です。アンテナ配線の間に接続して使用するブースターで、本体サイズが超小型のため設置スペースを取りません。小型ではあるもののブロックノイズやチャンネルが受信できないといったトラブルに効果を発揮します。

「アンテナブースターHAT-ABS024」とACアダプター

小型だけど効果はアリ

「アンテナブースターHAT-ABS024」は小型の本体サイズではありますが効果は十分あります。

小型でそこそこのブースト性能です。ちょっとレベルを改善したい程度のテレビにお勧めです。

「アンテナブースターHAT-ABS024」は小型サイズのブースターですが、ちょっと視聴環境を改善したい場合には十分な効果を発揮すると口コミでも評価されています。

テレビブースターおすすめランキング6位~4位

6位:日本アンテナ「CSB-C25-SP」

「CSB-C25-SP」のパッケージ

コンパクトな地デジとBS・CS用

・メーカー:日本アンテナ
・価格:3680円
・取り付け箇所:屋内
・雑音指数:5~7dB
・使用帯域:FM・VHF・UHF、BS-IF、CS-IF
・利得:-3~26dB
・定格出力:90~100dBμV

地デジとBS・CSを増幅する小型ブースター

「CSB-C25-SP」本体

3つの放送電波に対応

「CSB-C25-SP」は地デジ、BS、CSの放送電波に対応しています。

テレビブースターおすすめランキング6位は日本アンテナ「CSB-C25-SP」です。コンパクトなラインブースターで地デジとBS・CS放送の電波を増幅し、アンテナからの受信電波の損失分を補る効果があります。壁に取り付ける際に使用する樹脂グリップも付属しています。

「CSB-C25-SP」の口コミ

接続された「CSB-C25-SP」

アンテナに近い場所に設置

「CSB-C25-SP」はアンテナに近い場所に設置すると高い効果を発揮します。

分配前にいれること、テレビからの電力が供給されていることがチェックポイントですね。コストパフォーマンスもよく、設置スペースもとらないので大変よい商品だと思います。

「CSB-C25-SP」は設置する際にアンテナに近い場所に設置すると、高い効果が得られるの口コミが寄せられていました。適切な位置に設置することでブロックノイズを解消することができます。値段の安さを評価する声も多くありました。

5位:マスプロ電工「UB35」

「UB35」本体と電源

地デジを増幅する

・メーカー:マスプロ電工
・価格:4120円
・取り付け箇所:屋外
・雑音指数:1.5dB以下
・使用帯域:UHF
・利得:32~37dB
・定格出力:105dBμV

地デジの放送電波のみを増幅するブースター

パッケージに入った「UB35」

低価格で買いやすいブースター

「UB35」は地デジのみ増幅しますが、価格が抑えめなのが特徴です。

テレビブースターおすすめランキング5位はマスプロ電工「UB35」です。地デジの放送電波のみを増幅するタイプの製品で、BSやCSの放送には対応していません。その分価格は抑えめとなっており4000円台で購入することができます。地デジだけで十分な人におすすめのテレビブースターです。

「UB35」の口コミ

後ろから見た「UB35」

使いやすさ好評

「UB35」は、扱いやすさも評価されているテレビブースターです。

ブロックノイズや画面のフリーズ、信号がありませんで困っていたのが一気に解消。安定して綺麗に見る事ができています。設置も簡単で5分で出来ました。

「UB35」は効果の高さと設置しやすさが口コミで評判となっていました。本体サイズも小さく、防水キャップもハサミを使わずつけることもできるため、取り扱いしやすいテレビブースターです。

4位:DXアンテナ「TCU15L1B」

パッケージに入った「TCU15L1B」

取り付けが簡単

・メーカー:DXアンテナ
・価格:3799円
・取り付け箇所:屋内
・雑音指数:UHF(4以下)、CS・BS-IF(6以下)
・使用帯域:UHF、CS・BS-IF
・利得:UHF(15dB)、CS・BS-IF(15dB)
・定格出力:UHF(90dBμV)、CS・BS-IF(90dBμV)

調整不要で扱いやすい

テレビ背面に取り付けられた「TCU15L1B」

サイズも小さめ

「TCU15L1B」は小型で縦置きも可能なブースターです。

テレビブースターおすすめランキング4位はDXアンテナ「TCU15L1B」です。利得、定格出力ともに低めのテレビブースターで、テレビとテレビ端子の間に設置するだけで調整不要で扱いやすいのが特徴です。また本体のサイズもコンパクトで縦置きもできるため場所をとりません。

「TCU15L1B」の口コミ

「TCU15L1B」はコンパクトでデザイン性のある本体が特徴の製品です。コンセントに差し込むだけの簡単接続で使えるため、初めてブースターを設置する人でも取り付けやすい製品です。

テレビブースターおすすめランキング3位~1位

3位:マスプロ電工「UBCBW35」

「UBCBW35」本体

定格出力が高い

・メーカー:マスプロ電工
・価格:7700円
・取り付け箇所:屋外
・雑音指数:UHF1.5dB以下、BS・CS6dB以下
・使用帯域:UHF、BS・CS
・利得:UHF32~37dB、BS・CS31~38dB
・定格出力:UHF105dBμV、BS・CS103dBμV

高出力で取り付けやすいテレビブースター

「UBCBW35」の増幅部と電源部

4K・8Kの放送に対応

「UBCBW35」は4K・8Kの放送に対応したテレビブースターです。

テレビブースターおすすめランキング5位はマスプロ電工「UBCBW35」です。4K・8K衛星放送にも対応したブースターで、高画質な放送を安定してみることが可能です。取付金具も用意されているので取り付けやすく、断線や過電流などのトラブルが発生した場合は表示灯で分かりやすくなっています。

チルト機能付きで調節しやすい

箱に入った「UBCBW35」

チルトスイッチでレベル差修正

「UBCBW35」はチルトスイッチが搭載されています。

本体にチルト付き入力レベル調節機能を搭載しており、BS・CSでの周波数による周波数特性を補正することが可能となっています。これによりどんな帯域でも良好なテレビ視聴が可能です。

「UBCBW35」の口コミ

「UBCBW35」は出力が高いテレビブースターです。特にBS・CSの出力が高いことが口コミで好評です。4Kや8Kにも対応しており、長期的に使用していけるテレビブースターです。

2位:日本アンテナ「VBC22CU」

「VBC22CU」本体

コンパクトな卓上ブースター

・メーカー:日本アンテナ
・価格:3860円
・取り付け箇所:屋内
・雑音指数:UHF4dB以下、BS・CS6dB以下
・使用帯域:UHF、BS、CS
・利得:UHF17~22dB、BS・CS9~16dB
・定格出力:95dBμV

コンパクトで基本的な性能を備えている

電源が入った「VBC22CU」

小さくても性能は十分

「VBC22CU」はコンパクトな卓上ブースターですが機能は十分です。テレビブースターおすすめランキング2位は日本アンテナ「VBC22CU」です。

 

コンパクトな本体ではあるものの最大利得は地デジ17~22dBあり、BS・CSでは9~16dBまであります。

 

また定格出力は95dBと、テレビブースターとして十分な能力を備えています。

性能は十分で価格も安い

「VBC22CU」本体

手が出しやすい価格

「VBC22CU」は価格が安いのも魅力のブースターです。

「VBC22CU」は本体が金属ケースで覆われた構造をしているため電波の飛び込みを防止します。機能面では十分な性能を持つ「VBC22CU」ですが、4000円ほどで購入できる安さも魅力です。手が出しやすい価格で扱い易いのでテレビブースターを初めて設置する人におすすめです。

「VBC22CU」の口コミ

「VBC22CU」の口コミでは、性能と価格の良さを評価する声が聞かれました。設置したことで、これまで見れなかったチャンネルが映るようになったと評判です。「VBC22CU」は手軽に設置できる屋内用のブースターとして人気を集めている製品です。

1位:DXアンテナ「CU43AS」

「CU43AS」本体

4Kと8Kに対応したブースター

・メーカー:DXアンテナ
・価格:7242円
・取り付け箇所:屋外
・雑音指数:UHF1.5dB以下、BS・CS7dB以下
・使用帯域:UHF、BS、CS
・利得:UHF28~43dB、BS・CS18/25dB、28/35dB
・定格出力:UHF105dBμV、BS・CS96/103dBμV

4K・8Kにも対応した高い性能を持つブースター

「CU43AS」本体

長く使える製品

テレビブースターおすすめランキング第1位はDXアンテナ「CU43AS」です。「CU43AS」はすべての2K、4K、8K放送に対応します。

現在一般的な2Kから今後普及していく4K、8Kにも対応したブースターです。比較的高めの定格出力を持ち、地デジ放送は33dB型と45dB型をスイッチ切り替えで選択可能となっています。

利得調整が可能

箱に入った「CU43AS」

利得調整が簡単

「CU43AS」には利得調整できるので、多くのテレビで使用することができます。

「CU43AS」は地デジ、BS、CSともに利得が高めに設定されています。そのため環境によっては逆に見えにくくなってしまうことも考えられます。しかし「CU43AS」は利得を調整することが可能となっており、幅広い環境で利用可能となっているのが特徴です。

「CU43AS」の口コミ

「CU43AS」の接続イメージ

環境に合わせて調節

「CU43AS」は自身の視聴環境にあった調節が可能なブースターです。

地デジ、BSともに増幅ゲインが細かくコントロール出来、最適な状態に調整できる。また地デジアンテナにブースターが内蔵されているときには、電源15vDCを出力するスイッチで電源供給のON-OFFができとても使いやすい。

「CU43AS」の口コミでは、機能面で使いやすさを評価する声が多く聞かれました。4K、8Kにも対応しており、新しく導入することを考えている人やブースターの交換を考えている人におすすめできます。機能が優秀で人気も高い「CU43AS」がテレビブースターおすすめランキング1位です。

テレビが映らなくなったらここを確認

テレビが故障したかもしれない時のチェックポイント

映らなくなったテレビ

テレビが突如映らなくなったら?

今まで映っていたテレビが突然見れなくなることがあります。トラブルの原因をチェックしましょう。

テレビの電源をチェック

テレビの主電源ボタン

電源が入るかチェック

テレビの電源がしっかり入るかどうかをチェックしましょう。

テレビが映らなくなったら、まず電源をチェックしましょう。主電源を切っていたり、コンセントが抜けている場合があります。また電源タップを使っている場合は、タップのスイッチがOFFになっている可能性もあります。配線をチェックし、それでも電源が入らない場合はテレビが故障している可能性があります。

B-CASカードをチェック

B-CASカードのエラー画面

B-CASカードが刺さっているかチェック

テレビが映らない場合、B-CASカードが原因の場合があります。

テレビをつけた際、B-CASカードが刺さっていないとのエラーが表示されることがあります。刺さっていてもエラーが表示される場合は、一旦B-CASカードを抜いて表面についた汚れを拭き、再度差し込むと直る場合があります。直らない場合はカードの交換が必要になります。

アンテナが故障しているかチェック

故障したアンテナ

アンテナが壊れている可能性もある

テレビが映らなくなった原因には、アンテナに原因がある場合もあります。

テレビアンテナはあまり故障することがないものですが、落雷や台風の影響で故障することがあります。アンテナの向きがおかしくなっている場合は、元通りの方向に建て直せば直りますが、根元から折れている場合は修理が必要です。また断線している場合や雨でケーブルが腐食してしまっていることもあります。この場合は業者を呼び、修理してもらいましょう。

テレビブースターおすすめランキング!のまとめ

屋外用テレビブースターとアンテナ

テレビブースターで電波改善

テレビブースターで電波状態を改善しましょう。

テレビブースターのおすすめランキングを紹介してきました。地デジ電波を増幅するものからBS、CSの電波にも対応した製品など様々な製品があります。テレビ映りが悪くなったら、記事で紹介してきたテレビブースターや選び方を参考に、自宅の環境にあったテレビブースターを購入してみてください。

他のテレビに関するランキングはこちら

一人暮らし向けのテレビTOP15!サイズ別でおすすめの人気機種をランキング! | ランキングまとめメディア
32型テレビおすすめランキング人気モデル11選!価格や性能の比較と選び方解説 | ランキングまとめメディア
白いテレビ台のおしゃれ度ランキングTOP25!北欧やモダンスタイルの人気商品 | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ