スタッドレスタイヤ比較おすすめランキングTOP17!メーカーの選び方は?

冬の雪道にスタッドレスタイヤは必需品です。スタッドレスタイヤにもサイズやメーカーなど色々とあり、それぞれを比較して選びたいものです。そこで、人気があるスタッドレスタイヤをおすすめランキングにて紹介します。ランキングでは選び方の参考になるように、それぞれの性能についても解説しています。おすすめランキングでスタッドレスタイヤを比較して、検討の参考にしてください。

目次

  1. スタッドレスタイヤ比較おすすめランキングTOP17!
  2. スタッドレスタイヤ比較おすすめランキング17位~11位
  3. スタッドレスタイヤ比較おすすめランキング10位~7位
  4. スタッドレスタイヤ比較おすすめランキング6位~4位
  5. スタッドレスタイヤ比較おすすめランキング3位~1位
  6. スタッドレスタイヤの燃費について!燃費は悪いの?
  7. スタッドレスタイヤでも滑る地面はある!状況判断を大切に
  8. スプレー式タイヤチェーンも持っておくと安心度アップ!
  9. スタッドレスタイヤの交換基準や交換時期について
  10. スタッドレスタイヤ比較おすすめランキング!のまとめ

スタッドレスタイヤ比較おすすめランキングTOP17!

人気メーカーのおすすめのスタッドレスタイヤ

車が並ぶ写真

冬には欠かせないスタッドレスタイヤ

冬の雪道においてドライビングを行うには、スタッドレスタイヤは欠かせません。スタッドレスタイヤには色々な種類が存在します。

そこで、人気なスタッドレスタイヤから、さらにおすすめのスタッドレスタイヤをランキングで紹介させて頂きます。最近では、海外メーカーのスタッドレスタイヤなど、価格的にも安いタイヤが多く見られるようになりました。ここでも、海外メーカーから国産メーカーまで、人気でおすすめのタイヤがランキングされています。

おすすめのスタッドレスタイヤの性能や選び方

サイズで選ぶ

スタッドレスタイヤの拡大写真

自分の車に合ったサイズのスタッドレスタイヤを選ぶ

スタッドレスタイヤを選ぶ時には、自分の車が推奨しているサイズのスタッドレスタイヤを選びましょう。

サイズが合っていないタイヤを履くと、車のふらつきの原因となってしまいます。また、メーカーそれぞれで特徴がありますので、それぞれの特徴を見極めて選ぶと良いでしょう。さらには、スタッドレスタイヤ毎に推奨している車種もあります。こうした情報を参考にしながら、スタッドレスタイヤを選ぶと間違いがなく、選べるでしょう。

スタッドレスタイヤ比較おすすめランキング17位~11位

雪国の様子

ランキングスタート!

それでは、スタッドレスタイヤ比較おすすめランキングをスタートします。人気でおすすめのスタッドレスばかりです。

ランキングでは、それぞれのスタッドレスタイヤの特徴についても触れています。スタッドレスタイヤを選ぶ時には参考になる情報ですから、ぜひ参考にして頂き、愛車に合わせたスタッドレスタイヤを選んでください。それでは、スタッドレスタイヤ比較おすすめランキングの17位から順番に紹介させて頂きます。

17位:ATRSPORT/ACWinter101

ATRSPORT/ACWinter101

スタッドレスタイヤ比較おすすめランキング17位の選び方に関わる性能

メーカー:ATRSPORT
モデル:ACWinter101
推奨車種:???
ホイールサイズ:15インチから18インチ
インチごとの扁平率(%):45~65

スタッドレスタイヤ比較おすすめランキング17位に選ばれたのは「ATRSPORT/ACWinter101」となりました。インドネシアのメーカーであるATRSPOTは、アジアのタイヤメーカーとして、急成長を見せているブランドです。日本でも徐々に知名度があがり、そのコスパから人気がジワリと上がり始めています。

「ATRSPORT/ACWinter101」の販売風景

スタッドレスタイヤ比較おすすめランキング17位の詳細

ATRSPORTはインドネシアのメーカーですから、亜熱帯地域という事で、スタッドレスタイヤには懐疑的な意見も聞こえてきます。

しかし、インドネシアでも標高の高い所では、例年積雪があるなど、冬の道路事情は日本とあまり変わりません。ですから、しっかりとしたスタッドレスタイヤの性能を保証してくれます。国産のスタッドレスタイヤに比べると、コストパフォーマンスは非常に優れており、決してあなどれない技術力は、今後も注目と言えます。

16位:NANKANG(ナンカン)/ESSN-1

NANKANG(ナンカン)/ESSN-1

スタッドレスタイヤ比較おすすめランキング16位の選び方に関わる性能

メーカー:NANKANG(ナンカン)
モデル:ESSN-1
推奨車種:???
ホイールサイズ:13インチから19インチ
インチごとの扁平率(%):13インチ/65~80、14インチ/55~80、15インチ/50~80、16インチ/50~80、17インチ/45~65、18インチ/40~45、19インチ/40~55

スタッドレスタイヤ比較おすすめランキング16位に選ばれたのは「NANKANG(ナンカン)/ESSN-1」という結果となりました。輸入のスタッドレスタイヤですが、コストパフォーマンスに優れたスタッドレスタイヤと人気があります。カーブや高速走行に対しても、しっかりとした吸着を発揮してくれるスタッドレスタイヤです。

「NANKANG(ナンカン)/ESSN-1」のアップ

スタッドレスタイヤ比較おすすめランキング16位の詳細

こちらのスタッドレスタイヤは、どんな環境にも対応する驚きの安定感がポイントです。雪面にしっかりとグリップしてくれるので安心です。

 

低価格でありながら、しっかりとしたブランド力が後押ししています。

日本ではあまり名前を聞きませんが、じつは創立50年という名門のタイヤメーカーとなります。ですから、その技術力と品質は多くの人気を集めているのが実情です。こちらのスタッドレスにトレッド面には天然カーネルパウダーが使用されていますので、冬のあらゆるコンディションに対応する事ができる人気でおすすめのタイヤです。

15位:MICHELIN(ミシェラン)/X-ICEXI3+

MICHELIN(ミシェラン)/X-ICEXI3+

スタッドレスタイヤ比較おすすめランキング15位の選び方に関わる性能

メーカー:MICHELIN(ミシェラン)
モデル:X-ICEXI3+
推奨車種:スポーツ、セダン、ステーションワゴン、ミニバン、コンパクト/ハイブリッド、SUV
ホイールサイズ:15インチから19インチ
インチごとの扁平率(%):15インチ/65、16インチ/55~65、17インチ/45~60、18インチ/45~60、19インチ/50~55

スタッドレスタイヤ比較おすすめランキング15位に選ばれたのは「MICHELIN(ミシェラン)/X-ICEXI3+」という結果となりました。凍った路面でもしっかりと止まるので、安心感に優れているスタッドレスタイヤです。最先端のコンパウンド「表面再生ゴム」がしっかりとしたブレーキングを実現しています。

「MICHELIN(ミシェラン)/X-ICEXI3+」の性能

スタッドレスタイヤ比較おすすめランキング15位の詳細

こちらのスタッドレスタイヤは、トリプル・エフェクト・ブロックという技術により、しっかりとしたグリップを実現しています。

搭載されたそれぞれのグリップが、滑りやすい路面をしっかりとキャッチし、今まで以上のドライビングを可能としています。履き始めから、グリップ力を味わえ、履き替えるまでそのグリップ力が持続する、人気でおすすめのスタッドレスタイヤです。ぜひ、検討する際には候補に入れてみたいスタッドレスタイヤといえそうです。

14位:GOODYEAR(グッドイヤー)/ICENAVI7(アイスナビセブン)

GOODYEAR(グッドイヤー)/ICENAVI7(アイスナビセブン)

スタッドレスタイヤ比較おすすめランキング14位の選び方に関わる性能

メーカー:GOODYEAR(グッドイヤー)
モデル:ICENAVI7(アイスナビセブン)
推奨車種:セダン、ワゴン、ミニバン、コンパクト
ホイールサイズ:13インチから19インチ
インチごとの扁平率(%):13インチ/65~80、14インチ/55~70、15インチ/55~70、16インチ/45~65、17インチ/45~65、18インチ/35~55、19インチ/45

スタッドレスタイヤ比較おすすめランキング14位に選ばれたのは「GOODYEAR(グッドイヤー)/ICENAVI7(アイスナビセブン)」となりました。より多くの人がスタッドレスタイヤに求める性能である、氷上での高精度なブレーキ性能を、より一層向上させた、人気でおすすめのスタッドレスタイヤです。

性能パターンの説明

スタッドレスタイヤ比較おすすめランキング14位の詳細

新パターンのデザインである「セブン・エフェクティブ・デザイン」が採用されているので、全ての路面状況に対応してくれます。

大型のセンターブロックが5リブ構造となっているほか、4本の太いタテ溝が加えられた構造が特徴的です。さらには、ブロック内にヨコ溝を細分化する事で、今まで以上のブレーキングとカービングを実現しています。雪の上でも氷の上でも、そして濡れた路面から乾いた路面まで、オールラウンドに活躍するスタッドレスタイヤです。

13位:MICHELIN(ミシェラン)/X-ICEXI3

MICHELIN(ミシェラン)/X-ICEXI3

スタッドレスタイヤ比較おすすめランキング13位の選び方に関わる性能

メーカー:MICHELIN(ミシェラン)
モデル:X-ICEXI3
推奨車種:スポーツ、セダン、ステーションワゴン、ミニバン、、コンパクト/ハイブリッド、軽自動車
ホイールサイズ:13インチから19インチ
インチごとの扁平率(%):13インチ/65~70、14インチ/55~70、15インチ/55~70、16インチ/50~65、17インチ/45~65、18インチ/40~55

スタッドレスタイヤ比較おすすめランキング13位に選ばれたのは「MICHELIN(ミシェラン)/X-ICEXI3」という結果となりました。止める力が持続する、冬の道路を快適に走行できるスタッドレスタイヤです。凍った道の上でもしっかりと止めてくれるブレーキ性能も人気があるポイントです。

「MICHELIN(ミシェラン)/X-ICEXI3」のアップ

スタッドレスタイヤ比較おすすめランキング13位の詳細

走行が困難な雪道や、癖のあるシャーベット状の路面でも安心感のある走りを楽しむことが出来ます。

こちらのスタッドレスタイヤは、ブロック数を増加させたことで、エッジの効果を強力化しています。さらには、「新Vシェイプデザイン」で排水や排雪性能が向上されたほか、「フレックスアイスコンパウンド」により乾いた道路では剛性を、凍った路面では柔軟性をもたらします。人気でおすすめのスタッドレスタイヤと言えます。

12位:GOODYEAR(グッドイヤー)/ICENAVI6(アイスナビシックス)

GOODYEAR(グッドイヤー)/ICENAVI6(アイスナビシックス)

スタッドレスタイヤ比較おすすめランキング12位の選び方に関わる性能

メーカー:GOODYEAR(グッドイヤー)
モデル:ICENAVI6(アイスナビシックス)
推奨車種:セダン、ワゴン、ミニバン、コンパクト
ホイールサイズ:13インチから18インチ
インチごとの扁平率(%):13インチ/65~80、14インチ/55~70、15インチ/60~70、16インチ/50~65、17インチ/45~60、18インチ/45~50

スタッドレスタイヤ比較おすすめランキング12位に選ばれたのは「GOODYEAR(グッドイヤー)/ICENAVI6(アイスナビシックス)」となりました。以前までの素材であった「パワフルグラス」から変更し、カップリング剤「アクアフィラー」が初めて搭載された、氷上と生活での使用環境も大きく改善されているスタッドレスタイヤです。

「アクアフィラー」の説明

スタッドレスタイヤ比較おすすめランキング12位の詳細

カップリング剤「アクアフィラー」はシリカとポリマーが合成された素材です。

その「アクアフィラー」の特性がブレーキ性能をアップさせます。そして、シリカボリュームにより、氷上にできた水の膜に対しても撥水効果を発揮してくれます。さらには、しなやかなゴム素材となっているため、氷上のデコボコにも対応しています。安全性と経済性を追求した、高性能スタンダードモデルとなっています。

11位:TOYOTIRES(トーヨータイヤ)/WinterTRANPTHTX(ウィンタートランパス・ティーエックス)

TOYOTIRES(トーヨータイヤ)/WinterTRANPTHTX(ウィンタートランパス・ティーエックス)

スタッドレスタイヤ比較おすすめランキング11位の選び方に関わる性能

メーカー:TOYOTIRES(トーヨータイヤ)
モデル:WinterTRANPTHTX(ウィンタートランパス・ティーエックス)
推奨車種:???
ホイールサイズ:14インチから19インチ
インチごとの扁平率(%):14インチ/65、15インチ/55~80、16インチ/55~70、17インチ/50~65、18インチ/45~65、19インチ/55

スタッドレスタイヤ比較おすすめランキング11位に選ばれたのは「TOYOTIRES(トーヨータイヤ)/WinterTRANPTHTX(ウィンタートランパス・ティーエックス)」となりました。ハイト系専用のスタッドレスタイヤで、ハイト系特有の「ふらつき」を抑える事を実現し、安定感のあるドライビングを提供してくれます。

「TOYOTIRES(トーヨータイヤ)/WinterTRANPTHTX(ウィンタートランパス・ティーエックス)」の断面

スタッドレスタイヤ比較おすすめランキング11位の詳細

高剛性を誇る、スーパーハイターンアップ構造が採用されているため、横方向からの圧力に対しても耐性をもたらしてくれます。

また、このスタッドレスタイヤには「3Dダブルウェーブグリップサイプ」も採用されていますので、凸凹にも強く、瞬時にエッジの利いた走りを保証してくれます。雪の上でも氷の上でもしっかりと食いつくスタッドレスタイヤで、しなやかなドライビングとカービングを楽しませてくれるスタッドレスタイヤとなっているようです。

スタッドレスタイヤ比較おすすめランキング10位~7位

雪上をドライビングする

TOP10を紹介!

スタッドレスタイヤ比較おすすめランキングの11位までを紹介しました。ランキングされた、どのスタッドレスタイヤも高性能で高品質です。

愛車にあったタイヤサイズをしっかりと選びましょう。それではここからは、スタッドレスタイヤ比較おすすめランキングのランキング10位からランキング7位までを紹介します。これまでに以上に、それぞれのタイヤの技術や特徴について解説していきますので、ぜひ参考にして、スタッドレスタイヤの検討に活用してください。

10位:PIRELLI(ピレリ)/ICEASIMMETRICO(アイスアシンメトリコ)

PIRELLI(ピレリ)/ICEASIMMETRICO(アイスアシンメトリコ)

スタッドレスタイヤ比較おすすめランキング10位の選び方に関わる性能

メーカー:PIRELLI(ピレリ)
モデル:ICEASIMMETRICO(アイスアシンメトリコ)
推奨車種:乗用車、SUV
ホイールサイズ:13インチから18インチ
インチごとの扁平率(%):13インチ/65、14インチ/55~70、15インチ/55~65、16インチ/55~65、17インチ/45~60、18インチ/40~50

「PIRELLI(ピレリ)/ICEASIMMETRICO(アイスアシンメトリコ)」の横写真

スタッドレスタイヤ比較おすすめランキング10位の詳細

スタッドレスタイヤ比較おすすめランキング10位に選ばれたのは「PIRELLI(ピレリ)/ICEASIMMETRICO(アイスアシンメトリコ)」という結果となりました。

 

最高級のプレミアムカーやSUV車に開発されたスタッドレスタイヤです。

「PIRELLI(ピレリ)/ICEASIMMETRICO(アイスアシンメトリコ)」のアップ

日本の冬を知り尽くしたタイヤ

こちらのスタッドレスタイヤは、日本や中国といったアジアへの市場へ向けて開発された商品だといいます。

 

そのため、日本の冬の走行には、非常にマッチしたスタッドレスタイヤです。

それはピレリが掲げているスタッドレスタイヤに対する思いです。ピレリはスタッドレスタイヤを開発する時には、販売を目指している現地にマッチした製品づくりをモットーとしているからです。そのため、日本の冬の路面にマッチした、ハンドリングとトラクションが必要だという結論に至ったと言います。

「PIRELLI(ピレリ)/ICEASIMMETRICO(アイスアシンメトリコ)」を装着した車

ランフラット技術がひかる

ランフラット技術により、空気圧が無い状態での運転を可能としています。そのため、ハイパフォーマンスを実現しています。

 

さらに、「ソフトコアブロック」を採用した事により、トレッド面が路面に均等に接触するように設計されています。

 

また、グリップ力を向上させるための「インスタントグリップ」や、雪をつかんでグリップする「スノートラップ」も採用されています。

凍った路面や雪が積もった路面は、運転するのは不安な物です。しかし、このスタッドレスタイヤは、「パワーとコントロール」にこだわって作られているため、満足するドライビングと絶対の安心感をもたらしてくれます。まさに、日本の冬の道路に最も適しているスタッドレスタイヤといっても過言ではないのではないでしょうか。

9位:DUNLOP(ダンロップ)/WINTERMAXXSJ8(ウインターマックスエスジェイエイト)

DUNLOP(ダンロップ)/WINTERMAXXSJ8(ウインターマックスエスジェイエイト)

スタッドレスタイヤ比較おすすめランキング9位の選び方に関わる性能

メーカー:DUNLOP(ダンロップ)
モデル:WINTERMAXXSJ8(ウインターマックスエスジェイエイト)
推奨車種:SUV
ホイールサイズ:15インチから21インチ
インチごとの扁平率(%):15インチ/70~80、16インチ/65~80、17インチ/60~70、18インチ/55~65、19インチ/55、20インチ/50~5521インチ/50

「DUNLOP(ダンロップ)/WINTERMAXXSJ8(ウインターマックスエスジェイエイト)」のアップ写真

スタッドレスタイヤ比較おすすめランキング9位の詳細

「DUNLOP(ダンロップ)/WINTERMAXXSJ8(ウインターマックスエスジェイエイト)」がスタッドレスタイヤ比較おすすめランキング9位です。

SUV専用に作られた、ふらつきの少ないスタッドレスタイヤの登場です。「ナノフィットゴム」が採用されているので、強くて柔らかい性能が、滑りやすい氷の上でもしっかりとしたブレーキングを実現してくれます。タイヤの走行音も静音性に優れていますので、SUVのスタッドレスタイヤを探しているなら、検討したい一品です。

雪道をつかむ「DUNLOP(ダンロップ)/WINTERMAXXSJ8(ウインターマックスエスジェイエイト)」

粘り強い密着力

氷上での性能の高さで大好評となっているWINTERMAXXシリーズの、最もたる技術である「MAXXシャープエッジ」と「ナノフィットゴム」を採用しています。

採用された「MAXXシャープエッジ」と「ナノフィットゴム」システムが、氷の上でスタッドレスタイヤの性能を高めるとともに、普段の生活でのドライビングも向上させています。また、SUV特有である高重量かつ高重心が要因となっている「ふらつき」も、安定感が増すことにより軽減させられる、まさにSUVにマストなタイヤです。

8位:TOYOTIRES(トーヨータイヤ)/GARITG5(ガリットジーファイブ)

TOYOTIRES(トーヨータイヤ)/GARITG5(ガリットジーファイブ)

スタッドレスタイヤ比較おすすめランキング8位の選び方に関わる性能

メーカー:TOYOTIRES(トーヨータイヤ)
モデル:GARITG5(ガリットジーファイブ)
推奨車種:???
ホイールサイズ:12インチから18インチ
インチごとの扁平率(%):12インチ/70~80、13インチ/65~80、14インチ/55~70、15インチ/55~65、16インチ/55~65、17インチ/45~55、18インチ/40~45

「TOYOTIRES(トーヨータイヤ)/GARITG5(ガリットジーファイブ)」の横向き

スタッドレスタイヤ比較おすすめランキング8位の詳細

スタッドレスタイヤ比較おすすめランキング8位に選ばれたのは「TOYOTIRES(トーヨータイヤ)/GARITG5(ガリットジーファイブ)」となりました。

 

全ての雪道や凍った道に対応した吸着力が売りの、人気でおすすめのスタッドレスタイヤとなっています。

 


「ナノゲル」という材質が配合された「吸着ナノゲルゴム」を採用を採用する事により、より吸着したグリップを味わう事が可能です。

「吸着ナノゲル」は路面のデコボコに対しての吸着力がバツグンです。そして、「吸着ナノゲル」の吸着力に、「竹炭」の吸水力を加え、さらに「鬼クルミの殻」が配合されたことにより、路面をひっかくという力を、より力強いものに変えています。氷にも雪にも強い技術となります。

G5の説明

G5だから実現する快適な走り

こちらのスタッドレスタイヤには「360°サイプ」が採用されています。そのため、高い剛性を確保する事を可能にしました。

6角のサイプを前後に大きくずらすことにより、従来のサイプをしのぐグリップ力を発揮してくれます。また、3D吸着サイプが、タイヤと地面の接触部分を最適化するので、密着度が増し、アイスバーンに対応してくれます。さらには、ファーストエッジ加工やスラッシュスリットなど、スタッドレスタイヤとしての機能が満載な一品です。

7位:PIRELLI(ピレリ)/ICEASIMMETRICOPLUS(アイスアシンメトリコプラス)

PIRELLI(ピレリ)/ICEASIMMETRICOPLUS(アイスアシンメトリコプラス)

スタッドレスタイヤ比較おすすめランキング7位の選び方に関わる性能

メーカー:PIRELLI(ピレリ)
モデル:ICEASIMMETRICOPLUS(アイスアシンメトリコプラス)
推奨車種:乗用車、SUV
ホイールサイズ:14インチから18インチ
インチごとの扁平率(%):14インチ/65、15インチ/60~65、16インチ/55~65、17インチ/45~65、18インチ/45

PIRELLI(ピレリ)/ICEASIMMETRICOPLUS(アイスアシンメトリコプラス)の溝

スタッドレスタイヤ比較おすすめランキング7位の詳細

「PIRELLI(ピレリ)/ICEASIMMETRICOPLUS(アイスアシンメトリコプラス)」がスタッドレスタイヤ比較おすすめランキング7位です。

 

アイスバーンに強い、性能性に優れたおすすめでに人気のスタッドレスタイヤです。新開発が行われた「デュラブルソフトコンパウンド」が搭載されている事により、効きが持続すると評判です。3Dバタフライサイプ、ソフトコアブロック、スノートラップなど、従来の技術と結合され、新たなステージへと上り詰めています。

PIRELLI(ピレリ)/ICEASIMMETRICOPLUS(アイスアシンメトリコプラス)のフォルム

美しいフォルムも特徴的

数あるスタッドレスタイヤの中でも、その美しいフォルムが特徴的でもあります。

 

折角の愛車ですから、洗礼されたデザインのスタッドレスタイヤで、エレガントに走りたいものです。

以前のタイヤで評価が高かった、「デュラ・フレキシィコンパウンド」を基に開発された シリカ、レジン樹脂、スムースポリマー等の配合を見直し改良した事で、柔軟なスタッドレスタイヤを生み出しました。人気と実力を兼ね備えた、おしゃれな雰囲気の漂うスタッドレスタイヤに仕上がっています。

スッキリしたフォルムの「PIRELLI(ピレリ)/ICEASIMMETRICOPLUS(アイスアシンメトリコプラス)」

すっきりとしたフォルムが人気

すっきりとしたフォルムも人気となっている、こちらのスタッドレスタイヤを検討してみても間違いないかもしれません。

スタッドレスタイヤ比較おすすめランキング6位~4位

タイヤショップの写真

ランキング上位を紹介!

ここまでスタッドレスタイヤ比較おすすめランキング7位までを紹介しました。

 

ここからは、いよいよ上位となるランキング6位以上を紹介します。

6位:BRIDGESTONE(ブリジストン)/BLIZZAK(ブリザック)VL1

BRIDGESTONE(ブリジストン)/BLIZZAK(ブリザック)VL1

スタッドレスタイヤ比較おすすめランキング6位の選び方に関わる性能

メーカー:BRIDGESTONE(ブリジストン)
モデル:BLIZZAK(ブリザック)VL1
推奨車種:バン・小型トラック、バス
ホイールサイズ:???
インチごとの扁平率(%):???

BLIZZAK(ブリザック)VL1の実際の装着写真

スタッドレスタイヤ比較おすすめランキング6位の詳細

「BRIDGESTONE(ブリジストン)/BLIZZAK(ブリザック)VL1」がスタッドレスタイヤ比較おすすめランキング6位に選ばれました。

こちらのスタッドレスタイヤは、バン・小型トラックとバス専用に開発されたスタッドレスタイヤとなっています。冬のビジネスシーズンを乗り越える、しっかりとしたスタッドレスタイヤの効き具合と、耐久性を備えた、実用性に優れたスタッドレスタイヤとなっています。

専用メガ発泡ゴムの説明

専用の技術を採用

新配合ゴムされた専用のゴムが採用されているので、路面の温度に対応可能です。

そのため、乾いた路面においても性能の良さを発揮してくれます。もちろん、雪や氷の路面に対しても、ゴムが柔らかくなる事で、素晴らしい接地を実現しています。路面表面にしっかりと接着したスタッドレスタイヤが、想像以上のグリップ力を発揮してくれますので、安心して運転を行うことが出来るので、おすすめと言えます。

ブロック剛性の解説

ブロック剛性を維持

3Dコンビネーションサイプを採用する事で、ブロック剛性を維持しています。

最適に配置された「3Dコンビネーションサイプ」により、接地能力がアップされたスタッドレスタイヤは、高い耐偏摩耗性能を見込めるとともに、氷上性能がアップしています。大型車両だからこそ、安全と安心の確保が必要ですから、しっかりとした技術に裏付けされたスタッドレスタイヤを選ぶ事が大切な事と言えるのではないでしょうか。

5位:BRIDGESTONE(ブリジストン)/BLIZZAK(ブリザック)DM-V2

BRIDGESTONE(ブリジストン)/BLIZZAK(ブリザック)DM-V2

スタッドレスタイヤ比較おすすめランキング5位の選び方に関わる性能

メーカー:BRIDGESTONE(ブリジストン)
モデル:BLIZZAK(ブリザック)DM-V2
推奨車種:SUV
ホイールサイズ:15インチから20インチ
インチごとの扁平率(%):15インチ/70~80、16インチ/60~80、17インチ/60~65、18インチ/55~65、19インチ/50~55、20インチ/40~60

「BRIDGESTONE(ブリジストン)/BLIZZAK(ブリザック)DM-V2」のアップ画像

スタッドレスタイヤ比較おすすめランキング5位の詳細

スタッドレスタイヤ比較おすすめランキング5位には「BRIDGESTONE(ブリジストン)/BLIZZAK(ブリザック)DM-V2」が選ばれました。

 

冬のSUVの運転を楽しくしてくれる、SUV車専用のスタッドレスとなります。

SUV専用タイヤのアクティブ発砲ゴム

SUV・4×4専用スタッドレスタイヤ

このSUV・4×4専用のスタッドレスタイヤは、滑りやすい雪道での走行を楽しいものに変えてくれる、そんなタイヤです。

 

タイヤの滑りの原因となっている、氷の表面にある「水膜」を「アクティブ発泡ゴム」により取り除くことで走行を可能としています。

スタッドレスタイヤのゴム内部に水の通路を設け、さらにはタイヤ表面を親水性素材でコーティングして、氷面にある水の膜を取り除く手法となっています。この構造により、タイヤのグリップ力が向上し、安定して安全な走行を可能としています。まさに、人気でおすすめのスタッドレスタイヤと言える一品に仕上がっています。

「3Dホールドスクラムサイプ」の説明

「3Dホールドスクラムサイプ」を採用

このスタッドレスタイヤは、溝の切れ込みを3次元にジグザグさせている「3Dホールドスクラムサイプ」が採用されています。

 

この溝が、滑りやすい路面をしっかりと捕まえるのです。

そして、ジグザグに組まれた隙間には「プロップ・ホーム」と呼ばれえる柱の役割を果たす機能を採用しています。また、「マルチグルーブ」によりトレッドの表面にある交差するポイントを増加させているため、溝に入り込んだ雪をしっかりと固め、より安定力を増したは走りと、力強いグリップ力を可能としています。

4位:DUNLOP(ダンロップ)/WINTERMAXX01(ウインターマックスゼロワン)

DUNLOP(ダンロップ)/WINTERMAXX01(ウインターマックスゼロワン)

スタッドレスタイヤ比較おすすめランキング4位の選び方に関わる性能

メーカー:DUNLOP(ダンロップ)
モデル:WINTERMAXX01(ウインターマックスゼロワン)
推奨車種:セダン、ワゴン、ミニバン、コンパクト、軽カー
ホイールサイズ:14インチから19インチ
インチごとの扁平率(%):14インチ/55、15インチ/55、16インチ/45~55、17インチ/45~55、18インチ/35~55、19インチ/35、45(※35~55シリーズ)

WINTERMAXX01(ウインターマックスゼロワン)の性能

スタッドレスタイヤ比較おすすめランキング4位の詳細

「DUNLOP(ダンロップ)/WINTERMAXX01(ウインターマックスゼロワン)」がスタッドレスタイヤ比較おすすめランキング4位に選ばれました。

ダンロップのスタッドレスタイヤシリーズである「WINTERMAXX」に、「01」が加えられたモデルです。ダンロップのスタッドレスタイヤではベーシックなタイヤを意味する「01」は、スタッドレスタイヤの優等生ともいえる性能を備えている、どんな状況にもフィットするおすすめで人気のスタッドレスタイヤとなっています。

「MAXXシャープエッジ」の説明

路面をキャッチするMAXXシャープエッジ

新ミウラ折りサイプの「MAXXシャープエッジ」がMAXXシリーズの特徴です。

ダンロップ独自の技術である「新ミウラ折りサイプ」により、従来のサイプ幅よりもさらに25%細くする事を可能にしています。シャープになったエッジがブロックの倒れ込みを抑制し、スタッドレスタイヤが接地する面積を大きくなりました。これにより、アイスバーンをしっかりと引っ掛けるのでブレーキ性能がアップしています。
 

「ナノフィットゴム」の説明

凸凹の路面もそつなくこなす

新材料である「4DNANODESIGN」の性能をしっかりと作り込み開発された、「ナノフィットゴム」が凸凹の路面もしっかりとキャッチします。

 

ナノフィットゴミは、高密度シリカと新開発軟化剤がバランスよく配合されているため、ゴムは強いままでありながら接地面を柔らかくしています。


マクロレベルでの剛性が高まっているため、アイスバーンに対してもナノレベルで接地し、はっきりとしたブレーキングを可能としています。

スタッドレスタイヤ比較おすすめランキング3位~1位

雪道を走っていくタイヤ

TOP3を紹介!

スタッドレスタイヤ比較おすすめランキングも残すところTOP3までとなりました。

 

それでは、スタッドレスタイヤ比較おすすめランキング3位から1位を紹介していきます。どのメーカーのどのタイヤがランキングされているか楽しみです。

3位:YOKOHAMA(ヨコハマ)/iceGUARD6(アイスガードシックス)

YOKOHAMA(ヨコハマ)/iceGUARD6(アイスガードシックス)

スタッドレスタイヤ比較おすすめランキング3位の選び方に関わる性能

メーカー:YOKOHAMA(ヨコハマ)
モデル:iceGUARD6(アイスガードシックス)
推奨車種:ハイブリッドカー、スポーツカー、セダン、コンパクトカー、ステーションワゴン、ミニバン、SUV/クロスオーバー
ホイールサイズ:13インチから20インチ
インチごとの扁平率(%):13インチ/65~80、14インチ/55~70、15インチ/50~70、16インチ/45~65、17インチ/40~65、18インチ/35~60、19インチ/35~50、20インチ/40~45

「YOKOHAMA(ヨコハマ)/iceGUARD6(アイスガードシックス)」の断面

スタッドレスタイヤ比較おすすめランキング3位の詳細

スタッドレスタイヤ比較おすすめランキング3位に選ばれたのは「YOKOHAMA(ヨコハマ)/iceGUARD6(アイスガードシックス)」という結果となりました。

 

進化した、非対称パターンが氷に対して強い効果を発揮してくれます。しっかりとした走りとグリッピングを提供してくれるタイヤです。

 

雪道に、普段の道路に、冬の生活を向上させてくれる、おすすめで人気のスタッドレスタイヤとなっています。

「クワトロピラミッドサイプ」の断面

新開発の「クワトロピラミッドディンプルサイプ」

「クワトロピラミッドサイプ」が採用されているので、接地性はさらに向上されていて、安定感のある走りを提供してくれます。

「クワトロピラミッドサイプ」は、ピラミッド状に折りが重ねられた4段構造になっているので、立体型に折り重なる事により、お互いに支えあいブロック剛性を確保し、接地能力を向上させているのです。センターには、新開発の「クワトロピラミッドディンプルサイプ」を配置し、より排水性の高いスタッドレスタイヤを実現しています。

進化した非対称パターンの写真

進化した非対称パターン

非対称パターンをさらに進化した事により、より氷に効きます。

また、非対称パターンを基とした最新テクノロジーを搭載しています。その性能により、スタッドレスタイヤのイン側においては、従来品に比べて8%もエッジ量を向上させる事が可能となっています。また、非対称パターンにより、ウェッティーな路面に対しての性能も向上を図っており、向かう所敵なしのスタッドレスタイヤと言えます。

プレミアム吸水ゴムの性能グラフ

プレミアム給水ゴムが効く

備えられた、プレミアム吸水ゴムが3つの効果をもたらします。

まず、プレミアム吸水ゴムによりミクロの水膜を除去してくれます。そして、プレミアム吸水ゴムは「シリカ高反応ホワイトポリマー」が採用されているため、低温時にもタイヤを柔らかな状態に保ち、路面にしっかりと接地します。さらには、「新マイクロ吸水バルーン」が氷の表面をしっかりと噛み合い、エッジ力を増しています。

実際に装着されたiceGUARD6(アイスガードシックス)

口コミを紹介

どんな雪の路面にも、素早いグリップ力を発揮してる、人気でおすすめのスタッドレスタイヤの口コミを紹介します。

車は最新のAWD搭載車なんですが、それを差し引いてもこのタイヤは凄いの一言。積雪路は当然として、凍結路でも喰いつきが良いです。
もちろん、滑りますが滑り出しがマイルドで、安定感が抜群。
アンダーを気にせずコーナーに入れるのは、雪道では本当に助かります

口コミを見ても、雪道への食いつきについて高評価の声を数多く聞くことができます。コーナーリングもしっかりと雪を噛んでくれますので、安心してドライビングを楽しむことができます。雪道だけではなく、凍った路面から濡れた路面まで、オールマイティーに性能を発揮してくれる、おすすめで人気のスタッドレスタイヤです。

2位:BRIDGESTONE(ブリジストン)/BLIZZAK(ブリザック)VRX2

【BRIDGESTONE(ブリジストン)】BLIZZAK(ブリザック)VRX2195/65R15@91Q

スタッドレスタイヤ比較おすすめランキング2位の選び方に関わる性能

メーカー:BRIDGESTONE(ブリジストン)
モデル:BLIZZAK(ブリザック)VRX2
推奨車種:セダン、スポーツ、ミニバン、軽、コンパクト
ホイールサイズ:12インチから20インチ
インチごとの扁平率(%):12インチ/70~80、13インチ/65~80、14インチ/55~80、15インチ/50~70、16インチ/45~65、17インチ/45~60、18インチ/35~55、19インチ/35~45、20インチ/40

「VRX2195/65R15@91Q」の性能

スタッドレスタイヤ比較おすすめランキング2位の詳細

「BRIDGESTONE(ブリジストン)/BLIZZAK(ブリザック)VRX2」がスタッドレスタイヤ比較おすすめランキング2位に選ばれました。

 

静音性に優れているだけではなく、耐久性にも優れている、あらゆる面で一段上のスタッドレスタイヤとなっています。

 

しっかりと路面をキャッチしてくれるので、安心して走行することが出来ます。

「BRIDGESTONE(ブリジストン)/BLIZZAK(ブリザック)VRX2」は、雪面だけではなく、凍った路面でもその性能を発揮してくれる心強いスタッドレスタイヤです。氷の上であっても、しっかりとカービングを行う事ができるので、冬のドライビングを安心して走行する事ができます。乾いた路面でも濡れた路面でもしっかりと走ります。

ブリザックの紹介

歴史が裏付ける性能

ブリザックは、25年物歴史を重ねているブランドです。そのため、タイヤの性能は歴史からしっかりと裏付けされています。

 

また、雪国などでもブリザックのスタッドレスタイヤは多く履かれており、これはまさに信頼があるからこその数字と言えるのではないでしょうか。

発砲ゴムを長年採用割いてきた所にも、ブリザックのこだわりは見て取れます。その実力は確かなもので、雪道の走行はもちろんの事、凍った路面でも滑りにくく、しっかりとしたドライビングを提供してくれます。安心と安全を兼ね備えた、歴史が後押しをしてくれているスタッドレスタイヤと言えるでしょう。

ブレーキ性能が向上しているVRX2

ブレーキ性能が向上

VRX2は従来の製品に比べると10%も氷上ブレーキを短縮に成功しています。

これは、従来の「アクティブ発砲ゴム」がより進化した事により物で、粒径である小さなシリカと増加された「摩擦力向上剤」が組み合わさる事により、トレッドゴムの性能が働き、しっかりと氷路面に接するため、グリップ力が上がり、ブレーキ性能をより向上させています。滑りやすい表情では嬉しい効果といえるのではないでしょうか。

発砲ゴムの説明

静音性も確保

ミクロの気泡が施されている、発砲ゴムにより、より静かな車内空間を再現する事を可能にしています。

また、先に説明をした、タイヤに施されたパタンが、スタッドレスタイヤで発生しがちなタイヤのノイズを軽減してくれます。いままで、スタッドレスタイヤの音に悩まされていた人も、このVRX2を使用する事で、そうした悩みから解放される事でしょう。まさに、ブリジストンが手掛ける最高級のスタッドレスタイヤと言えそうです。

ホイールなしの「【BLIZZAK(ブリザック)】VRX2195/65R15@91Q」

ふらつきを抑えてしっかりと走行

新開発された「アクティブ発泡ゴム」によりグリップ力が強化されているので、ふらつきやすい雪面の走行もしっかりとリードしてくれます。

 

ブリザックは走行だけではなく、他のスタッドレスタイヤに比べて低燃費を実現しています。

 

それでは、こちらのスタッドレスタイヤの口コミを紹介します。

多種メーカーのスタッドレスを使用してきましたがやはりブリザックが一番。動き出し、制動距離、そしてドライ路面での走行性能は間違いないです。

性能が評判を呼び、リピーターが多くいるのも、このスタッドタイヤの特徴です。しっかりとした技術が入り込んだスタッドレスタイヤとなっています。日常の道路でも、ドライビングを快適にしてくれますし、雪道、凍結した道など、どんなコンディションの道路でも、しっかりとふらつきを抑えて走りを楽しむことが可能です。

1位:BRIDGESTONE(ブリジストン)/BLIZZAK(ブリザック)VRX

【BRIDGESTONE(ブリジストン)】BLIZZAK(ブリザック)VRX155/65R14@75Q

スタッドレスタイヤ比較おすすめランキング1位の選び方に関わる性能

メーカー:BLIZZAK(ブリザック)
モデル:BLIZZAK(ブリザック)VRX
推奨車種:セダン、スポーツ、ミニバン、軽、コンパクト
ホイールサイズ:12インチから19インチ
インチごとの扁平率(%):12インチ/70~80、13インチ/65~80、14インチ/55~80、15インチ/50~70、16インチ/45~65、17インチ/45~60、18インチ/35~55、19インチ/35~45

【BLIZZAK(ブリザック)】VRX155/65R14@75Qの斜め写真

スタッドレスタイヤ比較おすすめランキング1位の詳細

「BRIDGESTONE(ブリジストン)/BLIZZAK(ブリザック)VRX」がスタッドレスタイヤ比較おすすめランキング1位となりました。

 

高品質でありながら、求めやすい価格が人気でおすすめのスタッドレスタイヤです。乾燥した路面でもしっかりと走り切ります。

スタッドレスタイヤのスタンダードともいえる、こちらのスタッドレスタイヤは、雪の路面をしっかりとキャッチしてくれるのが特徴です。価格的には、低価格帯に比べると少し高めとなっていますが、その価格以上の性能を味わえると人気です。スタッドレスタイヤを購入するのに迷ったら、選んで間違えが無いタイヤと言えそうです。

「アクティブ発泡ゴム」の写真

氷上もしっかり走れる

凍った道路を走っていても、しっかりと止まる事ができるが特徴でもあります。それは「アクティブ発砲ゴム」が機能しているからです。

 

凍った道路では、水の膜が滑りの原因となっており、まずはその滑りの原因の水の膜を取り除く必要があります。

「アクティブ発砲ゴム」は、まるでスポンジのようなゴムで、数多くの空気穴が施されています。その空気穴である「アクティブ発泡ゴム」が、気泡や太い水路、そして親水コーティングにより、凍った路面に貼られてしまった水の幕を取り除いてくれるのです。そのため、氷面をしっかりキャッチし、グリップ力が出る仕組みです。

「非対称サイド形状」の説明

「非対称サイド形状」で雪道に対応

ブリヂストンが新たに独自開発した技術である「非対称サイド形状」で、フレキシブルな雪道もしっかりと走行する事を可能としています。

 

この「非対称サイド形状」は、タイヤの内側と外側の形状が、異なる形状になっているのが特徴です。

「非対称サイド形状」により、雪道だけではなく凍結した路面でふらつきやすい車のストレスを軽減させてくれます。そのため、直進にも安定感があるだけではなく、曲道などにも柔軟に対応してくれます。もちろん、乾いた路面も安心して走行する事ができますので、人気がありおすすめのスタッドレスタイヤとなっているのです。

非対称パタンの詳しい説明

非対称パタンも特徴

「トレッドパタン」と呼ばれる小さなブロック部分と、「V字ブロック」と言われる、路面を「ひっかく」「とらえる」の機能が備わっています。

 

この双方の特徴が活かされることで、いままでにないグリップ力を発揮しています。

さらに、「マルチグルーブ」と呼ばれる、交差ポイントは、従来品より増やしているので、雪の上においてもグリップを力強く再現する事ができます。また、「3Dホールドスクラムサイプ」が採用されているので、ブロック剛性が高められ、走行をより安定させています。

圧雪された道も安心

圧雪路も安心

VRXであれば、圧雪されてしまった雪道も安心して走行できます。

圧雪された路面はもちろんの事、車両が走行しにくいシャーベット状の路面といった、あらゆる路面に対して、強いグリップ力を発揮してくれます。雪道にも乾いた道にも、そして濡れた道にも対応した、オールラウンダーなスタッドレスタイヤです。このタイヤが人気でおすすめな理由が良く分かる特徴ともいえるでしょう。

積まれた「【BLIZZAK(ブリザック)】VRX155/65R14@75Q」

口コミを紹介

転がり抵抗を低減するなど低燃費性能を備えているのも特徴のスタッドレスタイヤです。

 

「BRIDGESTONE(ブリジストン)/BLIZZAK(ブリザック)VRX」について、口コミを紹介します。

特に外国のスタッドレスとは少し値段に差がありすが、雪の上での性能(日本含む)は他社のスタッドレスとは違うと思います。

価格的には決して安くはないスタッドレスタイヤですが、その性能は他より優れているとの口コミが多く聞こえてきます。雪道を安全に走行するために購入するスタッドレスタイヤですから、値段だけではなく性能をしっかりと見極めたいものです。ここまで、スタッドレスタイヤ比較おすすめランキングの紹介となりました。

スタッドレスタイヤの燃費について!燃費は悪いの?

車を運転するようす

最近は燃費性も向上

スタッドレスタイヤは、以前はノーマルタイヤに比べると、燃費が劣るものが数多くありました。

しかし、最近の技術開発により、以前に比べると格段に燃費が良くなったと言われています。外国の安いスタッドレスタイヤは、まだ技術的に追いついていない部分もありますが、国産のメーカーは、燃費性が随分と向上しているようです。もちろん、外国のメーカーでもしっかりとした燃費力を発揮するものもあります。

スタッドレスタイヤでも滑る地面はある!状況判断を大切に

雪道を走る車

スタッドレスでも危険は変わりない

スタッドレスタイヤを履いているからと言って、100%雪道ではスリップをしないという訳ではありません。

スタッドレスタイヤを履いての走行でも「急ハンドル」「急ブレーキ」「急発進」は禁物です。通常の路面と同じ感覚で運転をせず、いつもより慎重にドライビングを行うと良いでしょう。また、無理だと思ったら引き返すのも大切です。無理をして雪道に入り込むと、最悪の場合、大きな事故になりかねませんので気を付けましょう。

スプレー式タイヤチェーンも持っておくと安心度アップ!

スプレー式のチェーン

持っていると安心

スタッドレスタイヤだけで安心できない雪道には、スプレー式のチェーンをおすすめします。

 

スプレー式のチェーンは、タイヤにスプレーをするだけで、グリップ力が増す優れものです。

 

特に凍結してしまった路面などでは、こうしたスプレー式チェーンを扱う事で、スタッドレスタイヤの性能もより発揮されるでしょう。

もちろん、スプレー式のチェーンだけでは不安がある場合、通常のチェーンを合わせて使う事で、より安全にドライビングを楽しむことができます。それぞれの道具の良い部分をしっかりと使って、雪道や凍結した道を安全で安心に走行する事が大切な事と言えます。

スタッドレスタイヤの交換基準や交換時期について

ブリジストンのタイヤ

溝や年式をチェック

スタッドレスタイヤの交換基準をする時には、タイヤの水をチェックします。溝が無いタイヤはタイヤとしての機能が十分ではありません。

また、スタッドレスタイヤの年代などもしっかりとチェックして、ゴムの劣化をしっかりと把握しましょう。一方で、スタッドレスタイヤの交換時期は、豪雪地帯では10月ごろ、積雪を伴わない地帯でも12月には変えておくと良いでしょう。

スタッドレスタイヤ比較おすすめランキング!のまとめ

山道を走る車

命を守る大切な道具

人気でおすすめのスタッドレスタイヤについてランキングで紹介しました。それぞれ特徴がある、どれも性能性の高いスタッドレスタイヤとなっています。

スタッドレスタイヤは命を守る大切な道具です。また、スタッドレスタイヤを履いているからと言って、油断していると雪道は危険です。サイズなど車とあったスタッドレスタイヤをしっかりと選択して、安全運転で雪道を走りましょう。

あわせて読みたい「タイヤ」に関する記事はこちら

ミニバン用タイヤおすすめ人気ランキングTOP11!評価や選び方も解説 | ランキングまとめメディア
タイヤカバーおすすめランキングTOP9!タイヤの保管に!素材や選び方を解説 | ランキングまとめメディア
車のタイヤ用空気入れおすすめランキングTOP11!自宅で空気圧調整ができる! | ランキングまとめメディア
軽トラ用タイヤおすすめランキングTOP11!安定性・耐久性や価格を比較! | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ