2018春アニメおすすめランキングベスト17&一覧!覇権を制した人気作品は?

2018年に放送された春アニメはアクの強いキャラクターが多く、いずれも人気作品ばかりです。中には国民的名作アニメの続編もあります。どの作品を視聴しようかと悩んでいる人には、ランキングを参考にするのがおすすめです。そこで2018年春アニメから、おすすめの作品17選をランキングと一覧で紹介します。ランキングや一覧では作品ごとの評価や感想にも触れますので、是非参考にして下さい。果たして覇権を取った作品は何でしょうか?

目次

  1. 2018春アニメおすすめランキング一覧ベスト17!
  2. 2018春アニメおすすめランキング一覧17~11位
  3. 2018春アニメおすすめランキング一覧10~7位
  4. 2018春アニメおすすめランキング一覧6~4位
  5. 2018春アニメおすすめランキング一覧3~1位
  6. 2018春アニメの人気キャラクターにも注目
  7. 2018春アニメおすすめランキング一覧ベスト17のまとめ

2018春アニメおすすめランキング一覧ベスト17!

2018年の春アニメ人気作品の感想や評価など知りたい

2018年春アニメの画像

2018年春のおすすめアニメを紹介!

過去に放送されたアニメでも、DVDレンタルや動画配信サイトを利用すれば観られる事が多いです。そういう意味では便利な世の中になりました。

2018年春アニメにはアクの強いキャラクターが多く、彼等の存在は作品を盛り上げてくれます。一度観たら思わず虜になってしまいそうな個性から、作品の評価にも貢献しているようです。2018年春アニメの中でどれがおすすめなのか、感想や評価はどういったモノが多いのか、気になる人もいる事でしょう。

覇権を制した人気作品は?

2018年春アニメランキングの紹介

選りすぐりのアニメをランキングで紹介!

多くの人が気になるであろう事が、2018年春アニメで覇権を獲得した作品です。初アニメ化された作品だけでなく、過去作の続編やリメイク版も放送されています。

そこで2018年春アニメから、覇権候補としておすすめの人気作品17選をランキングで紹介します。このランキングではあらすじは勿論、作品ごとの感想・評価についても解説しますので、気になる人は参考にしてみて下さい。それでは、ランキングスタートです!

2018春アニメおすすめランキング一覧17~11位

2018春アニメおすすめランキング一覧17~11位の発表

2018春アニメおすすめランキング17~11位の紹介

まずは2018春アニメおすすめランキング一覧17~11位の発表です。キャラクターやストーリーが独創的で、おすすめのアニメが早速揃っています。

 

ハードな作風のモノが多く、戦闘シーンも迫力があります。ギャグアニメでも本来のテイストを忘れそうになる位マッチしているので、見応えバツグンです。

 

一貫した作風から人気や評価も高く、覇権候補としておすすめの作品ばかりです。

17位:宇宙戦艦ティラミス

ランキング17位の情報一覧

宇宙戦艦ティラミスの画像

壮大な世界観で繰り広げられるギャグ

原作:宮川サトシ/伊藤亰

制作会社:GONZO(ゴンゾ)

話数:全13話

キャスト:石川界人、櫻井孝宏、諏訪部順一、江口拓也、大塚明夫

視聴可能なサービス:アマゾンプライム

2018年春アニメランキング17位は、「宇宙戦艦ティラミス」です。宇宙を舞台に2つの勢力による戦争が繰り広げられるSFチックなストーリーの裏で、敵味方を問わずシュールなコメディが繰り広げられます。「ユニヴァース感覚」など、ロボットアニメでは定番の特殊能力を持ったパイロットも登場します。

ランキング17位のあらすじ

宇宙戦艦ティラミスのBlu-ray box画像

引きこもりがちなエースパイロット

宇宙暦0156年、人類は「地球連邦」と「メトゥスの民」の二大勢力に分かれ、いつ終わるとも知れぬ宇宙大戦を繰り広げていました。

 

地球連邦の宇宙戦艦「ティラミス」に所属するエースパイロットのスバル・イチノセは最新鋭機「デュランダル」を与えられ、次々と戦果を上げていきます。

 

しかしスバルは他のクルーとの集団生活に馴染めないまま、デュランダルのコクピットに引きこもりがちという問題を抱えていました。

一方スバルの兄・イスズはメトゥスの民の幹部にまで出世していましたが、どこか抜けている性格から部下にはフォローされてばかりです。戦場で再会した兄弟は剣を交えるも、大抵しょうもない理由で撤退したり、アッサリ和解する場合が殆どです。こうしてどこか締まらない雰囲気の中、今日も戦争は続いています。

ランキング17位の予告編

「くらげバンチ」で連載中のwebマンガが原作であり、SFチックな世界観のギャグアニメです。2018年にはアニメ化だけでなく、舞台化もされています。無駄にカッコイイキャラクターが無駄にカッコイイロボットに乗り、無駄に共感出来るような理由で繰り広げる喜劇の数々には笑いが止まりません。5分弱のショートアニメであり、観やすい事からもおすすめです。

ランキング17位の感想も紹介

世界観については二大勢力の対立などから、ガンダムを連想すればわかりやすいでしょう。デュランダルを始め登場するロボットはカッコイイデザインが多いので、ロボットアニメ好きなら気に入るかもしれません。文明や技術が大きく発達したにもかかわらず、度々起こるアクシデントの理由は視聴者でも共感出来るモノが多く、2018年春アニメではギャグアニメの覇権として高い人気や評価を得ています。

16位:魔法少女 俺

ランキング16位の情報一覧

魔法少女 俺の画像

可愛いキャラクターとのギャップを楽しむアニメ

原作:毛魂一直線

制作会社:ぴえろプラス

話数:全12話

キャスト:大橋彩香、石川界人、三澤紗千香、羽多野渉、豊永利行、遊佐浩二、森久保祥太郎、久川綾、一条和矢

視聴可能なサービス:アマゾンプライム

2018年春アニメランキング16位は、「魔法少女 俺」です。ひょんな事から魔法少女(どう見てもマッチョマン)になってしまった女子高生アイドルの苦悩と笑いを描きます。原作は既に終了していますが、今回のアニメ化で再び注目を集める事になりました。変身前後のギャップが非常に強く、そういった要素を楽しむアニメです。

ランキング16位のあらすじ

魔法少女 俺の作品画像

魔法少女(男)、鮮烈なデビュー!

駆け出しのアイドルユニット「マジカルツイン」で芸能活動に励む卯野さきは、トップアイドルユニット「STAR☆PRINCE」の御影桃拾に想いを寄せていました。

 

「彼の為なら何だって出来る」という思いが奇跡を起こし、さきは魔法少女に変身しますが、その姿は予想から大きくかけ離れたマッチョマンでした。

 

なぜか妖魔を引き寄せてしまう桃拾を守るべく、さきは嫌々ながら魔法少女として戦います。

やがて桃拾の妹にしてさきの親友である桜世も魔法少女に変身する力を得て、2人はアイドルと魔法少女の二足の草鞋で活動するようになります。しかも事務所命令で変身後の姿は公表したままです。男の姿でもアイドル活動する事に複雑な気持ちを抱えながらも、愛する人を妖魔から守るべくさきの戦いは続きます。

ランキング16位の予告編

駆け出しのアイドルがどう見てもマッチョマンな魔法少女に変身して戦うギャグアニメです。原作者の名前が「毛魂一直線」とある通り、名は体を表すのかもしれません。魔法のステッキも魔法を放つ為の道具ではなく、振り回したり突き刺したりと物理的に相手を倒します。敵側の妖魔も可愛い顔に筋肉質な体型とアンバランスな姿であり、そういったギャップがおすすめだと言えます。

ランキング16位の感想も紹介

「キューティーハニー」のような曲が流れたり、はたまた制作会社繋がりで「クリーミーマミ」を作中に出したりと、往年の変身ヒロインや魔法少女のパロディも多いです。中にはアニメ業界での内輪ネタを「シン・ゴジラ」のパロディとして描いた話もあり、この回だとヒロインは殆ど登場しません。パロディの多さでは覇権だと言えるかもしれません。元ネタについてもある程度知っていた方がより楽しめるでしょう。

15位:魔法少女サイト

ランキング15位の情報一覧

魔法少女サイトの画像

殺伐とした世界観が舞台の春アニメ

原作:佐藤健太郎

制作会社:production dóA

話数:全12話

キャスト:大野柚布子、鈴木愛奈、山崎はるか、茜屋日海夏、芹澤優、原由実

視聴可能なサービス:アマゾンプライム

2018年春アニメランキング15位は、「魔法少女サイト」です。週刊少年チャンピオンで連載中のマンガが原作であり、魔法少女の既成概念を覆す衝撃作として話題を集めた「魔法少女・オブ・ジ・エンド」と原作者は同じです。魔法少女サイトから魔法少女になる力を授けられた少女が過酷な運命、そして魔法少女サイトに隠された闇を明らかにする姿を描きます。

ランキング15位のあらすじ

魔法少女サイトのイベント画像

謎のウェブサイトから力を授かった女子中学生

イジメと兄からの虐待に悩む朝霧彩は、「死にたい」と願いながら過ごしていました。ある日彩は謎のウェブサイト「魔法少女サイト」からステッキを与えられます。

 

 

その直後にイジメをしていたグループに絡まれますが、彩が「この地獄を早く終わらせて」と強く願った末にステッキを使うと、彼女達は無残な事故死を遂げてしまいます。不本意ながら人を殺してしまった彩は強い罪悪感に苛まれますが、同じくステッキを与えられた奴村露野に救われ、彼女との出会いから彩は魔法少女として残酷な運命に巻き込まれていきます。

ランキング15位の予告編

週刊少年チャンピオンで連載中のマンガが原作であり、殺伐とした世界観が舞台の魔法少女アニメです。作者の佐藤健太郎さんは以前にも魔法少女の概念を根底から覆す「魔法少女・オブ・ジ・エンド」を手掛けており、過去作にも負けない程陰鬱な作風が目を引きます。本作の魔法少女は魔法を使う度に寿命が減るなど、リスキーな設定も評価の一因となっているようです。

ランキング15位の感想も紹介

一方で魔法少女では鉄板の変身シーンがなく、変身後も服装はそのままです。魔法少女サイトからステッキが支給されるとはいえ、何か使命を課せられている訳でもなく、ステッキも自由に使っていいと使命感も特にない点も異質だと言えるでしょう。顔芸などネタ要素も強く、観る者は選ぶかもしれませんが、飽きさせる心配は少なくともありません。これも高い評価の一端とされています。

14位:ひそねとまそたん

ランキング14位の情報一覧

ひそねとまそたんの画像

ヤクルトがスポンサーの自衛隊アニメ

原作:BONES、樋口真嗣、岡田麿里

制作会社:BONES

話数:全12話

キャスト:久野美咲、黒沢ともよ、河瀬茉希、新井里美、名塚佳織、朴璐美、梶裕貴、釘宮理恵、諏訪部順一、神田松之丞

視聴可能なサービス:アマゾンプライム

2018年春アニメランキング14位は、「ひそねとまそたん」です。自衛隊に任期限定として配属された女性隊員と、軍用機に擬態するドラゴンとの絆を描きます。平成ガメラシリーズや「シン・ゴジラ」で有名な樋口真嗣さんが総監督を務め、特撮を意識したようなカットも多めです。ドラゴンを操縦する時は胃の中で四つん這いになるなど、どことなくユニークな設定も目を引きます。

ランキング14位のあらすじ

ひそねとまそたんの作品画像

新人隊員とドラゴンの心の交流を描く

航空自衛隊の岐阜基地に配属された新人隊員の甘粕ひそねは、基地の格納庫でドラゴンと遭遇します。そのドラゴンはF-15戦闘機に偽装して空を飛ぶ巨大生物でした。

「OTF(変態飛翔生体)」であるそのドラゴンは「まそたん」と名付けられ、ひそねは「Dパイ」としてまそたんとコンビを組む事になります。その後岐阜基地には次々とパイロットが集められていき、まそたんの他にも新しいドラゴンが発見されていきます。国家の命運を左右するとも言われるドラゴン、そして彼等を乗りこなす隊員達に世界は託されました。

ランキング14位の予告編

ボンズによるオリジナルアニメであり、新人の女性隊員と軍用機に擬態するドラゴンの交流を描きます。平成ガメラシリーズや「シン・ゴジラ」で知られる樋口真嗣さんが総監督を務め、青木俊直さんのピュアで独特なタッチのキャラクターに、岡田麿里さんの毒を含みながらも繊細なストーリーが盛り込まれ、上手くマッチしています。この絶妙なマッチ感が高い評価の理由とされています。

ランキング14位の感想も紹介

飛翔シーンの爽快感が気持ち良く、ストーリーのテンポも早いので先の見えない不安を感じる事はありません。オープニングやエンディングを始めとした曲も印象深く、特にエンディングは歌詞がフランス語な事もあって忘れられなくなるでしょう。また本作ではヤクルトがスポンサーを務めており、視聴後にはヤクルトやジョアを飲みたくなるハズです。

13位:ヲタクに恋は難しい

ランキング13位の情報一覧

ヲタクに恋は難しいの画像

隠れ腐女子とゲームオタクのカップル

原作:ふじた

制作会社:A-1Pictures

話数:全11話

キャスト:伊達朱里紗、伊東健人、沢城みゆき、杉田智和、梶裕貴、悠木碧

視聴可能なサービス:アマゾンプライム

2018年春アニメランキング13位は、「ヲタクに恋は難しい」です。2014年4月にpixivで投稿されたマンガが原作であり、ヲタクの恋愛をポジティブに描写した新感覚のラブコメは読者の心を掴み、pixiv内オリジナルマンガ作品でのブックマーク数歴代1位を記録しました。2018年4月にアニメ化した時は勿論多くのファンに祝福されました。

ランキング13位のあらすじ

ヲタクに恋は難しいの作品画像

社会人からの共感が強い春アニメ

隠れ腐女子のOL・成海と重度のゲームヲタク・宏嵩。2人の恋愛はヲタクならクスリと来る笑いあり、キュンキュンするシチュエーションありと夢中になります。

失恋をキッカケに転職した桃瀬鳴海は、新しく入った会社で幼馴染の二藤宏嵩と偶然再会します。鳴海が宏嵩の事をヲタク友達と呼んだ事から2人は付き合い始めますが、ヲタクである事はお互いにとって隠したい話題です。ヲタク仲間の同僚達から色々アドバイスを受けながら、2人の仲は徐々に進展していきます。ヲタクの恋愛をポジティブに捉えた全く新しいラブコメです。

ランキング13位の予告編

2014年に連載開始したwebマンガが原作のアニメであり、同年の「次にくるマンガ大賞」で『本にしてほしいwebマンガ部門』で1位を獲得した人気作です。登場人物達はヲタクなのにリア充が多く、正直リアリティに欠けるようなシーンも多いです。しかし若い社会人、特に20代女性には共感出来る部分があるでしょう。ヲタクを隠しながら社会人として働いている人は意外と多いハズです。

ランキング13位の感想も紹介

作品の知名度や一般的な評価に関しては、今期の覇権と言える程に有名でしょう。仕事が終わって家で肩の力を抜き、お酒でも飲みながら視聴するのが望ましいです。夫婦で視聴したというケースもあり、2人揃ってヲタクである事から思わず共感してしまったという感想も少なくないようです。ヲタク社会人の日常を描いたおすすめの作品です。

12位:ゴールデンカムイ

ランキング12位の情報一覧

ゴールデンカムイの画像

北海道で起こる埋蔵金争奪戦

原作:野田サトル

制作会社:ジェノスタジオ

話数:全11話

キャスト:小林親弘、白石晴香、伊藤健太郎、大塚芳忠、中田譲治、津田健次郎

視聴可能なサービス:アマゾンプライム

2018年春アニメランキング12位は、「ゴールデンカムイ」です。週刊ヤングジャンプで連載中のマンガが原作であり、アニメ化前の時点でシリーズ累計830万部を突破、マンガ大賞2016など輝かしい実績も数多くあります。北海道を舞台に様々なエンターテインメント要素が盛り込まれた作品です。

ランキング12位のあらすじ

ゴールデンカムイの作品画像

ギャグも豊富なエンターテインメント作品

明治時代後期。北の気高き大地・北海道にはアイヌに奪われた莫大な埋蔵金が隠されていました。日露戦争の英雄・杉元佐一はそれを手に入れるべく北海道に来ました。

 

杉元の前にアイヌの少女・アシリパ、そして埋蔵金を狙って動き出した北の最強師団・第七師団も加わり、埋蔵金を巡る一攫千金サバイバルは激しさを増してきます。

第七師団を率いる鶴見中尉は、日露戦争で活躍しながらも報われなかった部下達の為に北海道制服を目論んでおり、その軍資金として埋蔵金に目を付けていました。更に埋蔵金を奪った張本人である「のっぺらぼう」と呼ばれる男に扇動され、戊辰戦争で戦死したハズの土方歳三を始めとした脱獄囚達までが埋蔵金争奪レースに加わります。3つの勢力による埋蔵金争奪レース、果たして埋蔵金は誰の手に渡るのでしょうか?

ランキング12位の予告編

週刊ヤングジャンプにて連載中のマンガが原作の春アニメです。原作がマンガ大賞2016などを受賞した事もあり、評価の高い作品でもあります。埋蔵金を巡るアクション&サスペンスを主軸に、北海道の狩猟・グルメ・歴史などの五感を刺激する多彩な魅力が炸裂する極上のエンターテインメント作品として仕上がっています。アニメは合計2クールの分割方式であり、春アニメではその前半部分を描いています。

ランキング12位の感想も紹介

埋蔵金を巡るストーリーから血で血を洗うバトル展開になりそうですが、実際はバトルシーンに負けない程顔芸などのギャグも多く盛り込まれています。3Dで描かれたヒグマとのバトル以外に、脱獄王もといお笑い王である白石のギャグ、ヒンナヒンナと舌鼓を打つ食事シーン、ヒロインとは思えない顔芸を見せるアシリパなど魅力満載です。シリアスな展開でも急にギャグを挟んでくるので侮れません。

11位:ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン

ランキング11位の情報一覧

GGOの画像

銃と鋼鉄の世界が舞台のオンラインゲーム

原作:時雨沢恵一

制作会社:Studio 3Hz

話数:全12話

キャスト:楠木ともり、日笠陽子、興津和幸、赤﨑千夏、石塚運昇

視聴可能なサービス:アマゾンプライム

2018年春アニメランキング11位は、「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン」です。人気アニメ「ソードアート・オンライン」のスピンオフ作品であり、銃と鋼鉄の世界が舞台のオンラインゲーム「ガンゲイル・オンライン」で優勝を目指す姿を描きます。

ランキング11位のあらすじ

GGOのBlu-ray画像

緻密な銃器描写とバトルシーンが見所

銃と鋼鉄の世界が舞台のオンラインゲーム「ガンゲイル・オンライン(GGO)」。ソロプレイを満喫するレンはピンクの装備で統一し、実力を磨いていました。

 

レンの正体は女子大生の小比類巻香蓮であり、180㎝を超える長身にコンプレックスを感じていた彼女は理想のアバターとして小柄なキャラを愛用していました。

友人の誘いからGGOを始めたレンは腕を磨いていき、正体不明の凄腕プレイヤー「ピンクの悪魔」とまで呼ばれるようになりました。ある日レンはスコードロンを組む女性プレイヤー「ピトフーイ」と出会い、彼女に誘われるまま「スクワッド・ジャム」に参加します。ピトフーイの紹介で強面の大男・エムとコンビを組む事になり、レンは様々なチームと戦いながらスクワッド・ジャムで優勝を目指します。

ランキング11位の予告編

川原礫さんの人気ライトノベル「ソードアート・オンライン(SAO)」の外伝作品です。GGO自体は本編にも登場しますが、キャラクターやストーリーは「キノの旅」で知られる時雨沢恵一さんが新たに書き下ろしています。時雨沢さんがかなりのガン・軍事マニアであり、緻密な銃器描写と緊張感とリアリティのあるバトルシーンが「GGO」最大の見所とされています。

ランキング11位の感想も紹介

スクワッド・ジャムはGGOにおけるチーム戦の事で、ある小説家が私財を投じて開催させたという設定です。作品そのものと成立経緯が同じな気がしないでもないです。SAOについて詳しくなくても楽しめる作りになっているので、本編について予習をしていない場合でも安心です。バトルシーンの緻密さに関しては、今期の覇権と言える程に評価が高いのがウリの作品です。

2018春アニメおすすめランキング一覧10~7位

2018春アニメおすすめランキング10~7位の発表

2018春アニメおすすめランキング10~7位の紹介

続いては2018春アニメおすすめランキング10~7位の発表です。ここでは往年の名作アニメの続編も含まれています。

10位:ゲゲゲの鬼太郎(第6期)

ランキング10位の情報一覧

ゲゲゲの鬼太郎(第6期)の画像

アニメ化50周年記念作品

原作:水木しげる

制作会社:東映アニメーション

話数:放送中(2018年12月時点で全37話)

キャスト:沢城みゆき、野沢雅子、古川登志夫、庄司宇芽香、藤井ゆきよ、田中真弓、島田敏、山口勝平

視聴可能なサービス:アマゾンプライム

2018年春アニメランキング10位は、「ゲゲゲの鬼太郎(第6期)」です。原作者の水木しげるさん没後から初のアニメ化であり、第6期となる今作はアニメ化50周年記念作品でもあります。2018年現在に合わせて世界観も一新し、SNSなどネット社会を題材にしたストーリーが特徴的です。

ランキング10位のあらすじ

ゲゲゲの鬼太郎(第6期)の作品画像

科学が普及した現代に妖怪がはびこる

21世紀から20年近くが経ち、人々が妖怪の存在を忘れた現代。科学では解明出来ない減少が頻発、流言飛語が飛び交い大人達は右往左往するばかりです。

そんな状況を何とかしようと、13歳の少女・犬山まなは半信半疑で妖怪ポストに手紙を出し、カランコロンと下駄の音を響かせてゲゲゲの鬼太郎がやってきます。事件解決後もまなは鬼太郎達と関係を持つ事になり、その後も多くの妖怪に関わっていきます。

ランキング10位の予告編

2018年にアニメ化50周年を迎えた「ゲゲゲの鬼太郎」が六度目のアニメ化を果たしました。声優陣も一新され、特に目玉おやじ役は2010年に亡くなられた田の中勇さんに代わり、初代鬼太郎役である野沢雅子さんが担当する事になって大きな話題を集めました。SNSなど2018年現在までに普及した技術を扱ったストーリーが特徴的です。作品自体が古くから続く事もあって、知名度に関しては今期の覇権と言える程に有名です。

ランキング10位の感想も紹介

作画や演出も大幅にレベルアップし、おなじみのテーマ曲も派手なロックメタル調にアレンジされています。作画も崩壊する事なく終始安定しており、前番組の「ドラゴンボール超」に続いて派手な演出や戦闘シーンから視聴者を釘付けにしているとの事です。最初は弱冠違和感を覚えるものの、徐々にその雰囲気に慣れていくでしょう。

9位:ルパン三世 PART5

ランキング9位の情報一覧

ルパン三世 PART5の画像

人気アニメの五度目のTVシリーズ

原作:モンキー・パンチ

制作会社:トムス・エンタテインメント

話数:全24話

キャスト:栗田貫一、小林清志、浪川大輔、沢城みゆき、山寺宏一、水瀬いのり、津田健次郎、島﨑信長

視聴可能なサービス:アマゾンプライム

2018年春アニメランキング9位は、「ルパン三世 PART5」です。すっかりデジタル社会となった2018年を舞台に、神出鬼没の大泥棒・ルパン三世やその仲間がインターネットやモバイル端末などのデジタルガジェットを駆使し、正体不明の闇サイトに立ち向かいます。

ランキング9位のあらすじ

ルパン三世 PART5の作品画像

闇のサイトにルパンが立ち向かう

麻薬や銃など非合法なモノまで扱う闇のサイト「マルコポーロ」からデジタル通貨を盗み出すべく、ルパン達は厳重に警備されている施設に侵入します。

 

そこで出会った天才ハッカー少女のアミと共にマルコポーロに立ち向かいますが、向こうが仕掛けた「ゲーム」により全世界から監視される事になります。

ランキング9位の予告編

人気ハードボイルドアニメ「ルパン三世」、五度目のTVシリーズです。知名度に関しては「鬼太郎」と並び、覇権を取れる程に有名だと言えるでしょう。ルパンのジャケットは前作から引き継ぎ青色ですが、今回は祖父のルパン一世が活躍した国・フランスを主な舞台としています。スマホやタブレットなどの電子機器、SNSを駆使したアクションが多く、サイバー犯罪など2018年に合わせた要素を多く盛り込んでいます。

ランキング9位の感想も紹介

アミを始めオリジナルキャラも多く登場し、古典的なルパン達とは対照的に新鮮な印象を受けます。古くから続くシリーズに新風を巻き起こすという意味でも、上手く活躍しているのではないでしょうか。ストーリーの方も展開が激しく、次第に明かされるアミの謎やルパンの過去を知る人物の登場もあって、大きな動きを見せます。時折挟まれるポップでコミカルなギャグと合わせて、引き込まれていくかもしれません。

8位:あまんちゅ!~あどばんす~

ランキング8位の情報一覧

あまんちゅ!~あどばんす~の画像

まだまだ続く癒しに満ちた日常の物語

原作:天野こずえ

制作会社:J.C.STAFF

話数:全12話

キャスト:鈴木絵理、茅野愛衣、大西沙織、梅原裕一郎、伊藤静、久保ユリカ、井上喜久子、山本亜衣、加隈亜衣、洲崎綾

視聴可能なサービス:アマゾンプライム

2018年春アニメランキング8位は、「あまんちゅ!~あどばんす~」です。2016年夏に一度アニメ化された「あまんちゅ!」の続編であり、今作では秋から冬にかけて癒しの物語が伊豆で描かれます。

ランキング8位のあらすじ

あまんちゅ!~あどばんす~の作品画像

出会いだけでなく別れもあってこその人生

伊豆の町で生まれ育った小日向光(ぴかり)と、東京から引っ越してきた大木双葉(てこ)。早くも2人が出会ってから3ヶ月が過ぎました。

 

てこは念願だったオープンウォーター・ダイバーの実習にも合格し、今度はアドバンスド・オープンウォーター・ダイバーを目指す事になります。

 

始まったばかりの高校生活は新たな人物も加わった事で、更なる動きを見せる事になりそうです。

ランキング8位の予告編

静岡県伊豆市を舞台にした日常系アニメ「あまんちゅ!」の第2期です。性格が真逆な女子高生2人が、スキューバダイビングを通じて色々な人との出会いや成長を重ねる姿を描きます。天野こずえさんによる穏やかな雰囲気や作風をそのまま再現しており、日常の何気ない出来事でも心を奪われそうになります。ゆったりとした時間の流れに荒んでいた心も癒されていくかもしれません。

ランキング8位の感想も紹介

決して楽しい事ばかりではなく、いつかはやってくる別れや切なさにもフォーカスを置いているのは興味深いです。これらは2期だとテーマの1つとして一貫して描かれています。オープニングテーマの「Crosswalk」では「やってみたいことや行きたいところが同じとは限らない」という歌詞が出てきますが、まるでぴかりとてこの気持ちを表しているかのようです。

7位:ピアノの森

ランキング7位の情報一覧

ピアノの森の画像

プロのピアニストを目指す少年の物語

原作:一色まこと

制作会社:ガイナックススタジオ

話数:全24話

キャスト:斉藤壮馬、諏訪部順一、花江夏樹、白石涼子、大地葉、中村悠一、小西克幸、伊瀬茉莉也、くまいもとこ、坂本真綾、悠木碧

視聴可能なサービス:アマゾンプライム

2018年春アニメランキング7位は、「ピアノの森」です。1998年から2015年までヤングマガジンアッパーズ及びモーニングで連載されていたマンガが原作であり、第12回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞も受賞した事のある作品です。

ランキング7位のあらすじ

ピアノの森の作品画像

ピアノの楽しさをストレートに教えてくれるアニメ

町外れにある「ピアノの森」で育った少年・一ノ瀬海(カイ)。最初は楽譜も読めなかったカイはその才能を開花させ、人々を感動させていきます。

 

やがてカイはショパン・コンクールに挑戦し、プロのピアニストを目指します。その姿を感動のストーリーとして描きました。

ランキング7位の予告編

一色まことさんのクラシック音楽を題材にしたマンガが原作の2018年春アニメです。実際のピアニストによる演奏をモーションキャプチャーで再現している事から、大きな話題や高い評価を得ました。「ピアノの森」は過去に劇場用映画が作られていますが、TVアニメ版の制作は今回が初です。また合計2クールの分割方式であり、2019年冬には第2シリーズの放送が決定されています。

ランキング7位の感想も紹介

ピアノの楽しさをストレートに教えてくれる作品なので、クラシック音楽が好きな人や新生活に慣れない新社会人におすすめです。きっと疲れた心も癒してくれるでしょう。また感受性の向上として、小さなお子さんが観ても効果のあるアニメとされています。演奏シーンでは本当に指がヌルヌル動くので、その滑らかな動きには思わず驚かされてしまいます。作画に関しては今期の覇権に挙げられます。

2018春アニメおすすめランキング一覧6~4位

2018春アニメおすすめランキング6~4位の発表

2018春アニメおすすめランキング6~4位の紹介

続いては2018春アニメおすすめランキング6~4位を発表します。王道ラブコメ展開から美少女ハーレムまで、幅広い種類のアニメが揃っています。

 

幕引きの仕方に関しても評価が高く、続編が観たくなるアニメばかりでもあります。

6位:多田くんは恋をしない

ランキング6位の情報一覧

多田くんは恋をしないの画像

王道ラブコメらしい展開の春アニメ

原作:中村能子

制作会社:動画工房

話数:全12話

キャスト:中村悠一、石見舞菜香、宮野真守、下地紫野、梅原裕一郎、石上静香、下野紘、水瀬いのり、櫻井孝宏

視聴可能なサービス:アマゾンプライム

2018年春アニメランキング6位は、「多田くんは恋をしない」です。異国から日本に留学してきた王女とカメラが趣味の青年がひょんな事から出会い、彼等の恋の顛末を描く日常系ラブコメです。

ランキング6位のあらすじ

多田くんは恋をしないの作品画像

カメラ越しに描かれるラブストーリー

ヨーロッパのラルセンブルクという小国から日本に留学してきた王女テレサ・ワーグナーは、桜の写真を撮りに来ていた少年・多田光良と偶然知り合います。

テレサは多田が通う恋ノ星高校に転入生として通う事になり、個性豊かな写真部の部員達ともあっという間に打ち解けます。写真部部員として活動するうちにテレサは多田に恋心を抱くようになりますが、刻一刻と帰国までの期日が迫っていました。

ランキング6位の予告編

王女との恋やカメラを通じた交流など、「ローマの休日」を思わせる設定が目立つ春アニメです。第1話の運命的な出会いなど、王道ラブコメらしい展開が目立つ作品でもあります。「月刊少女野崎くん」のスタッフ・キャストが多数参加しており、主題歌もオーイシマサヨシさんが引き続き担当するというこだわりようです。

ランキング6位の感想も紹介

脇を固めるキャラクターも個性的で、彼等にもフォーカスを当てた恋の物語も描かれます。全編を通してキャラクターの心理描写が丁寧で、何気ないセリフや仕草、時には音楽も手伝いながら細かい情動を描いています。本編はハッピーエンドで無事締めくくられますが、今後が気になるような幕引きの上手さも見事です。「続編を観たい」という感想も相次いでいるようです。

5位:こみっくがーるず

ランキング5位の情報一覧

こみっくがーるずの画像

高校生マンガ家達の日常を描く

原作:はんざわかおり

制作会社:Nexus

話数:全12話

キャスト:赤尾ひかる、本渡楓、大西沙織、高橋李依、遠藤綾、津田美波、七瀬彩夏、上田麗奈

視聴可能なサービス:アマゾンプライム

2018年春アニメランキング5位は、「こみっくがーるず」です。ボツばかりの4コママンガ家を中心に、マンガ家として活動する女子高生4人がひとつ屋根の下で生活を共にする日常系アニメです。

ランキング5位のあらすじ

こみっくがーるずの作品画像

個性的で可愛らしいヒロイン

高校生マンガ家の萌田薫子(P.N.かおす)はプロデビューを果たしたものの、画力やストーリーの拙さなどから人気が振るわずにいました。

見かねた担当の助言により、かおす先生は実家を離れ、女子マンガ家寮で生活する事になります。かおす先生はルームメイトでもある先輩マンガ家3人との高校生活を送りながら、プロとして少しずつ成長していきます。個性的な4人の高校生マンガ家の生活はまだ始まったばかりです。

ランキング5位の予告編

まんがタイムきららMAXで連載中の4コママンガ原作の2018年春アニメです。マンガ家が主人公のアニメである為か、出版先の芳文社がそのまま登場します。編集部での打ち合わせなど、普段見られない光景がアニメで見られるのは貴重かもしれません。他にも取材協力としてアニメイトや世界堂など、実在する店舗もそのまま登場しています。

ランキング5位の感想も紹介

メインヒロイン4人はどれも個性的で可愛らしく、ペンネームが付けられた理由も独特なのでクスリと来ます。また本作のオープニングはメインヒロイン4人が歌う「memories」で、「まっすろな未来」と聞こえる歌詞からよくネタにされますが、不安を抱えながらも今日を精一杯生きるべく強い一歩を踏み出す内容から、生きる事に前向きになれる名曲です。

4位:ハイスクールDxD HERO

ランキング4位の情報一覧

ハイスクールDxD HEROの画像

四度目のアニメ化

原作:石踏一榮

制作会社:パッショーネ

話数:全12話

キャスト:梶裕貴、日笠陽子、浅倉杏美、伊藤静、竹達彩奈、野島健児、種田梨沙、内田真礼、佐倉綾音、加隈亜衣、小山力也、中村悠一、鳥海浩輔

視聴可能なサービス:アマゾンプライム

2018年春アニメランキング4位は、「ハイスクールDxD HERO」です。富士見ファンタジア文庫から発売されている人気ライトノベルが原作であり、今回で四度目のアニメ化を果たしました。今までとは制作会社が変わった事で大きな話題を呼んだようです。

ランキング4位のあらすじ

ハイスクールDxD HEROの作品画像

戦闘シーンの大幅な向上

バカでスケベな高校生・兵藤一誠(イッセー)は悪魔に命を狙われて死んでしまいますが、憧れの先輩リアス・グレモリーの手によって悪魔に転生します。

 

オカルト研究部の中核としていくつもの勝利を重ねるイッセーですが、一方で魅力的な女の子達からの誘惑にしどろもどろになってもいました。

 

そんな中バアル家とのレーティングゲームの日取りが、イッセー達の修学旅行と重なります。

ランキング4位の予告編

2012年から度々放送されているアニメ「ハイスクールDxD」の第4シリーズです。ハーレム王を夢見る高校生が、美少女悪魔達と努力・友情・熱血に満ちた日々を送る学園バトルエンターテインメント作品です。制作会社が変わった事で絵柄もガラリと変わりましたが、戦闘シーンはより見応えある感じに仕上がっています。

ランキング4位の感想も紹介

キャラクターデザインの変更に賛否両論こそありますが、動きに関しては明らかに今までよりも精度が上がっています。戦闘シーンは勿論、普段の何気ない動作でも滑らかであり、思わず見とれてしまうでしょう。ストーリーも第3期がシリアス寄りだった事の反省からギャグを上手く織り交ぜて、軌道修正と人気回復に成功したようです。今後もこの勢いは止まらないでしょう。

2018春アニメおすすめランキング一覧3~1位

2018春アニメおすすめランキング3~1位の発表

2018春アニメおすすめランキング3~1位の紹介

いよいよ2018春アニメおすすめランキング3~1位の発表です。全て評価が高く、どれが覇権でもおかしくないでしょう。

3位:ガンダムビルドダイバーズ

ランキング3位の情報一覧

ガンダムビルドダイバーズの画像

過去作とは一新された世界観

原作:矢立肇、富野由悠季

制作会社:サンライズ

話数:全25話

キャスト:小林裕介、藤原夏海、稗田寧々、照井春佳、田丸篤志、伊藤かな恵、沼倉愛美

視聴可能なサービス:アマゾンプライム

2018年春アニメランキング3位は、「ガンダムビルドダイバーズ」です。ガンプラを作ってゲームの中で動かすのがコンセプトな「ガンダムビルドシリーズ」の3作目であり、オンラインゲームのような世界観が大きな特徴です。

ランキング3位のあらすじ

ガンダムビルドダイバーズの作品画像

オンラインゲームで繰り広げられるガンプラバトル

仮想空間内でガンプラを使用した様々なミッションを楽しめる「ガンプラバトル・ネクサスオンライン(GBN)」。

 

この最新ネットワークゲームに、中学生のミカミ・リクと親友のヒダカ・ユキオは足を踏み入れる事になります。

GBN内の住人「ダイバー」となった彼等は、ガンプラに対する不思議な特性を持つ少女・サラと出会い、行動を共にします。複数のダイバーによって結成される部隊システム「フォース」、非公式ツールであるブレイクデカールを扱う「マスダイバー」。彼等との出会いや戦いを経て、リク達は自らの冒険や絆をもビルドしていきます。

ガンダムビルドダイバーズの更なる画像

伏線が多いストーリーも高評価!

「機動戦士ガンダム」のプラモデル、ガンプラを扱った派生作品「ガンダムビルドシリーズ」の3作目です。世界観はこれまでとは一新されています。

しかし、世界観を一新させたのは正解だったようで、新規視聴者を引き寄せる事に成功しました。ガンプラバトルのテーマも「スポーツとしてのガンプラ」から「ガンプラでの冒険」と大きく変更されています。VR世界が舞台の冒険はこれまでとは違った魅力がありますし、登場するガンプラも個性的なモノばかりです。ガンプラブームを盛り上げるという意味でも大いに貢献したでしょう。

ランキング3位の予告編

本作では放送開始前のプロモーションにも力を入れており、情報解禁と共に第0話にあたるプロローグがネット配信されています。内容はフォース同士によるガンプラバトルであり、これだけでも世界観を把握するには充分でしょう。また「ガンプラの作り込みがバトルにおいても大きく影響する」などの基本設定は、前作から引き継がれています。

ランキング3位の感想も紹介

ストーリーの方にも力を入れており、存在自体が謎なサラの事など、ストーリーが進むにつれて明らかになる情報も少なくありません。最初の1クールにはこれらの情報が伏線として丸々盛り込まれています。2クールに入ると単に情報が明らかになるだけでなく、物語としても立派に役割を果たすようになります。ガンプラによる戦闘シーンだけでなく、物語自体もしっかり作り込んでいるのは見事です。

2位:ウマ娘プリティーダービー

ランキング2位の情報一覧

ウマ娘プリティーダービーの画像

競馬ファンも納得のいく出来

原作:Cygames

制作会社:P.A.WORKS

話数:全13話

キャスト:和氣あず未、高野麻里佳、Machico、大橋彩香、木村千咲、上田瞳、大西沙織

視聴可能なサービス:アマゾンプライム

2018年春アニメランキング2位は、「ウマ娘プリティーダービー」です。元々はメディアミックスコンテンツの1つであり、実在の競走馬をモチーフとした美少女達がレースで競い合う姿を描く姿を描きます。

ランキング2位のあらすじ

ウマ娘プリティーダービーの作品画像

現代日本とよく似た世界の物語

これは異世界から受け継いだ輝かしい名前と競走能力を持つ「ウマ娘」が遠い昔から人類と共存してきた世界の物語です。

 

田舎から上京してきたスペシャルウィークは、都会のトレセン学園でチームメイトと切磋琢磨しながら、「トゥインクル・シリーズ」での優勝を目指します。

ウマ娘プリティーダービーの更なる画像

競馬に関する認識を変えるアニメ

Cygamesによるゲームアプリ、及びそれを中心としたメディアミックスコンテンツの事です。アニメの方は2018年4月から6月にかけて放送されています。

 

ゲームアプリでは定番の擬人化モノであり、メジロマックイーンやオグリキャップなど、名立たる名馬がこぞって参戦しています。

一見するとよくある美少女アニメだと思われがちですが、実際はスポ根要素が強い作風です。主人公のスペシャルウィークは「日本一のウマ娘になる」という夢を叶えるべく、日夜努力に励んでいます。いざレースが始まると緩急を付けながら上手く描写しているので、自ずと引き込まれていきます。中には史実を基にしたエピソードもあり、競馬ファンでも納得のいく出来になっています。

ランキング2位の予告編

更に競馬に関する認識も変わっていくかもしれません。種付けの時点から莫大なお金がかかっていて、一頭の馬が産まれて育ち練習を重ねて競走馬になるまでにかかる時間とお金と愛情は計り知れないものです。そういった背景を知っていると、競馬には多くの人が関わってきたドラマがある事を窺い知れます。

ランキング2位の感想も紹介

夢を追い続けながらも志半ばでこの世を去った競走馬、そこに夢を見ていた人間達の救いの物語でもあります。そう考えると「もしあそこで死なないで走り続けていれば…」と思わずにはいられません。競走馬を美少女に擬人化させてレースするという荒唐無稽な設定がどうしても目を引きますが、競馬にかける登場人物達の熱いドラマには何かを感じ取れるでしょう。

1位:ヒナまつり

ランキング1位の情報一覧

ヒナまつりの画像

ヤクザと超能力少女のアーバンライフコメディー

原作:大武政夫

制作会社:feel.

話数:全12話

キャスト:田中貴子、中島ヨシキ、村川梨衣、本渡楓、日笠陽子、小澤亜李、小山剛志、河西健吾

視聴可能なサービス:アマゾンプライム

2018年春アニメランキング1位は、「ヒナまつり」です。未来から送り込まれた超能力少女が、ヤクザの若手ホープと一緒に生活する事になります。2人の間で絶妙なタイミングで起きるギャグシーンが多くの視聴者の笑いを誘い、高い人気や評価を得る事になりました。

ランキング1位のあらすじ

ヒナまつりの作品画像

シュールなギャグと人情模様が特徴

芦川組というヤクザの若手ホープ・新田義文の前に、超能力少女・ヒナが突如現れました。念動力が使えるヒナに脅され、新田は共同生活を余儀なくされます。

ヒナは新田の娘として暮らす事になりましたが、本能のままに動くので組関係でも学校でもやりたい放題です。大好きな壺を壊されたりと新田は頭を抱えますが、気のいい性格が災いしてヒナ以外にも性格に難のある人物の面倒を見るハメになってしまいます。お人好しなアウトローと気ままなサイキック少女の日常は、危険と賑やかさを増していきます。

ヒナまつりの更なる画像

不思議と心が温かくなるアニメ

KADOKAWAの月刊マンガ誌「ハルタ」にて連載中のマンガが原作であり、ヤクザと超能力少女によるアーバンライフコメディーアニメです。

シュールなギャグと時折見せる人情模様が大きな特徴です。なおダメージを受けた時に発する「あいったー!」という掛け声や、なまはげにこだわる描写はアニメオリジナルです。本能のままに動くヒナが起こす危うい行動から生まれるギャグに、新田のキレのあるツッコミが絶妙なタイミングで入り、シュールながらも心地良い笑いを生み出しています。

ランキング1位の予告編

本作のキモの1つは、登場人物が生み出すどこか歪な人間模様です。ヒナは未来から現代に送り込まれた事が作中にて語られますが、何の目的で送り込まれたのかは明らかにされません。周りの大人にいいように利用されてきた事から何でも超能力で解決しようとしますが、新田との出会いで試行錯誤を繰り返しながら困難を乗り越えるようになります。

ランキング1位の感想も紹介

マイペースそのものと言える行動自体は変わらないものの、徐々にお互いの呼吸が合う様子を見ると心が温かくなり、ワクワクする気持ちになっていきます。他のキャラクターも個性が強く、特にヒナの同級生で本人の意志とは無関係に出世していく三嶋瞳ちゃんは印象的です。このように2人を取り巻く人物にもストーリーが宿っており、ギャグや人情模様と合わさっていい味を出しているのでおすすめです。

2018春アニメの人気キャラクターにも注目

2018春アニメの人気キャラクターの紹介

2018春アニメの人気キャラクターをランキングで紹介!

2018年春アニメで評価が高いのは覇権作品だけではありません。魅力的なキャラクターの存在は、高い人気と共に作品を大いに盛り上げています。

 

2018年春アニメの中でも特に人気が高いキャラクター10人を、ランキング形式で紹介しましょう。自分の好みや覇権に合ったキャラクターを見つけてみて下さい。

どの作品のどんなキャラクターが人気だったのか調査!

10位:朝霧彩/魔法少女サイト

朝霧彩の画像

不幸な環境でも優しさを失わない少女

まず紹介するのは「魔法少女サイト」の主人公・朝霧彩です。前述の通り学校ではイジメ、家では兄からの虐待に悩まされるという不幸な日々を送る少女です。

魔法少女サイトから拳銃型ステッキを与えられた事で立場は逆転しますが、自分の意志とは無関係に人が死んでいく光景に心を痛めます。ファンによると、最悪な環境に囲まれつつも、心優しい性格を持っている少女なので応援したくなるとの事です。いかにも薄幸そうな雰囲気やおどおどしている感じもまた可愛いとの事です。

9位:桃瀬成海/ヲタクに恋は難しい

成海の画像

周囲へのヲタバレを隠すヒロイン

「ヲタクに恋は難しい」の主人公の片割れであり、メインヒロインです。もう1人の主人公・二藤宏嵩とは幼馴染であり、彼女でもあるといった関係です。

過去にヲタバレがキッカケで失恋した事からトラウマを抱えており、公私ともにヲタクである事を必死に隠そうとしています。守備範囲が広い一方で苦手な属性も多く、グロ系全般はダメなようです。性格上オン・オフの温度差が激しく、普段はお茶くみも満足に出来ないダメOLですが、仕事が大量に積まれた時の処理速度は計り知れない、所謂「やれば出来る子」のようです。

8位:甘粕ひそね/ひそねとまそたん

ひそねの画像

自衛隊に入隊したばかりの女性隊員

「ひそねとまそたん」の主人公の1人です。純朴そうな外見が特徴の女性隊員であり、思った事をそのまま言いすぎて相手を傷つけてしまう一面があります。

自衛隊に入隊したのはその性格を変える為でもありますが、基地内に秘匿されていたドラゴン「まそたん」と出会ってその運命は大きく動き出します。そしてある人物への恋心も無意識ながら芽生え、この事がひそね自身を大きく成長させます。素直すぎて人を傷つけてしまう一面は良くも悪くも彼女の魅力であり、まっすぐな印象のキャラクターです。

7位:ねこ娘/ゲゲゲの鬼太郎(第6期)

ねこ娘の画像

時代に合わせた著しいデザインの変化

「ゲゲゲの鬼太郎」では看板キャラクターの1人とされるねこ娘。頭身が伸びた事で公式でも「キレイな外見」と言われる程、スタイリッシュなデザインになりました。

デザインの変化が最も激しく、他のメンバーと比べてみると一目瞭然でしょう。現代社会への適応化も著しく、スマホやSNSも楽々と使いこなします。誰に対してもクールに振舞いますが、鬼太郎に褒められたり助けられた時は顔を赤らめるなど、ツンデレ要素が強い性格となっています。ちなみに監督の証言によると、今作のねこ娘は女優の菜々緒さんがモデルになっているとの事です。

6位:萌田薫子/こみっくがーるず

かおす先生の画像

小柄な体格や幼そうな喋り方が可愛い

「こみっくがーるず」の主人公の1人です。「かおす」というペンネームで活動中の女子高生マンガ家ですが、人見知りでネガティブ思考な性格の持ち主です。

小学生並みの小柄な体格(本人曰く「成長は小4で止まった」との事)であり、思わず撫でたくなるような見た目も印象的です。「あばばばば」という泣き声など、舌足らずな喋り方が可愛らしく、声を担当する赤尾ひかるさんの演技も相まってクセになります。動物に好かれやすい体質でもあり、1匹だけ尻込みしていた気弱な子猫を自分に似ていた事から寮に連れ帰り、「にゃおす」と名付けて飼っています。

5位:アシリパ/ゴールデンカムイ

アシリパの画像

狩猟に長けて顔芸も豊富なヒロイン

ここで紹介するのは「ゴールデンカムイ」のヒロインであるアシリパです。山での暮らしや狩猟に長けたアイヌの少女であり、名前は「新年」や「未来」を意味します。

 

アイヌの埋蔵金を奪った人物に父を殺され、その仇を討つべく自分を優秀な戦士と認めた杉元と行動を共にするようになります。

父の敵を追い求める一方で、自分を「新しい時代のアイヌの女」と称し、古い因習だけに囚われない現実的な考えの持ち主でもあります。自分より小さい子に慕われる一方でお茶目な行動も多く、時にはヒロインである事を忘れさせる程インパクトのある顔芸を見せる事もあります。2話でウサギを捕まえる時の豪快な姿など、彼女も作品を象徴する人物の1人だと言えるでしょう。

4位:小比類巻香蓮(レン)/GGO

レンの画像

高身長がコンプレックスの女性

「GGO」の主人公である小比類巻香蓮ことレンは、リアルだと183cmもある高身長の女性です。しかし本人はこの姿にコンプレックスを抱いています。

アバターがかなり小柄な姿なのもこういった理由からであり、その体格と敏捷性を活かした奇襲・急所攻撃を得意としています。しかしビジュアルは勿論の事、コンプレックスに悩む姿も可愛らしく、人によってはアバターより本体の方がいいと感じるかもしれません。こういったギャップも含めて魅力的なキャラクターだと言えるでしょう。

3位:アヤメ/ガンダムビルドダイバーズ

アヤメ=サンの画像

クールな一面とのギャップが魅力

くノ一のようなアバターが特徴的な女性で、SDガンダム使いという事からユニコーンガンダムがベースの「RX-零丸」を愛用します。

 

ひょんな事からリク達に協力する事になり、その後彼等のフォース「ビルドダイバーズ」にメンバーとして加入します。

「仲良しごっこは苦手」と称するなど一匹狼気質であり、加入後もリク達とは一定の距離を置いています。一方でガンダムシリーズにかなり詳しかったり、フォースフェスの1つ「ベアッガイフェア」に参加した時は目を輝かせるなど、可愛い物好きな一面を覗かせてもいます。この時普段の様子からは想像もつかない程焦った表情を見せた事もあり、クールな一面とのギャップが非常に可愛らしいです。

2位:トウカイテイオー/ウマ娘

テイオーの画像

明朗快活で笑顔が眩しいウマ娘

1991年での皐月賞優勝など、日本初の国際G1優勝競走馬として有名な「トウカイテイオー」がモデルのウマ娘です。

 

明朗快活な性格で笑顔が眩しく、身軽で跳ねるような独特の動きは「テイオーステップ」と呼ばれています。

 

トレセン学園の生徒会長を務める『皇帝』シンボリルドルフに強い憧れを抱いており(史実だと親子です)、彼女の意志を継げる『帝王』になるのが将来の夢です。主人公側のチーム「スピカ」に歌とダンスの指導担当として登場し、その後感化された事もあってスピカへの入部を決意します。小柄で快活なボクっ娘であり、愛らしさも全開のマスコット系として人気があります。

1位:アンズ/ヒナまつり

アンズの画像

視聴者からも天使と呼ばれる少女

最後に紹介するのは「ヒナまつり」のアンズです。ヒナと同じく未来から送り込まれた超能力者ですが、様々な不運が重なってホームレスにまで落ちぶれてしまいます。

その後ラーメン屋を経営する林さん夫婦の世話になり、接客や出前を手伝ったりしています。話が進むごとに性格も可愛らしくなり、特に新田は「父親の理想郷がここにある」とまで褒めていました。彼女の存在を天使に喩える視聴者も多いです。ちなみにアンズの声を担当する村川梨衣さんは本作のオープニング「Distance」も歌っており、こちらは別れた友達に思いを寄せる内容の歌詞が印象的な名曲です。

2018春アニメおすすめランキング一覧ベスト17のまとめ

2018春アニメおすすめランキング一覧ベスト17のまとめ

名作揃いの2018年春アニメ

2018年春アニメおすすめランキング一覧ベスト17を紹介してきました。印象的な作品が多いですが、皆さんのお気に入りや覇権アニメは見つかったでしょうか?

覇権を獲得したと言える程インパクトの強い作品はありませんが、笑える作品から泣ける作品までバラエティに富んでいます。どれも人気や評価の高い作品ばかりで、早くも続編の制作が期待されています。現在はDVDレンタルや動画配信サービスの利用で視聴する事が可能なので、気になった作品があったら早速チェックしてみましょう。アニメを観る事は人生をも彩り豊かにしてくれるハズです。

クール別のアニメ紹介記事はこちら!

2015年放送のおすすめアニメランキングTOP17!今でも人気の作品を調査! | ランキングまとめメディア
2017夏アニメおすすめランキング13選!名作揃いのシーズンを制した作品は? | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ