青春小説おすすめランキング51選!あの頃の友情や恋愛がよみがえる感動の名作!

おすすめの青春小説をランキング51選でご紹介します。友情や恋愛に揺れ動く思春期特有の繊細な心情を描いた小説や、自分の学生時代に重ね合わせて感動してしまう小説、胸が熱くなって泣けるような名作が沢山登場するランキングです。青春時代の生き生きした気持ちを感じられる小説は、大人になってから読むと一層胸に響きます。おすすめランキングを参考にして、ぜひ素敵な青春小説を読んで下さい。

目次

  1. 青春小説おすすめランキング!学生時代の感動作品
  2. 青春小説おすすめランキング51位~31位
  3. 青春小説おすすめランキング30位~21位
  4. 青春小説おすすめランキング20位~11位
  5. 青春小説おすすめランキング10位~4位
  6. 青春小説おすすめランキング3位~1位
  7. 青春小説の基本的な書き方
  8. 青春小説おすすめランキング!のまとめ

青春小説おすすめランキング!学生時代の感動作品

友情や恋愛の泣ける青春小説おすすめ

積み上げた文庫本

様々な感動作品が揃うランキング

友情や恋愛など様々な感動のを描いた青春小説は、とても人気の高いジャンルです。

 

泣けると評判の作品から、明るく爽やかな作品まで、様々な青春小説をおすすめランキング51選でご紹介します。

青春小説おすすめランキング51位~31位

本棚の前で開かれた本

ここからランキングスタート

まずは、51位から31位の発表です。このランキングでは下位ながら、泣ける作品やキュンとする恋愛作品など名作が揃っています。

51位:龍時

「龍時」の基本情報とあらすじ

龍時01-02の表紙

未完の名作青春小説

出版日:2004年7月
出版社:文藝春秋
著者:野沢尚
受賞歴:特になし

龍時03-04の表紙

あらすじは?

主人公のリュウジは、無名にも関わらず監督の抜擢によってスペインU-17との親善試合に出場し、活躍しながらも世界との壁を痛感します。

 

スペインのユース育成担当から声をかけられたリュウジは、単身スペインに渡ります。

 

友情や恋愛、家族との関係、自分自身を削るような極限の精神が、胸に迫るような青春小説です。

50位:カクレカラクリ

「カクレカラクリ」の基本情報とあらすじ

カクレカラクリの単行本

奇妙な伝説のカラクリを巡る物語

出版日:2006年8月25日
出版社:メディアファクトリー
著者:森博嗣
受賞歴:特になし

カクレカラクリの表紙

あらすじは?

郡司朋成と栗城洋輔は、同級生の真知花梨と一緒に鈴鳴村を訪れます。村には不思議な伝説が伝わっていていました。

 

礒貝機九朗という天才カラクリ師が密かに作った、120年後に動くという伝説のカラクリが、村に隠されているのです。

 

そして、その120年後にあたる今年、果たしてカラクリはどうなるのか?という不思議な青春小説です。

49位:真夜中乙女戦争

「真夜中乙女戦争」の基本情報とあらすじ

真夜中乙女戦争の単行本

発売して即重版決定のヒット作

出版日:2018年4月28日
出版社:角川書店
著者:F
受賞歴:特になし

真夜中乙女戦争の表紙

あらすじは?

大学一年生の「私」は、友情にも恋愛にも充実感が無く、夢も趣味も無く、無気力な日々を過ごしています。

 

毎晩のように東京タワーの近くまで歩き、東京タワーを眺めることだけが楽しみだった主人公が、ある男と出会います。

 

それが、「最悪」の始まりだったのです。闇の中に小さな希望があるかもしれないと思わされるような、深い味わいのある泣ける作品です。

48位:世界でいちばん長い写真

「世界でいちばん長い写真」の基本情報とあらすじ

世界でいちばん長い写真の原作本

映画にもなった感動の青春小説

出版日:2010年8月
出版社:光文社
著者:誉田哲也
受賞歴:特になし

世界でいちばん長い写真の映画化

あらすじは?

主人公の宏伸は、引っ込み思案で地味な日々を送っている写真部員の高校生です。

 

宏伸は、高校最後の夏休みに珍しいパノラマカメラに出会い、360度を撮影できることに感動を覚えます。

 

そして、パノラマカメラで撮影したい景色を求めて、自転車で街に繰り出します。

47位:向かい風で飛べ!

「向かい風で飛べ!」の基本情報とあらすじ

向かい風で飛べ!の帯付き

スキージャンプの青春物語

出版日:2013年12月
出版社:中央公論新社
著者:乾リカ
受賞歴:特になし

乾リカはホラー小説やダークファンタジー系の作品が多い作家ですが、こちらの「向かい風で飛べ!」は珍しく爽やかな青春小説です。普段は友情や恋愛など青春系の小説を読まないという人でも、乾リカファンなら手に取ってみてはいかがでしょうか。

向かい風で飛べ!の表紙

あらすじは?

友達がおらず孤独感を感じていた転校生のさつきは、スキージャンプの天才と呼ばれる美少女の理子と出会います。

 

理子との出会いで孤独な日々から様々な感情が生まれ、さつきの生活は鮮やかに色付いていきます。

 

ときめいたり泣ける場面があったり、甘酸っぱさも感動も詰まった青春小説です。

46位:太陽の塔

「太陽の塔」の基本情報とあらすじ

太陽の塔のイラスト表紙

森見登美彦ワールドを感じる面白さ

出版日:2003年12月
出版社:新潮社
著者:森見登美彦
受賞歴:第15回日本ファンタジーノベル大賞受賞

太陽の塔の文庫表紙

あらすじは?

主人公の「私」は大学を自主休学中で、自分を振ったかつての恋人「水尾さん」を研究対象として、超長文のレポートを書いています。

 

水尾さんを追いかけるライバルである「遠藤」という男との出会いもあり、いわゆるストーカーがコミカルに愛らしく描かれています。

45位:スロウハイツの神様

「スロウハイツの神様」の基本情報とあらすじ

スロウハイツの神様の上巻

上下巻に渡る長編青春小説

出版日:2007年1月11日
出版社:講談社
著者:辻村深月
受賞歴:特になし

スロウハイツの神様の下巻

あらすじは?

アパート「スロウハイツ」には、脚本家の赤羽環、人気作家のチヨダ・コーキ、そして友人たちが住んでいます。

 

自らの小説ファンの殺人ゲームをきっかけに筆を置いていたコーキは、「コーキの天使ちゃん」によって作家に復帰しました。

 

スロウハイツに新しい住人がやってきたことによって、仲間たちに変化が現れます。

44位:クリオネのしっぽ

「クリオネのしっぽ」の基本情報とあらすじ

クリオネのしっぽの単行本

不思議なタイトルの青春小説

出版日:2014年
出版社:講談社
著者:長崎夏海
受賞歴:第30回坪田譲治文学賞受賞

クリオネのしっぽの表紙

あらすじは?

中学二年生の美羽は、ある出来事から学校の中で浮いてしまい、他人と距離を置いています。

 

そこにヤンキーな幸栄が転校してきて、二人は次第に交流を深めていきます。

 

周りの人々と関わっていく中で、自分以外の広い世界に目を向けて成長していく美羽の姿を描いた青春小説です。

43位:少年少女飛行倶楽部

「少年少女飛行倶楽部」の基本情報とあらすじ

少年少女飛行倶楽部の文庫表紙

明るく楽しく読める青春小説

出版日:2009年4月
出版社:文藝春秋
著者:加納朋子
受賞歴:第25回坪田譲治文学賞候補

少年少女飛行倶楽部の単行本表紙

あらすじは?

「飛行クラブ」に入部した中学一年生の海月と樹絵里は、変わり者が集まったメンバーたちと熱気球で空を飛ぶことを目指します。

 

とにかく明るく楽しい雰囲気の青春小説が読みたいという人に、ぜひおすすめの一冊です。

42位:太陽がイッパイいっぱい

「太陽がイッパイいっぱい」の基本情報とあらすじ

太陽がイッパイいっぱいの文庫表紙

三羽省吾のデビュー作

出版日:2002年11月
出版社:新潮社
著者:三羽省吾
受賞歴:第8回小説新潮長編新人賞、第5回酒飲み書店員大賞受賞

太陽がイッパイいっぱいの表紙

あらすじは?

主人公のイズミは、偶然出会ったマルヤマ親方に誘われて、解体作業のアルバイトを始めます。

 

解体現場の仲間は、坊主の巨漢マッチョのカン、赤面症の美少年のクドウなど、個性豊かなメンバーが集まっています。

 

仲間たちと交流しながら、力強く成長していく主人公の姿を描いた青春小説です。

41位:青森ドロップキッカーズ

「青森ドロップキッカーズ」の基本情報とあらすじ

青森ドロップキッカーズ

青森三部作の一つ

出版日:2010年2月
出版社:小学館
著者:森沢明夫
受賞歴:特になし

カーリングという珍しいスポーツを題材にしている友情青春小説です。カーリングについての知識が無くても、物語の中で主人公と一緒に一からカーリングを知っていけるので、難しくなく読むことが出来ます。

青森ドロップキッカーズの文庫表紙

あらすじは?

いじめられっ子だった中学生の宏海は、個性豊かな同級生の雄大、柚果、陽香と出会い、カーリングに打ち込んでいきます。

 

友情で結ばれた仲間たちと目標に向かっていく姿が感動的な、王道の青春小説です。

40位:バッテリー

「バッテリー」の基本情報とあらすじ

バッテリーの文庫表紙

泣けるスポーツ青春小説

出版日:1996年10月
出版社:角川書店
著者:あさのあつこ
受賞歴:第35回野間児童文芸賞受賞

バッテリーの実写映画化

あらすじは?

才能と自信を持ったピッチャーの原田巧は、岡山県新田市に引っ越してきてキャッチャーの永倉豪に出会います。

 

互いの実力を認め合い、信頼関係で結ばれた二人は、最高のバッテリーとして野球に向き合っていきます。

 

友情で結ばれた関係に、スポーツを通した様々な葛藤が絡み合って、熱くなって物語に引き込まれる名作です。

39位:夜は短し歩けよ乙女

「夜は短し歩けよ乙女」の基本情報とあらすじ

夜は短し歩けよ乙女の表紙

映画にもなったベストセラー小説

出版日:2006年11月29日
出版社:角川書店
著者:森見登美彦
受賞歴:第20回山本周五郎賞受賞、2007年本屋大賞2位、第137回直木賞候補

アニメ映画化された作品は、第41回オタワ国際アニメーションフェスティバル長編部門でグランプリ、第41回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞しました。

夜は短し歩けよ乙女の劇場アニメ

あらすじは?

主人公の青年は、後輩の「黒髪の乙女」に恋をし、なるべく彼女の目に留まるようにしようと、日々彼女を追いかけています。

 

美しい京都で繰り広げられるダメダメな恋愛模様に、初々しい学生時代を思い出すような青春恋愛ファンタジー小説です。

38位:4TEEN

「4TEEN」の基本情報とあらすじ

4TEENの実写化

少年たちの短編集

出版日:2003年5月22日
出版社:新潮社
著者:石田衣良
受賞歴:第129回直木賞受賞

4TEENの表紙

あらすじは?

中学2年生の4人の少年たちが、友情や恋愛、暴力や死など様々なことを考え、感じながら成長する姿を描いています。

 

「びっくりプレゼント」「月の草」「飛ぶ少年」「空色の自転車」など様々な短編が収録されています。

37位:雨の降る日は学校に行かない

「雨の降る日は学校に行かない」の基本情報とあらすじ

雨の降る日は学校に行かないの帯

学生の揺れ動く心を綴った青春小説

出版日:2014年3月
出版社:集英社
著者:相沢沙呼
受賞歴:特になし

雨の降る日は学校に行かないの表紙

あらすじは?

6編の短編集で、どの作品も不安や葛藤、コンプレックスに揺れ動く学生の気持ちを描いています。

 

「ねぇ、卵の殻が付いている」は、教室に居場所がないと感じている女の子たちの物語です。

 

他に「好きな人のいない教室」「死にたいノート」「プリーツ・カースト」「放課後のピント合わせ」「雨の降る日は学校に行かない」が収録されています。

36位:反乱のボヤージュ

「反乱のボヤージュ」の基本情報とあらすじ

反乱のボヤージュの表紙

大学学生寮を舞台にした青春小説

出版日:2001年4月
出版社:集英社
著者:野沢尚
受賞歴:特になし

青春小説のおすすめランキング第36位は、野沢尚の「反乱のボヤージュ」です。若者が集まった学生寮の雰囲気や人間関係の様子が分かりやすく描かれていて、人間模様を楽しんで読めるのでおすすめです。

反乱のボヤージュの単行本表紙

あらすじは?

ある大学の学生寮が廃止されるということになり、学生たちは大学側の決定に反発します。

 

大学側からやってきた舎監と、寮を存続させようとする学生の攻防、そして心の交流を描いています。

35位:2005年のロケットボーイズ

「2005年のロケットボーイズ」の基本情報とあらすじ

2005年のロケットボーイズの表紙

人工衛星を作る高校生の物語

出版日:2005年8月5日
出版社:双葉社
著者:五十嵐貴久
受賞歴:特になし

青春小説のおすすめランキング第35位は、五十嵐貴久の「2005年のロケットボーイズ」です。「ロケットボーイズ」というタイトルで、テレビドラマ化もされています。

2005年のロケットボーイズの文庫表紙

あらすじは?

交通事故によって志望校を受験できなかった梶屋は、かろうじて受験できた工業高校に進学します。

 

ダラダラと遊んで過ごして退学させられそうになった梶屋は、それを免れる代わりに小型の人工衛星を作るという役割を与えられます。仲間と協力して一つのものを作り上げていく、友情青春物語です。

34位:横道世之介

「横道世之介」の基本情報とあらすじ

横道世之介の表紙

バブル期の東京を舞台にした青春小説

出版日:2009年9月16日
出版社:毎日新聞社
著者:吉田修一
受賞歴:2010年度柴田錬三郎賞受賞、本屋大賞3位

青春小説のおすすめランキング第34位は、吉田修一の「横道世之介」です。主人公の世之介が持つ雰囲気と、物語全体に流れる空気がとても優しい小説です。高良健吾と吉高由里子が出演して実写映画化もされました。

横道世之介の映画化

あらすじは?

主人公の横道世之介は、大学に進学するために長崎から上京してきます。

 

一緒にサンバサークルに入る友人や、同じアパートの住人、一目惚れした年上の女性など、様々な人と出会う世之介の生活を描いています。

 

横道世之介との出会いが、様々な人の人生に温かい影響を与えていきます。

33位:か「」く「」し「」ご「」と「」

「か「」く「」し「」ご「」と「」の基本情報とあらすじ

か「」く「」し「」ご「」と「の帯

ユニークなタイトルが印象的

出版日:2017年3月22日
出版社:新潮社
著者:住野よる
受賞歴:特になし

青春小説のおすすめランキング第33位は、住野よるの「かくしごと」です。実際のタイトルの表記は鍵括弧が一文字ごとに挟まれていて、ユニークです。5章に分かれて5人の登場人物の視点から書かれていて、章のタイトルもそれぞれ記号で個性的な表記になっています。

か「」く「」し「」ご「」と「の表紙

あらすじは?

京、ミッキー、パラ、ヅカ、エルの5人の高校生は、人の心が見えるという不思議な能力を持っています。

 

人の心のプラスマイナスが見えたり、喜怒哀楽の記号が見えたり、恋心の矢印が見えたりと、その能力はそれぞれ違っています。

 

隠し事を共有した5人の仲間が、互いに心を通わせながら青春時代を過ごします。

32位:レボリューションNo.3

「レボリューションNo.3」の基本情報とあらすじ

レボリューションNo.3の新装決定版

コミカルで元気が出る青春小説

出版日:2008年9月25日
出版社:角川文庫
著者:金城一紀
受賞歴:小説現代新人賞受賞

青春小説のおすすめランキング第32位は、金城一紀の「レボリューションNo.3」です。読んでいて元気が出るような笑える青春小説なので、泣ける系の青春小説を続けて読んだ人には、ぜひこちらをおすすめします。

レボリューションNo.3の表紙

あらすじは?

落ちこぼれな男子高校生が、女子高の文化祭に行こうと奮闘するストーリーです。

 

男子高校生たちのバカバカしくも可愛らしい行動に、思わず笑ってしまいます。

 

感動系の泣ける青春小説も良いですが、若い時ならではの笑える小説もおすすめです。

31位:桐島、部活やめるってよ

「桐島、部活やめるってよ」の基本情報とあらすじ

桐島、部活やめるってよの表紙

原作も映画も大反響の人気作品

出版日:2010年2月5日
出版社:集英社
著者:朝井リョウ
受賞歴:第22回小説すばる新人賞受賞

青春小説のおすすめランキング第31位は、朝井リョウの「桐島、部活やめるってよ」です。高校生のリアルな感情を浮き彫りにするような小説で、学校という世界の中でも高校生の人間関係や、敏感な心の動きを生々しく感じます。

桐島、部活やめるってよの映画化

あらすじは?

「男子バレーボール部のキャプテンである桐島が部活を辞めるらしい」という噂をきっかけに、同級生たちに様々な変化が広がります。

 

桐島の恋人の梨沙や、親友の宏樹など、身近な人物さえ退部の理由を知りません。

 

じわじわと崩壊するように変化していく人間関係と、交差するそれぞれの心理が描かれます。

5編のオムニバス形式で、各ストーリーの主となる人物の悩みにスポットが当たります。他のストーリーでは分からない本心が、オムニバスで明らかにされ、5日間をかけて桐島を取り巻く出来事を追いかけていきます。実写化された映画も、日本アカデミー賞など様々な賞を受賞して注目されました。

青春小説おすすめランキング30位~21位

読書をする手元

泣ける青春小説も沢山

ここからは、30位から21位にランクインした青春小説です。アニメや実写映画になったものなど、話題の作品も登場します。

30位:屋上ミサイル

「屋上ミサイル」の基本情報とあらすじ

屋上ミサイル上巻の表紙

人気の青春ミステリー

出版日:2012年5月
出版社:宝島社
著者:山下貴光
受賞歴:第7回「このミステリーがすごい!」大賞受賞

青春小説のおすすめランキング第30位は、山下貴光の「屋上ミサイル」です。2012年にはドラマ化され、続編の「屋上ミサイル~謎のメッセージ」も発売されました。

屋上ミサイル謎のメッセージ

あらすじは?

デザイン科のアカネ、不良の嘉人、恋に一途な淳之介、バンドマンの啓太の4人は、屋上で出会って「屋上部」を結成します。

 

屋上部の4人は、屋上の平和を守るために様々な事件を解決していきます。笑いあり涙ありの青春小説です。

29位:もういちど生まれる

「もういちど生まれる」の基本情報とあらすじ

もういちど生まれるの写真表紙

それぞれの若者が抱える不安や焦り

出版日:2014年4月10日
出版社:幻冬舎
著者:朝井リョウ
受賞歴:第147回直木三十五賞候補

青春小説のおすすめランキング第29位は、朝井リョウの「もういちど生まれる」です。朝井リョウの青春小説には定評があり、他の作品もいくつかランキングに入っています。

もういちど生まれるの表紙

あらすじは?

様々な境遇に置かれた若者たちが、それぞれに一歩を踏み出そうとする姿を描いています。

 

汐梨は、彼氏がいるにも関わらず他の人から好意を寄せられます。

 

美人の双子の姉を嫌う梢、自分の才能に自信を持てずにダンスを続ける遥、バイトを転々として続かない翔多など、様々なキャラクターの思いが交差します。

28位:ボックス!

「ボックス!」の基本情報とあらすじ

ボックス!の上下巻

ボクシングのスポーツ青春小説

出版日:2008年6月19日
出版社:太田出版
著者:百田尚樹
受賞歴:特になし

青春小説のおすすめランキング第28位は、百田尚樹の「ボックス!」です。ボクシングという珍しい題材が面白く、市原隼人主演で実写化された映画もおすすめです。

ボックス!の表紙

あらすじは?

ボクシングで天才的な実力を持つ義平と、勉強は得意でも運動は苦手な優紀は、正確が対照的な幼馴染です。

 

二人は高校のボクシング部に入部し、それぞれの目標に向かって努力を重ねます。

 

友情関係でありながら、ライバルとしても熱くぶつかっていく二人の姿に胸を打たれる青春小説です。

27位:言の葉の庭

「言の葉の庭」の基本情報とあらすじ

言の葉の庭の表紙

映画よりも詳しく描かれる世界観

出版日:2014年4月
出版社:角川書店
著者:新海誠
受賞歴:特になし

青春小説のおすすめランキング第27位は、新海誠監督の劇場アニメ「言の葉の庭」の小説版で、映画では描かれていないキャラクターの背景や心情まで描かれていて味わい深い作品です。映画を見て感動した人は、ぜひ小説も読んでみることをおすすめします。

言の葉の庭の劇場アニメ

あらすじは?

靴職人になるという夢を持つ高校生のタカオは、ある雨の日に学校をサボり、庭園で靴のデザインを考えていました。

 

そして、年上の女性ユキノに出会います。ユキノに既視感を覚えたタカオに、ユキノはある短歌を言い残します。

 

雨の日の午前だけ二人で会うようになったタカオとユキノは、互いに交流を深めていきます。

26位:69sixty nine

「69sixty nine」の基本情報とあらすじ

69sixty nineの実写化

映画化作品も話題に

出版日:1987年
出版社:集英社
著者:村上龍
受賞歴:特になし

青春小説のおすすめランキング第26位は、村上龍の「69sixty nine」です。原作小説も面白いですし、2004年に実写化された映画も、脚本宮藤官九郎、主演妻夫木聡と豪華な顔ぶれで注目されました。

69sixty nineの表紙

あらすじは?

まだ学生運動が盛んにおこなわれていた1969年の佐世保が舞台です。

 

主人公のケンは高校三年生で、友人のアダマと共に校内の全共闘を巻き込み、高校をバリケード封鎖しようとします。

 

停学処分のペナルティを受けたケン達でしたが、その後もエネルギッシュな行動力でコミカルな青春生活を繰り広げます。

25位:退出ゲーム

「退出ゲーム」の基本情報とあらすじ

退出ゲームの表紙

人気の推理小説シリーズ

出版日:2010年7月24日
出版社:角川文庫
著者:初野晴
受賞歴:特になし

青春小説のおすすめランキング第25位は、初野晴の「退出ゲーム」です。青春ミステリーの「ハルチカシリーズ」の第一弾で、コメディー要素もミステリー要素も入った面白い青春小説です。

退出ゲームの写真表紙

あらすじは?

幼馴染のチカとハルタは、弱小の吹奏楽部で、吹奏楽の甲子園といわれる「普門館」を目指しています。

 

単純な吹奏楽部の話ではなく、科学部から劇薬が盗まれる事件や、全ての面が白い謎のルービックキューブなど、様々な出来事が発生します。

 

コミカルながらミステリーもよく出来ているので、青春小説もミステリー小説も一緒に楽しめるような名作です。

24位:翼はいつまでも

「翼はいつまでも」の基本情報とあらすじ

翼はいつまでもの表紙

中学生のキラキラした青春

出版日:2001年
出版社:集英社
著者:川上健一
受賞歴:第17回坪田譲治文学賞受賞、本の雑誌が選ぶ2001年度ベスト1

青春小説のおすすめランキング第24位は、川上健一の「翼はいつまでも」です。中学生の友情や初々しい恋愛など、ピュアな青春に胸を打たれるおすすめ小説です。

翼はいつまでもの文庫表紙

あらすじは?

主人公の神山は、青森県の中学三年生です。野球部では補欠で平凡な男の子ですが、ある日ビートルズの歌をクラスで歌い、友人からの注目を集めます。

 

青春時代に音楽に感銘を受けた経験がある人は多いでしょう。

 

音楽や、友情、恋愛、誰もが胸を熱くしてしまうような要素が沢山詰まった青春小説です。

23位:チア男子!!

「チア男子!!」の基本情報とあらすじ

チア男子!!のアニメ

実在の男子チアチームがモデル

出版日:2010年10月5日
出版社:集英社
著者:朝井リョウ
受賞歴:特になし

青春小説のおすすめランキング第23位は、朝井リョウの「チア男子!!」です。作者の母校である早稲田大学の男子チアリーディングチーム「SHOCKERS」がモデルになっていて、漫画、アニメ、映画と様々な媒体で作品が作られています。

チア男子!!の表紙

あらすじは?

幼い頃から柔道に打ち込んできた主人公の晴希は、怪我をきっかけに柔道部を退部し、友人と共に男子チアリーディング部に入ることになります。

 

個性的なメンバーと共に初舞台を迎え、全国選手権に向けてさらに練習を重ねていきます。

 

登場人物たちの人間関係や心理描写が丁寧で、感情移入して楽しめる物語です。

22位:ミュージック・ブレス・ユー!!

「ミュージック・ブレス・ユー!!」の基本情報とあらすじ

ミュージック・ブレス・ユーの単行本

リズム感のある文体

出版日:2008年6月
出版社:角川書店
著者:津村記子
受賞歴:第30回野間文芸新人賞受賞

青春小説のおすすめランキング第22位は、津村記久子の「ミュージック・ブレス・ユー!!」です。音楽に打ち込む主人公の青春をエネルギッシュに描いた作品で、読後の余韻も心地良いおすすめの一冊です。

ミュージック・ブレス・ユーの表紙

あらすじは?

高校三年生のアザミは、何よりもパンクロックな音楽を愛し、音楽に打ち込んでいます。

 

将来への不安や、10代特有の葛藤が渦巻くストーリーですが、最後には少し希望が見えるような素敵な物語です。

21位:疾風ガール

「疾風ガール」の基本情報とあらすじ

疾風ガールの表紙

人気の柏木夏美シリーズ

出版日:2005年9月29日
出版社:新潮社
著者:誉田哲也
受賞歴:特になし

青春小説のおすすめランキング第21位は、誉田哲也の「疾風ガール」です。柏木夏美シリーズとして、続編の「ガール・ミーツ・ガール」とともに人気の高い作品ですので、ぜひどちらも読むことをおすすめします。

疾風ガールの写真表紙

あらすじは?

主人公の柏木夏美は19歳で、ペルソナ・パラノイアというロックバンドのギタリストです。

 

人の目を引くルックスとギターの腕前でメジャーデビューを掴みかけていた矢先、夏美の憧れのボーカリストが不審な自殺を遂げます。

 

夏美は、その死の真相を追うべく旅に出ます。タイトルの通り、疾走感のある物語に引き込まれます。

青春小説おすすめランキング20位~11位

図書館で読書する人

実写映画も話題

ここからは、20位から11位の作品です。TOP10には入りませんでしたが、多くの人から高評価を受ける感動作が沢山ランクインしています。

20位:あと少し、もう少し

「あと少し、もう少し」の基本情報とあらすじ

あと少し、もう少しのイラスト表紙

駅伝に挑戦する中学生たち

出版日:2015年3月28日
出版社:新潮社
著者:瀬尾まいこ
受賞歴:特になし

青春小説のおすすめランキング第20位は、瀬尾まいこの「あと少し、もう少し」です。作者は、中学校で国語教師として9年間勤めていた経験があり、そんな経歴ならではの中学生の描写が感じられます。

あと少し、もう少しの表紙

あらすじは?

廃部寸前の中学の陸上部で、何とかメンバーを集めて駅伝に出場しようと奮闘する物語です。

 

駅伝なのに吹奏楽部の生徒がいたり、不良がいたり、クセのあるメンバーが仲間になり、一緒に成長していきます。

 

それぞれのキャラクターの思いと、周りが見ている姿にギャップがあり、それでも仲間としてタスキをつなぐ姿に感動します。

19位:君の膵臓をたべたい

「君の膵臓をたべたい」の基本情報とあらすじ

君の膵臓をたべたいの実写化

大ヒットした住野よるのデビュー作

出版日:2015年6月19日
出版社:双葉社
著者:住野よる
受賞歴:2016年本屋大賞第2位

青春小説のおすすめランキング第19位は、住野よるの「君の膵臓をたべたい」です。その衝撃的なタイトルが話題になり、ストーリーも「泣ける」「最後の展開が面白い」と評判です。

君の膵臓をたべたいの表紙

あらすじは?

主人公の「僕」は、病院で偶然「共病文庫」と書かれた本を拾います。その本は、同級生の桜良が書いた秘密の日記でした。

 

桜良は実は膵臓の病気によって余命宣告を受けていて、日記を見たことをきっかけに僕は「死ぬ前にやりたいこと」に付き合うことになります。

 

性格の全く異なる僕と桜良は、互いに心を通わせながら成長していきます。

18位:鴨川ホルモー

「鴨川ホルモー」の基本情報とあらすじ

鴨川ホルモーの実写化

本屋大賞の候補にもなったデビュー作

出版日:2006年4月19日
出版社:産業編集センター
著者:万城目学
受賞歴:第4回ボイルドエッグズ新人賞受賞

青春小説のおすすめランキング第18位は、万城目学のデビュー作である「鴨川ホルモー」です。山田孝之主演で実写化された映画もかなりインパクトがあり、原作小説と合わせてどちらもおすすめです。

鴨川ホルモーの表紙

あらすじは?

京都大学に入学した主人公の安倍は、「京大青竜会」というサークルの新歓コンパで出会った京子に一目惚れし、入会を決めます。

 

実は、青竜会は鬼や式神を使う「ホルモー」という謎の競技で戦うサークルで、安倍たちメンバーはホルモーの世界に引き込まれていきます。

 

友情や恋愛など日常的な学生の青春と、異世界の不思議な物語が合わさった、面白いおすすめ青春小説です。

17位:少女は卒業しない

「少女は卒業しない」の基本情報とあらすじ

少女は卒業しないのサイン本

高校の卒業式の一日に感動

出版日:2015年2月20日
出版社:集英社
著者:朝井リョウ
受賞歴:特になし

青春小説のおすすめランキング第17位は、朝井リョウの「少女は卒業しない」です。高校の卒業式という、誰にとってもセンチメンタルで感動的な一日を、7人の女の子の視点で描いた連作短編集です。長編はハードルが高いという人でも、短編なら気軽に読みやすくておすすめです。

少女は卒業しないの表紙

あらすじは?

明日には校舎が取り壊されると決まっている高校で、卒業式の一日を描いています。

 

7人の少女が、自分の青春の思い出が詰まった学校と別れる切なさを感じ、それぞれに個性的な視点で語ります。

 

今まで当たり前だと思っていた日常や、大切にしていたものと別れるという、複雑で寂しい心情を、繊細に描写しています。

16位:トリガール!

「トリガール!」の基本情報とあらすじ

トリガール!の表紙

鳥人間コンテストが小説に

出版日:2012年8月10日
出版社:角川マガジンズ
著者:中村航
受賞歴:特になし

青春小説のおすすめランキング第16位の「トリガール!」は、作者の中村航の母校である芝浦工業大学をモデルにして、鳥人間コンテスト選手権大会に挑戦する大学生たちの青春を描いた作品です。土屋太鳳主演で実写映画化された作品も注目されました。

トリガール!の映画

あらすじは?

主人公のゆきなは、入学した理系大学で先輩の高橋に一目惚れし、誘われるがままに人力飛行サークルに入部します。

 

それは鳥人間コンテストへの出場を目指すサークルで、ゆきなは不本意ながらヤンキーな先輩の坂場とパートナーを組むことになります。

 

読書の習慣がない人でも比較的読みやすい文体なので、気軽に読める青春小説をお探しの方におすすめです。

15位:青が散る

「青が散る」の基本情報とあらすじ

青が散るの表紙

長く愛読される青春小説

出版日:1982年10月25日
出版社:文藝春秋
著者:宮本輝
受賞歴:特になし

青春小説のおすすめランキング第15位は、宮本輝の「青が散る」です。1978年に文藝春秋で連載されて以来、単行本、文庫化されて長く多くのファンに愛読されてきた名作青春小説です。キラキラ輝く学生の青春だけでなく、影を感じるような心の闇も描いた奥深い作品です。

青が散るのドラマシナリオ

あらすじは?

主人公の燎平は、大学に入学してすぐに出会った同級生の夏子に一目惚れします。

 

友人に誘われてテニス部を設立した燎平は、テニスコートも一から作り、様々なメンバーを集めて活動を始めます。

 

テニスに情熱を燃やす大学の学生生活の中で、友情や恋愛の喪失や葛藤に直面する青春時代を描いています。

14位:いちご同盟

「いちご同盟」の基本情報とあらすじ

いちご同盟の文庫本

「いちご」は十五歳を表す

出版日:1991年10月18日
出版社:集英社
著者:三田誠広
受賞歴:特になし

青春小説のおすすめランキング第14位は、三田誠広の「いちご同盟」です。「いちご」は「苺」ではなく「十五歳」という登場人物の年齢を表していて、その年齢ならではの繊細な心の動きを描いています。明るくて爽やかな青春小説とは一味違い、友情と死というシリアスなテーマを十五歳というピュアな視点で描いています。

いちご同盟の表紙

あらすじは?

主人公の北沢良一は、ピアノのレッスンを日課にしている中学三年生の少年です。

 

同年代の少年の自殺など、厭世観を持って生と死について考えている良一は、友人の徹也を通して、腫瘍で入院している直美の存在を知ります。

 

良一は、病気に負けずに生きようとする直美の姿を見て、それまで持っていた人生観を変えていきます。

13位:ガールズ・ブルー

「ガールズ・ブルー」の基本情報とあらすじ

ガールズ・ブルーの表紙

17歳の女の子の青春

出版日:2006年11月10日
出版社:文藝春秋
著者:あさのあつこ
受賞歴:特になし

 

青春小説のおすすめランキング第13位は、あさのあつこの「ガールズ・ブルー」です。あさのあつこは青春小説の女王という異名を取るほど、学生の青春物語で多くの名作を生み出しています。「ガールズ・ブルー」は、女子高生のひと夏を描いた作品で、ぐっと胸を掴まれるようなセリフが沢山出てきます。

ガールズ・ブルー2の表紙

あらすじは?

「地域のダストボックス」と呼ばれる落ちこぼれ高校に通う、理穂、美咲、如月の三人は幼馴染です。

 

17歳の誕生日目前に彼氏に降られた理穂、体が弱く入退院を繰り返す美咲、優秀な兄と比べられて劣等感を持つ如月と、それぞれに葛藤を抱えています。

 

それぞれのスタイルで自分を愛し、葛藤に立ち向かっていく少女たちの姿に胸を打たれる青春小説です。

12位:武士道シックスティーン

「武士道シックスティーン」の基本情報とあらすじ

武士道シックスティーンの表紙

続編も人気な青春小説

出版日:2007年7月25日
出版社:文藝春秋
著者:誉田哲也
受賞歴:特になし

青春小説のおすすめランキング第12位は、誉田哲也の「武士道シックスティーン」です。剣道に打ち込む二人の女子高生の物語で、主人公の成長と共に「武士道セブンティーン」「武士道エイティーン」「武士道ジェネレーション」と続編も執筆されています。

武士道シックスティーンの映画

あらすじは?

全てを剣道にかけてきたエリート選手の香織は、中学最後の大会で早苗に敗れます。

 

早苗は、日本舞踊から剣道に転向し、マイペースに剣道を楽しんでいる無名の選手でした。二人は、同じ高校に入学して再会します。

 

対照的な性格の香織と早苗は、反発しながらも互いを尊重し合い、成長していきます。

二人の信念や心の動きが、とても丁寧に描写されています。また、剣道の場面の描写は目の前で人物が動いているかのような勢いを感じさせるので、引き込まれてどんどん読んでしまいます。成海璃子と北乃きいのダブル主演で映画化された劇場版もおすすめです。

11位:キケン

「キケン」の基本情報とあらすじ

キケンのイラスト

人気作家の有川浩の話題作

出版日:2013年6月26日
出版社:新潮社
著者:有川浩
受賞歴:特になし

青春小説のおすすめランキング第11位の「キケン」は、「図書館戦争」や「植物図鑑」など数々の人気作品で知られる有川浩の話題作です。笑えるドタバタ劇に夢中になってしまう青春小説です。

キケンの表紙

あらすじは?

通称「キケン」と呼ばれる機械制御研究部という大学サークルには、個性豊かな部員が集まっています。

 

新入生の元山は、友人と共に部長にサークルへと引きずり込まれ、犯罪と紙一重の実験や、驚くような危険な行為に振り回されます。

 

理系男子が全力でバカバカしいことに挑戦している姿が清々しく、ユニークな青春物語を楽しめます。

青春小説おすすめランキング10位~4位

本とメガネ

TOP10がスタート

ここからはTOP10に入ります。感動の名作が揃うランキングの中でも、特に人気の高い泣ける青春小説が並んでいます。

10位:DIVE!!

「DIVE!!」の基本情報とあらすじ

DIVE!!の表紙

漫画や映画にもなっている人気作品

出版日:2000年4月から全4巻刊行
出版社:講談社
著者:森絵都
受賞歴:特になし

青春小説のおすすめランキング第10位は、森絵都の「DIVE!!」です。水泳の飛び込み競技という珍しい題材で、舞台や映画化もされている人気作品です。飛び込む前の緊張感やハラハラする試合展開に、思わず引き込まれてしまいます。

DIVE!!のアニメ

あらすじは?

主人公の知季は、ダイビングクラブで飛び込み競技に打ち込む中学生です。ある日、クラブの経営難に際して新しいコーチが現れます。

 

次のオリンピックで、日本代表に入る選手をクラブから送り出すことが出来れば、クラブが存続するということになり、選考会に向けての厳しい練習が始まります。

9位:風が強く吹いている

「風が強く吹いている」の基本情報とあらすじ

風が強く吹いているのアニメ

映画化もされた感動作品

出版日:2006年9月21日
出版社:新潮社
著者:三浦しをん
受賞歴:2010年第1回ブクログ対象文庫本部門受賞

青春小説のおすすめランキング第9位は、三浦しをんの「風が強く吹いている」です。原作小説から漫画化、ラジオドラマ化され、舞台化、そして2009年秋には人気俳優の小出恵介と林遣都を主演に映画化されました。映画化作品は、第31回ヨコハマ映画祭で新人監督賞と審査員特別賞を受賞し、高く評価されています。

風が強く吹いているの表紙

あらすじは?

天才ランナーでありながら自分の不祥事によって部活を辞めされられたカケルは、偶然出会ったハイジに誘われて学生寮アオタケに集います。

 

単なる学生寮だと思われたアオタケは、実はハイジが箱根駅伝を目指すためにメンバーを集めた練習所で、カケルは不本意ながら箱根駅伝を目指すことになります。

陸上とは無縁だった個性豊かなメンバー達が、駅伝への情熱を持つようになり、仲間とタスキをつなぐことに全てをかける姿が泣ける名作です。読みながら、自分も一緒に走っているかのように感情移入してしまうおすすめ青春小説です。

8位:階段途中のビッグ・ノイズ

「階段途中のビッグ・ノイズ」の基本情報とあらすじ

階段途中のビッグ・ノイズのコミック版

軽音にかける男子高校生の青春

出版日:2006年10月25日
出版社:幻冬舎
著者:越谷オサム
受賞歴:特になし

青春小説のおすすめランキング第8位は、越谷オサムの「階段途中のビッグ・ノイズ」です。小説も人気が高いですし、漫画化された作品もおすすめです。友情に恋愛に、学生の青春時代の要素が詰まっていて、多くの人が感動できる青春小説です。

階段途中のビッグ・ノイズの表紙

あらすじは?

主人公の啓人が所属する軽音楽部が、先輩の不祥事によって廃部の危機になってしまいます。

 

そこで、幽霊部員だった伸太郎と校長先生と交渉し、ある条件を満たせば軽音楽部を存続させるという約束をします。

 

啓人と伸太郎は、軽音楽部の存続のために文化祭でのライブに挑戦します。高校生の生き生きとした疾走感を感じる小説です。

7位:春や春

「春や春」の基本情報とあらすじ

春や春の表紙

俳句を題材にした青春小説

出版日:2015年5月
出版社:光文社
著者:森谷明子
受賞歴:特になし

青春小説のおすすめランキング第7位は、森谷明子の「春や春」です。十七音という少ない文字数で美しい情景や感情を詠む俳句にエネルギーを注ぐ、女子高生たちの青春に思わず熱くなってしまう名作です。

春や春イラストの表紙

あらすじは?

主人公の茜は、国語の教師との対立をきっかけに、俳句甲子園への出場を目指すことになります。

 

友人の東子、冴えた音感を持つ理香、弁の立つ夏樹など、個性的な仲間が集まって、同好会の立ち上げから互いに助け合って俳句甲子園を目指します。

6位:砂漠

「砂漠」の基本情報とあらすじ

砂漠の表紙

大学生の男女の成長物語

出版日:2005年12月
出版社:実業之日本社、新潮社
著者:伊坂幸太郎
受賞歴:なし

青春小説のおすすめランキング第6位は、伊坂幸太郎の「砂漠」です。このランキングでは中高生を主人公にした作品が多く登場していますが、こちらの作品は大学生の物語です。大学生ならではの、モラトリアム時代の悩みや不安が表現され、学生時代の青春の思い出が蘇るような名作です。

ハードカバー砂漠の表紙

あらすじは?

北村、鳥井、西島、東堂、南の男女5人は大学で出会います。

 

そして、ボウリングや合コン、麻雀など大学生の遊び、通り魔犯撃退や犬の救出、超能力対決など奇想天外な出来事を通して、絆を深めながら成長していきます。

 

冷めた性格の北村、女好きな鳥井、独特な正義感を持つ西村、クールな美女の東堂、シャイで不思議な力を持った南と、個性的なキャラクターが面白いです。

5位:くちびるに歌を

「くちびるに歌を」の基本情報とあらすじ

映画化されたくちびるに歌を

ドキュメンタリーを小説化

出版日:2011年11月24日
出版社:小学館
著者:中田永一
受賞歴:第8回東京新聞映画賞(映画化作品で受賞)

青春小説のおすすめランキング第5位は、中田永一の「くちびるに歌を」です。この小説は、人気歌手アンジェラ・アキのドキュメンタリー番組を原案として小説化された作品です。アンジェラ・アキの「手紙~拝啓、十五の君へ~」は、NHK全国学校音楽コンクールの課題曲として多くの学生に歌われ、青春時代を象徴する泣ける名曲として愛されています。

くちびるに歌をの表紙

あらすじは?

主人公の柏木ユリは、産休に入る友人の代わりに、長崎県の五島列島にある中学校で合唱部の顧問を務めることになります。

 

女子部員と男子部員の対立が深まる中、ユリは合唱部を混声でNHK全国学校音楽コンクール長崎県大会に出場させることにします。

 

課題曲は「手紙~拝啓、十五の君へ~」ということで、生徒たちは15年後の自分への手紙を書き、これをきっかけにそれぞれの心情が見えてきます。

4位:夜のピクニック

「夜のピクニック」の基本情報とあらすじ

夜のピクニックの表紙

本屋大賞を獲得した話題作

出版日:2004年7月30日
出版社:新潮社
著者:恩田陸
受賞歴:第2回本屋大賞受賞、第26回吉川英治文学新人賞受賞

青春小説のおすすめランキング第4位は、恩田陸の「夜のピクニック」です。作者の母校の茨城県立水戸第一高等学校で実際に行われている「歩く会」という行事をモデルにした作品です。小説は本屋大賞を受賞し、2006年には多部未華子や石田卓也など注目の若手俳優を起用して映画化もされました。

夜のピクニックの映画

あらすじは?

主人公の貴子は、全校生徒が24時間をかけて80キロの道のりを歩く「歩行祭」という高校の伝統行事に、賭けをすることに決めます。

 

クラスメイトの融に声を掛けるという賭けは、クラスメイトの誤解を招きますが、貴子にとっては別の意味がある挑戦でした。

 

ただ夜通し歩くという特殊な状況のなかで、高校生たちの揺れ動く気持ちが繊細に描かれた名作です。

青春小説おすすめランキング3位~1位

本のページをめくる手

さすがの名作揃い

青春小説のおすすめランキングTOP51の中で、栄えあるTOP3に輝いた作品を発表します。どの作品もとてもおすすめなので、未読の方はぜひ読んでみて下さい。

3位:一瞬の風になれ

「一瞬の風になれ」の基本情報とあらすじ

一瞬の風になれの全三巻

陸上競技にかける高校生の青春小説

出版日:2006年8月26日(第一部)、2006年9月22日(第二部)、2006年10月25日(第三部)
出版社:講談社
著者:佐藤多佳子
受賞歴:2007年本屋大賞受賞、吉川英治文学新人賞受賞

青春小説おすすめランキング第3位の「一瞬の風になれ」は、陸上競技に青春をかける高校生を描いた小説です。疾走感のある短距離走の情景描写に引き込まれ、つい熱くなってしまうような名作で、目標に向かって努力する姿やライバルとの葛藤が泣けると高評価な青春小説です。

一瞬の風になれの一巻

あらすじは?

主人公の神谷新二は、兄に憧れてやっていたサッカーを諦め、高校では陸上部で短距離走に打ち込むようになります。

 

「ターミネーター」と呼ばれるほどに練習に取り組む努力家な新二が、短距離で成長していく姿を描いています。

 

陸上選手としての成長だけでなく、思春期特有の様々な心の葛藤があり、人としても成長していく姿に胸が熱くなる名作です。

この小説は、神奈川県立麻溝台高等学校の陸上部がモデルになっていて、作者は3年近くの年月をかけて取材をして、作品執筆にあたったそうです。そのような丁寧な取材があったからこそ、陸上競技を通した高校生のリアルな心情が描かれ、多くの人の胸を打つ作品となったのでしょう。

ランキング第3位の口コミは?

こちらの口コミでは、登場人物が走っている風を一緒に感じられるという素敵な評価をされています。文章を読んでいてリアルな情景を浮かべることが出来たり、まるで自分が体験したかのように感情移入できることは、小説を読む醍醐味です。

「一瞬の風になれ」を何度も繰り返し読んでいるという口コミです。良質な作品は何度読んでも深い味わいがあり、その度に新たな考察で楽しめるものです。三部作という長編で繰り返し読まれるということで、作品がいかに魅力的かが伝わってきます。

2位:幕が上がる

「幕が上がる」の基本情報とあらすじ

幕が上がるの表紙

弱小演劇部の青春ストーリー

出版日:2012年11月8日
出版社:講談社
著者:平田オリザ
受賞歴:日本アカデミー賞、TSUTAYA映画ファン賞、報知映画賞(映画化作品で受賞)

青春小説のおすすめランキング第2位は、平田オリザの「幕が上がる」です。踊る大捜査線シリーズでお知られる本広克行監督によって映画化され、日本アカデミー賞、TSUTAYA映画ファン賞などを受賞しました。映画は、ももいろクローバーZのメンバーが出演して注目を集めましたが、原作小説もとてもおすすめです。

映画化された「幕が上がる」

あらすじは?

個性豊かなメンバーが集まる、とある高校の弱小演劇部に、新任教師の吉岡が表れます。

 

吉岡は、かつて「学生演劇の女王」と呼ばれた人物で、吉岡の一人芝居を観た衝撃をきっかけに、弱小演劇部の面々は全国大会への情熱を燃やし始めます。

 

演劇強豪校から転校してきた新たな部員と共に、演劇部な「銀河鉄道の夜」に挑戦します。

演劇部を題材にするという珍しい設定が面白く、すれ違ったり悩んだりしがちな女子高生たちが、演劇を通して心を通わせていくストーリーが感動的です。学生時代の純粋でひたむきな気持ちを思い出せるような、おすすめの青春小説です。映画しか見たことがないという人も、ぜひ読んでみましょう。

ランキング第2位の口コミは?

「幕が上がる」はももいろクローバーZ主演で映画化されたため、映画をきっかけにして小説を手に取ったという口コミがとても多いです。そして、「原作小説の方がもっと良かった」という高評価な口コミもとても多いです。映画しか見ていないという人は、ぜひ原作小説もおすすめします。

こちらは、自身が学生時代に演劇をやっていた人の口コミです。演劇はもちろん、それ以外の活動でも何か一生懸命に打ち込んだ経験がある人なら、きっと「幕が上がる」の登場人物たちの青春に胸打たれるでしょう。

1位:島はぼくらと

「島はぼくらと」の基本情報とあらすじ

海辺に置いた「島はぼくらと」

故郷をテーマにした高校生の青春小説

出版日:2013年6月5日
出版社:講談社
著者:辻村深月
受賞歴:第11回本屋大賞候補にノミネート

青春小説おすすめランキングで栄えある第1位となったのは、辻村深月の「島はぼくらと」です。瀬戸内海の島で暮らす高校生たちの、友情や恋愛、未来への揺れ動く気持ちを描いた青春小説で、島の平凡な日常の中に、キラリと光る青春の美しさを感じる名作です。

島はぼくらと表紙

あらすじは?

朱里、衣花、源樹、新の四人は、瀬戸内海の冴島に暮らす高校生で、島で唯一の同級生です。

 

本土の高校を卒業すると同時に島を出る彼らは、ある日見知らぬ青年と出会い、「幻の脚本」を探しているという話を聞きます。

 

不思議なミステリーと、恋愛や友情などの心理描写、そして青年期特有の不安など、誰しもが自分の青春時代を懐古して引き込まれる作品です。

表紙のイラストからも、爽やかな青春のイメージが伝わってきますが、小説の内容もとても美しく、島という独特の土地を舞台にしたストーリーがとても魅力的です。高校時代から時を経た大人にこそ読んでほしい、泣ける青春小説です。

ランキング第1位の口コミは?

「故郷」という存在は、土地であれ人であれ誰の中にもあるものなので、それをテーマにした作品ということで多くの人の胸に響くようです。口コミを見ると、大人の読者が過ぎた青春時代に重ね合わせて物語を味わっているという声がとても多いです。

辻村さんは青春モノの作品が多いですが、その中でもこの作品は口コミでの評価が特に高いです。高校生という多感で繊細な時期をテーマにした小説は、一層ドラマが複雑になり、胸に迫るような感動作が多いです。読後が爽やかだという口コミは、名作の青春小説ならではでしょう。

青春小説の基本的な書き方

青春の象徴的要素を入れる

手をつなぐ高校生

青春といえば?

感動の青春小説には、基本的な書き方のポイントがあります。

 

まず、青春といえば、中学や高校、大学など、学生時代を思い浮かべる人が多いでしょう。

そのため青春小説も、学生を主人公にすると書きやすいようです。また、友情や恋愛、スポーツなどは学生時代の少年少女にとって大きな存在なので、小説のテーマにも選びやすいです。その中で、人物の性格の対比を強調したり、ちょっとした変わった設定を入れると、面白い青春小説になっていきます。

青春小説おすすめランキング!のまとめ

空を眺める仲間たち

おすすめの名作ばかり

青春小説のおすすめランキング51選をご紹介しました。第1位は辻村深月の「島はぼくらと」でしたが、他の作品も名作ばかりです。

泣ける青春小説や明るく笑える青春小説など、様々なタイプの作品がありますので、ぜひ自分の好みに合いそうなものを読んでみましょう。

合わせて読みたい「小説」に関する記事はこちら

女性向け小説人気ランキングTOP15!ヒロインの恋愛や生き方に共感できる! | ランキングまとめメディア
感動小説おすすめランキングTOP55!1位の作品は?【2018年版】 | ランキングまとめメディア
恋愛小説おすすめランキング65選!大人向け泣ける名作【最新】 | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ