ウルトラブックおすすめランキングTOP22!薄型軽量で高性能なコスパ最強は?

最近では持ち運びがしやすく高性能なノートPC「ウルトラブック」が人気です。そこでここでは、ウルトラブックのおすすめランキングトップ22をご紹介します。ですが、ウルトラブックには種類があり選び方に困ってしまいます。又通常のノートPCとは違い価格は決して安いとは言えません。ですのでおすすめランキングをご紹介する前に、選び方や種類等についてご説明していきます。合わせてチェックして下さい。勿論おすすめランキング内ではコスパが良いモデルも沢山でてきます。自分に合ったモデルを是非見つけて下さい。

目次

  1. ウルトラブックおすすめランキングTOP22!
  2. ウルトラブックおすすめランキング22位~11位
  3. ウルトラブックおすすめランキング10位~7位
  4. ウルトラブックおすすめランキング6位~4位
  5. ウルトラブックおすすめランキング3位~1位
  6. ウルトラブックを安く購入するためのテクニック
  7. 大切なウルトラブックを保護して大切に扱おう!
  8. ウルトラブックおすすめランキングTOP22のまとめ

ウルトラブックおすすめランキングTOP22!

Samsung Notebook 9の画像

おすすめのウルトラブックをランキングでご紹介!

最近では、スマホ・タブレットが持ち運びしやすく人気です。スマホやタブレットに比べ、ノートPCは持ち運びし辛いといえます。

その様な状況下の中で、最近のノートPCには「ウルトラブック」という新しいジャンルがインテルによって提唱されました。「ウルトラブック」の簡単の特徴は、従来のノートPCに比べ薄く、バッテリーの駆動時間が長い事が大きな特徴です。またスペックも高いのも特徴の一つです。ランキングをご説明する前にウルトラブックについてご説明していきます。

一般的なノートPCとウルトラブックとの違い

レノボウルトラブック(黒)の画像

一般的なノートPCとウルトラブックとの違いは?

インテルが新たに提唱したノートパソコンのカテゴリ「ウルトラブック」ですが、ウルトラブックはどのようなノートPCの事を指すのでしょうか?

そこで、ここではランキングに入る前にウルトラブックについてご説明していきます。又、ウルトラブックについてしっかりと理解を深めて頂くために、一般的なノートPCとウルトラブックの違いを紹介しながらご説明します。ここで、しっかりウルトラブックについて理解を深めてからランキングをチェックしましょう。

違い①薄さと駆動時間

HPウルトラブックの画像

一般的なノートPCと違い薄い!バッテリーが長持ち!

ウルトラブックと一般的なノートPCの違いとしてあげられのが「薄く」「バッテリーの駆動時間が長い事」があげられます。

ウルトラブックの特徴である「薄く」「バッテリー駆動時間が長い」というのは、スマホやタブレットの「手軽さ」に近づける為です。この「薄さ」と「バッテリー駆動時間」もウルトラブックと認められる数値があり、薄さ23mm以下で統一、バッテリー駆動時間は6時間以上と言われています。

違い②corei採用で高性能

色々なブランドのウルトラブックの画像

高性能で高品質!

ウルトラブックと一般的なPCの違いを見た時に上げらる特徴とした「高性能」で「高品質」な事があげられます。

性能でいえばパソコンの脳である「core・i」シリーズが採用されている物が殆んどです。逆に低スペックな「コア」が搭載されているノートPCはウルトラブックとは認められません。また、品質も一般的なノートPCと違い、軽く頑丈な素材を採用しています。さらに画質や音質に非常に高く、動画編集等も楽々できます。

デメリットも

シルバーのウルトラブックの画像

高性能な反面デメリットも

ここまで、ウルトラブックはどういうパソコンなのかを、一般的なPCとの違いと照らし合わせながらご紹介しました。

一般的なPCと違い良い事尽くめに見えるウルトラブックですが、デメリットも存在します。まず価格面にかんしては決して安いとは言えません。コンパクトに部品を収納するには技術が伴いますし、性能がこれだけ高いと価格も高騰してしまうのは当たり前です。また、ウルトラブックはノートPCと違い高性能ではありますが、「薄く」「コンパクト」に設計している為「拡張性」が殆んどありません。

NEC・LAVIE・Note・Mobile・NM550/KAの画像

拡張性も低い

拡張性がほぼ無い為、自分の求めているスペックが足りないと感じた時、メモリ等の部品をあとから付け足す事がほぼ不可能です。

拡張性低下の影響はそれだけではありません。ウルトラブックは拡張性が低下しているので、DVD等を読み込む「光学ドライブ」を装備していない場合が殆んどです。ですが、ウルトラブックは、スマホやタブレットに及びませんが従来のノートPCより「手軽さ」と「高性能・高品質」を兼ね揃えています。

デルウルトラブックの画像

デメリットもしっかり確認!

デメリットを見極め、自分に合ったウルトラブックがあれば生活がより充実する事間違いなしですよ。

高性能なウルトラブックの選び方・ポイント

NECのウルトラブックの画像

ウルトラブックの選び方・ポイントをご説明!

ここまで、ウルトラブックについて、一般的なノートPCとの違いを交えご説明してきました。ここからウルトラブックの選び方についてご説明します。

先ほどご紹介した通り、ウルトラブックには拡張性がないので、選び方は慎重にならなければいけません。また、自分のライフスタイルに合わせた選び方も重要なポイントと言えます。次からウルトラブックの選び方の重要なポイントをご説明します。選び方で重要なポイントは「機能性」「ライフスタイルに合っているか」の二点です。

選び方の重要なポイント①「機能性」

ASUSのウルトラブックの画像

選び方のポイント「機能性」

選び方の重要なポイントとしてあげられのが「機能性」です。ウルトラブックは高性能なノートPCです。ですが、ウルトラブックによって機能性は様々です。

機能性の特に重要なのがPCの「脳」にあたる「CPU」です。インテルが提唱しているのでCPUはスペックが高い「coreiシリーズ」に限られます。軽作業や文章作成ではcorei3や5あれば十分です。ゲームや画像編集まで行いたいのであればcorei5の後期や7がおすすめです。

ゲーミングウルトラブックの画像

メモリと内部ストレージも選び方の重要なポイント

パソコンの脳である「CPU」も重要ですが、作業スペースの役割を持つ「メモリ」と内部のデータに関連する「内部ストレージ」も機能の重要なポイントです。

メモリは「作業スペース」の役割をはたしますから、メモリを多ければ多いほど、多くのタスクを処理する事が可能です。パソコンは見えない部分で様々なソフトが開いていますので8gbがおすすめです。「内部ストレージ」ですが、これは本棚の様な役割を持ちます。

バイオウルトラブックの画像

SSDは高性能で高コスト

容量が大きい程内部に画像や文章を多く保存できます。HDDとSSDがあります。SSDはPCの立ち上がり等が早い反面コストが高くなります。

選び方の重要なポイント②「生活に合わせて」

ウルトラブック(黒)の画像

選び方のポイント「ライフスタイルに合っているか」

選び方の重要なポイントとして「ライフスタイルに合っているか」があがられます。例えばウルトラブックを毎日持ち運ぶのであれば重量が軽いものがおすすめです。

重量の基準で言えば1キロぐらいです。ですが、スマホみたいポケットにいれて持ち運ぶ程の手軽さはありませんので、そこまで重量は重視しなくて良いといえます。画面の大きさも選び方の重要なポイントです。ウルトラブックで仕事をするのであれば、キーボードの打ちやすさや画面の見やすさから13インチ以上がおすすめです。手軽さ重視であれば13インチ以下がカバンに入りやすくおすすめです。

バイオウルトラブックの画像

オーバースペックにならない様に

ウルトラブックの選び方で重要なポイントは「機能性」と「自分のライフスタイルに合っているか」の二点である事をご説明しました。

ですが、持ち運び等の手軽さから「オーバースペック」なウルトラブックを選んでしまってはいけません。ウルトラブックの「機能性」も「自分のライフスタイル」を見極めしっかりした選び方をしていきましょう。最近では価格が比較的安いウルトラブックも発売されています。高いスペックを要求する作業を行わないのであれば安いコスパが良いモデルがおすすめです。

安い人気モデルの価格など比較して高性能・コスパ最強なのは?

レノボウルトラブックの画像

様々なブランドの中からおすすめは「レノボ」

ここまでウルトラブックの特徴や一般的なノートPCとの違い、選び方のポイント等をご説明してきました。次からウルトラブックのおすすめランキングをご紹介します。

ウルトラブックは様々なブランドから発売されています。一般的なノートPCが人気の「NEC」「東芝」は勿論、軽量でおすすめの「デル」は高性能で高品質です。ですがウルトラブックの中で安いモデルが多く、コスパが良いモデルは「レノボ」です。レノボは種類も多く、おすすめランキングに数多くでてきます。是非チェックしてみて下さい。それではランキングスタートです!

ウルトラブックおすすめランキング22位~11位

パナソニック・Let'・note・MX4・CF-MX4EMCTSの画像

ウルトラブックおすすめランキング22位~11位をご紹介!

ここまで、ウルトラブックについて、一般的なノートPCとの違いや選び方等をご説明してきました。ここからウルトラブックのおすすめランキングをご紹介していきます。

ここからのランキングは22位~11位です。ランキングは下位になりますが、安いコスパが良いモデルも沢山でてきます。ウルトラブックの選び方で特に重要なポイントが「自分のライフスタイルに合わせた」選び方が出来るかどうかです。ウルトラブックは機能性・使い勝手において、高性能な為価格が高騰しまいます。是非自分に合ったウルトラブックを見つけて下さい。

22位:LG「gram・13Z980-GA56J」

商品詳細

LG・gram・13Z980-GA56Jの画像

長時間バッテリーが特徴のモデル!

ブランド:LG

価格:114524円

画面サイズ:13.3インチ

重量:0.965kg

拡張性能:HDMIx1・USB3.0 Type-Ax2/Type-Cx1・microSDスロット

CPU:Core i5 8250U

メモリー:8GB

ストレージ:SSD/256GB

バッテリー稼働時間:最大27時間

ウルトラブックおすすめランキング22位でご紹介するのは「LG・gram・13Z980-GA56J」です。こちらのモデルはステレージのSATA3.0のSSDを採用しているので、10秒以内のOSの起動が可能なウルトラブックです。長時間使用可能なバッテリーを搭載しているので、一度のフル充電で最大27時間長時間稼働を可能にしています。

21位:レノボ「YOGA720・フルHD液晶Core/i5」

商品詳細

レノボ・YOGA・720・フルHD液晶・Core i5の画像

ランキング21位はコスパが良いレノボのモデル!

ブランド:レノボ

価格:81032円

画面サイズ:12.5インチ

重量:1.18kg

拡張性能:USB3.0・Type-Ax1/Type-Cx1

CPU:Core i5・7200U

メモリー:8GB

ストレージ:SSD/256GB

バッテリー稼働時間:最大8.4時間

安い・コスパが良い人気のブランド「レノボ」から、SSD搭載モデルをランキング21位でご紹介します。レノボ「YOGA720・フルHD液晶Core/i5」はOSの起動やインターネットの起動が早いSSDを搭載したコスパが良いモデルです。デザイン性・持ち運び性能も良く、「2in1のコンバーチブル」タイプなので用途に合わせた使い方が可能です。

20位:ASUS「VivoBookPro・N580VD/N580VD-FY815T」

商品詳細

ASUS・VivoBook・Pro・N580VD・N580VD-FY815Tの画像

HDDとSSDのハイブリットモデル!

ブランド:ASUS

価格:117800円

画面サイズ:15.6インチ

重量:1.99kg

拡張性能:HDMIx1・USB3.0x1・USB3.1/Gen1/Type-Cx1・SDスロット

CPU:Core i5 7300HQ

メモリー:8GB

ストレージ:HDD・1TB/SSD・256GB

バッテリー稼働時間:最大6.4時間

ウルトラブックおすすめランキング20位でご紹介するのはASUS「VivoBookPro・N580VD/N580VD-FY815T」です。こちらのモデルは、ストレージがHDD・1TB/SSD・256GBとストレージ機能が高いモデルといえます。持ち運びの性能は低いですが、画面が大きく、キーボードも大きい為作業やビジネス向けモデルといえます。

19位:レノボ「Ideapad330S」Core/i5

商品詳細

レノボ・Ideapad・330S・Core・i5の画像

コスパが良いスタイリッシュなモデル!

ブランド:レノボ

価格:72919円

画面サイズ:14インチ

重量:1.67kg

拡張性能:HDMIx1・USB3.0x2・USB3.1/Type-Cx1・SDスロット

CPU:Core i5 8250U

メモリー:8GB

ストレージ:SSD/256GB

バッテリー稼働時間:最大12.4時間

安い、コスパが良い「レノボ」からスリムでスタイリッシュなモデルをランキング19位でご紹介します。レノボ「Ideapad330S」Core/i5はSSDを搭載、corei5のCPUを持ちながら10万円を切るコスパが良いモデルです。さらに長時間稼働バッテリーを搭載し、シンプルで洗礼されたデザインは持ち運びもしやすく、どこで使ってもおしゃれに長く使用できます。

18位:ASUS「ZenBook14」UX430UA・UX430UA8250

商品詳細

ASUS・ZenBook・14・UX430UA・UX430UA-8250の画像

コスパが良く持ち運びしやすいモデル!

ブランド:ASUS

価格:79419円

画面サイズ:14インチ

重量:1.27kg

拡張性能:microHDMIx1・USB3.0x1・USB3.1Gen1Type-Cx1・SDスロット

CPU:Core i5・8250U

メモリー:8GB

ストレージ:SSD・256GB

バッテリー稼働時間:最大9.4時間

コスパが良い安いモデルを出しているのは「レノボ」だけではありません。「ASUS」もコスパが良く人気です。そこでウルトラブックおすすめランキング18位ではASUS「ZenBook14」UX430UA・UX430UA8250「ASUS・ZenBook・14・UX430UA・UX430UA-8250」をご紹介します。こちらのモデルは持ち運びのしやすさと画面の見やすさを両立させたモデルです。

ASUS・ZenBook・14・UX430UA・UX430UA-8250

ASUS「ZenBook14」UX430UA・UX430UA-8250の機能性は?

ASUS「ZenBook14」UX430UA・UX430UA8250はストレージに「SSD」を搭載しているのでOSの起動も早いモデルといえます。

こちらのモデルの特徴はSSD搭載でストレスを軽減してくれる事だけではありません。厚さ15.9mm、重量約1.27kgで持ち運びがし易いだけではなく、13型のコンパクトクラスに14型のディスプレイを搭載しているので画面の見やすさも兼ね揃えています。又画面の明るい場所でも見やすい仕様を採用しているので、どんな場所でも見やすく作業可能です。

17位:富士通「FMV・LIFEBOOK」UH75/B1

商品詳細

富士通・FMV・LIFEBOOK・UH75/B1の画像

富士通の軽量モデル!

ブランド:富士通

価格:141482円

画面サイズ:13.3インチ

重量:0.777kg

拡張性能:HDMI端子・USB3.0・USB3.1/Type-C・SDカードスロット

CPU:Corei5・7200U

メモリー:4GB

ストレージ:SSD:128GB

バッテリー稼働時間:最大8.3時間

安心と信頼信頼のメーカー「富士通」からランキング17位でおすすめのウルトラブックをご紹介します。富士通「FMV・LIFEBOOK」UH75/B1は重量わずか0.777キロの超軽量モデルです。また、SSD搭載モデルでストレスフリーなだけではなく、30分で50%の充電ができる急充電等、使い勝手が良い機能性を機能が盛りだくさんのモデルです。

16位:NEC「LAVIE NoteMobile・NM550/KA」

商品詳細

NEC・LAVIE・Note・Mobile・NM550/KA

おすすめランキング16位はこんな商品!

ブランド:NEC

価格:116911円

画面サイズ:12.5インチ

重量:0.925kg

拡張性能:HDMI端子・USB3.0・SDカードスロット

CPU:Core i5・7Y54

メモリー:8GB

ストレージ:SSD:256GB

バッテリー稼働時間:最大11.6時間

ノートPCで特に人気のブランド「NEC」から、ランキング16位でNEC「LAVIE NoteMobile・NM550/KA」をご紹介します。こちらのモデルは持ち運びがしやすい人気のモデルで、省エネ機能も搭載しており、バッテリー稼働時間が11.6時間と長く使用できるのも人気の一つです。又、起動中も静かで、カフェ等で周りを気にする事なく使用できます。

15位:Acer「Swift 5・SF514-52T-H58Y」

商品詳細

Acer・Swift 5・SF514-52T-H58Yの画像

大画面で軽量!

ブランド:Acer

価格:122780円

画面サイズ:14インチ

重量:0.97kg

拡張性能:HDMIx1・USB3.0x2・USB3.1/Gen1/Type-Cx1

CPU:Core・i5・8250U

メモリー:8GB

ストレージ:SSD・512GB

バッテリー稼働時間:最大8時間

ウルトラブックおすすめランキング15位でご紹介するのは「Acer・Swift 5・SF514-52T-H58Y」です。それなりにコスパが良い「Acer」ですが、こちらのモデルは14.0インチと大画面でありながら0.97キロと軽量性ももったモデルです。SSD搭載でストレスフリーでありながら容量もそれなりにあるので、画像等を多く保存する事が可能です。

14位:レノボ「ideapad・320S・Corei3」

商品詳細

レノボ・ideapad・320S・Core・i3の画像

レノボのスリムでコンパクトなモデル!

ブランド:レノボ

価格:89799円

画面サイズ:13.3インチ

重量:1.2kg

拡張性能:HDMI端子・USB3.0 Type-A/Type-C・SDカードスロット

CPU:Core i3・7100U

メモリー:4gb

ストレージ:SSD・256GB

バッテリー稼働時間:最大6.1時間

安い・コスパが良いレノボから、エントリー向けのモデルをランキング14位でご紹介します。「レノボ・ideapad・320S・Core・i3」はスリムでコンパクトなエントリーモデルです。スタイリッシュでコンパクトな13.3インチのこちらのモデルは、モバイル性を追求したデザインでどこでも手軽に持ち運び可能です。デザインもシンプルで使いやすく、パワフルなコスパを実現したモデルです。

13位:マイクロソフト「Surface・Laptop・KSR-00022」

商品詳細

マイクロソフト・Surface・Laptop・KSR-00022の画像

他のウルトラブックとは一味違う人気モデル!

ブランド:マイクロソフト

価格:94967円

画面サイズ:13.5インチ

重量:1.252kg

拡張性能:miniDisplayPortx1・USB3.0x1

CPU:Corei5

メモリー:8GB

ストレージ:SSD:128GB

バッテリー稼働時間:最大14.5時間

独自性のモデルで人気の「マイクロソフト」をランキング13位からご紹介します。「マイクロソフト・Surface・Laptop・KSR-00022」はラグジュアリーなボディーが魅力的なモデルです。またこちらモデルは「手軽さ」だけではなく「耐久性」も兼ね揃えたモデルで、どこでも気軽に持ち運びができます。

マイクロソフト・Surface・Laptop・KSR-00022の画像

機能性は?

マイクロソフト・Surface・Laptop・KSR-00022の機能性は「手軽さ」だけではなく、細かい部分の機能も充実したモデルです。

デザインがすっきりしていて、キーボードもとても使いやすいくて、大変バランスの良い商品だと思います。

一本の指でPCを開く事が出来るなど、細部にも拘ったこちらのモデルは、ユーザーからも使いやすいと好評です。又、タッチ操作対応で、特にこのPCの画面の大きさは写真や動画、レポート等を美しく鮮やかに映し出してくれます。プライベートから作業まで、手軽にこなしてくれるおすすめモデルといえます。

12位:パナソニック「Let'note・MX4・CF-MX4EMCTS」

商品詳細

パナソニック・Let'・note・MX4・CF-MX4EMCTS

パナソニックの人気PC「レッツノート」から!

ブランド:パナソニック

価格:264800円

画面サイズ:12.5インチ

重量:1.198kg

拡張性能:HDMI端子・VGA端子・USB3.0・SDカードスロット

CPU:Corei5・5300U

メモリー:4GB

ストレージ:SSD・128GB

バッテリー稼働時間:11.5時間

軽量・長時間・頑丈・高性能なモバイルノートPCの代表格と言えるパナソニックの「レッツノート」をランキング12位でご紹介します。「パナソニック・Let'・note・MX4・CF-MX4EMCTS」はSSDを搭載したストレスフリーの人気モデルです。又こちらのモデルは「光学ドライブ」が装備されているので、拡張性が少ないウルトラブックの中では高い拡張性を持ち合わせているモデルといえます。

11位:VAIO「Duo・11 ・SVD1122AJB」

商品詳細

VAIO・Duo・11 ・SVD1122AJB

ソニーの2in1モデル!

ブランド:ソニー

価格:109800円

画面サイズ:11.6インチ

重量:1.3kg

拡張性能:HDMI端子・VGA端子・Bluetooth・USB3.0

CPU:Corei5・3337U

メモリー:4GB

ストレージ:SSD128GB

バッテリー稼働時間:最大7時間

ウルトラブックおすすめランキング11位でご紹介するのは「VAIO・Duo・11 ・SVD1122AJB」です。こちらのモデルは2in1モデルのコンバーチブルタイプで、ノートPC・タブレット2通りの使い方が可能な手軽さも持ち合わせたおすすめモデルです。安心の国内メーカーで性能も良く、ソニー製品という事で液晶が綺麗なのも嬉しいポイントです。

ウルトラブックおすすめランキング10位~7位

HP・ENVY・Ultrabook・6-1200の画像

ウルトラブックおすすめランキング10位~7位をご紹介!

ここまでウルトラブックおすすめランキングを11位までご紹介しました。ここからランキングは中盤から上位になります。

11位までご紹介されたモデルを見てみると、レノボを始めとした、安いコスパが良いモデルを多くご紹介・ご説明しました。ここからのランキングは上位に繋がるという事で、コスパが良いモデルは勿論、高性能なハイスペックなモデルも登場してきます。中盤から上位につながるここからのランキングも要チェックです。

10位:富士通「FMV・LIFEBOOK・TH90/P FMVT90P」

商品詳細

富士通・FMV・LIFEBOOK・TH90/P FMVT90P

人気の富士通の2in1モデル!

ブランド:富士通

価格:209701円

画面サイズ:13.3インチ

重量:1.59kg

拡張性能:HDMI端子・USB3.0・SDカードスロット

CPU:Core・i5・4200U

メモリー:8GB

ストレージ:500GB+NAND型フラッシュメモリ

バッテリー稼働時間:最大12.5時間

信頼性が高いブランド「富士通」から、2in1モデル・コンバーチブルモデルをランキング10位でご紹介します。「富士通・FMV・LIFEBOOK・TH90/P FMVT90P」はコンバーチブル型でディスプレイが右にも左にも回る為4スタイルの使い方を実現したモデルです。性能が高いのは勿論、頑丈なボディーを採用しているので耐久性も実現、タッチパネルもキズや衝撃に強いガラスを装備しているので安心です。

9位:NEC・LAVIE「Hybrid-Standard・HS350/CAS・PC-HS350CAS」

商品詳細

NEC・LAVIE・Hybrid・Standard・HS350/CAS・PC-HS350CAS

NECの2in1モデル!

ブランド:NEC

価格:78364円

画面サイズ:11.6インチ

重量:0.795kg

拡張性能:???

CPU:Core M・0.8GHz

メモリー:4GB

ストレージ:SSD128GB

バッテリー稼働時間:最大7.8時間

信頼の国内ブランド「NEC」から2in1モデルをランキング9位でご紹介します。「NEC・LAVIE・Hybrid・Standard・HS350/CAS・PC-HS350CAS」はタブレット・ノートPC両方で使う事が可能ないいとこどりのモデルです。SSD搭載でOSの起動も早くストレスフリーのこのモデルは、快適なデザインと快適な機能が充実したおすすめモデルです。

8位:ASUS「ZenBook・13・UX331UAL-8250」

商品詳細

ASUS・ZenBook・13・UX331UAL・UX331UAL-8250

ASUSのSSD性能が高いウルトラブック!

ブランド:ASUS

価格:99000円

画面サイズ:13.3インチ

重量:0.985kg

拡張性能:HDMI端子・USB3.0・USB3.1/Type-C・microSDカードスロット

CPU:Core i58250U

メモリー:8GB

ストレージ:SSD・512GB

バッテリー稼働時間:最大9.6時間

安いコスパに優れたブランド「ASUS」からご紹介します。ランキング8位の「ASUS・ZenBook・13・UX331UAL・UX331UAL-8250」は高いパフォーマンスとコンパクトな性能を持つモデルです。SSD搭載でOSやネットの読み込みが早く、512GBの容量は画像等を多く保存可能です。

ASUS・ZenBook・13・UX331UAL・UX331UAL-8250の画像

ユーザーの評価も高い

「ASUS・ZenBook・13・UX331UAL・UX331UAL-8250」はバッテリーも長持ちで、持ち出しの性能がより高いモデルといえます。

とにかく速い。SSDの512GBはめちゃくちゃな速さ。
スタンバイモードにしてふたを開くと、ぱっとついている。パスワードを入力すると一瞬で画面が切り替わる。全くストレスレス。

このモデルの性能の良さを実感しているユーザーが多く、ストレスフリーだという意見が多いの見受けられます。さらに1キロを切るモデルでありながら、高耐久なのも嬉しいポイントです。手軽に快適に使えるこちらの人気のモデルで仕事にプライベートに充実させてみてはいかがでしょうか。

7位:レノボ「ThinkPad・X250・20CM007DJP」

商品詳細

レノボ・ThinkPad・X250・20CM007DJP

レノボの人気シリーズ「ThinkPad」から!

ブランド:レノボ

価格:92888円

画面サイズ:12.5インチ

重量:1.49kg

拡張性能:miniDisplayPort・VGA端子・USB3.0・SDカードスロット

CPU:Core i5 5300U

メモリー:8GB

ストレージ:HDD:500GB

バッテリー稼働時間:最大10.8時間

安い・コスパが良い「レノボ」から「ThinkPad」をおすすめウルトラブックランキング7位でご紹介します。「レノボ・ThinkPad・X250・20CM007DJP」はデザイン・機能性が非常に高いモデルです。「ThinkPad」のシリーズはビジネス向けにつくられており、シックなデザイン性が特徴的なモデルです。

レノボ・ThinkPad・X250・20CM007DJPの画像

このモデルの特徴を詳しく

「ThinkPad」のシリーズ自体が厳しい品質のチェックを受けたものですので、製品は安全・安心といえます。また、デザイン性も非常に良く使いやすさにもしっかり拘ったモデルです。

特にThinkPadはキーボードがとても打ちやすくてすごく気に入ってるブランドです
バッテリーが2つ搭載されてるので持ち運びも長持ちしますよ

ユーザーからは特に、キーボードが打ちやすいと人気のモデルです。又、バッテリーが2つ搭載されており、長く使用が可能、さらにシャットダウンしなくても取り換え可能なのも使い勝手が良いポイントです。

ウルトラブックおすすめランキング6位~4位

NEC・LAVIE・Hybrid・Standard・HS350/CAS・PC-HS350CASの画像

ウルトラブックおすすめランキング6位~4位をご紹介!

ここからランキングも上位です。安いコスパの良いモデルもでてきます。ユーザーの評価等あれば一緒にのせていきます。参考にしてみて下さい。

6位:HP「Spectre・13-af018TU・スタンダードモデル」

商品詳細

HP・Spectre・13-af018TU・スタンダードモデルの画像

HPの最先端テクノロジーを装備したモデル!

ブランド:HP

価格:150984円

画面サイズ:13.3インチ

重量:1.11kg

拡張性能:USB3.1Type-Cx3(Thunderbolt3兼用x2)

CPU:Corei5・8250U

メモリー:8GB

ストレージ:SSD・256GB

バッテリー稼働時間:最大11.25時間

ランキング6位では安いコスパの良いブランド「hp」から高性能なモデルをご紹介します。「HP・Spectre・13-af018TU・スタンダードモデル」は「所有する喜び」を実感できるデザインを細部まで追求したモデルです。妥協する事なくつくられたこちらのモデルは最先端のテクノロジーをとりいれた高性能なモデルといえます。

HP・Spectre・13-af018TU・スタンダードモデルの画像

このモデルの機能性は?

洗礼されたこちらのモデルは軽量かつ剛性に優れた素材を使用しています。持ち運びの性能も高く、画面の縁は極限までそぎ落としているので無駄がないすっきりしたデザインです。

本機は、大変静かなPCで、CPUファンの音も、アップデートの適用時以外は、ほとんど気になりません。

「機能美」が目立つこちらのモデルですが、内部の機能も充実しています。SSD仕様でOS等の起動もスムーズです。さらに、ユーザーの評価で見受けられたのが「静音」である事です。その他にユーザーの評価をみているとデザイン・スペック共に満足されているユーザーが多くあらゆる場所で活躍できるモデルといえます。

5位:NEC「LAVIE・Hybrid-ZERO・HZ750/LA」

商品詳細

NEC・LAVIE・Hybrid・ZERO・HZ750/LAの画像

超コンパクトで高性能なモデル!

ブランド:NEC

価格:163000円

画面サイズ:13.3インチ

重量:0.831kg

拡張性能:HDMIx1・USB3.0x2・SDスロット

CPU:Corei7・8550U

メモリー:8GB

ストレージ:SSD:512GB

バッテリー稼働時間:最大10.8時間

ランキング5位では安全安心のブランド「NEC」から最新の最軽量モデルをご紹介します。「NEC・LAVIE・Hybrid・ZERO・HZ750/LA」はタブレットにもなる2in1モデルです。こちらのモデルの特徴は世界最軽量ともよばれる軽さと、アクティブに持ち運びが可能なコンパクトな性能にあります。

NEC・LAVIE・Hybrid・ZERO・HZ750/LAの画像

このモデルの性能は?

持ち運びがし易い2in1を採用したこちらのモデルは高性能で、ストレスフリーのウルトラブックです。

ストレージにSSD512GB仕様なので、OSやネットの起動が早くストレスを感じる事はありません。さらにcorei7仕様、メモリ8GBでサクサク動作するので快適に作業を行えます。又急速充電にも対応、耐久性も高く気軽に持ち運びが可能です。価格は安いとは言えませんが、これだけの性能をもっているのでコスパは非常に高いモデルといえます。

4位:レノボ「Ideapad・530S」

商品詳細

レノボ・Ideapad・530Sの画像

スピーカーの性能が高いレノボのモデル!

ブランド:レノボ

価格:74066円

画面サイズ:14インチ

重量:1.49kg

拡張性能:HDMIx1・USB3.0x2・USB3.1Type-Cx1・SDスロット

CPU:Corei5・8250U

メモリー:8GB

ストレージ:SSD・256GB

バッテリー稼働時間:最大7.6時間

ウルトラブックおすすめランキング4位では、特に安いコスパが良いモデルをご紹介します。「レノボ・Ideapad・530S」は自然な音声を実現したスピーカーを搭載しています。その為ビデオチャット等でも聞き取りやすく高品質な音声・サウンドも楽しめます。さらに、CPUとメモリが優秀なのに価格は8万円をきります。

レノボ・Ideapad・530Sの画像

安い・コスパNO1はこのパソコン!

ウルトラブックおすすめランキング内で特にコスパが非常に高いモデルといえます。さらに、急速充電にも対応しているのも嬉しいポイントです。

ウルトラブックおすすめランキング3位~1位

レノボ・Ideapad・530Sの画像

ウルトラブックおすすめランキング3位~1位をご紹介!

ウルトラブックおすすめランキングもいよいよトップ3です。こちらの3つは必ずチェックしましょう。ここからも参考になるレビューものせていきます。

3位:東芝・FMV「LIFEBOOK・UH90/B3・FMVU90B3B」

商品詳細

東芝・FMV・LIFEBOOK・UH90/B3・FMVU90B3Bの画像

超軽量素材で高性能なモデル!

ブランド:東芝

価格:159800円

画面サイズ:13.3インチ

重量:0.899kg

拡張性能:HDMIx1・USB3.0x2・USB3.1Gen1Type-Cx1・SDスロット

CPU:Corei7・8550U

メモリー:8GB

ストレージ:SSD・256GB

バッテリー稼働時間:最大17時間

ウルトラブックおすすめランキング3位でご紹介するのは「東芝・FMV・LIFEBOOK・UH90/B3・FMVU90B3B」です。超軽量素材を採用しコンパクトな性能をもつこちらのモデルはフルサイズのキーボード搭載で携帯性と操作性の両立を実現しています。また拡張性のも高く、さまざまなシーンで活躍できます。

東芝・FMV・LIFEBOOK・UH90/B3・FMVU90B3Bの画像

ストレスフリーの性能をもっている!

さらにこちらのモデルは高い性能のCPUとメモリを搭載しているのでストレス無く作業可能です、またSSD仕様なのもストレスフリーの要因です。

このモデルの評価

東芝・FMV・LIFEBOOK・UH90/B3・FMVU90B3Bの画像

このモデルの評価は?

高性能で持ち運びの性能も高いこちらのモデルですが、評価はどうなのでしょうか?口コミからみていきます。

ウルトラブックになると、LANポートがなかったりするものが多い中、
このPCのLANポートこそが、国産PCならではの素晴らしさ!!

こちらのモデルの評価をみていくと、ウルトラブックにはない拡張性の良さがきにいっている人が多い様です。それと同じぐらい好評なのが「キーボード」の打ちやすさです。ソフトな感じなので最初は打ちづらい様ですが、慣れればかなり打ちやすいと好評でした。

2位:マイクロソフト「Surface・Laptop-2・Corei5」

商品詳細

マイクロソフト・Surface・Laptop・2・Core・i5の画像

マイクロソフトの洗礼された人気モデル!

ブランド:マイクロソフト

価格:147673円

画面サイズ:13.5インチ

重量:1.252kg

拡張性能:miniDisplayPortx1・USB3.0x1

CPU:Corei5・8250U

メモリー:8GB

ストレージ:SSD・256GB

バッテリー稼働時間:最大14.5時間

ウルトラブックの中で特に「洗礼」されたモデルをランキング2位でご紹介します。「マイクロソフト・Surface・Laptop・2・Core・i5」は「洗礼されたデザイン」と「洗礼されたモビリティ」を実現したモデルです。最大14.5時間のバッテリーと高性能なCPUで、実現しようとするパフォーマンスをこのモデルは実現してくれます。

マイクロソフト・Surface・Laptop・2・Core・i5の画像

独創的なタッチも

また、独創的なタッチ性能も完備しており、仲間と共に直観的にスピーディーに作業が可能です。このモデルがあれば作業の生産性が向上しますよ。

このモデルの評価

マイクロソフト・Surface・Laptop・2・Core・i5の画像

このモデルの評価は?

独創的なこちらのモデルですが、ユーザーの評価はどうなのでしょうか?口コミ等からみていきましょう。

申し分ないほど洗練されたデザイン。
ブラックを選びましたが、アルミニウムの質感の良さと高級感。

こちらのモデルの評価を見ていると、洗礼されたデザインに満足されている様です。機能面については使用して初めて良さが分かるようです。ディスプレイも綺麗と好評で、作業も充実しているユーザーも多く見受けられました。

1位:デル「XPS13・プラチナハイエンドCorei7」

商品詳細

デル・XPS・13・プラチナハイエンド・Core・i7の画像

4Kが特徴的な人気モデル!

ブランド:デル

価格:184985円

画面サイズ:13.3インチ

重量:1.21kg

拡張性能:USB3.1Type-C・USB Type-C、Thunderbolt3兼用・microSDカードスロット

CPU:Corei7・8550U

メモリー:16GB

ストレージ:SSD・512GB

バッテリー稼働時間:最大19時間46分

ウルトラブック人気ランキング1位でご紹介するのは「デル・XPS・13・プラチナハイエンド・Core・i7」です。こちらのモデルの特徴は4Kタッチパネルを搭載した今までにないウルトラブックといえます。軽量でコンパクトでありながらボディには頑丈なアルミを使用しているので安心して持ち運びできます。

デル・XPS・13・プラチナハイエンド・Core・i7の画像

ストレスフリーな機能も沢山!

CPUの非常に優秀で、メモリも16GBと高性能なスペックを誇り、サクサク動きます。SSD512GBでOS等の立ち上がりも早くオールラウンドに活躍出来るモデルです。

このモデルの評価

デル・XPS・13・プラチナハイエンド・Core・i7の画像

このモデルの評価は?

高性能で持ち運びも安心のこちらのモデルですが、評価はどうなのでしょうか?口コミ等からみていきましょう。

ディスプレイも4Kということがあり、動画なども4Kは固まることなく繊細に描写された。迫力がある。13インチに4Kは必要か?と思ってしまったが…

この大きさのディスプレイに4Kは必要かどうか疑問に思うユーザーが多い様ですが、やはり4Kは迫力があり気に入っているというユーザーも見受けられました。普通の動画もしっかり動き、軽いゲームやシミュレーション等もしっかり動くと好評です。

ウルトラブックを安く購入するためのテクニック

デルウルトラブックの画像

ウルトラブックを安く購入したい!

ここまで、ウルトラブックのおすすめランキングをご紹介しました。そこできになるのが「価格」の面です。

やはり高性能なPCを小さくまとめるとなると価格はどうしても高騰ししまいます。安い低スペックなもでも9万円ぐらいしてしまいます。そこで、ウルトラブックを安く購入する方法をここではご紹介します。参考にしてみて下さい!

アウトレットや型落ちセールを狙うのもおすすめ!

ソニーのウルトラブックの画像

ストアのアウトレットコーナーがおすすめ

一番おすすめなのが、ストアで型落ちになっているモデルを購入する事です。ストアにいくとと「アウトレットコーナー」がありますのでそこで掘り出し物をみつけてみましょう。

また、ストアによってはネットで販売している場合もあります。アマゾンや価格ドットコム等でスペックと価格をしっかりみて購入するのもおすすめです。実際に触る事は出来ませんが、外に出る手間が省けるのでこちらの方法もおすすめです。

中古品で安く済ませる

HPウルトラブックの画像

ネットオークション等でやすくすませる。

ネットオークションで安く済ませるのも一つの方法です。

ネットオークションで購入の場合ですと保証がありません。中古での購入であればリサイクショップ等で購入する事が多少の保証もつきおすすめです。中古に抵抗がある方はBTOメーカーという受注生産式のメーカーが安くコストを抑えられおすすめです。

大切なウルトラブックを保護して大切に扱おう!

ウルトラブックには衝撃を吸収するケースが必要

レノボウルトラブックの画像

ウルトラブックのケーズをご紹介!

ノートPCの中でも特にコンパクトなウルトラブックですが、同時に衝撃を吸収するケースの購入をおすすめします。

どのブランドも耐久性が高いモデルばかりですが、コンパクトで高性能ですので、いつどうなるかわかりません。衝撃に強いモデルでもHDDが壊れてしまう場合もあります。そこで次はおすすめのケースを2つご紹介します。

おすすめウルトラブックケース①

PCインナーバッグの画像

WIWU・PCインナーバッグ

13.3インチ対応のこちらのモデルは防水仕様の人気のPCケースです。シンプルなデザインで収納性も高く、中もふわふわな仕切りが特徴のモデルです。

おすすめウルトラブックケース②

Gearmas・macbook・ケース・ウルトラブック/ネットブック用・ケース の画像

Gearmas・macbook・ケース・ウルトラブック/ネットブック用・ケース

こちらのPCケースはシンプルでありながら、整理整頓の機能性が非常に高いモデルです。防水加工、防傷加工もしており安心して外出できますよ。

ウルトラブックおすすめランキングTOP22のまとめ

デルウルトラブックの画像

ランキングのまとめ!

ここではウルトラブックの人気ランキングTOP22をご紹介しました。

ウルトラブックの選び方で特に重要なのが「スペック」もそうですが特に重要なのが「自分のライフスタイル」に合っているかどうかです。ウルトラブックは決して安い買い物ではありません。ですが自分にあったモデルがあれば生活はより快適になります。是非このランキングを参考に自分に合ったウルトラブックを見つけてみて下さい。

あわせて読みたい関連記事はこちら!

一体型PCおすすめランキングTOP15!部屋のインテリアにもおしゃれ! | ランキングまとめメディア
レノボのノートパソコンがコスパ抜群でおすすめ!人気機種ランキングTOP11! | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ