ハンディスキャナおすすめランキングTOP21!スキャン速度や性能を徹底比較!

仕事や書籍などの自炊にハンディスキャナがおすすめです。ハンディスキャナはWi-Fiに対応していたり価格が安かったりさまざまです。そこでおすすめのハンディスキャナをランキング形式で紹介させて頂きます。ランキングでは、使い方や選び方の参考にして頂くように、ハンディスキャナごとの詳細を掲載しました。ぜひ、ハンディスキャナを取り入れるきっかけに、このランキングを活用してください。

目次

  1. ハンディスキャナおすすめランキングTOP21!
  2. ハンディスキャナおすすめランキング21位~11位
  3. ハンディスキャナおすすめランキング10位~7位
  4. ハンディスキャナおすすめランキング6位~4位
  5. ハンディスキャナおすすめランキング3位~1位
  6. ハンディスキャナのメリットと上手な使い方
  7. ハンディスキャナは小まめにお手入れしよう!
  8. ハンディスキャナおすすめランキングTOP21のまとめ

ハンディスキャナおすすめランキングTOP21!

パソコンのドライブの接続には必須のハンディスキャナ

画像をハンディスキャナで読み込む

書類の整理に最適

ハンディスキャナは手軽に紙などをスキャンできるので、嵩張る書類などの整理には最適です。ここでは、ハンディスキャナをランキングで紹介します。

ハンディスキャナの選び方・ポイント

Wi-Fiなどワイヤレスに対応しているか

スマホとスキャナ

ペン型などスタイル別にも選ぶ

スキャナにはWi-Fiに対応したものやBluetoothに対応したものなどがあるほか、ペン型など形もそれぞれです。自分の用途にしっかりと合わせて選ぶと良いでしょう。

電池の写真

電源も重要

スキャナを駆動する電源についてもしっかりとチェックしましょう。充電式や乾電池式などが主流となっています。

人気ハンディスキャナの価格・スペックなどチェック!

書類を読み込む

ランキングでスキャナをチェック

自分の使うシーンを思い浮かべてランキングご覧いただくと、より鮮明に用途が見えてきます。それではランキングスタートです。

ハンディスキャナおすすめランキング21位~11位

ペン型スキャナ

ランキングを紹介

それでは、ランキングを紹介していきます。自炊に向いているか〇、△、×で表しているので参考にしてください。

21位:テック/ポータブルハンディースキャナーhidescan4

ハンディスキャナおすすめランキング21位の自炊向きなど特徴と使い方

テック/ポータブルハンディースキャナーhidescan4

ハンディスキャナおすすめランキング21位の選び方に係る詳細

メーカー:テック
商品名:ポータブルハンディースキャナーhidescan4
Wi-Fi:未対応
Bluetooth:未対応
サイズ:???
重量:???
電源:???
保存形式:JPEG/PDF
記憶領域:microSD
センサー:???
解像度:900dpi
ディスプレイ:あり
読込み範囲:A4
スキャンモード:カラー/モノクロ

自炊:〇
価格:3,800円から

ハンディスキャナおすすめランキング21位に選ばれたのは「テック/ポータブルハンディースキャナーhidescan4」となりました。ハンディスキャナおすすめランキング21位に選ばれた「テック/ポータブルハンディースキャナーhidescan4」は、紙だけではなく、木からもスキャンができる優れものです。

20位:ケンコー/ハンディスキャンKS-H400

ハンディスキャナおすすめランキング20位の自炊向きなど特徴と使い方

ケンコー/ハンディスキャンKS-H400

ハンディスキャナおすすめランキング20位の選び方に係る詳細

メーカー:ケンコー
商品名:ハンディスキャンKS-H400
Wi-Fi:未対応
Bluetooth:未対応
サイズ:約257mm×29mm×31mm
重量:約156g(付属品、電池を含まず)
電源:単3形アルカリ乾電池(2本)
保存形式:JPG
記憶領域:microSD/SDHCカード
センサー:カラーイメージセンサ
解像度:300dpi、600dpi
ディスプレイ:あり
読込み範囲:A4
スキャンモード:カラー/モノクロ

自炊:〇
価格:5,280円から

ハンディスキャナおすすめランキング20位に選ばれたのは「ケンコー/ハンディスキャンKS-H400」となりました。ハンディスキャナおすすめランキング20位に選ばれた「ケンコー/ハンディスキャンKS-H400」は、カラーの色がハッキリと見える事が特徴のスキャナです。

19位:テック/A4ポータブルハンディースキャナーhidescan3

ハンディスキャナおすすめランキング19位の自炊向きなど特徴と使い方

テック/A4ポータブルハンディースキャナーhidescan3

ハンディスキャナおすすめランキング19位の選び方に係る詳細

メーカー:テック
商品名:A4ポータブルハンディースキャナーhidescan3
Wi-Fi:未対応
Bluetooth:未対応
サイズ:???
重量:約240g
電源:???
保存形式:???
記憶領域:microSD
センサー:???
解像度:600dpi
ディスプレイ:あり
読込み範囲:A4
スキャンモード:カラー/モノクロ

自炊:〇
価格:3,990円から

ハンディスキャナおすすめランキング19位に選ばれたのは「テック/A4ポータブルハンディースキャナーhidescan3」となりました。ハンディスキャナおすすめランキング19位に選ばれた「テック/A4ポータブルハンディースキャナーhidescan3」は、簡単・早い・綺麗が揃ったスキャナです。

18位:スリーアールシステム/Anyty3R-HSAP700

ハンディスキャナおすすめランキング18位の自炊向きなど特徴と使い方

スリーアールシステム/Anyty3R-HSAP700

ハンディスキャナおすすめランキング18位の選び方に係る詳細

メーカー:スリーアールシステム
商品名:Anyty3R-HSAP700
Wi-Fi:未対応
Bluetooth:未対応
サイズ:約258mm×32mm×31mm
重量:約195g
電源:???
保存形式:PDF/JPEG
記憶領域:MicroSD
センサー:???
解像度:900dpi
ディスプレイ:あり
読込み範囲:A4
スキャンモード:カラー/モノクロ

自炊:〇
価格:7,200円から

ハンディスキャナおすすめランキング18位に選ばれたのは「スリーアールシステム/Anyty3R-HSAP700」となりました。ハンディスキャナおすすめランキング18位に選ばれた「スリーアールシステム/Anyty3R-HSAP700」は、専用ソフトなど不要なので、誰でも簡単に自炊する事が可能となっているようです。

17位:ケンコー/ハンディスキャンKS-H500

ハンディスキャナおすすめランキング17位の自炊向きなど特徴と使い方

ケンコー/ハンディスキャンKS-H500

ハンディスキャナおすすめランキング17位の選び方に係る詳細

メーカー:ケンコー
商品名:ハンディスキャンKS-H500
Wi-Fi:未対応
Bluetooth:未対応
サイズ:約166mm×29mm×23mm
重量:約115g
電源:内蔵リチウムイオン充電池
保存形式:JPG
記憶領域:microSD/SDHCカード
センサー:カラーイメージセンサ
解像度:300dpi、600dpi
ディスプレイ:あり
読込み範囲:B6
スキャンモード:カラー/モノクロ

自炊:〇
価格:5,980円から

ハンディスキャナおすすめランキング17位に選ばれたのは「ケンコー/ハンディスキャンKS-H500」となりました。ハンディスキャナおすすめランキング17位に選ばれた「ケンコー/ハンディスキャンKS-H500」は、直接PCに保存できるなど、自炊に対応しているスキャナとなっています。

16位:アイリスオーヤマ(IRISOHYAMA)/ハンディスキャナーHSC-A4

ハンディスキャナおすすめランキング16位の自炊向きなど特徴と使い方

アイリスオーヤマ(IRISOHYAMA)/ハンディスキャナーHSC-A4

ハンディスキャナおすすめランキング16位の選び方に係る詳細

メーカー:アイリスオーヤマ(IRISOHYAMA)
商品名:ハンディスキャナーHSC-A4
Wi-Fi:未対応
Bluetooth:未対応
サイズ:約342mm×132mm×37mm
重量:約322g
電源:???
保存形式:???
記憶領域:???
センサー:???
解像度:600dpi
ディスプレイ:あり
読込み範囲:???
スキャンモード:カラー/モノクロ

自炊:〇
価格:6,980円から

ハンディスキャナおすすめランキング16位に選ばれたのは「アイリスオーヤマ(IRISOHYAMA)/ハンディスキャナーHSC-A4」となりました。ハンディスキャナおすすめランキング16位に選ばれた「アイリスオーヤマ(IRISOHYAMA)/ハンディスキャナーHSC-A4」は、見た目もおしゃれなので、つい持ち歩きたくなるスキャナです。

15位:スリーアールシステム/WIFI機能搭載ハンディスキャナケースセット3R-HSAP800WIF

ハンディスキャナおすすめランキング15位の自炊向きなど特徴と使い方

スリーアールシステム/WIFI機能搭載ハンディスキャナケースセット3R-HSAP800WIF

ハンディスキャナおすすめランキング15位の選び方に係る詳細

メーカー:スリーアールシステム
商品名:WIFI機能搭載ハンディスキャナケースセット3R-HSAP800WIF
Wi-Fi:対応
Bluetooth:未対応
サイズ:約258mm×31mm×32mm
重量:約210g
電源:アルカリ単3電池×2
保存形式:JPEG/PDF
記憶領域:MicroSDカード2GB
センサー:A4カラーコンタクトイメージセンサー
解像度:300dpi、600dpi、900dpi
ディスプレイ:あり
読込み範囲:最大248cm
スキャンモード:カラー/モノクロ

自炊:〇
価格:9,122円から

ハンディスキャナおすすめランキング15位に選ばれたのは「スリーアールシステム/WIFI機能搭載ハンディスキャナケースセット3R-HSAP800WIF」となりました。ハンディスキャナおすすめランキング15位に選ばれた「スリーアールシステム/3R-HSAP800WIF」は、毎日スキャンをしたくなるWi-Fi機能が搭載しています。

14位:ヤシカ(Yashica)/ハンディスキャナHS-420W

ハンディスキャナおすすめランキング14位の自炊向きなど特徴と使い方

ヤシカ(Yashica)/ハンディスキャナHS-420W

ハンディスキャナおすすめランキング14位の選び方に係る詳細

メーカー:ヤシカ(Yashica)
商品名:ハンディスキャナHS-420W
Wi-Fi:対応
Bluetooth:未対応
サイズ:約258mm×31mm×32mm
重量:約210g(電池除く)
電源:単3形乾電池2本電源
保存形式:PDF/JPEG
記憶領域:microSD/microSDHCメモリーカード
センサー:コンタクトイメージセンサー
解像度:300dpi、600dpi、900dpi
ディスプレイ:設定項目確認用
読込み範囲:最大約210mm、最大約880mm
スキャンモード:カラー/モノクロ

自炊:〇
価格:12,800円から

ハンディスキャナおすすめランキング14位に選ばれたのは「ヤシカ(Yashica)/ハンディスキャナHS-420W」となりました。ハンディスキャナおすすめランキング14位に選ばれた「ヤシカ(Yashica)/ハンディスキャナHS-420W」は、Wi-Fiに対応したスキャナです。自炊の時も簡単にお手持ちのPCなどにデータが転送されます。

13位:Inlight/iscan02ハンディスキャナーCIS1050dpi

ハンディスキャナおすすめランキング13位の自炊向きなど特徴と使い方

Inlight/iscan02ハンディスキャナーCIS1050dpi

ハンディスキャナおすすめランキング13位の選び方に係る詳細

メーカー:InLight
商品名:
Wi-Fi:未対応
Bluetooth:未対応
サイズ:約258mm×39mm×28mm
重量:???
電源:内蔵820mAHリチウムポリマー
保存形式:JPEG/PDF
記憶領域:MicroSDカード
センサー:A4カラーコンタクトイメージセンサ
解像度:1050dpi
ディスプレイ:あり
読込み範囲:216mm
スキャンモード:カラー/モノクロ

自炊:〇
価格:9,680円から

ハンディスキャナおすすめランキング13位に選ばれたのは「Inlight/iscan02ハンディスキャナーCIS1050dpi」となりました。ハンディスキャナおすすめランキング13位に選ばれた「Inlight/iscan02ハンディスキャナーCIS1050dpi」は、JPGやPDFを高解像度で保存できます。

12位:SUNTRUST(サントラスト)/ハンディタイプドキュメントスキャナーMagicStick

ハンディスキャナおすすめランキング12位の自炊向きなど特徴と使い方

SUNTRUST(サントラスト)/ハンディタイプドキュメントスキャナーMagicStick

ハンディスキャナおすすめランキング12位の選び方に係る詳細

メーカー:SUNTRUST(サントラスト)
商品名:ハンディタイプドキュメントスキャナーMagicStick
Wi-Fi:未対応
Bluetooth:未対応
サイズ:約340mm×152mm×44mm
重量:約544g
電源:電池式
保存形式:???
記憶領域:???
センサー:???
解像度:600dpi
ディスプレイ:あり
読込み範囲:A4
スキャンモード:???

自炊:△
価格:3,280円から

ハンディスキャナおすすめランキング12位に選ばれたのは「SUNTRUST(サントラスト)/ハンディタイプドキュメントスキャナーMagicStick」となりました。ハンディスキャナおすすめランキング12位に選ばれた「SUNTRUST(サントラスト)/ハンディタイプドキュメントスキャナーMagicStick」は、低コストでスキャンが可能です。

11位:エニティ(Anyty)/Bluetooth機能搭載携帯式ハンディスキャナーカラー3R-HSA670BT

ハンディスキャナおすすめランキング11位の自炊向きなど特徴と使い方

エニティ(Anyty)/Bluetooth機能搭載携帯式ハンディスキャナーカラー3R-HSA670BT

ハンディスキャナおすすめランキング11位の選び方に係る詳細

メーカー:エニティ(Anyty)
商品名:Bluetooth機能搭載携帯式ハンディスキャナーカラー3R-HSA670BT
Wi-Fi:未対応
Bluetooth:未対応
サイズ:約23mm×263mm×22mm
重量:約141g
電源:リチウムイオン電池
保存形式:JPG
記憶領域:MicroSDカード
センサー:A4カラーコンタクトイメージセンサー
解像度:300dpi、600dpi
ディスプレイ:内蔵液晶スキャン情報表示
読込み範囲:通常時最大134cm、高画質時最大66cm
スキャンモード:カラー/モノクロ

自炊:△
価格:15,798円から

ハンディスキャナおすすめランキング11位に選ばれたのは「エニティ(Anyty)/Bluetooth機能搭載携帯式ハンディスキャナーカラー3R-HSA670BT」となりました。「エニティ(Anyty)/Bluetooth機能搭載携帯式3R-HSA670BT」は、Bluetoothに接続して簡単にスキャンが出来るので自炊にも向いています。

ハンディスキャナおすすめランキング10位~7位

スキャンをしている男性

ランキング上位を紹介!

ここからは、ハンディスキャナおすすめランキング上位となる10位以上を紹介します。

 

上位に行くにつれて、特徴なども詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

10位:aidodo/ハンディスキャナーAoleca

aidodo/ハンディスキャナーAoleca

ハンディスキャナおすすめランキング10位の選び方に係る詳細

メーカー:aidodo
商品名:ハンディスキャナーAoleca
Wi-Fi:未対応
Bluetooth:未対応
サイズ:約257mm×30mm×245mm
重量:約150g
電源:バッテリー(2×単三電池)
保存形式:JPEG/PDF
記憶領域:MicroSD/TF
センサー:A4カラー光電センサ
解像度:300dpi、600dpi、900dpi
ディスプレイ:あり
読込み範囲:A4サイズ
スキャンモード:カラー/モノクロ

自炊:〇
価格:5,880円から

「aidodo/ハンディスキャナーAoleca」のようす

ハンディスキャナおすすめランキング10位の自炊向きなど特徴と使い方

ハンディスキャナおすすめランキング10位に選ばれたのは「aidodo/ハンディスキャナーAoleca」となりました。

 

ハンディスキャナおすすめランキング10位に選ばれた「aidodo/ハンディスキャナーAoleca」を使えば分厚い書類も収納可能です。

9位:ScanmarkerAir/ペン型スキャナ

ScanmarkerAir/ペン型スキャナ

ハンディスキャナおすすめランキング9位の選び方に係る詳細

メーカー:ScanmarkerAir
商品名:ペン型スキャナ
Wi-Fi:未対応
Bluetooth:対応
サイズ:約35mm×140mm×25mm
重量:約60g
電源:USB
保存形式:テキスト
記憶領域:???
センサー:???
解像度:???
ディスプレイ:???
読込み範囲:???
スキャンモード:モノクロ

自炊:×
価格:20,800円から

色々とテキストを送れる

ハンディスキャナおすすめランキング9位の自炊向きなど特徴と使い方

ハンディスキャナおすすめランキング9位に選ばれたのは「ScanmarkerAir/ペン型スキャナ」となりました。

 

ハンディスキャナおすすめランキング9位に選ばれた「ScanmarkerAir/ペン型スキャナ」は、Bluetooth接続でスマホなどにもデータを送信できます。

8位:サンワダイレクト/スティック型400-SCN037

サンワダイレクト/スティック型400-SCN037

ハンディスキャナおすすめランキング8位の選び方に係る詳細

メーカー:サンワダイレクト
商品名:スティック型400-SCN037
Wi-Fi:未対応
Bluetooth:未対応
サイズ:約114.7mm×33mm×22.45mm
重量:約47g
電源:USB2.0
保存形式:テキスト
記憶領域:パソコンなど
センサー:???
解像度:???
ディスプレイ:???
読込み範囲:6~22ポイント
スキャンモード:モノクロ

自炊:×
価格:17,800円から

バーコードも読み込めるスキャナ

ハンディスキャナおすすめランキング8位の自炊向きなど特徴と使い方

ハンディスキャナおすすめランキング8位に選ばれたのは「サンワダイレクト/スティック型400-SCN037」となりました。

 

 

「サンワダイレクト/スティック型400-SCN037」は、自炊には向かないタイプのハンディスキャナとなっています。

7位:サンワダイレクト/WorlsPenScanX400-SCN031

サンワダイレクト/WorlsPenScanX400-SCN031

ハンディスキャナおすすめランキング7位の選び方に係る詳細

メーカー:サンワダイレクト
商品名:WorlsPenScanX400-SCN031
Wi-Fi:未対応
Bluetooth:対応
サイズ:約114.7mm×33mm×22.45mm
重量:約55g
電源:内蔵リチウムポリマー電池(USB充電) 
保存形式:テキスト
記憶領域:パソコンやスマホなど
センサー:???
解像度:???
ディスプレイ:なし
読込み範囲:6~22ポイント
スキャンモード:モノクロ

自炊:×
価格:17,500円から

様々な言語が読み取れる「サンワダイレクト/WorlsPenScanX400-SCN031」

ハンディスキャナおすすめランキング7位の自炊向きなど特徴と使い方

ハンディスキャナおすすめランキング7位に選ばれたのは「サンワダイレクト/WorlsPenScanX400-SCN031」となりました。

 

ハンディスキャナおすすめランキング7位に選ばれた「サンワダイレクト/WorlsPenScanX400-SCN031」は、OCR機能を搭載ています。

ハンディスキャナおすすめランキング6位~4位

ハンディスキャナとモバイルスキャナ

まだまだランキングは続きます!

ここまでハンディスキャナおすすめランキング7位までを紹介しました。

 

ここからはハンディスキャナおすすめランキング6位から4位までを一気に紹介します。

6位:MUKA/ハンディスキャナー[MK-COM-SCAN-RD]

MUKA/ハンディスキャナー[MK-COM-SCAN]

ハンディスキャナおすすめランキング6位の選び方に係る詳細

メーカー:MUKA
商品名:ハンディスキャナー[MK-COM-SCAN]
Wi-Fi:未対応
Bluetooth:未対応
サイズ:約260mm×28mm×25mm
重量:約148g
電源:単三乾電池2本
保存形式:PDF/JPEG
記憶領域:microSDカード16G
センサー:A4カラー光電センサー
解像度:300dpi、600dpi、900dpi(高画質)
ディスプレイ:あり
読込み範囲:A4(216mm)
スキャンモード:カラー

自炊:〇
価格:5,299円から

ハンディスキャナおすすめランキング6位に選ばれたのは「MUKA/ハンディスキャナー[MK-COM-SCAN]」となりました。簡単に文字も読み込めて、書類整理が楽々になる「MUKA/ハンディスキャナー[MK-COM-SCAN]」は、人気があります。

ハンディスキャナおすすめランキング6位に選ばれた「MUKA/ハンディスキャナー[MK-COM-SCAN]」は、カラーバリエーションが3色用意されていますので、自分のスタイルにあう色合いを選ぶ事が可能です。ハンディスキャナおすすめランキング6位に選ばれた「MUKA/ハンディスキャナー[MK-COM-SCAN]」の口コミを紹介です。

思ってた以上に使いやすい!!
USBはめんどくさいので、ホントはWifiモデルが欲しかったけど、電池が持たないとかいろいろ評価が悪そうだったのでこちらを選択。
画像ができる液晶はあれば便利かもしれんが、いらんないのでこのモデルで十分。
初期値がJPEG固定のようなので、これがPDFに変更できればよかったんだけど・・その分の★マイナスです。
性能、使い勝手、概ね満足でおすすめできる品ですよ。

ハンディスキャナおすすめランキング6位に選ばれた「MUKA/ハンディスキャナー[MK-COM-SCAN]」は、Wi-Fiモデルではないものの、使い勝手の良さはおおむね良いようです。ハンディスキャナおすすめランキング6位に選ばれた「MUKA/ハンディスキャナー[MK-COM-SCAN]」は、手軽でおすすめの一台です。

5位:InLight/ハンディスキャナーOCR機能搭載アイスキャン

InLight/ハンディスキャナーOCR機能搭載アイスキャン

ハンディスキャナおすすめランキング5位の選び方に係る詳細

メーカー:InLight
商品名:ハンディスキャナーOCR機能搭載アイスキャン
Wi-Fi:未対応
Bluetooth:未対応
サイズ:約257mm×30mm×24.5mm
重量:約150g
電源:バッテリー(2×単三電池)
保存形式:JPEG/PDF
記憶領域:microSD
センサー:???
解像度:300dpi、600dpi、900dpi(高画質)
ディスプレイ:あり
読込み範囲:A4(216mm)
スキャンモード:カラー/モノクロ

自炊:〇
価格:5,180円から

「InLight/ハンディスキャナーOCR機能搭載アイスキャン」のスキャン映像

ハンディスキャナおすすめランキング5位の自炊向きなど特徴と使い方

ハンディスキャナおすすめランキング5位に選ばれたのは「InLight/ハンディスキャナーOCR機能搭載アイスキャン」となりました。

 

ハンディスキャナおすすめランキング5位に選ばれた「InLight/ハンディスキャナーOCR機能搭載アイスキャン」は、高速スキャンを可能にしてくれます。

ハンディスキャナおすすめランキング5位に選ばれた「InLight/ハンディスキャナーOCR機能搭載アイスキャン」は、紙のデータを手軽にスキャンできるので人気があります。ハンディスキャナおすすめランキング5位に選ばれた「InLight/ハンディスキャナーOCR機能搭載アイスキャン」は、お手軽なハンディスキャンです。

趣味のレザークラフト用に購入。
手書きの図案を取り込みデジタル化して自由にリサイズして使い回すのに重宝。
また教室の先生の作品などもハンディタイプの強みを活かして、立体物でもスキャン出来てしまうのが良いですね。これは普通のスキャナではなかなか難しい。もちろん制限はありますが...。
また、慣れないと歪みが生じてしまいますが、コツを掴めば正確にスキャン出来るようになります。
軽くて持ち運びにも便利。そして安い。言うことなしです。

ハンディスキャナおすすめランキング5位に選ばれた「InLight/ハンディスキャナーOCR機能搭載アイスキャン」は、口コミでの高評価の意見が多く見る事ができます。ハンディスキャナおすすめランキング5位に選ばれた「InLight/ハンディスキャナーOCR機能搭載アイスキャン」は、コストパフォーマンスに優れた一台と言えます。

4位:キングジム(KINGJIM)/マウス型スキャナ白MSC20W-2050

キングジム(KINGJIM)/マウス型スキャナ白MSC20W-2050

ハンディスキャナおすすめランキング4位の選び方に係る詳細

メーカー:キングジム(KINGJIM)
商品名:マウス型スキャナ白MSC20W-2050
Wi-Fi:未対応
Bluetooth:未対応
サイズ:約63mm×116mm×37mm 
重量:約120g
電源:USB2.0
保存形式:PDF・JPG・BMP・PNG・XLS・DOC・TXT
記憶領域:パソコン
センサー:LEDセンサー 1200cpi
解像度:最大解像度400dpi
ディスプレイ:なし
読込み範囲:???
スキャンモード:カラー/モノクロ

自炊:×
価格:6,800円から

パッケージされた「キングジム(KINGJIM)/マウス型スキャナ白MSC20W-2050」

ハンディスキャナおすすめランキング4位の自炊向きなど特徴と使い方

ハンディスキャナおすすめランキング4位に選ばれたのは「キングジム(KINGJIM)/マウス型スキャナ白MSC20W-2050」となりました。

 

ハンディスキャナおすすめランキング4位に選ばれた「キングジム(KINGJIM)/マウス型スキャナ白MSC20W-2050」は、普段はマウスとして使う事ができます。

ハンディスキャナおすすめランキング4位に選ばれた「キングジム(KINGJIM)/マウス型スキャナ白MSC20W-2050」は、その利便性から口コミなどでも非常に評判です。それでは、ここでハンディスキャナおすすめランキング4位に選ばれた「キングジム(KINGJIM)/マウス型スキャナ白MSC20W-2050」の口コミを紹介します。

ハンディスキャナおすすめランキング4位に選ばれた「キングジム(KINGJIM)/マウス型スキャナ白MSC20W-2050」は、非常に便利なお手軽スキャナという事が良く分かるコメントです。ハンディスキャナおすすめランキング4位に選ばれた「キングジム(KINGJIM)/マウス型スキャナ白MSC20W-2050」は書類読み込みにおすすめです。

ハンディスキャナおすすめランキング3位~1位

グラフをスキャンしている

TOP3を紹介!

ハンディスキャナおすすめランキングもTOP3を残すのみとなりました。それぞれの選び方や特徴を良く参考にしてください。

 

それでは、ハンディスキャナおすすめランキング3位から1位を紹介します。

3位:ハル/ハンディスキャナーA1-001

ハル/ハンディスキャナーA1-001

ハンディスキャナおすすめランキング3位の選び方に係る詳細

メーカー:ハル
商品名:ハンディスキャナーA1-001
Wi-Fi:未対応
Bluetooth:未対応
サイズ:約257mm×30mm×245mm
重量:約150g
電源:バッテリー(2×単三電池)
保存形式:JPEG/PDF
記憶領域:microSDカード(2GBまで)、microSDHCカード(32GBまで)
センサー:
解像度:標準画質:300dpi、中高画質:600dpi、高画質:900dpi
ディスプレイ:あり
読込み範囲:A4(216mm)
スキャンモード:カラー/モノクロ

自炊:〇
価格:5,880円から

「ハル/ハンディスキャナーA1-001」の概要

ハンディスキャナおすすめランキング3位の自炊向きなど特徴と使い方

ハンディスキャナおすすめランキング3位に選ばれたのは「ハル/ハンディスキャナーA1-001」となりました。

 

これがあれば、分厚い書類もパソコンなどに楽々保存する事が可能となっています。

ハンディスキャナおすすめランキング3位に選ばれた「ハル/ハンディスキャナーA1-001」は、スピーディーで高解像度に書類などのデーターを素早く保存してくれます。ハンディスキャナおすすめランキング3位に選ばれた「ハル/ハンディスキャナーA1-001」は、書類整理や書籍整理の強い味方となります。

コンパクト設計の「ハル/ハンディスキャナーA1-001」

コンパクトで持ち運びに便利

ハンディスキャナおすすめランキング3位に選ばれた「ハル/ハンディスキャナーA1-001」は、コンパクトなので持ち運びにも便利です。

 

バッグの隙間などに、ちょっとした書類を読み込むために忍ばせておくと、ふとした瞬間に非常に便利に使えます。

USBで繋げる

口コミを紹介

それではここで、ハンディスキャナおすすめランキング3位に選ばれた「ハル/ハンディスキャナーA1-001」の口コミを紹介します。

口コミが良かったので、ダメもとで購入してみました。届いてすぐに使ってびっくり、解像度LOWでA5より小さいページに載っている3コマ漫画をスキャンしてPCに取り込み、貼りつけたイメージを縦のB5ページ幅いっぱいに拡大しても解像度低下は気になるほどではありませんでした。ダメもと撤回、買ってよかった。解像度を多少気にするスキャンでもMiddleにすれば十分です。スキャニングスピードも極端にゆっくりしなくてもO.K.。気に入りました。

ハンディスキャナおすすめランキング3位に選ばれた「ハル/ハンディスキャナーA1-001」の口コミを見ると、購入したユーザーから満足との声が多く寄せられています。ハンディスキャナおすすめランキング3位に選ばれた「ハル/ハンディスキャナーA1-001」は人気でおすすめのハンディスキャナ―と言えそうです。

2位:サンワサプライ(SANWASUPPLY)/PSC-11U[ハンディスキャナー]

サンワサプライ(SANWASUPPLY)/PSC-11U[ハンディスキャナー]

ハンディスキャナおすすめランキング2位の選び方に係る詳細

メーカー:サンワサプライ(SANWASUPPLY)
商品名:PSC-11U[ハンディスキャナー]
Wi-Fi:未対応
Bluetooth:未対応
サイズ:約W258mm×D38mm×H30mm
重量:約146g(本体のみ、乾電池を除く)
電源:単三アルカリ乾電池×3本
保存形式:JPEG・PDF
記憶領域:microSDカード2GBまで、microSDHCカード32GBまで
センサー:カラーコンタクトイメージセンサー
解像度:標準:300dpi、中画質:600dpi、高画質:1200dpi
ディスプレイ:なし
読込み範囲:最大2160mm
スキャンモード:カラー/モノクロ

自炊:〇
価格:9,180円から

「サンワサプライ(SANWASUPPLY)/PSC-11U[ハンディスキャナー]」のスキャンのようす

ハンディスキャナおすすめランキング2位の自炊向きなど特徴と使い方

ハンディスキャナおすすめランキング2位に選ばれたのは「サンワサプライ(SANWASUPPLY)/PSC-11U[ハンディスキャナー]」となりました。

ハンディスキャナおすすめランキング2位に選ばれた「サンワサプライ(SANWASUPPLY)/PSC-11U[ハンディスキャナー]」は、USBケーブルでつなげば、スマホなどにも画像を転送できる、お手軽ハンディスキャナーです。使わない時はオートOFF機能が付いているのも嬉しいポイントです。

「サンワサプライ(SANWASUPPLY)/PSC-11U[ハンディスキャナー]」の箱

自炊にもしっかり対応

ハンディスキャナおすすめでランキング2位となった「サンワサプライ(SANWASUPPLY)/PSC-11U[ハンディスキャナー]」は自炊もばっちりです。

ハンディスキャナおすすめランキング2位に選ばれた「サンワサプライ(SANWASUPPLY)/PSC-11U[ハンディスキャナー]」であれば、文字もくっきりとみえますので、お気に入りの書籍などをしっかりと電子データとして、保管する事を可能してくれています。それでは口コミを紹介します。

大きいものを部分ごとに取り込んで画像ソフトでつなげようと思ったので、中に入れる(自動式)タイプではなく上をスライドさせる(手動式)タイプを選びました。
その用途でこの手のスキャナを探すと選択肢が少なかったですが、思った以上に使いやすく、満足しています。
使用する際、部屋の明るさが必要だと思います。

おすすめランキング2位の「サンワサプライ(SANWASUPPLY)/PSC-11U[ハンディスキャナー]」の口コミを見ると、スキャナの使い心地はまずまずの様子です。ハンディスキャナおすすめランキング2位の「サンワサプライ(SANWASUPPLY)/PSC-11U[ハンディスキャナー]」を検討してみてはいかがでしょうか。

1位:ミヨシ(miyoshi)/UMSC-05[ポータブルモバイルスキャナー黒900DPI]

ミヨシ(miyoshi)/UMSC-05[ポータブルモバイルスキャナー黒900DPI]

ハンディスキャナおすすめランキング1位の選び方に係る詳細

メーカー:ミヨシ(miyoshi)
商品名:UMSC-05[ポータブルモバイルスキャナー黒900DPI]
Wi-Fi:未対応
Bluetooth:未対応
サイズ:約W257mm×H36mm×D24mm
重量:約160g(乾電池を除く)
電源:単四アルカリ乾電池3本/USB・DC5V
保存形式:JPEG/PDF
記憶領域:microSDカード(1GB~2GB)、microSDHCカード(4GB~32GB)
センサー:A4カラーコンタクトイメージセンサー
解像度:標準画質:300dpi、中高画質:600dpi、高画質:900dpi
ディスプレイ:1.4インチTFTカラー液晶
読込み範囲:横幅約216mm、縦幅約1200mm
スキャンモード:カラー/モノクロ

自炊:〇
価格:7,410円から

斜めから見た「ミヨシ(miyoshi)/UMSC-05[ポータブルモバイルスキャナー黒900DPI]」

ハンディスキャナおすすめランキング1位の自炊向きなど特徴と使い方

ハンディスキャナおすすめランキングで、見事1位に選ばれたのは「ミヨシ(miyoshi)/UMSC-05[ポータブルモバイルスキャナー黒900DPI]」でした。

「ミヨシ(miyoshi)UMSC-05[ポータブルモバイルスキャナー黒900DPI]」とのパッケージ

読み込みも安心

ハンディスキャナおすすめランキング1位の「ミヨシ(miyoshi)/UMSC-05[ポータブルモバイルスキャナー黒900DPI]」であれば、読み込みも楽々です。

 

コストパフォーマンスに優れた、ハンディスキャナ―として、次々にお気に入りの書籍を電子化してくれるでしょう。

「ミヨシ(miyoshi)/UMSC-05[ポータブルモバイルスキャナー黒900DPI]」のディスプレイ

自炊もバッチリ

「ミヨシ(miyoshi)/UMSC-05[ポータブルモバイルスキャナー黒900DPI]」は、自炊にもおすすめです。

 

もちろん、簡易的な書類もしっかりとスキャンしてくれます。

タブレットとスキャナ

色々なモバイルに読み込める

「ミヨシ(miyoshi)/UMSC-05[ポータブルモバイルスキャナー黒900DPI]」は、さまざまなモバイル端末に読み込むことができます。

パッケージ内容

口コミを紹介

ハンディスキャナおすすめランキング1位に選ばれた「ミヨシ(miyoshi)/UMSC-05[ポータブルモバイルスキャナー黒900DPI]」の口コミを紹介します。

手軽ながらしっかりした画質で取り込めます。かなり重宝しています。
また、雑誌投稿用のB3の漫画原稿用紙に描いたマンガを取り込むのにピッタリなサイズです。
普通のスキャナーで投稿用原稿用紙に描いたマンガがサイズ的に取り込むのが難しいという方にはかなりお勧めです。

ハンディスキャナおすすめランキング1位に選ばれた「ミヨシ(miyoshi)/UMSC-05[ポータブルモバイルスキャナー黒900DPI]」は、口コミでもコストパフォーマンスに優れた一台と評判となっています。以上がハンディスキャナおすすめランキングとなりました。
 

ハンディスキャナのメリットと上手な使い方

ハンディスキャナのメリット・デメリット

ハンディスキャナでスマホに書類をとりこむ

使い勝手の良さは流石

ハンディスキャナは手軽に使えるので、簡単にスキャナを撮れるのは流石です。ただし、画素数や明度ではやはり少し劣る所があります。

 

また、大きな書類を読み込むのが苦手な部分はハンディスキャナのデメリットでしょう。

自炊などハンディスキャナの上手な活用テクニック

本を読み込む

なるべく明るい場所で

ハンディスキャナは暗い場所には弱いのが特徴です。書類の読み込みや自炊を行う場合は、明るい場所で行う事が絶対条件です。

ハンディスキャナは小まめにお手入れしよう!

無水エタノールを使って掃除する方法と注意点

無水エタノール

こまめに汚れを取り除く

ハンディスキャナはメンテナンスを行う事で、長持ちさせることができます。

 

ボディなどは無水エタノールなどをしみこませた雑巾などで拭き取り、内部はエアーダスターなどで埃を乗り除くようにしましょう。

ハンディスキャナおすすめランキングTOP21のまとめ

男性と書類とスキャナ

導入してみると便利で手放せない

ハンディスキャナは導入してみると、便利で手放せません。ぜひ一度、ハンディスキャナを検討してみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい「情報家電」に関する記事はこちら

インクジェットプリンターおすすめ人気TOP20!選び方のポイントを解説 | ランキングまとめメディア
プリンターおすすめランキングTOP13!家庭用の人気機種を紹介! | ランキングまとめメディア
カラーレーザープリンターおすすめランキングTOP20!人気商品の上手な選び方 | ランキングまとめメディア
フォトプリンターおすすめ人気ランキングTOP20!タイプ別の選び方も【厳選】 | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ