便秘薬おすすめランキング15選!便秘のタイプや快便になるためのポイントも解説

便を排出するというのは、身体の重要な働きの一つです。しかし、様々な理由からうまく便を排出出来ずに便秘になってしまうこともあります。そんなときにおすすめなのが「便秘薬」です。便秘薬の市販されているものは、即効性のものから緩やかに刺激するものなど成分によって、様々な効果が現れます。そんな便秘薬のおすすめ人気ランキングを紹介します。下剤のように即効性の成分が入ったものから、漢方薬に近い成分の優しいものもあります。便秘薬のおすすめ人気ランキングを参考に目的にあった便秘薬を利用しましょう。

目次

  1. 便秘薬おすすめランキング!市販品の成分など
  2. 便秘薬おすすめランキング【刺激性】8位~4位
  3. 便秘薬おすすめランキング【刺激性】3位~1位
  4. 便秘薬おすすめランキング【非刺激性】7位~4位
  5. 便秘薬おすすめランキング【非刺激性】3位~1位
  6. 便秘の原因や改善方法
  7. 便秘薬おすすめランキング!のまとめ

便秘薬おすすめランキング!市販品の成分など

便秘に悩んでいる方必見!おすすめの便秘薬

仕事中の便秘

辛い便秘の悩みを解決しよう

便秘というのはとてもつらい悩みです。その原因は様々ですが、長期間に渡る便秘は命にかかわる場合もあります。

便意はあるのに、トイレに行っても便が出ないというのはとてもつらい悩みです。長時間トイレにこもっていて恥ずかしいという経験をしたことがあるかもしれません。一週間以上もちゃんと便が出ないという経験があるかもしれません。

便秘の図解

続く不快感

便が出ないと、ずっとお腹が張っていて苦しい感じや、出口に詰まっている感覚が続くという辛い状態です。

そういった状態を続けることは、身体にも精神的にもよくありません。そんな状態を改善できるのが便秘薬です。市販薬ですがしっかりと効果を得られます。下剤のように即効性があるものもあり、漢方薬のような成分を含んで優しいタイプもあります。市販の便秘薬を利用して、便秘を改善してみましょう。

便秘に悩む女性の絵

刺激性と非刺激性の便秘薬

便秘薬は、便秘の原因に合わせて刺激性と非刺激の2つの種類があります。下剤としての即効性や成分が大きくことなります。

改めて詳しく紹介しますが、便秘薬のおすすめ人気ランキングでは、刺激性と非刺激を分けてランキングでおすすめを紹介します。自分の便秘の症状に合わせてランキングをチェックしてみましょう。

おすすめの便秘薬や下剤の選び方

即効性のあるものなど症状で選ぶ

便秘の4つのタイプ

大きく分けて4つの便秘の原因

便秘には大きく分けて4つの原因が存在します。それに合わせて市販の便秘薬を選びましょう。

便秘の原因には大きく分けて4つのタイプが存在します。女性に多いのはダイエットが原因で偏った食事となり食物繊維などが足りないパターンです。食事量が少ないことで便が出ないこともあります。また、直腸性便秘の場合は、何度も便意を我慢したり刺激性下剤を使いすぎて便意を感じにくいことが原因の場合もあります。

便秘の絵

下剤の使いすぎも注意

他にも、運動不足や加齢によって腸の動きが低下している場合もあります。運動と便秘は大きな関連性があります。

そして、現代人にとって大きな問題であるストレスが原因で、自律神経のバランスが崩れて腸がうまく動かないことによる便秘です。これらの4つのパターンに合わせて市販の便秘薬を試すのがおすすめです。おすすめ人気ランキングで自分の原因に合わせた便秘薬を選びましょう。

年齢や身体に合わせたものを選ぶ

便秘の年齢別

市販薬は即効性のある刺激性が多い

基本的に市販薬の多くは、下剤のような刺激性のもので即効性があります。また、即効性のある刺激性のものをベースにしているパターンになります。

刺激性のものは「大腸刺激性下剤」という種類になっており、腸を刺激することで便を排出させるものです。他には「塩類下剤」という腸内に水分を引き込む非刺激性のものがあります。また、「潤滑性下剤」という便に水分を浸透しやすくするものや、「膨潤性下剤」は腸内で水分を吸収して膨らむものとなっています。

便秘で入院した人

腎臓や高齢な人に注意

即効性のある下剤タイプが必ずしも良いとは言えないのは、腎臓が悪い人や高齢者には負担が大きい場合があります。

刺激性の下剤の場合は、長期間の使用を避けるということが大事になります。また、繰り返し使うと耐性が怒って、薬の成分の効果が出にくくなります。そのことで薬を服用する量が増えるというトラブルも起きています。

お腹の具合が悪い人

酸化マグネシウムに注意

また、腎臓に問題がある場合は酸化マグネシウムが含まれているものは、医師から止められることもあります。

非刺激性のものでも注意点はあります。非刺激性のものに使われることの多い成分の酸化マグネシウムは、腎機能が悪い人は医師から止められる場合もあります。意識を失ったり、最悪の場合は死につながる場合があります。

下痢には漢方薬がおすすめ

腹痛を我慢する女性

下剤として漢方薬系もおすすめ

漢方薬や、漢方薬で使われる成分を利用している下剤も多くあります。

市販の下剤はできるだけ使いたくないという場合は、漢方薬も便秘の治療で用いられることがあります。「大黄甘草湯」や「桂枝加芍薬大黄湯」、「麻子仁丸」などの漢方薬は下剤に用いられることがあります。また、下剤の中に漢方薬の成分を含んでいるものもあり、おすすめ人気ランキングではそういったものも紹介していきます。

便秘薬おすすめランキング【刺激性】8位~4位

便秘薬のおすすめ人気ランキングとして、まずは刺激性下剤のタイプから紹介します。刺激性下剤の多くは即効性があるので、普段使い慣れていない場合は量を抑えて使用するのがおすすめです。便通の具合や状態を見ながら増量や減量するのがランキングでもポイントになります。

8位:ピコラックス

価格も安く扱いやすい

佐藤製薬のピコラックス

おやすみ前に服用

価格:1,100円

メーカー:佐藤製薬

効き方:就寝前に服用で翌朝効果

主な成分:ピコスルファートナトリウム水和物

おやすみ前に服用すると、朝に効果が出るという便秘薬になっています。また、大腸粘膜だけに作用するようになっているので、基本的な栄養の吸収を妨げないのも魅力です。便秘薬として飲みやすいグリーンの小粒の錠剤となっているので、市販の便秘薬としてランキングでも人気です。

実際に病院などで渡されることもある薬というのも、ランキングで人気の理由です。ピコラックスの口コミでは、他の便秘薬では痛みを感じたけどピコラックスなら大丈夫だったという声もありました。普段、市販の便秘薬に慣れていないと言う人が、初めて便秘薬を使うときにおすすめです。

7位:スルーラックS

便秘の状態にあわせて量を調整

ピンクのスルーラック

2種類の有効成分が特徴

価格:2,317円

メーカー:エスエス製薬

効き方:鈍った腸の動きを助ける

主な成分:ビサコジル、センノサイドカルシウム

便秘の状態に合わせて1錠から3錠の範囲内で、自分で服用量を調整できる市販薬となっています。自然な便通のために必要な、腸の動きを取り戻すための成分が含まれています。また、ビサコジルとセンノサイドカルシウムの2種類の成分が溜まった便をスムーズに排出してくれます。

おすすめ人気ランキングの中でも、刺激性下剤として即効性があります。普段は市販の便秘薬を使用していない人ほど効果が出やすいため、初めて使うときは1錠だけを使用するのがおすすめです。大腸粘膜に作用して、腸管のぜん動運動が促進されて排便できます。

6位:カイベールC

はじめての方はまず1錠から

アラクスのカイベールC

大腸粘膜に直接作用

価格:800円

メーカー:株式会社アラクス

効き方:6時間後に効果、就寝前におすすめ

主な成分:ビサコジル、センノサイド

有効成分としてはビサコジルによって大腸粘膜に直接作用して、便通を促すものがあります。また、センノサイドによって、大腸粘膜などに作用し、腸のぜん動運動を改善して、水分の吸収を抑制して便通を促してくれます。

余裕のあるときに試したい

便通がどれぐらいの期間あるかないかで服用する数が変化します。例えば2、3日便通がないのであれば1錠から2錠、4日以上便通がなければ2から3錠服用することが勧められています。就寝前に1日1錠服用するのですが、1錠の差が大きいので次の日の予定に余裕があるときにおすすめします。

口コミでも、1錠と2錠では効き目がかなり違うという意見も多く、刺激性下剤の即効性成分は市販薬ですがランキングでも気をつけたいところです。ランキングのどの下剤にしても使用する場合は、まずは1錠からがおすすめです。

5位:マルツエキス・スティック

赤ちゃんの便秘薬

赤ちゃんの便秘薬

水飴状で淡い甘さ

価格:980円

メーカー:和光堂

効き方:腸の運動を活発化

主な成分:マルツエキス

便秘薬のおすすめランキングでは少し珍しい、赤ちゃんの便秘薬です。医師と相談しながら1歳未満の乳児にも利用できて、3歳ぐらいまでの年齢におすすめな便秘薬となっています。乳児の場合は温湯かミルクに加えて服用させるものとなっています。

麦芽糖のゆるやかな発酵作用を利用

ランキングでも少し珍しいタイプですが、口コミでは多くのお母さんが子供の便秘に悩んで利用しているのがわかります。マルツエキスの主成分は麦芽糖で、腸内細菌によって分解して生じるガスが便通を促すという仕組みになっているので、乳幼児にも安心して利用できます。医師と相談した上で使用しましょう。

気になる味ですが、水飴状で淡い甘さとなっているため、乳幼児でも苦い薬とは違うので抵抗なく服用してくれるのが嬉しいポイントです。麦芽糖はオリゴ糖に近い糖類なので腸内のビフィズス菌のえさとなり腸の調子を整えてくれます。乳幼児にとっても排便はとても大事な行為です。迷った場合は便秘薬を検討しましょう。

4位:ヤマモトのセンナTS

古くから使われる西洋の生薬がメイン成分

かわいパッケージ

センナで便秘を改善

価格:1,051円

メーカー:山本漢方製薬

効き方:便秘に伴う体調不良の改善

主な成分:センナ末

この便秘薬のメインの成分であるセンナは、西洋の生薬で古くから便秘薬として使用されてきた成分です。そのため、漢方薬に近いハーブの植物性便秘薬となっています。また、成分にはセンノシドが穏やかに効く成分となっています。

自分に合わない下剤を使うと、ひどい腹痛に悩まされるという場合もあります。そのため、1錠だけでも腹痛になるという人でも、この製品なら自然に便秘が改善できて排便が出来たという口コミもありました。ランキングの中で、自分にあったものを見つけるのがおすすめです。

便秘薬おすすめランキング【刺激性】3位~1位

市販の便秘薬は刺激性のものが多いですが、効きすぎるという人も多いです。腹痛であったり便通が良くなりすぎてトイレにこもってしまうという場合もあります。服用する場合は休日の前日に服用するのがおすすめです。

3位:コーラックⅡ

刺激性が強いが即効性も高い

大正製薬のコーラック

大正製薬の有名便秘薬

価格:1,670円

メーカー:大正製薬

効き方:即効性があり刺激性が強い

主な成分:ビサコジル

コーラックⅡはコーラックと比べて、さらに即効性がある刺激性の強いものとなっています。ジオクチルソジウムスルホサクシネートという成分が、便に水分をふくませて適度に軟らかくしてくれます。服用から6時間から11時間ほどで効果が出るので、就寝前に利用しましょう。

1回の服用量は1錠から3錠となっていますが、はじめての利用では1錠がおすすめです。ランキングの中でもかなり効果が強い便秘薬として有名なので、便通を超えて腹痛につながる場合があります。もし、あまり刺激が強いものは怖いという場合は同社の「コーラックFirst」がおすすめです。

他の便秘薬が効かなかった人におすすめ

ランキングで3位となっている理由は、効果は強いけど使う人を選ぶ便秘薬と言える点です。口コミでも必ず便通が改善されると言われるほど効果があるようですが、いきなり3錠を服用すると効果がありすぎて大変という声が多いです。

腸内に残った老廃物をしっかりと出し切るという意味では、下剤の効果が高いです。寝る前に飲んで6時間ぐらいで効果が出るので、休日前に飲んで、朝からトイレにこもるというつもりで服用しましょう。便通がしっかりと改善されたら、食生活を見直し食物繊維が豊富な食べ物を日常的に摂るようにしましょう。

2位:ウィズワンエル

他のシリーズと含めて利用しやすい

食物繊維の便秘薬

食物繊維と生薬が特徴

価格:4,280円

メーカー:ゼリア新薬工業

効き方:自然に近いお通じを促す

主な成分:食物繊維と生薬成分

プランタゴ・オバタ種皮末が、腸内で水分を吸収して膨張します。そのことで便のかさ増しをして腸のぜん動運動を促します。また、腸内細菌や腸内異常発酵による毒素を吸収して、腸への刺激を取り除く作用があります。固くなった便にほどよいやわらかさを与えて、自然に近い便通が起きる便秘薬です。

じっくりと効果が出てくるので、翌日になって起きても効果が感じられない場合があります。とはいえ服用後から10時間以内ぐらいでは効果が出る場合が多いので、便秘薬を飲んだ次の日は油断しないで、いつでもトイレに行ける状態にしておきましょう。

他のもので痛みを感じた人におすすめ

この口コミからもわかるように、ランキング3位だったコーラック系は効きすぎるという声もあります。そういった中で、他の便秘薬としておすすめされているのがこのウィズワンエルなので、初めての便秘薬としてランキングでもおすすめです。

また、ウィズワンエルには他にも、「新ウィズワン」や「新ウィズワンα」など他の製品も存在しています。どの製品も自然に近い便通を促すものとなっており、チョコレート風味やピーチ風味など味わいの違いも特徴的です。ウィズワンエルは乳酸菌配合が特徴となっており、腸内環境をしっかりと整えてくれます。

1位:スルーラックプラス

夜に飲んで朝に自然な便通

エスエス製薬のスルーラックプラス

DSS配合

価格:972円

メーカー:エスエス製薬

効き方:適度な水分でスムーズな排出

主な成分:ビサコジル、センノサイドカルシウム、DSS

腸管のぜん動運動をうながす効果で、便を柔らかくして排出してくれます。ビサコジルとセンナで大腸粘膜に作用してくれるため、自然な便の排出が行えます。便が硬くなっていてうまく排出出来ない人にランキングでおすすめです。程よい即効性と、便が硬くて排出するときにお尻が痛いと言う人におすすめです。

便が硬い人におすすめ

普段からトイレをしているときに、便が硬くてお尻が痛いという人もいると思います。あまりに硬い便が出る状態を続けているとお尻を傷つけて痔になる場合もあり、そういった場合もこの便秘薬がおすすめです。DSSの効果で硬くなった便に水分が浸透するため、いままで出にくかった硬い便も出やすくなります。

ビサコジルが大腸丈夫の働きを活発にさせて即効性を生み、生薬のセンナが腸内細菌を活性化させてスムーズな排出を促してくれます。初回は1粒から初めてみましょう。他にも3つのシリーズが存在しており、刺激性ではないものもあるので、ランキングで気になった場合は「スルーラックデルジェンヌ」も試してみましょう。

便秘薬おすすめランキング【非刺激性】7位~4位

刺激性と比べて、初めての人でも使いやすい便秘薬が非刺激性便秘薬です。即効性は刺激性よりも劣りますが、漢方薬に近い形となっており、身体への負担も弱く抵抗性が生まれにくいので使いやすいのがランキングでもおすすめのポイントになっています。

7位:コーラックファースト

コーラックの非刺激性タイプ

コーラックファースト

刺激性を弱めた便秘薬

価格:720円

メーカー:大正製薬

効き方:5層コートで腸内で効く

主な成分:ビサコジルを少量含む

刺激性と非刺激性を厳密に分けるのは難しいという意見もあります。このコーラックファーストは先程のランキング出てきた即効性のあるタイプと比べて、別の成分を利用しているため非刺激性に分類されます。内容量が最も少なくなっており、刺激性のビサコジルが少量含まれていますが、初めての便秘薬として人気です。

5層コートとなっているため、ゆっくりと溶けて有効成分が胃で溶けずに腸でしっかりと効くのがおすすめの理由です。少しずつ量が調整できるものとなっているため、便秘薬がどの程度効果があるか心配という人にも使いやすいものとなっています。

6位:オイデル

生薬由来のオイルでつるんっと出す

オイルが特徴的な便秘薬

直腸性便秘におすすめ

価格:1,072円

メーカー:小林製薬

効き方:オイル成分で硬い便を排出

主な成分:DSS、麻子仁末

便が硬くて大きいや、便意を我慢することがある直腸性便秘におすすめです。直腸性便秘は全国で約800万人もいると言われており、そんな人におすすめなのがオイルデルになります。漢方薬である麻子仁丸が含まれており、便を軟らかくしてくれるので漢方薬の優しい効果が期待できます。

漢方薬由来の成分も注目

腸への刺激成分を配合しておらず、漢方薬由来の成分がとても効果的な便秘薬になっています。この麻子仁末由来のオイル成分が、便の流れをスムーズにしてくれるという珍しいタイプの便秘薬です。含有する脂肪油が腸では吸収されにくい成分となっているため、腸壁と便を潤滑にしてくれるので大腸自体は刺激しないという仕組みになっています。

効果的な飲み方としては、最小量である3カプセルを1回で利用して、もう少し効き目が欲しいという場合は4カプセルにするのがおすすめです。服用は朝と夕の1日2回となっているので気をつけましょう。また、便秘薬でおすすめの飲み方は「空腹時」なので、他のランキングのものを試すときにも参考にしてください。

5位:防風通聖散

ツムラの漢方製剤なので漢方薬系はこれがおすすめ

漢方薬の便秘薬

漢方の力で便通を改善

価格:5,940円(1日あたり185円)

メーカー:ツムラ

効き方:便通以外にも効果あり

主な成分:日局カッセキ、日局オウゴンなど

便通が悪く、脂肪太りの人にもおすすめな漢方薬タイプの便秘薬です。漢方薬なので決して味が美味しいとは言えないものですが、非刺激性ながら飲んですぐトイレに行きたくなるような即効性も持ち合わせています。便秘はもちろん、漢方薬としてむくみなど様々な身体の諸症状におすすめな漢方薬です。

運動と合わせて効果アップ

漢方薬は身体をしっかりと動かして運動をする人におすすめです。便秘を改善するために漢方薬を服用していると、便秘を改善することで体内の循環がよくなり冷え性が改善されるという場合もあります。

漢方薬と効くと、地道に効果が出てくるイメージかもしれませんが、それほど長期的に服用しなくても効果が出る人も多いです。腸が弱くて便秘薬の服用を避けていたと言う人でも、この漢方薬では副作用なども出ること無く快適な便通が戻ってきたという声が多くありました。

4位:タケダ漢方便秘薬

大黄甘草湯がメインの漢方薬タイプ

タケダの漢方薬

CMでも同じの漢方薬の便秘薬

価格:2,450円

メーカー:武田薬品工業

効き方:大腸の本来の動きを回復

主な成分:大黄甘草湯

タケダ漢方便秘薬は、CMでもおなじみの商品です。生薬の「大黄」と「甘草」からなる漢方処方の大黄甘草湯の成分がメインとなっています。漢方薬の長い歴史に基づいて、絶妙な配合によって大腸をしっかりと動かして、自然に近い便通を取り戻してくれます。

健康的な排便スタイルを目指せる

こちらの便秘薬も服用から8時間から10時間ほどで効果が出るので、就寝前に飲むと翌朝には自然に近い便通がやってきます。また、便秘に寄って腹部の張りやふきでものに悩んでいた人にも、この便秘薬を服用することで改善につながります。

この製品のために使われている漢方薬は、タケダが20年以上かけて開発した国内栽培の「信州大黄」を使用しています。品質にバラつきのでやすい大黄を、安定した品質になるために開発したものであり、一株一株丁寧に栽培されているので安心です。

便秘薬おすすめランキング【非刺激性】3位~1位

やはり非刺激性の便秘薬では、漢方薬の成分をメインにしているものが多いです。漢方は少しでも身体に近い成分を利用しており、身体に負担を少ない成分となっています。市販の便秘薬でもしっかりと漢方の効果を発揮して便通を改善してくれます。

3位:3Aマグネシア

佐藤薬品の便秘薬

耐性も生まれにくい

価格:2,580円

メーカー:佐藤薬品工業株式会社

効き方:酸化マグネシウムでゆっくりと効能が出る

主な成分:活性酸化マグネシウム

この便秘薬の特徴は、保水力の高い活性酸化マグネシウムを利用しているため、作用は即効性ではなく穏やかな効果が出るというタイプです。市販薬の多くが即効性がメインのものが多い中で、ゆっくりと効いてくれるので、身体への負担も穏やかです。

また、刺激性の強いものとは違う成分となっているため、耐性が出来にくく、長期間利用しても効き目が変わらないというのも嬉しい点です。残留便をとり、便秘を改善しながら、優しく効いてくれる便秘薬を探している人にランキングでおすすめです。

痛くならない便秘薬

刺激性の便秘薬を飲むと、お腹が痛くなったり腰痛が出たりと副作用を感じる人も多いです。こn活性酸化マグネシウムの場合では、そういった副作用が出にくいのが人気となっています。ただし、初回の少量服用ではうまく効果が出ないという場合もあるので、最初は自分の体に合わせて増量するなど、様子を見ることをおすすめします。

ちなみに酸化マグネシウムというのは、「カマ」や「カマグ」と呼ばれる昔から使われていたミネラル成分のことです。腸に水を集めて便を軟らかくしてくれるので、自然と便が出るタイプとなっています。便秘薬を使ったことがないという初心者にとても人気で、5歳から服用できるので子供の便秘にも利用できます。

2位:酸化マグネシウムE便秘薬

5歳から飲める便秘薬

クセになりにくい便秘薬

クセになりにくい非刺激性

価格:980円

メーカー:健栄製薬

効き方:ゆるやかで子供にもOK

主な成分:酸化マグネシウム

非刺激性の便秘薬として、効き方はマイルドになっています。腸を直接刺激しないため耐性が出来にくく、クセになりにくい便秘薬となっています。市販はもちろんですが、病院で下剤として選択されることも多い薬となっています。

5歳の子供でも服用できる安心な便秘薬となっており、酸化マグネシウムがメインの成分のため長期的に服用しても安全性が高いものになっています。マグネシウムが腸管から水分を集めて、集めた水分により便が柔らかくなるという仕組みになっています。

お腹に優しくゆっくりと効果が出る

市販の即効性がある刺激性のものと違って、ゆっくりとした効果のため、一気にスッキリさせたい人には向かないかもしれません。しかし、刺激性が強いものはお腹が痛くなりやすいものや、使っているうちに耐性がうまれて効果が薄れることもあるので、自分の目的にあったものを選ぶと良いでしょう。

何よりこの製品は、市販されている便秘薬ですが、実際に病院で使われることも多いというのが、ランキングの口コミでも注目されていました。レモン風味となっており、苦くなりやすい薬の中で、飲みやすいマイルドな味わいとなっている点も、優しさを感じられます。

1位:錠剤ミルマグLX

水酸化マグネシウムで3歳から利用できる

マグネシウムイオンのミルマグ

レモン風味でほんのり甘い

価格:977円

メーカー:エムジーファーマ

効き方:ゆったりと自然な効き目

主な成分:水酸化マグネシウム

やや効き方が他の市販薬と違っており、4時間から8時間ほどで効果が出るため注意が必要です。そのため、就寝前もおすすめですが、空腹時に使用して効果を待つというのもおすすめです。医師と相談して3歳ぐらいからでも利用できる便秘薬となっており、もしうまく飲めない場合は錠剤を割って飲ませることも可能です。

基本的な特徴として、お腹が痛くなりにくいことや、習慣性になりにくいことです。また、子供から高齢者まで使用可能という点も魅力です。自分に合った量で使用できることや自然排便ができるようになるため、便秘に悩まされている人にとてもおすすめです。

初めての便秘薬としておすすめ

ランキング上位のタイプに共通することですが、こちらも水酸化マグネシウムによって、腸内の水分を引き寄せて便に水分に与えるという仕組みになっています。旅先にも持っていきやすいタイプになっているので、旅行で便秘になるという人にもおすすめです。

ちなみに、ミルマグには「ミルマグ内服液」という液体タイプのものも存在します。こちらは3歳の子供から利用できるプラム味で飲みやすいドリンクタイプになっています。主成分は硫酸マグネシウムになっており、錠剤が飲みにくい子供におすすめです。ランキングのものが気になった場合に試してみましょう。

便秘の原因や改善方法

原因に合わせた便秘薬を選ぼう

お腹がすっきりしない男性

便秘の原因はさまざま

便秘には本当に多くの理由が存在しています。便秘薬を利用すると同時に、その原因の元を改善することも大事です。

食べ物を食べたあとに、便として出てくるまでの消化器官は約9メートルもあります。その大部分を占めるのが腸で約8メートルあります。小腸で栄養素が消化吸収されて、大腸で消化されなかった食物から水分を吸収して便が作られるという風になっています。

お腹の痛そうな子供

3日以上排便がないと便秘

便秘の定義としては3日以上排便がないことや、排便回数が週2回以下の場合は便秘と言われるそうです。

そういった中で自分にあった便秘薬を探している人が多く、市販薬では便秘薬を服用すると「お腹が痛くなる」ことに悩んでいる人が多いそうです。便秘にも直腸で便が停滞しているタイプや、大腸の運動機能が低下している場合、そして大腸の過緊張などの原因が存在します。

食生活の改善や運動は必須

気づいた子供

便秘薬はあくまで二次的手段

便秘になってすぐに便秘薬を試すのではなく、まずは食生活の改善や運動を行いましょう。

便秘薬はいきなり試すのではなく、食生活や運動で改善できるか試しましょう。食生活ではとにかく水溶性の「食物繊維」です。海藻類に多く含まれておりひじきやわかめ、また果物でも摂取しやすいです。水にとけて便をやわらかくする働きがあります。

食物繊維を含む食材

水溶性と不溶性の食物繊維

食物繊維には水溶性と不溶性の二つの食物繊維があります。まずは水溶性の食物繊維をメインに摂取してみましょう。

不溶性の食物繊維は、水分を含んで膨らむ性質があり、便のかさ増しになりぜん動運動を刺激してくれます。ダイエット中で食事量が減って便秘になる人に、便のかさ増しとしておすすめです。ただし、便が硬くなって便秘になっている場合は悪影響になる場合も多く、まずは水溶性の食物繊維がおすすめです。

みんなでウォーキング

運動で腸を刺激

運動には腹筋を鍛えたり、歩くことで腸周辺の筋肉を使って、刺激を与える効果があります。

便秘がちなひとは、簡単な腹筋をしたりウォーキングをするだけでも効果が現れる場合があります。また、仰向けに寝て、膝を曲げて、おへそを中心に円を書くように時計回りにゆっくりマッサージするという方法もおすすめです。

便秘薬おすすめランキング!のまとめ

トイレが出ない女性

ストレスを減らし運動をしよう

便秘は、いきなり薬に頼るのではなく、生活習慣の改善が一番です。便秘薬は常用を続けないのがベストです。

便秘薬には習慣性になりやすいものも多く、便秘薬を飲まないと出ないという状況に陥りがちです。しかし、やはり自然に便を排出できるのがベストです。食物繊維を摂ったり、運動をすることで自然と便が排出できるのが健康的な毎日に繋がります。

便通マッサージ

刺激性や非刺激性で比較する

便秘薬の刺激性と非刺激性という2つの種類は、それぞれ試してみるのがおすすめです。非刺激性のほうが体への負担は少ないです。

刺激性のものは、お腹が痛くなったりお尻を痛める場合もあります。そのため、まずは非刺激性のものを試して、それで改善されるのがベストです。また、刺激性のものを使う場合も最低量から始めるのがおすすめです。あまり服用量を増やすのではなく、医師と相談して原因を解明することも大事です。

便秘にはコーラック

ここぞというときに

便秘薬は普段から使うのではなく、どうしても出ないというときに利用するようにしましょう。

普段から便秘薬を使っていると効果が薄れる場合が多く、服用量だけが増えて体への負担が増える場合があります。できるだけ食事の改善や運動を行うことをメインにして、ここぞという場面に便秘薬を利用するのがおすすめです。お腹をスッキリとさせたら、食物繊維をしっかりと摂って便が出やすい腸内環境を作るようにしましょう。

その他のおすすめ人気ランキングはこちら

マルチビタミンのおすすめは?人気売れ筋ランキングTOP15【副作用はある?】 | ランキングまとめメディア
栄養補助食品おすすめランキングTOP25!ダイエットや忙しい時の栄養補給に! | ランキングまとめメディア
オムツかぶれの薬おすすめランキングTOP12!売れ筋商品を紹介 | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ