花粉症用の目薬おすすめ比較ランキングTOP15!市販薬の選び方を解説

花粉症はなった人にしかわからない辛い症状ですが、そんな花粉症では「かゆみ」も大きな悩みです。花粉症によるかゆみにおすすめな目薬の、おすすめ人気ランキングを紹介します。市販の目薬の選び方を紹介するとともに、目薬の成分やアレルギーの問題についても説明しています。いろいろな花粉症用の目薬があるなかで、花粉症によるアレルギーにおすすめの選び方を注目しています。市販の花粉症に効く目薬のおすすめ人気ランキングに注目しましょう。

目次

  1. 花粉症用の目薬おすすめランキング!
  2. 花粉症用の目薬おすすめランキング15位~11位
  3. 花粉症用の目薬おすすめランキング10位~7位
  4. 花粉症用の目薬おすすめランキング6位~4位
  5. 花粉症用の目薬おすすめランキング3位~1位
  6. 正しい目薬の使用方法について
  7. 意外と知らない花粉症の対策
  8. 花粉症用の目薬おすすめ比較ランキングTOP15のまとめ

花粉症用の目薬おすすめランキング!

辛いかゆみを緩和する花粉症用目薬のご紹介!

ロートの目薬

花粉によるアレルギー問題

花粉症は、スギやブナなどの花粉よるアレルギー反応によって起こるつらい病気です。

病院で薬を処方してもらうほどひどいアレルギーの人もいれば、市販の薬で対処する人も多いといえます。そういった中で、市販の目薬の中で花粉症によるアレルギー反応の、かゆみを軽減してくれるものが多く販売されています。

いろいろな処方される目薬

処方薬は副作用が怖いかも

病院で処方される目薬は、かなり効果が出やすいようですが「ステロイド」など長期間の使用には副作用の声もあります。

病院で処方されるものは効果が高い場合がありますが、できるだけ市販で買える弱めの目薬を利用したい人も多いはずです。つらいかゆみを改善してくれるものの選び方を紹介するとともに、体への負担が少ない選び方をメインにランキングを選びました。

花粉症用の目薬の成分について

抗アレルギーと抗ヒスタミン

いろんな形の目薬

抗アレルギーとは

まず、目薬の選び方として「抗アレルギー」成分がメインのものと「抗ヒスタミン」成分がメインという選び方があります。

抗アレルギー成分のものは、花粉飛散の1週間から2週間前や症状が軽い内という選び方におすすめです。抗アレルギー成分が、かゆみの原因物質であるヒスタミンの発生と放出を防ぐ働きがあるからです。つまり花粉症によるかゆみを予防する効果がメインであり、かゆみなどの症状が出るのを遅らせる効果がメインです。

マイティアの目薬

抗ヒスタミンとは

もう一つの選び方である抗ヒスタミンは、花粉に反応して発生するヒスタミンの働きを抑えて、アレルギー症状を緩和させる成分です。

アレルギーによるかゆみを起こしているヒスタミンに直接働きかけるという、即効性がメインになります。そのためアレルギーのかゆみを我慢できないというときに効果がありますが、持続時間があまり長くないというのも特徴になります。このように、抗アレルギーと抗ヒスタミンの使い分けが選び方としてランキングでも重要です。

花粉症用の目薬の選び方・ポイント

コンタクトをしながらでもOKかどうか

コンタクトレンズ

コンタクトを外すのも大事

目薬の選び方の中では、コンタクトをつけたままでも大丈夫化かというのも選び方の中で大事になります。

基本的に花粉症に利用する目薬の多くが、点眼するときにはコンタクトを外して使用するものになっています。そのため、コンタクトを外すのが面倒とか、外せる時間が取れないという場合は、着用しながらでも使用できるものという選び方を検討しましょう。

青とピンクの点眼液

メントールの有無

選び方の中で、メントールを配合しているかどうかというのもポイントになります。

普通の目薬では、点眼するとスーッとするのを売りにしているものも多いです。しかし、花粉症によるかゆみやアレルギー症状がひどい場合は、メントールが入っていないもののほうがおすすめです。かゆみや充血によって目が傷んでいる場合は、メントールが悪影響になる場合があります。

成分に注意した選び方

女性のきれいな目

充血と血管収縮剤含有

アレルギー症状である充血ですが、その充血を抑える血管収縮剤含有が入っているものは長期間の使用は避けましょう。

充血を抑えてくれる成分の血管収縮剤含有ですが、これは常用すると目が栄養不足の状態となります。そのことが充血を悪化させる場合もあり、どうしても充血を抑えたい場合以外は使うのを避けるべきです。特に花粉症で充血しているからと、ずっと使うのは危険です。

抱っこしているお母さん

妊娠中や授乳中は要相談

市販の花粉症の目薬とはいえ、妊娠中や授乳中の人は医師に必ず相談してから利用しましょう。

内服薬と比べると影響は少ない目薬ですが、それでも様々なことが胎児に影響を与える可能性があります。アレルギーによるかゆみを抑える「プラノプロフェン」は胎児への影響が懸念されている成分であり、どうしてもかゆみを我慢できない場合は医師に相談しましょう。

コンタクトは要注意

花粉に効くアルガード

防腐剤やカンフル

その他の成分としては、メントールであるI-メントールと同じようにdl-カンフルというのが清涼感に関わっています。

防腐剤は目薬の消費期限を延ばしてくれるものですが、入っていないほうが安全といえます。特にコンタクトレンズを使用している場合は、防腐剤がレンズに吸着して濃度が高まる場合があります。その状態では角膜をとの接触時間が長くなることで、角膜を傷つける場合があるので気をつけましょう。

ナゾネックスとパタノール

本当に花粉症か確認

そして気をつけたいのは、目薬の効果がない場合は、実は花粉症ではなかったという場合もあるので注意しましょう。

しっかりと用法用量を守っているのに、花粉症用の目薬をしても効果があまり感じられないという場合があります。目のかゆいや涙の原因は必ずしも花粉症だけとは限りません。片目だけから涙が出たり、目がかゆいけどくしゃみや鼻水がまったく出ないという場合は、別のアレルギーを疑ってみましょう。

おすすめランキングで市販の花粉症用目薬の成分を比較!

たくさんの目薬

市販の花粉症目薬をランキングで!

そういった選び方の注意点を踏まえながら、市販されている目薬のおすすめ人気ランキングを紹介します。

つらい目のかゆみや充血を改善できる、花粉症におすすめの目薬をおすすめ人気ランキングで紹介します。花粉症に効果のある成分に注目しながら市販の花粉症用の目薬の選び方に注目しましょう。花粉症用の目薬のおすすめ人気ランキングのスタートです!

花粉症用の目薬おすすめランキング15位~11位

つらい花粉症の症状をやわらげてくれる、花粉症目薬をおすすめ人気ランキング形式で紹介します。基本的な成分は共通している部分も多いので、価格やメントール系の有無などを注目しながら、気になるものを見つけましょう。

15位:アイリスAGガード

3つの有効成分がランキングでおすすめ

大正製薬の目薬

しっかりと改善してくれる

価格:1,318円

メーカー:大正製薬

内容量:10ml

その他:ケトチフェンフマル酸塩、I-メントール

花粉症やハウスダウトによる目のかゆみや充血に効果のある、抗アレルギー成分「ケトチフェンフマル酸塩」を配合しています。また、三種の有効成分が炎症を抑え、鎮め、整えてくれるます。清涼感のあるクールな指し心地となっており、メントール系になっているので選び方のポイントにしましょう。

この花粉症用目薬は、清涼感のあるメントールは配合していますが、血管収縮薬が入っていないというのがポイントになります。長期服用で副作用の問題がある血管収縮薬を使っていないものが良いという人に、選び方としてランキングでもおすすめです。

14位:エージーアイズ/アレルカットS

目のかゆみに効く

第一三共ヘルスケアの目薬

つらいかゆみにおすすめ

価格:1,120塩

メーカー:第一三共ヘルスケア

内容量:13ml

その他:クロモグリク酸ナトリウム、メントール不使用

メントール不使用なため、使用したときの清涼感は少なめですが、メントールを使用していないものを探しているという選び方にランキングでおすすめです。アレルギーのもとを抑えてかゆみを抑えてくれる目薬になっています。また、炎症を鎮めるだけでなく角膜を保護する成分も入っています。

ランキングの中では、市販されているタイプとして少し価格は高めといえます。しかし、抗アレルギー成分のクロモグリク酸ナトリウムを初めとした4つの成分が、アレルギー専用点眼薬としてランキングでも評価が高いです。抗炎症成分のグリチルリチン酸二カリウムで、花粉症のかゆみと充血を抑えてくれます。

13位:眼涼アルファーストEX

なみだ目などのつらいアレルギー症状にも効果あり

久光製薬の目薬

生薬由来の抗炎症作用

価格:822円

メーカー:久光製薬

内容量:10ml

その他:クロモグリク酸ナトリウム、グリチルリチン酸二カリウム、メントール不使用

花粉症やハウスダウトが体内に入った際に、原因物質の放出を抑える成分が入っており、ヒスタミンなどのかゆみ伝達成分もブロックしてくれます。炎症効果を抑えてくれるので、目のかゆみや充血を鎮めてくれるものとなっています。生薬由来の成分で安心できるものとなっています。

ほどよい清涼感となっており、クーッとなるようなメントールが含まれていないものになっています。清涼感がほしいけど、あまりきつすぎるのはイヤと言う人に選び方としておすすめです。市販の花粉症の目薬としても、安定した人気がランキングでも確認できます。

12位:アルピタット

従来の花粉用目薬が効かなかった人におすすめ

千寿製薬の目薬

クールタイプで異物感をすっきり

価格:1,400円

メーカー:千寿製薬株式会社

内容量:15ml

その他:クロモグリク酸ナトリウム、クロルフェニラミンマレイン酸塩、プラノプロフェン

花粉などによって目のアレルギー症状が起きると、炎症を引き起こします。炎症は目のかゆみだけでなく異物感や充血などの症状を生みます。そういった症状を改善するために市販の花粉症目薬を利用していて、効果が実感できなかった人にランキングでおすすめです。

こちらはメントール配合となっており、ランキングでは高価なタイプに入る花粉症目薬です。それだけに、口コミではかなり効果を実感できたという声も多いです。血管収縮薬は入っていないので、メントールの爽快感だけ欲しいと言う人の選び方としておすすめです。

11位:アルガード/クリアマイルドZ

3つの有効成分を最大濃度で配合

ロートの目薬

アルガード史上最大濃度

価格:1,659円

メーカー:ロート製薬

内容量:13ml

その他:クロモグリク酸ナトリウム、クロルフェニラミンマレイン酸塩、プラノプロフェン

花粉症に効果のある成分を、アルガード史上最大濃度にした製品です。基本的な3つの成分だけでなく、アレルギーで負担をかけた瞳に角膜保護成分である、コンドロイチン硫酸エステルナトリウムを配合しているのも特徴です。

花粉症によるつらい目のかゆみや充血に効果があるものとなっており、ランキングでも効果があるという口コミが多いです。また、花粉症による目のかゆみはもちろんですが、花粉症による鼻に優しくするため、ローション系のティッシュを使うことがおすすめです。

花粉症用の目薬おすすめランキング10位~7位

市販の花粉症目薬の選び方としては、ランキングで登場してきたようなメントール系の成分が入っているか、血管収縮薬が入っているかというのがメインになります。また、市販の中でも濃度の違いなどがあり、最初は安めのものを試して、次に高価なものを試すというのがランキングでもおすすめです。

10位:マリンアイALG

コスパが良くはじめての花粉症目薬におすすめ

佐賀製薬の目薬

基本的な成分は配合

価格:523円

メーカー:佐賀製薬

内容量:15ml

その他:クロモグリク酸ナトリウム、クロルフェニラミンマレイン酸塩、グリチルリチン酸二カリウム

基本的な花粉症目薬としての成分を配合している中で、コスパがかなりイイものとしてランキングでも注目です。花粉症はもちろん、ハウスダウトなどにもおすすめで、アレルギー症状を起こした目に、さわやかな清涼感を与えてくれます。

価格で選ぶならこれ

高価なものが本当に効果があるかわからないとか、はじめての花粉症目薬として価格が安いものを探しているという選び方におすすめです。基本的な成分は配合されているので、コスパを考えた花粉症目薬という選び方ならこの商品がランキングで人気です。

薬と同じで目薬も、必ずしも高価なものが効果を実感できるとは限りません。価格を抑えているものでも、成分的にアレルギー症状に効果があるものであれば、効果を実感できる場合もあります。ランキングの中では、市販の目薬を使用して、効果が実感できなかった場合に、改めて利用して欲しいというタイプの目薬も多いです。

9位:ソフトサンティア

優しい人工の涙

優しい目薬

涙に近い人工涙液

価格:512円

メーカー:参天製薬

内容量:5ml×4本

その他:塩化カリウム、塩化ナトリウム

ソフトサンティアは、涙に近い性質の人工涙液となっており、目が乾く状態やゴロゴロする状態におすすめです。もともと、ソフトサンティアは調剤薬局で販売されていたものが、2010年から市販されるようになったことで話題になりました。

かわいい限定パッケージも人気

市販されている花粉症目薬には、抗ヒスタミンなどの成分が含まれているのが基本ですが、そういったものを含んでいないものという選び方も重要です。ソフトサンティアは花粉症目薬として特化した成分を配合しているわけではない分、目の負担が少ない成分がメインとなっています。

また一箱で4つ入っており、それぞれが5mlとなっています。そのため、早い段階で使い切ることができるというのも人気のポイントになっています。目に点眼する製品だけに、ずっと同じものを使っているよりも使い切っていけるものが良いという点はランキングで人気の理由です。

8位:ザジテンAL

3つの効果で症状を軽減

ザジテンの点眼薬

ハウスダウトなどにも効果あり

価格:1,134円

メーカー:NOVARTIS

内容量:10ml

その他:ケトチフェンフマル酸塩

アレルギーの発症から悪化までのメカニズムに作用し、軽い症状を感じたときから、アレルギーをコントロースすることができる花粉症目薬です。抗アレルギー作用で抑えることにより、炎症をひどくしない目薬です。

口コミでは、余計なものを入れていないシンプルな成分が高く評価されていました。また、価格も高すぎない点も評価されています。市販されているものですが、あまり見つからないことが多かったり、棚の端に置かれていることも多いそうで、ネットで購入するのがおすすめという声もありました。

7位:ロートジー!

とにかく爽快感が欲しい人におすすめ

ロートの爽快感な目薬

超・爽快感

価格:420円

メーカー:ロート製薬

内容量:12ml

その他:塩酸テトラヒドロゾリン、ネオスチグミンメチル硫酸塩など

点眼した瞬間にクーッ!!となるような目薬です。花粉症で目がかゆいとかゴロゴロするというときに、とにかく目をすっきりさせたいという、爽快感で選ぶならこの目薬です。あくまで爽快感が強いものであり、花粉症によるアレルギーに関して強いというわけではないので、使い分けとしておすすめしたいです。

ドライアイなどにも効果が強い目薬となっており、ハードコンタクトレンズを使っている人にもおすすめです。花粉症目薬を使いながら、目のゴロゴロ感を解消させたいというときに使うことで、効果的な爽快感が得られるといえます。アレルギー以外の面から花粉症を改善したいという人におすすめです。

花粉症用の目薬おすすめランキング6位~4位

目に優しい人工涙液タイプから、クーッ!!と爽快感があるような目薬など、花粉症のアレルギーに特化した成分以外のものも、ランキングで人気です。花粉症の問題にはアレルギーに強い目薬と爽快感のあるものの2つを使い分けるのがおすすめです。

6位:スマイルコンタクトEX/AL-Wクール

コンタクトのままでOK

コンタクトで大丈夫な目薬

コンタクト中の不快感に

価格:600円

メーカー:LION

内容量:12ml

その他:クロルフェニラミンマレイン酸塩、グリチルリチン酸二カリウム

ランキングの中でも数少ない、花粉症目薬でコンタクト中にそのまま点眼してもOKな目薬です。コンタクトを装着中のゴロゴロ感にも対応しており、花粉症目薬による目のかゆみと合わせて効果が期待できる目薬となっています。

クロルフェニラミンマレイン酸塩が、ヒスタミンをブロックしてかゆみを抑えてくれます。グリチルリチン酸二カリウムもかゆみや炎症を抑えてくれるようになっています。うるおい角膜保護成分として、コンドロイチン硫酸エステルナトリウムが異物感を和らげて、角膜表面の乾燥を防いでくれます。防腐剤なども不使用で安心です。

5位:抗菌アイリス

使い切りタイプで安心

使い切りタイプの目薬

防腐剤なども不使用

価格:605円

メーカー:大正製薬

内容量:0.4ml×18

その他:スルファメトキサゾール、グリチルリチン酸二カリウムなど

ソフトサンティアよりもさらに1回で使い切りタイプになっています。スルファメトキサゾールは、ものもらいや結膜炎の原因となる細菌に優れた抗菌作用の持ち主で、花粉症のようなアレルギーによる炎症にも効果が期待できます。何よりも一回で使い切るタイプになっているので、常に清潔なものを使えるのが嬉しい点です。

ものもらいなどにもおすすめ

抗菌アイリスの口コミでは、ものもらいにも効果があるという声が多く見られました。ものもらいもいろいろな原因で起きるものですが、雑菌が原因で起きる場合が多いようです。抗菌アイリスでは、そういった雑菌を処理してくれる効果もあるので、ものもらいが改善されることが多いそうです。

アレルギー系の目薬が必ずしも花粉症に効くというわけではないので、そういったものが効果がない場合に使って欲しい目薬といえます。細菌感染による目の炎症を鎮める効果や、目に栄養を与えて新陳代謝を促す目薬となっています。

4位:ロートアルガードコンタクト

アルガードのコンタクト向け

ロートのコンタクト向け目薬

コンタクトをしながらでもOK

価格:646円

メーカー:ロート製薬

内容量:13ml

その他:クロルフェニラミンマレイン酸塩、コンドロイチン硫酸エステルナトリウム、ビタミンB6

清涼感が強いタイプで、ソフトコンタクトレンズを装着したまま点眼できる花粉症目薬です。また、コンタクトレンズを外したあとすぐに使用するんもおすすめとなっています。ハードコンタクトレンズにも使用できますが、カラーコンタクトレンズにだけは使用できないので注意しましょう。

ヒスタミンをブロックし、うるおいを保つのはもちろん、瞳に栄養を与えて新陳代謝を促進するビタミンB6が特徴的です。コンタクトを普段から多様している人におすすめしたい花粉症目薬です。

花粉症用の目薬おすすめランキング3位~1位

花粉症目薬のおすすめ人気ランキングも残すところトップ3です。トップ3では定番として人気なものや、目薬として少し特殊なタイプもランキングに選んでみました。いろいろなものを試して、自分に合うものを選んでみましょう。

3位:アイボンマイルド

瞳に染みない優しいタイプ

瞳に染みないアイボンマイルド

やさしい使用感が人気

価格:990円

メーカー:小林製薬

内容量:500ml

その他:ビタインB6、クロルフェニラミンマレイン酸塩など

花粉症目薬の中では、少しジャンルが違う洗眼薬と言われるタイプのものもランキングに選びました。やはり花粉症によって目のかゆみが強いときには、目を取り出して思いっきり洗いたいと感じたことがある人もいるはずです。そんな人達におすすめなのが洗眼薬で、目の異物感やかゆみの不快感を洗い流してくれます。

目を思いっきり洗いたいと言う人に

花粉によるアレルギー反応は、目やその周辺に付着して起きる場合が多いです。また、かゆみから目をこすることで目の周りを傷つけることもあり、瞳を丸ごと洗うアイボンマイルドは、とても高評価です。

マイルドという名前がついているように、ほとんど清涼感は無くクール感はレベル0の低刺激となっています。もし、清涼感が欲しい場合はアイボンの通常のものを利用してみましょう。また、ビタミン成分を含んだバージョンもあるので、それぞれ使い分けて目をきれいにしてみるのがおすすめです。

2位:アルガード/クリアブロックZ

清涼感の強いアルガード

目のかゆみに効く目薬

清涼感を高めたアルガード

価格:1,556円

メーカー:ロート製薬

内容量:13ml

その他:クロモグリク酸ナトリウム、クロルフェニラミンマレイン酸塩、プラノプロフェン

ランキングで登場したアルガードの、清涼感が強いタイプになっています。アレルギーを抑制しかゆみを止めて、炎症を鎮めるものになっています。I-メントールが配合されていることもあり、清涼感がしっかりとあるので、そういった選び方をしたい人におすすめです。

花粉症以外にもおすすめ

有効成分が最大濃度となっていることもあり、やはり効果に関しては実感できる人が多いようです。いままでの目薬では、花粉症にはあまり効果を実感できなかったと言う人に試して欲しい目薬です。

もちろん、アレルギー専用となっていますが、普段から使っても問題ありません。花粉症のシーズンが来る少し前ぐらいから使っておくと、シーズンが入ってもすぐに花粉症の症状で目が痒くなるというのを防げる場合もあります。早め早めの対策で、つらい花粉症のかゆみを和らげましょう。

1位:ノアールPガード点眼液

1日2回のアレルギー専用目薬

サトウ製薬の目薬

本気で改善したい人におすすめ

価格:1,380円

メーカー:サトウ製薬

内容量:8ml

その他:医療用成分ペミロラストカリウム

抗アレルギー成分のペミロラストカリウムをOTC医薬品で最大配合した目薬となっています。ペミロラストカリウムは医療用で使用されている有効成分のため、花粉症などのアレルギーのつらい症状に効果が期待できます。

継続した利用がおすすめ

ランキングで紹介した多くの目薬がそうですが、基本的には花粉飛散前から継続して使用することがおすすめです。そうすることによって花粉シーズンに入ってからの症状を出にくくすることが出来ます。少しでも症状が軽いときから早めに使用するようにしましょう。

また、目薬にはそれぞれ1日何回点眼するかというのは異なります。この目薬の場合なら1日2回だけで良いので、何度も点眼するわずらわしさがありません。そして、涙液に近い薬液となっているので刺激が少ないソフトな使用感など、トータルのバランスを含めてランキング1位に選びました。

正しい目薬の使用方法について

正しい使い方を守ろう

目薬をさす少年

目をぱちぱちさせなくてOK

目薬をしたときに、目をぱちぱちとさせる人も多いと思います。実は目をぱちぱちとさせないほうが効果が期待できます。

目をぱちぱちとさせると目薬が、目に幅広く行き渡りそうなイメージがありますが、あまり効果はないそうです。むしろ、せっかくの目薬が目尻からこぼれたり、涙と一緒に目頭の方に集まって鼻涙管に薬液が流れ込んでしまう場合があります。すると、口の中に成分の苦味や甘みが広がってしまうのです。

目薬をさす瞬間

上をむいたたま目頭を押さえる

基本的に目薬をした場合は、すぐにはまばたきをせずに、上を向いたまま目頭を抑えて浸透するのを待ちましょう。

目薬が浸透するのに1分間ほどかかるので、その状態を維持するのがベストです。焦らずにじっくりと成分が浸透していくのを待ちましょう。目薬の成分がしっかりと目に浸透することで、成分の効果が発揮できるようになります。

目薬の色の違いとは

黄色タイプの目薬

黄色の目薬

目薬には色がついたものがあります。それぞれ意味があり、黄色のものではビタミンB2の色の場合が多いです。

ビタミンB2には角膜ケアに役立つ成分が入っています。角膜の細胞に作用して、エネルギー代謝を活発にしてくれます。傷ついてダメージを受けた目を修復する効果があり、そのビタミンB2の色が黄色の目薬の見た目に関わっています。

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%86-%E3%80%90%E7%AC%AC2%E9%A1%9E%E5%8C%BB%E8%96%AC%E5%93%81%E3%80%91%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AB%E3%83%AB10-12mL-%C3%973/dp/B00QK45R76

赤色の目薬

赤色のタイプの目薬もあります。こちらはビタミンB12がメインになっている場合の色として出やすいです。

ビタミンB12にには、目のピントの調整をする毛様体筋というものの働きを改善してくれます。最近はパソコンはもちろん、スマホなどで長時間近くのものを見る人が多いです。すると毛様体筋の緊張状態が続くため、筋肉痛のように目が疲れてしまうのです。ビタミンB12によって緊張をほぐして疲れ目を改善してくれます。

古い目薬は使わない

透明な目薬

使い切る

目薬は絶対に使い回さないことが大事です。古い目薬を見つけたからといって、もったいないと使ってはいけません。

目薬の容器や目薬の液体は、外気に触れることで菌が繁殖する場合があります。容器やノズルが目やまつげなどに接触することで雑菌が繁殖する可能性もあります。特に数回で使い切るタイプなどでは防腐剤を使用していないものも多く、消費期限が短くなっています。一度でも開封して使用したら早めに使い切りましょう。

意外と知らない花粉症の対策

日常生活でのセルフケア

ティッシュで鼻をかむ女性

セルフケアで少しでも改善

花粉症に関しては、自分で気をつけれる部分は気をつけていきましょう。花粉情報のニュースはシーズン前から注意しましょう。

花粉症に関しては、少しでも花粉を避けるように生活するしかありません。花粉情報のニュースを見たり、花粉飛散が多いときは外出を控えたり、マスクやメガネをすることが大事です。また、花粉が付着しやすいけばだった毛織物やコートの使用は避けましょう。

花粉症の症状

帰宅時にも注意

また、帰宅したときは衣服や髪をよく払ってから家に入るようにしましょう。そして洗顔と手洗いうがいをして、鼻をかむのが大事です。

自宅に帰っても、花粉飛散が多いときは、窓や戸を閉めて換気するときも窓は小さく開けて短時間に留めるようにしましょう。洗濯物やふとんも花粉飛散が多いときは、外干しをさけるのがおすすめです。そして、何よりも掃除をしっかりと行って、特に窓際を念入りに掃除機をかけておきましょう。

専門的な治療も

木の花粉

病院での治療も

花粉症は、花粉が飛び始める前か症状が軽いうちに治療を始める初期療法がおすすめです。

初期療法を行うことで症状が出るのを遅らせたり、軽くしたりすることが出来ます。これは花粉症用の目薬でも同様で、初期療法と同じように早い段階から点眼を初めておくことで、症状を和らげることが出来ます。地域によって花粉の時期は異なるので、はやいところでは2月上旬ぐらいから気をつけるようにしましょう。

メガネやマスク

使ったマスクなどは使い回さない

花粉症対策に使うマスクなどは使い回さないようにしましょう。また、花粉症用のメガネは清潔に使いましょう。

見た目では汚れていないマスクも、一度でも装着すれば花粉や雑菌が付きます。また花粉症用のメガネも清潔にメンテナンスして、花粉が付着していない状態で使用しましょう。目に見えない花粉だけに、常に清潔にしてフレッシュな状態で装着して花粉から身を守りましょう。

花粉症用の目薬おすすめ比較ランキングTOP15のまとめ

花粉症で泣いている女性

辛いからこそしっかり対応

花粉症におすすめの目薬をランキング形式で紹介しました。つらいかゆみや充血は、しっかりと目薬で対応しましょう。

花粉症はいままで症状が出ていなかった人も、急に症状が現れる病気です。症状が軽いと油断しているとどんどんひどくなる場合もあり、目のかゆみや充血、また涙や鼻水が止まらない人もいます。目をこすることで目を傷つける場合もあるので、しっかりと目薬を使って対応するのがおすすめです。

マスクや目薬

病院で相談も大事

花粉症に関しては目薬よりも、内服薬のほうが効果がでる場合があります。市販のものや病院で処方してもらうのがおすすめです。

花粉症の症状を抑えるために、市販薬でも薬剤師が販売してくれる強い花粉症の薬があります。また、実際に自分がどのタイプの花粉のアレルギーで花粉症が起きているかを病院で検査してもらうこともおすすめです。しっかりと、原因を究明するようにしましょう。

パタノール点眼液

医薬品もおすすめ

ランキングでは市販されている目薬のみを紹介しましたが、病院では医薬品の効果の高い目薬を処方してもらえます。

必ずしも医薬品のほうが効果が高いわけではないですが、しっかりと病院で検査してもらって医薬品の目薬を処方してもらうことも大事です。防腐剤などを使用しておらず、目に優しいタイプが多いです。また、いろんな市販薬を試すよりも、病院でしっかりと処方してもらうほうがコスパが良いこともあります。

花粉に関係するグッズ

清潔な状態を保とう

目薬を使用する際には、最後に紹介したセルフケアをしっかりとすることがおすすめです。

部屋を清潔に保ち、花粉を建物に持ち込まないようにすることが大事です。その中でしっかりと花粉症目薬を利用することで目を保護しましょう。まだまだ花粉症に対しては完全な解決方法が誕生していない中で、今後も花粉症の問題は社会問題となりそうです。はやめはやめの対応で、少しでも症状を軽くしていきましょう!

その他のおすすめ人気ランキングはこちら

女性用マスク人気ランキングTOP25!美人に見えるおすすめ商品は?【最新】 | ランキングまとめメディア
マルチビタミンのおすすめは?人気売れ筋ランキングTOP15【副作用はある?】 | ランキングまとめメディア
オムツかぶれの薬おすすめランキングTOP12!売れ筋商品を紹介 | ランキングまとめメディア
便秘薬おすすめランキング15選!便秘のタイプや快便になるためのポイントも解説 | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ